JP2914681B2 - 画像形成装置 - Google Patents

画像形成装置

Info

Publication number
JP2914681B2
JP2914681B2 JP1213142A JP21314289A JP2914681B2 JP 2914681 B2 JP2914681 B2 JP 2914681B2 JP 1213142 A JP1213142 A JP 1213142A JP 21314289 A JP21314289 A JP 21314289A JP 2914681 B2 JP2914681 B2 JP 2914681B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
area
light
shielding
belt
image
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1213142A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0375673A (en
Inventor
修 木崎
Original Assignee
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リコー filed Critical 株式会社リコー
Priority to JP1213142A priority Critical patent/JP2914681B2/ja
Publication of JPH0375673A publication Critical patent/JPH0375673A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2914681B2 publication Critical patent/JP2914681B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は複写機等に応用される画像形成装置に関し、
より詳細には遮光領域を任意に設定できる(換言すれ
ば、露光領域を任意に設定することができる)画像形成
装置に関する。
〔従来の技術〕
全面露光手段によってベルト状感光体をフラッシュ露
光し、静電潜像を形成する画像形成装置において、従
来、該ベルト状感光体への露光は、遮光幕をモータ駆動
により移動させて遮光領域を形成し、必要とする領域
(転写紙サイズに基づいた露光領域)だけを露光する方
法が一般的に用いられている。
また、このような従来の全面露光型の画像形成装置に
おいてマスキング処理(或いは、トリミング処理)等を
実施する場合は、一日、全ての画像情報をベルト状感光
体上に静電潜像として形成後、イレーサにより該静電潜
像の不要な部分を除電することにより実現している。
さらに、複数の原稿の画像情報を合成(所謂、画像合
成)する場合、例えば、2つの原稿を合成する場合、帯
電・露光して形成した1枚目の原稿の静電潜像の不要な
部分を前述したマスキング処理(或いは、トリミング処
理)と同様にイレーサを用いて除電し、必要な部分(合
成する部分)のみを現像・定着し、続いて、2枚目の原
稿について同様に帯電・露光・イレーサによる除電・現
像・定着処理を実施して、1枚目と2枚目の原稿の合成
画像を得る。従って、n回の帯電・露光・イレーサによ
る除電・現像・定着の各処理を繰り返すことにより、n
枚の原稿の合成画像を行うことができる。
〔発明が解決しようとする課題〕
しかしながら、従来の画像形成装置によれば、遮光幕
をモータ駆動により移動する機械的制御を行っているた
め、ベルト状感光体の露光領域を形成する際、領域形成
に時間がかかり応答性が悪いと言う問題点がある。ま
た、遮光幕,モータ,ギア,ドライブ回路等を必要とす
るため、機構が複雑となり装置が大型化するという問題
点もあり、モータ駆動のため、消費電力が大きくなると
いう問題点もあった。
また、従来の画像形成装置によれば、マスキング処
理,トリミング処理,及び画像合成を実施する場合、一
旦、全ての画像情報をベルト状感光体上に静電潜像とし
て形成後、イレーサにより該静電潜像の不要な部分を除
電する方法を用いる。即ち、ベルト状感光体を高速で移
動させながらイレースを実施しており、複雑な形状の領
域をイレースする場合、端部の除電が必ずしも確実に行
えないため、端部が不鮮明になる恐れがあった。
更に、画像合成を行う場合、ベルト状感光体上に静電
潜像を形成した後、不要な部分をイレーサによって除電
した画像の合成を行うため、合成する原稿の数だけ帯電
・露光・イレーサによる除電・現像・定着の各処理を繰
り返す必要があるという不都合があった。
本発明は上記に鑑みてなされたものであって、露光領
域形成の際の応答性が良く、単純な機構で小型化でき、
消費電力が少なく、クリアで自在な形状の画像切り取り
が行え、且つ、複数枚の原稿を合成する場合でも、1回
の現像・定着処理で画像合成を実現できることを目的と
する。
〔課題を解決するための手段〕
本発明は上記の目的を達成するため、全面露光手段に
よって原稿に光を均一に照射し、前記原稿によって反射
された反射光を予め帯電されたベルト状感光体上に結像
し、前記ベルト状感光体をフラッシュ露光することによ
って静電潜像を形成する画像形成装置において、透過型
液晶表示素子からなる遮光手段と、所定の露光領域情報
に基づいて前記遮光手段の遮光制御を実行し、前記透過
型液晶表示素子中に前記原稿によって反射された反射光
を透過する透過領域および前記反射光を遮光する遮光領
域を形成して、前記ベルト状感光体上に露光領域を設定
する制御手段と、前記原稿を載置する位置に対応して設
けられ、前記原稿が存在しない場合に前記全面露光手段
によって照射された光を反射する高反射率の反射部材
と、を備え、前記所定の露光領域情報は、転写紙サイズ
情報,マスキング領域情報,トリミング領域情報および
合成画像領域情報であり、前記制御手段は、a)前記転
写紙サイズ情報に基づいて前記遮光手段の遮光制御を実
行する場合に、転写紙のサイズに対応して前記透過領域
および遮光領域を形成して、前記ベルト状感光体上に露
光領域を設定する処理を実行し、b)前記マスキング領
域情報またはトリミング領域情報に基づいて前記遮光手
段の遮光制御を実行する場合に、原稿中のマスキングし
ない画像領域およびトリミングして残す画像領域に対応
して前記透過領域を形成すると共に、前記原稿中のマス
キングする画像領域またはトリミングして取り除く画像
領域に対応して前記遮光領域を形成して、前記ベルト状
感光体上に露光領域を設定する処理を実行し、前記ベル
ト状感光体の露光が行われた後、前記遮光領域に対応し
て露光されていない前記ベルト状感光体の領域を前記反
射部材で反射された反射光で露光して除電するため、前
記透過領域を遮光領域に反転すると共に、前記遮光領域
を透過領域に反転して、前記ベルト状感光体上に露光領
域を設定する処理を実行し、c)前記合成画像領域情報
に基づいて前記遮光手段の遮光制御を実行する場合に、
原稿中の合成対象となる合成画像領域に対応した透過領
域を形成すると共に、前記原稿中の前記合成画像領域以
外の領域に対応した遮光領域を形成して、前記ベルト状
感光体上に露光領域を設定する処理を実行し、前記ベル
ト状感光体の露光が行われた後、前記透過領域を遮光領
域に反転すると共に、他の原稿中の合成対象となる合成
画像領域に対応して前記遮光領域を透過領域に反転する
処理を実行して、前記ベルト状感光体上に露光領域を設
定する処理を実行する画像形成装置を提供するものであ
る。
〔作用〕
本発明の画像形成装置における制御手段は、転写紙サ
イズ,マスキング領域情報,トリミング領域情報,及
び,合成画像領域情報等の露光領域情報に基づいて、遮
光する部分の透過型液晶表示素子を不透明(暗部)とな
るように、且つ、露光する部分の透過型液晶表示素子を
透明(明部)となるように遮光手段を制御して、ベルト
状感光体上の露光領域を設定する。
〔実施例〕
以下、本発明の画像形成装置を詳細に説明する。
第1図は本発明の画像形成装置を適用した全面露光型
の複写機の構成を示し、複写機本体100の上部にはコン
タクトガラス101が配置されており、このコンタクトガ
ラス101上に載置された原稿(図示せず)は、全面露光
型の照明装置102により均一に照明される。原稿からの
画像光線(反射光)は、実線で示すように、結像レンズ
103を介してベルト状感光体104の表面に結像される。ベ
ルト状感光体104の周囲には、ベルト状感光体104を均一
に帯電する帯電チャージャ105と、前述した画像光線の
不要な部分を遮光する遮光装置106と、原稿の地肌を形
成するために電位を調整するイレーサ107と、フィルミ
ングを解消するスウィーパ108と、ベルト状感光体104上
の静電潜像を現像する現像装置109と、用紙搬送系を介
して導かれた転写紙(図示せず)にトナーと逆極性電位
を与え、現像した画像情報を転写紙に転写するための転
写チャージャ110と、転写を終えた転写紙をベルト状感
光体104から分離するための分離チャージャ111と、ベル
ト状感光体104上の残留トナーを除去するためのクリー
ニング装置112が配置されている。ベルト状感光体104か
ら分離された転写紙は定着装置113で定着処理を施さ
れ、所定のトレイに排出される。
尚、116は転写紙サイズ,マスキング領域情報,トリ
ミング領域情報,及び,合成画像領域情報等の露光領域
情報に基づいて、遮光する部分の透過型液晶表示素子を
不透明(暗部)となるように、且つ、露光する部分の透
過型液晶表示素子を透明(明部)となるように遮光装置
106を制御する制御部を示す。また、複写機本体100には
自動原稿送り装置115が取り付けられており、該自動原
稿送り装置115の搬送用ベルト114は、マスキング及びト
リミングの処理(詳細は後述する)のために反射率の高
いベルトを使用している。
次に、動作の説明に先立って第2図A,B,Cを参照しつ
つ本発明の透過型液晶表示素子からなる遮光手段(遮光
装置106)による露光領域形成の原理について説明す
る。
遮光装置106は、第2図Aに示すように、透過型液晶
表示素子106aと、該透過型液晶表示素子106aを駆動する
ドライバ回路106bとから構成される。透過型液晶表示素
子106aは、二枚の透明電極の間にネマチック液晶を配置
した構成であり、透過型液晶表示素子106aにドライバ回
路106bを介して電圧をかけると、ネマチック液晶の分子
の並びが乱れて透明だった液晶が光を散乱して不透明に
なる。換言すれば、透過型液晶表示素子106aは電圧がか
かってない状態では、透明であり、光を透過させる(第
2図Bの液晶明部)が、電圧がかかると不透明となり、
光を遮光する(第2図Bの液晶暗部)。
この透過型液晶表示素子106aからなる遮光装置106
を、第2図Cに示すように、ベルト状感光体104の露光
経路上に配置し、遮光したい位置の透過型液晶表示素子
106aに電圧をかけることにより、前述した液晶暗部を形
成し、遮光を実施するものである。換言すれば、露光し
たい位置の透過型液晶表示素子106aを除いた他の透過型
液晶表示素子106aに電圧をかけることにより、露光領域
を形成するものである。
従って、第2図Aに示すように、転写紙サイズ,マス
キング領域情報,トリミング領域情報,及び,合成画像
領域情報等の露光領域情報に基づいて、制御部116によ
って遮光する部分の透過型液晶表示素子を不透明(暗
部)となるように、且つ、露光する部分の透過型液晶表
示素子を透明(明部)となるように遮光装置106を制御
して、露光領域を形成するものである。
以上の構成及び原理において、転写紙サイズに基づ
く遮光処理,マスキング及びトリミング処理,画像
合成処理の順にその動作を説明する。
転写紙サイズに基づく遮光処理 所定の入力手段を介して転写紙サイズ(例えば、A3サ
イズ)が設定されると、制御部116は該転写紙サイズに
基づいて、ドライバ回路106bを動作させる。その結果、
転写紙サイズに応じて、第3図に示すような液晶明部と
液晶暗部が透過型液晶表示素子106aに形成され、所定サ
イズ(ここでは、A3サイズ)の静電潜像がベルト状感光
体104上に形成される。ここで、転写紙サイズの入力
は、例えば、操作パネル等の用紙サイズ選択キーのデー
タを入力したり、或いは、自動用紙選択機能モード時に
は用紙サイズ検知センサ等のデータを入力したり、変倍
モード時には用紙搬送系と一致するサイズのデータを入
力する等のように、転写紙サイズの入力方法は特に限定
するものではない、 この転写紙サイズに基づく遮光処理では、透過型液晶
表示素子106aを用いることにより、高応答性,装置の小
型化,装置の簡素化,及び,低消費電力を実現できる。
マスキング及びトリミング処理 次に、本発明の画像形成装置によるマスキング及びト
リミング処理を説明する。
第4図A,Bはマスキング或いはトリミングする領域を
示す。先ず、マスキング処理は、原稿におけるマスキン
グしたい領域(第4図Aの暗部X)のマスキング領域情
報(座標データ)をテンキー,或いは領域指定手段(詳
細は省略する)により入力する。制御部116はマスキン
グ領域情報を入力し、その座標データに基づいてドライ
バ回路106bを動作させ、第4図Aに示すようなマスキン
グ領域Xを透過型液晶表示素子106aに形成する。次に、
コンタクトガラス101上に原稿を載置し、ベルト状感光
体104を静止させ、第1回目の露光処理を行う。このと
き、ベルト状感光体104上に、第4図Aの暗部以外の原
稿の像が露光される。続いて、ベルト状感光体104を静
止させたまま、第4図Bの露光パターンを形成し、原稿
をコンタクトガラス101上から搬送用ベルト114により送
り出す。このときコンタクトガラス101上に次の原稿が
搬送されないように制御し、反射率の高い搬送用ベルト
114を用いて再度全面露光を実行する。この全面露光に
より、第4図Bの液晶暗部は露光され、除電されるた
め、マスキングされることになる。その後、現像・定着
処理を実行し、マスキング画像を得る。トリミング処理
は、第4図A,Bの液晶明部と液晶暗部を反転させて、マ
スキングと同様の処理を実施することにより、トリミン
グ画像が得られる。
このような処理を行うことによって、本実施例の画像
形成装置では、イレーサを用いるマスキング,トリミン
グ処理に較べて、領域境界部が鮮明なマスキング,トリ
ミングを行うことができる。また、イレーサでは実行す
ることが難しい複雑な領域も透過型液晶表示素子106aの
ドット数に応じて、自在に形成することができ、更に、
より滑らかな曲線を持ったマスキング,トリミングも可
能となる。
画像合成処理 2枚の原稿の画像合成を例に、本実施例の画像形成装
置における画像合成処理を説明する。
第5図Aは1枚目の原稿の合成画像領域Yを示し、同
図Bは2枚目の原稿の合成画像領域Zを示す。これは、
1枚目の原稿の暗部に2枚目の原稿の合成画像領域Zを
はめ込む例を示している。
先ず、1枚目の原稿の合成したい領域の合成画像領域
情報をテンキー,或いは領域指定手段(詳細は省略す
る)により指定する。制御部116は合成画像領域情報に
入力し、その座標データに基づいてドライバ回路106bを
動作させ、第5図Aに示すような1枚目の原稿の露光領
域Yを透過型液晶表示素子106aに形成する。次に、ベル
ト状感光体104を静止させた状態で、第1回目の露光処
理を行う。このとき、ベルト状感光体104上に、第5図
Aの暗部以外の原稿の像が露光される。続いて、2枚目
の原稿をコンタクトガラス101上に載置し、1枚目の原
稿に合成した領域(第5図Bの領域Z)を、合成画像領
域情報として指定し、同様に、透過型液晶表示素子106a
に露光領域Zとして形成する。このとき、ベルト状感光
体104上の露光領域Zに相当する部分は、1回目の露光
時に露光されず帯電した状態を保っており、2回目の露
光時に2枚目の原稿の静電潜像が形成される。その後、
現像・定着処理を行うことにより、1枚目と2枚目の原
稿の合成画像が1回の帯電・現像・定着処理で形成され
ることになる。本実施例では、説明を簡単にするために
2枚の原稿の画像合成を例としてが、n枚の原稿の画像
合成時の、同様に1回の帯電・現像・定着処理で合成画
像を得ることが可能である。
このように、合成画像領域を透過型液晶表示素子106a
を用いて形成することで、ベルト状感光体104上の必要
な部分(静電潜像を形成する部分)のみを露光するた
め、1枚目の原稿を露光した後でも、ベルト状感光体10
4上の他の部分の帯電状態を保つことができ、次の原稿
の露光時に再び帯電処理を施すことなく、静電潜像を形
成することができる。従って、前述したようにn枚の原
稿の画像合成においても、1回の帯電処理と1回の現在
・定着処理で画像合成を行うことが可能となる。
〔発明の効果〕
以上説明したように、本発明の画像形成装置は、透過
型液晶表示素子からなる遮光手段と、所定の露光領域情
報に基づいて、遮光手段の遮光制御を実行し、ベルト状
感光体上に露光領域を設定する制御手段とを備えたた
め、露光領域形成の際の応答性が良く、単純な機構で小
型化でき、消費電力が少なく、クリアで自在な形状の画
像切り取りが実行でき、且つ、複数枚の原稿を合成する
場合でも、1回の現像・定着処理で画像合成を実現する
ことができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の画像形成装置を適用した複写機の構成
図であり、第2図A,B,Cは本発明の透過型液晶表示素子
からなる遮光手段による露光領域形成の原理を示した説
明図であり、第3図は転写紙サイズに基づく遮光処理を
示した説明図であり、第4図A,Bはマスキング及びトリ
ミング処理を示した説明図であり、第5図A,Bは画像合
成処理を示した説明図である。 符号の説明 100……複写機本体 101……コンタクトガラス 102……照明装置、103……結像レンズ 104……ベルト状感光体 105……帯電チャージャ、106……遮光装置 106a……透過型液晶表示素子 106b……ドライバ回路 107……イレーサ、108……スウィーパ 109……現像装置、110……転写チャージャ 111……分離チャージャ 112……クリーニング装置 113……定着装置 114……搬送用ベルト 115……自動原稿送り装置 116……制御部
フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) G03G 15/04 - 15/04 120 G03G 15/047 G03G 15/36

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】全面露光手段によって原稿に光を均一に照
    射し、前記原稿によって反射された反射光を予め帯電さ
    れたベルト状感光体上に結像し、前記ベルト状感光体を
    フラッシュ露光することによって静電潜像を形成する画
    像形成装置において、 透過型液晶表示素子からなる遮光手段と、 所定の露光領域情報に基づいて前記遮光手段の遮光制御
    を実行し、前記透過型液晶表示素子中に前記原稿によっ
    て反射された反射光を透過する透過領域および前記反射
    光を遮光する遮光領域を形成して、前記ベルト状感光体
    上に露光領域を設定する制御手段と、 前記原稿を載置する位置に対応して設けられ、前記原稿
    が存在しない場合に前記全面露光手段によって照射され
    た光を反射する高反射率の反射部材と、を備え、 前記所定の露光領域情報は、転写紙サイズ情報,マスキ
    ング領域情報,トリミング領域情報および合成画像領域
    情報であり、 前記制御手段は、 a)前記転写紙サイズ情報に基づいて前記遮光手段の遮
    光制御を実行する場合に、転写紙のサイズに対応して前
    記透過領域および遮光領域を形成して、前記ベルト状感
    光体上に露光領域を設定する処理を実行し、 b)前記マスキング領域情報またはトリミング領域情報
    に基づいて前記遮光手段の遮光制御を実行する場合に、
    原稿中のマスキングしない画像領域およびトリミングし
    て残す画像領域に対応して前記透過領域を形成すると共
    に、前記原稿中のマスキングする画像領域またはトリミ
    ングして取り除く画像領域に対応して前記遮光領域を形
    成して、前記ベルト状感光体上に露光領域を設定する処
    理を実行し、前記ベルト状感光体の露光が行われた後、
    前記遮光領域に対応して露光されていない前記ベルト状
    感光体の領域を前記反射部材で反射された反射光で露光
    して除電するため、前記透過領域を遮光領域に反転する
    と共に、前記遮光領域を透過領域に反転して、前記ベル
    ト状感光体上に露光領域を設定する処理を実行し、 c)前記合成画像領域情報に基づいて前記遮光手段の遮
    光制御を実行する場合に、原稿中の合成対象となる合成
    画像領域に対応した透過領域を形成すると共に、前記原
    稿中の前記合成画像領域以外の領域に対応した遮光領域
    を形成して、前記ベルト状感光体上に露光領域を設定す
    る処理を実行し、前記ベルト状感光体の露光が行われた
    後、前記透過領域を遮光領域に反転すると共に、他の原
    稿中の合成対象となる合成画像領域に対応して前記遮光
    領域を透過領域に反転する処理を実行して、前記ベルト
    状感光体上に露光領域を設定する処理を実行することを
    特徴とする画像形成装置。
JP1213142A 1989-08-17 1989-08-17 画像形成装置 Expired - Lifetime JP2914681B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1213142A JP2914681B2 (ja) 1989-08-17 1989-08-17 画像形成装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1213142A JP2914681B2 (ja) 1989-08-17 1989-08-17 画像形成装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0375673A JPH0375673A (en) 1991-03-29
JP2914681B2 true JP2914681B2 (ja) 1999-07-05

Family

ID=16634273

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1213142A Expired - Lifetime JP2914681B2 (ja) 1989-08-17 1989-08-17 画像形成装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2914681B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0375673A (en) 1991-03-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3671121A (en) Exposure device for controlling charge on a portion of a charged surface bordering an image frame projected on the charged surface
US5021832A (en) Electrophotographic copier having additional information recording function
US4593989A (en) Charge removing device for an electrophotographic copying machine
JP2914681B2 (ja) 画像形成装置
US3642366A (en) Copying machine
US4752800A (en) Recording device such as electronic blackboard
US4420245A (en) Electrophotographic copier having movable optical elements for changing the magnification of an original document
US5049936A (en) Electrophotographic copier/duplicator having dual imaging apparatus
JP3016580B2 (ja) 画像形成装置
JP2579043B2 (ja) カラー画像形成装置
JPH0743718Y2 (ja) 画像形成装置
JP3234097B2 (ja) 画像形成装置
US4928143A (en) Image forming apparatus with image erasing lamp
JPS5695271A (en) Electrophotographic method
JP2737977B2 (ja) マイクロリーダプリンタ
JPH0650372B2 (ja) 複写装置
JP2927819B2 (ja) 複写機の画像形成制御装置
JP2605917B2 (ja) カラー画像形成装置
JPH07319238A (ja) 画像形成装置
JPH07325465A (ja) 電子写真複写装置
JPH0968891A (ja) 画像読取機構制御装置
JPH05127570A (ja) 画像形成装置
JPH11133812A (ja) 画像形成装置
JPH09292758A (ja) 画像形成装置
JPS55149951A (en) Electrophotographic copying method and apparatus