JP2948722B2 - 内視鏡先端部接続構造 - Google Patents

内視鏡先端部接続構造

Info

Publication number
JP2948722B2
JP2948722B2 JP5255131A JP25513193A JP2948722B2 JP 2948722 B2 JP2948722 B2 JP 2948722B2 JP 5255131 A JP5255131 A JP 5255131A JP 25513193 A JP25513193 A JP 25513193A JP 2948722 B2 JP2948722 B2 JP 2948722B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
distal end
protective net
rigid
outer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5255131A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0784192A (ja
Inventor
逸司 南
治男 秋庭
Original Assignee
富士写真光機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士写真光機株式会社 filed Critical 富士写真光機株式会社
Priority to JP5255131A priority Critical patent/JP2948722B2/ja
Publication of JPH0784192A publication Critical patent/JPH0784192A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2948722B2 publication Critical patent/JP2948722B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は内視鏡先端部接続構造、
特に工業用内視鏡等に用いられ、湾曲部の外周に外被保
護ネットを有する内視鏡の接続構造に関する。

【0002】

【従来の技術】図3には、従来の電子内視鏡先端部の構
成が示されており、図示されるように、矢示100の長
さの硬質部分からなる先端硬性部1は湾曲部2に接続さ
れている。この先端硬性部1内には、観察窓3に光学的
に連結した光学系(レンズ系)部材4が設けられ、この
光学系部材4にカバーガラス等を介して不図示の固体撮
像素子(CCD)が取り付けられている。また、先端部
に観察光を導入するライトガイド5が内視鏡全体に渡っ
て配置され、湾曲部2の外被6の周囲にはこの外被6を
保護する保護ネット7が取り付けられている。そして、
上記先端硬性部1の外筒8は連結部材9に例えば3箇所
でネジ10にて取付け固定される。一方、上記保護ネッ
ト7は固定用リング11と連結部材9との間に挟まれた
状態で、固定用リング11の数個の孔12から流し込ま
れた半田13により接着されている。

【0003】これによれば、先端硬性部1に取り付けら
れた不図示のワイヤを操作することにより湾曲部2が曲
がることになり、これにより屈曲した管内の観察ができ
る。そして、この操作時の湾曲部2の外被6は保護ネッ
ト7により保護され、傷などの発生が防止される。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】ところで、上記の内視
鏡では、上記先端部が任意方向へ曲げ操作されることか
ら、先端硬性部1を可能なかぎり短くする必要がある。
即ち、先端硬性部1は図3に示されるように、矢示10
0の長さとなっているが、この先端硬性部1が長いと、
狭い被観察体内での先端部の曲げ操作が行い難い等の問
題がある。従って、先端硬性部1は短いほど操作性が向
上することになる。

【0005】また、図3に示されるように、外筒8と連
結部材9とをネジ10によって固定することから、この
ネジ10の脱落を考慮して脱落防止リング、シール材等
をネジ取付け部分に配置することが行われており、この
場合はこれら脱落防止リング等によって内視鏡径が大き
くなるという問題がある。更には、上記3箇所のネジ1
0或いは固定用リング11に形成された複数の孔12
は、内視鏡挿入の際に被観察体内の構造物に引っ掛かる
凹凸物となる可能性があり、従って上記ネジ10、孔1
2等は可能な限り少なくすることが好ましい。

【0006】本発明は上記問題点に鑑みてなされたもの
であり、その目的は、先端硬性部を短くして操作性を向
上させることができ、また取付けネジの使用をなくして
内視鏡の細径化等に貢献できる内視鏡先端部接続構造を
提供することにある。

【0007】

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、本発明の内視鏡先端部接続構造は、先端硬性部の外
筒が内側の連結部材により湾曲部に接続される内視鏡先
端部において、上記湾曲部の外周に配置される外被保護
ネットの端部を上記硬性部外筒と連結部材との間に挿入
し、上記硬性部外筒に形成された孔から流し込んだ接合
剤にて、上記硬性部外筒、外被保護ネット、連結部材を
固定するようにしたことを特徴とする。上記接合剤とし
ては、半田や接着剤等を用いることができる。

【0008】

【作用】上記の構成によれば、硬性部外筒と外被保護ネ
ット(の端部)が半田等の接合剤により一緒に連結部材
に取り付けられるので、外被保護ネットを固定用リング
等により別個に取り付ける必要がなく、固定用リングを
配置するスペースだけ硬性部を短くすることができる。
また、接合剤で固定するので、ネジの脱落を考慮する必
要がなく、しかも挿入時の障害となる外表面の凹凸も少
なくなるという利点がある。

【0009】

【実施例】図1には、実施例に係る電子内視鏡先端部の
構造が示され、図2には図1のA部分の拡大図が示され
ている。図1において、従来と同様に、硬質部分である
先端硬性部15は湾曲部16に接続されており、この先
端硬性部15の先端面の中心近傍に観察窓17が配置さ
れる。この観察窓17には、光学系(レンズ系)部材1
8を介して固体撮像素子(CCD)部19が接続されて
いる。また、図の下側には点線で示したライトガイド2
0が2本並んで配置されている。従って、このライトガ
イド20から観察光を先端部へ導いて、被観察体内を明
るくすることができ、このとき観察窓17、光学系部材
18を介して被観察体内の画像がCCD18にて捉えら
れ、この画像は最終的にモニタ等へ表示される。

【0010】一方、上記先端硬性部15の外筒22は、
連結部材23に内接嵌合することになるが、この連結部
材23の後方の外周に湾曲部16側の外被24が形成さ
れ、この外被24の外周は金属製の保護ネット25で覆
われている。そして、この連結部材23の連結部の外周
(全周)には、図2(A)にも示されるように、円環状
の溝26が形成されており、この溝26に保護ネット2
5の端部を配置した状態で先端硬性部15の外筒22が
嵌合される。その後、この外筒22に形成された複数
(例えば3個)の孔27から半田28を上記溝26内に
充填することにより、外筒22と保護ネット25が連結
部材23にしっかりと固定される。

【0011】図2(B)には、図2(A)のB−B断面
図が示されており、孔27から入れられる半田28は連
結部材23の外周に沿って形成された溝26の全域に充
填される。従って、半田28は保護ネット25の網目を
通って溝26の底面に達することにより、外筒22、保
護ネット25、連結部材23の強固な固定が可能とな
る。この保護ネット25によれば、内視鏡挿入時等に発
生する湾曲部16の外被24の損傷を防止することがで
きる。

【0012】上記の構成によれば、先端硬性部15は図
1の矢示200で示される長さとなり、従来の図3の場
合と比較すると、保護ネット固定用のリング(11)の
幅に相当する長さ101の分だけ先端硬性部15を短く
することができる。これによって、先端部の曲げ操作性
が向上するという利点がある。また、従来使用していた
ネジ(10)を用いないので、ネジ脱落防止リング等を
取り付ける必要がなく、細径化に貢献することもでき、
しかも取付け孔の数が半減するので、先端部外表面の凹
凸を最小限に押えることができ、内視鏡の挿入も容易と
なる。更には、先端硬性部15の取付け時に保護ネット
25が同時に取り付けられるので、部品点数の削減、組
立て工数の低減ができ、従ってコストが低減できるとい
う利点がある。

【0013】

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
湾曲部の外周に配置される外被保護ネットを硬性部外筒
と連結部材との間に挿入し、上記硬性部外筒の孔から接
合剤を流し込むことにより、上記外被保護ネットを別個
に取り付けるのではなく、硬性部外筒の連結部に一緒に
固定するようにしたので、先端硬性部の長さを短くする
ことができ、従って操作性を向上させることが可能とな
る。また、ネジ脱落防止の必要もないので、細径化に貢
献できると共に、先端部外表面の凹凸が最小限に押えら
れ、更には部品点数の削減、組立て工数の低減を図るこ
とも可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の実施例に係る内視鏡先端部接続構造を
示す断面図である。

【図2】先端硬性部と湾曲部の連結部分を示す断面図で
あり、図(A)は図1のA部分の拡大図、図(B)は図
(A)のB−B断面図である。

【図3】従来の先端部接続構造を示す断面図である。

【符号の説明】

1,15 … 先端硬性部、 2,16 … 湾曲部、 6,24 … 外被、 7,25 … 保護ネット、 8,22 … 外筒、 26 … 溝、 27 … 孔、 28 … 半田。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) G02B 23/24 A61B 1/00 300

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 先端硬性部の外筒が内側の連結部材によ
    り湾曲部に接続される内視鏡先端部において、上記湾曲
    部の外周に配置される外被保護ネットの端部を上記硬性
    部外筒と連結部材との間に挿入し、上記硬性部外筒に形
    成された孔から流し込んだ接合剤にて、上記硬性部外
    筒、外被保護ネット、連結部材を固定するようにしたこ
    とを特徴とする内視鏡先端部接続構造。
JP5255131A 1993-09-17 1993-09-17 内視鏡先端部接続構造 Expired - Fee Related JP2948722B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5255131A JP2948722B2 (ja) 1993-09-17 1993-09-17 内視鏡先端部接続構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5255131A JP2948722B2 (ja) 1993-09-17 1993-09-17 内視鏡先端部接続構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0784192A JPH0784192A (ja) 1995-03-31
JP2948722B2 true JP2948722B2 (ja) 1999-09-13

Family

ID=17274521

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5255131A Expired - Fee Related JP2948722B2 (ja) 1993-09-17 1993-09-17 内視鏡先端部接続構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2948722B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5490838B2 (ja) * 2012-03-14 2014-05-14 富士フイルム株式会社 内視鏡挿入部及びその接合方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0784192A (ja) 1995-03-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3081628B2 (ja) 電子内視鏡
JP3962749B2 (ja) センサ及びガイドワイヤーアセンブリ
US20030233024A1 (en) Electronic endoscope for stereoscopic endoscope system
JP3034019B2 (ja) 内視鏡の先端部
EP0027185A1 (en) Protective covering for the bend section of an endoscope
JP3875505B2 (ja) 撮像装置
JP2842687B2 (ja) 電子内視鏡の先端部
US5198894A (en) Drape for endoscope
US4971035A (en) Insert part of endoscope
US6142930A (en) Electronic endoscope having compact construction
US6019719A (en) Fully autoclavable electronic endoscope
JP2987452B2 (ja) 内視鏡
US5325847A (en) Distal end part of endoscope
JP2503900Y2 (ja) 内視鏡
JP3017245B2 (ja) 内視鏡
US5305736A (en) Distal end part of endoscope
US4677471A (en) Endoscope
US4757805A (en) Endoscope
CA2348580A1 (en) Optical-acoustic imaging device
JP2009039434A (ja) 内視鏡
EP0382829A1 (en) Miniaturized pressure sensor
JP2000504254A (ja) 患者と係合する部品から電気部品が電気的に絶縁された内視鏡
US7530946B2 (en) Compact endoscope
JPH069540B2 (ja) 内視鏡
JPH0773569B2 (ja) 内視鏡

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080702

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080702

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090702

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090702

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100702

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100702

Year of fee payment: 11

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100702

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110702

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110702

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120702

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120702

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130702

Year of fee payment: 14

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees