JP3069324B2 - Optical disc recording apparatus, recording method, and a program recording medium - Google Patents

Optical disc recording apparatus, recording method, and a program recording medium

Info

Publication number
JP3069324B2
JP3069324B2 JP10263716A JP26371698A JP3069324B2 JP 3069324 B2 JP3069324 B2 JP 3069324B2 JP 10263716 A JP10263716 A JP 10263716A JP 26371698 A JP26371698 A JP 26371698A JP 3069324 B2 JP3069324 B2 JP 3069324B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
av
data
recording
block
file
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP10263716A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000013728A (en
Inventor
徳夫 中谷
浩 加藤
智之 岡田
芳稔 後藤
薫 村瀬
靖司 玉越
Original Assignee
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP25199197 priority Critical
Priority to JP9204498 priority
Priority to JP9-251991 priority
Priority to JP11466598 priority
Priority to JP10-92044 priority
Priority to JP10-114665 priority
Priority to JP10263716A priority patent/JP3069324B2/en
Application filed by 松下電器産業株式会社 filed Critical 松下電器産業株式会社
Publication of JP2000013728A publication Critical patent/JP2000013728A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3069324B2 publication Critical patent/JP3069324B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、光ディスクにビデ BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, a bidet in the optical disk
オオブジェクトを記録する記録装置及びその方法に関す<br>る。 Ru <br> relates to a recording apparatus and method that records your object.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、光磁気ディスク(以下MO(Magne In recent years, magneto-optical disk (hereinafter referred to as MO (Magne
tic Optical)と略す)等の記録媒体がコンピュータデータの記録用として広く利用されている。 tic Optical) abbreviated) of the recording medium is widely used as a recording of computer data. さらに次世代の記録可能な記録媒体として、DVD−RAMディスク(以下DVD−RAMと略す)の開発が望まれている。 Further as a next-generation recordable recording medium, the development of a DVD-RAM disc (hereinafter abbreviated as DVD-RAM) is desired.

【0003】従来技術におけるMOでは、HD(Hard Di [0003] In the MO in the prior art, HD (Hard Di
sc)やFD(Flexible Disc)等と同様に、セクタと呼ばれる数kバイトの領域を最小アクセス単位とする。 sc) or FD (as with Flexible Disc) or the like, to the region of several k bytes called sectors and the minimum access unit. それゆえ1つのファイルは、1つ又は複数のセクタにわたって記録されることになる。 Therefore a single file will be recorded over one or more sectors. ファイルの書き込み及び読み出しは、コンピュータのOSによる機能の一部(ファイルシステムと呼ばれる)として実行される。 Writing and reading of files is performed as part of the function of the OS of the computer (called file systems). このようなファイルシステムについては、例えばISO/IEC13 Such a file system is, for example, ISO / IEC13
346に規定されている。 It is defined in the 346.

【0004】たとえば、セクタサイズが2kバイトの記録媒体に200kバイトのファイルを新たに記録する場合、コンピュータは、100個の空きセクタを探し出して、そのファイルを記録する。 [0004] For example, if the sector size is newly recorded the file of 200k bytes in the recording medium of 2k bytes, the computer, locate the 100 free sectors, to record the file. その際、100個の空きセクタは、物理的に連続するセクタでなくてもよい。 At that time, 100 free sectors may not be physically contiguous sectors. 例えば空きセクタが、30個、30個、30個、10個というように離散的に存在する場合には、1つのファイルを4箇所に分散させて記録する。 For example the free sectors, 30, 30, 30, when the discretely present and so 10 is being allowed to be recorded distributed at four locations one file. 分散された各ファイル部分、つまり連続するセクタに記録されたファイル部分をエクステントと呼ぶ。 Distributed each file moiety, i.e. referred files recorded portion contiguous sectors extents.

【0005】このように従来技術ではファイルを複数のエクステントに分割して記録することができるので、記録媒体に対するファイルの書き込み及び消去を何回くり返し行ったとしても、全セクタを有効に利用できるという利点がある。 [0005] that it is possible in this way recorded by dividing the file into a plurality of extents in the prior art, also the writing and erasing of files on the recording medium as many times repeatedly conducted, can be effectively utilized all sectors there is an advantage.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら従来技術における記録可能な記録媒体及びファイルシステムによれば、音声映像データ(以下AVデータと略す)が記録された場合に、その再生に際して円滑な連続再生を保証することができないという問題がある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, according to the recording medium and file system can be recorded in the prior art, if the audio-video data (hereinafter referred to as AV data) is recorded, a smooth continuous playback when the playback there is a problem that can not be guaranteed. 言い換えると、 In other words,
記録可能な記録媒体にAVデータの録画・消去が何度か繰り返した場合には、AVデータファイルは、物理的に連続したセクタに記録されるとは限らず、上記のように複数のエクステントとして記録されることになる。 When the recording and erasing of AV data on a recordable recording medium is repeated several times, the AV data file is not necessarily be recorded in physically contiguous sectors, as a plurality of extents, as described above It will be recorded. その結果、再生装置において、エクステント間で光ピックアップのシーク動作が発生し、連続的なデータ読み出しができなくなってしまう。 As a result, in the reproducing apparatus, the seek operation of the optical pickup occurs between the extents, it becomes impossible continuous data read.

【0007】例えば、ディスクの最内周から、ディスク最外周にシークが発生した場合、数百ミリ秒のシークタイムが発生する。 [0007] For example, from the innermost circumference of the disc, when the seek on the disk outermost circumference occurs, several hundred milliseconds seek time occurs. 映像は毎秒約30フレームのピクチャ再生が必要であるが、数百ミリ秒ものシークタイムが発生すれば、再生される映像が途切れることになる。 Although the video is required picture playback about 30 frames per second, hundreds of milliseconds even in the seek time if generated, so that the video to be reproduced is interrupted. 特に、DVDーRAMのように大容量の記録媒体では、あたかもVTRと同様にして複数のAVデータ(TV番組など)の録画・再生・消去を行うことが可能であるところ、従来のファイルシステムによるファイル管理では、 Particularly, in a large capacity recording medium as DVD-RAM, as if the place in the same manner as the VTR is possible to perform recording, reproducing, and erasing of a plurality of AV data (TV program, etc.), by conventional file system in the file management,
連続再生を保証できないことは深刻な問題となる。 We can not guarantee the continuous playback is a serious problem.

【0008】また、記録媒体に記録されるデータはAV Further, data recorded on the recording medium is AV
データだけではなく、コンピュータデータもあり、これらの両者を効率よくディスクに格納することも考慮する必要がある。 Not only data, there is also computer data, it is necessary to consider to store both of them to efficiently disk. 本発明は、上記問題点に鑑み、AVデータの円滑な連続再生を保証し、かつAVデータ以外のデータとともに効率よく記録することができる光ディスク記 The present invention is the view of the problems, to ensure a smooth continuous reproduction of AV data, and an optical disk's rating that can be efficiently recorded with data other than AV data
録装置及び方法等を提供することを目的とする。 And to provide a recording apparatus and method and the like.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため本発明の光ディスク記録装置は、光ディスクにビデオオブジェクトを記録する光ディスク記録装置であって、前記光ディスクは、光ディスクの各セクタのデータ割当て状況を示すセクタ情報が記録されており、隣接する複数トラックからなる複数のゾーンに分割され、前記光ディスク記録装置は、セクタ情報を光ディスクから読み出す読み出し手段と、光ディスクにビデオオブジェクトを書き込む書き込み手段と、読み出し手段、書き込み手段を制御する制御手段とを備え、前記制御手段は、読み出されたセクタ情報を参照して、再生装置に対して連続再生を保証する所定サイズ以上かつゾーン境界を跨がない連続空き領域を探索し、ビデオオブジェクトを、探索した連続空き領域に順 Means for Solving the Problems An optical disc recording apparatus of the present invention for solving the above-mentioned problems, there is provided an optical disk recording apparatus for recording video object on an optical disc, the optical disc, the data allocation status of each sector of the optical disk sector information indicating which is recorded, is divided into a plurality of zones comprising a plurality of tracks adjacent, the optical disk recording apparatus includes a reading means for reading the sector information from the optical disc, writing means for writing the video object on an optical disc, reading means , and control means for controlling the writing means, said control unit refers to the sector information read, continuous free not cross the predetermined size or more and zone boundaries to ensure continuous playback to the playback device explore the area, a video object, search the contiguous free space in order 書き込むように書き込み手段を制御するように構成されている。 It is configured to control the writing means to write.

【0010】ここで、前記光ディスクのデータ記録領域は、2kバイトの複数のセクタに分割され、さらに連続する16セクタからなる複数のECCブロックに分割され、前記ビデオオブジェクトは2kバイトのサイズを有する複数のパックからなり、前記所定サイズは、次式で表されるEccブロック数N_eccに相当するサイズとしてもよい。 [0010] Here, multiple-data recording area of ​​the optical disc is divided into a plurality of sectors of 2k bytes is divided into a plurality of ECC blocks of further consecutive 16 sectors, the video object having a size of 2k bytes consists of the pack, the predetermined size may be a size corresponding to Ecc number of blocks N_ecc represented by the following formula. N_ecc = Vo * Tj / ((16*8*2048) * (1 - Vo/Vr)) 式中、Tjは再生装置における光ピックアップの最大ジャンプ時間、Vrはトラックバッファの入力転送レート(Mb N_ecc = Vo * Tj / ((16 * 8 * 2048) * (1 - Vo / Vr)) In the formula, Tj is the maximum jump time of an optical pickup in the reproducing apparatus, Vr is the track buffer input transfer rate (Mb
ps)、Voはトラックバッファの出力転送レート(Mbps) ps), Vo is the track buffer output transfer rate (Mbps)
を示す。 It is shown.

【0011】ここで、前記所定サイズは、次式で表されるEccブロック数N_eccに相当するサイズとしてもよい。 [0011] Here, the predetermined size may be a size corresponding to Ecc number of blocks N_ecc represented by the following formula. N_ecc = dN_ecc + Vo * (Tj + Ts) / ((16*8*2048) * N_ecc = dN_ecc + Vo * (Tj + Ts) / ((16 * 8 * 2048) *
(1 - Vo/Vr)) 式中、dN_eccは前記連続空き領域において欠陥セクタを有するECCブロック数、Tjは再生装置における光ピックアップの最大ジャンプ時間、Tsは光ピックアップがdN_e In - (1 Vo / Vr)) equation, DN_ecc the number of ECC blocks with defective sectors in the continuous free space, Tj is the maximum jump time of an optical pickup in the reproducing apparatus, Ts is the optical pickup dN_e
cc個のECCブロックをスキップするのに要する時間、Vr The time required to skip the cc number of ECC block, Vr
はトラックバッファの入力転送レート(Mbps)、Voはトラックバッファの出力転送レート(Mbps)を示す。 The input transfer rate of the track buffer (Mbps), Vo represents the track buffer output transfer rate (Mbps).

【0012】また、前記出力転送レートVoは次式で得られるものとしてもよい。 Further, the output transfer rate Vo may be those obtained by the following equation. Vo = (N_pack*2048*8)*(27M/(SCR_first_next - SCR_f Vo = (N_pack * 2048 * 8) * (27M / (SCR_first_next - SCR_f
irst_current)) 式中、N_packは、上記N_ecc個のEccブロック中に記録すべきビデオオブジェクトに含まれる全パック数、SCR_fi irst_current)) wherein, N_pack is the total number of packs included in the video object to be recorded during the N_ecc number of Ecc block, SCR_fi
rst_nextは再生装置においてビデオオブジェクトの先頭パックをトラックバッファから出力すべき時刻(1/(27 rst_next is to be output the first pack of the video object from the track buffer in the reproducing apparatus the time (1 / (27
M) 秒単位)、SCR_first_currentは後続するビデオオブジェクトの先頭パックに記録され、再生装置において当該パックをトラックバッファから出力すべき時刻(1/(2 M) seconds), SCR_first_current is recorded in the first pack of the following video object, the time to be output the packs from the track buffer in the reproducing apparatus (1 / (2
7M) 秒単位)である。 7M) is in seconds).

【0013】ここで、前記制御手段は、さらに、書き込み手段によりビデオオブジェクトが連続的に記録された領域を示す管理情報を作成し、作成した管理情報を光ディスクに書き込むように書き込み手段を制御し、前記空き領域の探索において、前記管理情報が光ディスクに記録されている場合は、前記セクタ情報とともに管理情報を参照する構成としてもよい。 [0013] Here, the control means further creates management information indicating a region in which the video object is continuously recorded by the write means, it controls the writing unit to write the management information to the optical disc, in search of the free space, when the management information is recorded on the optical disc may be configured to refer to the management information together with the sector information.

【0014】また、本発明のファイル管理プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、光ディスクからデータを読み出す読み出し部と、光ディスクにデータを書き込む書き込み手段とを有するコンピュータに用いられ、光ディスクにビデオオブジェクトを記録するためのファイル管理プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、前記光ディスクは、光ディスクの各セクタのデータ割当て状況を示すセクタ情報が記録されており、隣接する複数トラックからなる複数のゾーンに分割され、前記ファイル管理プログラムは、各セクタのデータ割当て状況を示すセクタ情報を光ディスクから読み出す読み出しステップと、セクタ情報を参照して、再生装置に対して連続再生を保証する所定サイズ以上か [0014] The computer readable storage medium storing a file management program of the present invention includes a reading unit for reading data from an optical disk, used in a computer and a writing means for writing data on an optical disc, the video object on an optical disc a computer-readable storage medium storing a file management program for recording, the optical disc, the sector information showing data assignment status for each sector of the optical disk and is recorded, composed of a plurality adjacent tracks more is divided into zones, it said file management program includes a reading step of reading sector information showing data assignment status for each sector from the optical disk, with reference to the sector information, or predetermined size to ensure continuous playback to the playback device or ゾーン境界を跨がない連続空き領域を探索する探索ステップと、ビデオオブジェクトを、探索した連続空き領域に順次書き込む書き込みステップと をコンピュータに実行させ。 A search step of searching for a continuous free space which does not cross the zone boundary, the video object, to perform a sequential write writing step in a continuous free area of ​​searching the computer.

【0015】また、上記目的を達成する光ディスクは、 [0015] In addition, the optical disk to achieve the above object,
複数のセクタに分割されたデータ記録領域を有し、コンピュータ読取可能かつ光ディスクであって、前記データ記録領域は、隣接する複数トラックからなる複数のゾーンに分割され、各セクタのデータ割当状況を示すセクタ割当情報と、ビデオオブジェクトが記録され、かつゾーン境界を含まない所定サイズ以上の連続する領域を示す管理情報とを記録している。 Has a data recording area divided into a plurality of sectors, a computer-readable and optical disk, the data recording area is divided into a plurality of zones comprising a plurality of tracks adjacent shows data assignment status for each sector and sector assignment information, and record the management information indicating the area where the video object has been recorded, and continuing more than a predetermined size that does not include the zone boundaries.

【0016】ここで、前記データ記録領域には連続する複数セクタからなるブロック領域が複数設けられ、各セクタのデータ割当状況を示すセクタ割当情報を記録する領域と、各ブロック領域のデータ割当状況を示すブロック割当情報を記録する管理領域とを設ける構成としてもよい。 [0016] Here, the in the data recording area is provided plurality of block regions comprising a plurality of consecutive sectors, an area for recording sector allocation information indicating the data assignment status for each sector, the data assignment status for each of the block areas it may be provided with a management area for recording block allocation information indicating. ここで、ブロック割当情報において映像データを主とするデータが割当て済みのブロック領域に対して、 Here, the data for the video data and Lord against allocated block regions in the block assignment information,
セクタ割当情報において当該ブロック領域内の全セクタが割当て済であると記録されるようにしてもよい。 All the sectors of the block area may be recorded as is already assigned in the sector allocation information.

【0017】 [0017]

【発明の実施の形態】まず実施形態の項目一覧を記す。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION First, marks the item list of embodiment. (1)第1実施形態 (1-1)光ディスク (1-1-1)記録可能な光ディスクの物理構造 (1-1-2)ファイルシステム用管理情報(その1) (1-1-3)ファイルシステム用管理情報(その2) (1-1-4)AVブロックの最小サイズ (1-2-2)DVDレコーダ10のハードウェア構成 (1-2-3)機能ブロック図 (1-2-4)ファイルシステム部102に実行されるコマンド (1-3)録画・削除 (1-3-1)マニュアル録画処理 (1-3-2)AVデータの予約録画 (1-3-3)AVデータの削除 (1-3-4)非AVデータの記録 (1-3-5)非AVデータの削除 (2)第2実施形態 (2-1)光ディスク (2-1-1)擬似連続記録 (2-1-2)擬似連続記録の割り当て (2-1-3)擬似連続記録割り当て管理情報とスペースビットマップ (2-2)記録再生装置 (2-2-1)システムおよびハードウェア構成 (2-2-2)機能 (1) First Embodiment (1-1) optical disc (1-1-1) Physical Structure of a recordable optical disc (1-1-2) for file system management information (Part 1) (1-1-3) file system management information (Part 2) (1-1-4) hardware configuration of minimum size (1-2-2) DVD recorder 10 of the AV block (1-2-3) function block diagram (1-2- 4) command (1-3) recording and deletion that are executable on the system unit 102 (1-3-1) manual recording process (1-3-2) of the AV data programmed recording (1-3-3) AV data deleting (1-3-4) non-AV data recording (1-3-5) deleting of non-AV data (2) second embodiment (2-1) optical disc (2-1-1) pseudo continuous recording ( 2-1-2) assignment of pseudo continuous recording (2-1-3) pseudo continuous recording allocation management information and the space bit map (2-2) recording and reproducing apparatus (2-2-1) system and hardware configuration (2 2-2) function ブロック図 (2-3-1)AVファイルの録画 (3)第3実施形態 (3-1)擬似連続記録領域の最小サイズ (3-2)AVファイルの録画 以下本発明の実施形態における記録可能な光ディスク及び光ディスク記録装置について上記の項目順に説明する。 Block diagram (2-3-1) Recording of AV Files (3) can be recorded in an embodiment of the third embodiment (3-1) Recording following the invention of minimum size (3-2) the AV file of the pseudo consecutive record area It is described in the item order described above for an optical disc and an optical disc recording apparatus. (1)第1実施形態 (1-1)光ディスク (1-1-1)記録可能な光ディスクの物理構造 図1は、本発明の実施形態における記録可能な光ディスクであるDVD-RAMディスクの外観及び記録領域を表した図である。 (1) Physical structure of the First Embodiment FIG. 1 (1-1) optical disc (1-1-1) recordable optical disk, the appearance of a DVD-RAM disc is a recordable optical disc according to an embodiment of the present invention and it is a diagram showing a recording area. 同図のように、DVD-RAMディスクは、最内周にリードイン領域を、最外周にリードアウト領域を、その間にデータ領域を配置している。 As in the figure, DVD-RAM disc, a lead-in area on the innermost circumference, a lead-out area at the outermost circumference, and place the data area therebetween. リードイン領域は、 Lead-in area,
記録再生装置においてサーボを安定させるために必要な基準信号や他のメディアとの識別信号などが記録されている。 Such as an identification signal of a reference signal and other media required to stabilize is recorded servo in the recording and reproducing apparatus. リードアウト領域もリードイン領域と同様の基準信号などが記録される。 Lead-out area also including the same reference signal and the lead-in area is recorded.

【0018】データ領域は、最小のアクセス単位であるセクタ(2kバイトとする)に分割されていることに加えて、連続する複数セクタからなる複数のブロック領域(以下AVブロックと呼ぶ)に分割されている。 The data area, in addition to being divided into the smallest access unit sector (and 2k bytes) is divided into a plurality of block regions comprising a plurality of consecutive sectors (hereinafter referred to as AV block) ing. AVブロックは、再生装置においてシーク動作が発生しても再生が途切れないように確保されたサイズを有し、本実施例では約7Mバイトの大きさとする。 AV block has a size that seek operation is ensured uninterrupted reproduction even occur in the reproducing apparatus, in this embodiment the size of about 7M bytes. データ領域は、セクタという単位に加えてAVブロックを設けて、次のように管理される。 Data area, provided with AV block in addition to the units of a sector, is managed as follows.

【0019】AVデータ以外の非AVデータはセクタ単位で割り当てられ、一方AVデータはAVブロック単位に割り当てられる。 The non-AV data other than AV data is allocated in units of sectors, while AV data is assigned to the AV blocks. 非AVデータに対してはセクタ単位に管理され、AVデータに対してはAVブロック単位に管理される。 For non-AV data is managed in sector units, for AV data is managed in the AV blocks. AVブロック内のセクタに書き込まれるデータはAVデータである場合と、非AVデータである場合とがある。 Data written to the sector in the AV block and a case is the case with the non-AV data is AV data. またAVブロックは、AVデータと非AV The AV block, AV data and non-AV
データが混在しないように管理される。 Data is managed so as not to be mixed.

【0020】図2は、セクタレベルに拡大して切り出したDVD−RAMの断面及び表面を示す図である。 [0020] FIG. 2 is a diagram showing a cross-section and surface of a DVD-RAM cut enlarged in the sector level. 同図に示すように、1セクタは、金属薄膜等の反射膜表面に形成されたピット列部と、凹凸形状部とからなる。 As shown in the drawing, one sector includes a pit sequence portion formed on the reflective film surface, such as a metal thin film, and a concave-convex part. ピット列部は、セクタアドレスを表すために刻印された0.4 Pit string portion was engraved to represent sector addresses 0.4
μm〜1.87μmのピットからなる。 Consisting of a pit of μm~1.87μm.

【0021】凹凸形状部は、凹部(グルーブと呼ぶ)及び凸部(ランドと呼ぶ)からなる。 The concave-convex part is formed of a recess (referred to as grooves) and convex portions (referred to as land). ランド、グルーブはそれぞれの表面に相変化(Phase Change)可能な金属薄膜である記録マークが付着されている。 Land, recording marks are attached grooves are phase change (Phase Change) capable thin metal film on each surface. 相変化とは、付着した金属薄膜の状態が光ビームの照射により結晶状態と、非晶状態とに変化することをいう。 The phase change, deposited metal thin film state say a crystalline state by irradiation of a light beam, that varies the amorphous state. 凹凸形状部には、相変化を利用することによりデータを書き込むことができる。 The concave-convex part, it is possible to write the data by utilizing the phase change. MOディスクではランド部のみが記録用であるのに対して、DVD−RAMではランド部とグルーブ部にもデータを記録できるようになっている。 In the MO disk while the only land portion is for the record, so that can also record data on lands and grooves in the DVD-RAM. グルーブ部へのデータ記録を実現したことは、記録密度をMOと比べて増大させている。 It was realized data recording in the groove portion is increased as compared with the recording density and MO. セクタに対する誤り訂正処理は、16個のセクタ毎になされる。 Error correction processing for the sector is made for each 16 sectors. 本実施例では、EC In this embodiment, EC
C(Error Correcting Code)が付与されるセクタ群(16セクタ)をECCブロックと呼ぶ。 C (Error Correcting Code) is a sector group to be granted (16 sectors) is called an ECC block.

【0022】また、DVD−RAMは、記録・再生装置においてZ−CLV(Zone-ConstantLinear Velocity)と呼ばれる回転制御を実現するために、データ領域が複数のゾーン領域に分割されている。 Further, DVD-RAM, in order to realize rotation control called Z-CLV (Zone-ConstantLinear Velocity) in the recording and reproducing apparatus, the data area is divided into a plurality of zone region. 図3(a)は、DVD FIG. 3 (a), DVD
−RAMに同心円状に設けられた複数のゾーン領域を示す図である。 It is a diagram showing a plurality of zone region formed concentrically on -RAM. 同図のように、DVD−RAMは、ゾーン0〜ゾーン23の24個のゾーン領域に分割されている。 As shown in the figure, DVD-RAM is divided into 24 zones area of ​​zone 0 to zone 23. ここでゾーン領域とは、同じ角速度でアクセスされる一群のトラックをいう。 Here zone region refers to a group of tracks that are accessed at the same angular velocity. 本実施形態では1ゾーン領域は、1888本のトラックを含む。 1 zone region in the present embodiment includes a track 1888 present. DVD−RAMの回転角速度は、内周側のゾーン程速くなるようにゾーン領域毎に設定され、光ピックアップが1つのゾーン内でアクセスする間は一定に保たれる。 Rotational angular velocity of the DVD-RAM is set to the inner circumference side of each zone area to be faster as the zone, while the optical pickup accesses within one zone is kept constant. これにより、DVD−RA As a result, DVD-RA
Mの記録密度を高めるとともに、記録装置・再生装置における回転制御を容易にしている。 To increase the recording density of M, to facilitate the rotation control in the recording apparatus and reproduction apparatus.

【0023】図3(b)は、図3(a)において同心円状に示したリードイン領域、リードアウト領域、ゾーン領域0〜23を横方向に配置した説明図である。 [0023] FIG. 3 (b) is an explanatory view of arranging the lead-in area shown in a concentric shape, a lead-out area, the zone area 0-23 in the lateral direction in FIG. 3 (a). リードイン領域とリードアウト領域は、その内部に欠陥管理領域(DMA:DefectManagement Area)を有する。 Lead-in area and lead-out area, the defect management area therein: having (DMA DefectManagement Area). 欠陥管理領域とは、欠陥が生じたセクタの位置を示す位置情報と、その欠陥セクタを代替するセクタが上記代替領域の何れに存在するかを示す代替位置情報とが記録されている領域をいう。 The defect management area, say the position information indicating the position of a sector where a defect has occurred, an area where a sector for replacing the defective sector and the alternate location information indicative of present in any of the replacement area is recorded .

【0024】各ゾーン領域はその内部にユーザ領域を有すると共に、境界部に代替領域及び未使用領域を有している。 [0024] with each zone area has a user area therein, and a substitute area and an unused area at the boundary. ユーザ領域は、ファイルシステムが記録用領域として利用することができる領域をいう。 User area refers to a region that can be the file system to use as a recording area. 代替領域は、欠陥セクタが存在する場合に代替使用される領域である。 Substitute area is the area to be replaced used when there is a defective sector.
未使用領域は、データ記録に使用されない領域である。 Unused area is an area not used for data recording.
未使用領域は、2トラック分程度設けられる。 Unused area is provided approximately two tracks. 未使用領域を設けているのは、ゾーン内では隣接するトラックの同じ位置にセクタアドレスが記録されているが、Z−C What is provided an unused area is within the zone, but the sector address in the same position in adjacent tracks are recorded, Z-C
LVではゾーン境界に隣接するトラックではセクタアドレスの記録位置が異なるため、それに起因するセクタアドレス誤判別を防止するである。 Since the recording positions of sector addresses are different in the tracks adjacent to the zone boundary in LV, it is prevent sector address misclassification caused thereby.

【0025】このようにゾーン境界にはデータ記録に使用されないセクタが存在する。 [0025] In this way the zone boundary is not used for data recording sector exists. そのためデータ記録に使用されるセクタのみを連続的に示すように、DVD−R Therefore, as shown only sectors used for data recording sequentially, DVD-R
AMは、内周から順に論理セクタ番号(LSN:Logical AM is, logical sector numbers from the inner circumference in the order (LSN: Logical
Sector Number)をユーザ領域の物理セクタに割り当てられている。 Assigned to Sector Number) to the physical sector in the user area. 図3(c)に示すように、LSNが付与されたセクタにより構成される、ユーザデータを記録する領域をボリューム空間と呼ぶ。 As shown in FIG. 3 (c), composed of sectors LSN is assigned it is called an area for recording user data and a volume space.

【0026】また、図3(d)に示すように、ボリューム空間の内周部と外周部には、ディスクを論理的なボリュームとして扱うためのボリューム構造情報が記録される。 Further, as shown in FIG. 3 (d), the inner peripheral portion and the outer peripheral portion of the volume space, volume structure information for handling disc as a logical volume is recorded. ボリューム空間中の内周と外周のボリューム構造情報領域を除いた部分は、ユーザファイルが記録される領域であり、パーティション空間と呼ぶ。 Portion excluding the volume structure information area on the inner periphery and the outer periphery in the volume space is an area in which user files are recorded, is referred to as a partition space. パーティション空間では、その先頭セクタからセクタ単位に論理ブロック番号(LBN:Logical Block Number)が割り当てられる。 In a partitioned space, logical block numbers in sectors from the leading sector (LBN: Logical Block Number) is allocated.

【0027】各ゾーン領域において、AVブロックは固定サイズであるが、ゾーン領域の最後のAVブロックとなるAV_BLK#nは他のAVブロックよりも大きなサイズを有する。 [0027] In each zone area, although AV block has a fixed size, AV_BLK # n as the last AV block in a zone region has a larger size than other AV block. 図4は、ゾーン領域内におけるAVブロックとセクタとの関係を階層的に示す図である。 Figure 4 is a diagram showing a hierarchical relationship between the AV block and sector in the zone region. 同図に示すように1つのAVブロックは、224個のECCブロックつまり3584セクタからなる。 One AV block as shown in the figure, consists of 224 ECC blocks, i.e. 3584 sectors. ただし、ゾーン内のセクタ数は224ECCブロックの整数倍とは限らないので、 However, since the number of sectors in the zone is not necessarily a multiple of 224ECC block,
ゾーン内の最後のAVブロックは、ECCブロックの整数倍でかつ224ECCブロックよりも大きいサイズとしている。 The last AV block in a zone is set to larger than an integral multiple a and 224ECC block of the ECC block. そのため、DVD−RAMでは、ゾーン毎の最終ブロック長のサイズを記したテーブルを管理情報の一部として記録している。 Therefore, in the DVD-RAM, it has recorded a table that describes the size of the final block length of each zone as part of the management information.

【0028】図5に最終ブロック長テーブルを示す。 [0028] indicating the last block-length table in Fig. 最終ブロック長テーブルは、ゾーン毎に、最終ブロック長と、最終論理ブロック番号とを対応させて記録している。 Final block length table, for each zone, and the final block length, and the last logical block number recorded in correspondence. ここで最終ブロック長は、ECCブロックを単位としている、つまりECCブロック何個分かを示している。 Here the final block length is in units of ECC blocks, that is, indicates whether ECC block many pieces of. また、最終論理ブロック番号は、ゾーン境界の位置を示すために最終ブロック末尾(つまりゾーン末尾)のセクタの論理ブロック番号を示している。 Also, the last logical block number indicates the last block sector logical block number of the last (i.e. the zone end) to indicate the position of the zone boundary.

【0029】このように最終AVブロックのブロック長を可変長とすることによって、AVブロックがゾーン境界を跨ぐことを回避しつつ、ディスクの記録領域を効率よく使用持することが可能である。 [0029] By such variable-length block length of the last AV block, while avoiding that the AV block crosses a zone boundary, it is possible to use lifting efficiently recording area of ​​the disc. (1-1-2)ファイルシステム用管理情報(その1) 次に、DVD−RAMのファイルシステム構造について説明する。 (1-1-2) for file system management information (Part 1) will now be described file system structure of DVD-RAM. 本実施形態のファイルシステムは、ISO/IEC1 File system of the present embodiment, ISO / IEC1
3346の規定に準拠して管理することに加えてAVデータをAVブロック単位で管理するよう構成されている。 It is configured to manage the AV data in AV blocks in addition to managing in compliance with the provisions of the 3346.

【0030】図6は、ボリューム空間に記録されるファイルシステム用の管理情報のうちセクタ管理テーブルとAVブロック管理テーブルとを示す図である。 [0030] FIG. 6 shows a sector management table and AV block management table of the management information for the file system recorded in the volume space. 同図では、ボリューム空間、セクタ、セクタの記録内容を階層的に図示してある。 In the figure, the volume space, sector, are hierarchically illustrates the recording contents of the sectors. 第1階層は、図3(d)に示したボリューム空間を示している。 First layer shows the volume space shown in Figure 3 (d). 第2階層は、パーティション空間おいてセクタ管理テーブル、AVブロック管理テーブルが記録されるそれぞれのセクタ領域を示す。 Second layer, shows a respective sector regions keep partition space sector management table and AV block management table is recorded. 論理ブロック番号0〜79までのセクタ領域には、セクタ毎のデータ割当状況を示すセクタ管理テーブル(スペースビットマップとも呼ぶ)が記録される。 The sector region to the logical block numbers 0 to 79, (also referred to as a space bit map) sector management table showing the data assignment status for each sector is recorded. 論理セクタ番号84、85のセクタ領域には、AVブロック単位のデータ割当状況を示すAVブロック管理テーブルが記録される。 The sector area of ​​the logical sector number 84 and 85, AV block management table showing the data assignment status of the AV block is recorded.

【0031】第3階層に示すスペースビットマップは、 The space bit map shown in the third hierarchy,
パーティション空間における全部のセクタについて、各セクタが割り当て済か未割当てであるかを表している。 For all the sectors in the partition space, each sector representing whether the unallocated or allocated.
この例では1セクタ1ビットのビットマップになっている。 It has become one sector one bit of the bit map in this example. 例えば論理ブロック番号0〜79は、スペースビットマップとして割り当てられているから、”0(割当済)”となっている。 For example, the logic block numbers 0 to 79, since assigned as a space bit map, is "0 (allocated)". 同様に、論理ブロック番号848 Similarly, the logical block number 848
5も、AVブロック管理テーブルとして割り当てられているから、”0(割当済)”となる。 5 also, because assigned as AV block management table, the "0 (allocated)". このように、スペースビットマップ中の各ビットは、論理セクタに対応して、ユーザ又はアプリケーションによりファイル又はその一部が当該セクタに記録又は記録予定である場合には”0”(割当済)、そうでない場合には”1(未割当)”と記録される。 Thus, each bit in the space bit map, corresponding to the logical sector, the user or "0" (already allocated) if the file or a part thereof is recorded or scheduled recording on the sector by the application, Otherwise it is recorded as "1 (unallocated)".

【0032】第3階層に示すAVブロック管理テーブルは、パーティション空間における全部のAVブロックについて、各AVブロックが未使用(”00”)であるか、AVデータに割り当て済(”01”)か、非AVデータに割当済み(”10”)であるかを2ビットデータで表している。 The AV block management table shown in the third tier, for all the AV blocks in the partition space, whether each AV block is unused ( "00"), AV data allocated ( "01") or, or a non-AV data to the allocated ( "10") is represented by 2-bit data. 例えば、AVブロック0には、スペースビットマップ及びAVブロック管理テーブルという非A For example, the AV block 0, non-A of the space bitmap and the AV block management table
Vデータが割当てられているので”10”と記録される。 Since V data is allocated are recorded as "10". このAVブロック管理テーブルにおいてAVデータに割り当て済みのAVブロックは、スペースビットマップにおいてそのAVブロックに含まれる全セクタが割当て済みと記録される。 The AV block allocated AV block in the AV data in the management table, all the sectors included in the AV blocks in the space bitmap is recorded already been allocated. これにより1つのAVブロックは、AVデータと非AVデータとの混在が回避され、A Thus one AV block, mixed with AV data and non-AV data is avoided, A
Vデータの連続記録領域が確保される。 Continuous recording area of ​​the V data is ensured.

【0033】図7は、上記AVブロック管理テーブルとスペースビットマップとの関係を示す図である。 FIG. 7 is a diagram showing the relationship between the AV block management table and the space bit map. 同図の左側は、AVブロック管理テーブルであり、AVブロックの割当状況を示す2ビットデータを配列してある。 Left figure is a AV block management table, are arranged two-bit data indicating the assignment status of the AV block. この例ではAVブロック(図中AV_BLK)#0〜#2には” This Example AV block (figure AV_BLK) # 0~ # to 2 "
10(非AVデータ)”、AVブロック(図中AV_BLK) 10 (non-AV data) ", AV block (figure AV_BLK)
#3〜#75には”01(AVデータ)”が、AVブロック#76以降は”00(未割当)”が割り当てられている、同図の右側は、スペースビットマップのうちAV # 3 # to 75 "01 (AV data)", AV block # 76 and later are assigned "00 (unallocated)", the right side of the figure, AV of the space bit map
ブロック#0、#3、#79に含まれるセクタの割当状況を示す部分のみを破線枠内に配列して示している。 Block # 0, # 3, are shown only arranged in the broken line frame portion indicating the allocation status of the sectors included in # 79. A
Vブロック#0に対応するスペースビットマップ部分は、そのAVブロックが10(非AVデータ)”に割り当てられているので、非AVデータが記録されているセクタは”0(割当済)”に、記録されていないセクタは”1(未割当)”に設定される。AVブロック#3に対応するスペースビットマップ部分は、そのAVブロックが”01(AVデータ)”に割り当てられているので、全セクタについて”0(割当済)”に設定される。 Space bitmap portion corresponding to the V-block # 0, "so allocated to the sector of non-AV data is recorded is" the AV block 10 (non-AV data) to 0 (allocated) ", recording which do not result sector "1 (unallocated)" space bit map portion corresponding to the .AV block # 3 is set to, since the AV block is assigned to "01 (AV data)", all is set to "0 (allocated)" for the sector.
また、AVブロック#79に対応するスペースビットマップ部分は、そのAVブロックが”00”未割当てなので、全セクタについて”1(未割当)”に設定される。 Also, the space bitmap portion corresponding to the AV block # 79, since the AV block is "00" for unassigned, is set to "1 (unallocated)" for all sectors.

【0034】なおAVブロック管理テーブルは、スペースビットマップ等と同様にファイルシステム用のデータとして格納されてもよいし、あるいは1つのファイルとして格納されてもよい。 It should be noted AV block management table may be stored as data for the as file system and the space bit map, etc., or may be stored as one file. 後者の場合、AVブロック管理テーブルは非AVデータのファイルとして管理されることになる。 In the latter case, AV block management table is managed as a non-AV data file. また、本例ではAVブロック管理テーブルはテーブル構造を有しているものとしたが、リスト構造を有していてもよい。 Furthermore, AV block management table in this example it is assumed to have a table structure, it may have a list structure. (1-1-3)ファイルシステム用管理情報(その2) 図8は、ファイルシステム用管理情報のうち、図6中のセクタ管理テーブル、AVブロック管理テーブル以外の情報を説明するための図である。 (1-1-3) for file system management information (Part 2) FIG. 8, among the management information for the file system, sector management table in FIG. 6, a diagram for explaining the information other than AV block management table is there. 同図では、ボリューム空間と、セクタと、セクタの記録内容とを階層的に図示している。 In the figure, a volume space, and sector, are hierarchically illustrates the recording contents of the sectors. 図中の矢線〜は、同図の管理情報に従って"Movie1.VOB"というファイルの記録位置が特定される順序を示している。 Arrow ~ in the drawing indicates the order in which the recording position of the file called "Movie1.VOB" in accordance with the management information of the figure are identified.

【0035】同図の第1階層は、図3(d)に示したボリューム空間を示している。 The first layer of the drawing shows the volume space shown in Figure 3 (d). 第2階層は、管理情報のうち、ファイルセット記述子、終端記述子、ファイルエントリ、ディレクトリ等を示している。 Second layer, among the management information, file set descriptors, end descriptors, file entries, shows a directory or the like. これらの情報は、 These pieces of information,
ISO/IEC13346に規定されたファイルシステムに準拠している。 To ISO / IEC13346 conform to the specified file system. ISO/IEC13346に規定されたファイルシステムは、 The file system defined in ISO / IEC13346 is,
階層的なディレクトリ管理を実現している。 It is realized a hierarchical directory management. 図8に示した管理情報に対応する階層的なディレクトリ構造を図9 Figure hierarchical directory structure corresponding to the management information shown in FIG. 8 9
に示す。 To show. 図9において、楕円図形はディレクトリを、長方形はファイルを表している。 9, the elliptical shapes directory, rectangles represent files. ルートディレクトリは、 Root directory,
Videoという1つのディレクトリとFile1.DAT、File2.DA One of the directories and File1.DAT called Video, File2.DA
Tという2つのファイルとを有し、DVDディレクトリは、 And two files called T, DVD directory,
Movie1.VOB、Movie2.VOB、Movie3.VOBという3つのファイルを有している。 Movie1.VOB, Movie2.VOB, has three file called Movie3.VOB. 図8の管理情報は、このディレクトリ構造に沿って図示してある。 Management information in FIG. 8, is shown along the directory structure. 但し個々のファイルの記録領域は、Movie1.VOBのみを図示している。 However the recording area of ​​each file illustrates the Movie1.VOB only.

【0036】第2階層におけるファイルセット記述子(LBN80)は、ルートディレクトリのファイルエントリが記録されているセクタのLBN等を示す。 The file set descriptor in the second hierarchy (LBN80) shows the LBN like sectors file entry of the root directory is recorded. 終端記述子(LBN81)は、ファイルセット記述子の終端を示す。 End descriptor (LBN81) indicates the end of the file set descriptor. ファイルエントリ(LBN82、584、3585 File entry (LBN82,584,3585
など)は、ファイル(ディレクトリも含む)毎に記録され、ファイル又はディレクトリの記録位置を示す。 Etc.) is recorded for each file (directory including), indicating the recording position of a file or directory. ファイル用のファイルエントリとディレクトリ用のファイルエントリとは、階層的なディレクトリ構造を自由に構築できるように同一のフォーマットに定められている。 The file entry of the file entries and directories for files, it is specified in the same format so that it can freely construct a hierarchical directory structure.

【0037】ディレクトリ(LBN83、585など) [0037] directory (such as LBN83,585)
は、ディレクトリに含まれる各ファイル用及び各ディレクトリ用のファイルエントリの記録位置を示す。 Indicates the recording position of a file entry for each file and for each directory included in the directory. 第3階層は、3つのファイルエントリと、2つのディレクトリとを図示している。 The third layer is illustrated with three file entries and two directories. ファイルエントリとディレクトリとは、ファイルシステムによって追跡され、ディレクトリ構造がどのように階層化されていても、特定のファイルを記録位置を特定できるようなデータ構造を有している。 The file entry and directory are tracked by the file system, even if the directory structure is how are layered, and has a data structure as a particular file can identify the recording position.

【0038】各ファイルエントリは、ファイル又はディレクトリの記録位置を示すアロケーション記述子を含む。 [0038] Each file entry includes an allocation descriptor that shows a recording position of a file or directory. ファイル又はディレクトリが複数のエクステントに分割記録されている場合には、ファイルエントリはエストテント毎の複数のアロケーション記述子を含む。 When the file or the directory is divided recorded into a plurality of extents, the file entry includes a plurality of allocation descriptors for each Est tent. 例えば、同図のLBN82、584の各ファイルエントリは、アロケーション記述子を1つ含むので、ファイルが複数のエクステントに分割されていない(1つのエクステントからなる)ことを意味する。 For example, the file entry of LBN82,584 in the figure, since the allocation descriptor includes one file (composed of one extent) which is not divided into a plurality of extents means that. これに対して、LB On the other hand, LB
N3585のファイルエントリは、アロケーション記述子を2つ含むので、ファイルが2つのエクステントからなることを意味する。 File entry N3585, since the allocation descriptor includes two means that the file consists of two extents.

【0039】各ディレクトリは、ディレクトリ内に含まれるファイル及びディレクトリ毎に、そのファイルエントリの記録位置を示すファイル識別記述子を含む。 [0039] Each directory for each file and directory included in the directory includes a file identification descriptor indicating the recording position of the file entry. このようなファイルエントリ及びディレクトリに従って、 In accordance with such file entry and directory,
例えば、同図の矢線に示すように”root/video/Movie1. For example, as shown in the arrow in the figure "root / video / Movie1.
VOB”ファイルの記録位置は、ファイルセット記述子→ The recording position of the VOB "file, the file set descriptor →
→ファイルエントリ(root)→→ディレクトリ(ro → file entry (root) →→ directory (ro
ot)→→ファイルエントリ(video)→→ディレクトリ(video)→→ファイルエントリ(Movie1.VOB) ot) →→ file entry (video) →→ directory (video) →→ file entry (Movie1.VOB)
→→ファイル(Movie1.VOBのエクステント#1、# →→ file (Movie1.VOB of extents # 1, #
2)の順に追跡される。 Tracked in the order of 2).

【0040】この経路上のファイルエントリとディレクトリのリンク関係をディレクトリ構造に沿って書き直した図を図10に示す。 [0040] shows a diagram rewritten along the link relationship between the file entries and directories on the path to the directory structure in Figure 10. 図中、ルート用のディレクトリは、親ディレクトリ(ルートの親はルート自身)のディレクトリ用、VIDEOディレクトリ用、File1.DATファイル用、File2.DATファイル用の各ファイル識別記述子を含む。 In the figure, the directory for the route, including for the directory of the parent directory (the parent is the root own root), for the VIDEO directory, for File1.DAT files, each file identification descriptor for File2.DAT file. また、VIDEOディレクトリフは、親ディレクトリ(ルート)のディレクトリ用、Movie1.VOBファイル用、 In addition, VIDEO directory marks, for the directory of the parent directory (root), for Movie1.VOB file,
Movie2.VOBファイル用、Movie3.VOBファイル用、の各ファイル識別記述子を含む。 Movie2.VOB file, including the file identification descriptor Movie3.VOB file. 同図においてもMovie1.VOBファイルの記録位置は、上記の〜を辿ることにより特定される。 Recording position of the Movie1.VOB file is also in the figure are identified by tracing a ~ described above.

【0041】図11(a)は、ファイルエントリのさらに詳細なデータ構成を示す図である。 [0041] FIG. 11 (a) is a diagram showing a more detailed data structure of file entry. 同図のように、ファイルエントリは、記述子タグと、ICBタグと、アロケーション記述子長と、拡張属性と、アロケーション記述子とを有する。 As shown in the drawing, the file entry includes a descriptor tag, an ICB tag, and allocation descriptor length, an extension attribute, and allocation descriptor. なお図中のBPはビット位置、RBPは相対ビット位置を表す。 Note BP in the figure the bit position, RBP represents the relative bit positions. 記述子タグは、自身がファイルエントリである旨を示すタグである。 Descriptor tag is a tag indicating that itself is a file entry. DVD-DAMにおけるタグには、ファイルエントリ記述子、スペースビットマップ記述子などの種別があるが、ファイルエントリの場合には、記述子タグとしてファイルエントリを示す261が記述される。 The tag in the DVD-DAM, file entry descriptor, there are types such as the space bitmap descriptor, when the file entry 261 indicating a file entry as a descriptor tag is described.

【0042】ICBタグはファイルエントリ自身に関する属性情報を示す。 The ICB tag indicates the attribute information about the file entry itself. 拡張属性は、ファイルエントリ内の属性情報フィールドで規定された内容よりも高度な属性を示すための情報である。 Extended attributes are information for indicating a high degree of attributes than the contents defined in the attribute information field in the file entry. アロケーション記述子フィールドには、ファイルのエクステントと同数のアロケーション記述子が記録される。 The allocation descriptor field extent as many allocation descriptors of the file is recorded. アロケーション記述子は、ファイル又はディレクトリのエクステントの記録位置を示す論理ブロック番号(LBN)を示す。 Allocation descriptor shows the logical block number (LBN) that indicates a recording position of an extent for a file or directory. アロケーション記述子のデータ構造を図11(b)に示す。 The data structure of the allocation descriptor is shown in FIG. 11 (b). 図11(b) Figure 11 (b)
においてアロケーション記述子は、エクステント長を示すデータと、エクステントの記録位置を示す論理ブロック番号とを含む。 Allocation descriptor in includes data indicating the extent length and a logical block number indicating a recording position of an extent. ただしエクステント長を示すデータの上位2ビットは、図11(c)に示すようにエクステント記録領域の記録状況を示す。 However the upper 2 bits of data indicating the extent length show the recording status of the extent recording area, as shown in FIG. 11 (c).

【0043】図12(a)(b)は、それぞれディレクトリに含まれるディレクトリ用、ファイル用ファイル識別記述子の詳細なデータ構成を示す。 [0043] FIG. 12 (a) (b) respectively show a directory included in the directory, a detailed data structure of the file for the file identification descriptor. この2種類のファイル識別記述子は、同一のフォーマットであり、管理情報と、識別情報と、ディレクトリィ名の長さと、ディレクトリ又はファイルのファイルエントリがどの論理ブロック番号に記録されているかを示すアドレスと、拡張用情報と、ディレクトリィ名とから構成される。 The two types of file identification descriptors have the same format, the address indicated and management information, identification information, directory I name and length, whether the file entry of the directory or file is recorded in which logical block number and consists of an extension for information, the directory I name. これにより、ディレクトリ名又はファイル名に対応するファイルエントリのアドレスが特定される。 Thus, the address of the file entry corresponding to a directory name or file name is specified. (1-1-4)AVブロックの最小サイズ 図4に示したAVブロックのサイズ(下限)について説明する。 (1-1-4) the size of the AV block shown in the minimum size Figure 4 AV block (lower) will be described.

【0044】AVブロックは、各ゾーン内の最終AVブロックを除いて224個のECCブロック(約7MByte)から構成される。 The AV block is composed except the last AV block 224 ECC blocks in each zone (approximately 7MByte). AVデータの連続再生を保証するために、A To ensure continuous playback of the AV data, A
Vブロックの最小サイズは、再生装置におけるバッファとの関係で定められる。 The minimum size of the V-block is determined in relation to the buffer in the playback device. 図13は、再生装置においてD 13, D in the playback device
VD−RAMから読み出されたAVデータがバッファリングされる様子をモデル化した図である。 AV data read from the VD-RAM is a diagram that models the manner in which buffered.

【0045】図13上段において、DVD−RAMから読み出されたAVデータは、ECC処理が施され、トラックバッファと呼ばれるFIFO(First In First Out)メモリに一時蓄積され、さらにトラックバッファからデコーダに出力される。 [0045] In FIG. 13 the upper part, AV data read out from the DVD-RAM is, ECC processing is performed, FIFO (First In First Out) called track buffer is temporarily stored in the memory, and the output from the track buffer to the decoder It is. トラックバッファ入力の転送レート(最小値)をVin、トラックバッファ出力の転送レート(最大値)をVoutとする(ただしVin>Voutとする)。 Transfer rate (minimum value) Vin of the track buffer input, the track buffer output transfer rate (maximum value) and Vout (the proviso Vin> Vout).
ここではVin=8Mbps、Vout=11Mbpsとする。 Here, it is assumed Vin = 8Mbps, Vout = 11Mbps.

【0046】図13下段は、このモデルにおけるトラックバッファのデータ量の変化を示すグラフである。 [0046] Figure 13 the lower is a graph showing a change in the data amount of the track buffer in this model. 縦軸はトラックバッファのデータ量、横軸は時間である。 Ordinate data amount of the track buffer, the horizontal axis represents time. 時間軸上の期間T1は、AVデータが満たされたAVブロック#jの先頭から末尾までの全AVデータが読み出されている時間である。 Period T1 on the time axis is the time all AV data from the head of the AV block #j to AV data has been filled to the end is being read. この期間では、(Vin−Vout) In this period, (Vin-Vout)
のレートでバッファ内のデータ量が増えていく。 It will increase the amount of data in the buffer in the rate. 期間T Period T
3も同様である。 3 is also the same.

【0047】期間T2(以下ジャンプ期間と呼ぶ)は、 [0047] (hereinafter referred to as a jump period) period T2,
AVブロック#jからAVブロック#kへの光りピックアップがジャンプするのに要する最大時間(例えば最内周から最外周へ)を示す。 Light pick-up from the AV block #j to AV block #k indicates the maximum time required to jump (e.g. from the innermost to the outermost circumference). ジャンプ時間は、光ピックアップのシークタイムと、光ディスク回転が安定するのに要する時間を含む。 Jump time includes a seek time of the optical pickup, the time required for the optical disc rotation is stabilized. この期間では、Voutのレートでバッファのデータ量が減っていく。 In this period, gradually decreasing the data amount of the buffer at a rate of Vout. 期間T4も同様である。 Period T4 is similar.

【0048】AVブロックのサイズをLバイトとすると、その下限値は次のようにして算出される。 [0048] When the size of the AV block is L bytes, the lower limit value is calculated as follows. 期間T2 Period T2
では、トラックバッファからAVデータが読み出されているだけある。 So there is only the AV data is being read from the track buffer. この期間内に、もしバッファ容量が0になればデコーダにおいてアンダーフローが発生する。 Within this period, if the buffer capacity underflow occurs in the decoder reached 0. この場合にはAVデータの連続再生が保証できなくなる。 It can not be guaranteed continuous playback of the AV data in this case.

【0049】連続再生を保証するためには(アンダーフローを生じさせないためには)、次式を満たさなければならない。 [0049] In order to guarantee the continuous playback (in order not to cause the underflow), it must satisfy the following equation.

【0050】 [0050]

【数1】 [Number 1] バッファ蓄積量Bは、期間T1の終了時点でバッファに蓄積されたデータ量である。 Buffer fullness B is the amount of data accumulated in the buffer at the end of the period T1. 読出量Rは、期間T2内に読み出される全データ量である。 Read amount R is the total amount of data read during the period T2. 蓄積量Bは、次式により表せる。 Accumulation amount B is expressed by the following equation.

【0051】 [0051]

【数2】 [Number 2] 読出量Rは、次式により表せる。 Read the amount of R can be expressed by the following equation. ただし最大ジャンプ時間Tjは、最悪1.5秒程度と考えられる。 However, the maximum jump time Tj is considered the worst 1.5 seconds about.

【0052】 [0052]

【数3】 [Number 3] 上記(数1)は(数2)(数3)に置き換えると次式となる。 Above (Equation 1) is represented by the following formula is replaced by equation (2) (Equation 3).

【0053】 [0053]

【数4】 [Number 4] この式よりAVブロックサイズLは、次式を満たさなければならない。 AV block size L from this equation must satisfy the following equation.

【0054】 [0054]

【数5】 [Number 5] 以上により、1つのAVブロックにおいてAVデータが5.5Mバイトの連続セクタに記録されていれば、AV Thus, if AV data in one AV block if recorded in consecutive sectors of 5.5M bytes, AV
ブロック間でジャンプが発生しても連続再生が保証される。 Continuous playback even jump between blocks is generated is guaranteed. 連続再生を保証するためのAVブロックの最小サイズは、5.5Mバイトである。 The minimum size of an AV block for guaranteeing continuous playback is 5.5M bytes. 本実施例において、AV In the present embodiment, AV
ブロックのサイズを7.2Mバイトとしている理由は、 The reason that the block size with 7.2M bytes,
ディスクエラーが発生した場合などに備えてマージンを見込んでいるからである。 This is because it expects a margin provided in a case to a disk error. また、トラックバッファの容量は、アンダーフローを生じさせないためには(数3) Also, the capacity of the track buffer, in order not to cause an underflow (number 3)
により最低1.5Mバイト必要である。 By a necessary minimum of 1.5M bytes. (1-2)記録再生装置 次に、図面を参照しながら本発明の光ディスク記録・再生装置を説明する。 (1-2) Recording and reproducing apparatus will now be described an optical disk recording and reproducing apparatus of the present invention with reference to the drawings. (1-2-1)全体のシステム 図14は、本実施形態における光ディスク記録再生装置を用いたシステムの構成例を示す。 (1-2-1) Overall System FIG. 14 shows a configuration example of a system using the optical disk recording and reproducing apparatus in the embodiment.

【0055】このシステムは、光ディスク記録再生装置10(以下DVDレコーダ10と呼ぶ)、これを操作するためのリモコン6、DVDレコーダ10に接続されたディスプレイ12、レシーバ9を含んでいる。 [0055] The system (hereinafter referred to as DVD recorder 10) optical disk recording and reproducing apparatus 10, a remote controller 6, the display 12 is connected to the DVD recorder 10 for operating this includes receiver 9. DVDレコーダ10は、光ディスクとして上記DVD−RAMが装着され、レシーバ9を通じて受信されたアナログ放送波に含まれる音声画像データを圧縮した上でAVブロックを最小単位としてDVD−RAMに記録し、また、D DVD recorder 10, the DVD-RAM is mounted as the optical disk, the AV block on a compressed audio image data included in the received analog broadcast wave recorded in the DVD-RAM as the minimum unit through the receiver 9, also, D
VD−RAMに記録された圧縮音声画像データを伸長し、その映像信号、音声信号をディスプレイ12に出力する。 It decompresses the compressed audio-video data recorded in the VD-RAM, and outputs the video signal, an audio signal to the display 12. (1-2-2)DVDレコーダ10のハードウェア構成 図15は、DVDレコーダ10のハードウェア構成を示すブロック図である。 (1-2-2) Hardware Configuration FIG. 15 of the DVD recorder 10 is a block diagram showing a hardware configuration of the DVD recorder 10.

【0056】このDVDレコーダ10は、制御部1、M [0056] The DVD recorder 10, the control unit 1, M
PEGエンコーダ2、ディスクアクセス部3、MPEG PEG encoder 2, a disc access unit 3, MPEG
デコーダ4、ビデオ信号処理部5、リモコン6、バス7 Decoder 4, a video signal processing unit 5, a remote controller 6, a bus 7
及びリモコン信号受信部8、レシーバ9を有している。 And the remote control signal reception unit 8, and a receiver 9.
制御部1は、CPU1a、プロセッサバス1b、バスインタフェース1c及び主記憶1dを有し、主記憶1dに格納されたプログラムを実行することにより、DVDレコーダ10におけるAVデータの記録、再生、編集など装置全体を制御する。 Control unit 1, CPU 1a, a processor bus 1b, the bus interface 1c, and a main memory 1d, by executing the main memory 1d to a program stored in the recording of the AV data in DVD recorder 10, playback, and editing apparatus to control the whole. 特に制御部1は、AVデータの記録に際して、DVD−RAMのAVブロックを最小単位とする上記ファイルシステムに従った制御を行う。 In particular the control unit 1, upon recording of AV data, performs control in accordance with the file system that the AV block of a DVD-RAM as a minimum unit.

【0057】MPEGエンコーダ2は、レシーバ9により受信されたアナログ放送波に含まれる音声映像信号を、MPEGストリームに圧縮する。 [0057] MPEG encoder 2, an audio video signal included in the analog broadcasting waves received by the receiver 9, it is compressed in the MPEG stream. ディスクアクセス部3は、内部にトラックバッファ3aを有し、制御部1 Disk access unit 3 includes a track buffer 3a therein, the control unit 1
の制御の下で、MPEGエンコーダ2から入力されるM Under the control of, M inputted from the MPEG encoder 2
PEGストリームをトラックバッファ3aを介してDV DV the PEG stream via a track buffer 3a
D−RAMに記録し、また、DVD−RAMからMPE Recorded in the D-RAM, also, MPE from the DVD-RAM
Gストリームを読み出してトラックバッファ3aを介してMPEGデコーダ4に出力する。 It reads the G stream and outputs to the MPEG decoder 4 via the track buffer 3a with.

【0058】MPEGデコーダ4は、ディスクアクセス部3によってDVD−RAMから読み出されてたMPE [0058] MPE MPEG decoder 4, which has been read from the DVD-RAM by the disc access unit 3
Gストリームを伸長し、伸長結果として映像データと音声信号を出力するビデオ信号処理部5は、MPEGデコーダ4からの映像データをディスプレイ12用の映像信号に変換する信号処理を行う。 Decompresses the G stream, the video signal processor 5 for outputting video data and audio signals as a decompression result, it performs signal processing for converting the video data from the MPEG decoder 4 into video signals for a display 12.

【0059】リモコン信号受信部8は、リモコン信号を受信し、どのようなユーザ操作がなされたかを制御部1 [0059] The remote control signal reception unit 8 receives a remote control signal, the control unit 1 what user operation has been performed
に通知する。 To notify. 上記DVDレコーダ10は、図14に示したように、従来の据え置き型家庭用VTRに代用することを前提とした構成を示している。 The DVD recorder 10 is, as shown in FIG. 14 shows a configuration in which it is assumed that to substitute the conventional stationary household VTR. この構成に限らず、 The present invention is not limited to this configuration,
DVD−RAMがコンピュータの記録媒体としても使用される場合には、次のような構成とすればよい。 When the DVD-RAM is also used as a recording medium of a computer may be configured as follows. すなわち、ディスクアクセス部3は、DVD−RAMドライブ装置としてSCSIやIDEと呼ばれるIFを介してコンピュータバスに接続される。 That is, the disc access unit 3 is connected to a computer bus via an IF called SCSI or IDE as DVD-RAM drive apparatus. また、同図のディスクアクセス部3以外の構成要素はコンピュータのハードウェア上でO Further, components other than the disc access unit 3 of the drawing O on the computer hardware
S及びアプリケーションプログラムが実行されることに実現される。 It is realized that the S and application programs are executed.

【0060】このDVDレコーダ10は、制御部1、M [0060] The DVD recorder 10, the control unit 1, M
PEGエンコーダ2、ディスクアクセス部3、MPEG PEG encoder 2, a disc access unit 3, MPEG
デコーダ4、ビデオ信号処理部5、リモコン6、バス7 Decoder 4, a video signal processing unit 5, a remote controller 6, a bus 7
及びリモコン信号受信部8、レシーバ9を有している。 And the remote control signal reception unit 8, and a receiver 9.
図16は、MPEGエンコーダ2の構成を示すブロック図である。 Figure 16 is a block diagram showing the structure of MPEG encoder 2. 同図のようにMPEGエンコーダ2は、ビデオエンコーダ2aと、ビデオエンコーダの出力を格納するビデオバッファ2bと、オーディオエンコーダ2c MPEG encoder 2 as shown in the figure, a video buffer 2b for storing the video encoder 2a, an output of the video encoder, an audio encoder 2c
と、オーディオエンコーダの出力を格納するオーディオバッファ2dと、ビデオバッファ2b内のエンコードされたビデオデータとオーディオバッファ2d内のエンコードされたオーディオデータを多重化するシステムエンコーダ2eと、エンコーダ2の同期クロックを生成するSTC(システムタイムクロック)部2fと、これらの制御および管理を行うエンコーダ制御部2gとから構成されている。 When the audio buffer 2d for storing the output of the audio encoder, a system encoder 2e for multiplexing the encoded audio data in the encoded video data and audio buffer 2d in the video buffer 2b, and the synchronizing clock encoder 2 and STC (system time clock) unit 2f for generating, and a encoder control unit 2g for performing these control and management. エンコーダ制御部2gは、特にエンコードを行ったデータのGOP(Group Of Picture:少なくとも1つのIピクチャを含む約0.5秒分のMPEGストリーム)情報およびピクチャ情報などの情報を図15の制御部1に渡す。 Encoder control unit 2g is, GOP data in particular performs encoding: control unit 1 of FIG. 15 information such as (Group Of Picture least one MPEG stream about 0.5 seconds including an I-picture) information and picture information pass to.

【0061】図17は、MPEGデコーダ4の構成を示すブロック図である。 [0061] Figure 17 is a block diagram showing the structure of MPEG decoder 4. 同図のようにMPEGデコーダ4 MPEG decoder as shown in figure 4
は、MPEGストリームをビデオストリームとオーディオストリームに分離するデマルチプレクサ4aと、分離されたビデオストリームを一時的に格納するビデオバッファ4bと、ビデオバッファ4bに格納されたビデオストリームをデコードするビデオデコーダ4cと、分離されたオーディオストリームを一時的に格納するオーディオバッファ4dと、オーディオバッファ4dに格納されたオーディオストリームをデコードするオーディオデコーダ4eと、同期クロックを生成するSTC(システムタイムクロック)部4fと、同期クロックにオフセットを加算する加算器4gと、同期クロックとオフセット付きの同期クロックとの一方を選択してデマルチプレクサ4a、オーディオデコーダ4e、ビデオデコーダ4cに供給するセレクタ It includes a demultiplexer 4a to separate the MPEG stream into video and audio streams, a video buffer 4b for storing the separated video stream temporarily, a video decoder 4c for decoding the video streams stored in the video buffer 4b an audio buffer 4d for storing the separated audio stream temporarily, the audio decoder 4e for decoding the audio streams stored in the audio buffer 4d, an STC (system time clock) unit 4f for generating sync clock, synchronization an adder 4g for adding offset to the clock, the demultiplexer 4a to select one of the synchronous clock with the synchronous clock and the offset, audio decoder 4e, and supplies the video decoder 4c selector h〜4jとから構成される。 Composed of a h~4j.

【0062】なお、同図のMPEGデコーダ4は、セレクタ4h〜4jと加算器4gを備えない一般的なMPE [0062] Incidentally, MPEG decoder 4 of the drawing, the general MPE without the selector 4h~4j an adder 4g
Gデコーダと同等の構成としてもよい。 G decoder may be equivalent structures and. (1-2-3)機能ブロック図 図18は、DVDレコーダ10の構成を機能別に示した機能ブロック図である。 (1-2-3) Function Block Diagram Figure 18 is a functional block diagram showing the configuration of the DVD recorder 10 by function. 同図における各機能は、制御部1におけるCPU1aが主記憶1dのプログラムを実行することにより図14に示したハードウェアを制御することにより実現される。 Each feature in the figure, CPU 1a in the control unit 1 is realized by controlling the hardware shown in FIG. 14 by executing the program in the main memory 1d.

【0063】図18においてDVDレコーダ10は、ディスク記録部100、ディスク読み出し部101、ファイルシステム部102、録画編集再生制御部105、ユーザIF部106、AVデータ録画部110、AVデータ編集部120、AVデータ再生部130から構成される。 [0063] DVD recorder 10 in FIG. 18, the disc recording unit 100, disc reading unit 101, the file system unit 102, recording editing reproduction control unit 105, a user IF unit 106, AV data recording unit 110, AV data editing unit 120, composed of AV data reproducing unit 130. ディスク記録部100は、ファイルシステム部10 Disk recording unit 100, the file system unit 10
2から論理セクター番号と1つ以上のセクター単位の論理データ(2048バイト)と入力されると、当該論理データをECCブロック(16セクタ)単位にディスク上にデータを記録する。 It is input from the 2 and the logical sector number and one or more sectors units of logical data (2048 bytes) to record data on the disk to the logical data ECC blocks (16 sectors) unit. 当該論理データが16セクターに満たない場合は、一旦そのECCブロックを読み出して、ECC処理を施してからECCブロックを記録する。 If the logical data has less than 16 sectors, once it reads the ECC block, and records the ECC block after subjected to ECC processing.

【0064】ディスク読み出し部101は、ファイルシステム部102から論理セクター番号とセクタ数とが入力されると、ECCブロック単位で読み出しを行い、E [0064] the disc reading unit 101, the file system unit 102 and the number of logical sector number and the sector is input, reads an ECC block basis, E
CC処理を経て必要なセクターデータのみがファイルシステム部に転送される。 Only sectors necessary data via the CC processing is transferred to the file system unit. ディスク記録部と同様にAVデータの読み出し時にECCブロック毎に16セクター単位で読み出しを行うことによりオーバーヘッドを削減する。 To reduce overhead by performing read at 16 sectors units for each ECC block at the time of reading the AV data in the same manner as in the disk recording section.

【0065】ファイルシステム部102は、主としてA [0065] The file system unit 102, mainly A
Vファイルの書き込み及び編集を行うAVファイルシステム部103と、AVファイルと非AVファイルとで共通の処理を行う共通ファイルシステム部104とを有し、AVデータ録画部110、AVデータ編集部12 The AV file system unit 103 for writing and editing the V file, and a common file system unit 104 for performing a common process in the AV files and non-AV file, AV data recording unit 110, AV data editing unit 12
0、AVデータ再生部130からファイルの書き込みや読み出しに関するコマンドを受けて、AVファイルに対しては光ディスクのAVブロックを最小単位としてファイル管理を行い、非AVデータに対しては共通ファイルシステム部104によって光ディスクのセクタを最小単位としてファイル管理を行う。 0, AV from the data reproduction unit 130 receives a command regarding writing and reading files, performs file management of AV block of the optical disk as a minimum unit for the AV file, for non-AV data common file system unit 104 perform file management a sector of the optical disk as a minimum unit by.

【0066】このファイルシステム部102による各種のファイル管理のうち、ここでは(a)AVデータ書き込み、(b)AVデータの削除、(c)非AVデータの書き込み、(d)非AVデータの削除の各場面におけるAVブロック及びセクタの割り当てについて説明する。 [0066] Of the file by the system unit 102 various file management, where (a) the AV data write, (b) deleting AV data, (c) the non-AV data writing, deletion of (d) non-AV data the allocation of the AV block and a sector will be described in each scene. (a)AVデータ書き込み時:AVファイルシステム部103は、AVデータ録画部110等からAVデータの記録コマンドを受けた場合、AVブロック管理テーブルにおいて”00(未割当て)”のAVブロックを当該AV (A) AV data write: AV file system unit 103, AV when receiving data recording unit of the AV data from the 110 like recording command, AV block management in table "00 (unassigned)" the AV to AV block
データに割当て、ディスク記録部100を介して当該A Allocated to the data, the A through the disc recording unit 100
Vブロックに当該AVデータを記録し、AVブロック管理テーブルに当該AVブロックを”01(AV用)”に変更し、さらに当該AVブロック内に含まれる全てのセクタをスペースビットマップにおいて”0(割当済)” The AV data recorded in the V-block, to change the AV block management table the AV block to "01 (for AV)", "0 (assigned all sectors in the space bit map contained further in the AV block Already)"
に変更する。 To change.

【0067】AVデータ書き込み時のAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップ変化の様子を図19 [0067] Figure how the AV block management table and the space bit map changing the time AV data write 19
に示す。 To show. 同図の左側はAVブロック管理テーブル中のA It left the figure A in AV block management table
Vブロック#nの割当状況を示す2ビットデータの変更前後を示す。 It shows the before and after the change of the 2-bit data indicating the allocation status of the V-block #n. 同図の右側はスペースビットマップ中、A Right-hand side of the figure in the space bit map, A
Vブロック#nに含まれるセクタに対応する部分の変更前後を示す。 It shows the before and after the change of the portion corresponding to the sectors included in the V-block #n. 同図のように、AVブロック管理テーブルにおいて、AVブロック#nが”00(未割当)”から新たに”01(AVデータ用)”に割り当てられた場合、スペースビットマップにおいて、そのAVブロックに含まれる全セクタについて”1(未割当)”から”0 As in the figure, the AV block management table, if the AV block #n are assigned to "00 (unallocated)" is newly from "01 (for AV data)" in the space bit map, its AV block "0" 1 (unallocated) "for all sectors included
(割当済)”に変更される。これにより1つのAVブロックはAVデータと非AVデータとが混在することなく、AVデータに対してAVブロック長に相当する連続記録領域が確保される。 It is changed to (allocated) ". Thus without one AV block in which the AV data and non-AV data are mixed, continuous recording area corresponding to the AV block length to the AV data is ensured.

【0068】(b)AVデータ削除時:AVファイルシステム部103は、AVデータ編集部120からAVデータの削除コマンドを受けた場合、AVブロック管理テーブルにおいて、当該AVデータが記録されているAV [0068] (b) AV data deletion time: AV file system unit 103, when receiving the deletion command of the AV data from the AV data editing unit 120, in the AV block management table, the AV data is recorded AV
ブロックを”00(未割当)”に変更し、さらに当該A The block change "00 (unallocated)", further the A
Vブロック内に含まれる全てのセクタをスペースビットマップにおいて”1(未割当)”に変更する。 Change all sectors included in the V-block to "1 (unallocated)" in the space bit map.

【0069】AVデータ削除時のAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップ変化の様子を図20に示す。 [0069] The state of the AV data deleted when the AV block management table and the space bit map change shown in FIG. 20. 同図のように、AVブロック管理テーブルにおいて、AVブロック#nが”01(AVデータ用)”から新たに”00(未割当)”に変更された場合、スペースビットマップにおいて、そのAVブロックに含まれる全セクタについて”0(割当済)”から”1(未割当)” As in the figure, the AV block management table, if the AV block #n are changed to "01 (AV data)" new "00 (unallocated)" from the space bit map, its AV block for all sectors included "0 (allocated)" from "1 (unallocated)"
に変更される。 It is changed to.

【0070】(c)非AVデータ書き込み時:共通ファイルシステム部104は、録画編集再生制御部105から非AVデータの書き込みコマンドを受けた場合、AV [0070] (c) a non-AV data write: the common file system unit 104, when the recording editing reproduction control unit 105 has received a write command of a non-AV data, AV
ブロック管理テーブルにおいて”10(非AV用)”のAVブロックに含まれ、かつスペースビットマップにおいて”1(未割当)”のセクタを、当該非AVデータに割り当て、割り当てたセクタに非AVデータをディスク記録部100を介して記録するとともに、スペースビットマップにおいて当該セクタを”0(割当済)”変更する。 Included in the AV blocks "10 (for non-AV)" in the block management table, and the sector "1 (unallocated)" in the space bit map, assigned to the non-AV data, non-AV data into the assigned sectors and records via the disc recording unit 100, the sector in space bitmap "0 (allocated)" to change. もし、AVブロック管理テーブルにおいて”10 If "10 in the AV block management table
(非AV用)”のAVブロックに含まれ、”1(未割当)”のセクタが存在しない場合には、”00(未割当て)”のAVブロック中のセクタに当該非AVデータに割当て、当該AVブロックを”10(非AV用)”に変更し、当該セクタを”0(割当済)”に変更する。 "Included in the AV blocks," (non for AV) 1 (unallocated) "if the sector does not exist," 00 (unassigned) assigned to the non-AV data into sectors in AV blocks " the AV block was changed to "10 (for non-AV)", changing the sector "0 (allocated)".

【0071】(d)非AVデータの削除時:共通ファイルシステム部104は、録画編集再生制御部105等から非AVデータの削除コマンドを受けた場合、スペースビットマップにおいて当該非AVデータが記録されているすべてのセクタについて”1(未割当)”に変更する。 [0071 (d) The time of deleting non-AV data: the common file system unit 104, when the recording editing reproduction control unit 105 and the like receiving the deletion command of the non-AV data, the non-AV data is recorded in the space bitmap for all of the sectors are changed to "1 (unallocated)". さらに、当該セクタが含まれるAVブロック内の全セクタが”1(未割当)”になった場合には、AVブロック管理テーブルにおいてそのAVブロックを”10 Furthermore, if all sectors in the AV block including the corresponding sector is set to "1 (unallocated)" is the AV block in the AV block management table "10
(非AVデータ用)”から”00(未割当)”に変更する。 Change 00 (unassigned) "" to "(non-installed AV data).

【0072】録画編集再生制御部105は、DVDレコーダ10の全体を制御する部分であり、特に、ユーザ操作を促すガイダンス表示を制御し、それに対するユーザ操作をユーザIF部106を介して受け付け、ユーザ操作に応じて新規のAVデータの録画、録画済みのAVデータの再生や編集などを、AVデータ録画部110、A [0072] recording editing reproduction control unit 105 is a part that controls the entire DVD recorder 10, in particular, controls the guidance display to prompt a user operation, received via the user IF unit 106 a user operation with respect thereto, the user operation recording of new AV data in accordance with, such as playback and editing recorded AV data, AV data recording unit 110, a
Vデータ編集部120、AVデータ再生部130に対して要求する。 It requests the V data editing unit 120, AV data reproducing unit 130.

【0073】ユーザIF部106は、リモコン6からのユーザ操作を受け付け、録画編集再生制御部105に通知する。 [0073] The user IF unit 106 receives a user operation from the remote controller 6, and notifies the recording-editing-reproducing control unit 105. AVデータ録画部110、AVデータ編集部1 AV data recording unit 110, AV data editing unit 1
20、AVデータ再生部130はそれぞれ、録画編集再生制御部105から録画要求、編集要求、再生要求を受けて、要求された録画、編集、再生に必要なコマンドをAVファイルシステム部103に発行する。 20, AV respective data reproducing section 130, recording request from the recording-editing-reproducing control unit 105, the editing request, receives the playback request, the requested recording, editing, and issues a command necessary for reproducing the AV file system unit 103 . (1-2-4)ファイルシステム部102に実行されるコマンド 次に、ファイルシステム部102によりサポートされる各種コマンドを説明する。 (1-2-4) Command is executable on the system unit 102 will now be described various commands supported by the file system unit 102.

【0074】ファイルシステム部102は、AVデータ録画部110、AVデータ編集部120、AVデータ再生部130、録画編集再生制御部105などから各種のコマンドを受けてファイル管理を行う。 [0074] the file system unit 102 performs file management AV data recording unit 110, AV data editing unit 120, AV data reproducing unit 130, and the like recorded and edited playback control unit 105 receives various commands. 図21は、ファイルシステム部102によりファイル管理に関するコマンドを示す一覧表である。 Figure 21 is a table showing a command for file management by the file system unit 102. 各コマンドに対するファイルシステム部102の処理内容を簡単に説明する。 Briefly the process contents of the file system unit 102 for each command.

【0075】「CREATE」はディスク上にファイルを新しく作成し、ファイル識別記述子を返す。 [0075] "CREATE" will create a new file on disk and returns the file identification descriptor. 「DELETE」はディスク上に存在するファイルを削除する。 "DELETE" deletes the file that exists on the disk. より詳しくいうと、AVファイルを削除する場合にはAVブロック単位に記録領域の割当てを解除し、非AVファイルを削除する場合にはセクタ単位に記録領域の割当てを解除する。 And more particularly, to deallocate recording area AV block unit to delete the AV file, in the case of deleting a non-AV file to deallocate recording area sectors.

【0076】「OPEN」はディスク上に記録されているファイルにアクセスするために、そのファイルへのファイル識別記述子を取得する。 [0076] "OPEN" in order to access the files that are recorded on the disc, to get the file identification descriptor to the file. 「CLOSE」はオープンされているファイルをクローズする。 "CLOSE" to close the files that are open. 「WRITE」は非AVファイルをディスク上に記録する。 "WRITE" records the non-AV file on the disk. より詳しくいうと、非A And more particularly, non-A
V用のAVブロックにおいてセクタ単位に記録領域を割り当てることと、割り当てたセクタへの記録とを行う。 Assigning a recording area in a sector unit in the AV block for V, and the recording in the allocated sector in.

【0077】「READ」はディスク上に記録されたファイルを読み出す。 [0077] "READ" reads a file that has been recorded on the disc. 「SEEK」はディスク上に記録されたデータストリーム内を移動する。 "SEEK" is to move the data stream recorded on the disc. 「RENAME」はファイル名を変更する。 "RENAME" to change the file name. 「MKDIR」はディスク上に新しいディレクトリを作成する。 "MKDIR" is to create a new directory on the disk. 「RMDIR」はディスク上に存在するディレクトリを削除する。 "RMDIR" is to delete a directory that exists on the disk.

【0078】「STATFS」はファイルシステムの現在の状況の問い合わを行う。 [0078] "STATFS" do inquiries current status of the file system. 「SET_ATTR」は現在オープンしているファイルの属性を変更する。 "SET_ATTR" is to change the attributes of files that are currently open. 「AV-WRITE」はAVファイルをディスク上に記録する。 "AV-WRITE" records the AV file on the disk. より詳しくいうと、A And more particularly, A
Vブロック単位に記録領域を割り当てることと、割り当てたAVブロックへの記録とを行う。 Assigning a recording area on the V block, and recording in the assigned AV block performed.

【0079】「SEARCH_DISCON」は指定された区間に不連続境界(ゾーン境界)があるか調べ、ある場合はTRUE [0079] "SEARCH_DISCON" examines whether there is a discontinuity boundary to the specified interval (zone boundary), when there is TRUE
を、無い場合はFALSEを返す。 A, if there is no returns FALSE. 「MERGE」はディスク上の2つAVファイルと、メモリ中のデータをマージする。 "MERGE" will be merged with the AV file two on the disk, the data in the memory.
「SPLIT」はディスク上のAVファイルを2つのAVファイルに分割する。 "SPLIT" is to split an AV file on the disc into two AV files.

【0080】「SHORTEN」はディスク上のAVファイルの端部を削除して、AVファイルの不必要な部分を削除する。 [0080] "SHORTEN" is to delete the end of the AV file on the disk, remove the unnecessary part of the AV file. 「REPLACE」はAVファイルの一部分とメモリ中のデータを入れ替える。 "REPLACE" is replacing the data of the part and in the memory of the AV file. ここで着目すべき点はAVデータの記録用の「AV-WRITE」と、非AVデータの記録用の「WRITE」とが別個にサポートされている点である。 Here it should be noted is the point where the "AV-WRITE" for recording the AV data, and a "WRITE" for the non-AV data recording are separately supported.

【0081】これらのコマンドの組み合わることにより、AVデータ録画部110、AVデータ編集部12 [0081] By Kumiawaru of these commands, AV data recording unit 110, AV data editing unit 12
0、AVデータ再生部130は、録画、編集、再生等の処理を実現する。 0, AV data reproducing unit 130, recording, editing, realizing the processing of the reproduction and the like. (1-3)録画・削除 次に、DVDレコーダ10において(1-3-1)AVデータのマニュアル録画、 (1-3-2)AVデータの予約録画、(1-3-3)AVデータの削除、(1-3-4)非AVデータの記録、(1-3-5)非A (1-3) record and delete Then, in the DVD recorder 10 (1-3-1) AV data of manual recording, (1-3-2) of the AV data scheduled recording, (1-3-3) AV data deleting (1-3-4) of the non-AV data recording, (1-3-5) non-a
Vデータの削除について詳細に説明する。 It will be described in detail deletion of V data. (1-3-1)マニュアル録画処理 マニュアル録画は、ユーザにより予約時間の設定なしにリモコンの「録画」キーが押下された場合に2、3の項目設定の後直ちに開始される録画処理をいう。 (1-3-1) Manual recording process manual recording refers to the recording process immediately starts after a few of the items set when the "record" key on the remote control without the setting of the reservation time by the user has been depressed .

【0082】例えば、ユーザが図22に示すようなリモコン6において録画ボタンを押すと、録画編集再生制御部105の制御によって図23に示すようなガイダンス画像200がディスプレイ12に表示される。 [0082] For example, the user presses the record button in the remote controller 6 shown in FIG. 22, the guidance image 200 as shown in FIG. 23 is displayed on the display 12 under the control of the recording-editing-reproducing control unit 105. このガイダンス画像200においてユーザが「1」「選択」と押すと、録画条件(この例では録画時間と録画品質)を設定するためのガイダンス画像201が表示される。 If the user presses "1" and "Selection" in this guidance image 200, the recording condition guidance image 201 for setting (recording quality and the recording time in this example) is displayed.

【0083】録画条件の「録画時間」についてユーザはリモコン6のカーソルボタンにより「無制限」または「指定時間」にフォーカスを移動し、再度「選択」ボタンを押すことにより設定される。 [0083] For the "record time" of the recording conditions user moves the focus to the "unlimited" or "specified time" by the cursor button of the remote control 6, is set by pressing the "Select" button again. 「指定時間」が選択された場合には、テンキーボタンにより時間を入力するガイダンス画像に切り替わる。 If the "specified time" is selected, it switched to the guidance image to enter the time by numeric keypad buttons. 指定時間の設定が完了すると再度ガイダンス画像201が表示される。 The specified time set to the guidance image 201 again completed is displayed.

【0084】録画条件の「録画品質」は、MPEGデータのビットレートや解像度に関し、高画質、標準、時間優先の3種類がある。 "Recording quality" in the [0084] recording condition relates to the bit rate and resolution of the MPEG data, high-quality, standard, there are three types of time priority. それぞれのビットレート及び解像度を図24に示す。 The respective bit rate and resolution shown in FIG. 24. 今、マニュアル録画のケースとして、ガイダンス画像201において「無制限」「時間優先」が選択され、ガイダンス画像202に移行した後リモコンの「録画」ボタンが押されたとする。 Now, as a case of manual recording, it is selected, "unlimited", "time priority" in the guidance image 201, and "record" button on the remote control after shifting to the guidance image 202 is pressed. これによりマニュアル録画処理が開始する。 This manual recording process is started.

【0085】図25(a)は、マニュアル録画の処理内容を示すフローチャートである。 [0085] FIG. 25 (a) is a flowchart showing the processing content of manual recording. 同図において、まず、 In the figure, first,
「録画」ボタン押下の通知がユーザIF部106を介して録画編集再生制御部105になされる。 "Record" button is pressed in the notification is made to the recording-editing-reproducing control unit 105 via the user IF unit 106. 録画編集再生制御部105は、共通ファイルシステム部104に対して「CREATE」コマンドを発行する(ステップ250)。 Recording editing reproduction control section 105 issues a "CREATE" command to the common file system unit 104 (step 250).
これを受けて共通ファイルシステム部104は、ファイルを作成できる場合にはファイル識別記述子を返す。 Common file system unit 104 receives this, if it can create the file returns a file identifier descriptor. このとき、録画時間が無制限という録画条件に合わせて、 At this time, the recording time is according to the recording condition that unlimited,
ファイルサイズはディスクの最大サイズが取られる。 File size is the maximum size of the disk is taken. さらに、録画編集再生制御部105は、AVデータ録画部110にファイル識別子と、録画条件に設定された時間優先を示すパラメータを通知する。 Further, the recording-editing-reproducing control unit 105 notifies a parameter indicating the file identifier to the AV data recording unit 110, a set time preference to the recording conditions.

【0086】AVデータ録画部110は、レシーバ9を介して受信中の特定チャネルの番組の映像データと音声データとをMPEGエンコーダ2によりエンコードを開始し、さらにエンコード結果のMPEGデータをトラックバッファ3aに転送する処理を開始する。 [0086] AV data recording unit 110, the MPEG data of a program of the video data and audio data of a specific channel being received via the receiver 9 begins to encode the MPEG encoder 2, further encoding result to the track buffer 3a to start the process of transferring. これと同時に、AVデータ録画部110は、「OPEN」コマンドをA At the same time, AV data recording unit 110, the "OPEN" command A
Vファイルシステム部103に発行する(ステップ25 Issued to V file system unit 103 (step 25
1)ことにより、録画編集再生制御部105から与えられたファイル識別記述子とそのファイルエントリとに関する情報をワークメモリ(図外)に保持させる(以下ワークメモリ中の上記情報をFd(ファイルディスクリプタ)と略す)。 By 1), recorded and edited playback control unit file identification descriptor given by 105 and its file entry information regarding the work memory (the above information to be held in the not shown) (hereinafter in the working memory Fd (File descriptor) abbreviated).

【0087】さらに、AVデータ録画部110は、録画編集再生制御部105からの停止命令を受けるまでの間は、トラックバッファ3aに一定量のMPEGデータが蓄積される毎に「AV-WRITE」コマンドをAVファイルシステム部103に発行し(ステップ252、253)、 [0087] Furthermore, AV data recording unit 110, until receiving a stop command from the recording-editing-reproducing control unit 105, "AV-WRITE" command each time MPEG data quantity of the track buffer 3a is accumulated the issued AV file system unit 103 (step 252, 253),
停止命令を受けた時点で「AV-WRITE」コマンド(ステップ254)を発行し、さらに「CLOSE」コマンドを発行して(ステップ255)終了する。 Issue the "AV-WRITE" command (step 254) upon receiving the stop command, and further issues a "CLOSE" command (Step 255) and ends. ステップ254の「AV-WRITE」コマンドは、Fdに保持すべき最終のエクステントのアロケーション記述子を処理するためである。 "AV-WRITE" command in step 254 is to process the allocation descriptor of the last extent to be held in Fd. ステップ255の「CLOSE」コマンドは、ワークメモリ中のFdを、DVD−RAM上のファイル識別記述子及びファイルエントリが書き戻すためである。 "CLOSE" command in step 255, the Fd in the work memory, because writing back the file identifier descriptor and a file entry on the DVD-RAM.

【0088】次に、上記「AV-WRITE」によるデータ記録処理の詳細について説明する。 [0088] Next, details of the data recording process by the "AV-WRITE". 図26は、「AV-WRITE」 FIG. 26, "AV-WRITE"
コマンドを受けたAVファイルシステム部103の処理内容を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing content of the AV file system unit 103 which has received the command. 同図では、「AV-WRI In the figure, "AV-WRI
TE」コマンドは、3つのパラメータの指定と共にAVファイルシステム部103に発行されるものとする。 TE "command is to be issued to the AV file system unit 103 together with the designation of the three parameters. 3つのパラメータは、「OPEN」コマンドによりオープンされた上記Fdと、記録すべきデータのサイズと、それをを保持しているバッファ(本実施例ではトラックバッファ3a)とである。 Three parameters are the above Fd which is opened by the "OPEN" command, and the size of the data to be recorded, it with buffer holding (track buffer 3a in the present embodiment). また、パラメータとして指定されるF Further, F is specified as a parameter
dは、ファイルエントリと同様に、エクステントの記録位置及びエクステント長を示す情報を含み、オープンされてからクローズされるまでに複数の「AV-WRITE」コマンドが発行された場合は逐次更新されていく。 d, like the file entry includes information indicating the recording position and the extent length of the extent, it will be sequentially updated when multiple "AV-WRITE" command is issued until it is closed after being opened . 2回目以降の「AV-WRITE」コマンドでは、既に記録されたデータに続けて新たなデータが書き足されることになる。 In the "AV-WRITE" command of the second and subsequent times, so that the new data is added together to write following the already recorded data.

【0089】同図において、AVファイルシステム部1 [0089] In the figure, AV file system unit 1
03は、パラメータとして指定されたサイズをカウントするためのカウンタをワークメモリに設け、指定されたサイズ分のデータを記録し終えるまで(ステップ26 03 to is provided with a counter for counting the size specified as a parameter in the work memory, it finishes recording the data of the specified size (step 26
5:no)は、次のように1セクタずつデータを割当て記録を行う。 5: no) performs the allocation record data one sector as follows. AVファイルシステム部103は、オープンされているファイルに既に記録されたデータが存在しない場合(録画時の1回目のAV-WRITE発行時)、または既に記録されたデータが存在し(録画時の2回目以降のAV AV file system unit 103, when the data already recorded in the file that is opened is not present (first AV-WRITE when issuing during recording), or already recorded data is present (during recording of 2 times and subsequent AV
-WRITE発行時)かつAVブロックの終わりまで記録されている場合(ステップ266:noには)、AVファイルシステム部103は、AVブロック管理テーブルにおいて”00(未割当)”のAVブロックを探し出し(ステップ267)、それを新たに”01(AV用)”に割当て(ステップ268)、さらにそのAVブロック内の全セクタを”1(未割当)”から”0(割当済)”に変更する(ステップ269)。 If it recorded until the end of -WRITE when issuing) and AV block (step 266: The no), AV file system unit 103 searches the AV block "00 (unallocated)" in the AV block management table ( step 267), assigned to the new "01 (for AV)" it (step 268), further all sectors of the AV block is changed to "1 (unallocated)" from "0 (allocated)" ( step 269).

【0090】また、AVファイルシステム部103は、 [0090] In addition, AV file system unit 103,
オープンされているファイルに既に記録されたデータが存在しかつAVブロックの終わりまで記録されていない場合(ステップ266:yes)は、ステップ270に進む。 If the data has already been recorded in the file that is opened is not recorded until the end of the present life and death AV block (step 266: yes), the process proceeds to step 270. AVファイルシステム部103は、上記のように新たに割り当てられたAVブロックの先頭セクタ、または既に記録されたデータに後続するセクタに、トラックバッファ3aから1セクタ分のデータを取り出して、DV AV file system unit 103, first sector of the newly assigned AV block as described above or already in the sector following the recorded data, takes out the data of one sector from the track buffer 3a, DV
D−RAMに記録し(ステップ270)、上記カウンタを更新する(ステップ271)。 Recorded in D-RAM (step 270), updating the counter (step 271). さらにAVファイルシステム部103は、今記録したセクタとその直前に記録したセクタとが連続しているか否か判定する(ステップ272)。 AV file system unit 103 further determines whether or not now recorded sector and the sector recorded immediately before is continuous (step 272). ここでは両セクタが物理的に連続していない場合、及び、両セクタがAVブロックのゾーン境界をまたぐ場合には、連続していない判定される。 Here if both sectors are not physically contiguous, and, in the case where both sectors straddles the zone boundaries of the AV block is determined not continuous. ゾーン境界をまたぐか否かは図5に示した最終ブロック長テーブルにより判定される。 Whether straddle the zone boundary or is determined by the last block-length table shown in FIG. 連続していないと判定された場合には、その直前のAVブロックまで記録されたAVデータを1つのエクステントとしてFdのアロケーション記述子に保持させる(ステップ273)。 If it is determined not to be continuous, it is held in the allocation descriptor of Fd AV data recorded to the AV block immediately before as a single extent (step 273). 連続していると判定された場合には、ステップ265の処理に戻る。 If it is determined that the continuous, the process returns to step 265.

【0091】上記のようはセクタへの記録を繰り返すことにより、パラメータとして指定されたサイズ分のデータを記録し終えたとき(ステップ265:yes)、AVファイルシステム部103は、最後に記録したセクタを含む最後のエクステントのアロケーション記述子をFdに保持させ(ステップ274)、「AV-WRITE」の処理を終了する。 [0091] By repeating the recording of the above sector, when finished record data size designated as the parameter (step 265: yes), AV file system unit 103, the last recorded sector is held in Fd an allocation descriptor of the last extent including (step 274), and terminates the process of "AV-WRITE".

【0092】このように、AVファイルシステム部10 [0092] In this way, AV file system unit 10
3は、「AV-WRITE」コマンドを受けた場合、約7Mバイトの連続領域であるAVブロックを最小単位として割当てる。 3, when receiving the "AV-WRITE" command, allocates the AV block is a contiguous region of about 7M bytes as a minimum unit. これにより、新たに記録されたAVファイルを構成するエクステントは最後のエクステントを除いて最小でも約7Mバイト長になるので、連続再生を保証することができる。 Thus, Extents constituting the newly recorded AV files also becomes about 7M bytes long with a minimum except for the last extent, it is possible to ensure a continuous reproduction.

【0093】なお上記ステップ270では、便宜上1セクタ分のデータをDVD−RAMに記録すると説明したが、実際には、記録すべきデータがトラックバッファに1ECCブロック(16セクタ)分保持された時点で、 [0093] Note that in the step 270, but for convenience one sector of data has been described as recorded to DVD-RAM, in fact, when the data to be recorded is 1ECC block (16 sectors) content held in the track buffer ,
DVD−RAMに記録している。 It is recorded in the DVD-RAM. (1-3-2)AVデータの予約録画 予約録画とは、ユーザによる予約時間の設定とともにリモコンの「録画」キーが押下された場合の録画処理をいう。 (1-3-2) The timer recording reservation recording of AV data refers to video recording processing when the "Record" key on the remote control is pressed together with the set of reserved time by the user. つまり上記した図23において、ガイダンス画像2 That is, in FIG. 23 described above, the guidance image 2
01において指定時間が設定された場合である。 It is a case where the specified time has been set at 01.

【0094】今、予約録画のケースとして、ガイダンス画像201において「指定時間」「時間優先」が選択され、ガイダンス画像202に移行した後リモコンの「録画」ボタンが押されたとする。 [0094] Now, as scheduled recording of the case, is selected "specified time", "time priority" in the guidance image 201, the "record" button on the remote control after the transition to the guidance image 202 is pressed. これにより予約録画が開始する。 This scheduled recording starts. 図25(b)は、予約録画の処理内容を示すフローチャートである。 Figure 25 (b) is a flowchart showing the processing contents of the reserved recording. 同図(b)において、まず、予約録画における「録画」ボタン押下の通知がユーザIF部106を介して録画編集再生制御部105になされる。 In FIG. (B), first, "Record" button is pressed in the notification in the reservation recording is performed to the recording-editing-reproducing control unit 105 via the user IF unit 106.
録画編集再生制御部105は、共通ファイルシステム部104に対して、指定時間を通知するとともに「CREAT Recorded and edited playback control unit 105 to the common file system unit 104, and notifies the specified time "CREAT
E」コマンドを発行する(ステップ256)。 To issue the E "command (step 256). これを受けて共通ファイルシステム部104は、ファイルを作成できる場合にはファイル識別記述子を返す。 Common file system unit 104 receives this, if it can create the file returns a file identifier descriptor. このとき、 At this time,
指定時間に相当するAVブロック数のファイルサイズが取られる。 File size of the AV blocks corresponding to the specified time is taken. さらに、録画編集再生制御部105は、共通ファイルシステム部104からファイル識別記述子の通知の有無に応じて、指定時間に相当する空き領域があるかないかを判定する(ステップ257)。 Further, the recording-editing-reproducing control unit 105 determines whether shared from the file system unit 104 in response to the notification whether the file identification descriptor, not walk free space equal to the specified time (step 257).

【0095】判定の結果、空き領域がない場合には、録画編集再生制御部105は指定時間分の録画ができないのでエラー処理を行って処理を終了する。 [0095] the determination result, if there is no free space, the recording-editing-reproducing control unit 105 ends the process performs an error process can not be specified time of the recording. 空き領域がある場合には、録画編集再生制御部105は、AVデータ録画部110にファイル識別子と、指定時間と、録画条件に設定された時間優先を示すパラメータを通知する。 If there is free space, recorded and edited playback control unit 105 notifies the file identifier to the AV data recording unit 110, and the specified time, a parameter indicating the set time priority to the recording conditions.
これを受けたAVデータ録画部110は、開始時間になった時点(ステップ258)で「OPEN」コマンドを発行する(ステップ259)。 AV data recording unit 110 having received the issue an "OPEN" command when it becomes the start time (step 258) (step 259). これ以降のAVデータ録画部110の処理は、図25(a)のステップ252〜25 Processing subsequent AV data recording unit 110, the step of FIG. 25 (a) 252 to 25
5とほぼ同様に、AVファイルシステム部103に対して「OPEN」コマンドを発行し、さらに「AV-WRITE」コマンドを終了時刻になるまで繰り返し発行し、最後に「CL Much like the 5 issues the "OPEN" command to the AV file system unit 103, repeating to issue until it becomes the "AV-WRITE" command to the end time, the last "CL
OSE」コマンドを発行して処理を終了する(ステップ2 OSE "by issuing the command to end the process (step 2
58〜262)。 58-262).

【0096】このようにして予約録画の場合は、あらかじめ指定時間の録画に必要な数の空きのAVブロックがあるか否かをチェックしてから録画する。 [0096] Thus, in the case of reserved recording in the, recording from to check whether or not there is an AV block of the number of free required for the recording of the pre-specified time. なお、上記ステップ256とステップ257は、逆順にしてもよい。 It is to be noted that the step 256 and step 257 may be in reverse order. (1-3-3)AVデータの削除 ファイルの削除は、AVファイルも非AVファイルも「DELETE」コマンドの処理として共通ファイルシステム部104にて実行される。 (1-3-3) Deleting files AV data, the AV file is also executed by the common file system unit 104 as processing also "DELETE" command non-AV file. 共通ファイルシステム部10 The common file system unit 10
4は、録画編集再生制御部105等から特定のファイルについて「DELETE」コマンドを受けた場合、ファイル名の拡張子や属性情報等からAVファイルであるか非AV 4, when receiving the "DELETE" command for a specific file from the recording editing reproduction control unit 105, and the like, non-AV or is an AV file from the extension or attribute information such as the file name
ファイルであるかを判別し、判別結果に応じてAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップに対して異なる処理を行う。 To determine a file, it performs different processing on the AV block management table and the space bit map in accordance with the discrimination result.

【0097】図27は、共通ファイルシステム部104 [0097] Figure 27 is a common file system unit 104
によるAVファイルについての削除処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the process of deleting the AV file by. 共通ファイルシステム部104は、当該AVファイルのファイルエントリを参照してエクステントが存在する場合(ステップ240:yes)、AVブロック管理テーブルにおいてそのエクステントに含まれるAVブロックを”01(AVデータ用)”から”00 Common file system unit 104, when the extent with reference to the file entry of the AV file is present (step 240: yes), the AV block included in the extent in the AV block management table "01 (for AV data)" "from 00
(未割当)”に変更し(ステップ241)、スペースビットマップにおいて当該AVブロックに含まれる全セクタについて”0(割当済)”から”1(未割当)”に変更し(ステップ242)、ファイルエントリからそのエクステントを削除する(ステップ243)。エクステントが残っていない場合には(ステップ240:no)、ファイル識別記述子を削除して処理を終了する。 (Unassigned) "was changed to (step 241), for all the sectors included in the AV blocks in the space bitmap" "from" 0 (allocated) 1 was changed to (unassigned) "(step 242), file . remove the extent from the entry (step 243) if the extent is not left (step 240: no), and ends the delete the file identification descriptor processing.

【0098】図28(a)に削除されるAVファイルの説明図を示す。 [0098] an explanatory view of AV files that are deleted in FIG. 28 (a). 同図(a)上段はAVブロック#10〜 FIG (a) upper row AV block # 10
#14に、AVファイル#1とAVファイル#2が記録されている様子を示す。 To # 14, it shows how the AV file # 1 and the AV file # 2 is recorded. AVファイル#1は2つのエクステント(AVファイル#1-1、AVファイル#1-2)からなり、AVファイル#2は(AVファイル#2-1、AVファイル#2-2)からなる。 AV file # 1 is composed of two extents (AV files # 1-1, AV File # 1-2), the AV file # 2 is composed of (AV files # 2-1, AV File # 2-2). 同図(a)下段は、AVブロック#11、#14におけるAVファイル#1のエクステントが削除された様子を示している。 FIG (a) lower part, shows how the AV block # 11, AV file # 1 extent in # 14 is deleted.

【0099】この場合のAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップの変化を示す説明図を同図(b) [0099] illustration of the same graph showing a change in the AV block management table and the space bit map in this case (b)
に示す。 To show. 同図(b)左側は削除前、右側は削除後である。 FIG (b) left before deletion, and the right is after deletion. 図27の削除処理に従って、AVブロック#11、 According deletion process of FIG. 27, AV block # 11,
#14はAVブロック管理テーブルにおいて”01(A # 14 "01 in the AV block management table (A
Vデータ用)”から”00(未割当)”に変更され、A "From" V for data) 00 (changed to unassigned) ", A
Vブロック#11、#14内の全セクタはスペースビットマップにおいて”0(割当済)”から”1(未割当)”に変更される。 V Block # 11, all the sectors in # 14 is changed to "0 (allocated)" to "1 (unallocated)" in the space bit map. なお、同図(a)下段においてA Incidentally, A in Fig. (A) lower
Vブロック#11、#14のAVデータは、物理的に消去されるわけではなく、AVファイルシステム部103 V Block # 11, AV data # 14, physically but is not erased, AV file system unit 103
により無効なデータとして取り扱われるだけである。 It is only treated as invalid data by. (1-3-4)非AVデータの記録 図29は、共通ファイルシステム部104による非AV (1-3-4) Recording FIG. 29 non-AV data, non-AV by the common file system unit 104
ファイルの記録処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing the recording process of the file.

【0100】共通ファイルシステム部104は、録画編集再生制御部105等から「WRITE」コマンドを受けたとき、記録すべき非AVデータが存在する場合(ステップ261)、AVブロック管理テーブルにおいて”10 [0100] Common file system unit 104, when receiving the "WRITE" command from the recording-editing-reproducing control section 105, etc., if the non-AV data to be recorded is present (step 261), "10 in the AV block management table
(非AV用)”又は”00(未割当)”のAVブロックに含まれ、かつスペースビットマップにおいて”1(未割当)”のセクタを探す(ステップ262)。さらに、 (Non for AV) "or" 00 (unallocated) "is included in the AV block, and in the space bit map" 1 Find sector of (unassigned) "(step 262). Furthermore,
探し出したセクタが含まれるAVブロックが”00(未割当)”であれば”10(非AV用)”に変更し(ステップ263)、スペースビットマップにおいて探し出したセクタを”1(未割当)”から”0(割当済)”に変更し(ステップ264)、そのセクタに非AVデータを記録する(ステップ265)。 AV block included the found sector is changed if "00 (unallocated)" "10 (for non-AV)" (step 263), the sector searched in the space bit map "1 (unallocated)" was changed to "0 (allocated)" to (step 264) and records the non-AV data in the sector (step 265). さらに、そのセクタとその直前に記録したセクタとが連続していればステップ2 Further, Step 2 if the continuous and sector recorded the sector and the just previously
61へ戻り、連続していない場合には直前のセクタまでのエクステントのアロケーション記述子をファイルエントリに記録する(ステップ266、267)。 It returns to 61, and records the allocation descriptor of the extent of up to immediately before the sector in the file entry if not continuous (step 266, 267). また、ステップ261にて記録すべきデータが残っていない場合には、最後に記録したセクタまでのエクステントのアロケーション記述子をファイルエントリに記録して(ステップ268)、処理を終了する。 Also, if no remaining data to be recorded at step 261, the allocation descriptor of the extent to sectors last recorded is recorded in the file entry (step 268), the process ends. (1-3-5)非AVデータの削除 共通ファイルシステム部104は、録画編集再生制御部105等から特定のファイルについて「DELETE」コマンドを受けた場合、そのファイルが非AVファイルである場合、次のように削除処理を行う。 (1-3-5) Deleting the common file system unit 104 of the non-AV data, when receiving the "DELETE" command for a specific file from the recording-editing-reproducing control unit 105 or the like, if the file is a non-AV file, the deletion process is performed in the following manner.

【0101】図30は、共通ファイルシステム部104 [0102] Figure 30 is a common file system unit 104
による非AVファイルについての削除処理を示すフローチャートである。 By is a flowchart showing the process of deleting the non-AV file. 共通ファイルシステム部104は、その非AVファイルのファイルエントリを参照してエクステントが存在する場合(ステップ271:yes)、スペースビットマップにおいてそのエクステントに含まれる全セクタについて”0(割当済)”から”1(未割当)”に変更する(ステップ242)。 Common file system unit 104, when the extent is present by referring to the file entry for that non-AV file (step 271: yes), for all the sectors included in the extent in the space bit map "0 (Allocated)" is changed to "1 (unallocated)" (step 242).

【0102】次に、AVブロック管理テーブルにおいてそのエクステントに含まれるAVブロック内の全セクタが”1(未割当)”になっているかどうかを判定する(ステップ273)。 [0102] Next, it is determined whether all the sectors in the AV block included in the extent in the AV block management table is "1 (unallocated)" (step 273). 全セクタが未割当の場合、AVブロック管理テーブルにおいて、そのAVブロックを”1 If all sectors are unassigned, in the AV block management table, the AV block "1
0(非AV用)”から”00(未割当)”に変更する(ステップ274)。さらに、そのエクステントのアロケーション記述子を削除し(ステップ275)、ステップ271に戻る。ステップ271において残りのエクステントがなければ処理を終了する。 0 changing to 00 (unassigned) "" to "(non for AV) (step 274). Further, to remove the allocation descriptor of the extent (step 275), returns to step 271. The remaining extent in step 271 to end the is no if processing.

【0103】図31(a)に削除される非AVファイルの説明図を示す。 [0103] an explanatory view of a non-AV file is deleted in FIG. 31 (a). 同図(a)上段はAVブロック#11 FIG (a) upper row AV block # 11
に、非AVデータであるファイル#3とファイル#4が記録されている様子を示す。 To show how the file # 3 and the file # 4 is a non-AV data are recorded. ファイル#3、#4はいずれも1つのエクステントからなる。 File # 3, both # 4 consists of one extent. 同図(a)下段は、 FIG. (A) the lower part,
AVブロック#11におけるファイル#3のエクステントが削除された様子を示している。 File # 3 extents shows a state that has been deleted in the AV block # 11.

【0104】ファイル#3が削除された場合のAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップの変化を示す説明図を同図(b)に示す。 [0104] an explanatory view showing a change of an AV block management table and the space bit map when the file # 3 has been deleted in the figure (b). 同図(b)左側は削除前、右側は削除後である。 FIG (b) left before deletion, and the right is after deletion. 図30の削除処理に従って、 In accordance with the deletion process of FIG. 30,
AVブロック#11は、ファイル#4が残っていることから、AVブロック管理テーブルにおいて”10(非A AV block # 11, the file # since 4 remain in AV block management table "10 (non-A
Vデータ用)”のままになる。AVブロック#11に対応するスペースビットマップにおいて、ファイル#3のエクステントに含まれるセクタは”0(割当済)”から”1(未割当)”に変更される。なお、同図(a)下段においてファイル#3の非AVデータは、物理的に消去されるわけではなく、AVファイルシステム部103 "In the space bit map corresponding to .AV block # 11 remains of sectors included in the file # 3 extents" V data) is changed to 0 (allocated) "to" 1 (unallocated) " that. the non-AV data files # 3 in FIG. (a) lower part, physically but is not erased, AV file system unit 103
により無効なデータとして取り扱われるだけである。 It is only treated as invalid data by.

【0105】以上説明してきたように、本実施例におけるDVD−RAMは、ファイルシステム用の管理情報の一部として、スペースビットマップとAVブロック管理テーブルを有する。 [0105] As described above, DVD-RAM in this embodiment, as part of the management information for the file system, with a space bit map and the AV block management table. これによりAVブロック単位で連続領域が割り当てられるのでAVデータの連続再生を保証することができる。 Thus since the continuous area in AV blocks are allocated can guarantee continuous playback of the AV data. また、本実施例のDVD−RAMでは、あるAVブロックがAVデータ用に割り当てられると、そのAVブロックに含まれる全てのセクタはスペースビットマップ上に割り当て済みと登録されている。 Also, the DVD-RAM of the present embodiment, are registered to be the AV block is allocated for AV data, the all sectors included in AV blocks already allocated on the space bitmap. このような管理によれば、仮に、スペースビットマップのみしかサポートしない従来のファイルシステムによって本願のDVD−RAMがアクセスされた場合であっても、AVデータ用のAVブロックに含まれるセクタ群に対してデータが書き込まれてしまい、AVデータ用に確保した連続セクタ領域が失われてしまうことを防止している。 According to such management, Even if the application of DVD-RAM is accessed by a conventional file system only the space bit map only do not support, to the sector group included in the AV blocks for AV data would data is written Te, so as to prevent the continuous sector areas reserved for AV data is lost.

【0106】また非AVデータ用に割り当てられたAV [0106] The AV allocated for non-AV data
ブロックは、スペースビットマップ上では、そのAVブロックに含まれるセクタのうち実際にデータが書き込まれたセクタのみが割り当て済みと記録される。 Block, on the space bitmap, only actual sector data is written among the sectors included in the AV block is recorded and been allocated. つまり、 That is,
AVデータ用に割り当てられたAVブロックとは異なり、非AVデータに割り当てられたAVブロックは、データが記録されないセクタまでもがスペースビットマップ上で割り当て済みと登録されることはない。 Unlike AV block allocated for AV data, AV blocks assigned to non-AV data is never even sector data is not recorded is registered as allocated on the space bitmap.

【0107】このため、既に非AVデータ用に割り当てられているAVブロックであっても、空きさえあれば他の非AVデータを書き込むことができ、これにより1つの非AVデータ用のAVブロック内に複数の非AVデータファイルを存在させることが可能となる。 [0107] Therefore, previously even AV block allocated for non-AV data, even can be written to other non-AV data, if idle, thereby the AV block for one non-AV data it is possible to present a plurality of non-AV data file. したがって、AVデータ用のAVブロックと非AVデータ用のA Therefore, A for AV block and non-AV data for AV data
Vブロックとを混在させ、なおかつディスク全体の使用効率を改善することが可能となる。 And V blocks are mixed, yet it is possible to improve the use efficiency of the entire disc.

【0108】なお、上記実施形態においてDVDレコーダ10は、図14に示したように、従来の据え置き型家庭用VTRに代用することを前提とした構成を示した。 [0108] Incidentally, the DVD recorder 10 in the above embodiment, as shown in FIG. 14, showing a configuration in which it is assumed that to substitute the conventional stationary household VTR.
この構成に限らず、DVD−RAMがコンピュータの記録媒体としても使用される場合には、次のような構成とすればよい。 Is not limited to this configuration, when the DVD-RAM is also used as a recording medium of a computer may be configured as follows. すなわち、ディスクアクセス部3は、DV That is, the disc access unit 3, DV
D−RAMドライブ装置としてSCSIやIDEと呼ばれるIF IF called SCSI or IDE as D-RAM drive
を介してコンピュータバスに接続される。 It is connected to a computer bus via an. また、同図のディスクアクセス部3以外の構成要素はコンピュータのハードウェア上でOS及びアプリケーションプログラムが実行されることに実現される。 Further, components other than the disc access unit 3 of the drawing is realized that the OS and application programs on a computer hardware is performed. その場合、ディスク記録部100、ディスク読み出し部101及びファイルシステム部102は主としてOSによる機能又はOSを機能拡張するアプリケーションとして実現され、これ以外の構成要素は主としてアプリケーションプログラムによる機能として実現される。 In that case, the disc recording unit 100, disc reading unit 101 and the file system unit 102 is implemented as an application mainly for function or OS extensions by OS, other components are implemented as a function mainly by the application program. またファイルシステム部10 The file system unit 10
2がサポートする各種コマンドはアプリケーションに提供されるシステムコール等のサービスコマンドに相当する。 2 various commands that support is equivalent to service commands, such as system calls provided to the application.

【0109】また、上記実施形態においてAVブロック管理テーブルは、各AVブロックの割当状況を2ビットで表していたが、ビット数を増やして他の属性情報を付加するようにしてもよい。 [0109] In addition, AV block management table in the above embodiment, represented the assignment status of each AV block in 2 bits, by increasing the number of bits may be added to other attribute information. 図32はAVブロック管理テーブルの第2の構成例を示す。 Figure 32 shows a second configuration example of the AV block management table. 同図のAVブロック管理テーブルでは、各AVブロックは2バイトデータにより割当て情報及び属性情報が表されている。 The AV block management table in the figure, each AV block is represented allocation information and the attribute information of 2 bytes data. 2バイトデータのうち上位4ビットは上記実施例と同様にAVブロックの割当状況の管理用であり、下位12ビットはそのA Upper 4 bits of the 2-byte data is for managing allocation status similarly AV block in the above embodiment, the lower 12 bits thereof A
Vブロックに含まれるECCブロックのうちアドレスエラーを生じない有効なECCブロック数を表す。 It represents the number of valid ECC block which does not cause an address error of ECC blocks included in the V-block. 例えば、第1AVブロックは有効なECCブロックを224 For example, the 1AV block effective ECC blocks 224
個(16進でE0)含み、第6AVブロックは、アドレスエラーが生じている1つのECCブロックと、223 Wherein number (hexadecimal E0), the 6AV block and one ECC block address error has occurred, 223
個(16進でDF)有効なECCブロックを含んでいる。 It contains (DF in hexadecimal) effective ECC blocks number.

【0110】このように図32のAVブロック管理テーブルでは、アドレスエラーを含むECCブロックを除いた有効なECCブロック数が記録される。 [0110] In the AV block management table of the thus 32, number of valid ECC blocks excluding the ECC block including the address error is recorded. ファイルシステム部102は、個々のAVブロックの有効ECCブロック数が分からない場合には、各AVブロックにはどれだけのデータの書き込みが出来るか分からないため、データの記録に際してアドレスエラー処理を行うことになる。 File system unit 102, when the number of effective ECC blocks for each AV block is not known, because the do not know the writing can be of much data in each AV block, to perform an address error process when recording data become. 同図のAVブロック管理テーブルによれば、ファイルシステム部102はデータの記録時の複雑なアドレスエラー処理から解放される。 According to the AV block management table of the figure, the file system unit 102 is released from complicated address error process when recording data.

【0111】なお、アドレスエラーがどのECCブロック、またはセクタで起きたかという記録を別情報として持ち、それをAVファイルシステムが利用することも可能である。 [0111] Incidentally, have recorded that happened in any ECC block or sector, an address error as separate information, it is possible to use it AV file system. また、アドレスエラーが発生する確率が極めて低く、大部分のAVブロックセクターが固定長ブロックとして見なせる場合は、最上位の0ビットを可変長かどうかを示すフラグとする事とし、フラグが立っている場合のみサイズの領域が有効であり、その場合AVブロックのサイズをその領域から求めるようにすれば、ファイルシステムの処理が軽減される。 Also, a very low probability that an address error occurs, when a large part of the AV block sector regarded as fixed-length blocks, and that a flag indicating whether variable or zero most significant bit, flag is set area size only is valid, if the size of the case AV block as determined from the area, the processing of the file system is reduced.

【0112】図33は、AVブロック管理テーブルの第3の構成例を示す。 [0112] Figure 33 shows a third configuration example of the AV block management table. 同図のAVブロック管理テーブルでは、各AVブロックを4ビットデータにより管理している。 The AV block management table of FIG manages the AV block by 4-bit data. 4ビットデータのうち下位3ビットは上記実施例と同様にAVブロックの割当状況を示し、上位1ビット(可変長ビットと呼ぶ)はAVブロックが固定長か可変長化を示す。 Lower 3 bits of the 4-bit data indicates the assignment status similarly AV block in the above embodiment, (referred to as a variable-length bit) the upper one bit AV block indicates a fixed length or a variable length of. ここで、固定長はアドレスエラーの生じない224個の有効なECCブロックをAVブロックが有していることを意味する。 Here, the fixed length means that the 224 valid ECC block causing no address error AV block has. 可変長は、AVブロック内の有効なECCブロックが224個以外であることを意味する。 Variable length means that effective ECC blocks in the AV block is other than 224. 可変長のAVブロックはアドレスエラーの生じるECCブロックを有している場合や、ゾーン境界末尾のAVブロックである場合である。 Variable-length AV block or if it has an ECC block of occurrence of an address error, a case where the AV block trailing zone boundary.

【0113】可変長AVブロックのブロック長は、同図の右側に示した可変長AVブロックテーブルに記録される。 [0113] The block length of the variable-length AV blocks is recorded in the variable-length AV block table shown on the right side of FIG. このテーブルは、可変長AVブロック毎に、ブロック番号と、有効なECCブロック数を対応させて記録し、図5に示した最終ブロック長テーブルの代わりに設けてられている。 This table, for each variable AV block, and recorded corresponding block number, the number of effective ECC blocks, are not provided in place of the last block-length table shown in FIG. 図32のAVブロック管理テーブルにおいて、可変長ビットが”1”(斜線部)に対応するA In AV block management table of FIG. 32, the variable-length bit corresponds to "1" (shaded area) A
Vブロックは、可変長AVブロックテーブルにおいて有効なECCブロック数が記録されている。 V block, the number of effective ECC blocks is recorded in the variable length AV block table. このように可変長AVブロック管理テーブルに、AVブロックのサイズとAVブロック番号を持たせることにより、ファイルシステムは、AVブロック管理テーブル内で可変長フラグが立っているAVブロックを管理する場合に、AVブロック番号ですぐに可変長AVブロックテーブルを引くことができる。 Such variable-length AV block management table, by providing a size and AV block number of AV block, the file system, when managing AV block length flag is set in the AV block management table, it is possible to immediately draw the variable-length AV block table in the AV block number. また第3の構成例は、図32の第2の構成例に比べて、AVブロック管理テーブル自体のサイズを小さくすることが可能になる。 The third configuration example of the, compared to the second configuration example of FIG. 32, it is possible to reduce the size of the AV block management table itself.

【0114】なお、各AVブロックの物理サイズが可変長とした場合には、可変長AVブロックテーブルにおいて全AVブロックのサイズを記録しておけば、セクタとAVブロックのマッピングを容易に行うことができる。 [0114] In the case where the physical size of each AV block is variable length, if you recorded size of all AV blocks in the variable-length AV block table, that the mapping of the sectors and the AV blocks easily it can.
さらに、可変長AVブロックテーブル内に各AVブロックの物理サイズを持つ代わりに、各AVブロックの開始セクタ番号、トラック番号、ゾーン番号を、AVブロック管理テーブルに持たせておけば、先の例と同様にセクタとAVブロックのマッピングがさらに容易になる。 Further, instead of having a physical size of each AV block in the variable-length AV block table, the start sector number of each AV block, track number, zone number, if to have the AV block management table, the previous example Similarly mapping sectors and AV block is further facilitated.

【0115】図34は、AVブロック管理テーブルの第4の構成例を示す。 [0115] Figure 34 shows a fourth configuration example of the AV block management table. このAVブロック管理テーブルは、 The AV block management table,
1AVブロック当たり2バイトデータを使用し、AVブロックの割当状況以外にAVブロックに記録されているファイル数を持たせている。 Use the 2-byte data per 1AV block has to have a number of files recorded in the AV block in addition to assignment status of the AV block. 2バイトデータ中の上位4 The top of the 2-byte data 4
ビットは上記実施例と同様に割当状況を表し、下位12 Bits represent the allocation situation as in the above embodiment, the lower 12
ビットは、ファイル数を示す。 Bit indicates the number of files. この場合ファイル数としては最大で4095ファイルまで可能であるから、1A Since as the case number of files can be up to a maximum of 4095 files, 1A
Vブロックに4095個までファイルを記録することができることになる。 It will be able to record the file until 4095 in the V-block.

【0116】今、2バイトデータ中の下位12ビットをカウンタと呼ぶことにする。 [0116] now, will be referred to as the lower 12 bits in the 2-byte data to the counter. カウンタは1AVブロックに閉じた話であり、AVファイルの様にサイズが大きいものや、非AVファイルでサイズが小さい場合でも空き領域の関係で、複数のAVブロックに跨って記録される場合が考えられる。 Counter is a story closed 1AV block, objects or large size as in the AV file, in the context of free space even if the size is small in a non-AV file, considered may be recorded over a plurality of AV blocks It is. この場合、カウンタの扱いはファイルの一部が記録さえすればそれを1つのファイルとして数えることにする。 In this case, treatment of the counter part of the file is to be counted it need only recorded as one file. つまり、ファイルが丸々その中に記録されていようが、一部だけが記録されていようが、カウンタから見ればどちらも1つのファイルとして考えるのである。 In other words, although no matter files recorded in its plump, but no matter in only a portion is recorded, both from the perspective counter is to consider as a single file. AVブロック内で1つのファイルが複数のエクステントに分割されている場合は、まめて1つのファイルと考えることにする。 If a file in the AV block is divided into a plurality of extents, to be considered a single file and Te beans.

【0117】カウンタを導入することで、AVブロックの管理において利点が2つ出てくる。 [0117] Counter By introducing, advantages two come out in the management of AV block. 1点目は、非AV The first is non-AV
データ用のAVブロックの解放の判断が容易になることである。 It is that facilitates determination of the release of the AV block for data. 上記実施例においては、ファイルシステム部1 In the above embodiment, the file system section 1
02は、ファイル削除時に、非AVデータ用のAVブロックに含まれる全セクタがセクタビットマップ上で未使用の状態であれば、そのAVブロックは未使用のものとして解放されていた。 02, when the file deletion, if all the sectors in the unused state on the sector bit map included in the AV blocks for non-AV data, the AV block has been released as unused. このように上記実施例ではAVブロックの解放にスペースビットマップをサーチする必要がある。 Thus in the above embodiment it is necessary to search the space bitmap to free AV block. 図34に示すようにAVブロック管理テーブルにカウンタを記録している場合は、カウンタが0になった時点で非AVデータ用のAVブロックを解放することができ、セクタビットマップのサーチを不要にすることができる。 If you are recording counter AV block management table as shown in FIG. 34, the counter can to release an AV block for non-AV data when it becomes 0, unnecessarily searching for sector bit map can do. もちろんデータを削除したセクタについてセクタビットマップの変更は不可欠である。 Of course sector change in the sector bit map for deleting the data is essential.

【0118】2点目はAVデータ用に割り当てられたA [0118] The second point was assigned for the AV data A
Vブロックにおいても複数ファイルの共存を容易にすることである。 It is to facilitate co-existence of multiple files even in the V-block. ここでいう共存は、AVファイルが既に書かれているAVブロックに対して、他のAVファイルを追加することではなく、編集によって1つのAVファイルが別個のAVファイルに分割された場合をいう。 Coexistence here, to the AV block AV file has already been written, not to add other AV file, refers to the case where one AV file is divided into separate AV files by editing. この場合も、カウンタにりAVブロックに複数のAVファイルが存在することを管理できるとともに、カウンタが0 Again, it is possible to manage the counter Nisato AV block into a plurality of AV files exist, the counter is 0
になった時点でAVブロックを解放することができる。 It is possible to release the AV block when it becomes.

【0119】さらに、AVブロックにおけるAVファイルの共存を考える場合、実際には2つのファイルの共存を考えれば十分である。 [0119] Furthermore, when considering the coexistence of AV file in the AV block, in practice it is sufficient given the coexistence of two files. この様にAVブロックはたかだか2つのAVファイルが共存するだけなので、カウンタではなく、共存されているかどうかのフラグだけを持てば十分である。 Since only the AV block as the coexist at most two AV files, not the counter, it is sufficient to able to have only a flag indicating whether being coexist. この場合、ファイルシステム部102 In this case, the file system unit 102
は、非AVデータ用のAVブロックの解放はこれまで通り、スペースビットマップをチェックし、AVデータ用のAVブロックの解放は共存フラグを使用するようにしてもよい。 The release of AV blocks for non-AV data as before, checks the space bitmap, release of AV blocks for AV data may be used coexistence flag.

【0120】なお、第4の構成例においても第3の構成例における可変長ビットを設けることができる。 [0120] Incidentally, it is also possible in the fourth configuration is provided a variable length bit in the third configuration example. さらに、AVブロック管理テーブル内の1AVブロックに対するデータを3バイト以上にすれば、AVブロックのサイズも同時に持つことが可能となる。 Furthermore, if the data for 1AV block in the AV block management table than 3 bytes, the size of the AV block it is possible to have at the same time. 図35は、AVブロック管理テーブルの第5の構成例を示す。 Figure 35 shows a fifth configuration example of the AV block management table.

【0121】上記実施例ではAVブロックはゾーン境界を跨がない様にするため、ゾーン領域最終のAVブロックを可変長としていた。 [0121] AV block in the above embodiment to so as not cross the zone boundary, had a variable length AV block zone zone last. ここでは、全AVブロックを約7MBの固定長としてディスクの先頭から順にAVブロック領域が設けられているものとする。 Here, it is assumed that the AV block area from the beginning of the disk in the order is provided to all AV block as a fixed length of about 7MB. この場合、図3 In this case, as shown in FIG. 3
5の斜線部のAVブロックの様に、ゾーン境界を内部に持つAVブロックが存在する。 Five as AV blocks hatched portion of, AV blocks with zone boundaries therein is present. ゾーン境界を内部にもつAVブロックにAVファイルを記録しても連続再生が保証できないので、AVブロック内にゾーン境界があるかないかを別途管理する必要がある。 Since even continuous reproduction and record the AV file to the AV block having a zone boundary to the inside can not be guaranteed, it is necessary to separately manage whether the zone boundary can not walk in the AV block. そこで第5の構成例では、AVブロック管理テーブル内に、AVブロック内にゾーン境界があるかないかを示すフラグを持たせAV Therefore, in the fifth configuration, in the AV block management table, AV to have a flag indicating whether there is a zone boundary in the AV block
ブロックを管理する。 To manage the block.

【0122】図35のAVブロック管理テーブルでは、 [0122] In the AV block management table of FIG. 35,
1AVブロックは4ビットデータにより割当状況とゾーン境界の有無とが表されている。 1AV block and whether assignment status and zone boundary is represented by 4-bit data. 4ビットデータ中の上位1ビットはAVブロック内にゾーン境界を含むかどうかのフラグであり、下位3ビットはAVブロックの割り当て状況を示す。 4 upper one bit in the bit data is a flag indicating whether or not including a zone boundary in the AV block, the lower three bits indicate the assignment status of the AV block. この場合、ファイルシステム部10 In this case, the file system unit 10
2は、AVデータをAVブロックに割り当てる場合に、 2, when assigning AV data to the AV block,
ゾーン境界を含むAVブロック単独では割り当てないようにし、ゾーン境界を含むAVブロックとその前後に隣接するAVブロックとを含めた3つのAVブロックに連続してAVファイルを記録するように管理すればよい。 Not assign the AV block alone including a zone boundary, it can be managed so as to record the AV file in succession to the three AV blocks including AV block and AV block that is adjacent to the front and rear, including a zone boundary .
こうすれば、ゾーン境界を含むAVブロックにAVファイルを記録しても連続再生を保証することが可能である。 In this way, even when recording an AV file in the AV blocks including a zone boundary is possible to guarantee a continuous playback.

【0123】仮に、ゾーン境界を含むAVブロックに非AVファイルしか記録できないとするれば、非AVファイル用にゾーン境界と同数の24のAVブロック用意されることになる。 [0123] If, if Rure be not only be recorded non-AV file in the AV blocks including a zone boundary will be AV block prepared in the zone boundary as many 24 for non-AV file. その容量の合計は全部で164MBにもなり、AVファイルを記録可能な領域が減少することになってしまう。 It is also the 164MB total the sum of the capacity recordable area becomes possible to reduce the AV file. よってファイルシステム部102は、 Therefore, the file system unit 102,
ゾーン境界では、上記の3つのAVブロックをまとめて管理するこのとが望ましい。 The zone boundary, the city that is used to control three AV block of the desirable.

【0124】なお、図6に示したAVブロック管理テーブルおいて、AVブロックの境界とゾーン領域の最終のAVブロックに関してはそれに引き続くAVブロックとは非連続であるということを示す意味で、非連続フラグを持たせてもよい。 [0124] Incidentally, in advance AV block management table shown in FIG. 6, with respect to the last AV block boundary and zone area of ​​AV block means indicate that the AV block that follows it is discontinuous, a discontinuous flag may be provided with. こうすれば、ファイルシステム部1 In this way, the file system part 1
02において2つの連続したAVブロックを確保する際に、AVブロック管理表で連続するAVブロックが連続であるか、ゾーン境界で分断されているかの判断がしやすくなる。 When securing the two consecutive AV blocks in 02, or AV blocks consecutive AV block management table is continuous, it becomes easier to determine if they are separated by a zone boundary.

【0125】また、非AVデータ用のAVブロックをあらかじめ、あるサイズでまとめて先に予約することでA [0125] In addition, A an AV block for non-AV data in advance, by booking ahead together in a certain size
Vデータ用のAVブロックと非AVデータ用のAVブロックとが混在することが無くなり、AVデータ用の連続領域の確保が容易になる。 Eliminated that the AV block for AV block and non-AV data for V data are mixed, it is easy to secure a continuous area for AV data. また、他のファイルシステムとAVファイルシステムと互換性を保たない、つまりA Also, do not keep other files systems and AV file system-compatible, i.e. A
Vファイルシステムで書かれたディスクはAVファイルシステムでしかアクセスしないのであれば、AVの属性を持つAVブロックに含まれる全てのセクタのセクタを割当済みとせず、実際にAVデータが書き込まれたセクタのみを割当済みとすることもできる。 If the disk written in V file system is not to be accessed only by the AV file system, not a sector of all the sectors included in AV blocks with attributes of AV and assigned, was actually AV data written sector only it can also be assigned. これにより、A As a result, A
Vブロック内の空き領域の管理が容易になる。 Administration of free space in the V-block is facilitated.

【0126】さらに、上記実施例では、AVデータ用のAVブロックに含まれるセクタに関しては、全てのセクタを割当済みとしたが、実際にAVデータが書き込まれたセクタのみを割当済みとするようにしてもよい。 [0126] Further, in the above embodiment, for the sectors included in AV blocks for AV data has been all sectors and assigned actually to be only the assigned sectors AV data is written it may be. これにより、AVブロックをサポートしていない他のファイルシステムとの互換性が多少犠牲になるものの、AVブロック内の空き領域の管理が容易になる。 Thus, although the compatibility with other file systems that do not support AV block is slightly sacrificed, it is easy to manage the free space in the AV block. (2)第2実施形態 以下、第2の実施形態における光ディスク及び光ディスク記録再生装置について説明する。 (2) The following second embodiment will be described an optical disk and an optical disk recording and reproducing apparatus in the second embodiment. (2-1)光ディスク 本実施形態における光ディスクは、第1実施形態と比較して、(1)第1実施形態のAVブロックの代わりに擬似連続記録を設ける点と、(2)AVブロック管理テーブルの代わりに擬似連続記録割り当て情報を設ける点とが異なっている。 (2-1) optical disc in this embodiment, as compared with the first embodiment, (1) and a point of providing a quasi-continuous recording instead of the AV blocks in the first embodiment, (2) AV block management table It is different from a point to provide a pseudo-continuous recording allocation information instead of. 以下、第1実施形態と同じ点は説明を省略して異なる点を説明する。 Hereinafter, the same points as the first embodiment will be explained the different points will not be described.

【0127】(1)の点について、第1実施形態の光ディスクではAVデータが記録されているかいないかに関らず、データ記録領域の全体に亘ってほぼ固定長のAVブロックが固定的に予め設定されているのに対して、本実施形態では媒体上に固定的なAVブロックが存在せず、 [0127] The point (1), regardless concerning whether the optical disk of the first embodiment not whether the AV data has been recorded fixedly preset is AV block substantially fixed length throughout the entire data recording area whereas is, in this embodiment there is no fixed AV block on the medium,
AVデータの記録に際して上記固定長より大きい擬似連続記録と呼ばれる領域が動的に割り当てられるようになっている。 Area called large pseudo-continuous recording than the fixed length is adapted to be dynamically allocated time of recording the AV data.

【0128】(2)の点について、第1実施形態の光ディスクでは1つのAVブロック管理テーブルにより全てのAVブロックの割当て状況が管理されているのに対して、本実施形態ではAVファイル毎に擬似連続記録として割り当てられた領域を管理するための擬似連続記録割り当てテーブルが記録されるようになっている。 [0128] (2) for the points, quasi in the optical disk of the first embodiment with respect to the allocation status of all the AV blocks are managed by a single AV block management table, for each AV file in the present embodiment pseudo-continuous recording assignment table for managing assigned as a continuous recording area is adapted to be recorded. このため、本実施形態における光ディスクは、図1〜図3、図8〜図12については、第1実施形態と同じである。 Therefore, the optical disc of this embodiment, FIGS. 1 to 3, for 8 to 12 is the same as the first embodiment. また、図4において、本実施形態では各ゾーン領域内の固定的なAVブロックは存在しないが、複数のゾーンに分割されている点と、ECCブロック(16セクタ)を読み書きの単位にする点とは同じである。 Further, in FIG. 4, but absent fixed AV block in each zone region in the present embodiment, and that it is divided into a plurality of zones, and points to the unit of reading and writing an ECC block (16 sectors) it is the same. また、図6に示したAVブロック管理テーブルは存在しないが、セクタ管理テーブル(スペースマップ)を有する点は同じである。 Although not present AV block management table shown in FIG. 6, that it has a sector management table (space map) it is the same. (2-1-1)擬似連続記録 本実施形態におけるAVファイルは、連続再生を保証するために1つ又は複数の擬似連続記録から構成される。 (2-1-1) AV file in the pseudo consecutive record this embodiment is comprised of one or more pseudo consecutive records to ensure continuous playback.
擬似連続記録とは、ECCブロックスキップ方式によるスキップを含むことを除いた連続したセクタ(ECCブロック)に、連続再生を保証するためのサイズ以上のA The pseudo-continuous recording, in successive sectors except that it contains a skip by the ECC block skip method (ECC blocks), the more the size to ensure continuous playback A
Vデータ(AVデータの部分)を記録した領域、又は記録されたAVデータをいう。 Region were recorded V data (part of the AV data), or refers to the recorded AV data.

【0129】ECCブロックスキップ方式とは、アドレスエラーなどを生じる欠陥セクタが存在する場合に、欠陥セクタを含むECCブロックをスキップして、次のE [0129] The ECC block skip method, when a defective sector occurs and address error is present, by skipping an ECC block including a defective sector, the following E
CCブロックに書き込むことをいう。 It refers to be written to the CC block. この方式は、同じゾーン内に予め確保されている代替領域内のセクタに書き込むリニアリプレースメント方式と比べると、代替領域へのジャンプがない点でAVデータの連続再生に適している。 This method is different from the linear replacement method to be written to the sector alternative area that is previously reserved in the same zone, it is suitable for continuous playback of the AV data in that there is no jump to the replacement area.

【0130】1つの擬似連続記録は、整数個分のECC [0130] One of the pseudo-continuous recording, the integer number ECC
ブロックを含み、且つその先頭セクタがECCブロックの先頭セクタとなるように、複数のゾーンに跨らないものとする。 It includes a block, and the head sector to a first sector of the ECC block, and shall not span multiple zones. 擬似連続記録の最小サイズは、AVデータの連続再生を保証するために、第1実施例のAVブロックと同様に224個のECCブロック(約7MB)とする。 The minimum size of the pseudo consecutive record, in order to ensure continuous playback of the AV data, the AV block as well as 224 ECC blocks of the first embodiment (approximately 7MB).

【0131】この割り当て結果は、割り当て情報としてAVファイルとともに記録される。 [0131] The assignment result is recorded together with the AV file as allocation information. 割り当て情報は、A Allocation information is, A
Vファイルの先頭に記録してもよいが、本実施形態では、AVファイルに対応して1個の非AVファイルとして記録され、リスト構造を有するものとする。 May be recorded at the beginning of the V file, in the present embodiment, corresponding to the AV file is recorded as one non-AV file, it shall have a list structure. (2-1-2)擬似連続記録の割り当て 擬似連続記録割り当て管理情報(以下、単に割り当て情報と呼ぶ)は、AVファイルを構成する1つ又は複数の擬似連続記録が光ディスク上のどの領域に割り当てられているかを表す情報である。 (2-1-2) Assignment pseudo-continuous recording allocation management information of a pseudo consecutive record (hereinafter, referred to simply as allocation information), one constituting the AV file or plurality of pseudo consecutive record assignment to any area on the optical disc is is information indicating whether the.

【0132】光ディスク記録装置において、擬似連続記録はAVファイルの記録に先立って光ディスク上の空き領域に割り当てられる。 [0132] In the optical disk recording apparatus, pseudo-continuous recording is allocated to a free area on the optical disc before the recording of the AV file. 図36A、Bは、1つのAVファイルに対応する割り当て情報の具体例と、それに対応するスペースビットマップとを示す図である。 Figure 36A, B are diagrams showing a specific example of allocation information corresponding to one AV file, and a space bit map corresponding thereto. 同図において、割り当て情報は2つのエントリe1、e2からなるテーブルとして記録されている。 In the drawing, assignment information is recorded as a table consisting of two entries e1, e2. 各エントリは、同図左から開始セクタ番号(LSN)、終了セクタ番号及び属性からなる。 Each entry start sector number from the figure the left (LSN), consisting of end sector numbers and attributes. 属性は、「0」で擬似連続記録であることを、「1」で空き領域であることを示す。 Attribute that is a pseudo-continuous recording at "0", it indicates that "1" is a free area. この例では属性は「0」以外の値をとらない。 Attribute does not take a value other than "0" in this example.

【0133】各エントリにおける開始セクタ番号から終了セクタ番号までの光ディスクの領域は、擬似連続記録の一部分または1つの擬似連続記録が割り当てられたセクタ領域を表している。 [0133] area of ​​the optical disk to the end sector number from the start sector number of each entry, pseudo-continuous recording of a portion or one pseudo-continuous recording represents a sector area assigned. ここで、擬似連続記録と、ファイルシステムにおいて管理されるエクステントとの関係について説明する。 Here, a pseudo-continuous recording, the relationship between the extent which is managed in a file system will be described. 擬似連続記録は、エクステントがゾーン境界を跨がない場合はエクステントと1対1に対応するが、エクステントがゾーン境界を跨ぐ場合は多対1 Pseudo-continuous recording, extent if not cross the zone boundary corresponds to the extent in one-to-one, but if the extent crosses a zone boundary is many-to-one
に対応する。 Corresponding to. 例えばエクステントが1つのゾーン境界の跨ぐ場合、ゾーン境界の前後で2つの擬似連続記録となり1つのエクステントに対応する。 For example extents may straddle the one zone boundaries, corresponding to one extent become two pseudo consecutive record before and after the zone boundary. (2-1-3)擬似連続記録割り当て管理情報とスペースビットマップ 図36(b)は、同図(a)のように擬似連続記録が割り当てられた場合のスペースビットマップの様子を示す図である。 (2-1-3) Pseudo Continuous recording allocation management information and the space bit map diagram 36 (b) is a view showing a state of a space bit map when a pseudo consecutive record is assigned as FIG (a) is there.

【0134】同図のスペースビットマップにおいて、擬似AVブロック#iに割り当てられたセクタ(セクタ番号6848〜34847)に対応するビットは、割り当て済み”0”(割当済)に設定されている。 [0134] In the space bitmap in the figure, the bit corresponding to the pseudo AV block #i assigned to sectors (sector numbers 6848-34847), is set to the assigned "0" (the assigned). 割り当て情報とスペースビットマップとは、管理の単位が異なるがともにデータ領域の割当状況の管理用いられるので、連動して管理することが望ましい。 The allocation information and the space bit map, since the unit of management is used differ both manage allocation status of the data area, it is desirable to manage in conjunction.

【0135】光ディスク記録装置では、割り当て情報において擬似AVブロックに割り当てられた領域は、スペースビットマップにおいて”0”(割当済)に設定される。 [0135] In the optical disc recording apparatus, areas assigned to the pseudo AV block in the assignment information is set to "0" (the assigned) in the space bit map. (2-2)記録再生装置 次に、第2実施形態における光ディスク記録再生装置について説明する。 (2-2) Recording and reproducing apparatus will now be described an optical disk recording and reproducing apparatus in the second embodiment. (2-2-1)システムおよびハードウェア構成 図14に示したシステム構成、図15に示したDVDレコーダのハードウェア構成、図16に示したMPEGエンコーダ2の構成、図17に示したMPEGデコーダ4 (2-2-1) System and Hardware configuration Figure 14 the system configuration shown in the hardware configuration of the DVD recorder shown in FIG. 15, the structure of MPEG encoder 2 shown in FIG. 16, MPEG decoder shown in FIG. 17 4
の構成については、それぞれ本実施形態において同じである。 The configuration is the same in this embodiment, respectively.

【0136】ただし、光ディスクが、第1実施形態と比較して、第1実施形態のAVブロックの代わりに擬似連続記録を設ける点と、AVブロック管理テーブルの代わりに擬似連続記録割り当て情報を設ける点とが異なっている。 [0136] However, optical disc, as compared with the first embodiment, a point of providing a quasi-continuous recording instead of the AV blocks in the first embodiment, a point of providing a pseudo-continuous recording allocation information instead of the AV block management table door is different. このため、図15中の主記憶1d内のプログラムも異なっている。 Therefore, the different program in the main memory 1d in FIG. (2-2-2)機能ブロック図 図37は、本実施形態におけるDVDレコーダ10の構成を機能別に示した機能ブロック図である。 (2-2-2) Function Block Diagram Figure 37 is a functional block diagram showing the configuration of the DVD recorder 10 in this embodiment by function. 同図における各機能は、制御部1におけるCPU1aが主記憶1d Each feature in the figure, CPU 1a in the control unit 1 is the main memory 1d
のプログラムを実行することにより図14に示したハードウェアを制御することにより実現される。 It can be realized by controlling the hardware shown in FIG. 14 by executing a program.

【0137】同図では、第1実施形態における図18に対して同じ構成要素には同じ符号を付してある。 [0137] In this figure, the same elements with respect to FIG. 18 in the first embodiment are denoted by the same reference numerals. 同じ構成要素は説明を省略して以下異なる点を中心に説明する。 The same components will be mainly described below different points will not be described. 異なる点は、図18におけるファイルシステム部1 The difference, the file system section 1 in FIG. 18
02、録画編集再生制御部105、AVデータ録画部1 02, the recording-editing-reproducing control unit 105, AV data recording unit 1
10の代わりに、ファイルシステム部202、録画編集再生制御部205、AVデータ録画部210を備えている点である。 Instead of 10, the file system unit 202, is that it includes a recording editing reproduction control unit 205, AV data recording unit 210.

【0138】ファイルシステム部202は、第1実施形態におけるAVファイルシステム部103、共通ファイルシステム部104の代わりにAVファイルシステム部203、共通ファイルシステム部204を有する点が異なっている。 [0138] the file system unit 202, the AV file system unit 103 in the first embodiment, the common file AV file system unit 203 instead of the system unit 104, differs in having a common file system unit 204. AVファイルシステム部203は、AVファイルシステム部103に比べて、図21に示した「AV AV file system unit 203, as compared with the AV file system unit 103, "AV shown in FIG. 21
_WRITE」コマンドをサポートしない点のみが異なっている。 Only that it does not support the _WRITE "command is different.

【0139】共通ファイルシステム部204は、共通ファイルシステム部104に比べて、「WRITE」コマンドにてAVデータの書き込みも行なう点が異なっている。 [0139] Common file system unit 204, the common file as compared with the system unit 104, also points to perform writing of AV data in the "WRITE" command is different.
つまり、ファイルシステム部202においてはAVデータと非AVデータとを区別することなく同等に扱われる。 That is, in the file system unit 202 are treated equally without distinguishing the AV data and non-AV data. AVデータか非AVデータかは、AVデータ録画部210、AVデータ編集部220、AVデータ再生部2 Whether AV data or non-AV data, AV data recording unit 210, AV data editing unit 220, AV data reproducing unit 2
30にて区別されることになる。 It is to be distinguished at 30.

【0140】AVデータ録画部210、AVデータ編集部120、AVデータ再生部130はそれぞれ、録画編集再生制御部205から録画要求、編集要求、再生要求を受けて、要求された録画、編集、再生に必要なコマンドをAVファイルシステム部103に発行する。 [0140] Each of the AV data recording unit 210, AV data editing unit 120, AV data reproducing unit 130, a recording request from the recording-editing-reproducing control unit 205, the editing request, receiving a reproduction request recordings were required, edit, play It issues a command necessary for the AV file system unit 103. AVデータ録画部210は、録画編集再生制御部105から録画要求を受けて、要求された録画に必要なコマンドをA AV data recording unit 210 receives a recording request from the recording-editing-reproducing control unit 105, a command necessary for the requested recording A
Vファイルシステム部103に発行し、同時に、図36 Issued V file system unit 103, at the same time, FIG. 36
に示した割り当て情報の作成および更新を行なう。 To create and update allocation information shown in. より詳しく言うと、AVデータ録画部210は、録画要求を受けると、スペースビットマップと擬似連続記録割り当て情報とを検索することにより未使用の領域を探し、上記固定長(約7Mバイト)以上の領域を確保するとともに、新たな擬似連続記録割り当て情報を生成する。 More particularly, AV data recording unit 210 receives the recording request, locate the unused area by searching the space bit map and the pseudo consecutive record assignment information, the fixed-length (about 7M bytes) or more while securing the area, it generates a new pseudo-continuous recording assignment information. このとき、既に擬似連続記録が存在する場合にはその擬似連続記録になるべく連続する領域に記録されるように、新たな擬似連続記録の領域を確保するとともに、確保した領域を対して擬似連続記録割り当て情報を作成する。 In this case, as already pseudo-continuous recording is recorded in the region as much as possible its continuation pseudo continuous recording when present, while securing the area of ​​the new pseudo-continuous recording, pseudo-continuous recording for the area secured to create the assignment information. (2-3-1)AVファイルの録画 次に、DVDレコーダ10におけるAVファイルの録画について詳細に説明する。 (2-3-1) Recording of AV files will be described in detail recording AV files in the DVD recorder 10.

【0141】図38は、本実施形態におけるDVDレコーダにおける録画処理を示すフローチャートである。 [0141] Figure 38 is a flow chart showing the recording process in the DVD recorder of the present embodiment.
「録画」ボタンが押下されたとき、又はの現在時刻が「録画予約」の開始時刻に達したとき、録画開始の通知がユーザIF部106を介して録画編集再生制御部10 "Record" when the button is pressed, or when the current time reaches the start time of the "recording reservation", recording recording start notification via the user IF unit 106 edits the reproduction control section 10
5になされる。 5 is made to.

【0142】この通知を受けた録画編集再生制御部10 [0142] recording editing reproduction control unit has received the notification 10
5は、上記一定サイズ(約7Mバイト)以上の擬似連続記録領域を確保する。 5, to secure the predetermined size (about 7M bytes) or more pseudo-continuous recording area. すなわち、スペースビットマップと連続記録領域管理ファイルとを参照して、擬似連続記録領域として使用可能な領域確保する(ステップ38 That is, with reference to the space bitmap and the continuous recording area management file is available space reserved as pseudo-continuous recording area (step 38
0)。 0). このとき、既に記録されたAVデータが存在し、 In this case, AV data exists already recorded,
これから記録しようとするAVデータが論理的に連続する場合には、なるべく既に存在する連続記録領域と連続するように新たな連続記録領域を確保する。 When the AV data to be recorded is successively logically ensures a new contiguous recording area so as to be continuous with possible continuous recording areas already present.

【0143】さらに、録画編集再生制御部105は、A [0143] In addition, recording the editing and playback control section 105, A
Vデータ録画部210にファイル識別子と、録画条件に設定された時間優先を示すパラメータを通知する。 And file identifier to the V data recording unit 210, and notifies the parameters indicating the setting time preference to the recording conditions. AV AV
データ録画部210は、レシーバ9を介して受信中の特定チャネルの番組の映像データと音声データとをMPE Data recording unit 210, MPE video data and audio data of a particular channel being received via the receiver 9 program
Gエンコーダ2によりエンコードを開始し、さらにエンコード結果のMPEGデータをトラックバッファ3aに転送する処理を開始する(ステップ381)。 Begin encoding the G encoder 2, further MPEG data encoding result starts the process of transferring to the track buffer 3a (step 381).

【0144】次いで、録画編集再生制御部105は、共通ファイルシステム部104に対して、新たに割り当てられた連続記録領域の指定を含む「CREATE」コマンドを発行する(ステップ382)。 [0144] Then, recording editing reproduction control unit 105, to the common file system unit 104, it issues a "CREATE" command including a designation of the newly allocated contiguous recording area (step 382). これを受けて共通ファイルシステム部104は、新たな連続記録領域にファイルを作成できる場合には、新たなファイル識別記述子を返す。 Common file system unit 104 receives this, if it can create the file in a new contiguous recording area returns a new file identification descriptor.

【0145】さらに、AVデータ録画部210は、「OP [0145] In addition, AV data recording unit 210, "OP
EN」コマンドをAVファイルシステム部103に発行する(ステップ383)ことにより、録画編集再生制御部105から与えられたファイル識別記述子とそのファイルエントリとに関する情報をワークメモリ(図外)に保持させる(以下ワークメモリ中の上記情報をFd(ファイルディスクリプタ)と略す)。 Issuing the EN "command to the AV file system unit 103 (step 383) by, to hold the information related to recording editing reproduction control unit file identification descriptor given by 105 and its file entry in the work memory (not shown) (hereinafter the information in the work memory abbreviated as Fd (file descriptor)).

【0146】AVデータ録画部210は、録画編集再生制御部105からの停止命令を受けるまでの間は(ステップ384:yes)、トラックバッファ3aに一定量のM [0146] AV data recording unit 210, until receiving a stop command from the recording-editing-reproducing control unit 105 (step 384: yes), a certain amount in the track buffer 3a M
PEGデータが蓄積される毎に「WRITE」コマンドをA The "WRITE" command A each time the PEG data is stored
Vファイルシステム部103に発行する(ステップ38 Issued to V file system unit 103 (step 38
5、386)。 5,386). ここで、「WRITE」コマンドは3つのパラメータの指定と共にAVファイルシステム部103に発行されるものとする。 Here, "WRITE" command shall be issued to the AV file system unit 103 together with the designation of the three parameters. 3つのパラメータは、「OPEN」 Three parameters, "OPEN"
コマンドによりオープンされた上記Fdと、記録すべきデータのサイズと、それを保持しているバッファ(本実施例ではトラックバッファ3a)とである。 And the Fd which is opened by the command is the size of data to be recorded, it and was held that the buffer (the track buffer 3a in the present embodiment).

【0147】ここで、パラメータとして指定されるFd [0147] In this case, Fd, which is specified as a parameter
は、ファイルエントリと同様に、エクステントの記録位置及びエクステント長を示す情報を含む。 , Like a file entry includes information indicating the recording position and the extent length of the extent. この情報はステップ380において確保された擬似連続記録領域を指定する。 This information specifies the pseudo-continuous recording area reserved in step 380. また、Fdはオープンされてからクローズされるまでに複数の「WRITE」コマンドが発行された場合は逐次更新されていく。 In addition, Fd is going to be sequentially updated If more than one "WRITE" command is issued until it is closed from being opened. 2回目以降の「WRITE」コマンドでは、既に記録されたデータに続けて新たなデータが書き足される。 In the second and subsequent "WRITE" command, the new data is added together to write following the already recorded data.

【0148】AVデータ録画部210は、停止命令を受けた時点で「WRITE」コマンド(ステップ384、38 [0148] AV data recording unit 210, "WRITE" command upon receiving the stop instruction (step 384,38
7)を発行し、さらに「CLOSE」コマンドを発行し(ステップ388)、AVファイル管理情報生成部112にAVファイル(VOB)の記録を終了した旨を通知し(ステップ389)。 7) Issue the issue a further "CLOSE" command (step 388), and notifies the completion of the recording of the AV file (VOB) in the AV file management information generating unit 112 (step 389). こののち、AVデータ録画部21 Thereafter, AV data recording unit 21
0は、記録されたAVデータのFd(エクステント)を参照して擬似連続記録割り当て情報の作成又は更新を行なう。 0, and creates or updates the pseudo-continuous recording allocation information by referring to Fd (extent) of the recorded AV data. すなわち、新たなAVファイルを記録した場合は擬似連続記録割り当て管理情報を作成し、追加的にAV That is, when recording a new AV file to create a pseudo-continuous recording allocation management information, additionally AV
ファイルを録画した場合は擬似連続記録割り当て管理情報を更新し、同時にスペースビットマップも更新する(ステップ390)。 If recording a file to update the pseudo-continuous recording allocation management information, also updates the space bit map at the same time (step 390). 更新又は作成された擬似連続記録割り当て管理情報は、共通ファイルシステム部204を介して非AVファイルとして記録される。 Pseudo-continuous recording allocation management information updated or created is recorded as a non-AV file via the common file system unit 204.

【0149】なお、ステップ387の「WRITE」コマンドは、トラックバッファに残されたデータを記録するためである。 [0149] Incidentally, the "WRITE" command in step 387, in order to record the data remaining in the track buffer. ステップ388の「CLOSE」コマンドは、ワークメモリ中のFdを、DVD−RAM上のファイル識別記述子及びファイルエントリが書き戻すためである。 "CLOSE" command in step 388, the Fd in the work memory, because writing back the file identifier descriptor and a file entry on the DVD-RAM.
以上説明してきたように、本実施形態におけるDVDレコーダは、AVデータの記録に際して、スペースビットマップ及び割り当て情報を参照して、擬似連続記録用の領域を動的に確保及び割り当てを行なう。 As described above, DVD recorder in this embodiment, when recording the AV data, with reference to the space bitmap and the allocation information, performs dynamically allocated and allocate space for pseudo-continuous recording. 従って、第1 Therefore, the first
実施形態におけるDVDレコーダに比べてAVブロックという媒体上の論理的な区画が存在しないので、光ディスク上のデータ領域をより有効に活用することができる。 Because there is no logical partitions on the medium of AV block in comparison with the DVD recorder in the embodiment, it is possible to utilize the data area on the optical disc more effectively. (3)第3実施形態 本実施形態における光ディスク及びDVDレコーダは、 (3) optical disk and DVD recorder according to the third embodiment the present embodiment,
第2の実施形態と比較して、(1)擬似連続記録の最小サイズを動的に変更し得る点と、(2)擬似連続記録割り当て管理情報を有しない点とが異なっている。 Compared to the second embodiment, (1) and that may dynamically change the minimum size of the pseudo consecutive record is different from the point no (2) pseudo consecutive record assignment management information. 以下第2実施形態と異なる点を中心に説明する。 It will be described focusing on differences from the following second embodiment.

【0150】(1)の点については、第2実施形態では連続再生を保証する一定サイズを固定的に約7Mバイトとして扱っていたが、本実施形態では実際にエンコードされるビデオオブジェクトのビットレートに応じて擬似連続記録の最小サイズを決定し得るようにDVDレコーダ10を構成している。 [0150] (1) for the points is in the second embodiment has been treated as fixed manner about 7M bytes certain size to ensure continuous playback, the bit rate of the video object in the present embodiment is actually encoded constitute the DVD recorder 10 so as to determine the minimum size of the pseudo consecutive record in accordance with the. (2)の点については、DVDレコーダ10は、割り当て管理情報を光ディスク上に記録しないで、録画する毎に、スペースビットマップから空き領域を検索して擬似連続記録として割り当て可能な領域を確保するように構成されている。 (2) for the points it is, DVD recorder 10, without recording the allocation management information on the optical disc, every time the recording, to ensure assignable area as a pseudo-continuous recording and search for free space from the space bitmap It is configured to. (3-1)擬似連続記録領域の最小サイズ まず、上記(1)における、連続再生を保証するための最小サイズを決定する理論的根拠について説明する。 (3-1) Minimum Size of Pseudo contiguous recording area first, in the above (1), described the theoretical basis for determining the minimum size to ensure continuous reproduction.

【0151】図39は、ビデオオブジェクトを再生する再生装置においてDVD−RAMから読み出されたAV [0151] Figure 39 is, AV read from DVD-RAM in a reproducing apparatus for reproducing video objects
データがトラックバッファにバッファリングされる様子をモデル化した図である。 Data is a diagram that models the manner in which buffered to the track buffer. このモデルは、再生装置として備えるべき最低限度の仕様を定めたモデルであり、この仕様を満たす限り連続再生を保証することができる。 This model is a model that defines the specifications for minimum should be provided as a reproduction apparatus, it is possible to ensure a continuous reproduction as long as it satisfies the specification.

【0152】図39上段において、DVD−RAMから読み出されたAVデータは、ECC処理が施され、トラックバッファ(FIFOメモリ)に一時蓄積され、さらにトラックバッファからデコーダに出力される。 [0152] In FIG. 39 upper part, the AV data read from the DVD-RAM, ECC processing is performed, is temporarily stored in the track buffer (FIFO memory), it is further outputted from the track buffer to the decoder. トラックバッファ入力の転送レート(光ディスクからの読み出しレート)をVr、トラックバッファ出力の転送レート(デコーダ入力レート)をVoとする(ただしVr>Voとする)。 Track buffer input transfer rate (rate of reading from the optical disc) Vr, the track buffer output transfer rate (decoder input rate) and Vo (the proviso Vr> Vo).
このモデルではVr=11Mbpsとする。 In this model, and Vr = 11Mbps.

【0153】図39下段は、このモデルにおけるトラックバッファのデータ量の変化を示すグラフである。 [0153] Figure 39 the lower is a graph showing a change in the data amount of the track buffer in this model. 縦軸はトラックバッファのデータ量、横軸は時間である。 Ordinate data amount of the track buffer, the horizontal axis represents time. 同図では欠陥セクタが存在しない擬似連続記録#jと欠陥セクタが存在する擬似連続記録#kとが順次読み出される場合を想定している。 In the same figure assumes a case where the pseudo-continuous recording #k that there are quasi-continuous recording #j and defective sectors there are no defective sectors are sequentially read. 時間軸上の期間T1は、欠陥セクタを含まない擬似連続記録#jの先頭から末尾までの全AVデータの読み出しに要する時間である。 Period T1 on the time axis is the time required to read all AV data from the beginning of the pseudo-continuous recording #j including no defective sector to the end. この期間では、(Vr−Vo)のレートでバッファ内のデータ量が増えていく。 In this period, gradually increasing the amount of data in the buffer at a rate of (Vr-Vo).

【0154】期間T2(以下ジャンプ期間と呼ぶ)は、 [0154] (hereinafter referred to as a jump period) period T2,
擬似連続記録#jから擬似連続記録#kへの光りピックアップがジャンプするのに要する時間である。 The optical pick-up from the pseudo-continuous recording #j to the pseudo-continuous recording #k is the time it takes to jump. ジャンプ時間は、光ピックアップのシークタイムと、光ディスク回転が安定するのに要する時間を含む。 Jump time includes a seek time of the optical pickup, the time required for the optical disc rotation is stabilized. この時間は、最大では、最内周から最外周へのジャンプする時間であり、本モデルでは約1500mSとする。 This time, the maximum, the time to jump to the outermost from the innermost, in this model and about 1500 ms. この期間では、 In this period,
Voのレートでバッファのデータ量が減っていく。 Data amount of the buffer is gradually reduced at a rate of Vo.

【0155】期間T3〜T5は、欠陥セクタを含む擬似連続記録#kの先頭から末尾までの全AVデータの読み出しに要する時間である。 [0155] period T3~T5 is the time required to read all AV data from the beginning of the pseudo-continuous recording #k including the defective sector to the end. このうち期間T4は、欠陥セクタが存在するEccブロックを読み飛ばして次のEc Of this period T4, the next Ec skip Ecc block there is a defective sector
cブロックにスキップする時間である。 A time to skip c block. このスキップは、Eccブロック内に欠陥セクタが1つでも存在すれば、当該Eccブロック(16セクタ)を読み飛ばして、連続する次のEccブロックにジャンプすることをいう。 The skip, if present even defective sector one on Ecc block, skip the Ecc block (16 sectors), refers to jump to the next Ecc contiguous blocks. つまり、擬似連続記録において欠陥セクタが存在するEccブロックは、欠陥セクタのみを代替セクタ(代替Eccブロック)に論理的に置き換えられるわけではなく、当該Eccブロック(16セクタ全部)が単に使用されないようになっている(上記のECCブロックスキップ方式)。 That, Ecc blocks existing defective sector in the pseudo consecutive record, not replaced logically only alternate sector defective sector (alternative Ecc block), as the Ecc block (16 sectors all) is not simply be used going on (ECC block skip method described above). この時間T4は、最大でディスクが一回転する場合の回転待ち時間であり、本モデルでは約105mSとする。 The time T4 is up a rotational latency of when the disk rotates once, in this model and about 105 ms. 期間T3とT5では(Vr−Vo)のレートでバッファ内のデータ量が増えていくが、期間T4 Although the data amount in the buffer at a rate of in the period T3 and T5 (Vr-Vo) is gradually increased, the period T4
ではVoのレートで減っていく。 In going to decrease at a rate of Vo.

【0156】擬似連続記録のサイズは、擬似連続記録に含まれる全てのEccブロック数をN_eccとすると、N [0156] The size of the pseudo consecutive record, and the number of all the Ecc blocks included in the pseudo consecutive record and N_ecc, N
_ecc*16*8*2048ビットと表される。 Represented as _ecc * 16 * 8 * 2048 bits. 連続再生を保証するためのN_eccの下限値は次のようにして導き出せる。 The lower limit of N_ecc to ensure continuous playback derivable as follows. 期間T2では、トラックバッファからAVデータが読み出されているだけある。 In the period T2, there is only the AV data is being read from the track buffer. この期間内に、もしバッファ容量が0になればデコーダにおいてアンダーフローが発生する。 Within this period, if the buffer capacity underflow occurs in the decoder reached 0. この場合にはAVデータの連続再生が保証できなくなる。 It can not be guaranteed continuous playback of the AV data in this case. そこで連続再生を保証するためには(アンダーフローを生じさせないためには)、次式を満たさなければならない。 Therefore in order to guarantee a continuous playback (in order not to cause an underflow), it must satisfy the following equation.

【0157】 [0157]

【数6】 [6] バッファ蓄積量Bは、期間T1の終了時点でトラックバッファに蓄積されたデータ量である。 Buffer fullness B is the amount of data accumulated in the track buffer at the end of the period T1. 消費量Rは、期間T2内に読み出される全データ量である。 Consumption R is the total amount of data read during the period T2. >=は、大なり又は等しいを意味する。 > = Means greater than or equal. 蓄積量Bは、次式により表せる。 Accumulation amount B is expressed by the following equation.

【0158】 [0158]

【数7】 [Equation 7] 消費量Rは、次式により表せる。 Consumption R can be expressed by the following equation.

【0159】 [0159]

【数8】 [Equation 8] 上記(数6)の両辺を(数7)(数8)で置き換えると次式となる。 Replacing both sides of the equation (6) (7) (8) by the following equation.

【0160】 [0160]

【数9】 [Equation 9] この式より、連続再生を保証するためのEccブロック数N_eccは、次式を満たさなければならない。 From this equation, Ecc block number N_ecc for ensuring continuous reproduction must satisfy the following equation.

【0161】 [0161]

【数10】 [Number 10] この式において、Tjは上記のジャンプ時間であり、最大で1.5秒である。 In this equation, Tj is the above jump time is 1.5 seconds at a maximum. Vrは固定値(図39上段の再生装置モデルでは約11Mbps)である。 Vr (in the FIG. 39 upper part of the reproduction apparatus model about 11Mbps) fixed value is. また、Voは、 In addition, Vo is,
ビデオオブジェクトが可変ビットレートであることを考慮すると数11で表される。 Video object is represented by consideration of the number 11 to be a variable bit rate. つまり、Voは、トラックバッファ出力の物理的な転送レートの最大値ではなく、可変ビットレートのAVデータの実質的なデコーダの入力レートとして、数11で求められる。 That, Vo is not the maximum value of the physical transfer rate of the track buffer output, as input rate of a substantial decoder AV data of a variable bit rate, determined by the number 11. ただし、擬似連続記録長は、N_ecc個のEccブロックからなる擬似連続記録中のパック数をN_packとしている。 However, pseudo-continuous recording length is a N_pack the number of packs in the pseudo-continuous recording consisting N_ecc number of Ecc block.

【0162】 [0162]

【数11】 [Number 11] ここで、SCR_first_nextは次の擬似連続記録の先頭パックのSCRであり、SCR_first_currentは当該擬似連続記録の先頭パックのSCRである。 Here, SCR_first_next is the SCR of the leading pack of the next pseudo-continuous recording, SCR_first_current is a SCR of the leading pack of the pseudo-continuous recording. SCRは、当該パックをトラックバッファからデコーダへ出力すべき時刻を示し、(1/27M)secを単位とする。 SCR indicates the time to be output to the decoder the pack from the track buffer, the unit of (1 / 27M) sec.

【0163】上記(数10)(数11)に示したように、擬似連続記録の最小サイズは、実際に記録しているAVデータのビットレートに応じて理論的に算出することができる。 [0163] As shown in equation (10) (11), the minimum size of the pseudo consecutive record can be calculated theoretically according to the bit rate of the AV data that is actually recorded. さらに、上記数10では、光ディスクに欠陥セクタが存在しない場合には妥当するが、欠陥セクタが存在する場合に、連続再生を保証するためのEccブロック数N_eccについて説明する。 Furthermore, in the number 10, will be valid if the defective sector in the optical disk is not present, when there is a defect sector, it will be described Ecc block number N_ecc to ensure continuous reproduction.

【0164】擬似連続記録領域に、欠陥セクタを有する [0164] The pseudo-continuous recording area, the defective sector
ECCブロックが、dN_ecc個存在するものとする。 ECC block is assumed to dN_ecc number exists. このdN_ This dN_
ecc個のECCブロックには上記のECCブロックスキップによってAVデータが記録されない。 The ecc ECC blocks AV data by the ECC block skip is not recorded. dN_ecc個のECCブロックをスキップすることによるロス時間Tsは、T4*d Loss time Ts caused by skipping the dN_ecc number of ECC blocks, T4 * d
N_ecc と表される(T4は図39のモデルにおけるECCブロックスキップ時間である)。 Represented as N_ecc (T4 is ECC block skip time in the model of Figure 39).

【0165】これらを数10に加味すると、欠陥セクタが存在する場合であっても連続再生を保証するためには、次式を満たすECCブロック数N_eccの連続領域を擬似連続記録領域とすればよい。 [0165] When adding these to several 10, to ensure continuous reproduction even when there is a defective sector may be a contiguous region of the number of ECC blocks N_ecc the following expression is satisfied as a pseudo consecutive record area .

【0166】 [0166]

【数12】 [Number 12] 以上のように、擬似連続記録領域は、欠陥セクタが存在しない場合には数10を、欠陥セクタが存在する場合には数12を満たすサイズとすればよい。 As described above, pseudo-continuous recording area, the number 10 in the absence of a defect sector may be sized to meet the number 12 when there is a defect sector. ただし、1つの連続するAVデータが複数の擬似連続記録からなる場合には、全ての擬似連続記録が数10又は数12を満たす必要があるわけではなく、先頭及び末尾の擬似連続記録は数10又は数12を満たさなくてもよい。 However, one when successive AV data is composed of a plurality of pseudo consecutive records, not all of the pseudo consecutive record is required to meet the number 10 or number 12, number beginning and end of the pseudo consecutive record 10 or the number 12 may not satisfy. なぜなら、 This is because,
末尾の擬似連続記録は後続するAVデータが存在しないからであり、先頭の擬似連続記録はデコードの開始タイミングを遅らせることにより、すなわちトラックバッファにデータが蓄積された時点でデコーダへのデータ供給を開始することにより、先頭と次の擬似連続記録との間で連続再生を保証できるからである。 End of the pseudo consecutive record is because AV data that follows is not present, the beginning of the pseudo-continuous recording is by delaying the start timing of the decoding, i.e. start data supply to the decoder at the time the data is accumulated in the track buffer it makes is because between the first and the next pseudo-continuous recording can guarantee continuous playback of. (3-2)AVファイルの録画 次に、DVDレコーダ10におけるAVファイルの録画について詳細に説明する。 (3-2) Recording of AV files will be described in detail recording AV files in the DVD recorder 10.

【0167】図40は、本実施形態におけるDVDレコーダにおける録画処理を示すフローチャートである。 [0167] Figure 40 is a flow chart showing the recording process in the DVD recorder of the present embodiment. 同図のフローは、図38と比べて、ステップ380の代わりにステップ400を備え、ステップ390が削除されている点が異なっている。 Flow of the figure, as compared with FIG. 38, comprises the step 400 instead of step 380, and differs in that step 390 is deleted. これ以外は図38と同じなので、以下異なる点を中心に説明する。 Since the remaining is the same as FIG. 38, and different points will be mainly described below. 「録画」ボタンが押下されたとき、又はの現在時刻が「録画予約」の開始時刻に達したとき、録画開始の通知がユーザIF部10 "Record" when the button is pressed, or when the current time has reached the start time of the "recording reservation", recording start of the notification by the user IF section 10
6を介して録画編集再生制御部105になされる。 It is made to the recording-editing-reproducing control unit 105 via the 6.

【0168】この通知を受けた録画編集再生制御部10 [0168] recording editing reproduction control unit has received the notification 10
5は、上記最小サイズ以上の擬似連続記録領域を確保する(ステップ400)。 5, to ensure a pseudo-continuous recording area of ​​more than the minimum size (step 400). すなわち、録画編集再生制御部105は、上記(数10)(数11)に従って実際のビデオオブジェクトのビットレートを算出する。 That is, the recording-editing-reproducing control unit 105 calculates the bit rate of the actual video object in accordance with the above equation (10) (11). ただし、 However,
便宜上、上記最小サイズを満たすように予め定められたサイズとしてもよい。 For convenience, it may be predetermined size to satisfy the minimum size. さらに、スペースビットマップとファイル管理領域の各アロケーション記述子とを参照して、光ディスク上の空き領域を検索し、フリースペースリストを作成し、作成したフリースペースリストにおいて、決定された最小サイズを越える領域を擬似連続記録として確保する。 Further, referring to each allocation descriptor of the space bit map and a file management area, and searches for a free area on the optical disc, it creates a free space list, in the free space list created, exceeds the minimum size determined It secures an area as a pseudo consecutive record. このとき、ゾーン境界が存在する領域は、ゾーン境界の前後で2つの異なる空き領域として扱われる。 At this time, the region where the zone boundary is present is treated as two different free space before and after the zone boundary.

【0169】図41に、フリースペースリストの一例を示す。 [0169] FIG. 41 shows an example of the free space list. 同図において、先頭セクタは、空き領域の先頭セクタ番号を、末尾セクタは空き領域の末尾のセクタ番号をを表している。 In the figure, the top sector, the first sector number of the vacant space, the trailing sector represents the sector number of the end of the free space. 属性は空き領域であることを示す。 Attribute indicates a free area. この例では、上記の決定された最小サイズを約7Mバイト(3500セクタ)とすると、空き領域C1はこれより小さく、空き領域C2、C3は、これより大きい。 In this example, when the minimum size determined above about 7M bytes (3500 sectors), the free space C1 is smaller than this free space C2, C3 is greater than this. この場合、録画編集再生制御部105は、擬似連続記録として空き領域C2、C3を確保する。 In this case, the recording-editing-reproducing control unit 105, to secure a free space C2, C3 as a pseudo consecutive record.

【0170】これ以降の録画処理は、図38と同じである。 [0170] The subsequent recording process is the same as that of FIG. 38. ただし、AVデータ録画部210は、録画に際して、フリースペースリストにおいて光ディスクの内周側の空き領域から順次記録していく。 However, AV data recording unit 210, upon recording, successively recorded from the free area on the inner circumferential side of the optical disk in the free space list. また、フリースペースリストは、光ディスク上に記録されない。 In addition, the free space list is not recorded on the optical disc. 図42は、 FIG. 42,
図40におけるステップ400の擬似連続記録領域の確保処理の具体例を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a specific example of a secure processing of the pseudo consecutive record area of ​​the step 400 in FIG. 40.

【0171】録画編集再生制御部105は、スペースビットマップとファイル管理領域の各アロケーション記述子とを参照して光ディスク上の空き領域を探索する(ステップ421)。 [0171] recording editing reproduction control unit 105 refers to the respective allocation descriptor of the space bitmap and a file management area for searching an empty area on the optical disk (step 421). このとき、録画編集再生制御部105 In this case, the recording editing reproduction control unit 105
は、AVデータ用としては小さい空き領域(例えば数1 It is less free space for the AV data (e.g., number 1
00kバイト)を無視するようにしてもよい。 It is also possible to ignore the 00k bytes). この探索結果に従って、録画編集再生制御部105は上記フリースペースリストを作成する(ステップ422)。 According to this search result, recorded and edited playback control unit 105 creates the free space list (step 422). このとき、ゾーン境界を跨ぐ空き領域は、ゾーン境界の前後で2つの異なる空き領域として扱われる。 At this time, the free space across the zone boundary is treated as two different free space before and after the zone boundary. なお、録画編集再生制御部105は、空き領域内にゾーン境界が存在するか否かを、AVファイルシステム部103に問い合わせる(図21の「SEARCH_DISCON」)ことにより判定する。 Incidentally, the recording-editing-reproducing control unit 105 determines whether or not the zone boundaries in the free area exists, by inquiring the AV file system unit 103 ( "SEARCH_DISCON" in FIG. 21). 光ディスクにおけるゾーン境界の位置は、予め固定的に定められており、AVファイルシステム部103により記憶及び管理されている。 Position of the zone boundary of the optical disc is predetermined in a fixed manner, it is stored and managed by the AV file system unit 103.

【0172】さらに、録画編集再生制御部105は、上記(数10)(数11)に従って、擬似連続記録として必要な最小サイズを決定する。 [0172] Further, the recording-editing-reproducing control unit 105, in accordance with the above equation (10) (11), to determine the minimum required size of the pseudo consecutive record. ただし、欠陥セクタが存在する場合は(数12)(数11)に従って決定する(ステップ423)。 However, if there is a defective sector determined according to equation (12) (11) (step 423). この決定を簡単にするため、画質(例えば図24に示した「高画質」「標準」「時間優先」)に応じて予め定められたAVデータのビットレートと、予想される欠陥セクタの割合と、マージンとに基づいて最小サイズを決定するようにしてもよい。 For simplicity of this decision, and the bit rate of AV data determined in advance in accordance with the image quality (e.g., shown in FIG. 24, "High Quality", and "standard", "time priority"), and the percentage of defective sectors to be expected , it may be to determine the minimum size based on the margin.

【0173】次に、録画編集再生制御部105は、決定された最小サイズ以上の空き領域を擬似連続記録として確保し、さらに、記録すべき順序を決定する。 [0173] Next, the recording-editing-reproducing control unit 105, the determined minimum size of free space has been reserved as a pseudo consecutive record, further determines the order to be recorded. この順序は、例えば、シーク動作が少なくなるように確保された空き領域を内周側から外周側となるように決定される。 This order is determined, for example, so that the outer peripheral side from the inner circumferential side free space that is reserved as a seek operation is decreased.
以上説明してきたように、本実施形態におけるDVDレコーダは、AVデータの記録に際して、スペースビットマップ及びファイルアロケーション記述子を参照して、 As described above, DVD recorder in this embodiment, when recording the AV data, with reference to the space bit map and file allocation descriptors,
擬似連続記録用の領域を動的に確保する。 The area of ​​the pseudo consecutive record for dynamically ensured. 従って、第2 Therefore, the second
実施形態におけるDVDレコーダに比べて、擬似連続記録割り当て情報を記録することなく、録画に際して擬似連続記録領域を動的に割り当てることができる。 Compared to the DVD recorder in the embodiment, without recording the pseudo consecutive record assignment information, it is possible to dynamically allocate pseudo-continuous recording area during recording.

【0174】なお、第3実施形態において、フリースペースリストは、録画する毎に作成されるように構成されているが、DVDレコーダは、光ディスクドライブ装置に光ディスクが装着された時点で作成し、録画する毎に更新するように構成してもよい。 [0174] In the third embodiment, the free space list is configured to be created each time recording, DVD recorder, and created when the optical disc is loaded in the optical disc drive apparatus, recording it may be configured to be updated each time. また、DVDレコーダは、上記フリースペースリストを作成後光ディスクに記録し、記録したフリースペースリストを録画前に参照し、録画後に更新するように構成してもよい。 In addition, DVD recorder, the free recorded in the space created halo disk a list, see before recording the free space list that was recorded, may be configured to be updated after recording.

【0175】 [0175]

【発明の効果】本発明の光ディスク記録装置は、光ディスクにビデオオブジェクトを記録する光ディスク記録装置であって、前記光ディスクは、光ディスクの各セクタのデータ割当て状況を示すセクタ情報が記録されており、隣接する複数トラックからなる複数のゾーンに分割され、前記光ディスク記録装置は、セクタ情報を光ディスクから読み出す読み出し手段と、光ディスクにビデオオブジェクトを書き込む書き込み手段と、読み出し手段、書き込み手段を制御する制御手段とを備え、前記制御手段は、読み出されたセクタ情報を参照して、再生装置に対して連続再生を保証する所定サイズ以上かつゾーン境界を跨がない連続空き領域を探索し、ビデオオブジェクトを、探索した連続空き領域に順次書き込むように書き込み手段を制御す The optical disc recording apparatus of the present invention exhibits, an optical disc recording apparatus for recording video object on an optical disc, the optical disc, the sector information showing data assignment status for each sector of the optical disc is recorded, the adjacent is divided into a plurality of zones comprising a plurality of tracks, the optical disk recording apparatus includes a reading means for reading the sector information from the optical disc, writing means for writing the video object on an optical disc, reading means, and control means for controlling the writing means wherein the control unit refers to the sector information read, it searches the continuous free space which does not cross the predetermined size or more and zone boundaries to ensure continuous playback to the playback device, the video object, the search to control the writing means so as to sequentially write the continuous free regions ように構成されている。 It is configured to.

【0176】このように構成された光ディスク記録装置によれば、光ディスクにビデオオブジェクトを録画するのに先立って、ゾーン境界を含まない所定サイズ以上の連続する空き領域を探索するので、ビデオオブジェクトは所定サイズ以上の連続セクタに記録される。 [0176] According to the thus configured optical disk recording apparatus, prior to recording the video object on an optical disc, so searching for a contiguous free area equal to or more than a predetermined size that does not include a zone boundary, the video object specified It is recorded in more consecutive sector size. 上記所定サイズはどの再生装置においても再生途切れが生じないように定められているので、本ディスク記録装置により録画されたビデオオブジェクトは、どの再生装置においても映像音声が途切れることなく(フレーム落ちなく) The so predetermined size even interrupted play in any reproduction apparatus is defined so as not to cause a video object recorded by the disk recording device, (without missing frames) without interruption video and audio in any reproducing apparatus
連続再生を保証することができる。 It is possible to guarantee the continuous playback. また、ZーCLV用に複数ゾーンに分割されているので、光ディスク外周側の記録密度を犠牲にすることなく良好な記録効率を実現し、かつビデオオブジェクトがゾーン境界をまたがないので連続再生の保証も実現できる。 Further, since is divided into a plurality zones for Z over CLV, to achieve good recording efficiency without sacrificing the recording density of the optical disc outer peripheral side, and the video object is continuously regenerating does not straddle the zone boundary guarantee can also be realized.

【0177】ここで、前記光ディスクのデータ記録領域は、2kバイトの複数のセクタに分割され、さらに連続する16セクタからなる複数のECCブロックに分割され、前記ビデオオブジェクトは2kバイトのサイズを有する複数のパックからなり、前記所定サイズは、次式で表されるEccブロック数N_eccに相当するサイズであるとしてもよい。 [0177] Here, multiple-data recording area of ​​the optical disc is divided into a plurality of sectors of 2k bytes is divided into a plurality of ECC blocks of further consecutive 16 sectors, the video object having a size of 2k bytes consists of the pack, the predetermined size may be a size corresponding to Ecc number of blocks N_ecc represented by the following formula. N_ecc = Vo * Tj / ((16*8*2048) * (1 - Vo/Vr)) 式中、Tjは再生装置における光ピックアップの最大ジャンプ時間、Vrはトラックバッファの入力転送レート(Mb N_ecc = Vo * Tj / ((16 * 8 * 2048) * (1 - Vo / Vr)) In the formula, Tj is the maximum jump time of an optical pickup in the reproducing apparatus, Vr is the track buffer input transfer rate (Mb
ps)、Voはトラックバッファの出力転送レート(Mbps) ps), Vo is the track buffer output transfer rate (Mbps)
を示す。 It is shown.

【0178】この構成によれば、上記のように探索された連続空き領域が欠陥セクタを含まない場合に、連続サイズを保証するだけの所定サイズを決定することができる。 [0178] According to this arrangement, if the search is continuous free regions as described above does not include a defective sector, it is possible to determine the predetermined size only ensures a continuous size. ここで、前記所定サイズは、次式で表されるEccブロック数N_eccに相当するサイズであるとしてもよい。 Here, the predetermined size may be a size corresponding to Ecc number of blocks N_ecc represented by the following formula. N_ecc = dN_ecc + Vo * (Tj + Ts) / ((16*8*2048) * N_ecc = dN_ecc + Vo * (Tj + Ts) / ((16 * 8 * 2048) *
(1 - Vo/Vr)) 式中、dN_eccは前記連続空き領域において欠陥セクタを有するECCブロック数、Tsは光ピックアップがdN_ecc個のECCブロックをスキップするのに要する時間を示す。 In - (1 Vo / Vr)) equation, DN_ecc the number of ECC blocks with defective sectors in the continuous free space, Ts denotes the time required for the optical pickup to skip the DN_ecc ECC blocks.

【0179】この構成によれば、上記のように探索された連続空き領域が欠陥セクタを含む場合に、連続サイズを保証するだけの所定サイズを決定することができる。 [0179] According to this arrangement, if the search is continuous free regions as described above including the defective sector, it is possible to determine the predetermined size only ensures a continuous size.
ここで、前記出力転送レートVoは次式で表される。 Here, the output transfer rate Vo is expressed by the following equation. Vo = (N_pack*2048*8)*(27M/(SCR_first_next - SCR_f Vo = (N_pack * 2048 * 8) * (27M / (SCR_first_next - SCR_f
irst_current)) 式中、N_packは、上記N_ecc個のEccブロック中に記録すべきビデオオブジェクトに含まれる全パック数、SCR_fi irst_current)) wherein, N_pack is the total number of packs included in the video object to be recorded during the N_ecc number of Ecc block, SCR_fi
rst_nextは再生装置においてビデオオブジェクトの先頭パックをトラックバッファから出力すべき時刻(1/(27 rst_next is to be output the first pack of the video object from the track buffer in the reproducing apparatus the time (1 / (27
M) 秒単位)、SCR_first_currentは後続するビデオオブジェクトの先頭パックに記録され、再生装置において当該パックをトラックバッファから出力すべき時刻(1/(2 M) seconds), SCR_first_current is recorded in the first pack of the following video object, the time to be output the packs from the track buffer in the reproducing apparatus (1 / (2
7M) 秒単位)である。 7M) is in seconds).

【0180】この構成によれば、可変ビットレートであるビデオオブジェクトに対して、実質的な出力転送レートに基づいて、前記所定サイズを得ることができるので、例えば、空き領域が少ない光ディスクに対しても効率よく利用することができる。 [0180] According to this configuration, the video object is a variable bit rate, based on the substantial output transfer rate, it is possible to obtain a predetermined size, for example, with respect to the free space is small disc it can also be used efficiently. ここで、前記制御手段は、さらに、書き込み手段によりビデオオブジェクトが連続的に記録された領域を示す管理情報を作成し、作成した管理情報を光ディスクに書き込むように書き込み手段を制御し、前記空き領域の探索において、前記管理情報が光ディスクに記録されている場合は、前記セクタ情報とともに管理情報を参照するようにしてもよい。 Here, the control means further creates management information indicating a region in which the video object is continuously recorded by the write means, controls the writing unit to write the management information to the optical disc, the free space in the search, when the management information is recorded on an optical disk may be referring to the management information together with the sector information.

【0181】この構成によれば、管理情報を光ディスク上に記録するので、空き領域の探索をより高速に簡単に処理することができる。 [0181] According to this configuration, since the management information is recorded on the optical disc, it can be easily processed faster the search for free space. また、本発明のファイル管理プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、光ディスクからデータを読み出す読み出し部と、 The computer-readable storage medium storing a file management program of the present invention includes a reading unit for reading data from the optical disk,
光ディスクにデータを書き込む書き込み手段とを有するコンピュータに用いられ、光ディスクにビデオオブジェクトを記録するためのファイル管理プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、前記光ディスクは、光ディスクの各セクタのデータ割当て状況を示すセクタ情報が記録されており、隣接する複数トラックからなる複数のゾーンに分割され、前記ファイル管理プログラムは、各セクタのデータ割当て状況を示すセクタ情報を光ディスクから読み出す読み出しステップと、セクタ情報を参照して、再生装置に対して連続再生を保証する所定サイズ以上かつゾーン境界を跨がない連続空き領域を探索する探索ステップと、ビデオオブジェクトを、探索した連続空き領域に順次書き込む書き込みステップとをコン Used computer and a writing means for writing data on an optical disc, a computer-readable storage medium storing a file management program for recording a video object on an optical disc, the optical disc, the data of each sector of the optical disk sector information indicating the allocation status is recorded, is divided into a plurality comprising a plurality tracks adjacent zones, said file management program includes a reading step of reading sector information showing data assignment status for each sector from the optical disk, the sector Review the information search step and the write step of writing the video object, sequentially continuous free space of searching for searching for a continuous free space which does not cross the predetermined size or more and zone boundaries to ensure continuous playback to the playback device Con the door ュータに実行させる。 To be executed by the Yuta.

【0182】この記憶媒体によれば、上記コンピュータにおいて、ファイル管理プログラムを動作させることにより、ビデオオブジェクトを上記の所定サイズ以上の連続した領域に記録することができる。 [0182] According to the storage medium, in the computer, by operating the file management program, the video object can be recorded in consecutive areas of the predetermined size or above. これにより、ビデオオブジェクトの連続再生を保証することができる。 This makes it possible to guarantee continuous playback of the video object. また、上記目的を達成する光ディスクは、複数のセクタに分割されたデータ記録領域を有し、コンピュータ読取可能かつ光ディスクであって、前記データ記録領域は、隣接する複数トラックからなる複数のゾーンに分割され、 The optical disk to achieve the above object has a data recording area divided into a plurality of sectors, a computer-readable and optical disk, the data recording area is divided into a plurality of zones comprising a plurality of tracks adjacent It is,
各セクタのデータ割当状況を示すセクタ割当情報と、ビデオオブジェクトが記録され、かつゾーン境界を含まない所定サイズ以上の連続する領域を示す管理情報とを記録している。 A sector allocation information indicating the data assignment status for each sector is recorded and a management information indicating the area where the video object has been recorded, and continuing more than a predetermined size that does not include the zone boundaries.

【0183】ここで、前記データ記録領域には連続する複数セクタからなるブロック領域が複数設けられ、各セクタのデータ割当状況を示すセクタ割当情報を記録する領域と、各ブロック領域のデータ割当状況を示すブロック割当情報を記録する管理領域とを設ける構成としてもよい。 [0183] Here, the in the data recording area is provided plurality of block regions comprising a plurality of consecutive sectors, an area for recording sector allocation information indicating the data assignment status for each sector, the data assignment status for each of the block areas it may be provided with a management area for recording block allocation information indicating. このように構成された記録可能な光ディスクによれば、データを記録する際にセクタ単位に領域を割り当てることも、ブロック領域単位に領域を割り当てることもできる。 According to the thus constructed recordable optical disc, to allocate space for a sector unit in recording the data also may be assigned to areas in the block area basis. ブロック領域は複数の連続セクタからなるので、1つのファイルが複数のエクステントに分散記録された場合でも、1つのエクステントは最小でもブロック領域のサイズよりも大きいサイズとすることができる。 Since the block region composed of a plurality of sequential sectors, even if one file is distributed and recorded into a plurality of extents, one extent may be a size larger than the size of the block area at a minimum.
したがって、本光ディスクに映像データを記録した場合に、再生装置におけるシーク動作に起因する再生途切れを防止することにより連続再生を保証することが可能になる。 Therefore, when recording the video data to the optical disc, it is possible to ensure a continuous reproduction by preventing reproduction interruption due to a seek operation in the reproducing apparatus. しかも、データの種類に応じてセクタ単位の管理とブロック領域単位の管理とが併用されるので、光ディスクの記録領域を有効に利用することができる。 Moreover, since the management of the management and the block area unit of sector unit according to the type of data are used together, it is possible to effectively utilize the recording area of ​​the optical disc.

【0184】ここで、上記ブロック割当情報において映像データを主とするデータが割当て済みのブロック領域に対して、セクタ割当情報において当該ブロック領域内の全セクタが割当て済であると記録されているようにしてもよい。 [0184] Here, the data of the video data and Lord against allocated block area in the block assignment information, as all the sectors of the block area is recorded as is already assigned in the sector allocation information it may be. このように構成された記録可能な光ディスクによれば、セクタ単位のファイル管理を行う従来のファイルシステムによって、データが記録される場合でも、 According to the thus constructed recordable optical disc, the conventional file system for file management of the sector unit, even when the data is recorded,
映像データ用に割当て済みのブロック領域が書き換えられることがなく、連続再生に適している。 Without being rewritten allocated block area for video data, suitable for continuous playback.

【0185】ここで前記ブロック領域は、ブロック領域のサイズをL(単位はビット)、再生装置におけるシーク時間をT(秒)、光ディスクから読み出されたデータを一時的に保持するバッファへの入力ビットレートをV [0185] The block area herein, the size of the block area L (in bits), the seek time in the reproducing apparatus T (sec), the input to the buffer for temporarily holding the data read from the optical disk bit rate V
in(Mbps)、バッファからの出力ビットレートをVout in (Mbps), Vout the output bit rate from the buffer
(Mbps)とするとき、 L>T*Vin*Vout/(Vin−Vout) を満たすサイズに定められるようにしてもよい。 When the (Mbps), L> T * Vin * Vout / (Vin-Vout) may be defined to a size satisfying.

【0186】このように構成された光ディスクによれば、映像データ以外のデータが記録される場合には、映像データ以外のデータが割当て済みのブロック領域における未割当てのセクタを利用して、映像データ以外のデータを新たに記録することができる。 [0186] According to the thus configured optical disc, when data other than the video data is recorded, data other than video data by using the unassigned sectors in allocated block area, the image data it can record new data other than. その結果、映像データとそれ以外のデータとが混在する場合に映像データの連続再生を保証し、かつ映像データとそれ以外のデータとの両方を効率よく格納することができる。 As a result, to guarantee continuous playback of the video data if the video data and other data are mixed, and it is possible to efficiently store both the video data and other data.

【0187】ここで前記データ領域は、隣接する複数トラックからなる複数のゾーン領域に分割され、ブロック領域のそれぞれは、いずれか1つのゾーン領域内に含まれるようにしてもよい。 [0187] The data area here, is divided into a plurality of zone region consisting of a plurality adjacent tracks, each of the block areas, it may be included in any one zone region. このように構成された記録可能な光ディスクによれば、いわゆるZーCLVにより、光ディスク外周側の記録密度を犠牲にすることなく良好な記録効率を実現しつつ、ブロック領域がゾーン境界をまたがないので連続再生の保証も実現できる。 According to the thus constructed recordable optical disc, a so-called Z over CLV, while realizing excellent recording efficiency without sacrificing the recording density of the optical disc outer peripheral side, the block area is not straddle the zone boundary because of continuous playback guarantee it can also be realized.

【0188】ここで、前記各ゾーン領域において、ゾーン境界に隣接しないブロック領域はいずれも同じサイズを有し、ゾーン境界に隣接する1つのブロック領域は当該サイズ以上のサイズを有するようにしてもよい。 [0188] Here, in the each zone area, also have the same size one block area that is not adjacent to the zone boundary, one block regions adjacent to the zone boundary may have a size at least the size . このように構成された記録可能な光ディスクによれば、各ゾーン領域内で1つのブロック領域を共通のサイズ以上のサイズにすることにより、データ記録領域を有効に利用することができる。 According to the thus constructed recordable optical disc, by the one block area into a common size or larger size in each zone area, it is possible to effectively use the data recording area.

【0189】また、前記隣接するブロック領域は、ゾーン内の最大セクタアドレスのセクタを含むブロック領域であり、前記管理領域は、さらに、ゾーン内の最大セクタアドレスのセクタを含むブロック領域のサイズを、ゾーン毎に記録した最大ブロック長テーブルを有するようにしてもよい。 [0189] The neighboring block area is a block area containing the maximum sector address of a sector in a zone, the management region further, the size of the block area containing the maximum sector address of the sector in the zone, it may have a maximum block length table recording for each zone. このように構成された記録可能な光ディスクによれば、ゾーン境界に存在する可変長のブロック領域を容易に管理することができる。 According to the thus constructed recordable optical disc, it is possible to easily manage the variable-length block area that exists in the zone boundary.

【0190】ここで、前記データ記録領域は、一定数の連続セクタ毎に誤り訂正符号が付与され、前記ブロック領域は、前記一定数の連続セクタの整数倍の連続セクタからなるようにしてもよい。 [0190] Here, the data recording area, an error correction code is applied to every predetermined number of consecutive sectors, the block region may be set to be an integral multiple of sequential sectors of the predetermined number of consecutive sectors . このように構成された記録可能な光ディスクによれば、ブロック領域は一定数の連続セクタの整数倍であるから、記録再生装置においてオーバヘッドを生じさせることなく連続的な記録再生が可能になる。 According to the thus constructed recordable optical disc, since the block area is an integer multiple of the predetermined number of consecutive sectors, it allows continuous recording without generating overhead in the recording and reproducing apparatus.

【0191】また、本発明の光ディスク記録装置は、複数のセクタに分割されたデータ記録領域と、各セクタのデータ割当状況を示すセクタ情報と、連続する複数セクタからなる複数のブロック領域について各ブロック領域のデータ割当状況を示すブロック情報とを記録する管理領域とを有する光ディスクにデータを記録する光ディスク記録装置であって、光ディスクからブロック情報及びセクタ情報を読み出す手段と、記録又は削除すべきデータが第1タイプのデータであるか第2タイプのデータであるかを判別する判別手段と、第1タイプと判別された場合には、ブロック情報に基づいて当該データを記録すべき未割当てのブロック又は当該データが記録されているブロックを指定する第1指定手段と、第2タイプと判別された場合には [0191] The optical disk recording apparatus of the present invention includes a data recording area divided into a plurality of sectors, and sector information showing data assignment status for each sector, each block for a plurality of block regions comprising a plurality of consecutive sectors an optical disk recording apparatus for recording data on an optical disc and a management area for recording the block information showing data assignment status area, and means for reading the block information and the sector information from the optical disk, data to be recorded or deleted and discriminating means for discriminating whether the data of the second type or a data of the first type, when it is determined that the first type of unassigned be recorded the data based on the block information blocks or a first specifying means for specifying the block in which the data is recorded, if it is determined that the second type セクタ情報に基づいて当該データを記録すべき未割当てのセクタ又は当該データが記録されているセクタを指定する第2指定手段と、第1又は第2 And second designation means for unallocated sectors or the data to be recorded the data to specify a sector that is recorded on the basis of the sector information, the first or second
指定手段により指定されたブロック又はセクタに第1又は第2タイプのデータを記録又は削除するデータ更新手段と、第1指定手段又は第2指定手段による指定結果に従って光ディスクのセクタ情報とブロック情報との少なくとも一方を更新する割当更新手段とを備える。 A data updating means for recording or delete the data of the first or second type to the given block or sector by specifying means, the sector information and the block information of the optical disk as specified result by the first designating means or the second designation means and a allocation updating means for updating at least one.

【0192】この構成によれば、データを記録する際にセクタ単位に領域を割り当てることも、ブロック領域単位に領域を割り当てることもできる。 [0192] According to this configuration, assigning a region to the sector unit at the time of recording data also, it is also possible to allocate space for the block area basis. ブロック領域は複数の連続セクタからなるので、1つのファイルが複数のエクステントに分散記録された場合でも、1つのエクステントは最小でもブロック領域のサイズよりも大きいサイズとすることができる。 Since the block region composed of a plurality of sequential sectors, even if one file is distributed and recorded into a plurality of extents, one extent may be a size larger than the size of the block area at a minimum. したがって、本光ディスクに映像データを記録した場合に、再生装置におけるシーク動作に起因する再生途切れを防止し、さらに連続再生を保証することが可能になる。 Therefore, when recording the video data to the optical disc, to prevent playback interruption due to a seek operation in the reproducing apparatus, it is possible to further ensure the continuous reproduction. しかも、データの種類に応じてセクタ単位の管理とブロック領域単位の管理とが併用されるので、光ディスクの記録領域を有効に利用することができる。 Moreover, since the management of the management and the block area unit of sector unit according to the type of data are used together, it is possible to effectively utilize the recording area of ​​the optical disc.

【0193】ここで、前記割当更新手段は、第1タイプのデータ記録用に未割当てのブロックがブロック指定手段により指定された場合、当該ブロックが割当て済みを示すようにブロック情報を更新するブロック情報更新手段と、ブロック情報更新手段により、未割当てのブロックが割当て済みを示すようにブロック情報が更新されたとき、当該ブロックに含まれる全てのセクタが割当て済みを示すようにセクタ情報を更新するセクタ情報更新手段とを備える構成としてもよい。 [0193] Here, the assignment updating unit, when the block of unallocated for data recording of the first type is specified by the block specifying means, the block information which the block updates the block information to indicate already been allocated and updating means, the block information updating unit, when the unassigned block is block information is updated to indicate already been allocated, a sector in which all sectors included in the block updates the sector information to indicate already been allocated it may be configured to include an information updating unit.

【0194】この構成によれば、セクタ単位のファイル管理を行う従来のファイルシステムによって、データが記録される場合でも、映像データ用に割当て済みのブロック領域が書き換えられることがなく、連続再生に適している。 [0194] According to this configuration, the conventional file system for file management of the sector unit, even when the data is recorded, without rewriting is allocated block area for video data, suitable for continuous playback ing. ここで、前記ブロック情報更新手段は、さらに、削除すべき第1タイプのデータが割り当てられているブロックがブロック指定手段により指定された場合、 Here, the block information updating means further when the block where the first type of data to be deleted has been assigned is specified by the block specifying means,
当該ブロックが未割当を示すようにブロック情報を更新し、前記セクタ情報更新手段は、ブロック情報更新手段により、割当て済のブロックが未割当てを示すようにブロック情報が更新されたとき、当該ブロックに含まれる全てのセクタが未割当てを示すようにセクタ情報を更新するようにしてもよい。 The block updates the block information to indicate unassigned, the sector information updating means, the block information updating unit, when the allocated block is the block information updated to indicate unassigned, in the block all sectors included may be updated sector information to indicate unassigned.

【0195】この構成によれば、第1タイプのデータが削除された場合に、ブロック領域内の全セクタを開放するので、第1タイプのデータと第2タイプのデータとを混在させてデータ記録領域を有効に利用することができる。 [0195] According to this arrangement, when the first type of data is deleted, since free all sectors of the block area, and a first type of data and the second type data mixedly data recorded it is possible to effectively utilize the space. ここで、前記ブロック情報は、ブロック毎に、未割当であるか、映像データを主とする第1のタイプのデータが割り当て済みであるか、第1データ以外のデータを主とする第2のタイプのデータが割り当て済であるかを示し、前記セクタ情報は、第1又は第2データが割当て済か否かを示し、前記割当更新手段は、ブロック情報を更新する第1更新手段とセクタ情報を更新する第2更新手段とを備え、前記第1更新手段は、第2更新手段が未割当てのブロックに含まれる何れかのセクタをセクタ情報において割当済に更新したとき、当該ブロックをブロック情報において第2タイプのデータの割当て済みに更新し、前記第2更新手段は、第1更新手段が未割当てのブロックをブロック情報において第1タイプのデータ割当て済みに更新したと Here, the block information, for each block, whether it is unassigned, or the first type of data that the video data and the main has been allocated, the second to the main data other than the first data indicates the type of data has already been allocated, the sector information, the first or second data indicating whether allocated, the allocation update unit, first update means for updating the block information and the sector information and a second updating means for updating said first updating means, when the second updating means has updated allocated in the sector information one of the sectors included in the block of the unassigned block information the block second update to the type of pre-allocation of data at said second updating means, the first update means updates the unassigned blocks to the first type of data allocated in the block information 、当該ブロックに含まれる全セクタをセクタ情報において割当て済みに更新するようにしてもよい。 , May be updated to allocated in the sector information of all sectors included in the block.

【0196】この構成によれば、第1タイプのデータと第2タイプのデータとを混在させてデータ記録領域を容易に管理することができる。 [0196] According to this configuration, it is possible to mix a first type of data and the second type data easily manage the data recording area. また、本発明のファイル管理プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、複数のセクタに分割されたデータ記録領域と、各セクタのデータ割当状況を示すセクタ情報と、連続する複数セクタからなる複数のブロック領域について各ブロック領域のデータ割当状況を示すブロック情報とを記録する管理領域とを有する光ディスクにデータを記録するためのファイル管理プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、前記ファイル管理プログラムは、光ディスクからブロック情報及びセクタ情報を読み出す処理と、記録又は削除すべきデータが第1タイプのデータであるか第2タイプのデータであるかを判別する判別処理と、第1タイプと判別された場合には、ブロック情報に基づいて当該データを記 The plurality computer-readable storage medium storing a file management program of the present invention, consisting of a data recording area divided into a plurality of sectors, and sector information showing data assignment status for each sector, multiple consecutive sectors a computer-readable storage medium storing a file management program for recording data on an optical disc and a management area for the block area records the block information showing data assignment status for each of the block areas, the file management program, a process of reading the block information and the sector information from the optical disc, the determination process data to be recorded or deleted, it is determined whether the data of the second type or a data of the first type, the first type when it is determined, serial the data based on the block information すべき未割当てのブロック又は当該データが記録されているブロックを指定する第1指定処理と、第2タイプと判別された場合には、セクタ情報に基づいて当該データを記録すべき未割当てのセクタ又は当該データが記録されているセクタを指定する第2指定処理と、第1又は第2指定処理により指定されたブロック又はセクタに第1又は第2タイプのデータを記録又は削除するデータ更新処理と、第1指定処理又は第2指定処理による指定結果に従って光ディスクのセクタ情報とブロック情報との少なくとも一方を更新する割当更新処理とをコンピュータに実行させる。 A first designation process should do unassigned block or the data that specifies the block being recorded, if it is determined that the second type is unassigned sectors to be recorded the data based on the sector information or a second specified process in which the data specifying the sectors being recorded, the data updating process of recording or deleting the data of the first or second type to the given block or sector by the first or second designation process to execute the assignment updating process of updating at least one of the sector information and the block information of the optical disc and as specified result by the first designation process or the second specified process on the computer.

【0197】この記憶媒体によれば、記憶装置においてデータを記録する際にセクタ単位に領域を割り当てることも、ブロック領域単位に領域を割り当てることもできる。 [0197] According to this storage medium, also to allocate space for a sector unit in recording the data in the storage device, it is also possible to allocate space in the block area basis. ブロック領域は複数の連続セクタからなるので、1 Since the block region composed of a plurality of sequential sectors, 1
つのファイルが複数のエクステントに分散記録された場合でも、1つのエクステントは最小でもブロック領域のサイズよりも大きいサイズとすることができる。 One of the file even when dispersed recorded in a plurality of extents, one extent may be a size larger than the size of the block area at a minimum. したがって、本光ディスクに映像データを記録した場合に、再生装置におけるシーク動作に起因する再生途切れを防止し、さらに連続再生を保証することが可能になる。 Therefore, when recording the video data to the optical disc, to prevent playback interruption due to a seek operation in the reproducing apparatus, it is possible to further ensure the continuous reproduction. しかも、データの種類に応じてセクタ単位の管理とブロック領域単位の管理とが併用されるので、光ディスクの記録領域を有効に利用することができる。 Moreover, since the management of the management and the block area unit of sector unit according to the type of data are used together, it is possible to effectively utilize the recording area of ​​the optical disc.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施形態における記録可能な光ディスクであるDVD-RAMディスクの外観及び記録領域を表した図である。 1 is a diagram showing the appearance and the recording area of ​​the DVD-RAM disc is a recordable optical disc in the embodiment of the present invention.

【図2】セクタレベルに拡大して切り出したDVD−R FIG. 2 is a DVD-R, which was cut out in the enlarged view of the sector level
AMの断面及び表面を示す図である。 It is a diagram showing a cross-section and surface of the AM.

【図3】(a)DVD−RAMにおけるゾーン領域0〜 FIG. 3 (a) zone region in the DVD-RAM 0~
23その他を示す図である。 23 is a diagram showing another. (b)ゾーン領域0〜23その他を横方向に配置した説明図である。 (B) is an explanatory view of arranging the zone area 0-23 other laterally. (c)ボリューム空間における論理セクタ番号(LS (C) the logical sector number in the volume space (LS
N)を示す図である。 N) is a diagram showing a. (d)ボリューム空間における論理ブロック番号(LB (D) a logical block number in the volume space (LB
N)を示す図である。 N) is a diagram showing a.

【図4】ゾーン領域内におけるAVブロックとセクタとの階層関係を示す図である。 4 is a diagram showing the hierarchical relationship between the AV block and sector in the zone region.

【図5】最終ブロック長テーブルを示す図である。 5 is a diagram showing the last block-length table.

【図6】ボリューム空間に記録されるファイルシステム用の管理情報のうちセクタ管理テーブルとAVブロック管理テーブルとを示す図である。 6 is a diagram showing the sector management table and AV block management table of the management information for the file system recorded in the volume space.

【図7】上記AVブロック管理テーブルとスペースビットマップとの関係を示す図である。 7 is a diagram showing the relationship between the AV block management table and the space bit map.

【図8】ファイルシステム用管理情報のうち、図6中のセクタ管理テーブル、AVブロック管理テーブル以外の情報を説明するための図である。 [8] Of the file system management information is a diagram for explaining sector management table in FIG. 6, the information other than AV block management table.

【図9】図7に示した管理情報に対応する階層的なディレクトリ構造を示す図である。 9 is a diagram showing a hierarchical directory structure corresponding to the management information shown in FIG.

【図10】図6の矢線が示すリンク関係をディレクトリ構造に沿って示した図である。 10 is a diagram showing along the directory structure link relationship arrow indicates in FIG.

【図11】(a)ファイルエントリのさらに詳細なデータ構成を示す図である。 11 is a diagram further showing the detailed data structure of the (a) file entry. (b)アロケーション記述子のデータ構造を示す図である。 (B) is a diagram showing a data structure of the allocation descriptor. (c)エクステント長を示すデータの上位2ビットによる記録状況を示す図である。 (C) is a diagram showing a recording state by the upper 2 bits of data indicating the extent length.

【図12】(a)ディレクトリ用ファイル識別記述子の詳細なデータ構成を示す図である。 [12] (a) is a diagram showing a detailed data structure of the directory for the file identification descriptor. (b)ファイル用ファイル識別記述子の詳細なデータ構成を示す図である。 (B) is a diagram showing a detailed data structure of the file for the file identification descriptor.

【図13】再生装置においてDVD−RAMから読み出されたAVデータがバッファリングされる様子をモデル化した図である。 13 is a diagram AV data read from the DVD-RAM is modeled how to be buffered in the reproduction apparatus.

【図14】本実施形態における光ディスク記録再生装置を用いたシステムの構成例を示す図である。 14 is a diagram showing a configuration example of a system using the optical disk recording and reproducing apparatus in the embodiment.

【図15】DVDレコーダ10のハードウェア構成を示すブロック図である。 15 is a block diagram showing a hardware configuration of the DVD recorder 10.

【図16】MPEGエンコーダ2の構成を示すブロック図である。 16 is a block diagram showing the structure of MPEG encoder 2.

【図17】MPEGデコーダ4の構成を示すブロック図である。 17 is a block diagram showing the structure of MPEG decoder 4.

【図18】DVDレコーダ10の構成を機能別に示した機能ブロック図である。 FIG. 18 is a functional block diagram showing the configuration of the DVD recorder 10 by function.

【図19】AVデータ書き込み時のAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップ変化の様子を示す図である。 19 is a diagram showing a state of an AV block management table and the space bit map changing the time AV data writing.

【図20】AVデータ削除時のAVブロック管理テーブル及びスペースビットマップ変化の様子を示す図である。 20 is a diagram showing a state of an AV block management table and the space bit map change when AV data deletion.

【図21】ファイルシステム部102によりファイル管理に関するコマンドを示す一覧を示す図である。 The [21] the file system unit 102 is a diagram showing a list indicating the commands for file management.

【図22】リモコン6のボタン配列の例を示す図である。 22 is a diagram showing an example of a button array of the remote controller 6.

【図23】ガイダンス画像を示す図である。 FIG. 23 is a diagram that shows the guidance image.

【図24】高画質、標準、時間優先それぞれのビットレート及び解像度を示す図である。 24 is a diagram showing high-quality, standard, a time priority respective bit rate and resolution.

【図25】DVDレコーダ10におけるマニュアル録画におけるAVファイルシステム部103の処理内容を示すフローチャートである。 25 is a flowchart showing the processing content of the AV file system unit 103 in the manual recording in the DVD recorder 10.

【図26】DVDレコーダ10における予約録画におけるAVファイルシステム部103の処理内容を示すフローチャートである。 26 is a flowchart showing the processing content of the AV file system unit 103 in the reservation record in the DVD recorder 10.

【図27】共通ファイルシステム部104によるAVファイルについての削除処理を示すフローチャートである。 27 is a flowchart showing the process of deleting the AV file by the common file system unit 104.

【図28】(a)削除前後のAVファイルの説明図である。 FIG. 28 (a) is an explanatory diagram of the before and after deletion AV file. (b)AVブロック管理テーブル及びスペースビットマップの変化を示す図である。 (B) is a graph showing changes in AV block management table and the space bit map.

【図29】共通ファイルシステム部104による非AV Non-AV according to FIG. 29 the common file system unit 104
ファイルの記録処理を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing the recording process of the file.

【図30】共通ファイルシステム部104による非AV [Figure 30] Non-AV according to the common file system unit 104
ファイルについての削除処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a deletion process for the file.

【図31】(a)削除前後の非AVファイルの説明図である。 [Figure 31] (a) is an explanatory diagram of a non-AV file before and after the deletion. (b)AVブロック管理テーブル及びスペースビットマップの変化を示す図である。 (B) is a graph showing changes in AV block management table and the space bit map.

【図32】AVブロック管理テーブルの第2の構成例を示す図である。 32 is a diagram showing a second configuration example of the AV block management table.

【図33】AVブロック管理テーブルの第3の構成例を示す図である。 33 is a diagram showing a third configuration example of the AV block management table.

【図34】AVブロック管理テーブルの第4の構成例を示す図である。 34 is a diagram showing a fourth configuration example of the AV block management table.

【図35】AVブロック管理テーブルの第5の構成例を示す図である。 35 is a diagram showing a fifth configuration example of the AV block management table.

【図36】(a)1つのAVファイルに対応する割り当て情報の具体例と、それに対応するスペースビットマップとを示す図である。 [Figure 36] (a) a specific example of one allocation information corresponding to the AV file is a diagram showing a space bit map corresponding thereto. (b)同図(a)のように擬似連続記録が割り当てられた場合のスペースビットマップの様子を示す図である。 (B) is a diagram showing a state of space bit map when a pseudo consecutive record is assigned as FIG (a).

【図37】第2実施形態におけるDVDレコーダの構成を機能別に示した機能ブロック図である。 FIG. 37 is a functional block diagram showing the configuration of a DVD recorder according to function in the second embodiment.

【図38】AVデータ録画部における録画処理を示すフローチャートである。 38 is a flowchart showing the recording process in the AV data recording unit.

【図39】再生装置モデルを示す図である。 39 is a diagram showing a reproducing apparatus model.

【図40】第3実施形態におけるDVDレコーダにおける録画処理を示すフローチャートである。 Figure 40 is a flow chart showing the recording process in the DVD recorder according to the third embodiment.

【図41】フリースペースリストを示す図である。 FIG. 41 is a diagram showing the free space list.

【図42】図40におけるステップ400の擬似連続記録領域の確保処理の具体例を示すフローチャートである。 FIG. 42 is a flowchart showing a specific example of a secure processing of the pseudo consecutive record area of ​​the step 400 in FIG. 40.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 制御部 1a CPU 1b プロセッサバス 1c バスインタフェース 1d 主記憶 2 MPEGエンコーダ 2a ビデオエンコーダ 2b ビデオバッファ 2c オーディオエンコーダ 2d オーディオバッファ 2e システムエンコーダ 2f 部 2g エンコーダ制御部 3 ディスクアクセス部 3a トラックバッファ 4 MPEGデコーダ 4a デマルチプレクサ 4b ビデオバッファ 4c ビデオデコーダ 4d オーディオバッファ 4e オーディオデコーダ 4f 部 4g 加算器 4h〜4j セレクタ 5 ビデオ信号処理部 6 リモコン 7 バス 8 リモコン信号受信部 9 レシーバ 10 DVDレコーダ 12 ディスプレイ 100 ディスク記録部 101 部 102 ファイルシステム部 103 AVファイルシステム部 104 共通ファイルシステム部 1 control unit 1a CPU 1b processor bus 1c bus interface 1d main memory 2 MPEG encoder 2a video encoder 2b video buffer 2c audio encoder 2d audio buffer 2e system encoder 2f unit 2g encoder control unit 3 disc access unit 3a track buffer 4 MPEG decoder 4a de multiplexer 4b video buffer 4c video decoder 4d audio buffer 4e audio decoder 4f section 4g adder 4h~4j selector 5 the video signal processing portion 6 remote controller bus 8 remote control signal reception unit 9 receiver 10 DVD recorder 12 displays 100 the disc recording unit 101 parts 102 file system unit 103 AV file system unit 104 common file system unit 05 録画編集再生制御部 106 ユーザIF部 110 AVデータ録画部 112 AVファイル管理情報生成部 120 AVデータ編集部 130 AVデータ再生部 202 ファイルシステム部 203 AVファイルシステム部 204 共通ファイルシステム部 205 録画編集再生制御部 210 AVデータ録画部 220 AVデータ編集部 230 AVデータ再生部 05 recorded and edited playback control unit 106 the user IF unit 110 AV data recording unit 112 AV file management information generating unit 120 AV data editing unit 130 AV data reproducing unit 202 file system unit 203 AV file system unit 204 common file system unit 205 recorded and edited reproduction controller 210 AV data recording unit 220 AV data editing unit 230 AV data reproducing unit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 加藤 浩 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電 器産業株式会社内 (72)発明者 岡田 智之 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電 器産業株式会社内 (72)発明者 村瀬 薫 大阪府門真市大字門真1006番地 松下電 器産業株式会社内 (56)参考文献 国際公開97/13366(WO,A1) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) H04N 5/85,5/92 G11B 20/10 301 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Hiroshi Kato Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita unit intra-industry Co., Ltd. (72) inventor Tomoyuki Okada Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita unit industry Co., Ltd. the inner (72) inventor Kaoru Murase Osaka Prefecture Kadoma Oaza Kadoma 1006 address Matsushita unit intra-industry Co., Ltd. (56) references WO 97/13366 (WO, A1) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7 , DB name) H04N 5 / 85,5 / 92 G11B 20/10 301

Claims (12)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 光ディスクにビデオオブジェクトを記録 1. A record video object on an optical disc
    する記録装置であって、 前記光ディスクの記録領域は、2048バイトのセクタ A recording apparatus for recording area of the optical disc, 2048 byte sectors
    が16個連続した領域をブロックとする複数のブロック A plurality of blocks as a block but the 16 contiguous area
    に分割され、 前記光ディスクには、各セクタのデータ割当て状況を示 Is divided into, on the optical disc, it indicates the data allocation status of each sector
    すセクタ情報が記録され、 前記記録装置は、 前記光ディスクからセクタ情報を読み出す読み出し手段 To the sector information is recorded, the recording apparatus, reading means for reading the sector information from the optical disc
    と、 読み出されたセクタ情報を参照することにより、再生装 If, by referring to the sector information read, play instrumentation
    置に対して連続再生を保証することが可能な所定サイズ Predetermined size which can guarantee continuous playback relative location
    以上の連続空き領域を探索する探索手段と、 探索された連続空き領域に、2048バイトのパックの A search means for searching the contiguous free space above the searched continuous free area, pack of 2048 bytes
    集まりからなるビデオオブジェクトを書き込む書き込み Write to write the video object consisting of a collection
    手段とを備え、 前記所定サイズは、Voを再生装置におけるトラックバッ And means, the track buffer in the predetermined size, the playback apparatus Vo
    ファの出力転送レート、Tjを再生装置における光ピック Fa output transfer rate, the optical pick in the reproducing apparatus Tj
    アップの最大ジャンプ時間、Vrを前記トラックバッファ The maximum jump time of up, the track buffer the Vr
    の入力転送レートとしたときに、次式で表される個数N When the input transmission rate, the number is expressed by the following equation N
    の前記ブロックに相当するサイズであることを特徴とす It is characterized by a size corresponding to the block of
    る記録装置。 That the recording device. N = Vo * Tj / ((16*8*2048) * (1 - Vo/Vr)) N = Vo * Tj / (( 16 * 8 * 2048) * (1 - Vo / Vr))
  2. 【請求項2】 前記出力転送レートVoは、N#packを前記 Wherein said output transfer rate Vo is said N # pack
    N個のブロックに記録すべきビデオオブジェクトに含ま Included in the video object to be recorded on the N blocks
    れる全パック数、SCR#first#currentを探索された連続 The total number of packs, has been exploring the SCR # first # current continuous to be
    空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パッ Top package of the written video object in free space
    クを再生装置においてトラックバッファから出力すべき To be output from the track buffer in the reproducing apparatus click
    時刻(1/(27M) 秒単位)、SCR#first#nextを後続する連 Time (1 / (27M) seconds), communication with the subsequent the SCR # first # next
    続空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パ Top path of video objects that have been written to continue the free space
    ックを再生装置においてトラックバッファから出力すべ Output all from the track buffer click in the playback device
    き時刻(1/(27M) 秒単位)、としたときに、次式で表さ Can time (1 / (27M) seconds), when a, represented by the following formula
    れることを特徴とする請求項1記載の記録装置。 Recording apparatus according to claim 1, characterized in that. Vo = (N#pack*2048*8)*(27M/(SCR#first#next - SCR#f Vo = (N # pack * 2048 * 8) * (27M / (SCR # first # next - SCR # f
    irst#current)) irst # current))
  3. 【請求項3】 前記記録装置はさらに、 前記書き込み手段によりビデオオブジェクトが書き込ま Wherein the recording apparatus further includes a video object written by said writing means
    れた領域を示す管理情報を作成し、前記光ディスクに書 The creates management information indicating the area, write to the optical disc
    き込む手段を備えることを特徴とする請求項2記載の記 Serial according to claim 2, characterized in that it comprises means burn them
    録装置。 Recording apparatus.
  4. 【請求項4】 光ディスクにビデオオブジェクトを記録 4. An optical disc recording video objects on
    する記録方法であって、 前記光ディスクの記録領域は、2048バイトのセクタ A recording method for recording area of the optical disc, 2048 byte sectors
    が16個連続した領域をブロックとする複数のブロック A plurality of blocks as a block but the 16 contiguous area
    に分割され、 前記光ディスクには、各セクタのデータ割当て状況を示 Is divided into, on the optical disc, it indicates the data allocation status of each sector
    すセクタ情報が記録され、 前記記録方法は、 前記光ディスクからセクタ情報を読み出す読み出しステ To the sector information is recorded, the recording method, the reading state for reading the sector information from the optical disc
    ップと、 読み出されたセクタ情報を参照することにより、再生装 And-up, by referring to the sector information read, play instrumentation
    置に対して連続再生を保証することが可能な所定サイズ Predetermined size which can guarantee continuous playback relative location
    以上の連続空き領域を探索する探索ステップと、 探索された連続空き領域に、2048バイトのパックの A search step of searching for a contiguous free space above the searched continuous free area, pack of 2048 bytes
    集まりからなるビデオオブジェクトを書き込む書き込み Write to write the video object consisting of a collection
    ステップとを含み、 前記所定サイズは、Voを再生装置におけるトラックバッ And a step, the track buffer in the predetermined size, the playback apparatus Vo
    ファの出力転送レート、Tjを再生装置における光ピック Fa output transfer rate, the optical pick in the reproducing apparatus Tj
    アップの最大ジャンプ時間、Vrを前記トラックバッファ The maximum jump time of up, the track buffer the Vr
    の入力転送レートとしたときに、次式で表される個数N When the input transmission rate, the number is expressed by the following equation N
    の前記ブロックに相当するサイズであることを特徴とす It is characterized by a size corresponding to the block of
    る記録方法。 Record how. N = Vo * Tj / ((16*8*2048) * (1 - Vo/Vr)) N = Vo * Tj / (( 16 * 8 * 2048) * (1 - Vo / Vr))
  5. 【請求項5】 前記出力転送レートVoは、N#packを前記 Wherein said output transfer rate Vo is said N # pack
    N個のブロックに記録すべきビデオオブジェクトに含ま Included in the video object to be recorded on the N blocks
    れる全パック数、SCR#first#currentを探索された連続 The total number of packs, has been exploring the SCR # first # current continuous to be
    空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パッ Top package of the written video object in free space
    クを再生装置においてトラックバッファから出力すべき To be output from the track buffer in the reproducing apparatus click
    時刻(1/(27M) 秒単位)、SCR#first#nextを後続する連 Time (1 / (27M) seconds), communication with the subsequent the SCR # first # next
    続空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パ Top path of video objects that have been written to continue the free space
    ックを再生装置においてトラックバッファから出力すべ Output all from the track buffer click in the playback device
    き時刻(1/(27M) 秒単位)、としたときに、次式で表さ Can time (1 / (27M) seconds), when a, represented by the following formula
    れる ことを特徴とする請求項4記載の記録方法。 Recording method according to claim 4, characterized in that. Vo = (N#pack*2048*8)*(27M/(SCR#first#next - SCR#f Vo = (N # pack * 2048 * 8) * (27M / (SCR # first # next - SCR # f
    irst#current)) irst # current))
  6. 【請求項6】 前記記録方法はさらに、 前記書き込みステップによりビデオオブジェクトが書き Wherein said recording method further video object wrote by said writing step
    込まれた領域を示す管理情報を作成し、前記光ディスク It creates management information indicating a filled-in area, the optical disc
    に書き込むステップを含むことを特徴とする請求項5記 Characterized in that it comprises a step of writing to claim 5 Symbol
    載の記録方法。 Recording method of the mounting.
  7. 【請求項7】 光ディスクにビデオオブジェクトを記録 7. record video object on an optical disc
    するためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り Recording a computer reads a program for
    可能な記録媒体であって、 前記光ディスクの記録領域は、2048バイトのセクタ A recording medium capable, recording area of the optical disc, 2048 byte sectors
    が16個連続した領域をブロックとする複数のブロック A plurality of blocks as a block but the 16 contiguous area
    に分割され、 前記光ディスクには、各セクタのデータ割当て状況を示 Is divided into, on the optical disc, it indicates the data allocation status of each sector
    すセクタ情報が記録され、 前記プログラムは、 前記光ディスクからセクタ情報を読み出す読み出しステ To the sector information is recorded, the program reads stearyl for reading the sector information from the optical disc
    ップと、 読み出されたセクタ情報を参照することにより、再生装 And-up, by referring to the sector information read, play instrumentation
    置に対して連続再生を保証することが可能な所定サイズ Predetermined size which can guarantee continuous playback relative location
    以上の連続空き領域を探索する探索ステップと、 探索された連続空き領域に、2048バイトのパックの A search step of searching for a contiguous free space above the searched continuous free area, pack of 2048 bytes
    集まりからなるビデオオブジェクトを書き込む書き込み Write to write the video object consisting of a collection
    ステップとをコンピュータに実行させ、 前記所定サイズは、Voを再生装置におけるトラックバッ And the step is executed by a computer, the track buffer in the predetermined size, the playback apparatus Vo
    ファの出力転送レート、Tjを再生装置における光ピック Fa output transfer rate, the optical pick in the reproducing apparatus Tj
    アップの最大ジャンプ時間、Vrを前記トラックバッファ The maximum jump time of up, the track buffer the Vr
    の入力転送レートとしたときに、次式で表される個数N When the input transmission rate, the number is expressed by the following equation N
    の前記ブロックに相当するサイズであることを特徴とす It is characterized by a size corresponding to the block of
    る記録媒体。 That recording medium. N = Vo * Tj / ((16*8*2048) * (1 - Vo/Vr)) N = Vo * Tj / (( 16 * 8 * 2048) * (1 - Vo / Vr))
  8. 【請求項8】 前記出力転送レートVoは、N#packを前記 Wherein said output transfer rate Vo is said N # pack
    N個のブロックに記録すべきビデオオブジェクトに含ま Included in the video object to be recorded on the N blocks
    れる全パック数、SCR#first#currentを探索された連続 The total number of packs, has been exploring the SCR # first # current continuous to be
    空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パッ Top package of the written video object in free space
    クを再生装置においてトラックバッファから出力すべき To be output from the track buffer in the reproducing apparatus click
    時刻(1/(27M) 秒単位)、SCR#first# nextを後続する連 Time (1 / (27M) seconds), communication with the subsequent the SCR # first # next
    続空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パ Top path of video objects that have been written to continue the free space
    ックを再生装置においてトラックバッファから出力すべ Output all from the track buffer click in the playback device
    き時刻(1/(27M) 秒単位)、としたときに、次式で表さ Can time (1 / (27M) seconds), when a, represented by the following formula
    れることを特徴とする請求項7記載の記録媒体。 Recording medium according to claim 7, characterized in that. Vo = (N#pack*2048*8)*(27M/(SCR#first#next - SCR#f Vo = (N # pack * 2048 * 8) * (27M / (SCR # first # next - SCR # f
    irst#current)) irst # current))
  9. 【請求項9】 前記プログラムはさらに、 前記書き込みステップによりビデオオブジェクトが書き Wherein said program further video object wrote by said writing step
    込まれた領域を示す管理情報を作成し、前記光ディスク It creates management information indicating a filled-in area, the optical disc
    に書き込むステップをコンピュータに実行させることを That to execute a step of writing to the computer
    特徴とする請求項8記載の記録媒体。 Recording medium according to claim 8, wherein.
  10. 【請求項10】 光ディスクが装着された光ディスク記 10. An optical disk Symbol which the optical disc is mounted
    録装置であって、 前記光ディスクの記録領域は、2048バイトのセクタ A recording apparatus, the recording area of the optical disc, 2048 byte sectors
    が16個連続した領域をブロックとする複数のブロック A plurality of blocks as a block but the 16 contiguous area
    に分割され、 前記光ディスクには、各セクタのデータ割当て状況を示 Is divided into, on the optical disc, it indicates the data allocation status of each sector
    すセクタ情報が記録され、 前記光ディスク記録装置は、 前記光ディスクからセクタ情報を読み出す読み出し手段 To the sector information is recorded, the optical disk recording apparatus, reading means for reading the sector information from the optical disc
    と、 読み出されたセクタ情報を参照することにより、再生装 If, by referring to the sector information read, play instrumentation
    置に対して連続再生を保証することが可能な所定サイズ Predetermined size which can guarantee continuous playback relative location
    以上の連続空き領域を探索する探索手段と、 探索された連続空き領域に、2048バイトのパックの A search means for searching the contiguous free space above the searched continuous free area, pack of 2048 bytes
    集まりからなるビデオオブジェクトを書き込む書き込み Write to write the video object consisting of a collection
    手段とを備え、 前記所定サイズは、Voを再生装置におけるトラックバッ And means, the track buffer in the predetermined size, the playback apparatus Vo
    ファの出力転送レート、Tjを再生装置における光ピック Fa output transfer rate, the optical pick in the reproducing apparatus Tj
    アップの最大ジャンプ時間、Vrを前記トラックバッファ The maximum jump time of up, the track buffer the Vr
    の入力転送レートとしたときに、次式で表される個数N When the input transmission rate, the number is expressed by the following equation N
    の前記ブロックに相当するサイズであることを特徴とす It is characterized by a size corresponding to the block of
    る光ディスク記録装置。 That the optical disc recording apparatus. N = Vo * Tj / ((16*8*2048) * (1 - Vo/Vr)) N = Vo * Tj / (( 16 * 8 * 2048) * (1 - Vo / Vr))
  11. 【請求項11】 前記出力転送レートVoは、N#packを前 Wherein said output transfer rate Vo is before N # pack
    記N個のブロックに記録すべきビデオオブジェクトに含 Including the video object to be recorded in the serial N blocks
    まれる全パック数、SCR#first#currentを探 索された連 Murrell total number of packs, communication that is searched look for SCR # first # current
    続空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭パ Top path of video objects that have been written to continue the free space
    ックを再生装置においてトラックバッファから出力すべ Output all from the track buffer click in the playback device
    き時刻(1/(27M) 秒単位)、SCR#first#nextを後続する Can time (1 / (27M) seconds), followed the SCR # first # next
    連続空き領域に書き込まれたビデオオブジェクトの先頭 Beginning of written to continuous free space video object
    パックを再生装置においてトラックバッファから出力す Outputs from the track buffer in the reproducing apparatus puck
    べき時刻(1/(27M) 秒単位)、としたときに、次式で表 To time (1 / (27M) seconds), and was at the time, Table by:
    されることを特徴とする請求項10記載の光ディスク記 Optical disc Symbol of claim 10, wherein a is
    録装置。 Recording apparatus. Vo = (N#pack*2048*8)*(27M/(SCR#first#next - SCR#f Vo = (N # pack * 2048 * 8) * (27M / (SCR # first # next - SCR # f
    irst#current)) irst # current))
  12. 【請求項12】 前記光ディスク記録装置はさらに、 前記書き込み手段によりビデオオブジェクトが書き込ま 12. The optical disk recording apparatus further includes a video object written by said writing means
    れた領域を示す管理情報を作成し、前記光ディスクに書 The creates management information indicating the area, write to the optical disc
    き込む手段を備えることを特徴とする請求項11記載の According to claim 11, characterized in that it comprises means burn them
    光ディスク記録装置。 The optical disc recording apparatus.
JP10263716A 1997-09-17 1998-09-17 Optical disc recording apparatus, recording method, and a program recording medium Expired - Lifetime JP3069324B2 (en)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25199197 1997-09-17
JP9204498 1998-04-03
JP11466598 1998-04-24
JP10-92044 1998-04-24
JP10-114665 1998-04-24
JP9-251991 1998-04-24
JP10263716A JP3069324B2 (en) 1997-09-17 1998-09-17 Optical disc recording apparatus, recording method, and a program recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10263716A JP3069324B2 (en) 1997-09-17 1998-09-17 Optical disc recording apparatus, recording method, and a program recording medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000013728A JP2000013728A (en) 2000-01-14
JP3069324B2 true JP3069324B2 (en) 2000-07-24

Family

ID=27467983

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10263716A Expired - Lifetime JP3069324B2 (en) 1997-09-17 1998-09-17 Optical disc recording apparatus, recording method, and a program recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3069324B2 (en)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2261915A3 (en) 1998-02-23 2011-03-09 Kabushiki Kaisha Toshiba Information storage medium, information playback method and apparatus and information recording method
MXPA02003274A (en) 1999-09-30 2002-09-02 Matsushita Electric Ind Co Ltd Information recording medium and system controller.
JP4815680B2 (en) * 2001-03-02 2011-11-16 ソニー株式会社 Disk reproducing apparatus, a program, and a file reading method
JP3875912B2 (en) * 2002-05-09 2007-01-31 ソニー株式会社 Optical disc recording method, an optical disc recording apparatus and an information recording medium
JP3913673B2 (en) * 2002-12-18 2007-05-09 シャープ株式会社 Data recording method of the recording apparatus, a recording apparatus, a data recording program, and a recording medium recording the program
US7577810B2 (en) * 2003-06-23 2009-08-18 Koninklijke Philips Electronics N.V. Device and method for recording information
JP2005135489A (en) 2003-10-29 2005-05-26 Toshiba Corp Disk recording device and disk recording method
KR100555945B1 (en) 2004-01-08 2006-03-03 삼성전자주식회사 Writing Control Method and Space Area Management Method for Recording Additional Data Later on A Rewritable Optical Medium
US8391677B2 (en) 2004-01-09 2013-03-05 Panasonic Corporation Recording medium, reproduction device, program, reproduction method
JP4961212B2 (en) * 2004-09-03 2012-06-27 パナソニック株式会社 Information recording apparatus, information recording method, information recording program, and a recording medium
JPWO2006030767A1 (en) * 2004-09-13 2008-05-15 松下電器産業株式会社 Data processing equipment
JP4528714B2 (en) 2005-11-18 2010-08-18 株式会社東芝 Information recording and reproducing method and a recording and reproducing apparatus
EP2051254A4 (en) 2007-06-06 2012-10-03 Panasonic Corp Reproducing apparatus, reproducing method, and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2000013728A (en) 2000-01-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6574420B1 (en) Recording/reproducing method suitable for recording/reproducing AV data on/from disc, recorder and reproducer for the method, information recording disc and information processing system
US6263150B1 (en) Video data editing apparatus, optical disc for use as a recording medium of a video data editing apparatus, and computer-readable recording medium storing an editing program
EP1193707B1 (en) Optical disc, recording apparatus, and computer-readable recording medium
KR100332332B1 (en) Recording medium, data recording unit and data playback unit reading from and writing to the recording medium
KR100526218B1 (en) Optical disc, recording apparatus, a computer-readable storage medium storing a recording program, and a recording method
US7305170B2 (en) Information recording medium, apparatus and method for recording or reproducing data thereof
US6795641B2 (en) Optical disc, video data editing apparatus, computer-readable recording medium storing an editing program, reproduction apparatus for the optical disc, and computer-readable recording medium storing a reproduction program
JP3356691B2 (en) Information recording medium and a recording method and reproducing method
US7085478B2 (en) Optical disc, recording apparatus, and computer-readable recording medium
EP1089275B1 (en) Information recording medium and system controller
US6330392B1 (en) Video data editing apparatus and computer-readable recording medium storing an editing program
KR100491340B1 (en) Optical disc reproducing apparatus, and optical disc reproducing method for reproducing audio streams
US20060133223A1 (en) Recording medium, recording device usint the same, and reproduction device
US6243353B1 (en) Recording/playback apparatus using recording reservation information written onto recording medium
CN1123881C (en) Recording medium, method and appts. for recording and reproducing in real time, and file operating method using same
US7747136B2 (en) Recording medium for storing information for still picture, recording and/or reproducing method and apparatus therefor
JP3359745B2 (en) Moving picture reproducing apparatus, and the moving picture recording apparatus
CN100375190C (en) Av data recording device and method, disk for recording using the same, and av data regeneration device and method
EP1230639B1 (en) Dvd-rom backwards compatible defective sector management in recordable dvd media
KR101016973B1 (en) Method and apparatus for recording a digital information signal
US7188221B2 (en) Information recording medium, information recording method, information recording apparatus, information reproduction method, and information reproduction apparatus
US6938199B2 (en) Recording medium for storing real time recording/reproduction information, method and apparatus for recording and reproducing in real time, and file operating method using the same
WO2005002220A1 (en) Recording medium, reproduction device, recording method, program, and reproduction method
JP2005176399A (en) Method and apparatus for reproducing still image information recorded on recording medium
JP2003514417A (en) Buffer optimization method for in simultaneous encoding and decoding and pause catch-up in real time dvd recorder

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090519

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100519

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110519

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110519

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120519

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120519

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130519

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130519

Year of fee payment: 13

EXPY Cancellation because of completion of term