JP3068494U - ネットワ―ク通信用モジュラ―ソケット - Google Patents

ネットワ―ク通信用モジュラ―ソケット

Info

Publication number
JP3068494U
JP3068494U JP81369999U JP81369999U JP3068494U JP 3068494 U JP3068494 U JP 3068494U JP 81369999 U JP81369999 U JP 81369999U JP 81369999 U JP81369999 U JP 81369999U JP 3068494 U JP3068494 U JP 3068494U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
provided
groove
positioning
excused
block
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP81369999U
Other languages
English (en)
Inventor
慶豐 呉
Original Assignee
新橋實業股▲ふん▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 新橋實業股▲ふん▼有限公司 filed Critical 新橋實業股▲ふん▼有限公司
Priority to JP81369999U priority Critical patent/JP3068494U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3068494U publication Critical patent/JP3068494U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 組立に手動工具を必要とせず簡単に組み立て
られ、且つ湿気による影響を受けにくいネットワーク通
信用モジュラーソケットの提供。 【解決手段】 中座の底板に予めストッパブロックを設
け、且つストッパブロックの内側に若干の収容溝を設
け、ケーブルの各芯線を各位置決め壁の各嵌め溝に嵌め
込んだ後にさらに各芯線の前端を各収容溝内に挿入する
ことにより、各芯線の前端が直接暴露されないように
し、中座に押圧蓋を枢接し、この押圧蓋を内向きに回転
させれば、二つの押しブロックが下向きに各導体を圧迫
して芯線の導体が刺破端子と接触し導通するようにし、
基板の大部分を中座の底部により被覆し、これにより湿
気の影響を受けないようにした。

Description

【考案の詳細な説明】

【0001】

【考案の属する技術分野】

本考案は一種のネットワーク通信用モジュラーソケットに係り、特にケーブル の芯線を組み付ける操作過程で手動工具を用いる必要がなく、施工に便利で施工 が簡単に行え、且つ刺破端子を嵌挿する位置決め壁の相対位置にストッパブロッ クが設けられ、ストッパブロックに別に芯線前端を挿入する収容溝が設けられて 各芯線が隔離され、良好な防湿機能を有するほか、短絡状況の発生を防止できる ネットワーク通信用モジュラーソケットに関する。

【0002】

【従来の技術】

周知のネットワーク通信用モジュラーソケットは図1、2に示されるように、 ソケット本体、基板、刺破座、導線、二つの上蓋を具え、ケーブルの各芯線がそ れぞれ刺破座の嵌め溝に挿入され並びに手動工具で各導体が刺破座の嵌め溝に設 けられた刺破端子(図示せず)の上方に圧入され、接触導通させられている。こ のような周知のネットワーク通信用モジュラーソケットは以下のような欠点を有 していた。 1.手動工具で8回も芯線を圧迫する動作は相当に不便で面倒であり、手間が かかった。 2.刺破座の上方に上蓋があるが、組立後、上蓋の両側に対外連通用の孔があ り(図2参照)、該芯線の前端は位置決め後にこの孔の方向を向いているため、 湿気により通信不良或いは短絡の状況を発生しやすかった。 3.基板の、二つの刺破座の底部に被覆されていない部分も湿気の影響を受け やすく、このため品質不良や短絡の状況を発生しやすかった。

【0003】

【考案が解決しようとする課題】

本考案は、以下を課題としている。 1.中座の底板に予めストッパブロックを設け、且つストッパブロックの内側 に若干の収容溝を設け、ケーブルの各芯線を各位置決め壁の各嵌め溝に嵌め込ん だ後にさらに各芯線の前端を各収容溝内に挿入することにより、各芯線の前端が 直接暴露されないようにして湿気による短絡の状況を発生しないようにする。 2.中座に押圧蓋を枢接し、この押圧蓋を内向きに回転させれば、二つの押し ブロックが下向きに各導体を圧迫して芯線の導体が刺破端子と接触し導通するよ うにし、これにより組立動作を簡単で便利とし、組立コストを下げる。 3.基板の大部分を中座の底部により被覆し、これにより湿気の影響を受けな いようにする。

【0004】

【課題を解決するための手段】

請求項1の考案は、 ソケット本体1とされ、前側に位置決め孔11を具え、前側上方に係止ブロッ ク12を具え、下方に弾性フック13を具え、後側に二つの側壁14と、該側壁 14を連接する底面15が延設され、該側壁14それぞれに係止溝141が設け られた、上記ソケット本体1、 基板2とされ、前側に若干の端子6が設けられ、両側辺それぞれにソケット本 体1の係止溝141に挿入される係止ブロック21が設けられ、該端子6がソケ ット本体1の位置決め溝11内に位置づけられ、後側に中座3に設けられた各刺 破端子7の下部71が挿入され並びにはんだ付けされる若干の挿入孔22が設け られた、上記基板2、 中座3とされ、一つの底板31の上部に二つの位置決め壁32が設けられ、各 位置決め壁32に若干の嵌め溝321が設けられ、該嵌め溝321により隔てら れた若干の隔板322が設けられ、各一つの嵌め溝321に細溝3211が設け られて下向きに、底板31を貫通する挿入溝33と連通し、それぞれ刺破端子7 の挿入に供され、各刺破端子7の下部71が中座3の底板31の下端面より適宜 長さ突出する、上記中座3、 ケーブル4とされ、若干の芯線41を具備し、該芯線41が中座3の各位置決 め壁32の嵌め溝321内に嵌め込まれ、並びに各嵌め溝321内の刺破端子7 の上部の刃部により芯線41の外被が刺破されて芯線41の導体411と接触導 通可能である、上記ケーブル4、 以上を具えたネットワーク通信用モジュラーソケットにおいて、 該中座3が、その底板31の上部に二つのストッパブロック34を具え、該二 つのストッパブロック34がちょうど二つの位置決め壁32の外側に位置してそ れぞれと位置決め壁32との間に適宜距離が置かれ、且つ該二つのストッパブロ ック34の両側に火灰汁的小さい枢接円形ブロック341が設けられ、底板31 の下部に大孔311と小孔312が設けられ、各枢接円形ブロック341が押し 蓋5の円弧凹部51と当接し、並びに該押し蓋5の大小の円弧片52、53が前 述の底板31の大孔311と小孔312内に進入可能で、各押し蓋5が内向き或 いは外向きの枢転状態を形成可能で、且つ各押し蓋5に二つの押しブロック54 が設けられ、それぞれ対応する位置決め壁32の二つの嵌め溝321内に進入可 能で、底板31の周囲に位置決め片35が設けられてそれぞれストッパブロック 34の枢接円形ブロック341の外側と連接されて各押し蓋5の枢接位置決め効 果を増加し、ケーブルの各芯線41が前述の位置決め壁32の嵌め溝321内に 嵌め込まれる時それぞれが押し蓋5を内向きに回転させて二つの押しブロック5 4が回転し各嵌め溝321内に進入すると共に、下向きに各芯線41の導体41 1を圧迫して刺破端子7と接触、導通させ、中座3の底板31に設けられたスト ッパブロック34が内側に若干の収容溝340を具え、導線4の各芯線41を各 位置決め壁32の各嵌め溝321に嵌め込んだ後、同時に各芯線41の前端を各 収容溝340内に挿入でき、各芯線41の前端を直接暴露せずに有効に湿気を受 けての短絡の状況を防止する機能を有することを特徴とする、ネットワーク通信 用モジュラーソケットとしている。 請求項2の考案は、前期中座3に枢接された押し蓋5の二つの押しブロック5 4がそれぞれ凹部541を具えてケーブル4の芯線41を圧迫して良好な位置決 めを行うことを特徴とする、請求項1に記載のネットワーク通信用モジュラーソ ケットとしている。

【0005】

【考案の実施の形態】

図3から図7に示されるように、本考案は、 ソケット本体1とされ、前側に位置決め孔11を具え、前側上方に係止ブロッ ク12を具え、下方に弾性フック13を具え、後側に二つの側壁14と、該側壁 14を連接する底面15が延設され、該側壁14それぞれに係止溝141が設け られた、上記ソケット本体1、 基板2とされ、前側に若干の端子6が設けられ、両側辺それぞれにソケット本 体1の係止溝141に挿入される係止ブロック21が設けられ、該端子6がソケ ット本体1の位置決め溝11内に位置づけられ、後側に中座3に設けられた各刺 破端子7の下部71が挿入され並びにはんだ付けされる若干の挿入孔22が設け られた、上記基板2、 中座3とされ、一つの底板31の上部に二つの位置決め壁32が設けられ、各 位置決め壁32に若干の嵌め溝321が設けられ、該嵌め溝321により隔てら れた若干の隔板322が設けられ、各一つの嵌め溝321に細溝3211が設け られて下向きに、底板31を貫通する挿入溝33(図3、5参照)と連通し、そ れぞれ刺破端子7の挿入に供され、各刺破端子7の下部71が中座3の底板31 の下端面より適宜長さ突出する、上記中座3、 ケーブル4とされ、若干の芯線41を具備し、該芯線41が中座3の各位置決 め壁32の嵌め溝321内に嵌め込まれ、並びに各嵌め溝321内の刺破端子7 の上部の刃部により芯線41の外被が刺破されて芯線41の導体411と接触導 通可能である、上記ケーブル4、 以上を具えたネットワーク通信用モジュラーソケットにおいて、 該中座3が、その底板31の上部に二つのストッパブロック34を具え、該二 つのストッパブロック34がちょうど二つの位置決め壁32の外側に位置してそ れぞれと位置決め壁32との間に適宜距離が置かれ、且つ該二つのストッパブロ ック34の両側に火灰汁的小さい枢接円形ブロック341が設けられ、底板31 の下部に大孔311と小孔312が設けられ(図3、6参照)、各枢接円形ブロ ック341が押し蓋5の円弧凹部51と当接し、並びに該押し蓋5の大小の円弧 片52、53が前述の底板31の大孔311と小孔312内に進入可能で、各押 し蓋5が内向き或いは外向きの枢転状態を形成可能で、且つ各押し蓋5に二つの 押しブロック54が設けられ(図3、7参照)、それぞれ対応する位置決め壁3 2の二つの嵌め溝321内に進入可能で、底板31の周囲に位置決め片35が設 けられてそれぞれストッパブロック34の枢接円形ブロック341の外側と連接 されて各押し蓋5の枢接位置決め効果を増加していることを特徴としている。

【0006】 以上の特徴により、ケーブルの各芯線41が前述の位置決め壁32の嵌め溝3 21内に嵌め込まれる時それぞれが押し蓋5を内向きに回転させて二つの押しブ ロック54が回転し各嵌め溝321内に進入すると共に、下向きに各芯線41の 導体411を圧迫して刺破端子7と接触、導通させる(図7)。ゆえに本考案の 操作は簡単で、手動工具を使用する必要がなく、ただ押し蓋5を回転させればケ ーブル4の芯線41を圧迫でき、施工が簡単快速に行え便利であり、相対的に取 付けコストと手間を節約できる。

【0007】 さらに、前述の中座3の底板31に設けられたストッパブロック34は内側に 若干の収容溝340を具え、導線4の各芯線41を各位置決め壁32の各嵌め溝 321に嵌め込んだ後、同時に各芯線41の前端を各収容溝340内に挿入でき 、各芯線41の前端を直接暴露せずに有効に湿気を受けての短絡の状況を防止す る機能を有する。

【0008】 また、前述の中座3に枢接された押し蓋5の二つの押しブロック54がそれぞ れ凹部541を具えてケーブル4の芯線41を圧迫して良好な位置決め効果を提 供する。

【0009】

【考案の効果】

総合すると、本考案は以下のような効果を有している。 1.組立操作が簡単で、手動工具を必要とせず、ただ押し蓋5を回転させれば ケーブル4の芯線41を圧迫でき、施工が簡単便利であり組立コストと手間を削 減することができる。 2.中座3の底板31に設けられたストッパブロック34がそれぞれ内側に若 干の収容溝340を具え、ケーブル4の各芯線41が各位置決め壁32の各嵌め 溝321に嵌め込まれた後に同時に各芯線41の前端を各収容溝340内に挿入 して、各芯線41の前端を直接暴露させることがなく、湿気による短絡の状況を 防止できる。 3.中座3が基板2の上方に位置決めされ並びに基板2を被覆して基板2を保 護し、基板2が湿気の影響を受ける機会を減らしている。

【0010】 以上述べてきたように、本考案は実用的でその機能は増進されており、新規性 、産業上の利用価値を有する考案であるといえる。

【図面の簡単な説明】

【図1】周知の製品の分解斜視図である。

【図2】周知の製品の斜視図である。

【図3】本考案の実施例の分解斜視図である。

【図4】本考案の実施例の斜視図である。

【図5】本考案の実施例の平面図である。

【図6】本考案の実施例中の中座の部分断面斜視図であ
る。

【図7】本考案の実施例中の押し蓋をすでに内向きに回
転させた状態の斜視図である。

【符号の説明】

1 ソケット本体 11 位置決め孔 12 係止ブロック 13 弾性フック 14 側壁 141 係止溝 15 底面 7 刺破端子 71 下方 2 基板 21 係止ブロック 22 挿入孔 72 刃部 3 中座 31 底板 311 大孔 312 大孔 33 挿入溝 32 位置決め壁 321 嵌め溝 3211 細溝 322 隔板 34 ストッパブロック 341 枢接円形ブロック 340 収容溝 35 位置決め片 4 ケーブル 41 芯線 411 導体 541 凹部 6 端子 5 押し蓋 51 円弧凹部 52 大円弧片 53 小円弧片 54 押しブロック

Claims (2)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ソケット本体1とされ、前側に位置決め
    孔11を具え、前側上方に係止ブロック12を具え、下
    方に弾性フック13を具え、後側に二つの側壁14と、
    該側壁14を連接する底面15が延設され、該側壁14
    それぞれに係止溝141が設けられた、上記ソケット本
    体1、 基板2とされ、前側に若干の端子6が設けられ、両側辺
    それぞれにソケット本体1の係止溝141に挿入される
    係止ブロック21が設けられ、該端子6がソケット本体
    1の位置決め溝11内に位置づけられ、後側に中座3に
    設けられた各刺破端子7の下部71が挿入され並びには
    んだ付けされる若干の挿入孔22が設けられた、上記基
    板2、 中座3とされ、一つの底板31の上部に二つの位置決め
    壁32が設けられ、各位置決め壁32に若干の嵌め溝3
    21が設けられ、該嵌め溝321により隔てられた若干
    の隔板322が設けられ、各一つの嵌め溝321に細溝
    3211が設けられて下向きに、底板31を貫通する挿
    入溝33と連通し、それぞれ刺破端子7の挿入に供さ
    れ、各刺破端子7の下部71が中座3の底板31の下端
    面より適宜長さ突出する、上記中座3、 ケーブル4とされ、若干の芯線41を具備し、該芯線4
    1が中座3の各位置決め壁32の嵌め溝321内に嵌め
    込まれ、並びに各嵌め溝321内の刺破端子7の上部の
    刃部により芯線41の外被が刺破されて芯線41の導体
    411と接触導通可能である、上記ケーブル4、 以上を具えたネットワーク通信用モジュラーソケットに
    おいて、 該中座3が、その底板31の上部に二つのストッパブロ
    ック34を具え、該二つのストッパブロック34がちょ
    うど二つの位置決め壁32の外側に位置してそれぞれと
    位置決め壁32との間に適宜距離が置かれ、且つ該二つ
    のストッパブロック34の両側に火灰汁的小さい枢接円
    形ブロック341が設けられ、底板31の下部に大孔3
    11と小孔312が設けられ、各枢接円形ブロック34
    1が押し蓋5の円弧凹部51と当接し、並びに該押し蓋
    5の大小の円弧片52、53が前述の底板31の大孔3
    11と小孔312内に進入可能で、各押し蓋5が内向き
    或いは外向きの枢転状態を形成可能で、且つ各押し蓋5
    に二つの押しブロック54が設けられ、それぞれ対応す
    る位置決め壁32の二つの嵌め溝321内に進入可能
    で、底板31の周囲に位置決め片35が設けられてそれ
    ぞれストッパブロック34の枢接円形ブロック341の
    外側と連接されて各押し蓋5の枢接位置決め効果を増加
    し、ケーブルの各芯線41が前述の位置決め壁32の嵌
    め溝321内に嵌め込まれる時それぞれが押し蓋5を内
    向きに回転させて二つの押しブロック54が回転し各嵌
    め溝321内に進入すると共に、下向きに各芯線41の
    導体411を圧迫して刺破端子7と接触、導通させ、中
    座3の底板31に設けられたストッパブロック34が内
    側に若干の収容溝340を具え、導線4の各芯線41を
    各位置決め壁32の各嵌め溝321に嵌め込んだ後、同
    時に各芯線41の前端を各収容溝340内に挿入でき、
    各芯線41の前端を直接暴露せずに有効に湿気を受けて
    の短絡の状況を防止する機能を有することを特徴とす
    る、ネットワーク通信用モジュラーソケット。
  2. 【請求項2】 前期中座3に枢接された押し蓋5の二つ
    の押しブロック54がそれぞれ凹部541を具えてケー
    ブル4の芯線41を圧迫して良好な位置決めを行うこと
    を特徴とする、請求項1に記載のネットワーク通信用モ
    ジュラーソケット。
JP81369999U 1999-10-26 1999-10-26 ネットワ―ク通信用モジュラ―ソケット Expired - Lifetime JP3068494U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP81369999U JP3068494U (ja) 1999-10-26 1999-10-26 ネットワ―ク通信用モジュラ―ソケット

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP81369999U JP3068494U (ja) 1999-10-26 1999-10-26 ネットワ―ク通信用モジュラ―ソケット

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3068494U true JP3068494U (ja) 2000-05-12

Family

ID=43201986

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP81369999U Expired - Lifetime JP3068494U (ja) 1999-10-26 1999-10-26 ネットワ―ク通信用モジュラ―ソケット

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3068494U (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN2704135Y (zh) 模组连接器
CN2462561Y (zh) 低构形微型同轴线缆连接器
US20030114046A1 (en) Connector for a flat cable and method of assembling it
US4426125A (en) Flat cable electrical connector
JPH0749750Y2 (ja) 分岐回路構成体
US4460234A (en) Double-ended modular jack
JP3120692B2 (ja) 同軸コネクタ
JP2935165B2 (ja) 圧接ジョイントコネクタの組立方法とその構造
KR900006370Y1 (ko) 재크
JP3311997B2 (ja) コネクタ
US6280229B1 (en) Plug connector
JPH08287977A (ja) 電導体用接続装置及び該装置を具備する特に接合ブロック型のモジュール
US6338642B2 (en) Electrical connector
JP2009528654A (ja) シールドデータケーブル用プラグ
JP4005495B2 (ja) オーディオジャック
JPH07106002A (ja) 同軸コネクタプラグ
RU2000132217A (ru) Система контактных пар для гнезда и штекера электрического штекерного соединения, гнездо и штекер
JP2000048874A (ja) 端子台
JP4258972B2 (ja) 電気器具の箱形端子
JP3118226U (ja) Icパッケージ用ソケット
JP2651131B2 (ja) プラグインユニットを引き抜くための装置
FR2813713B1 (fr) Connecteur electrique multicontacts, accouplable a l'etat humide
CN2766416Y (zh) 线缆连接器组件
JP4312866B2 (ja) コンタクトセット
JP2717864B2 (ja) ラッチブロック付コネクタ及びコネクタ用ラッチブロック