JP2889717B2 - 屋根パネルの接続構造 - Google Patents

屋根パネルの接続構造

Info

Publication number
JP2889717B2
JP2889717B2 JP3050053A JP5005391A JP2889717B2 JP 2889717 B2 JP2889717 B2 JP 2889717B2 JP 3050053 A JP3050053 A JP 3050053A JP 5005391 A JP5005391 A JP 5005391A JP 2889717 B2 JP2889717 B2 JP 2889717B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
panel
roof panel
tiles
connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP3050053A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04285248A (en
Inventor
章洋 藤原
充宏 山田
健也 近藤
利昭 住友
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Electric Works Co Ltd
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Works Ltd filed Critical Matsushita Electric Works Ltd
Priority to JP3050053A priority Critical patent/JP2889717B2/ja
Publication of JPH04285248A publication Critical patent/JPH04285248A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2889717B2 publication Critical patent/JP2889717B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、複数枚の瓦板を張って
形成される屋根パネルの接続構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】屋根の施工は、母屋の上にたる木を取り
付けると共にたる木の上に野地板を張って屋根下地を施
工した後に、野地板の上に多数枚の瓦板を並べて葺くと
いう作業でおこなわれているが、屋根という高所でおこ
なわれる屋根下地の施工や多数枚の瓦板を葺くという作
業は非常に繁雑でしかも危険を伴う。そこで、パネル本
体の上に複数枚の瓦板を張って形成した屋根パネルを用
い、この屋根パネルを母屋等の屋根構造材の上に並べて
取り付けることによって、屋根下地の施工や瓦板を葺く
という作業をおこなう必要なく、屋根の施工を容易にお
こなうことができるようにした工法が本出願人等によっ
て提供されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、このような屋
根パネルを用いて屋根を施工する場合、野地板等の屋根
下地材が存在しないために、隣合う屋根パネルの接続端
部間からの雨水の浸入が問題になるものであった。本発
明は上記の点に鑑みてなされたものであり、屋根パネル
の接続端部間の防水性に優れ、加えて接続の施工性に優
れた屋根パネルの接続構造を提供することを目的とする
ものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明に係る屋根パネル
の接続構造は、パネル本体1の上面に両側に沿ってそれ
ぞれ水切りシート2,2を貼り付けると共に、各水切り
シート2の側端側の部分が露出されるようにパネル本体
1の上面に複数枚の瓦板3,3…を、軒側の瓦板3の棟
側端部の上に棟側の瓦板3の軒側端部を重ねることによ
って階段状に接続した状態で配置して張って屋根パネル
4を形成し、側端同士を突き合わせて配置される一対の
屋根パネル4,4の上に跨がるように屋根パネル4とほ
ぼ等しい長さの接続用瓦板5を配設すると共に接続用瓦
板5の表面の断面形状を屋根パネル4に配列した上記瓦
板3の階段形状と同じ階段形状に形成し、接続用瓦板5
を各屋根パネル4の上記水切りシート2の露出部2aに
重ね合わせて取り付けて成ることを特徴とするものであ
る。
【0005】
【作用】パネル本体1の上面に両側の側端に沿ってそれ
ぞれ水切りシート2,2を貼り付け、隣合って配設され
る一対の屋根パネル4,4の上に跨がるように屋根パネ
ル4とほぼ等しい長さの接続用瓦板5を配設し、接続用
瓦板5を各屋根パネル4の上記水切りシート2の露出部
2aに重ね合わせて取り付けるようにしているために、
隣合う屋根パネル4の側端間の隙間を接続用瓦板5で覆
って防水しながら接続することができ、隣合う屋根パネ
ル4の接続端部間から屋根下に雨水が浸入することを防
ぐことができる。
【0006】
【実施例】以下本発明を実施例によって詳述する。パネ
ル本体1は枠体8の上側に合板などで形成される面板9
を張って作成されるものであり、枠体8が垂木としての
機能をなし、面板9が野地板としての機能をなすのであ
る。このパネル本体1の上に防水シート10が全面に亘
って敷設してあると共に、防水シート10の上側におい
てパネル本体1の両側端部にはそれぞれ軒棟方向のほぼ
全長に亘って水切りシート2,2が張って固定してあ
る。この水切りシート2は薄金属心材をインサートした
軟質合成樹脂で長尺の帯板状に作成されるものであり、
水切りシート2の上面には軟質合成樹脂で一体に形成さ
れる複数列の水切り突片11が中央部側へ傾斜して突出
するように、長手方向(軒棟方向)の全長に亘って設け
てある。そして防水シート10の上に複数枚の瓦板3,
3…を軒棟方向に並べて取り付けることによって、図2
に示すような屋根パネル4を作成することができるもの
である。軒棟方向に並べる各瓦板3は、軒側の瓦板3の
棟側端部の上に棟側の瓦板3の軒側端部を重ねることに
よって階段状に接続した状態で配置するようにしてあ
る。また各瓦板3はその側端部をそれぞれ水切りシート
2の略半分の上に重ねてあり、水切りシート2の瓦板3
が重ねられない他の略半分は露出部2aとなっている。
【0007】上記のように形成される屋根パネル4を用
いて屋根を施工するにあたっては、母屋などの屋根構造
材の上に複数枚の屋根パネル4を敷き並べて載置し、ボ
ルトナット止めなどで固定することによっておこなうこ
とができる。屋根パネル4には予め瓦板3が設けてある
ために、屋根パネル4を取り付けることによって同時に
瓦葺きもおこなうことができることになり、多数枚の瓦
を屋根上で葺く面倒で危険な作業が不要になるものであ
る。ここで、軒棟方向と直交する方向、すなわち妻方向
に並べられる屋根パネル4,4はそのパネル本体1の側
端同士を突き合わせて配置されるものであり。そして、
妻方向に並べられる屋根パネル4のうち隣合う屋根パネ
ル4の接続は図1に示すように、両屋根パネル4の側端
部の上面間に帯状の防水シート10aを軒棟方向の全長
に亘って敷くと共に、この両屋根パネル4の側端部間に
跨がるように接続用瓦板5を配設し、この接続用瓦板5
を各屋根パネル4の水切りシート2の露出部2a の上に
重ね合わせた状態で各屋根パネル4に固定することによ
っておこなうことができる。このように隣合う屋根パネ
ル4の接続端部間の隙間を接続用瓦板5で覆うことによ
って、この隙間から雨水が屋根下に浸入することを防ぐ
ことができるのである。また接続用瓦板5の側端と屋根
パネル4の瓦板3の側端との間には隙間が形成されるこ
とになるが、この隙間の下側には水切りシート2が存在
するためにこの隙間から浸入した雨水は水切りシート2
で受けられ、水切り突片11によって雨水が接続用瓦板
5の下側や瓦板3の下側に浸入することを防ぎつつ、水
切りシート2の上を流下させて屋根パネル4の軒先から
排水させることができる。
【0008】上記接続用瓦板5は屋根パネル4の軒棟方
向の長さにほぼ等しい長さの細長い形状に形成してあ
り、この一枚の接続用瓦板5を隣合う屋根パネル4間に
取り付けるだけで屋根パネル4の接続をおこなうことが
できるようにして、施工工数を低減することができるよ
うにしてある。またこの接続用瓦板5は図3に示すよう
にその表面の断面形状を、屋根パネル1に配列して取り
付けた瓦板3の表面の階段形状と同じ階段形状に形成し
てある。従って接続用瓦板5を隣合う屋根パネル4の側
端部間に跨がらせて取り付けると、この屋根パネル4の
側端部間に複数枚の瓦を軒棟方向に配列して取り付けた
ような外観を呈させることができるものである。
【0009】尚、屋根パネル1を妻方向に接続するにあ
たって、屋根パネル4に取り付ける瓦板3の一方の側端
部をパネル本体1の一方の側端部から突出させるように
し、この突出させた瓦板3の側端部を隣の屋根パネル4
のパネル本体1の上に重ねることによって、隣合う屋根
パネル4の接続端部間を瓦板3の突出端部で覆うように
することがおこなわれている。しかしこの場合には屋根
パネル4を屋根構造材の上に設置する際に瓦板3の重ね
合わせを同時におこなわなければならず、大きな重量物
に形成される屋根パネル4を取り扱う上で非常に困難な
作業になる。これに対して本発明のものでは、屋根パネ
ル4を屋根構造材の上に設置した後に接続用瓦板5で接
続作業をおこなうことができるために、作業を容易にお
こなうことができるものである。
【0010】
【発明の効果】上記のように本発明は、パネル本体の上
面に両側に沿ってそれぞれ水切りシートを貼り付けると
共に、各水切りシートの側端側の部分が露出されるよう
にパネル本体の上面に複数枚の瓦板を張って屋根パネル
を形成し、側端同士を突き合わせて配置される一対の屋
根パネルの上に跨がるように接続用瓦板を配設し、接続
用瓦板を各屋根パネルの上記水切りシートの露出部に重
ね合わせて取り付けるようにしたので、隣合う屋根パネ
ルの側端間の隙間を接続用瓦板で覆うと共に水切りシー
トで防水しながら接続をおこなうことができ、隣合う屋
根パネルの接続端部間の防水性を確保することができる
ものである。また、接続用瓦板は屋根パネルとほぼ等し
い長さに形成してあるので、一枚の接続用瓦板を取り付
けるだけで屋根パネルの接続作業をおこなうことができ
ると共に、屋根パネルの接続は屋根パネルの設置をおこ
なった後の作業としておこなうことができるものであ
り、屋根の接続作業を容易におこなうことができるもの
である。さらに、パネル本体の上面に複数枚の瓦板を、
軒側の瓦板の棟側端部の上に棟側の瓦板の軒側端部を重
ねることによって階段状に接続した状態で配置し、接続
用瓦板の表面の断面形状を屋根パネルに配列した上記瓦
板の階段形状と同じ階段形状に形成するようにしたの
で、接続用瓦板を隣り合う屋根パネルの側端部間に跨ら
せて取り付けると、隣り合う屋根パネルの側端部間に複
数枚の瓦を軒棟方向に配列して取り付けたような外観を
呈させることができ、各屋根パネルの瓦板が軒と平行に
並ぶような外観に屋根を仕上げることができるものであ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示すものであり、(a)は
正面断面図、(b)は平面図である。
【図2】本発明に用いる屋根パネルの一実施例を示すも
のであり、(a)は正面断面図、(b)は平面図、
(c)は側面断面図である。
【図3】本発明に用いる接続用瓦の一実施例を示すもの
であり、(a)は側面図、(b)は平面図である。
【符号の説明】
1 パネル本体 2 水切りシート 3 瓦板 4 屋根パネル 5 接続用瓦板
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 住友 利昭 大阪府門真市大字門真1048番地松下電工 株式会社内 (56)参考文献 実開 平2−99126(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) E04D 1/00 E04D 3/40

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 パネル本体の上面に両側に沿ってそれぞ
    れ水切りシートを貼り付けると共に、各水切りシートの
    側端側の部分が露出されるようにパネル本体の上面に複
    数枚の瓦板を、軒側の瓦板の棟側端部の上に棟側の瓦板
    の軒側端部を重ねることによって階段状に接続した状態
    で配置して張って屋根パネルを形成し、側端同士を突き
    合わせて配置される一対の屋根パネルの上に跨がるよう
    に屋根パネルとほぼ等しい長さの接続用瓦板を配設する
    と共に接続用瓦板の表面の断面形状を屋根パネルに配列
    した上記瓦板の階段形状と同じ階段形状に形成し、接続
    用瓦板を各屋根パネルの上記水切りシートの露出部に重
    ね合わせて取り付けて成ることを特徴とする屋根パネル
    の接続構造。
JP3050053A 1991-03-15 1991-03-15 屋根パネルの接続構造 Expired - Fee Related JP2889717B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3050053A JP2889717B2 (ja) 1991-03-15 1991-03-15 屋根パネルの接続構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3050053A JP2889717B2 (ja) 1991-03-15 1991-03-15 屋根パネルの接続構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04285248A JPH04285248A (en) 1992-10-09
JP2889717B2 true JP2889717B2 (ja) 1999-05-10

Family

ID=12848256

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3050053A Expired - Fee Related JP2889717B2 (ja) 1991-03-15 1991-03-15 屋根パネルの接続構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2889717B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04285248A (en) 1992-10-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3846654B2 (ja) 太陽電池付き屋根パネルおよび屋根構造
JP2889717B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2502596B2 (ja) 屋根材
JP2740311B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JPH0633078Y2 (ja) 屋根の構造
JP2721565B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP3667972B2 (ja) 外部床の防水方法
JPH0714517Y2 (ja) 屋根パネルの接続部の防水構造
JPH0634507Y2 (ja) 屋根パネル
JP2507539Y2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2740312B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2564345Y2 (ja) 屋根パネルユニット
JP2639467B2 (ja) 屋根用部材及び屋根工法
JP2505992B2 (ja) 盤状の屋根材を用いた屋根
JP2665430B2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2549450Y2 (ja) 屋根パネルの接続構造
JP2912798B2 (ja) 建物の屋根並びにその施工方法
JP2542498Y2 (ja) 屋根パネルを使用した屋根の隅棟構造
JPH082274Y2 (ja) 屋根の構造
JP2528796Y2 (ja) 瓦板接続用水切りシート
JP2542811Y2 (ja) 採光屋根の構造
JP2617672B2 (ja) 屋根パネルおよびその施工方法
JPH076269Y2 (ja) 屋根材の接合構造
JP2515453Y2 (ja) 屋根パネル
JP2771345B2 (ja) 屋根棟部の構造

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19990209

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees