JP3016822B2 - 車両のシート構造 - Google Patents

車両のシート構造

Info

Publication number
JP3016822B2
JP3016822B2 JP2160829A JP16082990A JP3016822B2 JP 3016822 B2 JP3016822 B2 JP 3016822B2 JP 2160829 A JP2160829 A JP 2160829A JP 16082990 A JP16082990 A JP 16082990A JP 3016822 B2 JP3016822 B2 JP 3016822B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
seat
seat back
side
air bag
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2160829A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0450052A (en
Inventor
正宏 大隅
哲也 村上
Original Assignee
マツダ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Application filed by マツダ株式会社 filed Critical マツダ株式会社
Priority to JP2160829A priority Critical patent/JP3016822B2/ja
Publication of JPH0450052A publication Critical patent/JPH0450052A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3016822B2 publication Critical patent/JP3016822B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=15723311&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP3016822(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60RVEHICLES, VEHICLE FITTINGS, OR VEHICLE PARTS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60R21/00Arrangements or fittings on vehicles for protecting or preventing injuries to occupants or pedestrians in case of accidents or other traffic risks
    • B60R21/02Occupant safety arrangements or fittings, e.g. crash pads
    • B60R21/16Inflatable occupant restraints or confinements designed to inflate upon impact or impending impact, e.g. air bags
    • B60R21/20Arrangements for storing inflatable members in their non-use or deflated condition; Arrangement or mounting of air bag modules or components
    • B60R21/207Arrangements for storing inflatable members in their non-use or deflated condition; Arrangement or mounting of air bag modules or components in vehicle seats

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、車両のシート構造に係り、特に、車両側突
時における乗員保護対策に関する。

(従来の技術) 従来、車両の側突時において、側突荷重により変形す
るドア等、車体側壁を構成する部材と乗員とが直接接触
することを防止するために、実開平1−117957号公報に
示されるようにエアバッグ装置を使用することが提案さ
れている。この公報に示されているものでは、ドア内壁
面に配設されているアームレストの内部にエアバッグを
折畳み状態で収納し、車両側突時に、このエアバッグを
車室内側へ瞬時に膨らませて乗員とドアとの間に介在さ
せることにより、変形するドアと乗員とが直接接触する
ことを防止して乗員を保護するようになっている。

(発明が解決しようとする課題) しかしながら、上述したような構成を、前後方向へス
ライド調整自在なシートを備えた車両に適用した場合、
乗員がシートを前後方向へスライド調整すると、エアバ
ッグの配設位置に対する乗員の前後方向位置が変化する
ことになる。つまり、エアバッグが膨らんだ際の乗員と
の接触位置が前後方向に変化することになるために、シ
ートの調整位置によっては、最適な位置でエアバッグを
膨らませることができないことがあり、効率の良い乗員
保護動作を確実に得ることが難しいという問題があっ
た。

本発明は、この点に鑑みてなされたものであって、シ
ートのスライド位置に関係なく、常に、最適な位置でエ
アバッグを膨らませることが可能な構造を得ることを目
的とする。

(課題を解決するための手段) 上記の目的を達成するために本発明では、上記車両衝
突の検出に伴って膨出するエアバッグを通常時はシート
のシートバック側部内に配設するようにした。

具体的には、請求項1の発明の解決手段では、車両の
シートにおいて該シート近くの車体側壁に対向するシー
トバック側部には、通常時はシート内部に収納されてい
て車両の衝突が検知されたときに該シートバック側部か
ら、シートバック側部に設けた開口を介してシートバッ
ク側部外方に膨出するエアバッグが設けられているもの
とする。

また、請求項2の発明では、上記請求項1の発明と同
様に、車両のシートにおいて該シート近くの車体側壁に
対向するシートバック側部には、通常時はシート内部に
収納されていて車両の衝突が検知されたときに該シート
バック側部からシートバック側部外方に膨出するエアバ
ッグが設けられている。そして、上記エアバッグのイン
フレータは、エアバッグの膨出状態においてエアバッグ
の側面視における中心よりも車体後方側に配設されてい
るものとする。

請求項3の発明では、上記請求項1の発明と同様に、
車両のシートにおいて該シート近くの車体側壁に対向す
るシートバック側部には、通常時はシート内部に収納さ
れていて車両の衝突が検知されたときに該シートバック
側部からシートバック側部外方に膨出するエアバッグが
設けられている。そして、上記エアバッグは、その膨出
状態において上記シートの側部から前方向に膨出して乗
員と車体側壁との間の空間にかつシートバックからヘッ
ドレストの高さに亘って展開するように構成されている
ものとする。

(作用) 上記の構成により、請求項1〜3の発明では、車両の
シートにおいてシート近くの車体側壁に対向するシート
バック側部のエアバッグは、通常時にシート内部に収納
されているが、車両の衝突が検知されたときにシートバ
ック側部からシートバック側部外方に膨出し、この膨出
したエアバッグにより、衝突により変形するドアと乗員
とが直接接触するのを防止して乗員を保護することがで
きる。

その場合、上記エアバッグは、車体側壁に対向したシ
ートバック側部にシート内部に収納されて設けられてい
るので、スライド可能なシートにおいてシートを前後に
スライド調整したとしても、乗員及びシートに対するエ
アバッグの相対位置は変化しない。このため、常に最適
な位置でエアバッグを膨らませることができる。また、
エアバッグの膨出時には、車体側壁とシートバックとの
間にエアバッグ層を形成することで側突の衝撃を吸収で
きるとともに、車体側壁と乗員との間にエアバッグ層を
形成することで乗員と車体側壁とが直接接触することを
防止できる。

特に、請求項2の発明では、インフレータの配設位置
が、エアバッグの膨出状態において、エアバッグの側面
視における中心よりも車体後側に設定されていることに
より、エアバッグの膨出時には、車体側壁側へ向って膨
らむと同時に車体前方側へも大きく膨らくことになり、
乗員保護を有効に行うことができる。

また、請求項3の発明では、上記エアバッグは、その
膨出状態においてシートの側部から前方向に膨出して乗
員と車体側壁との間の空間にかつシートバックからヘッ
ドレストの高さに亘って展開するので、エアバッグの膨
出時には、車体側壁側へ向って膨らむと同時にヘッドレ
ストの高さまで上方側へも膨らむことになり、乗員保護
を有効に行うことができる。

(実施例) 次に、本発明における一実施例を図面に基づいて説明
する。

第1図に示すように、本例における車両のシート1
(第1図に示すものは運転席)は、着座部であるシート
クッション2及び背もたれ部であるシートバック3を備
えている。このシートクッション2及びシートバック3
の各シート基材2a,3aは、金属製板材が折曲成形されて
成るモノコック構造で形成されており、その剛性の向上
が図られている。また、各シート基材2a,3aはそれぞれ
クッション材2b,3bで覆われているとともに、このクッ
ション材2b,3bの表面にはシート表皮2c,3cが貼着されて
いる。

また、このシート1は、そのシートクッション2の下
端部が、車体のフロアパネル4上で車体前後方向に延び
るシートレール4a,4b上に支持されていて、このシート
レール4aに沿って前後方向へスライド自在となってお
り、このスライドによって乗車位置の調整を行うように
なっている。

次に、本発明の特徴とするエアバッグ装置5について
説明する。

エアバッグ装置5は、第1図〜第3図に示すように、
車体側壁としてのサイドドア6に対向するシートバック
3側面の内部に収容されており、この収容部分に対応す
るシートバック3の側面には縦長の開口3dが形成されて
いる。また、この開口3dに対応するシート基材3aの側部
にはエアバッグ7を収容するための凹部3eが形成されて
おり、この凹部3e内にエアバッグ7が折畳み状態で配設
されている。そして、エアバッグ7には、このエアバッ
グ7を瞬時に膨らませるための起爆剤を備えたインフレ
ータ8が一体的に設けられている。また、このインプレ
ータ8の配設位置は、第3図(a)に示すように、エア
バッグ7の膨出状態において、エアバッグ7の側面視に
おける中心よりもやや車体後側上方位置に設定されてい
る。このような位置にインフレータ8が配置されている
ことにより、エアバッグ7の膨出時には、サイドドア6
側へ向って膨らむと同時に車体前方側へも大きく膨らむ
ことになる。つまり、このエアバッグ7には、インフレ
ータ8の配設位置からサイドドア6に向って膨らむ緩衝
部7aと、インフレータ8の配設位置から側方に向って車
体前方へ傾斜する方向に膨らむ乗員保護部7bとが形成さ
れることになる。また、このエアバッグ7は、膨出状態
において比較的大径となるように形成されており、この
膨出状態において、上端位置がシート1のヘッドレスト
1a側部に、かつ下端部がシートバック3の下端部近傍に
それぞれ達するように設定されている。そして、このエ
アバッグ7の折畳み状態としては、第3図(b)に示す
ようにインフレータ8より後方側が2つ折りに畳まれ、
一方、第3図(c)及び(d)に示すようにインフレー
タ8より前方側が3つ折りに折畳まれた後、第3図
(e)及び(f)に示すようにインフレータ8より上方
側が3つ折りに、下方側が6つ折りにそれぞれ畳まれて
成り、このような折畳み状態で前記凹部3eに収容されて
いる。さらに、前記開口3dには、シート1の見映えを確
保するために、この開口3dを覆う側板1bが配設されてい
る。この側板1bはエアバッグ7の膨出時にその膨出力に
よって容易に開口3dを開放するものである。また、第4
図及び第5図に示すように、サイドドア6の内部には、
該サイドドア6への衝突を検知する例えばGセンサ等の
検知センサ9が配設されており、この検知センサ9は、
前記インフレータ8に接続されていて、サイドドア6へ
の所定値以上の衝撃値を検知するとその検知信号をイン
フレータ8に出力し、このインフレータ8が起爆剤を爆
発させてエアバッグ7を膨出させるように構成されてい
る。

次に、上記の構成による車両の側突時の動作について
説明する。

車両の側突時には、まず、サイドドア6の側突荷重が
作用して該サイドドア6への衝撃値が所定値を越える
と、それ検知センサ9が検知し、その検知信号をインフ
レータ8へ出力する。そして、このインフレータ8が検
知信号を受けると起爆剤を爆発させてエアバッグ7内に
空気を送込むことで、該エアバッグ7を瞬時に膨らませ
る。また、この際、エアバッグ7は、第4図に矢印Aで
示すようにその緩衝部7aが車幅方向つまりサイドドア6
へ向かう方向に、また、第4図に矢印Bで示すように乗
員保護部7bがサイドドア6へ向うに従って車体前方へ傾
斜する方向にそれぞれ膨らむことになる。つまり、前記
緩衝部7aはサイドドア6とシート1との間にエアバッグ
層を形成する。これによって、前記緩衝部7aは衝撃を吸
収しながらサイドドア6の変形を抑制する。一方、前記
乗員保護部7bは乗員10とサイドドア6との間にエアバッ
グ層を形成する。これによって、前記乗員保護部7bは、
サイドドア6と乗員10とが直接接触することを防止する
とともに、慣性による乗員10のドア6側への移動を抑制
する。また、エアバッグ7の上端部は、シート1のヘッ
ドレスト1a側部に達することで乗員10の頭部がドア6側
へ倒れ込むことを防止している。

このように、本例の構成によれば、車両の側突時にお
いて、ドア6を変形させる側突荷重を吸収しながら、乗
員の保護ができ、また、シート1の位置をスライド調整
してもエアバッグ7の相対位置は変化しないために、常
に最適な位置でエアバッグ7を膨らませることができ
る。

尚、本実施例では、シート1として運転席について説
明したが、本発明はこれに限るものではなく、助手的や
後部座席に採用してもよい。

(発明の効果) 上述したように、請求項1〜3の発明によれば、車両
シートにおいて、そのシート近くの車体側壁に対向する
シートバック側部に、通常時にシート内部に収納されて
いて車両の衝突が検知されたときに該シートバック側部
からシートバック側部外方に膨出するエアバッグを設け
たことにより、スライド自在なシートをスライド調整し
たとしても、乗員及びシートに対するエアバッグの相対
位置は変化しないために、常に最適な位置でエアバッグ
を膨らませることができ、乗員保護性能の向上が図れ
る。また、エアバッグの膨出時には、側突の衝撃を吸収
しながら乗員と車体側壁とが直接接触することを防止す
るために、衝撃吸収及び乗員保護を確実に行うことがで
きる。

【図面の簡単な説明】

図面は本発明の一実施例を示し、第1図はシートの斜視
図、第2図はエアバッグ装置周辺の平面図、第3図はエ
アバッグの折畳み状態を説明するための図、第4図は車
両側突時の動作を説明するためのシートの平面図、第5
図はその正面図である。 1……シート 1a……ヘッドレスト 3……シートバック 3d……開口 5……エアバッグ装置 6……サイドドア(車体側壁) 7……エアバッグ 8……インフレータ

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B60R 21/16

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】車両のシートにおいて該シート近くの車体
    側壁に対向するシートバック側部には、通常時はシート
    内部に収納されていて車両の衝突が検知されたときに該
    シートバック側部から、シートバック側部に設けた開口
    を介してシートバック側部外方に膨出するエアバッグが
    設けられていることを特徴とする車両のシート構造。
  2. 【請求項2】車両のシートにおいて該シート近くの車体
    側壁に対向するシートバック側部には、通常時はシート
    内部に収納されていて車両の衝突が検知されたときに該
    シートバック側部からシートバック側部外方に膨出する
    エアバッグが設けられているとともに、 上記エアバッグのインフレータは、エアバッグの膨出状
    態においてエアバッグの側面視における中心よりも車体
    後方側に配設されていることを特徴とする車両のシート
    構造。
  3. 【請求項3】車両のシートにおいて該シート近くの車体
    側壁に対向するシートバック側部には、通常時はシート
    内部に収納されていて車両の衝突が検知されたときに該
    シートバック側部からシートバック側部外方に膨出する
    エアバッグが設けられているとともに、 上記エアバッグは、その膨出状態において上記シートの
    側部から前方向に膨出して乗員と車体側壁との間の空間
    にかつシートバックからヘッドレストの高さに亘って展
    開するように構成されていることを特徴とする車両のシ
    ート構造。
JP2160829A 1990-06-18 1990-06-18 車両のシート構造 Expired - Lifetime JP3016822B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2160829A JP3016822B2 (ja) 1990-06-18 1990-06-18 車両のシート構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2160829A JP3016822B2 (ja) 1990-06-18 1990-06-18 車両のシート構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0450052A JPH0450052A (en) 1992-02-19
JP3016822B2 true JP3016822B2 (ja) 2000-03-06

Family

ID=15723311

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2160829A Expired - Lifetime JP3016822B2 (ja) 1990-06-18 1990-06-18 車両のシート構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3016822B2 (ja)

Families Citing this family (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5531470A (en) * 1992-07-13 1996-07-02 Joalto Design, Inc. Side air bag incorporated in vehicle outer armrest
US5746443A (en) * 1992-07-13 1998-05-05 Joalto Design, Inc. Side impact air bag deployable between a vehicle body and an occupant
US5378036A (en) * 1992-07-13 1995-01-03 Townsend; John A. Sliding automobile door
US5499840A (en) * 1994-03-31 1996-03-19 Ikeda Bussan Co., Ltd. Automotive seat with air-bag
JP2784322B2 (ja) * 1994-03-31 1998-08-06 池田物産株式会社 車両用安全シート
JP2883807B2 (ja) * 1994-03-31 1999-04-19 池田物産株式会社 車両用安全シート
DE4436139C1 (de) * 1994-10-10 1996-03-21 Autoliv Dev Fahrgastsitz mit Seitenaufprallschutz
US5547214A (en) * 1995-01-23 1996-08-20 Alliedsignal Inc. Side impact soft pack air bag module
US5601332A (en) * 1995-01-30 1997-02-11 Hoover Universal, Inc. Replaceable seat booster with an inflatable air cushion module
US5496061A (en) * 1995-03-31 1996-03-05 Trw Vehicle Safety Systems Inc. Seat mounted air bag assembly
US5556127A (en) * 1995-06-26 1996-09-17 Takata, Inc. Seat mounted side impact module
US5542691A (en) * 1995-09-07 1996-08-06 Morton International, Inc. Exterior seat back mounted side impact airbag module assembly
JP3141747B2 (ja) 1995-09-18 2001-03-05 トヨタ自動車株式会社 側突用エアバッグ装置を備えたシート構造
US5588671A (en) * 1995-09-21 1996-12-31 Takata, Inc. Resealable tear seam for seat deployed side impact air bag
JP3365891B2 (ja) * 1995-10-11 2003-01-14 アラコ株式会社 エアバッグ装置付き車両用シート
US5667242A (en) * 1995-10-17 1997-09-16 Trw Vehicle Safety Systems Inc. Frame member for a seat mounted vehicle safety apparatus
JP3539013B2 (ja) * 1995-11-29 2004-06-14 アラコ株式会社 エアバッグ装置付き車両用シート
US6196619B1 (en) 1995-12-22 2001-03-06 Joalto Design, Inc. Vehicle closure panel having an intrusion beam as primary structure
US5806917A (en) * 1995-12-22 1998-09-15 Joalto Design, Inc. Integrated motor vehicle door and chassis
JP3027928B2 (ja) * 1996-01-10 2000-04-04 トヨタ自動車株式会社 シート組込み側突用エアバッグ装置
JP2962225B2 (ja) * 1996-04-08 1999-10-12 三菱自動車工業株式会社 側面衝突用エアバッグ
JP2894274B2 (ja) * 1996-04-08 1999-05-24 三菱自動車工業株式会社 側面衝突用エアバッグ
JP3374648B2 (ja) * 1996-04-08 2003-02-10 三菱自動車工業株式会社 側面衝突用エアバッグ
US5944341A (en) * 1996-05-31 1999-08-31 Nissan Motor Co., Ltd. Air bag apparatus for vehicle
JP3385852B2 (ja) * 1996-05-31 2003-03-10 日産自動車株式会社 車両用エアバッグ装置
EP0842064B1 (en) * 1996-05-31 2002-10-23 Nissan Motor Co., Ltd. Air bag apparatus for seat of vehicle
JP3358450B2 (ja) 1996-07-09 2002-12-16 三菱自動車工業株式会社 自動車用座席
DE19632586B4 (de) * 1996-08-13 2005-02-03 Adam Opel Ag Anordnung eines Seiten-Airbag-Moduls an einem Kraftahrzeugsitz
US5676394A (en) * 1996-09-03 1997-10-14 Morton International, Inc. Seat trim deployment cover for side airbag module
JP3591171B2 (ja) * 1996-11-29 2004-11-17 日産自動車株式会社 車両用シートのエアバッグ装置
US5876060A (en) * 1996-12-05 1999-03-02 Takata, Inc. Seat mounted side impact module
US5749597A (en) * 1997-03-07 1998-05-12 Saderholm; Davin G. Integral cover-deployment chute for side airbag module
US5890734A (en) * 1997-03-07 1999-04-06 Morton International, Inc. Integral cover-deployment chute for side airbag module
JP3399280B2 (ja) * 1997-03-17 2003-04-21 三菱自動車工業株式会社 サイドエアバッグ付きシート構造
JP4600768B2 (ja) * 2005-11-04 2010-12-15 マツダ株式会社 車両の側面衝突用乗員保護装置
JP2007230395A (ja) * 2006-03-01 2007-09-13 Takata Corp エアバッグ及びエアバッグ装置
JP5647915B2 (ja) 2011-02-25 2015-01-07 富士重工業株式会社 乗員保護装置
JP5900206B2 (ja) * 2012-07-11 2016-04-06 トヨタ紡織株式会社 車両用シート
FR3068937A1 (fr) * 2017-07-13 2019-01-18 Renault Sas Siege de vehicule automobile comprenant un generateur de gaz pour coussin gonflable

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0450052A (en) 1992-02-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3514124A (en) Vehicle safety device
EP0848675B1 (en) Device and method for occupant protection in vehicles
AU710322B2 (en) Side air bag incorporated in vehicle outer armrest
JP5675436B2 (ja) エアバッグ装置
US6682141B2 (en) Seat assembly having a seat repositioning device and an associated method
JP3280199B2 (ja) エアーバッグ装置
JP3043738U (ja) 屋根取付け型エアバッグ
US5499840A (en) Automotive seat with air-bag
JP3082392B2 (ja) 車両乗員の保護装置
US5588672A (en) Side impact head restraint with inflatable deployment
US5468013A (en) Dual air bag system for occupant restraint
US5425551A (en) Cushion fold for a supplemental inflatable restraint system
US6302437B1 (en) Vehicle glove box assembly having knee restraint capabilities
US5484189A (en) Retractable pop-up head rest usable with a vehicle passenger seat
US4966388A (en) Inflatable structures for side impact crash protection
CN1188304C (zh) 带有至少一个后排气囊的汽车安全装置
JP2818642B2 (ja) 内蔵エアバッグ作動式能動ひざまくら装置
EP1164062B1 (de) Schutzeinrichtung für die Insassen eines Fahrzeugs sowie Verfahren zum Schutz von Insassen
EP1240049B1 (en) A vehicle seat
EP2319734A1 (en) A Safety Arrangement
DE102005002464B4 (de) Sicherheitsanordnung
JP2922001B2 (ja) 車体側部のエネルギ吸収構造
JP4852937B2 (ja) エアバッグ装置
US7441799B2 (en) Non-circular steering wheel assembly and airbag module
DE60306985T2 (de) Insassenschutzvorrichtung

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071224

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081224

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091224

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091224

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101224

Year of fee payment: 11

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101224

Year of fee payment: 11