JP2982322B2 - 吸収式冷凍機の自動温度制御装置 - Google Patents

吸収式冷凍機の自動温度制御装置

Info

Publication number
JP2982322B2
JP2982322B2 JP3011908A JP1190891A JP2982322B2 JP 2982322 B2 JP2982322 B2 JP 2982322B2 JP 3011908 A JP3011908 A JP 3011908A JP 1190891 A JP1190891 A JP 1190891A JP 2982322 B2 JP2982322 B2 JP 2982322B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
control
cold water
temperature
outlet temperature
steam
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP3011908A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04254164A (en
Inventor
修一郎 内田
良平 箕輪
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP3011908A priority Critical patent/JP2982322B2/ja
Publication of JPH04254164A publication Critical patent/JPH04254164A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2982322B2 publication Critical patent/JP2982322B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B49/00Arrangement or mounting of control or safety devices
    • F25B49/04Arrangement or mounting of control or safety devices for sorption type machines, plant or systems
    • F25B49/043Operating continuously
    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05DSYSTEMS FOR CONTROLLING OR REGULATING NON-ELECTRIC VARIABLES
    • G05D23/00Control of temperature
    • G05D23/19Control of temperature characterised by the use of electric means
    • G05D23/1919Control of temperature characterised by the use of electric means characterised by the type of controller

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、冷凍機に係り、特に、
地域冷暖房市場や、プロセス市場において、負荷変動に
対する応答性の早さ,出口温度精度向上の需要に対応す
る、大形冷凍機に関する。

【0002】

【従来の技術】例えば、特開昭57−105659号に記載され
ているように、例えば、吸収式冷凍機における容量制御
に関する技術は、多数知られているが、一台の冷凍機に
対して、二種類以上の制御を同時に実施するように構成
した、容量制御装置や温度制御装置に関する公知例はな
い。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】例えば、地域冷暖房用
としての吸収式冷凍機は、熱供給事業に利用されるた
め、冷水出口温度が売り物になっている場合が多いの
で、冷水出口温度の精度向上が要求される。また、この
種の吸収式冷凍機は、広範囲な容量制御が要求され、負
荷変動に対する応答性の速さも要求されることが予想さ
れる。

【0004】また、最近話題となっているフロン問題の
関係で、プロセス用としても吸収式冷凍機の需要が、今
後増えるものと予想される。このプロセス用の吸収式冷
凍機に要求される条件も、これと同様、負荷変動に対す
る応答性の速さと、冷水の出口温度の精度である。

【0005】従来技術として知られている比例制御は、
単純な制御であり、応答性を早くすることができるが、
冷水の出口温度の精度があまり良くないという問題があ
り、同じく従来技術として知られているPID制御は、
冷水出口温度の精度は良いが、冷凍機と立ち上げる際
に、冷水出口温度が目標とする温度に対してオーバーシ
ュートしない様にするために、時定数の長い吸収式冷凍
機ではゆるやかな応答となる様に調節するので応答性が
問題となってくる。

【0006】本発明の目的は、応答性に問題のない吸収
式冷凍機を提供することにある。

【0007】

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、蒸気を駆動入力として冷水を冷却する吸収式冷凍機
の自動温度制御装置であって、冷水の入口温度を検出す
る冷水入口温度検出手段と、冷水出口温度を検出する冷
水出口温度検出手段と、駆動入力である蒸気の量を変化
させる蒸気制御弁と、冷水入口温度検出手段が検出した
冷水入口温度に基づいて蒸気制御弁の開度を制御する第
1の制御手段と、冷水の出口温度検出手段が検出した冷
水出口温度に基づいて第1の制御手段の制御変数を制御
する第2の制御手段とを備え、この第1の制御手段は比例
制御により蒸気制御弁を制御し、第2の制御手段はPI
D制御により第1の制御手段の比例制御の設定値を変更
するようにしたものである。

【0008】

【作用】上記の技術的手段による働きは、次の通りであ
る。

【0009】例えば、吸収式冷凍機において、冷水の入
口温度を検出して比例制御を実施する。比例制御の場
合、負荷が変動すると、目標とする冷水の出口温度と測
定値との偏差と、操作出力(吸収式冷凍機を駆動させる
ための入熱量を増減させる信号)との比が常に一定のた
め、冷水入口温度が変化した場合の容量変化の応答性が
良い。しかし冷却水の温度条件や、冷凍機を駆動させる
入熱量をコントロールする制御弁自体の流量特性がリニ
アではないといった条件により、比例制御だけではどう
しても、冷水出口温度と目標値との間に偏差が生じる。
そこで、この偏差を修正するために、冷水出口温度を検
出し、修正動作に積分動作を加えるためにPID制御
し、その出力で比例制御の出口温度の設定値を変更する
カスケード制御を行なうことによって、冷水出口温度
は、目標値へと修正され、出口温度の精度は向上する。

【0010】

【実施例】以下、本発明の一実施例を、図1および図2
により説明する。

【0011】図1は、本発明の系統図を、蒸気二重効用
吸収式冷凍機について示したものである。2から3へと
流れているのが冷水で、7より制御弁6を通って冷凍機
1へと流入しているのが、冷凍機駆動用の蒸気である。

【0012】次に制御系統について説明する。冷水の入
口温度2を8で検出して4で比例制御し、その操作出力
10により蒸気制御弁6がコントロールされる。ここで
負荷が変動して冷水の出口温度と設定値との間に偏差が
生じると、冷水の出口温度を9で検出して5でPID制
御し、その出力11で比例制御4の方の冷水出口温度設
定値を変更する様なオフセットを与えて、その偏差を補
正する。

【0013】図2は、負荷が100%から50%に変化
した場合について、(a)に蒸気制御弁の開度に対するC
v値を、また(b)に冷水の出口温度の冷凍容量に対する
変化、および冷水出口温度の修正動作を示している。

【0014】(a)の制御弁の一般的な特性カーブ13は
上に凸となっており、負荷が50%に変化したことによ
って比例制御装置より出る信号を受けて、弁開度は50
%となるが、流れる蒸気量は、負荷100%の時の半分
とはならず、14の分の偏差を生じる。この偏差分の過
剰蒸気によって、(b)の18の様な冷水出口温度となっ
てしまう。ここで、冷水出口温度19と、設定値16と
の偏差を補正するために、冷水出口温度19を検出して
PID制御し、その出力で比例制御の設定値20を20
´へ変更する。(この設定値変更は、PIDの積分動作
によりゆるやかに行うので、ハンチングなどは防止され
る。)これによって、冷水出口温度19は19´へと修
正され、設定値と一致する様になる。

【0015】

【発明の効果】本発明によれば、冷凍機の冷水出口温度
を一定に保ちつつ、さらに冷凍機の立上げ時や、負荷変
動時に対する応答性を早くすることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施例の系統図。

【図2】蒸気制御弁の流量特性(弁開度に対するCv
値)と、負荷変動時の冷水出口温度変化およびその修正
動作について示した説明図。

【符号の説明】

1…冷凍機本体、2…冷水入口、3…冷水出口、4…比
例制御装置、5…PID制御装置、6…蒸気制御弁、7…
蒸気入口、8…冷水入口温度検出、9…冷水出口温度検
出、10…操作出力、11…カスケード入力。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) F25B 15/00 306

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】蒸気を駆動入力として冷水を冷却する吸収
    式冷凍機の自動温度制御装置であって、前記冷水の入口
    温度を検出する冷水入口温度検出手段と、冷水出口温度
    を検出する冷水出口温度検出手段と、駆動入力である蒸
    気の量を変化させる蒸気制御弁と、前記冷水入口温度検
    出手段が検出した冷水入口温度に基づいて前記蒸気制御
    弁の開度を制御する第1の制御手段と、前記冷水の出口
    温度検出手段が検出した冷水出口温度に基づいて前記第
    1の制御手段の制御変数を制御する第2の制御手段とを
    備え、この第1の制御手段は比例制御により蒸気制御弁
    を制御し、第2の制御手段はPID制御により前記第1の
    制御手段の比例制御の設定値を変更することを特徴とす
    る吸収式冷凍機の自動温度制御装置。
JP3011908A 1991-02-01 1991-02-01 吸収式冷凍機の自動温度制御装置 Expired - Fee Related JP2982322B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3011908A JP2982322B2 (ja) 1991-02-01 1991-02-01 吸収式冷凍機の自動温度制御装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3011908A JP2982322B2 (ja) 1991-02-01 1991-02-01 吸収式冷凍機の自動温度制御装置
US07/830,296 US5216896A (en) 1991-02-01 1992-01-31 Temperature control system for absorption refrigerating apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04254164A JPH04254164A (en) 1992-09-09
JP2982322B2 true JP2982322B2 (ja) 1999-11-22

Family

ID=11790822

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3011908A Expired - Fee Related JP2982322B2 (ja) 1991-02-01 1991-02-01 吸収式冷凍機の自動温度制御装置

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5216896A (ja)
JP (1) JP2982322B2 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5848535A (en) * 1997-03-24 1998-12-15 Gas Research Institute Control system having a binomial setpoint filter
EP0924588A1 (en) * 1997-10-16 1999-06-23 Varma, Dhruv Electronic thermostat control unit and its use in multipoint temperature controller for refrigeration and heating systems
US6336593B1 (en) 1998-05-15 2002-01-08 Varma Trafag Limited Multipoint digital temperature controller
IL137899A (en) 1999-07-05 2005-11-20 Vasu Tech Ltd Digital electronic control unit
US6362944B1 (en) * 2000-05-19 2002-03-26 Unisys Corporation System for regulating the temperature of IC-chips with a fluid whose temperature is controlled quickly by a slow response cooler and a fast response heater
US6658870B1 (en) * 2003-01-07 2003-12-09 Carrier Corporation Absorption chiller control logic
JP5168923B2 (ja) * 2007-02-06 2013-03-27 三浦工業株式会社 膜濾過システムの運転方法
US9250002B2 (en) * 2011-02-28 2016-02-02 Carrier Corporation System and method for controlling an absorption chiller configured to simultaneously produce cooling and heating

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2984458A (en) * 1956-03-13 1961-05-16 Alden I Mcfarlan Air conditioning
US4090372A (en) * 1977-03-21 1978-05-23 Jeffrey Wayne Lamb Fuel conservation controller for capacity controlled refrigeration apparatus
JPS57105659A (en) * 1980-12-24 1982-07-01 Hitachi Ltd Capacity controller for refrigerating machine

Also Published As

Publication number Publication date
US5216896A (en) 1993-06-08
JPH04254164A (en) 1992-09-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0380615B1 (en) A method for the optimal comfort and efficiency control of variable speed heat pumps and air conditioners
JP3233447B2 (ja) 空気調和機
US4523435A (en) Method and apparatus for controlling a refrigerant expansion valve in a refrigeration system
US5142877A (en) Multiple type air conditioning system which distributes appropriate amount of refrigerant to a plurality of air conditioning units
KR910002048B1 (ko) 냉방 사이클
US5873257A (en) System and method of preventing a surge condition in a vane-type compressor
US4608833A (en) Self-optimizing, capacity control system for inverter-driven centrifugal compressor based water chillers
CA2138114C (en) Apparatus and method for reducing overshoot in response to the setpoint change of an air conditioning system
EP0926579B1 (en) Variable air volume control system
Outtagarts et al. The transient response of an evaporator fed through an electronic expansion valve
US5197537A (en) Apparatus for controlling temperature of machine tool
KR0133053B1 (ko) 공기조화기의 압축기 운전주파수 제어방법
KR890004396B1 (ko) 냉동시스템용 동작방법 및 제어시스템
EP1113233B1 (en) Reversible heat pump system
US20020185271A1 (en) Advanced starting control for heating/cooling systems
EP0811135B1 (en) Feed forward control of expansion valve
US5303562A (en) Control system for heat pump/air-conditioning system for improved cyclic performance
EP0194029B1 (en) A method of, and apparatus for, controlling the capacity of a variable capacity compressor
US4143706A (en) Climate control for a motor vehicle compartment
CA1100320A (en) Hot gas bypass control for centrifugal liquid chillers
US4353409A (en) Apparatus and method for controlling a variable air volume temperature conditioning system
US20060162358A1 (en) Superheat control by pressure ratio
CA2030709C (en) Method for controlling an electronic expansion valve in refrigeration system
JP2002071234A (ja) 複数の気化器を有する冷蔵庫
CA1080564A (en) Heating system

Legal Events

Date Code Title Description
S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070924

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080924

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090924

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090924

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100924

Year of fee payment: 11

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees