JP3099783B2 - 電気加熱調理器 - Google Patents

電気加熱調理器

Info

Publication number
JP3099783B2
JP3099783B2 JP09253460A JP25346097A JP3099783B2 JP 3099783 B2 JP3099783 B2 JP 3099783B2 JP 09253460 A JP09253460 A JP 09253460A JP 25346097 A JP25346097 A JP 25346097A JP 3099783 B2 JP3099783 B2 JP 3099783B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cooking
handle
heater
board
pan
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP09253460A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH1189729A (ja
Inventor
英俊 ▲土▼屋
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Tiger Corp
Original Assignee
Tiger Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tiger Corp filed Critical Tiger Corp
Priority to JP09253460A priority Critical patent/JP3099783B2/ja
Publication of JPH1189729A publication Critical patent/JPH1189729A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3099783B2 publication Critical patent/JP3099783B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、外装ケースの底部
に収容されたヒータの上に、各種の調理盤ないしは調理
鍋を載置して、その種類に合った、焼き物調理や鍋料理
を行うようにした電気加熱調理器に関するものである。
【0002】
【従来の技術】この種の電気加熱調理器は、本発明の実
施の形態の基本構成に関する参考例を示す図1を参照し
て、金属製の調理盤3などの外まわりを合成樹脂製の外
装ケース2に収容して、これに手などが触れるようなこ
とを防止して使用者を保護しながら、ヒータ1で加熱し
調理する。
【0003】従来、調理盤3などをヒータ1に対し着脱
できるように載置して用いることにより、調理器1を電
気まわりから切り離して単独で取り出し、丸洗いなどで
きるようにしている。これに併せ、調理盤3などを単独
で取り出したり、取り扱うのに、それに専用の取手が必
要となり、調理盤3などの相対向し合う2か所に合成樹
脂などよりなる取手を設けている。これにより、調理中
の、あるいは調理を行った直後の、熱い調理盤3などで
もこれを容易に取り出せるし、各種の取り扱いに便利で
ある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、調理器の2
箇所の取手は、両方の手で個別に把持して、取り外した
り、持ち運んだり、各種に取り扱う。この把持を容易に
行うには、取り扱い者の身体と、調理器の2つの取手が
並ぶ方向とはほぼ平行になるのが望ましい。その反面、
この主の電気加熱調理器は、多くの人がこれを囲んで使
用することが多いので、その誰でもが調理器1を必要に
応じ取り出したり、各種に取り扱えるようにするのが便
利である。
【0005】しかし、取手を把持しやすいのは、取手が
並ぶ方向に身体が平行か、あるいはそれに近い状態にあ
る人に限られる不便がある。使用者や取り扱い者が1人
であったり、電気加熱調理器を取り囲む人の中で、取り
扱い者が家庭の主婦など1人に決まっているような場合
に、それら特定の人と、電気加熱調理器の取手が並ぶ方
向とはいつも平行になるとは限らないので、平行でない
場合にその人が取り扱い易い位置に移動したり、電気加
熱調理器の向きを変えたりする必要があり不便である。
【0006】本発明の目的は、使用者や取り扱い者が調
理盤ないしは調理鍋を、取手を把持して取り出したり、
各種に取り扱うのに便利な電気加熱調理器を提供するこ
とにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記のような目的を達成
するために、請求項1の発明は、底部にヒータを収容し
た外装ケースと、前記ヒータの上に着脱できるように載
置されてヒータにより加熱されて各種調理を行うパン型
ないしは鍋型で金属製の調理盤ないしは調理鍋を少なく
とも1つと、を備えた電気調理器において、調理盤ない
しは調理鍋の口縁部の外まわりを囲う取手に前記口縁部
の下面に対向する取付け部を形成し、この取付け部を口
縁部の下面に孔明きの遮熱筒を介し当てがってねじで取
り付け、この口縁部の下面と離れた取付け部と前記取手
との間に前記口縁部と離れた位置で取付け部から立ち上
がって取手を口縁部よりも高く位置させる防護壁を形成
したことを特徴とするものである。
【0008】このような構成では、取手が調理盤ないし
は調理鍋の外まわりを囲うものとして設けられていて、
調理盤ないしは調理鍋のまわりのどの位置からでも身体
に平行な2か所を把持して取り外し、あるいは各種に取
り扱えるので、人が調理盤ないしは調理鍋のまわりのど
の位置に居る場合でも、その位置で身体を調理盤ないし
は調理鍋に対面させれば、その調理盤ないしは調理鍋を
必要な取り扱いのために即座に取り扱うことができ便利
である。
【0009】また、取手は調理盤ないしは調理鍋の外ま
わりをその口縁部よりも高く位置して囲うので、調理盤
ないしは調理鍋の取手を設けるために外装ケースの上に
露出する部分に手が触れるようなことを多くの方向にお
いて防止しやすく、使用者の保護機能が向上するし、こ
のために、取手は調理盤ないしは調理鍋との対面域が増
大するが、調理盤ないしは調理鍋と孔明きの通気性を持
った遮熱筒およびねじを介した連結部で繋がっているだ
けで、他の部分が調理盤ないしは調理鍋の口縁部との間
に連続した隙間を持っているので、調理盤ないしは調理
鍋からの熱影響を少なくすることができ、取手を把持す
るのに安全であるし、取手を合成樹脂などの非金属とし
ても、その全体は劣化しにくく、前記繋がり部分は微小
でしかも放熱しやすい孔明き遮熱筒およびねじであるの
で、耐熱樹脂などとしなくても十分に保護され、寿命は
特に低下しない。
【0010】さらに、取手とその取付け部との間には取
手を調理盤ないしは調理鍋の口縁部よりも高く位置させ
るために取付け部から取手まで立ち上がった防護壁が、
取手に下方から掛ける手指を受け止めて調理盤や調理鍋
の側に張り出し接触するのを防止するので、取手を把持
するときの安全性がさらに向上する。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態につい
て幾つかの参考例とともに図1〜図13を参照しながら
詳細に説明する。
【0012】(参考例1) 本参考例は図8に示す本発明の実施の形態の基本構成を
示すものである。図1〜図6に示すように、底部にヒー
タ1を収容し上方に開放された浅い合成樹脂製の外装ケ
ース2と、前記ヒータ1の上に着脱できるように載置さ
れてヒータ1による加熱にて、各種の加熱調理を行う、
主として焼き物料理を行うのに適した、外装ケース2に
見合う浅い金属製の調理盤3と、を組合せ備えている。
この調理盤3は図1、図2に示すように底面が平坦なも
ののほか、波形形状のものとしてもよい。また、それら
双方を取り替え使用できるように組合せ備えてもよい。
そのような組合せ調理器としては、それら調理盤3より
も深い煮物に適した調理鍋もある。また、このような調
理鍋を前記調理盤3に代えて組合せ備えた電気加熱調理
器であっても、本発明の範疇に属する。
【0013】本参考例1では、調理盤3の口縁部3aの
外まわりの全周を囲う環状の取手4を、調理盤3との間
に環状の隙間5を持って配し、この取手4と調理盤3と
を周方向の数カ所にて連結具6により連結してある。こ
の連結は例えば、連結具6を調理盤3と取手4との双方
に対しねじ7によりねじ止めして行う。しかし、これに
限られることなはく、例えば、金属製の連結具6と調理
盤3とは溶接、ろう接、かしめ付けなどによって連結す
ることができるし、連結具6と合成樹脂製の取手4と
を、インサート成形、かしめ付けなどによって連結する
こともできる。
【0014】この図2に示す参考例のように、取手4が
調理盤3の外まわりを例えば全周囲う環状のものとして
設けられていると、調理盤3のまわりのどの位置からで
も身体に平行な2か所を把持して取り外し、あるいは各
種に取り扱えるので、人が調理盤3のまわりのどの位置
に居る場合でも、その位置で身体を調理盤3に対面させ
れば、その調理盤3を必要な取り扱いのために即座に取
り扱うことができ便利である。
【0015】また、取手4は調理盤3の外まわり全周を
囲うので、調理盤3の取手4を設けるために外装ケース
の上に露出する部分に手が触れるようなことを防止する
ことができ、使用者の保護機能が向上するし、このため
に、取手4は調理盤3との対面域が増大するが、調理盤
3との間に環状の隙間5を持っているし、調理盤3とは
図6に示すように周方向の必要数カ所、一実施例として
は4か所で連結されるだけであるので、連結具6を金属
として必要強度が得られるようにするなどしても、調理
盤3からの熱影響を少なくすることができ、取手4を把
持するのに安全であるし、取手4を合成樹脂などの非金
属としても、その全体は劣化しにくく、局部的な熱劣化
は連結具6との間だけ耐熱樹脂にするだけで簡易に対応
できるし、熱伝導されにくいので把持するときの安全性
がさらに向上する。
【0016】外装ケース2および調理盤3の平面形状
が、図6に示すように円形であり、これに近い、例えば
楕円形状等を含め、調理盤3をそのまわりのどの位置で
取手4を把持して取り扱うにも、重量バランスは常によ
く取れるし、調理盤3の形状的向きが変わって取り扱い
にくくなると言ったことも解消することができる。
【0017】もっとも、図示しないが平面形状が角型、
あるいはこれに近い形状のものであっても、また、取手
が必ずしも完全に繋がったものでなく一部が途切れるよ
うなものであっても、本発明の基本的な特長は損なわれ
ず、そのようなものも本発明の範疇に属する。
【0018】本参考例1の1つの例としては、調理盤3
は金属製であるが、熱伝導性のよいアルミニウム系金属
の表面にフッソ樹脂層、あるいは溶射チタン層等が施さ
れたものが、均一加熱、離型性や耐久性、および遠赤外
線の発散性が得られ好適である。しかし、耐久性や調理
の種類に応じて必要とされ、あるいは適当な材料および
構造のものを採用することができる。
【0019】外装ケース2は合成樹脂製の型成形品であ
り、軽量化および低コスト化に有利であるが、特にその
ようなものに限定されるものではない。外装ケース2に
はその底部下に突出した脚部2bが図1、図2に示すよ
うに一体成形して、あるいは別体ものを取り付けて設け
られ、外装ケース2の底部がテーブル等の載置面に直に
接触するのを防止している。このような脚部2bの構造
および設け方は自由である。
【0020】外装ケース2は内側に金属製の遮熱板16
を取付けてあり、ヒータ1およびこれによって加熱され
る調理盤3からの熱が外装ケース2に直接及んで熱劣化
や焼損等の支承を来すようなことを防止するとともに、
遮熱板16、外装ケース2の底部、および前記脚部2b
によって調理盤3、およびヒータ1の熱が載置面に外装
ケース2の底部以上に及びにくくしてある。これによっ
て、載置面の状態によっては熱に弱い状態である場合に
も対応できるようになる。
【0021】遮熱板16はこれの底部にて外装ケース2
の底部に、図1、図2に示すように、孔の明いた通気性
のステンレス鋼よりなる遮熱筒17と合成樹脂やセラミ
ックス等の断熱材料よりなる遮熱ブロック18とを介し
てねじ19、20により取付けてある。遮熱ブロック1
8はねじ20により外装ケース2の底部に取付け、遮熱
ブロック18と遮熱板16の底部との間の隙間を遮熱筒
17をスペーサとして確保した状態で、この遮熱筒17
内を通じて遮熱板16の底部と遮熱ブロック18とをね
じ19により締結してある。これにより、遮熱板16、
遮熱筒17、および遮熱板16から熱伝導されるねじ1
9の熱が直接外装ケース2に及ばないようになり、外装
ケース2に遮熱板16を金属製の取付け部材を用いて取
付ける構造が原因して、遮熱板16の熱が外装ケース2
に悪影響するのを防止し、また、遮熱板16の取付け構
造が熱によって劣化したり焼損するようなことを防止す
ることができる。
【0022】本参考例1ではヒータ1を外装ケース2の
側に固定し、調理盤3をヒータ1から分離した単独の状
態で着脱できるようにすることにより、複数種類のもの
の交換使用の外、ヒータ1等の電気部品とは無関係に丸
洗いできるようにする利点がある。
【0023】ヒータ1はシーズヒータであり、調理盤3
等の底部範囲の大きさおよび形状に応じた広さ範囲を万
遍なく加熱する平面パターンに配線され、途中の各部
を、図1、図2に示すように遮熱板16にねじ11によ
って基部を取り付けたL字状の金具12の立上がり片1
2aが形成する二股部に各部を嵌め込んでかしめ付ける
ことにより支持され、ヒータ1が調理盤3等の底部から
も外側にはみ出さないように配置されている。
【0024】従って、ヒータ1が調理盤3等の底部から
のはみ出しによって、空加熱したり、外装ケース2内の
空間や外装ケース2の樹脂壁を過熱するようなことを防
止することができる。
【0025】調理盤3の口縁部3aの内周に形成した段
落ち部117には、図1、図2に示すようなアルミニウ
ム系等の金属製、あるいはガラス製等の適当な材料から
なる蓋118が着脱できるように嵌め合わされ、調理の
種類や状態に応じて使用するようになっている。蓋11
8には取手119がねじ121により取付けられ、蓋1
18の取扱いに便利なようにしてある。
【0026】また、本参考例1では、ヒータ1を電源に
接続してそれを通電制御する通電制御具24は、従来通
りに、外装ケース2の通電制御具装着口22に挿入する
等して着脱できるように装着されて、ヒータ1に接続し
て用いられるが、その接続状態で操作ダイアル29を回
転操作してオン、オフ、オン状態での温度調節操作とを
行い、温度調節は感熱棒25が検出する調理温度に基づ
いて行う。
【0027】さらに、前記感熱棒25は通電制御具24
のヒータ1への接続状態にて前記ヒータ1の上に載置さ
れる調理盤3の底部の平坦面に所定の圧接代を持って圧
接し、それらによる調理温度を検出する。しかし、この
ような温度調節構造は種々に設計することができ、スラ
イド操作部材を採用することもできる。
【0028】図3に示す例は、調理盤3がダイカスト製
品、連結具6が熱伝導の低いステンレス鋼製であり、連
結具6は調理盤3に直接ねじ7によりねじ止めし、取手
4にはそれのナット挿入凹部4aに嵌め入れたナット7
aとねじ6とによって取手4の一部を連結具6とともに
挟み付けるようにして連結している。連結具6の隙間5
に対応する部分を下方に膨らむ屈曲部6aとして、ここ
での熱伝達経路を長くして加熱調理盤3側から取手4へ
の熱伝導抵抗を高くしてある。取手4の連結具6との連
結部の直ぐ外側には下方に突出した防護壁4cを形成し
てあり、取手4に掛けた手指が連結部に触れ、あるいは
調理盤3に触れるのを防止している。
【0029】図4に示す例は、連結具6をチャンネル形
状のものとし、溝6bの側を調理盤3および取手4に当
てがうようにして、それらとの接触面積を大きく減ら
し、加熱調理盤3側から取手4への熱伝導を抑制するよ
うにしてある。
【0030】図5に示す例は、調理盤3自体に連結具6
を一体形成して張り出させ、これを取手4に連結してあ
り、連結構造は一例としてねじ7とナット7aとによっ
て連結している。
【0031】(参考例2) 本参考例2は、図7、図9に1つの例を示すように、取
手4を調理盤3の口縁部3aの上面よりも少しではある
が、H1だけ高くなるようにしてある。このため、調理
盤3の口縁部3aの上面に手を触れにくくすることがで
き、使用者の保護機能が向上する。また、取手4が調理
盤3の口縁部3aよりも高い分だけ、油、脂分、その他
の外まわりへの飛散を防止しやすい。
【0032】他の構造および奏する作用効果は、参考例
1の場合と変わらないので、同一の部材、同一の部分に
は同一の符号を付し、重複する説明は省略する。
【0033】(実施の形態1) 図8に示す本実施の形態1は、取手4に調理盤3の口縁
部3aの下面に対向する取付け部4bを形成して口縁部
3aの裏面に遮熱筒17を介してねじ7で取付け、この
取付け部4bから前記口縁部3aからの高さH1の立ち
上がりのための部分を、図8に示すように取手4に引っ
かける手指が調理盤3に触れるのを防止する大きな防護
壁4cを形成してある。なお、遮熱筒17は口縁部3a
および取付け部4bの双方と嵌まり合い部を有し、位置
ずれが防止されている。他の構造および奏する作用効果
は、参考例1の場合と変わらないので、同一の部材、同
一の部分には同一の符号を付し、重複する説明は省略す
る。
【0034】(参考例3) 本参考例3は、図10、図12に1つの例を示すよう
に、取手4に周方向に不連続な通気孔31を形成してあ
る。これにより、この通気孔31を雰囲気が上下に通る
ことによって、取手の熱を発散させるので、取手4はさ
らに昇温しにくく、把持されやすいものとすることがで
きる。蓋118はガラス製である。
【0035】取手4の全体の形態を実施の形態2のもの
を採用し、かつ、取手4の通電制御具24と対向する部
分を切り欠き、このような位置で把持されることによっ
て、通電制御具24が邪魔になって把持が甘くなり、手
が滑ったり、逆に通電制御具24に外力が働いて損傷を
与えたりするようなことがないようにした点以外は、参
考例1の場合と他の構造および奏する作用効果に変わり
はないので、同一部材および同一部分には同一の符号を
付し、重複する説明は省略する。
【0036】図11に示す例は、熱盤3に一体成形した
連結具6をチャンネル形状にし、その溝6bの側を取手
4の裏面に当てがい、ねじ7とナット7aとによって連
結してあり、熱盤3の熱が取手4に伝達されにくくして
いる他、取手4にナット挿入凹部4aに続く断熱空間4
dを形成して、取手4の昇温を抑えやすくしている。
【0037】(参考例4) 本参考例4は、図13、図15に1つの実施例を示すよ
うに、取手4に、調理盤3等の外まわりを、その上端の
口縁部3aよりも充分に高いH2の位置まで囲ってより
安全な取手4を兼用する防護壁41が設けられている。
また、取手4のためには防護壁41にはこれが高いこと
を利用して周方向各所に放熱穴を兼用する指掛け穴41
aが設けられている。
【0038】図14に示す例は、高い防護壁41に取手
穴を設けず、これにより、特別な部材なしに、調理盤3
で炒めものや、焼き物調理を行い、あるいは調理鍋で煮
物料理などを行うのに、油、魚肉の脂分、煮汁、あるい
は調理物などが外まわりに飛散して、まわりを汚すよう
なことを防止でき、まわりが汚れないようにする敷物が
不要で簡易に体裁よく使用することができる。防護壁4
1の外まわりに放熱穴41bを有した取手4が一体成形
されている。
【0039】他の構造および奏する作用効果は、参考例
1の場合と変わらないので、同一の部材、同一の部分に
は同一の符号を付し、重複する説明は省略する。
【0040】(参考例5) 本参考例5は、図16、図18に1つの実施例を示すよ
うに、参考例1の取手4に、参考例4のような防護壁4
1を設けてあり、その下部外回りに取手4を一体に形成
してある。これにより、取手4を把持する手指に調理盤
3からの調理熱が上方から及びにくくなる利点がある。
【0041】図17は取手4と調理盤3との連結具6に
よる連結を、連結具6自体をナットに共用してねじ7と
で行ない、単独のナット部材が要らない利点がある。
【0042】他の構造および奏する作用効果は、実施の
形態1および参考例4の場合と変わらないので、同一の
部材、同一の部分には同一の符号を付し、重複する説明
は省略する。
【0043】(参考例6) 本参考例6は、図19、図20に示すように、参考例5
の取手4に、参考例3の通気孔31を設けたもので、そ
れらを綜合した作用効果を発揮することができる。取手
4を仮想線で示すように大きく張り出して、通気穴兼用
の指掛け穴31aを設けることもできる。他の構造は実
施の形態1の場合と他の構造および奏する作用効果に変
わりはないので、同一部材および同一部分には同一の符
号を付し、重複する説明は省略する。
【0044】
【発明の効果】請求項1の発明によれば、取手が調理盤
ないしは調理鍋の外まわりを囲うものとして設けられて
いて、調理盤ないしは調理鍋のまわりのどの位置からで
も身体に平行な2か所を把持して取り外し、あるいは各
種に取り扱えるので、人が調理盤ないしは調理鍋のまわ
りのどの位置に居る場合でも、その位置で身体を調理盤
ないしは調理鍋に対面させれば、その調理盤ないしは調
理鍋を必要な取り扱いのために即座に取り扱うことがで
き便利である。
【0045】また、取手は調理盤ないしは調理鍋の外ま
わりをその口縁部よりも高く位置して囲うので、調理盤
ないしは調理鍋の取手を設けるために外装ケースの上に
露出する部分に手が触れるようなことを多くの方向にお
いて防止しやすく、使用者の保護機能が向上するし、こ
のために、取手は調理盤ないしは調理鍋との対面域が増
大するが、調理盤ないしは調理鍋と孔明きの通気性を持
った遮熱筒およびねじを介した連結部で繋がっているだ
けで、他の部分が調理盤ないしは調理鍋の口縁部との間
に連続した隙間を持っているので、調理盤ないしは調理
鍋からの熱影響を少なくすることができ、取手を把持す
るのに安全であるし、取手を合成樹脂などの非金属とし
ても、その全体は劣化しにくく、前記繋がり部分は微小
でしかも放熱しやすい孔明き遮熱筒およびねじであるの
で、耐熱樹脂などとしなくても十分に保護され、寿命は
特に低下しない。
【0046】さらに、取手とその取付け部との間には取
手を調理盤ないしは調理鍋の口縁部よりも高く位置させ
るために取付け部から取手まで立ち上がった防護壁が、
取手に下方から掛ける手指を受け止めて調理盤や調理鍋
の側に張り出し接触するのを防止するので、取手を把持
するときの安全性がさらに向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の参考例1の電気加熱調理器を示す断面
図である。
【図2】図1の調理器の1つの例の要部の断面図であ
る。
【図3】図1の調理器の他の例の要部の断面図である。
【図4】図1の調理器の別の例の要部の断面図である。
【図5】図1の調理器のさらに別の例の要部の断面図で
ある。
【図6】図1の調理器の斜視図である。
【図7】本発明の参考例2の電気加熱調理器の1つの例
の要部の断面図である。
【図8】本発明の実施の形態1の他の例の要部の断面図
である。
【図9】図7の調理器の斜視図である。
【図10】本発明の参考例3の電気加熱調理器の1つの
例の要部の断面図である。
【図11】参考例3の他の例の要部の断面図である。
【図12】図10の調理器の斜視図である。
【図13】本発明の参考例4の電気加熱調理器の1つの
例の要部の断面図である。
【図14】参考例4の他の例の要部の断面図である。
【図15】図13の調理器の斜視図である。
【図16】本発明の参考例5の電気加熱調理器の1つの
例の要部の断面図である。
【図17】参考例5の他の例の要部の断面図である。
【図18】図16の調理器の斜視図である。
【図19】本発明の参考例6の電気加熱調理器の要部の
断面図である。
【図20】図19の調理器の斜視図である。
【符号の説明】
1 ヒータ 2 外装ケース 3a 口縁部 3 調理盤 4 取手 7 ねじ 4b 取付け部 4c 防護壁 17 遮熱筒

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 底部にヒータを収容した外装ケースと、
    前記ヒータの上に着脱できるように載置されてヒータに
    より加熱されて各種調理を行うパン型ないしは鍋型で金
    属製の調理盤ないしは調理鍋を少なくとも1つと、を備
    えた電気調理器において、調理盤ないしは調理鍋の口縁
    部の外まわりを囲う取手に前記口縁部の下面に対向する
    取付け部を形成し、この取付け部を口縁部の下面に孔明
    きの遮熱筒を介し当てがってねじで取り付け、この口縁
    部の下面と離れた取付け部と前記取手との間に前記口縁
    部と離れた位置で取付け部から立ち上がって取手を口縁
    部よりも高く位置させる防護壁を形成したことを特徴と
    する電気加熱調理器。
JP09253460A 1997-09-18 1997-09-18 電気加熱調理器 Expired - Fee Related JP3099783B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09253460A JP3099783B2 (ja) 1997-09-18 1997-09-18 電気加熱調理器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09253460A JP3099783B2 (ja) 1997-09-18 1997-09-18 電気加熱調理器

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1189729A JPH1189729A (ja) 1999-04-06
JP3099783B2 true JP3099783B2 (ja) 2000-10-16

Family

ID=17251706

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP09253460A Expired - Fee Related JP3099783B2 (ja) 1997-09-18 1997-09-18 電気加熱調理器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3099783B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5471058B2 (ja) * 2009-06-17 2014-04-16 タイガー魔法瓶株式会社 蒸し器
CN108888099A (zh) * 2018-06-13 2018-11-27 珠海格力电器股份有限公司 一种蒸煮器具及其控制方法
CN108903615B (zh) * 2018-08-09 2020-11-20 苏州市信睦知识产权服务有限公司 一种便于取出的家用蒸菜盘

Also Published As

Publication number Publication date
JPH1189729A (ja) 1999-04-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20120111854A1 (en) Device for induction heating
JP3099783B2 (ja) 電気加熱調理器
JP4799271B2 (ja) 炊飯器
JP4029803B2 (ja) 誘導加熱調理器
CN210300603U (zh) 烹调器
WO2016189897A1 (ja) 蓋および調理器
JP4036265B2 (ja) 加熱調理器
JP3123150U (ja) 調理容器
JP3171151B2 (ja) 電気加熱調理器
CN209733607U (zh) 烤盘组件和烹饪装置
JP3374701B2 (ja) 電気加熱調理盤
CN214341693U (zh) 一种燕窝炖壶
CN215777222U (zh) 烹饪器具
CN215777208U (zh) 盖体组件及具有其的烹饪器具
CN213248491U (zh) 内锅组件以及烹饪器具
JP3099664B2 (ja) 電気加熱調理器
CN216797352U (zh) 烹饪器具
JP3937410B2 (ja) 加熱調理器
JP2874344B2 (ja) 調理器
JPH0726981Y2 (ja) 電気ロースター
JPH0647398Y2 (ja) 電気ホットプレート
JP3846846B2 (ja) 炊飯器その他の電気調理器具における放熱板リングと放熱板との取付構造
JP3150323U (ja) 加熱調理器の蓋と電熱型加熱モジュールとが着脱可能な加熱装置
KR200306141Y1 (ko) 고기구이용 전열조리기
JP3574582B2 (ja) 炊飯器

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090818

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees