JP2929054B2 - パチンコ機 - Google Patents

パチンコ機

Info

Publication number
JP2929054B2
JP2929054B2 JP4345356A JP34535692A JP2929054B2 JP 2929054 B2 JP2929054 B2 JP 2929054B2 JP 4345356 A JP4345356 A JP 4345356A JP 34535692 A JP34535692 A JP 34535692A JP 2929054 B2 JP2929054 B2 JP 2929054B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
random number
display
combination
number sequence
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP4345356A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06165858A (ja
Inventor
勇夫 岸
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MARUPPON KOGYO KK
Original Assignee
MARUPPON KOGYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by MARUPPON KOGYO KK filed Critical MARUPPON KOGYO KK
Priority to JP4345356A priority Critical patent/JP2929054B2/ja
Publication of JPH06165858A publication Critical patent/JPH06165858A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2929054B2 publication Critical patent/JP2929054B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業」上の利用分野】本発明は、所定の組合わせによ
り大入賞口を開放させる図柄組合わせ表示装置を備えた
パチンコ機に関する。
【0002】
【従来の技術】予め定められた種々の図柄を変動表示す
る複数の図柄表示器によって構成され、球検知装置を備
えた始動ゲートを遊技球が通過すると、球検知装置から
の球検知信号に基づいて各図柄表示器が図柄変動を開始
し、停止して種々の組合わせの図柄を表示する図柄組合
わせ表示装置と、該図柄組合わせ表示装置の各停止図柄
が所定の組合わせである場合に開放作動する特別入賞口
とを備えたものは、「フィーバー式遊技機」と称され、
種々提案されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで上述の図柄組
合わせ表示装置にあっては、図柄組合わせ表示装置の図
柄表示器のうちいずれかを最後に図柄停止させ、この最
後に図柄停止する図柄表示器以外の図柄表示器が所定の
組合わせ図柄となったとき、すなわちその図柄表示器の
表示が所定の組合わせとなる直前となった場合(以下、
リーチ状態という)に、最後の図柄表示器の図柄変動速
度を低速として、その期待感を高めるようにした構成が
提案されている。しかるにかかる構成にあっても、単調
な感じが否めず、さらなる変化に富んだリーチ状態表示
が求められる。本発明は、リーチ状態での期待感をさら
に刺激し得る構成を備えたパチンコ機の提供を目的とす
るものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、夫々特定の数
値を当たり値とする第一の乱数列と、第二の乱数列とを
備え、第一及び第二の乱数列のいずれもが当たり値が選
出された場合に、遊技者に所定の利益を供与する大当り
として、前記図柄組合わせ表示装置の各図柄表示器に所
定の大当たりの組み合わせ表示を実行させると共に、前
記第一の乱数列から当たり値が選出された時に、最後に
図柄停止する図柄表示器以外の図柄表示器をいわゆるリ
ーチ状態となる、所定の組合わせ図柄として一旦停止
し、さらに続けて最後の図柄表示器が図柄停止するま
で、再び逆方向へ循環変動させるようにした制御内容を
備える制御指令手段を具備したことを特徴とするもので
ある。
【0005】すなわち、リーチ状態となると、最後の図
柄表示器が図柄停止するまで、これ以外の図柄表示器を
再び逆方向へ循環変動させるようにした制御内容を備え
る制御指令手段を具備したことを特徴とするものであ
る。
【0006】また、かかる構成にあって、さらに第三の
乱数列を備え、第一及び第二の乱数列のいずれもが当た
り値が選出された場合に、遊技者に所定の利益を供与す
る大当りとして、前記図柄組合わせ表示装置の各図柄表
示器に所定の大当たりの組み合わせ表示を実行させると
共に、
【0007】前記第一の乱数列及び第三の乱数列から当
たり値が選出された時にのみ、最後に図柄停止する図柄
表示器以外の図柄表示器を所定の組合わせ図柄として一
旦停止し、さらに続けて最後の図柄表示器が図柄停止す
るまで、再び逆方向へ循環変動させるようにした制御内
容を備える制御指令手段を具備したことを特徴とするも
のである。
【0008】
【作用】従来にあっては、リーチ状態となると所定数の
図柄が所定順序で、循環表示されるが、本発明の上記各
手段にあっては、リーチ状態で、所定循環図柄の表示が
反対方向へ変動することとなる。このため、遊技者は、
新たな期待感を醸成される。
【0009】この場合に、第一の乱数列から当たり値が
選出された時を絶対条件として、最後の図柄表示器が図
柄停止するまで、再び逆方向へ循環変動させるようにし
た。すなわち、第一の乱数列が外れ図柄を選出した場合
にあっても、ここの図柄表示器が、最後の図柄表示器が
同一図柄等の所定組み合わせとなって、リーチ状態とな
る場合を生ずる(実際には、この場合の方が多い)が、
この場合には最後の図柄表示器以外の図柄表示器は逆方
向へ循環変動しない。このため、該逆方向へ循環変動し
た場合に、遊技者の大当りへの期待感が高揚する。
【0010】また第三の乱数列を備えて、第一の乱数列
及び第三の乱数列から乱数列から当たり値が選出された
場合に、最後の図柄表示器以外の図柄表示器を逆方向へ
循環変動させるようにした構成にあっては、第一及び第
二の乱数列のいずれもが当たり値が選出されて、大当り
となる場合でも、第三の乱数列の選出値次第で、最後の
図柄表示器以外の図柄表示器が逆方向へ循環変動した
り、しなかったりして、遊技者は戸惑うこととなり、意
外性を生ずる。
【0011】
【実施例】添付図面について本発明の一実施例を説明す
る。図1は、パチンコ機1の正面図であって、その機枠
2の図示しない下部には玉受皿と、玉発射用の回転式ハ
ンドル等が設けられる。遊技盤3の盤面中央には、図2
で拡大して示すように装着ケース(図示せず)の前部に
固定されたセンターケース4が配設され、該センターケ
ース4内に図柄組合わせ表示装置6を構成する三個の表
示器7a,7b,7cが横方向に並設され、センターケ
ース4の中央に形成した窓孔5から透孔板を介して表示
器7a,7b,7cの表面に配設されたドットマトリッ
クスまたは7セグメント指示器からなる図柄表示部を視
認し得るようにしている。
【0012】またセンターケース4の窓孔5下には四個
のパイロットランプからなる待機記録ランプ列11が設
けられ、さらに窓孔5上には、普通図柄表示器10が配
設される。
【0013】前記図柄表示器7a,7b,7c及び普通
図柄表示器10はLED又は液晶によって構成され、図
柄表示器7a,7b,7cは、「0」〜「9」等、数字
及びアルファベットからなる7セグメント指示器で表現
可能な図柄が表示され、普通図柄表示器10は夫々
「3」,「5」,「7」の図柄を変動表示する。
【0014】また、センターケース4の両側には、光電
スイッチ、リミットスイッチ等により構成される球検知
装置(図示せず)を備えた普通図柄表示器10を遊技球
の流入により駆動する始動ゲート13,13が設けら
れ、遊技球の通過により該球検知装置による球検知信号
が発生すると、普通図柄表示器10が図柄変動し、その
停止図柄の数字が「7」であると、センターケース4の
直下位置に配設した入賞口開閉装置15の開閉翼片対1
6,16が約5.8秒間開放する。
【0015】この入賞口開閉装置15はその上部を始動
口14として、図柄組合わせ表示装置6を駆動して表示
器7a,7b,7cを図柄変動表示するものとして設け
られているものであり、その開閉翼片対16,16の起
立状態で、始動口14からの遊技球の落入のみを有効と
する閉鎖位置と、開閉翼片対16,16が逆八形傾動し
てその側方をも始動口とし、内部へ遊技球を案内する開
放位置とに電気的駆動手段を介して変換制御されるもの
である。
【0016】そして前記入賞口開閉装置15内の玉流路
には光電スイッチ、リミットスイッチ等により構成され
る球検知スイッチが備えられ、該球検知スイッチによる
玉通過検知に伴って、図柄組合わせ表示装置6を駆動す
ると共に、連続的に通過した場合には、待機記録ランプ
列11が順次点灯し最高四回まで保留される。またこの
作動と共に、遊技球の通過に伴って所定数の景品球が提
供される。
【0017】前記入賞口開閉装置15のさらに下方に
は、幅広の特別入賞口23を備えた入賞装置22が配設
されている。この入賞装置22は、蓋体24をソレノイ
ドにより前後方向に開放することにより、該蓋体24の
案内作用により、特別入賞口23に遊技球を案内する公
知構成からなり、前記特別入賞口23の中央部を特定領
域23aとして、後述するように該特定領域23aに遊
技球が入ると、連続開放作動を生ずるようにしている。
【0018】次に図柄組合わせ表示装置6の作動につき
説明する。前記始動口14又は開放された入賞口開閉装
置15の側方から遊技球が流入すると、景品球の供給と
共に図柄組合わせ表示装置6が駆動する。尚、連続的に
通過した場合には、上述のように待機記録ランプ列11
が順次点灯し最高四回まで保留される。
【0019】そして図柄組合わせ表示装置6が駆動する
と、図柄表示器7a,7b,7cは図柄変動を開始し、
約5秒程度経過すると、図柄表示器7a,7b,7cの
順番に図柄変動が停止する。
【0020】このとき図柄表示器7aと図柄表示器7b
の図柄が一致した場合にはいわゆるリーチ状態となり、
図柄表示器7cが図柄停止するまで、図柄表示器7a,
7bは再び逆方向へ循環変動する作動を含む変化に富ん
だ一連の作動制御が、図3で示す中央制御装置CPUに
より実行される。
【0021】かかる制御態様につき詳細に説明する。図
3で示すように、中央制御装置CPUに接続された記憶
装置ROMには、第一の乱数列A,第二の乱数列B,第
三の乱数列Cが格納されている。ここで第一の乱数列A
は0〜69,第二の乱数列Bは0〜2,第三の乱数列C
は0,1の数値が無限ループしている。また第一〜第二
の乱数列A,Bの当たり乱数値は、例えば「0」として
いる。その他、記憶装置ROMには、ハズレ乱数列D
1 ,D2,D3 及び当たり乱数列Eが格納されている。
【0022】そして、前記始動口14を玉が通過する
と、第一の乱数列Aのうちのいずれかが選定され、この
数値が「0」の場合には、リーチ状態となり、第二の乱
数列Bの選定値が「0」の場合には大当りと判定され
る。従ってこの大当りの確率は210分の1となる。一
方第三の乱数列Cは、直接当たり外れを決定する物では
なく、この値が「0」の時には、図柄表示器7a,7b
が低速で逆方向へ循環変動することとなる。
【0023】この第一〜第三の乱数列A,B,Cは、始
動口14を玉通過すると同時に選定され、その選定値に
より、次のような種々の作動制御がなされることとな
る。また図柄表示器7a,7b,7cは、始動口14の
玉通過直後又は待機記録ランプ列11で表示される記憶
が消化される毎に、例えば「0」〜「9」までのあらか
じめ定められ順序の図柄を循環変動する。
【0024】〓 A≠0の場合 この場合には、ハズレとなり、乱数列B,Cからの選出
値とは無関係に、ハズレ乱数列D1 ,D2 から図柄表示
器7a,7bの図柄が順次選定され、その選定に従っ
て、循環変動する「0」〜「9」までの図柄のいずれか
に停止する。そして、図柄表示器7a,7bが、たまた
ま同図柄となった時には、図柄表示器7cを、その図柄
が視認可能なように低速で循環変動させる。すなわち、
従来構成のリーチ状態とする。そして、ハズレ乱数列D
3 から図柄表示器7cの図柄を抽出する。このとき、ハ
ズレ乱数列D3 からの選出値が1コマ進む毎に図柄の内
容を調べて、図柄表示器7a,7bと同じ図柄であれ
ば、1コマ先送りし、必ず図柄表示器7a,7b,7c
がハズレ図柄となるようにする。
【0025】〓 A=0の場合 この場合には、当たり乱数E(=x)を選定し、B=0
の時には、これをそのまま図柄表示器7a,7b,7c
の図柄として、同一図柄(x,x,x)を表示するよう
にし、B=1の場合には、例えば、図柄表示器7cに対
応する図柄xから1を引いて、図柄表示器7a,7b,
7cが(x,x,x−1)を表示するようにし、B=2
の場合には、例えば、図柄表示器7cに対応する図柄x
から1を足して、図柄表示器7a,7b,7cが(x,
x,x+1)を表示するようにする。
【0026】従って、A=0の場合には、図柄表示器7
a,7bは必ず同一図柄となって、リーチ状態となる。
そしてこの状態に対応し、第三の乱数列Cからの選出値
が「0」である場合には、図柄表示器7a,7bが停止
して、一旦、同一図柄を表示した後に、図柄表示器7c
を視認可能なように低速変動し、かつその変動が停止す
るまで、図柄表示器7a,7bを再び低速で逆方向へ循
環変動する。これにより、遊技者は、当たり作動に対す
る期待感が高揚されることとなる。そして、図柄表示器
7a,7b,7cは、Bの数値に対応して(x,x,
x)、(x,x,x−1)または(x,x,x+1)の
いずれかの値を表示することとなる。
【0027】一方、第三の乱数列Cからの選出値が
「1」の場合には、図柄表示器7a,7bは停止したま
まを維持して、前記図柄表示器7cは低速変動し、図柄
表示器7a,7b,7cは上述の値を表示することとな
る。
【0028】ここで、Cの値が「1」の場合の表示は、
A≠0の時に図柄表示器7a,7bが同一図柄となった
ときの作動態様と同じである。ここで図柄が「0」〜
「9」と仮定すれば、A≠0でのリーチ確率は10分の
1となり、A=0のときの確率70分の1よりもはるか
に大きい。従って、図柄表示器7a,7bが逆方向へ変
動しない場合のリーチ状態では、リーチとなっても滅多
に大当りとはならないという印象を受ける。尚、実際に
は、このリーチ状態は頻繁に生ずるから、図柄表示器7
a,7bが逆方向へ変動する場合のリーチ状態と、当た
り確率では等しい。
【0029】而して、遊技者は、図柄表示器7a,7b
が逆方向へ変動したリーチ状態では、大きな期待感を抱
くこととなる。さらには、このようなリーチ状態の場合
には、図柄表示器7cが外れても隣接した図柄となり、
該図柄表示器7cの低速変動により当たり図柄に接近し
つつある作動状態を視認できて、遊技者の興奮を一層駆
り立て得ることとなる。
【0030】かかる各制御は図3で示す中央制御装置C
PUによって構成される制御指令手段により、容易に実
行することができる。
【0031】上述の構成にあっては、リーチ状態を第一
の乱数列Aにより、まず設定し、かかるリーチ状態に対
応する各作動を実行するようにしたものであるが、この
ほか種々の処理手段があり、例えば次の手段も提案され
得る。
【0032】すなわち、記憶装置ROMに、0〜220
のコマからなり「0」を当たりとする当たり乱数列K
と、該当たり乱数列Kの結果により選定される内部当た
り乱数列Lと、内部ハズレ乱数列M1 ,M2 ,M3 を格
納しておく。
【0033】そして、始動口14を玉通過すると同時に
乱数列Kを選定する。そして、この値がK=0の場合に
は、図柄表示器7a,7b,7cが変動すると同時に、
前記内部当たり乱数Lから値を選出して、当たり図柄を
決定する。そしてこのように、K=0の場合には、図柄
表示器7a,7bが同一図柄を表示すると同時に、図柄
表示器7cを低速変動し、かつその変動が停止するま
で、図柄表示器7a,7bは再び逆方向へ低速で循環変
動する。
【0034】また、これがK≠0の場合には、内部ハズ
レ乱数列M1 ,M2 ,M3 を順次選出し、図柄表示器7
a,7b,7cをハズレ表示する。この時、図柄表示器
7a,7bが同一図柄の時には、図柄表示器7cを低速
変動し、かつその変動が停止するまで、図柄表示器7
a,7bは再び逆方向へ循環変動する。そして、もし、
内部ハズレ乱数列M3 から選出された図柄が、図柄表示
器7a,7bと、たまたま等しい場合には、1コマ先お
くりして必ずハズレとなるようにする。
【0035】而して、かかる手段にあっては、リーチ状
態の時には、必ず、図柄表示器7a,7bが逆方向へ低
速で循環変動し、遊技者の期待感を刺激することとな
る。
【0036】ところで、図柄表示器7a,7bを逆方向
へ低速で循環変動する作動態様は、図柄表示器7cが図
柄表示器7a,7bの数値と等しいか、または、前後値
等近接した数値の時のみ実行するようにしても良い。こ
れにより、遊技者は図柄表示器7a,7bの逆方向循環
により、大当りになる確率が極めて高いことを知得で
き、期待感が高揚することとなる。
【0037】この構成は、K=0の場合には、上述と同
様に、図柄表示器7a,7bを逆循環変動させれば良
く、K≠0の場合には、乱数列M1 ,M2 からの選出値
が等しくなった場合に、乱数列M3 の選出値を調べて、
所定の差異内にある場合に、図柄表示器7a,7bを逆
循環変動させることにより実行される。
【0038】これらの各制御も図3で示すように中央制
御装置CPUにより構成される制御指令手段により実行
されることとなる。
【0039】上述した図柄表示器7a,7bが逆循環変
動するリーチ状態となった場合には、音楽を変換するよ
うにすれば、さらに高揚感が高まる。これは図3に示す
中央制御装置CPUに接続されたスピーカーを制御する
音処理装置により実行される。
【0040】そして図柄表示器7cが図柄停止して図柄
表示器7a,7b,7cが例えば「1,1,1」、
「2,2,2」、「3,3,3」、「4,4,4」等、
数字又はアルファベットからなる図柄が同一となった場
合には、「大当り」となって報知装置がファンファーレ
を発すると共に、入賞装置22のソレノイドが駆動し
て、蓋体24が前方に傾動して特別入賞口23が開放
し、約10個の遊技球が入賞するか、所定時間が経過する
まで開放を行う。この特別入賞口23にあっては、特定
領域23aを通過した時は、連続駆動し、その開放動作
終了後に再び特別入賞口23が解放する。この連続作動
の回数は、初回開放を含め最高16回までとする。
【0041】
【発明の効果】本発明は、リーチ状態となると、最後の
図柄表示器が図柄停止するまで、これ以外の図柄表示器
を再び逆方向へ循環変動させるようにしたから、遊技者
はリーチ状態で期待感を刺激され、パチンコ遊技の興趣
を増大し得ることとなる等の優れた効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のパチンコ機1の機枠2を示す正面図で
ある。
【図2】本発明の図柄組合わせ表示装置6の正面図であ
る。
【図3】中央制御装置CPUを示すブロック回路図であ
る。
【符号の説明】
1 パチンコ機 6 図柄組合わせ表示装置 7a,7b,7c 図柄表示器 14 始動口 15 入賞口開閉装置 22 入賞装置 23 特別入賞口

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 予め定められた種々の図柄を変動表示す
    る複数の図柄表示器によって構成され、球検知装置を備
    えた始動口を遊技球が通過すると、球検知装置からの球
    検知信号に基づいて各図柄表示器の表示図柄が一方向へ
    の循環変動を開始し、停止して種々の組合わせの図柄を
    表示する図柄組合わせ表示装置と、前記図柄組合わせ表
    示装置の各停止図柄が所定の組合わせである場合に開放
    作動する特別入賞口とを備えたものにあって、 夫々特定の数値を当たり値とする第一の乱数列と、第二
    の乱数列とを備え、第一及び第二の乱数列のいずれもが
    当たり値が選出された場合に、遊技者に所定の利益を供
    与する大当りとして、前記図柄組合わせ表示装置の各図
    柄表示器に所定の大当たりの組み合わせ表示を実行させ
    ると共に、 前記第一の乱数列から当たり値が選出された時に、最後
    に図柄停止する図柄表示器以外の図柄表示器を所定の組
    合わせ図柄として一旦停止し、さらに続けて最後の図柄
    表示器が図柄停止するまで、再び逆方向へ循環変動させ
    るようにした制御内容を備える制御指令手段を具備した
    ことを特徴とするパチンコ機。
  2. 【請求項2】 予め定められた種々の図柄を変動表示す
    る複数の図柄表示器によって構成され、球検知装置を備
    えた始動口を遊技球が通過すると、球検知装置からの球
    検知信号に基づいて各図柄表示器の表示図柄が一方向へ
    の循環変動を開始し、停止して種々の組合わせの図柄を
    表示する図柄組合わせ表示装置と、前記図柄組合わせ表
    示装置の各停止図柄が所定の組合わせである場合に開放
    作動する特別入賞口とを備えたものにあって、 夫々特定の数値を当たり値とする第一の乱数列と、第二
    の乱数列と、第三の乱数列とを備え、第一及び第二の乱
    数列のいずれもが当たり値が選出された場合に、遊技者
    に所定の利益を供与する大当りとして、前記図柄組合わ
    せ表示装置の各図柄表示器に所定の大当たりの組み合わ
    せ表示を実行させると共に、 前記第一の乱数列及び第三の乱数列から当たり値が選出
    された時に、最後に図柄停止する図柄表示器以外の図柄
    表示器を所定の組合わせ図柄として一旦停止し、さらに
    続けて最後の図柄表示器が図柄停止するまで、再び逆方
    向へ循環変動させるようにした制御内容を備える制御指
    令手段を具備したことを特徴とするパチンコ機。
JP4345356A 1992-11-30 1992-11-30 パチンコ機 Expired - Lifetime JP2929054B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4345356A JP2929054B2 (ja) 1992-11-30 1992-11-30 パチンコ機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4345356A JP2929054B2 (ja) 1992-11-30 1992-11-30 パチンコ機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06165858A JPH06165858A (ja) 1994-06-14
JP2929054B2 true JP2929054B2 (ja) 1999-08-03

Family

ID=18376045

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4345356A Expired - Lifetime JP2929054B2 (ja) 1992-11-30 1992-11-30 パチンコ機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2929054B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4334587B2 (ja) * 2007-08-09 2009-09-30 株式会社三共 遊技機
JP4334586B2 (ja) * 2007-08-09 2009-09-30 株式会社三共 遊技機
JP4401404B2 (ja) * 2007-08-09 2010-01-20 株式会社三共 遊技機
JP4401403B2 (ja) * 2007-08-09 2010-01-20 株式会社三共 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06165858A (ja) 1994-06-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3013065B2 (ja) パチンコ機
JP2002315917A (ja) パチンコ遊技機
JP2929054B2 (ja) パチンコ機
JP2002159686A (ja) パチンコ遊技機
JP2002066043A (ja) パチンコ遊技機
JP2681248B2 (ja) パチンコ機
JP2754145B2 (ja) 遊技機
JPH11342242A (ja) 弾球遊技機
JP2929055B2 (ja) パチンコ機
JP2747649B2 (ja) パチンコ機
JP2847231B2 (ja) パチンコ機
JP3839270B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2686694B2 (ja) パチンコ機
JP2001204928A (ja) 弾球遊技機
JPH08112411A (ja) パチンコ遊技機の入賞制御装置
JP2002186729A (ja) パチンコ遊技機
JP2844163B2 (ja) パチンコ機
JP2002210119A (ja) パチンコ遊技機
JP2005334091A (ja) 遊技機
JP2732169B2 (ja) パチンコ機
JP2002066021A (ja) パチンコ機
JP2002200250A5 (ja)
JP3640617B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2686695B2 (ja) パチンコ機
JP2002113205A (ja) パチンコ遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090521

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130521

Year of fee payment: 14

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130521

Year of fee payment: 14