JP3080584B2 - Recording system for multi-media - Google Patents

Recording system for multi-media

Info

Publication number
JP3080584B2
JP3080584B2 JP08160037A JP16003796A JP3080584B2 JP 3080584 B2 JP3080584 B2 JP 3080584B2 JP 08160037 A JP08160037 A JP 08160037A JP 16003796 A JP16003796 A JP 16003796A JP 3080584 B2 JP3080584 B2 JP 3080584B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
disk
disk device
redundant
recording
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP08160037A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0969027A (en
Inventor
一彦 伊藤
史郎 小倉
整 山本
正博 水野
宏 馬場
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP7-154486 priority Critical
Priority to JP15448695 priority
Application filed by 三菱電機株式会社 filed Critical 三菱電機株式会社
Priority to JP08160037A priority patent/JP3080584B2/en
Publication of JPH0969027A publication Critical patent/JPH0969027A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3080584B2 publication Critical patent/JP3080584B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、アクセス要求に対する応答が一定の時間内になされることを要求されるマルチメディア用記録システムに関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a recording system for multimedia that are required to respond to the access request is made within a certain time. 特に、一定の時間内に応答できない場合には、アクセス要求されていない記録装置よりデータを生成して送信するマルチメディア記録システムに関するものである。 In particular, if it can not respond within a certain time is related to a multimedia recording system generates and transmits the data from the recording device that is not the access request. また、大容量のデータを記録するマルチメディア用記録システムに関するものである。 The present invention also relates to a recording system for multimedia of recording a large volume of data. 特に、データの増加に伴い、容易に記録装置を追加できるマルチメディア用記録システムに関するものである。 In particular, with the increase of data, to a recording system for multimedia that can be added easily recorder.

【0002】 [0002]

【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION

従来例1. Conventional Example 1. 従来の記録システムでは、動画データ等の大容量データを連続して転送する場合、ディスク装置の内部ヘッドの移動を伴うデータを読み出す時に、データ転送が途切れていた。 In the conventional recording system, when transferring continuous mass data such as moving image data, when reading data with a movement of the inner head of the disk drive, the data transfer was interrupted. そして、内部ヘッドの移動を行っている間のデータをバッファに蓄える方法にて対応していた。 Then, it corresponded by a method of storing data while performing the movement of the inner head into the buffer. 図20に上記例を説明する図を示す。 Figure 20 shows a diagram for explaining the example. 図20において、パソコン又はワークステーション300は、図示していない制御装置内のバッファ301と通信回線303 In Figure 20, a personal computer or workstation 300, communicates with the buffer 301 in the control unit (not shown) line 303
を介して接続されている。 It is connected via a. 上記バッファ301は、パソコン又はワークステーション300に対し、上記通信回線303を介し連続して3MB/sのデータ転送を可能とするために設けられる。 The buffer 301, to a personal computer or workstation 300, is provided to enable data transfer 3MB / s in succession through the communication line 303. そして、バッファ301は、 Then, the buffer 301,
通信回線304を介してディスク装置302と接続されている。 It is connected to the disk device 302 via the communication line 304. そして、ディスク装置302は、通信回線30 Then, the disk device 302, the communication line 30
4を介して最大10MB/sのデータ転送が可能である。 4 through which data can be transferred up to 10MB / s. また、上記バッファ301は、ディスク装置302 Further, the buffer 301, disk device 302
の内部キャリブレーション(30〜200ms)に対応するため、3MB/s×200msより600KBのデータ容量が必要となる。 To accommodate the internal calibration (30~200ms), data capacity of 600KB from 3MB / s × 200 ms is required. さらに、ディスク装置302の内部エラーリトライ(30秒〜45秒)に対応するためには、3MB/s×30秒より90MBの容量が必要となる。 Furthermore, in order to correspond to an internal error retry the disk apparatus 302 (30 seconds to 45 seconds), the capacity of 90MB from 3MB / s × 30 seconds are required. このため、上記バッファ301では、エラーリトライへの対応は不可能である。 Therefore, in the buffer 301, the corresponding is impossible to error retries.

【0003】従来例2. [0003] Conventional Example 2. また、特開平2−81123号公報の「並列データ転送方式及び装置」は、リード障害をデータの遅延により検出し、リード障害以外のデータよりリード障害データを生成し、一部のリード障害による全体のデータ転送遅延又は停止を回避することを特徴としている。 Further, "parallel data transfer method and apparatus" in Japanese Patent Laid-Open 2-81123 discloses detects lead failures by the delay of the data, it generates a read failure data from data other than lead failure, the whole by a part of the lead failure It is characterized in that to avoid data transfer delay or stop.

【0004】図21は、従来例2の一実施例のブロック図を示す図である。 [0004] Figure 21 is a diagram showing a block diagram of an embodiment of a conventional example 2. 図22は、従来の図21におけるパリティ生成器/データ修正器のブロック図である。 Figure 22 is a block diagram of a parity generator / data corrector in the conventional Figure 21. 図2 Figure 2
3は、図22の修正制御部14の回路図である。 3 is a circuit diagram of a correction control unit 14 of FIG. 22. 図24 Figure 24
は、図23の回路図の動作を説明するタイミングチャート図である。 Is a timing chart for explaining the operation of the circuit diagram of FIG. 23.

【0005】この従来例2では、同期ずれによるデータ遅延又はリード障害によるデータ遅延又は転送停止を回避する方法の提供を行う。 [0005] In the conventional example 2, and provides a way to avoid data delay or transfer stop by the data delay or lead failure due to synchronization shift. 以下に、上記方式及び装置においてデータ遅延を検出し、データ修復を行う処理について説明を行う。 Hereinafter, detects the data delay in the method and apparatus, a description is given of processing for data recovery. 磁気ディスク装置9よりREADしたデータは、ハードディスクコントローラ8により8ビット幅データに変換される。 Data READ from the magnetic disk device 9 is converted to 8-bit wide data by the hard disk controller 8. そして、データバッファ7に記憶される。 Then, it is stored in the data buffer 7. データバッファ70,71,72,73, Data buffer 70, 71, 72, 73,
7Pのデータは、リードエラーがなければセレクタ5を介してバス制御部3へ送られる。 Data 7P is sent to the bus control unit 3 via a selector 5 if no read error. そして、DATARE Then, DATARE
ADY信号13aに同期してデータ幅32ビットにまとめられ、バス2へ送出される。 Synchronization with ADY signal 13a are combined into a data width of 32 bits, is sent to the bus 2. そして、バス2からホストシステムへ送信される。 Then, it is transmitted from the bus 2 to the host system. パリティデータを記録する磁気ディスク装置9Pは、磁気ディスク装置90,91, Magnetic disk drive 9P for recording parity data magnetic disk unit 90, 91,
92,93,9Pのいずれかに障害が発生した場合、障害磁気ディスク装置のデータを生成するために使用される。 When a failure occurs in one of 92,93,9P, it is used to generate the data of the fault magnetic disk device.

【0006】例えば、磁気ディスク装置93に障害が発生し、データがリード不可能となった場合、以下のようにデータを修復する。 [0006] For example, a failure occurs in the magnetic disk device 93, when the data becomes the read impossible, to repair the data as follows. D3=D0 XOR D1 XOR D2 XOR DP 上記データ修復は、パリティ生成器/データ修正器6によって行われる。 D3 = D0 XOR D1 XOR D2 XOR DP the data restoration is performed by the parity generator / data corrector 6. 修復データは、パリティ生成器/データ修正器6より出力され、セレクタ5のbへ入力される。 Correction data is output from the parity generator / data corrector 6, is input to b of the selector 5. エラー信号13によりリード障害の磁気ディスク装置に対応したセレクタは、修復データを選択してデータを修復する。 The selector corresponding to the magnetic disk drive read failure by the error signal 13, to repair the data by selecting the correction data. 以上でリード障害の検出によるデータ修復の説明を終了する。 The end of the description of the data repair by the detection of lead failure above.

【0007】次に、同期ずれによるデータ遅延に対するデータ修復について、以下に説明を行う。 [0007] Next, the data restoration for data delay due to sync will be described below. 図24に示す磁気ディスク装置9のDRV0〜3,Pが同期して、セクタ0,1,・・・と連続してリード動作を実行しているものとする。 DRV0~3 of the magnetic disk unit 9 shown in FIG. 24, in synchronization P is, sectors 0 and 1, contiguous with ... assumed to execute the read operation. セクタ1のリード時にDRV3ではEC EC In DRV3 at the time of the lead sector 1
Cエラーが発生し、データバッファ73の当該セクタに対応するデータは、データバッファから送出されず、図24のREQ0〜3,Pのセクタ1に対応するタイミング99のようになる。 C error occurs, data corresponding to the sector of the data buffer 73 is not sent from the data buffer, REQ0~3 in FIG 24, so that the timing 99 corresponding to the sector 1 of the P. タイミング99aでLRESET LRESET at the timing 99a
22aが出力されるので、エラーロック器22はクリアされており、セクタ0のREQ0〜3,Pの同期でタイマ21もクリアされている。 Since 22a is output, an error lock 22 is cleared, REQ0~3 sector 0 is the timer 21 is cleared in synchronization P. この後、REQ信号150 After this, REQ signal 150
が最初に出力され、図23のOR回路23を通り、タイマ21をスタートさせる。 There is first output through the OR circuit 23 in FIG. 23, a timer is started 21. その後、REQ1,REQ Then, REQ1, REQ
2,REQPもタイマ21のTimeouT信号出力前に出力されるが、REQ3はリードエラーとなっているので出力されない。 2, REQP is also output before TimeouT signal output of the timer 21, REQ3 is not output since a read error. このため、AND回路24は、AN Therefore, AND circuit 24, AN
D条件が取れないので、タイマ21はREQREADY Since the D conditions can not be taken, the timer 21 is REQREADY
信号24aによりクリアされずに、カウントUPを続ける。 The signal 24a without being cleared, continue to count UP. タイミング99bでタイマ21は、TimeouT Timer 21 at the timing 99b is, TimeouT
を検出し、TimeouT信号21aを出力する。 It detects and outputs a TimeouT signal 21a. この出力により、エラーロック器22は、このTimeou This output error lock 22, the Timeou
T時のREQ0〜3,Pの反転信号をラッチし出力する。 T during REQ0~3, to latch the inverted signal of the P output. このラッチの出力は、図23に示すように、REQ The output of the latch, as shown in FIG. 23, REQ
0〜3,PとORされ信号15aとなる。 0-3, the P and OR by signal 15a. このORにより、REQ3に対応する信号15aは、真となり全てのREQ0〜3,P信号は、真となる。 The OR, signal 15a corresponding to REQ3, all REQ0~3, P signal becomes true, true. これにより、AN As a result, AN
D回路24ではANDの条件が取れ、REQREADY In D circuit 24 to take AND conditions, REQREADY
信号24aを真とする。 The signal 24a and the true. これにより、タイマ21は、クリアされTimeouT信号21aは偽となる。 Thus, the timer 21, TIMEOUT signal 21a is cleared becomes false. タイマ21のスタート信号23a即ちOR回路23の出力は、 The output of the start signal 23a i.e. OR circuit 23 of the timer 21,
エラーロック器22の出力により真固定となり、一旦偽となるまで、カウントUPは再開されない。 True fixed by the output of the error lock 22, until once becomes false, count UP will not be resumed.

【0008】この状態でAND回路24のAND条件は、REQ3の信号に関係なく、他のREQ1,REQ [0008] AND condition of the AND circuit 24 in this state, regardless of the signal REQ3, other REQ1, REQ
2,REQP信号の出力が揃ったところで成立し、DA Established at the output of the 2, REQP signal are met, DA
TAREADY信号24aを真とする。 The TAREADY signal 24a and true. この時、エラー検出器20がエラーを検出していなければ、AND回路25のAND条件が成立し、DATAREADY信号1 At this time, if the error detector 20 has not detected an error, AND condition of the AND circuit 25 is satisfied, DATAREADY signal 1
3aが真となる。 3a is true. このDATAREADY信号13a This DATAREADY signal 13a
は、図21のバス制御部3に入力され、データ転送の同期信号となる。 Is input to the bus control unit 3 of FIG. 21, the sync signal of the data transfer. エラーロック器22の出力ERROR0 The output of the error lock device 22 ERROR0
〜3,Pは、図22のエラー信号160,161,16 To 3, P is an error signal in FIG. 22 160,161,16
2,163,16Pに出力され、エラーの発生した磁気ディスク装置に対応したセレクタのみを動作させ、セレクタ17のポートaを選択させる。 Is output to 2,163,16P, only the selector corresponding to a magnetic disk apparatus in which the error occurred and is operated to select the port a of the selector 17. この入力条件で出力される図22のパリティ生成器18の出力修復データ1 Output repair data 1 parity generator 18 in FIG. 22 to be output by the input conditions
2は、上記の式の値となり、まさにDRV3の修復データである。 2 has a value of the above formula, is exactly DRV3 repair data. また、エラーロック器22の出力ERROR The output of the error lock device 22 ERROR
0〜3,Pは、図21のエラー信号13として出力され、修復データ12を選択する。 0 to 3, P is output as an error signal 13 in FIG. 21, selects the correction data 12. 前記エラーの場合、E In the case of the error, E
RROR3が真となっているので、データバス113に対応するセレクタは、b入力を選択し、修復データをバス制御部3へ送出する。 Since RROR3 has become true, the selector corresponding to the data bus 113, selects the b input, and sends the restored data to the bus controller 3.

【0009】従来例3. [0009] Conventional Example 3. さらに、ビデオ等の画像データを記録する従来の方法は、データを複数のディスクに分散記録する方法が一般的であった。 Furthermore, the conventional method of recording image data of video or the like, a method of dispersing recording data on multiple disks were common. 図25は、RAID FIG. 25, RAID
レベル3におけるデータ記録状態を示す図である。 It is a diagram illustrating a data recording state at level 3. 図2 Figure 2
6は、図25におけるディスク構成に1台増設した場合のデータ記録状態を示す図である。 6 is a diagram illustrating a data recording state in the case of adding one to the disk configuration in Figure 25. 例えば、ディスクアレイをデータ用4台、パリティ用1台の計5台のディスク装置を使い、RAIDレベル3で構成した場合、1つのデータは、図25のようにストライピングされて各ディスク装置に記録される。 For example, four for the disk array data, use one five disk units for parity, when configured with RAID level 3, one data is recorded on the disk devices are striped as shown in Figure 25 It is. ここで、データ用ディスク装置1台(#5)を増設して、6台からなるRAIDレベル3のディスクアレイに構成し直すことを考える。 Now consider that the data disk unit one (# 5) was added and reconfigured to RAID level 3 disk array of six. 再構成後のストライピングは、図26のようになる。 Striping after reconstitution is as shown in Figure 26. 図25 Figure 25
から図26のように構成し直すには、図を比較して分かるように、ディスク装置#0〜#3のほとんど全てのデータを並べ替え、かつ、パリティを作り直さなくてはならない。 The reconfigured as shown in Figure 26, as can be seen by comparing FIG sorts the almost all of the data disk units # 0 to # 3, and must be reworked parity.

【0010】 [0010]

【発明が解決しようとする課題】上記従来例1では、ディスク装置の内部キャリブレーションに対応するには、 In the conventional example 1 [0007], to correspond to the internal calibration of the disk device,
バッファ容量が大容量必要となる問題がある。 There is a problem that the buffer capacity is required large capacity. また、ディスク装置の内部エラーリトライには、対応不可能であるという問題がある。 Inside error retry of the disk device, there is a problem that it is impossible correspond.

【0011】また、上記従来例2における「並列データ転送方式及び装置」では、並列データの遅延により同期ずれ又はリード障害の発生を検出し、障害データの生成を開始する手段としている。 [0011] In the "parallel data transfer method and apparatus" in the above second conventional example, to detect the occurrence of the out-of-sync or lead failure by the delay of the parallel data, and means for initiating the generation of the fault data. このため、図24にあるように、遅延を検出するまでの間(40〜50ms)、ホストへのデータ転送は途切れてしまう。 Therefore, as in Figure 24, until the detection delay (40~50ms), the data transfer to the host is broken in some cases. また、図21のデータバッファ7は、DRV3,Pの回転操作を補正するためのものであり、ホストへのデータ転送バッファとしては機能していない。 The data buffer 7 in FIG. 21 is for correcting a rotational operation of DRV3, P, does not function as a data transfer buffer to the host. このため、ホストへの連続したデータ転送が補償されないという問題が発生する。 Therefore, a problem that continuous data transfer to the host is not compensated occurs.

【0012】また、上記従来例3のようなデータ記録方法では、ディスク装置の増設に伴い、データの再編成が必要となり、データの再編成処理は、非常に複雑であり、時間を要するばかりでなくデータ消失の危険を伴い、装置の信頼性を低下させる問題がある。 [0012] In the data recording method as the conventional example 3, with the addition of the disk device, data reorganization is required, reorganization of the data is very complex and only time consuming with the risk of no data loss, there is a problem of lowering the reliability of the device.

【0013】この発明は、上記の問題を解決するためになされたものであり、ディスクのエラー発生によるリトライや内部キャリブレーションの発生を該当ディスクの応答時間遅れにより検出し、他のディスクから該当ディスクのデータを修復する手段と、データ修復を実行している間もホストへのデータ転送を維持するためのデータバッファを持つものである。 [0013] The present invention has been made to solve the above problems, the corresponding disc occurrence of retry and the internal calibration by error of the disk is detected by the response time lag of the corresponding disk, the other disk It means for the data restoration, while performing data recovery even those with a data buffer for maintaining the data transfer to the host.

【0014】また、ディスク装置の増設が極めて容易に実現でき、さらに、ディスク装置が故障した場合は、故障の影響を他のディスク装置に及ぼさないマルチメディア用記録システムを実現する。 [0014] Expansion of the disk apparatus can be realized very easily, further, if the disk device has failed, to realize a recording system for multimedia that does not affect the fault to other disk devices.

【0015】 [0015]

【課題を解決するための手段】この発明に係るマルチメディア用記録システムは、以下の要素を有する。 Means for Solving the Problems] recording system for multimedia according to the present invention has the following elements. (a)データと冗長データを記録する記録部、(b)上記記録部に記録されたデータをアクセスする制御装置であって、上記記録部に記録されたデータのアクセスを終了させるべき時間を記録したタイムアウトテーブルと、 (A) recording unit for recording data and redundant data, (b) a controller for accessing the data recorded in the recording unit, recording the time to terminate the access of the data recorded in the recording unit and the time-out table,
上記タイムアウトテーブルに記憶された時間を経過してもアクセスが終了しない場合に、上記記録部に記録された冗長データをアクセスし、データを生成するデータ生成手段とを備えた制御装置。 If access even after the lapse of time stored in the timeout table does not end, accesses the redundant data recorded in the recording unit, control unit and a data generating means for generating data.

【0016】また、上記記録部は、複数のディスク装置から構成されたRAID(リダンダントアレイズオブインエクスペンシブディスクズ)システムであり、上記制御装置はRAIDコントローラであることを特徴とする。 Further, the recording unit is a plurality of RAID that is configured from the disk device (redundant Areizu of in ex pen Inclusive disk's) system, characterized in that the control device is a RAID controller.

【0017】また、上記タイムアウトテーブルは、データのアクセスを依頼したユーザ毎に時間を記憶することを特徴とする。 Further, the time-out table, and to store the time for each user who has requested access to data.

【0018】また、上記制御装置は、さらに、データのアクセスを依頼したユーザが必要とするデータ転送速度に基づいて上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする。 Further, the control device further, and sets the time stored in the timeout table based on the data transfer rate required by the user who has requested access to data.

【0019】また、上記制御装置は、さらに、データのアクセスを依頼したユーザが必要とする応答時間に基づいて上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする。 Further, the control device further, and sets the time stored in the timeout table based on the response time by the user who has requested access to data is required.

【0020】また、上記制御装置は、さらに、データのアクセスを依頼したユーザが必要とする応答時間とデータ転送速度に基づいて、上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする。 Further, the control device further based on the response time and the data transfer rate by the user who has requested access to data is required, and sets the time stored in the timeout table.

【0021】また、上記記録部は、データを記録するデータ記録部と冗長データを記録する冗長データ記録部を備え、上記制御装置は、データのアクセス開始時にデータ記録部にアクセスするとともに、冗長データ記録部にアクセスすることを特徴とする。 Further, the recording unit is provided with redundant data recording unit for recording data recording unit and the redundant data for recording data, said control unit is configured to access the data recording unit to the access starting data, redundant data wherein the access to the recording unit.

【0022】また、上記制御装置は、さらに、上記記録部をアクセスして取得したデータと冗長データを一時的に記憶するデータバッファ領域を備え、上記制御装置は、上記データバッファ領域の空き領域に基づいて、上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする。 Further, the control apparatus further includes a data buffer area for temporarily storing data and the redundant data obtained by accessing the recording unit, the control device, the free space in the data buffer area based on, and sets the time stored in the timeout table.

【0023】また、この発明に係るマルチメディア用記録システムは、以下の要素を有する。 [0023] The recording system for multimedia according to the present invention has the following elements. (a)ひとまとまりのマルチメディアデータを1つのディスク装置に記録した複数のディスク装置、(b)上記複数のディスク装置に記録した複数のマルチメディアデータの冗長データを記録した冗長ディスク装置、(c) (A) a plurality of disk devices for recording multimedia data people grouped into one disk device, (b) said plurality of redundant disk apparatus the redundant data of a plurality of multimedia data recorded in the disk device is recorded, (c )
上記複数のディスク装置と冗長ディスク装置を接続した接続ポートを備え、上記複数のディスク装置と冗長ディスク装置をRAIDシステムとしてアクセスする制御装置。 Said plurality of disk devices and with a connection port connected to a redundant disk unit, a control device for accessing a plurality of disk devices and the redundant disk storage as a RAID system.

【0024】また、上記制御装置は、さらに、ひとまとまりのマルチメディアデータを記録した新たなディスク装置を増設する増設ポートを備え、上記新たなディスク装置が増設された場合、上記冗長ディスク装置に記録された冗長データと上記新たなディスク装置に記録されたマルチメディアデータを用いて新たな冗長データを計算して上記冗長ディスク装置に記録する冗長データ再計算手段を備えたことを特徴とする。 Further, the control device further comprises a expansion port for adding a new disk apparatus for recording multimedia data in batches and when the new disk device is added, recorded on the redundant disk device and redundant data and using the multimedia data recorded in the new disk device calculates the new redundant data and further comprising a redundant data recalculation means for recording on the redundant disk device.

【0025】さらに、上記制御装置は、上記複数のディスク装置のいずれかのディスク装置に障害が発生した場合、障害が発生したディスク装置に記録されたマルチメディアデータへのアクセスを不可とするアクセス禁止手段を備えたことを特徴とする。 Furthermore, the control device, if any of the disk device of said plurality of disk drives fails, the access to disabled access to multimedia data recorded in the disk device failed banned characterized by comprising a means.

【0026】 [0026]

【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

実施の形態1. The first embodiment. この実施の形態では、データを複数のディスク装置に分割記憶し、構成ディスクの内部キャリブレーションやエラーが発生した時に、予め設定したタイムアウトテーブルの応答期待時間内に応答がなかった場合、該ディスクへの要求をキャンセルし、他の構成ディスクより要求するデータを取得し、データ転送を継続するマルチメディア用記録システムについて、以下に説明を行う。 In this embodiment, the divided memory data to a plurality of disk devices, if when the internal calibration and error-configured disk occurs, there is no response within the response expected time-out table set in advance, to the disc Cancel the request, it obtains the data requested from the other configuration disk, the recording system for multimedia to continue the data transfer will be described below.

【0027】図1は、この発明におけるマルチメディア用記録システムの一例を示すシステム構成図である。 [0027] FIG. 1 is a system configuration diagram showing an example of a recording system for multimedia in the present invention. 図1において、マルチメディア記憶装置106とクライアント端末であるユーザ108は、ホストシステム130 In Figure 1, the multi-media storage device 106 and the user 108 is a client terminal, the host system 130
によって接続されている。 They are connected by. そして、マルチメディア記憶装置106は、制御装置102と記録部である記憶部1 Then, the multimedia storage device 106 is a control device 102 and the recording unit memory 1
00とデータバッファ105より構成されている。 It is formed of a 00 and the data buffer 105. 記憶部100は、ミラー構成によってデータを記憶している。 Storage unit 100 stores the data by the mirror arrangement. ディスク装置100aにはデータが記憶され、ディスク装置100bには冗長データが記憶されている。 The disk device 100a data is stored, redundant data is stored in the disk unit 100b. 制御装置102は、ユーザ108からの命令によりディスク装置100aをアクセスし、データを取得する。 Controller 102 accesses the disk device 100a by the instruction from the user 108, obtains the data. この時、制御装置102は、ユーザ108が要求する連続転送速度又は最大応答時間により、予め設定されたタイムアウトテーブル103を参照し、ユーザ毎の応答期待時間内に、ディスク装置から応答があるかどうか応答時間を管理する。 At this time, the control unit 102, a continuous transfer rate or maximum response time user 108 requests, referring to the time-out table 103 set in advance, in the response expected time for each user, whether the disk device is responding to manage the response time. 応答期待時間内に応答がなかった場合、データ生成手段104がディスク装置100bより冗長データを取得する。 If there is no response within the response expected time, the data generation unit 104 acquires the redundant data from the disk device 100b. 制御装置102は、アクセスしたデータをデータバッファ105に格納する(応答期待時間内に応答がなかった場合は、冗長データをデータバッファ105に格納する)。 Controller 102 stores the accessed data to the data buffer 105 (if no response within the response expected time stores redundant data in the data buffer 105). そして、データバッファ105からホストシステム130へデータが送信される。 Then, data is transmitted from the data buffer 105 to the host system 130.

【0028】図2は、図1のシステム構成における制御装置の動作を説明する図である。 [0028] FIG. 2 is a diagram for explaining the operation of the control system in the system configuration of Figure 1. 図2において、タイムアウトテーブル103は、ユーザ毎に応答期待時間を格納するテーブルである。 2, timeout table 103 is a table for storing the response expected time for each user. また、図1の制御装置102には図示していないが、ディスク構成テーブル121も制御装置102に格納されているテーブルである。 Further, although not shown in the controller 102 of FIG. 1 is a table disk configuration table 121 is also stored in the control unit 102. ディスク構成テーブル121には、ディスク装置とバッファとの転送速度、平均シーク時間、1トラックリード時間、 The disk configuration table 121, the transfer speed between the disk unit and the buffer, the average seek time, one track lead time,
回転待ち時間、エラーリトライの回数の各情報が格納されている。 Rotational latency, the information of the number of error retries are stored. 制御装置102に接続されているディスク装置は2台あるが、どちらのディスク装置も同じ構成としているため、ディスク構成テーブル121は1つである。 Although the controller is the connected disk device 102 is two, because it also the same configuration both of the disk device, the disk configuration table 121 is one. また、タイムアウトテーブル103は、この発明におけるマルチメディア用記録システムを利用するユーザ毎に要求される連続転送速度又は最大応答時間により、 Further, timeout table 103, the continuous transfer rate or maximum response time is required for each user to utilize the recording system for multimedia in the present invention,
予め応答期待時間を設定しておくものとする。 It assumed to be set in advance response expected time. 未設定の場合は、30msが設定されるものとする。 If it is not set, it is assumed that 30ms is set.

【0029】図3は、マルチメディア用記録システムにおけるデータの読み出し処理の手順を示す流れ図である。 FIG. 3 is a flow diagram showing a procedure of read processing of data in the recording system for multimedia. 図4は、図3におけるタイムアウト処理の手順を示す流れ図である。 Figure 4 is a flowchart showing a procedure of a time-out process in Fig.

【0030】次に、図1及び図2を用いて、図3及び図4の流れ図に従い、マルチメディア用記録システムを用いてシステムからデータを読み出す手順について説明を行う。 Next, with reference to FIGS. 1 and 2, in accordance with the flow chart of FIG. 3 and FIG. 4, a description is given of steps for reading data from the system using a recording system for multimedia. 始めに、ユーザがマルチメディア用記録システムに対してアクセスを行う場合、タイムアウトテーブル1 First, when a user makes an access to the recording system for multimedia, timeout table 1
03に要求される連続転送速度又は最大応答時間により、応答期待時間を設定する。 The continuous transfer rate or maximum response time required for the 03, to set the response expected time. 設定済みであるが設定した値を変更したい場合も、新たに応答期待時間を入力し、タイムアウトテーブル103を更新する(S1)。 You may wish to change the is a configured set value, a new type of response expected time, and updates the time-out table 103 (S1).
なお、この実施の形態におけるマルチメディア用記録システムでは、応答期待時間の初期値を30msとする。 In the recording system for multimedia in this embodiment, the 30ms initial value of the response expected time.
次に、ディスクコントローラ120は、ディスク構成テーブル121に値が設定されていることを確認する(S Next, the disk controller 120 checks that the value in the disk configuration table 121 is set (S
2)。 2). ディスク構成テーブル121に値が設定されていないと、指定されたタイムアウトテーブル103の応答期待時間が実現可能な値であるかチェックすることができない。 When the value in the disk configuration table 121 is not set, the response expected time for a specified time-out table 103 can not be checked for feasible values. また、実施の形態3で説明する例においては、 Further, in the example described in the third embodiment,
タイムアウトテーブル103に設定する応答期待時間を、ディスク構成テーブル121に格納されている値を用いて計算する。 The response expected time to be set to timeout table 103 is calculated using the values ​​stored in the disk configuration table 121. 実施の形態2では、応答期待時間を計算するのと同じ計算によって応答期待時間が実現可能な値であるかチェックできる。 In the second embodiment, it checks whether it is feasible values ​​the response expected time by the same calculation as for calculating the response expected time. このため、ディスク構成テーブル121には、予め値が設定されていなければならない。 Therefore, the disk configuration table 121 must be pre-value setting. なお、タイムアウトテーブル103及びディスク構成テーブル121は、EEPROMのような不揮発性メモリ又はディスクシステムエリアに存在するものとする。 Note that timeout table 103 and the disk configuration table 121 is assumed to be present in the non-volatile memory or a disk system area, such as an EEPROM. ディスクコントローラ120は、ディスク構成テーブル121をチェックし(S2)、タイムアウトテーブル103に設定されている応答期待時間が妥当な値でない場合は、図3には図示していないが、該当ユーザに対して警告表示を行う。 Disk controller 120 checks the disk configuration table 121 (S2), if the response expected time set in the timeout table 103 is not a valid value, although not shown in FIG. 3, for the corresponding user a warning display. タイムアウトテーブル103に妥当な値が設定されている場合は、制御装置102は、ホストからのRead又はWrite要求を待つ。 If a reasonable value in the timeout table 103 is set, the control unit 102 waits for Read or Write request from the host. ホストからのRead又はWrite要求があった場合(S If there is a Read or Write request from the host (S
3)、ディスクコントローラ120は、タイムアウトテーブル103の該当ユーザに対応する応答期待時間を取得し、ディスクコントローラ120が管理するタイマA 3), the disk controller 120 acquires the response expected time corresponding to the relevant user timeout table 103, the timer A disk controller 120 manages
に取得した応答期待時間を設定する(S4)。 Setting the response expected time obtained in (S4). そして、 And,
ディスクコントローラ120は、ディスク装置100a Disk controller 120, a disk device 100a
に対してRead命令又はWrite命令を発行する(S5)。 It issues a Read command or Write command to (S5). ディスクコントローラ120は、ディスク装置100aに対してRead命令又はWrite命令を発行した後、応答が返るまでの時間を監視する。 Disk controller 120, after issuing the Read command or Write command to the disk device 100a, to monitor the time until the returned response. タイマAに設定した応答期待時間内に、ディスク装置100a In response expected time set in the timer A, a disk device 100a
より応答があれば(S6)、Read処理の場合は、データバッファ105に読み出したデータを格納する。 If more response (S6), in the case of the Read process, stores the read data in the data buffer 105. また、Write処理の場合は、データバッファ105からディスク装置100aにデータを書き込む。 In the case of the Write process, writing data from the data buffer 105 to the disk device 100a. そして、 And,
ホストからのRead/Write要求を待つ。 Wait for a Read / Write request from the host. タイマAの値を過ぎてもディスク装置100aから応答がない場合(S7)、Read要求である時は、ディスクコントローラ120は、データ生成手段104に対して冗長データを読み込むように指示を行う。 Even after the value of the timer A when there is no response from the disk device 100a (S7), when a Read request, the disk controller 120, an instruction to read the redundant data to the data generation unit 104. データ生成手段1 Data generation means 1
04は、ディスク装置100bに対してアクセスを行い、冗長データを読み込む。 04 performs the access to the disk unit 100b, reads the redundant data.

【0031】図1におけるマルチメディア用記憶システムは、データがミラー構成で記録されているため、データの読み込みができなかった場合でも、冗長データが格納されているディスク装置100bよりデータを取得すれば、必要なデータを得ることができる。 The storage system for multimedia in Figure 1, because the data is recorded in the mirror configuration, even when unable to read data, by obtaining the data from the disk device 100b redundant data is stored , it is possible to obtain the necessary data. データ生成手段104は、読み込んだ冗長データをデータバッファ1 Data generating means 104, read the redundant data of data buffer 1
05に格納する。 And stores it in 05. データバッファ105は、Read要求を行ったユーザに対して、取得したデータを転送する(S8)。 Data buffer 105, to the user who made the Read request, and transfers the acquired data (S8). この後、データ生成手段104は、図4のタイムアウト処理を起動する(S9)。 Thereafter, the data generating unit 104 starts a time-out process in Fig. 4 (S9). タイムアウト処理が終了したら制御装置102は、ホストからのRead The control device 102 After the time-out process is finished, Read from the host
/Write要求を再び待つ。 / Again wait for the Write request.

【0032】次に、図4の流れ図に従い、タイムアウト処理の手順を説明する。 Next, in accordance with the flow diagram of FIG. 4, the procedure of the time-out process. ディスクコントローラ120 Disk controller 120
は、応答がなかったディスク装置100aを切り離すためのタイマBを設定する(S10)。 Sets a timer B for separating the disk device 100a is no response (S10). ここでは、エラーリトライ時間を200msとしてタイマBに設定する。 Here, set in the timer B error retry time as 200 ms.
上記タイマBとは、障害が発生しているディスク装置からの応答を待つための限度時間であり、システムで予め任意の値を設定しておく。 The timer B and is a limit time for waiting for a response from the disk drive failure has occurred, which is set in advance to any value in the system. そして、200ms以内に(タイマB)応答があるかないか監視する(S11,S Then, within 200ms monitors whether (Timer B) response is not there (S11, S
12)。 12). 200ms以内に応答がなかった場合、ディスクを切り離し、障害報告を行う(S17)。 If there is no response within 200ms, disconnect the disk, perform a fault report (S17). 200ms 200ms
以内に応答があった場合、ディスク装置100aからの応答によりリトライ処理でOKかを判断する(S1 If there is a response within, to determine OK retry processing the response from the disk unit 100a (S1
3)。 3). そして、ディスク装置が持つリトライ機能によってデータ修復ができた場合は(リトライOK)、エラーログを出力する(S15)。 When you could data repaired by the retry function with disk unit (retry OK), and outputs an error log (S15). エラーログは、図示していないが、制御装置102のエラー管理エリアに存在する。 Error log, not shown, present in the error management area of ​​the control unit 102. リトライ処理でOKでない場合は、ディスク装置1 If not OK in the retry process, the disk device 1
00bより取得した冗長データをディスク装置100a Redundant data obtained from 00b disk device 100a
に対して書き込み、データの修復を行う(S14)。 Writing, the data of the repair is carried out with respect to (S14). そして、エラーログを出力する(S15)。 Then, the output of the error log (S15). その後、エラー発生回数をチェックし、システム内で許されているエラー回数の規定値を超えている場合は、障害が発生しているディスク装置100aをシステムより切り離し、障害報告を行う(S17)。 Then, check the number of errors, if it exceeds the specified value of the number of errors that are allowed in the system, disconnect the disk device 100a where the failure has occurred from the system performs a fault report (S17). 上記規定値とは、システムの安全性を確保するため、システム全体で発生する障害回数に限度を設け、限度数を超えて障害が発生した場合、 The above specified value, when to ensure the safety of the system, which provided a limit on number of failures that occur in the entire system, a failure exceeds the limit number has occurred,
障害箇所をシステムより切り離すためのものである。 It is intended to isolate the fault location from the system. エラー発生回数が規定値以内である場合は、タイムアウト処理を終了する。 If error count is within the prescribed value, and terminates the time-out process. なお、上記規定値は、システムの安全性を確保するために用意したものであり、この発明において必ず必要なものではない。 The above predetermined value, which was prepared in order to ensure the safety of the system, not necessarily required in the present invention.

【0033】また、上記例では、タイムアウト検出後に、冗長ディスクへのアクセスを開始したが、予め冗長ディスクへのアクセスを実行していてもよい。 Further, in the above example, after a timeout detection has been initiated to access the redundant disk, it may be performed by visiting a previously redundant disk. この場合、記憶部100は、ミラー構成であるので、同じデータがディスク装置100aとディスク装置100bから得られる。 In this case, the storage unit 100, because it is a mirror configuration, the same data is obtained from the disk unit 100a and the disk unit 100b. このため、ディスクコントローラ120は、 For this reason, the disk controller 120,
応答が速い方のディスク装置からのデータを取得し、データバッファ105に格納する。 Response obtains data from the faster disk drive, and stores the data in the data buffer 105. 例えば、ディスクコントローラ120がディスク装置100aとディスク装置100bとを同時にアクセスして、ディスク装置100 For example, the disk controller 120 is concurrently accessing the disk device 100a and the disk unit 100b, the disk device 100
bからの応答が速い場合は、ディスク装置100bからデータを取得し、データバッファ105に格納する。 If the response from the b is high, it obtains the data from the disk device 100b, and stores the data in the data buffer 105. また、ホストシステム130は、複数のユーザを接続しており、複数のユーザにより記憶部100を共有している。 The host system 130 is connected a plurality of users share the storage unit 100 by a plurality of users. このため、記録部100に対するアクセスが複数のユーザにおいて、同時に発生するとアクセス待ちが起こる。 Therefore, access to the recording unit 100 in a plurality of users, the access wait occurs to occur simultaneously. しかし、ユーザ毎に先にアクセスするディスク装置を予め決めておけば、アクセス待ちを回避できる。 However, if a predetermined disk device for accessing earlier for each user, can be avoided wait for access. 例えば、ユーザ1は、先にディスク装置100aをアクセスするように予め決めておく。 For example, user 1 determined in advance to access a disk device 100a first. また、ユーザ2は、先にディスク装置100bをアクセスするように予め決めておく。 The user 2 is determined in advance to access a disk device 100b first. このようにすれば、ユーザ1とユーザ2が同時に記憶部100をアクセスしようとしても、ユーザ1からの読み込み命令に対してディスクコントローラ120は、 In this way, even if an attempt to access the storage unit 100 the user 1 and user 2 are simultaneously disk controller 120 for read commands from the user 1,
先にディスク装置100aをアクセスする。 Earlier to access the disk drive 100a. そして、応答期待時間内に、ディスク装置100aからの応答がなかったら、ディスク装置100bをアクセスしてデータを取得する。 Then, in response expected time, it had not been a response from the disk unit 100a, obtains the data by accessing the disk device 100b. また、ユーザ2からの読み込み命令に対してディスクコントローラ120は、先にディスク装置1 The disk controller 120 for read commands from the user 2, the disk device 1 previously
00bをアクセスする。 To access the 00b. そして、応答期待時間内にディスク装置100bからの応答がなかったら、ディスク装置100aをアクセスしてデータを取得する。 Then, it had not been a response from the disk device 100b in response expected time to acquire the data by accessing the disk device 100a.

【0034】さらに、ディスクコントローラ120は、 [0034] In addition, the disk controller 120,
ディスク装置100aとディスク装置100bの使用状況を判断して、どちらかのディスク装置にアクセスしてもよい。 To determine the usage of the disk device 100a and the disk unit 100b, you may access either of the disk device. 例えば、ディスク装置100aが使用中であった場合、ディスクコントローラ120は、ディスク装置100bをアクセスして冗長データを取得する。 For example, if the disk device 100a is in use, the disk controller 120 acquires redundant data by accessing the disk device 100b. このようにして、ディスクコントローラ120は、ユーザからのアクセス要求に速く対応する。 In this way, the disk controller 120, the corresponding fast access request from the user.

【0035】以上のように、この発明におけるデータ生成手段は、応答期待時間内にディスク装置から応答がなかった場合、当該ディスク装置が持つリトライ機能により修復可能である場合は、ディスク装置が持つリトライ機能により自動的にデータを修復する。 [0035] As described above, the data producing means of the present invention, if no response from the disk device in response expected time, if possible repaired by retry function in which the disk device having the retry with disk device automatically fix the data by function. また、ディスク装置が持つリトライ機能によって修復できなかった場合、冗長データを格納しているディスク装置より冗長データを読み込み、エラーが発生しているディスク装置に冗長データを再書き込みすることによって、データ修復を行うことができる。 Also, if not be repaired by the retry function with disk device reads the redundant data from the disk device storing redundant data, by re-writing the redundant data in the disk device in which the error has occurred, data recovery It can be performed. また、データを格納しているディスク装置と冗長データを格納しているディスク装置を同時にアクセスすることにより、データの修復を直ちに実行できる。 Further, by simultaneously accessing a disk device that stores the disk unit and the redundant data stored the data, you can perform data repair immediately.

【0036】また、上記ではデータの読み出しについて説明を行ったが、データを書き込む場合は、図3のS8 Further, although the above has been described reading data, when writing data, S8 of FIG. 3
による処理を、ホストから受信したデータを、冗長データを格納しているディスク装置100bに書き込む処理に変更する。 The processing by the data received from the host, to change the process of writing to the disk device 100b that stores the redundant data. また、図4の流れ図においては、S14の処理でホストより受信したデータをディスク装置100 In the flow diagram of FIG. 4, the disk device data received from the host in the process of S14 100
aに書き込む。 Write to a. それ以外は、上記で説明をした読み出し処理と同様の処理となる。 Otherwise, the same processing as the read processing explained in the above.

【0037】実施の形態2. [0037] Embodiment 2. この実施の形態では、ディスク構成をRAID構成にした場合のデータ生成手段の動作について、以下に説明する。 In this embodiment, the operation of the data generation means when the disk configuration to RAID configuration will be described below. 図5は、この発明におけるマルチメディア用記録システムの一例を示すシステム構成図である。 Figure 5 is a system configuration diagram showing an example of a recording system for multimedia in the present invention. 図5において、ホストシステム130 5, the host system 130
は、通信回線109を介して複数のユーザ108を接続している。 Connects a plurality of users 108 via the communication line 109. また、ホストシステム130は、通信回線1 The host system 130, the communication line 1
07を介して制御装置102を接続している。 Connect the control unit 102 via a 07. 制御装置102は、RAID構成である記憶部100を接続している。 Controller 102 is connected to the storage unit 100 is a RAID configuration. この実施の形態におけるディスク構成は、横方向に5台、縦方向に3台とし、RAIDレベルは4とする。 Disk configuration in this embodiment, five in the transverse direction, and three in the vertical direction, RAID level is four. また、冗長データは、ディスク装置100gに格納されているものとする。 Further, redundant data is assumed to be stored in the disk device 100 g. SPC133は、SCSIPr SPC133 is, SCSIPr
otcor Controlerである。 Is a otcor Controler. SPC133 SPC133
は、記憶部100とデータ生成手段104を接続している。 It is connected to the storage unit 100 and a data generation unit 104. データ生成手段104は、CH0〜CH4までの5 Data generating means 104, 5 to CH0~CH4
つのチャネル132を備えている。 One of and a channel 132. データバッファ10 Data buffer 10
5は、ホストI/F制御部131とデータ生成手段10 5, the host I / F control unit 131 and the data generating means 10
4を接続している。 Connecting the 4. データバッファ105は、ホストシステム130から送信された書き込み用データやデータ生成手段104が読み込んだデータを格納する。 The data buffer 105 stores the data read by the write data and the data generation unit 104 sent from the host system 130. データバッファ105は、FIFOで構成されている。 Data buffer 105 is composed of FIFO. システム制御MPU134は、ホストI/F制御部131を介してホストシステム130から送信されたアクセス命令を取得し解読する。 System control MPU134 obtains an access instruction sent from the host system 130 via the host I / F control unit 131 to decrypt. また、ホストI/F制御部131に対して、解読完了応答を行う。 Also, the host I / F control unit 131, performs decryption completion response. さらに、システム制御M In addition, the system control M
PU134は、データ生成手段104に対してチャネルの切り換え指示、又は、修復したデータを再書き込みするディスク装置へ指示を与える。 PU134 provides channel switching instruction to the data generation unit 104, or an instruction to the disk device to rewrite the repaired data. また、システム制御M In addition, the system control M
PU134は、SPC133に対してI/Oの発行指示を行い、SPC133から完了信号を受信する。 PU134 performs issuance instruction of I / O to SPC133, receiving a completion signal from the SPC133. さらに、システム制御MPU134は、ユーザ毎に応答期待時間を格納するタイムアウトテーブル103を備えている。 Further, the system control MPU134 has a timeout table 103 for storing a response expected time for each user.

【0038】図6は、図5におけるデータ生成手段10 [0038] FIG. 6 is a data generating means 10 in FIG. 5
4の回路図である。 It is a circuit diagram of a 4. 図6において、135はスイッチであり、I/O命令を発行したディスク装置からの応答が応答期待時間内になかった場合、データ修復回路137 6, 135 denotes a switch, if the response from the disk device that issued the I / O instruction is not in the response expected time, the data recovery circuitry 137
よりデータを入力するよう回線を切り換えるためのスイッチである。 A switch for switching the line to enter more data. バッファ136は、ディスク装置100c Buffer 136, a disk device 100c
〜100gより入力したデータを記憶するための記憶領域である。 A storage area for storing input data from to 100 g. スイッチ138は、システム制御MPU13 Switch 138, the system control MPU13
4より送信されたチャネルの切り換え指示によって、C The switching instruction of the transmission channel from the 4, C
H0〜CH4までの5つのチャネル132との接続を切り換える。 Switching the connection of the five channels 132 to H0~CH4. データ修復回路137は、バッファ136から受信したデータを基にデータを修復し、再度修復したデータをエラーが発生しているディスク装置に対するバッファ136に再送する。 Data recovery circuit 137 recover data based on data received from the buffer 136 and retransmits the buffer 136 to the disk device in which an error occurred was restored data again.

【0039】図7は、図5のシステム構成におけるタイムアウトテーブルと、ディスク構成テーブルの設定内容を示す図である。 FIG. 7 is a diagram showing a time-out table in the system configuration of Figure 5, the settings of the disk configuration table. タイムアウトテーブル103とディスク構成テーブル121は、システム制御MPU134に記憶されている。 Timeout table 103 and the disk configuration table 121 is stored in the system control MPU134.

【0040】図5のシステム構成において、予めディスク構成テーブル121を図7(B)のように設定しておく。 [0040] In the system configuration of FIG. 5, is set the disk configuration table 121 in advance as shown in FIG. 7 (B). 例えば、ユーザ1がホストシステム130を介して記憶部100に記憶してあるデータに対してアクセスを行う場合について、図3の流れ図を用いて説明する。 For example, a case where the user 1 makes access to data stored in the storage unit 100 via the host system 130 will be described with reference to the flowchart of FIG. 始めに、ユーザ1は、タイムアウトテーブル103に応答期待時間を「22ms」と設定する(S1)。 First, the user 1 is set as "22ms" response expected time-out table 103 (S1). 上記応答期待時間とは、ディスク装置100cから100gがシステム制御MPU134よりアクセスされてから、データバッファ105へ応答を返すまでの時間である。 The above response expected time from 100g is accessed from the system control MPU134 from the disk unit 100c, the time until a reply to the data buffer 105. 制御装置102は、設定された応答期待時間が実現可能な時間であるかチェックを行う(S2)。 Controller 102 checks if it is time feasible response expected time set (S2). この実施の形態では、ディスク装置100cから100fより合わせて6 In this embodiment, combined from 100f from the disk unit 100c 6
0KBのデータが一度に転送されるものとする。 And that the data of 0KB are transferred at a time. また、 Also,
必要なデータは、ディスク装置100cから100fの各ディスク装置の1トラック内に格納されているものとする。 Necessary data is assumed to be stored from the disk device 100c in one track of each disk device 100f. また、ディスク構成テーブル121の内容は、図7(B)に示されている通りであり、「10MB/s」 The contents of the disk configuration table 121 is as shown in FIG. 7 (B), "10MB / s"
は、1台のディスク装置とデータバッファ間の転送速度であり、ディスク装置が4台であると、「10MB/s Is the transfer rate between one disk device and the data buffer, when the disk device is a four, "10MB / s
×4台」の能力でディスク装置とデータバッファ間の転送を行うことができる。 × can be transferred between the disk device and the data buffer capacity of the four ". このため、ディスク装置100 For this reason, the disk device 100
c,100d,100e,100fとデータバッファ1 c, 100d, 100e, 100f and the data buffer 1
05との間の実現可能な最大連続転送時間は、seek Maximum continuous transmission time feasible between 05, seek
を含む場合(取得するデータが次のトラックに格納されていない場合、つまり、トラックをランダムアクセスする場合)、 60KB/(10MB/s×4台)+16ms+4ms (If the data to be acquired is not stored in the next track, i.e., when the random access track) if it contains, 60KB / (10MB / s × 4 units) + 16 ms + 4 ms
=21.5ms と求められる。 = Obtained as 21.5ms. ここで、図7(B)に示すように、16 Here, as shown in FIG. 7 (B), 16
msは平均シーク時間、4msは回転待ち時間である。 ms average seek time, 4 ms is rotational latency.
また、取得するデータが次のトラックに格納されている場合は、つまり、シーケンシャルアクセスする場合は、 Also, if the data to be acquired is stored in the next track, i.e., when the sequential access,
1トラックseekのみのとなり、 60KB/(10MB/s×4台)+0.6ms=2. Nearby only one track seek, 60KB / (10MB / s × 4 units) + 0.6ms = 2.
1ms と求められる。 Obtained as 1ms. ここで、図7(B)に示すように、0. Here, as shown in FIG. 7 (B), 0.
6msは次トラックシーク時間である。 6ms is the next track seek time. なお、図2のディスク構成テーブル121では、平均シーク時間と次トラックシーク時間が格納されているが、これらは、データをリードするために要するシーク時間である。 In the disk configuration table 121 in FIG. 2, the average seek time and the next track seek time is stored, they are the seek time required to read the data. ディスク装置の種類によってデータをリードするためのシーク時間とデータをライトするためのシーク時間が同じ時間になっているディスク装置と、異なる時間になっているディスク装置とがある。 A disk drive seek time for writing the seek time and data for reading the data by the type of the disk device is in the same time, there is a disk device that is a different time. この実施の形態では、ディスク構成テーブル121にデータをリードするためのシーク時間が格納されている限り、どちらのタイプのディスク装置を用いてもよい。 In this embodiment, as long as the seek time for reading the data on the disk configuration table 121 is stored, it may be used either type of disk device. ユーザ1が設定した応答期待時間は、「22ms」であるため、実現可能な値であることが分かる。 Response expected time the user 1 is set are the "22ms", it can be seen that a feasible value. 次に、制御装置102がユーザ1からホストシステム130を介してRead/Write要求を受信する(S3)。 Next, the control unit 102 receives a Read / Write request via the host system 130 from the user 1 (S3). ホストI/F制御部131は、ホストシステム130より受信したRead/Write要求を、システム制御部MPU134に送信する。 Host I / F control unit 131, a Read / Write request received from the host system 130, and transmits to the system control unit MPU134. システム制御MPU134は、受信した命令を解読し、完了応答をホストI/F制御部131に対して送信する。 System control MPU134 decodes the received instruction, and transmits a completion response to the host I / F control unit 131. 上記ホストI/F制御部131とシステム制御MPU134との送受信は、134aを介して行うものとする。 Transmission and reception with the host I / F control unit 131 and the system control MPU134 shall be conducted via 134a.

【0041】システム制御MPU134は、図7(A) The system control MPU134 is FIG 7 (A)
のタイムアウトテーブル103よりユーザ1の応答期待時間「22ms」を取得し、これをタイマAとする(S The acquired response expected time of the user 1 "22ms" than the timeout table 103, which is referred to as timer A (S
4)。 4). そして、134bを介してシステム制御MPU1 Then, the system control via 134b MPU 1
34は、データ生成手段104に対してチャネルの切り換えを指示する。 34 instructs the switching of the channel to the data generation unit 104. ディスク装置100gは、パリティ用であるため、システム制御MPU134は、データ生成手段104に対してディスク装置100gの接続を切り離すように、チャネルの切り換えを指示する。 Disk unit 100g are the parity, the system control MPU134 is to disconnect the connection of the disk device 100g to the data generation unit 104, and instructs the switching of channels. データ生成手段104は、システム制御MPU134からのチャネル切り換え指示に従い、134bを介してスイッチ1 Data generating means 104, in accordance with the channel switching instruction from the system control MPU134, switches 1 through 134b
38に対してディスク装置100gの接続を切り離すようにスイッチを切り換える。 38 switches the switch to disconnect the connection of the disk device 100g respect. さらに、システム制御MP In addition, the system control MP
U134は、SPC133に対し134cを介して、該当するデータを格納しているディスク装置に対するI/ U134 via 134c to SPC133, I for the appropriate stores data and the disk device /
O発行指示を行う(S5)。 O issuance instruction is carried out (S5). SPC133は、システム制御MPU134からのI/O発行指示に従い、ディスク装置100cから100fよりデータを読み込む。 SPC133 in accordance with I / O issued instruction from the system control MPU134, reads data from 100f from the disk unit 100c. ディスク装置100cから100fよりデータの読み込みが完了すると、SPC133は、133cを介してシステム制御MPU134に読み込み完了報告を行う。 When the reading of data from 100f from the disk unit 100c is completed, SPC133 performs read completion report to the system control MPU134 through 133c. 一方、システム制御MPU134は、SPC133に対してI/O発行指示を行った後、タイマを起動し、SPC On the other hand, the system control MPU134 after performing the I / O issuing instructions to SPC133, start the timer, SPC
133からの読み込み完了報告を待つ。 Wait for the read completion report from the 133. システム制御M System control M
PU134は、タイマAの値よりも早くSPC133より読み込み完了報告を受信すると、再びホストシステム130からのRead/Write要求を待つ(S PU134, when than SPC133 faster than the value of the timer A receives a read completion report, wait for a Read / Write request from the host system 130 again (S
6)。 6). システム制御MPU134は、タイマAに設定した応答期待時間を超えても、SPC133より読み込み完了報告がない場合(S7)、ディスク装置100gに記憶している冗長データよりデータを取得する(S System control MPU134 may be greater than the response expected time set in the timer A, when there is no read completion report from the SPC133 (S7), and acquires the data from the redundant data stored in the disk device 100 g (S
8)。 8). 例えば、ディスク装置100cに障害が発生し、 For example, a failure occurs in the disk unit 100c,
ディスク装置100cからは、読み込みが行えなかったものとする。 From the disk device 100c, it is assumed that the reading was not done. システム制御MPU134は、データ生成手段104に対して冗長データよりデータを生成するよう134bを介して指示を行う。 System control MPU134 performs instruction through the 134b to generate data from the redundant data to the data generation unit 104. データ生成手段104 Data generating means 104
は、システム制御MPU134より上記指示を受信すると、スイッチ138を用いてディスク装置100cを切り離し、ディスク装置100gを接続するようスイッチを切り換える。 When receiving the instruction from the system control MPU134, disconnect the disk device 100c with switch 138, it switches the switch to connect the disk unit 100 g. そして、ディスク装置100dからディスク装置100gより読み込んだデータを基に、データ修復回路137によってディスク装置100cより読み込む予定であったデータを修復する。 Then, from the disk device 100d based on data read from the disk device 100 g, to repair the data was scheduled to be read from the disk device 100c by the data recovery circuitry 137.

【0042】図8に冗長データを用いてデータを再生する方式を説明する。 [0042] illustrating a method for reproducing data using redundant data in FIG. ディスク装置100cにはデータD Data D is in the disk drive 100c
0が、ディスク装置100dにはデータD1が、ディスク装置100eにはデータD2が、ディスク装置100 0, data D1 in the disk device 100d has, data D2 in the disk unit 100e has a disk device 100
fにはデータD3が、ディスク装置100gには冗長データDPがそれぞれ格納されている。 Data D3 to f is redundant data DP are stored respectively in the disk device 100 g. これらのデータを用いて排他的論理和を求めると、図8(A)のように「0」になる。 When obtaining the exclusive OR using these data, it becomes "0" as shown in FIG. 8 (A). このため、ディスク装置100cに障害が発生すると、ディスク装置100cに格納されているデータD0は、図8(B)の式により求めることができる。 Therefore, when the disk device 100c fails, data D0 stored in the disk device 100c can be determined according to the formula shown in FIG. 8 (B). そして、データ生成手段104は、修復したデータがディスク装置100cに接続されているバッファ13 Then, the data generation unit 104, a buffer 13 the repair data is connected to the disk device 100c
6に入力されるよう、スイッチ135を用いてディスク装置100cからの入力を行うようになっているスイッチを、データ修復回路137よりデータを入力するようにスイッチを切り換える。 6 to be inputted to the switches the switch to a switch adapted to perform an input from the disk unit 100c, and inputs the data from the data recovery circuit 137 using a switch 135. さらに、データ生成手段10 Further, the data generation unit 10
4は、スイッチ138を用いてディスク装置100cの接続を切り離し、ディスク装置100gからの入力に切り換える。 4, it disconnects the connection of the disk device 100c with switch 138, switches to input from the disk device 100 g. そして、データ生成手段104は、データバッファ105に対して修復したデータと、ディスク装置100dからディスク装置100fより読み込んだデータを送信する。 Then, the data generation unit 104 transmits the data restored to the data buffer 105, the data read from the disk device 100f from the disk unit 100d. ホストI/F制御部131は、システム制御MPU134に対してデータの読み込み完了報告を行う。 Host I / F control unit 131 performs a read completion report data to the system control MPU134. これは、134aを介して行われる。 This is accomplished through 134a. また、ホストI/F制御部131を介して、データバッファ105 Further, via the host I / F control unit 131, a data buffer 105
からホストシステム130に対してデータが転送される(S8)。 Data is transferred to the host system 130 from (S8). この後、データ生成手段104は、図4にある流れ図に従って、タイムアウト処理を起動する(S Thereafter, the data generation unit 104, in accordance with the flow chart in FIG. 4, starts the time-out process (S
9)。 9). タイムアウト処理が終了した後、制御装置102 After the timeout process is completed, the controller 102
は、ホストシステム130からのRead/Write Is, Read / Write from the host system 130
要求を再び待つ。 Again waiting for a request.

【0043】図4の流れ図を用いてタイムアウト処理について説明を行う。 A description is given out process with reference to the flowchart of FIG. 4. 始めに、システム制御MPU134 First, the system control MPU134
は、データ生成手段104に対してエラーの発生しているディスク装置100cを切り離すように指示を与える。 Gives an instruction to disconnect the disk device 100c that the error occurred to the data generation unit 104. そして、タイマBを設定する。 Then, set the timer B. この実施の形態では、タイマBを「200ms」と設定する。 In this embodiment, the timer B is set to "200ms". 上記タイマBとは、障害が発生しているディスク装置からの応答を待つための限度時間であり、システムで予め任意の値を設定しておく。 The timer B and is a limit time for waiting for a response from the disk drive failure has occurred, which is set in advance to any value in the system. システム制御MPU134は、設定したタイマBを超えるまでディスク装置100cからの応答を待つ(S11,S12)。 System control MPU134 waits for a response from the disk device 100c to greater than the set timer B (S11, S12). タイマBを超えてもディスク装置100cから何等応答がない場合、システム制御MPU134は、ホストシステム130を介しユーザ1 If there is no any way the response from the disk device 100c may exceed timer B, the system control MPU134 the user 1 via the host system 130
に対し障害報告を行う。 Perform a fault report to. また、当該システムを監視しているオペレータに対しても障害報告を行う(S17)。 Also performs fault reported to an operator that monitors the system (S17).

【0044】ディスク装置100cより応答があった場合、ディスク装置が持つリトライ機能によって修復できた場合は(S13)、システム制御MPU134は、エラー管理エリアにエラーログを出力する(S15)。 [0044] If there is a response from the disk device 100c, if it can be repaired by the retry function with disk device (S13), the system control MPU134 outputs an error log in the error management area (S15). ディスク装置が持つリトライ機能によって修復できない場合は、上記データ修復回路137によって修復されたデータをディスク装置100cに書き込むよう、システム制御MPU134は、SPC133に対して書き込み指示を行う。 If that can not be repaired by the retry function with disk device, to write the data restored by the data recovery circuit 137 to the disk device 100c, the system control MPU134 writes instruction to SPC133. SPC133は、ディスク装置100cに対してバッファ136に格納されている修復データを再書き込みする(S14)。 SPC133 is rewriting the correction data stored in the buffer 136 to the disk device 100c (S14). そして、システム制御MPU1 Then, the system control MPU1
34は、エラー管理エリアにエラーログを出力する(S 34 outputs an error log in the error management area (S
15)。 15). 上記エラー管理エリアは、システム制御MPU The error management area, the system control MPU
134に備えられているか又は制御装置102に備えられているものとする。 Provided that either or controller 102 provided in 134 shall have. 次に、システム制御MPU134 Next, the system control MPU134
は、エラーの回数が規定値をオーバーしているかを判断する。 Determines whether the number of errors is exceeded the prescribed value. 上記規定値とは、システムの安全性を確保するため、システム全体で発生する障害回数に限度を設け、限度数を超えて障害が発生した場合、障害箇所をシステムより切り離すためのものである。 The above-mentioned predetermined value, in order to ensure the safety of the system, provided a limit on number of failures that occur in the entire system, if the failure exceeds the limit number, is for disconnecting the failure location from the system. 規定値をオーバーしている場合、ディスク装置100cをシステムより切り離し、障害報告を行う(S17)。 If you are over the predetermined value, disconnecting the disk apparatus 100c from the system performs a fault report (S17). なお、上記規定値は、 It should be noted that the above-mentioned predetermined value,
システムの安全性を確保するために用意したものであり、この発明において必ず必要なものではない。 It is those prepared to ensure the safety of the system, not necessarily required in the present invention.

【0045】以上のように、この実施の形態では、ディスク構成をRAID構成にした。 [0045] As described above, in this embodiment, and the disks configured in a RAID configuration. ディスクをRAID構成にしても、上記実施の形態1と同じように、応答期待時間をユーザ毎に設定することができる。 Even if the disks to a RAID configuration, like the first embodiment, it is possible to set the response expected time for each user. また、ユーザは、設定した応答期待時間内にデータを得ることができる。 Further, the user can obtain the data within the response expected time set. さらに、ディスク装置に障害が発生しても、障害が発生していないディスク装置よりデータを用いて修復することができる。 Furthermore, even if a failure occurs in the disk unit, it can be repaired using the data from the disk device that did not fail.

【0046】また、この実施の形態2では、ディスクをRAID構成としたので、ディスク装置100cから1 [0046] Further, in the second embodiment, since the disk and RAID configuration, 1 from the disk unit 100c
00fに対するアクセス制御は、システム制御MPU1 Access control to 00f, the system control MPU1
34が行っている。 34 is doing. つまり、ホストシステム130から記憶部100に格納されているデータをアクセスしようとすると、システム制御MPU134がディスク装置1 That is, when trying to access the data stored in the host system 130 in the storage unit 100, system control MPU134 disk device 1
00cから100gの内のどのディスク装置にアクセスするかを決定する。 Determining access to which disk device of the 100g from 00C. このため、データと同時に、冗長データを取得するためには、システム制御MPU134の機能をカスタマイズすることが必要になる。 Thus, data at the same time, in order to obtain the redundant data, it is necessary to customize the functionality of the system control MPU134. また、RA In addition, RA
ID構成であるため、冗長データだけではデータを生成することができない。 Since the ID configuration, only the redundancy data can not generate data. 例えば、ディスク装置100cに格納されているデータを生成するには、ディスク装置1 For example, to generate the data stored in the disk device 100c, the disk device 1
00dから100gに格納されているデータが必要となる。 Data stored in 100g of 00d is required. このため、実施の形態1のミラー構成のように、ディスク装置100aとディスク装置100bの応答時間の速い方からデータを取得するだけではデータを生成できない。 Therefore, as the mirror configuration of the first embodiment, only acquires data from the faster response time of the disk device 100a and the disk unit 100b can not generate data. また、図5のように、ホストシステム130が複数のユーザを接続している場合は、記憶部100に対するアクセスが多発してデータバッファ105に空き領域がなくなってしまう場合がある。 Further, as shown in FIG. 5, if the host system 130 is connected a plurality of users, there is a case where access to the storage unit 100 will run out of free space in the data buffer 105 frequently. この場合、データバッファ105を複数にしておけば、記憶部100に対するアクセスが多発しても対処することができる。 In this case, if the data buffer 105 into a plurality, access to storage unit 100 can be addressed even frequently. また、 Also,
メモリの容量と接続するユーザの数によっては、ユーザ毎にデータバッファを設けることもできる。 Depending on the number of users connected to the capacitor of the memory, it may be provided data buffer for each user. このようにして、ユーザからの記憶部100に対するアクセスに速く対処する。 Thus, to deal faster access to the storage unit 100 from the user.

【0047】実施の形態3. [0047] Embodiment 3. この実施の形態では、上記実施の形態1の図1のシステム構成と同じシステム構成において、転送速度要求管理テーブルを基にタイムアウトテーブルを設定する方法について、以下に説明を行う。 In this embodiment, carried out in the same system configuration as the system configuration of Figure 1 in the first embodiment, a method of setting a time-out table based on the transfer rate request management table, the description below. 図9は、図1における制御装置が転送速度要求管理テーブルを備えた場合の動作を示す図である。 Figure 9 is a diagram of an operation in the control apparatus of FIG. 1 is provided with a transfer rate request management table. 図において、制御装置102は、転送速度要求管理テーブル12 In the figure, the control device 102, the transfer rate request management table 12
2とバッファ容量テーブル123を持つ。 With 2 and the buffer capacity table 123. 他の構成要素については、上記実施の形態1において説明を行った図2と同様であるため、説明は省略する。 Since the other components are the same as those in Figure 2 which was described in the first embodiment, description thereof will be omitted.

【0048】図10は、図9の制御装置が有する各テーブルの設定内容を示す図である。 [0048] Figure 10 is a diagram showing the set contents of each table included in the control system of FIG. この実施の形態では、 In this embodiment,
データバッファ105の総容量を1MBとし、各ユーザに対してバッファを均等に配分するため、1ユーザ当たり100KBとする。 The total capacity of the data buffer 105 and 1MB, to evenly distribute the buffer for each user, and per user 100KB. そして、バッファ容量テーブル1 The buffer capacity table 1
23にユーザ毎のバッファサイズを設定する。 To set the buffer size for each user in 23. この実施の形態では、図10(B)のように、予め設定されているものとする。 In this embodiment, as shown in FIG. 10 (B), the assumed to be preset.

【0049】上記実施の形態1及び実施の形態2では、 [0049] In the second first embodiment and the above embodiment,
ユーザが応答期待時間をタイムアウトテーブル103に設定していた。 The user has set the response expected time to time-out table 103. この実施の形態では、ユーザが直接応答期待時間をタイムアウトテーブルに設定せずに、転送速度要求管理テーブル122に転送速度を設定する。 In this embodiment, the user without setting directly response expected time-out table, sets the transfer rate to the transmission rate request management table 122. 上記転送速度とは、データバッファ105とホストシステム130間におけるデータの転送速度である。 The above-mentioned transfer rate, which is the transfer rate of data between the data buffer 105 and the host system 130. そして、制御装置102のディスクコントローラ120が、ディスク構成テーブル121と転送速度要求管理テーブル12 Then, the disk controller 120 of the control unit 102, the disk configuration table 121 and the transfer rate request management table 12
2とバッファ容量テーブル123を参照し、各ユーザ毎に応答期待時間を計算し、タイムアウトテーブル103 Referring to 2 and the buffer capacity table 123, calculates a response expected time for each user, timeout table 103
に計算した値を設定する。 To set the calculated value to.

【0050】図10を用いてユーザ毎の応答期待時間の算出方法を、以下に説明する。 [0050] The method of calculating the response expected time for each user with reference to FIG. 10, described below. 転送速度要求管理テーブル122の設定は、システム起動時に各ユーザ毎に行う。 Setting the transfer rate request management table 122 is performed for each user when the system is started. これは、上記実施の形態1及び実施の形態2で説明を行った図3の流れ図のS1の処理に該当する。 This corresponds to S1 in the processing of the flowchart of FIG. 3 has been described in Embodiment 1 and Embodiment 2 described above. S1の処理では、タイムアウトテーブルの設定を行っていたが、この実施の形態では、転送速度要求管理テーブル1 In the process of S1 is had after the setting timeout table, in this embodiment, the transfer rate request management table 1
22に転送速度の設定を行う。 To set the transfer speed to 22. 上記転送速度とは、データバッファ105からホストシステム130へデータが転送される速度である。 The above-mentioned transfer rate is the rate at which data from the data buffer 105 to the host system 130 is transferred. 転送速度の初期値は1MB/s The initial value of the transfer rate of 1MB / s
である。 It is. 転送速度要求管理テーブル122の設定例を図10(A)に示す。 An example of setting the transfer rate request management table 122 shown in FIG. 10 (A). 例えば、ユーザ1は、転送速度を1 For example, user 1, the transfer speed 1
MB/sと要求している。 It has requested the MB / s. また、バッファ容量は、10 In addition, the buffer capacity, 10
0KBである。 Is 0KB. これにより、データバッファ105とホストシステム130との間は、100KB/1MB/s Thus, between the data buffer 105 and the host system 130, 100KB / 1MB / s
=100msの時間で100KBのデータ転送が行われる。 = Data transfer 100KB is performed in 100ms time. この実施の形態3では、データバッファ105からホストシステム130へ連続してデータを転送させたい。 In the third embodiment, like in succession from the data buffer 105 to the host system 130 to transfer data. このため、ディスクコントローラ120は、データバッファ105に格納されているデータの量が0バイトにならないように、ディスク装置100aをアクセスしてデータを取得して、取得したデータをデータバッファ105に格納する。 Therefore, the disk controller 120, so that the amount of data stored in the data buffer 105 is not zero bytes, to obtain the data by accessing the disk device 100a, and stores the acquired data in the data buffer 105 . なお、ディスク装置100aをアクセスするには、図2のディスク構成テーブル121を参照すると、平均して16ms(平均シーク時間)+4m Note that in order to access a disk device 100a, referring to the disk configuration table 121 in FIG. 2, an average of 16 ms (average seek time) + 4m
s(回転待ち)=20msのseek時間を要する。 s (rotational delay) = requires a 20ms of seek time. このため、シーク開始後20msの間は、ディスク装置1 Therefore, during the seek start after 20 ms, the disk device 1
00aからデータバッファ105にデータを転送できない。 You can not transfer the data to the data buffer 105 from 00a. つまり、ディスク装置100aからデータバッファ105へ100KBのデータを転送するには、100K That is, to transfer data 100KB from the disk unit 100a to the data buffer 105, 100K
B(データバッファ105の容量)/10MB/s(ディスク装置とバッファとの転送時間:図2のディスク構成テーブル121より)=10msと計算できるが、実際には平均seek時間も含めて10ms+20ms= B (capacity of the data buffer 105) / 10MB / s (disk device and the buffer and transfer time: from the disk configuration table 121 in FIG. 2) = 10 ms and can be calculated, but actually including the average seek time 10 ms + 20 ms =
30msかかることになる。 Become 30ms take. 従って、応答期待時間を算出すると、 100KB/1MB/s−(100KB/10MB/s Therefore, when calculating the response expected time, 100KB / 1MB / s- (100KB / 10MB / s
+4ms+16ms)=70ms と求められる。 + Obtained as 4ms + 16ms) = 70ms. つまり、データバッファ105からホストシステム130へユーザ1が要求する速度でデータを連続して転送するために、ディスクコントローラ120 That is, to transfer data at a rate required by the user 1 from the data buffer 105 to the host system 130 continuously, the disk controller 120
は、ディスク装置100aをアクセスしてから70ms Is, 70ms from accessing the disk device 100a
経過するまでにディスク装置100aから応答が返され、ディスク装置100aからデータバッファ105にデータ転送が開始できることを監視する。 Response from the disk device 100a is returned to until after monitors whether the data transfer can be initiated in the data buffer 105 from the disk unit 100a. 同様に、ユーザ2,ユーザ3,・・・,ユーザnの応答期待時間を計算すると、図10(D)に示されているように求められる。 Similarly, the user 2, user 3, ..., when calculating the response expected time of the user n, determined as shown in FIG. 10 (D). また、バッファ容量は、図10(C)のように、ユーザ毎にサイズを変更することも可能である。 Further, the buffer capacity, as shown in FIG. 10 (C), the it is possible to change the size for each user. 予めユーザ毎に処理するデータ量に差があれば、各ユーザ毎に適切なバッファ容量を配分し、処理効率を上げることができる。 Advance If there is a difference in the amount of data to be processed for each user, and allocating an appropriate buffer capacity for each user, it is possible to increase the processing efficiency. 図10(C)のように、バッファ容量を設定すると、各ユーザの応答期待時間は、図11のようになる。 As shown in FIG. 10 (C), the setting the buffer capacity, the response expected time of each user is as shown in Figure 11.

【0051】以上のように、ユーザが要求するデータ転送速度に基づいて、応答期待時間を計算し、タイムアウトテーブルに設定するので、バッファをより効率よく使用することができる。 [0051] As described above, based on the data transfer rate required by the user, it calculates a response expected time, since the set timeout table, can be used more efficiently buffer.

【0052】実施の形態4. [0052] Embodiment 4. この実施の形態では、上記実施の形態1の図1のシステム構成と同じシステム構成において、応答時間要求管理テーブルを基にタイムアウトテーブルを設定する方法について、以下に説明を行う。 In this embodiment, carried out in the same system configuration as the system configuration of Figure 1 in the first embodiment, a method of setting a time-out table based on the response time request management table, the description below.

【0053】図12は、図9における制御装置が応答時間要求管理テーブルを備えた場合の動作を示す図である。 [0053] Figure 12 is a diagram of an operation in the control apparatus of FIG. 9 is provided with a response time request management table. 図において、制御装置102は、新たに応答時間要求管理テーブル124を備える。 In the figure, the control unit 102 newly provided with a response time request management table 124. 応答時間要求管理テーブル124の設定は、ユーザ毎に行い、システム起動時に設定する。 The response time setting request management table 124 is performed for each user, set at system startup. ディスクコントローラ120は、応答時間要求管理テーブル124とディスク構成テーブル121 Disk controller 120, the response time request management table 124 and the disk configuration table 121
を参照し、ユーザ毎に応答期待時間を算出し、タイムアウトテーブル103に算出した値を設定する。 Refers to the, to calculate the response expected time for each user, and sets the value calculated in the time-out table 103.

【0054】図13は、応答時間要求管理テーブル12 [0054] Figure 13 is the response time request management table 12
4の設定内容を示す図である。 It is a diagram showing a setting of 4. 図13によると、例えば、ユーザ1は、応答時間を「100ms」と設定している。 According to FIG. 13, for example, user 1 has set the response time "100ms". 上記応答時間とは、ディスクコントローラ120 The response time is the disk controller 120
がディスク装置100aに対してアクセス要求を出してからデータがデータバッファ105に転送され終わるまでの時間である。 There is a time from issuing the access request to the disk device 100a until the data has finished being transferred to the data buffer 105. 但し、データバッファ105からホストシステム130へ連続してデータを転送することを前提とするため、応答期待時間を算出する場合は、ディスク装置100aからデータバッファ105へデータの転送が行われないseek時間をユーザ1により設定された応答時間から差し引かねばならない。 However, it is subject to continuous from the data buffer 105 to the host system 130 transfers the data, when calculating the response expected time, seek time to the data buffer 105 the data transfer is not performed from the disk unit 100a the must be subtracted from the response time set by the user 1. このため、上記応答時間とディスク構成テーブル121を基に、応答期待時間を算出すると、 100ms−(16ms+4ms)=80ms と求められる。 Therefore, based on the response time and disk configuration table 121 and calculates the response expected time, obtained as 100ms- (16ms + 4ms) = 80ms. 同様に、ユーザ2,ユーザ3,・・・, Similarly, user 2, user 3, ...,
ユーザnの応答期待時間を計算すると、図12のタイムアウトテーブル103に示されているように求められる。 When calculating the response expected time of the user n, determined as indicated in timeout table 103 in FIG. 12.

【0055】以上のように、ユーザが要求する応答時間に基づいて、応答期待時間を設定するので、ユーザの要求の強さに応じたサービスを提供することができる。 [0055] As described above, based on the response time required by the user, because setting the response expected time, it is possible to provide a service according to the strength of the user's request.

【0056】実施の形態5. [0056] Embodiment 5. この実施の形態では、上記実施の形態1の図1のシステム構成と同じシステム構成において、転送速度要求管理テーブル及び応答時間要求管理テーブルを基に、応答期待時間を算出し、算出した値の小さい方の値をタイムアウトテーブルに設定する方法について、以下に説明を行う。 In this embodiment, the same system configuration as the system configuration of Figure 1 in the first embodiment, based on the transfer rate request management table and response time requirements management table, small calculates the response expected time, the calculated value how to set the value of the square to the timeout table will be described below. 図14は、図1における制御装置が転送速度要求管理テーブルと応答時間要求管理テーブルを備えた場合の動作を示す図である。 Figure 14 is a diagram of an operation in the control apparatus of FIG. 1 is provided with a request management table response time and transfer rate request management table. 図において、制御装置102は、転送速度要求管理テーブル122とバッファ容量テーブル123と応答時間要求管理テーブル124を新たに備えている。 In the figure, the control device 102 includes a new transfer rate request management table 122 and the buffer capacity table 123 and response time requirements management table 124. 他の構成要件については、上記実施の形態1において説明した図2と同様であるため、説明を省略する。 Since the other constituent elements are the same as FIG. 2 described in the first embodiment, the description thereof is omitted. 図15は、タイムアウトテーブルの設定内容を示す図である。 Figure 15 is a diagram illustrating the settings of the time-out table.

【0057】ユーザは、システム起動時に転送速度要求管理テーブル122と応答時間要求管理テーブル124 [0057] The user response time requirements and manage the transfer rate request management table 122 at system startup table 124
に、それぞれ任意の値を設定する。 In each set to any value. そして、制御装置1 Then, the control device 1
02は、転送速度要求管理テーブル122と応答時間要求管理テーブル124とディスク構成テーブル121とバッファ容量テーブル123を参照し、ユーザ毎に応答期待時間を算出する。 02 refers to the transfer rate request management table 122 and response time request management table 124 and the disk configuration table 121 buffer capacity table 123, calculates a response expected time for each user. そして、算出した応答期待時間をタイムアウトテーブル103に設定する。 Then, it sets the calculated response expected time to time-out table 103. 例えば、ユーザ1について、応答期待時間の算出方法を説明する。 For example, for the user 1, a method of calculating the response expected time. 図10(A)によると、ユーザ1の転送速度は、1MB/ According to FIG. 10 (A), the transfer speed of the user 1, 1MB /
sである。 A s. また、バッファ容量は、図10(B)によると、100KBである。 Further, the buffer capacity, according to FIG. 10 (B), the it is 100KB. 上記値とディスク構成テーブル121を基に応答期待時間を算出すると、ユーザ1の応答期待時間は、 100KB/1MB/s−(100KB/10MB/s After calculating the response expected time based on the value and disk configuration table 121, the response expected time of the user 1, 100KB / 1MB / s- (100KB / 10MB / s
+4ms+16ms)=70ms と求められる。 + Obtained as 4ms + 16ms) = 70ms. また、図13によると、ユーザ1の応答時間は、100msである。 Further, according to FIG. 13, the response time of the user 1 is 100 ms. これにより、応答期待時間は、 100ms−(16ms+4ms)=80ms と求められる。 Thus, the response expected time is determined to 100ms- (16ms + 4ms) = 80ms. この実施の形態では、小さい方の値を応答期待時間とする。 In this embodiment, the response expected time smaller value. このため、ユーザ1の応答期待時間は、70msと設定する。 Therefore, the response expected time of the user 1 is set to 70 ms. 同様に、ユーザ2及びユーザ3について応答期待時間を算出すると、ユーザ2については転送速度より20msと求められ、応答時間より1 Similarly, when calculating the response expected time for the user 2 and user 3, for user 2 determined to be 20ms than the transfer rate, 1 than the response time
80msと求められる。 Obtained as 80ms. このため、ユーザ2の応答期待時間は、20msと設定する。 Therefore, the response expected time of the user 2 is set to 20 ms. また、ユーザ3については、転送速度より20msと応答期待時間が求められ、 Also, the user 3, 20 ms and the response expected time is required than the transfer rate,
応答時間より19msと応答期待時間が求められる。 19ms response expected time is required than the response time. このため、ユーザ3の応答期待時間は、19msと設定とする。 Therefore, the response expected time of the user 3, and set to 19 ms. このように、転送速度と応答時間のそれぞれを基に、応答期待時間を算出し、どちらか1つを選択してタイムアウトテーブルに設定することもできる。 In this way, based on respective transfer rates and response times, and calculates a response expected time, also be set to timeout table by selecting one of them. なお、上記実施の形態3から実施の形態5では、ミラー構成の記憶部を例にしたが、上記実施の形態2のように、RAI In the fifth embodiment from the third embodiment, although the memory of the mirror configuration example, as in the second embodiment, RAI
D構成にしても転送速度及び応答時間から応答期待時間を求めることができる。 Even in the D configuration can be obtained a response expected time from the transfer rate and response time.

【0058】また、上記実施の形態1〜5では、タイマAに設定する値にタイムアウトテーブルの値を参照し、 [0058] In the first to fifth above embodiment, referring to the value of the timeout table to the value set in the timer A,
取得した値を設定していた。 It had set the acquired value. しかし、データバッファ容量により、タイマ値Aを変更してもよい。 However, the data buffer capacity, may be changed timer value A. この場合、バッファ容量テーブル123は、図10(C)にあるように、ユーザ毎に使用可能なバッファ容量の値を記憶するとともに、空きバッファ容量も記憶する。 In this case, the buffer capacity table 123, as in FIG. 10 (C), the stores the value of the buffer capacity available to each user also stores free buffer capacity. 空きバッファ容量の設定及び更新は、ディスクコントローラ120が行う。 Setting and updating of the free buffer capacity, the disk controller 120 performs. ディスクコントローラ120は、任意のタイミングでデータバッファ105を参照し、ユーザ毎の空きバッファ容量を調査し、バッファ容量テーブル123に空きバッファ容量を設定及び更新する。 The disk controller 120 refers to the data buffer 105 at an arbitrary timing, to investigate the free buffer capacity for each user, and sets and updates the free buffer space in the buffer capacity table 123. ディスクコントローラ120は、バッファ容量テーブル123の空きバッファ容量と、データバッファ105からホストへデータを転送する速度と、記憶部100からデータバッファ1 Disk controller 120 includes a free buffer space in the buffer capacity table 123, and the speed of transferring data from the data buffer 105 to the host, the data buffer 1 from the storage unit 100
05にデータを転送する速度に基づいて、応答期待時間を算出する。 05 based on the speed of transferring data to, calculates the response expected time.

【0059】以上のように、上記実施の形態1から実施の形態5のように、システムを構成することによって、 [0059] As described above, as in the fifth embodiment from the first embodiment, by configuring the system,
I/O発行から応答までの時間を規定できるので、最大応答時間を保証することができる。 Since it defines the time until the response from the I / O issue, it is possible to guarantee the maximum response time. 従来例2における特開平2−81123号では、データの遅延を検出してデータの修復をしているので、応答時間の保証はできない。 In JP-A-2-81123 of the conventional example 2, since by detecting the delay of the data are the data of the repair can not guaranteed response time. また、この発明では、ホストへのデータ転送を維持するためのデータバッファにより、データを修復中もデータ転送を継続して行うことができる。 Further, in the present invention, the data buffer to maintain the data transfer to the host, the data can be carried out during repair be continued data transfer. 従来例の特開平2−81123号では、データ遅延検出の間、データ転送が途切れてしまう。 In Japanese Patent Laid-Open No. 2-81123 of the conventional example, during the data delay detection, the data transfer is interrupted. また、従来例の特開平2−811 Further, the conventional example of JP-A 2-811
23号では、並列データ転送を想定している。 In No. 23, it is assumed parallel data transfer. この発明におけるディスク装置では、NRZ(nonretur In the disk apparatus of this invention, NRZ (nonretur
n−to−zero codeの略)データによりハードディスクコントローラと接続されており、ディスク内部にはデータバッファを持たず、ハードディスクコントローラからのI/O命令により目的のシリンダ,ハードディスクへ移動すると、データ転送が開始され、あるセクタエラー判定(ECC)は、データ転送後ハードディスクコントローラにより実施されていた。 By substantially) data n-to-zero code is connected to the hard disk controller, no data buffer inside the disc, object of the cylinder by I / O command from the hard disk controller, moving the hard disk, the data transfer so, a sector error determination (ECC) had been carried out by the hard disk controller after the data transfer. 特開平2−8 JP-A-2-8
1123号では、データ転送後のエラー判定による修復開始では、データ転送速度が悪化するとしている。 In No. 1123, the restoration start by the error determination after the data transfer, and the data transfer rate is deteriorated. そのため、ECCによるエラー判定に先行して障害を検出する手段として、データ転送の遅れ検出としたものである。 Therefore, as a means for detecting a failure prior to an error judgment by ECC, it is obtained by the delayed detection of a data transfer. 特開平2−81123号が有効なのは、あくまでもディスクからのデータ転送が複数のディスクで同期して実施されるシステム(並列データ転送ディスク)のみで有効である。 Valid is JP 2-81123 is merely effective only system data transfer from the disk is performed in synchronism with a plurality of disks (parallel data transfer disk). 但し、特開平2−81123号の方法では、データ遅延検出タイマの時間設定には、 最小時間:同期ずれの誤検出をしないための時間 例えば、3600rpmで1%の同期ずれを許容するとすれば、tsは、 ts min. However, in JP-A 2-81123 Patent manner, the time setting of the data delay detection timer, the minimum time: time for example for preventing the erroneous detection of the out-of-sync, if allowed to 1% of the out-of-sync with 3600 rpm, ts is, ts min. =16.6ms×1%=166μs 最大時間:同期ずれを検出した次のセクタの処理開始までの時間(この時間を超えると、他のディスクとセクタ同期ずれが発生し、1回転のデータ転送遅延となってしまう) 例えば、3600rpmで60セクタとすると、 ts max. = 16.6ms × 1% = 166μs Maximum Time: Beyond time (this time to start processing of the next sector that has detected the synchronization deviation, and the other disk and the sector synchronization shift occurs, one rotation data transfer delay and turned to become) for example, when 60 sectors at 3600 rpm, ts max. =16.6ms/60=276μs となり、tsを200μs程度に設定できるが、障害セクタの修正の影響が次のセクタまで及ぼし(障害ディスクからのデータバッファが空きであるため)、結局連続してデータを修復することになり、データ信頼性の問題がある(単一セクタの障害がその後の動作に影響してしまう)。 = 16.6ms / 60 = 276μs, and the can be set to ts to about 200 [mu] s, (because the data buffer is empty from failed disk) Effect of modification of disorders sectors had to the next sector, and eventually continuous data the will be repaired, there are data reliability problems (failure of a single sector will affect the subsequent operation). これを避けるためには、データ遅延検出時間を短くする必要があるが、同期ずれの誤検出の問題があり不可能である。 To avoid this, it is necessary to shorten the data delay detection time, it is impossible there is a problem of the out-of-sync erroneous detection. 以上より、データ遅延検出による障害修復には実現上無理があり、信頼性上の問題もある。 Thus, the fault repair according to the data delay detection has forced the realization, also for reliability problems. また、用途は並列転送ディスクに限られている。 Also, applications are limited to parallel transfer disk.

【0060】実施の形態6. [0060] Embodiment 6. この実施の形態では、ひとまとまりのマルチメディアを1つのディスク装置に記録した複数のディスク装置と、上記複数のディスク装置に記録した複数のマルチメディアデータの冗長データを記録した冗長ディスク装置を備え、さらに、上記複数のディスク装置と冗長ディスク装置をRAIDシステムとしてアクセスする制御装置において、増設ポートに新たなディスク装置が増設された場合、ディスク装置に記録された冗長データと新たなディスク装置に記録されたマルチメディアデータを用いて新たな冗長データを計算し、 In this embodiment, it comprises a plurality of disk devices for recording a multimedia people grouped into a single disk device, a redundant disk device which records the redundant data of a plurality of multimedia data recorded in said plurality of disk devices, further, in the control apparatus for accessing a plurality of disk devices and the redundant disk storage as a RAID system, when a new disk drive is added to an expansion port, it is recorded in the redundant data and the new disk device recording to the disk device by using the multi-media data to calculate the new redundant data,
上記冗長ディスク装置に記録する冗長データを再計算する冗長データ再計算手段について、以下に説明を行う。 For the redundant data recalculation means for recalculating the redundancy data to be recorded on the redundant disk device will be described below.

【0061】図16は、この発明におけるシステム構成を示すシステム構成図である。 [0061] Figure 16 is a system configuration diagram showing a system configuration in the present invention. 図16において、RAI In Figure 16, RAI
D制御装置213は、ディスク装置を接続するポート2 D controller 213 connects the disk device port 2
14を複数備えている。 It provided with a plurality of 14. そして、ポート214にディスク装置210を接続している。 Then, connect the disk device 210 to the port 214. ディスク装置210には、それぞれ1つのまとまったマルチメディアデータが記憶されている。 The disk device 210, one coherent multimedia data respectively are stored. そして、複数のディスク装置210に記憶されているマルチメディアデータの冗長データが冗長ディスク装置211に記憶され、ポート214に接続されている。 Then, the redundant data of the multimedia data stored in the plurality of disk devices 210 is stored in a redundant disk unit 211 are connected to the port 214. 複数のディスク装置210と冗長ディスク装置211は、RAIDシステム212を構成している。 A plurality of disk devices 210 a redundant disk unit 211 constitute a RAID system 212. また、RAID制御装置213は、冗長データ再計算手段215とアクセス禁止手段216を備えている。 Also, RAID controller 213 includes a redundant data recalculation unit 215 and an access inhibiting means 216.
冗長データ再計算手段215は、RAIDシステム21 Redundant data recalculation unit 215, RAID systems 21
2に新たにディスク装置210が増設された場合、新たに増設したディスク装置210に記憶されているマルチメディアデータと、始めからRAIDシステム212を構成しているディスク装置の内、冗長ディスク装置21 When a new disk device 210 is added to 2, and multimedia data stored in the disk device 210 newly added, among disk devices constituting the RAID system 212 from the beginning, redundant disk device 21
1に記憶されている冗長データから、新たに冗長データを計算する手段である。 From the redundant data stored in the first, the means to calculate the new redundant data. また、アクセス禁止手段216 In addition, access prohibition means 216
は、RAIDシステム212を構成しているディスク装置210にエラーが発生した場合、エラーが発生しているディスク装置に対しRAID制御装置213がアクセスしないように制御する手段である。 If an error occurs in the disk unit 210 constituting the RAID system 212 is a means for controlling so as RAID controller 213 to the disk device with the error not access.

【0062】図17は、冗長データの計算方法を説明する図である。 [0062] Figure 17 is a diagram for explaining how to calculate redundant data. 図18は、ディスク装置の増設を説明する図である。 Figure 18 is a diagram for explaining the expansion of the disk device. 図19は、ディスク装置の増設を説明する図である。 Figure 19 is a diagram for explaining the expansion of the disk device.

【0063】図16のRAIDシステム212は、RA [0063] RAID system 212 of FIG. 16, RA
IDレベル4で構成されているものとする。 It is assumed to be constituted by the ID level 4. 図18に、 In Figure 18,
具体的なディスク装置とディスク制御装置の接続例を示す。 It shows a connection example of a specific disk device and the disk controller. 図18(A)のように、RAID制御装置213には、ディスク装置210が3台(#0,#1,#2) As shown in FIG. 18 (A), the the RAID controller 213, the disk device 210 is three (# 0, # 1, # 2)
と、冗長ディスク装置211(#P)が接続されている。 If, redundant disk device 211 (#P) ​​is connected. そして、図18(B)のように、ディスク装置21 Then, as shown in FIG. 18 (B), the disk drive 21
0(#3)を新たにRAID制御装置213に増設する。 0 (# 3) newly added to the RAID controller 213. ディスク装置の増設は、RAID制御装置213が備えているポート214に接続して行う。 Expansion of the disk device is carried out by connecting to the port 214 has a RAID controller 213. ディスク増設後、冗長データ再計算手段215は、増設したディスク装置のデータ(D3)を読み込むとともに、冗長ディスク装置211より旧パリティ(DPO)を読み込む。 After adding disks, redundant data recalculation unit 215 reads in the data (D3) of the expanded disk device reads the old parity (DPO) from a redundant disk unit 211. そして、冗長データ再計算手段215は、上記データを基に新しい冗長データ(DPN)を計算する。 Then, the redundant data recalculation unit 215 calculates the new redundant data (DPN) based on the above data. 冗長データの計算については、図17を参照する。 For the calculation of the redundant data, referring to FIG. 17. 図17によると、RAIDシステムでは、1つのパリティグループ内で図17(A)のように、各ディスク#k(k=0, According to Figure 17, the RAID system, as shown in FIG. 17 (A) in a single parity group, the disk #k (k = 0,
1,2,・・・)のディスク中に記憶されている同じアドレスのデータDk(k=0,1,2,・・・)を基に、排他的論理和を求めると0になる。 1,2, data Dk of the same address stored in the disk ···) (k = 0,1,2, ···) on the basis of, becomes 0 when obtaining the exclusive OR. 図18(A)では、#0,#1,#2と#P(パリティディスク)の4 In FIG. 18 (A), # 0, # 1, # 2 and 4 of #P (parity disk)
台のディスク装置210及びディスク装置211が接続されている。 Table of the disk device 210 and the disk device 211 is connected. 上記各ディスク装置210に格納されているデータを、D0,D1,D2,DPO(パリティデータ)として、これらを基に排他的論理和を求めると、図17(B)のように0になる。 The data stored in the respective disk devices 210, as D0, D1, D2, DPO (parity data), when obtaining the exclusive OR on the basis of these becomes 0 as shown in FIG. 17 (B). そして、図18(B)のように、#3のディスク装置210を増設すると(#3 Then, as shown in FIG. 18 (B), the Adding additional disk device 210 of # 3 (# 3
のディスク装置210は、D3のデータが格納されているものとする。 The disk device 210, it is assumed that data D3 are stored. )、図17(C)の式が成り立たなければならない。 ) Must hold the equation of FIG. 17 (C). 図17(C)の式では、#0〜#3と#P The expression of FIG. 17 (C), # 0~ # 3 and #P
の各ディスク装置210及びディスク装置211に格納されているデータD0,D1,D2,D3,DPNを基に、排他的論理和を求めると0にならなければならない(DPNは、#3のディスク装置210を増設した後、 Based on the data D0, D1, D2, D3, DPN stored in each disk device 210 and a disk device 211, must become 0 when obtaining the exclusive OR (DPN is # 3 of the disk device after installing additional 210,
新たに求められるパリティデータを示している。 It shows the parity data that are newly required. 新たなパリティデータは、#Pのディスク装置211に記憶される。 New parity data is stored in the disk device 211 of # P. )。 ). 上記図17(B)と図17(C)の式より、 FIG 17 (B) and the equation of FIG. 17 (C),
図17(D)の式が導き出される。 The equation of FIG. 17 (D) is derived. これにより、新しいパリティデータDPNは、DPO(#3のディスク装置210を増設する前のパリティデータ)とD3を排他的論理和で結合すると求められる。 Thus, the new parity data DPN is determined to bind with exclusive OR with the D3 (parity data before adding the disk device 210 of # 3) DPO. 冗長データ再計算手段215は、上記に説明した図17(D)のように、DP Redundant data recalculation unit 215, as shown in FIG. 17 described above (D), DP
OとD3を排他的論理和で結合することによって、新パリティデータDPNを算出している。 By binding with exclusive OR O and D3, and calculates the new parity data DPN.

【0064】上記に説明した冗長データ再計算手段21 [0064] redundant data recalculation unit 21 described above
5は、図16にあるように、RAID制御装置213の中に備えられている。 5, as in Figure 16, are provided in the RAID controller 213. 冗長データ再計算手段215は、 Redundant data re-calculation means 215,
RAIDシステム外にあっても構わない。 It may be outside RAID system. 図19は、冗長データ再計算手段215がRAIDシステム外にある場合を示している。 19, the redundant data recalculation unit 215 shows a case that is outside RAID system. 冗長データ再計算手段215がRA Redundant data re-calculation means 215 RA
IDシステム外にある場合は、新しいパリティデータを新たな別のパリティデータ用のディスク装置に書き込んでおき、ディスク装置を増設すると同時に、パリティデータを記憶したパリティディスク装置を既設のパリティデータ用ディスク装置と入れ替えを行う。 If that is outside ID system, the new parity data previously written to the disk device for another new parity data, and at the same time adding a disk device, a parity disk device storing parity data existing parity data disk unit for to perform the replacement.

【0065】以下に、図19を用いて冗長データ再計算手段215がRAID制御装置213の外にある場合を説明する。 [0065] In the following, redundant data recalculation unit 215 will be described a case where the outside of the RAID controller 213 with reference to FIG. 19. 図19(A)によると、RAID制御装置2 According to FIG. 19 (A), RAID controller 2
13には、#0,#1,#2のディスク装置210と、 The 13, and # 0, # 1, # 2 of the disk device 210,
パリティデータ格納用の#P1のディスク装置211が接続されている。 Disk device 211 of # P1 for parity data storage is connected. 上記RAID制御装置213に新たに#3のディスク装置210を増設する場合、予め新パリティデータDPNを冗長データ再計算手段215によって求めておかなければならない。 When adding a disk device 210 of the newly # 3 to the RAID controller 213, it must be kept in advance new parity data DPN determined by the redundant data recalculation unit 215. このため、図19 For this reason, as shown in FIG. 19
(A)のように、冗長データ再計算手段215に、デュアルポートで旧パリティデータが格納されている#P1 As in (A), the redundant data recalculation unit 215, # old parity data in the dual port are stored P1
のディスク装置211を接続し、さらに、増設する予定の#3のディスク装置210と新たなパリティデータを格納するための#P2のディスク装置211も接続する。 Of connecting the disk device 211, furthermore, also the disk device 211 of # P2 for storing new parity data and # 3 of the disk device 210 will be added to connect. 接続後、冗長データ再計算手段215は、#3のディスク装置210よりデータD3と旧パリティデータが格納されている#P1のディスク装置211より、旧パリティデータ(DPO)を読み込む。 After connection, the redundant data recalculation unit 215, from the disk device 211 of # P1 to the data D3 from the disk device 210 of # 3 old parity data is stored, reads the old parity data (DPO). そして、DPOとD3を基に排他的論理和を計算し、新たなパリティデータDPNを求める。 Then, it calculates the exclusive OR based on DPO and D3, obtaining new parity data DPN. 上記DPNは、#P2の新パリティデータ格納用ディスク装置211に書き込む。 The DPN writes the new parity data storage disk unit 211 of # P2. これでディスク装置の増設に伴う新パリティデータの作成が完了する。 This creation of new parity data associated with the expansion of the disk device is completed. この後、図19(B)のように、RAID制御装置213に#3のディスク装置210と、新たなパリティデータが格納されている#P2のディスク装置211 Thereafter, as shown in FIG. 19 (B), the disk device 210 of # 3 to RAID controller 213, a disk device # P2 the new parity data is stored 211
を接続する。 Connecting. そして、旧パリティデータが格納されている#P1のディスク装置211は、RAID制御装置2 Then, the disk device 211 of # P1 that old parity data is stored, RAID controller 2
13より切り離す。 Detach than 13. そして、次のディスク装置増設に備えて#P1のディスク装置211は、保管しておく。 Then, the disk device 211 of # P1 includes the additional next disk device, keep a.

【0066】上記に説明したRAID制御装置213が冗長データ再計算手段215を備えている方法は、RA [0066] Methods RAID controller 213 described above is provided with redundant data recalculation unit 215, RA
IDシステムに、冗長データ再計算手段を一度組み込んでしまえば、他には特別なリソースを必要としない。 The ID system, once incorporated once redundant data recalculation means, does not require special resources other. このため、コスト的には有利である。 Therefore, it is advantageous in cost. しかし、ホストシステムからのディスク装置に対するアクセスと、新たなパリティデータの書き換え処理を並列に行わなければならない。 However, must be performed and access to the disk device from the host system, the process of rewriting the new parity data in parallel. このため、アクセス性能が一時的に低下する。 Therefore, access performance is temporarily reduced. また、例えば、新パリティデータの書き換えが完了するまで、1台のディスク装置が故障してもデータの修復ができない状態が続く。 Further, for example, to rewrite the new parity data is completed, the state can not be restored data even if one disk device is faulty it continues. また、RAID制御装置213の外に、冗長データ再計算手段215が存在する方法では、 Also, outside the RAID controller 213, in the method there is redundant data recalculation unit 215,
ディスク装置の増設と同時にパリティデータの更新も行われることになる。 Expansion and updating of the parity data also becomes carried out that at the same time of the disk device. このため、システムの性能や信頼性の低下を防ぐことができる。 Therefore, it is possible to prevent a decrease in performance and reliability of the system. しかし、RAID制御装置とは別に、新パリティデータの計算及び書き込みを行う手段を設けなければならないことと、入替え用のパリティディスクを、別に1台用意しておかなければならないという経済的なデメリットがある。 However, apart from the RAID control unit, and that means must be provided to perform calculations and writing the new parity data, the parity disk for swapping, economical disadvantage must be prepared one separately is there. このシステムを利用するユーザは、利用目的に応じて2つの方法から1つを選択することができる。 User of the system can select one of two ways, depending on the intended use.

【0067】また、図16のようなシステム構成において、ビデオAが#0のディスク装置210に記憶され、 [0067] Further, in the system configuration as in FIG. 16, video A is stored in the disk device 210 of # 0,
ビデオBが#1のディスク装置210に記憶され、ビデオCが#2のディスク装置210に格納され、各ディスク装置に格納されているデータのパリティデータが#P Video B is stored in the disk device 210 of # 1, video C is stored in the disk device 210 of # 2, parity data of the data stored in each disk drive #P
の冗長ディスク装置211に格納されている場合、例えば、#1のディスク装置210に故障が発生しても、ユーザがビデオBのデータをアクセスしない限り、#1のディスク装置210にはアクセスしないため、システムの性能効率を下げることにはならない。 If that is stored in the redundant disk device 211, for example, it is generated failure in the disk device 210 of # 1, unless the user accesses the data of video B, since the disk device 210 of # 1 does not access , does not mean that lower the performance efficiency of the system. また、ユーザがビデオBのデータをアクセスしようとしても、#Pの冗長ディスク装置211に記憶されている冗長データと、 Moreover, the redundant data user that are also stored, in the redundant disk device 211 of # P attempting to access the data of the video B,
#0,#2の各ディスク装置210に記憶されているデータよりビデオBのデータを再生できる。 # 0, from the data stored in the disk devices 210 of # 2 can reproduce data of the video B. このため、ユーザは、#1のディスク装置210が故障しても、ビデオBのデータをアクセスすることができる。 Therefore, the user, the disk device 210 of # 1 even if a failure, it is possible to access the data of the video B.

【0068】以上のように、この実施の形態では、ひとまとまりのマルチメディアデータを1つのディスク装置に記録した。 [0068] As described above, in this embodiment, was recorded multimedia data in human unity in a single disk device. このため、他のディスク装置に障害が発生しても、障害が発生しているディスク装置に記憶されているデータをアクセスしなければ、データの再生処理を行わずに、必要なマルチメディアデータを取得することができる。 Therefore, the failure of another disk unit, unless access the data stored in the disk device where the failure has occurred, without reproduction of data, the multimedia data required it can be acquired. また、制御装置に増設ポートを備えた。 Further, with the expansion port to the controller. このため、増設ポートに新たなディスクを増設することにより、新たなマルチメディアデータをシステムに追加することができる。 Therefore, by adding a new disk to an expansion port, it is possible to add a new multimedia data to the system. さらに、制御装置又は制御装置の外に冗長データ再計算手段を設けた。 Furthermore, providing the redundant data recalculation unit outside the control unit or a control unit. このため、システムに新たなマルチメディアデータを追加しても、容易に冗長データを計算することができる。 Therefore, the addition of new multimedia data in the system, can be calculated readily redundant data.

【0069】実施の形態7. [0069] Embodiment 7. この実施の形態では、図1 In this embodiment, FIG. 1
6のRAID制御装置213が備えているアクセス禁止手段216について説明を行う。 The access prohibiting means 216 for RAID controller 213 of 6 is provided with a description. アクセス禁止手段21 Access prohibition means 21
6は、RAID制御装置213に接続されているディスク装置210に障害が発生した場合、障害が発生したディスク装置210に記憶されたマルチメディアデータへのアクセスを不可とする手段である。 6, when the disk device 210 fails connected to the RAID controller 213 is a means to disable access to the multimedia data stored in the disk device 210 in which the failure has occurred.

【0070】例えば、アクセス禁止手段216は、何台のディスク装置に対して連続的に読み出し命令が来ているかを判断し、アクセスの多い、少ないを判別する。 [0070] For example, the access prohibiting means 216 determines whether the coming continuously read command to any number of disk devices, a lot of access to determine less. 何台のディスク装置に読み出し命令が来ているかを判断する方法は、いくつか考えられる。 How to determine whether a read instruction is coming to what disk units are considered some. 例えば、以下の3つの方法が考えられる。 For example, it is considered the following three methods. まず、1つ目の方法は、現在キューイングされているコマンドがどのディスク装置に対するコマンドであるか解析する。 First, first method analyzes whether the command for which disk device commands that are currently queued. また、2つ目の方法として、過去に処理した一定回数(20回等)のコマンドがどのディスク装置に対するものであったかをチェックする。 Further, as the second method, checks were those commands certain number treated in the past (20 times, etc.) for which disk device. さらに、3つ目の方法として、過去の一定時間(1 Further, as the third method, a past predetermined time (1
0秒等)に処理したコマンドがどのディスクに対するものかをチェックする。 Command treated to 0 seconds, etc.) to check that for any disk. 上記3つの方法の内、いずれか1 Among the three methods, either 1
つの方法により判断した結果、例えば、3台以上のディスク装置に対してアクセスがあれば「アクセスが多い」 One of the results was determined by the method, for example, if there is access to three or more disk devices "Access often"
となり、2台以下であれば「アクセスが少ない」等として、処理の切り換えを行う。 Next, as long as the following two "Access is small" and the like, to switch the process. 「アクセスが少ない」と判断された場合は、故障ディスク装置に格納されているデータを他のディスク装置に格納されているデータから復元してビデオデータの再生を行う。 If it is determined as "Access is small" reproduces the video data restored from data stored the data stored in the failed disk device to another disk device. また、「アクセスが多い」と判断した場合は、故障したディスク装置に格納されているデータを復元すると、システムの効率が低下する。 Further, when the "Access is large", to restore the data stored in the failed disk device, the efficiency of the system decreases. このため、アクセスが少なくなるまで(アクセスが少ないの判断は、上記3つの方法によって判断する) Accordingly, until the access is reduced (the access is small determination is made by the three methods)
故障したディスク装置に格納されているビデオデータについては再生不能とし、アクセス禁止手段216が当該故障ディスク装置に対するアクセスを禁止して、データ修復処理を行わない。 And unplayable for defective video data stored in the disk apparatus, the access prohibiting means 216 prohibits the access to the failed disk device, no data recovery process. 他のディスク装置に格納されているデータについては、全く支障なく再生することができる。 The data stored in the other disk device, it is possible to reproduce completely without hindrance. このように、アクセス禁止手段は、ディスク装置の故障時に、その影響を一本のビデオだけにとどめておくことを可能にしている。 Thus, access inhibiting means, it is made possible at the time of failure of the disk device, previously kept its effect only to a single video.

【0071】以上のように、上記アクセス禁止手段は、 [0071] As described above, the access inhibiting means,
障害が発生したディスク装置に記録したマルチメディアデータへのアクセスを禁止する。 Failure to prohibit access to the multimedia data recorded in the disk device generated. このため、ディスク装置に障害が発生した場合でも、冗長データによる再生処理が発生しない。 Therefore, even if a disk device failure, it does not occur reproduction processing by the redundant data.

【0072】上記した実施の形態1〜実施の形態7において説明したこの発明のマルチメディア用記録システムは、障害が発生した場合に用いるタイムアウトとは異なり、データのアクセスを終了させるべき時間を記録したタイムアウトテーブルを備えている。 [0072] recording system for multimedia of the invention described in the seventh embodiment 1 embodiment embodiment described above, unlike the time-out used in the event of a failure, and the time was recorded to terminate the access of the data and it includes a time-out table. このデータのアクセスを終了させるべき時間は、画像データや音声データ等のマルチメディアデータを有効に出力あるいは表示するために守らなければならない時間である。 Time to terminate the access of this data is the time that must be followed in order to effectively output or display the multimedia data such as image data or audio data. このデータのアクセスを終了させるべき時間を経過してもアクセスが終了しない場合には、冗長データを用いてデータを再生して出力することにより、マルチメディアデータの出力や表示に必要とされるべき転送処理を継続させる。 If the easy access to the elapsed time to terminate the access of this data is not completed by outputting reproduced data by using the redundant data, to be required to output and display of multimedia data to continue the transfer process.

【0073】また、この発明のマルチメディア用記録システムは、RAIDシステムに適用される。 [0073] The recording system for multimedia of the present invention is applied to a RAID system.

【0074】また、タイムアウトテーブルは、各ユーザ毎にタイムアウト用の時間を記憶しており、ユーザの必要とするマルチメディアデータの種類や要求度に応じた時間設定を可能とする。 [0074] Also, the timeout table stores a time for a timeout for each user, to allow time setting in accordance with the type and requirements of the multimedia data required by the user.

【0075】また、上記タイムアウト用の時間は、ユーザが必要とするデータ転送速度に基づいて決定される。 [0075] The time for the timeout is determined based on the data transfer rate required by the user.

【0076】また、上記タイムアウト用の時間は、ユーザが必要とした応答時間に基づいて決定される。 [0076] The time for the timeout is determined based on the response time the user requires.

【0077】また、上記タイムアウト用の時間は、ユーザが必要とするデータ転送速度と応答時間に基づいて決定される。 [0077] The time for the timeout is determined based on the data transfer speed and response time required by the user.

【0078】また、上記制御装置は、データのアクセス開始時にデータ記録部と冗長データ記録部の両方をアクセスする。 [0078] Further, the control unit accesses both data recording portion and the redundant data recording unit at the start of the access data. これにより、上記したように、冗長データを用いてデータを再生して出力する処理を早く行える。 Thus, as described above, it enables faster processing and outputting the reproduced data using the redundant data.

【0079】また、上記タイムアウト用の時間は、データバッファ領域の空き領域に基づいて決定される。 [0079] The time for the timeout is determined based on the free space in the data buffer area.

【0080】また、この発明のマルチメディア用記録システムは、複数のディスク装置によりRAIDシステムを構成している。 [0080] The recording system for multimedia of the present invention constitutes a RAID system by a plurality of disk devices. 各ディスク装置には、1つの映画や1 Each disk device, one of the movie and 1
つのビデオデータがひとまとまりのマルチメディアデータとして納められている。 One of the video data has been paid as a multi-media data of human unity. ユーザが映画やビデオデータを要求した場合には、1つのディスク装置をアクセスすることにより、ユーザが要求したデータを提供することができる。 If the user requests a movie or video data by accessing a single disk device, it is possible to provide the data that the user has requested. もし、ひとまとまりのデータが複数のディスクに分散されて記録されており、あるディスク装置に障害が発生した場合には、障害が発生していたディスクに記録されているデータを復元するため、冗長データを用いて再生しなければならない。 If human chunk of data is recorded is distributed to a plurality of disks, when a failure occurs in a certain disk unit, in order to recover the data recorded on the disk where the failure has occurred, redundant It must be regenerated by using the data. この冗長データを用いた再生処理は、システムに大きな負荷をかけることになる。 Reproduction process using the redundant data would place a heavy load on the system. また、ひとまとまりのマルチメディアデータを複数のディスク装置に分散して記録した場合、あるディスク装置に障害が発生すると全てのマルチメディアデータをアクセスする場合に冗長データによる再生処理が行われなければならない。 Further, when recording in a distributed multimedia data human chunk into a plurality of disk devices, it must be made reproduction processing by the redundant data when accessing all of the multimedia data when a failure occurs in a certain disk unit . この冗長データによる再生処理がシステムの効率を低下させる。 The playback processing performed by the redundant data reduces the efficiency of the system. この発明のマルチメディア用記録システムは、ひとまとまりのマルチメディアデータを1つのディスクに記録しているため、あるディスク装置が故障した場合でも他のディスク装置に記録されたマルチメディアデータは冗長データにより再生処理を全く行う必要がなく、ユーザに対して提供できる。 Recording system for multimedia of the present invention, since the recording multimedia data of people grouped into a single disk, multimedia data recorded on another disk device even if one disk unit fails by redundant data without any need to perform the reproduction process, it can be provided to the user.

【0081】また、この発明のマルチメディア用記録システムは、増設ポートを備えており、ひとまとまりのマルチメディアデータを記録した新たなディスクを増設ポートに接続することができる。 [0081] The recording system for multimedia of the present invention has a expansion port, it is possible to connect a new disk for recording multimedia data in human unity to an expansion port. 冗長データ再計算手段が、新たに増設されたディスク装置のデータ及び冗長データを用いて、新たな冗長データを再計算する。 Redundant data recalculation means, using the data and the redundant data of the newly added disk apparatus recalculates the new redundant data. このように、この発明のマルチメディア用記録システムは、新たなマルチメディアデータを記録する場合に複数のディスク装置に分散記録するという処理を全く行わずに、新たなデータの記録が可能になる。 Thus, the recording system for multimedia of the present invention, without any processing for distributed recorded on a plurality of disk devices in the case of recording a new multimedia data, it is possible to record new data.

【0082】また、この発明のマルチメディア用記録システムは、あるディスク装置に障害が発生した場合にそのディスク装置に記録されたマルチメディアデータへのアクセスを禁止することができる。 [0082] The recording system for multimedia of the invention, it is possible to prohibit access to the multimedia data recorded in the event of a failure in one disk device to the disk device. アクセスを禁止することにより、障害が発生したディスク装置に記録されたマルチメディアデータの再生処理を行う必要がなく、システムの負荷を増加させることがない。 By prohibiting access, there is no need to perform reproduction processing of the multimedia data in which a fault has been recorded in the disk device generated, does not increase the load on the system. ひとまとまりのマルチメディアデータが複数のディスク装置に分散して記録されている場合には、必ず、冗長データにより再生処理を行わなければならないが、この発明のようにひとまとまりのマルチメディアデータを1つのディスク装置に記録しておくことにより、故障が発生した場合には、 If the multimedia data human unity are recorded distributed across multiple disk devices, always it must be performed reproduction processing by the redundant data, the multimedia data of human unity as in the present invention 1 by recording the One of the disk device, when a failure occurs,
その故障が発生したディスク装置に記録されたマルチメディアデータへのアクセスを禁止してしまうという単純な処理により、今まで通りのシステム効率を提供することが可能になる。 By a simple process that the failure will not allow access to the multimedia data recorded in the disk device generated, it is possible to provide a system efficiency as before.

【0083】 [0083]

【発明の効果】以上のように、この発明によれば、マルチメディアデータのアクセスを終了させるべき時間を記憶しており、その時間内にアクセスが終了しない場合には、冗長データを用いてデータを生成するので、マルチメディアデータが確実にしかも時間内にアクセスすることが可能になる。 As is evident from the foregoing description, according to the present invention stores a time to terminate the access of the multimedia data, when the access is not completed within that time, data with the redundant data since generating a allows multimedia data is accessed within reliably and time.

【0084】また、この発明によれば、RAIDシステムに対してマルチメディアデータを記憶することができる。 [0084] According to the present invention, it is possible to store the multimedia data to the RAID system.

【0085】また、この発明によれば、ユーザ毎にタイムアウト用の時間を設定することができ、柔軟なタイムアウト処理を行うことができる。 [0085] According to the present invention, it is possible to set the time for the timeout for each user, it is possible to perform a flexible time-out process.

【0086】また、この発明によれば、データ転送速度に基づいて、タイムアウト用の時間を設定するので、バッファを効率よく使用することができる。 [0086] According to the present invention, based on the data transfer rate, since setting a time for a timeout, it is possible to use the buffer efficiently.

【0087】また、この発明によれば、ユーザが要求する応答時間に基づいてタイムアウト用の時間を設定するので、ユーザの要求の強さに応じたサービスを提供することができる。 [0087] According to the present invention, since setting a time for a timeout based on the response time required by the user, it is possible to provide a service according to the strength of the user's request.

【0088】また、この発明によれば、データ転送速度に基づくタイムアウト用の時間とユーザが要求する応答時間に基づくタイムアウト用の時間の内、小さい方の時間をタイムアウト用の時間とする。 [0088] According to the present invention, among the time for the timeout time and the user for a timeout based on the data transfer rate based on the response time required, and the time for the timeout time shorter than the other. このため、バッファを効率よく使用するとともに、ユーザの要求の強さに応じたサービスを提供することができる。 Therefore, the use of buffers can be efficiently provide a service according to the strength of the user's request.

【0089】また、この発明によれば、制御装置は、アクセス開始時にデータを取得するとともに、冗長データも同時に取得する。 [0089] Further, according to the present invention, the control unit acquires the data when accessing the start, also simultaneously acquired redundant data. このため、冗長データを用いて行うデータの再生を、直ちに実行できる。 Therefore, the reproduction of data performed using redundant data, can be performed immediately.

【0090】また、この発明によれば、データバッファ領域の空き領域に基づいてタイムアウト用の時間を設定する。 [0090] According to the present invention, to set the time for the timeout based on the free space in the data buffer area. このため、バッファを効率よく使用できる。 Therefore, it is possible use the buffer efficiently.

【0091】また、この発明によれば、ひとまとまりのマルチメディア装置を1つのディスク装置に記録しているので、他のディスク装置に障害が発生した場合でもデータの再生処理を行わずにマルチメディアデータを再生することができる。 [0091] Further, according to the present invention, since the recorded multimedia device people grouped into a single disk device, multimedia without regeneration processing of data even when a failure in another disk device has occurred data can be reproduced.

【0092】また、この発明によれば、増設ポートに新たなディスクを増設することにより、あらたなマルチメディアデータをシステムに追加することができる。 [0092] According to the present invention, by adding a new disk to an expansion port, it is possible to add a new multimedia data to the system.

【0093】また、この発明によれば、障害が発生したディスク装置に記録されたマルチメディアデータへのアクセスを禁止するので、ディスク装置に障害が発生した場合でも冗長データによる再生処理が発生しない。 [0093] According to the present invention, since prohibits access to the multimedia data recorded in the disk device failed, playback processing performed by the redundant data even if a disk device failure does not occur.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 この発明におけるマルチメディア用記録システムの一例を示すシステム構成図である。 1 is a system configuration diagram showing an example of a recording system for multimedia in the present invention.

【図2】 図1のシステム構成における制御装置の動作を説明する図である。 Is a diagram for explaining the operation of the control system in the system configuration of FIG. 1;

【図3】 マルチメディア用記録システムにおけるデータの読み出し処理の手順を示す流れ図である。 3 is a flow diagram showing a procedure of read processing of data in the multimedia recording system.

【図4】 図3におけるタイムアウト処理の手順を示す流れ図である。 Is a flowchart illustrating a procedure of time-out process in FIG. 3; FIG.

【図5】 この発明におけるマルチメディア用記録システムの一例を示すシステム構成図である。 5 is a system configuration diagram showing an example of a recording system for multimedia in the present invention.

【図6】 図5におけるデータ生成手段の回路図である。 6 is a circuit diagram of the data generating means in FIG.

【図7】 図5のシステム構成におけるタイムアウトテーブルとディスク構成テーブルの設定内容を示す図である。 7 is a diagram illustrating the settings of the time-out table and the disk configuration table in the system configuration of FIG.

【図8】 冗長データによるデータ再生を説明する図である。 8 is a diagram for explaining a data reproduction by the redundant data.

【図9】 図1における制御装置が転送速度要求管理テーブルを備えた場合の動作を示す図である。 [9] The control device of FIG. 1 is a diagram of an operation in having a transfer rate request management table.

【図10】 図9の制御装置が有する各テーブルの設定内容を示す図である。 10 is a diagram showing the setting contents of each table control device of the FIG.

【図11】 タイムアウトテーブルの設定内容を示す図である。 FIG. 11 is a diagram showing a setting content of the timeout table.

【図12】 図1における制御装置が応答時間要求管理テーブルを備えた場合の動作を示す図である。 [12] controller in FIG. 1 is a diagram of an operation in with a response time request management table.

【図13】 図12における応答時間要求管理テーブルの設定内容を示す図である。 13 is a diagram illustrating the settings of the response time request management table in FIG. 12.

【図14】 図1における制御装置が転送速度要求管理テーブルと応答時間要求管理テーブルを備えた場合の動作を示す図である。 [14] controller in FIG. 1 is a diagram of an operation in with a response time request management table and the transfer rate request management table.

【図15】 図14におけるタイムアウトテーブルの設定内容を示す図である。 It is a diagram illustrating the settings of the time-out table in Figure 15 Figure 14.

【図16】 この発明におけるマルチメディア用記録システムのシステム構成図である。 16 is a system configuration diagram of a recording system for multimedia in the present invention.

【図17】 冗長データの再生を説明する図である。 17 is a diagram for explaining the reproduction of the redundant data.

【図18】 実施の形態6におけるディスク増設を説明する図である。 18 is a diagram for explaining a disk expansion in the sixth embodiment.

【図19】 実施の形態6におけるディスク増設を説明する図である。 19 is a diagram for explaining a disk expansion in the sixth embodiment.

【図20】 従来の大容量データを連続して転送する記録システムを示す図である。 20 is a diagram showing a recording system for transferring in succession the conventional large-capacity data.

【図21】 従来の並列データ転送方式及び装置の一実施の形態を示すブロック図である。 FIG. 21 is a block diagram showing an embodiment of a conventional parallel data transfer method and apparatus.

【図22】 図21におけるパリティ生成器/データ修正器のブロック図である。 FIG. 22 is a block diagram of a parity generator / data corrector in FIG.

【図23】 図22の修正制御部14の回路図である。 23 is a circuit diagram of a correction control unit 14 of FIG. 22.

【図24】 図23の回路図の動作を説明するタイミングチャート図である。 FIG. 24 is a timing chart for explaining the operation of the circuit diagram of FIG. 23.

【図25】 従来のRAIDレベル3におけるデータ記録状態を示す図である。 Is a diagram illustrating a data recording state in FIG. 25 conventional RAID level 3.

【図26】 図25におけるディスク構成に1台増設した場合のデータ記録状態を示す図である。 26 is a diagram illustrating a data recording state in the case of adding one to the disk configuration in Figure 25.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 記憶部、100a データ、100b 冗長データ、102 制御装置、103 タイムアウトテーブル、104 データ生成手段、105 データバッファ、106 マルチメディア記憶装置、107 通信回線、108 ユーザ、109 通信回線、120 ディスクコントローラ、121 ディスク構成テーブル、1 100 memory unit, 100a data, 100b redundant data, 102 controller, 103 timeout table, 104 data generating unit, 105 data buffer, 106 a multimedia storage device, 107 communication line, 108 users, 109 communication line, 120 a disk controller, 121 disk configuration table, 1
22 転送速度要求管理テーブル、123 バッファ容量テーブル、124 応答時間要求管理テーブル、13 22 transfer rate request management table, 123 a buffer capacity table, 124 response time request management table, 13
0 ホストシステム、131 ホストI/F制御部、1 0 host system 131 the host I / F control section, 1
32 チャネル、133 SPC、134 システム制御MPU、135 スイッチ、136 バッファ、13 32 channels, 133 SPC, 134 system control MPU, 135 switch, 136 buffer, 13
7 データ修復回路、138スイッチ、210 ディスク装置、211 冗長ディスク装置、212 RAID 7 data recovery circuit, 138 a switch, 210 a disk device, 211 redundant disk device 212 RAID
システム、213 RAID制御装置、214 ポート、215 冗長データ再計算手段、216 アクセス禁止手段。 System, 213 RAID controller, 214 ports, 215 redundant data recalculation means, 216 access inhibiting means.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 伊藤 一彦 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 三菱電機株式会社内 (72)発明者 山本 整 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 三菱電機株式会社内 (56)参考文献 特開 平2−81123(JP,A) 特開 平8−115279(JP,A) 特開 平7−141121(JP,A) 特開 平5−127835(JP,A) 特開 平4−139524(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G06F 3/06 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Ito, Kazuhiko, Chiyoda-ku, tokyo Marunouchi 2-chome No. 2 No. 3 Mitsubishi Electric in Co., Ltd. (72) inventor Sei Yamamoto, Chiyoda-ku, tokyo Marunouchi 2-chome No. 2 No. 3 Mitsubishi Electric in Inc. (56) references Patent Rights 2-81123 (JP, A) Patent Rights 8-115279 (JP, A) Patent Rights 7-141121 (JP, A) Patent Rights 5-127835 (JP, a) Patent flat 4-139524 (JP, a) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G06F 3/06

Claims (10)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 以下の要素を有することを特徴とするマルチメディア用記録システム (a)データと冗長データを記録する記録部、 (b)上記記録部に記録されたデータと冗長データをアクセスする制御装置であって、 上記記録部をアクセスして取得したデータと冗長データ 1. A recording unit for recording the recording system (a) data and the redundant data multimedia, characterized in that it comprises the following elements, accessing the recorded data and the redundant data in (b) the recording unit a control device, data and the redundant data obtained by accessing the recording unit
    を第1の速度で入力して記憶するとともに、上記記憶し Together with inputting and storing at a first speed, and the storage
    たデータと冗長データを上記第1の速度とは異なる第2 Data and a different second is the redundant data from the first speed
    の速度で出力するデータバッファ領域と、上記記録部に記録されたデータのアクセスを終了させるべき時間を記憶するタイムアウトテーブルと、 上記タイムアウトテーブルに記憶された時間を経過してもアクセスが終了しない場合に、上記記録部に記録された冗長データをアクセスし、データを生成するデータ生成手段とを備えるとともに、 上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を、上記第2 If the data buffer area to be output at a speed, and timeout table storing time to terminate the access of the data recorded in the recording unit, access is not completed even after the lapse of time stored in the timeout table the accesses to redundant data recorded in the recording unit, provided with a data generating means for generating data, the time stored in the timeout table, the second
    の速度で上記データバッファ領域よりデータと冗長デー The data buffer area from data and the redundant data at a rate of
    タを連続して出力できるように少なくとも上記データバ At least the data bus so that it can continuously output data
    ッファ領域の空き領域と上記第1の速度と上記第2の速 Said the free space Ffa region first speed and the second speed
    度とに基づいて算出する制御装置。 Control device for calculating on the basis of the degree.
  2. 【請求項2】 上記記録部は、複数のディスク装置から構成されたRAID(リダンダントアレイズオブインエクスペンシブディスクズ)システムであり、上記制御装置はRAIDコントローラであることを特徴とする請求項1記載のマルチメディア用記録システム。 Wherein said recording unit is a plurality of RAID that is configured from the disk device (redundant Areizu of in ex pen Inclusive disk's) system, according to claim 1, wherein said control device is a RAID controller recording system for multi-media.
  3. 【請求項3】 上記タイムアウトテーブルは、データのアクセスを依頼したユーザ毎に時間を記憶することを特徴とする請求項1記載のマルチメディア用記録システム。 Wherein said time-out table, a recording system for multimedia of claim 1, wherein the storing time for each user who has requested access to data.
  4. 【請求項4】 上記制御装置は、さらに、データのアクセスを依頼したユーザが必要とするデータ転送速度に基づいて上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする請求項3記載のマルチメディア用記録システム。 Wherein said control device further includes a multi according to claim 3, wherein the set time stored in the timeout table based on the data transfer rate required by the user who has requested access to data media recording system.
  5. 【請求項5】 上記制御装置は、さらに、データのアクセスを依頼したユーザが必要とする応答時間に基づいて上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする請求項3記載のマルチメディア用記録システム。 Wherein said control device further multimedia according to claim 3, wherein the set time stored in the timeout table based on the response time by the user who has requested access to data requires use recording system.
  6. 【請求項6】 上記制御装置は、さらに、データのアクセスを依頼したユーザが必要とする応答時間とデータ転送速度に基づいて、上記タイムアウトテーブルに記憶する時間を設定することを特徴とする請求項3記載のマルチメディア用記録システム。 Wherein said control device further claims based on the response time and the data transfer rate by the user who has requested access to data is required, and sets the time stored in the timeout table 3 recording system for multi-media described.
  7. 【請求項7】 上記記録部は、データを記録するデータ記録部と冗長データを記録する冗長データ記録部を備え、上記制御装置は、データのアクセス開始時にデータ記録部にアクセスするとともに、冗長データ記録部にアクセスすることを特徴とする請求項1記載のマルチメディア用記録システム。 7. The recording unit is provided with redundant data recording unit for recording data recording unit and the redundant data for recording data, said control unit is configured to access the data recording unit to the access starting data, redundant data recording system for multimedia of claim 1, wherein the access to the recording unit.
  8. 【請求項8】 上記記録部に記録されたデータは、マル 8. data recorded in the recording section, Mar
    チメディアデータであり、上記記録部に記録された冗長 -Media is data, redundant recorded in the recording unit
    データは、マルチメディアデータの冗長データであり、 上記記録部は 、ひとまとまりのマルチメディアデータを1つのディスク装置に記録した複数のディスク装置と、 Data is redundant data of the multimedia data, the recording unit includes a plurality of disk devices for recording multimedia data people grouped into a single disk device,
    上記複数のディスク装置に記録した複数のマルチメディアデータの冗長データを記録した冗長ディスク装置とを And a plurality of redundant disk apparatus the redundant data of a plurality of multimedia data recorded in the disk device was recorded
    備え、 上記制御装置は、上記複数のディスク装置と冗長ディスク装置を接続した接続ポートを備え、上記複数のディスク装置と冗長ディスク装置をRAIDシステムとしてアクセスすることを特徴とする請求項1記載のマルチメディア用記録システム。 Provided, the control device is provided with a connection port connected to said plurality of disk devices and the redundant disk devices, multiprocessor of claim 1, wherein the accessing a plurality of disk devices and the redundant disk storage as a RAID system media recording system.
  9. 【請求項9】 上記制御装置は、さらに、ひとまとまり 9. The control device further includes human unity
    のマルチメディアデータを記録した新たなディスク装置 New disk device that records multimedia data of
    を増設する増設ポートを備え、上記新たなディスク装置 Comprising a expansion port for adding the above new disk device
    が増設された場合、上記冗長ディスク装置に記録された If There are added, it recorded on the redundant disk device
    冗長データと上記新たなディスク装置に記録されたマル Redundant data and circle recorded on the new disk device
    チメディアデータを用いて新たな冗長データを計算して Calculate the new redundant data by using the-media data
    上記冗長ディスク装置に記録する冗長データ再計算手段 Redundant data recalculation means for recording on the redundant disk device
    を備えたことを特徴とする請求項8記載のマルチメディ Multimedia according to claim 8, comprising the
    ア用記録システム。 A recording system.
  10. 【請求項10】 上記制御装置は、さらに、上記複数の 10. The control device further includes a plurality
    ディスク装置のいずれかのディスク装置に障害が発生し A failure occurs in any of the disk device of the disk device
    た場合、障害が発生したディスク装置に記録されたマル If, circle recorded on the disk device failed
    チメディアデータへのアクセスを不可とするアクセス禁 Access and disabled access to the data-media ban
    止手段を備えたことを特徴とする請求項8記載のマルチ Multi according to claim 8, further comprising a stop means
    メディア用記録システム。 Media recording system.
JP08160037A 1995-06-21 1996-06-20 Recording system for multi-media Expired - Fee Related JP3080584B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7-154486 1995-06-21
JP15448695 1995-06-21
JP08160037A JP3080584B2 (en) 1995-06-21 1996-06-20 Recording system for multi-media

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08160037A JP3080584B2 (en) 1995-06-21 1996-06-20 Recording system for multi-media

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0969027A JPH0969027A (en) 1997-03-11
JP3080584B2 true JP3080584B2 (en) 2000-08-28

Family

ID=26482752

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP08160037A Expired - Fee Related JP3080584B2 (en) 1995-06-21 1996-06-20 Recording system for multi-media

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3080584B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3284963B2 (en) 1998-03-10 2002-05-27 日本電気株式会社 A control device and a control method for a disk array
US6799283B1 (en) 1998-12-04 2004-09-28 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Disk array device
EP1193591A3 (en) 2000-09-29 2007-10-31 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Data storage array device and data access method
US7568033B2 (en) 2001-10-12 2009-07-28 Fujifilm Corporation Image storage system and image accumulation apparatus
JP2005182657A (en) * 2003-12-22 2005-07-07 Sony Corp Apparatus and method for data recording and reproduction
JP4851063B2 (en) * 2003-12-22 2012-01-11 ソニー株式会社 Data recording / reproducing apparatus and data recording / reproducing method
JP5012822B2 (en) * 2009-01-27 2012-08-29 日本電気株式会社 Storage controller

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0969027A (en) 1997-03-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4092732A (en) System for recovering data stored in failed memory unit
CA2098988C (en) Parity calculation in an efficient array of mass storage devices
US7185265B2 (en) Disk array system and its control method
JP3135751B2 (en) Data storage device
JP2501007B2 (en) De - data storage system and its operation method
US5559764A (en) HMC: A hybrid mirror-and-chained data replication method to support high data availability for disk arrays
JP2831072B2 (en) Disk drive memory
DE69733076T2 (en) High-performance data path with immediate xor
US5479653A (en) Disk array apparatus and method which supports compound raid configurations and spareless hot sparing
CA2176384C (en) A method and apparatus for transparent, real time reconstruction of corrupted data in a redundant array data storage system
CA2044521C (en) Method and apparatus for recovering parity protected data
JP4279515B2 (en) Recording / playback device
JP3221747B2 (en) Storage device array
US6976187B2 (en) Rebuilding redundant disk arrays using distributed hot spare space
US5720028A (en) External storage system
EP1272931B1 (en) Multi-device storage system with differing fault tolerant methodologies
US8904129B2 (en) Method and apparatus for backup and restore in a dynamic chunk allocation storage system
KR100303190B1 (en) Method and apparatus for efficient management of non-aligned i/o write requests in high bandwidth raid applications
US6397292B1 (en) Asymmetrical striping of mirrored storage device arrays and concurrent access to even tracks in the first array and odd tracks in the second array to improve data access performance
CN100375154C (en) System and method for writing data to hdd in bands
US20070283086A1 (en) Write caching random data and sequential data simultaneously
CN1058096C (en) Apparatus for recording of arrays
CN1191518C (en) Transformational cheap disc redundancy array for hierarchical storage management system
EP0541992B1 (en) Data reconstruction in a storage device array system
JP3184171B2 (en) Disk array system, the error control method, and recording medium storing the control program

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees