JP2922429B2 - Acoustic piano keyboard device - Google Patents

Acoustic piano keyboard device

Info

Publication number
JP2922429B2
JP2922429B2 JP6194928A JP19492894A JP2922429B2 JP 2922429 B2 JP2922429 B2 JP 2922429B2 JP 6194928 A JP6194928 A JP 6194928A JP 19492894 A JP19492894 A JP 19492894A JP 2922429 B2 JP2922429 B2 JP 2922429B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
keyboard
switch
key
detection
reed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP6194928A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0844343A (en
Inventor
伸二 新妻
Original Assignee
株式会社河合楽器製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社河合楽器製作所 filed Critical 株式会社河合楽器製作所
Priority to JP6194928A priority Critical patent/JP2922429B2/en
Publication of JPH0844343A publication Critical patent/JPH0844343A/en
Priority claimed from US08/939,438 external-priority patent/US5894099A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2922429B2 publication Critical patent/JP2922429B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
【0001】[0001]
【産業上の利用分野】本発明は、止音ピアノや自動演奏
ピアノなどのような、押鍵情報を検出するための鍵盤ス
イッチを組み込んだアコースティックピアノの鍵盤装置
に関するものである。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a keyboard device for an acoustic piano, such as a sound-stopping piano or an automatic performance piano, which incorporates a keyboard switch for detecting key press information.
【0002】[0002]
【従来の技術】止音ピアノは、昼間などには、ハンマー
の打弦による通常のアコースティック演奏を行う一方、
夜間などでは、騒音防止のために、ハンマーによる打弦
を停止するとともに、押鍵情報に基づき内蔵の音源装置
で生成された電子音をヘッドホンで聞きながら、止音演
奏を行えるようにしたものである。この場合、鍵盤スイ
ッチは、押鍵情報を検出するのに用いられる。
2. Description of the Related Art A sound-stopping piano performs a normal acoustic performance by hammer striking during the daytime,
At night, in order to prevent noise, the hammer stops striking the strings and allows the user to listen to the electronic sound generated by the built-in sound source device based on key press information using headphones while performing a sound stop performance. is there. In this case, the keyboard switch is used to detect key press information.
【0003】また、自動演奏ピアノは、各鍵盤の後部下
方に設けられたソレノイドなどのアクチュエータを、制
御装置の制御により、所定のタイミングで駆動して、鍵
盤の後部を突き上げることにより、自動演奏を行えるよ
うにしたものである。この場合の鍵盤スイッチは、例え
ば、アコースティック演奏時に押鍵情報を検出して、メ
モリに記憶させるのに用いられる。制御装置は、メモリ
に記憶された押鍵情報を読み出しながら、自動演奏制御
を行う。
In an automatic performance piano, an automatic performance is performed by driving an actuator such as a solenoid provided below a rear portion of each keyboard at a predetermined timing under the control of a control device to push up the rear portion of the keyboard. It is something that can be done. The keyboard switch in this case is used, for example, to detect key press information during an acoustic performance and store it in a memory. The control device performs automatic performance control while reading the key press information stored in the memory.
【0004】この種のアコースティックピアノに用いら
れる鍵盤スイッチは、例えば特開平3−161795号
公報に開示されている。この鍵盤スイッチは、鍵盤の下
面に埋め込まれたシャッタと、このシャッタの下方に上
下2段に配置された2つの光スイッチとを備えている。
各光スイッチは、発光ダイオードなどの発光素子と、フ
ォトダイオードなどの受光素子とから成るフォトカプラ
で構成されている。そして、鍵盤が押鍵されると、鍵盤
のシャッタが、各光スイッチの発光素子と受光素子との
間を通過する際に、発光素子からの光を遮断し、この状
態を受光素子が検知することによって、押鍵情報、すな
わち押鍵の有無と押鍵速度(ベロシティー)を検出する
ようになっている。このように、鍵盤が鍵盤スイッチに
機械的に接触しない非接触状態で、押鍵情報を検出する
ことにより、アコースティック演奏時の鍵盤タッチに悪
影響を及ぼさないようにしている。
A keyboard switch used for this kind of acoustic piano is disclosed, for example, in Japanese Patent Application Laid-Open No. Hei 3-161795. This keyboard switch includes a shutter embedded in the lower surface of the keyboard, and two optical switches arranged below the shutter in two upper and lower stages.
Each optical switch is constituted by a photocoupler including a light emitting element such as a light emitting diode and a light receiving element such as a photodiode. When the keyboard is depressed, the shutter of the keyboard blocks light from the light emitting element when passing between the light emitting element and the light receiving element of each optical switch, and the light receiving element detects this state. Accordingly, key press information, that is, the presence / absence of key press and the key press speed (velocity) are detected. In this way, by detecting key press information in a non-contact state in which the keyboard does not mechanically contact the keyboard switch, the keyboard touch during acoustic performance is not adversely affected.
【0005】[0005]
【発明が解決しようとする課題】しかし、この鍵盤スイ
ッチは、高価なフォトカプラで構成された2つの光スイ
ッチを、鍵盤ごとに設ける必要があるため、スイッチ自
体の材料コストが非常に高くなるという欠点がある。ま
た、この鍵盤スイッチは、各光スイッチの互いに分離さ
れた2つの素子間をシャッタで遮断することによって、
押鍵情報を検出するように構成されているため、シャッ
タを非常に高い位置精度で取り付けることが必要であ
る。このため、シャッタの位置調整が非常に微妙で煩雑
なものとなり、このような調整を88鍵すべてについて
行えば、それに要する時間が膨大になり、やはり大幅な
コスト増を招いてしまう。
However, in this keyboard switch, it is necessary to provide two optical switches each composed of an expensive photocoupler for each keyboard, so that the material cost of the switch itself is extremely high. There are drawbacks. Also, this keyboard switch shuts off between two elements of each optical switch separated from each other by a shutter,
Since it is configured to detect key press information, it is necessary to attach the shutter with very high positional accuracy. For this reason, the position adjustment of the shutter becomes very delicate and complicated, and if such an adjustment is performed for all 88 keys, the time required for the adjustment becomes enormous, which also causes a significant increase in cost.
【0006】本発明は、このような問題を解決するため
になされたものであり、良好な鍵盤タッチを保持しつ
つ、鍵盤スイッチのコストを削減することができるアコ
ースティックピアノの鍵盤装置を提供することを目的と
している。
The present invention has been made to solve such a problem, and it is an object of the present invention to provide a keyboard device for an acoustic piano which can reduce the cost of a keyboard switch while maintaining good keyboard touch. It is an object.
【0007】[0007]
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明のアコースティックピアノの鍵盤装置は、筬
上に揺動自在に設けられた鍵盤と、この鍵盤の後部に設
けられ、鍵盤の押鍵に連動して弦を打弦することによ
り、発音を行わせるアクションと、筬に取り付けられ、
鍵盤の押鍵情報を検出するための鍵盤スイッチとを備
え、この鍵盤スイッチが、ゴムスイッチで構成されると
ともに、押鍵された鍵盤により押圧可能な検出位置と、
押鍵された鍵盤により押圧不能な非検出位置との間で、
筬に移動自在に取り付けられていることを特徴としてい
る。
In order to achieve the above object, a keyboard device for an acoustic piano according to the present invention comprises a keyboard swingably provided on a reed, a keyboard provided at a rear portion of the keyboard, and a key for pressing the keyboard. By striking the string in conjunction with the key, the action to make it sound, and attached to the reed,
A keyboard switch for detecting key press information of the keyboard, and this keyboard switch is formed of a rubber switch, and a detection position that can be pressed by a pressed key;
Between a non-detection position that cannot be depressed by a depressed key,
It is characterized by being movably attached to a reed.
【0008】この場合、複数の鍵盤スイッチがベースに
並設して取り付けられ、ベースが筬に移動自在に取り付
けられていることが好ましい。
In this case, it is preferable that a plurality of keyboard switches are mounted side by side on the base, and the base is movably mounted on the reed.
【0009】また、この場合、鍵盤スイッチが、検出位
置と非検出位置との間で、筬にスライド自在に取り付け
られていることが好ましい。
In this case, it is preferable that the keyboard switch is slidably mounted on the reed between a detection position and a non-detection position.
【0010】さらにこの場合、複数の前記鍵盤スイッチ
がベースに並設して取り付けられ、ベースが筬にスライ
ド自在に取り付けられていることが好ましい。
Further, in this case, it is preferable that the plurality of keyboard switches are mounted side by side on the base, and the base is slidably mounted on the reed.
【0011】[0011]
【作用】上述したアコースティックピアノの鍵盤装置に
よれば、鍵盤が押鍵されると、これに連動してアクショ
ンが作動し、弦を打弦して発音を行わせることにより、
アコースティック演奏が行われる。一方、鍵盤スイッチ
は、検出位置に位置している場合には、押鍵された鍵盤
で押圧されることにより、鍵盤の押鍵情報を検出して、
所定の制御装置やメモリなどに伝達する。また、鍵盤の
押鍵情報を検出する必要がなく、アコースティック演奏
のみを行いたい場合には、鍵盤スイッチを非検出位置ま
で移動させることにより、鍵盤が鍵盤スイッチを押圧し
ない状態となるので、アコースティック演奏における鍵
盤タッチにはまったく影響を及ぼさない。
According to the above-described keyboard device for an acoustic piano, when a key is depressed, an action is activated in conjunction with the depression of the key, thereby striking a string to produce sound.
Acoustic performance is performed. On the other hand, when the keyboard switch is located at the detection position, the keyboard switch detects key depression information of the keyboard by being pressed by a depressed key,
The information is transmitted to a predetermined control device or a memory. If it is not necessary to detect the key press information of the keyboard and only want to perform an acoustic performance, move the keyboard switch to the non-detection position so that the keyboard does not press the keyboard switch. It has no effect on the keyboard touch.
【0012】また、鍵盤スイッチは、ゴムスイッチで構
成されているので、光スイッチと比較して、スイッチ自
体の材料コストがかなり低いとともに、あらかじめ一体
に組み立てた後に筬に取り付けることができ、簡単にか
つ短時間で取り付けられる。その結果、鍵盤スイッチの
コストが削減される。
Since the keyboard switch is made of a rubber switch, the material cost of the switch itself is considerably lower than that of the optical switch. And can be installed in a short time. As a result, the cost of the keyboard switch is reduced.
【0013】また、請求項2に記載の鍵盤装置では、ベ
ースを筬に対して移動させるだけで、複数の鍵盤スイッ
チを同時に移動でき、検出位置と非検出位置の間の鍵盤
スイッチの移動が容易になる。
Further, in the keyboard device according to the present invention, a plurality of keyboard switches can be simultaneously moved only by moving the base with respect to the reed, and the keyboard switches can be easily moved between the detected position and the non-detected position. become.
【0014】さらに、請求項3に記載の鍵盤装置では、
鍵盤スイッチは、スライドにより、検出位置と非検出位
置との間で移動するので、鍵盤スイッチの移動を、簡便
な構成で実現することができる。
Further, in the keyboard device according to the third aspect,
Since the keyboard switch is moved between the detection position and the non-detection position by sliding, the movement of the keyboard switch can be realized with a simple configuration.
【0015】また、請求項4に記載の鍵盤装置では、ベ
ースを筬に対してスライドさせるだけで、複数の鍵盤ス
イッチを同時にスライドさせることができ、検出位置と
非検出位置の間の鍵盤スイッチの移動が一層、容易にな
る。
In the keyboard device according to the present invention, a plurality of keyboard switches can be slid simultaneously by simply sliding the base with respect to the reed, and the keyboard switch between the detection position and the non-detection position can be slid. Movement is further facilitated.
【0016】[0016]
【実施例】以下、本発明の好ましい実施例を、図面を参
照しながら、詳細に説明する。図1は、本発明を適用し
た止音機能付きのグランドピアノの鍵盤装置を示してい
る。この鍵盤装置1は、前後方向(図1の左右方向)に
延びる筬2と、筬2に揺動自在に取り付けられた88個
の鍵盤3(1個のみ図示)と、各鍵盤3の後部に設けら
れたアクション4と、各アクション4の上方に配置さ
れ、水平に延びる弦5と、各鍵盤3の押鍵情報を検出す
るための鍵盤スイッチ6と、鍵盤スイッチ6による検出
結果に基づいて電子音を生成するための、図示しない制
御装置および音源装置とを備えている。
DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Preferred embodiments of the present invention will be described below in detail with reference to the drawings. FIG. 1 shows a keyboard device of a grand piano with a sound deadening function to which the present invention is applied. The keyboard device 1 includes a reed 2 extending in the front-rear direction (the left-right direction in FIG. 1), 88 keys 3 (only one is shown) swingably attached to the reed 2, and a rear portion of each key 3. An action 4 provided, a string 5 disposed above the action 4 and extending horizontally, a keyboard switch 6 for detecting key press information of each keyboard 3, and an electronic device based on a detection result by the keyboard switch 6. It includes a control device and a sound source device (not shown) for generating a sound.
【0017】鍵盤3は、白鍵3aおよび黒鍵3bで構成
され、各鍵盤3は、前後方向に延びる木製の鍵盤本体7
と、この鍵盤本体7の前端部に接着された樹脂製の鍵盤
表皮8で構成されている。鍵盤3の中央部には、上下方
向に貫通するバランスピン孔9が形成される一方、筬2
の中央部上面に固定された筬中10には、バランスピン
11が立設されている。鍵盤3は、バランスピン孔9を
バランスピン11に通すことにより、バランスピン11
を中心として、揺動自在に支持されている。また、鍵盤
3の押鍵時の下限位置は、鍵盤3の前端部下面が、筬2
に固定したストッパ板12に当接することによって、規
制される。
The keyboard 3 is composed of a white key 3a and a black key 3b. Each keyboard 3 has a wooden keyboard body 7 extending in the front-rear direction.
And a resin keyboard skin 8 adhered to the front end of the keyboard body 7. A balance pin hole 9 penetrating vertically is formed in the center of the keyboard 3 while the reed 2
A balance pin 11 is provided upright on the reed 10 fixed to the upper surface of the central part of the reed. The keyboard 3 is formed by passing the balance pin hole 9 through the balance pin 11 so that the balance pin 11
Is supported so as to be able to swing around the center. The lower limit position of the keyboard 3 when the key is pressed is such that the lower surface of the front end of the keyboard 3 is
It is regulated by abutting against the stopper plate 12 which is fixed to the stopper plate 12.
【0018】アクション4は、グランドピアノ・アクシ
ョンで構成されており、すなわちジャック14、レペテ
ィションバー15、ハンマー16やダンパー17などを
備えている。アクション4は、鍵盤3の押鍵に連動して
作動し、そのハンマー16が突き上げられて、弦5を下
から打弦する。
The action 4 is constituted by a grand piano action, that is, includes a jack 14, a repetition bar 15, a hammer 16, a damper 17, and the like. The action 4 operates in conjunction with the key depression of the keyboard 3, the hammer 16 of which is pushed up, and the string 5 is struck from below.
【0019】また、この鍵盤装置1には、当該グランド
ピアノを、アコースティック演奏モードと止音演奏モー
ドに切り換えるための、断面L形のストッパ18が設け
られている。ストッパ18は、上側のアコースティック
演奏モード位置(図1の実線位置)と、下側の止音演奏
モード位置(破線位置)との間で、上下方向に移動自在
に構成されている。ストッパ18のモード位置の切換え
は、所定の切換えスイッチ(図示せず)を操作すること
によって行われる。ストッパ18がアコースティック演
奏モード位置にあるときには、ハンマー16が弦5を打
弦することにより、アコースティック演奏が行われる一
方、止音演奏モード位置にあるときには、ハンマーシャ
ンク16aがストッパ18に当接し、ハンマー16が弦
5の手前で停止する状態となって、アコースティック演
奏が禁止され、鍵盤スイッチ6の検出結果に基づいた止
音演奏が行われる。
The keyboard device 1 is provided with an L-shaped stopper 18 for switching the grand piano between an acoustic performance mode and a silent performance mode. The stopper 18 is configured to be vertically movable between an upper acoustic performance mode position (solid line position in FIG. 1) and a lower sound stop performance mode position (broken line position). Switching of the mode position of the stopper 18 is performed by operating a predetermined switch (not shown). When the stopper 18 is at the acoustic performance mode position, the acoustic performance is performed by the hammer 16 striking the string 5, and when the stopper 18 is at the sound stop performance mode position, the hammer shank 16a contacts the stopper 18 and the hammer 16 stops before the string 5, the acoustic performance is prohibited, and the sound stop performance based on the detection result of the keyboard switch 6 is performed.
【0020】鍵盤スイッチ6は、鍵盤3の並び方向に延
びる断面U字状のベース板(ベース)19と、ベース板
19上に固定されたプリント基板20と、各鍵盤3の下
面に対向するようにプリント基板20上に並設された、
鍵盤3と同数の複数のゴムスイッチ本体(1個のみ図
示)21とによって、一体に構成されている。プリント
基板20は、一端部が、ベース板19上に固定した取付
金具22に挟持されるとともに、中央部が、スペーサ2
3を介してねじ24でベース板19に共締めされること
によって、ベース板19に固定されている。
The keyboard switch 6 has a base plate (base) 19 having a U-shaped cross section extending in the direction in which the keyboards 3 are arranged, a printed circuit board 20 fixed on the base plate 19, and a lower surface of each keyboard 3. Are arranged side by side on the printed circuit board 20,
The keyboard 3 and a plurality of rubber switch bodies (only one is shown) 21 of the same number are integrally formed. One end of the printed circuit board 20 is sandwiched between mounting brackets 22 fixed on the base plate 19, and the center of the printed circuit board 20 is the spacer 2.
It is fixed to the base plate 19 by being jointly fastened to the base plate 19 with screws 24 via 3.
【0021】このように構成された鍵盤スイッチ6は、
筬中10の前側に固定した断面ほぼU字状のケース25
に、上下方向にスライド自在に収容されている。すなわ
ち、鍵盤スイッチ6は、ベース板19の側壁がケース2
5の側壁に摺接した状態で、上方の検出位置(図1の位
置)と、下方の非検出位置との間でスライド自在に構成
されている。鍵盤スイッチ6は、検出位置では、ゴムス
イッチ本体21が鍵盤3に近接し、押鍵された鍵盤3に
よって押圧される状態となって、押鍵情報の検出が可能
になる一方、非検出位置では、ゴムスイッチ本体21が
鍵盤3から遠く離れ、鍵盤3で押圧されない状態となっ
て、押鍵情報の検出は不能になる。
The keyboard switch 6 configured as described above
A case 25 having a substantially U-shaped cross section fixed to the front side of the reed 10
Are slidably accommodated in the up-down direction. That is, the keyboard switch 6 has the side wall of the base plate 19 formed of the case 2.
5 is configured to be slidable between an upper detection position (the position in FIG. 1) and a lower non-detection position while being in sliding contact with the side wall 5. At the detection position, the keyboard switch 6 is in a state where the rubber switch main body 21 is close to the keyboard 3 and is pressed by the depressed keyboard 3 so that key depression information can be detected. The rubber switch body 21 is far away from the keyboard 3 and is not pressed by the keyboard 3, so that it is impossible to detect key press information.
【0022】図1の符号26は、鍵盤スイッチ6を検出
位置と非検出位置の間でスライドさせるための駆動レバ
ーである。この駆動レバー26は、鍵盤3の並び方向の
両側にそれぞれ配置された一対で構成されており(1個
のみ図示)、それらの各々は、駆動板27と操作ノブ2
8で構成されている。駆動板27は、下端部がベース板
19の下面に前記ねじ24で固定されて、鍵盤3の上面
よりも上方に延びており、上端に操作ノブ28が取り付
けられている。なお、駆動レバー26には、鍵盤スイッ
チ6を検出位置に保持するための、図示しないロック部
材が設けられている。
Reference numeral 26 in FIG. 1 denotes a drive lever for sliding the keyboard switch 6 between a detection position and a non-detection position. The drive levers 26 are formed as a pair (only one is shown) arranged on both sides of the keyboard 3 in the arrangement direction, and each of them is composed of a drive plate 27 and an operation knob 2.
8. The drive plate 27 has a lower end fixed to the lower surface of the base plate 19 with the screw 24, extends above the upper surface of the keyboard 3, and has an operation knob 28 attached to the upper end. The drive lever 26 is provided with a lock member (not shown) for holding the keyboard switch 6 at the detection position.
【0023】ゴムスイッチ本体21は、電子ピアノなど
に一般的に用いられるのと同様のものであり、2つの図
示しないゴム接点を備え、この2つのゴム接点が、プリ
ント基板20上に形成された対応する接点(図示せず)
に、鍵盤3の異なる押鍵ストロークで順次、接触するこ
とにより、ONするように構成されている。
The rubber switch body 21 is the same as that generally used for an electronic piano or the like, and has two rubber contacts (not shown). These two rubber contacts are formed on the printed circuit board 20. Corresponding contacts (not shown)
Then, it is configured to be turned on by sequentially touching the keyboard 3 with different key depression strokes.
【0024】制御装置は、マイクロコンピュータで構成
されており、鍵盤スイッチ6から出力されたON信号に
基づいて、音源装置を制御する。音源装置は、音源LS
Iなどで構成されており、制御装置による制御の下、押
鍵状態に応じた電子音を生成し、ヘッドホンを介して演
奏者に出力する。
The control device is constituted by a microcomputer, and controls the tone generator based on the ON signal output from the keyboard switch 6. The sound source device is a sound source LS
I, and the like, under the control of the control device, generates an electronic sound corresponding to the key pressed state, and outputs it to the player via headphones.
【0025】次に、上記構成の鍵盤装置1の動作を説明
する。アコースティック演奏を行う場合には、まず、両
駆動レバー26の操作ノブ28を持ち、駆動板27がケ
ース25の下面に当接するまで、押し下げることによ
り、鍵盤スイッチ6を非検出位置にスライドさせる。次
に、切換えスイッチを操作して、ストッパ18をアコー
スティック演奏モード位置に移動させる。この状態で、
鍵盤3を押鍵すると、これに連動して、アクション4が
作動し、ハンマー16が上方に突き上げられて、弦5を
叩くことにより、通常と同様のアコースティック演奏を
行うことができる。この場合、鍵盤スイッチ6が非検出
位置にあり、鍵盤3の下面が鍵盤スイッチ6に接触する
ことがないので、鍵盤スイッチ6のゴムの弾性反力が鍵
盤タッチに悪影響を及ぼすことはなく、良好な鍵盤タッ
チを保持することができる。
Next, the operation of the keyboard device 1 having the above configuration will be described. When performing an acoustic performance, the keyboard switch 6 is first slid to the non-detection position by holding the operation knob 28 of both drive levers 26 and depressing the drive plate 27 until the drive plate 27 contacts the lower surface of the case 25. Next, the changeover switch is operated to move the stopper 18 to the acoustic performance mode position. In this state,
When the keyboard 3 is depressed, the action 4 is activated in conjunction with the key depression, the hammer 16 is pushed upward, and the string 5 is hit, so that the same acoustic performance as usual can be performed. In this case, since the keyboard switch 6 is at the non-detection position and the lower surface of the keyboard 3 does not contact the keyboard switch 6, the elastic reaction force of the rubber of the keyboard switch 6 does not adversely affect the keyboard touch. Key touch can be maintained.
【0026】止音演奏を行う場合には、両駆動レバー2
6の操作ノブ28を上方に操作して、鍵盤スイッチ6を
検出位置までスライドさせ、次いで、切換えスイッチを
操作して、ストッパ18を止音演奏モード位置に移動さ
せる。この状態で、鍵盤3を押鍵すると、アクション4
の作動によりハンマー16が上方に突き上げられるが、
ストッパ18との当接によって弦5の打弦が阻止される
ので、打弦音は発生しない。
When performing a silent performance, the two drive levers 2
By operating the operation knob 28 upward, the keyboard switch 6 is slid to the detection position, and then the changeover switch is operated to move the stopper 18 to the silent performance mode position. In this state, when key 3 is pressed, action 4
The hammer 16 is pushed upward by the operation of
Since the striking of the string 5 is prevented by the contact with the stopper 18, no striking sound is generated.
【0027】一方、鍵盤3の押鍵に伴って、鍵盤スイッ
チ6が鍵盤3の下面で押圧されることにより作動し、そ
のON信号が制御装置に出力される。制御装置は、この
ON信号から押鍵された鍵盤3のキーナンバーを、ON
時間差から押鍵速度をそれぞれ決定し、その結果に従っ
て音源装置を制御する。音源装置は、制御装置による制
御に従って、押鍵状態に応じた電子音を生成し、ヘッド
ホンを介して演奏者に出力する。したがって、演奏者
は、この電子音を聞きながら、止音演奏を行うことがで
きる。
On the other hand, when the keyboard 3 is depressed, the keyboard switch 6 is operated by being pressed on the lower surface of the keyboard 3, and an ON signal is output to the control device. The control device sets the key number of the keyboard 3 depressed from the ON signal to ON.
The key pressing speed is determined from the time difference, and the sound source device is controlled according to the result. The sound source device generates an electronic sound according to a key pressed state according to control by the control device, and outputs the generated electronic sound to a player via headphones. Therefore, the player can perform the sound-stopping performance while listening to the electronic sound.
【0028】以上のように、本実施例の鍵盤装置1によ
れば、アコースティック演奏と止音演奏を、適宜、選択
して行うことができ、アコースティック演奏の場合に
は、鍵盤スイッチ6を非検出位置にスライドさせること
により、鍵盤3が鍵盤スイッチ6に接触することがない
ので、良好な鍵盤タッチを保持することができる。
As described above, according to the keyboard device 1 of this embodiment, the acoustic performance and the silent performance can be appropriately selected and performed. In the case of the acoustic performance, the keyboard switch 6 is not detected. By sliding the keyboard to the position, the keyboard 3 does not come into contact with the keyboard switch 6, so that good keyboard touch can be maintained.
【0029】また、鍵盤スイッチ6は、ゴムスイッチで
構成されているので、従来の光スイッチと比較して、ス
イッチ自体の材料コストがかなり低いとともに、あらか
じめ一体に組み立てた後に、筬2に簡単にかつ短時間で
取り付けることができ、したがって、鍵盤スイッチ6の
コストを大幅に削減することができる。さらに、ベース
板19を筬2に対してスライドさせるだけで、すべての
ゴムスイッチ本体21を同時にスライドさせることがで
き、したがって、検出位置と非検出位置間の鍵盤スイッ
チ6の移動をより容易に行うことができる。
Further, since the keyboard switch 6 is formed of a rubber switch, the material cost of the switch itself is considerably lower than that of the conventional optical switch. In addition, the keyboard switch 6 can be mounted in a short time, and therefore, the cost of the keyboard switch 6 can be significantly reduced. Further, by simply sliding the base plate 19 with respect to the reed 2, all the rubber switch bodies 21 can be slid at the same time, so that the movement of the keyboard switch 6 between the detection position and the non-detection position can be performed more easily. be able to.
【0030】図2は、本発明の第2実施例に係る鍵盤装
置を示している。この鍵盤装置31は、止音機能付きの
アップライトピアノに本発明を適用したものである。こ
のため、この鍵盤装置31は、第1実施例の鍵盤装置1
と比較し、アクションとして、アップライトピアノ・ア
クション34を用いた点だけが異なるものである。ま
た、この相違に対応して、演奏モードを切り換えるため
のストッパ38は、後方のアコースティック演奏モード
位置(図2の実線位置)と、前方の止音演奏モード位置
(破線位置)との間で、前後方向に移動自在に構成され
ている。他の構成は、第1実施例と同様である。したが
って、この第2実施例においても、第1実施例とまった
く同様の効果を得ることができる。
FIG. 2 shows a keyboard device according to a second embodiment of the present invention. The keyboard device 31 is obtained by applying the present invention to an upright piano having a sound stopping function. For this reason, the keyboard device 31 is the keyboard device 1 of the first embodiment.
The only difference is that the upright piano action 34 is used as the action. In response to this difference, the stopper 38 for switching the performance mode is provided between a rear acoustic performance mode position (solid line position in FIG. 2) and a front sound stop performance mode position (broken line position). It is configured to be movable in the front-rear direction. Other configurations are the same as in the first embodiment. Therefore, in the second embodiment, exactly the same effects as in the first embodiment can be obtained.
【0031】図3および図4は、鍵盤スイッチ6をスラ
イドさせる変形例を、それぞれ示している。図3の変形
例は、上記実施例の駆動レバー26に代えて、一対のソ
レノイド41、41によって、鍵盤スイッチ6をスライ
ドさせるものである。両ソレノイド41、41は、ケー
ス25の底面に固定されているとともに、各プランジャ
42にベース板19が載せられている。また、ソレノイ
ド41は、鍵盤3を配置した操作パネル上のスイッチ
(いずれも図示せず)により駆動されるようになってい
る。ベース板19とケース25の間には、鍵盤スイッチ
6のスライド動作を安定させるために、コイルばね43
が設けられている。
FIGS. 3 and 4 show modified examples in which the keyboard switch 6 is slid. In the modification of FIG. 3, the keyboard switch 6 is slid by a pair of solenoids 41 instead of the drive lever 26 of the above embodiment. The two solenoids 41 are fixed to the bottom surface of the case 25, and the base plate 19 is mounted on each plunger 42. Further, the solenoid 41 is driven by a switch (both not shown) on an operation panel on which the keyboard 3 is arranged. A coil spring 43 is provided between the base plate 19 and the case 25 to stabilize the sliding operation of the keyboard switch 6.
Is provided.
【0032】この構成によれば、ソレノイド41の非作
動時には、プランジャ42が縮んでいて、その上に載置
した鍵盤スイッチ6を下降した非検出位置に保持する
(同図(b)参照)一方、作動時には、プランジャ42
が所定のストロークで伸長して、鍵盤スイッチ6を検出
位置に上昇させる(同図(a)参照)。したがって、こ
の変形例では、スイッチを操作するだけで、鍵盤スイッ
チ6を、検出位置と非検出位置に自動的にワンタッチで
切り換えることができる。
According to this configuration, when the solenoid 41 is not operated, the plunger 42 is contracted, and the keyboard switch 6 placed thereon is held at the lowered non-detection position (see FIG. 2B). In operation, the plunger 42
Is extended by a predetermined stroke to raise the keyboard switch 6 to the detection position (see FIG. 3A). Therefore, in this modification, the keyboard switch 6 can be automatically switched between the detection position and the non-detection position with one touch only by operating the switch.
【0033】図4の変形例は、一対の偏心カム51、5
1によって、鍵盤スイッチ6をスライドさせるものであ
る。両偏心カム51、51は、ケース25内に配置さ
れ、その上にベース板19が載せられている。各偏心カ
ム51は、駆動軸52に一体的に固定され、駆動軸52
に連結した図示しない駆動機構を介して、操作パネルに
配置したスイッチ(いずれも図示せず)の操作により、
回転駆動されるようになっている。
FIG. 4 shows a modified example in which a pair of eccentric cams 51, 5
1, the keyboard switch 6 is slid. The two eccentric cams 51, 51 are arranged in the case 25, on which the base plate 19 is mounted. Each eccentric cam 51 is integrally fixed to a drive shaft 52,
By operating a switch (both not shown) arranged on the operation panel via a drive mechanism (not shown) connected to the
It is designed to be driven to rotate.
【0034】この構成によれば、スイッチOFF時に
は、カム51が横長の状態になっていて、鍵盤スイッチ
6を下降した非検出位置に保持する(同図(b)参照)
一方、スイッチのONにより、カム51が縦長の状態に
なって、鍵盤スイッチ6を検出位置に上昇させる(同図
(a)参照)。したがって、この変形例においても、ス
イッチを操作するだけで、鍵盤スイッチ6を、検出位置
と非検出位置に自動的にワンタッチで切り換えることが
できる。
According to this configuration, when the switch is turned off, the cam 51 is in a horizontally long state, and the keyboard switch 6 is held at the lowered non-detection position (see FIG. 3B).
On the other hand, when the switch is turned on, the cam 51 is in a vertically long state, and the keyboard switch 6 is raised to the detection position (see FIG. 3A). Therefore, also in this modified example, the keyboard switch 6 can be automatically switched between the detection position and the non-detection position with one touch only by operating the switch.
【0035】図5は、本発明の第3実施例に係る鍵盤装
置を示している。この鍵盤装置61は、第1実施例の鍵
盤装置1と比較し、鍵盤スイッチ6を筬2に回動自在に
取り付けることによって、検出位置と非検出位置の間で
移動自在とした点だけが異なるものである。より具体的
には、ケース25の筬中10側の側壁の上端部にヒンジ
62が設けられ、このヒンジ62の一辺にベース板19
が固定されている。したがって、駆動レバー26を同図
の矢印方向に操作することによって、鍵盤スイッチ6
を、ヒンジ62を中心として回動させて、同図に示す検
出位置と、下方に回動した非検出位置との間で移動させ
ることができる。その結果、上記2つの実施例と同様の
効果を得ることができる。
FIG. 5 shows a keyboard device according to a third embodiment of the present invention. The keyboard device 61 is different from the keyboard device 1 of the first embodiment only in that the keyboard switch 6 is rotatably mounted on the reed 2 so that it can be moved between a detection position and a non-detection position. Things. More specifically, a hinge 62 is provided at the upper end of the side wall of the case 25 on the side of the reed 10, and one side of the hinge 62 is attached to the base plate 19.
Has been fixed. Therefore, by operating the drive lever 26 in the direction of the arrow in FIG.
Can be rotated about the hinge 62 so as to be moved between a detection position shown in FIG. As a result, the same effects as those of the above two embodiments can be obtained.
【0036】図6は、本発明の第4実施例に係る鍵盤装
置を示している。この鍵盤装置71は、図2の第2実施
例のアップライトピアノにおいて、図5と同様に、鍵盤
スイッチ6を筬2に回動自在に取り付けたものであるの
で、詳細な説明は省略する。したがって、この実施例に
おいても、前記3つの実施例とまったく同様の効果を得
ることができる。また、図7および図8は、鍵盤スイッ
チ6を筬2に回動自在に取り付けるのに、図3および図
4と同様に構成されたソレノイド41および偏心カム5
1を、ヒンジ62と反対側に各1個、それぞれ設けたも
のである。
FIG. 6 shows a keyboard device according to a fourth embodiment of the present invention. This keyboard device 71 has the keyboard switch 6 rotatably attached to the reed 2 similarly to FIG. 5 in the upright piano of the second embodiment shown in FIG. 2, and a detailed description thereof will be omitted. Therefore, also in this embodiment, it is possible to obtain exactly the same effects as those of the three embodiments. FIGS. 7 and 8 show a solenoid 41 and an eccentric cam 5 constructed in the same manner as FIGS. 3 and 4 for rotatably attaching the keyboard switch 6 to the reed 2.
1 are provided on the opposite side of the hinge 62, respectively.
【0037】なお、上述した実施例では、止音ピアノを
例にしているが、本発明は、前述した自動演奏ピアノに
適用できるのは勿論のこと、他のタイプの鍵盤スイッチ
付きアコースティックピアノにも適用可能である。例え
ば、アコースティック演奏と同時にまたは選択的に、鍵
盤スイッチで検出した押鍵情報をMIDI信号として、
他の音源装置に出力して発音を行わせるアコースティッ
クピアノに適用してもよい。
In the above-described embodiment, a silent piano is taken as an example. However, the present invention can be applied not only to the above-mentioned automatic performance piano, but also to other types of acoustic pianos with keyboard switches. Applicable. For example, simultaneously or selectively with the acoustic performance, key press information detected by a keyboard switch is used as a MIDI signal.
The present invention may be applied to an acoustic piano that outputs sound to another sound source device so as to generate sound.
【0038】また、実施例では、すべてのゴムスイッチ
本体21を共通の1枚のベース板19上に並設している
が、ゴムスイッチ本体21をいくつかのグループにまと
めて、各グループごとに各々のベース板19に並設し、
各ベース板19を筬2に移動自在に取り付けてもよい。
その他、本発明の要旨を逸脱しない範囲で、細部の構成
を任意に変更することが可能である。
In the embodiment, all the rubber switch bodies 21 are arranged side by side on one common base plate 19. However, the rubber switch bodies 21 are grouped into several groups, and Arranged side by side on each base plate 19,
Each base plate 19 may be movably attached to the reed 2.
In addition, the configuration of the details can be arbitrarily changed without departing from the gist of the present invention.
【0039】[0039]
【発明の効果】以上のように、本発明のアコースティッ
クピアノの鍵盤装置は、良好な鍵盤タッチを保持しつ
つ、鍵盤スイッチのコストを削減することができるなど
の効果を有するものである。
As described above, the keyboard device for an acoustic piano according to the present invention has effects such as a reduction in the cost of a keyboard switch while maintaining good keyboard touch.
【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]
【図1】本発明の鍵盤装置の第1実施例を示す側面図で
ある。
FIG. 1 is a side view showing a first embodiment of a keyboard device of the present invention.
【図2】本発明の鍵盤装置の第2実施例を示す側面図で
ある。
FIG. 2 is a side view showing a second embodiment of the keyboard device of the present invention.
【図3】鍵盤スイッチを筬にスライド自在に取り付ける
変形例を示す側面図である。
FIG. 3 is a side view showing a modification in which a keyboard switch is slidably mounted on a reed.
【図4】図3と異なる変形例を示す側面図である。FIG. 4 is a side view showing a modified example different from FIG.
【図5】本発明の鍵盤装置の第3実施例を示す側面図で
ある。
FIG. 5 is a side view showing a third embodiment of the keyboard device of the present invention.
【図6】本発明の鍵盤装置の第4実施例を示す側面図で
ある。
FIG. 6 is a side view showing a fourth embodiment of the keyboard device of the present invention.
【図7】鍵盤スイッチを筬に回動自在に取り付ける変形
例を示す側面図である。
FIG. 7 is a side view showing a modification in which a keyboard switch is rotatably mounted on a reed.
【図8】図7と異なる変形例を示す側面図である。FIG. 8 is a side view showing a modified example different from FIG.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1 鍵盤装置 2 筬 3 鍵盤 4 アクション 5 弦 6 鍵盤スイッチ 19 ベース板 21 ゴムスイッチ本体 31 鍵盤装置 34 アクション 61 鍵盤装置 71 鍵盤装置 DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Keyboard device 2 Reed 3 Keyboard 4 Action 5 String 6 Keyboard switch 19 Base plate 21 Rubber switch body 31 Keyboard device 34 Action 61 Keyboard device 71 Keyboard device

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】(57) [Claims]
  1. 【請求項1】 筬上に揺動自在に設けられた鍵盤と、 この鍵盤の後部に設けられ、鍵盤の押鍵に連動して弦を
    打弦することにより、発音を行わせるアクションと、 前記筬に取り付けられ、鍵盤の押鍵情報を検出するため
    の鍵盤スイッチとを備え、 この鍵盤スイッチが、ゴムスイッチで構成されるととも
    に、押鍵された鍵盤により押圧可能な検出位置と、押鍵
    された鍵盤により押圧不能な非検出位置との間で、前記
    筬に移動自在に取り付けられていることを特徴とするア
    コースティックピアノの鍵盤装置。
    A key provided on the reed so as to be swingable; an action provided at a rear portion of the key to generate a sound by striking a string in response to a key pressed on the key; A key switch attached to the reed, for detecting key press information of the keyboard, the key switch being composed of a rubber switch, and a detection position at which the key can be pressed by a pressed key; A keyboard device for an acoustic piano, wherein the keyboard device is movably attached to the reed between a non-detection position where the key cannot be pressed by a broken keyboard.
  2. 【請求項2】 複数の前記鍵盤スイッチがベースに並設
    して取り付けられ、当該ベースが前記筬に移動自在に取
    り付けられていることを特徴とする、請求項1に記載の
    アコースティックピアノの鍵盤装置。
    2. A keyboard device for an acoustic piano according to claim 1, wherein a plurality of said keyboard switches are mounted side by side on a base, and said base is movably mounted on said reed. .
  3. 【請求項3】 前記鍵盤スイッチが、前記検出位置と前
    記非検出位置との間で、前記筬にスライド自在に取り付
    けられていることを特徴とする、請求項1に記載のアコ
    ースティックピアノの鍵盤装置。
    3. The keyboard device for an acoustic piano according to claim 1, wherein the keyboard switch is slidably mounted on the reed between the detection position and the non-detection position. .
  4. 【請求項4】 複数の前記鍵盤スイッチがベースに並設
    して取り付けられ、当該ベースが前記筬にスライド自在
    に取り付けられていることを特徴とする、請求項3に記
    載のアコースティックピアノの鍵盤装置。
    4. The keyboard device for an acoustic piano according to claim 3, wherein a plurality of said keyboard switches are mounted side by side on a base, and said base is slidably mounted on said reed. .
JP6194928A 1994-07-27 1994-07-27 Acoustic piano keyboard device Expired - Lifetime JP2922429B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6194928A JP2922429B2 (en) 1994-07-27 1994-07-27 Acoustic piano keyboard device

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6194928A JP2922429B2 (en) 1994-07-27 1994-07-27 Acoustic piano keyboard device
US08/939,438 US5894099A (en) 1994-07-27 1997-09-29 Keyboard apparatus for acoustic pianos

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0844343A JPH0844343A (en) 1996-02-16
JP2922429B2 true JP2922429B2 (en) 1999-07-26

Family

ID=16332680

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6194928A Expired - Lifetime JP2922429B2 (en) 1994-07-27 1994-07-27 Acoustic piano keyboard device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2922429B2 (en)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0844343A (en) 1996-02-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7858858B2 (en) Upright piano
JP2008304652A (en) Keyboard of electronic musical instrument
JPH07219522A (en) Keyboard musical instrument
JP3861906B2 (en) Silencer for keyboard instruments
JP2922429B2 (en) Acoustic piano keyboard device
JP2922430B2 (en) Acoustic piano keyboard device
US5894099A (en) Keyboard apparatus for acoustic pianos
JP3693047B2 (en) Silencer for keyboard instruments
JPH0573029A (en) Keyboard device for electronic musical instrument
JP3479397B2 (en) Musical instrument
JP2922428B2 (en) Acoustic piano keyboard device
JP2988134B2 (en) Keyboard instrument
JP2902336B2 (en) Electronic musical instrument keyboard and electronic piano
JP2001159894A (en) Keyboard device
JPH0916177A (en) Keyboard musical instrument
JPH10133649A (en) Keyboard device for electronic musical instrument
JP3431369B2 (en) Electronic musical instrument keyboard and electronic piano
JP3373684B2 (en) Electronic musical instrument keyboard device
JP2002162969A (en) Keyboard device for electronic keyboard musical instrument
JP2009244307A (en) Grand piano
JPH0792965A (en) Piano
JPH07104755A (en) Electronic musical instrument-incorporated piano
JPH06118943A (en) Keyboards
JPH08234751A (en) Keyboard device of electronic musical instrument
JPH07271351A (en) Keyboard musical instrument

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19990323