JP3064792U - 十文字状連結具 - Google Patents

十文字状連結具

Info

Publication number
JP3064792U
JP3064792U JP1999004218U JP421899U JP3064792U JP 3064792 U JP3064792 U JP 3064792U JP 1999004218 U JP1999004218 U JP 1999004218U JP 421899 U JP421899 U JP 421899U JP 3064792 U JP3064792 U JP 3064792U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
holding
shaped
round bar
opening
curved
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1999004218U
Other languages
English (en)
Inventor
勇 加藤
Original Assignee
有限会社カトウ製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 有限会社カトウ製作所 filed Critical 有限会社カトウ製作所
Priority to JP1999004218U priority Critical patent/JP3064792U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3064792U publication Critical patent/JP3064792U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】立て横の丸棒材の十文字状交差部を連結する十
文字状連結具が複数の部品からなり相互に可動の場合
は、連結の際に手間がかかり、正確に連結できず、製作
費も高価になるし、汚れも付着しやすく、見栄えや外観
を高めにくい。 【解決手段】 合成樹脂製の十文字状連結具4は、ぼぼ
C形断面の立て向きの第1保持部材5と、同じくぼぼC
形断面の横向きの第2保持部材6とを備え、これら弾球
1,第2保持部材5,6を開口部を相反対側に向け背中
合わせの直交状態となるように一体成形してある。第1
保持部材5は、その開口部の両側に弾性変形可能な湾曲
壁部5bを有し、それら湾曲壁部5bの弾性変形を介し
て丸棒材2に係脱可能になっている。第2保持部材6も
同様の構造であり、その1対の湾曲壁部6bの弾性変形
を介して丸棒材3に係脱可能になっている。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】 本考案は、丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた 十文字状交差部を連結するのに用いる合成樹脂製の十文字状連結具に関し、特に 庭などの仕切りとしての柵などを丸棒材を用いて組み立てるのに好適の十文字状 連結具に関する。
【0002】
【従来の技術】 従来、庭などの仕切りとしての柵を組立る場合、立向きの 丸棒材を所定間隔おきに立て、それら丸棒材の片面に横向きの複数の丸棒材を適 当間隔おきに配置し、それら立て横の丸棒材の十文字状交差部を針金や紐で縛っ て固定するのが普通である。このように針金や紐で連結する構造では、組立てる のが面倒で、手間がかかり、見栄えや耐久性の面でも十分なものとは言い難い。 他方、立て横の丸棒材の十文字状交差部を連結する為の合成樹脂や金属製の連 結具は、立ての丸棒材を係合させる第1保持部材と、横の丸棒材を係合させる第 2保持部材と、これら第1,第2保持部材を連結するビスや金具等の複数部品で 構成され、使用前の状態では、第1,第2保持部材が相対回動可能で、正規の十 文字状に固定された一体品に形成されている訳ではない。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】 前記のような複数部品からなる連結具で は、部品数が複数であるため成形金型も複数組必要で、製作費が高くなる。組立 て前の状態では第1,第2保持部材が正規の十文字状に固定されていないため、 この連結具で立て横の丸棒材の交差部を連結する際に、手間がかかり、第1,第 2保持部材を正規の十文字状に連結しにくい。また、第1,第2保持部材の接触 部の隙間に汚れが付着しやすく、外観や美観の面でも不利である。 本考案の目的は、一部品からなる十文字状連結具であって使いやすく外観にも 優れる十文字状連結具を提供すること、十文字状連結具の製作費を低減すること である。
【0004】
【課題を解決するための手段】 請求項1の十文字状連結具は、丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた十文字 状交差部を連結するのに用いる合成樹脂製の十文字状連結具であって、丸棒材に 密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第1保持部材と、丸棒材に密着状に外嵌可 能なほぼC字形断面の第2保持部材とを備え、前記第1保持部材と第2保持部材 をそれらの開口部を相反対側へ向けて背中合わせの直交状態となるように第1保 持部材と第2保持部材を一体成形したことを特徴とするものである。尚、開口部 は、第1,第2保持部材のC字形断面の開いた部分に全長にわたって形成される 開口部のことである。
【0005】 この十文字状連結具を用いて、丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた十文字 状交差部を連結する場合、例えば立て丸棒材を第1保持部材の開口部から嵌入さ せて第1保持部材を丸棒材に密着状に外嵌させるとともに、横の丸棒材を第2保 持部材の開口部から嵌入させて第2保持部材を丸棒材に密着状に外嵌させる。 第1,第2保持部材はそれらの開口部を相反対側へ向けて背中合わせの直交状 態となるように一体成形してあるため、立ての丸棒材と横の丸棒材との十文字状 交差部が、この十文字状連結具でもって強固に連結されることになる。 但し、第1,第2保持部材を丸棒材に外嵌させる場合に、第1,第2保持部材 の一端側から軸心方向へ丸棒材を挿入することで外嵌させてもよい。
【0006】 請求項2の十文字状連結具は、丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた十文字 状交差部を連結するのに用いる合成樹脂製の十文字状連結具であって、丸棒材に 密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第1保持部材であって、その開口部の両側 に弾性変形可能な湾曲壁部を有し且つそれら湾曲壁部の弾性変形を介して丸棒材 に係脱可能な第1保持部材と、丸棒材に密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第 2保持部材であって、その開口部の両側に弾性変形可能な湾曲壁部を有し且つそ れら湾曲壁部の弾性変形を介して丸棒材に係脱可能な第2保持部材とを備え、前 記第1保持部材と第2保持部材をそれらの開口部を相反対側へ向けて背中合わせ の直交状態となるように第1保持部材と第2保持部材を一体成形したことを特徴 とするものである。尚、開口部は、第1,第2保持部材のC字形断面の開いた部 分に全長にわたって形成される開口部のことである。
【0007】 この十文字状連結具を用いて、丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた十文字 状交差部を連結する場合、基本的には請求項1と同様に連結することができる。 但し、例えば立ての丸棒材を第1保持部材の開口部から嵌入させて、第1保持 部材を丸棒材に密着状に外嵌させる際に、第1保持部材の開口部の両側の湾曲壁 部の弾性変形を介して丸棒材に係合させることで、丸棒材に密着状に外嵌させる 。同様に、横丸棒材を第2保持部材の開口部から嵌入させて、第2保持部材を丸 棒材に密着状に外嵌させる際に、第2保持部材の開口部の両側の湾曲壁部の弾性 変形を介して丸棒材に係合させることで、丸棒材に密着状に外嵌させる。
【0008】
【考案の実施の形態】
以下、本考案の実施の形態について図面を参照して説明する。 図1に示すように、本考案に係る合成樹脂製の十文字状連結具4は、例えば、 庭の歌壇の仕切りをなす仕切り柵1などを、複数の立ての丸棒材2と、複数の横 の丸棒材3とで組立てる際に、丸棒材2と丸棒材3とを直交状に交差させた十文 字状交差部を連結する為のものである。但し、この十文字状連結具4の用途はこ れに限定されるものではない。
【0009】 次に、合成樹脂製の十文字状連結具4について詳しく説明する。 図2〜図4に示すように、十文字状連結具4は、立ての丸棒材2に密着状に外 嵌可能なほぼC字形断面の第1保持部材5と、横の丸棒材3に密着状に外嵌可能 なほぼC字形断面の第2保持部材6とを一体形成したものであり、本実施形態で は、立ての丸棒材2と横の丸棒材3とが同径の丸棒材(例えば、直径が10〜2 0mm)である場合を例として説明する。この十文字状連結具4の合成樹脂材料 としては、種々の合成樹脂材料(例えば、ABS樹脂、ポリカーボネート、塩化 ビニル、その他種々のもの)を適用することができる。
【0010】 第1保持部材5は、その一側部に全長にわたる開口部5aを有するとともに、 この開口部5aの両側に弾性変形可能な湾曲壁部5bを有し且つそれら湾曲壁部 5bの弾性変形を介して丸棒材2に係脱可能に構成されている。 同様に、第2保持部材6は、その一側部に全長にわたる開口部6aを有すると ともに、この開口部6aの両側に弾性変形可能な湾曲壁部6bを有し且つそれら 湾曲壁部6bの弾性変形を介して丸棒材3に係脱可能に構成されている。 そして、この十文字状連結具4は、第1保持部材5と第2保持部材6をそれら の開口部5a,6aを相反対側へ向けて背中合わせの直交状態となるように第1 保持部材5と第2保持部材6を一体成形してある。
【0011】 第1保持部材5は筒状体の一側部を切除して開口部5aを形成したような構造 のもので湾曲壁部5bは断面円弧状をなし、開口部5aの開角Aが約120〜1 50度程度の大きさであり、丸棒材2を係合させる係合溝5cが形成されており 、この係合溝5cの断面形状は丸棒材2の断面の円形の半分よりも大きな部分円 をなしている。
【0012】 そして、湾曲壁部5bは、第1保持部材5が丸棒材2に密着状に外嵌した状態 を保持できるだけの弾性力を発揮可能な肉厚を有し、第1保持部材5を丸棒材2 に密着状に外嵌させた状態ではその状態を保持可能になっている。但し、第1保 持部材5の係合溝5cに係合した状態の丸棒材2を、1対の湾曲壁部5bの弾性 変形を介して開口部5aから外側へ離脱させることも可能になっている。
【0013】 第2保持部材6は第1保持部材5と同様の構造のものであり、第2保持部材6 は筒状体の一側部を切除して開口部6aを形成したような構造のもので湾曲壁部 6bは断面円弧状をなし、開口部6aの開角も約120〜150度程度の大きさ であり、丸棒材3を係合させる係合溝6cが形成されており、この係合溝6cの 断面形状は丸棒材3の断面の円形の半分よりも大きな部分円をなしている。
【0014】 そして、湾曲壁部6bは、第2保持部材6が丸棒材3に密着状に外嵌した状態 を保持できるだけの弾性力を発揮可能な肉厚を有し、第2保持部材6を丸棒材3 に密着状に外嵌させた状態ではその状態を保持可能になっている。但し、第2保 持部材6の係合溝6cに係合した状態の丸棒材3を、1対の湾曲壁部6bの弾性 変形を介して開口部6aから外側へ離脱させることも可能になっている。 また、第1,第2保持部材5,6を背中合わせにして結合する結合強度を高め る為に、第1,第2保持部材5,6の結合部には余肉7も設けられている。
【0015】 以上の十文字状連結具4によれば、第1,第2保持部材5,6を一体成形して 一部品に構成してあるため、丸棒材2,3の十文字状交差部を連結する際に、手 間がかからず簡単に正確に連結でき、第1,第2保持部材5,6間に隙間もない から、その隙間に汚れが付着することもなく、美観や外観の面で有利である。 また、第1保持部材5と第2保持部材6とが、同一面内にはなく面外方向へシ フトしており、丸棒材2,3が干渉しない状態に連結することができるため、丸 棒材2,3の長さ方向途中部同士を連結するのに好適である。 また、十文字状連結具4を一部品に一体成形しているから成形金型の製作費も 低くでき十文字状連結具4の製作費を安価にできる。 しかも、第1,第2保持部材5,6は、夫々、開口部5a,6aの両側に弾性 変形可能な湾曲壁部5b,6bを有し、それら湾曲壁部5b,6bの弾性変形を 介して丸棒材2,3に係脱可能であるため、第1,第2保持部材5,6を丸棒材 2,3に係脱するのを簡単に能率的に行うことができる。
【0016】 ここで、前記十文字状連結具4に次のような部分的な変更を付加する場合もあ る。(1)第1,第2保持部材5,6の外形の形状は、部分円筒形状に限定され る訳ではなく、多角形筒体の外形と同様の外形でもよい。(2)第1保持部材5 と第2保持部材6とが同径の丸棒材2,3を連結する構造ではなく、異なる径の 立て横の丸棒材の十文字状交差部を連結するような構造でもよい。(3)第1保 持部材5の1対の湾曲壁部5bの構造は非対称な構造でもよい。1対の湾曲壁部 6bについても同様である。(4)図1に示す柵を45度右方または左方へ傾け たような斜交状の柵における丸棒材同士の十文字状交差部を連結するのに、この 十文字状連結具を適用することも可能である。その他、本考案の趣旨を逸脱しな い範囲で種々の変更を付加してもよい。
【0017】
【考案の効果】 請求項1の十文字状連結具によれば、第1,第2保持部材 を一体成形して一部品に構成してあるため、丸棒材の十文字状交差部を連結する 際に、手間がかからず簡単に正確に連結でき、第1,第2保持部材間に隙間もな いから、その隙間に汚れが付着することもなく、美観や外観の面で有利である。 また、十文字状連結具が一部品に一体成形しているから成形金型の製作費も低く でき十文字状連結具の製作費を安価にできる。
【0018】 請求項2の十文字状連結具によれば、基本的に請求項1と同様の効果を奏する 。しかも、第1,第2保持部材は、夫々、開口部の両側に弾性変形可能な湾曲壁 部を有し、それら湾曲壁部の弾性変形を介して丸棒材に係脱可能であるため、第 1,第2保持部材を丸棒材に係脱するのを簡単に能率的に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の実施形態に係る柵の一部の正面図であ
る。
【図2】十文字状連結具の正面図である。
【図3】十文字状連結具の平面図である。
【図4】十文字状連結具の右側面図である。
【符号の説明】
4 十文字状連結具 5 第1保持部材 5a 開口部 5b 湾曲壁部 6 第2保持部材 6a 開口部 6b 湾曲壁部

Claims (2)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた
    十文字状交差部を連結するのに用いる合成樹脂製の十文
    字状連結具であって、 丸棒材に密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第1保持
    部材と、 丸棒材に密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第2保持
    部材とを備え、 前記第1保持部材と第2保持部材をそれらの開口部を相
    反対側へ向けて背中合わせの直交状態となるように第1
    保持部材と第2保持部材を一体成形したことを特徴とす
    る十文字状連結具。
  2. 【請求項2】 丸棒材と丸棒材とを直交状に交差させた
    十文字状交差部を連結するのに用いる合成樹脂製の十文
    字状連結具であって、 丸棒材に密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第1保持
    部材であって、その開口部の両側に弾性変形可能な湾曲
    壁部を有し且つそれら湾曲壁部の弾性変形を介して丸棒
    材に係脱可能な第1保持部材と、 丸棒材に密着状に外嵌可能なほぼC字形断面の第2保持
    部材であって、その開口部の両側に弾性変形可能な湾曲
    壁部を有し且つそれら湾曲壁部の弾性変形を介して丸棒
    材に係脱可能な第2保持部材とを備え、 前記第1保持部材と第2保持部材をそれらの開口部を相
    反対側へ向けて背中合わせの直交状態となるように第1
    保持部材と第2保持部材を一体成形したことを特徴とす
    る十文字状連結具。
JP1999004218U 1999-06-11 1999-06-11 十文字状連結具 Expired - Lifetime JP3064792U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1999004218U JP3064792U (ja) 1999-06-11 1999-06-11 十文字状連結具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1999004218U JP3064792U (ja) 1999-06-11 1999-06-11 十文字状連結具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3064792U true JP3064792U (ja) 2000-01-21

Family

ID=43198432

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1999004218U Expired - Lifetime JP3064792U (ja) 1999-06-11 1999-06-11 十文字状連結具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3064792U (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105431642A (zh) 部件的接合构造以及具有该部件的接合构造的组装构造物
JP2007160067A (ja) 幾何構造システム
US3603026A (en) Fabricating toys
US6558065B2 (en) Geometric construction system
US5918999A (en) Geometric spacial frame assembly
JP3064792U (ja) 十文字状連結具
IL174485A (en) Attachment device for plaster walls
KR20170042850A (ko) 조립식 완구블럭
US8197917B2 (en) Decoration
KR20180003886A (ko) 프레임 연결구
JP2003221890A (ja) 衝立パネルの連結構造
KR20140000586U (ko) 조립식 가구용 체결구
KR20050050403A (ko) 블록타입의 가구조립용 체결구
CN205889170U (zh) 一种适用于机器人的可拆卸头部外壳
JP5866989B2 (ja) 発泡成形体及び表皮材係止部材
JP3178587U (ja) 組立式家具
JP2506865Y2 (ja) 電線の表示装置
JP3145547U (ja) 丸竹パネルユニット
KR101894269B1 (ko) 프레임 연결구
KR100756975B1 (ko) 입체형 싸인 블록
JP3049490U (ja) 垣、柵、外構用等の構成材
JP4982904B2 (ja) パネル接続用連結具。
JP3875679B2 (ja) 物入れ・物置台のフレーム構造
JP2000333796A (ja) フックハンガーストッパー
JP3015327U (ja) スクリューストリップの構造

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term