JP3092213B2 - 籾摺選別機等の吸塵装置 - Google Patents

籾摺選別機等の吸塵装置

Info

Publication number
JP3092213B2
JP3092213B2 JP03160253A JP16025391A JP3092213B2 JP 3092213 B2 JP3092213 B2 JP 3092213B2 JP 03160253 A JP03160253 A JP 03160253A JP 16025391 A JP16025391 A JP 16025391A JP 3092213 B2 JP3092213 B2 JP 3092213B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rice
hulling
dust
grain
mixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP03160253A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH057783A (ja
Inventor
一男 弓立
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Iseki and Co Ltd
Original Assignee
Iseki and Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Iseki and Co Ltd filed Critical Iseki and Co Ltd
Priority to JP03160253A priority Critical patent/JP3092213B2/ja
Publication of JPH057783A publication Critical patent/JPH057783A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3092213B2 publication Critical patent/JP3092213B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、籾・玄米等の混合粒
を選別する揺動選別装置等を具備する籾摺選別機等の吸
塵装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】籾摺選別機の混合米ホッパから揺動選別
装置に穀粒を供給するにあたり、混合米ホッパの底部の
流下口部に一点を支点として回動する開閉弁を設け、こ
の開閉弁の開度を広狭調節することにより穀粒の繰出量
を調節する構成であつた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このように構成されて
いる混合米ホッパの流下量調節装置は、穀粒流下量の調
節が正確でなく、また、混合米ホッパの上部に吸塵通路
を接続するものであるために、穀粒の流出部分から塵埃
が飛散し、作業環境が悪くなるという欠点があつた。そ
こで、この発明は、穀粒ホッパの流出口に特殊に設けら
れている繰出バルブに対して吸塵通路を特殊に接続する
ことにより、従来装置の欠点を解消しようとするもので
ある。
【0004】
【課題を解決するための手段】この発明は、このような
従来技術のもつ問題点を解決するために、次の技術的手
段を講じた。即ち、この発明は、被選別穀粒を供給する
供給ホッパ22の底部に設けられている繰出流路35の
下部に繰出バルブ36を回転自在に設け、該繰出流路3
5における繰出バルブ36の上方から下方への穀粒繰出
回転部分の終端部に連続して下方から上方へ回転する穀
粒非繰出回転部分の上方位置に、吸塵通路37の吸塵側
端部を臨ませたことを特徴とする籾摺選別機等の吸塵装
置としたものである。
【0005】
【実施例】以下、図面に示すこの発明の実施例について
説明する。まず、実施例の構成について説明すると、こ
の籾摺選別施設は、籾摺をする籾摺部1、籾摺部1から
の摺落米を風選する摺落米風選部2、摺落米風選部2で
の風選後の摺落米を選別する揺動選別部3、粒選別部4
及びこれらの機材間に穀粒を揚穀搬送する揚穀搬送部5
によって構成されている。そして、据付面の一側である
前側部には、その上部に籾摺部1を、籾摺部1の下部に
摺落米風選部2を、摺落米風選部2の下部に揺動選別部
3を配置し、据付面の他側である後部には、その上部に
粒選別部4を配置し、粒選別部4の下部には屑米タンク
6を配置し、揚穀搬送部5の籾揚穀機7及び混合米揚穀
機8を、籾摺部1,摺落米風選部2及び揺動選別部3の
横側部に配置し、前後方向中間部に、揚穀搬送部5の玄
米揚穀機9を配置する構成である。
【0006】籾摺部1は、籾ホッパ10,籾摺ロール1
1,11の内装されている籾摺室12等で構成されてい
る。摺落米風選部2は、籾摺部1からの摺落米が拡散さ
れる拡散室13,摺落米風選路14,粃米受樋15,摺
落米受樋16,先端部に吸引フアン(図示省略)の設け
られている排塵ダクト17等で構成されている。次に、
揺動選別部3について説明する。18は揺動選別板であ
り、その板面には選別用の凹凸が形成されていて、一側
が高い供給側18a、その反対の他側が低い排出側18
bとなり、供給側18aと排出側18bとを結ぶ縦方向
に対して直交する横方向の高い一方側を揺上側18c、
その反対側の低位側を揺下側18dとして、揺動選別板
18を縦方向及び横方向の2面ともに傾斜した構成とし
ている。なお、揺動選別板18の揺上側18cには揺上
側板が、揺下側18dには揺下側板が、供給側18aに
は供給側板が設けられている。このように構成されてい
る揺動選別板18,18,…は、揺動ア−ム19,クラ
ンク軸20,クランクロッド21等の揺動装置で、横方
向斜め上下方向に往復揺動される構成である。
【0007】この揺動選別板18における供給側18a
で、且つ、揺下側18d寄りの部分に、籾摺部1で籾摺
され、且つ摺落米風選部2で風選された後の混合米が、
揚穀搬送部4の混合米揚穀機8,混合米ホッパ22,分
配樋23を経て供給される構成であり、供給された混合
米は粒形の大小,比重の大小,摩擦係数の大小等の関係
で、比重の重い玄米は揺上側18cに偏流分布し、ま
た、玄米に比較して大きく比重の軽い籾米は揺下側18
dに偏流分布し、その中間部には分離されない籾米と玄
米の混合米が偏流分布するものであり、揺動選別板18
の排出側18bに玄米仕切板24,籾米仕切板25を配
置することにより、玄米は玄米取出樋26,玄米流路2
7に取り出され、混合米は混合米取出樋28,混合米流
路29に取り出され、籾は籾取出樋30,籾流路31に
夫々取り出される。このようにして取り出された玄米
は、玄米流路27から玄米揚穀機9の下部に流入して揚
穀され、玄米揚穀機9上部の玄米取出部9aから粒選別
部4を構成する周知の縦型穀粒選別機32に供給され、
また、籾流路31に取り出された籾は、揚穀搬送部5の
籾揚穀機7で籾摺部1に揚穀還元されて再度籾摺され、
また、混合米流路29に取り出された混合米は、揚穀搬
送部5の混合米揚穀機8で再度揺動選別部3に揚穀され
て再選別される構成である。
【0008】また、玄米流路27には流下中の玄米を、
玄米流路27から玄米揚穀機9に流れる状態としたり、
あるいは、隣の混合米流路29に流れる状態に切替るこ
とのできる玄米切替弁33を設け、また、混合米流路2
9には流下中の混合米を、混合米流路29から混合米揚
穀機8に流れる状態としたり、あるいは、隣の籾流路3
1に流れる状態に切替ることのできる混合米切替弁34
を設けている。
【0009】次に、混合米ホッパ22の穀粒の繰出関係
び吸塵関係について図3に基づき説明する。混合米ホッ
パ22の底部には、傾斜している繰出流路35が接続さ
れていて、この繰出流路35の下部に繰出バルブ36を
回転自在に設け、この繰出流路35に設けられている繰
出バルブ36は、上方から下方へ回転して穀粒を繰り出
す穀粒繰出回転部分36aと、この穀粒繰出回転部分3
6aの終端側に続いて、下方から上方へ回転し且つ繰出
バルブ36に穀粒のない穀粒非繰出回転部分36bと
、移行しながら回転するものである。
【0010】そして、繰出バルブ36部分の塵埃を吸塵
する吸塵通路37を接続するにあたっては、吸塵通路3
7の吸塵側端部を繰出流路35における繰出バルブ36
の穀粒非繰出回転部分36bの上方に接続し、繰出バル
ブ36の穀粒繰出作用後の飛散した塵埃を有効に吸塵で
きるものである。なお、この吸塵通路37の終端側は排
塵ダクト17に接続されている。
【0011】次に、図4乃至図6に基づき揺動選別部3
の下部構成について説明する。38は、揺動選別板1
8,18,…の下方に位置している揺動箱体で、前後・
左右及び上下の板体で閉鎖状に構成されていて、この揺
動箱体38の前側部分には、混合米ラセン39の支架さ
れている混合米樋40を配置して、左・右側板で支持
し、この混合米樋40の右側部分(図6の下側部)には
揺動選別板18で選別された混合米が流下供給され、摺
落米風選部2からの混合米は流下筒41を経て混合米樋
40の左右中間部に供給され、混合米樋40への供給の
分散を図っている。また、揺動箱体38の前・後側板3
8a,38bの左右方向中間部及び後部には前後方向に
沿わせて中間筒体42及び後部筒体43を配置すると共
に、前・後側板38a,38bで支持して、揺動箱体3
8の強度アップを図っている。そして、この中間筒体4
2及び後部筒体43の全周には、小孔あるいはスリット
状の吸塵口(図示省略)を構成して、中間筒体42及び
後部筒体43の端部に吸塵ダクト17に接続されている
吸塵パイプ(図示省略)を接続し、揺動箱体38内の除
塵ができる構成である。この揺動箱体38の上部には、
揺動選別板18,18,…を揺動する揺動モータ44,
伝動ベルト45,揺動ア−ム19,19,…クランク軸
20等からなる揺動装置が設けられていて、これらの近
傍に設けられているエヤ−ノズル(図示省略)で籾摺選
別作業中は空気を噴出して揺動装置の清掃を行う構成で
ある。
【0012】次に、実施例の作用について説明する。籾
摺選別施設で籾摺作業をする場合には、籾摺部1の籾ホ
ッパ10に原籾を供給し、電源スイッチ(図示省略)及
び運転スイッチ(図示省略)をONし、籾摺選別機の回
転各部を駆動する。すると、籾ホッパ10から籾摺部1
の籾摺ロール11,11に供給された籾は籾摺され、摺
落米は摺落米風選部2の摺落米風選路14で風選され、
軽い籾殻は排塵ダクト17から機外に排出され、重い玄
米及び籾の混合米は、摺落米風選路14,摺落米受樋1
6,揚穀搬送部4の混合米揚穀機8,混合米ホッパ2
2,分配樋23を経て、揺動選別板18,18,…に供
給される。
【0013】揺動アーム19,19が揺動すると、揺動
選別板18,18,…が横方向斜め上下に往復揺動し、
この揺動選別板18に混合米が供給されると、混合米は
粒形の大小あるいは比重の大小、摩擦係数の大小の関係
で、比重の重い玄米は揺上側18cに偏流分布し、ま
た、玄米に比較して大きく比重の軽い籾米は揺下側18
dに偏流分布し、また、その中間部には分離されない籾
米と玄米の混合米が偏流分布する。揺動選別板18,1
8,…の排出側18bから流出する穀粒は、玄米仕切板
24,籾米仕切板25で仕切られて、玄米は玄米取出樋
26から、混合米は混合米取出樋28から、また、籾は
籾米取出樋30から夫々取り出され選別される。
【0014】このよにして籾摺選別作業が行われるので
あるが、混合米ホッパ22の底部に設けられている繰出
流路35の下部には、繰出バルブ36を回転自在に設
け、この繰出流路35に設けられている繰出バルブ36
の下方から上方へ回転し且つ繰出バルブ36の穀粒の
り出された後の穀粒非繰出回転部分36bに、吸塵通路
37の吸塵側端部を接続しているので、穀粒を吸引する
ことなく、繰出バルブ36の穀粒繰出作用に伴って発生
した塵埃を有効に吸塵できて、衛生的環境で籾摺選別作
業をすることができるものである。
【0015】
【発明の効果】上述のように、繰出流路35に設けられ
ている繰出バルブ36における下方から上方へ回転する
穀粒非繰出回転部分36bの上方に吸塵通路37の吸塵
端部を接続しているので、穀粒を吸引することなく、
繰出バルブ36の穀粒繰出作用に伴って発生した塵埃を
有効に吸塵できて、衛生的環境で籾摺選別作業等をする
ことができるものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】全体の切断側面図
【図2】全体の背面図
【図3】要部の切断側面図
【図4】揺動選別装置の側面図
【図5】揺動選別装置の正面図
【図6】揺動選別装置の平面図
【符号の説明】
1 籾摺部 2 摺落米風選部 3 揺動選別部 4 粒選別 5 揚穀搬送部 6 屑米タンク 7 籾揚穀機 8 混合米揚穀機 9 玄米揚穀機 10 籾ホッパ 11 籾摺ロ−ル 12 籾摺室 13 拡散室 14 摺落米風選室 15 粃米受樋 16 摺落米受樋 17 排塵ダクト 18 揺動選別板 19 揺動アーム 20 クランク軸 21 クランクロッド 22 混合米ホッパ(供給ホッパ) 23 分配樋 24 玄米仕切板 25 混合米仕切板 26 玄米取出樋 27 玄米流路 28 混合米取出樋 29 混合米流路 30 籾取出樋 31 籾流路 32 縦型穀粒選別機 33 玄米切替弁 34 混合米切替弁 35 繰出流路 36 繰出バルブ 36a 穀粒繰出回転部分 36b 穀粒非繰出回転部分 37 吸塵流路 38 揺動箱体 39 混合米ラセン 40 混合米樋 41 流下筒 42 中間筒体 43 後部筒体 44 揺動モータ 45 伝動ベルト

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 被選別穀粒を供給する供給ホッパ22の
    底部に設けられている繰出流路35の下部に繰出バルブ
    36を回転自在に設け、該繰出流路35における繰出バ
    ルブ36の上方から下方への穀粒繰出回転部分の終端部
    に連続して下方から上方へ回転する穀粒非繰出回転部分
    上方位置に、吸塵通路37の吸塵側端部を臨ませたこ
    とを特徴とする籾摺選別機等の吸塵装置。
JP03160253A 1991-07-01 1991-07-01 籾摺選別機等の吸塵装置 Expired - Lifetime JP3092213B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP03160253A JP3092213B2 (ja) 1991-07-01 1991-07-01 籾摺選別機等の吸塵装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP03160253A JP3092213B2 (ja) 1991-07-01 1991-07-01 籾摺選別機等の吸塵装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH057783A JPH057783A (ja) 1993-01-19
JP3092213B2 true JP3092213B2 (ja) 2000-09-25

Family

ID=15711010

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP03160253A Expired - Lifetime JP3092213B2 (ja) 1991-07-01 1991-07-01 籾摺選別機等の吸塵装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3092213B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH057783A (ja) 1993-01-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3092213B2 (ja) 籾摺選別機等の吸塵装置
JP3235164B2 (ja) 籾摺選別機の粃米処理装置
JP4289444B2 (ja) 縦型穀類選別機
JP3536833B2 (ja) 籾摺選別機
JP3293154B2 (ja) 揺動選別籾摺機
JP3351391B2 (ja) 籾摺選別機
JP2001029808A (ja) 籾摺装置
JP3099597B2 (ja) 籾摺選別機の動力伝動装置
JP2985575B2 (ja) 揺動選別装置の揺動装置
JP2573381Y2 (ja) 籾コンベアの樋開閉装置
JP3443869B2 (ja) 揺動選別装置の穀粒供給装置
JPH06254417A (ja) 揺動選別型籾摺選別機
JP2002301385A (ja) 籾摺選別機
JPH11319444A (ja) 穀粒揚穀機の排塵装置
JPH06226210A (ja) 籾摺選別機等の吸引排塵機
JPH057843A (ja) 籾摺選別機の玄米処理部
JPH05192595A (ja) 籾摺選別機
JPH0576844A (ja) 籾摺選別機の繰出装置
JP2003047864A (ja) 揺動選別型籾摺選別機
JPH1176944A (ja) 籾摺選別装置の吸塵装置
JPH05309336A (ja) 籾摺選別機の小粒選別装置
JPH05277385A (ja) 籾摺選別機の小粒選別装置
JPH0531384A (ja) 籾摺選別機の除塵装置
JPH05337383A (ja) 籾摺選別機の小粒選別装置
JPH09313957A (ja) 籾摺選別機の操作装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100728

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100728

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110728

Year of fee payment: 11

EXPY Cancellation because of completion of term