JP2847231B2 - パチンコ機 - Google Patents

パチンコ機

Info

Publication number
JP2847231B2
JP2847231B2 JP7152614A JP15261495A JP2847231B2 JP 2847231 B2 JP2847231 B2 JP 2847231B2 JP 7152614 A JP7152614 A JP 7152614A JP 15261495 A JP15261495 A JP 15261495A JP 2847231 B2 JP2847231 B2 JP 2847231B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol display
symbol
ball detection
variation mode
reach state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP7152614A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08318036A (ja
Inventor
稔人 岸
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MARUPPON KOGYO KK
Original Assignee
MARUPPON KOGYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Application filed by MARUPPON KOGYO KK filed Critical MARUPPON KOGYO KK
Priority to JP7152614A priority Critical patent/JP2847231B2/ja
Publication of JPH08318036A publication Critical patent/JPH08318036A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2847231B2 publication Critical patent/JP2847231B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=15544240&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2847231(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、所定の組合わせにより
所定の利益ある作動を生じさせる組合わせ表示装置を備
えたパチンコ機に関する。
【0002】
【従来の技術】予め定められた種々の表示図柄を変動表
示する複数の図柄表示部からなる可変図柄表示装置と、
球検知装置を備えた始動口と、球検知装置からの球検知
信号を所定個数を限度として記憶する始動記憶装置と、
球検知装置からの球検知信号の発生に伴って、又は始動
記憶装置に記憶されている場合にはその記憶消化に伴っ
て、可変図柄表示装置を変動表示させ、あらかじめ抽選
された内容に従って、各図柄表示部の図柄を確定表示す
る図柄制御手段とを備え、各図柄表示部の停止図柄がア
タリの組合わせであると、特別入賞口を開放作動させる
等の大当たり作動を発生させるパチンコ機は第一種パチ
ンコ機又は第三種パチンコ機として良く知られている。
【0003】尚、ここで始動口としては、入賞の伴わな
いゲート型始動口や、機裏に流下させて入賞球とする入
賞口型始動口がある。
【0004】この種のパチンコ機にあって、リーチ状態
の場合に、その最後の図柄表示部の表示図柄を低速スク
ロールさせたり、さらにはスピーカ及びランプを駆動開
始して、効果音,効果光を発生させる等、非リーチ状態
のときと異なった変動態様の特殊変動態様を実行して、
大当りへの期待感を高めるようにしたパチンコ機も種々
提案されている。その他、図柄表示部の表示図柄として
キャラクタ図柄等を用いて、リーチ状態のときには、特
殊変動態様の作動を生じさせたものもある。ここでリー
チ状態とは、最後に停止する図柄表示部以外の各図柄表
示部が、大当たりとなるための条件を満足している場合
をいう。これは、同一図柄のみではなく、オールマイテ
ィ図柄を含んでいるような大当り状態の直前の図柄組み
合わせも含むものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところでリーチ状態の
ときに、特殊変動態様を実行する構成にあって、かかる
特殊変動態様は、大当りへの期待感を高めるものである
ため、通常の変動態様よりも、時間がかかる。一方、始
動記憶装置の記憶消化に伴って、可変図柄表示装置を変
動表示させる場合にあって、始動記憶装置の始動記憶数
には限度(通常四個)があり、この記憶数を越えると、
球検知装置からの球検知信号があっても、無効となる。
このため、遊技者は、このような記憶満杯に伴う無効玉
の発生を少なくするためには、記憶が迅速に消化される
ことを望む。従って、特殊変動態様が、このような記憶
満杯時にも漫然と実行されると、かえって、遊技者の不
興をかうこととなり、特殊変動態様を余計なものと意識
されることともなる。
【0006】本発明は、特殊変動態様の実行を時宜に応
じたものとして、リーチ状態での特殊変動態様の有用性
を確保することを目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、前記図柄制御
手段が、リーチ状態のときに、前記複数の図柄表示部の
うち、最後に停止する図柄表示部に、非リーチ状態のと
きと異なる変動態様の特殊変動態様が実行され、かつ始
動記憶数が所定個数以上である場合には、リーチ状態で
あっても、特殊変動態様による動作を行なわずに、通常
停止させるようにした制御内容を具備していることを特
徴とするパチンコ機である。
【0008】この場合に、始動記憶数が所定個数以上と
なり、しかも図柄の確定表示に先だって決定される抽選
内容がハズレの場合に、リーチ状態であっても、特殊変
動態様による動作を行なわずに、通常停止させるように
しても良い。すなわち、図柄の確定表示に先だって決定
される抽選内容がアタリの場合には、始動記憶数が所定
個数以上となっても、特殊変動態様が実行されることと
なる。
【0009】尚、ここでリーチ状態とは、図柄制御手段
が、最後に停止する図柄表示部を除いて図柄が揃った状
態をいう。
【0010】
【作用】リーチ状態にあって、始動記憶数が所定個数以
上となると、リーチ状態であっても、特殊変動態様によ
る動作がなされず、通常状態の変動がなされた後に、停
止する。このため、始動記憶の消化が促進される。ただ
し、好ましくは、図柄の確定表示に先だって決定される
抽選内容がアタリの場合には、最後に停止する図柄表示
部に、常に特殊変動態様が実行され得るようにする。
【0011】
【実施例】添付図面について本発明の一実施例を説明す
る。図1は、パチンコ機1の正面図であって、その機枠
2の図示しない下部には玉受皿と、玉発射用の回転式ハ
ンドル等が設けられる。遊技盤3の盤面中央には、図2
で拡大して示すように装着ケース(図示せず)の前部に
固定されたセンターケース4が配設され、該センターケ
ース4内に液晶表示器、CRT表示器、ドットマトリッ
クスまたは7セグメント指示器等の可変図柄表示装置6
が設けられる。この可変図柄表示装置6は三つの図柄表
示部A,B,Cが横方向に並設され、「0」〜「9」等
の数字及びアルファベット等からなる図柄が表示され
る。
【0012】センターケース4の窓孔5下には四個のパ
イロットランプからなる待機記録ランプ列11が設けら
れ、さらに窓孔5上には、普通図柄表示部10が配設さ
れる。この普通図柄表示部10は夫々「3」,「5」,
「7」の図柄を変動表示する。
【0013】また、センターケース4の両側には、光電
スイッチ、リミットスイッチ等により構成される球検知
装置(図示せず)を備えた普通図柄表示部10を遊技球
の流入により駆動する始動ゲート13,13が設けら
れ、遊技球の通過により該球検知装置による球検知信号
が発生すると、普通図柄表示部10が図柄変動し、その
停止図柄の数字が「7」であると、センターケース4の
直下位置に配設した入賞口開閉装置15の開閉翼片対1
6,16が逆八形傾動して約5.8秒間開放する。
【0014】この入賞口開閉装置15はその上部を始動
口14とし、該始動口14への玉流入により可変図柄表
示装置6を駆動して図柄表示部A,B,Cを図柄変動表
示するものとして設けられ、電気的駆動手段を介して変
換制御され、開閉翼片対16,16の起立状態で、始動
口14からの玉の落入のみを有効とし、開閉翼片対1
6,16の開放状態でその側方からの玉の流入も有効と
する。
【0015】そして前記入賞口開閉装置15内の玉流路
には光電スイッチ、リミットスイッチ等により構成され
る球検知スイッチが備えられ、該球検知スイッチによる
玉通過検知に伴って、可変図柄表示装置6を駆動すると
共に、連続的に通過した場合には、球検知装置からの球
検知信号を所定個数を限度として記憶する始動記憶装置
(図3参照)により記憶され、その記憶数に対応して待
機記録ランプ列11が順次点灯し最高四個まで保留され
る。またこの作動と共に、遊技球の通過に伴って所定数
の景品球が提供される。
【0016】前記入賞口開閉装置15のさらに下方に
は、幅広の特別入賞口23を備えた入賞装置22が配設
されている。この入賞装置22は、蓋体24をソレノイ
ドにより前後方向に開放することにより、該蓋体24の
案内作用により、特別入賞口23に遊技球を案内する公
知構成からなり、前記特別入賞口23の中央部を特定領
域23aとして、後述するように該特定領域23aに遊
技球が入ると、連続開放作動を生ずるようにしている。
【0017】次に可変図柄表示装置6の作動につき説明
する。
【0018】前記始動口14又は開放された入賞口開閉
装置15の側方から遊技球が流入すると、景品球の供給
と共に可変図柄表示装置6が駆動する。尚、連続的に通
過した場合には、最高4個まで記憶され、上述のように
待機記憶ランプ列11が順次点灯すると共に、各記憶ご
とに可変図柄表示装置6が駆動して、順次記憶消化され
る。
【0019】この可変図柄表示装置6が駆動すると、図
柄表示部A,B,Cは図柄変動を開始し、約5秒程度経
過すると、図柄表示部A,B,Cの順番に図柄変動が停
止する。このとき、通常は、どの図柄も停止すべき図柄
の2コマ前から低速循環変動する。例えば、停止時に
「7」、「3」、「6」であれば、図柄表示部Aは
「5」の位置から、図柄表示部Bは「1」の位置から、
図柄表示部Cは「4」の位置から夫々低速循環変動す
る。
【0020】そして、図柄表示部A,Bが揃ったいわゆ
るリーチ状態の時は、最終図柄表示部Cは、所定の場合
を除いて、非リーチ状態のときと異なる変動態様の特殊
変動態様で変動した後に、停止する。すなわち、この最
終図柄表示部Cは、図柄表示部A,Bが停止するまで
は、高速変動する。そして図柄表示部Bが停止し、リー
チ状態ではない時には、最終図柄表示部Cはあらかじめ
乱数列の抽選により定められた所定図柄となるように図
柄合わせをして停止する一方、図柄表示部A,Bが同一
図柄となってリーチ状態となったときには、ハズレでし
かも始動記憶数Uが所定以上となった場合を除いて、最
終図柄表示部Cには特殊変動態様が実行される。このよ
うな一連の作動制御は、図3で示す中央制御装置CPU
を備えるマイクロコンピュータにより実行される。
【0021】かかる制御態様につき詳細に説明する。
【0022】ここで図3で示すように、中央制御装置C
PUには記憶装置RAMが接続され、この記憶領域によ
り、球検知装置からの球検知信号を所定個数を限度とし
て記憶する始動記憶装置が構成される。また中央制御装
置CPUに接続された記憶装置ROMには、0〜209
のコマからなり、その内容が例えば「60」を大当たり
とする大当たり特別乱数Kと、該大当たり特別乱数Kの
結果により選定される大当たり特別図柄乱数Lと、ハズ
レ特別図柄乱数Ma ,Mb ,Mc と、リーチ乱数Nが格
納される。このリーチ乱数Nは、非リーチ状態のときと
異なる変動態様の特殊変動態様を複数種類備えている場
合に、いずれの特殊変動態様でリーチ作動を行うかを決
定するものである。この特殊変動態様としては、例え
ば、低速スクロール,逆走行,低速走行からの加速度的
停止,図柄の反転等の、種々の変動態様がある。
【0023】その他、この特殊変動態様にあっては、各
図柄表示部A,B,Cに動画を表示するようにし、その
動画に通常とは異なった、特殊な変動態様を表出するこ
とにより構成しても良い。たとえば、動画が前後方向に
移動するような作動,回転作動,首振り作動等、種々提
案され得る。
【0024】次に、上述の各乱数を用いてなる、図柄表
示態様を図4のフローチャートに従って説明する。
【0025】まず、始動口14を玉が通過すると同時に
特別乱数Kを選定し、アタリまたはハズレを決定する
(ステップ)。尚、この過程で、始動記憶数が満杯状
態(4個)となっている場合には、始動口14を玉が通
過しても無効としたり、変動中の場合には、始動記憶数
を一個加算する等の処理が行なわれるが、図4ではその
作動スップを省略している。そして、この始動口14へ
の玉通過、または始動記憶数の減算に基づき(図示せ
ず)特別図柄表示器6が変動する。
【0026】そして特別乱数KがK=60(例)の場合
には、アタリとなり、球検知装置からの球検知信号の発
生に伴って、又は始動記憶装置に記憶されている場合に
はその記憶消化に伴って、図柄表示部A,B,Cを変動
させると共に、図3で示す特別図柄乱数Lから値を選出
して、当たり図柄を決定する(ステップ)。さらには
リーチ乱数Nを抽選し、いずれの特殊変動態様でリーチ
作動を行うかを決定する。
【0027】そして、図柄表示部A,Bを順次循環変動
して停止させ、同一図柄となるようにしてリーチ状態と
し、リーチ乱数Nにより指定された所定の特殊動作形態
を実行した後に、図柄表示部Cが図柄停止して、大当た
り特別図柄乱数Lによりあらかじめ決定された、「1,
1,1」、「2,2,2」、「3,3,3」、「4,
4,4」等、数字又はアルファベット等からなる同一図
柄の組み合わせを図柄表示部A,B,Cに表出する。
【0028】そして、「大当り」となって報知装置(図
3参照)がファンファーレを発すると共に、入賞装置2
2のソレノイドが駆動して、蓋体24が前方に傾動して
特別入賞口23が開放し、約10個の遊技球が入賞する
か、所定時間が経過するまで開放を行う。この特別入賞
口23にあっては、特定領域23aを通過した時は、連
続駆動し、その開放動作終了後に再び特別入賞口23が
解放する。この連続作動の回数は、初回開放を含め最高
16回までとする。
【0029】一方、K≠60の場合には、ハズレとな
り、図柄表示部A,B,Cを変動させると共にハズレ特
別図柄乱数Ma ,Mb ,Mc を順次選出し、図柄表示部
A,B,Cをハズレ表示する(ステップ)。
【0030】この時、ハズレ特別図柄乱数Ma ,Mb か
ら選出された図柄が、図柄表示部A=Bとなった場合に
は、始動記憶数Uに基づき、リーチ作動を発生させるか
どうかを決定する。また、たまたま図柄表示部A=B=
Cとなった場合には、ハズレ特別図柄乱数Mc を再抽選
して図柄表示部A,B,Cが必ずハズレとなるようにす
る。
【0031】ここで、上述の特殊変動態様は、大当りへ
の期待感を高めるものであるため、通常の変動態様より
も時間がかかる。一方、始動記憶装置の記憶消化に伴っ
て、可変図柄表示装置を変動表示させる場合にあって、
始動記憶装置の始動記憶数Uには限度(通常四個)があ
り、この個数を越えると、球検知装置からの球検知信号
があっても、無効となってしまう。このため、このよう
な記憶満杯に伴う無効玉の発生を少なくするためには、
始動記憶数が迅速に消化されることが望まれる。
【0032】そこで、本発明にあっては、始動記憶装置
に保持された始動記憶数Uが3個以上であるかどうかを
判定して、図柄表示部Cの変動態様を決定するようにし
ている。
【0033】即ち、始動記憶数Uが3個未満である場合
には、リーチ乱数Nを抽選し、いずれの特殊変動態様で
リーチ作動を行うかを決定する(ステップ)。そし
て、図柄表示部A,Bを停止表示した後に、リーチ乱数
Nにより指定された特殊変動態様のいずれかを実行し
て、遊技者の期待感を高揚させた後に、図柄表示部Cの
表示図柄を停止させて、ハズレを確定する。
【0034】一方、始動記憶数Uが3個以上である場合
には、上述したように、記憶満杯に伴う無効玉の発生を
少なくするために、リーチ乱数Nを抽選せずに、図柄表
示部Cを普通変動態様で変動させた後に停止させる(ス
テップ)。従って、迅速にリーチ作動が終了して、始
動記憶数Uが速やかに消化されるから、記憶満杯にとも
なう、無効玉の発生を可及的に減少させることが可能と
なる。
【0035】上述した構成にあっては、まずアタリと、
ハズレを峻別し、ハズレの場合に、始動記憶数Uが所定
未満の場合にのみ、リーチ時に特殊変動態様が実行され
るようにしたものであるから、当たりの場合には、始動
記憶数Uに関係なく、特殊変動態様が実行されることと
なる。このため、アタリの場合には必ず、特殊変動態様
の実行により、期待感,緊張感が高揚した後に、アタリ
図柄が表出することとなり、アタリを予感又は期待させ
るものとしての特殊変動態様の有用性が確保される。勿
論、この場合には、始動記憶数Uの消化が遅れたとして
も問題はない。
【0036】一方、この場合には、記憶満杯時に、特殊
変動態様が実行されれば、必ずアタリとなって、次の作
動が決まってしまい、いささか興趣を欠くこととなる。
そこで、記憶満杯時には、アタリ,ハズレと無関係に、
特殊変動態様を実行しないようにしても良い。
【0037】而して、このような図柄表示過程により、
リーチ状態となると、始動記憶数Uが3個未満である場
合には、普通変動態様とは異なった作動が実行されるた
め、大当りの可能性が高いと、遊技者は認識することと
なり、最終図柄表示部Cの確定により、一喜一憂するこ
ととなる。
【0038】
【発明の効果】本発明は、リーチ状態のときに、非リー
チ状態のときと異なる変動態様の特殊変動態様によって
可変図柄表示装置の図柄変動表示を行なうようにしたパ
チンコ機にあって、始動記憶数が所定個数以上となる
と、少なくともハズレの場合にあっては、特殊変動態様
による動作を行なわずに、通常停止させるようにした。
このため、特殊変動態様により、リーチ状態での期待感
と興奮を刺激できると共に、記憶数が多い場合には始動
記憶の消化が促進されて、記憶満杯にともなう、無効玉
の発生を可及的に減少させることができ、遊技者に不興
をかうことのない調和のとれた特殊変動態様の実行が可
能となり、この特殊変動態様による有用性を確保でき
て、パチンコ遊技の興趣を増大し得ることとなる等の優
れた効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のパチンコ機1の機枠2を示す正面図で
ある。
【図2】本発明の可変図柄表示装置6の正面図である。
【図3】マイクロコンピュータを示すブロック回路図で
ある。
【図4】図柄変動ステップを示すフローチャート図であ
る。
【符号の説明】
1 パチンコ機 6 可変図柄表示装置 A,B 図柄表示部 C 最終図柄表示部 14 始動口 22 入賞装置 23 特別入賞口

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】予め定められた種々の表示図柄を変動表示
    する複数の図柄表示部からなる可変図柄表示装置と、球
    検知装置を備えた始動口と、球検知装置からの球検知信
    号を所定個数を限度として記憶する始動記憶装置と、球
    検知装置からの球検知信号の発生に伴って、又は始動記
    憶装置に記憶されている場合にはその記憶消化に伴っ
    て、可変図柄表示装置を変動表示させ、あらかじめ抽選
    された内容に従って、各図柄表示部の図柄を確定表示す
    る図柄制御手段とを備え、各図柄表示部の停止図柄がア
    タリの組合わせであると、大当たり作動を発生させるパ
    チンコ機において、前記図柄制御手段が、リーチ状態の
    ときに、前記複数の図柄表示部のうち、最後に停止する
    図柄表示部に、非リーチ状態のときと異なる変動態様の
    特殊変動態様が実行され、かつ始動記憶数が所定個数以
    上である場合には、リーチ状態であっても、特殊変動態
    様による動作を行なわずに、通常停止させるようにした
    制御内容を具備していることを特徴とするパチンコ機。
  2. 【請求項2】予め定められた種々の表示図柄を変動表示
    する複数の図柄表示部からなる可変図柄表示装置と、球
    検知装置を備えた始動口と、球検知装置からの球検知信
    号を所定個数を限度として記憶する始動記憶装置と、球
    検知装置からの球検知信号の発生に伴って、又は始動記
    憶装置に記憶されている場合にはその記憶消化に伴っ
    て、可変図柄表示装置を変動表示させ、あらかじめ抽選
    された内容に従って、各図柄表示部の図柄を確定表示す
    る図柄制御手段とを備え、各図柄表示部の停止図柄がア
    タリの組合わせであると、大当たり作動を発生させるパ
    チンコ機において、前記図柄制御手段が、リーチ状態の
    ときに、前記複数の図柄表示部のうち、最後に停止する
    図柄表示部に、非リーチ状態のときと異なる変動態様の
    特殊変動態様が実行され、かつ始動記憶数が所定個数以
    上である場合で、しかも図柄の確定表示に先だって決定
    される抽選内容がハズレの場合には、リーチ状態であっ
    ても、特殊変動態様による動作を行なわずに、通常停止
    させるようにした制御内容を具備していることを特徴と
    するパチンコ機。
JP7152614A 1995-05-26 1995-05-26 パチンコ機 Expired - Fee Related JP2847231B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7152614A JP2847231B2 (ja) 1995-05-26 1995-05-26 パチンコ機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7152614A JP2847231B2 (ja) 1995-05-26 1995-05-26 パチンコ機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08318036A JPH08318036A (ja) 1996-12-03
JP2847231B2 true JP2847231B2 (ja) 1999-01-13

Family

ID=15544240

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7152614A Expired - Fee Related JP2847231B2 (ja) 1995-05-26 1995-05-26 パチンコ機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2847231B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4722383B2 (ja) * 2003-07-25 2011-07-13 株式会社ニューギン 遊技機
JP5328534B2 (ja) * 2009-07-09 2013-10-30 株式会社三共 遊技機
JP2014061319A (ja) * 2013-09-06 2014-04-10 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP2016005684A (ja) * 2015-09-09 2016-01-14 株式会社サンセイアールアンドディ 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08318036A (ja) 1996-12-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2772774B2 (ja) パチンコ機
JP3013065B2 (ja) パチンコ機
JP2847231B2 (ja) パチンコ機
JP2002159686A (ja) パチンコ遊技機
JP2000334121A (ja) 弾球遊技機
JP2002066043A (ja) パチンコ遊技機
JP2754145B2 (ja) 遊技機
JP2002165994A (ja) パチンコ遊技機
JP2929055B2 (ja) パチンコ機
JP2929054B2 (ja) パチンコ機
JP2847235B2 (ja) パチンコ機
JP3839270B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2686694B2 (ja) パチンコ機
JP2681248B2 (ja) パチンコ機
JPH09140880A (ja) パチンコ機
JP2002186729A (ja) パチンコ遊技機
JP2002210119A (ja) パチンコ遊技機
JP2002066021A (ja) パチンコ機
JP2732160B2 (ja) パチンコ機
JP2732169B2 (ja) パチンコ機
JPH11206985A (ja) パチンコ機
JP2844163B2 (ja) パチンコ機
JP3640617B2 (ja) パチンコ遊技機
JP3908422B2 (ja) パチンコ機
JP2001087486A (ja) パチンコ機

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071106

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101106

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131106

Year of fee payment: 15

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees