JP2935398B2 - ガス絶縁複合開閉装置 - Google Patents

ガス絶縁複合開閉装置

Info

Publication number
JP2935398B2
JP2935398B2 JP5183534A JP18353493A JP2935398B2 JP 2935398 B2 JP2935398 B2 JP 2935398B2 JP 5183534 A JP5183534 A JP 5183534A JP 18353493 A JP18353493 A JP 18353493A JP 2935398 B2 JP2935398 B2 JP 2935398B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
circuit breaker
transmission line
axial direction
insulated
phase
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5183534A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0787636A (ja
Inventor
知之 栗田
喬 木村
博 田苗
裕司 後藤
知司 山舗
哲彦 横井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
TAKAOKA SEISAKUSHO KK
Tohoku Electric Power Co Inc
Original Assignee
TAKAOKA SEISAKUSHO KK
Tohoku Electric Power Co Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by TAKAOKA SEISAKUSHO KK, Tohoku Electric Power Co Inc filed Critical TAKAOKA SEISAKUSHO KK
Priority to JP5183534A priority Critical patent/JP2935398B2/ja
Publication of JPH0787636A publication Critical patent/JPH0787636A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2935398B2 publication Critical patent/JP2935398B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は複母線方式の変電所、開
閉所等に使用されるガス絶縁複合開閉装置に関する。
【0002】
【従来の技術】図4は一般的な複母線方式一回線分の単
線結線図を示し、1は遮断器、2aは主母線3a用の断
路器、2bは主母線3b用の断路器、2cは送電線3c
用の断路器、4は接地開閉器、5は避雷器、6は計器用
変圧器である。図5は図4に示した単線結線図に対応す
る気中絶縁機器による構成の従来例である。
【0003】図5において、遮断器11は遮断器のみが
各相毎に別配置される、開閉動作する軸方向が水平にな
るよう配置されたガス絶縁方式の遮断器である。この遮
断器11の両端に接続された架空電線のうち片側の架空
電線は2本に分岐して、その各々が母線側の断路器12
a,12bを介して2系統の主母線13a,13bに接
続されている。また、遮断器11の反対側に接続された
架空電線は、送電線13c用の断路器12cと接地開閉
器14を介して気中絶縁方式の架空送電線13cに接続
される。前記接地開閉器14と架空送電線13cとを接
続する架空電線は分岐して避雷器15、計器用変圧器1
6に接続される。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、この従
来の気中絶縁機器の構成においては、断路器12a,1
2b,12cおよび、接地開閉器14の接触部等が気中
に暴露されているため、大気雰囲気、設置環境等の外部
環境の影響を受け易く、点検周期が短いため、主母線1
3a,13bの切替、停止等の煩雑な作業が必要とな
り、電力の安定供給の観点からもマイナス要因となって
いた。また、気中の絶縁距離を確保するために、機器の
据え付け面積が広くなり、操作装置等の構成機器の配置
も広範囲にわたるため、保守が不便であるという欠点が
あった。
【0005】この欠点を克服するものとして、主母線お
よび送電線を絶縁ガスを封入した容器内に配設する場合
があるが、こうした場合は回線間を接続する際に高精度
な接続調整が必要であり、施工期間が長く、回線の増設
が容易でないという欠点があった。そこで、この発明
は、ガス絶縁複合開閉装置において、主母線の停止回数
を減少し、保守点検の容易化、据え付け面積の縮小化お
よび施工期間の短縮、回線の増設の容易化をするように
したものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】この発明においては、絶
縁ガスを封入し水平に配置した遮断器のタンク内に、こ
のタンクの軸方向に開閉動作する可動側電極部、及び固
定側電極部を備える遮断部を三相一括に収納配置し、前
記可動側、固定側のいずれか一方の電極部から導出し2
つに分岐して、前記遮断器のタンクの3ケ所の口出し部
の内2ケ所の口出し部より導出した導体に、開閉動作の
軸方向が水平になるよう配置した2台の母線用の断路器
と、気中絶縁方式の2系統の3相主母線に接続するため
の端子部をその先端に備えた3本のブッシングとを各々
直列に接続する。また、前記遮断部の他方の電極部に接
続し、前記2ケ所の口出し部とは別の口出し部より導出
する導体に、開閉動作の軸方向が水平になるよう配置す
る線路用の断路器を接続し、この断路器から4方に分岐
した導体に各々接地開閉器と避雷器と計器用変圧器と気
中絶縁方式の3相架空送電線に接続するための端子部を
その先端に備えた3本のブッシングとを並列に接続す
る。
【0007】
【作用】上記のように構成された、この発明のガス絶縁
複合開閉装置においては、断路器,接地開閉器等の構成
機器を絶縁ガスと共にタンク内に収納配置することによ
り、大気雰囲気、設置環境等の外部環境の影響を受ける
部分が非常に少なくなったこと、及び構造の簡素化によ
る部品点数の減少等で信頼度を大幅に向上させて、保守
点検周期を長期化することによって、主母線の切替、停
止等の煩雑な作業回数を減少することができる。また、
ガス化による機器の据え付け面積のコンパクト化が可能
となり、操作装置等の構成機器の配置も比較的集中化で
きるため、保守が容易となる。
【0008】主母線、及び送電線の引き込み部に端子部
を先端に備えたブッシングを使用しているため、従来の
架空電線を使用した主母線、及び送電線から直接受電す
ることができ、施工期間が短縮され、回線の増設が容易
となる。また、本発明によれば、遮断器、及び母線用、
線路用の断路器をそれぞれ開閉動作の軸方向が水平にな
るよう配置しているので、機器全体の高さ、及び重心が
低くなり、耐震性,環境調和性が向上でき、特に遮断器
においては、単体のタンク形ガス遮断器と駆動エネルギ
ー,開閉特性等が共通であるため、部品の共通化を行う
ことができる。
【0009】
【実施例】図1は、この発明のガス絶縁複合開閉装置の
一例で、図2,図3にそれぞれ図1の側面図,上面図を
示す。本実施例において、遮断器21は開閉動作する軸
方向が水平になるよう配置されており、遮断器21内の
遮断部21aの両端に接続された2導体27,27cと
ともに遮断器21のタンク内に収納配置される。
【0010】一方の導体27は遮断器21のタンク内で
2つに分岐しており、この分岐した導体27a,27b
は口出し部28a,28bより導出され、開閉動作の軸
方向が水平になるよう配置された断路器22a,22b
と、端子部29a,29bをその先端に備えた6本のブ
ッシング30a,30bとを介して気中絶縁方式の2系
統の3相主母線に接続され、また、前記遮断部21aの
他方の電極部に接続し、口出し部28cより導出する導
体27cは、開閉動作の軸方向が水平になるよう配置さ
れた断路器22cと、端子部29cをその先端に備えた
3本のブッシング30cとを介して気中絶縁方式の3相
架空送電線に接続される。
【0011】前記3本のブッシング30cと線路用の断
路器22cとを接続する導体31は途中で3方に分岐し
て、その各々が接地開閉器24と避雷器25と計器用変
圧器26に接続される。
【0012】
【発明の効果】上述したように、この発明によれば、断
路器,接地開閉器等の構成機器を絶縁ガスと共にタンク
内に収納配置するので、大気雰囲気、設置環境等の外部
環境の影響を受ける部分が非常に少なくなり、また構造
の簡素化による部品点数の減少等で信頼度が大幅に向上
し、保守点検周期を長期化することができる。よって主
母線の切替、停止等の煩雑な作業回数を減少することが
でき、電力の安定供給に貢献する。また、ガス化による
機器の据え付け面積のコンパクト化が可能となり、操作
装置等の構成機器の配置も比較的集中化できるため、保
守が容易となる。
【0013】本発明のガス絶縁複合開閉装置において
は、主母線、及び送電線の引き込み部にブッシングを使
用しているため、従来の架空電線を使用した主母線、及
び送電線から直接接続することができ、施工期間が短縮
され、回線の増設が容易となる。また、本発明によれ
ば、遮断器、及び母線用、線路用の断路器をそれぞれ開
閉動作の軸方向が水平になるよう配置するので、機器全
体の高さ、及び重心が低くなり、耐震性,環境調和性が
向上でき、特に遮断器においては、単体のガス遮断器と
駆動エネルギー,開閉特性等が共通であるため、部品の
共通化が行える。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明のガス絶縁複合開閉装置の一例を示す
図である。
【図2】図1の側面図である。
【図3】図1の上面図である。
【図4】一般的な複母線方式一回線分の単線結線図であ
る。
【図5】図4の単線結線図に対応する気中絶縁機器によ
る構成の従来例を示す図である。
【符号の説明】
21 遮断器 21a 遮断部 22a,22b,22c 断路器 24 接地開閉器 25 避雷器 26 計器用変圧器 27,27a,27b,27c 導体 28a,28b,28c 口出し部 29a,29b,29c 端子部 30a,30b,30c ブッシング
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 山舗 知司 愛知県西春日井郡西枇杷島町芳野町3丁 目1番地 株式会社高岳製作所 名古屋 事業所内 (72)発明者 横井 哲彦 愛知県西春日井郡西枇杷島町芳野町3丁 目1番地 株式会社高岳製作所 名古屋 事業所内 審査官 藤村 泰智 (56)参考文献 特開 平5−328546(JP,A) 特開 昭58−157305(JP,A) 特開 平7−87637(JP,A) 特開 昭54−68941(JP,A) 実開 平2−68607(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) H02B 13/02 - 13/075

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 絶縁ガスを封入し水平に配置された遮断
    器のタンク内に三相一括に収納配置され、このタンクの
    軸方向に開閉動作する可動側電極部、及び固定側電極部
    を備える遮断部と、 前記可動側、固定側のいずれか一方の電極部に接続され
    2つに分岐する、前記遮断器のタンクの3ケ所の口出し
    部の内2ケ所の口出し部より導出された導体と、気中絶
    縁方式の2系統の3相主母線に接続するための端子部を
    その先端に備えた3本のブッシングとの間に直列に各々
    接続された、開閉動作の軸方向が水平になるよう配置さ
    れた2台の母線用の断路器と、 前記遮断部の他方の電極部に接続され前記2ケ所の口出
    し部とは別の口出し部より導出された導体と、気中絶縁
    方式の3相架空送電線に接続するための端子部をその先
    端に備えた3本のブッシングとの間に直列に接続され
    た、開閉動作の軸方向が水平になるよう配置された線路
    用の断路器と、 前記気中絶縁方式の3相架空送電線に接続するための端
    子部をその先端に備えた3本のブッシングと線路用の断
    路器とを接続する導体より分岐して接続された接地開閉
    器、避雷器および計器用変圧器と、 を備える三相一括型のガス絶縁複合開閉装置。
JP5183534A 1993-06-30 1993-06-30 ガス絶縁複合開閉装置 Expired - Fee Related JP2935398B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5183534A JP2935398B2 (ja) 1993-06-30 1993-06-30 ガス絶縁複合開閉装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5183534A JP2935398B2 (ja) 1993-06-30 1993-06-30 ガス絶縁複合開閉装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0787636A JPH0787636A (ja) 1995-03-31
JP2935398B2 true JP2935398B2 (ja) 1999-08-16

Family

ID=16137517

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5183534A Expired - Fee Related JP2935398B2 (ja) 1993-06-30 1993-06-30 ガス絶縁複合開閉装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2935398B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108879454A (zh) * 2018-05-24 2018-11-23 河南平高电气股份有限公司 一种组合电器车及组合开关

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104240908B (zh) * 2014-09-10 2016-03-30 深圳供电局有限公司 蒸发冷却电力变压器

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108879454A (zh) * 2018-05-24 2018-11-23 河南平高电气股份有限公司 一种组合电器车及组合开关

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0787636A (ja) 1995-03-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0065634B1 (en) Gas insulated switchgear equipment
US4237520A (en) Gas insulated switch-gear apparatus
JP2008524974A (ja) 高電圧スイッチギア・アセンブリ
US4291363A (en) Gas-insulated switchgear apparatus
KR101097616B1 (ko) 가스절연 개폐장치의 다용도 외함 모듈
JP2935398B2 (ja) ガス絶縁複合開閉装置
JP3056025B2 (ja) ガス絶縁複合開閉装置
CN216957723U (zh) 一种35kV充气进线开关柜用电流互感器
JP2878704B2 (ja) 集合形変電設備
JP2771399B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JP3169251B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JP2000253520A (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH1056709A (ja) キュービクル形ガス絶縁開閉装置
JP3161305B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
CN114023546A (zh) 一种35kV充气进线开关柜用电流互感器及其安装方法
JP2572415B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JP4346172B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH10210613A (ja) 複合形ガス絶縁開閉装置
JPH0654419A (ja) ガス絶縁開閉装置
JP2576739B2 (ja) ガス絶縁複合開閉装置
JP3186804B2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JPH09191512A (ja) ガス絶縁開閉装置
JP2596153Y2 (ja) ガス絶縁開閉装置
JP2645080B2 (ja) 三相一括形断路器
JPH07123547A (ja) ガス絶縁開閉装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees