JP3021174B2 - Classifier - Google Patents

Classifier

Info

Publication number
JP3021174B2
JP3021174B2 JP8607792A JP8607792A JP3021174B2 JP 3021174 B2 JP3021174 B2 JP 3021174B2 JP 8607792 A JP8607792 A JP 8607792A JP 8607792 A JP8607792 A JP 8607792A JP 3021174 B2 JP3021174 B2 JP 3021174B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
shot
block
fibers
air
flow
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP8607792A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH05253547A (en )
Inventor
清春 藤ケ崎
幹也 藤井
Original Assignee
東芝モノフラックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は、繊維と粒子を分離するのに適した分級装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to a classification apparatus suitable for separating the fibers and particles.

【0002】 [0002]

【従来の技術】一般に、無機質繊維、例えばアルミナ− In general, inorganic fibers such as alumina -
シリカ系繊維、岩綿、ガラス繊維等は粘稠な溶液状の原料から細く引き延ばされて生成される。 Silica fiber, rock wool, and glass fibers is generated stretched thin from viscous solution like raw material. このような生成作業を繊維化と呼ぶ。 Such product work is called a fiberization. 繊維化には、さまざまな方法があるが、いずれの方法で製造された繊維も、大別して、連続した状態の繊維と、比較的短い繊維(短繊維)の集合物に分けられることが多い。 The fiberization, there are a variety of ways, even fibers produced by any method, roughly, the fiber of the continuous state is often divided into a relatively short aggregate of fibers (short fibers).

【0003】このようにして製造された無機質繊維も、 [0003] The inorganic fibers that have been produced in this way also,
このままの姿で使用されることは少ない。 Is it is less likely to be used in the appearance of this state. 通常は二次加工される。 Usually is secondary processing. そして二次加工に際し、必要に応じて適当な長さに切断される。 And upon secondary processing, it is cut to length as required.

【0004】一般に、このように加工された繊維には異物が含まれている。 In general, it contains foreign matter to the thus processed fibers. この異物のことをショットと呼んでいる。 It is referred to as a shot that of the foreign matter. ショットの大部分は繊維化されないで別の形に固化した小塊で、例えば球状、液滴状、フレーク状等の各種の形状のものが含まれる。 Most of the shots in the small mass solidified to a different form without being fiberized, include for example, spherical, Ekishizukujo, those various shapes of flake like. さらに、このようなショットの中には短く極端に太い繊維も含まれる。 Also included short extremely thick fibers in such shot.

【0005】繊維以外の異物が存在する場合は、異物を繊維から分離して排除する。 [0005] If there is foreign material other than fibers, eliminates separate the material from the fibers. 分離の程度は目的に応じて設定される。 The degree of separation is set according to the purpose. 異物を完全に分離する場合もあれば、一部分を残すこともある。 In some cases to completely separate the foreign matter, sometimes leaving a portion. 両方を含めて、このような分離を分級と呼称する。 Including both will be referred to such a separation and classification.

【0006】従来の分級方法によれば、水や、空気を媒体とし、流動する媒体中に分散した繊維とショットの移動度の差を利用して分級が行われている。 [0006] According to a conventional classification process, water or air as a medium, fiber and shot classification by utilizing the difference in mobility is performed dispersed in the medium to flow. 具体的にはショットと繊維の間の沈降速度の差や、慣性力(または遠心力)の差を利用して分級が行われている。 Specifically and the difference in sedimentation velocity between the shot and the fiber classification using the difference of the inertial force (or centrifugal force) is being performed. 一般に作業効率の観点から慣性力を利用した分級装置が多く用いられている。 Generally efficiency aspect classification apparatus utilizing an inertia force from is often used. このような分級装置の例として各種の気流式分級機や湿式分級機が挙げられる。 Various air classifier or a wet classifier can be mentioned as examples of such a classifier. 気流式分級機として代表的な装置はサイクロンである。 Representative apparatus as air classifier is a cyclone. またサイクロンは湿式分級機としても使用されている。 The cyclone has also been used as a wet classifier. 前者は媒体として空気を用い、後者は媒体として水を用いる。 The former uses air as the medium, the latter using water as a medium. いずれも繊維とショットを含んだ原料を旋回する流動媒体に分散させ、その慣性力の差を利用する。 Both dispersed in the fluidized medium to swirl the material containing fibers and shot, utilizing the difference of the inertial force.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】一般に繊維の間に混入している多数のショットは全てが同一の大きさでなく、 Multiple shots mixed in between the fibers generally [0008] are not all the same size,
それらの大きさが、ある分布を持っている。 Their size is, has a certain distribution. 例えば繊維の平均直径が2〜3μmのセラミックファイバーの中に含まれているショットは大多数が球状で、直径の分布として10〜500μmのひろがりを持つ。 For example shots average diameter of the fibers is contained in the ceramic fiber 2~3μm the majority spherical, with a spread of 10~500μm as a distribution of diameters. この場合、ショットの質量の最小値と最大値の比率は、ほぼ1対10 In this case, the ratio of the minimum and maximum values ​​of the mass of shot is approximately 1 to 10
万である。 It is a man. したがって慣性力についても最小値と最大値の比はおよそ1対10万である。 Thus the ratio of the minimum and maximum values ​​also inertial force is approximately 1 per 100,000. それ故、慣性力を利用して繊維からショットを精度良く分級するためには、最小慣性力を1とすると、その10万倍の慣性力に対応できる機械でなくてはならない。 Therefore, in order to utilize the inertial forces to accurately classifying the shot from the fibers, when the minimum inertia and 1 must be a machine that can respond to the inertial force of ten thousand times.

【0008】従来のショット分級装置はこのような大きな質量分布を持つショットに対して精度よく対応できなかった。 [0008] Conventional shot classifier was not able to accurately corresponds respect shot with such a large mass distribution.

【0009】本発明の第1の目的は繊維とショットの混合物から繊維とショットを高精度に分級できる分級装置を提供することにある。 A first object of the present invention is to provide a classification device capable of classifying the fibers and shot with high accuracy from a mixture of fibers and shot.

【0010】本発明の第2の目的は繊維とショットの混合物から任意に設定した大きさのショットを高精度に分級できる分級装置を提供することにある。 A second object of the present invention is to provide a classification device which a shot size set arbitrarily from a mixture of fibers and shots can classification with high accuracy.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】本発明の要旨は供給ノズルからコアンダブロックに沿って噴流を噴出させることによって、その噴流中の分級対象物を分級する分級装置において、供給ノズルの供給方向に対向する位置に反発力緩衝部材を設けるとともに、この反発力緩衝部材に緩衝層を付設したことを特徴とする分級装置である。 The gist of the present invention SUMMARY OF THE INVENTION By ejecting a jet along a Coanda block from the supply nozzle, in the classification device for classifying the classification target of the Jet, opposite to the feed direction of the supply nozzle provided with a repulsive force cushioning member at a position, a classification apparatus being characterized in that additionally provided a buffer layer on the repulsive force cushioning member.

【0012】本発明の分級装置で使用するコアンダブロックとは、コアンダ効果を利用するブロックである。 [0012] The Coanda block for use in the classification apparatus of the present invention is a block utilizing the Coanda effect. よく知られているように、壁面に沿って噴出する噴流は壁面が湾曲していてもそれに付着して流れる性質を有するが、噴流が円柱表面のような凸状の曲面に付着して流れることをコアンダ効果とよんでいる。 As is well known, although the jet to be ejected along the wall surface has the property that flows attached thereto be curved wall surface, the jet flow adheres to the convex curved surface such as a cylindrical surface It is called the Coanda effect.

【0013】 [0013]

【実施例】図1は本発明の分級装置の一例を示す。 DETAILED DESCRIPTION FIG. 1 shows an example of the classifying apparatus of the present invention.

【0014】図1において、空間1のまわりに5個のブロック2,4,5,6,7が設けられている。 [0014] In FIG. 1, five blocks 2,4,5,6,7 is provided around the space 1. これらのブロック2,4,5,6,7はそれぞれ耐摩耗材で作られた硬質のブロックである。 These blocks 2,4,5,6,7 is a block of rigid made of each wear-resistant material. 例えばブロックの材質としては、ステンレススチールやタングステンカーバイドといった金属質のものや、ジルコニアやアルミナ等のセラミック質のものが用いられる。 For example, as the material of the block, that of metallic like stainless steel, tungsten carbide, or those ceramify such zirconia or alumina is used.

【0015】これらのブロック2,4,5,6,7は図1の紙面に垂直な方向の長さがすべて同じである。 [0015] These blocks 2,4,5,6,7 are all the same length in the direction perpendicular to the plane of FIG. そして全体がほぼ直方体になるように、各ブロック2,4, And as a whole is substantially rectangular, each block 2 and 4,
5,6,7は紙面に平行な上面と下面を有し、それらの上下面を覆うように2枚の板(図示せず)で挟まれている。 5, 6 and 7 are sandwiched by having parallel upper and lower surfaces to the paper surface, two plates so as to cover their upper and lower surfaces (not shown). 通常、これらの板は内部が観察し易いように透明なガラスで作られている。 Typically, these plates are made of transparent glass so as to facilitate the internal observation.

【0016】ブロック2,4,6は固定されたブロックである。 [0016] The block 2, 4, 6 is a fixed block. そのうちの1つのブロック2を特にコアンダブロックと呼称する。 One block 2 of which particularly called Coanda block. コアンダブロック2はコアンダ効果を奏するように滑らかな凸状の湾曲面15を持っている。 Coanda block 2 has a smooth convex curved surface 15 so as to achieve the Coanda effect.

【0017】8,9,10,11はこれらのブロック2,4,5,6,7に囲まれてできた上下方向に延びる流路であり、すべて空間1につながっている。 [0017] 8, 9, 10, 11 is a flow path extending in the vertical direction Deki surrounded by these blocks 2,4,5,6,7, all are connected to the space 1. つまり、 That is,
空間1は各流路8,9,10,11を互いにつなぐ中心位置に存在する。 Space 1 is present at the center position connecting the respective flow paths 8, 9, 10 and 11 to each other. この空間1の中を分離目的のショット(図示せず)が飛行する。 Shot separation purposes in this space 1 (not shown) to fly.

【0018】1つの中間のブロック5は1本の広い流路を区切って複数の流路8,9を形成するものであり、主として、各流路8,9を流れる気流の方向及び流れの状態を最適な状態にするものである。 [0018] One intermediate block 5 is to form a plurality of flow channels 8,9 separated wide flow path of the one, mainly, in the direction and flow of the air flow through the respective flow paths 8 and 9 state the one in which an optimum state. もう1つの中間のブロック7は1本の広い流路を区切って複数の流路10, Another intermediate blocks 7, separated wide flow path of the one plurality of flow paths 10,
11を形成するものであり、主として、分級状態を調整するものである。 And forms a 11, but mainly to adjust the classification status.

【0019】また、これらの中間のブロック5及びブロック7は必要に応じて移動して位置及び向きを調節できるようになっており、好ましくは、それぞれ長さ方向で2つの部分に分けて、空間1側に位置する部分を可動部分となし、その可動部分がそれぞれ適当な支点を中心にして回転することにより空間1に面したエッジ5a、7 Further, these intermediate block 5 and block 7 is adapted to be adjusted to the position and orientation moves as needed, preferably each divided into two parts in the longitudinal direction, the space position parts moving parts and without the 1 side, the edge 5a facing the space 1 by moving part thereof is rotated about the appropriate fulcrum respectively, 7
aの方向又は位置を調整できるようになっている。 And to be able to adjust the orientation or position of a.

【0020】図1に示された下側の中間のブロック7の数は1つであるが、後で図2を参照して説明するように、使用目的に合わせて下側の中間のブロックを複数個設けることもできる。 [0020] The number of the lower side of the intermediate block 7 shown in FIG. 1 is one, as described with reference to FIG. 2 later, the lower middle of the block in accordance with the intended use it is also possible to provide a plurality. この場合、ブロック7の個数に応じて、ショットの大きさを数段階に分級することが可能となる。 In this case, according to the number of blocks 7, it is possible to classification into several stages the size of the shot.

【0021】供給ノズル3はブロック2の凸状曲面15 The convex curved surface 15 of the supply nozzle 3 is block 2
に近接して設けてある。 It is provided in close proximity to. すなわち、この供給ノズル3の先端部17はブロック2の曲面15の極く近傍に配置されている。 That is, the tip 17 of the supply nozzle 3 is disposed in close proximity of the curved surface 15 of the block 2. 図1で、供給ノズル3の側壁の一部はブロック2の側壁の一部を共有している。 In Figure 1, a part of the side wall of the supply nozzle 3 share a part of the side wall of the block 2.

【0022】供給ノズル3の先端部17から繊維とショットの混合気流が空気ジェットとして空間1に向けて供給される。 The mixture flow of fibers and shot from the supply nozzle 3 of the tip portion 17 is supplied toward the space 1 as an air jet. この混合気流は、図示されていないが、公知のエゼクター装置によって繊維とショットの混合物の一定量と空気の一定量が連続的に混合されて分散されたものである。 The mixture flow is not shown, in which a certain amount of a certain amount and the air of the mixture of fibers and shots are dispersed is continuously mixed by a known ejector device. 繊維とショットの混合物は空気ジェットに良く分散される必要があるが、同一規模の空気ジェットの場合、繊維が長くなりすぎると、分散が困難になる。 Mixture of fibers and shots need to be well dispersed in the air jet, but for the same size of the air jet, the fiber is too long, dispersion becomes difficult. 使用する空気ジェットの空気量や圧力は他の気流とバランスさせる必要があるので、むやみに大きくすることはできない。 The air quantity and pressure of the air jet to be used needs to be balanced with other air flow can not be excessively large. しかし、平均繊維長が5mm以下であれば、分散は比較的容易である。 However, the average fiber length is equal to 5mm or less, the dispersion is relatively easy. 特に平均繊維長が1000μm In particular, the average fiber length of 1000μm
以下の場合、分散は一層容易である。 In the following cases, the dispersion is easier.

【0023】ブロック6の側壁には供給ノズル3の供給方向に対向する位置に凹部16が設けられている。 [0023] sidewall of the block 6 the recess 16 is provided in a position opposed to the feed direction of the supply nozzle 3. 凹部16は空間1を介して供給ノズル3とほぼ対向した位置関係にある。 Recess 16 is substantially opposed positional relationship between the supply nozzle 3 through the space 1.

【0024】凹部16を覆うように反発力緩衝部材12 The repulsive force cushioning member 12 so as to cover the recess 16
が配置されている。 There has been placed. 凹部16と反発力緩衝部材12の間には緩衝空間18が緩衝層として存在する。 Between the recess 16 and the repulsive force cushioning member 12 buffer space 18 is present as a buffer layer.

【0025】凹部16と反発力緩衝部材12は供給ノズル3より飛来するショットの全部が当たるような位置及び十分な大きさに設定されている。 The recess 16 and the repulsive force cushioning member 12 is set to all hits such position and enough shots flying from the supply nozzle 3.

【0026】反発力緩衝部材12はブロック6の凹部1 The repulsive force cushioning member 12 is concave first block 6
6のところに取り付けられ、空間1の側壁の一部をなし、流路9の方向から流路10の方向へ流れる空気流の通路壁の1部を形成している。 Attached to 6 at a, and form part of the passage wall of the air flow through a part of the side wall of the space 1, the direction of the passage 9 in the direction of the flow path 10. そして、ブロック6と反発力緩衝部材12からなる通路壁は全体として滑らかな壁面を構成している。 The passage wall consisting of repulsion cushioning member 12 and the blocks 6 constitute a smooth wall surface as a whole.

【0027】反発力緩衝部材12はそれ自体が耐摩耗性で外力を吸収減衰させるような材質で構成するのが望ましい。 The repulsive force cushioning member 12 is desirably themselves comprise a material such as to absorb attenuate external force in wear resistance. このような材質として容易に入手可能なものは各種のゴム類や高分子樹脂である。 Such readily those available as the material is a variety of gums and the polymer resin. とくに、ショットの当たる部分の厚みが0.5〜1.5mmで、シート状のものが好ましい。 In particular, the thickness of the portion exposed to shot at 0.5 to 1.5 mm, a sheet-shaped are preferred. ゴムの材質として、例えばネオプレンゴムやシリコーンゴム等が最適である。 As the material of the rubber, for example neoprene rubber, silicone rubber or the like is optimum. また、特に振動に対して減衰特性の優れたゴムは一層好ましい。 Further, a more preferred particularly good rubber damping properties to the vibration. この反発力緩衝部材12はその周辺の一部または全部がブロック6に固定されている。 The repulsive force cushioning member 12 is a part or all of its periphery is fixed to the block 6.

【0028】反発力緩衝部材12の固定の方法は限定されない。 The fixing method of repulsive force cushioning member 12 is not limited. たとえばカーテンのように上方のみを固定して下方を自由端としてもよい。 For example, lower by fixing the upward only or as a free end as a curtain. この場合、流路8,9が上方になり、流路10,14が下方になるように配置する。 In this case, the channel 8, 9 is upwardly, the flow path 10, 14 is arranged to run downwardly. また、別の固定方法としてブロック2,4,5, The block 2,4,5 another fixing method,
6,7を挟む上下のガラス板(図示せず)の方に縁部を取り付けてもよい。 6,7 may be attached to edge toward the glass plate of the upper and lower sandwiching the (not shown). また、別の固定態様として反発力緩衝部材12を完全にブロック6から離れた状態にしてもよい。 It is also possible to state away from completely blocked 6 repulsion cushioning member 12 as a separate fixed manner. この場合は、ブロック6に凹部16を形成する必要はない。 In this case, it is not necessary to form the recess 16 in the block 6.

【0029】反発力緩衝部材12の固定手段は任意であるが、主としてネジ止め、接着等の手段が利用できる。 [0029] While fixing means repulsive force cushioning member 12 is arbitrary, stopping mainly screws, adhesion or other means can be utilized.
通常、緩衝空間18はブロック6に凹部16を設けることによって作られるが、別の態様として、一方の面に凹部を持ったり又は凹部に形成された反発力緩衝部材12 Usually, the buffer space 18 is made by providing a recess 16 in the block 6, in another embodiment, the repulsive force cushioning member 12 formed with or or recess a recess on one face
を凹部が緩衝空間18となるように用いることも可能である。 The can also be used as recess is the buffer space 18.

【0030】反発力緩衝部材12に付設する緩衝層はこれら以外の態様に構成することもできる。 The buffer layer attached to the repulsive force cushioning member 12 may be configured to aspects other than these. 反発力緩衝部材12の内部に大小の空間を配置したものや、大小の空間の中に水等の液体を配したものも使用できる。 Internal and those arranged spaces large and small repulsive force cushioning member 12, even those which arranged a liquid such as water in the magnitude of the space available. また、 Also,
相当な厚みをもった弾力部材はそれ自体に緩衝層が内在することになる。 With a substantial thickness resilient member will be inherent buffer layer itself.

【0031】流路10,11はそれぞれ捕集機を介してブロワー(図示せず)につながっており、減圧状態となっている。 The flow channel 10, 11 is connected to blower (not shown) through the respective collector, it has a reduced pressure state.

【0032】また、流路8,9はダンパー(図示せず) [0032] In addition, the channel 8 and 9 (not shown) Damper
を介して消音器(図示せず)につながり、さらに、その先は下気中に開口している。 It leads to muffler (not shown) via a further, beyond which opens into Shitaki. この開口は空気取り入れ口となってる。 This opening is in the air intake.

【0033】前述の分級装置の使用に際しては、流路1 [0033] In use of the above-mentioned classification device, channel 1
0,11の後部に接続されているブロワーの稼動により、各流路8〜11及び空間1が減圧状態となり、流路8,9にはダンパーを通って多量の空気が引き込まれる。 The operation of the blower is connected to the rear of 0,11, each passage 8-11 and space 1 is a reduced-pressure state, a large amount of air is drawn through the damper in the flow passage 8,9. 流路9に引き込まれた空気の大部分は流路10の方向へ流れる。 Most of the air drawn into the channel 9 flows in the direction of the flow path 10. 同様に、流路8に引き込まれた空気の大部分は流路10の方向へ流れる。 Similarly, most of the air drawn into the flow path 8 flows into the direction of the passage 10. これらの気流は好ましくは層流である。 These airflow is preferably laminar.

【0034】供給ノズル3からは繊維及びショットを含んだ空気がジェットとして吹き出される。 The air containing the fibers and shot from the supply nozzle 3 is blown out as a jet. この空気ジェットは空間1の方向へ吹き出されるが、コアンダブロック2に接して吹き出されるため、コアンダ効果により、 This air jet is blown in the direction of space 1, because it is blown against the Coanda block 2, by Coanda effect,
コアンダブロック2に接した状態で曲面15に沿って流れる。 It flows along the curved surface 15 in a state of being in contact with Coanda block 2. 即ち、曲面15に沿って図1で矢印14で示すような軌跡を描いて流れる。 That is, it flows along a locus as indicated by arrows 14 in FIG. 1 along the curved surface 15.

【0035】このように繊維及びショットは共に供給ノズル3から空気ジェットに乗って慣性力を持った状態で空間1に吹き出されるが、空気ジェットはやがて曲面1 [0035] This fibers and shot, as will be blown into the space 1 in a state having the inertial force both ride from the supply nozzle 3 to the air jets, air jets eventually curved 1
5に沿って流れるため方向を変える。 Change direction to flow along the 5. 繊維及びショットは空気ジェットの噴出方向に直進するように慣性力が働いているので、方向を変える空気ジェットから離脱するように運動する。 Since the fibers and shot are inertia worked like straight in the ejection direction of the air jets, it moves so as to leave from the air jets to change the direction. しかし、空気ジェットを離脱するためには空気ジェットの流体抵抗に打ち勝つだけの慣性力が必要である。 However, in order to disengage the air jets it is required inertial force sufficient to overcome the fluid resistance of the air jets.

【0036】繊維は質量が小さいので、慣性力が小さく、逆にその形状が細長いので、空気ジェットから受ける流体抵抗は十分大きい。 Since [0036] the fibers are small mass, inertia force is small, because the shape of an elongated Conversely, the fluid resistance received from the air jets is sufficiently large. その結果、繊維は空気ジェットから離脱することなく空気ジェットに捕らえられたまま矢印14の軌跡でコアンダブロック2に沿って飛行する。 As a result, the fibers fly along the Coanda block 2 at the locus of the left arrow 14 trapped in air jet without departing from the air jets.

【0037】一方、ショットは質量も大きく球形であるから、キャリア空気の流体抵抗に打ち勝って空間1の中心方向に飛ぶ。 On the other hand, shot from the mass is also large spherical fly toward the center of the space 1 by overcoming the flow resistance of the carrier air. この方向が描く軌跡を矢印13で例示する。 Illustrate trajectory this direction depicted by arrow 13. この矢印13の軌跡を描こうとするショットは、流路8,9の側から流れてきた気流から流体抵抗を受けて流路11,10の側に押し流される。 The shot to be drawn the trajectory of the arrow 13, receives fluid resistance from the air flow flowing from the side of the channel 8, 9 swept to the side of the flow path 11 and 10. 押し流されたショットはブロック7のエッジ7aによって流路10側又は流路11側に分けられる。 Pushed shot is divided into a flow path 10 side or the passage 11 side by the edge 7a of the block 7. ショットがどちらの流路1 Shots of both the flow path 1
0,11へ流れるかはショットの大きさ、気流の速さ、 Or it flows to 0,11 shot of size, air flow speed,
空間1の大きさ、エッジ7aの位置によって決まる。 Size of the space 1, determined by the position of the edge 7a. エッジ7aの位置は前述の如く調節可能である。 Position of the edge 7a is adjustable as described above. エッジ7 Edge 7
aがブロック2に近い方へ位置すると、流路11へ流れるショットの粒径は小さくなる。 When a is located toward closer to the block 2, the smaller the particle size of the shot flow to the flow channel 11. さらに、ブロック7のエッジ7aの位置を調整することによって流路11側へ流れるショットを0にすることも可能である。 Furthermore, it is also possible to 0 shot flowing into the flow path 11 side by adjusting the position of the edge 7a of the block 7.

【0038】一般に、ショットの粒径は小さなものから、かなり大きなものまで分布している。 In general, the shot of the particle size is distributed from a small thing, until quite large. 例えばアルミナ−シリカ質セラミックファイバーの場合、ショットの直径がおおよそ0.001〜0.5mmである。 For example alumina - if siliceous ceramic fiber, shot diameter of approximately 0.001~0.5Mm. これらのショットの内、小さい方のショットを矢印13の方向へ飛行させるには、それに必要な大きな慣性力を与える必要がある。 Of these shots, in order to fly the smaller shots in the direction of arrow 13, it is necessary to provide a large inertial force required. このような作用はエゼクターの仕組みによって同時に大きい方のショットにも加えられる。 This effect is also added at the same time the larger shot by mechanism of ejector. その結果、特に大きなショットは非常に大きな慣性力を持って矢印13の方向へ飛行する。 As a result, particularly large shot flies very with a large inertial force in the direction of arrow 13. それゆえ、大きなショットの中には流路9から流路10の方向へ流れる気流によって流路10の方向に押し流されることなく、反発力緩衝部材12に衝突するものが存在する。 Therefore, without being swept away in the direction of the flow path 10 by the airflow flowing from the flow passage 9 to the direction of the passage 10 in the large shots, there are those impinging on the repulsive force cushioning member 12. このようなショットは、背後に緩衝空間18を付設した反発力緩衝部材1 Such shot repulsive force cushioning member 1 which is attached a buffer space 18 behind
2によって運動エネルギーを吸収され、ほとんど反発することなく流路10の方向に流される。 Absorbed kinetic energy by 2, flows in the direction of the passage 10 with little or no rebound.

【0039】反発力緩衝部材12の確実な運動エネルギー吸収作用は、反発力緩衝部材12の背後に設けた緩衝空間18の存在によって実現される。 The reliable kinetic energy absorbing action of the repulsive force cushioning member 12 is realized by the presence of the buffering space 18 provided behind the repulsive force cushioning member 12. 緩衝空間18が存在する場合、反発力緩衝部材12は、ショットの衝撃に対して有効に変形しながら、その運動エネルギーを吸収することができる。 If buffer space 18 is present, the repulsive force cushioning member 12, while effectively deformed by the impact of the shot, it is possible to absorb the kinetic energy. 逆に反発力緩衝部材12を設けない場合、ショットは耐摩耗性のブロック6に衝突する。 If conversely without the repulsive force cushioning member 12, shot collides with the wear resistance of the blocks 6. 耐摩耗性のブロックは一般に硬度が大きく、従って弾性エネルギーもそれだけ大きく、ショットは反発される。 Wear resistance of the blocks is generally greater hardness and therefore elastic energy much greater, shots are repelled. 特にブロック6がセラミック製の場合はその傾向が著しい。 Especially when the block 6 is made of ceramic the tendency is remarkable.

【0040】薄いシート状の反発力緩衝部材12を接着剤等でブロック6の壁面に接して設けた場合は、その背後に緩衝空間18が設けられていないので、大きいショットはブロック6または反発力緩衝部材12によって十分に運動エネルギーを吸収されることなく、反発力緩衝部材12の持つ弾性力によって反発され、反対方向に跳ね返る。 [0040] Thin When the sheet-shaped repulsion cushioning member 12 was in contact with the wall surface of the block 6 is provided with an adhesive or the like, since the buffer space 18 behind is not provided, a large shot block 6 or repulsive force without being absorbed sufficiently kinetic energy by the buffer member 12, it is repelled by the elastic force of a repulsive force cushioning member 12 rebounds in the opposite direction. その結果、反発力緩衝部材12を設けない場合とほとんど同じように、相当量ショットがブロック7のエッジ7aを越えて流路11に飛び込む。 As a result, the case without the repulsive force cushioning member 12 and in much the same way, considerable amounts shot jump into the flow path 11 beyond the edge 7a of the block 7. このため、繊維とショットの分離は完全ではない。 For this reason, the separation of the fibers and the shot is not perfect.

【0041】本発明の分級装置は大きいショットから小さいショットまでほとんど完全に繊維から分離することができる。 The classification apparatus of the present invention can be separated from the almost completely fiber to small shot from a large shot. 完全分離だけでなく適当な程度の分離を意図する場合にも有効である。 It is also effective for the intended proper degree of separation as well as complete isolation. これらの調整はブロック7のエッジ7aの方向又は位置を調節することによって可能である。 These adjustments are possible by adjusting the direction or position of the edge 7a of the block 7. ブロック7を使って流路10と流路11を適当に分けることにより、設定した大きさより大きなショットは流路10へ流し、それより小さなショットや繊維は流路11に流すことが可能である。 By appropriately dividing the flow path 10 and the flow path 11 with the block 7, larger shot than the size set is flushed into the channel 10, the small shots and fibers from which it is possible to flow the flow path 11.

【0042】図2は図1のブロック7と同様の機能を有するブロック19を追加した例を示す。 [0042] Figure 2 shows an example of adding block 19 having a function similar to that of the block 7 of Figure 1. ブロック7及びブロック19のエッジ7a,19aの位置を調節することによって分級するショットの大きさを分けることができる。 Can be divided size of the shot to be classified by regulating the edge 7a of the block 7 and block 19, the position of 19a. 各流路10,11,20を流れる気流の流量及び各エッジ7a,19aの位置を適切に調節する時、流路11には繊維が、流路20には所定の大きさの比較的小さいショットが、流路10には所定の大きさの比較的大きなショットが、それぞれ分級される。 When adjusting the air flow of the flow rate and the edge 7a through the respective flow paths 10, 11 and 20, the position of 19a properly, the fibers in the flow channel 11 is relatively small shots of the flow channel 20 a predetermined size but the passage 10 relatively large shots of a predetermined size are respectively classified. このようにショットの飛行経路に沿って複数のエッジ7a,19aが並ぶように複数のブロック7,19を並べることによって複数の大きさのショットに分離可能である。 It can be separated into shots of a plurality of sizes by thus arranging a plurality of blocks 7 and 19 so that a plurality of edges 7a, 19a are aligned along the flight path of the shot.

【0043】なお、本発明の分級装置はショットと繊維の混合物から繊維とショット、またはショットとショットを高精度に分級することができるだけでなく、その原理から理解できるように、繊維とショットの分離のみならず、他の物質で質量のはなはだしく異なる物質を高精度に分級することもできる。 Incidentally, the classification device of the present invention not only can be classified from a mixture of shots and fibers fibers and shot, or shots and shot with high accuracy, as can be understood from the principle, the separation of the fibers and shot not only it can be classified unduly different material mass by another substance with high accuracy.

【0044】本発明の分級装置は、繊維状のものと、少なくとも繊維の直径より大きな直径を持つ、粒子状のものとを分級または分離するのに適している。 The classification apparatus of the present invention, as fibrous, having a larger diameter than the diameter of at least the fibers, are suitable for classifying or separating as particulate. この場合、 in this case,
繊維の材質は問わない。 The material of the fiber does not matter. ただし、粒子は硬く、繊維の質量に比較して相当大きな質量を持つものを含む方がよい。 However, the particles are hard, it is better to include those with considerable mass compared to the mass of fibers. 例えば、各種パルプと砂、金属のような粒状の異物の混合物や、各種ウイスカーと同材質または異材質の粒状鉱物質異物等である。 For example, various pulp and sand, or a mixture of particulate foreign matter such as metal, is a granular mineral foreign matter of various whiskers of the same material or different materials. 繊維と粒子の混合物のみならず、ある分布を持つ粉体であって、その分布の中で小さい径の粒子と大きい径(例えば500μm)の粒子の質量の差が極端に大きく、例えば10万倍程度の差を持つ場合で、大きい粒子は硬く、金属、セラミックに対して大きな反発を示すようなもの、例えばガラスビーズ、金属ビーズ、各種鉱物粉も、本発明の分級対象として適している。 Not only a mixture of fibers and particles, distribution a powder having a difference is extremely large mass of particles larger diameter with particles of small size in its distribution (e.g. 500 [mu] m), for example, 100,000 times If with varying degrees, large particles are hard, metal, like showing a large repulsive the ceramic, such as glass beads, metal beads, various mineral powders are also suitable as classification object of the present invention.

【0045】フレーク状のものと硬い粒子状のものの混合物、例えば雲母片と他の鉱物粒子、紙片と鉱物粒子や金属粒子も、本発明装置によって分級可能である。 [0045] Mixtures of flaky ones and hard particulate ones, for example, mica flakes and other mineral particles, even paper and mineral particles or metal particles, it is classified enabled by the present invention apparatus.

【0046】また、本発明においては、空気ジェットによって、分級対象となる原料を供給ノズル3から空間1 [0046] In the present invention, the space 1 by the air jets, the material to be classified object from the supply nozzle 3
に送り込む。 Fed to. この時、原料は運送媒体として空気のジェット気流に乗せて送り込む。 In this case, the raw material is fed placed on a jet stream of air as the transport medium. この場合に使用するジェット気流状の運送媒体を本発明では広く空気ジェットと呼ぶ。 The jet stream-like transport medium used in this case is called a wide air jet in the present invention. 他方、本発明において、気流とは、一方の側から他方の側に流れる高速の空気流のことをさす。 On the other hand, in the present invention, air flow and refers to a stream of high velocity air flowing through the other side from the one side. この気流は空気ジェットが吹き込まれない場合でも流れているようにするのが好ましい。 The air flow is preferably such that the flow even when the air jets are not blown. 空気ジェットが吹き込まれた場合、厳密なことは言えないが、原理上、気流と空気ジェットは混合しないで並行して流れる。 If the air jets blown, but can not be said that strict, principle, air flow and air jet flows in parallel without mixing. この時、空気ジェットはコアンダブロック2に沿って流れる。 At this time, the air jet flow along the Coanda block 2. しかし、気流と空気ジェットは共に高速の空気の流れである点に変わりはなく、強いて言えば使用目的や流れる場所の違いが異なるだけで、両者に本質的な差はない。 However, the airflow and the air jet is not changed in both points is the flow of the high speed of the air, only by force difference of intended use and flows location speaking is different, there is no essential difference between the two.

【0047】 実験例アルミナ含有量が48%であるアルミナ−シリカ質セラミックファイバーを予め振動ミルにかけて、平均繊維長が100ミクロンになるように切断して原料とした。 [0047] Experiment alumina alumina content of 48% - over the previously vibration mill siliceous ceramic fibers, the average fiber length as a raw material and cut into a 100 micron. この繊維の繊維径は0.5〜10μmの範囲に分布し、平均繊維径は2.9μmであった。 The fiber diameter of the fiber is distributed in the range of 0.5 to 10 [mu] m, the average fiber diameter was 2.9 .mu.m.

【0048】ついで図1で示した装置で、反発力緩衝部材12を備えた状態と、反発力緩衝部材12を備えていない状態とに分けて、それぞれについて原料中の繊維とショットの分級試験を行った。 [0048] In the apparatus shown in followed Figure 1, a state having a repulsive force cushioning member 12, is divided into the state having no repulsive force cushioning member 12, the classification test of the fibers and shot in the raw material for each went. 得られた繊維について繊維側に残った残留ショットの量を測定した。 The obtained fibers were measured the amount of residual shot remaining in the fiber side.

【0049】分級装置の条件として流路10には毎分7 [0049] every minute in the flow channel 10 as a condition of classifying apparatus 7
立方メートル、流路11には毎分5立方メートルの空気を流した。 Cubic meters, the flow path 11 flows per minute 5 m3 of air. また、供給ノズル3から空気ジェットとして0.5気圧で毎分0.18立方メートルの空気を流した。 Further, shed per minute 0.18 m3 of air at 0.5 atm as an air jet from the supply nozzle 3. 分級して得られた繊維を各々水に分散し、水篩法で注意深くショットと繊維に分離した。 The fibers obtained were classified respectively dispersed in water, was separated carefully shots and fibers with water sieve method. 次いで、得られたショットを乾燥して篩で212μm以上、212〜15 Then, the resulting shot dry sieve 212μm or more, the 212-15
0μm、150〜45μmの各サイズに篩分けした後、 0μm, it was sieved to each size of 150~45μm,
各々の重量を測定し、もとの分級して得られた繊維に対する残留ショットの割合を求めた。 Each weight was measured to determine the percentage of residual shot for fiber obtained by the original classification.

【0050】得られた結果を表1に示す。 [0050] The results obtained are shown in Table 1. 反発力緩衝部材12を備えた状態での測定結果を実験例1及び実験例2とし、反発力緩衝部材12を備えていない状態での測定結果を比較例1及び比較例2として示す。 The measurement results in a state having a repulsive force cushioning member 12 to Experimental Example 1 and Experimental Example 2 shows the measurement results in a state having no repulsive force cushioning member 12 as Comparative Examples 1 and 2. 他に、もとの原料のショット含有率を参考例1として示す。 Other shows shot content of the original raw material as Example 1.

【0051】 [0051]

【表1】 [Table 1]

【0052】 [0052]

【発明の効果】表1の実験例1及び実験例2の残留ショット量の合計は比較例1及び比較例2の残留ショット量の合計のおよそ1/4である。 Total residual shot of Experimental Examples 1 and 2 of Table 1, according to the present invention is approximately 1/4 of the total remaining shots of Comparative Example 1 and Comparative Example 2. 特に212μm以上のショットの残留ショットについて両者を比べると、実験例はいずれも比較例の1/10以下である。 Especially compared both for residual shot 212μm or more shots, experimental example is 1/10 or less of the comparative examples both.

【0053】また各実験例では繊維に残留するショット量はもとの原料中のショット含有量の0.5%以下である。 [0053] Also shot amount remaining in the fiber in each of the experimental examples is 0.5% or less of the shot content in the original feedstock.

【0054】このように、反発力緩衝部材に緩衝空間を付設すると、極めて高精度に繊維とショットを分級できることが判明した。 [0054] Thus, when attaching a buffering space repulsion buffer member was found to be classified fibers and shot at a very high accuracy.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1実施例による分級装置を示す概略断面図。 Schematic sectional view showing a classification apparatus according to a first embodiment of the present invention; FIG.

【図2】本発明の第2実施例による分級装置を示す概略断面図。 Schematic sectional view showing a classification apparatus according to a second embodiment of the present invention; FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 空間 2 コアンダブロック 3 供給ノズル 4,5,6,7 ブロック 8,9,10,11 流路 12 反発力緩衝部材 13 ショットの軌跡 14 繊維の軌跡 15 曲面 16 凹部 18 緩衝空間 19 ブロック 20 流路 ◆ 1 space 2 Coanda block 3 supply nozzles 4, 5, 6, 7 blocks 8, 9, 10, 11 the channel 12 repulsive force cushioning member 13 shot trajectory 14 fiber path 15 curved 16 recess 18 buffering space 19 block 20 the flow path of the ◆

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 供給ノズルからコアンダブロックに沿って噴流を噴出させることによって、その噴流中の分級対象物を分級する分級装置において、供給ノズルの供給方向に対向する位置に反発力緩衝部材を設けるとともに、 By 1. A thereby ejecting a jet along a Coanda block from the supply nozzle, in the classification device for classifying the classification target of the Jet, providing a repulsive force cushioning member at a position opposed to the feed direction of the supply nozzle along with the
    この反発力緩衝部材に緩衝層を付設したことを特徴とする分級装置。 Classifying apparatus characterized by annexed buffer layer to the repulsive force cushioning member.
JP8607792A 1992-03-10 1992-03-10 Classifier Expired - Fee Related JP3021174B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8607792A JP3021174B2 (en) 1992-03-10 1992-03-10 Classifier

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8607792A JP3021174B2 (en) 1992-03-10 1992-03-10 Classifier

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05253547A true JPH05253547A (en) 1993-10-05
JP3021174B2 true JP3021174B2 (en) 2000-03-15

Family

ID=13876648

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8607792A Expired - Fee Related JP3021174B2 (en) 1992-03-10 1992-03-10 Classifier

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3021174B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1989012319A1 (en) * 1988-06-06 1989-12-14 Hitachi, Ltd. Semiconductor packaging module and heat-conducting block structure used therefor
US5712075A (en) * 1994-01-25 1998-01-27 Canon Kabushiki Kaisha Gas current classifier and process for producing toner
JP2926537B2 (en) 1994-12-15 1999-07-28 株式会社日立製作所 Multichip modules - Le cooling device
US5934478A (en) * 1995-07-25 1999-08-10 Canon Kabushiki Kaisha Gas stream classifier and process for producing toner
US6325605B1 (en) * 1998-11-02 2001-12-04 Owens Corning Canada Inc. Apparatus to control the dispersion and deposition of chopped fibrous strands
EP2199446B1 (en) 2007-10-11 2013-04-24 Denki Kagaku Kogyo Kabushiki Kaisha Aluminous-fiber mass, process for producing the same, and use

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH05253547A (en) 1993-10-05 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6861265B1 (en) Flow cytometer droplet formation system
US6739456B2 (en) Apparatus and methods for separating particles
US5236132A (en) Gradient-force comminuter/dehydrator apparatus and method
US6280502B1 (en) Removing solids from a fluid
US4631124A (en) Kinetic gravity deduster
US5938041A (en) Apparatus and method for triboelectrostatic separation
US5975996A (en) Abrasive blast cleaning nozzle
US4255172A (en) Jet impaction preseparator
US2795318A (en) Method of and apparatus for conveying pulverulent material
US5585180A (en) Method of preparing glass microfibers for use in composites and flowable microfiber products
US5579107A (en) Method and apparatus for dry particle analysis
US20120081709A1 (en) High speed fluid switch
US2219011A (en) Apparatus for grinding
US4354641A (en) Apparatus for removing no-bake coatings from foundry sand and classifying the reclaimed sand
US7104403B1 (en) Static two stage air classifier
US3311234A (en) Process and apparatus for pneumatically separating solid particles
US6109481A (en) Powder atomizer
US2664966A (en) Dust arrester
US2850162A (en) Separators for pneumatically conveyed aggregate goods
US3888352A (en) Gravity separator
US3924901A (en) Particle build up suppressor
US3859205A (en) Apparatus and method for transporting fluid-entrainable particles
US20140290889A1 (en) Sheet manufacturing apparatus
US4657667A (en) Particle classifier
US3482287A (en) Method and apparatus for individualizing fibers preparatory to web forming

Legal Events

Date Code Title Description
S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090114

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090114

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100114

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees