JP3020952B2 - Digital interface - Fe - apparatus having a scan - Google Patents

Digital interface - Fe - apparatus having a scan

Info

Publication number
JP3020952B2
JP3020952B2 JP17711699A JP17711699A JP3020952B2 JP 3020952 B2 JP3020952 B2 JP 3020952B2 JP 17711699 A JP17711699 A JP 17711699A JP 17711699 A JP17711699 A JP 17711699A JP 3020952 B2 JP3020952 B2 JP 3020952B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
data
copy
circuit
recording
format
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP17711699A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000076790A (en )
Inventor
乾二 下田
武彦 奥山
謙二郎 遠藤
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、コピープロテクト機能を有するディジタルインターフェースを有する装置に関する。 The present invention relates to relates to a device having a digital interface having a copy protection function.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、画像及び音声のディジタル処理が普及してきており、記録及び再生をディジタル化したD Recently, digital processing of video and audio have been widely and digitizing the recording and reproducing D
VC(ディジタルビデオカセットレコーダ)も開発されている。 VC (digital video cassette recorder) has also been developed. ディジタル化によって、伝送及び記録等におけるノイズの混入を防止することができ、信号品質を向上させることができる。 The digitization, it is possible to prevent mixing of noise in transmission and recording etc., thereby improving the signal quality. このようなディジタル記録においては、オリジナルと同一の複製を作成することができ、 In such digital recording, it is possible to create an identical duplicate the original,
記録メディアに記録された情報の著作権を保護する必要性が高くなってきた。 The need to protect the copyright of which is recorded on the recording media information has become high.

【0003】特に、音声データを含む動画像データの著作権保護については、日本で提案され、現在、米国を中心に協議されているVHRA(Video Home Recording A [0003] In particular, for the copyright protection of the moving image data, including voice data, it is proposed in Japan, currently being negotiated mainly in the United States VHRA (Video Home Recording A
ct)等関係団体による規定化が進められている。 ct), such as the provisions of by the affiliate has been promoted. このV This V
HRAにおいては、アナログ機器をソースとしたアナログ接続では、マクロビジョン方式又はCGMS(COPYGE In HRA, in the analog connections with the source analog device, Macrovision scheme or CGMS (COPYGE
NERATION MANAGEMENT SYSTEM )−A方式を採用することが規定されており、ディジタル機器をソースとしたアナログ接続にはマクロビジョン方式を採用することが規定されており、ディジタル機器をソースとしたディジタル接続においては、CGMS−A(COPY GENERATION MA NERATION MANAGEMENT SYSTEM) are defined to be adopted -A method, the analog connection in which the digital instrument and the source are defined to be adopted Macrovision scheme, the digital connection in which the digital instrument and the source , CGMS-A (COPY GENERATION MA
NAGEMENT SYSTEM -ANALOG)又はCGMS−D(COPY GE NAGEMENT SYSTEM -ANALOG) or CGMS-D (COPY GE
NERATION MANAGEMENT SYSTEM -DIGITAL)方式を採用することが規定されている。 Adopting NERATION MANAGEMENT SYSTEM -DIGITAL) scheme is defined.

【0004】アナログ接続に用いられるマクロビジョン方式は、ビデオ信号の垂直帰線期間にコピーガード信号を重畳することにより、正常な記録を困難にするものである。 [0004] Macrovision scheme used in analog connection, by superimposing the copy guard signal during a vertical blanking period of the video signal, and difficult to normal recording. 即ち、この方式では、画像の同期信号のレベルを変化させて記録側機器におけるシンク検出を不能にすると共に、バースト位相を変化させることにより記録側機器の正常な色再現性を困難にする。 That is, in this manner, together with changing the level of the image synchronization signal to disable sync detection on the recording side equipment, making it difficult to normal color reproduction of the recording side device by changing the burst phase. コピーガード信号が重畳された画像信号については、記録側機器が特別な対応を行うことなく正常な録画が阻止される。 The image signal copy guard signal is superimposed, normal recording is prevented without recording side device performs special handling.

【0005】また、CGMS−A方式は、映像信号の垂直帰線期間の所定の水平期間にコピーが可能であるか否かを示すフラグを挿入するものであり、このフラグに基づいて、記録側機器は記録を制御する。 Further, CGMS-A method is for inserting a flag indicating whether it is possible to copy a predetermined horizontal period of the vertical blanking period of the video signal, based on the flag, the recording side equipment for controlling the recording.

【0006】ディジタル接続において用いられるCGM [0006] CGM used in the digital connection
S−Dは、ディジタルVCR及びDVD等の各機器固有の記録フォーマット中に、あるいはディジタルインターフェースフォーマット(伝送時のデータフォーマット) S-D is in each device-specific recording format such as a digital VCR, and DVD or digital interface format (data format when transmitting)
中に2ビットのコピー世代管理情報を付加するものである。 It is intended to add a 2-bit copy generation management information into. 再生側機器においては、出力信号中にコピー世代管理情報を必ず挿入し、記録側機器においては、入力信号中からコピー世代管理情報を検出して記録を制御するようになっている。 In reproduction side apparatus, always insert the copy generation management information in the output signal, in the recording side device, and controls the recording by detecting the copy generation management information from the input signal.

【0007】コピー世代管理情報は、“11”によってコピー禁止を示し、“10”によってコピー1回許可を示し、“00”によってコピーフリーを示す。 [0007] The copy generation management information, "11" by showing a copy prohibited, "10" by showing a copy once permitted, and indicates the copy free by "00". 記録側機器は、入力信号中に含まれるコピー世代管理情報が“1 Recording side device, copy generation management information included in the input signal is "1
0”である場合には、入力信号を記録すると共に、記録時にコピー世代管理情報を“11”(コピー禁止)に変更する。つまり、孫記録は不能である。 0 ", the records the input signal, the copy generation management information at the time of recording" is changed to 11 "(copy prohibited). That is, grandchild recording is impossible.

【0008】ディジタルVCR(以下、DVCともいう)については、日本国の民生用ディジタルVCR協議会において、NTSC又はPAL規格等に対応したSD [0008] The digital VCR (hereinafter also referred to as DVC) For, in the consumer digital VCR Council of Japan, SD corresponding to the NTSC or PAL standard, etc.
(Standard Definition)規格及びハイビジョンに対応したHD(High Definition )規格が規格化されている。 (Standard Definition) HD corresponding to the standard and high-definition (High Definition) standard have been standardized. これらのSD,HD規格(以下、DVC規格という)では、DVCにおけるコピー世代管理情報についての記録フォーマット及びディジタルインターフェースフォーマットは規定済みである。 These SD, HD standard (hereinafter, referred to as DVC standard), the recording format and the digital interface format for the copy generation management information in the DVC is defined already. 即ち、記録フォーマット及びディジタルインターフェースフォーマットのいずれにおいても、コピー世代管理情報は後述するVAUXエリアのソースコントロール(SOURCE CONTROL)パケット内に挿入されるようになっている。 That is, in any recording format and digital interface formats, copy generation management information is adapted to be inserted into the source control (SOURCE CONTROL) packets VAUX area to be described later.

【0009】DVCの規格以外では、MPEG2のトランスポートストリームのヘッダ内にコピー世代管理情報を挿入することが略々規定されている。 [0009] In addition DVC standards, it is substantially defined to insert a copy generation management information in the header of the MPEG2 transport stream. しかし、これらの規格以外の規格では、CGMS−Dについて考慮されておらず、コピー世代管理情報を各種ディジタル信号、 However, other than these standards standards, not taken into consideration CGMS-D, various digital signal copy generation management information,
各種ディジタル機器のパケット又はI/Fフォーマットのいずれの位置に挿入するか規定されていない。 Not specified to insert at any position of the packet or I / F format for various digital devices.

【0010】現在、IEC(International Electrotec [0010] Currently, IEC (International Electrotec
hnical Committee)で審議されている規格によれば、各種画像を取り扱う機器の記録ディジタルデータ中にコピー世代管理情報を記録すると共に、再生時にはコピー世代管理情報を含むディジタルインターフェース出力を出力することが規定されている。 According to the standard being deliberated by hnical Committee), records the copy generation management information in recording the digital data of the device for handling various types of image, at the time of reproduction is possible to output the digital interface output including copy generation management information defined It is. また、このディジタルインターフェース出力を記録する記録側機器においては、 In the recording side apparatus for recording the digital interface output,
コピー世代管理情報を検出してその規則に従った記録を行うことが規定されている。 Detects the copy generation management information be recorded in accordance with the rules are defined.

【0011】ところで、近年、マルチメディアの発展と共にネットワークシステムが普及してきている。 [0011] In recent years, network systems have become popular with the multi-media development. マルチメディアにおいては、パーソナルコンピュータ相互間でデータの送受を行うだけでなく、オーディオ機器及びビデオ機器(以下、AV機器という)とのデータの送受も可能にする必要がある。 In multimedia, not only for transmitting and receiving data between a personal computer-to-computer, audio equipment and video equipment (hereinafter, referred to as AV equipment) it is necessary to enable also transmitting and receiving data to and from.

【0012】そこで、コンピュータとディジタル画像機器との間で、データの送受を行うためのディジタルインターフェース方式の統一規格が検討されている。 [0012] Therefore, between the computer and the digital imaging equipment, unified standard digital interface method for transmitting and receiving data it has been studied. マルチメディア用途に適した低コストの周辺インターフェースとしては、IEEE(The Institute of Electrical an The low-cost peripheral interface suitable for multimedia applications, IEEE (The Institute of Electrical an
d Electronics Engineers, Inc.)1394が有力視されている。 d Electronics Engineers, Inc.) 1394 have been promising.

【0013】IEEE1394は、複数のチャンネルの多重転送が可能である。 [0013] IEEE1394 is possible multiple transfers of a plurality of channels. また、IEEE1394は、映像及び音声データ等を一定時間以内で転送することを保証するアイソクロノス(isochronous )転送機能を有していることから、画像伝送に適したディジタルインターフェースとなっている。 Further, IEEE1394, since it has a isochronous (isochronous) transfer function which guarantees the transfer of video and audio data within a predetermined time, has a digital interface suitable for image transmission.

【0014】現在、IEEE1394は、ディジタルV [0014] Currently, IEEE1394 is, digital V
CR協議会のDVB(欧州ディジタル放送対応)−W CR Council of DVB (European digital broadcasting) -W
G、米国のDTV(Digital TV)デコーダを協議するE G, the United States of DTV (Digital TV) E to discuss the decoder
IAのR4.1やIEEE1394T. R4.1 and IEEE1394T of IA. A. A. (トレードアソシエイション)で詳細コマンドが取り決められている。 (Trade The Association) in detail command is negotiated. このIEEE1394は、もともとコンピュー夕用技術がベースであるが、同期通信が可能であることから、AV機器メーカーも規格化作業に参加しており、ディジタルVCR協議会の提案も1394TAで審議されている。 The IEEE1394 is the original computing evening for technology-based, have been deliberated since it is capable of synchronous communication, AV equipment manufacturers are also participating in the standardization work, also proposed the digital VCR Council in 1394TA .

【0015】IEEE1394については、日経エレクトロニクス1994.7.4(no.612)号の「ポストSCSIの設計思想を探る三つの新インターフェースを比較」の記事(文献1)の152〜163ページ他に内容が詳述されている。 [0015] For IEEE1394, the contents to other pages 152 to 163 of Nikkei Electronics 1994.7.4 (no.612) issue of "comparing the three new interface to explore the design concept of the post SCSI" article (Reference 1) There has been described in detail. また、関連技術である本件出願人の発明による日本国特開平8−279818号公報においてもIEEE1394について詳述されている。 Also been described in detail IEEE1394 even Japanese Patent Laid-Open 8-279818 discloses by Applicants' invention is related technology.

【0016】IEEE1394においては、複数チャンネルの多重伝送が可能であり、複数の機器からの画像データをアイソクロノスパケットに割り当てられた複数のチャンネルによって伝送することができる。 [0016] In IEEE1394 is capable of multiplex transmission of a plurality of channels can be transmitted by a plurality of channels assigned to image data from a plurality of devices in isochronous packet. しかし、I However, I
EEE1394のディジタルインターフェースについては、コピープロテクトに関するルールは規定されていない。 For EEE1394 digital interface, rules for copy protection is not defined. IEEE1394では、DVCの伝送フォーマット(以下、D−I/Fフォーマットという)のデータ及びMPEG2トランスポートパケットのデータ等の各種の機器のディジタルインターフェースフォーマットのデータを単にフォーマット変換して伝送するだけである。 In IEEE1394, DVC transmission format (hereinafter, referred to as D-I / F format) is only transmitted by simply format conversion data of the digital interface format various devices such as data of the data and the MPEG2 transport packet.

【0017】従って、画像をコピーするためにIEEE [0017] Therefore, IEEE in order to copy the image
1394を用いてデータを伝送した場合には、記録側機器は、IEEE1394のバスに流れているデータから自機に対するデータを取り込み、取り込んだデータを再生側機器に固有のディジタルインターフェースフォーマットに戻した後に、挿入されているコピー世代管理情報を抽出しなければならない。 When transmitting the data using the 1394, the recording-side device, after returning from the data flowing to the IEEE1394 bus captures the data for its own device, the retrieved data to the reproduction side device with a unique digital interface format , it must be extracted a copy generation management information that has been inserted. 即ち、ディジタルインターフェース処理部又はエラー訂正回路等の記録,再生データ処理部において、コピー世代管理情報の挿入位置を検出してコピー世代管理情報を得る。 That is, the digital interface processor or error correction circuit records the like, in the reproduction data processing unit, to obtain a copy generation management information by detecting an insertion position of the copy generation management information. 例えば、伝送されたデータがDVCのデータであれば、VAUX内のSOURCE For example, if the transmitted data is data of DVC, SOURCE in VAUX
CONTROLパケット内の所定の2ビットが“11”であるか、“10”であるか又は“00”であるかによってコピーを制御する。 Or two predetermined bits in CONTROL packet is "11", to control the copying depending on whether it is "10" as or "00".

【0018】図31はこのようなIEEE1394規格に対応したディジタルインターフェースを有する装置の関連技術を示すブロック図である。 [0018] FIG. 31 is a block diagram showing a related art apparatus having a digital interface corresponding to such IEEE1394 standard. また、図32及び図33はD−I/Fフォーマット及びMPEG2トランスポートストリームを説明するための説明図である。 Further, FIGS. 32 and 33 are explanatory views for explaining the D-I / F format and MPEG2 transport stream.

【0019】再生(送信)側機器1,2は夫々DVC及びDVDである。 [0019] reproduction (transmission) side device 1 and 2 are respectively DVC and DVD. これらの再生側機器1,2と記録(受信)側機器3とはIEEE1394規格に対応したバス Bus corresponding to IEEE1394 standard to these reproduction side apparatus 1 recording (receiving) side device 3
25によって接続されている。 They are connected by 25. 再生側機器1は、再生処理回路4によって再生データに所定の信号処理を施した後、D−I/Fフォーマット出力処理回路5によって、 Reproduction side apparatus 1 performs predetermined signal processing to the reproduction data by the reproduction processing circuit 4, the D-I / F format output processing circuit 5,
再生データをD−I/Fフォーマットに変換する。 Converting the reproduced data to the D-I / F format.

【0020】図32はD−I/Fフォーマット出力処理回路5からのデータのフォーマットを示している。 [0020] Figure 32 shows the format of the data from the D-I / F format output processing circuit 5. ディジタルVCRの規格であるD−I/Fフォーマットにおいては、VCRの1記録トラック分のデータを150パケットに変換して、150パケット単位でデータの伝送を行うようになっている。 In D-I / F format is a standard for digital VCR, it converts the recording track of data in the VCR to 150 packets, and performs transmission of data at 150 packets.

【0021】この150パケットの先頭にはヘッダパケットHを配列し、次に、2つのサブコードパケットS [0021] arranging the header packet H is the head of the 150 packets, then the two sub-codes packet S
C、3つのビデオ補助パケットVAを配列する。 Arranging a C, 3 one video auxiliary packet VA. 次いで、9シンクブロックに対応する9つのオーディオパケットA0 乃至A8 と135シンクブロックに対応する1 Then, 1 corresponding to the nine audio packets A0 to A8 and 135 sync blocks corresponding to 9 sync blocks
35のビデオパケットV0 乃至V134 とを配列する。 35 arranges the video packets V0 to V134 of. コピー世代管理情報は、斜線で示すビデオ補助パケットV Copy generation management information, video-assisted packet V indicated by hatching
A内のSOURCE CONTROLパケット内に挿入される。 It is inserted into the SOURCE CONTROL packets in A. 更に、 In addition,
再生データは1394I/F6に供給されて、IEEE Playback data is supplied to the 1394I / F6, IEEE
1394のパケットに変換された後、バス25に送出される。 After being converted into 1394 packets are sent to the bus 25.

【0022】再生側機器2においては、再生処理回路7 [0022] In reproducing apparatus 2, the reproduction processing circuit 7
によって再生データに所定の信号処理が施される。 Predetermined signal processing is performed on the reproduced data by. 再生処理回路7からのデータはMPEG TS出力処理回路8に与えられて、MPEG2規格のトランスポートストリームに変換される。 Data from the reproduction processing circuit 7 is supplied to the MPEG TS output processing circuit 8, it is converted into a transport stream of the MPEG2 standard.

【0023】図33はこのトランスポートストリームを示している。 [0023] Figure 33 shows a transport stream. トランスポートストリームはマルチプログラム(チャンネル)に対応しており、復号化時において時分割で伝送される複数のプログラムの中から所望のプログラムのパケットを選択することができる。 Transport stream corresponds to a multi-program (channel), it is possible to select a packet of a desired program from among a plurality of programs to be transmitted in time division during decoding. この選択のために、トランスポートストリームは、図33に示すように、情報を伝送するペイロード(Payload )の前に斜線にて示すリンクレベルヘッダ(Link Level Header For this selection, transport stream, as shown in FIG. 33, the link level header shown by oblique lines in front of the payload (Payload) for transmitting information (Link Level Header
)を付加して伝送される。 ) Added to the transmit. トランスポートパケット1 Transport packet 1
88バイトのうち4バイトがリンクレベルヘッダである。 4 bytes of 88 bytes is a link level header. そして、コピー世代管理情報をこのヘッダ内に挿入するようになっている。 Then, so as to insert the copy generation management information in the header. MPEG2のトランスポートストリームは、1394I/F9によって、IEEE13 MPEG2 transport stream, the 1394I / F9, IEEE13
94パケットに変換された後、バス25に送出される。 After being converted into 94 packets are sent to the bus 25.

【0024】記録側機器3の1394I/F10は、バス [0024] on the recording side equipment 3 1394I / F10, the bus
25に流れている再生側機器1,2からのIEEE139 IEEE139 from the reproducing-side device 2 flowing at 25
4パケットを取り込んで、デパケット化する。 It captures 4 packets, depacketizes. 1394 1394
I/F10はデパケット化した各種データを対応するデコーダに出力する。 I / F10 is output to the decoder corresponding to various data depacketizing. 即ち、再生側機器1からのデータに基づく受信データはDVCのD−I/Fデコーダ11に供給され、再生側機器2からのデータに基づく受信データはMPEG2のTSデコーダ12に供給される。 That is, the reception data based on the data from the reproducing side apparatus 1 is supplied to the D-I / F decoder 11 of DVC, the reception data based on the data from the reproducing apparatus 2 is supplied to a TS decoder 12 for MPEG2. なお、他の種類のデータについても同様に、対応するデコーダに供給される。 In the same manner for other types of data, it is supplied to the corresponding decoder. 図31では他の種類のデータに対応するデコードを、他のデータのD−I/Fデコーダ13によって代表して示している。 Decoding corresponding to FIG. 31 in other types of data, are representatively shown by D-I / F decoder 13 of the other data.

【0025】デコーダ11,12,13は入力されたデータをデコードする。 [0025] The decoder 11, 12, 13 decodes the input data. デコード結果はフラグ検出回路14,15, Decoding results flag detection circuits 14 and 15,
16を介してフォーマット変換回路17に供給される。 16 is supplied to the format conversion circuit 17 via the. フォーマット変換回路17は入力されたデータを自機の記録フォーマットに変換して記録処理回路18に供給する。 Format converting circuit 17 supplies the recording processing circuit 18 the input data is converted into the recording format of its own.

【0026】フラグ検出回路14,15,16は夫々デコーダ The flag detection circuit 14, 15 and 16 respectively decoder
11,12,13の出力からコピー世代管理情報を検出して記録制御回路19に出力する。 From the output of 11, 12, 13 detects the copy generation management information to output to the recording control circuit 19. 記録制御回路19は検出されたコピー世代管理情報に基づいて記録処理回路18の記録(コピー)を制御する。 Recording control circuit 19 controls the recording (copy) of the recording processing circuit 18 based on the copy generation management information detected.

【0027】IEEE1394においては、バス25に最大で63台のノードを接続することができる。 [0027] In IEEE1394 can be connected to 63 units of the node up to the bus 25. 記録側機器は、コピー世代管理情報については、受信データに固有のディジタルインターフェースフォーマットを認識すると共に、検出可能である必要がある。 Recording side apparatus for copy generation management information, recognizes the unique digital interface format to the received data, there must be detectable. つまり、複数種類のデータを受信して記録する場合には、受信する全てのデータに対応する必要があり、記録側機器の回路規模が増大する。 That is, when recording is to receive a plurality of types of data, it is necessary for all of the data received, the circuit scale of the recording side device is increased. また、既に規格が定まっているディジタルインターフェースフォーマットには対応可能であるが、 Although already in digital interface format that definite is standard can correspond,
規格が定まっていないディジタルインターフェースフォーマットには対応することができない。 It can not cope with the digital interface format standards not determined.

【0028】ところで、画像デコード回路を有しておらず単に画像データの記録のみを行うデータストリーマによって画像データのコピーを行うことも考えられる。 By the way, it is conceivable to carry out the copy of the image data by simply data streamer for performing only the recording of the image data does not have the image decoding circuit. 現時点では、このようなデータストリーマはコピー世代管理情報ルールを適用する機器には該当していないが、将来規制の対象となる可能性もある。 At the present time, such data streamer is the equipment to apply the copy generation management information rules do not apply, there is also likely to be the subject of future regulations. しかしながら、上述したように、IEEE1394のバスを介して受信したデータからコピー世代管理情報を検出するためには各受信データに対応するデコーダが必要であり、本来デコーダが不要なデータストリーマにおいても、コピー世代管理情報の検出のためだけにデコード回路が必要になってしまうという問題もあった。 However, as described above, in order to detect the copy generation management information from the data received via the IEEE1394 bus is required decoder corresponding to each received data, even in the decoder originally unnecessary data streamer, copy only the decoding circuit for the detection of the generation management information is there is also a problem that becomes necessary.

【0029】また、IEEE1394では、バスに63 [0029] In addition, in the IEEE1394, to the bus 63
台のノードを接続することができるので、同時に63のコピーを作成することが可能となる。 It is possible to connect the pedestal node, it is possible to create 63 copies of the same time. このようなコピーは現在のルールでは認められているが、著作権保護の観点からは問題である。 Such a copy is recognized in the current rules, but it is a problem from the viewpoint of copyright protection.

【0030】 [0030]

【発明が解決しようとする課題】このように、従来、I [Problems that the Invention is to Solve] In this way, conventional, I
EEE1394のバスを介したデータ受信においてコピーを行う場合には、受信側がデータフォーマットに対応している必要があると共に、著作権に十分な保護が与えられないという問題点があった。 When performing copying the data received via the bus EEE1394 the receiver with it is necessary that corresponds to the data format, there is a problem that no adequate protection is given to copyright.

【0031】本発明はかかる問題点に鑑みてなされたものであって、記録側機器において記録するデータのフォーマットに拘わらず、コピー世代管理情報に基づく記録を可能にすることにより、既存のフォーマット以外のフォーマットにも対応すると共に、回路規模を低減することができるディジタルインターフェースを有する装置を提供することを目的とする。 [0031] The present invention was made in view of the above problems, regardless of the format of the data to be recorded in the recording side device, by enabling recording based on the copy generation management information, other than existing formats together also corresponding to the format of, and an object thereof is to provide an apparatus having a digital interface capable of reducing the circuit scale.

【0032】また、本発明は、記録側機器においてコピー世代管理情報に基づく記録を行う場合でも、デコード回路を不要にすることができるディジタルインターフェースを有する装置を提供することを目的とする。 [0032] The present invention also aims to provide even when the recording based on the copy generation management information in the recording side apparatus, the apparatus having a digital interface capable of eliminating the need for decoding circuits.

【0033】また、本発明は、複数のノードが接続可能である場合でも、同時に1又は所定数のコピーの作成のみを可能にすることができるディジタルインターフェースを有する装置を提供することを目的とする。 Further, the present invention aims to provide an apparatus having a digital interface capable of multiple nodes even when a connectable, allowing only created simultaneously 1 or a predetermined number of copies .

【0034】また、本発明は、IEEE1394上に接続されるディジタル画像機器の種類を増加されたり、新規なディジタルインターフェースフォーマットを有する新しいディジタル画像機器をIEEE1394上に新たに接続しても、コピー制御情報に基づくコピー世代管理を問題なく実施することが可能なディジタルインターフェースを有する装置を提供することを目的とする。 Further, the present invention is, or is increased the types of digital image devices connected on IEEE1394, even when the new digital image device having a novel digital interface format newly connected on IEEE1394, copy control information It is performed without a copy generation management problem based on an object to provide an apparatus having a digital interface capable.

【0035】 [0035]

【課題を解決するための手段】本発明に係るディジタルインターフェースを有する装置は、1又は複数種類のデータフォーマットの原信号が夫々入力され、前記1又は複数種類のデータフォーマットに夫々対応したものであって、入力された各原信号に含まれるコピー世代管理情報を夫々検出する1又は複数の個別検出手段と、前記1 Apparatus having a digital interface according to the present invention According to an aspect of the be those original signal of one or more kinds of data formats are respectively input to corresponding respectively to said one or more types of data formats Te, and one or a plurality of individual detection means for copy generation management information respectively detection included in each original signal inputted, the 1
又は複数種類のデータフォーマットの原信号をネットワークバスの共通のパケットフォーマットに変換するフォーマット変換手段を含み、前記個別検出手段の検出結果に基づくコピー世代管理情報又は前記個別検出手段への信号供給源である機器の種類に基づくコピー世代管理情報を、前記フォーマット変換手段によるフォーマット変換後の信号のパケットフォーマットの所定位置に挿入して前記ネットワークバスに送出する送信側インターフェース手段と、前記送信側インターフェース手段が送出した伝送信号を前記ネットワークバスを介して受信し、受信した信号を前記ネットワークバスのパケットフォーマットから元の原信号のデータフォーマットに戻して出力する受信側インターフェース手段と、前記ネットワークバスのパケットフ Or a plurality of types of the original signal data format includes a format converting means for converting the common packet format of the network bus, the signal source to the individual copy generation management information based on the detection result of the detecting means or the individual detecting means copy generation management information based on the type of a device, and transmitting-side interface means for transmitting to said network bus is inserted to a predetermined position of the packet format of the signal after the format conversion by said format converting means, said transmitting-side interface means the delivery transmission signal received via the network bus, and a receiving-side interface means for outputting back the received signals to the data format of the original of the original signal from the packet format of the network bus, the network bus Pakettofu ーマットに対応したものであって、 It is those corresponding to the Matto,
前記受信側インターフェース手段が受信した信号中に前記ネットワークバスのパケットフォーマットで挿入されている前記コピー世代管理情報を検出する共通検出手段と、前記共通検出手段の検出結果に基づいて前記受信側インターフェース手段からの前記1又は複数種類のデータフォーマットの原信号の記録を許可又は禁止する記録制御手段と、前記記録制御手段によって前記原信号の記録を許可する場合には、前記共通検出手段が検出したコピー世代管理情報をその内容に応じて変更するコピー世代管理手段とを具備したものである。 Common detection means and said common detection means detects the receiving interface means based on the result of detecting the copy generation management information the receiving interface means is inserted in the packet format of the network bus in the signal received wherein one or a recording control means for permitting or prohibiting the recording of a plurality of types of original signal data format, to allow recording of the original signal by said recording control means copies said common detecting means detects from it is obtained by and a copy generation management means for changing in accordance with generation management information of the agreement.

【0036】本発明において、送信側では、個別検出手段が、入力された1又は複数種類のデータフォーマットの原信号に含まれるコピー世代管理情報を夫々検出する。 [0036] In the present invention, the transmission side, individual detection means, the copy generation management information included in the inputted one or more kinds of the original signal data format for the respective detection. 原信号はフォーマット変換手段によってネットワークバスの共通のデータフォーマットに変換され、個別検出手段の検出結果に基づくコピー世代管理情報又は前記個別検出手段への信号供給源である機器の種類に基づくコピー世代管理情報が、フォーマット変換手段によるフォーマット変換後の信号にネットワークバスのデータフォーマットに対応したデータフォーマットで挿入されて、ネットワークバスに送出される。 Original signal is converted by the format conversion means into a common data format for the network bus, copy generation management based on the type of equipment which is a signal source to the copy generation management information or the individual detecting means based on the detection result of individual detection means information is inserted in the data format corresponding to the data format of the network bus signal after format conversion by the format converting means is transmitted to the network bus. 受信側では、送出された伝送信号をネットワークバスを介して受信し、受信信号のデータフォーマットをネットワークバスのデータフォーマットから元の原信号のデータフォーマットに戻す。 On the receiving side, the transmission has been transmitted signals received via the network bus, returns the data format of the received signals to the data format of the original of the original signal from the data format of the network bus. 共通検出手段は、受信側インターフェース手段が受信した信号に挿入されているコピー世代管理情報を検出する。 Common detection means detects the copy generation management information receiving side interface unit is inserted into the received signal. 共通検出手段の検出結果に基づいて、記録制御手段は、原信号の記録の許可又は禁止を行う。 Based on the detection result of the common detection means, recording control means performs the permission or prohibition of recording of the original signal. コピー世代管理手段は、記録制御手段によって前記原信号の記録を許可する場合には、共通検出手段が検出したコピー世代管理情報をその内容に応じて変更する。 Copy generation management unit, to allow recording of the original signal by the recording control means changes in accordance with the copy generation management information common detection means detects its contents.

【0037】 [0037]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態について詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention will be described in detail. 図1は本発明に係るディジタルインターフェースを有する装置の一実施の形態を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing an embodiment of an apparatus having a digital interface according to the present invention. 本実施の形態はIEEE1 The present embodiment IEEE1
394に適用したものである。 394 is applied to. 各機器はIEEE139 Each device IEEE139
4規格のインターフェースを有すると共に、コピー世代管理情報の検出等については、自機のディジタルフォーマットのみに対応していればよい。 4 and has a standard interface, for the detection of the copy generation management information, it is sufficient that only supports digital format of its own.

【0038】図1において、機器21乃至23は、例えば、 [0038] In FIG. 1, the device 21 to 23, for example,
IEEE1394等のように複数の同期データを同期伝送可能なディジタルインターフェースのバス24を介して接続されている。 It is connected via a bus 24 of the synchronous transmission capable digital interface a plurality of synchronous data as such IEEE1394. 機器21乃至23は、夫々例えばDVC、 Equipment 21 to 23, respectively for example DVC,
DVD又は記録機器である。 A DVD or recording devices. 機器21,22が送信(再生) Devices 21 and 22 transmit (playback)
側機器で、機器23が受信(記録)側機器であるものとして説明する。 The side equipment, equipment 23 is described as a receiving (recording) side device.

【0039】機器21は1394I/F6に代えて139 The device 21 in place of the 1394I / F6 139
4I/F27を用いると共に、コピーフラグ検出回路28を設けた点が関連技術を示す図31の再生側機器1と異なる。 With use of the 4I / F 27, a point in which a copy flag detecting circuit 28 is different from the reproduction side apparatus 1 of FIG. 31 showing the related art. 再生処理回路4は図示しない再生装置からの再生データに所定の信号処理を施してD−I/Fフォーマット出力処理回路5に出力する。 Reproduction processing circuit 4 outputs performs predetermined signal processing on the reproduced data from a not-shown reproducing apparatus D-I / F format output processing circuit 5. 例えば、再生処理回路4 For example, the reproduction processing circuit 4
は、磁気テープの再生データに復調処理及び誤り訂正処理を施し、伸張処理によって元のオーディオデータ及びビデオデータを得る。 Performs demodulation processing and error correction processing on the magnetic tapes of the reproduction data to obtain the original audio and video data by decompression.

【0040】D−I/Fフォーマット出力処理回路5 [0040] D-I / F format output processing circuit 5
は、入力されたデータをD−I/Fフォーマットに変換する。 Converts the input data into D-I / F format. 即ち、D−I/Fフォーマット出力処理回路5は磁気テープの記録フォーマットとDVC規格の伝送フォーマットとの変換を行って1394I/F27に出力する。 That, D-I / F format output processing circuit 5 outputs performs conversion between the transmission format of a magnetic tape recording format and DVC standards 1394 I / F 27.

【0041】図2乃至図7はDVCである機器21の記録フォーマットを示す説明図である。 [0041] FIGS. 2 to 7 are explanatory diagrams showing the recording format of the device 21 is DVC. 図2は磁気テープに形成される記録トラックを示し、図3は各記録トラック上の記録フォーマットを示し、図4はオーディオ領域及びオーディオQ領域の構成を具体的に示し、図5はビデオ領域及びビデオQ領域の構成を具体的に示し、図6は図3中のVAUX0 ,VAUX1 のフォーマットを示し、図7は図6中のSOURCE CONTROL PACK のフォーマットを示している。 Figure 2 shows a recording track formed on the magnetic tape, Figure 3 shows a recording format on each recording track, Figure 4 specifically it shows the configuration of an audio area and an audio region Q, Figure 5 the video area and specifically shows the configuration of a video region Q, Figure 6 shows the format of VAUX0, VAUX1 in FIG. 3, FIG. 7 shows the format of SOURCE CONTROL PACK in FIG.

【0042】図2に示すように、DVC規格においては、1フレーム分のデータを磁気テープ51上の複数の記録トラック(10トラック)に記録するようになっている。 [0042] As shown in FIG. 2, in the DVC standards, adapted to record data for one frame into a plurality of recording tracks on the magnetic tape 51 (10 tracks). 図3に示すように、各記録トラックはデータの種類に対応した複数の領域、即ち、ITI、オーディオ領域(Audio)、オーディオQ領域(AudioQ)、 As shown in FIG. 3, a plurality of areas each recording track corresponding to the type of data, i.e., ITI, the audio area (Audio), Audio Q area (AudioQ),
ビデオ補助領域(VAUX0 ,VAUX1 )、ビデオ領域(Video)、ビデオ補助領域(VAUX2 )、ビデオQ領域(VideoQ)及びサブコード領域(Su Video auxiliary area (VAUX0, VAUX1), video area (Video), video auxiliary region (VAUX2), video Q area (VideoQ) and subcode areas (Su
bcode)を有しており、これらの領域はテープ51の下端から上端に向かって順次配列される。 BCode) has, these regions are sequentially arranged toward the upper end from the lower end of the tape 51. 図示しないヘッドのトレースによって、これらの領域が順次記録再生される。 The traces (not shown) the head, these regions are sequentially recording.

【0043】DVC規格のSDフォーマットにおいては、各トラックに1シンクブロックを記録単位としてデータを記録するようになっている。 [0043] In the SD format of DVC standards, so as to record the data as a recording unit of one sync block in each track. 各シンクブロックは図4及び図5に示すように、90バイト長であり、先頭に2バイトの同期信号(SYNC)が配列され、次に3 Each sync block, as shown in FIGS. 4 and 5, a 90 bytes long, the top two bytes of the synchronizing signal (SYNC) are arranged, then 3
バイトのIDが設けられ、次に77バイトのデータが配列され、最後に内符号及び外符号から成るパリティが配列される。 Byte ID is provided, is then 77 bytes of data sequence, the parity is arranged consisting of the last inner code and outer code. 即ち、誤り訂正符号化処理によって、例えばビデオデータについては、図5に示すように、縦方向のデータに対して第157乃至167シンクブロックに誤り訂正用の外符号が配列され、横方向のデータに対して第19乃至167シンクブロックの第82乃至89バイトに誤り訂正用の内符号が配列される。 That is, the error correction coding processing, for example, for video data, as shown in FIG. 5, the longitudinal direction of the outer code for error correction to the 157 to 167 sync blocks for the data are arranged, laterally of the data inner code error correction are arranged in a first 82 or 89 bytes of the 19 to 167 sync blocks against.

【0044】図6は第19、第20及び第156シンクブロックのビデオ補助領域(VAUX0 ,VAUX1 , [0044] Figure 6 is 19, the video auxiliary region of the 20 and the 156 sync blocks (VAUX0, VAUX1,
VAUX2 )の具体的なフォーマットを示している。 It shows a specific format of VAUX2). ビデオ補助領域は第19、第20及び第156シンクブロックに対応する。 Video auxiliary region corresponds to the first 19, second 20 and third 156 sync blocks.

【0045】上述したように、各シンクブロックの先頭にはSYNC及びIDが配列され、次に、77バイトのデータが配列される。 [0045] As described above, the head of each sync block is arranged is SYNC and ID, then 77 bytes of data are arranged. ビデオ補助領域においては、この部分に5バイト長の15個のパックが配列され、2バイトはリザーブ領域である。 In the video auxiliary areas, 15 packs of 5 bytes long in this portion are arranged, 2 bytes are reserved area. 図6に示すように、第19シンクブロックのVAUX0 には第0乃至第14パックが配列され、第20シンクブロックのVAUX1 には第1 As shown in FIG. 6, the VAUX0 nineteenth sync block is arranged is 0th to 14 pack, the VAUX1 of the 20 sync block first
5乃至第29パックが配列され、第156シンクブロックのVAUX2 には第30乃至第44パックが配列される。 5 to 29 pack is arranged, the VAUX2 of the 156 sync block first 30, second 44 pack is arranged. 各パックは1バイトのパックヘッダPC0 と4バイトのパックデータPC1 乃至PC4 によって構成される。 Each pack is constituted by 1-byte pack header PC0 and 4 bytes of pack data PC1 to PC 4.

【0046】DVCフォーマットにおいては、奇数トラックでは図6の斜線で示すVAUX0 の第1パックがSO [0046] In the DVC format, the odd track is first pack VAUX0 indicated by hatching in FIG. 6 SO
URCE CONTROL PACKであり、偶数トラックでは図6の斜線で示すVAUX2 の第40パックがSOURCE CONTROL P Urce CONTROL a PACK, 40th pack SOURCE CONTROL P of VAUX2 indicated by hatching in FIG. 6 is an even track
ACK である。 Is an ACK.

【0047】図7は第1又は第40パックのSOURCE CON [0047] FIG. 7 is the first or the 40 pack of SOURCE CON
TROL PACK の具体的な構成を示している。 It shows a concrete configuration of TROL PACK. SOURCE CONTR SOURCE CONTR
OL PACK の第1バイトPC0 にはパックヘッダとして“01100001”が配列されている。 The first byte PC0 of OL PACK are sequence "01100001" as the pack header. 第2バイトP The second byte P
C1 にはMSBから2ビットずつでCGMS(Copy gen CGMS in the C1 two bits from MSB (Copy gen
eration management system )、ISR(Input source eration management system), ISR (Input source
of just previous recording )、CMP(The number of just previous recording), CMP (The number
of times of compression)及びSS(Source and reco of times of compression) and SS (Source and reco
rded situation)が順次配列される。 rded situation) are arranged in order. このうちのCGM CGM of this
Sに2ビットのコピー世代管理情報が配列される。 2-bit copy generation management information is arranged in S.

【0048】図1において、再生処理回路4からは図2 [0048] In FIG. 1, from the reproduction processing circuit 4 2
乃至図7に示すフォーマットのデータがD−I/Fフォーマット出力処理回路5に供給される。 To data format shown in FIG. 7 is supplied to the D-I / F format output processing circuit 5. コピーフラグ検出回路28は、D−I/Fフォーマット出力処理回路5の出力のうちCGMSのコピー世代管理情報を検出し、検出結果を1394I/F27に供給するようになっている。 Copy flag detecting circuit 28 detects CGMS copy generation management information of the output of the D-I / F format output processing circuit 5, and supplies the detection result to the 1394 I / F 27.

【0049】DVCフォーマットでは、ビデオデータは1トラック当たり135シンクブロックのビデオ領域に記録されており、オーディオデータは9シンクブロックのオーディオ領域に記録されている。 [0049] In DVC format, the video data is recorded in the video area of ​​135 sync blocks per track, audio data are recorded in the audio area of ​​9 sync blocks. D−I/Fフォーマット出力処理回路5は、1シンクブロックを1パケットとすると共に、1トラックを150パケットに変換して150パケット単位でデータの入出力を行うようになっている。 D-I / F format output processing circuit 5, a sync block with the one packet, and performs input and output of data at 150 units of packets by converting one track 150 packets.

【0050】図8は1トラックに対応するパケットデータを示す説明図である。 [0050] FIG. 8 is an explanatory view showing the packet data corresponding to one track. 図8に示すように、150パケットの先頭にはヘッダパケットH0 を配列し、次に、2 As shown in FIG. 8, the head of 150 packet sequence header packet H0, then 2
つのサブコードパケットSC0 ,SC1 、3つのビデオ補助パケットVA0 乃至VA2 を配列する。 One subcode packets SC0, SC1, 3 single arranging video auxiliary packets VA0 to VA2. 次いで、9 Subsequently, 9
シンクブロックに対応する9つのオーディオパケットA Corresponding to the sync block nine audio packets A
0 乃至A8 と135シンクブロックに対応する135のビデオパケットV0 乃至V134 とを配列する。 0 to arranging the video packets V0 to V134 of 135 corresponding to A8 and 135 sync blocks.

【0051】図9は図1中のD−I/Fフォーマット出力処理回路5からの出力のデータ構造を示している。 [0051] Figure 9 shows the data structure of the output from the D-I / F format output processing circuit 5 in FIG. 図9に示すように、各ブロック(DIFブロック)は先頭にIDが配列され、次に各種データが配列されている。 As shown in FIG. 9, each block (DIF blocks) first ID is arranged, then various data are arranged.
図9のブロックは図8のパケットに相当する。 Block of Figure 9 corresponds to the packet of FIG. 即ち、ブロック0乃至ブロック149は1トラックの150パケットのデータに対応する。 That is, the block 0 to block 149 corresponds to the data of 150 packets of one track. ブロック0乃至ブロック14 Block 0 to block 14
9によって1トラック分のヘッダ、サブコード、ビデオ補助データ及びオーディオ,ビデオデータが伝送される。 9 by one track header, subcode, video auxiliary data and audio, video data is transmitted. そして、nトラックのデータによって1フレームが復元される。 Then, one frame is restored by the data of n tracks.

【0052】1394I/F27は、入力されたパケットデータをIEEE1394のパケットフォーマットに変換して出力する。 [0052] 1394 I / F 27 converts the input packet data to the IEEE1394 packet format outputs. ディジタルVCRのSD規格では、1 In the SD standard of digital VCR, 1
フレーム分のデータを10トラックに記録するようになっているので、1トラック分のデータは1/10フレーム期間、即ち、3.33m秒で伝送すればよい。 Since the data of the frame is adapted to record the 10 tracks, one track of data is 1/10 frame period, i.e., may be transmitted at 3.33m sec. つまり、3.33m秒間にビデオ135ブロック、オーデイオ9ブロック、VAUX3ブロック、サブコード2ブロック及びヘッダ1ブロックの計150ブロック(DIF That is, the video 135 blocks 3.33m sec, audio 9 blocks, VAUX3 blocks, the subcode 2 blocks and a header 1 block meter 150 block (DIF
ブロック)を伝送する必要がある。 It is necessary to transmit the block).

【0053】IEEE1394においては、画像データについては、125μ秒毎のアイソクロノスサイクルでデータを転送する。 [0053] In IEEE1394, for image data transfers data isochronous cycle per 125μ seconds. 3.33m秒は26.6アイソクロノスサイクルに相当する。 3.33m seconds is equivalent to 26.6 isochronous cycle. 従って、ディジタルVTRの1トラック分のデータ、即ち、150DIFブロックを26.6アイソクロノスサイクルで伝送すればよい。 Thus, one track of data in the digital VTR, i.e., a 150DIF blocks may be transmitted at 26.6 isochronous cycle. 1
アイソクロノスサイクルでは5又は6DIFブロックだけ伝送することになる。 It will be transmitted only 5 or 6DIF block in isochronous cycles.

【0054】図10は図1中の1394I/F27が作成するアイソクロノスパケットを示す説明図である。 [0054] FIG. 10 is an explanatory diagram showing an isochronous packet 1394 I / F 27 creates in FIG.

【0055】パケットの先頭にはヘッダが配列され、次に誤り訂正用のヘッダCRCが配列される。 [0055] The beginning of the packet are arranged header, then the header CRC for error correction are arranged. 次に、CI Then, CI
Pヘッダが配列され、次に5又は6DIFブロックの同期データが配列される。 P header is arranged, the synchronization data of the next 5 or 6DIF blocks are arranged. 最後に、誤り訂正用のデータC Finally, the data C for error correction
RCが配列される。 RC are arranged. 本実施の形態においては、1394 In the present embodiment, 1394
I/F27は、コピーフラグ検出回路28の検出結果に基づく2ビットのコピー世代管理情報をCIPヘッダ内に挿入するようになっている。 I / F 27 is adapted to insert a two-bit copy generation management information based on the detection result of the copy flag detecting circuit 28 in the CIP header.

【0056】IEEE1394における現規格では、C [0056] In the current standard in the IEEE1394 is, C
IPヘッダとして、SID,DBS,FN,QPC,S As the IP header, SID, DBS, FN, QPC, S
PH,DBC,FMT,50/60,STYPE,SY PH, DBC, FMT, 50/60, STYPE, SY
T等が設けられるようになっており、更に、2ビットのリザーブ領域が設けられている。 T or the like are adapted to be provided, further, the 2-bit reserved area is provided. 例えば、1394I/ For example, 1394I /
F27は、このリザーブ領域にコピー世代管理情報を挿入する。 F27 is, to insert the copy generation management information in this reserved area.

【0057】1394I/F27は図10に示すフォーマットのアイソクロノスパケットをバス24上に送出するようになっている。 [0057] 1394 I / F 27 is an isochronous packet of the format shown in FIG. 10 are adapted to deliver to the bus 24. なお、このアイソクロノスパケットは、上述したように、125μ秒毎のアイソクロノスサイクルでバス24上を流れる。 In this isochronous packet, as described above, it flows over bus 24 in isochronous cycles per 125μ seconds.

【0058】機器22は再生処理回路7に代えて復調及びFEC回路20を用い、1394I/F9に代えて139 [0058] device 22 using a demodulation and FEC circuit 20 in place of the reproduction processing circuit 7, instead of the 1394 I / F9 139
4I/F33を用いると共に、コピーフラグ検出回路34を設けた点が関連技術である図31の再生側機器2と異なる。 With use of the 4I / F33, the point in which a copy flag detecting circuit 34 is different from the reproducing apparatus 2 of FIG. 31 is a related art. 復調及びFEC回路20は図示しない再生装置からの再生データに所定の信号処理を施してMPEG TS出力処理回路8に出力する。 Demodulation and FEC circuit 20 performs predetermined signal processing on the reproduced data from a not-shown reproducing apparatus outputs the MPEG TS output processing circuit 8. 例えば、復調及びFEC回路 For example, demodulation and FEC circuit
20は、ディスクから再生したMPEG2規格の圧縮データに誤り訂正処理等を施す。 20, performs error correction processing or the like to the compressed data of MPEG2 standard reproduced from the disk. MPEG TS出力処理回路8は、入力されたデータを188バイト単位のMPE MPEG TS output processing circuit 8, MPE of the input data 188 bytes
G2のトランスポートパケットに変換して1394I/ 1394I and converts the transport packet of G2 /
F33に出力する。 And outputs it to the F33.

【0059】図11はMPEG TS出力処理回路8からのトランスポートパケットを示す説明図である。 [0059] Figure 11 is an explanatory view showing the transport packets from the MPEG TS output processing circuit 8. 図1 Figure 1
1に示すように、トランスポートパケットは、情報を伝送するペイロードの前に斜線にて示すLink Level Heade As shown in 1, Link Level Heade shown by oblique lines in front of the payload transmitting the transport packet, information
r が付加されて伝送される。 r is transmitted is added. トランスポートパケット1 Transport packet 1
88バイトのうち4バイトがリンクレベルヘッダである。 4 bytes of 88 bytes is a link level header. コピー世代管理情報はこのヘッダ内に挿入されるようになっている。 Copy generation management information is adapted to be inserted into the header.

【0060】コピーフラグ検出回路34は、トランスポートパケットのヘッダ内のコピー世代管理情報を検出し、 [0060] copy flag detecting circuit 34 detects the copy generation management information in the header of the transport packet,
検出結果を1394I/F33に出力するようになっている。 And it outputs a detection result to the 1394 I / F33. 1394I/F33の構成は1394I/F27と同様であり、1394I/F33は、MPEG2のトランスポートストリームを図10に示すIEEE1394パケットに変換する。 Configuration of 1394 I / F33 is the same as 1394I / F27, 1394I / F33 converts the IEEE1394 packet shown in FIG. 10 the transport stream of MPEG2. この場合には、1394I/F33はコピーフラグ検出回路34の検出結果に基づく2ビットのコピー世代管理情報をCIPヘッダ内に挿入するようになっている。 In this case, 1394 I / F33 has become the 2-bit copy generation management information based on the detection result of the copy flag detecting circuit 34 to be inserted into the CIP header. 1394I/F33はアイソクロノスパケットをバス24上に送出するようになっている。 1394 I / F33 is adapted to deliver isochronous packet to the bus 24.

【0061】機器23の1394I/F41はバス24に流れているパケットを取り込んでデパケット化し、元のフォーマットのデータをフォーマット変換回路43に出力する。 [0061] 1394 I / F 41 of the device 23 depacketizes captures packets flowing through the bus 24, and outputs the data of the original format to the format conversion circuit 43. 本実施の形態においては、1394I/F41はコピーフラグ検出器42を有している。 In the present embodiment, 1394 I / F 41 has a copy flag detector 42. コピーフラグ検出器42 Copy flag detector 42
は、パケットのCIPヘッダ内に挿入されているコピー世代管理情報を検出して、コピー世代管理回路44及び記録制御回路19に出力するようになっている。 Detects the copy generation management information inserted into the CIP header of the packet, and outputs to the copy generation management circuit 44 and the recording control circuit 19.

【0062】フォーマット変換回路43は入力されたデータのフォーマットを自機の記録フォーマットに変換する。 [0062] The format conversion circuit 43 converts the format of the input data in the recording format of its own. 例えば、機器23がMPEG2規格の記録を行う場合には、機器22からのデータについてはフォーマット変換することなくそのまま記録処理回路18に出力し、機器21 For example, if the device 23 to record the MPEG2 standard, and outputs as it recording processing circuit 18 without format conversion for data from the device 22, device 21
からのデータについてはD−I/FフォーマットをMP The data from the D-I / F format MP
EG2フォーマットに変換して記録処理回路18に出力する。 EG2 and converts the format to output to the recording processing circuit 18.

【0063】コピー世代管理回路44はフォーマット変換回路43においてフォーマット変換を行った場合には、変換後のフォーマットに対応する位置に、コピーフラグ検出器42の検出結果に基づくコピー世代管理情報を挿入するようになっている。 [0063] If the copy generation management circuit 44 performing the format conversion in the format converting circuit 43, at a position corresponding to the format after conversion, inserts the copy generation management information based on the detection result of the copy flag detector 42 It has become way. 例えば、自機の記録フォーマットがD−I/Fフォーマットに対応している場合において、機器22からのデータに基づく記録を行う場合には、 For example, when the recording format of the own apparatus is compatible with D-I / F format, when the recording based on the data from the device 22,
コピーフラグ検出器42の検出結果に基づくコピー世代管理情報をSOURCE CONTROL PACK のCGMSに挿入するようになっている。 Copy generation management information based on the detection result of the copy flag detector 42 is adapted to be inserted into the CGMS of SOURCE CONTROL PACK. また、コピー世代管理回路44は、コピーフラグ検出器42が検出したコピー世代管理情報が1回のみの記録を許可する“10”である場合には、コピー世代管理情報としてコピー禁止を示す“11”を挿入するようになっている。 Also, the copy generation management circuit 44, when the copy generation management information copy flag detector 42 has detected is allowed to "10" to the recording only once indicates copy inhibition as the copy generation management information "11 It is adapted to insert the ".

【0064】なお、機器23が画像ストリーマ又はデータストリーマ等であって、デパケット化後のデータをそのまま記録する場合には、フォーマット変換回路43によるフォーマット変換処理は不要であり、この場合には、フォーマット変換回路43を省略することができる。 [0064] It is to be noted that the apparatus 23 is an image streamer or data streamer or the like, when it is recording data after depacketing, the format conversion processing by the format converting circuit 43 is unnecessary, in this case, the format it is possible to omit the conversion circuit 43.

【0065】記録処理回路18はフォーマット変換回路43 [0065] The recording processing circuit 18 format conversion circuit 43
からのデータに所定の記録信号処理を施して図示しない記録装置によって記録するようになっている。 It is adapted to record by data not shown performs predetermined recording signal processing in the recording apparatus from. 記録処理回路18の記録処理は記録制御回路19によって制御される。 Recording processing of the recording processing circuit 18 is controlled by the recording control circuit 19. 記録制御回路19はコピーフラグ検出器42が検出したコピー世代管理情報がコピー禁止を示す“11”である場合には、記録処理回路18の記録処理を禁止し、1回のみの記録を許可する“10”又はコピーフリーを示す“00”である場合には、記録処理回路18の記録処理を許可するようになっている。 When the recording control circuit 19 is a copy generation management information copy flag detector 42 has detected indicates copy prohibition "11" prohibits the recording processing of the recording processing circuit 18, to allow recording only once If it is "10" or showing a copy-free "00" is adapted to allow the recording processing of the recording processing circuit 18.

【0066】なお、機器23が記録機器であるものとして説明したが、機器23がテレビジョン受像機であってもよい。 [0066] It should be noted, has been described as the device 23 is the recording equipment, the equipment 23 may be a television receiver. この場合には、機器23はアナログ出力及びディジタル出力が可能である必要があるが、コピー世代管理回路 In this case, the device 23 it is necessary it is possible analog output and digital output, copy generation management circuit
44によってこれらの出力にマクロビジョン、CGMS− Macrovision to the output of these by 44, CGMS-
A又はCGMS−D規格等のコピー制御情報を挿入すればよい。 It may be inserted copy control information such as A or CGMS-D standard.

【0067】次に、このように構成された実施の形態の動作について図12の説明図を参照して説明する。 Next, it will be described with reference to the illustration of FIG. 12, the operation of the thus constructed embodiment. 図1 Figure 1
2は所定のディジタルフォーマットのデータ、データの記録単位、DIFブロック及びバス24上のアイソクロノスパケットを示している。 2 shows a predetermined digital format of the data, a data recording unit of the DIF block and isochronous packets on the bus 24. なお、図12は一般的なディジタルフォーマットについて示しており、具体的なDV Note that FIG. 12 shows the general digital format, specific DV
Cフォーマット又はMPEG2のディジタルフォーマットとは若干異なる。 The C format or MPEG2 digital format slightly different.

【0068】機器21,22,23は夫々DVC、DVD又は所定の記録フォーマットの記録機器であるものとし、機器21の再生データを機器23によって記録するものとする。 [0068] device 21, 22, 23 is assumed as a recording device each DVC, DVD, or a predetermined recording format, and records the reproduction data of the device 21 by the device 23. 再生データは再生処理回路4によって、復調処理及び誤り訂正処理が施されて出力される。 Reproduced data by reproducing processing circuit 4, a demodulation process and an error correction processing is performed is output. D−I/Fフォーマット出力処理回路5は、入力されたDVCフォーマットのデータをD−I/Fフォーマットに変換して出力する。 D-I / F format output processing circuit 5, the data of the input DVC format is converted into D-I / F format for output.

【0069】図12の1段目は送信側機器に固有のディジタルフォーマットを示しており、D−I/Fフォーマット出力処理回路5の出力を示している。 [0069] 1 row of FIG. 12 shows a specific digital format to the transmission side device, it shows the output of the D-I / F format output processing circuit 5. なお、D−I In addition, D-I
/Fフォーマット出力処理回路5の具体的なディジタルフォーマットは図9に示すものである。 / Specific digital format F format output processing circuit 5 is shown in FIGS 9. 即ち、このデータの記録単位は150パケットである。 That is, the recording unit of the data is 150 packets. 図12では先頭にヘッダパケットを有する記録単位が複数パケットで構成されることのみを示しており、パケット数等は無視している。 Recording unit having a header packet at the beginning in FIG. 12 shows only be composed of a plurality of packets, ignoring the packet number and the like.

【0070】コピーフラグ検出回路28は、DVCフォーマットのビデオ補助パケットVA内のSOURCE CONTROL P [0070] copy flag detecting circuit 28, SOURCE CONTROL P in the video auxiliary packet VA of DVC format
ACK 内に挿入されているコピー世代管理情報を検出して検出結果を1394I/F27に出力する。 It detects the copy generation management information inserted into the ACK to output a detection result to the 1394 I / F 27.

【0071】D−I/Fフォーマット出力処理回路5の出力は1394I/F27に供給されて、IEEE139 [0071] The output of the D-I / F format output processing circuit 5 is supplied to the 1394 I / F 27, IEEE1394
4の規格のパケットフォーマットに変換される。 4 is converted to the standard packet format. D−I D-I
/Fフォーマット出力処理回路5は、アイソクロノスサイクル毎に入力された複数のDIFブロックを1アイソクロノスパケットで伝送する。 / F format output processing circuit 5 transmits a plurality of DIF blocks input for each isochronous cycle in 1 isochronous packet. 図12の3段目はDIF The third stage of FIG. 12 DIF
ブロックを示しており、図12の4段目では、1アイソクロノスサイクルで3又は2DIFブロックが伝送されていることを示している。 It shows a block, in the fourth stage in FIG. 12, 3 or 2DIF blocked with 1 isochronous cycle indicates that it is transmitted.

【0072】なお、上述したように、DVC規格に対応させた場合には、D−I/Fフォーマット出力処理回路5からは1アイソクロノスサイクル当たり5又は6DI [0072] As described above, when made to correspond to the DVC standards, D-I / F format output process 5 or 6DI per isochronous cycle from the circuit 5
Fブロックが伝送される。 F block is transmitted. 1394I/F27はコピーフラグ検出回路28からの検出結果に基づくコピー世代管理情報をアイソクロノスパケットのCIPヘッダ内に挿入する。 1394 I / F 27 inserts the copy generation management information based on the detection result from the copy flag detecting circuit 28 in the CIP header of the isochronous packet. こうして、D−I/Fフォーマット出力処理回路5からは図10に示すフォーマットのアイソクロノスパケットが出力される。 Thus, from the D-I / F format output processing circuit 5 isochronous packet format shown in FIG. 10 is output.

【0073】機器21からのアイソクロノスパケットはバス24に送出される。 [0073] isochronous packet from the apparatus 21 is sent to the bus 24. 機器23の1394I/F41はバス24 1394I / F41 of the device 23 is a bus 24
上に流れているデータから宛先として自機が指定されているアイソクロノスパケットを取り込んでデパケット化する。 It depacketizes capture isochronous packets apparatus itself is specified from the data flowing on the destination. 1394I/F41からはD−I/Fフォーマットのパケットデータが出力される。 From 1394 I / F 41 is output packet data D-I / F format.

【0074】コピーフラグ検出器42は、アイソクロノスパケットのCIPヘッダ内に挿入されているコピー世代管理情報を検出する。 [0074] copy flag detector 42 detects the copy generation management information inserted into the CIP header of the isochronous packet. コピーフラグ検出器42の検出結果はコピー世代管理回路44及び記録制御回路19に与えられる。 Detection result of the copy flag detector 42 is supplied to the copy generation management circuit 44 and the recording control circuit 19. いま、コピーフラグ検出器42が検出したコピー世代管理情報がコピーの禁止を示す“11”であるものとする。 Now, it is assumed copy generation management information copy flag detector 42 has detected is "11" indicating prohibition of copying. この場合には、記録制御回路19は記録処理回路18を制御して、記録を禁止する。 In this case, the recording control circuit 19 controls the recording processing circuit 18, to prohibit the recording. 例えば、記録処理回路18は図示しないシステムコントロール又はサーボ回路等の動作を制御して記録を行わない。 For example, the recording processing circuit 18 does not perform the recording by controlling the operation of such a system control or servo circuit (not shown). なお、この場合には、フォーマット変換回路43のフォーマット変換処理を禁止してもよい。 In this case, it may prohibit the format conversion of a format conversion circuit 43.

【0075】コピーフラグ検出器42が検出したコピー世代管理情報がコピーフリーを示す“00”であるものとする。 [0075] copy generation management information copy flag detector 42 has detected is assumed to be shown a copy free "00". この場合には、自由な記録が可能である。 In this case, it is possible to free record. 139 139
4I/F41からのパケットデータはフォーマット変換回路43に与えられて、機器23の記録フォーマットにフォーマット変換される。 Packet data from 4I / F 41 is given to the format conversion circuit 43, is the format conversion in a recording format of the equipment 23.

【0076】例えば、送信側機器がDVCである場合において、機器23がDVCフォーマットに対応した記録を行うものであれば、フォーマット変換回路43は入力されたD−I/FフォーマットのデータをDVCフォーマットに変換して記録処理回路18に出力する。 [0076] For example, when the transmission side apparatus is DVC, as long as it performs the recording apparatus 23 corresponding to the DVC format, the format conversion circuit 43 DVC format data of the input D-I / F format It converted to be output to the recording processing circuit 18. また、この場合において機器23がMPEG2のフォーマットに対応した記録を行う場合には、フォーマット変換回路43は、D Further, when the recording of device 23 corresponding to the MPEG2 format in this case, the format conversion circuit 43, D
VCに対応したD−I/FフォーマットのデータをMP Corresponding to VC D-I / F data format MP
EG2のトランスポートストリームに変換する。 Into a transport stream EG2. この場合には、コピー世代管理回路44はMPEG2のトランスポートストリームのヘッダにコピー世代管理情報として“00”を挿入する。 In this case, the copy generation management circuit 44 inserts a "00" as the copy generation management information in the header of the MPEG2 transport stream.

【0077】また、送信側機器がDVDである場合において、機器23がDVCフォーマットに対応した記録を行う場合には、フォーマット変換回路43は、MPEG2のトランスポートストリームをDVCフォーマットのデータに変換する。 [0077] Also, in the case where the transmission side apparatus is DVD, device 23 when the recording corresponding to the DVC format, the format conversion circuit 43 converts the transport stream of the MPEG2 data of DVC format. この場合には、コピー世代管理回路44 In this case, the copy generation management circuit 44
は、VAUXのSOURCE CONTROL PACK のCGMSエリアにコピー世代管理情報として“00”を挿入する。 Inserts the "00" as the copy generation management information to the CGMS area of ​​SOURCE CONTROL PACK of VAUX. フォーマット変換回路43からのデータは記録処理回路18に与えられて図示しない記録媒体に記録される。 Data from the format conversion circuit 43 is recorded on the recording medium (not shown) provided in the recording processing circuit 18.

【0078】コピーフラグ検出器42が検出したコピー世代管理情報がコピーを1回だけ許可する“10”である場合には、コピー世代管理回路44は、フォーマット変換回路43に入力されるデータに含まれるコピー世代管理情報(“10”)を書き換えて、コピー禁止を示すコピー世代管理情報(“11”)とする。 [0078] When a copy flag detector 42 is the copy generation management information detected to allow only one copy "10", the copy generation management circuit 44 included in data inputted to format converting circuit 43 It rewrites the copy generation management information ( "10") which is a copy generation management information indicating copy prohibition ( "11"). なお、このコピー世代管理情報は、記録フォーマットに応じた位置に挿入されることは当然である。 Incidentally, the copy generation management information, it is natural to be inserted at a position corresponding to the recording format.

【0079】こうして、機器23において、コピー世代管理情報に基づいた記録が可能である。 [0079] Thus, in the device 23, it is possible to record based on the copy generation management information.

【0080】なお、送信側機器がMPEG2−TSを出力するセットトップボックスである場合の動作も同様である。 [0080] This is the same operation when the transmission side apparatus is a set top box outputting the MPEG2-TS. 機器22の復調及びFEC回路20からの再生データはMPEG TS出力処理回路8によって、188バイト単位のトランスポートパケットに変換される。 Reproducing data from the demodulation and FEC circuit 20 of the apparatus 22 by the MPEG TS output processing circuit 8, it is converted into a transport packet of 188 bytes. この場合には、コピーフラグ検出回路43によってトランスポートパケットのヘッダからコピー世代管理情報が検出されて1394I/F33に供給される。 In this case, the copy generation management information from the header of the transport packet by the copy flag detecting circuit 43 is supplied to be detected 1394 I / F33. 1394I/F33はトランスポートパケットを1394パケットに変換する。 1394 I / F33 converts the transport packet to the 1394 packet. この場合には、1394I/F33はCIPヘッダにコピーフラグ検出回路34が検出したコピー世代管理情報を挿入する。 In this case, 1394 I / F33 to insert a copy generation management information copy flag detecting circuit 34 to the CIP header is detected.

【0081】また、送信側機器がDVC及びMPEG2 [0081] In addition, the transmitting device is DVC and MPEG2
規格以外の他の規格に対応した機器である場合でも同様にして送信データにコピー世代管理情報を挿入することができることは明らかである。 It is clear that it is possible to insert a copy generation management information, even if a device compatible with other standards other than standards in the same way to transmit data.

【0082】このように、送信側の機器においては、自機のデータフォーマットを認識してコピー世代管理情報を検出することは容易である。 [0082] Thus, in the device on the transmitting side, it is easy to detect the copy generation management information to recognize the data format of its own. 送信側機器の1394I 1394I of the transmitting device
/Fは検出したコピー世代管理情報を1394パケットのCIPヘッダに挿入して送出する。 / F sends by inserting a copy generation management information detected in 1394 packet CIP header. 一方、受信側機器においては、伝送されたアイソクロノスパケットのCI On the other hand, in the reception side apparatus, CI of transmitted isochronous packet
Pヘッダに含まれるコピー世代管理情報を検出する。 Detecting the copy generation management information included in the P header. 即ち、受信側機器は、受信データの種類に拘わらず、受信データをデコードすることなく、コピー世代管理情報を検出することができる。 That is, the reception side device, regardless of the type of the received data, without decoding the received data, it is possible to detect the copy generation management information. 従って、受信側機器において、 Accordingly, the reception side apparatus,
コピー世代管理情報を検出するためにデコーダを設ける必要はない。 It is not necessary to provide a decoder to detect the copy generation management information. また、既存のフォーマット以外のフォーマットのデータを受信した場合でも、コピー世代管理情報を検出することができる。 Further, even in the case of receiving the data of a format other than the existing format, it is possible to detect the copy generation management information. 受信データをデコードする必要がないので、記録の許可又は禁止のための制御が短時間に行われる。 It is not necessary to decode the received data, control for allowing or prohibiting the recording is performed in a short time.

【0083】図13は本発明の他の実施の形態を示すブロック図である。 [0083] Figure 13 is a block diagram showing another embodiment of the present invention.

【0084】図1の実施の形態においては、コピー世代管理情報としてCGMSを用い、映像機器のコピー制御を行う例を説明した。 [0084] In the embodiment of Figure 1, using the CGMS as copy generation management information, an example was described of copying control of the video equipment. コピー世代管理情報としては、C The copy generation management information, C
GMSだけでなく、音声データのコピー制御を行うためのSCMS(Serial Copy Management System )も規定されている。 GMS well, SCMS (Serial Copy Management System) for performing copy control voice data is also defined. しかし、SCMSは、基本的には、音声のディジタル−ディジタルコピーを1世代のみは許可することを目的としており、CGMSとは取り扱いが異なる。 However, SCMS is basically a digital audio - only one generation digital copy is intended to permit, handling the CGMS different. そこで、これらの2種類のコピー世代管理情報を用いたコピー制御を行うことが必要となることが考えられる。 Therefore, it possible to perform copy control using these two types of copy generation management information is considered to become necessary. 本実施の形態は、本発明をCGMS及びSCMSの2種類のコピー世代管理情報を用いた場合におけるコピー制御を実現する装置に適用した例を示している。 This embodiment shows an example applied to an apparatus for realizing the copy control in the case where the present invention using two kinds of copy generation management information of CGMS and SCMS.

【0085】ディジタルインターフェースを有する装置 [0085] apparatus having a digital interface
201 は、所定の機器に設けられている。 201 is provided on the predetermined device. 装置201 が取り付けられる機器としては、各種の機器が考えられ、例えば、映像及び音声データの記録再生が可能な機器、音声データのみの記録再生が可能な機器及びその他の種類のデータの記録再生を行う機器等が考えられる。 The device 201 is attached, various devices are contemplated, for example, recording and reproduction which is capable devices video and audio data, the recording and reproduction of the recording and reproducing which can equipment and other types of data for only the audio data equipment and the like to perform are considered. 具体的には、VCR、DAT、DVD、ディジタル放送の受信装置及びデータストリーマ等である。 Specifically, a VCR, DAT, DVD, receiver and data streamer or the like of the digital broadcast.

【0086】本実施の形態においては、装置201 は送信系において、伝送データをIEEE1394規格のアイソクロノスパケットで伝送すると共に、伝送データにC [0086] In this embodiment, device 201 is in the transmission system, the transmitting transmission data in isochronous packets of the IEEE1394 standard, C transmission data
GMS及びSCMSを挿入するようになっている。 It is adapted to insert the GMS and SCMS. また、受信系において、受信データからCGMS及びSC In the receiving system, CGMS and SC from the received data
MSを抽出して、受信データのコピーを制御するようになっている。 It extracts MS, so as to control the copy of the received data.

【0087】送信系において、機器201 の送信データ処理回路202 には例えば図示しない再生手段からの再生信号が与えられる。 [0087] In the transmission system, it is given a reproduction signal from the reproduction means (not shown), for example the transmission data processing circuit 202 of the apparatus 201. 送信データ処理回路202 は、自機で処理するデータフォーマットに応じたデータを出力するものであり、例えば、図1のD−I/Fフォーマット出力処理回路5及びMPEG TS出力処理回路8等と同様の構成を有する。 Transmission data processing circuit 202 is for outputting data corresponding to the data format to be processed by the own apparatus, for example, similar to the D-I / F format output processing circuit 5 and the MPEG TS output processing circuit 8 in FIG. 1, etc. It has the configuration. 送信データ処理回路202 は、再生信号に所定の信号処理を施して送信データとして1394送信処理回路211 に出力する。 Transmission data processing circuit 202 outputs a 1394 transmission processing circuit 211 as transmission data by performing predetermined signal processing to the reproduction signal.

【0088】一方、送信データ処理回路202 の出力はC [0088] On the other hand, the output of the transmission data processing circuit 202 is C
GMS検出回路204 、SCMS検出回路205 、APS検出回路206 及びDSB検出回路207 にも与えられる。 Also provided in GMS detection circuit 204, SCMS detection circuit 205, APS detection circuit 206 and DSB detection circuit 207. C
GMS検出回路204 及びSCMS検出回路205 は、夫々送信データ処理回路202 の出力に含まれるCGMS及びSCMSを検出してアイソクロノスパケット挿入回路21 GMS detection circuit 204 and the SCMS detection circuit 205, respectively transmit data processing isochronous packet inserting circuit 21 detects the CGMS and SCMS included in the output of the circuit 202
0 に出力する。 And outputs it to 0.

【0089】更に、送信系では、コピー世代管理情報であるCGMS,SCMSだけでなく、PSP(マクロビジョン方式のAGC疑似パルス)が挿入されているか否かを示すAPS(Analog Protection System )及びD [0089] Further, in the transmission system, CGMS is a copy generation management information, SCMS well, PSP APS (Analog Protection System) which indicates whether it is inserted (Macrovision scheme AGC pseudo pulse) and D
VD−ROMディスクのコピー禁止を規定するDSB DSB that defines the copy prohibition of VD-ROM disk
(Digital Source Bit)も伝送可能である。 (Digital Source Bit) can also be transmitted. APS検出回路206 及びDSB検出回路207 は、夫々送信データ処理回路202 の出力に含まれるAPS,DSBを検出してアイソクロノスパケット挿入回路210 に出力するようになっている。 APS detection circuit 206 and DSB detection circuit 207, APS contained in the output of the respective transmission data processing circuit 202 detects the DSB and outputs the isochronous packet inserting circuit 210.

【0090】なお、APS,DSBの値は以下の通りである。 [0090] In addition, APS, DSB of the value is as follows.

【0091】 APS 00 PSP off,カラーストライプoff 01 PSP on,カラーストライプoff 10 PSP on,カラーストライプ2ライン方式on 11 PSP on,カラーストライプ4ライン方式on DSB 1 コピー禁止がエンコードされたDVD-ROMディスク 0 上記以外 アイソクロノスパケット挿入回路210 は、CGMS,S [0091] APS 00 PSP off, color stripe off 01 PSP on, color stripe off 10 PSP on, color stripe 2 line method on 11 PSP on, DVD-ROM disc that color stripe 4 line system on DSB 1 copy prohibition is encoded 0 the other isochronous packet inserting circuit 210, CGMS, S
CMSのコピー世代管理情報及びAPS,DSBからなるコピー制御情報(CCI(Copy Control Informatio CMS of copy generation management information and APS, the copy control information consisting of DSB (CCI (Copy Control Informatio
n))をアイソクロノスパケットに挿入するようになっている。 A n)) are adapted to be inserted into the isochronous packet. 図14はアイソクロノスパケット挿入回路210 Figure 14 is an isochronous packet inserting circuit 210
によるコピー制御情報のアイソクロノスパケット内の配列を説明するための説明図である。 It is an explanatory diagram for explaining an arrangement of the isochronous packet of the copy control information by.

【0092】アイソクロノスパケットは、図12にも示したように、ヘッダ、ヘッダCRCによって構成されるパケットヘッダ(packet header)と、CIPヘッダ(C [0092] isochronous packet, as shown in FIG. 12, a header, and configured packet header (packet header) by a header CRC, CIP headers (C
IP_header)(斜線部)、同期データ(Data_field)及びデータCRC(data_CRC)によって構成されるデータブロック(data block)とを有している。 IP_header) (hatched portion), and a synchronous data (Data_Field) and data CRC (data_CRC) by a data block composed (data block). CIPヘッダは、図14に示すように、SID,DBS,FN,QP CIP header, as shown in FIG. 14, SID, DBS, FN, QP
C,SPH,リザーブ領域(res)(斜線部),DB C, SPH, reserved area (res) (hatched portion), DB
C,FMT,FDFが配列されている。 C, FMT, FDF are arranged. 本実施の形態においては、図1の実施の形態と同様に、CIPヘッダのリザーブ領域(斜線部)にコピー制御情報を挿入するようになっている。 In this embodiment, as in the embodiment of FIG. 1, it is adapted to insert the copy control information in the CIP header of the reserved area (hatched portion). 即ち、本実施の形態においては、このリザーブ領域に、CGMSだけでなく、SCMS,AP That is, in this embodiment, in this reserved area, CGMS well, SCMS, AP
S,DSBも挿入される。 S, DSB is also inserted.

【0093】ところで、装置201 の送信系から送信されるデータは、例えば映像データ及び音声データを含む場合もあり、また、音声データのみの場合もある。 [0093] Incidentally, the data transmitted from the transmission system of the apparatus 201, for example, might also include video data and audio data, and in some cases the audio data only. 従って、アイソクロノスパケットに挿入されたコピー制御情報の全てが有効であるとは限らない。 Thus, all of the copy control information inserted into the isochronous packet is not necessarily effective. 従って、送信系においては、リザーブ領域に挿入されるCGMS,SCM Thus, in the transmission system, CGMS is inserted in the reserved area, SCM
Sが有効であるか又は無効であるかを示す情報を挿入するようになっている。 S is adapted to insert information indicating which as or Disable Enable.

【0094】即ち、CGMS検出回路203 及びSCMS [0094] In other words, CGMS detection circuit 203 and the SCMS
検出回路204 の検出結果はCGMS/SCMS有効無効決定回路208 にも供給される。 Detection result of the detection circuit 204 is also supplied to CGMS / SCMS Valid Invalid determining circuit 208. CGMS/SCMS有効無効決定回路208 はCGMS,SCMSの検出結果からCGMS,SCMSが有効であるか無効であるかを決定して、決定結果をCGMS/SCMS有効無効フラグ挿入回路209 に出力するようになっている。 CGMS / SCMS Valid Invalid determination circuit 208 CGMS, from the detection result of the SCMS CGMS, to determine whether or invalid SCMS is valid, determine the results to output the CGMS / SCMS Valid Invalid flag insertion circuit 209 going on.

【0095】本実施の形態は、CGMS/SCMS有効無効フラグとして例えばアイソクロノスパケットのヘッダのtcode値を利用して、CGMS/SCMSの有効無効を定義する例を示す。 [0095] This embodiment utilizes the tcode value of CGMS / SCMS effectiveness invalid flag as example of isochronous packet header, an example of defining a valid or invalid of the CGMS / SCMS. これはtcode値が現在未定義値であるからである。 This is because tcode value is currently undefined value. 別にtcode値に限定する必要はない。 It is not necessary to separately limited to tcode value.

【0096】CGMS/SCMS有効無効フラグ挿入回路209 は、CGMS/SCMS有効無効決定回路208 の決定結果に基づいて、CGMS,SCMSの有効無効を示すtcode値を決定してアイソクロノスパケット挿入回路210 に出力するようになっている。 [0096] CGMS / SCMS Valid Invalid flag insertion circuit 209, based on the determination result of the CGMS / SCMS Valid Invalid determining circuit 208, CGMS, the isochronous packet inserting circuit 210 determines the tcode value indicating valid or invalid of the SCMS It is adapted to output.

【0097】図14に示すように、ヘッダは、データ長(data_length )、タグ(tag )、チャンネル(channe [0097] As shown in FIG. 14, the header data length (data_length), tag (tag), channels (channe
l)、4ビットのtCode(斜線部)及びsyが配列されている。 l), 4 bits tCode (hatched portion) and sy are arranged. アイソクロノスパケット挿入回路210 は、 Isochronous packet inserting circuit 210,
CGMS/SCMS有効無効フラグ挿入回路209 からのtcode値をヘッダのtCodeの部分に配列するようになっている。 CGMS / SCMS has a tcode value from the effective invalid flag insertion circuit 209 so that the sequence to a portion of the tCode header. 図15はtcode値を説明するための図表である。 Figure 15 is a diagram for explaining a tcode value. 図15に示すように、IEEE1394 As shown in FIG. 15, IEEE1394
の現在の規格では、tCodeをAhに設定することによって、アイソクロノスパケットであることが示される。 In the current standard, by setting the tCode in Ah, it is shown to be isochronous packet. 本実施の形態においては、図15に示すように、t In the present embodiment, as shown in FIG. 15, t
code値をAhに設定することによって、パケットがアイソクロノスパケットであることを示すと共に、コピー制御情報は無効である(情報が入っていない)ことを示すようになっている。 By setting the code value in Ah, with the packet as a isochronous packet, which is to show that the copy control information is invalid (information is not on). また、Chのtcode値によって音声データのためのコピー世代管理情報が無効であることを示し、Dhのtcode値によって音声データのためのコピー世代管理情報も有効であることを示す。 Also show that the copy generation management information for the audio data by tcode value Ch is invalid, indicating that copy generation management information for the audio data by tcode value Dh is also effective.

【0098】なお、実際にはCGMSが無効で、SCM [0098] It should be noted that, in fact, is invalid CGMS, SCM
Sのみが有効であることはほとんど考えられないので、 Since almost unthinkable is that only the S is valid,
図15ではtCodeによってこの状態を表現するようにはしていないが、この状態をtCodeの他の値によって設定してもよい。 Although not to express this condition by tCode 15, it may set the state by the other values ​​tCode.

【0099】ところで、アイソクロノスパケット挿入回路210 が挿入するコピー制御情報としては、現在、各団体で定義されているコピー制御情報であるCGMS,S [0099] Incidentally, as the copy control information isochronous packet inserting circuit 210 inserts a copy control information is currently being defined for each organization CGMS, S
CMS,APS,DSBの4種類が考えられる。 CMS, APS, four types of DSB considered. これに対し、コピー制御情報の伝送に用いるCIPヘッダのリザーブ領域は2ビットである。 In contrast, the reserve area of ​​the CIP header used for transmitting copy control information is 2 bits. そこで、アイソクロノスパケット挿入回路210 はこれらの4種類のコピー制御情報を複数サイクルで送ればよく、例えば8アイソクロノスサイクル周期でサイクリックに挿入すればよい。 Therefore, isochronous packet inserting circuit 210 may be inserted may be send these four types of copy control information in a plurality of cycles, cyclically at 8 isochronous cycle period, for example. 図1 Figure 1
6及び図17はコピー制御情報のサイクリックな挿入方法を説明するための説明図及び図表である。 6 and FIG. 17 is an explanatory view and a diagram for explaining a cyclic method of inserting copy control information.

【0100】図16の斜線部に示すように、コピー制御情報が挿入されるCIPヘッダのリザーブ領域には、8 [0100] As indicated by the shaded portion of FIG. 16, in the reserved area of ​​the CIP header copy control information is inserted, 8
アイソクロノスサイクルでコピー制御情報が挿入される。 Copy control information is inserted in isochronous cycles. アイソクロノスパケット挿入回路210 は、映像情報については、8アイソクロノスサイクルのうちの第1乃至第3アイソクロノスサイクルでいずれもリザーブ領域に“01”を設定し、第4アイソクロノスサイクルでリザーブ領域にCGMSを挿入する。 Isochronous packet inserting circuit 210, the video information is set to "01" both in the reserved area in the first to third isochronous cycle of 8 isochronous cycle, the reserved area in the fourth isochronous cycle to insert the CGMS. 同様に、アイソクロノスパケット挿入回路210 は、第5及び第6アイソクロノスサイクルでは夫々リザーブ領域にAPS,DBSを挿入する。 Similarly, the isochronous packet inserting circuit 210 inserts APS, the DBS respectively reserved area in the fifth and sixth isochronous cycles. また、第7及び第8アイソクロノスサイクルのリザーブ領域はリザーブ領域として“01”以外の値を挿入するようになっている。 Moreover, the reserved area of ​​the seventh and eighth isochronous cycle is adapted to insert a value other than "01" as a reserved area. つまり、“01”を3回検出した次のサイクルの値(“01”ではない値)がC That is, "01" to 3 times detected in the next cycle the value ( "01" is not a value) is C
GMSであると識別できる。 It can be identified as a GMS.

【0101】また、音声情報については、第1乃至第6 [0101] In addition, for the voice information, the first to sixth
アイソクロノスサイクル及び第8アイソクロノスサイクルのリザーブ領域の設定は映像情報の場合と同様である。 Setting reserved area isochronous cycle and eighth isochronous cycle is the same as in the case of video information. 音声情報では、アイソクロノスパケット挿入回路21 The voice information, isochronous packet inserting circuit 21
0 は、第7アイソクロノスサイクルにおいてリザーブ領域にSCMSを挿入するようになっている。 0 is adapted to insert the SCMS reserved area in the seventh isochronous cycle.

【0102】1394送信処理回路211 及び1394I [0102] 1394 transmission processing circuit 211 and 1394I
/F212 は、図1の1394I/F27及び1394I/ / F 212 is, in FIG. 1 1394 I / F 27 and 1394 I /
F33等と同様の作用を呈する。 The same functions and the like F33. 即ち、1394送信処理回路211 及び1394I/F212 によって、送信データ処理回路202 からの所定フォーマットのデータはIEE That is, the 1394 transmission processing circuit 211 and 1394 I / F 212, data of a predetermined format from the transmission data processing circuit 202 IEE
E1394規格のパケットに変換されて図示しない伝送路に送出されるようになっている。 E1394 is converted into standard packet adapted to be transmitted to a transmission line (not shown).

【0103】アイソクロノスパケット挿入回路210 は、 [0103] isochronous packet inserting circuit 210,
1394送信処理回路211 を制御することにより、送信データ処理回路202 から1394送信処理回路211 に出力された送信データに対して、上述したコピー制御情報及びtcode値の設定を行う。 By controlling the 1394 transmission processing circuit 211 performs the transmission data output from the transmission data processing circuit 202 to 1394 transmit processing circuit 211, the setting of the copy control information and tcode values ​​described above.

【0104】IEEE1394では、データの伝送に先立って機器認証(Authentication)を行うようになっている。 [0104] In IEEE1394, and performs device authentication (Authentication) prior to the transmission of data. 送信機認証回路213 は自機が受信機である場合において、相手が正しい送信機であることを認識し、受信機認証回路214 は自機が送信機である場合において、相手が正しい受信機であることを認識することができるようになっている。 In case the transmitter authentication circuit 213 is own apparatus receivers, recognizes that other party is the correct transmitter when the receiver authentication circuit 214 own device is a transmitter, at the other the correct receiver thereby making it possible to recognize that there is. 受信機認証回路214 からの認証用のキーが1394送信処理回路211 に供給され、送信機認証回路213 からの認証用のキーが1394受信処理回路21 Key for authentication from the receiver authentication circuit 214 is supplied to the 1394 transmission processing circuit 211, the transmitter authentication circuit key for authentication from 213 1394 reception processing circuit 21
5 に供給されるようになっている。 It is adapted to be supplied to the 5.

【0105】ところで、コピーを禁止する送信データについて暗号化を施すことにより、著作権者の保護を一層厚くすることが考えられる。 [0105] By the way, by encrypting the transmission data to prohibit the copy, it is conceivable to further increase the protection of the copyright owner. 本実施の形態においては、 In this embodiment,
エンクリプション回路207 は、CGMS検出回路203 及びSCMS検出回路204 の検出結果によってコピー禁止又は1回のみコピー許可が示された場合には、1394 Encryption circuit 207, when a copy prohibition or only once copy permission by the detection result of the CGMS detecting circuit 203 and the SCMS detection circuit 204 is shown, 1394
送信処理回路211 を制御して、送信データに暗号化処理を施すようになっている。 And it controls the transmission processing circuit 211, so that the encrypting process to the transmission data.

【0106】エンクリプション回路207 は、暗号化処理を施した場合には、暗号化処理を施したことを示すエンクリプションフラグをアイソクロノスパケットに挿入するようになっている。 [0106] Encryption circuit 207, when implementing the encryption process is adapted to be inserted into the isochronous packet encryption flag indicating that implementing the encryption process. 図14に示すように、ヘッダのs As shown in FIG. 14, a header of s
y領域は空き領域となっており、本実施の形態においては、エンクリプション回路207 は、エンクリプションフラグをsy領域のLSBに設定するようになっている。 y region has a free space, in the present embodiment, encryption circuit 207 is adapted to set the encryption flag to the LSB of the sy region.
エンクリプションフラグは、例えば“1”でデータが暗号化されていることを示し、“0”でデータが暗号化されていないことを示す。 Encryption flag data, for example, "1" indicates that it is encrypted, indicating that the data "0" is not encrypted.

【0107】一方、受信系においては、1394I/F [0107] On the other hand, in the reception system, 1394I / F
212 及び1394受信処理回路215は、図31の139 212 and 1394 receiver circuits 215, 139 in FIG. 31
4I/F10と同様の作用を呈する。 Exhibits action similar to the 4I / F10. 1394I/F212 1394I / F212
及び1394受信処理回路215 によって受信した受信データは、デクリプション回路216 及びアイソクロノスパケット抽出回路217 に供給される。 And data received by the 1394 receiver circuits 215 is supplied to decryptions circuit 216 and isochronous packet extracting circuit 217. デクリプション回路 Decryptions circuit
216 は受信データが暗号化されている場合には、復号処理を行って元のデータを受信データ処理回路223 に出力するようになっている。 216 if the received data is encrypted, and outputs the original data to the reception data processing circuit 223 performs decoding processing.

【0108】アイソクロノスパケット抽出回路217 は、 [0108] isochronous packet extraction circuit 217,
受信されたアイソクロノスパケットのCIPヘッダのリザーブ領域に挿入されているコピー制御情報を抽出し、 Extracts copy control information inserted in the reserved area of ​​the CIP header of the received isochronous packet,
APS,DSBの検出結果を受信データ処理回路223 に出力し、CGMS,SCMSを夫々CGMS検出回路21 APS, and outputs a detection result of DSB in the reception data processing circuit 223, CGMS, SCMS respectively CGMS detecting circuit 21
8 及びSCMS検出回路219 に出力するようになっている。 And it outputs the 8 and SCMS detection circuit 219.

【0109】CGMS検出回路218 はアイソクロノスパケットのCIPヘッダからCGMSの値を検出し、SC [0109] CGMS detecting circuit 218 detects the value of CGMS from the CIP header of the isochronous packet, SC
MS検出回路219 はアイソクロノスパケットのCIPヘッダからSCMSの値を検出するようになっている。 MS detection circuit 219 is adapted to detect the value of the SCMS from the CIP header of the isochronous packet. C
GMS検出回路218 及びSCMS検出回路219 の検出結果は夫々スイッチ224 の端子a,bを介して受信データ制御回路222 に供給されるようになっている。 Detection results of the GMS detection circuit 218 and the SCMS detection circuit 219 are supplied to the reception data control circuit 222 through the terminal a, b of the respective switches 224. 受信データ制御回路222 は入力されたコピー世代管理情報に基づいて記録を制御するための記録制御信号を出力するようになっている。 Reception data control circuit 222 and outputs a record control signal for controlling the recording in accordance with the copy generation management information input.

【0110】受信データ処理回路223 は、受信機が記録機器である場合、デクリプション回路216 からの受信データを自機の図示しない記録系の記録フォーマットに変換すると共に、その記録フォーマットに対応させて、C [0110] reception data processing circuit 223, if the receiver is a recording device, the received data from the decryptions circuit 216 converts the recording format of the recording system (not shown) of its own, so as to correspond to the recording format , C
GMS,SCMSを所定のデータ位置に挿入するようになっている。 GMS, is adapted to insert the SCMS to a predetermined data position. この場合には、受信データ制御回路222 In this case, the reception data control circuit 222
は、コピーを1回だけ許可するコピー世代管理情報についてはコピーを禁止するコピー世代管理情報に変更して挿入するようになっている。 It is adapted to be inserted by changing the copy generation management information to prohibit copy for copy generation management information to allow only one copy. 受信データ処理回路223 からの受信データは記録系に供給される。 Received data from the reception data processing circuit 223 is supplied to the recording system.

【0111】また、アイソクロノスパケット抽出回路21 [0111] In addition, isochronous packet extraction circuit 21
7 はtCodeのデータを抽出してCGMS/SCMS 7 extracts the data of tCode CGMS / SCMS
有効無効検出回路220 に出力するようになっている。 And it outputs the enable disable detection circuit 220. C
GMS/SCMS有効無効検出回路220 は入力されたデータからtcode値を検出してSCMS/CGMS有効無効決定回路221 に出力する。 GMS / SCMS Valid Invalid detection circuit 220 detects and outputs the tcode values ​​from the input data to the SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221. SCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、tcode値及びモード信号が与えられて、SCMS及びCGMSが有効であるか無効であるかを決定して、決定した結果に基づいてスイッチ SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221, given the tcode value and mode signals, to determine whether or invalid SCMS and CGMS are valid, based on the determined result switches
224 を制御するようになっている。 So as to control the 224. スイッチ224 はSC Switch 224 SC
MS/CGMS有効無効決定回路221 に制御されて、C It is controlled by the MS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221, C
GMS検出回路218 又はSCMS検出回路219 の出力のいずれか一方を受信データ制御回路222 に供給するようになっている。 GMS and supplies either the output of the detection circuit 218 or the SCMS detection circuit 219 to the reception data control circuit 222.

【0112】下記表1はSCMS/CGMS有効無効決定回路221 を説明するためのものである。 [0112] Table 1 is for explaining the SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221.

【0113】 表1 送信機 受信機A 受信機B 受信機C (オーテ゛ィオ機器) (ヒ゛テ゛オ機器) (ヒ゛テ゛オ機器) =SCMS優先機器 =CGMS優先機器 =CGMS優先機器 (1) CGMS有効 SCMSに従った CGMSに従った CGMSに従った SCMS有効 記録制御 記録制御 記録制御 (2) CGMS有効 CGMS値を CGMSに従った CGMSに従った SCMS無効 SCMS値として 記録制御 記録制御 記録制御 (3) CGMS無効 SCMSに従った SCMS(ヒ゛ット1)に SCMS(ヒ゛ット1)に SCMS有効 記録制御 よりCGMS値を よりCGMS値を 定義し記録制御 定義し記録制御 SCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、先ず、自機をSCMSによるコピー制御を優先させるかCGMS [0113] Table 1 Transmitter Receiver A receiver B receiver C (Haute Bu I O device) (Video Equipment) (Video Equipment) = SCMS priority apparatus = CGMS priority apparatus = CGMS priority apparatus (1) CGMS CGMS in accordance with the valid SCMS follow the SCMS effective recording control record control record control (2) CGMS recording control record control record controlling effective CGMS value as SCMS disable SCMS value in accordance with the CGMS in accordance with the CGMS (3) CGMS disable SCMS in accordance with CGMS in accordance with the was SCMS (bit 1) to SCMS (bit 1) in the SCMS enable recording control than to define more CGMS values ​​CGMS values ​​recorded control definition recording control SCMS / CGMS valid invalid determining circuit 221, first, by the own apparatus to the SCMS whether the priority is given to the copy control CGMS
によるコピー制御を優先させるかを決定するようになっている。 It is adapted to determine whether to prioritize the copy control by. 例えば、装置201 がDAT等のオーディオ機器に設けられている場合には、SCMS/CGMS有効無効決定回路221 は自機がSCMS優先機器であるものと決定する。 For example, if the device 201 is provided in an audio equipment such as DAT is, SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221 is determined to be the own device is SCMS priority apparatus. また、例えば、装置201 がVCRに設けられている場合には、SCMS/CGMS有効無効決定回路 Further, for example, if the device 201 is provided in a VCR, SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit
221 は自機がCGMS優先機器であるものと決定する。 221 determined to own apparatus is CGMS priority apparatus.

【0114】また、オーディオ機器及びビデオ機器のいずれにも用いらるDVD等に装置201 が設けられている場合には、SCMS/CGMS有効無効決定回路221 [0114] When the device 201 in any case Mochiiraru DVD or the like even in audio equipment and video equipment are provided, SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221
は、モード信号に基づいて自機がSCMS優先機器であるかCGMS優先機器であるかを決定する。 Is the own apparatus based on the mode signal to determine whether the CGMS priority apparatus or an SCMS priority apparatus. モード信号は例えばユーザーが決定した記録モードに基づくものであり、自機をオーディオ機器として用いるかオーディオ機器以外の機器として用いるかを示す。 Mode signal is based on for example, a recording mode the user decides, indicating whether to use the own apparatus as used or audio equipment other than the equipment as an audio device. 従って、自機をオーディオ機器用として用いるかオーディオ機器以外の機器用として用いるかが固定されている場合にはモード信号は不要である。 Therefore, if one is used for the own device to the other or audio equipment used for the audio equipment device is fixed mode signal is not required.

【0115】上記表1の(1)の場合に示すように、S [0115] As shown in the case of Table 1 (1), S
CMS/CGMS有効無効決定回路221 は、送信機からの送信データに含まれるCGMS,SCMSのいずれも有効であることがtcode値によって示された場合には、自機をSCMS優先機器と決定したときにはSCM CMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221, CGMS included in the transmission data from the transmitter, if none of the SCMS be effective indicated by tcode value, the own device when it is determined that SCMS priority devices SCM
Sを用いてコピー制御を行うための決定結果をスイッチ Switch determination result for performing copy control using S
224 に出力し、自機をCGMS優先機器と決定したときにはCGMSを用いてコピー制御を行うための決定結果をスイッチ224 に出力する。 Output to 224, the own device when it is determined that CGMS priority apparatus outputs a determination result for copying control using the CGMS to the switch 224.

【0116】また、(2)の場合に示すように、送信機からの送信データに含まれるCGMS挿入期間のコピー制御情報のみが有効で、SCMS挿入期間のコピー制御情報が無効である場合には、SCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、自機をCGMS優先機器と決定したときでもSCMS優先機器と決定したときでも、いずれのときでもCGMSに基づくコピー制御を行うための決定結果をスイッチ224に出力するようになっている。 [0116] Further, as shown in the case of (2), only CGMS copy control information insertion period included in the transmission data from the transmitter is enabled, if the copy control information of SCMS insertion period is invalid , SCMS / CGMS valid invalid determining circuit 221, even when it is determined that SCMS priority apparatus even when the own apparatus determined to CGMS priority apparatus, the switch 224 a determination result for copying control based on the CGMS at any time It is adapted to output. そして、この場合には、自機がSCMS優先機器と決定されたときには、受信データ制御回路222 は、供給されたCGMSの値をSCMSの値であるものとしてコピー制御を行うようになっている。 Then, in this case, when the own apparatus is determined to SCMS priority device, the reception data control circuit 222 is adapted to perform a copy control value of the supplied CGMS as the value of the SCMS.

【0117】逆に、(3)の場合に示すように、送信機からの送信データに含まれるCGMS挿入期間のコピー制御情報が無効で、SCMS挿入期間のコピー制御情報のみが有効である場合には、SCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、自機をSCMS優先機器又はCGM [0117] Conversely, (3) as shown in the case of the copy control information of the CGMS insertion period included in the transmission data from the transmitter is disabled, and the only the copy control information of SCMS insertion period is valid is, SCMS / CGMS valid invalid determining circuit 221, SCMS priority apparatus or CGM the ship
S優先機器のいずれに決定したときでもSCMSに基づくコピー制御を行うための決定結果をスイッチ224 に出力する。 The decision result for copying control based on the SCMS even when determined in any of the S priority apparatus and outputs to the switch 224. そして、この場合には、受信データ制御回路22 Then, in this case, the reception data control circuit 22
2 は入力されたSCMSによってCGMSを定義してコピー制御を行うようになっている。 2 is adapted to perform the copy control by defining the CGMS by the inputted SCMS. 例えば、受信データ制御回路222 は、SCMSの値が“10”であって、1 For example, reception data control circuit 222, the value of the SCMS is a "10", 1
回のみのコピー許可を示すものである場合には、CGM In the case shows the copy permission of the only times is, CGM
Sの値として“10”又は“11”を定義する。 Define a "10" or "11" as the value of S.

【0118】上記表1は送信データに含まれるCGM [0118] CGM Table 1 contained in the transmitted data
S,SCMSを用いたコピー制御の一例を示すもので、 S, shows an example of a copy control using the SCMS,
他のコピー制御方法を採用してもよい。 Other copy control method may be employed. 例えば、受信機器がパーソナルコンピュータであって受信データをハードディスクにコピーするものとすると、この受信機器は単なるデータストリーマでありコピー世代管理を行うことができない。 For example, assuming that copying the received data to the hard disk receiving device is a personal computer, the receiving device can not perform copy generation management merely data streamer. 即ち、この場合には、上記表1の(3) That is, in this case, the above Table 1 (3)
のようにSCMSによってCGMSを再定義するときには、“10”又は“11”のSCMSについては、CG When redefining CGMS by SCMS as, for SCMS "10" or "11", CG
MSが“11”であるものと見なすようにしてもよい。 MS may also be deemed a "11".

【0119】なお、映像情報については、SCMSが規定されていないことがあるので、この場合には、SCM [0119] It should be noted that, for the video information, because it may SCMS is not defined, in this case, SCM
Sは無効であるものとして伝送を行うようになっている。 S is adapted to perform transmission as invalid.

【0120】次に、このように構成された実施の形態の動作について図18の説明図を参照して説明する。 [0120] Next, with reference to the illustration of FIG. 18 will be described operation of the thus configured embodiment.

【0121】いま、図18に示すように、1台の送信機 [0121] Now, as shown in FIG. 18, a single transmitter
231 及び3台の受信機232 乃至234がIEEE1394 231 and three receivers 232 to 234 IEEE1394
規格に対応した1394ケーブル235 でディジーチェイン状に接続されているものとする。 It assumed to be connected to the daisy-chain form with 1394 cable 235 corresponding to the standard. 例えば、A受信機23 For example, A receiver 23
2 はDATであり、B受信機233 及びC受信機234 はD 2 is DAT, B receiver 233 and C receiver 234 D
VCであるものとする。 It is assumed to be VC. 送信機231 及び受信機232 乃至 The transmitter 231 and receiver 232 to
234 は図13の装置201 を有している。 234 has a device 201 of FIG. 13. なお、送信機23 It should be noted that the transmitter 23
1 は装置201 のうち送信系の回路のみを有していればよく、受信機232 乃至234 は装置201 のうち受信系の回路のみを有していてもよい。 1 needs to have only a circuit of the transmission system of the device 201, the receiver 232 through 234 may have only a circuit of the receiving system of the device 201.

【0122】ここで、送信機231 が送信した送信データを受信機232 乃至234 によって受信してコピーを行うものとする。 [0122] Here, it is assumed that the copy is received by receiver 232 through 234 transmit data to the transmitter 231 has transmitted. 先ず、データの伝送に先立って、機器認証が行われる。 First, prior to transmission of data, device authentication is performed. 即ち、送信機231 は装置201 内の受信機認証回路214 によって受信機232乃至234 が正しい受信機であることを認識する。 That is, the transmitter 231 recognizes that the receiver 232 through 234 by the receiver authentication circuit 214 of the apparatus 201 is the correct receiver. また、受信機232 乃至234 は、装置201 内の送信機認証回路213 によって送信機231 が正しい送信機であることを認識する。 The receiver 232 through 234, recognizes that the transmitter 231 is a correct transmitter by transmitter authentication circuit 213 in the device 201. なお、認証は機器認証キーの交換によって行われる。 The authentication is carried out by the exchange of the device authentication key.

【0123】本実施の形態においては、受信機232 乃至 [0123] In this embodiment, to the receiver 232
234 の各装置201 内の各SCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、認証時に、自機がCGMS優先機器であるかSCMS優先機器であるかを決定する。 Each SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221 in each device 201 234, upon authentication, the own device to determine whether the SCMS priority apparatus or a CGMS priority apparatus.

【0124】送信機231 は、例えばVCRであり、装置 [0124] Transmitter 231 is, for example, VCR, device
201 のCGMS検出回路230 、SCMS検出回路204 、 CGMS detecting circuit 230, SCMS detection circuit 204 of the 201,
APS検出回路205 及びDSB検出回路206 によって、 The APS detection circuit 205 and DSB detection circuit 206,
再生データに含まれるコピー制御情報を検出する。 Detecting the copy control information included in the reproduced data. 送信機231 のアイソクロノスパケット挿入回路210 はコピー制御情報をアイソクロノスパケットのCIPヘッダのリザーブ領域に8アイソクロノスサイクルでサイクリックに挿入する。 Transmitter isochronous packet inserting circuit 210 of the 231 inserts cyclically at 8 isochronous cycle copy control information to the reserved area of ​​the CIP header of the isochronous packet. また、アイソクロノスパケット挿入回路21 Also, isochronous packet inserting circuit 21
0 は、SCMS,CGMSの有効無効を示す値をアイソクロノスパケットのヘッダのtcodeに挿入する。 0, SCMS, inserts a value indicating valid or invalid of the CGMS to tcode of the header of the isochronous packet. なお、CGMS,SCMSによって記録の禁止又は1回のみのコピー許可が示された場合には、エンクリプション回路207 によって送信データに暗号化が施される。 Incidentally, CGMS, when showed copy permission only prohibited or one recorded by the SCMS, encryption is applied to data transmitted by encryption circuit 207.

【0125】いま、送信データのCGMS,SGMSのいずれも有効であるものとする。 [0125] Now, it is assumed CGMS of the transmitted data, none of the SGMS is valid. この場合には、送信機 In this case, the transmitter
231 のCGMS/SCMS有効無効フラグ挿入回路209 231 of CGMS / SCMS Valid Invalid flag insertion circuit 209
は、tcode値としてDhを決定する。 Determines the Dh as tcode value. アイソクロノスパケット挿入回路210 は、CGMS/SCMS有効無効フラグ挿入回路209 の出力によってアイソクロノスパケットのヘッダのtCodeに値を設定する。 Isochronous packet inserting circuit 210 sets the value to tCode of the header of the isochronous packet by the output of the CGMS / SCMS Valid Invalid flag insertion circuit 209.

【0126】送信機231 の1394I/F212 からのアイソクロノスパケットは1394ケーブル235 上に送出される。 [0126] isochronous packet from 1394 I / F 212 of the transmitter 231 is sent onto the 1394 cable 235. A,B,C受信機232 乃至234 は1394ケーブル235 上に流れている送信機231 からのデータを各装置201 の1394I/F212を介して取り込む。 A, B, fetches data from the transmitter 231 C receiver 232 through 234 flowing on the 1394 cable 235 via the 1394 I / F 212 of each device 201. 受信機2 Receiver 2
32 乃至234 の1394受信処理回路215 はアイソクロノスパケットを受信してデクリプション回路216 に出力する。 1394 receiver circuits 215 of 32 to 234 and outputs the decryptions circuit 216 receives the isochronous packet. 送信機231 からの送信データに暗号化が施されている場合には、デクリプション回路216 によって復号処理が行われて元のデータが受信データ処理回路223 に供給される。 If the encryption is performed on the transmission data from the transmitter 231, the decoding process is that performed the original data is supplied to the reception data processing circuit 223 by decryptions circuit 216.

【0127】受信機232 乃至234 の各CGMS検出回路 [0127] Each CGMS detecting circuit of a receiver 232 through 234
218 は、アイソクロノスパケット抽出回路217 によって抽出されたアイソクロノスパケットのCIPヘッダのリザーブ領域から、CGMS挿入期間のデータを検出する。 218, from the reserved area of ​​the CIP header of the extracted isochronous packet by the isochronous packet extracting circuit 217 detects the data of the CGMS insertion period. 例えば、CGMS検出回路218 は、アイソクロノスパケットのCIPヘッダのリザーブ領域の値が“01” For example, CGMS detecting circuit 218, the value of the reserved area of ​​the CIP header of the isochronous packet is "01"
であるサイクルが3回繰り返し、次に“01”以外の値となったサイクルの値をCGMSとして検出する。 Repeat cycle three times is, then "01" values ​​other than the turned cycle value is detected as a CGMS. 同様にして、SCMS検出回路219 は、アイソクロノスパケットのCIPヘッダのリザーブ領域から、SCMS挿入期間のデータを検出する。 Similarly, SCMS detection circuit 219, the reserved area of ​​the CIP header of the isochronous packet, detects the data of the SCMS insertion period.

【0128】CGMS検出回路218 及びSCMS検出回路219 が夫々検出したCGMS,SCMSはスイッチ22 [0128] CGMS detection circuit 218 and CGMS that SCMS detecting circuit 219 is respectively detected, SCMS the switch 22
4 を介して受信データ制御回路222 に供給される。 4 is supplied to the reception data control circuit 222 via the. また、CGMS/SCMS有効無効検出回路220 はtCo Further, CGMS / SCMS Valid Invalid detection circuit 220 tCo
deの値を検出してtcode値をSCMS/CGMS The tcode value by detecting the value of de SCMS / CGMS
有効無効決定回路221 に出力する。 And it outputs the enable disable determining circuit 221.

【0129】DVCであるB,C受信機233 ,234 は、 [0129] a DVC B, C receiver 233, 234,
SCMS/CGMS有効無効決定回路221 によって、C The SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221, C
GMS優先機器に決定されているものとする。 It is assumed to be determined in GMS priority apparatus. tcod tcod
e値はDhであって、CGMS,SCMSのいずれも有効であることが示されているので、上記表1の(1)に示すように、受信機233 ,234 のSCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、CGMSを選択するようにスイッチ224 を制御する。 e value is a Dh, CGMS, since it has been shown that it is also one of the SCMS effectively, as shown in (1) in Table 1, the receiver 233, 234 SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221 controls the switch 224 to select the CGMS. これにより、CGMS検出回路21 Thus, CGMS detection circuit 21
8 からのCGMSが受信データ制御回路222 に供給され、受信データ制御回路222 は、入力されたCGMSに基づいて図示しない記録系の記録を制御する。 CGMS from 8 is supplied to the reception data control circuit 222, the reception data control circuit 222 controls the recording of the recording system (not shown) based on the input CGMS. 即ち、C In other words, C
GMSが“11”である場合には記録を禁止し、“1 Prohibited recorded if GMS is "11", "1
0”である場合にはCGMSを“11”に変更して記録を行い、“00”である場合には自由に記録を行う。 0 "when it is in the CGMS" "performs a record is changed to," 11 carried out freely record in the case is 00 ".

【0130】一方、DATであるA受信機232 は、SC [0130] On the other hand, A receiver 232 is the DAT, SC
MS/CGMS有効無効決定回路221 によって、SCM By MS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221, SCM
S優先機器に決定されているものとする。 It is assumed to be determined in the S priority apparatus. tcode値はDhであって、CGMS,SCMSのいずれも有効であることが示されているので、上記表1の(1)に示すように、受信機232 のSCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、SCMSを選択するようにスイッチ224 を制御する。 tcode value is a Dh, CGMS, since it has been shown that it is also one of the SCMS effectively, as shown in (1) of Table 1, SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221 of the receiver 232 , it controls the switch 224 to select the SCMS. これにより、SCMS検出回路219 からのS Thus, S from SCMS detection circuit 219
CMSが受信データ制御回路222 に供給され、受信データ制御回路222 は、入力されたSCMSに基づいて図示しない記録系の記録を制御する。 CMS is supplied to the reception data control circuit 222, the reception data control circuit 222 controls the recording of the recording system (not shown) based on the input SCMS. 即ち、SCMSが“1 In other words, SCMS is "1
0”である場合にはSCMSを“11”に変更して記録を行い、“00”である場合には自由に記録を行う。 0 "when it is in the SCMS" "performs a record is changed to," 11 carried out freely record in the case is 00 ".

【0131】次に、送信機231 のCGMS/SCMS有効無効フラグ挿入回路209 がCGMSのみ有効で、SC [0131] Next, effective CGMS / SCMS Valid Invalid flag insertion circuit 209 of the transmitter 231 is only CGMS, SC
MSが無効であることを示すtcodeを発生するものとする。 MS is assumed to generate a tcode indicating an invalid. この場合には、受信機232 乃至234 のSCMS In this case, SCMS receiver 232 through 234
/CGMS有効無効決定回路221 は、スイッチ224 にC / CGMS Valid Invalid determining circuit 221, C to the switch 224
GMS検出回路218 の出力を選択させる。 To select the output of the GMS detection circuit 218. これにより、 As a result,
CGMSが受信データ制御回路222 に供給される。 CGMS is supplied to the reception data control circuit 222.

【0132】VCRである受信機233 ,234 の受信データ制御回路222 は、CGMSに基づいて記録系のコピー制御を行う。 [0132] reception data control circuit 222 of the receiver 233, 234 is a VCR, the copying control of the recording system on the basis of the CGMS. 一方、DATである受信機232 の受信データ制御回路222 は、CGMSの値をSCMSの値として用いる。 On the other hand, the reception data control circuit 222 of the receiver 232 is a DAT, a value of CGMS as the value of the SCMS. 即ち、受信機232 の受信データ制御回路222 That is, the reception data control circuit 222 of the receiver 232
は、入力されたCGMSが“11”の場合には受信データの記録を禁止し、“10”の場合には、SCMSを“11”に変更して1回のみ記録を行い、“00”の場合には自由に記録を行う。 Prohibits the recording of the received data when the entered CGMS is "11", if "10" is performed only recorded once changed to "11" to SCMS, of "00" perform freely recorded in the case.

【0133】次に、送信機からの送信データがSCMS [0133] Next, the transmission data from the transmitter is SCMS
のみ有効で、CGMSが無効であるものとする。 Only valid, it is assumed CGMS is invalid. この場合には、受信機232 乃至234 のSCMS/CGMS有効無効決定回路221 は、スイッチ224 にSCMS検出回路 In this case, SCMS / CGMS Valid Invalid determining circuit 221 of the receiver 232 through 234, SCMS detection circuit to the switch 224
218 の出力を選択させる。 To select the output of the 218. これにより、SCMSが受信データ制御回路222 に供給される。 Thus, SCMS is supplied to the reception data control circuit 222.

【0134】DATである受信機232 の受信データ制御回路222 は、SCMSに基づいて記録系のコピー制御を行う。 [0134] reception data control circuit 222 of the receiver 232 is a DAT performs copying control of the recording system, based on the SCMS. 一方、DVCである受信機233 ,234 の受信データ制御回路222 は、入力されたSCMSの値に基づいて新たにCGMSの値を定義する。 On the other hand, the reception data control circuit of the receiver 233, 234 is a DVC 222 is newly defined values ​​of the CGMS based on the value of SCMS entered. 例えば、受信機233 , For example, the receiver 233,
234 の受信データ制御回路222 は、入力されたSCMS Reception data control circuit 222 of the 234, is input SCMS
が“11”の場合及び“10”には、CGMSとして“11”を設定して記録系によるコピーを禁止し、“0 There The "11" If and "10", and prohibits copying by the recording system by setting "11" as the CGMS, "0
0”の場合にはCGMSを“00”に設定して記録系による自由なコピーを許可する。 0 "in the case of the CGMS" to allow a free copy of the recording system is set to 00 ".

【0135】なお、APSが“00”以外の場合は記録を禁止し、DSBが1の場合にも記録を禁止することがある。 [0135] It should be noted that, in the case APS is other than "00" to prohibit the record, there is that DSB is to prohibit also recorded in the case of 1.

【0136】このように、本実施の形態においては、図1の実施の形態と同様の効果が得られると共に、CGM [0136] Thus, in the present embodiment, the same effect as that of the embodiment of Figure 1 is obtained, CGM
SだけでなくSCMSを用いたコピー制御も可能である。 Copy control using the SCMS well S are possible.

【0137】なお、本実施の形態においては、受信機が用いようとするコピー世代管理情報が無効である場合には、伝送された有効なコピー世代管理情報に基づいて受信側で対応するコピー世代管理情報を作成する例を説明したが、送信側で検出したコピー世代管理情報が無効である場合には、送信側で対応する有効なコピー世代管理情報を作成して伝送するようにしてもよい。 [0137] In this embodiment, when the copy generation management information is to be used the receiver is invalid, copy generation a corresponding at the receiving side based on the valid copy generation management information transmitted having described the example of creating a management information, when the copy generation management information detected by the transmitting side is invalid, it may be transmitted to create a valid copy generation management information corresponding on the transmission side .

【0138】図19は本発明の他の実施の形態を示すブロック図である。 [0138] Figure 19 is a block diagram showing another embodiment of the present invention. 図19において図1と同一の構成要素には同一符号を付して説明を省略する。 The same elements as those of FIG. 1 in FIG. 19 and its description is omitted with the same reference numerals.

【0139】IEEE1394においては、図19に示すように、ディージーチェイン接続及びツリー接続のトポロジを採用することができる。 [0139] In IEEE1394, as shown in FIG. 19, it is possible to employ a topology of daisy chain connection and tree connection. 図19では、機器47はバス24を介して図示しない他の機器にディージーチェイン状に接続されており、更に、機器47には機器(以下、 In Figure 19, device 47 is connected to the daisy chain form to other devices (not shown) via the bus 24, further, the equipment 47 equipment (hereinafter,
子機ともいう)48及び機器(以下、孫機ともいう)49がツリー状に接続されている。 Also referred to as slave device) 48 and equipment (hereinafter, also referred to as grandchild) 49 are connected in a tree shape. 1台の送信機器に対して、 Against one of the transmission equipment,
受信機器として子機だけでなく孫機を含めた複数台の機器を指定して、同期データの送信が可能である。 Specifying a plurality of devices of including grandchild well handset as a receiving device, it is possible to transmit synchronous data. 機器47 Equipment 47
を送信側機器とし、機器48,49を夫々子機及び孫機であるものとして説明する。 It was the transmission side apparatus, illustrating the apparatus 48 and 49 as being respectively handset and grandchild.

【0140】本実施の形態においては、送信側機器47は1394I/F27に代えて1394I/F51を採用し、 [0140] In this embodiment, transmitting device 47 adopts the 1394 I / F51 in place of the 1394 I / F 27,
受信側機器48,49は1394I/F41に代えて1394 Reception side apparatus 48 and 49 in place of the 1394 I / F 41 1394
I/F52を採用した点が図1の実施の形態と異なる。 Point employing the I / F52 is different from the embodiment of FIG. なお、受信側機器48,49は同一構成であるものとする。 The receiving side device 48, 49 is assumed to be the same configuration.

【0141】IEEE1394においては、データの転送に先立ってバスアービトレーションが行われる。 [0141] In IEEE1394, the bus arbitration is performed prior to transferring the data. データの転送を行う機器はバス使用権の要求コマンドを発生する。 Equipment for transferring data to generate a request command of the bus use right. これに対して、親機がバス使用権を許諾することにより、データの送信が可能となる。 In contrast, by the master unit to grant bus access, data transmission is made possible. IEEE1394 IEEE1394
はバスリセットによってバス構造が自動的に構築され、 Is built bus structure by the bus reset is automatically,
各ノードにノードIDが割り当てられる。 Node ID is assigned to each node. バス構造の自動構築において、各機器の装置名を各機器が認識することができる。 The automatic construction of bus structures, the device name of each device can be the devices to recognize. これにより、接続されている機器のうち記録が可能な機器を送信側機器が認識することができる。 This allows the sending device to device capable of recording among the devices connected to recognize.
例えば、送信側機器は、接続されている機器のうち例えばDVC,DVD,HDD(ハードディスク装置)等を記録可能機器として認識する。 For example, transmitting device, among for example DVC the devices connected, DVD, HDD recognized as a recordable equipment (hard disk drive) or the like.

【0142】送信側機器の1394I/F51は、139 [0142] 1394I / F51 of the transmitting side device, 139
4I/F27と同様に、入力されたデータを1394パケットに変換すると共に、1394パケット内のCIPヘッダにコピーフラグ検出回路28の検出結果に基づくコピー世代管理情報を挿入する。 Similar to 4I / F 27, converts the input data into 1394 packets, inserts the copy generation management information based on the detection result of the copy flag detecting circuit 28 to the CIP header in the 1394 packet.

【0143】本実施の形態においては、1394I/F [0143] In this embodiment, 1394 I / F
51は、コピーフラグ検出回路28によって1回のみのコピー許可を示すコピー世代管理情報(“10”)が検出された場合には、記録可能機器が複数台あるか否かを判断する。 51, when the copy generation management information indicating copy permission of only once by the copy flag detecting circuit 28 ( "10") is detected, determines whether or not a recordable device is plural. 1394I/F51は、記録可能機器が複数台あることを検出すると、非同期コマンドによって、所定の機器のみに対してコピーを1回のみ許可するコピー世代情報を送信し、他の機器にはコピーを禁止するコピー世代情報を送信するようになっている。 1394 I / F51 detects that the recordable device is plural, prohibited by asynchronous commands, and sends a copy generation information to permit only once copy only for a given device, the copied to another device It is adapted to send a copy generation information. 例えば、1394I For example, 1394I
/F51は、孫接続されている記録可能機器49に対しては、コピー禁止を指示するコピー世代情報を送信するようになっている。 / F51 is, for the recording apparatus capable 49 being grandchild connection, and transmits the copy generation information indicating the copy prohibition.

【0144】受信側機器48,49の1394I/F52は、 [0144] 1394I / F52 of the receiving side apparatus 48 and 49,
1394I/F41と同様に、コピーフラグ検出器42を有しており、入力された1394パケットをデパケット化すると共に、CIPヘッダに挿入されているコピー世代管理情報を検出する。 Similar to the 1394 I / F 41, has a copy flag detector 42, as well as depacketizing 1394 packet input, detects the copy generation management information inserted in the CIP header. 更に、本実施の形態においては、 Further, in this embodiment,
1394I/F52は、非同期コマンドで伝送されているコピー世代情報を検出する。 1394 I / F52 detects the copy generation information are transmitted asynchronously command. 1394I/F52は、非同期コマンドでコピー世代情報が検出された場合には、C 1394 I / F52, when the copy generation information is detected by the asynchronous command, the C
IPヘッダに挿入されているコピー世代管理情報に優先させて、コピー世代情報の検出結果をコピー世代管理回路44及び記録制御回路19に出力するようになっている。 Giving priority to the copy generation management information inserted in the IP header, and outputs a detection result of the copy generation information to the copy generation management circuit 44 and the recording control circuit 19.
こうして、受信側機器48,49においては、コピー世代情報に基づいて記録が行われるようになっている。 Thus, at the receiving side apparatus 48 and 49, so that the recording is performed based on the copy generation information.

【0145】このように構成された実施の形態においては、バスリセットによって、各機器の装置名が各機器において認識される。 [0145] In the form of the thus configured embodiment, the bus reset, the device name of each device is recognized in each device. 送信側機器において、再生データに含まれるコピー世代管理情報がコピー禁止を示す“1 In transmitting device indicates copy prohibition copy generation management information included in the reproduced data is "1
1”又はコピーフリーを示す“00”である場合には、 If it is 1 "or show a copy free" 00 ",
図1の実施の形態と同様の動作が行われる。 Same operation as the embodiment of FIG. 1 is performed. 即ち、この場合には、送信側機器のコピーフラグ検出回路28によって検出されたコピー世代管理情報は1394I/F51によってCIPヘッダ内に挿入される。 That is, in this case, the copy generation management information detected by the transmitting device of the copy flag detecting circuit 28 is inserted into the CIP header by 1394 I / F51.

【0146】1394パケットはバス24を介して伝送され、受信側機器48,49の1394I/F52によって取り込まれる。 [0146] 1394 packet is transmitted via the bus 24, it is taken up by the 1394 I / F52 of the receiving devices 48, 49. 1394I/F52は1394パケットをデパケット化すると共に、コピーフラグ検出器42によってC 1394 I / F52, together with depacketizes 1394 packet, C by the copy flag detector 42
IPヘッダ内のコピー世代管理情報を検出する。 Detecting the copy generation management information in the IP header. このコピー世代管理情報に基づいてコピー世代管理回路44及び記録制御回路19の制御が行われて、コピー世代管理情報に従った記録が行われる。 This in accordance with the copy generation management information is performed the control of the copy generation management circuit 44 and the recording control circuit 19, recording in accordance with the copy generation management information.

【0147】一方、再生データに含まれるコピー世代管理情報が1回のみのコピーを許可する“10”であった場合には、1394I/F51はCIPヘッダ内に“1 [0147] On the other hand, when the copy generation management information included in the reproduced data is the permitting copying only once "10", 1394 I / F51 is in the CIP Header "1
0”のコピー世代管理情報を挿入すると共に、宛先を子機48とする非同期コマンドによって1回のみのコピーを許可するコピー世代情報を伝送し、宛先を孫機49とする非同期コマンドによってコピー禁止を示すコピー世代情報を伝送する。 0 is inserted a copy generation management information ", and transmits the copy generation information to permit copies of only once by asynchronous commands to the slave unit 48 to the destination, the copy prohibited by asynchronous commands to the destination and grandchild 49 to transmit the copy generation information shown.

【0148】子機48の1394I/F52は、非同期コマンドから1回のみのコピーを許可するコピー世代情報を検出すると、この検出結果をコピー世代管理回路44及び記録制御回路19に出力する。 [0148] 1394 I / F52 handset 48 detects the copy generation information to permit copies of only one from the asynchronous command, and outputs the detection result to the copy generation management circuit 44 and the recording control circuit 19. これにより、子機48において機器47からのデータを記録することができる。 This makes it possible to record the data from the device 47 in the handset 48. なお、 It should be noted that,
コピー世代管理回路44がコピー世代管理情報を“11” Copy generation management circuit 44 is a copy generation management information "11"
に変更することは図1の実施形態と同様である。 It is similar to the embodiment of FIG. 1 to change.

【0149】一方、孫機49の1394I/F52は、非同期コマンドからコピー禁止を示すコピー世代情報を検出する。 [0149] On the other hand, 1394 I / F52 of grandchild 49 detects the copy generation information indicating copy prohibition from the asynchronous command. このコピー世代情報の検出結果は記録制御回路19 Detection result of the copy generation information recording control circuit 19
に供給され、孫機49においては記録は行われない。 Is supplied to the recording is not performed in the grandchild 49.

【0150】このように、本実施の形態においては、図1の実施の形態と同様の効果が得られると共に、記録可能な機器が複数台存在する場合でも、所定の機器のみに記録を可能にさせて、著作権者の保護を厚くすることも可能であり、特に孫記録の防止に有効である。 [0150] Thus, in the present embodiment, the same effect as the embodiment of FIG. 1 can be obtained, even if a recordable device exists multiple, to enable recording only predetermined device by, it is also possible to increase the protection of the copyright owner, it is particularly effective in preventing grandchild recorded.

【0151】図20乃至図23及び図24乃至図26は本発明の他の実施の形態に係り、図20は他の実施の形態を示すブロック図であり、図21はその概観を示す概観図である。 [0151] FIGS. 20 to 23 and 24 to 26 relate to another embodiment of the present invention, FIG. 20 is a block diagram showing another embodiment, FIG. 21 is schematic view showing the overview it is. また、図22は図20の実施の形態におけるコピー制御方法の手順を示すフローチャートであり、 Further, FIG. 22 is a flowchart showing the procedure of a copy control method in the embodiment of FIG. 20,
図23はIEEE1394ケーブル上を流れるアイソクロノスパケットと非同期パケットの送受信処理の一例を時系列に示す説明図である。 Figure 23 is an explanatory view showing in time series an example of a process of transmitting and receiving isochronous packets and asynchronous packets flowing on IEEE1394 cable. 図24乃至図26はアイソクロノスパケットと非同期コマンドを示す説明図である。 24 to 26 are explanatory views showing the isochronous packet and asynchronous command.

【0152】本実施の形態は非同期データを利用することにより、ネットワーク接続された複数の機器を1台の機器でコピー世代管理するものである。 [0152] This embodiment by using the asynchronous data is for copy generation management of a plurality of devices which are networked with one device. 本実施の形態は、コピー世代管理情報については、各機器のうち親機のみが各機器のディジタルフォーマットに対応していればよく、他の機器はIEEE1394規格のインターフェースのみを有していればよい。 This embodiment, a copy generation management information, it is sufficient to correspond to the digital format only the master unit of each device of the devices, other devices may have a only IEEE1394 standard interface .

【0153】図20において、セットトップボックス(以下、STBという)101 はバス100 を介して機器11 [0153] In FIG. 20, the set-top box (hereinafter, STB hereinafter) 101 device 11 via the bus 100
0 乃至113 に接続されている。 It is connected to a 0 to 113. STB101 には、例えば、4つのチャンネルcha,chb,chc,chd The STB 101, for example, four channels cha, chb, chc, chd
が多重されて成るディジタルのマルチCH放送信号が入力される。 There Multi CH broadcast signal of the digital composed multiplexed is input. このマルチCH放送信号は、例えば、QPS The multi CH broadcast signal, for example, QPS
K変調され、パケット化されて伝送される。 K modulated, it is transmitted by being packetized. STB101 STB101
は、入力されたマルチCH放送信号によって伝送された番組を表示装置109 に映出させることができると共に、 Is, it is possible to out movies on the display device 109 a program transmitted by a multi-CH broadcast signal input,
マルチCH放送信号を機器110 乃至113 に対応したディジタルフォーマットに変換してバス100 に転送することができるようになっている。 It converts a multi-CH broadcast signal into a digital format corresponding to the device 110 or 113 so that it can be transferred to the bus 100.

【0154】即ち、マルチCH放送信号は、STB101 [0154] In other words, a multi-CH broadcast signal, STB101
の復調回路102 に供給される。 It is the supplied to the demodulation circuit 102. 復調回路102 はマルチC Demodulation circuit 102 Multi C
H放送信号に対応した復調処理、例えばQPSK復調を行ってエラー訂正回路(以下、ECCという)103 に出力する。 Demodulation processing corresponding to the H broadcasting signal, for example, performs QPSK demodulation error correction circuit (hereinafter, ECC referred) to the 103. ECC103 は、伝送時の符号誤り訂正処理等を行って、マルチCH放送信号をデコーダ104 及びデータフォーマット変換回路105 に出力する。 ECC103 performs code error correction processing or the like at the time of transmission, and outputs a multi-CH broadcast signal to the decoder 104 and a data format conversion circuit 105. デコーダ104 はマルチCH放送信号をデコードして、デコード信号を表示装置109 に出力する。 The decoder 104 decodes the multi-CH broadcast signal, and outputs the decoded signal to the display device 109. 表示装置109 はデコーダ104 からのデコード信号に基づく表示を行う。 Display device 109 performs a display based on the decode signal from the decoder 104.

【0155】データフォーマット変換手段5はECC10 [0155] The data format conversion means 5 ECC10
3 の出力を所定のディジタルデータフォーマットに変換してコピーフラグ検出回路106 及び1394制御回路10 Copy 3 of the output is converted into a predetermined digital data format flag detection circuit 106 and 1394 control circuit 10
8 に出力する。 And outputs it to the 8. コピーフラグ検出回路106 は、ECC3 Copy flag detecting circuit 106, ECC3
より供給されたディジタルマルチCH放送信号から各チャンネル毎にコピーフラグ(例えばCGMS−D:COPY Copy flag from a more supplied digital multi CH broadcast signal for each channel (e.g., CGMS-D: COPY
GENERATION MANAGEMENT SYSTEM -DIGITAL)を抜き出して1394制御回路108 に出力する。 GENERATION MANAGEMENT SYSTEM -DIGITAL) outputs to the 1394 control circuit 108 by extracting. 1394制御回路 1394 control circuit
108 は、データフォーマット変換回路105 の出力を例えばIEEE1394規格のアイソクロノス転送を行うためのデータフォーマットに変換してデコーダ104 に出力すると共に、バス100 にも送出するようになっている。 108, as well as converts the output of the data format converting circuit 105, for example, in data format for performing isochronous transfer of the IEEE1394 standard to the decoder 104, so as to be transmitted to the bus 100.

【0156】バス100 は例えばIEEE1394ケーブルであり、1394制御回路108 と同様の構成の139 [0156] The bus 100 is a IEEE1394 cable for example, the same configuration as the 1394 controller 108 139
4制御回路108 a乃至108 dを有する機器110 乃至113 Device 110 or 113 has a fourth control circuit 108 a to 108 d
に接続されている。 It is connected to the. 機器110 乃至113 は例えば夫々テレビジョン受像機(TV)、DVC、DVD_RAM及びHDDである。 Device 110 or 113 for example each television set (TV), DVC, a DVD_RAM ​​and HDD.

【0157】次に、このように構成された実施の形態の動作について図20乃至図23及び図24乃至図26を参照して説明する。 [0157] will be described with reference to FIGS. 20 to 23 and 24 to 26, the operation of the thus constructed embodiment.

【0158】図20のSTB1は、ディジタルマルチC [0158] STB1 in FIG. 20, a digital multi-C
H放送信号を受け、データフォーマットをIEEE13 It received the H broadcast signal, the data format IEEE13
94形式に変換し、IEEE1394ケーブル等のバス It converted to 94 format, bus such as IEEE1394 cable
100を介して、機器110 乃至113 に伝送する。 Through 100, and transmits to the device 110 or 113. そして、 And,
各機器110 乃至113 は、バス100 を介してSTB101 より供給されるチャンネルのうち、自分が受信したいチャンネルのみを受信する。 Each device 110 to 113, among the channels supplied from the STB101 via the bus 100, receives only channel to be received yourself. 本実施の形態では、各機器110 In this embodiment, each device 110
乃至113 のうち、伝送データの記録が可能な機器がそれぞれ所望のチャンネルを記録しようとした際に、IEE Or of 113, when the device capable of recording transmission data attempts to record the desired channel, respectively, IEE
E1394が有するコマンドセット等の機能を用いてコピー制御を行うことを特徴とする。 E1394 and performs copy control using the functions such as command set included in the.

【0159】以下、本実施の形態の適用処理について、 [0159] Hereinafter, the application processing of the present embodiment,
図22を参照して説明を行う。 The description with reference to FIG. 22. 尚、STB101 が送信側機器であり、機器110 乃至113 が受信側機器であるものとして説明を行う。 Incidentally, STB 101 is transmitting device will be described assuming device 110 to 113 is the recipient device. また、IEEE1394では、送信機器が親機になるのが一般的であるので、STB101 が親機であるとして説明を行う。 Further, the IEEE1394, since the transmission device is a general practice to become a parent machine, an explanation as STB101 is the parent machine.

【0160】STB101 は、同期転送であるアイソクロノス転送機能を用いて、マルチCH放送信号の受信中には常時IEEE1394のバス100 を介してマルチCH [0160] STB101, using the isochronous transfer function is a synchronous transfer, multi-via bus 100 always is in receiving IEEE1394 multi CH broadcast signal CH
放送信号を伝送し、非同期転送であるasynchronous転送機能による各機器との非同期通信によって、コピー制御を行う。 Transmitting a broadcasting signal, the asynchronous communication between the devices according to the asynchronous transfer function is asynchronous transfer, copying control.

【0161】IEEE1394においては、電源が投入されたタイミング、または、装置を接続したり切り離したタイミングにトポロジの自動設定が行われる。 [0161] In IEEE1394, the timing is powered, or topology autoconfiguration is performed with the timing when disconnected or connected devices. これは、1394制御回路108 ,108 a乃至108 dのフィジカルレイヤーにおける、図示しないコントローラ回路により行われる。 This is the physical layer of the 1394 control circuit 108, 108 a to 108 d, is carried out by a not-shown controller circuit. トポロジの自動設定は3段階に分けて行われる。 Topology automatic setting of is carried out in three stages. 即ち、先ずバスにリセットをかけ、次に接続構造を調べ、最後に各ノードは自分のノードの番号を他のノードに通知する。 That is, first applying a reset bus, then examine the connection structure, the end each node notifies the number of the own node to other nodes.

【0162】トポロジの自動設定が終了すると、IEE [0162] When a topology automatic setting is finished, IEE
E1394はSCSI等と同様に、バスアービトレーションを行う。 E1394, like SCSI or the like, and bus arbitration. このバスアービトレーションは各機器がデータ転送を行うのに先立って必ず行われる。 The bus arbitration each device is performed without fail prior to transfer data. そして、トポロジの自動設定により決定された親機STB101 は、 Then, the master unit STB101, which is determined by the automatic setting of the topology,
IEEE1394のバス100 上に接続された各機器(子機)に対して機器名を識別するための問い合わせを行う。 It makes an inquiry to identify the device name for each device connected on the IEEE1394 bus 100 (slave device). そして、STB101は、接続された機器110 乃至113 Then, STB 101 is connected devices 110 to 113
が例えばTV,DVC,DVD_RAM,並びにHD But for example TV, DVC, DVD_RAM, as well as HD
Dであることを各機器110 乃至113 よりの応答(図23 Responses from the devices 110 to 113 that the D (FIG. 23
(a))によって認識する(ステップS1)。 Recognized by (a)) (step S1).

【0163】これにより、親機(STB101 )は、例えば自己のメモリ空間内に、前記各機器名と、その機器が記録可能機器であるか否かの対応テーブルを用意しておくことによって、TVである機器110 は記録不能機器であり、DVC,DVD_RAM,並びにHDDである機器111 乃至113 は記録可能機器であることを判別する(ステップS2)。 [0163] Thus, the master unit (STB 101), for example in its own memory space, wherein each device name, by its equipment are prepared a correspondence table of whether recordable devices, TV equipment 110 is is a non-recordable device, DVC, DVD_RAM, as well as devices 111 or 113 is a HDD is determined that it is recordable device (step S2). そして、このバスアービトレーションが終了すると、STB101 は、IEEE1394パケット(図23(f))に変換されたディジタルマルチC When the bus arbitration is completed, STB 101 is a digital multi-C which is converted to the IEEE1394 packet (FIG. 23 (f))
H放送信号を、IEEE1394のバス100 を介してI The H broadcast signal, via the bus 100 of the IEEE1394 I
EEE1394のアイソクロノス転送機能を用いて各機器111 乃至113 に転送する(ステップS3)。 Transferred to each device 111 through 113 using a isochronous transfer function EEE1394 (step S3).

【0164】次に、ユーザーが、各機器(子機)により、ディジタルマルチCH放送の表示または記録を行おうとしたとして、例えば、ユーザーがTVである機器11 [0164] Next, the user, by each device (slave device), as were attempts to view or record the digital multi CH broadcasting, for example, the user is a TV appliance 11
0 の2画面でチャンネルAとチャンネルBの2番組を視聴しようとして2チャンネル分のチャンネルの設定を行い、DVCである機器111 にチャンネルAとチャンネルBの2番組を録画しようとして機器111 の録画スイッチを設定し、DVD_RAMである機器112 にチャンネルCの番組を記録しようとして機器112 の記録スイッチを設定し、HDDである機器113 には4チャンネル全てのデータを記録しようとして機器113 の設定がなされたとすると、各機器110 乃至113 それぞれは、STB101 に対し、受信チャンネル要求(図23(b))を、IEE Trying view two programs of channels A and B with two screens of 0 performs channel setting for two channels, recording switch of the apparatus 111 in an attempt to record two programs of channels A and B to the device 111 is a DVC set, to set the recording switch of the apparatus 112 in an attempt to record the program of the channel C to the device 112 is DVD_RAM, the device 113 is a HDD setting device 113 is made in an attempt to record a 4-channel all data and Then, each respective devices 110 to 113, to STB 101, receive channel request (Figure 23 (b)), IEE
E1394のアシンクロナス転送機能による非同期コマンドとして転送する(ステップS4)。 Transferred as an asynchronous command by the asynchronous transfer function of E1394 (step S4). 尚、各機器でのディジタルマルチCH放送の受信,録画,並びに記録等の操作方法は種々有り、本実施の形態ではこだわらない。 The reception of digital multi-CH broadcasting in each device, recording, and operating method of the recording and the like are not particular about the various there, this embodiment. また、図23において、各機器110 乃至113 それぞれからSTB101 に対して送信される非同期コマンドが1パケットとして表現(略記)されているが、実際には要求を行った各機器の数分のパケットが送信されている。 Further, in FIG. 23, the asynchronous command has been expressed (abbreviated) as one packet, actually a few minutes of a packet of each device that made the request is to be transmitted to STB101 from each device 110 through 113, respectively It is being sent. さらに、受信側機器からSTBへの非同期コマンドは図24に示すようなパケットとして構成される。 Further, the asynchronous command from the receiving device to the STB is configured as a packet as shown in FIG. 24.

【0165】一方、STB101 から送信されるアイソクロノスデータは、本実施の形態では、常に4チャンネル分のディジタルマルチCH放送が各受信側機器に対しI [0165] On the other hand, isochronous data to be transmitted from the STB101, in this embodiment, to always four channels digital multi CH broadcasting each receiving device I
EEE1394のバス100 を介して伝送されているわけであるが、各受信側機器の受信可能なチャンネルは、アイソクロノスデータを送信する送信側機器が、各受信側機器毎に送信する非同期コマンドにより指定する受信可能チャンネルによって決定される。 EEE1394 is not being transmitted over the bus 100, but receivable channels for each receiving device, the transmitting device that transmits isochronous data, designated by asynchronous commands to be sent to each recipient device It is determined by the receivable channels. 即ち、STB101 In other words, STB101
は、ステップS4で各受信側機器よりの受信チャンネルの要求を受信すると、受信チャンネル要求の送信元である各受信側機器に対して、各々にA,B,C,Dの4チャンネルのうちの受信可能チャンネルの指定を行う(ステップS5)。 Upon receiving the request for reception channel from the reception side apparatus in step S4, with respect to each receiving device which is the transmission source of the received channel request, each A, B, C, of ​​the four channels of the D for specifying the receivable channels (step S5). 尚、STB101 から各受信側機器毎に送信する非同期コマンドは、図25に示すようなパケットとして構成される。 Incidentally, the asynchronous command transmitted from STB101 for each reception side apparatus is configured as a packet as shown in FIG. 25. また、前記4チャンネル分のディジタルマルチCH放送であるアイソクロノスパケットは、 Also, isochronous packets are digital multi CH broadcasting of the four channels are,
図26に示す様なパケットとして構成される。 Configured as a packet such as shown in FIG. 26.

【0166】ここで、ステップS4は省略することも可能である。 [0166] Here, step S4 may be omitted. 即ち、例えば、STB101 は既にオン状態にあり、その後IEEE1394がオンとなった場合等のように、送信側機器が前記各受信側機器に送信する1または複数のチャンネル番号に相当するアイソクロノスパケットにコピー禁止信号が挿入されていることを予め検知済みの場合には、前記受信側機器は受信チャンネル要求を送信側機器に送信せず、送信側機器がネットワークトポロジの自動設定後、コピー禁止信号の挿入されたチャンネル番号の削除された受信可能チャンネル番号の指定(ステップS5)を、各受信側機器に対して一方的に送信する用にしても良い。 Thus, for example, STB 101 is already turned on, as in the case such that subsequent IEEE1394 is turned on, the isochronous packet transmitting device corresponds to one or more channel numbers to be transmitted to the each reception side device If detected in advance already that the copy inhibit signal is inserted, the receiving-side apparatus does not send reception channel request to the transmitting device, the transmitting device after the automatic setting of the network topology, the copy inhibit signal the designation of the deleted receivable channel number of the inserted channel number (step S5), and may be use to unilaterally transmitted to each receiving apparatus.

【0167】さて、今、伝送されている4チャンネル分のディジタルマルチCH放送の全チャンネルがコピーフリーであったとすると、STB101 は、次のような非同期コマンドを各受信側機器に対して送信する。 [0167] Now, now, when all channels of the digital multi-CH broadcasting four channels being transmitted is assumed to be copy free, STB 101 sends an asynchronous command as follows with respect to each receiving device. 即ち、図23(c)に示すように、TVである機器110 に対しては受信可能チャンネルとしてchA/chBの指定を行い、DVC11に対しては受信可能チャンネルとしてc That is, as shown in FIG. 23 (c), and specify the chA / chB as the receivable channels to the device 110 is a TV, c as the receivable channels for DVC11
hA/chBの指定を行い、DVD_RAMである機器 And specify the hA / chB, the equipment is DVD_RAM
112 に対しては受信可能チャンネルとしてchCの指定を行い、HDDである機器113 に対しては受信可能チャンネルとしてchA/chB/chC/chDの指定をそれぞれ行う。 112 and specify the chC as receivable channels for the performed chA / chB / chC / chD of the designated respectively as the receivable channels to the device 113 is HDD. 各受信側機器は、これを受信することにより、それぞれ希望したチャンネルの放送信号を受信することが可能となる。 Each receiving device, by receiving this, it is possible to receive the broadcast signal of the channel that is desired, respectively.

【0168】ところで、図20に示す如くに、マルチC [0168] By the way, in as shown in FIG. 20, the multi-C
H放送信号はSTB101 により復調され、IEEE13 H broadcasting signal is demodulated by STB101, IEEE13
94のアイソクロノスパケットに変換されるわけであるが、この時、画像データ,音声データ,並びに文字データ等の識別は、マルチCH放送信号パケットのヘッダーの内容に基づいて行われる。 Although not being converted into isochronous packets of 94, this time, image data, audio data, and the identification of such character data is performed based on the contents of the header of a multi CH broadcast signal packet. したがってSTB101 はこのマルチCH放送信号のヘッダーに付加されたコピー世代管理情報を含む各種情報を認識することが可能である。 Therefore STB101 is able to recognize various kinds of information including the copy generation management information added to the header of this multi CH broadcast signal.

【0169】一方、上述したように、ディジタル放送における画像圧縮方式として最も有力であるMPEG2方式のトランスポートパケットにおいては、Link Level H [0169] On the other hand, as described above, the transport packet of the MPEG2 method is the most promising as an image compression method in digital broadcasting, Link Level H
eader にコピー世代管理情報(CGMS−D)が挿入される。 Copy generation management information (CGMS-D) is inserted into the eader. STB101 はMPEG2のトランスポートストリームに含まれるコピー世代管理情報を容易に検出することが可能である。 STB101 is able to readily detect copy generation management information included in the transport stream MPEG2.

【0170】例えば、図23の(d)に示すタイミングで、マルチCH放送信号中のチャンネルbのコピー世代管理情報(CGMS−D)に、コピー禁止信号”11” [0170] For example, at the timing shown in (d) of FIG. 23, the copy generation management information of a channel b in the multi CH broadcast signal (CGMS-D), a copy prohibition signal "11"
が検出されたとすると、STB101 の1394制御回路 There When detected, 1394 control circuit STB101
108 は、チャンネルBの受信要求を送信した機器111 , 108, device 111 that transmitted the reception request channel B,
113 に対して受信可能チャンネルの再設定を行う(ステップS6,S7)。 113 performs resetting of the receivable channels with respect to (step S6, S7). 即ち、DVCである機器111 に対しては受信可能チャンネルとしてchAの指定を行い、H That, and specify the chA as the receivable channels to the device 111 is a DVC, H
DDである機器113 に対しては受信可能チャンネルとしてchA/chC/chDの指定をそれぞれ行う。 Performing each designation of chA / chC / chD as the receivable channels to the device 113 is DD. これを受信した受信側機器である機器111 ,113 は、それぞれ希望したチャンネルの放送信号のうち、chBを受信することが不可能(コピープロテクトが可能)となる。 Equipment 111 is a reception side apparatus which has received this, 113, of the broadcast signal of the channel that is desired respectively, it is impossible to receive the chB (copy protection possible).
尚、TVである機器110 は記録不能機器であるので、また、DVD_RAMである機器112 はもともとchBを指定していないので受信可能チャンネルの再設定を行う必要はない。 Note that device 110 is a TV is because it is non-recordable devices, a is device 112 need not originally be reconfigured receivable channels because not specified chB DVD_RAM.

【0171】ところで、コピープロテクト処理の実行に際し、ユーザーが記録可能機器に対して録画のチャンネル指定をしたにも拘わらず録画ができなかった場合、記録可能機器の操作設定ミスか或いは機器の故障ではないか等の誤解をユーザーに対して与える恐れがある。 [0171] By the way, upon the execution of the copy protection process, if the user could not be recorded despite the channel designation of the recording to the recording possible equipment, a malfunction of recordable equipment operation setting error or equipment there is a risk of misleading, such as internal medicine to the user. そのため、録画できない理由をユーザーに通知するような機能を付加しても良い。 Therefore, the reason why that can not be recorded may be added functions, such as to notify the user. 例えば、記録可能機器からの受信要求にコピー禁止指定がなされたチャンネル番号が含まれていた場合、STBや受信要求を受け付けた他の送信側機器等は、受信可能チャンネル番号から、コピー禁止指定がなされたチャンネル番号を削除した受信可能チャンネル番号を指定する非同期コマンドと共に、または別々に、受信要求のあったチャンネルがコピー禁止となっている旨の情報を、受信要求を送信した受信機器またはIEEE1394ネットワークに接続された機器の何れかに送信し、機器に設けられているCRTやLEDやL For example, if the copy prohibition designation included the channel number has been made to receive a request from a recording apparatus capable, STB and reception request other transmitting device or the like accepted, the receivable channel number, copy prohibited specification with asynchronous command specifying the receivable channel number to the channel number has been deleted was made, or separately, the information indicating that the channel for which the received request is a copy prohibition, the receiving device or IEEE1394 network has transmitted the reception request send to any of the devices connected to, CRT or LED or L included in the equipment
CD等の表示装置を介してユーザーに通知する。 To notify the user via a display device such as a CD. 又は、 Or,
別の方法として、記録可能機器が受信要求を行ったチャンネルに対して受信許可を得られなかった場合、当該受信機器がそのチャンネルはコピー禁止となっている旨を、当該受信機器に設けられている表示装置を介してユーザーに通知するようにすればよい。 Alternatively, if not obtained the reception permission to the channel recordable device has performed reception request, the fact the reception device that is the that channel copy inhibition, provided to the receiving device via the display device are it suffices to notify the user.

【0172】さて、その後、マルチCH放送信号中のチャンネルBのコピー世代管理情報として、”10”または”00”が検出された場合には、DVCである機器11 [0172] Now, then multi CH as the copy generation management information of a channel B in the broadcast signal, when the "10" or "00" is detected, the device is DVC 11
1 並びにHDDである機器113 に対して受信可能チャンネルの再設定を行う(ステップS6,S7)。 Performing reconfiguration of the receivable channel to the device 113 is 1 and HDD (step S6, S7). 即ち、機器111 に対しては受信可能チャンネルとしてchA/c That, chA / c as the receivable channels to the device 111
hBの指定を行い、機器113 に対しては受信可能チャンネルとしてchA/chB/chC/chDの指定をそれぞれ行う。 And specify the hB, performed chA / chB / chC / chD of the designated respectively as the receivable channels to the device 113. これにより、機器111 ,113 は、再びそれぞれが希望したチャンネルの放送信号全てを受信することが可能となる。 Thus, device 111, 113 is able to receive all broadcast signal of the channel which is desired respectively again. 尚、以上のステップS3からS7までの処理は、全て、各機器及びSTB101の1394制御回路108 ,108a 乃至108d のアプリケーションレイヤーにて実現される。 Note that the processing to S7 from the above step S3 are all achieved by the devices and 1394 control circuit STB 101 108, 108a to 108d of the application layer. また、ステップS1及びS2の処理を含めた上記処理は、現在IEEE1394,並びに Further, the processing including the steps S1 and S2, now IEEE1394, and
IEEE1394T.A.(トレード アソシエーション)で規定されている通信プロトコル及びコマンドで全て実現される。 IEEE1394T.A. Are all realized by the communication protocol and the command defined in (Trade Association).

【0173】また、記録可能機器にコピープロテクトをかける手段として、上記方法以外にSTB101 が非同期コマンドとして送信する「受信可能チャンネル指定コマンド」に、チャンネル毎の記録許可/禁止の情報を直接書き込み受信側機器に送信する方法もある。 [0173] Further, as means for applying the copy protection on a recordable device, STB 101 in addition to the above method is transmitted as an asynchronous command to "receivable channel designation command," direct-write recipient information recording permission / prohibition for each channel there is also a method to be sent to the equipment. この方法は、現在のIEEE1394,並びにIEEE1394 This method, of the current IEEE1394, and IEEE1394
T.A.(トレードアソシエーション)で規定されているコマンドには無いものであり、新たにこのようなコマンドを追加して実現する方法である。 T.A. is intended not to command defined by (Trade Association), a method for realizing by newly added such commands.

【0174】以上、送信機器をSTB101 であるとして説明したが、IEEE1394の仕様上、どの機器が送信機器となっても良く、例えば、STB101 以外の送信機器として、マルチチャンネル記録されている映像等を再生し出力する機器111 (DVC)や、機器110 112 , [0174] Having described the transmission device as a STB 101, the IEEE1394 specification may be any device becomes a transmission apparatus, for example, as the transmission device other than the STB 101, the video or the like are multi-channel recording reproduced output to device 111 (DVC) or, equipment 110 112,
113 等が送信機器となっても上記動作を実現することが可能である。 Even 113 or the like becomes a transmission apparatus is capable of realizing the above operation. さらに、IEEE1394等のバス100 In addition, bus 100, such as IEEE1394
に、マルチCH信号chA/chB/chC/chDを送信する送信機器以外の他の送信機が接続されていて、 In, and a multi CH signal chA / chB / chC / chD other transmitters other than the transmission device that transmits is not connected,
例えば送信機器が2台以上の場合のように、chEを同一のバス上に一緒に伝送されている状態であっても、c For example as in the case the transmitting device is more than two, even in a state that is transmitted together chE on the same bus, c
hEの信号を送信する送信機器が、パケットデータ変換を行う際にコピー世代管理情報を検出し、chA/ch Transmitting device that transmits a signal of hE detects the copy generation management information when performing packet data conversion, chA / ch
B/chC/chDを送信する送信機器と同様に、非同期コマンドを送信して受信側機器に受信可能チャンネルを指定することにより、chA/chB/chC/ch Similar to the transmission device that transmits B / chC / chD, by specifying the receivable channel to the receiving side apparatus transmits an asynchronous command, chA / chB / chC / ch
D/chE全ての信号に対して、コピー世代管理情報に基づくコピー制御を行うことが可能である。 Against D / CHE all signals, it is possible to perform copy control based on the copy generation management information.

【0175】さらに、DVD_RAMである機器112 が非同期コマンドにより、チャンネルCのみを受信要求している場合に、STB101 がコピーフラグ検出回路106 [0175] Further, by a a device 112 is an asynchronous command DVD_RAM, when only the channel C is received request, STB 101 is a copy flag detecting circuit 106
でチャンネルCについてコピー禁止信号”11”を検出している場合、DVD_RAMである機器112 にコピープロテクトをかける手段として、記録可能機器である機器112 に対して送信側機器であるSTB101 が非同期コマンドとして送信する、「受信可能チャンネル指定コマンド」の、受信可能チャンネル番号としてあり得ない番号、即ち、アイソクロノスデータのチャンネルとして存在しない番号を指定して、「受信可能チャンネル指定コマンド」を送信するようにしても良いし、或いは「受信可能チャンネル指定コマンド」を返さないようにしても良い。 In the case where the channel C detects the copy inhibit signal "11", as a means for applying copy protection to the device 112 is DVD_RAM, as STB101 asynchronous command is transmitting device to the device 112 is a recordable device transmitting, the "receivable channel designation command," impossible as the receivable channel number ID, i.e., by specifying the number which does not exist as a channel of isochronous data, and to send "receivable channel specifying command" also it may be, or may not return a "receivable channel specified command." 前者の場合、STB101 により指定されたあり得ないチャンネル番号に該当する信号を待ち続けることになって結果として受信できず、後者の場合には、STB In the former case, it can not be received as a result supposed to continue to wait a signal corresponding to the channel number improbable specified by STB 101, in the latter case, STB
101 より受信可能チャンネルの指定がされないため、どの信号も受信不可能となる。 Since not specified receivable channels from 101, which signals also it becomes unreceivable. 即ち、結果として、機器11 In other words, as a result, device 11
2 にコピープロテクトをかけることができる。 2 it is possible to apply the copy protection on.

【0176】さて、既述したように、IEEE1394 [0176] Now, as described above, IEEE1394
ではディジーチェーン接続されたトポロジーだけでなくツリー状のトポロジも可能である。 In is also possible tree-like topology, not only the topology which is daisy-chained. 図27はディジーチェーンプラスツリー型トポロジーの一例を示したブロック図である。 Figure 27 is a block diagram showing an example of a daisy-chain plus tree topology.

【0177】図27は、図20の実施の形態の変形例であり、図20の機器112 に機器114を、IEEE139 [0177] Figure 27 is a modification of the embodiment of FIG. 20, a device 114 to the device 112 of FIG. 20, IEEE1394
4のバス100 を用いてツリー状に追加接続したものである。 The fourth bus 100 is obtained by adding connected in a tree with. なお、機器114 は例えばTVである。 It is to be noted that the apparatus 114 is a TV, for example. このように接続された場合でも、IEEE1394のバス100 上には4チャンネル分の全てのアイソクロノスパケットが伝送されているので、機器112 にチャンネルCのみしか伝送されていなくても、機器114 はチャンネルA,B,C, Even when thus connected, all the isochronous packets of four channels in the bus 100 of IEEE1394 are transmitted, without the channel C only only been transmitted to the device 112, device 114 channels A, B, C,
Dの何れの信号であっても受信可能である。 Be any signal D is also receivable. なお、この場合には、非同期コマンドによる受信要求コマンドを出力する必要はある。 In this case, there is need to output the received request command by the asynchronous command. また、図27に示すように、例えばチャンネルB及びチャンネルCがコピー禁止状態であっても機器114 においては、チャンネルA,B,C,Dの全ての信号が受信可能である。 Further, as shown in FIG. 27, for example in a device 114 even channel B and channel C are copy prohibited state, channel A, B, C, all of the signals D can be received. 即ち、機器114 はトポロジー的に見ると、DVD_RAMである機器112 にぶら下がったツリー構造であるが、論理的に見ると、STB That is, when device 114 is seen topologically, is a tree structure hanging device 112 is DVD_RAM, the logical view, STB
101 とディジーチェインで接続された場合と同様な構成に置き換えることが可能である。 It is possible to replace the same construction as if connected in 101 and daisy-chain.

【0178】次に、コピー世代管理情報に基づくコピー制御方法として、例えば、IEEE1394上の伝送パケットの伝送順番を変えることによりスクランブルを施してコピー制御を実現する方法について説明を行う。 [0178] Next, as a copy control method based on the copy generation management information, for example, a description is given of how to achieve copy control scrambled by changing the transmission order of the transmission packet of the IEEE1394.

【0179】図28は本発明他の実施の形態を示すブロック図である。 [0179] Figure 28 is a block diagram showing the present invention other embodiments. また、図29及び図30は図28中のS Further, FIGS. 29 and 30 is S in FIG. 28
TB119 から受信側機器に送信される非同期コマンドを示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an asynchronous commands sent to the receiving device from the TB119. 図28において図20と同一の構成要素には同一符号を付して説明を省略する。 The same elements as those of FIG. 20 in FIG. 28 and its description is omitted with the same reference numerals.

【0180】本実施の形態におけるSTB119 は、13 [0180] STB119 in the present embodiment, 13
94制御回路108 に代えて1394制御回路115 を採用した点が図20のSTB101 と異なる。 94 points employing the 1394 control circuit 115 instead of the control circuit 108 is different from STB101 in FIG. また、バス100 In addition, bus 100
には1394制御回路115 と同様の構成の1394制御回路115a 乃至115d を夫々有する機器120 乃至123 とSTB119 とが接続されている。 1394 control circuit 115a to 115d having the same configuration as the 1394 controller 115 and devices 120 to 123 have each the STB119 is connected to. 機器120 乃至123 は夫々例えばTV,DVC,DVD_RAM,HDDである。 Equipment 120 to 123 are each for example TV, DVC, DVD_RAM, a HDD.

【0181】1394制御回路115 は、パケット順序入れ替え/復元回路116 を有しており、パケット順序入れ替え/復元回路116 は、IEEE1394上のアイソクロノスデータの時系列的な並びをチャンネル毎に入れ替えてスクランブルを施すと共に、スクランブルデータの復元を行うことができる。 [0181] 1394 control circuit 115 has a packet reordering / recovery circuits 116, packet reordering / recovery circuit 116, interchanged-series arrangement when the isochronous data on the IEEE1394 per channel scramble together with applied, it is possible to restore the scrambled data. また、1394制御回路115 Further, 1394 the control circuit 115
は、スクランブルを解除するためのスクランブル解除キーを非同期コマンドによって送信することができるようになっている。 It is adapted to be able to transmit a descrambling key for descrambling the asynchronous command.

【0182】一方、各受信側機器120 乃至123 に設けられたIEEE1394制御回路115a 乃至115d は、I [0182] On the other hand, IEEE1394 controller 115a to 115d provided on the reception side apparatus 120 to 123, I
EEE1394制御回路115 と同様の機能を有しており、スクランブル解除キーを受信することによって、アイソクロノスデータに施されたスクランブルを解除することができるようになっている。 EEE1394 has the same function as the control circuit 115, by receiving the descrambling key, and is capable of releasing the scrambling applied to isochronous data.

【0183】以上のような構成における1394制御回路115 は、ディジタルのマルチCH放送(cha/ch 1394 control circuit in [0183] above structure 115 is a multi-CH broadcast digital (cha / ch
b/chc/chd)のデータパケットを、IEEE1 A data packet of b / chc / chd), IEEE1
394のバス100 上に流せるよう、データパケットのフォーマット変換を行う際のフォーマット変換時に要する(使用する)数サイクル期間程度のパケットデータを蓄えるバッファ(FIFOメモリ)を有している。 As allowed to flow over the 394 bus 100, and a buffer (FIFO memory) for storing packet data of about the format (used) required when converting the number cycle when performing a format conversion of the data packet.

【0184】そこで、ディジタルマルチCH放送(ch [0184] Therefore, the digital multi-CH broadcast (ch
a/chb/chc/chd)の内、コピー禁止信号の挿入されたチャンネル信号に対しては、データパケットのフォーマット変換時において、バッファを、パケット順序の入れ替え/復元回路116 により制御して、IEE a / chb / chc / chd) of, for the inserted channel signal of a copy inhibit signal, at the time of format conversion of data packets, a buffer, and controlled by the interchange / restoration circuit 116 of the packet order, IEE
E1394パケットの時系列的な並びを入れ替えてスクランブルを施し、このスクランブル処理が施された順番でIEEE1394パケットをバス100 上に流すようにする。 Scrambled by replacing the E1394-series sequence when the packet, the IEEE1394 packet in the order in which the scrambling process has been performed to flow on bus 100.

【0185】そして、各受信側機器120 乃至123 から非同期コマンドによる受信要求コマンドにより、コピー禁止信号の挿入されたチャンネルの要求があった場合、記録不能機器に対しては、図29に示す如くの正しいパケット順序を表すキスクランブル解除キーを通常の受信可能チャンネル番号と共に、又は別々の2つの非同期コマンドによる応答を返すようにする。 [0185] Then, by the reception side apparatus 120 to 123 receives the request from asynchronous command from the command, if there is a request of a channel inserted in the copy inhibit signal, for the recording failure apparatus, as denoted in FIG. 29 together with ordinary receivable channel number keys descramble key for the correct packet order, or to return a response by two separate asynchronous command.

【0186】一方、記録可能機器に対しては、図30に示す如くの通常の受信可能チャンネルの番号のみ、若しくは通常の受信可能チャンネルの番号と共に不正なスクランブル解除キーを非同期コマンドによる応答として返すか、または何の応答も返さないようにする。 [0186] On the other hand, for the recording apparatus capable, either return only normal numbers of receivable channels as shown in FIG. 30, or a normally unauthorized descrambling keys with number of receivable channels as a response by the asynchronous command , or so as not to return any response.

【0187】これにより、前者(記録不能機器)は正しいスクランブル解除キーに基づき、受信したアイソクロノスパケットをもとの順序に正しく復元することができるが、後者(記録可能機器)は正しいスクランブル解除キーを得られないため、受信したアイソクロノスパケットをもとの順序に正しく復元することができず、コピープロテクトを実現することができる。 [0187] Thus, the former (unrecordable equipment) based on the correct descramble key, but the received isochronous packet can be correctly restored to the original order, the latter (recordable device) correct descrambling key since the resulting not, the received isochronous packet can not be correctly restored to the original order, it is possible to realize the copy protection.

【0188】尚、厳密には、記録可能機器は記録を行うことはできるが、該記録可能機器が記録情報を再生したときにデータパケットの順番が入れ替わっているため元の画像を正しく復元できず、結果としてコピーをプロテクトしたのと同等の効果を得ているものである。 [0188] Incidentally, strictly speaking, the recording apparatus capable of may will be recorded, it can not properly restore the original image for the order of the data packets are switched when said recordable device reproducing the recorded information is that obtained the effect equivalent to that protected copy as a result. また、 Also,
このパケットスクランブルは、図28のP1394制御回路115 のFIFOメモリに入る範囲、即ち、画像で言うと1フレームに相当するパケット数の中でIEEE1 This packet scrambling ranges there FIFO memory of P1394 control circuit 115 of FIG. 28, i.e., in terms of the image in a number of packets corresponding to one frame IEEE1
394パケットの順番をスクランブルすれば、容易に実現することが可能である。 If scrambling the order of 394 packets can be easily realized.

【0189】さらに、図28に示した実施の形態では、 [0189] Further, in the embodiment shown in FIG. 28,
IEEE1394パケットの順番をスクランブルして送信することによりコピープロテクトを実現したが、パケットの順番をスクランブルすることは行わず、パケットの中のデータを暗号化することによりコピープロテクトを実現する事も可能である。 Was realized copy protection by transmitting scrambled order of the IEEE1394 packet, not performed by scrambling the order of the packets, it is also possible to realize the copy protection by encrypting the data in the packet is there. 例えば、暗号化の方法の一例として、パケット内のデータの順番をスクランブルし、記録不能機器に対しては、正しいパケット内データの順番を表すスクランブル解除キーを送信し、記録可能機器に対しては、不正なスクランブル解除キーを送信するようにする。 For example, as an example of a method of encryption, scrambling the order of the data in the packet, for the recording failure apparatus, it transmits a descramble key that represents the order of correct packet in the data, for the recordable device , to send the illegal descrambling key. これにより、前者(記録不能機器)は正しいスクランブル解除キーに基づき、受信したアイソクロノスパケット内データの順番をもとの順序に正しく復元することができるが、後者(記録可能機器)は正しいスクランブル解除キーを得られないため、受信したアイソクロノスパケット内データの順番をもとの順序に正しく復元することができず、コピープロテクトを実現することができる。 Thus, based on the former (unrecordable equipment) correct descrambling key, but received the order of the isochronous packet in the data can be correctly restored to the original order, the latter (recordable device) correct descrambling because not get the key can not be restored correctly order the isochronous packet in the data received to the original order, it is possible to realize the copy protection.

【0190】本発明においては、発明の精神及び範囲から逸脱することなく、広い範囲において異なる実施態様を、本発明に基づいて構成することができることは明白である。 [0190] In the present invention, without departing from the spirit and scope of the invention, different embodiments in a wide range, it is apparent that can be constructed in accordance with the present invention. 本発明は、添付のクレームによって限定される以外には、それの特定の実施態様によって制約されない。 The present invention, in addition to be limited by the appended claims is not limited by it's specific embodiments.

【0191】 [0191]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、記録側機器において記録するデータのフォーマットに拘わらず、コピー世代管理情報に基づく記録を可能にすることにより、既存のフォーマット以外のフォーマットにも対応すると共に、回路規模を低減することができ、また、記録側機器においてコピー世代管理情報に基づく記録を行う場合でも、デコード回路を不要にすることができ、また、複数のノードが接続可能である場合でも、同時に1又は所定数のコピーの作成のみを可能にすることができ、更に、IEEE1394上に接続されるディジタル画像機器の種類を増加されたり、新規なディジタルインターフェースフォーマットを有する新しいディジタル画像機器をIEEE1394上に新たに接続しても、 According to the present invention as described in the foregoing, regardless of the format of the data to be recorded in the recording side device, by enabling recording based on the copy generation management information into a format other than the existing format with also the corresponding, it is possible to reduce the circuit scale, also even when the recording based on the copy generation management information in the recording side apparatus, it is possible to dispense with the decoding circuit, a plurality of nodes connectable even if it is, it is possible to allow only the creation of simultaneously 1 or a predetermined number of copies, further or increased the types of digital image devices connected on IEEE1394, new digital with novel digital interface format be newly connected to the imaging equipment on IEEE1394,
コピー制御情報に基づくコピー世代管理を問題なく実施することができるという効果を有する。 An effect that can be performed without a copy generation management based on the copy control information problems.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明に係るディジタルインターフェースを有する装置の一実施の形態を示すブロック図。 Block diagram illustrating one embodiment of an apparatus having a digital interface according to the present invention; FIG.

【図2】DVCフォーマット説明するための説明図。 [Figure 2] DVC format explanatory diagram for explaining.

【図3】DVCフォーマット説明するための説明図。 [Figure 3] DVC format explanatory diagram for explaining.

【図4】DVCフォーマット説明するための説明図。 [Figure 4] DVC format explanatory diagram for explaining.

【図5】DVCフォーマット説明するための説明図。 [Figure 5] DVC format explanatory diagram for explaining.

【図6】DVCフォーマット説明するための説明図。 [6] DVC format explanatory diagram for explaining.

【図7】DVCフォーマット説明するための説明図。 [7] DVC format explanatory diagram for explaining.

【図8】D−I/Fフォーマットを説明するための説明図。 Figure 8 is an explanatory diagram for explaining the D-I / F format.

【図9】D−I/Fフォーマットを説明するための説明図。 Figure 9 is an explanatory diagram for explaining the D-I / F format.

【図10】IEEE1394パケットのフォーマットを説明するための説明図。 Figure 10 is an explanatory diagram for explaining the format of the IEEE1394 packet.

【図11】MPEG2のトランスポートストリームを説明するための説明図。 Figure 11 is an explanatory diagram for explaining a transport stream of MPEG2.

【図12】図1の実施の形態の動作を説明するためのタイミングチャート。 [12] Embodiment timing chart for explaining the operation of FIG.

【図13】本発明の他の実施の形態を示すブロック図。 Figure 13 is a block diagram showing another embodiment of the present invention.

【図14】アイソクロノスパケット挿入回路210 によるコピー制御情報のアイソクロノスパケット内の配列を説明するための説明図。 Figure 14 is an explanatory view for explaining an arrangement of the isochronous packet of copy control information by isochronous packet inserting circuit 210.

【図15】tcode値を説明するための図表。 Chart for explaining FIG. 15 tcode value.

【図16】コピー制御情報のサイクリックな挿入方法を説明するための説明図。 Figure 16 is an explanatory diagram for explaining a cyclic method of inserting copy control information.

【図17】コピー制御情報のサイクリックな挿入方法を説明するための図表。 [Figure 17] Figure to describe cyclic insertion method of the copy control information.

【図18】図13の実施の形態の動作を説明するための説明図。 Figure 18 is an explanatory view for explaining the operation of the embodiment of Figure 13.

【図19】本発明の他の実施の形態を示すブロック図。 Figure 19 is a block diagram showing another embodiment of the present invention.

【図20】本発明の他の実施の形態を示すブロック図。 Block diagram showing another embodiment of FIG. 20 the present invention.

【図21】図20の実施の形態の概観を示す概観図。 [Figure 21] schematic view showing an overview of the embodiment of FIG. 20.

【図22】図20の実施の形態におけるコピー制御方法の手順を示したフローチャート。 Flowchart showing a procedure of a copy control method in the embodiment of FIG. 22 FIG. 20.

【図23】図20の実施の形態においてアイソクロノスパケットとアシンクロナスパケットとの送受信処理の一例を時系列に示した図。 [23] shows the time series an example of transmission and reception processing between the isochronous packet and asynchronous packet in the embodiment of FIG. 20.

【図24】アイソクロノスパケットと非同期コマンドとを示す説明図。 Figure 24 is an explanatory diagram showing an isochronous packet and an asynchronous command.

【図25】アイソクロノスパケットと非同期コマンドとを示す説明図。 Figure 25 is an explanatory diagram showing an isochronous packet and an asynchronous command.

【図26】アイソクロノスパケットと非同期コマンドとを示す説明図。 Figure 26 is an explanatory diagram showing an isochronous packet and an asynchronous command.

【図27】図20の変形例を示すブロック図。 Figure 27 is a block diagram showing a modified example of FIG. 20.

【図28】本発明の他の実施の形態を示すブロック図。 Figure 28 is a block diagram showing another embodiment of the present invention.

【図29】図28のSTB119 から送信される非同期コマンドを示す説明図。 Figure 29 is an explanatory diagram showing an asynchronous command transmitted from STB119 in Figure 28.

【図30】図28のSTB119 から送信される非同期コマンドを示す説明図。 Figure 30 is an explanatory diagram showing an asynchronous command transmitted from STB119 in Figure 28.

【図31】ディジタルインターフェースを有する装置の関連技術を示すブロック図。 Figure 31 is a block diagram showing a related art apparatus having a digital interface.

【図32】コピー世代管理情報の挿入位置を説明するための説明図。 Figure 32 is an explanatory view for explaining the insertion position of the copy generation management information.

【図33】コピー世代管理情報の挿入位置を説明するための説明図。 Figure 33 is an explanatory view for explaining the insertion position of the copy generation management information.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

4…再生処理回路、5…D−I/Fフォーマット出力処理回路、18…記録処理回路、19…記録制御回路、2 4 ... reproduction processing circuit, 5 ... D-I / F format output processing circuit, 18 ... recording processing circuit, 19 ... recording control circuit, 2
1,22,23…機器、27,33,41…1394I 1,22,23 ... equipment, 27,33,41 ... 1394I
/F、28,34…コピーフラグ検出回路、42…コピーフラグ検出器、43…フォーマット変換回路、44… / F, 28, 34 ... copy flag detecting circuit, 42 ... copy flag detector, 43 ... format conversion circuit, 44 ...
コピー世代管理回路。 Copy generation management circuit.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G11B 20/10 H04L 12/28 H04N 5/92 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G11B 20/10 H04L 12/28 H04N 5/92

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 1又は複数種類のデータフォーマットの原信号が夫々入力され、前記1又は複数種類のデータフォーマットに夫々対応したものであって、入力された各原信号に含まれるコピー世代管理情報を夫々検出する1 1. A 1 or more kinds of the original signal of the data format are respectively input, the be 1 or that each corresponding to a plurality of types of data formats, copy generation management information included in each original signal input the respective detection 1
    又は複数の個別検出手段と、 前記1又は複数種類のデータフォーマットの原信号をネットワークバスの共通のパケットフォーマットに変換するフォーマット変換手段を含み、前記個別検出手段の検出結果に基づくコピー世代管理情報又は前記個別検出手段への信号供給源である機器の種類に基づくコピー世代管理情報を、前記フォーマット変換手段によるフォーマット変換後の信号のパケットフォーマットの所定位置に Or a plurality of individual detection means, said one or original signals of a plurality of types of data formats include a format conversion means for converting the common packet format of the network bus, wherein the individual copy generation management information based on the detection result of the detecting means or the copy generation management information based on the type of the device is a signal source to the individual detector, a predetermined position of the packet format of the signal after the format conversion by said format converting means
    挿入して前記ネットワークバスに送出する送信側インターフェース手段と、 前記送信側インターフェース手段が送出した伝送信号を前記ネットワークバスを介して受信し、受信した信号を And transmitting-side interface means for transmitting to said network bus insert, the transmission signal the transmission side interface unit has sent is received via the network bus, the received signal
    前記ネットワークバスのパケットフォーマットから元の原信号のデータフォーマットに戻して出力する受信側インターフェース手段と、 前記ネットワークバスのパケットフォーマットに対応したものであって、前記受信側インターフェース手段が受信した信号中に前記ネットワークバスのパケットフォー A receiving-side interface means for outputting back to the data format of the original of the original signal from the packet format of the network bus, there is corresponding to the packet format of the network bus, in the signal the receiving interface means receives packet Four of the network bus
    マットで挿入されている前記コピー世代管理情報を検出する共通検出手段と、 前記共通検出手段の検出結果に基づいて前記受信側インターフェース手段からの前記1又は複数種類のデータフォーマットの原信号の記録を許可又は禁止する記録制御手段と、 前記記録制御手段によって前記原信号の記録を許可する場合には、前記共通検出手段が検出したコピー世代管理情報をその内容に応じて変更するコピー世代管理手段とを具備したことを特徴とするディジタルインターフェースを有する装置。 A common detecting means for detecting the copy generation management information inserted in the mat, the recording of the one or more kinds of the original signal data format from the receiving interface means based on a detection result of said common detection means and recording control means for permitting or prohibiting, when said permitting recording of the original signal by the recording control means, the copy generation management information said common detection means detects the copy generation management unit that changes depending on the content apparatus having a digital interface, characterized by comprising a.
  2. 【請求項2】 コピー世代管理情報を含む1又は複数種類のデータフォーマットの原信号をネットワークバスの Wherein one or raw signals of a plurality of types of data formats including copy generation management information of the network bus
    パケットフォーマットに変換することにより得られる伝送信号であって、前記ネットワークバスのパケットフォ A transmission signal obtained by converting the packet format, a packet of the network bus follower
    ーマットの所定 位置に前記コピー世代管理情報が挿入された前記伝送信号を前記ネットワークバスを介して受信し、受信した信号を前記ネットワークバスのパケットフ<br>ォーマットから元の原信号のデータフォーマットに戻して出力する受信側インターフェース手段と、 前記ネットワークバスのパケットフォーマットに対応したものであって、前記受信側インターフェース手段が受信した信号中に前記ネットワークバスのパケットフォー The transmission signal in which the copy generation management information is inserted into a predetermined position of Matto received via the network bus, the received signal to the data format of the original of the original signal from the packet off <br> formats of the network bus a receiving-side interface means for back output, the be those corresponding to the network bus packet format, said network bus packets Four in the signal which the receiving-side interface means receives
    マットで挿入されている前記コピー世代管理情報を検出する共通検出手段と、 前記共通検出手段の検出結果に基づいて前記受信側インターフェース手段からの前記1又は複数種類のデータフォーマットの原信号の記録を許可又は禁止する記録制御手段と、 前記記録制御手段によって前記原信号の記録を許可する場合には、前記共通検出手段が検出したコピー世代管理情報をその内容に応じて変更するコピー世代管理手段とを具備したことを特徴とするディジタルインターフェースを有する装置。 A common detecting means for detecting the copy generation management information inserted in the mat, the recording of the one or more kinds of the original signal data format from the receiving interface means based on a detection result of said common detection means and recording control means for permitting or prohibiting, when said permitting recording of the original signal by the recording control means, the copy generation management information said common detection means detects the copy generation management unit that changes depending on the content apparatus having a digital interface, characterized by comprising a.
  3. 【請求項3】 前記コピー世代管理手段は、前記共通検出手段が検出したコピー世代管理情報が1回のみの記録許可を示すものである場合には前記受信側インターフェース手段の出力に含まれるコピー世代管理情報を記録禁止を示すものに変更することを特徴とする請求項1又は2のいずれか一方に記載のディジタルインターフェースを有する装置。 Wherein said copy generation management means, copy generation in the output of the receiving interface means when the copy generation management information said common detecting means has detected is indicative of the recording permission only once apparatus having a digital interface according to one of claims 1 or 2, characterized in that changing the management information indicates a recording inhibition.
  4. 【請求項4】 前記受信側インターフェース手段の出力を所定の記録装置の記録フォーマットに対応したデータフォーマットに変換する記録フォーマット変換手段を更に具備したことを特徴とする請求項1又は2のいずれか一方に記載のディジタルインターフェースを有する装置。 Wherein any of claims 1 or 2, characterized by including the receiving side the recording format converting means for converting the data format corresponding to the recording format of the predetermined recording device the output of interface means further Meanwhile apparatus having a digital interface according to.
JP17711699A 1999-06-23 1999-06-23 Digital interface - Fe - apparatus having a scan Expired - Lifetime JP3020952B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17711699A JP3020952B2 (en) 1999-06-23 1999-06-23 Digital interface - Fe - apparatus having a scan

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17711699A JP3020952B2 (en) 1999-06-23 1999-06-23 Digital interface - Fe - apparatus having a scan

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000076790A true JP2000076790A (en) 2000-03-14
JP3020952B2 true JP3020952B2 (en) 2000-03-15

Family

ID=16025454

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17711699A Expired - Lifetime JP3020952B2 (en) 1999-06-23 1999-06-23 Digital interface - Fe - apparatus having a scan

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3020952B2 (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001076244A1 (en) * 2000-04-04 2001-10-11 Sony Corporation Transmitter, signal transmitting method, data distributing system and its method, data receiver, data providing device and its method and data transmitter
JP4538894B2 (en) * 2000-05-18 2010-09-08 パナソニック株式会社 Network-connected equipment
JP3918429B2 (en) 2000-12-15 2007-05-23 株式会社日立製作所 Digital signal recording method, a digital signal reproduction method, a digital signal recording and reproducing method and a digital signal recording and reproducing apparatus
EP1223696A3 (en) 2001-01-12 2003-12-17 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. System for transmitting digital audio data according to the MOST method
CN1331125C (en) 2001-11-15 2007-08-08 索尼音乐娱乐公司 System and method for controlling the use and duplication of digital content distributed on removable media
JP4786117B2 (en) 2002-09-06 2011-10-05 ソニー株式会社 An information processing apparatus and method, and program
JP2008257847A (en) * 2008-04-03 2008-10-23 Hitachi Ltd Digital broadcasting signal receiving method
JP4720847B2 (en) 2008-04-21 2011-07-13 ソニー株式会社 Recording system, a transmission apparatus, a recording apparatus, and a recording control method, and program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2000076790A (en) 2000-03-14 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6978377B1 (en) Copy protection using detailed copy control information
US6223285B1 (en) Method and system for transferring information using an encryption mode indicator
US6782476B1 (en) Data processing apparatus and authentication method applied to the apparatus
US6633723B1 (en) Recording and reproducing system, recording apparatus and reproducing apparatus having copy protection function
US6211800B1 (en) Data decoding system and method, transfer device and method, and receiving device and method
US6618396B1 (en) Data transmitting device, data receiving device, and data recording device
EP0838926A2 (en) Apparatus and method for transmitting and receiving isochronous data
US6233393B1 (en) Apparatus for transmitting data in isochronous and asynchronous manners, an apparatus for receiving the same, and a system and method for such transmitting and receiving of such data
US5946298A (en) Digital interface which inserts a transfer rate value into a packet header and controls access to a bus based on a total transfer rate
US6804453B1 (en) Digital signal recording/reproducing apparatus
US20070009232A1 (en) Information processing system, information processing method, computer program executed in information processing system
US5973625A (en) Coding method and coder of a D-VHS codec system using forward Reed Solomon error correction
EP1328119A1 (en) Recording/reproducing system
US6366731B1 (en) Digital broadcast receiving/recording apparatus and method
EP0959467A2 (en) Information processing apparatus, information processing methods and presentation media
US20010028780A1 (en) Multimedia system for transferring and receiving program number and methods therefor
US20030014760A1 (en) Reproduced image transmitting apparatus
EP0825784A2 (en) Apparatus and method for transmitting data
US20010038422A1 (en) Device interconnect system using analog line
US6741795B1 (en) Digital video disc player and apparatus for displaying images
US7290148B2 (en) Encryption and decryption communication semiconductor device and recording/reproducing apparatus
US6298196B1 (en) Digital recording apparatus and copyright protection method thereof
US20050237434A1 (en) Content receiving apparatus and content transmitting apparatus
EP0825783A2 (en) Apparatus and methods for transmitting data
US6611534B1 (en) Stream data processing system and stream data limiting method

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080114

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090114

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100114

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110114

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120114

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130114

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130114

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140114

Year of fee payment: 14

EXPY Cancellation because of completion of term