JP3049044U - 圧造成形機の素材移送用チャック装置 - Google Patents

圧造成形機の素材移送用チャック装置

Info

Publication number
JP3049044U
JP3049044U JP1997011377U JP1137797U JP3049044U JP 3049044 U JP3049044 U JP 3049044U JP 1997011377 U JP1997011377 U JP 1997011377U JP 1137797 U JP1137797 U JP 1137797U JP 3049044 U JP3049044 U JP 3049044U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chuck
shaft
pair
chamber
dies
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1997011377U
Other languages
English (en)
Inventor
秀雄 山崎
Original Assignee
株式会社アプト
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社アプト filed Critical 株式会社アプト
Priority to JP1997011377U priority Critical patent/JP3049044U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3049044U publication Critical patent/JP3049044U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】 一対の掴爪で掴持される素材の姿勢を自由に
変換させることができながら、装置全体のコンパクト化
を図り得る圧造成形機の素材移送用チャック装置を提供
する。 【解決手段】 チャック8において、下方に向かって開
口する下部室10と、上面から室に貫通する貫通孔11
とを有するチャック本体9を備え、その貫通孔には昇降
軸12が摺動自在に挿嵌される。また、昇降軸の両側に
は一対の作動杆15が配置されて、その上部を昇降軸に
固定するとともに、チャック本体の下部両側に一対の回
転軸17が、軸孔18内に回転ならびに摺動自在に挿通
支承されて、常時回転軸を内向きに弾力付勢している。
また、回転軸の各内端部には掴爪20が対向状に取付け
られ、昇降軸の下部にはラック部が、回転軸にはピニオ
ン歯23がそれぞれ形成されおり、作動杆の昇降に伴っ
て回転軸が回転し、掴爪で掴持される素材Xの掴み姿勢
を自由に変換できるように構成する。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【考案の属する技術分野】
この考案は、複数個のパンチとそれに対応する複数個のダイとで金属素材を粗 から精へと順次に圧造して、所望の金属パーツ類を多段式に圧造成形する横型多 段式の圧造成形機の素材移送用チャック装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
ボルトやナット、あるいはその他の各種パーツ類を成形する横型多段式の圧造 成形機は、機台の側部から供給された素材を、相対向するダイとパンチとを備え た複数組の圧造ステーションで粗から精に段階的に圧造加工することにより所定 形状の製品に連続的に製造するものであるが、この種の成形機には上記素材を掴 んで圧造ステーション間にわたって移送する素材移送用チャック装置が設けられ る。
【0003】 従来、このような素材移送用チャック装置としては実公平3−21798号公 報に開示されるごとき構造のものがある。この従来装置は、上記の隣接する圧造 ステーション間を往復移動するチャック本体を備え、該チャック本体に上下方向 に延びる支持軸を回転自在に支承させるとともに、この支持軸の下部に支持部材 を設け、該支持部材の一側部に上下対向状に支承され、常時は近接方向に弾力付 勢される一対の掴爪を取付けたもので、ノックアウトピンにより押し出された素 材を両掴爪間で掴持し、これを後段の圧造ステーションに横移動させるとき、上 記支持軸を回転することにより掴爪をチャック本体の移動方向に対し直交する方 向の軸芯を中心として回転させて、素材の掴み姿勢を90度または180度など 自由に変換させるように構成したものである。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
ところで、上記したように一対の相対向する掴爪間に掴持された素材の掴み姿 勢を90度または180度など自由に変換させるとき、上下方向に延びる支持軸 を中心として該軸に取付けた掴爪を回転させることにより行う従来装置にあって は、ノックアウトピンにより押し出された素材の押し出し方向長さが大きくなる と、隣合う掴爪間での干渉の問題が生じることから、隣接する圧造ステーション 間の間隔を大きくしなければならず、それだけ装置全体の形状が大型化する問題 があった。
【0005】 そこで本考案は、一対の相対向する掴爪で掴持される素材の掴み姿勢を、90 度または180度など自由に変換させることができながら、装置全体の形状をコ ンパクトにまとめ上げることができる圧造成形機の素材移送用チャック装置の提 供を課題とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】
すなわち、本考案は、機台の前面部に横一列状に配備された複数個のダイと、 これに対向するラム側に設けられた複数個のパンチとにより複数組の圧造ステー ションが構成され、パンチの進退移動によって該パンチとダイとの間で素材が圧 造成形され、かつ、それをノックアウトピンで押出すことによりダイ直前に配備 されたチャック装置で掴んで次の工程へ順次移送するように構成した圧造成形機 の素材移送用チャック装置であって、下部に下方に向かって開放する室を有し、 かつ、上面から該室に貫通する貫通孔を有するチャック本体と、該チャック本体 の貫通孔に摺動自在に挿通した昇降軸と、該昇降軸の両側に配置されて上部を昇 降軸に固定し、下部をチャック本体の下部室に臨ませた一対の作動杆と、上記チ ャック本体の下部に対向状で、チャック本体の往復動方向と同方向の軸芯を中心 として回転自在に、かつ、摺動自在に支承されるとともに、常時内向きに弾力付 勢される一対の回転軸と、これら回転軸の各内端部に取付けた一対の相対向する 掴爪とを備え、上記作動杆に形成のラック部と回転軸に形成のピニオン歯とを噛 合させて、昇降軸の昇降に伴いラック部とピニオン歯とを介して掴爪による素材 の掴み姿勢を、チャック本体の往復動方向と同方向の軸芯を中心として変換する ように構成したことを特徴とする。
【0007】
【考案の実施の形態】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0008】 図1は横型多段式の圧造成形機を示すもので、該成形機における機台1の前面 部にダイブロック2が設けられ、該ダイブロック2に素材Xを所定長さに切断す るための切断用ナイフ3が配設されるとともに、複数個のダイ4〜4とが一定間 隔で横一列状に配置されており、また、これらのダイ4〜4に向かって進退する ラム(図示せず)の前面に、上記ダイ4〜4と同数のパンチがこれらのダイ4〜 4に対向して配置され、これらの各ダイ4〜4とパンチとによって複数組の圧造 ステーションが構成され、かつ、パンチの進退移動により該パンチとダイ4〜4 との間で素材Xを粗から精に順次段階的に圧造加工するようになされている。
【0009】 また、上記のダイブロック2の上に支持フレーム5が摺動可能に取付けられて おり、この支持フレーム5の一端部には、パンチの進退動作に同期して該パンチ の進退方向と直交するダイ並設方向に所定のストロークで進退する駆動ロッド6 が連結ピン7によって連結されている。この駆動ロッド6の進退動作に伴って支 持フレーム5が隣接するダイ4,4の間隔に等しい距離だけ、上記パンチが後退 している時間内に一往復移動されるようになされている。
【0010】 さらに、上記支持フレーム5の前面部には、ダイ4〜4と同数の素材移送用チ ャック装置(以下、チャックと略記する)8〜8が配設される。そして、上記駆 動ロッド6による支持フレーム5の往復移動に伴い各チャック8〜8が素材Xを 掴持してダイ間にわたって移送する。その場合、これらのチャック8〜8は以下 に述べるカセット構造とされて支持フレーム5に着脱可能に取付けられる。すな わち、上記チャック8〜8は図2ないし図5に示すようなカセット構造のチャッ ク本体9を備えているもので、このチャック本体8は図4に示すように偏平な略 ホームベース形状に構成されており、その下部には図4,5に示すように下方に 向かって開口する室10が形成されるとともに、上面から該室10に貫通する上 下方向の貫通孔11が設けられており、かつ、該貫通孔11には昇降軸12が摺 動自在に挿嵌されている。また、上記貫通孔11を形成する筒状部13の両側に チャック本体9を上述の支持フレーム5に取付けるためのボス部14,14が設 けられ、該ボス部14,14に通したボルト5aを支持フレーム5前面のネジ孔 (図示せず)に締結することにより、チャック8の支持フレーム5への装着がで きる。一方、上記チャック本体9の下部室10内で昇降軸12の両側には一対の 作動杆15,15が配置されて、その上部をボルト16,16で昇降軸12の下 部に固定することにより設けられている。また、上記チャック本体9の下端部両 側には一対の回転軸17,17が、チャック本体9の往復移動方向と同方向に延 びる軸孔18,18内に回転ならびに摺動自在に挿通支承されており、しかも、 この回転軸17,17の軸孔18,18から突出する頭部には、一端がチャック 本体9の側壁に固定された板バネ19,19の遊端が当接して、常時回転軸17 ,17を内向きに弾力付勢している。また、この回転軸17,17の各内端部に はビス21,21により掴爪20,20が対向状に取付けられている。また、上 記昇降軸12の下部にはラック部22,22が形成され、回転軸17,17には ラック部22,22と噛合するピニオン歯23,23が形成されている。
【0011】 一方、上記支持フレーム5の後方の機台1上に、チャック8〜8で掴持される 素材Xの姿勢を変換させるための作動用カム(図示せず)が各チャック8ごとに 配設されるとともに、これら各カムにより揺動されるカムアーム24が設けられ ている。図2に示すように機台1側の固定フレーム25と支持フレーム5との間 に設けた中間フレーム26上に、上記カムアーム24の先端部が一端上部に接当 されているロッカーアーム27が配置され、かつ、該ロッカーアーム27の他端 が、チャック本体9の貫通孔11に挿嵌された昇降軸12の上端に係止される。 その場合、上記中間フレーム26は支持フレーム5とともに機台1に四連リンク 機構を介して支持され、駆動ロッド6により支持フレーム5が駆動されるときに 一体的に移動するように構成されている。また、該中間フレーム26に回転自在 に保持された縦軸28に軸受け部材29を取付け、該軸受け部材29に支軸30 を介して前述のロッカーアーム27を取付けることによって、支持フレーム5お よび中間フレーム26が移動してもカムアーム24、ロッカーアーム27、昇降 軸12の接続が維持されるようにしている。
【0012】 また、上記カムアーム24はバネ部材31により押し上げ付勢されており、該 バネ部材31に抗してロッカーアーム27の一端を押し下げることによって、該 ロッカーアーム27を介して昇降軸12を上昇させるようになされている。しか し、カムアーム24は昇降軸12を強制的に下降させるものではない。このため 、ロッカーアーム27に対向してシリンダ手段32が設けられる。このシリンダ 手段32はシリンダ33と、該シリンダ33に内蔵されたピストン34およびピ ストンロッド35と、該ピストンロッド35とロッカーアーム27とをつなぐ連 結部材36とからなり、ロッカーアーム27を下方から支える構造とされている 。そして、このシリンダ手段32は、シリンダ33の下部シリンダ室37にエア を供給することによってロッカーアーム27を支持し、かつ、該カムアーム24 によりロッカーアーム27が押し下げられるときに収縮し、その後の下部シリン ダ室37へのエア供給によって伸長してロッカーアーム27を押し上げて、該ロ ッカーアーム27により昇降軸12を下降させるようになされている。
【0013】 斯くして、切断用ナイフ3により所定長さに切断された素材Xはプッシャーで 押し出されると同時にチャック8の掴爪20,20間に掴持される。チャック8 は相対向する一対の掴爪20,20が板バネ19,19の付勢に抗して開くよう になっており、上記切断用ナイフ3から押し出された素材Xの中間位置を弾性的 に掴持する。プッシャーが元の位置へ退入すると上記チャック8は素材Xを掴持 したまま90度姿勢を変換させながら次の圧造第1工程へ移送する。
【0014】 この素材Xの姿勢変換は、チャック8の移動方向と同方向の軸芯を中心として 行われるもので、カムアーム34をバネ部材31に抗して押し下げることにより ロッカーアーム27を介して昇降軸12と作動杆15,15とが引き上げられ、 ラック部22,22とピニオン歯23,23との噛合を介して回転軸17,17 が回転し、該回転軸17,17内端の掴爪20,20で掴持されている素材Xの 姿勢を90度変換させ、圧造第1工程での圧造加工を行うのである。このとき、 図2に示すように素材Xが90度反転してもダイ4に当たらない位置(間隔d) にまでノックアウトピン38が素材Xをチャック8に押入し、このノックアウト ピン38が後退してから、昇降軸12と作動杆15が作動を開始するのである。 そして、図3に示すように90度反転した素材Xが次工程のダイ4にまで往動搬 送されたとき、ブレーキ39により制動力が掛けられたノックアウト金具40と パンチが素材Xを挟持してダイ4内に押入し、圧造加工が行われる。また、加工 が完了してパンチがチャック8より後退したときに、該チャック8は90度逆反 転しながら前工程のダイセンター上に戻るように復動する。
【0015】 以下同様に圧造第2〜5工程での圧造加工が行われる。
【0016】
【考案の効果】
以上の説明から明らかなように、本考案によれば、素材を掴持するための一対 の掴爪が、チャックの往復移動方向と同方向に延びる軸芯を中心として回転する 回転軸に取付けられているもので、この素材の姿勢を90度または180度など 自由に変換させるとき、チャックの往復移動方向と同方向の軸芯を中心として回 転させることができる。したがって、プッシャーまたはノックアウトピンにより 押し出された素材の押し出し長さが大きくても、素材の姿勢変換時に、隣合う掴 爪間の干渉の問題がなく、横方向必要幅を抑えることができ、装置全体としての 形状をコンパクトにまとめ上げることができ、その上、素材の姿勢変換のための 機構としてラック部とピニオン歯を形成するだけの簡単な構造で実施することが できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案を適用する圧造成形機の一部を省略した
正面図である。
【図2】圧造成形機のチャック駆動機構の拡大断面図で
ある。
【図3】同作動状態図である。
【図4】チャックの一部切欠正面図である。
【図5】チャックの縦断面図である。
【符号の説明】
X 素材 1 機台 4 ダイ 8 チャック 9 チャック本体 10 室 11 貫通孔 12 昇降軸 15 作動杆 17 回転軸 20 掴爪 22 ラック部 23 ピニオン歯

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 機台前面部に横一列状に配備された複数
    個のダイと、これに対向するラム側に設けられた複数個
    のパンチとにより複数組の圧造ステーションが構成さ
    れ、パンチの進退移動によって該パンチとダイとの間で
    素材が圧造成形され、かつ、それをノックアウトピンで
    押出すことによりダイ直前に配備されたチャック装置で
    掴んで次の工程へ順次移送するように構成した圧造成形
    機の素材移送用チャック装置であって、下部に下方に向
    かって開放する室を有し、かつ、上面から該室に貫通す
    る貫通孔を有するチャック本体と、該チャック本体の貫
    通孔に摺動自在に挿通した昇降軸と、該昇降軸の両側に
    配置されて上部を昇降軸に固定し、下部をチャック本体
    の下部室に臨ませた一対の作動杆と、上記チャック本体
    の下部に対向状で、チャック本体の往復動方向と同方向
    の軸芯を中心として回転自在に、かつ、摺動自在に支承
    されるとともに、常時内向きに弾力付勢される一対の回
    転軸と、これら回転軸の各内端部に取付けた一対の相対
    向する掴爪とを備え、上記作動杆に形成のラック部と回
    転軸に形成のピニオン歯とを噛合させて、昇降軸の昇降
    に伴いラック部とピニオン歯とを介して掴爪による素材
    の掴み姿勢を、チャック本体の往復動方向と同方向の軸
    芯を中心として変換するように構成したことを特徴とす
    る圧造成形機の素材移送用チャック装置。
JP1997011377U 1997-11-19 1997-11-19 圧造成形機の素材移送用チャック装置 Expired - Lifetime JP3049044U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1997011377U JP3049044U (ja) 1997-11-19 1997-11-19 圧造成形機の素材移送用チャック装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1997011377U JP3049044U (ja) 1997-11-19 1997-11-19 圧造成形機の素材移送用チャック装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3049044U true JP3049044U (ja) 1998-05-29

Family

ID=43183301

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1997011377U Expired - Lifetime JP3049044U (ja) 1997-11-19 1997-11-19 圧造成形機の素材移送用チャック装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3049044U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3448657B2 (ja) 1998-07-03 2003-09-22 株式会社阪村機械製作所 多段式圧造成形機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3448657B2 (ja) 1998-07-03 2003-09-22 株式会社阪村機械製作所 多段式圧造成形機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN103752698B (zh) 一种电机外壳连续模
JP3049044U (ja) 圧造成形機の素材移送用チャック装置
JPH08238535A (ja) 鍛造機
JP3037672U (ja) 多段式圧造成形機の素材移送装置
JP2739707B2 (ja) 多段式圧造成形機
JP2007307581A (ja) 多段ホーマー
JP3046804U (ja) 多段式圧造成形機の素材移送装置
JP3020740U (ja) 圧造成形機の素材移送用チャック装置
JP2550237Y2 (ja) 圧造成形機の素材移送用チャック装置
JP3766282B2 (ja) 多段式圧造成形機
JP3058219U (ja) 多段式圧造成形機
JP3785547B2 (ja) 多段式圧造成形機の素材移送装置
JP3033122U (ja) 多段式圧造成形機の素材移送装置
JP2563868Y2 (ja) トランスファフィーダの把持爪昇降装置
CN210059525U (zh) 一种多工位快节拍连续冲压模具
JP3790128B2 (ja) 多段式圧造成形機
US4546630A (en) Former having continuous forming-rolling assembly
JPH0741545Y2 (ja) 圧造成形機の押し出しストリッパー駆動装置
CN110976744B (zh) 一种新型螺丝打头装置及其冷镦加工方法
JPH0753797Y2 (ja) 圧造成形機の押し出しストリッパー駆動装置
CN214639493U (zh) 一种冷冲压成型的散热冲压件
CN214644308U (zh) 一种快速成型橡胶压力机
JP3129792U (ja) 素材移送用チャック装置
JPH0735636Y2 (ja) 圧造成形機における素材供給装置
CN2666660Y (zh) 一种夹持送料机构