JP2833975B2 - Dot code - Google Patents

Dot code

Info

Publication number
JP2833975B2
JP2833975B2 JP5260464A JP26046493A JP2833975B2 JP 2833975 B2 JP2833975 B2 JP 2833975B2 JP 5260464 A JP5260464 A JP 5260464A JP 26046493 A JP26046493 A JP 26046493A JP 2833975 B2 JP2833975 B2 JP 2833975B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
address
code
marker
dot
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP5260464A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH06231466A (en
Inventor
紳造 松井
健 森
和彦 森田
誠一 若松
弘善 藤森
義一 赤嶺
達夫 長崎
Original Assignee
オリンパス光学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP4-258262 priority Critical
Priority to JP25826292 priority
Application filed by オリンパス光学工業株式会社 filed Critical オリンパス光学工業株式会社
Priority to JP5260464A priority patent/JP2833975B2/en
Publication of JPH06231466A publication Critical patent/JPH06231466A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2833975B2 publication Critical patent/JP2833975B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、音声,音楽等のオーディオ情報、カメラ,ビデオ等から得られる映像情報、及びパーソナルコンピュータ,ワードプロセッサ等から得られるディジタルコードデータ、等を含めた所謂マルチメディア情報を記録及び/又は再生するに適し BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, voice, audio information such as music, a camera, video information obtained from video, etc., and a personal computer, digital code data obtained from a word processor, such as a so-called multimedia information including the suitable recording and / or reproducing
た、紙や各種樹脂フィルム、金属等のシート状媒体に光<br>学的に読み取り可能に記録されるドットコードに関す<br>る。 Was, Ru paper and various resin films, about the optical <br> histological dots code readable recorded on the sheet-like medium such as metal <br>.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、音声や音楽等を記録する媒体として、磁気テープや光ディスク等、種々のものが知られている。 Conventionally, as a medium for recording audio and music, etc., magnetic tape or optical disk or the like, various types it has been known.

【0003】しかしこれらの媒体は、大量に複製を作ったとしても単価はある程度高価なものとなり、またその保管にも多大な場所を必要としていた。 [0003] However, these media are also unit price becomes to some extent expensive as made a copy in large quantities, also was in need of a great place to store it.

【0004】さらには、音声を記録した媒体を、遠隔地にいる別の者に渡す必要ができた場合には、郵送するにしても、また直に持っていくにしても、手間と時間がかかるという問題もあった。 [0004] Furthermore, the medium in which a voice, in a case where it is necessary to pass to another person at a remote location, even if to be mailed, also be to bring directly, time and effort there is also a problem that it takes.

【0005】そこで、ファクシミリ伝送が可能で、また大量の複製が安価に可能な画像情報の形で音声情報を紙に記録することが考えられている。 [0005] Therefore, possible facsimile transmission, also a large amount of replication is considered to be recording audio information on paper in the form of a low cost can be image information. 例えば、特開昭60 For example, JP-A-60
−244145号公報に開示されているように、若干の音声を光学的なコードとすることにより、音声情報を画像情報に変換して、ファクシミリで送れるようにしたものが提案されている。 As disclosed in -244145 discloses, by some voice and optical code, and converts the voice information to the image information, those able to send facsimile has been proposed.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】しかし、上記公報に開示された装置では、ファクシミリ装置に、この光学的に読み取り可能に記録された音声を読み取るためのセンサを持たせ、そのセンサ出力に応じて音声を再生するようにしている。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the apparatus disclosed in the above publication, the facsimile apparatus, the optically to have a sensor for reading the speech that is readable recording, in response to the sensor output so that to reproduce the sound. 従って、ファクシミリ伝送されてきた光学的に読み取り可能な音声情報は、そのファクシミリ装置の設置されている場所で聞くしかなく、別の場所にファクシミリ出力用紙を移して音を再生するといった使用法は想定されていなかった。 Thus, optically readable audio information which has been facsimile transmitted, the there is only listen installed by being location of the facsimile apparatus, usage such reproducing sound transferred facsimile output sheet in a different location assumed It had not been.

【0007】そのため、音声情報の記録容量を多くすると、他のファクシミリ送受信に影響を及ぼす恐れがあり、また音声記録されている内容自体が難しい場合には、多量の音声を再生しているうちに最初の方を忘れてしまうといったことも有り得る。 [0007] Therefore, to increase the recording capacity of the audio information, it may affect the other facsimile transmission, also when it is difficult content itself that is audio recorded, while playing a large amount of speech also possible that such forget the first one. さらには、記録密度及び圧縮方法により記録容量が限定され、僅か数秒程度の音声しか送信できないものであった。 Furthermore, the recording capacity by recording density and a compression method are limited, it was those can only send a few seconds to the speech. 従って、やはり多量の音声情報を送るためには、磁気テープや光ディスクなどに頼らざるを得なかった。 Therefore, in order to again send a large amount of audio information, it had to rely like a magnetic tape or optical disk.

【0008】また、短時間の音声情報であっても、その再生装置自体がファクシミリ装置に内蔵されているため、その音声情報のくり返しの再生などにも不便なものであった。 Further, even in the short time of the audio information, the reproducing apparatus itself since it is incorporated in the facsimile apparatus was inconvenient to such repeated playback of the audio information.

【0009】また、オーディオ情報以外の、カメラ,ビデオ等から得られる映像情報、及びパーソナルコンピュータ,ワードプロセッサ等から得られるディジタルコードデータ、等をも含めた所謂マルチメディア情報全体に関し、安価且つ大容量の記録再生システムはまだ実現されていない。 Further, other than audio information, camera, video information obtained from video, etc., and a personal computer, digital code data obtained from a word processor, or the like also relates generally called multimedia information including, inexpensive and large-capacity recording and reproducing system has not yet been realized.

【0010】本発明は、上記の点に鑑みてなされたもので、オーディオ情報、映像情報、及びディジタルコードデータ等を含めたマルチメディア情報を、安価且つ大容量記録でき、且つ繰り返し再生できるドットコードを提<br>供することを目的とする。 [0010] The present invention has been made in view of the above, audio information, video information, and multimedia information including digital code data, etc., inexpensively and large-capacity recording, and repeating dot code playable and an object thereof is to provide a Hisage <br>.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、本発明によるドットコードは、光学的に読み取り To achieve the above object, according to the Invention The dot code according to the present invention, optically reads
可能なドットコードであって、ブロックを複数個隣接可 Possible a dot code, a plurality adjacent friendly block
能に配置してなり、前記ブロックのそれぞれを、 情報デ It will be placed in Noh, each of the blocks, information de
ータの内容に応じて配列された複数のドットでなるデー Day consisting of a plurality of dots arranged in accordance with the content of over data
タドットパターンと、 当該ブロックを認識するためのマ A data dot pattern, Ma for recognizing the block
ーカと、 当該ブロックのアドレスを示すためのブロック Block for showing the over months, the address of the block
アドレスパターンと、を所定の位置関係に従って配置す Be placed an address pattern, a according to a predetermined positional relationship
るとともに、 前記ドットコードを光学的に読み取る読取 Rutotomoni, reading reading the dot code optically
手段の撮像視野内に、前記ブロックが複数個配置される Within the imaging field of view means, the block is a plurality placed
ように構成したものであることを特徴としている。 It is characterized in that configured as.

【0012】 即ち、本発明のドットコードによれば、デ [0012] That is, according to the dot code of the present invention, de
ータドットパターンと、当該ブロックを認識するための And over data dot pattern, for recognizing the block
マーカと、当該ブロックのアドレスを示すためのブロッ Block for indicating a marker, an address of the block
クアドレスパターンと、を所定の位置関係に従って配置 Placement and click address pattern, a according to a predetermined positional relationship
してなるブロックが、前記ドットコードを光学的に読み And comprising blocks, reading the dot code optically
取る読取手段の撮像視野内に複数個配置されるように構 Configuration as a plurality disposed within the imaging field of view of the reader to take
成している。 Forms.

【0013】 従って、各ブロックがそれぞれブロックア [0013] Thus, block A each block, respectively
ドレスパターンを有しているので、撮像視野内に複数の Since a dress pattern, a plurality of within the imaging field of view
ブロックを含んで同時に撮像しても前記ブロックアドレ The even imaged simultaneously contain block block address
スパターンにより各ブロックをブロック毎に確実に識別 Reliably identify each block for each block by the scan pattern
でき、また、各ブロックを少なくとも一度読み取ること It can also be read at least once each block
ができればブロックの読み取り順に影響されること無く Without it being affected by the reading order of the block if possible
確実に情報を再生出力することができるので、柔軟な読 It is possible to reliably reproduce and output information, flexible reading
み取りが可能となる。 Up only becomes possible.

【0014】 これは即ち、前記ブロックアドレスパター [0014] This is to say, the block address putter
ンによって、ドットコードの読み取り時に、読み取り順 By emissions, during the reading of the dot code, reading order
序或いは方向等の制約条件が無くなるため、そのブロッ Since the constraints of the mechanism or the direction and the like is eliminated, the block
クのブロックアドレスパターンさえ認識できればドット Dot If you can even recognition block address pattern of click
コードのどこからでも読み取ることができることを意味 Meaning that it can be read from anywhere in the code, even
している。 doing.

【0015】 また、前記ブロックアドレスパターンによ [0015] In addition, in the block address pattern
って、例えばブロックを順番どおりでなくランダムにす It, is in random rather than sequential order, for example, a block
る等如何様にでも配置することが可能となるため、ドッ Since it becomes possible to place any time that such any way, dots
トコード自体の形状についてもブロックの配置の仕方に The way of arrangement of the blocks also the shape of Tokodo itself
よっては比較的自由に設定することが可能となり、ドッ Drunk it is possible to set relatively freely, dot
トコードとしての拡張性や汎用性が益々向上する。 Scalability and versatility as a Tokodo is increasingly improved.

【0016】 また、ドットコード読み取りの基本単位で [0016] In addition, the basic unit of the dot code reading
あるブロックが撮像視野内に複数存在することによっ Depending on that block there are a plurality in the imaging field of view
て、ブロックが撮像視野内にただ一つだけ含まれるもの Te, which block contains only one just within the imaging field of view
に比較して、相対的にその分だけ印刷媒体としての紙や Compared to, Ya paper as relatively that much print media
撮像光学系による歪みのブロックイメージに対する影響 Effect on the block image distortion due to the imaging optical system
を軽減することができ、その結果、各ブロックにおける It can be reduced, in the result, each of the blocks
各ドットの読み取り精度が向上して、高精度な読み取り Improved read accuracy of the dots, precise reading
が可能となる。 It is possible.

【0017】 更に、ドットコード読み取りの基本単位で [0017] In addition, the basic unit of the dot code reading
あるブロックが撮像視野内に複数存在することによっ Depending on that block there are a plurality in the imaging field of view
て、各ブロック内の各ドットを読み取るための読み取り Te, reading for reading each dot in each block
基準墓準点を決定するために用いられるマーカも複数存 Even more exist marker used to determine the reference tomb reference point
在することになるため、一撮像視野内で仮に一つのマー Since that will be standing, if one mer in one imaging visual field
カが欠けても他のマーカでこれが代用でてきるため、各 Since the lack of mosquitoes wear and this is out substitute in the other markers, each
ドットの読み取りが常に高い確度で保証されることにな I that the reading of the dot is guaranteed by the always high degree of certainty
り、高精度な読み取りが期待できる。 Ri, accurate readings can be expected.

【0018】 [0018]

【0019】 [0019]

【0020】 [0020]

【0021】 [0021]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, with reference to the drawings, the present invention
実施の形態を説明するが、まず、マルチメディア情報の内、音声,音楽等のオーディオ情報に関連する実施の形 While describing the embodiment, first, among the multimedia information, the form of embodiment relating to audio, music, etc. Audio Information
について説明する。 State will be described. 図1は、本発明の第1 の実施の形 1, the form of the first embodiment of the present invention
において、音声や音楽などのオーディオ情報を光学的に読み取り可能なディジタル信号として紙に記録するためのオーディオ情報記録装置のブロック構成図である。 In state, a block diagram of an audio information recording apparatus for recording on paper the audio information such as voice or music as an optically readable digital signal.

【0022】マイクロフォンやオーディオ出力機器などの音声入力器12により入力されるオーディオ信号は、 The audio signal input by the voice input unit 12 such as a microphone or audio output device,
プリアンプ14にて増幅(マイクロフォン音声の場合はAGCをかける)後、A/D変換器16でディジタルに変換される。 After amplified by a preamplifier 14 (in the case of a microphone speech multiplying the AGC), it is converted to digital by the A / D converter 16. このディジタル化されたオーディオ信号は、圧縮回路18にてデータ圧縮が施された後、誤り訂正符号付加回路20にて誤り訂正符号が付加される。 The digitized audio signal is subjected to data compression is performed by the compression circuit 18, an error correction code is added by the error correction code adding circuit 20.

【0023】その後、メモリ回路22にてインタリーブが施される。 [0023] After that, interleaved by the memory circuit 22 is applied. このインタリーブは、データの配列を前もってある規則に従って2次元的に分散させるもので、これにより、再生装置にてデータを元の配列に戻したときに、紙のバースト状の汚れや傷、つまり、エラーそのものが分散され、エラー訂正及びデータの補間がし易くなる。 The interleaving is intended to two-dimensionally distributed according beforehand certain rule an array of data, thereby, when returning to the original sequence of data by the reproducing apparatus, a burst-like paper dirt and scratches, that is, error itself is dispersed, easily interpolation error correction and data. このインタリーブは、メモリ22Aに記憶されたデータをインタリーブ回路22Bにより適宜読み出し出力することにより行われる。 The interleaving is performed by properly read output data stored in the memory 22A by the interleave circuit 22B.

【0024】このメモリ回路22の出力データは、次に、データ付加回路24によって、詳細は後述するような所定の記録フォーマットに従って、ブロック毎に、マーカ、ブロックの2次元的なアドレスを示すxアドレス及びyアドレス、及び誤り判定符号が付加された後、変調回路26で記録のための変調を受ける。 The output data of the memory circuit 22, then, the data adding circuit 24, in accordance with a predetermined recording format as described later for each block detail, x address indicating marker, a two-dimensional address of a block and y address, and after error determination code added thereto, subjected to modulation for record in the modulation circuit 26. そして、上記オーディオ情報の出力データと一緒に記録される画像データ等のデータが合成回路27により重畳された後、プリンタシステム又は印刷用製版システム28にて、印刷のための処置がなされる。 After the data such as image data to be recorded together with the output data of the audio information is superimposed by the synthesis circuit 27, by the printer system or the printing plate making system 28, a treatment is made for printing.

【0025】これにより、例えば、図2の(A)に示すような書式で記録媒体としての紙30に記録される。 [0025] Thus, for example, it is recorded on the paper 30 as a recording medium in a format as shown in FIG. 2 (A). 即ち、画像32や文字34と一緒に、ディジタル信号化された音のデータが記録データ36として印刷される。 That, along with the image 32 and characters 34, the data of the digital signals of sounds is printed as recorded data 36. ここで、記録データ36は、複数のブロック38から構成されており、各ブロック38は、マーカ38A,誤り訂正用符号38B,オーディオデータ38C,xアドレスデータ38D,yアドレスデータ38E,及び誤り判定符号38Fから構成されている。 Here, the recording data 36 is composed of a plurality of blocks 38, each block 38, the marker 38A, an error correction code 38B, audio data 38C, x address data 38D, y address data 38E, and error determination code and a 38F.

【0026】なお、マーカ38Aは同期信号としても機能するもので、DATのように、通常は記録変調で出てこないようなパターンを用いている。 [0026] Incidentally, the marker 38A is also functions as a synchronization signal, as DAT, normally using a pattern which does not come out with the recording modulation. また、誤り訂正用符号38Bは、オーディオデータ38Cの誤り訂正に用いられるものである。 The error correction code 38B is intended to be used for error correction of the audio data 38C. オーディオデータ38Cは、上記マイクロフォン又はオーディオ出力機器などの音声入力器12から入力されたオーディオ信号に対応するものである。 Audio data 38C are those corresponding to the audio signal input from the sound input unit 12 such as the microphone or audio output device. x及びyアドレスデータ38D,38Eは、当該ブロック38の位置を表すデータであり、誤り判定符号38Fは、これらx,yアドレスの誤り判定に用いられる。 x and y address data 38D, 38E are data representing the position of the block 38, the error determination code 38F, these x, used for error determination of y address.

【0027】このようなフォーマットの記録データ36 [0027] The recording data 36 of such a format
は、「1」,「0」のデータを、例えばバーコードと同様に、「1」を黒ドット有り、「0」を黒ドット無しというようにして、プリンタシステム又は印刷用製版システム28によって印刷記録される。 It is "1", the data of "0", for example, as with a bar code, a "1" there black dots, and so on without a black dot "0", printed by the printer system or the printing plate making system 28 It is recorded. 以下、このような記録データをドットコードと称する。 Hereinafter referred to such recording data and the dot code.

【0028】図2の(B)は、同図の(A)に示したような紙30に記録された音のデータをペン型の情報再生装置40で読出している場面を示している。 [0028] in FIG. 2 (B) shows a scene are read out data of the recorded sound on the paper 30 as shown in the figure (A) in the pen type information reproducing apparatus 40. 同図のようなペン型情報再生装置40で、ドットコード36の上をなぞることにより、ドットコード36を検出し、音に変換してイヤホン等の音声出力器42で聞くことができる。 A pen type information reproducing apparatus 40, such as a drawing, by tracing over the dot code 36, to detect the dot code 36 can be heard at the audio output device 42 such as an earphone is converted into sound.

【0029】図3は、本発明の第1 の実施の形態に於ける情報再生装置40のブロック構成図である。 FIG. 3 is a first block diagram of a in the information reproducing apparatus 40 in the embodiment of the present invention. 実施の Of the present
形態の情報再生装置は、ヘッドホンやイヤホン等の音声出力器42以外の部分を携帯可能なペン型の1つの筐体(図示せず)内に収納するものとする。 Form of the information reproducing apparatus is intended to house the portion other than the voice output device 42 such as a headphone or earphone in portable pen-type single housing (not shown). もちろん、筐体内にスピーカを内蔵するものとしても良い。 Of course, it may be as a built-in speaker in the housing.

【0030】検出部44は、基本的に、テレビジョンカメラ等の撮像部と同様の機能を有している。 The detection unit 44, basically has the same function as the imaging unit such as a television camera. 即ち、光源44Aにて、被写体である紙面上のドットコード36を照明し、反射光を、レンズ等の結像系44B及び空間フィルタ44Cを介して、半導体エリアセンサ等でなる撮像部44Dで画像として検出し、プリアンプ44Eにて増幅して出力する。 That is, the image in the light source 44A, to illuminate the dot code 36 on the paper as an object, the reflected light via the imaging system 44B and a spatial filter 44C such as lenses, the imaging unit 44D made of a semiconductor area sensor and the like detected as amplifies and outputs in a preamplifier 44E.

【0031】ここで、エリアセンサの画素ピッチは、標本化定理により、撮像面上のドットコード36のドットピッチの以下に設定されている。 [0031] Here, the pixel pitch of the area sensor, the sampling theorem, is set below the dot pitch of the dot code 36 on the imaging surface. さらに、撮像面上に設置された空間フィルタ44Cも、この定理に基づいて、 Further, the spatial filter 44C which are placed on the imaging surface, on the basis of this theorem,
撮像面上のモアレ現象(エリアジング)を防ぐために挿入されている。 It is inserted to prevent the moire phenomenon on the imaging plane (aliasing). また、エリアセンサの画素数は、図4の(A)に示すように検出部44を手動走査する際の手振れを考慮して、一度に読取可能と規定された所定のドットコード36の縦方向の幅よりも多めに設定してある。 In addition, the number of pixels in the area sensor, taking into account the camera shake when manually scanning the detection section 44 as shown in (A) in FIG. 4, the longitudinal direction of a predetermined dot code 36 prescribed as readable once It is set a little longer than the width.
即ち、図4の(A)及び(B)は、検出部44を矢印方向に手動走査させた時のある周期ごとの撮像エリアの移動状態を示しているもので、特に、(A)はドットコード36の縦方向の幅が撮像エリア内に納まる場合(手振れも考慮してある)の手動走査の状態を示し、(B)はドットコード36の量が多く、縦方向の幅が一回の撮像エリアに納まらない場合を示している。 That, (A) and (B) in FIG. 4, in which indicates the moving state of the imaging area of ​​a per cycle when the detection unit 44 was manually scanned in the direction of the arrow, in particular, (A) is a dot It shows a state of manual scanning when (camera shake even are considered) of the width in the vertical direction of the cord 36 fits within the imaging area, (B) the amount of the dot code 36 is large and vertical width of one It shows the case where not fit in the imaging area. 後者の場合は、 In the latter case,
ドットコード36の手動走査を開始する位置に、それを示すための手動走査用マーク 36Aが印刷されている。 In a position to start the manual scanning of the dot code 36, the manual scanning marks 36A to indicate it has been printed.
よって、この手動走査用マーク 36Aに沿って、手動走査を複数回行うことより、多量のドットコード36を検出することが可能となる。 Thus, along the manual scanning marks 36A, than to perform a plurality of times manual scanning, it is possible to detect a large amount of the dot code 36.

【0032】上記のようにして検出部44により検出された画像信号は、次に、走査変換及びレンズ歪み補正部46に入力される。 The image signal detected by the detector 44 as described above is then input to the scan conversion and lens distortion correction section 46. この走査変換及びレンズ歪み補正部46では、入力画像信号は、先ず、A/D変換器46A In the scan conversion and lens distortion correction section 46, the input image signal is first, A / D converter 46A
でディジタル信号に変換され、フレームメモリ46B内に蓄えられる。 In is converted into a digital signal, stored in a frame memory 46B. このフレームメモリ46Bは、8ビットの階調を持っている。 The frame memory 46B has the gradation of 8 bits.

【0033】また、マーカ検出回路46Cは、フレームメモリ46Bに記憶された画像情報を、図4の(C)に示すようにスキャンして、マーカ38Aを検出する。 Further, the marker detection circuit 46C is the image information stored in the frame memory 46B, by scanning, as shown in (C) of FIG. 4, to detect the marker 38A. θ θ
検出回路46Dは、このマーカ検出回路46Cで検出した各マーカ38Aが撮像面上のどのアドレス値に対応しているのかを検出して、そのアドレス値からドットコードの配列方向に対する撮像面の傾きθを演算する。 Detection circuit 46D, each marker 38A detected by the marker detection circuit 46C detects the whether they correspond to any address value on the imaging plane, the inclination of the imaging plane with respect to the arrangement direction of the dot code from the address value θ to calculate the. なお、上記マーカ検出回路46Cは、図4の(C)に示すような方向のみのスキャンでは、同図(D)に示すように、同図(C)の場合とほぼ90°回転してドットコード36の撮像が行われた場合に傾きθが正しく求められない恐れがある Incidentally, the marker detection circuit 46C, in the scan direction only as shown in (C) of FIG. 4, as shown in FIG. 1 (D), is rotated substantially 90 ° in the case of FIG. (C) Dot there is a possibility that the inclination θ can not be obtained correctly if the imaging code 36 were made. 即ち 、ブロック38の短手方向にスキャンした場合にはθが正しく求められない恐れがあるた<br>め、 マーカ検出回路46Cは、同図(D)に示すように直行した方向のスキャンも行い、これら直行する2方向のスキャンで得られた結果の内の正しい方を選択するようにしている。 That is, short when scanning hand direction there is a risk that θ can not be obtained correctly <br> Me block 38, the marker detection circuit 46C, the direction of scan that orthogonal as shown in Graph 1 (D) is also performed, and to select the correct one of the results obtained in the two directions of scanning of these orthogonal.

【0034】一方、レンズ収差情報メモリ46Eには、 [0034] On the other hand, the lens aberration information memory 46E is,
レンズの歪み補正を行うための、上記検出部44の結像系44Bに用いられているレンズの予め測定された収差情報を記憶している。 For performing distortion correction of the lens and stores the premeasured aberration information of the lens used in the imaging system 44B of the detection section 44. アドレス制御回路46Fは、次にフレームメモリ46B内に蓄えられたデータを読出す際には、上記θ検出回路46Dで演算された傾きθの値とレンズ収差情報メモリ46Eに記憶されているレンズ収差情報とに従った読み出しアドレスをフレームメモリ4 Address control circuit 46F is then when reading data stored in the frame memory 46B, the lens aberrations stored in the value and the lens aberration information memory 46E of inclination θ calculated by the θ detection circuit 46D frame memory 4 a read address in accordance with the information
6Bに与え、補間回路46Gにてデータ補間を行いながらデータの配列方向への走査変換を行う。 Given to 6B, it performs the scan conversion to the array direction of the data while performing data interpolation in the interpolation circuit 46G.

【0035】図5の(A)は、この補間回路46Gにて行われるデータ補間の原理を示している。 [0035] in FIG. 5 (A) shows the principle of data interpolation performed by the interpolation circuit 46G. 基本的には、 Basically,
データを補間する位置Qの周囲の画素を使用して、コンボルーションフィルタ,LPFにて補間データの作成を行う。 Use pixels around the position Q for interpolating the data, and creates the interpolation data convolution filter at LPF. この走査変換後の画素ピッチ及び走査線ピッチは、撮像時と同様に標本化定理に基づいてドットコードのドットピッチの以下に設定されている。 The pixel pitch and the scanning line pitch after scan conversion is set to the following dot pitch of the dot code on the basis of the sampling theorem as in the case of imaging.

【0036】補間すべき位置Qの周囲4個の画素を使用した簡単なデータ補間の場合には、Q=(D6 ×F6 ) [0036] In the case of simple data interpolation using four surrounding pixels positions Q to be interpolated is, Q = (D6 × F6)
+(D7 ×F7 )+(D10×F10)+(D11×F11)、 + (D7 × F7) + (D10 × F10) + (D11 × F11),
また周囲16個の画素を使用した比較的精度の良いデータ補間の場合には、Q=(D1 ×F1 )+(D2 ×F2 In the case of relatively accurate data interpolation using 16 pixels surrounding, Q = (D1 × F1) + (D2 × F2
)+…+(D16×F16)の演算により補間データが作成される。 ) + ... interpolation data is generated by the operation of the + (D16 × F16). ここで、Dn は画素nのデータ振幅値、Fn Here, Dn is the data amplitude value of the pixel n, Fn
は画素nまでの距離に従って決定される補間用コンボリューションフィルタ(LPF)の係数である。 Is the coefficient of the interpolating convolution filter is determined in accordance with the distance to the pixel n (LPF).

【0037】以上のようにして走査変換を受けてフレームメモリ46Bから読出されたドットコード36 の画像 The above way the image of the dot code 36 read out from the frame memory 46B receives the scan conversion
は、次に、ラッチ48A及びコンパレータ48Bで構成された二値化回路48にて二値化される。 It is then binarized by being constituted by a latch 48A and a comparator 48B binarizing circuit 48. この二値化を行う際の閾値は、閾値判定回路50にて、画面毎もしくは画面内のブロック毎のヒストグラムの値などを利用して決定される。 Threshold when performing the binarization, at the threshold value determination circuit 50, is determined by using, for example, the value of the histogram of each block of each screen or screen. 即ち、ドットコード36上の染みや紙3 In other words, on the dot code 36 stains and paper 3
0の歪み、内蔵クロックの精度などに応じて、閾値を決定する。 0 strain, in accordance with the accuracy of the internal clock, determining a threshold value. この閾値判定回路50としては、例えば本出願人による特願平4−131051号に開示のニューラルネットワークを利用した回路を使用するのが好ましい。 As this threshold determination circuit 50, for example, preferably used circuit using a neural network disclosed in Japanese Patent Application No. 4-131051 by the present applicant.

【0038】またこれと並行して、フレームメモリ46 [0038] In parallel with this, the frame memory 46
Bから読出されたドットコード36 の画像は、PLL回路52に入力され、再生データと同期したクロックパルスCKを発生する。 Image of the dot code 36 read from B is inputted to the PLL circuit 52 generates a clock pulse CK synchronized with reproduction data. このクロックパルスCKは、走査変換後の二値化や復調、及び後述するデータ列調整部56 This clock pulse CK is binarized after scan conversion and demodulation, and later to the data string adjusting section 56
内の誤り判定回路56A,x,yアドレス検出回路56 Error judging circuit 56A of the inner, x, y address detection circuit 56
Bやメモリ部56Cなどの基準クロックとして使用される。 It is used as a reference clock such as B and memory unit 56C.

【0039】二値化されたデータは、復調回路54にて復調され、データ列調整部56内の誤り判定回路56A The binarized data is demodulated by the demodulation circuit 54, the error determining circuit 56A of the data string in the adjusting unit 56
と、x,yアドレス検出回路56Bに入力される。 When, x, it is input to the y address detection circuit 56B. 誤り判定回路56Aは、ブロック38内の誤り判定符号38 Error judging circuit 56A includes an error determination code 38 in the block 38
Fを用いてx,yアドレスデータ38D,38Eに誤りが無いかどうかの判定を行う。 x with F, y address data 38D, a determination is made whether there is no error in 38E. 誤りが無い場合は、 上記 If there is no error, the above-mentioned
復調回路からの復調データを x,yアドレス検出回路5 The demodulated data from the demodulating circuit x, y address detection circuit 5
で検出したアドレスに従って、オーディオデータ列調整用のメモリ部56Cに記録する。 In accordance with the address detected by 6 B, and records in the memory section 56C for adjusting the audio data sequence. 誤りがある場合は、そのブロック38のオーディオデータ38Cはオーディオデータ列調整用のメモリ部56Cには記録されない。 If there is an error, the audio data 38C of the block 38 in the memory section 56C for adjusting audio data string is not recorded.

【0040】このデータ列調整部56の目的は、上記走査変換及びレンズ歪み補正部46における走査変換の精度(基準クロックの精度及び撮像素子のS/Nに左右される)や紙の歪み等により、データの配列方向と走査変換後の走査方向に生じた僅かなずれを補正することにある。 The purpose of this data string adjusting section 56, the above scan conversion and (dependent on S / N of accuracy and the image pickup device of the reference clock) scan conversion accuracy in the lens distortion correction section 46, distortion of paper or the like is to correct a slight misalignment caused to the arrangement direction of the data in the scanning direction after scan conversion. これを、図6によって説明する。 This will be explained by FIG. 同図中、ドットコードD1,D2,D3はブロックごとのデータを示している。 In the figure, the dot code D1, D2, D3 represents the data for each block. 走査変換後の走査線1,2,3,…のピッチは、 Scanning lines 1, 2 and 3 after the scan conversion, ... the pitch of,
前述したように標本化定理に基づいてデータのドットピッチ以下に設定されていれば良いが、図6に於いては、 May be set below the dot pitch of data on the basis of the sampling theorem as described above, but at the FIG. 6,
完全を期してドットピッチの1/2に設定してある。 Is set to 1/2 of the dot pitch the sake of completeness. 故にドットコードD1は図からも明らかなように、走査変換後の走査線3にて誤りなく検出される。 Thus the dot code D1, as is apparent from the figure, is detected without error in the scanning line 3 after scan conversion. そして、D2 Then, D2
は走査変換後の走査線2にて誤りなく検出され、D3も同様に、走査変換後の走査線1にて誤りなく検出される。 Is detected without error by the scan conversion after scanning line 2, D3 are likewise detected without error in the scanning line 1 after scan conversion.

【0041】そして、それぞれのブロック38内のx, [0041] and, x in each of the blocks 38,
yアドレス38D,38Eに従って、データ列調整用のメモリ部56Cに格納される。 y address 38D, according to 38E, are stored in the memory unit 56C for data string adjustment.

【0042】次に、図4の(A),(B)に示したように検出部44を手動で走査することにより、紙30の上の音声ドットコード36を洩れなくデータ列調整用のメモリ部56Cに格納することができる。 Next, in FIG. 4 (A), by scanning manually detector 44 as shown (B), the memory for data string adjusting no leakage speech dot codes 36 on the paper 30 it can be stored in section 56C.

【0043】このようなデータ列調整部56にてデータ列が調整された音声ドットコードは、次に、上記PLL The speech dot codes data sequence is adjusted in such a data string adjusting section 56, then the PLL
回路52とは別の基準クロック発生回路53により発生した基準クロックCK'に従い、データ列調整用のメモリ部56Cから読出される。 Accordance with the standard clock CK 'generated by a separate reference clock generating circuit 53 is a circuit 52, it is read from the memory unit 56C for data string adjustment. そして、この時にデ・インタリーブ回路58によりデ・インタリーブがかけられ、 Then, de-interleave is multiplied by the de-interleave circuit 58 at this time,
正式なデータ列に変換される。 It is converted into a formal data string. 次に、ブロック38内の誤り訂正用符号38Bを用いた誤り訂正が誤り訂正回路60にて行われる。 Then, error correction using the error correction code 38B in the block 38 is performed in the error correction circuit 60. そして、復号回路62で圧縮されたデータの復号が行われ、さらにデータ補間回路64にて誤り訂正不能なオーディオデータの補間が行われる。 Then, the decoding of data compressed by the decoding circuit 62 is performed, the interpolation error uncorrectable audio data is further in data interpolation circuit 64. その後、D/A変換回路66にてアナログのオーディオ信号に変換され、増幅器68にて増幅されて、音声出力器(イヤホン,ヘッドホン,スピーカ,等)42にて音に変換される。 Then converted by D / A conversion circuit 66 into an analog audio signal is amplified by the amplifier 68, the audio output device is converted into sound (earphone, headphone, speaker, etc.) at 42.

【0044】以上のようにして、音声や音楽などのオーディオ情報を紙に記録できるようにし、また再生機を小型の携帯型の装置としたことにより、プリントアウトしたものやそれをファクシミリ伝送したもの、あるいは印刷製版により本の形式で印刷されたものを、何処でも、 [0044] As described above things, audio information such as voice or music to be recorded on paper and by which the player and small portable device, which print those out and it was facsimile transmission or by printing plate-making what was printed in the form, anywhere,
また何回でも聞くことができるようになる。 In addition it is possible to hear any number of times.

【0045】なお、上記データ列調整部56内のデータ列調整用のメモリ部56Cは、半導体メモリに限らず、 [0045] The memory unit 56C for data string adjustment in the data string adjusting section 56 is not limited to a semiconductor memory,
フロッピーディスク,光ディスク,光磁気ディスク,等の他の記憶媒体を利用することが可能である。 Floppy disk, optical disk, magneto-optical disk, it is possible to use other storage media like.

【0046】上記のようにオーディオ情報を記録したものの応用例としては、種々のものが考えられる。 [0046] As an application example those recorded audio information as described above is considered various ones. 例えば、一般用として、語学教材、楽譜、通信教育等の各種テキスト、商品仕様、修理等のマニュアル、外国語等の辞書、百科事典、絵本等の書籍、商品カタログ、旅行案内、ダイレクトメールや案内状、新聞、雑誌、チラシ、 For example, as for general use, language teaching materials, music, various types of text, such as communication education, product specifications, such as repair of the manual, a dictionary of foreign language, etc., encyclopedia, picture books, such as books, product catalogs, travel guide, direct mail and guide Jo, newspapers, magazines, flyers,
アルバム、祝電、葉書、等が考えられる。 Albums, congratulatory telegrams, postcards, etc. can be considered. また、業務用としては、FAX(ボイス&ファックス)業務指示書、 In addition, as is for business, FAX (voice & fax) business instructions,
議事録、電子黒板、OHP、身分証明書(声紋)、名刺、電話用メモ、付箋紙、上質紙をロール状にしたサプライ商品(消耗品)、等といったものが考えられる。 Proceedings, electronic blackboard, OHP, identification (voice print), business cards, phone notes, sticky notes, supply products that the high-quality paper in the form of a roll (consumables), is considered things like equal. ここで、消耗品とは、図5の(B)に示すように、そのロール状にした紙30Aの裏面に、両面テープや、付箋紙の様な簡単に剥がれるのりが設けられており、表面にドットコード36を記録して、必用な分だけ切り離して、 Here, the consumables, as shown in (B) of FIG. 5, the rear surface of the paper 30A which has on its roll, double-sided tape or easily peeled off glue such as sticky notes are provided, the surface to record the dot code 36 to, in isolation only necessity a minute,
種々のものに貼れるようにしたものである(以下、これをリールシールと称する)。 It is obtained as pasted to a variety of things (hereinafter, referred to as reel seal). また、同図の(C)に示すように、紙30Aの幅を広くして複数段のドットコード36が記録できるようにすると共に、検出部44の手動走査のガイドラインとしての手動走査用マーク 36Bを縦横に印刷しておいても良い。 Further, as shown in FIG. (C), together with the dot code 36 in a plurality of stages by increasing the width of the paper 30A is to be recorded, manual scanning marks 36B as guidelines for manual scanning of the detection section 44 it may have been printed vertically and horizontally. このマーク 36Bは、同時に、ドットコード36の記録位置の目安としても利用できる。 The mark 36B at the same time, can also be used as a guide for the recording position of the dot code 36. 即ち、プリンタシステム28にセンサを設けておき、そのセンサで上記マーク 36Bを読み取って、プリントアウトする頭出しをするようにすれば、ドットコード36はこのマーク 36Bで囲まれた領域内に必ず印刷できるので、手動走査もこのマーク 36Bに沿って行うことにより確実に記録されたオーディオ情報を再生できる。 In other words, it leaves a sensor provided in the printer system 28 reads the mark 36B at the sensor, if such a cue for printing out, always print the dot code 36 is the area having a mark 36B since it, manual scanning may also play the audio information is reliably recorded by performing along the mark 36B. むろん、ドットコード36を印刷する時にマーク Of course, mark when printing the dot code 36
36Bも印刷しても良い。 36B may also be printed.

【0047】なお、オーディオ情報の記録時間は、20 [0047] It should be noted that the recording time of the audio information, 20
0dpiの一般的なファクシミリの場合、例えば用紙の一辺に沿って1インチ×7インチ(2.54cm×1 For a typical facsimile 0 dpi, for example, 1 inch × 7 inches along one side of the sheet (2.54 cm × 1
7.78cm)のエリアにデータを記録した場合、データの総数は280kbitになる。 When recording the data in the area of ​​7.78cm), the total number of data becomes 280Kbit. これからマーカ、アドレス信号、誤り訂正符号、誤り判定符号(但し、この場合の誤り判定符号は上記x,yアドレス38D,38 Now the marker, an address signal, an error correction code, an error determination code (although, in this case error determination code above x, y addresses 38D, 38
Eに加えてオーディオデータ38Cも誤り判定対象としている)の分(30%)を差し引くと、196kbit Audio data 38C in addition to E also Subtracting min (30%) of) is an error determination target, 196Kbit
になる。 become. 従って、音声を7kbit/s(移動体通信のビットレート)に圧縮した時の記録時間は、28秒となる。 Accordingly, the recording time when compressed audio to 7kbit / s (bit rate of the mobile communication) becomes 28 seconds. A4サイズ両面ファクシミリ用紙の裏面全体に記録する時は、7インチ×10インチ(17.78cm×2 A4 When recording on the entire back surface of the size duplex facsimile paper, 7 inches × 10 inches (17.78 cm × 2
5.4cm)のエリアが取れるので、4.7分の音声記録が可能である。 Since the area of ​​5.4cm) can be taken, it is possible to 4.7 minutes of audio recording.

【0048】また、400dpiのG4ファクシミリの場合には、上記と同様に計算した結果、7インチ×10 [0048] In the case of G4 facsimile 400dpi, the result of calculation in the same manner as described above, 7 inches × 10
インチのエリアに、18.8分の音声記録が可能である。 In the area of ​​inches, it is possible to 18.8 minutes audio recording.

【0049】1500dpiの高級印刷の場合、5mm [0049] In the case of luxury printing of 1500dpi, 5mm
×30mmのエリアに印刷した場合、上記と同様に計算した結果、52.3秒の音声記録が可能である。 When printing in the area of ​​× 30 mm, the results were calculated as described above, it is possible to 52.3 seconds audio recording. また、 Also,
10mm×75mmのテープ状エリアに印刷した場合には、ミュージックも可能な高音質(圧縮して30kbi When printed on a tape-like area of ​​10 mm × 75 mm is, music also high quality (compression to 30kbi
t/s)の音声信号で計算した場合、1分の音声記録が可能である。 When calculated by t / s) of the audio signal, it is possible for one minute audio recording.

【0050】図7は、本発明の第2 の実施の形態の構成を示す図である。 [0050] Figure 7 is a diagram showing a configuration of a second embodiment of the present invention. 本第2 の実施の形態は、撮像素子として、メモリ及びランダムアクセス可能なCMDのようなxyアドレス型撮像部を使用する例であり、再生装置の検出部44並びに走査変換及びレンズ歪み補正回路46 This second embodiment, as the image pickup device, an example of using the xy address type image pickup unit such as a memory and random accessible CMD, the reproducing apparatus detecting unit 44 and the scan conversion and lens distortion correction circuit 46
のみが、上記第1 の実施の形態と異なっている。 Only differs from the first embodiment. 即ち、 In other words,
検出部及び走査変換部70は、xyアドレス型撮像部7 Detector and the scan conversion section 70, xy address type imaging section 7
0Aにメモリされた撮像データを上記第1 の実施の形態 The imaging data memory 0A the first embodiment
と同様にマーカ検出して、読出すときに補間する回りのデータ4つをデコーダ用アドレス発生部70B及びx, And similarly to the marker detection, around data four address decoder generating section 70B and x to interpolate when reading,
yデコーダ70C,70Dにより順番に読出して補間部72に入力する。 y decoder 70C, and inputs read sequentially Te to the interpolation section 72 by 70D. 補間部72では、入力データに対して、係数発生回路70Eより係数を順次読出して掛け算器70Fにより掛け算し、さらには加算器70G,サンプルアンドホールド回路70H,スイッチ701でなるアナログの累積加算回路にて累積加算し、サンプルアンドホールド回路70Jにてサンプルアンドホールドを行って、走査変換されたドットコードを上記二値化回路4 The interpolation unit 72, the input data, multiplies Te sequentially reads the coefficient from the coefficient generation circuit 70E by multiplier 70F, further adder 70G, a sample and hold circuit 70H, the cumulative addition circuit of an analog comprising a switch 701 adding cumulative Te, sample and hold circuit to sample and hold performs at 70 J, the scan converted dot code the binarization circuit 4
8,閾値判定回路50,及びPLL回路52に供給する。 8, the threshold value determination circuit 50 supplies, and to the PLL circuit 52.

【0051】このような構成とすることにより、上記第1 の実施の形態と同様の機能を果たすことができると共に、フレームメモリ46を不要とすることができ、コストの低減並びに小型化が実現できる。 [0051] With such a configuration, it is possible to perform the same function as in the first embodiment, the frame memory 46 can be eliminated, cost reduction and miniaturization of can be achieved . さらには、xyアドレス型撮像部70A、アドレス発生部70B、デコーダ70C,70D、補間部72を一つの基板に作り込んでIC化することにより、さらに小型化が図れる。 Furthermore, xy address type image pickup unit 70A, the address generation unit 70B, a decoder 70C, 70D, by an IC crowded made on one substrate interpolation unit 72 further can be miniaturized.

【0052】図8は、本発明の第3 の実施の形態の構成を示す図である。 [0052] Figure 8 is a diagram showing a configuration of a third embodiment of the present invention. 実施の形態は、絵や文字の印刷された紙30の上に、正反射(全反射)し易い透明塗料(インク)74によりドットコード36を記録したものである。 This embodiment, on the printed paper 30 of a picture or a character, the specular reflection (total internal reflection) easily clearcoat (ink) 74 is obtained by recording a dot code 36. そして、検出部44内に、光源44Aと結像系44 Then, in the detection unit 44, the light source 44A and an imaging system 44
Bの間に偏光フィルタ44F,44Gを設け、これら偏光フィルタ44F,44Gの偏光面を合わせておくことにより、内部(紙30の表面)からの反射光や、コードに従って透明塗料74の抜けている穴74Aの開いているところからの反射光は偏光方向がばらばらになって偏光フィルタ44Gで1/2がカットされることとなり、 Polarizing filter 44F, the 44G provided between the B, these polarizing filters 44F, by previously combining the polarization plane of 44G, inside or reflected light from (the surface of the paper 30), missing the clearcoat 74 according to the code the reflected light from the place which is apertured 74A becomes the 1/2 polarizing filter 44G polarization direction falling apart is cut,
さらに通常の反射光と全反射光とではもともと光量差が大きいので、透明塗料74で記録されたドットコードのコントラストが強調されて撮像されることとなる。 Further, since originally large light amount difference in the normal reflected light and totally reflected light, so that the contrast of the recorded dot code in clearcoat 74 is highlighted by imaging.

【0053】さらには、紙30を表面が正反射し易いように鏡面仕上げ等の表面処理し、透明塗料74を、上記表面処理した面の屈折率より高い屈折率の素材で、且つ1/4λ程度の(入射角による光路長の変化を考慮して、透明塗料内の光路長で1/4となるような)厚みの膜としておけば、反射増幅コートの効果で、斜めに当った光が、より一層増幅されて表面反射(正反射)し易い。 [0053] Furthermore, the paper 30 and the surface treatment of the mirror-finishing such as easily specular surface, a transparent coating 74, a material of higher refractive index than the refractive index of the surface-treated surface, and 1 / 4.lamda the degree of if as a (taking into account the change in optical path length due to the incident angle, transparent in the optical path length in the coating such that 1/4) thick film, the effect of the reflection amplifying coat, light which strikes obliquely , surface reflection (specular reflection) more is further amplified easily.

【0054】この場合、例えばドットコードの形成は、 [0054] In this case, for example, of the dot code formation,
微細なケミカルエッチング等にて行い、ドットに対応した穴の部分を粗面化して反射率を低下させるものとする。 It is made in the fine chemical etching or the like, is assumed to lower the reflectance roughened portion of the hole corresponding to the dot.

【0055】このように透明塗料74によりドットコード36を記録するようにすると、文字や絵の上にも記録できるので、文字や絵と併用する場合、上記第1 の実施 [0055] When so as to record the dot code 36 Thus a transparent coating 74, since it is also recorded on the letters and pictures, when used in combination with letters and pictures, the first embodiment
の形態に比べて記録容量を増大することができる。 It is possible to increase the recording capacity compared to the embodiment.

【0056】また、透明塗料の代わりに、透明の蛍光塗料を用いても良いし、カラーにして多重化するようにしても良い。 [0056] Instead of the transparent paint, it may be used a transparent fluorescent paint may be multiplexed in the color. このカラーにする場合には、通常のカラーインクを使用することもできるし、透明のインクに色素を混ぜてカラーにすることも可能である。 When this collar can either be used normal color inks, it is also possible to color mix dye in a transparent ink.

【0057】ここで、例として、透明インクを揮発性液とバインダー(例えば、フェノール樹脂ワニス、アマニ油ワニス、アルキッド樹脂がある)からなるインクとし、色素を顔料とすることができる。 [0057] Here, as an example, the invisible ink volatile liquid and a binder (e.g., phenolic resin varnish, linseed oil varnish, there is alkyd resin) and inks comprising a dye and may be a pigment.

【0058】次に、オーディオ情報記録装置を応用した携帯型ボイスレコーダを説明する。 Next, explaining a portable voice recorder which applies an audio information recording apparatus. 図9の(A)及び(B)はその外観図である。 Shown in FIG. 9 (A) and (B) is its external view. この携帯型ボイスレコーダは、本体76と、本体側及び音声入力部側着脱部材(面ファスナー、マジックテープ等)78A,78Bにより本体76に対し着脱自在な音声入力部80とからなる。 The portable voice recorder includes a body 76, the main body and the voice input portion detachable member (surface fastener, Velcro tape, etc.) 78A, consisting of freely voice input unit 80. detachable from the main body 76 by 78B.
また、本体76表面には、記録開始ボタン82と印字シートの排出部84が設けられている。 Further, the body 76 surface, the discharge portion 84 of the printing sheet is provided with the recording start button 82. なお、本体76と音声入力部80とはケーブル86により結ばれている。 Note that the main body 76 and the sound input section 80 are linked by a cable 86.
もちろん、無線や赤外線などにより音声入力部80から本体76に信号を送信するようにしても良い。 Of course, such as wireless or infrared may also transmit signals from the speech input unit 80 to the body 76.

【0059】図10は、このような携帯型ボイスレコーダのブロック構成図である。 [0059] Figure 10 is a block diagram of such a portable voice recorder. マイクロホン88から入力された音声は、プリアンプ90で増幅後、A/D変換器92でディジタルに変換されて、圧縮処理部(ADPC The voice inputted from the microphone 88, amplified by a preamplifier 90 and converted to digital by the A / D converter 92, compression processing section (ADPC
M)94に供給される。 M) is supplied to the 94. 圧縮処理を施されたデータは、 It has been subjected to compression processing data,
エラー訂正符号付加部96にてエラー訂正符号が付加され、その結果がインターリーブ部98に供給され、それぞれのデータが記憶されて、その後、インターリーブ処理が行われる。 Is added an error correction code by the error correction code addition unit 96, the result is supplied to the interleaving unit 98, each data is stored, then, the interleaving process is performed. こうしてインターリーブされたデータは、さらに、アドレスデータ付加部100により、ブロックのアドレス,アドレス用のエラー判定符号(CRC Thus interleaved data is further by the address data addition section 100, the address of the block, the error determination code (CRC for address
等)を付加し、その結果が変調回路102に入力される。 Adding etc.), the result is input to the modulation circuit 102. この変調回路102では、例えば8−10変調というような8ビットのデータを10ビットの別のビット数のものに変換する。 In the modulation circuit 102 converts the 8-bit data as that for example 8-10 modulation to that of the number of different bits of the 10 bits. その後、マーカ付加部104にて、 Then, at the marker addition unit 104,
上記変調回路102で対応付けた256通りのデータ列には無いデータ列を使ってマーカを生成して付加する。 Using no data string to the data sequence 256 which correlated with the modulation circuit 102 generates and adds the markers.

【0060】こうしてマーカを付加されたデータは、簡易プリンタシステム106に送られて、図11の(A) [0060] The data added with the marker thus is sent to a simple printer system 106, shown in FIG. 11 (A)
及び(B)に示すようにリールシール108に印刷され、印字シート排出部84から排出される。 And printed on the reel seal 108 (B), the discharged from the print sheet discharge unit 84. この場合、 in this case,
簡易プリンタシステム106はタイマ110によって計時された日付・時刻をリールシール108に印字する。 Simple printer system 106 prints date and time measured by the timer 110 on the reel seal 108.
なお、上記の各部は、記録開始ボタン82の操作に応じて制御部112により制御される。 The above respective units are controlled by the control unit 112 in response to the operation of the recording start button 82. また、上記各部の内、マイクロホン88からどこまでを音声入力部80内に構成するかは特に限定されるものではなく、例えば、 Among the above components, whether from the microphone 88 far constituting a voice input section 80 is not particularly limited, for example,
ここでは、音声入力部80にはマイクロホン88,プリアンプ90,A/D変換器92を内蔵するものとする。 Here, it is assumed that a built-in microphone 88, a preamplifier 90, A / D converter 92 to the audio input unit 80.

【0061】図12は、このような構成の携帯型ボイスレコーダの動作フローチャートである。 [0061] Figure 12 is an operational flowchart of the portable voice recorder having the above configuration. 即ち、本体76 In other words, the main body 76
に設けられた記録開始ボタン82が押下されると(ステップS12)、その押下されている間(ステップS1 When the recording start button 82 provided on the pressed (step S12), the while the is pressed (step S1
4)、音声入力からリールシール108へのドットコード114印字処理迄の処理が行われる(ステップS1 4), the processing from speech input until the dot code 114 print processing to the reel seal 108 is performed (step S1
6)。 6). そして、記録開始ボタン82の押下が止められると、予め決められた一定時間内に再び記録開始ボタン8 When stopped the pressing of the recording start button 82 again recording start button within a predetermined fixed time 8
2が押下されたかどうかを判断し(ステップS18)、 2, it is determined whether or not pressed (step S18), and
押下されたと判断した場合には上記ステップS14に戻って上記の処理を繰り返す。 If it is determined to have been depressed and repeats the above processing returns to step S14. しかし、一定時間以内に記録開始ボタン82が押下されなかった場合には、タイマ110より現在の日時及び時刻を参照して(ステップS However, when the recording start button 82 is not pressed within a predetermined time, by referring to the current date and time from the timer 110 (step S
20)、リールシール108を余白部分116をフィードしながら、その参照した日時,時刻を印字する(ステップS22)。 20), while feeding the margin 116 of the reel seal 108, the reference time and date, for printing the time (step S22).

【0062】このような携帯型ボイスレコーダでは、図9の(A)に示すように本体76と音声入力部80とを接続した状態では、ユーザは本体76を手で持って音声入力部80を口元に近づけて音声をドットコード114 [0062] In such a portable voice recorder, a state of connecting the body 76 and the audio input unit 80 as shown in FIG. 9 (A), the user voice input unit 80 by hand body 76 dot code 114 a voice close to the mouth
としてリールシール108に記録する。 Recorded on the reel seal 108 as. また、図9の(B)に示すように本体76と音声入力部80とを分離し、音声入力部80を着脱部材78Bを利用して電話の送受話器の受話器側に取り付けることにより、電話の内容をメモする代わりに直接相手側の用件をドットコード114としてリールシール108に記録することができる。 Further, by separating the main body 76 and the audio input unit 80 as shown in (B) of FIG. 9, attached to the receiver side of the handset of the telephone by using the detachable member 78B voice input unit 80, phone the requirements of the direct mating instead of note contents can be recorded on the reel seal 108 as a dot code 114. しかもこの場合、図11の(A)及び(B)に示すように、リールシール108には、日時・時刻が印字されるだけでなく、余白部分116が形成されるため、受信人名をメモしたり、だれ宛のものであるか等といったコメントを書込むことができる。 Moreover this case, as shown in (A) and (B) in FIG. 11, since the reel seal 108, not only the date and time is printed, the margin portion 116 is formed, Note the received personal name or, a comment such as someone is of the addressed or the like can be written.

【0063】なお、音声入力部80としては、上記のように着脱部材により本体に着脱される構成以外にも、種々の態様が考えられる。 [0063] Note that the sound input unit 80, in addition to configurations that are detachably attached to the body by detachable member as described above, can be considered various aspects. 例えば、図11の(C)及び(D)に示すように、イヤホン型のものとすることができる。 For example, as shown in (C) and (D) in FIG. 11, it can be of the earphone. このようなイヤホン型の音声入力部80とした場合、同図の(D)に示すように音声入力部80を本体7 If the speech input unit 80 such earphone, an audio input unit 80 as shown in the same figure (D) body 7
6の音声入力部格納部118から引出し、ユーザの耳に挿入することにより、電話の送受話器の受話器側から聞こえる相手の声を聞きながら、それをドットコードの形で記録できるようになる。 6 drawn out from the voice input unit storage unit 118 of, by inserting the user's ear, while listening to the voice of the person you heard from the receiver side of the handset of a telephone, comprising it can be recorded in the form of a dot code.

【0064】また、上記説明では、記録開始ボタン82 [0064] In addition, in the above description, the recording start button 82
を押し続けている間だけドットコード印字を行うものとしたが、本体76に別に記録終了ボタンを設け、記録開始ボタン82が一回押されてから記録終了ボタンが押されるまでの間、ドットコード印字を行うようにするようにしても良い。 It is assumed to perform a dot code printing only while holding down, provided separately recording end button on the main body 76, between the pressed recording start button 82 once until the recording end button is pressed, dot code it may be to perform the printing.

【0065】記録機には、図3で示したような再生機能を組み込んで、記録再生機としても良い。 [0065] The recorder may incorporate such reproduction function as shown in FIG. 3, may be a recording and reproducing apparatus. またその時は、イヤホン型音声入力部80は、イヤホンの機能も併せ持たせても良い。 Also at that time, an earphone type speech input section 80 may be the function of an earphone is also allowed Awasemota.

【0066】以上の実施の形態に於いては、記録される情報として、音声,音楽等のオーディオ情報を例に挙げて説明したが、以下に、オーディオ情報に限らず、カメラ,ビデオ等から得られる映像情報、及びパーソナルコンピュータ(以下、パソコンと称す),ワードプロセッサ(以下、ワープロと称す)等から得られるテキストデ [0066] The In the above embodiment, as an information to be recorded, voice, and audio information such as music has been described as an example, below, it is not limited to audio information, camera, a video, etc. the video information to be, and personal computer (hereinafter, referred to as PC), word processor (hereinafter, word processing and referred to) text de obtained from, etc.
ータ等のディジタルコードデータ、等を含めた、所謂マルチメディア情報を取り扱う実施の形態について説明する。 Including digital code data, such as over data, etc., it will be described embodiments for handling so-called multimedia information.

【0067】図13は、そのようなマルチメディア情報を記録するためのマルチメディア情報記録装置のブロック構成図である。 [0067] Figure 13 is a block diagram of a multimedia information recording apparatus for recording such multimedia information.

【0068】マルチメディア情報の内、オーディオ情報については、図1の場合と同様に、マイクロホンやオーディオ出力機器120から入力され、プリアンプ122 [0068] Among the multimedia information, the audio information, as in the case of FIG. 1, is input from the microphone or audio output device 120, a preamplifier 122
で増幅後、A/D変換器124でディジタルに変換されて、圧縮処理部126に供給される。 In the amplified, converted to digital by the A / D converter 124 and supplied to the compression processing unit 126.

【0069】圧縮処理部126では、入力ディジタルオーディオ信号は、スイッチ128により、ADPCM回路のような音声圧縮回路130と音声合成コード化回路132とに選択的に供給されるようになっている。 [0069] In the compression processing section 126, the input digital audio signal, by the switch 128, and is selectively supplied to the audio compression circuit 130 and the speech synthesis coding circuit 132, such as ADPCM circuit. 音声圧縮回路130は、入力ディジタルオーディオ情報を適応型の差動PCMすることによりデータ圧縮を施す。 Audio compression circuit 130 performs data compression by differential PCM adaptive input digital audio information. 音声合成コード化回路132は、入力ディジタルオーディオ情報に対して、1つ音声を認識をした後、コードに変換する。 Speech synthesis coding circuit 132, after to the input digital audio information and the recognized one voice is converted into the code. これは、上記ADPCMが音声情報という形でそれを符号化しデータ量を減らしていく即ち生のまま処理をしていくのに対して、一旦別の合成のコードに変えてしまうことで相対的にデータ量を減らすものである。 This relatively by the ADPCM Whereas continue to process it remains to go i.e. raw reduce the encoded data amount in the form of voice information, thereby temporarily changing the code of another synthetic it is intended to reduce the amount of data.
上記スイッチ128の切り換えについては、例えば、ユーザの方で目的に応じて、例えば、手動で切り換えるようになっている。 The switching of the switch 128, for example, according to the purpose in the way of the user, for example, so that the switch manually. あるいは、例えばオーディオ出力機器からの情報のように高音質のものについては音声圧縮回路130を通し、例えばマイクロホンからの人の話声やコメントというようなものについては音声合成コード化回路132を通すというように予め決めておけば、入力されたオーディオ情報がどちらのものであるのかをスイッチの前段で認識をして自動的に切り換えるという構成にすることも可能である。 Alternatively, for example, through the voice compression circuitry 130 for those high-quality as information from the audio output device, such as the kind of human speech and comments from the microphone is passed through the speech synthesis coding circuit 132 if it decided in advance so, it is also possible to configure that automatically switches whether the audio information inputted is of either by recognition in the preceding stage of the switch.

【0070】また、もう既にディジタルコードデータとして形成されているパソコン、ワープロ、CAD、電子手帳や通信等からくる各種データは、インタフェース(以下、I/Fと称す)134を介して、まずデータ形態判別回路136に入力される。 [0070] Also, the personal computer, which is formed as already digital code data, word processing, CAD, various data coming from the electronic notebook and communication, etc., the interface (hereinafter, referred to as I / F) 134 via a first data form is input to the determination circuit 136. このデータ形態判別回路136は、基本的に、後段の圧縮処理部126で圧縮が可能かどうかを判断するもので、データが既に何等かの圧縮処理が行われており、後段の圧縮処理部126での効果が得られない情報については、圧縮処理部126 The data form determination circuit 136 basically intended to determine whether it is possible to compress at a later stage of the compression processing unit 126, the data has already been carried out compression processing or whatever, subsequent compression processing unit 126 the effect is not obtained information, the compression processing unit 126
をバイパスさせて圧縮処理部126の後段にダイレクトに渡し、また、入力データが非圧縮データの場合には、 The passing downstream of the compression processing unit 126 by bypassing directly, and when the input data is non-compressed data,
それを圧縮処理部126に送る。 Send it to the compression processing unit 126.

【0071】上記データ形態判別部136にて非圧縮のコードデータであると判断されたデータは、圧縮処理部126に入力され、ハフマン,算術符号,ジブレンペル等の圧縮回路138にてコードデータを最適に圧縮する圧縮処理が行われる。 [0071] The data form data determined to be the code data of the non-compressed at determination unit 136 is input to the compression processing unit 126, the optimum Huffman, arithmetic coding, the code data by the compression circuit 138, such as Jiburenperu compression processing for compressing the is performed. なお、この圧縮回路138は、上記音声合成コード化回路132の出力に対する圧縮処理も行うようになっている。 Incidentally, the compression circuit 138 is configured to perform the compression process on the output of the speech synthesis coding circuit 132.

【0072】なお、上記音声合成コード化回路132 [0072] Note that the speech synthesis coding circuit 132
は、音声以外に文字情報を認識して音声合成コード化しても良い。 It may be speech synthesis coding by recognizing the text information in addition to voice.

【0073】また、カメラやビデオ出力機器等140の画像情報は、プリアンプ142による増幅及びA/D変換器144でのA/D変換後、圧縮処理部126に供給される。 [0073] Also, the image information of the camera or video output device such as 140, after A / D conversion in the amplification and A / D converter 144 according to the pre-amplifier 142, is supplied to the compression processing unit 126.

【0074】圧縮処理部126では、像域判定及び分離回路146にて、入力された画像情報が手書き文字やグラフ等の二値画像なのか、それとも自然画像等の多値画像なのかを判別する。 [0074] In the compression processing section 126, in the image area determination and separation circuit 146 determines whether the input image information is binary image of the one of such handwritten character or a graph, or the multi-valued image of a natural image or the like . この像域判定及び分離回路146 The image area determination and separation circuit 146
は、例えば、本出願人による特願平5−163635号に示されているようなニューラルネットを利用した判別像域分離の手法を用いて、二値画像データと多値画像データを分離する。 Is, for example, using the technique of the present applicant determined image area separation by using a neural network as shown in Japanese Patent Application No. 5-163635 by, separating the binary image data and multivalued image data. そして、二値画像データは、二値圧縮としてJBIG等で一般的なMR/MH/MMR等の二値圧縮処理回路148で圧縮され、多値画像データについては、例えばDPCMあるいはJPEG等の静止画像の圧縮機能を使って多値圧縮処理回路150で圧縮される。 The binary image data is compressed by a binary compression processing circuit 148 such as a general MR / MH / MMR in JBIG or the like as binary compression, for multilevel image data, for example DPCM or still image such as JPEG It is compressed by the multi-value compression processing circuit 150 using a compression function.

【0075】以上のようにしてそれぞれ圧縮処理を施されたデータは、適宜データ合成処理部152で合成される。 [0075] was subjected to compression-processed as described above data is synthesized with an appropriate data combination processing unit 152.

【0076】なお、必ずしもそれぞれの情報入力及び圧縮処理の系統を並列的に全て備えている必要はなく、目的に応じて、一つあるいは複数の系統を適宜組み合わせて構成するようにしても良い。 [0076] It is not necessarily required to have strains of the respective information input and compression processing in parallel all, depending on the purpose, may be formed by combining one or more of systems as appropriate. 従って、上記データ合成処理部152は必ずしも必要なものではなくて、データ系統が1種類しかないものについては、これを省略し、 Therefore, the data synthesis processing unit 152 not always necessary, for those data lineage there is only one type, this is omitted,
直接次段のエラー訂正符号付加部154へ入力する構成とすることができる。 It can be configured to be input directly to the next stage of the error correction code addition section 154. エラー訂正符号付加部154では、エラー訂正符号が付加され、データメモリ部156 The error correction code addition section 154, is added error correction code, the data memory 156
に入力される。 It is input to. データメモリ部156では、それぞれのデータが記憶されて、その後、インターリーブ処理が行われる。 The data memory unit 156, each data is stored, then, the interleaving process is performed. これは、実際にドットコードとして記録され、 This is actually recorded as dot codes,
そしてそれを再生される際に、少しでもエラーを減らす、例えば、ノイズ等によるブロックエラーというものを少しでもなくして訂正能力を高めるために、連続するデータ列を適宜離れた位置に分散させていく処理である。 And when they are playing it, reduce errors as much as possible, for example, in order to enhance the correction capability by eliminating even a little thing called block error due to noise or the like, will be dispersed appropriately distant data successive rows it is a process. 即ち、バーストエラーをビットエラーの単位に危険度を下げるという作業を行う。 That is, the task of reducing the risk of a burst error into units of bit errors. こうしてインターリーブされたデータに対して、さらに、アドレスデータ付加部158により、ブロックのアドレス,アドレス用のエラー判定符号(CRC等)を付加し、その結果が変調回路160に入力される。 Against this way interleaved data, further, the address data addition section 158, the address of the block, adds the error determination code address (CRC or the like), and the result is input to the modulation circuit 160. 変調回路160では、例えば8− The modulation circuit 160, for example 8
10変調である。 10 is a modulation.

【0077】なお、上記実施の形態に於いては、インターリーブをかけた後に、エラー訂正のための符号を付加するようにしても良いことは勿論である。 [0077] Incidentally, at the above-mentioned embodiment, after multiplied by the interleaving, it is a matter of course that may be added to the code for error correction.

【0078】その後、マーカ付加部162にて、上記変調回路160で対応付けた256通りのデータ列には無いデータ列を使ってマーカを生成して付加する。 [0078] Then, at the marker adding unit 162, it generates and adds a marker using no data string to the data sequence 256 which correlated with the modulation circuit 160. このようにマーカを変調の後に付加することで、マーカまでもが変調されてしまって、逆にマーカとして認識しにくくなるということを解消する効果がある。 By thus adding a marker after modulation, even markers gone being modulated, the effect of eliminating that hardly recognized as a marker conversely.

【0079】こうしてマーカ付加されたデータは、合成及び編集処理部164に送られて、この生成されたデータ以外の、記録紙に記録される、例えば、画像やタイトルや文字等と合成され、あるいはレイアウト等の編集をされ、またプリンタへの出力の形態や印刷製版対応のデータフォーマットに変換されて、次のプリンタシステムや印刷用製版システム166に送られる。 [0079] Marker added data thus is sent to the synthesis and editing processor 164, other than the generated data, is recorded on the recording paper, for example, it is combined with the image, title or characters, or the editing such as layout and is converted into output form and printing plate making corresponding data format to the printer and sent to the next printer system or the printing plate making system 166. そして、このプリンタシステムや印刷用製版システム166で、最終的に、シート,テープ,及び印刷物等に印刷される。 Then, in the printer system or the printing plate making system 166, finally printed sheets, tapes, and printed matter. なお、合成及び編集処理部164に於ける編集処理は、紙面情報とドットコードのレイアウト、コードのドットサイズを印刷機,プリンタ等の分解能に合せる、ワード単位,内容の区切り等でコード長を適宜区切り段変えを行う即ち一列を次のラインに移す段換えを行う、等の編集作業を含む。 Incidentally, in the editing process to the synthesis and editing processor 164, the paper information and the dot code layout code dot size printing press, adjusted to the resolution of the printer, a word unit, a code length delimited such contents as appropriate ie a row perform the changing separator stage performing the stage instead to move to the next line, including the editing work of equal.

【0080】こうして印刷された印刷物は、例えば、F [0080] Thus, the printed printed material, for example, F
AX168により送信される。 Sent by the AX168. むろん、合成及び編集処理部164で生成されたデータを印刷する代わりに、直接FAX送信するものとしても良い。 Of course, instead of printing data generated by the synthesis and editing processor 164 may be one that FAX transmission directly.

【0081】ここで、図14を参照して、本実施の形態 [0081] Here, with reference to FIG. 14, this embodiment
に於けるドットコード170の概念を説明する。 Explaining the concept of in dot code 170. 実施 This embodiment
の形態のドットコード170のデータフォーマットでは、1つのブロック172は、マーカ174、ブロックアドレス176、及びアドレスのエラー検出,エラー訂正データ178と、実際のデータが入るデータエリア1 In the form of a data format of the dot code 170, one block 172, marker 174, a block address 176, and address error detection, and error correction data 178, the data area 1 that actual data enters
80とから成っている。 It is made up of 80 Metropolitan. 即ち、上記図2の(A)を参照して説明した実施の形態では、1つのブロックが、ライン方向の一次元的に構成されていたものが、本実施の形 That is, in the embodiment described with reference to FIG 2 (A), which one block, has been one-dimensionally configuration of the line direction, the shape of this embodiment
では、二次元的に展開された形で形成されている。 In state, and is formed by two-dimensionally expanded form. そして、このブロック172が縦,横、二次元的に配列され、それが集まってドットコード170という形で形成される。 Then, the block 172 is vertical, horizontal, two-dimensionally arranged, which is formed in the form of a dot code 170 gathered.

【0082】次に、マルチメディア情報の再生装置の構成を、図15のブロック図を参照して説明する。 [0082] Next, the structure of the playback apparatus for multimedia information will be described with reference to the block diagram of FIG. 15. この情報再生装置は、ドットコード170が印刷されている The information reproducing apparatus, the serial to dot code 170 is printed
録媒体としてのシート182からドットコードを読み取るための検出部184、検出部184から供給される画像データをドットコードとして認識しノーマライズを行う走査変換部186、多値データを二値にする二値化処理部188、復調部190、データ列を調整する調整部192、再生時の読取りエラー,データエラーを訂正するデータエラー訂正部194、データをそれぞれの属性に合わせて分離するデータ分離部196、それぞれの属性に応じたデータ圧縮処理に対する伸長処理部、表示部あるいは再生部、あるいは他の入力機器から成る。 Detector 184 for reading a dot code from a sheet 182 serving as a recording medium, the detecting unit 184 scan conversion unit 186 for recognizing normalize the image data supplied as a dot code from binary to multi-value data into binary processing unit 188, a demodulation section 190, adjusting section 192 for adjusting a data string, the reading error during reproduction, the data error correction section 194 for correcting the data error, the data separating unit 196 that separates the combined data to each attribute, decompression processing unit to the data compression processing in accordance with the attributes of each display unit or reproducing unit, or consist of other input devices.

【0083】検出部184に於いては、光源198にてシート182上のドットコード170を照明し、反射光をレンズ等の結像光学系200及びモアレ等の除去等のための空間フィルタ202を介して、光の情報を電気信号に変換する例えばCCD,CMD等の撮像部204で画像信号として検出し、プリアンプ206にて増幅して出力する。 [0083] is at the detection unit 184, it illuminates the dot code 170 on the sheet 182 by the light source 198, a spatial filter 202 for removal such as imaging optical system 200 and the moire lenses such as the reflected light through, for example CCD converts the information light into electrical signals, detected as an image signal by the imaging unit 204 of the CMD or the like, and outputs the amplified at a preamplifier 206. これらの光源198,結像光学系200,空間フィルタ202,撮像部204,及びプリアンプ20 These light sources 198, imaging optics 200, spatial filter 202, an imaging unit 204, and the preamplifier 20
6は、外光に対する外乱を防ぐための外光遮光部208 6, the external light shielding part 208 for preventing disturbance to external light
内に構成される。 Configured within. そして、上記プリアンプ206で増幅された画像信号は、A/D変換部210にてディジタル情報に変換されて、次段の走査変換部186に供給される。 Then, the image signal amplified by the preamplifier 206 is converted into digital information by the A / D converter 210 and supplied to the next stage of the scan conversion unit 186.

【0084】なお、上記撮像部204は、撮像部制御部212により制御される。 [0084] Incidentally, the imaging unit 204 is controlled by the imaging unit control unit 212. 例えば、撮像部204としてインターライン転送方式のCCDを使用する場合には、 For example, when using CCD interline transfer method as the imaging unit 204,
撮像部制御部212は、撮像部204の制御信号として、垂直同期のためのVブランク信号、情報電荷をリセットするための撮像素子リセットパルス信号、二次元に配列された電荷転送蓄積部に蓄積された電荷を複数の垂直シフトレジスタへ送るための電荷転送ゲートパルス信号、水平方向に電荷を転送し外部に出力する水平シフトレジスタの転送クロック信号である水平電荷転送CLK Image pickup section control section 212 as the control signal of the image pickup unit 204, V blanking signal for vertical synchronization, imaging element reset pulse signal for resetting information charges are accumulated in the charge transfer storage portions arranged in a two-dimensional charge transfer gate pulse signal for sending a charge to a plurality of vertical shift registers, a horizontal charge transfer CLK is a transfer clock signal of the horizontal shift register for outputting to the outside and transfers the charges in the horizontal direction
信号、上記複数の垂直シフトレジスタ電荷を垂直方向に転送して上記水平シフトレジスタに送るための垂直電荷転送パルス信号、等を出力する。 Signals, said plurality of vertical shift registers vertical charge transfer pulse signal for sending to the said horizontal shift register transfers vertically charges, etc. and outputs a. これらの信号のタイミングは、図16に示される。 The timing of these signals is shown in Figure 16.

【0085】そして、撮像部制御部212は、このタイミングに合せながら光源198の発光のタイミングをとるための発光セルコントロールパルスを光源に与える。 [0085] Then, the image pickup section control section 212 gives an emission cell control pulse for timing the emission of the light source 198 while match the timing in this light source.

【0086】基本的に、図16のタイミングチャートは、1フィールド分の概念図である。 [0086] The timing chart of basically, FIG. 16 is a conceptual diagram of one field. 画像データは、この1フィールドのVブランクからVブランクまでの間に読み出される。 Image data is read from the V blank of the one field until V blanks. 光源198は連続点灯するのではなくてパルス点灯を行い、フィールド単位に同期させながら、 Light source 198 performs pulse lighting rather than continuously lighted, while synchronizing the field units,
後続のパルス点灯を行うものとしている。 It is assumed to perform a subsequent pulse lighting. この場合、パルス点灯させる上でのクロックノイズが信号出力に入らないように、Vブランキング期間中、即ち画像電荷を出力していない間に露光するようなタイミングにコントロールされる。 In this case, the clock noise on which pulse lighting is not to enter into the signal output, in the V blanking period, is controlled to the timing such that the exposure during i.e. does not output the image charge. 即ち、発光セルコントロールパルスは、瞬間的に発生する非常に細いディジタルのクロックパルスであり、光源に大きな電力を与えるものであるため、それによるノイズがアナログの画像信号に入らないようにすることが必要であり、そのための処置として、Vブランキング期間中に光源をパルス点灯させるようにしている。 That is, the light emitting cell control pulse is a digital clock pulse very thin to instantaneously occurs, since they are provide greater power to the light source, that noise due to it from entering the image signal of the analog It requires, as a treatment for this, has a light source in the V blanking period so as to pulse lighting. こうすることによって、S/Nの向上が図られる。 By doing so, the improvement of S / N can be achieved.
また、パルス点灯させるということは、発光時間を短くすることであり、よって手動操作の振れと移動によるぼけの影響をなくすという大きな効果がある。 Moreover, the fact that is pulse lighting is to shorten the emission time and thus there is a large effect that eliminate the influence of blur due to shake and the movement of the manual operation. これによって、高速にスキャンすることが可能になる。 This makes it possible to scan at high speed.

【0087】また、再生装置が傾いたりして、外光遮光部208があるにも拘らずなんらかの原因で外光等の外乱が入った場合にも、S/N劣化を最低限に抑えるために、Vブランキング期間に光源198を発光させる直前に一度、撮像素子リセットパルスを出力して画像の信号をリセットし、その直後に発光を行い、その後すぐに、 [0087] Also, by tilting the reproducing apparatus, even when containing the disturbance such as external light for some reason despite the external light shielding portion 208, in order to minimize the S / N deterioration , once immediately before causes light sources 198 on the V blanking period, the reset signal of the image and outputs the image pickup element reset pulse, performs light emission immediately thereafter, shortly thereafter,
読出しを行っていくようにしている。 So that will perform the reading.

【0088】ここで、図15に戻り、走査変換部186 [0088] Here, returning to FIG. 15, the scan conversion unit 186
を説明する。 It will be described. この走査変換部186は、検出部184から供給される画像データをドットコードとして認識し、 The scan conversion section 186 recognizes the image data supplied from the detection section 184 as a dot code,
ノーマライズを行う部分である。 It is a part for normalization. その手法として、まず検出部184からの画像データを画像メモリ214に格納し、そこから一度読出してマーカ検出部216に送る。 As a method, firstly storing image data from the detector 184 to the image memory 214, and sends the marker detection unit 216 from which is read out once. このマーカ検出部216では、各ブロック毎のマーカを検出する。 In the marker detection unit 216 detects a marker of each block. そして、データ配列方向検出部218 Then, the data array direction detection section 218
は、そのマーカを使って、回転あるいは傾き、データの配列方向を検出する。 It uses the marker, rotation or tilt, to detect a direction of arrangement of data. アドレス制御部220は、その結果をもとに上記画像メモリ214からそれを補正するように画像データを読出して補間回路222に供給する。 Address control section 220 supplies the interpolation circuit 222 and the results reads the image data so as to correct it from the image memory 214 based on.
なおこの時に、検出部184の結像光学系200に於けるレンズの収差の歪みを補正用のメモリ224からレンズ収差情報を読出して、レンズの補正も併せ行う。 Note that at this time, the distortion of the aberration of at the lens on the imaging optical system 200 of the detection unit 184 reads the lens aberration information from the memory 224 for correction is performed also to the correction of the lens. そして、補間回路222は、画像データに補間処理を施して、本来のドットコードのパターンという形に変換していく。 The interpolation circuit 222 performs interpolation processing on the image data, will be converted to the form of the original pattern of the dot code.

【0089】補間回路222の出力は、二値化処理部1 [0089] The output of the interpolation circuit 222, the binarization processing unit 1
88に与えられる。 Given to 88. 基本的には、ドットコード170は図14からも分かるように、白と黒のパターン、即ち二値情報であるので、この二値化処理部188で二値化する。 Basically, the dot code 170 as can be seen from FIG. 14, black and white pattern, i.e., because it is binary information, is binarized by the binarization processing unit 188. その時に、閾値判定回路226により、外乱の影響、信号振幅等の影響を考慮した閾値の判定を行いながら適応的に二値化が行われる。 At that time, the threshold value determination circuit 226, the influence of the disturbance, while the determination threshold value in consideration of the influence of the signal amplitude adaptively binarization is performed.

【0090】そして、 記録時に図13で説明したような変調が行われているので、復調部190でそれをまず復調した後、データ列調整部192にデータが入力される。 [0090] Then, since the modulation as described in FIG. 13 are performed at the time of recording, after the first demodulating it by the demodulator 190, the data is input to the data string adjusting section 192.

【0091】このデータ列調整部192では、まずブロックアドレス検出部228により前述した二次元ブロックのブロックアドレスを検出し、その後、ブロックアドレスの誤り検出,訂正部230によりブロックアドレスのエラー検出及び訂正を行った後、アドレス制御部23 [0091] In the data string adjusting section 192, detects the first block address of the two-dimensional blocks described above by the block address detection section 228, then the error detection of the block address, the correcting unit 230 error detection and correction of the block addresses after, the address control unit 23
2に於いてそのブロック単位でデータをデータメモリ部234に格納していく。 It continues to store data in units of blocks in the data memory 234 at the 2. このようにブロックアドレスの単位で格納することで、途中抜けた場合、あるいは途中から入った場合でも、無駄なくデータを格納していくことができる。 By thus storing in units of block addresses, if missing middle, or even when entering the middle, it is possible to continue to store without waste data.

【0092】その後、データメモリ部234から読出されたデータに対してデータエラー訂正部194にてエラーの訂正が行われる。 [0092] Then, error correction is performed on the data read out from the data memory unit 234 by the data error correcting unit 194. このエラー訂正部194の出力は二つに分岐されて、一方はI/F236を介して、ディジタルデータのままパソコンやワープロ,電子手帳,等に送られていく。 The output of the error correction section 194 is branched into two, one is via the I / F 236, while personal computers and word processors in the digital data, will be sent to the electronic notebook, and so on. 他方は、データ分離部196に供給され、そこで、画像、手書き文字やグラフ、文字や線画、 On the other hand is supplied to a data separation unit 196, where, image, handwriting, graphs, text and line drawings,
音(そのままの音の場合と音声合成をされたものとの2 Sound (2 and those where the speech synthesis as the sound
種類)に分けられる。 They are divided on the type).

【0093】画像は、自然画像に相当するもので、多値画像である。 [0093] image, which corresponds to the natural image, is a multi-value image. これは、伸長処理部238により、圧縮した時のJPEGに対応した伸長処理が施され、さらにデータ補間回路240にてエラー訂正不能なデータの補間が行われる。 This is because the decompression processing unit 238, decompression processing corresponding to the JPEG when compressing is performed, an error uncorrectable interpolation of data is performed further by the data interpolation circuit 240.

【0094】また、手書き文字やグラフ等の二値画像情報については、伸長処理部242にて、圧縮で行われたMR/MH/MMR等に対する伸長処理が行われ、さらにデータ補間回路244にてエラー訂正不能なデータの補間が行われる。 [0094] Also, the binary image information, such as a handwritten character or a graph at the decompression processing unit 242, decompression processing for performed the MR / MH / MMR or the like in a compressed is performed further by the data interpolation circuit 244 error correction can not interpolation of data is performed.

【0095】文字や線画については、PDL(ページ記述言語)処理部246を介して表示用の別のパターンに変換される。 [0095] The character or line drawing is converted PDL via (Page Description Language) processing section 246 to a different pattern for display. なおこの場合、線画,文字についても、コード化された後にコード用の圧縮処理が施されているものについては、それに対応する伸長処理部248で伸長(ハフマンやジブレンペル等)処理を行ってから、PD It should be noted that in this case, a line drawing, from the even characters, for those compression processing code is applied after being coded has done it decompressed by the decompression processing unit 248 corresponding (Huffman and Jiburenperu etc.) process, PD
L処理部246に供給されるようになっている。 And it is supplied to the L processing unit 246.

【0096】上記データ補間回路240,244及びP [0096] The above data interpolation circuit 240, 244 and P
DL処理部246の出力は、合成又は切り換え回路25 The output of the DL unit 246, synthetic or switching circuit 25
0により、合成あるいはセレクトを行って、D/A変換部252でアナログ信号に変換後、CRT(テレビモニタ)やFMD(フェイスマウンテッドディスプレイ)等の表示装置254にて表示される。 The 0, synthetic or performing a select is displayed on a D / A converted by the converting unit 252 into an analog signal, CRT (TV monitor) and FMD (face mounted display) display device 254, such as. なお、上記FMDとは、顔面装着用の眼鏡型モニタ(ハンデーモニタ)であり、例えばバーチャルリアリティー等の用途や、小さな場所で大きな画面で構成されたものを見るときに効果がある。 Note that the above FMD, a glasses-type monitor for face-piece (handicap over monitor), for example, applications and the like virtual reality, is effective when viewing those composed of a large screen in a small place.

【0097】また、音声情報については、伸長処理部2 [0097] In addition, for the voice information, the decompression processing unit 2
56にてADPCMに対する伸長処理が行われ、さらにデータ補間回路258にてエラー訂正不能なデータの補間が行われる。 56 decompression processing for the ADPCM is performed in the error uncorrectable interpolation of data is performed further by the data interpolation circuit 258. あるいは、音声合成の場合には、音声合成部260にて、その音声合成のコードをもらって実際にコードから音声を合成して出力する。 Alternatively, in the case of speech synthesis, in the speech synthesis unit 260, and it outputs the synthesized speech from actual code got the code of the speech synthesis. なおこの場合、 It should be noted that in this case,
コードそのものが圧縮されている時には、上記文字,線画と同様に、伸長処理部262にてハフマンもしくはジブレンペル等の伸長処理を行ってから音声合成を行う。 When the code itself is compressed, the character, similar to the line drawing, performs speech synthesis after performing decompression processing such as Huffman or Jiburenperu by decompression processing unit 262.

【0098】さらに、図17に示すように、文字情報については文章認識部271で文章認識した後、音声合成部260にて音声情報として出力しても良い。 [0098] Further, as shown in FIG. 17, after sentence recognition in sentence recognition unit 271 for character information may be output as sound information by voice synthesis unit 260.

【0099】また、伸長処理部262は、同248と兼用することは可能であり、その場合、伸長処理するデータの属性に応じてそのデータはスイッチSW1,SW [0099] Further, the decompression processing unit 262, it is possible to also used the same 248, in which case, the data according to the attribute of the data extending processing switch SW1, SW
2,SW3にて適宜切換えられて、PDL処理部24 Is switched appropriately in 2, SW3, PDL processing unit 24
6、或は音声合成部260に入力される。 6, or is input to the speech synthesis unit 260.

【0100】データ補間回路258及び音声合成部26 [0100] data interpolation circuit 258 and the speech synthesis unit 26
0の出力は、合成又は切り換え回路264により、合成あるいはセレクトを行って、D/A変換部266でアナログ信号に変換後、スピーカやヘッドホン、その他それに準ずる音声出力装置268に出力される。 The output of 0, synthetically or switching circuit 264, the synthesis or by performing the select, converted into an analog signal by the D / A converter 266, a speaker or headphones, other are output to the audio output device 268 equivalent thereto.

【0101】また、文字や線画等については、データ分離部196からページプリンタやプロッタ等270に直接出力されて、文字等はワープロ文字として紙に印刷され、あるいは、線画等は図面等としてプロッタ出力されることもできる。 [0102] Also, the character or line drawing or the like, is directly output from the data separation section 196 to a page printer or plotter 270, characters or the like are printed on paper as a word processing character or line drawing, etc. plotter output as a drawing or the like is is it can be.

【0102】もちろん、画像についても、CRTやFM [0102] Of course, the image also, CRT and FM
Dだけではなく、ビデオプリンタ等でプリントすることも可能であるし、その画像を写真に撮ることも可能である。 D not only, it is also possible to print a video printer or the like, it is also possible to take the image in the photograph. 次に、上記データ列調整部192を説明する。 Next, the above data string adjusting section 192. ここでは、前述したオーディオ情報の再生装置(図3参照) Here, the reproducing apparatus of the audio information described above (see FIG. 3)
にも適用するために、ドットコードは図18の(A)に示すようにそれぞれ参照番号272で示すブロックアドレス272Aとそのエラー訂正データ272Bを最初のラインに設けたブロックが二次元に配列されると共に、 , The dot code are arranged in the block a two-dimensional provided block address 272A and the error correction data 272B in the first line indicated by the reference numerals 272, as shown in FIG. 18 (A) to be applied to together,
同図の(B)のようなライン状のマーカ274が縦方向に並び、また、各ブロックの各ライン毎に参照番号27 Arranged in linear markers 274 longitudinal direction as in FIG. (B), also, reference numbers for each line of each block 27
6で示すラインアドレス276Aとエラー検出データ2 Line address 276A indicated by 6 and the error detection data 2
76Bが配されているものとして説明する。 76B will be described as being arranged.

【0103】本実施の形態では、図6を参照して説明した走査方法に比べて、図18の(C)に示すように、各ライン毎にピッチを2倍に細かくし、さらにマーカの中心を検出後、マーカの中心線間をドット数の2倍の数で等分割する。 [0103] In this embodiment, as compared with the scanning method described with reference to FIG. 6, as shown in (C) of FIG. 18, finely double the pitch for each line, further the center of the marker after detecting, equally dividing between the center line of the marker by the number of 2 times the number of dots. 即ち、同図の(D)に示すように、まず、 That is, as shown in the same Graph 1 (D), causing the first,
1回目の走査では、ドット278に対して、細かく縦, In the first scanning, to the dot 278, finely vertical,
横1/2つまり1/4のものを取り込む。 Take in the things of the horizontal 1/2 clogging 1/4. その場合のピッチは、ドット278と同じ間隔で取っていくもので、 The pitch of the case, as it will take at the same interval as dot 278,
従って、1ドットおきにデータを取っていくこととなる。 Therefore, it is that we take the data to every other dot. こうして、CRCエラー検出データ276Bのところまでのデータ、例えば、1ブロックが64ドットとすると、1ドットおきに64ドット取り込む。 Thus, until the data at the CRC error detection data 276B, for example, 1 when the block is 64 dots, taking 64 dots at every other dot.

【0104】そして、まず後ろのほうのラインアドレス276Aと、そのラインアドレスに対するCRCのエラー検出データ276Bとを使って、実際にラインアドレスが読めたかどうかを確認する。 [0104] Then, the line address 276A of more behind First, by using the error detection data 276B of the CRC for the line address, to see if in fact do line address has been read. このラインアドレスが読めている場合には、その前のデータドットそのものも正しく読めていると判定する。 If this line address is read, it is determined that the read the previous data dot itself also correctly. もし間違っていると判断された場合には、1ドット例えば右へずらして、2回目の走査を行う(同図の(D)に於ける黒丸)。 If if it is determined that the wrong, shifted to one dot example right (in black circle in the figure (D)) to perform a second scan. これを6 This 6
4ドット分全部取り込んで、同様にして実際にラインアドレスが読めたか確認する。 It captures four dots all, actually line address in a similar manner to check whether the read. 間違っている場合には、1 If you are wrong, 1
回目のドットから1ドット下へずらして3回目の走査、 Scanning for the third time by shifting from times eyes of dot down one dot,
それでも間違っている場合には1ドット右へずらして4 If you are wrong, even it is shifted to the 1 dot right 4
回目の走査を行う。 Do the times th scanning.

【0105】このように、1ラインの走査を4回繰り返せば、この中で最低1回は正しく読めると思われるので、正しく読めていると判定されたときには、そのデータをデータメモリ部234へ書き込む。 [0105] Thus, by repeating 4 times the scanning of one line, so at least once seems correctly read in this, when it is determined that properly read, writes the data to the data memory unit 234 .

【0106】この場合、取り込んだラインのラインアドレスが例えば「0」(スタートアドレス)、即ち一番最初と認識されたときには、その前のデータをブロックアドレス272Aとエラー訂正データ272Bであると判別する。 [0106] In this case, the line address of the captured line is, for example, "0" (start address), that is, when the first to have been recognized most, it is determined that the previous data and a block address 272A and the error correction data 272B . なお、エラー訂正データ272Bは、ブロックアドレスのエラー検出の例えばCRC、あるいは目的によってこれにエラー訂正まで加え、ブロックアドレスのリードソロモンのエラー訂正とすることも可能である。 Incidentally, the error correction data 272B, in addition to error correction thereto by, for example, CRC or purpose of error detection of the block address, it is also possible to error correction of the block addresses Reed Solomon.
そして、最初のアドレスライン0を認識したときに、まずブロックアドレス272Aを読んでいき、当該ブロックが何番目のブロックかということをこのアドレスデータから判定する。 Then, it is determined first address line 0 when it recognizes, first will read the block address 272A, that the block is of what th block from the address data. それに対して、次ラインからは実際のデータが入っているので、それらを読み取り、当該ブロックに対応したデータメモリ部234のブロックにデータを書き込んでいく。 In contrast, because it contains the actual data from the next line, read them, and writes the data to the block of the data memory unit 234 corresponding to the block.

【0107】なお、上記説明では、1ラインを走査しているときにエラーなしとなった場合には、次のラインの走査に飛ぶものととしたが、1ライン当たり必ず4回走査を繰り返すようにしても良い。 [0107] In the above description, in the case of a no error when you are scanning one line has been and the things that fly in the scanning of the next line, to repeat the scanning always per line 4 times it may be. その時には、複数回エラーなしと判定されるが、データメモリ部234には、 At that time, although it is determined that no more than once errors, in the data memory 234,
同じアドレスのところに同じデータが書かれていくだけであるので、何等問題はない。 Since the same data at the same address is only going to be written, there is no problem whatever. 処理を簡単にしようとするときには、4回走査を繰り返す。 When trying to process simplicity, repeated four times scanning. また、速度を優先するときには、前者の走査法を採用する。 Further, when in order to speed adopts the former scanning method.

【0108】以上のデータ列調整部192の動作を実現するための、ブロックアドレス検出部228及びブロックアドレスの誤り検出,訂正部230の実際の構成を図19を参照して説明する。 [0108] in order to realize the operation in the above data string adjusting section 192, the block address detection section 228 and the block address error detection will be described with reference to FIG. 19 the actual configuration of the correction section 230.

【0109】復調部190は、二値化された補間データがシフトレジスタ190A上で10ビット入ってくるとそれをルックアップテーブル(LUT)190Bにより8ビットに変換する。 [0109] demodulating section 190, the binarized interpolation data to convert it when the incoming 10-bit on the shift register 190A to 8 bits by a look-up table (LUT) 190B.

【0110】データ列調整部192に於いては、この復調されたデータが、書込みアドレス制御部280の制御により一旦バッファメモリ(64ドット分全部入る)2 [0110] The In the data string adjusting section 192, this demodulated data is temporarily (enters 64 dots total) buffer memory under the control of the write address control unit 280 2
82に蓄えられる。 It is stored in the 82. そして、データ読み出しアドレス制御部284によって、その内のラインアドレス情報とアドレス用のCRC情報だけが読み出されて、ラインアドレスエラー検出回路286によってエラー検出が行われる。 Then, the data read address control section 284, the only line address information and CRC information for the address of is read, error detection is performed by a line address error detection circuit 286. このエラー検出の結果を示す判定信号が、真、即ちエラーなしとなったときには、データ読み出しアドレス制御部284は、バッファメモリ282からラインアドレス情報の前の情報、つまり実際のデータ情報を読み出す。 Determination signal indicating the result of the error detection, true, that is, when it becomes no error, the data read address control section 284, before the information line address information from the buffer memory 282, i.e. reads the actual data information.

【0111】一方、スタートアドレス検出回路288 [0111] On the other hand, start address detection circuit 288
は、ラインアドレスエラー検出回路286でエラー検出が行われたラインアドレスが、スタートアドレスかどうかを確認する。 The line address at which the error detection is performed in the line address error detection circuit 286, to check whether or not the start address. スタートアドレスを検出すると、スタートアドレス検出回路288は、ブロックアドレス検出回路290に当該ラインがブロックアドレスを持っているラインであることを情報として伝え、これに応じてブロックアドレス検出回路290は、バッファメモリ282 Upon detection of the start address, the start address detection circuit 288 tells that the block address detection circuit 290 the line is a line that has a block address as the information, the block address detection circuit 290 in response to this, the buffer memory 282
から読み出されたデータからブロックアドレスを検出し、エラー検出回路292にてエラー検出及び訂正を行う。 Detecting a block address from the read data from, performs error detection and correction in the error detection circuit 292. そして、その結果が、ブロックアドレスとして、データメモリ部234のアドレス制御部232へラッチされる。 Then, the result is, as a block address, is latched into the address control unit 232 of the data memory section 234.

【0112】なお、ラインアドレスに対しては正確な読み出し位置を求めるためにエラー検出のみの付加となるが、ブロックアドレスについては、アドレス情報として用いるので、エラー訂正用コードを付加する。 [0112] Although the addition of error detection only to obtain an accurate read position for the line addresses, for the block address, since used as the address information, adds the code for error correction.

【0113】それ以降の次ラインからは逐次データラインになるので、データメモリ部234へデータとして書き込まれていく。 [0113] since the sequential data line from the later of the following line, it will be written as data to the data memory unit 234. その時に、処理によっては必要に応じてラインアドレスも一緒に出力する。 At that time, also outputs the line address together if required by the processing. あるいは、内部にカウンタがあれば、ラインアドレスは内部で自動的にカウントアップするという方法を採ることもできる。 Alternatively, if there is internal counter, the line address can also take a method that automatically counts up internally.

【0114】そして、次のスタートアドレス「0」を検出したところで次のブロックと認識して、同様のことの繰り返しをブロック全部に対して行う。 [0114] and, to recognize where the detection of the next start address "0" and the next block, perform a repetition of the same thing for the whole block.

【0115】一方、ラインアドレスエラー検出回路28 [0115] On the other hand, the line address error detection circuit 28
6から出力される判定信号は、画像メモリ214のアドレス制御部220へも供給されるようになっている。 Determination signal output from the 6, and is supplied also to the address control unit 220 of the image memory 214. これは、上記ライン当たり4回の走査に於いて、時間的に短縮するために、データが真となったところで次のラインに飛ぶという場合に必要な信号である。 This, in the scanning of four per the line, in order to shorten time, a signal necessary when that data is jump to the next line at which a true.

【0116】上記の例で、ラインアドレスエラー検出回路286は、真となるまでの間は4回分同じアドレス情報を使って補間データに対するアドレス検出を行う。 [0116] In the above example, the line address error detection circuit 286, Until the true performs address detection with respect to interpolated data by using the 4 times the same address information. そして、データが真となったときには、新しい次のラインの次のドットのデータラインのところに一旦アドレスを飛ばして補間データを作成後、またその中の4点づつ読出してくるという形になる。 Then, when the data becomes true, becomes new skip once address at the next line of the data line of the next dot After you create the interpolation data, also in the form of the coming four-point increments read in it. 従って、そのような制御のために、画像メモリ214のアドレス制御部220に判定信号を渡して、それによって、同じアドレスを4回発生させて補間する、補間の順番を変えながら読んでくる、あるいは次のラインにアドレスを書き換えてそのライン上のデータを出してきて補間しながら4回出してくる、という処理を行わせる。 Therefore, for such control, passes the determination signal to the address control unit 220 of the image memory 214, thereby the same address four times to generate interpolated come reading while changing the order of interpolation, or It rewrites the address to the next line comes out four times while interpolation come out the data on that line, to perform the process of.

【0117】また、特に図示はしていないが、データメモリ部234のアドレス制御部232では、データメモリ部234へマッピングを行うが、さらに読み出す際に、このアドレス制御部232でデ・インターリーブの制御も行う。 [0117] Although not specifically shown, the address control unit 232 of the data memory unit 234, performs the mapping to the data memory unit 234, when reading further, the control of the address control unit 232 Dede interleave It is also performed. これもやはり、ルックアップテーブル等を使って、例えばドットごとのアドレスが発生した時に、 This is also still, by using a look-up table or the like, for example, when the address of each dot has occurred,
そのブロックとライン、そしてそのドットアドレスを組み合わせたデータから、ROM等を使ってルックアップテーブルで実際に出てくるメモリデータ列となるように変換を行う。 That block the line and the data that combines the dot address, performs conversion so that actually come out memory data sequence with a look-up table using a ROM or the like. それがデ・インターリーブ(デ・シャッフリング)という作業で、その処理が行われて初めて、本来のデータ列という形でデータが読み出されるということになる。 It is in the work of de-interleave (de-shuffling), the first time the process is carried out, it comes to the data in the form of the original data string is read. もちろん、このデ・インターリーブは、データメモリ部234からの読出し時に行っても良いし、書き込み時に、一旦そういう変換を行ってそういう順番でバラまいてデータを書き込んでいく(マッピングする) Of course, this de-interleaving may be performed at the time of reading from the data memory unit 234, at the time of writing, (mapping) and writes the data seeded rose in such order once carried out that kind of conversion
というようにしても良い。 It may be called.

【0118】また、この例では、マーカ274がライン状になっているが、図14に示したような丸でも良いし、あるいは四角のマーカでも良い。 [0118] Further, in this example, the marker 274 is in a line shape may be a circle as shown in FIG. 14, or may be a square marker. 一旦マーカが検出されれば、あとは、ブロック内をライン上で読んでいくという構成になるので、必ずしもマーカはライン状である必要はない。 Once a marker is detected, after the, since the configuration that will read the block on the line, not necessarily a marker is linear. 例えば、図20の(A)乃至(C)に示すように、丸、四角、長方形というマーカ294,29 For example, as shown in (A) to (C) of FIG. 20, the marker circles, squares, called rectangular 294,29
6,298が考えられる。 6,298 is considered.

【0119】なお、印刷されたコードが部分的なにじみやズレがなく、ほぼ精密なものである場合は、(概中心=正確な中心)といえるので、後述する正確な中心検出を省略し、後述する概中心検出処理のみで処理することができる。 [0119] Incidentally, the printed code without partial bleeding or deviation, if those nearly precise, since (approximate center = accurate center) and said, omitting the exact center detection to be described later, it can be treated only with approximate center detection processing (to be described later). ただしこの場合には、配列方向を検出するために、マーカ部分に配列方向検出用のドット294A, In this case, however, in order to detect an array direction, dots 294A for array direction detection marker moiety,
296A,298Aを設ける。 296A, providing a 298A.

【0120】図20の(D)は、マルチメディア情報の再生装置の他の態様を示している。 [0120] in FIG. 20 (D) shows another embodiment of a reproducing apparatus for multimedia information. これは、検出部18 This is, the detection unit 18
4のA/D変換部210を走査変換部186に移し、またデータ列調整部192のブロックアドレス検出部22 4 of the A / D converter 210 and transferred to the scan conversion section 186, also the block address detection unit 22 of the data string adjusting section 192
8及びブロックアドレスの誤り検出,訂正部230の機能を走査変換部186内で行うようにしたものであり、 8 and the block address error detection, and in the function of the correction unit 230 that to perform in the scan conversion section 186,
データエラー訂正部194以降は、図15の構成と同じであるため図では省略してある。 Data error correcting unit 194 later, are omitted in the figure is the same as the configuration of FIG. 15.

【0121】即ち、図20の(D)に於いて、一番大きく図15 に示した構成と違うところは、走査変換部18 [0121] That is, in the (D) in FIG. 20, a different place and largest shown in FIG. 15 configuration, the scan converter 18
6及びデータ列調整部192である。 6 and the data string adjusting section 192. この実施の形態で<br>は、データ列調整部192の機能を、走査変換部186 <br> In this embodiment, the function of the data string adjusting section 192, the scan conversion unit 186
内のマーカ検出部216からアドレス制御部220のところまでで同時に行うものとしている。 From the marker detecting unit 216 of the inner is assumed to be performed at the same time up to the address control section 220. つまり、マーカ検出部216でマーカを検出し、データ配列方向検出部218にてデータ配列方向、即ち、傾き、回転及び方向を検出する。 In other words, it detects the marker in the marker detecting unit 216, the data array direction in the data array direction detection section 218, i.e., the inclination, detects the rotation and direction. そして、ブロックアドレス検出,誤り判定,正確な中心検出部300にて、ブロックアドレスを検出して、その誤り判定を行い、誤っているか誤っていないかで正しい中心、つまり真の中心を検出する。 Then, the block address detection by the error determination, accurate center detection section 300 detects a block address, performs the error judgment, the correct centered or not or incorrect wrong, that detects the true center. この場合、その真の中心を検出するに当たってブロックアドレスを検出しているので、次のマーカとブロックアドレスの補間部302にてマーカとブロックアドレスの補間を行った後、そのブロックアドレスの情報をデータメモリ部234のアドレス制御部232にも与えるようにしている。 In this case, since the detecting block address when detecting the true center, after interpolation of the marker and the block address in the next marker and the block address interpolation section 302, the data information of the block address and to provide also to the address control unit 232 of the memory unit 234.

【0122】また、図15の構成と同様に、ブロックアドレスの補間処理のデータをもとにしてアドレス制御部220にてアドレス制御を行い、画像メモリ214に対してアドレス及び書き込み、出力の制御を行う。 [0122] Also, as in the arrangement of FIG. 15, it performs address control based on data of the interpolation processing of the block address by the address control unit 220, an address and writing to the image memory 214, the control of the output do.

【0123】それ以外は、図15の実施の形態と機能的には変わらない。 [0123] Otherwise, it does not change the functional and the embodiment of FIG. 15.

【0124】なお、上記図15及び図20の(D)では、検出部184に於いてA/D変換部210で例えば8ビットの多値ディジタルデータに変換して、以後処理を行っているが、A/D変換部210の代わりに、二値化処理部(コンパレータ)188及び閾値判定回路22 [0124] In (D) of FIG. 15 and FIG. 20, converts the A / D converter 210 for example, 8-bit multi-valued digital data at the detection unit 184, it is performed a subsequent process , instead of the a / D converter 210, the binarization processing section (comparator) 188 and the threshold value determination circuit 22
6をA/D変換部210の所に配置し、以後の処理を全て二値データで行っても良い。 6 is arranged at the A / D conversion unit 210 may perform subsequent processing on all the binary data.

【0125】この場合、補間回路222は、図5の(A)で示したような、アドレス制御部220から得られた補間アドレス座標の回りの画素データを用いて4点或は16点補間の所謂補間処理ではなく、補間アドレス座標に一番近い(近傍)の画素データをデータとして採用することができる。 [0125] In this case, the interpolation circuit 222 of FIG. 5 as shown in (A), the 4-point or 16-point interpolation using surrounding pixel data of the obtained interpolated address coordinates from the address control unit 220 rather than the so-called interpolation processing, it is possible to employ a pixel data closest to the interpolation address coordinates (near) as data.

【0126】A/D変換する代わりに、二値化して処理を行うことにより、例えば8ビットの場合に比べると1 [0126] Instead of converting A / D, by performing the processing by binarizing, for example as compared with the case of 8-bit 1
/8の信号線数、並びにデータ量となる。 / 8 the number of signal lines, and the data amount. 従って、 画像 Therefore, the image
メモリ214及びデータメモリ部234の各メモリ容量も1/8になり、各部の処理も単純になる等、回路規模の大幅な縮小、処理量の大幅な減少、処理時間の大幅な短縮というメリットが生じ、装置の小型化、ローコスト化、スピードアップに寄与する。 Each memory capacity of the memory 214 and data memory unit 234 also becomes 1/8, etc. each part of the process also becomes simpler, significant reduction in circuit scale, a significant reduction in processing amount, merit significant reduction in processing time occurs, the size of the apparatus, cost reduction, which contributes to speed-up.

【0127】なお、アドレス制御部220のアドレス出力は、図15及び図20の(D)の場合は、補間回路2 [0127] Note that the address output of the address control unit 220 in the case of FIGS. 15 and 20 of (D), the interpolation circuit 2
22への画像データ出力時には、補間アドレス座標の回りの例えば4点の画素アドレスとなり、補間回路222 At the time of image data output to 22 becomes the pixel addresses of around for example 4-point interpolation address coordinates, the interpolation circuit 222
に対しては図示しない信号線により各画素アドレスに対する重み付け係数を算出するための距離情報となる。 The distance information for calculating a weighting factor for each pixel address through a signal line (not shown) for. あるいは、各画素アドレスと補間アドレス座標データとを送り、補間回路222で各画素アドレスとの距離を求めて重み付け係数を求めるようにしても良い。 Alternatively, each pixel address and sends the interpolated address coordinate data may be obtained weighting coefficients seeking distance to each pixel address by the interpolation circuit 222.

【0128】また、上記のように二値データでの処理時には、アドレス制御部220は、補間アドレス座標の近傍の画素アドレスを出力する。 [0128] Further, at the time of processing in the binary data as described above, the address control unit 220 outputs a pixel address near the interpolated address coordinates. 従って、この場合、画像メモリ214からのデータ出力は、直接復調部190に入力されることになる。 Therefore, in this case, the data output from the image memory 214 will be directly input to the demodulation unit 190.

【0129】ここで、図14の概念図に示したドットコードの具体例を図21の(A)乃至(D)を参照して説明する。 [0129] Here it will be described with reference to (A) to (D) in FIG. 21 A specific example of the dot code shown in a conceptual diagram of FIG. 14.

【0130】ブロック304は、図14の概念図にもあるように、二次元に配列されており、それぞれブロックアドレス306が付加されている。 [0130] Block 304, as is also the conceptual diagram of FIG. 14, are arranged in a two-dimensional, are added each block address 306. そのブロックアドレス306は、Xアドレス、Yアドレスに対応したアドレスがついている。 The block address 306, X address, the address corresponding to the Y address is attached. 例えば、図21の(A)に於いて一番左上のブロックを(Xアドレス,Yアドレス)=(1, For example, most of the upper left block (X address, Y address) In (A) of FIG. 21 = (1,
1)とする。 1) to. それに対してその右のブロックのブロックアドレスは(2,1)、以下同様にして、右にいくにつれXアドレスをインクリメントしたものが、下にいくにつれてYアドレスがインクリメントしたものが付加されるという形で、全ブロック304にブロックアドレス3 For block address of the right block it (2,1), and so on, the form of which increments the X address as the go right, Y address is added that is incremented as going down in the block address 3 in all the blocks 304
06が付加される。 06 is added.

【0131】ここで、最下段のマーカと最右段のマーカについては、ダミーのマーカ308とする。 [0131] Here, for marker of the bottom of the marker and the rightmost stage, a dummy of the marker 308. つまり、あるマーカ310に対するブロック304は、それを含む4つのマーカ310で囲まれるその右斜め下のデータであり、最下段及び最右段のマーカは下から2段目及び右から2段目のマーカに対するブロックを定義するために配置された補助的なマーカ、即ちダミーなマーカ308 That is, the block 304 for a marker 310 is data under its right oblique surrounded by four markers 310 including the same, the lowermost and rightmost stage marker of the second stage from the second stage and right from the bottom It arranged auxiliary markers to define a block for the marker, i.e. the dummy markers 308
である。 It is.

【0132】次に、そのブロック304の中身を説明する。 [0132] Next, a description will be given of the contents of the block 304. 図21の(B)に示すように、当該ブロック304 As shown in (B) of FIG. 21, the block 304
のマーカ310に対し下のマーカとの間に、ブロックアドレス306とそのブロックアドレスのエラー検出コード312が付加される。 During respect marker 310 and under the marker, the error detection code 312 of the block address and block address 306 is added. また、当該マーカ310と右のマーカとの間に同様にブロックアドレス306とそのエラー検出コード312が付加される。 Further, the block address 306 and the error detection code 312 are added in the same manner between the marker 310 and the right marker. 図14の概念図では、ブロックの左上にマーカがあり、ブロックアドレスを右下に配置して示したが、本実施の形態では、ブロックアドレス306を左側と上側に配置し、マーカ310 The conceptual diagram of FIG. 14, there is a marker on the upper left of the block, has been shown to place the block address to the lower right, in this embodiment, arranged block address 306 in the left and upper side, the marker 310
をその左上角に配置した形としている。 Are you a form that is placed in the upper left corner. なお、ブロックアドレス306は、1ブロック内に2ヵ所に記録した例を示してあるが、これは1ヵ所でも構わない。 Incidentally, the block address 306 is shown an example of recording in two positions in one block, but this may be at one point. しかし、 But,
2ヵ所に記録することによって、一方のブロックアドレスにノイズがのってエラーを起こした場合にでも、他方のアドレスを検出することによって確実に検出することができるので、2ヵ所に記録する方が好ましい。 By recording the two locations, even if that caused the error noise in one block address riding, it is possible to reliably detected by detecting the other address, it is better to record the two positions preferable.

【0133】前述した、あるマーカに対するブロックのデータの位置と、そのブロックアドレスの位置と、それによって決まるコード上のダミーマーカの位置等は前例に限ったものではない。 [0133] described above, the position of the data block for a marker, the position of the block address, it positions of Damimaka on the code determined by is not limited to the precedent.

【0134】次に、マーカ310のパターン例を説明する。 [0134] Next, a pattern example of a marker 310. 図20の(C)に示すように、本実施の形態では、 As shown in (C) of FIG. 20, in this embodiment,
マーカ310として、直径が7ドット分の円形の黒のパターン310Aを採用している。 As markers 310 employs a circular black pattern 310A diameter 7 dots. そして、その黒丸31 Then, the black dot 31
0Aの回りの部分310Bを白として、マーカの黒い部分を判別し易くしている。 Around the portion 310B of 0A as white, it is easy to determine the black portion of the marker. また、図21の(C)に於ける参照番号310Cは、説明のための補助線である。 Further, in reference numbers 310C in (C) of FIG. 21 is an auxiliary line for explanation.

【0135】白部分310Bの範囲は、記録密度を上げるにはなるべく小さくしたいが、マーカ検出処理を簡単且つ高速に行うためには、大きく取りたいという要求がある。 [0135] range of the white portion 310B is desired to as small as possible to increase the recording density, in order to perform the marker detection process easier and faster, there is a demand to take large. そこで、回転が45°の時の黒のパターン310 Therefore, black when the rotation is 45 ° patterns 310
Aが十分判別できるための範囲310Cが部分310B Range 310C is part 310B for A can be sufficiently discriminated
内に入るように設定している。 It is set to enter within.

【0136】なお、図15及び図20の(D)に於ける結像光学系200の像倍率は、図21の(D)に示すように、データエリア314のデータドット316の大きさを、以後説明する条件に於いては、1.5画素に結像するものとする。 [0136] Incidentally, the image magnification of at imaging optical system 200 in (D) of FIG. 15 and FIG. 20, as shown in (D) of FIG. 21, the size of the data dot 316 in the data area 314, It is in the hereinafter described conditions shall be focused on the 1.5 pixel. ここでの画素は、撮像部204の撮像素子の1画素を意味する。 Wherein the pixel means one pixel of the imaging device of the imaging unit 204. 即ち、シート182上に記録された1ドット、例えば30から40μmのドットを、 That is, one dot recorded on the sheet 182, a dot, for example, from 30 40 [mu] m, and
通常7μmとか10μmの大きさである撮像素子上の画素の1.5画素分に、結像系レンズを通して結像するものとする。 1.5 pixels of the pixels on the image sensor is a magnitude of the normal 7μm Toka 10 [mu] m, it is assumed that the image through the imaging system lens. 標本化定理に於いては、画素ピッチはドットピッチ以下にすれば良いが、ここでは安全を見て、以後1.5画素としている。 In the sampling theorem, it may be a pixel pitch or less dot pitch, where saw safety, and the subsequent 1.5 pixel. なお、前述のA/D変換の代わりに二値化した場合の例については、更に安全を見て2 Incidentally, a look at an example of a case where the binarization instead of the aforementioned A / D converter is further safe 2
画素としている。 It is a pixel.

【0137】上記のようなな二次元ブロック分割方式を採用することにより、以下のような利点がある。 [0137] By employing the two-dimensional block division scheme Do as described above has the following advantages. 即ち、 In other words,
1ドット毎のドットピッチが、撮像素子の解像度以下であれば、データドットサイズが異なってもコード(単位データブロックの集合)の読取りが可能となる;コードに対し、撮像部204が傾いても読取りが可能となる; Dot pitch of each dot is, equal to or less than the resolution of the image pickup device, even if data are different dot sizes is possible to read a code (a set of unit data blocks); to code, even inclined imaging unit 204 reading is possible;
シートの局所的な伸び縮みがあっても再生できるし、回転しても読取りが可能である;総データ量に応じて単位ブロックを二次元的に自由に展開が可能になっており、 It can be reproduced even if there is shrinkage local elongation of the sheet, rotating the reading is possible even; has become a unit block to allow two-dimensionally freely deployed in accordance with the total data amount,
その結果、コードサイズを自由に換えることができる; As a result, it is possible to replace the code size freely;
ブロックアドレスがそれぞれ付加されているので、コードの途中から読み始めても再生が可能になる;ブロック単位であれば、紙面の他の情報、例えば文字や絵,グラフ等に合わせてコードの形状を自由にレイアウトでき、 Since the block address is added each be started reading from the middle of the code it is possible to play; if blocks, other information of the paper, for example, letters and pictures, a code shape to fit the graph like free to be laid,
図21の(A)では長方形のドットコードが示されているが、例えば、鍵型にしたり、あるいはもう少し変形させるようなことも可能である;バーコードに於けるような所定のスタートコード,ストップコードが不要であり、またクロックコードも不要である。 Although (A) in a rectangular dot code in FIG. 21 is shown, for example, to the key type, or it is also possible that causes a little more deformation; predetermined start code as in the bar code, the stop the code is not required, and the clock code is not required.

【0138】また、これらの特徴を生かして、手振れがあっても再生ができる。 [0138] In addition, taking advantage of these features, even if there is a camera shake can play. 従って、ハンディ再生装置への対応が非常にし易くなっている。 Thus, corresponding to the handy reproducing apparatus becomes easily very.

【0139】即ち、詳細は後述するが、再生装置側で、 [0139] In other words, the details will be described later, in the playback device side,
隣接する4つのマーカを検出して、マーカ間をドット数分だけ等分割することでノーマライズを行なっているため、拡大,縮小,変形等に強く、また、手振れ等に強いという利点がある。 By detecting the four adjacent markers which, because doing the normalized by equally dividing between markers few minutes dots only, enlargement, reduction, resistant to deformation or the like, also has the advantage that a strong hand shake or the like.

【0140】なお、データエリア314に於けるドット316については、例えば、1ドットが数十μmの大きさである。 [0140] Note that in the dot 316 in the data area 314, for example, one dot has a size of several tens [mu] m. これは、アプリケーション,用途によっては数μmレベルまで可能であるが、一般的には、40μm This application, although in some applications can be up to several μm level, in general, 40 [mu] m
とか20μm、あるいは80μmとする。 And Toka 20μm or 80μm,. データエリア314は、例えば、64×64ドットの大きさである。 Data area 314 is, for example, a size of 64 × 64 dots.
これらは、上記等分割による誤差が吸収できる範囲まで自由に拡大あるいは縮小することが可能である。 These may be errors due to the equal division is freely enlarged or reduced to the extent that can absorb. また、 Also,
上記マーカ310は、同期信号としての機能だけではなく、さらにポジション指標としての機能も併せ持つ。 The marker 310 is not only functions as a synchronization signal, also both still function as a position indicator. このマーカ310は、変調されたデータにない大きさ、本 The marker 310, modulated data, if not the size, the
実施の形態の場合は、丸形状で、データエリア314のドットに対して例えば7ドット以上とか、7×7ドット位の直径を持つ円形黒マーカ310Aとしている。 For the embodiment, a round shape, Toka example 7 dots or more to the dot data area 314, and a circular black marker 310A having a diameter of 7 × 7 dots position.

【0141】ここで、再生時の傾きや回転等について説明しておく。 [0141] In this case, it keeps describes the inclination and rotation, etc. at the time of reproduction.

【0142】上記撮像部204の傾きというのは、当該再生装置がドットコードの印刷されているシート182 [0142] because the inclination of the imaging unit 204, the sheet 182 to which the reproducing apparatus is printed in a dot code
に対して本来は垂直に相対しなければならないところが、ユーザが再生装置を斜めに持つことにより、シート182に対して斜めになってしまった状態を指す。 Where must vertically relative originally respect is by the user with the reproducing apparatus obliquely, it refers to a condition in which has become skewed relative to the seat 182. また、回転とは、シート182上に書かれたドットコードに対して、撮像エリア(図4の(A)参照)が平行になっていない状態を指す。 The rotation and refers against dot code written on the sheet 182, the state in which the imaging area (see (A) in FIG. 4) are not parallel.

【0143】上記傾きが生じた場合、撮像部204により得られる画像は、垂直に相対した場合の画像に比べて縮小されてしまう。 [0143] If the inclination occurs, an image obtained by the imaging unit 204 will be reduced as compared with the image when the vertical relative. 例えば、30度の傾きが生じた場合には、見掛上の投影された像というものは86.5%に縮小されてしまう。 For example, in the case where there arises the inclination of 30 degrees, those that projected image of MiKakeue it would be reduced to 86.5%. つまり、例えばブロック304を正方形とした場合に30度垂直方向に対して水平方向に傾くと、縦方向は1:1でも、水平部分が0.865倍になってしまい、得られるブロックの像は長方形となってしまう。 That is, for example, tilted in a horizontal direction relative to 30 degrees vertically when the block 304 is square, longitudinally 1: 1 even, will be horizontal portion becomes 0.865 times, the image of the resulting block it becomes a rectangle. このように傾きがあると、本来の内部同期のクロックを持っている場合であれば、その等間隔クロックで各部が動作するため、結果として得られるデータが本来のデータと一致しなくなることがある。 With such there is inclination, in the case where they have the inherent internal clock synchronization, for operation each unit at the equal intervals clock, sometimes the resulting data does not match the original data .

【0144】また、回転については、あくまでも水平、 [0144] In addition, for the rotation, strictly horizontal,
垂直というイメージでとらえていると、本当のデータは斜め上に上がって、あるいは斜め下に下がってきてしまうので、本当の情報が取れていないことになってしまう。 And it is captured by the image of vertical, because the real data would come down up on the diagonal, or obliquely downward, it becomes that we did not get the real information. さらには、傾きと回転の複合状態が生じた場合には、正方形ブロックの撮像結果が菱形になってしまい、 Further, when the composite state of the rotating and tilt occurs, the imaging result of the square block becomes a rhombus,
水平と垂直のデータ配列が直交するという条件も満たさなくなってしまう。 Data array of horizontal and vertical is no longer satisfied even condition that orthogonal.

【0145】以下、これらの問題を解決するためのマーカ検出部216について説明する。 [0145] The following describes the marker detection section 216 for solving these problems. マーカ検出部216 The marker detecting section 216
は、図22に示すように、マーカをコードの中から抜き出して判定するマーカ判定部318と、そのマーカの存在するエリアを検出するマーカエリア検出部320と、 As shown in FIG. 22, the marker determination section 318 determines an extracted marker from the code, the marker area detection section 320 for detecting an area for the presence of the marker,
その概中心を検出する概中心検出部322から成っている。 It consists approximate center detection section 322 for detecting the approximate center.

【0146】マーカ判定部318は、7以上13以下の連続黒画素を探し、その連続黒画素が連続に7行続く場合を円形黒マーカ310Aとして認識するもので、図2 [0146] marker determination section 318 searches the continuous black pixels of 7 to 13, intended to recognize if the continuous black pixels followed seven lines continuously as a circular black marker 310A, FIG. 2
3に示すように、まず画像メモリ214から読出した画像データを二値化し、画素毎に黒白を識別する(ステップS32)。 As shown in 3, first, the image data read from the image memory 214 is binarized to identify the black and white for each pixel (step S32). そして、画像メモリ214上でX軸方向に連続する黒画素を検出する(ステップS34)。 Then, to detect the consecutive black pixels in the X-axis direction in the image memory 214 (step S34). 即ち、 In other words,
連続する黒が7画素以上、13画素以下の連続する黒画素を検出する。 Black consecutive 7 or more pixels, detects the consecutive black pixels in the following 13 pixels. 次に、その連続した最初の黒画素と最後の画素の真ん中の画素からY軸方向に1画素ずらした点が黒であるかをチェックする(ステップS36)。 Next, a point which is shifted by one pixel in the Y-axis direction from the pixels of the middle of the first black pixel and the last pixel that successive checks whether the black (step S36). そして、それがY軸方向に連続7回続いたならば(ステップS38)、それを円形黒マーカ310Aとして判定する(ステップS40)。 Then, if it is followed by seven consecutive in the Y-axis direction (step S38), determines it as a circular black marker 310A (step S40). また、上記ステップS34で検出されなく、又は上記ステップS36で黒画素でなかった場合、マーカと判定しない(ステップS42)。 Moreover, not detected at step S34, or if not a black pixel in the above step S36, does not determine that the marker (step S42).

【0147】即ち、マーカを画像メモリ上をチェックしていき、例えば黒画素が7個続いたラインがあったとする。 [0147] In other words, continue to check on the image memory the marker, for example, black pixels there has been a seven lasted line. すると、その最初の黒画素と最後の黒画素の真ん中からY軸方向に対して1画素ずらした点が黒かどうかをチェックし、黒であったなったならば、それを真ん中とする左右の画素が連続7画素から13画素が黒であるかというのをチェックし、同様にして1画素ずつY軸方向にずらしながら見ていき、最終的にそれがY軸方向に7 Then, from the middle of the first black pixel and last black pixels points shifted by one pixel with respect to the Y-axis direction, it is checked whether black, if now was black, left and right to the center thereof pixels 13 pixels from seven consecutive pixels are checked because either a black, take a look while shifting by one pixel each Y-axis direction in the same manner, and finally it in the Y-axis direction 7
回続いたならば、それを円形黒マーカ310Aとして判定する。 Once Subsequently times, determines it as a circular black marker 310A.

【0148】なお、X軸,Y軸方向に連続黒をチェックする際の最小値である7というのは、マーカ310の黒部分(円形黒マーカ310A)と変調されているデータとを区別し判別するためのもので、紙の縮みや傾きによっての縮小があってもデータエリア314部分と円形黒マーカ310Aとを区別できるように設定した下限値である。 [0148] Incidentally, X-axis, because the minimum value a is 7 when checking the continuous black Y-axis direction, distinguishing determines the data that is modulated with the black portion of the marker 310 (the circular black marker 310A) intended to, which is the lower limit that is set to allow distinguish between data area 314 portion even if reduction of the contraction or inclination of the paper and the circular black marker 310A. また、最大値の13は、紙の伸びやインキの滲み等を考慮して設定した上限値である。 Further, 13 of the maximum value is an upper limit value set in consideration of the bleeding or the like of the elongation and the ink paper. これにより、マーカより大きなゴミやキズ等のノイズをマーカと誤検出しないようにしている。 Thus, it has a noise such as large dust or scratch than markers do not erroneously detected as a marker.

【0149】また、マーカパターン30Aを円形にしたことで、回転を考慮する必要性が無いので、上記下限値と上限値の差を最小限にすることができ、マーカの誤検出を少なくすることができる。 [0149] Further, by making the marker pattern 30A is circular, there is no need to consider the rotation, it is possible to minimize the difference between the minimum and maximum values, reducing the false detection of the marker can.

【0150】マーカエリア検出部320は、マーカ判定部318で判定された円形黒マーカ310Aの範囲が、 [0150] marker area detection section 320, the range of the circular black marker 310A determined in the marker determination section 318,
傾きや画像の像倍率の変化等によって多少の伸び縮み、 Some expansion and contraction due to changes in the image magnification of the tilt and pictures,
変形等されるので、その黒い範囲がどの領域に入っているかを検出するためのものである。 Since the deformation is intended to detect whether the black range is in which region.

【0151】このマーカエリア検出部320では、図2 [0151] In the marker area detection section 320, FIG. 2
4に示すように、まず、マーカ判定部318で判定された円形黒マーカ310Aの仮中心画素を検出する(ステップS52)。 As shown in 4, first detects a temporary central pixel of the circular black marker 310A determined in the marker determination section 318 (step S52). 即ち、マーカ判定部318で判定された範囲の中心の近傍にある一つの画素を仮中心画素とする。 That is, one pixel in the vicinity of the center of the range determined by the marker determination section 318 as the temporary central pixel.

【0152】そして、その仮中心画素から上方向(Y軸上のマイナス方向)に黒であることをチェックし、白となったら左右の数画素をチェックし、黒であるなら上方向を上記同様チェックし、黒が存在しないYアドレスまでチェックし、そのYアドレスをYmin用レジスタ(図25の(A)参照)にセットする(ステップS5 [0152] Then, check that is black in the upper direction (minus direction Y on the axis) from the temporary central pixel, check the number of pixels of the left and right When a white, upward similarly above if a black Check checks to Y address black does not exist, to set the Y address to Ymin register (see (a) in FIG. 25) (step S5
4)。 4). 同様に、仮中心画素から下方向(Y軸上のプラス方向)に黒であることをチェックし、白となったら左右の数画素をチェックし、黒であるなら下方向を上記同様チェックし、黒が存在しないYアドレスまでチェックし、そのYアドレスをYmaxレジスタにセットする(ステップS56)。 Similarly, check that the black (plus direction on the Y-axis) downwardly from the temporary central pixel, check the number of pixels of the left and right When a white, downward similarly check the If it is black, Check to Y address black does not exist, to set the Y address to Ymax register (step S56).

【0153】次に、仮中心画素から今度は左方向(X軸上のマイナス方向)に黒であることをチェックし、白となったら上下の数画素を黒であることをチェックし、黒であるなら左方向を上記同様チェックし、黒が存在しないXアドレスまでチェックし、そのXアドレスをXmi [0153] Next, this time from the temporary central pixel checks that it is black in the left direction (minus direction on the X axis), checks that the number of pixels in the vertical If a white is black, black there If leftward similarly checks the checks to X address black is not present, Xmi the X address
nレジスタにセットする(ステップS58)。 Set to n register (step S58). 同様に、 Similarly,
仮中心画素から右方向(X軸上のプラス方向)に黒であることをチェックし、白となったら上下の数画素をチェックし、黒であるなら右方向を上記同様チェックし、黒が存在しないXアドレスまでチェックし、そのXアドレスをXmaxレジスタにセットする(ステップS6 Check that the temporary central pixel is black in the right direction (plus direction on the X axis), and checks the number of pixels in the vertical When a white, rightward similarly check the If a black, there are black Check to X address that does not, and sets the X address in Xmax register (step S6
0)。 0).

【0154】こうして求まったXmin、Xmax、Y [0154] Thus Motoma' was Xmin, Xmax, Y
min、Ymaxレジスタの値より、図25の(B)のテーブルに示すようにマーカエリア324を選択する(ステップS62)。 min, than the value of Ymax registers, selects the marker area 324, as shown in table (B) of FIG. 25 (step S62). 即ち、円形黒マーカ310Aを含む真四角の範囲ではなく、端を取り除いた同図の(A) That is, rather than the range of a square containing the circular black marker 310A, the figure obtained by removing the end (A)
に於ける斜線のハッチングで示したエリアをマーカエリア324とする。 It is shown in in hatched in the area and marker area 324. マーカエリア324は、四角でも構わないが、実際にはマーカ310の白部分310Bの回りにはデータがあり、そのデータが空間フィルタの影響等によって白部分310Bの内部に黒いデータ部分の情報等が入って、概中心を計算するためのこのマーカエリア324に入ってしまうということが考えられる。 Marker area 324 is may be a square, actually around the white portion 310B of the marker 310 has data, information of internal black data portion of the white parts 310B that data by influence of the spatial filter entered by, it is considered that accidentally get this marker area 324 for calculating an approximate center. それをできるだけ避けるために、マーカエリア324をなるべく小さく必要な範囲にすることが望ましく、この場合、 To avoid it as far as possible, it is desirable that the marker area 324 as small as possible the extent necessary, in this case,
円形黒マーカ310Aと同じ形状でつまり丸で、円形黒マーカ310Aより大きい丸いエリアを設定できれば良いが、本実施の形態では円形黒マーカ310Aは直径7 In i.e. circle with the same shape as the circular black marker 310A, but it is sufficient setting a round area larger circular black marker 310A, the circular black marker 310A in the present embodiment the diameter 7
ドットで構成されている小さな円であるため、同図に示すようなマーカエリア324となる。 Since a small circle is composed of dots, the marker area 324, as shown in FIG.

【0155】概中心検出部322は、このようにしてマーカエリア検出部320で検出されたマーカエリア内のマーカの黒丸の概中心を見つけるためのものである。 [0155] approximate center detection section 322 serves to find the approximate center of the black circle marker of the thus the marker area detected by the marker area detection section 320. 一般に、印刷等に於いては、インクの膨らみによりドットが目的の大きさよりも広がってしまったり(これをドットゲインと言う)、小さくなってしまう(これをドットリダクションと言う)現象がある。 In general, at the printing or the like, dot by the bulge of ink (referred to as dot gain) purpose of or had spread than the size, (referred to as a dot reduction) becomes smaller there is a phenomenon. また、周辺にインクがにじんで広がったり、インクが片側に染みていくような場合が想定される。 It can also spread blurred the ink in the vicinity, when the ink is like going to a stain on one side is assumed. 概中心検出部322は、そのようなドットゲイン,ドットリダクション、またはインクの染みに対応するために、円形黒マーカ310Aの画像に於ける中心、所謂重心を求めて、それを概中心とする処理を行う。 Approximate center detection section 322, such dot gain, in order to correspond to the stain of the dot reduction or ink, in the image of the circular black marker 310A center, seeking called centroid, and approximate center thereof processing I do. ここでは、上記中心を1画素ピッチより小さい精度で求めるための処理である。 Here, a process for finding the center in less accuracy than one pixel pitch.

【0156】まず、画像上のこのマーカエリア324に対して、画像メモリ214のX軸方向とY軸方向の2通りに分けて、それぞれのX軸上の中心線とY軸上の中心線を捜すことによって、最終的な中心つまり概中心を求める。 [0156] First, with respect to the marker area 324 on the image, in two ways in the X-axis direction and the Y-axis direction of the image memory 214, the center line of the center line and the Y-axis on each X-axis by searching, obtaining a final center, i.e. approximate center. 図25の(C)及び(D)は、同図の(A)に於ける各画素、縦方向,横方向の各画素を累積した値を示す図である。 Figure 25 (C) and (D) are diagrams showing a value obtained by accumulating the respective pixels of the (A) in at each pixel of the figure, the vertical direction, the horizontal direction. 重心は、全体の累積値の半分のところ、つまり上下左右の累積値がイコールになる部分である。 Center of gravity, at the half of the total cumulative value, i.e. the accumulated value of the vertical and horizontal are areas of equal.

【0157】まず、同図の(C)の場合に於いて、例えば、同図にハッチングを付して表した部分の各累積のそれぞれ加算の結果Sxlは全体の面積Sの1/2をまだ満たしておらず、次のSxcの部分をそれに加算すると1/2の面積を超えてしまうという場合には、その列S [0157] First, in the case of the figure (C), for example, each result of the addition Sxl of each accumulation of parts representing as a hatched still 1/2 of total area S It does not meet, in the case that the portion of the next Sxc exceeds the half of the area when added to it, the sequence S
xcに概中心を含む中心線Xが含まれていると判断できる。 It can be determined that includes the center line X including the approximate center xc. つまり、概中心のXアドレスは、左側(Xmin方向)より各列(Xk)の累積値を累積していき、X'+ That, X addresses approximate center is gradually accumulated from the cumulative value of each column (Xk) left (Xmin direction), X '+
1の列を累積した時点で全体の累積値の1/2を越えた時、X'の列とX'+1の列の間に概中心がある。 When it exceeds 1/2 of the total cumulative value at the time of accumulating the first column, there is the approximate center between the 'column and X of' + 1 column X. X' X '
までの累積値に加算して全体の面積Sの1/2になるようにX'+1の列を左右に分割すると、その分割線上には概中心を含む。 When splitting the column of X '+ 1 so that 1/2 of the total area S is added to the accumulated value up to the right and left, in the dividing line comprises the approximate center.

【0158】そこで、1/2の面積からX列まで累積した部分を除いた部分、即ち(1/2)S−Sxlと、真ん中の列の累積値Sxcとの比が、Δx(概中心=X' [0158] Therefore, the portion excluding the portion accumulated from 1/2 of the area to X sequence, i.e., (1/2) and S-Sxl, the ratio between the cumulative value Sxc of the middle row, [Delta] x (approximate center = X '
+Δx)となる。 + Δx) to become.

【0159】これを、図26の(A)のフローチャートを参照して説明する。 [0159] This will be described with reference to the flowchart of (A) in FIG. 26.

【0160】まず、正規化を行う(ステップS72)。 [0160] First, the normalized (step S72).
即ち、マーカエリア324の各データに対して周辺を加算しても累積には影響がないように、白データ部分を0 That is, as there is no effect on the cumulative even by adding peripheral for each data marker area 324, white data portion 0
とし、黒データを仮に1として、画像メモリ214上のデータを多値データの階調を持ったデータとして正規化する。 And then, as if 1 black data, normalizing the data in the image memory 214 as data having gradation of multi-value data. これは、空間フィルタ等によって周辺がぼけた状態になるので、その状態を適確に認識して正確に適確に重心検出をするためのものである。 This is because a state in which around blurred by a spatial filter or the like, is used to precisely accurately in the center of gravity detected by recognizing the state to accurately. 次に、各列Xk(k Then, each row Xk (k
=min,min+1,…,max)の累積値Skを求めておき(ステップS74)、重心計算サブルーチンをコールする(ステップS76)。 = Min, min + 1, ..., to previously obtain a cumulative value Sk of max) (step S74), calls the centroid calculation subroutine (step S76).

【0161】重心計算サブルーチンでは、同図の(B) [0161] In the center of gravity calculation subroutine, of FIG. (B)
に示すように、全体の面積Sを求め、その1/2をSh As shown in, determine the total area S, Sh its 1/2
と、またSlを0とおき(ステップS92)、i=mi And, also the Sl 0 is set (at step S92), i = mi
nつまり一番左の列から設定して(ステップS94)、 n That set from the leftmost column (step S94),
Sl'=Sl+Siを計算することにより求める(ステップS96)。 Determined by calculating the Sl '= Sl + Si (step S96). 初めはSl=0であるので、ここはSi Since the beginning is a Sl = 0, here Si
そのものとなり、Sl'=Sminとなる。 Becomes itself, the Sl '= Smin. 次に、そのSl'をShつまり全体の面積の1/2の大きさと比較し(ステップS98)、Sl'がShを越えない時には、iをインクリメントし(ステップS100)、S Next, 'compared with 1/2 of the size of the area of ​​the entire Sh words (step S98), Sl' the Sl when does not exceed Sh increments i (step S100), S
l'をSlに設定して(ステップS102)、上記ステップS96から繰り返すことにより、次の列を累積していく。 By setting l 'to Sl (step S102), by repeating the above step S96, accumulates the next column. そして、累積結果が全体の面積の半分を超えた時点で、S/2からSlを引いてSiで割ることによりΔ Then, when the accumulated result exceeds half of the total area, delta divided by the Si by subtracting Sl from S / 2
xが求められ(ステップS104)、iつまりX'にΔ x is obtained (step S104), i clogging X 'to Δ
xを足したものをCとして(ステップS106)、上位のルーチンに戻る。 The plus the x as C (step S106), returns to the upper routine.

【0162】上位のルーチンでは、Cの値を概中心のX [0162] In the upper routine, of the approximate center of the value of C X
座標とする(ステップS78)。 And coordinates (step S78).

【0163】以下、ステップS80乃至S84で各行方向に於いて同様の処理を行い、Y座標を求め、X,Yをマーカの概中心とする(ステップS86)。 [0163] Hereinafter, the same process at each row direction in steps S80 to S84, obtains the Y-coordinate, X, Y and the approximate center of the marker (step S86).

【0164】このような処理を実現するための構成は、 [0164] configuration for implementing such a process,
図27に示すようになる。 As shown in FIG. 27.

【0165】正規化回路326は、白データを0、黒データを1として正規化する。 [0165] Normalization circuit 326, a white data 0, normalizes the black data as 1. この正規化回路326の出力は、累積部328で全体の面積Sを算出するよう累積され、1/2掛け算部330にて1/2にされて、ラッチ回路332にラッチされる。 The output of the normalization circuit 326 are accumulated to calculate the total area S at the accumulator 328, it is in 1/2 multiplication unit 330 to 1/2, is latched by the latch circuit 332.

【0166】一方、正規化回路326の出力は、X軸方向のブロックに関しては遅延回路334,336で遅延され、累積部338で上記の左からの順に各列が累積され、また累積部340で各列単位での累積が行われる。 [0166] On the other hand, the output of the normalization circuit 326, with respect to the X-axis direction block is delayed by the delay circuit 334 and 336, each column in the order from the left of the are accumulated in accumulator 338, and in the accumulation section 340 accumulation in units of columns is performed.
結果出力時には、中心の列Sxcの部分を出力する。 Results On output, the output portion of the column Sxc center.

【0167】比較器342はラッチ回路332にラッチされた1/2の面積と累積部338で累積された各列の累積値とを比較する。 [0167] The comparator 342 compares the cumulative value of each column is accumulated in the accumulation unit 338 and 1/2 of the area latched in the latch circuit 332. ラッチ344は判定をするタイミングとその前までの列の累積を記憶するためのものである。 Latch 344 is used to store the accumulated row of before the timing of the determination. Xアドレス算出部346は、比較器342により1 X address calculation section 346, a comparator 342 1
/2の面積を越えたと判定された時に、ラッチ回路33 / 2 of the area when it is determined that exceeds the latch circuit 33
2にラッチされている1/2の面積と、ラッチ344にラッチされているSxlと、累積部340からの累積値Sxcと、アドレス制御部220から遅延回路348を介して供給される上記X'に相当するアドレスとから、 And half of the area that 2 to be latched, and Sxl latched in the latch 344, the cumulative value Sxc from the accumulation section 340, the X from the address control unit 220 is supplied through a delay circuit 348 ' from the corresponding address to,
最終的なマーカ概中心のXアドレスを算出する。 And it calculates the X address of the final approximate marker center.

【0168】同様にして、遅延回路350,352、累積部354,356、比較器358、ラッチ360、Y [0168] Similarly, the delay circuit 350 and 352, accumulator 354 and 356, a comparator 358, a latch 360, Y
アドレス算出部362を用いて、マーカ概中心のYアドレスを算出する。 Using the address calculation unit 362 calculates the Y address of the approximate marker center. なお、この場合の遅延回路350,3 It should be noted that the delay circuit in this case 350,3
52は、ラインメモリによって構成される。 52 is constituted by a line memory.

【0169】ここでの遅延回路334,336,35 [0169] delay circuit here 334,336,35
0,352は、S/2,Sxl,Sxc,Syl,Sy 0,352 is, S / 2, Sxl, Sxc, Syl, Sy
cの各出力タイミングをXアドレス算出部346,Yアドレス算出部362の必要なタイミングに調整するための回路である。 Each output timing of c is a circuit for adjusting to the required timing of the X address calculation section 346, Y address calculation section 362.

【0170】次に、データ配列方向検出部218について説明するが、説明の都合上、先にドットコードの各ブロック304の詳しい配置を説明しておく。 [0170] Next, a description will be given of the data array direction detection section 218, for convenience of explanation, previously described the detailed arrangement of the blocks 304 of the dot code first. ドットコードのブロック304は、図21の(B)に示したような配置となっているが、さらに詳細には、図28の(A) Block 304 of the dot code has been arranged as shown in FIG. 21 (B), more particularly, in FIG. 28 (A)
に示すようになっている。 It is as shown in. 即ち、ブロックアドレス30 That is, the block address 30
6は上位アドレスコード306Aと下位アドレスコード306Bとに分けられ、エラー検出コード312も上位アドレスCRCコード312Aと下位アドレスCRCコード312Bとに分けられている。 6 is divided into an upper address code 306A and a lower address code 306B, is divided into the error detection code 312 is also a high-order address CRC code 312A and a lower address CRC code 312B. そして、マーカ31 Then, the marker 31
0横に下位アドレスコード306Bが配置され、さらにその横に上位アドレスコード306Aが下位アドレスコード306Bよりも大きな大きさで配置されている。 0 horizontal lower address code 306B is arranged, are arranged in a large size than more upper address code 306A is a lower address code 306B next to it. その次に、上位アドレスコード306Aと同じ大きさで上位のアドレスに対するCRCコード312Aが、さらにその次に下位アドレスコード306Bと同じ大きさで下位アドレスのCRCコード312Bが付加されている。 As the next, CRC code 312A for higher address in the same size as the upper address code 306A are further added CRC code 312B of the lower address with the same size as the lower address code 306B to the next.

【0171】マーカ310の下方にも、下のマーカに向けて上記の順序でブロックアドレスとエラー検出データが配置されている。 [0171] to be below the marker 310, it is a block address and error detection data arranged in the order toward the bottom of the marker.

【0172】ここで、上位アドレスコード306Aと上位アドレスCRCコード312Aを合わせてstep1 [0172] Here, in accordance with the upper address code 306A and the upper address CRC code 312A step1
のコード、下位アドレスコード306Bと下位アドレスCRCコード312Bを合わせてstep2のコードと称するものとする。 To code may hereinafter be referred to as the step2 code combined lower address code 306B and the lower address CRC code 312B.

【0173】また、下位アドレスコード306Bを分解すると、マーカ310の右側に於いては、下位アドレスデータを示すための各ドットのデータの上下(マーカ3 [0173] Moreover, when decomposing the lower address code 306B, is at the right side of the marker 310, the upper and lower data of each dot for indicating the lower address data (marker 3
10下側の場合は左右)両方にそのデータに対して反転されるコードが記載されている。 For 10 lower code inverted with respect to the data on the left and right) both are described. さらには、その上下のデータエリア314と区別するためのデータ余白部36 Furthermore, the data margin 36 for distinguishing the data area 314 of the upper and lower
4が設けられている。 4 is provided. なお、このデータ余白部364はなくてもかまわない。 It should be noted, it may be the data margin 364 not. また、反転コードは、下位アドレスのみでなく、上位アドレスコードにも付加される。 The inverting codes, not only the lower address, is also added to the upper address code. ここで、データをわかりやすくするために、ドットを丸で示したが、実際に白丸は印刷するドットの無いことを示す。 Here, for easy understanding of data, it showed dots round, actually open circle indicates that no dot to be printed. つまり、白丸を印刷することではない。 In other words, not to print the white circles. 以下、図面に表されている白丸は、同様のことを示す。 Hereinafter, white circles are represented in the drawings indicate that similar.

【0174】なおここで、上位アドレスと下位アドレスとは、例えば全部のアドレスが12ビットで構成されていたとすると、その内の初めの4ビットを上位アドレスに当て、次の8ビットを下位アドレスに当てるというようなものである。 [0174] Note Here, the upper and lower addresses, for example, when all the address is assumed to consist of 12 bits, applying a 4-bit beginning of which the upper address, the next 8-bit lower address it is such that shed. データ長的には適宜装置に合わせて変えることができる。 The data length basis can be varied to suit the appropriate device. 基本的には、全部のブロックアドレスに対して、初めから何番目までを上位アドレスにするか、そこからラストまでを下位アドレスにするかといったすみ分けになっている。 Basically, has become for the whole of the block address, or from the beginning to what number to a higher address, segregation, such as what to from there to the last to the lower address.

【0175】上記のように横と縦にアドレスコードを設けることにより1方向のアドレスコードでアドレス検出不可能であっても、もう一方のアドレスコードで検出できるという利点がある。 [0175] Even address undetectable in one direction of the address code by providing the address code in the horizontal and vertical, as described above, there is an advantage that can be detected by the other address code.

【0176】別のドットコードの配置について、図29 [0176] The arrangement of another dot code, as shown in FIG. 29
の(A)を用いて説明する。 It will be described with reference to the (A). 同図は、図28の(A)の縦方向のアドレスコードを省いたものである。 The figure is obtained by omitting the vertical address code (A) in FIG. 28. アドレスコードが1方向のみになったので、データエリアの増加と処理の高速化が図れる。 Since address codes became only in one direction, speed and increase processing of the data area can be reduced. アドレスコードが1方向となったことで、アドレスコードが検出できなければそのブロックのアドレスは不明となるが、後述するようなアドレス補間の処理で捕えることができる。 By address code becomes one direction, but the address of the block to be able to detect address code becomes unclear, it can be captured by the process of the address interpolation as described below.

【0177】また、図29の(A)では、横方向のマーカ間のみにブロックアドレスコードがあるとしたが、縦方向のみにブロックアドレスコードがあるドットコードにしても良い。 [0177] In (A) of FIG. 29, but was set to the transverse direction of the marker only has a block address code, only in the vertical direction may be a dot code that block address code.

【0178】あるいは、図28の(B)に示すように、 [0178] Alternatively, as shown in (B) of FIG. 28,
下位アドレスコード306Bの間に上位のアドレスコード306A、下位アドレスCRCコード312Bの間に上位アドレスCRCコード312Aが付加される配置であっても構わない。 Upper address code 306A between lower address codes 306B, may be a configuration in which the upper address CRC code 312A between lower address CRC code 312B is added.

【0179】以下、図28の(A)のドットコードをもとに処理の説明を行う。 [0179] Hereinafter, a description of the processing based on the dot code (A) in FIG. 28. 図29の(A)のドットコードに特有の処理の場合のみ、補足説明を加える。 A dot code (A) of FIG. 29 when only the specific process, adding supplementary explanation.

【0180】図30及び図31は、図20の(D)のデータ配列方向検出部218のブロック構成図及びその動作を示すフローチャートである。 [0180] FIGS. 30 and 31 are flowcharts showing the block diagram and the operation of the data array direction detection section 218 of (D) in FIG. 20.

【0181】データ配列方向検出部218は、上記マーカ検出部216の概中心検出部322よりマーカの概中心のデータをもらい、隣接マーカ選定部366にて隣接マーカの選定を行う。 [0181] Data array direction detection section 218 received a data approximate center of the marker from the approximate center detection section 322 in the marker detection section 216, performs the selection of the adjacent marker in an adjacent marker selection section 366. 即ち、既に上記概中心検出部32 In other words, already the approximate center detection section 32
2の処理によって一画面上で各マーカの中心のアドレスがマッピングされており、それに対して今処理しようとする代表マーカつまり注目するマーカを設定し(ステップS112)、その代表マーカに対してどのマーカの概中心が一番近いかについて検出するための隣接マーカ選定を行う(ステップS114)。 Address of the center of each marker on one screen by two processes are mapped, it sets the marker representative marker clogging of interest to be processed still contrast (step S112), which marker for the representative marker approximate center of performing adjacent marker selection to detect whether the closest (step S114).

【0182】隣接マーカの選定処理は、図32の(A) [0182] process of selecting neighboring markers of FIG. 32 (A)
に示すように、代表マーカと隣接マーカの距離dを算出し、d≦dmaxの範囲内の隣接マーカを指定する(ステップS142)。 As shown in, calculates the distance d between the representative marker and the adjacent markers, it specifies the adjacent markers within the range of d ≦ dmax (Step S142). 但しこの場合、dmaxは、データブロック長辺の長さ+α(αは紙の伸縮等によって決定する)である。 However, in this case, dmax is the length of the data blocks long side + alpha (alpha is determined by the expansion and contraction of the paper). そして、指定された隣接マーカの中から距離dの短い順に概中心アドレスをstep1サンプルアドレス発生回路368に送る(ステップS144)。 Then, send the approximate center addresses in ascending order of the distance d from the specified adjacent marker step1 sample address generation circuit 368 (step S144).
例えば、図32の(B)に於いては、代表マーカからは距離D2にある概中心アドレスが一番近く、次に距離D For example, In (B) of FIG. 32, the approximate center address is nearest from the representative marker at a distance D2, then the distance D
1とD4、そしてD3とD5の概中心アドレスという順番になるので、まず一番近い距離D2にある概中心アドレスを送る。 1 and D4, and since the order of the approximate center addresses of D3 and D5, and sends the approximate center address at first the nearest distance D2. そして、距離dが同じ場合は、距離算出開始アドレスから時計回り方向にマーカを探し、現れた順に方向検出を行う(ステップS146)。 When the distance d is the same, it looks for the marker from a distance calculation start address in the clockwise direction to perform a direction detection in the order they appear (step S146). 即ち、D1, In other words, D1,
D4,D3,D5の距離に有る概中心アドレスを順にs D4, D3, the approximate center address at a distance of D5 in turn s
tep1サンプルアドレス発生回路368に送って、後述する方向検出を行う。 tep1 send the sample address generation circuit 368, performs direction detection to be described later.

【0183】即ち、step1サンプルアドレス発生回路368は、代表マーカ及び選定された隣接マーカの概中心を中心にstep1サンプルアドレスを発生し(ステップS116)、このstep1サンプルアドレス間を結ぶ走査線を発生して(ステップS118)、走査線上を等分割した点で画像メモリ214のデータをサンプルするよう読み出しアドレスを発生する(ステップS1 [0183] That is, step1 sample address generation circuit 368, around the approximate center of the representative marker and selected neighbor marker generates step1 sample address (step S116), the scanning lines generated connecting between the step1 sample address Te (step S118), the data in the image memory 214 at points equally divided scanning line to generate a read address to sample (step S1
20)。 20). アドレス制御部220は、このサンプル点のアドレスを読み出しアドレスとして画像メモリ214に与え、データを読出す。 The address control unit 220, provided to the image memory 214 as a read address the address of this sample point, to read data.

【0184】なお、前記では、サンプル点のデータを近似して出力する(画像メモリより)如く述べたが、図5 [0184] Incidentally, in the, by approximating the data of the sample points and outputs (from the image memory) it has been described as, 5
の(A)に示すように、サンプル点が画像のメモリのデータ間にあると判断した時に、周囲の4画素のデータから補間して求めても良い。 As shown in the (A), when the sample point is determined to be in between the data of the memory of the image may be determined by interpolation from the data of 4 pixels around.

【0185】これにより読み出されたデータつまり上位アドレスコードが誤り検出回路370で誤り検出された後、上位ブロックアドレス算出及び中心算出回路372 [0185] After this the data clogging upper address code read is error detection by the error detection circuit 370, the upper block address calculation and center calculation circuit 372
に与えられる。 It is given to. 上位ブロックアドレス算出及び中心算出回路372は、誤り検出回路370での誤り検出の結果、誤りがあれば次の隣接マーカ選定処理を行わせるため、また、2方向のマーカが検出された場合にはもはや隣接マーカを検知する必要がないので隣接マーカ選定処理を終了させるために、アドレス算出結果を隣接マーカ選定部366に送る。 Upper block address calculation and center calculation circuit 372, the result of error detection by the error detection circuit 370, for causing the next adjacent marker selection processing if there is an error, and if the two directions of the marker is detected since no longer necessary to detect the adjacent marker to terminate adjacent marker selection processing, and sends the address calculation result to the adjacent marker selection section 366.

【0186】なお、図29の(A)のドットコードを使用した場合には、1方向の上位アドレスコードを検出したらマーカ選定処理を終了する。 [0186] Incidentally, in the case of using a dot code (A) of FIG. 29 ends the marker selection processing upon detection of one-way upper address code.

【0187】そして、このアドレス算出結果によりアドレスエラーがあることが示される場合には(ステップS [0187] Then, if it is shown that there is an address error by this address calculation result (step S
122)、全サンプル点の走査が終了したかどうかを判定し(ステップS124)、まだであれば上記ステップS118へ進み、全サンプル点走査が終了していれば未検索隣接マーカの有無を確かめ(ステップS126)、 122), to determine whether the scanning of all the sample points is completed (step S124), the process proceeds to still a long if the step S118, the scanning all the sample points is ascertained whether the unsearched neighboring markers if completed ( step S126),
有れば上記ステップS114に進み、無ければ、全マーカについて同様の処理を行う。 It proceeds to step S114 if there, if there is performed the same processing for all the markers. 全マーカについて処理を終了した後に、マーカ,アドレス補間処理へと進む(ステップS128)。 After processing has been completed for all the markers, the process proceeds marker, to the address interpolation processing (step S128).

【0188】なお、誤り検出回路370は、テレビジョン学会誌Vol. [0188] In addition, the error detection circuit 370, Vol The Journal of the Institute of Television Engineers. 44,No. 44, No. 11,P. 11, P. 1549〜 1549~
P. P. 1555の「符号理論手解き」等に開示されているような巡回符号に基づいた誤り検出等の一般的なものを使用しても良い。 1555 may be used to "Code Theory Tehodoki" commonplace for error detection or the like based on the cyclic code as disclosed in the like.

【0189】一方、上記ステップS122でアドレスエラーがない場合には、全サンプル点の走査が終了したかどうかを判定し(ステップS130)、まだであれば上記ステップS118へ進み、全サンプル点走査が終了していれば上位アドレスを確定し(ステップS132)、 [0189] On the other hand, when there is no address error in step S122, the scanning of all the sample points to determine whether ended (step S130), the process proceeds to it if the step S118 is still, scanning all the sample points if it has been completed to confirm the upper address (step S132),
step1中心アドレスを算出して(ステップS13 To calculate the step1 center address (step S13
4)、決定する(ステップS136)。 4), it is determined (step S136).

【0190】即ち、代表マーカより最至近距離のマーカ(図32の(B)では概中心アドレスが距離D2にある)より方向を検出する。 [0190] That is, the marker ((B) in the approximate center addresses of FIG. 32 is a distance D2) of the closest distance from the representative marker to detect the direction from. 検出方法は、方向検出用にデータドットより大きいドットコード(step1コード)に記録されるアドレスが認識できるかによってどの方向に周辺のマーカがあるか判別する。 Detection method determines whether there is near marker in any direction depending on the address recorded in the dot code (step1 code) greater than the data dots for direction detection can be recognized. step1コードは、上位のブロックアドレスとそのCRCコードが記録されており、コードを走査した時に誤りが無ければ認識されたとする。 step1 code block address of the upper and its CRC code are recorded, is recognized if there is no error when scanning the code.

【0191】方向が検出されると、データブロックの傾きが予測可能となる。 [0191] When the direction is detected, the inclination of the data block is predictable. step1コードは、方向性が有り、代表マーカから周辺のマーカに向かって走査した時のみブロックアドレスが正常に認識される。 step1 code directionality is there, see block address when scanning toward the periphery of the marker is detected normally from the representative marker. よって、認識エラーが生じない場合は、常に2方向のブロックアドレスコードが検出される。 Thus, if the recognition error does not occur, always two directions of the block address code is detected. 2方向のブロックアドレスコードが検出されるまで処理を行う。 2 direction of the block address codes perform processing until is detected. また、2方向の位置関係よりデータ配列が推測できる(図32の(C)参照)。 The data sequence from two directions positional relationship can be inferred (see (C) of FIG. 32).

【0192】なお、図29の(A)のドットコードの場合は、1方向のみアドレスコードが検出される。 [0192] In the case of the dot code (A) of FIG. 29, address code only one direction is detected. その際、データエリアは検出できたラインと走査方向よりデータエリアを認識することができる(図29の(B)参照)。 At that time, the data area can recognize the data area from the scanning direction can be detected lines (see (B) in FIG. 29).

【0193】実際の動作に於いては、代表マーカから最も短い距離である距離D2から方向検出を行い、アドレスが認識されなければ、時計回りにサーチを行うので、 [0193] The In actual operation, perform direction detection from the distance D2 is the shortest distance from the representative marker to be recognized address, since the search clockwise,
次に近い距離D1にて同様の動作を繰り返す。 The same operation is repeated at the next closest distance D1. 検出は、 Detection,
時計回りに行うとすると、距離D4,D3,D5と検出は続く。 When performed in a clockwise direction, the distance D4, D3, D5 detection continues. 2方向検出されるまで処理を行う。 It performs processing until the two directions detected.

【0194】なお、図29の(A)の場合は、1方向検出されるまで処理を行う。 [0194] In the case of FIG. 29 (A), performs the processing until the 1 direction detection.

【0195】1方向検出できれば、他方向が予測できる場合もある。 [0195] If one direction detection, in some cases other directions can be predicted. 例えば、D4,D5が順方向とし、D2の存在がなく、D4からサーチを始めたとすると、D4にてアドレスが確認されると、D3,D5のいずれかにアドレスを認識できることが予測される。 For example, D4, D5 is forward, without the presence of D2, assuming that started the search from D4, the address is confirmed by D4, it is expected to be able to recognize the address in one of D3, D5.

【0196】上記のような方向検出処理を、図33の(A)を参照して、さらに詳細に説明する。 [0196] The direction detection processing as described above, with reference to (A) in FIG. 33, described in further detail.

【0197】マーカ検出部216の概中心検出部322 [0197] approximate center detection section 322 of the marker detection section 216
で検出された代表マーカの概中心を、同図上方左側のドットA5と規定し、それから1.5ドット(これは処理によって適宜変更可能)離れた8つのサンプル点A1〜 The approximate center of the in the detected representative markers, defined as the dot A5 of FIG upper left, A1 to then 1.5 dots (this can be changed appropriately by the processing) away eight sample points
A4,A6〜A9をstep1サンプルアドレス発生回路368で発生する。 A4, to generate a A6~A9 in step1 sample address generation circuit 368. 同様に、方向検出しようとするマーカ例えば距離D2の概中心(同図上方右側のドットB Similarly, the approximate center of the marker for example, a distance D2 attempts to direction detection (FIG upper right dot B
5)を中心に、サンプルアドレスを発生させる。 5) mainly to generate a sample address.

【0198】ここで、1.5ドット間隔にした理由を述べる。 [0198] In this case, the reason why you 1.5 dot interval.

【0199】先程、マーカ概中心を求める処理の際、中心との差異が1ドット以内になるごとく記述したが、それはインクのにじみ等の不具合が発生しないと仮定した場合である。 [0199] Earlier, during the processing for obtaining the approximate marker center, but the difference between the center-written as to within one dot, it is a case where defects such as bleeding of the ink is assumed not to occur. インクのにじみ等を考慮し、検出範囲を± Considering such ink bleed, ± a detection range
1.5ドットとした。 It was 1.5 dot.

【0200】アドレス制御部220は、両マーカのアドレス間に対してある一定のラインを引く。 [0200] The address control unit 220 subtracts a certain line with respect to between the address of both markers. 最初はドットA1とB1に走査線を引く。 First draw a scanning line on the dot A1 and B1. そして、上位アドレスがサンプルできるような形で、サンプルクロックを設けて、 Then, in such a way that higher address can sample, provided the sample clock,
画像メモリ214のデータサンプルを行う。 Performing a data sample of the image memory 214.

【0201】図28の(A)に示したように、上位アドレスコード306Aに対しては、その次にCRCコード312Aが付加されているので、そのデータサンプルによって正しく読めた場合には、上位アドレスに対して誤り検出回路370での誤り検出結果が問題ないという形で検出され、正しく読めなかった場合には、誤りがあるというように判定される。 [0201] As shown in (A) of FIG. 28, with respect to the upper address code 306A, since CRC code 312A in the following is added, when properly read by the data samples, the upper address error detection result at the error detection circuit 370 is detected in the form of no problem, if not properly read is determined so that there is an error with respect.

【0202】そして、以下同様に、ドットA1とB2、 [0202] Then, as in the following, the dot A1 B2,
A1とB3、A1とB4というように順次走査線を引いていき、それごとに、エラー検出があっているかどうかチェックを行う。 A1 and B3, A1 and continue pulling the sequential scanning lines and so B4, each with it, to check whether an error is detected. トータルで、代表マーカ側に9個のポジションがあり、検出マーカ側に9個のポジションがあるので、81通りの処理を行うことになる。 In total, there are nine positions on the representative marker side, since the detection marker side is nine positions, thereby performing the processing of the 81 types.

【0203】81通りの処理全部についてエラーになったときには、そちらの方向に方向コードがない、つまり検出側マーカが配列以外のマーカ(誤検出されたマーカ)であると判別する。 [0203] For processing all the 81 types when an error occurs, it is not the direction code there directions, i.e. the detection side marker is determined to be in marker other than the sequence (erroneously detected marker).

【0204】例えば、図33の(A)では、ドットA1 [0204] For example, in (A) of FIG. 33, the dot A1
とB7について引いた走査線(点線で示す)に於ける各サンプル点でデータをとると、同図に破線の丸で示したサンプル点はデータより外れているので、誤検出となる。 When taking the data at each sample point in the scan line (shown by dotted lines) obtained by subtracting the B7, since the sample points shown by the broken line circles in the figure are out from the data, the erroneous detection. 特に、前述したように、アドレスデータドットの上下側に反転コードを設けているので、必ずエラーになる。 In particular, as described above, since the provided inversion code in the vertical side of the address data dot, always an error.

【0205】一方、ドットA5とB5を繋いだ場合は、 [0205] On the other hand, if you connect the dots A5 and B5 is,
きちんとデータがとれているので、検出エラーはなく、 Since neatly data is taken, the detection error is not,
よってこちらの方向にコードがあるというように認識される。 Therefore, it is recognized and so on in here direction there is a code.

【0206】なお、エラー検出を起こし易くするために上下に反転コードを設けるものとしたが、これは必ずしも上下に設ける必要はなく、例えばアドレスデータドット上下は白のコードを記載し、アドレスデータドットを後半数ドット分だけ黒のデータが続くような形式とすることができる。 [0206] Incidentally, it is assumed that providing inversion code down to susceptible to error detection, this is not necessarily provided in the vertical direction, for example, address data dots vertically describes white code, address data dot it can be in the form as late black data as many dots followed a. このようにすると、必ず検出マーカ側の端の方が黒のデータになり、その外側が白の余白になるので、データエラーが正しく検出できるようになる。 In this way, always a data it is black end of the detection marker side, since the outside is in the margin of the white, data error will be able to correctly detect. また、反転コードにした場合も、反転コード部全域に設ける必要はなく、両側の一部に設けても良い(図28の(C))。 Further, even when the inversion code, it is not necessary to provide the inverted code-wide and may be provided in a part of both sides (in FIG. 28 (C)).

【0207】ここで、ドットの大きさについて説明しておく。 [0207] In this case, it keeps describes the size of the dot. 図33の(B)に示すように、上位アドレスコード306Aの各ドットの大きさをnドット、step1 As shown in (B) of FIG. 33, n dot size of each dot of the upper address code 306A, step1
コードの幅をmドットとすると、m及びnの関係は、s When the width of the code and m dots, the relationship of m and n, s
tep1サンプルアドレスの内側端に於いて、中心に対して2ドットの幅を設けて対角線を引き、上位アドレスコード306Aをどれだけ設けるかによって決まる幅m tep1 at the inner end of the sample address, draw a diagonal line width of 2 dots provided with respect to the center, the width m which is determined depending on whether the upper address code 306A how provided
を長辺とし且つ上記対角線をその対角線とする長方形の高さがnとなる。 The rectangle height and and its diagonal the diagonal line and the long side is n. 即ち、mが決まればnが必然的に決まる。 That, m is n is inevitably determined if Kimare. step1サンプルアドレス内側端の間を全部このアドレスコードとしたとしても2ドットまでしかないので、nドットというのは、2ドットまでの幅となる。 Since step1 only up to two dots also between the sample address inner end as all was the address code, because n dots, a width of up to 2 dots. また、1ドットの横幅については決めないが、データを認識しやすい横幅が好ましい。 Although not decide about the width of 1 dot, and recognizes the data easily breadth preferred.

【0208】なお、上記2ドットというのは、例えばドットA5とB5を結んだ走査線ではヒットするが、ドットA6とB4を結んだ線及びA2とB8を結んだ線ではヒットしないという範囲を得ることができるように規定している。 [0208] Incidentally, because the two dots, for example dots hit by connecting it scan lines A5 and B5, but obtain a range of not hit a line connecting a dot A6 and B4 and lines and A2 connecting B8 it is defined so as to be able. それよりも大きくすると、例えば、ドットA If greater than, for example, a dot A
5とB5でヒットする場合、A2とB8を引いたところでもヒットしてしまうということが起こり、中心として検出されることが広がってしまう。 If you want to hit in 5 and B5, it happens that would hit any place minus the A2 and B8, may spread to be detected as a center. この値も、装置に合わせて変更可能である。 This value can also be changed to suit the device.

【0209】また、図33の(A)の例では、ドットA [0209] In the example of (A) in FIG. 33, the dot A
5とB5についてヒットしているが、同じくドットA4 5 and has hit about B5, also dot A4
と例えばB4の結んだ線でもヒットしてしまったという場合には、次の中心検出のstep2という段階で、ドットA4とA5の中心を起点にして、それを中心に同じく探索を行うといったような処理を行っていくこととなる。 Doo For example, in the case that had been hit in the line connecting the B4 is at the stage that the step2 of the next center detection, and starting from the center of the dot A4 and A5, such as performing the same search in the center it so that the and execute the process.

【0210】また、別の方法も考えられる。 [0210] Further, it is also considered another way. 図34を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 34. ここで、A4とA5、片側もB4とB5 Here, A4 and A5, on one side also B4 and B5
がヒットした場合、同図に示すサンプルアドレス(A4 If you but were hit, the sample address (A4 shown in FIG.
1〜A45,A51〜A55,B41〜B45,B51 1~A45, A51~A55, B41~B45, B51
〜B55)を次のstep2のサンプルアドレスとしても良い。 ~B55) may be used as a sample address of the next step2. この場合、step2に於けるサンプルアドレス点が9個から10個に増すために処理数も81から1 In this case, the processing speed is also 81 to at sample address points to step2 increases from 9 to 10 1
00(走査線数)に増えてしまう。 Resulting in increased to 00 (the number of scanning lines). しかし、A4とA5 However, A4 and A5
の中点を導き出す処理及び、予め決められたサンプル点を使用しているために、中点を中心に9点のstep2 Process derive midpoint and, due to the use of predefined sample points, nine points around a middle point step2
サンプルアドレスを発生させる処理が無くなる。 Processing for generating a sample address is eliminated. 総合的にみて、処理は軽減すると思われる。 Overall, the process is likely to be reduced.

【0211】さらに、A4とA5の間にstep2の正確な中心があると仮定して、A42〜A44,A52〜 [0211] In addition, on the assumption that there is the exact center of step2 between the A4 and A5, A42~A44, A52~
A54とB42〜B44,B52〜B54を結ぶ走査線にてアドレス検出処理を行うとすると、処理数は81から36(6×6)と少なくなるという考え方もできる。 A54 and B42~B44, When an address detection process by scanning line connecting the B52~B54, processing speed can also idea less and 81 from 36 (6 × 6).

【0212】上記処理にて、step1での大まかな中心が求まる。 [0212] in the above processing, it obtained the rough center in step1.

【0213】以上説明したように、CRCを検出することによって、そちらの方向にデータブロックがきちんと配列されているかどうかの検出を行う。 [0213] As described above, by detecting the CRC, it performs detect whether there directions data blocks are properly arranged. 図32の(B) In FIG. 32 (B)
に於いては、当然、距離D2にあるマーカは誤検出されたマーカになるので、そちらの方向にデータの方向を見ていたときには、上位アドレスのコードがないわけであるから、結局81通り検知したところでそちらの方向に誤りが全部生じることになり、方向がないと判定されることになる。 In the course, since the markers will be erroneously detected marker at a distance D2, the when looking at the direction of data there directions, since it is not without code upper address, after all 81 types detected error there direction where the is to occur all, it will be determined that there is no direction.

【0214】こうしてD2がないと判定されたとき、次に近い距離はD1とD4になるが、今注目していたマーカに対して時計回りに回るので、次に距離D1について処理を行う。 [0214] Thus when it is determined that there is no D2, but next closest distance becomes D1 and D4, so turn against markers are turning now clockwise, then performs processing for the distance D1. 前述したようにデータ配列的には左から右及び上から下の向きにしか判定が可能になってこないため、この場合、代表マーカから距離D1のマーカに向けた方向で処理を行うことになり、逆方向から、つまりC Since the data array manner as described above does not come becomes possible to determine only the orientation of the bottom right and top left, in this case, it will be processed in a direction toward the marker distance D1 from the representative marker , from the opposite direction, ie C
RCコードから先に読み、次にアドレスコードを読むことになるので、これは当然の結果、誤りと判定される。 Reading from the RC code earlier, because then would be to read the address code, this is a natural result, it is determined that the error.
従って、距離D1については、方向がないと判定される。 Therefore, the distance D1 is determined that there is no direction.

【0215】次に、距離D4について判定する。 [0215] Next, it is determined for the distance D4. D4については、代表マーカから距離D4に沿って読んで行った時に、アドレスコード、CRCコードという順番で読み込まれるので、D4については方向性があるという判断がくだされる。 For D4, when went read along from the representative marker to the distance D4, since the address codes are read in the order of CRC code, it is made the determination that there is a directional for D4. 即ち、エラーは生じない。 In other words, the error does not occur.

【0216】次に、判定すべるきものが、等距離となる距離D3とD5になる。 [0216] Next, the determination slips kimono becomes the distance D3 and D5 which equal distance. それに対して、時計回りなので、まず距離D3から処理を行うことになる。 In contrast, since clockwise, it will perform the process from first distance D3. このD3 The D3
ついても、上記のようにCRCコードが先に読み出すことになるので、方向性がないと検知される。 Even with, since CRC code as described above is to read ahead it is detected that there is no directionality. そして、最終的には、距離D5を読んで、こちらのほうに方向があるというふうに判断する。 Then, finally, read the distance D5, to determine the Fu that there is a direction to better here.

【0217】結果的に、距離D4とD5が読み込まれるので、図32の(C)に斜線ハッチングで示す部分に、 [0217] Consequently, since the distance D4 and D5 are read, the portion indicated by hatching in (C) of FIG. 32,
距離D4,D5の部分に記載されているブロックアドレスに対するデータが書かれていることを認識することができる。 The data is written with respect to the distance D4, D5 block address described in the portion of the can recognize. 最終的には1つの代表マーカに対して2方向検出されれば、そちらのブロックの方向が検出できるので、2方向が検出できるまで処理を行うことになる。 If eventually the two directions detected for one representative marker can detect the direction of there of the block, two directions becomes possible to perform processing to be detected.

【0218】図29の(A)のドットコードの場合には、1方向のみ検出される。 [0218] In the case of Figure 29 the dot code (A) is detected in one direction only. (図29の(B)に於いてD5となる)1方向検出されるまで、処理を行うことになる。 (The D5 In (B) of FIG. 29) until the 1 direction detection will be processed. なお、上記5つの方向の全てに対して処理を行ってエラーとなった場合、対角線方向のマーカに対して上記方向検出処理を行うこととなるが、この場合、処理数の増大を防ぐために、ある範囲外のものは処理を行わないようにし、得られなかったアドレス情報等は、マーカ,ブロックアドレス補間処理により必要な情報を得るようにする。 In order when an error by performing the processing for all the five directions, it becomes possible to perform the direction detection processing to the diagonal direction of the marker, to prevent this case, increase in processing speed, is outside of what is not performed the process, is such as address information has not been obtained, the marker, so as to obtain the necessary information by the block address interpolation processing.

【0219】また、前述したように、ブロックアドレスについては変調をかけないようにしているが、変調をかけた場合には、当然、ブロックアドレスコードを認識した後に復調という処理が必要になる。 [0219] Further, as described above, but not apply a modulation for the block address, when multiplied by the modulation, of course, it would require the processing of demodulation after recognizing the block address code.

【0220】なお、上記説明では、上位アドレスの誤り検出を使って方向性があるかどうか判断するものとしたが、例えば、上位アドレスCRCコードの代わりに、 [0220] In the above description, it is assumed to determine whether there is directional with an error detection of the upper address, for example, instead of the upper address CRC code,
「11100001」のような方向性のあるパターンを使い、パターンマッチング的に「11100001」が検出されたときに、そちら方向に方向性があるマーカがあるということを認識するような手法を採用することもできる。 Use undirected a pattern such as "11100001", when the pattern matching manner "11100001" is detected, employing the technique to recognize that there is a marker that is directional in there direction It can also be.

【0221】上記方向検出に於いて、全マーカとも時計回りに隣接マーカを捜す必要がなく、次のブロックは、 [0221] In the above direction detection, there is no need to look for adjacent markers clockwise with all markers, next block,
その方向に上位アドレスコードを認識するための動作を行うようにしても良い。 It may perform operations for recognizing the upper address code in that direction. その方が、処理数が軽減する。 As it is, the number of processes is reduced.
また、上位アドレスの検出に異常が生じた場合にも、周辺の方向検出により得られた方向にコードがあると認識しても良い。 Further, even when an abnormality occurs in detection of the upper address, it may be recognized that there is a code in a direction obtained by peripheral direction detection.

【0222】次に、ブロックアドレス検出,誤りの判定,正確な中心検出部300を、図35の(A)のブロック図及び図36のフローチャートを参照して説明する。 [0222] Next, the block address detection, determination of an error, the accurate center detection section 300 will be described with reference to the flowchart of the block diagram and Figure 36 (A) in FIG. 35.

【0223】上記データ配列方向検出部218の上位ブロックアドレス算出及び中心算出回路372は、上位アドレスが検出できたときに、その上位ブロックアドレスを次のブロックアドレス検出,誤りの判定,正確な中心検出部300のブロックアドレス算出及び中心算出回路374に送る。 [0223] upper block address calculation and center calculation circuit 372 in the data array direction detection section 218, when the upper address has been detected, the upper block address next block address detection, determination of errors, accurate center detection send to a block address calculation and center calculation circuit 374 parts 300. また、上位アドレス検出時の大まかな中心が分かってくるので、この中心アドレスをstep2 In addition, since coming know the rough center at the time of upper address detection, the center address step2
サンプルアドレス発生回路376に導く(ステップS1 Leading to the sample address generation circuit 376 (step S1
52)。 52).

【0224】step2サンプルアドレス発生回路37 [0224] step2 sample address generation circuit 37
6は、この大まかな中心のサンプルアドレスを発生させる(ステップS154)。 6 generates the sample addresses of this rough centers (step S154). 即ち、図35の(B)に示すように、先ほど求めた大まかな中心(方向検出の中心) That is, as shown in (B) of FIG. 35, rough center determined previously (center of the direction detection)
に対して、上記同様に8点、外にサンプルアドレスを置く。 Respect, similarly to the above 8 points, placing the sample address outside. そして、方向性が見つかったマーカに対して8点また同じように設けて、同様に走査線を引いて(ステップS156)、下位のアドレスが検出できるか、検出できないかといった処理を行う。 Then, provided as 8-point addition same for marker orientation is found, by subtracting the same scanning line (step S156), or lower address can be detected, it performs processing such or undetectable. この場合、サンプルアドレスを作るデータ間隔は、本実施の形態では0.5ドットおきに規定しているが、装置の仕様によって適宜変更可能である。 In this case, the data interval to make sample address, although specified in 0.5 every other dot in the present embodiment may be changed as appropriate depending on the specifications of the device.

【0225】そして、アドレス制御部220は、発生されたサンプルアドレスに基づいて画像メモリ214からデータを読み出し、このサンプル点に従ったデータを誤り検出回路378に導き出す(ステップS158)。 [0225] Then, the address control section 220 reads data from the image memory 214 based on the generated sample addresses, derive data in accordance with the sample point to the error detection circuit 378 (step S158). 方向検出時同様(図5の(A)に示すように)、サンプル点が画像メモリのデータ間にある時には、メモリ上の1 When the direction detected similarly (as shown in (A) of FIG. 5), the sample point when it is in between the data of the image memory is 1 in memory
データを代表する方式ではなく、周囲のデータから補間して導いても良い。 Rather than a method to represent the data, it may be derived by interpolation from the surrounding data. 誤り判定でエラーになった場合には(ステップS160)、全サンプル点の走査が終了したかどうかを判定し(ステップS162)、まだであれば上記ステップS156へ進み、全サンプル点走査が終了していれば、全てのブロックについてアドレスが検出された後に、マーカ,ブロックアドレス補間処理へと進む(ステップS164)。 If an error occurs in the error determination (step S160), and determines whether the scanning of all the sample points is completed (step S162), the process proceeds to it if the step S156 is still, all sample points scan is completed long as, after the address has been detected for all the blocks, the process proceeds marker, to block address interpolation processing (step S164).

【0226】一方、上記ステップS160でアドレスエラーがない場合には、全サンプル点の走査が終了したかどうかを判定し(ステップS166)、まだであれば上記ステップS156へ進み、全サンプル点走査が終了していれば下位アドレスを確定し(ステップS168)、 [0226] On the other hand, when there is no address error in step S160, the scanning of all the sample points to determine whether ended (step S166), the process proceeds to it if the step S156 is still, scanning all the sample points if it has been completed to confirm the lower address (step S168),
正確な中心(step2中心)を決定する(ステップS To determine the exact center (step2 center) (step S
170)。 170).

【0227】即ち、誤り検出回路378で誤り検出を行い、誤り判定でエラーになった場合には、次の処理に行く。 [0227] In other words, it performs error detection by the error detection circuit 378, in the case of an error in the error determination is, go to the next processing. ブロックアドレス算出及び中心算出回路374には、アドレス制御部220から中心検出時スタート及びエンドアドレス、つまりどの点とどの点を今結んでいるかという信号が与えられており、その点での誤り判定の可否を判断する。 The block address calculation and center calculation circuit 374, the address control section 220 center detection at the start and end addresses, and if the signal is given that has signed that is any point and any point now, the error determination at that point to determine whether. ブロックアドレス算出及び中心算出回路374は、誤り検出がない場合には、導き出された下位のアドレスを、上位ブロックアドレス算出及び中心算出回路372から送られてきた上位のアドレスと組み合わせて、ブロックアドレスとして、次のマーカとアドレスの補間部302に導き出す。 Block address calculation and center calculation circuit 374, when there is no error detected, the lower address derived, in combination with the upper address sent from the upper block address calculation and center calculation circuit 372, a block address derive the interpolation section 302 of the next marker and address. 同様に、中心のアドレスも、マーカとブロックアドレスの補間部302に導き出す。 Similarly, the address of the center also derives the interpolation section 302 of the marker and the block address.

【0228】なお、図35の(B)に於いて、0.5ドットに設定したのは、0.5ドットの範囲でサンプル点を検出することによって、この処理で最終的に求まった中心(方向検出の中心)と真の中心との差が、1/4ドット範囲におさまるからである。 [0228] Incidentally, in the (B) of FIG. 35, is to set to 0.5 dots, the center by detecting sample points within the range of 0.5 dots, which Motoma' finally in this process ( the difference in direction detection center) and the true center, because fit 1/4-dot range. 1/4ドット範囲におさまれば、上記処理で形成されたサンプル点をとれば、 If it fits to 1/4 dot range, taking the sample points formed by the above process,
データエリアのところのデータをきちんと再生できる。 The data of where the data area properly can be reproduced.

【0229】また、step2コードのドットは、一番最小が1ドットなので、それより小さいデータ配置はデータとしての意味が成さないことになるので、1ドットで形成している。 [0229] Further, the dots of step2 code, since most minimum is 1 dot, the smaller the data arrangement than would meaning as the data is not made, are formed by one dot.

【0230】なお、step1コードの場合と同様に、 [0230] It should be noted that, as in the case of step1 code,
アドレスデータドットの上下に反転コードを設けても良いし、終りのほうの数ドットに黒のデータを設け、回りを余白部とするようにしても良い。 May be provided to the inverted code and below the address data dot, the black data provided several dots of towards the end, it may be around the margin. また、アドレスコードとデータコードを区別するためのデータ余白部364 The data blank 364 for discriminating an address code and data codes
は、データエリア314と区別する領域が、例えば黒で重なったとしても、マーカと間違える確率が非常に少ないので、このデータ余白部364を設けないで、反転層から直接データエリア314に入るようにしても良い。 Distinguishes area and data area 314, for example, even overlapping in black, because very little probability of mistaking the marker, without providing the data blank portions 364, and to enter the data directly area 314 from the inversion layer and it may be.

【0231】また、図35の(B)に示すように、結果的に下位アドレス、上位アドレスといった形で全データ長のほぼ1/2データ長で、さらに、同じ大きさでCR [0231] Further, as shown in (B) of FIG. 35, resulting in lower address, at approximately half the data length of the entire data length in the form such as upper address, further, CR at the same size
Cコードを付加している。 It is added the C code. その理由は、このアドレス長に関して全部にノイズがのってしまったとか、インクがついてしまったとか、そういった状態のバーストエラーに対しても検出可能なように、このデータ長に設定してある。 The reason for this is that, Toka all the noise with respect to this address length is gone riding, Toka had with the ink, so as to be able to detect even for a burst error of such a state, is set to the data length. このデータ長の割合も、適宜変更可能である。 The ratio of the data length can also be appropriately changed.

【0232】以上のような木探索処理、つまり大まかな中心を求めて、さらに細かな中心を求めるような検出方法によって、データエリア314のデータをサンプルするための正確な中心と、ブロックアドレスが認識されたことになる。 [0232] The above tree search processing, such as, i.e. seeking rough center, by the detection methods such as determining the finer the center, and the exact center for sampling data in the data area 314, the block address is recognized It will have been. 即ち、木探索という処理を行うことによって、最初から細かいピッチでサンプルを行うよりも、大幅に処理が軽減され、処理量と処理時間が軽減される。 That is, by performing the process of tree search, than performing sample at a fine pitch from the beginning, largely processed is reduced, the processing amount and the processing time is reduced.
また、ブロックアドレスを方向の検出並び正確な中心検出に使うことによって、全データ量の冗長度を少なくすることが可能になる。 Further, by using the block address in the direction of the detection arrangement accurate center detection, it is possible to reduce the redundancy of the total amount of data.

【0233】次に、図37の(A)を参照して、マーカとアドレスの補間部302について説明する。 [0233] Next, with reference to (A) of FIG. 37 will be described interpolation section 302 of the marker and address. 今、同図に於いて、ブロックB2についてのマーカが検出されない、またはアドレスが検出されなかったというエラーに対して、回りの黒のマーカ部分は検出されていたとする。 Now, in the figure, the marker is not detected for the block B2, or address for the error that is not detected, the black marker portions around is to have been detected.

【0234】この場合、まずブロックB1のマーカとブロックB3のマーカの求まった中心を結ぶ線を引き、またブロックA2のマーカとブロックC2のマーカの求まった中心を結ぶ線を引いて、その交点を予測中心とする。 [0234] In this case, draw a line to first connecting centers Motoma' the markers of the marker and the block B3 of the block B1, also pull the line connecting the centers Motoma' the markers of the marker and the block C2 of the block A2, the intersection the prediction center. そして、その予測中心点からさらにブロックC2のマーカ及びブロックB3のマーカに向けてアドレスの検出や処理を行うことができる。 Then, it is possible to detect and process the address towards the further markers of the marker and the block B3 of the block C2 from the prediction center point. また、アドレス検出を行わなくても、配列が分かっているので、ブロックB1の下にブロックB2が存在する場合には、回りのアドレスからブロックB2のアドレスは設定されるので、あえて検出しなくても推定することができる。 Moreover, even without address detection Knowing sequence, if there is block B2 below the block B1, since the address of the block B2 from around the address is set, dare not detected it can also be estimated. 即ち、回りの処理から今注目している予測できなかったブロックのアドレスとマーカ中心を検出することができる。 That is, it is possible to detect the address and marker center of a block that could not be predicted that attention now from around the process.

【0235】マーカとブロックアドレスの補間部302 [0235] interpolation section 302 of the marker and the block address
は、正常に読み込まれたアドレスデータや中心位置と補間したアドレス、予測中心の情報を合わせてアドレス制御部に導いている。 It is led successfully read the address data and the center position and the interpolation address, combined information of the predicted center to the address control section.

【0236】なお、画像メモリ214に同図に示すように取り込まれ、走査方向が矢印方向である場合には、大体左上の方を最初の代表マーカとして、それについてから処理を行う。 [0236] Incidentally, taken as shown in the figure the image memory 214, when the scanning direction is the direction of the arrow, as the first representative marker toward the upper left roughly performs the process from about it. 順次、縦方向について中心検出を行い、 Sequentially, it performs a center detection in the vertical direction,
最初の縦方向の検出を行うことで8つ(ブロックA1〜 Eight by making the first longitudinal direction of the detection (block A1~
A4のマーカ及びブロックB1〜B4のマーカ)の中心が求まることになる。 Center of A4 markers markers and block B1~B4 of) so that is obtained. そして、次の縦列の中心検出を行うときには、ブロックB1〜B4のマーカの中心は既に分かっているので、それらに対して処理は行わず、それらの中心を対象にして、ブロックC1〜C4のマーカの大まかな中心、step1の中心、step2の中心を求めていく。 Then, when performing the next column of center detection, since the center of the marker block B1~B4 already known, the process for those is not performed, directed to their center, the marker block C1~C4 rough center, the center of step1, will seek the center of the step2 of. 従って、前述したように81通りの走査線は必要なく、1度中心が求まってしまえば後段の9点についてサンプルようするに処理を行えば良いので、9通りの処理、さらに細かいので9通りの処理、すなわち1 Thus, without the scanning lines 81 ways as described above, the sample short processing may be performed so the subsequent nine points once been obtained is once central processing nine patterns, since finer of nine processing, That 1
8通りの処理で中心が求まることとなる。 So that the center is obtained in the processing of eight. このように、 in this way,
最初だけ処理が多いが、その後の処理は軽減するといったメリットがある。 At first only the process is large, the subsequent processing there is merit to reduce.

【0237】図29の(A)のドットコードの場合には、まず始めに、左上のA1を代表マーカとしてA1, [0237] In the case of FIG. 29 of the dot code of (A) is, first of all, the upper-left of the A1 as a representative marker A1,
B1,C1と横方向に方向検出処理を行う。 B1, performs direction detection processing in C1 and laterally. 処理は、A Processing, A
1とB1のマーカ中心が求まると、C1の中心検出処理は、9通りの処理で良い。 1 and the marker center of B1 is obtained, center detection processing for C1 may process nine patterns. A1の下のブロックがA2であると判断するには、アドレスコードが無いために、以下に述べるように処理を行う。 The block below the A1 is determined to be A2, to the address code is not performs processing as described below.

【0238】即ち、A1マーカとB1マーカの長さからブロックの大きさを判断し、予測したブロックの大きさから適当な位置にあるマーカから検出をはじめても良いし、A1のすぐ下にあるマーカをまずは代表マーカとして処理を行うようにしても良い。 [0238] That is, to determine the size of a block from the length of the A1 marker and B1 markers, may be started detecting from the marker in the proper position from the size of the block predicted, the marker immediately below the A1 the First of all may be to perform the processing as a representative marker. そして、検出されたブロックアドレスにて横方向のブロックアドレスが一致したブロックをA2とすれば良い。 Then, the block the block address in the lateral direction coincides with the detected block address may be set to A2. 2段の方向検出(図ではA1の段とA2の段)が終了すれば、縦方向(A3のマーカを選定する処理)の処理に於いて方向が予測できるので、その方向にあるマーカのみ検出処理を行うようにすれば良い。 If two stages of the direction detection (stage stage and A2 of A1 in the figure) is completed, the direction at the processing machine direction (process of selecting the marker A3) can be predicted, detected only a marker in that direction processing may be to do it the. 検出されたマーカがある場合でも、除いて処理を行うことが可能となる。 Even if there is erroneously detected marker, it is possible to perform the exception processing.

【0239】次に、図37の(B)のブロック構成図を参照して、図20の(D)のアドレス制御部220について説明する。 [0239] Next, with reference to the block diagram of (B) in FIG. 37, described the address control unit 220 of (D) in FIG. 20.

【0240】まず、アドレス制御部220に於いては、 [0240] First, at the address control unit 220,
画像メモリ214にA/D変換部210からのデータを書き込むときにアドレスを発生させる書き込みアドレス発生部380によって発生されたアドレスで、画像メモリ214にはA/D変換部210のデータがストアされる。 The address generated by write address generator 380 for generating an address when writing to the image memory 214 the data from the A / D converter 210, data of the A / D converter 210 is stored in the image memory 214 .

【0241】そして、前述したように、マーカ検出部2 [0241] Then, as described above, the marker detection section 2
16、データ配列方向検出部218、ブロックアドレス検出,誤りの判定,正確な中心検出部300、マーカとアドレスの補間部302のそれぞれに於いてアドレスを発生する必要があり、そのためのアドレス発生部382 16, the data array direction detection section 218, a block address detection, determination of errors, accurate center detection section 300, in the respective interpolation section 302 of the marker and address must occur an address, the address generator 382 for the
〜388が構成されている。 ~388 is configured. なおこの場合、マーカ検出用アドレス発生部382、データ配列方向検出用アドレス発生部384、ブロックアドレス検出,誤りの判定, It should be noted that in this case, the marker detection address generation section 382, ​​the data array direction detection address generation section 384, a block address detection, determination of errors,
正確な中心検出用アドレス発生部386に於いては、対応するマーカ検出部216(内部のマーカ判定部31 It is at the exact center detection address generation section 386, corresponding marker detecting unit 216 (the inside of the marker determination section 31
8、マーカエリア検出部320、概中心検出部32 8, the marker area detection section 320, the approximate center detection section 32
2)、データ配列方向検出部218、ブロックアドレス検出,誤りの判定,正確な中心検出部300と情報のやりとりをしてアドレスを発生させる。 2), the data array direction detection section 218, a block address detection, determination of the error, generating an address to the exchange of accurate center detection section 300 and the information. また、補間処理用アドレス発生部388は、ブロックの回りの4つのマーカが存在するブロックにつき、各マーカの正確な中心を画像メモリ上に対応させたアドレス(以下、マーカアドレスとする)とデータ数よりそのブロック内を等分した補間アドレス座標データ及びその周辺の画素データのメモリ読み出しアドレスを発生させる。 Further, interpolation address generating section 388, every block there are around four markers of the blocks, the address (hereinafter referred to as marker addresses) that the exact center of each marker to correspond to the image memory and the number of data generating more memory read address of the interpolation address coordinates in the block was aliquoted data and pixel data around that.

【0242】選択回路390は、これらアドレス発生部382〜388をそれぞれのタイミングに於いて選択し、レンズの収差歪み補正回路392に供給する。 [0242] Selection circuit 390 selects at these address generator 382 to 388 to each of the timing, and supplies the aberration distortion correction circuit 392 of the lens. そして、レンズの収差歪み補正回路392は、レンズの収差歪み用メモリ224からのレンズの収差の歪み情報を受けて、選択的に供給されたアドレスを変換(補正)し、 Then, aberration distortion correction circuit 392 of the lens receives the lens aberration distortion information of the aberration distortions memory 224 of the lens, and converts (corrects) the address that is selectively supplied,
選択回路394を介して画像メモリ214に読み出しアドレスとして与える。 Providing a read address in the image memory 214 via the selection circuit 394.

【0243】次に、マーカ検出部216の中のマーカ判定部318の別の実施の形態を、図38の(A)乃至(C)を参照して、説明する。 [0243] Next, another embodiment of the marker determination section 318 in the marker detection section 216, with reference to (A) to (C) of FIG. 38 will be described.

【0244】前述の実施の形態では、ドットコードのサイズを決めた場合に、その1ドットが撮像部204の撮像素子1.5画素分になるように結像光学系200によって結像し、マーカ判定部318に於いて、二次元的に連続する黒画素を見付けて、マーカとして判定するようにしていた。 [0244] In the foregoing embodiment, when the size the dot code, the one dot is imaged by the imaging optical system 200 such that the imaging device 1.5 pixels of the imaging unit 204, the marker in the determination unit 318, it finds continuous black pixels two-dimensionally, had to be determined as a marker. これに対し、本実施の形態は、ドットサイズの違うコード、例えば、ドットサイズが20μmのコード、40μmのコード、80μmのコードがあった場合に、結像光学系200での像倍率を変えずにそれぞれのコードを再生できるようにするものである。 In contrast, in the present embodiment, the code of different dot sizes, for example, when the dot size had 20μm code, 40 [mu] m code, 80 [mu] m code, without changing the image magnification of an imaging optical system 200 it is to be able to play each code.

【0245】即ち、各種アプリケーションに於いて、紙質やシートの性質、インク、印刷のレベルが異なり、そのため各アプリケーションに応じたドットサイズのコードを使うこととなる。 [0245] That is, in the various applications, the nature of the paper quality, sheet, ink, different levels of printing, so that the use of code dot size according to the order each application. 例えば、非常に記録密度を上げることが可能な場合には20μmを使い、シートの質が悪い非常にラフなローコストなシートを使ったアプリケーションによっては80μmを使うという状況が考えられる。 For example, use a 20μm to when it is possible to increase the very recording density, depending on the application the quality of the sheet with a very rough low-cost sheet bad conceivable situation that use the 80μm. そのような状況に於いて、そのサイズを判断して、 In such a situation, to determine its size,
このコードを正しく再生したいという目的がある。 There is a purpose that you want to play this code correctly.

【0246】即ち、同図の(B)に示すように円形のドットサイズ20μmのマーカ、ドットサイズ40μmのマーカ、そしてドットサイズ80μmのマーカがあり、 [0246] That is, the marker of the circular dot size 20μm, as shown in the same figure (B), the dot size 40μm markers, and there is a marker of the dot size 80 [mu] m,
実施の形態の適用された再生装置は、例えば、20μ It applied reproducing apparatus of the present embodiment, for example, 20 [mu]
mのコードを効率良く再生するための装置、つまり1回の撮像でより多くの情報をデコードできる結像系の倍率を持った装置であるとする。 m apparatus for efficiently reproducing a code, and that is an apparatus having the magnification of the imaging system can decode more information in a single imaging. そして、この20μmのドットに対して1.5倍の像倍率で撮像される装置に於いて、40μm、80μmの各コードも結像系を像倍率を変えずに再生することができるようにすることが目的である。 Then, in the device to be imaged by the image magnification of 1.5 times the dot of the 20 [mu] m, 40 [mu] m, also to be able to reproduce the imaging system without changing the image magnification each code of 80μm it is an object. ただし、同図の(B)で示したマーカの大きさは、各ドットサイズの7倍の直径とした。 However, the size of the markers shown in the same figure (B) was set to 7 times the diameter of each dot size.

【0247】そのため、同図の(A)に示すように、まず、選択したい最大のドットサイズのコードを初期設定とする(ステップS182)。 [0247] Therefore, as shown in the figure (A), first, the initial setting code of the maximum dot size to be selected (step S182). 例えば、80μm、40 For example, 80μm, 40
μm、20μmのコードが存在し、それを全て再生したい場合には、最大のサイズである80μmとする。 [mu] m, there is 20μm code, if you want to play it all, and 80μm which is the maximum size. これは、ユーザによるキー入力で設定するようにしても良いし、80μm、40μm、20μmの3種類のものがあると決めて、そのサイズにだけ対応できるという場合には、装置自体でその一番大きなサイズの80μmとして設定するようにしても良い。 This may be set by key input by a user, 80 [mu] m, 40 [mu] m, determined that there is a three types of 20 [mu] m, in the case that only accommodate its size, its best in the device itself it may be set as 80μm of large size.

【0248】そして、同図の(B)中のマーカ判定式での判定をして仮中心を求める(ステップS184)。 [0248] Then, a temporary center by the determination of a marker determination formula in the figure (B) (step S184).

【0249】即ち、各ドットサイズの7ドット分をマーカとしてコードが作られているとすると、その時に、画像としては、結像光学系が1.5倍の像倍率を持つため、20μmのコードの場合は直径が10.5ドット分、40μmのコードの場合は21ドット分、80μm [0249] That is, if the encoding 7 dots of each dot size as a marker is made, that time, as an image, because the image-forming optical system has a 1.5 times image magnification of, 20 [mu] m code 10.5 dots diameter in the case of, in the case of 40μm code 21 dots, 80 [mu] m
のコードの場合は42ドット分になる。 In the case of the code is 42 dots. そこで、7画素以上12画素以下、黒画素が二次元的に連続すれば20 Therefore, 7 or more pixels 12 pixels or less, if the continuous black pixels are two-dimensionally 20
μmのコードのマーカとして判定し、14画素以上24 Determined as marker μm code, 14 or more pixels 24
画素以下のものは40μmのコードのマーカと判定し、 What follows pixel determines the marker of 40μm code,
29画素以上47画素以下のものは80μmのコードのマーカと判定する。 29 pixels or more 47 pixels following are determined as a marker of 80μm code. この画素の値は、次式により算出される。 The value of this pixel is calculated by the following equation.

【0250】r=s×d×m int(r×0.7)≦R≦int(r×1.1+1) 但し、 r :マーカの直径相当画素数(=7) s :ドットサイズ(20μm,40μm,80μ [0250] r = s × d × m int (r × 0.7) ≦ R ≦ int (r × 1.1 + 1) where, r: a diameter equivalent pixel number of the marker (= 7) s: the dot size (20 [mu] m, 40μm, 80μ
m) m :結像系像倍率(=1.5) d :マーカの直径のドット数 R :二値画像でのマーカの直径画素数 0.7:傾き、ドットリジェクション等による縮小率 1.1:ドットゲイン等による拡大率 である。 m) m: imaging system magnification (= 1.5) d: the number of dots the diameter of the marker R: the binary number diameter pixels of the marker in the image 0.7: slope, reduction ratio 1 by dot rejection, and the like. 1: is an enlarged rate by the dot gain and the like.

【0251】そして、まず上記ステップS182で80 [0251] Then, first in step S182 80
μmのコードのマーカと初期設定されているので、このステップS184では、上記マーカ判定式で80μmのコードのマーカかどうかをチェックし、その大きさのマーカ(80μmのドットで構成されたマーカ)があると判定したものに関して、仮中心を求める。 Because encoded markers and initialization [mu] m, in step S184, checks whether a marker of 80μm code in the marker determination formulas, the size of the marker (marker made of a 80μm dot) is with respect to what is determined that there is obtained a temporary center.

【0252】次に、そのマーカの数をチェックして、それが4個以上あることをチェックする(ステップS18 [0252] Next, check the number of the marker, it is to check that there is four or more (step S18
6)。 6). これは、1つのブロックが4個のマーカで囲まれて構成されているという意味から、1つ以上のブロックがあるかどうかという判定を行っていることになる。 This would have done in the sense that one block is constructed is surrounded by four markers, a determination of whether there are one or more blocks.

【0253】そして、そのマーカが同図の(C)に示すような隣接マーカと所定の位置関係にあるか、つまり整列が成されているかどうかを確認する(ステップS18 [0253] Then, the one marker is in adjacent marker a predetermined positional relationship as shown in (C) of the figure, that is to check whether alignment has been made (step S18
8)。 8). 即ち、注目マーカAの近傍に有るマーカBと、注目マーカAに対してそれらマーカA,Bを結ぶ方向と垂直な方向で距離D離れた位置の近傍に有るマーカC、それにマーカBを基準にマーカAからCの方向と同じ方向で距離D離れた位置の近傍に有るマーカDを検出する。 That is, the marker B located near the attention marker A, they marker A on the target marker A, a marker C located near a position separated a distance D in a direction perpendicular to the direction connecting the B, it based on the marker B detecting a marker D there from the marker a to the vicinity of the position where the distance apart D in the same direction as the direction of C.
それらが存在すれば、例えばこの場合80μmのコードであると判定する。 If they exist, it is determined that for example a code in this case 80 [mu] m.

【0254】また、上記ステップS186に於いて、8 [0254] In addition, in the above-mentioned step S186, 8
0μmのコードのマーカが4個以上なかったならば、あるいは上記ステップS188に於いて、整列されていないと判断された場合には、これは80μmのコードではないと判断され、1つ小さなコード、この場合40μm If 0μm code marker was not more than 4, or in the above-mentioned step S188, if it is determined not to be aligned, which is judged not to be 80μm code, one small code, In this case 40μm
に設定し直してから(ステップS190)、上記ステップS184に戻って、もう1回マーカの判定を行う。 (Step S190) from the re-set, the flow returns to step S184, it is determined one more time markers.

【0255】もし、一番小さなサイズの判定に於いても判定できなかった場合には、コードでない場合か、またはコードであっても再生不可能ということで、処理を終える。 [0255] If, in the case could not be determined even in the judgment of most small size, or if it is not a code, or even in the code that the non-renewable, the process ends. この場合、アラームを出すなどの警告を発する処理に進むことが好ましい。 In this case, it is preferable to proceed to the process of issuing a warning, such as issuing an alarm.

【0256】次に、マーカ判定部318に於ける別の [0256] Next, the real alternative in the marker determination section 318
施の形態を説明する。 In the form of facilities it will be explained. 即ち、マーカパターンと変調されたデータを一般的な画像処理であるダイレーションにより判定する方法を説明する。 That is, explaining the method of determining the dilation is a common image processing data modulated with the marker pattern. ここで、ダイレーションの処理は、白画素の近傍黒画素を白画素に変換する処理とする。 Here, the process of dilation is a process of converting the neighboring black pixels white pixels to white pixels. 詳しくは、例えば注目画素の3画素周辺の画素(注目画素を中心とした7×7画素のエリア)をチェック(白黒判定)し、1画素でも白画素があれば、その注目画素を白画素に変換する処理を画像上全画素について行う。 Specifically, for example, checking the pixels around 3 pixels of the target pixel (area of ​​7 × 7 pixels around the pixel of interest) (black-and-white determination), if any white pixels in one pixel, the target pixel to a white pixel performed for the image on all the pixels the process of converting.

【0257】まず、画像メモリのデータに対して二値化処理を行う。 [0257] First, a binarization process on the data of the image memory.

【0258】次に、上記ダイレーション処理により、コード画像のデータ部分のみを全て白画素に変換し、且つマーカのパターン部は当初の大きさよりダイレーションした画素数分だけ小さくなった画像に変換される。 [0258] Next, the above dilation processing, converts all only the data portion of the code image to the white pixel, and the pattern of the marker is converted to the original by the number of pixels dilation than the size small since the image that.

【0259】次に、その画像上の白画素から黒画素への変化点の画像メモリ上アドレスとその画素からの黒画素の連続数を計数し、その情報より各マーカ毎にその情報を分類し、上記仮中心アドレスとマーカ存在範囲を検出する。 [0259] Next, the image memory on the address of the point of change from white pixels in the image to black pixels and counting the number of consecutive black pixels from the pixel, classifies the information from the information for each marker , to detect the temporary center address and the marker existing range. その後、概中心検出処理を行う。 Thereafter, the approximate center detection processing.

【0260】これにより、高速にマーカの判定且つマーカ存在範囲を検出することができる。 [0260] Thus, it is possible to detect the determination and marker existence range of the marker at a high speed.

【0261】また、マーカに対して前述したドットゲインやドットリダクションのようにマーカ中心に対して均等な変形が生じたコードの場合は、上記マーカ判定で求めた仮中心アドレスをそのまま概中心とすることもできる。 [0261] In the case of code equivalent deformation occurred on marker center as dot gain or dot reduction described above with respect to the marker, and it is the approximate center of the temporary center address obtained by the above marker determination it is also possible.

【0262】図38の(A)のステップS184の処理を上記処理としても良い。 [0262] The processing in step S184 in (A) of FIG. 38 may be the above-described processing.

【0263】前述したA/D変換部をコンパレータによる二値化で行う場合は、上記マーカ判定処理に於いて、 [0263] If the above-described A / D conversion unit performs binarization by the comparator is in the above-mentioned marker determination processing,
二値化処理を省くことができる。 It can be omitted binarization process.

【0264】次に、図15や図20の(D)に示す再生装置の検出部184に適用可能な光源一体型イメージセンサを説明する。 [0264] Next, a light source integrated image sensor which can be applied to the detection section 184 of the reproducing apparatus shown in (D) of FIG. 15 and FIG. 20. 図39はその構成を示す図で、例えば、受光セル396の横に、例えばLEDやエレクトロルミネッセンス素子等の化合物半導体により発光セル3 Figure 39 is a diagram showing a configuration, for example, next to the light-receiving cells 396, for example light emitting cell 3 by a compound semiconductor such as LED or an electroluminescence element
98をオンチップで形成する。 Forming the 98 on-chip. 受光セル396と発光セル398の間には、ウエハ上で実際にカッターを入れて溝を作り、そこに非透過のもの、例えばメタルを埋め込んだアイソレーション(遮光)部400が設けられている。 Between the light-receiving cells 396 and the light emitting cell 398, to make a groove actually put the cutter on the wafer, those of a non-transmissive thereto, isolation (light-shielding) portions 400 are provided, for example embedded metal. このアイソレーション部400によって、発光セル398から出た光が直接受光セル396に入るという不具合をなくすことが可能となる。 This isolation section 400, it is possible to eliminate the inconvenience that light emitted from the light emitting cells 398 enters a direct light-receiving cells 396.

【0265】このような構成に於いては、発光セル39 [0265] The In such a structure, the light-emitting cell 39
8は、図16のタイミングチャート示すような発光セルコントロールパルス信号に従って発光を制御される。 8 is controlled emission according emitting cell control pulse signal as shown the timing chart of FIG 16. 受光セル396は、図示しない電荷転送ゲートに電荷転送ゲートパルス信号を印加することで、蓄積された電荷を隣接する垂直電荷転送レジスタ402に送る。 Receiving cell 396, by applying a charge transfer gate pulse signal to a not-shown charge transfer gate, it sends the charges accumulated in the vertical charge transfer register 402 adjacent thereto. 垂直電荷転送レジスタ402は、垂直電荷転送パルスにて1ラインずつ蓄積電荷を水平電荷転送レジスタ404に送る。 Vertical charge transfer register 402, it sends a line by accumulating charges in the vertical charge transfer pulse to the horizontal charge transfer register 404.
水平電荷転送レジスタ404は、水平転送クロック信号により蓄積電荷を1画素ずつバッファアンプ406を介して出力する。 Horizontal charge transfer register 404 outputs via a buffer amplifier 406 by one pixel to accumulated charge by the horizontal transfer clock signal. 次に、前述した再生装置の回路の中で、 Then, in the circuit of the reproducing apparatus described above,
復調回路の前段までをアナログ回路で実施し、なおかつ1チップで構成した場合の実施の形態について、図40 The embodiment in which the preceding stage of the demodulation circuit implemented by an analog circuit, is constituted by yet one chip, FIG. 40
を参照して説明する。 With reference to the description. 実施の形態では、撮像部として、例えば特開昭61−4376号公報に開示されているようなCMDに代表されるXYアドレス式撮像部40 In this embodiment, as an imaging unit, XY address type image pickup unit typified CMD as disclosed in for example, JP 61-4376 40
8を用いることによって、メモリを不要とし、そのため回路系が少なくて済むので、1チップで構成することが可能となる。 By using 8, the memory is not necessary, since therefore requires less circuitry, it is possible to configure a single chip. このXYアドレス式撮像部408をアドレススキャンするためにXデコーダ410及びYデコーダ412が用意されている。 X decoder 410 and Y decoder 412 are provided to the XY address type image pickup unit 408 in order to address scan.

【0266】通常のXYアドレス式の撮像部では、CC [0266] In the imaging unit of the normal XY address type, CC
Dと違って、1ライン読出した後に、このラインをリセットをかけて次のラインを読み出す、つまりあるラインを読んでいる間に、他のラインが露光期間に入るといった読み出し法をとるのが一般的である。 Unlike D, and after was one line read out, reads the next line by resetting the line, that is, while reading a certain line, the other line to take a reading method such fall exposure period generally is a basis. しかし、そのような読み出し法では、撮像時間中に外光が入ってしまった時に、余分なところを露光してしまうというデメリットがあるので、本実施の形態では、XYアドレス式にしながらも、なおかつ、素子シャッタと併用して、外光が入ってきた時つまり露光すべき時だけ露光して、それ以外のところは露光しないという動作をさせる。 However, in such reading method, when ever fall outside light during imaging time, there is a disadvantage arises in that the exposure extra place, in this embodiment, while the XY address type, yet , in conjunction with device shutter, only when to clogging exposure when incoming external light by exposing and make the operation of not exposing any other place.

【0267】撮像素子走査アドレス発生及び素子シャッタ制御部414は、このようにXYアドレス式に素子シャッタ的な動作を設けるための素子シャッタパルスを発生し、全画素リセットするためのリセットパルスを発生する。 [0267] image sensor scanning address generation and element shutter control section 414, thus generating a device shutter pulse for providing an element shutter operations to XY address type, generates a reset pulse for all pixel reset .

【0268】Xデコーダ410、Yデコーダ412というのは、この撮像素子走査アドレス発生及び素子シャッタ制御部414からのXアドレス及びYアドレスに対して、何れか一つの素子をオンにさせる回路である。 [0268] because the X decoder 410, Y decoder 412 is a circuit to the X and Y addresses, for one of the elements on the from the image pickup device scanning address generation and element shutter control section 414. 通常は、シフトレジスタ等で構成されるが、本実施の形態で<br>は、撮像素子走査アドレス発生及び素子シャッタ制御部414からの信号によって何れか一つの素子をオンできるというタイプのセレクタになっている。 Typically, constituted by a shift register or the like, <br> in the present embodiment, the type of the selector being able to turn on one of the elements by a signal from the image pickup element scanning address generation and element shutter control section 414 going on.

【0269】本実施の形態に於けるリセットパルスというのは、図16のタイミングチャートの撮像素子リセットパルスに相当するもので、撮像素子を露光の前段でリセットし、このリセット期間中、リセットパルスをハイ [0269] because in the reset pulse in this embodiment, corresponds to the image pickup element reset pulse in the timing chart of FIG. 16, to reset the image pickup device in front of the exposure, during the reset period, a reset pulse high
にすることによって、スイッチ416を切り換え、負電源418のほうに全ての電荷を引き込む。 By the switching of switch 416, draw all of the charge towards the negative supply 418.

【0270】素子シャッタパルスは、図16中に破線の波形で示すように、リセットパルス終了後から露光終了後までの間ゲートをかけられるような形で発生される。 [0270] element shutter pulse, as shown by the broken line waveform in FIG. 16, is generated in such a way is gated between after completion of the reset pulse until after the end of exposure.

【0271】読み出しは、通常のパルスと同じように、 [0271] read, in the same way as a normal pulse,
各素子を順次オンしていって、信号電荷を、リセット時選択スイッチ416を介して、電流電圧変換アンプ42 Go are sequentially turned on each element, the signal charges via the reset select switch 416, a current-voltage conversion amplifier 42
0で増幅後、マーカ検出部422に供給する。 After amplification by 0, and supplies the marker detection section 422. マーカ検出部422は、前述したものと同様のものであり、マーカ検出したデータはレジスタ424に記憶される。 Marker detection unit 422 is similar to that described above, data marker detection is stored in the register 424. θ検出部426は、レジスタ424の内容をもとに、前述したような方向検出部のように傾きを求める。 θ detection section 426, based on the contents of the register 424, determine the slope as direction detecting unit as described above. 例えば、図20の(D)に示した回路では、θ検出部426というのはデータ配列方向検出部218にあたり、次のデータ間隔制御部428ならびに撮像素子走査アドレス発生及び素子シャッタ制御部414がアドレス制御部220に相当する。 For example, in the circuit shown in (D) of FIG. 20, the per data array direction detection section 218 because θ detection section 426, an address next data interval control section 428 and the image pickup element scanning address generation and element shutter control section 414 It corresponds to the control unit 220.

【0272】そして、データ間隔制御部428の制御により係数発生部430から発生された補間のための係数は、乗算回路432にて読み出された電荷に掛けられ、 [0272] Then, the coefficient for interpolation generated from the coefficient generating unit 430 under the control of the data interval control section 428 is subjected to charge read by the multiplication circuit 432,
加算回路434にて全て加算される。 All at the adder circuit 434 is added. 即ち、該加算回路434の出力は、サンプルアンドホールド(S&H)回路436でサンプルアンドホールドされ、スイッチ43 That is, the output of the adder circuit 434, a sample-and-hold (S & H) circuit 436 is a sample and hold switch 43
8を介して該加算回路434に戻される。 It is returned to the adder circuit 434 via the 8. この動作は、 This operation,
方向、走査線が確定した後に、データをサンプルする際、図5の(A)に示すようなデータ補間をするために行う。 Direction, after the scanning line is determined, when the sample data is performed to the data interpolation shown in FIG. 5 (A). 図5の(A)に於いては、Qのデータを得るためにD6,D7,D10,D11に係数をかけて補間している。 In (A) of FIG. 5, in order to obtain data of Q are multiplied by a coefficient to D6, D7, D10, D11 are interpolated. こうして補間された値がさらにS&H回路440 Thus interpolated value further S & H circuit 440
でサンプルアンドホールドされて、このサンプルアンドホールドされた値に対して、コンパレータ442及び閾値判定回路444で二値化が行われる。 In is a sample and hold, with respect to the sample and hold values, binarized by a comparator 442 and the threshold value determination circuit 444 is performed.

【0273】XYアドレス式撮像部408の各撮像素子(画素)についてさらに詳細に説明する。 [0273] will be described in more detail the imaging elements of the XY address type image pickup section 408 (pixels). 各画素は、図41の(A)に示すように、2個のCMD素子で構成されており、素子シャッタ用パルスが第1のCMD素子4 Each pixel, as shown in (A) of FIG. 41, is constituted by two CMD elements, the pulse element shutter first CMD element 4
46に入り、素子シャッタ用に蓄積されるコンデンサ4 Enters the 46, the capacitor 4 is accumulated in the element shutter
48のところに電荷を蓄積する。 To store charge at the 48. その後、第2のCMD Then, the second of CMD
素子450をYデコーダ412より読出し用のパルスを駆動してラインを選択し、水平選択スイッチ452から画素毎の電荷を読み出す。 The device 450 selects the line by driving a pulse for reading from the Y decoder 412 reads the charge of each pixel from the horizontal selection switch 452.

【0274】露光時には、素子シャッタパルスにより第1のCMD素子446を素子シャッタ動作させて、素子シャッタ用コンデンサ448に電荷を蓄積する。 [0274] During exposure, the first CMD element 446 by element shutter operation by an element shutter pulse, storing charge in the element shutter capacitor 448. こうして電荷を蓄積すると、遮光され、Yデコーダ412より読み出し用パルスを加えてラインを選択し、水平選択スイッチ452によって第2のCMD素子450をオンさせて1画素ずつ読み出す。 Thus the accumulated charge, is shielded, and select the lines by adding a read pulse from the Y decoder 412 reads each pixel by turning on the second CMD element 450 by the horizontal selection switch 452.

【0275】電荷をリセットするときには、撮像素子走査アドレス発生及び素子シャッタ制御部414から出力されるリセットパルスにて、水平選択スイッチ454を全てオンし、リセット時選択スイッチ416を負電源4 [0275] When resetting the charge at the reset pulse outputted from the image pickup element scanning address generation and element shutter control section 414, all the horizontal selection switch 454 is turned on, the negative power supply 4 reset select switch 416
18側にする。 To 18 side. CMD素子450のソースが負電圧になるため、素子シャッタ用コンデンサ448とCMD素子446のゲートに蓄積された電荷が負電源に移動しリセットされる。 Since the source of the CMD element 450 is a negative voltage, are reset electric charges accumulated in the gate of the element shutter capacitor 448 and the CMD 446 is moved to the negative power supply.

【0276】上記動作以外に、素子シャッタ用パルスと読み出し用パルスの電圧を同時にもう少し高い電圧を印加してもリセットできる。 [0276] In addition to the above operation, it resets be applied simultaneously slightly higher voltage pulses and the voltage of the read pulse element shutter.

【0277】なお、通常の撮像素子の場合、暗電流というのが問題になるが、本実施の形態の場合には、図16 [0277] In the case of a normal image sensor, but because the dark current is a problem, in the case of this embodiment, FIG. 16
に示す素子シャッタパルスがハイの期間だけにしか露光しておらず、電荷をすぐ読出してしまうといったような状態であるので、暗電流が蓄積する時間は実際には非常に短く、よって、S/N比的には他の撮像素子の動作に比べると有利なものである。 The element shutter pulse shown is not exposed only in the period of high, since it is a state, such as would soon read out charges, time dark current is accumulated in practice is very short, therefore, S / the N ratio, but not limited thereto advantageous compared to the operation of the other imaging device. 露光は、この短い露光期間でも十分な光量が与えられるので、信号のレベルはそのままで、なおかつ暗電流に対するS/Nレベルというのは少なくなってくるので、本実施の形態を応用することによって、後段の電流電圧変換アンプ420の出力度合いのゲインについてはかなり大きなものを設定することができまる。 Printing, since a sufficient amount of light is also given in this short exposure period, the level of the signal is intact, since it becomes less is because S / N level for yet dark current, by applying the present embodiment, round can be set quite large for the output degree of the gain of the subsequent stage of the current-voltage conversion amplifier 420.

【0278】本実施の形態では、以上のような素子シャッタ動作を行う画素構成としたが、特開昭61−437 [0278] In the present embodiment has a pixel configuration in which the element shutter operation as described above, JP 61-437
6号公報に開示されるような素子シャッタ動作が可能なCMD素子を利用することも可能である。 It is also possible to element shutter operation as disclosed in 6 JP utilizes a CMD element capable.

【0279】次に、図42を参照して、上記のようなX [0279] Next, with reference to FIG. 42, as described above X
Yアドレス式撮像部408を利用した回路を、三次元I The circuit using Y address type image pickup unit 408, the three-dimensional I
C的に構築した実施の形態を説明する。 Describing the embodiments constructed C basis. なお、本実施の It should be noted that, of the present
形態は、オーディオ情報の再生装置の場合である。 Form is a case of the playback apparatus of the audio information.

【0280】これは、シート182の紙面に対してCM [0280] This is, CM to the plane of the sheet 182
D408とXデコーダ410、Yデコーダ412がある撮像部層454と、その撮像部層454に対して積層されて形成されたデータを検出する検出部層456と、その検出部層456に対して積層されて形成された出力処理層458でなる。 And D408 and the X decoder 410, Y imaging unit layer 454 the decoder 412 is a detector layer 456 to detect data that is formed by laminated to the imaging unit layer 454, laminated to the detector layer 456 It is made by the output processing layer 458 thus formed. 出力処理層458は、復調部19 Output processing layer 458, the demodulation unit 19
0、エラー訂正部194、伸長処理部256、データ補間回路258、D/A変換部及び出力バッファ266等を含み、デコードしたオーディオ情報をイヤホン等の音声出力装置268で音として再生する。 0, the error correction unit 194, decompression processing unit 256 includes a data interpolation circuit 258, D / A converter and an output buffer 266, etc., to reproduce the audio information decoded as sound an audio output device 268 such as an earpiece for example.

【0281】もちろん、この出力処理層458は、前述したように、画像情報を含めたマルチメディア情報を再生するように構成することも可能である。 [0281] Of course, the output processing layer 458, as described above, it is also possible to configure so as to reproduce multimedia information including image information.

【0282】このように三次元ICにすることによって、1つのチップで音の出力までの処理ができるので、 [0282] With such three-dimensional IC, since it is processed to the output of the sound in one chip,
非常に回路規模が小さくなり、またコストダウンにもつながる。 Very circuit scale is reduced, also leads to cost down.

【0283】次に、ペン型のマルチメディア情報再生装置の各種構成例を説明する。 [0283] Next, a variety of configuration examples of the pen-type multimedia information reproducing apparatus.

【0284】例えば、ペン型情報再生装置には、ドットコードを取り込むタイミングを指示するためのスイッチを設けることができる。 [0284] For example, the pen type information reproducing apparatus, it is possible to provide a switch for instructing a timing for taking a dot code.

【0285】図41の(B)はその一例を示す図で、このペン型情報再生装置は、図15或は図20の(D)に示したような再生装置に於ける光源198,結像光学系200,空間フィルタ202,撮像部204,プリアンプ206,及び撮像部制御部212を含む検出部184 [0285] (B) of FIG. 41 is a diagram showing an example thereof, the pen type information reproducing apparatus, in the light source 198 to the reproducing apparatus as shown in (D) of FIG. 15 or FIG. 20, imaging optical system 200, the spatial filter 202, an imaging unit 204, a preamplifier 206, and a detection unit 184 including the imaging unit controller 212
がその先端に設けられ、走査変換部186,二値化処理部188,復調部190,データエラー訂正部194, There is provided at its distal end, the scan conversion unit 186, a binarization processing section 188, demodulating section 190, the data error correction section 194,
伸長処理部256,及びデータ補間回路258,等を、 Decompression processing unit 256, and a data interpolation circuit 258, and the like,
画像処理部460、データ処理部462、データ出力部464として内蔵している。 The image processing unit 460, data processing unit 462 incorporates a data output unit 464. そして、音声出力装置26 Then, the audio output device 26
8としてのイヤホンを持っている。 It has an earphone as 8. なお、この図では、 It should be noted that in this figure,
オーディオ情報の出力装置しか示していないが、画像や文字,線画等の処理部を内蔵する場合には、それに応じた出力装置を接続可能なことはもちろんである(以下のペン型情報再生装置の説明に於いても同じ)。 Although only output device of the audio information, images and characters, when a built-in processing unit of a line drawing, etc., can of course can be connected to output device accordingly (the following pen type information reproducing apparatus also in the description the same).

【0286】そして、このペン型情報再生装置の側面には、タッチセンサ466が設けられている。 [0286] Then, the side surface of this pen type information reproducing apparatus, the touch sensor 466 is provided. このタッチセンサ466としては、例えば、圧電スイッチ、マイクロスイッチ、圧電ゴム等が利用可能であり、スイッチの厚さは小型のもので0.6mm以下のものが知られている。 As the touch sensor 466, for example, a piezoelectric switch, a microswitch, a piezoelectric rubber is available, the thickness of the switch there is known a 0.6mm or less in a small size. 撮像部制御部212としてのコントロール部は、このタッチセンサ466の指による押下に応じて、前述したようなドットコードの取り込みを開始する。 Control unit as an image pickup section control section 212, in response to pressing by a finger of the touch sensor 466 starts loading of the dot code as described above. そして、 And,
このタッチセンサ466から指が離されたところで取り込みを終了する。 Finger from the touch sensor 466 is completed uptake in where it was released. 即ち、このタッチセンサ466を使ってドットコードの取り込みの開始,終了を制御する。 In other words, the start of the dot code capture using this touch sensor 466, to control the end.

【0287】なお、同図中の参照番号468は、ペン型情報再生装置内の各部の動作電源としてのバッテリである。 [0287] Reference numeral 468 in the figure is a battery as an operating power supply of each portion in the pen type information reproducing apparatus.

【0288】また、タッチセンサ466は指で押される形式だけでなく、図43に示すように、ペン型情報再生装置の先端部にそれを張り付けた構成としても、同様の機能を果たすことができる。 [0288] The touch sensor 466 is not only the format to be pressed by a finger, as shown in FIG. 43, have a structure in which pasted it on top of the pen type information reproducing apparatus, can perform the same function .

【0289】即ち、ユーザがシート182に印刷されたドットコードを手動走査するために、このペン型情報再生装置をシート182の上に置くと、タッチセンサ46 [0289] That is, in order to manually scan a dot code which the user is printed on the sheet 182, placing the pen type information reproducing apparatus on a sheet 182, the touch sensor 46
6がオンするので、コントロール部212は、それを認識してドットコードの読み取りを開始する。 Since 6 is turned on, the control unit 212 starts reading the dot code to recognize it.

【0290】この場合、走査時にペン型情報再生装置の先端部がシート面に接して移動するので、この例に於いては、タッチセンサ466の先端部つまりシート面に接する面は滑らかな樹脂等をコーティングして、手動走査(移動)時に滑らかな動きをするように構成されるのが好ましい。 [0290] In this case, since the tip of the pen type information reproducing apparatus is moved in contact with the seat surface during the scanning, is In this example, the surface in contact with the distal section, that the seat surface of the touch sensor 466 is smooth resin by coating, preferably configured to the manual scanning (movement) during smooth motion.

【0291】また、ペン型情報再生装置の検出部に、正反射を除去する機構をさらに設けても良い。 [0291] Further, the detecting portion of the pen type information reproducing apparatus may further include a mechanism for removing the specular reflection.

【0292】図44の(A)はその構成を示す図で、光源(LED等の光源)198の前面つまり照射する側に、第1の偏光フィルタ(偏光フィルタ1) 470が配置され、次に結像光学系(レンズ)200の前面に、第2の偏光フィルタ(偏光フィルタ2) 472が配置される。 [0292] (A) in FIG. 44 is a diagram showing a configuration on the side of the front surface, that irradiation of the light source (light source such as an LED) 198, a first polarizing filter (polarization filter 1) 470 is disposed, then in front of the imaging optical system (lens) 200, a second polarizing filter (polarizing filter 2) 472 is disposed.

【0293】例えば、第1の偏光フィルタ470は、同図の(B)に示すように、偏光フィルタフィルム474 [0293] For example, the first polarizing filter 470, as shown in the figure (B), the polarizing filter film 474
をドーナッツ状に切り抜くことで形成され、第2の偏光フィルタ472の方は、別の偏光フィルタフィルム47 Are formed by cutting out a donut, the direction of the second polarizing filter 472, another polarization filter film 47
6を用いることもできるし、例えば同図の(C)に示すように、偏光フィルタフィルム474の第1の偏光フィルタ470を切り抜いた内側の部分を利用することができる。 It can also be used 6, for example, as shown in the figure (C), it is possible to utilize the first inner portion cut out the polarization filter 470 of the polarizing filter film 474.

【0294】そして、こうして形成された第1及び第2 [0294] The first and second thus formed
の偏光フィルタ470,472は、第1の偏光フィルタ470のパターン面(偏光方向)に対して、第2の偏光フィルタ472のパターン面(偏光面)が直交する形で配列される。 Polarizing filter 470, 472 of the pattern surface of the first polarizing filter 470 with respect to (the polarization direction), the pattern surface of the second polarizing filter 472 (polarization plane) is arranged in a manner orthogonal.

【0295】この結果、照明光源198から出たランダムな光は、第1の偏光フィルタ470で偏波面が制限され、例えばP波が照射される。 [0295] As a result, the random light emitted from the illumination light source 198, the polarization plane in the first polarizing filter 470 is limited, for example, P-wave is irradiated. そして、正反射成分はそのまま偏波面が保存されてP波としてシート面から返ってくるが、第2の偏光フィルタ472は偏波面が第1の偏光フィルタ470とは直交しているので、この正反射成分はこの第2の偏光フィルタ472で遮断される。 Then, although the specular reflection component as polarization is returned from the sheet surface as stored P-wave, the second polarizing filter 472 polarization is orthogonal to the first polarizing filter 470, the positive reflection component is blocked by the second polarizing filter 472. 一方、第1の偏光フィルタ470から出てきた光が実際のドットつまりシート面上にあたって紙面の輝度情報として戻ってきたものについては、偏波面がランダムになる。 On the other hand, the ones returned light coming out of the first polarizing filter 470 is hit actual dot clogging sheet plane as the luminance information of the paper, the polarization plane is random. 従って、このように一旦紙面上に入って白黒情報、 Thus, black-and-white information in this way, once entered on paper,
あるいは色情報として戻ってきた信号は、P成分とS成分の両方を持っている。 Or a signal which has returned as the color information, have both P component and an S component. そのうち、P成分については同様に第2の偏光フィルタ472にてカットされることとなるが、それと直交するS成分については、この第2の偏光フィルタ472を通過して、実際にレンズ200を介して撮像部204に結像される。 Among them, it becomes possible to be cut by the second polarizing filter 472 in the same manner for the P component, the same for the S component perpendicular passes through the second polarizing filter 472, through the actual lens 200 It formed on the imaging unit 204 Te. 即ち、正反射成分の除去された反射光が撮像部204に導かれることとなる。 In other words, so that the removed light reflected specular component is guided to the imaging unit 204.

【0296】なお、この場合、空間フィルタ202の前面には、1/4λ板1230が配置され、一旦直線偏光で入射されて来る像光を円偏光に変えて、空間フィルタ202に入力される。 [0296] In this case, the front surface of the spatial filter 202, 1 / 4.lamda plate 1230 is arranged, by changing the image light into circularly polarized light coming it is once incident linearly polarized light is input to the spatial filter 202. これは、空間フィルタが通常水晶の複屈折を利用しているため、直線偏光された光では、 This is because the spatial filter utilizes the birefringence of normal crystal, the linearly polarized light,
その効果が得られないからである。 The effect is not be obtained. なお、この例では、 It should be noted that, in this example,
1/4λ板1230は、空間フィルタ202の前面に配置されているが、これに限定されるものではなく、第2 1 / 4.lamda plate 1230 is disposed on the front surface of the spatial filter 202 is not limited thereto, the second
の偏光フィルタ472と空間フィルタ202との間の任意の設置し易い場所に配置すれば良い。 Of it may be disposed at any installation easy location between the polarizing filter 472 and spatial filter 202.

【0297】このように正反射成分を除去するための構成としては、さらに図45に示すようなものが考えられる。 [0297] As a structure for removing such specular component, can be considered more as shown in FIG. 45. これは、第1の偏光フィルタ470を上記光源19 This the first polarizing filter 470 the light source 19
8近傍に配する代わりに、例えば、表面ミラーコート4 8, instead of disposing in the vicinity of, for example, the surface mirror coat 4
78の施された透明樹脂の光導波材480を使って、光源198からの光を非常にシート面に近い状態のところまで導いてシート(ドットコード)を照明するようにし、その光導波材480の光出射部に配したものである。 With the optical waveguide member 480 of transparent resin having undergone 78, so as to illuminate the sheet (dot code) guiding light from the light source 198 to a very at the state close to the sheet surface, the optical waveguide member 480 in which it arranged in the light exit portion. この場合は、第1の偏光フィルタ470は、第2の偏光フィルタ472に直交する光が透過するように配置される。 In this case, the first polarizing filter 470, the light that is perpendicular to the second polarizing filter 472 is arranged to transmit.

【0298】ちなみに、ここで透明樹脂光導波材480 [0298] By the way, here in the transparent resin optical waveguide material 480
を使うと、光源198と外形を極力細くすることができるというメリットと、入射角が浅くなるので正反射成分を減らすことができるというメリットがある。 With the advantage that the light source 198 and outer shape can be significantly thinner, there is a merit that the incident angle is shallow can reduce the specular reflection component.

【0299】ただし、インクの盛り上がり、シート紙面の盛り上がり等により、まだ正反射成分が残るため、それをさらに効率良く無くすすために、偏光フィルタが設けられている。 [0299] However, swelling of the ink by swelling or the like of the sheet paper, because still remain positive reflection component, in order to eliminate more efficiently it, polarizing filter is provided.

【0300】さらに、上記第2の偏光フィルタ472の代わりに、液晶シャッタやPLZTシャッタ等の電気光学素子シャッタ1220を設けても良い。 [0300] Further, instead of the second polarizing filter 472 may be provided with electro-optical element shutter 1220 such as a liquid crystal shutter or PLZT shutter. この電気光学素子シャッタ1220は、図44の(D)に示すように、偏光フィルタとしての偏光子1221、液晶やPL The electro-optical element shutter 1220, as shown in (D) of FIG. 44, a polarizer 1221 as a polarizing filter, a liquid crystal and PL
ZT等の電気光学素子1222、及び偏光フィルタとしての検光子1223からなる。 Electro-optical device 1222 of the ZT, and the like, and consists of the analyzer 1223 as a polarizing filter. この場合、該シャッタ1 In this case, the shutter 1
220の偏光子(偏光フィルタ)1221の配光方向を上記第2の偏光フィルタ472と同じ方向になるように、該シャッタ1220を配置することで、正反射除去効果が得られる。 Polarizer 220 light distribution direction (polarization filter) 1221 to be the same direction as the second polarizing filter 472, by disposing the shutter 1220, specular removal effect can be obtained.

【0301】さらに、シャッタ機能により、IT−CC [0301] In addition, by the shutter function, IT-CC
D等のフィールド読み出し対応のイメージセンサで、フレーム読み出しが可能となる、或は、CMD等のXYアドレス方式のイメージセンサでも全画素同時露光が実現できるというメリットがある。 In field read corresponding image sensor, such as D, it is possible to frame read, or, there is an advantage that all pixel simultaneous exposure in the image sensor of the XY address system of CMD and the like can be realized.

【0302】次に、光源198部分を効率化し、装置のスリム化を図った例を説明する。 [0302] Next, the light source 198 partially streamline, an example which aimed at streamlining of the apparatus.

【0303】図46の(A)はその構成を示す図で、上記図45の例と同様に、表面にミラーコート478を有するアクリル透明樹脂光導波材480を備える。 [0303] (A) in FIG. 46 is a diagram showing a configuration, as in the example of FIG 45, comprising a transparent acrylic resin optical waveguide member 480 having a mirror coat 478 on the surface. このアクリル透明樹脂光導波材480は、図46の(B)に示すように、円錐台の形状に形成され、その上部(広がっている方の端部)にはネジ部482が設けられて、ペン型情報再生装置の筐体484に螺合して取り付けられるようになっている。 The transparent acrylic resin optical waveguide member 480, as shown in (B) of FIG. 46, are formed in truncated cone shape, a screw portion 482 is provided on the (end of the person who has spread) thereon, screwed to the housing 484 of the pen type information reproducing apparatus adapted to be mounted. また、このネジ部482近傍の内側部分には、表面ミラーコート478は施されておらず、 Further, the inner portion of the threaded portion 482 near the surface mirror coat 478 is not decorated with it,
その部分486に、光源198が設けられている。 That part 486, the light source 198 is provided. 即ち、光源198は、細く切られたフレキシブル基板48 That is, the light source 198, a flexible substrate 48 was cut thin
8上にLEDを装着し、これをリング状に構成したLE The LED is mounted on the 8 and configure it in a ring LE
Dアレイとして提供され、これが上記表面ミラーコートの無い部分486に接着して取り付けられている。 It is provided as D array, which is adhesively attached to the portion 486 without the surface mirror coat. そして、同図の(C)に示すように、アクリル透明樹脂光導波材480の下部(先端部)がカッティングされ、表面ミラーコート478の施されていない部分490が形成されている。 Then, as shown in FIG. (C), the lower portion of the transparent acrylic resin optical waveguide member 480 (tip) is cut, the portion 490 which was not subjected to the surface mirror coat 478 is formed. 従って、上記光源198からの光は、上記ミラーコート無し部486より透明樹脂光導波材480 Thus, light from the light source 198, a transparent resin optical waveguide member from above without mirror coat 486 480
内に入り、表面ミラーコート478により反射されて光導波材480内を通って、先端部の表面ミラーコート無し部490より外に出て、シート上のドットコードに照射される。 It enters the inside, through being reflected optical waveguide material in 480 by the surface mirror coat 478, get out from the surface mirror coat without 490 of the tip, is irradiated on a dot code on a sheet.

【0304】なお、アクリル透明樹脂光導波材480の先端部としては、同図の(D)に示すように、真っ直ぐ伸ばしたままとし、外側の部分にのみ表面ミラーコート478を施すような、より製作の容易な形状としても良い。 [0304] As the tip of the transparent acrylic resin optical waveguide member 480, as shown in the Graph 1 (D), causing the to remain straightened, as subjected to a surface mirror coat 478 only outside the part, more it may be as easy shape of the production. この場合、先端を丸くして滑りやすくするとさらに好ましい。 Further preferably in this case, it is slippery rounded tip.

【0305】次に、光源一体型イメージセンサを使った場合のペン型情報再生装置の例を説明する(図47参照)。 [0305] Next, an example of the pen type information reproducing apparatus when using the light source integrated image sensor will be described (see FIG. 47).

【0306】即ち、本実施の形態では、先に図39を用いて説明したような光源一体型イメージセンサ492が用いられ、その露光面上に、結像系としてのロッドレンズ(例えばセルホックレンズや凸レンズ等)494とガラス薄板496が配置形成される。 [0306] That is, in this embodiment, previously light source integrated image sensor 492 as described with reference to FIG. 39 is used, its on the exposure plane, a rod lens (e.g., SELFOC lens as the imaging system and a convex lens, etc.) 494 and the glass sheet 496 are arranged and formed. ここで、ガラス薄板496は、実際の接触面に対しての保護ガラスの役目を持つと共に、照明をなるべくフラットな形にするためにある程度の距離をもたせるという役目を持つ。 Here, the glass sheet 496, along with having a role of the protective glass of the actual contact surface, with the job of the illumination as much as possible impart a certain distance to a flat shape.

【0307】このように、光源一体型イメージセンサ4 [0307] Thus, light source integrated image sensor 4
92を用いることにより、ペン型情報再生装置の形状を小さくすることが可能となり、また、長さ方向においても短くすることが可能となる。 The use of 92, it is possible to reduce the shape of the pen type information reproducing apparatus, also, it is possible to shorter in the length direction.

【0308】次に、カラー多重化したドットコードに対応するためのペン型情報再生装置を説明する。 [0308] Next, a pen type information reproducing apparatus for corresponding to the dot code color multiplexed.

【0309】図48の(A)はその構成を示す図で、先の図41の(B)に示したようなタッチセンサ466と図44の(A)に示したような第1及び第2の偏光フィルタ470,472を有している。 [0309] Figure in illustrates 48 of (A) is its structure, previous in FIG 41 (B) to the touch sensor 466 and FIG. 44, as shown (A) to the first and second as shown and a polarizing filter 470, 472. さらに、本実施の形 In addition, the form of the present invention
のペン型情報再生装置は、図48の(B)に示すようなそれぞれ別の色でなる複数のドットコードを合成することによりカラー多重化したカラー多重ドットコードを読むために、コントロール部212により制御されるカラー液晶498をレンズ200の瞳面上に配置している。 Pen type information reproducing apparatus of state, in order to read the color multiplex dot code color multiplexed by synthesizing a plurality of dot codes consisting of separate colors, such as shown in (B) of FIG. 48, the control unit 212 It is arranged a color liquid crystal 498 is controlled on the pupil plane of the lens 200 by.

【0310】ここで、コントロール部212でのカラー液晶498の制御法を説明するために、まず、カラー多重ドットコードの使用例から説明する。 [0310] In order to explain the control method of the color liquid crystal 498 in the control unit 212, will be described first example of use of the color multiplex dot code.

【0311】例えば、同図の(C)に示すように、A4 [0311] For example, as shown in FIG. (C), A4
シート500上にカラー多重ドットコード502が配置され、それに対応させて「Good Morning」 Color multiplex dot code 502 is arranged on the sheet 500, corresponding thereto "Good Morning"
という文字が書かれており、また所定位置、例えば右下に、インデックス504とインデックスコード506が配置さているものを考える。 And characters written that, also predetermined position, for example in the lower right, consider what indexes 504 and index codes 506 are arranged. そして、カラー多重ドットコード502をこのペン型情報再生装置で再生した場合に、日本語で「おはようございます」と発音出力させるか、英語で「グッドモーニング」と発音させるか、又はドイツ語で「グーテンモルゲン」と発音させるかを選択するため、同図の(D)に示すようにその選択肢を示すインデックス504に対応させて配置されたインデックスコード506をスキャンさせて認識させ、例えば日本語という選択をした後、カラー多重ドットコード502 And, in case of reproducing the color multiplex dot code 502 in this pen type information reproducing apparatus, whether to sound output as "good morning" in Japanese, or to be pronounced "Good Morning" in English, or in German " to select whether to pronounced Guten Morgen ", it is recognized by scanning the index code 506 which is disposed corresponding to the index 504 indicating the selection as shown in the same Graph 1 (D), causing the example choice of Japanese after the color multiplex dot code 502
をスキャンすると、「おはようございます」というような発声が発せられるようにするということを目的として、以後の説明を行う。 When the scanning for the purpose of that so that the utterance is issued such as "Good morning", perform the following description.

【0312】まず、同図の(B)に示すように、日本語で発音するためのドットコードを生成し、それをコード1として、赤(R)に割り当てる。 [0312] First, as shown in FIG. (B), to generate a dot code to pronounce Japanese, as code 1 it is assigned to the red (R). 同様に、コード2として英語で発音させるドットコードを作成し、緑(G) Similarly, to create a dot code to be pronounced as code 2 in English, green (G)
に割り当て、コード3としてドイツ語で発音されるドットコードを作成し、青(B)に割り当てる。 The assignment to create a dot code is pronounced in German as code 3, assigned to the blue (B). これを、各情報の重なった部分の色は各色の加色法の色よりなる色として、カラー多重ドットコード502をシート500 This, as the color is the color of the overlapping portion consisting color additive color process for each color of each information, the sheet 500 a color multiplex dot code 502
上に記録する。 It is recorded in the above. この場合、色の重ならない部分は黒のドットとして記録する。 In this case, not overlapping portions of the color is recorded as a black dot. 即ち、前述したようにドットコードはマーカとデータドットからなるが、マーカは黒で、 That is, although a dot code as described above consists of the marker and data dots, the marker is black,
データドットは加色法によって別な色に記録されるということである。 Data dots is that is recorded in a separate color by additive color process. このようにカラー多重ドットコード50 In this way color multiplex dot code 50
2で記録するということはつまり、記録密度を上げていることになる。 That is recorded in 2 other words, the fact that increasing the recording density.

【0313】なお、RGBの3種類の色に限らず、異なる複数の情報をそれぞれ異なる狭帯域の波長の色に割り当てれば良く、従って、さらに別の狭帯域の波長の色を用いて、4種類、5種類といったより多くの情報を多重化することが可能である。 [0313] The present invention is not limited to the three colors of RGB, it may be assigned different information to the color of the wavelength of the narrow band different each, therefore, further using the color of the wavelength of another narrowband, 4 type, it is possible to multiplex more information such as five. その場合のカラーインキとしては、従来のシアン、イエロー、マゼンタ等のインキ以外に、色素(狭帯域波長のみの光を反射するインキ)を混合させたものが考えられる。 The color ink in that case, the conventional cyan, yellow, in addition to the ink of magenta, etc., can be considered that by mixing a dye (ink that reflects light only narrow wavelength).

【0314】また、インデックスコード506は、使用者が認識、選択できるように文字または絵等で示したインデックス504のアンダーライン部分に配置されるもので、その印刷は、どの色が選択されていても読み込めるように、黒によって印刷される。 [0314] Also, the index codes 506, in which user recognition, are arranged in the underline part of the index 504 shown with a letter or a picture or the like can be selected, the print on the colors has been selected also as can be read and printed by black.

【0315】カラー液晶498は、RGBの光透過モザイクフィルタを液晶の画素に合わせて貼ることにより構成され、カラー多重ドットコード502の各色の情報を分離するためのものである。 [0315] The color liquid crystal 498, the RGB light transmitting mosaic filter is composed by pasting in accordance with the pixels of the liquid crystal, is used to separate the color information of the color multiplex dot code 502. 即ち、インデックスコード506のスキャンにより選択された情報の色に対応する画素のみを透過状態にするよう、コントロール部212 In other words, to only pixels corresponding to the color of information selected by scanning the index code 506 in the transmission state, the control unit 212
により制御される。 It is controlled by. また、液晶はモザイク状でなくても、光路を面分割するように構成しても良い。 Further, the liquid crystal may not be mosaic, the optical path may be configured to face division. その際、 that time,
各色の分割面積比を画素の感度に反比例させた方が、色毎の感度が一様になり好ましい。 Each color divided area ratio of those who were inversely proportional to the sensitivity of the pixels, the sensitivity of each color is preferably made uniform. 即ち、Bの感度が低い場合は面積を他の色よりも大きくすることになる。 That is, when the sensitivity of B is low will be greater than the other colors the area. また、カラー液晶は光源側に入れても良い。 The color liquid crystal may be placed on the light source side.

【0316】次に、インデックスコード506を読んで色を選択して所望の言語で発生させるための動作を、図49の(A)のフローチャートを参照して説明する。 [0316] Next, an operation for generating a desired language by selecting the color reading index code 506 will be described with reference to the flowchart of (A) in FIG. 49.

【0317】まず、コントロール部212は、初期設定により仮に緑が選択され(ステップS202)、タッチセンサ466が押されると(ステップS204)、色選択に合わせてカラー液晶498の液晶透過部分を制御する(ステップS206)。 [0317] First, the control unit 212, the initial setting is tentatively green selected (step S202), the touch sensor 466 is pressed (step S204), and controls the liquid crystal transmission portion of the color liquid crystal 498 in accordance with the color selection (step S206). 例えば、初期状態では緑が選択されているので、緑のフィルタが付いているドットだけを透過性にする。 For example, since in the initial state are green selected, only permeabilized dots with a green filter. 次に、コントロール部212により光源198を制御し、画像処理部460によってドットコードを読み込む(ステップS208)。 Next, it controls the light source 198 by the control unit 212 reads a dot code by the image processing unit 460 (step S208). そして、データ処理部462でコードをデコードして(ステップS2 Then, by decoding the code in the data processing unit 462 (step S2
10)、全部コードが終了したか即ち全部読み終わったかを認識し(ステップS212)、読み終わったならば、それを報知するための音を発する(ステップS21 10), to recognize whether all code has finished reading or words all been completed (step S212), if finished reading, emits a sound for informing it (step S21
4)。 4). 次に、コントロール部212は、デコード結果により読み込んだのがインデックスコード506であったのか、音情報(カラー多重ドットコード502)であったのかを判定し(ステップS216)、インデックスコード506であれば、そのインデックスコード506で示される色を選択して(ステップS218)、上記ステップS204に戻る。 Next, the control unit 212, whether the read by the decoding result is an index code 506, sound information to determine whether the was (color multiplex dot code 502) (step S216), if the index code 506 , select the color indicated by the index code 506 (step S218), the process returns to step S204. また、音情報であったならば、データ出力部464により音声出力装置268から音を再生させる(ステップS220)。 Also, if there were a sound information, to reproduce the sound from the sound output device 268 by the data output unit 464 (step S220).

【0318】そして、上記ステップS220での音再生の後、さらに、音を所定の回数繰り返し発生させるか否かの判断が行われ(ステップS222)、予めその回数がリピートスイッチ467でプリセットされていれば、 [0318] Then, after the sound reproduction at the step S220, further, the sound is determined whether or not by a predetermined number of times repeatedly generated is performed (step S222), if it is preset beforehand that the number in the repeat switch 467 if,
その所定回数がリピート再生されることになる。 The predetermined number of times is to be repeated reproduction.

【0319】この繰り返し回数は、勿論1回でも良く、 [0319] The number of repetitions may be a course once,
適宜各種スイッチ等で設定し得るもので、この他に、インデックスコード506又はドットコード502に、予めその回数を記録しておくことによっても可能である。 As it can set an appropriate various switches, in addition, the index code 506 or the dot code 502, it is also possible by recording the advance its count.

【0320】ここでのリピート再生に当っては、図15 [0320] is hitting the repeat play here, as shown in FIG. 15
や図20の(D)に於けるデータメモリ部234からの読み出しを繰り返し行うことで可能となる。 And it made possible by repeated reading from in the data memory unit 234 in (D) of FIG. 20.

【0321】なお、撮像部204には、白黒のものと、 [0321] It is to be noted that the imaging unit 204, and those of the black-and-white,
一般的にカラーモザイクフィルタを撮像素子部に装着したカラー撮像素子とがある。 Generally there are a color imaging device mounted on the image pickup element unit color mosaic filter. 上記の例は白黒の撮像部を用いたものであったが、カラー撮像素子を使用して、画像処理部460に於いて色を分離することによって色に分けて再生することができ、そのような場合には、カラー液晶498を不要とすることができる。 The above examples but were those using the imaging unit of the black and white, using a color image pickup device, can be played separately in color by separating the color at the image processing unit 460, such in the case, it is possible to set the color liquid crystal 498 is not necessary.

【0322】図49の(B)は、カラー撮像素子を使用した場合に於ける画像処理部460の画像メモリ部の構成を示す図である。 [0322] (B) in FIG. 49 is a diagram showing a configuration of an image memory unit in the image processing unit 460 when using a color image pickup device. 即ち、カラー撮像素子から入ってきた信号を色分離回路508によってそれぞれの色に分離してメモリ510A,510B,510Cに記憶し、それをマルチプレクサ(MPX)512で選択して、以降の処理を行うようにする。 That is, separated into the respective color signals that have entered from the color image pickup device by the color separation circuit 508 stores the memory 510A, 510B, to 510C, which was selected by the multiplexer (MPX) 512, performs the subsequent processing so as to.

【0323】また、正反射防止の目的のための第1及び第2の偏光フィルタ470,472の内、第2の偏光フィルタ472については、カラー液晶498の偏光子部分でも同様の偏光フィルタが使われているので、それと兼用することが可能である。 [0323] Also, among the first and second polarizing filters 470, 472 for the purpose of regular reflection prevention for the second polarizing filter 472, similar polarizing filter in the polarizer portion of a color liquid crystal 498 is used so that we, at the same it is possible to serve. 従って、カラー液晶498 Therefore, the color liquid crystal 498
の方の偏光フィルタと組合わせることで、この第2の偏光フィルタ472は省略することができる。 By combining a polarizing filter towards, the second polarizing filter 472 can be omitted. 但しその時は、このカラー液晶の水平面に於ける角度は、この第2 However at that time, in the angle to the horizontal plane of the color liquid crystal, the second
の偏光フィルタ472に相当する方向と同配列、つまり同方向の成分をカットするように回転していなければならない。 Direction the same as the sequence corresponding to the polarizing filter 472, i.e. must be rotated so as to cut the same direction component.

【0324】また、図50の(A)に示すように、上記カラー液晶498を取り除き、光源198として、白色光源ではなく、同図の(B)に示すようなLED等によるRGBの光源を用いても、カラー多重ドットコード5 [0324] Further, as shown in (A) of FIG. 50, remove the color liquid crystal 498, as the light source 198, rather than a white light source, using the RGB light source by the LED or the like as shown in the same figure (B) also, the color multiplex dot code 5
02を読み取ることができる。 02 can be read. 即ち、RGB、先ほどの3色で分ける場合は、RGBの光源198の内、赤に相当する上記コード1を読む時には赤に相当するLEDだけを点灯させ、コード2であれば緑のLEDだけ、コード3であれば青のLEDだけを点灯させて、再生するようにすれば良い。 That, RGB, if the split in the previous three colors, of the RGB light source 198, when reading the code 1 corresponding to red is lit only LED corresponding to red, only green LED if code 2, only by lighting the blue LED of long code 3 it may be to play.

【0325】また、RGBのLEDを用いる代わりに、 [0325] In addition, instead of using the RGB of the LED,
白色光源として各部分にカラーフィルタを付加して各色の光源にすることも考えられる。 It is also conceivable to by adding a color filter to each part as a white light source for each color of the light source.

【0326】このように、光源198にRGB別々の色の光源を使用し、インデックスコード506で選択された色の光源を点灯制御することで、図48の(A)の構成と同様の効果を得ることができる。 [0326] Thus, using the RGB separate color light sources in the light source 198, that controls lighting of the light source of the selected color by the index code 506, in Figure 48 the same effect as the configuration of (A) it is possible to obtain. さらには、複数の狭帯域の波長の光を発する光源を各々持つことで、カラー液晶やその制御回路を持つ必要がなくなり、ローコストで小型化することができる。 Furthermore, by having each a light source emitting light of wavelengths of a plurality of narrow band, it is not necessary to have a color LCD and its control circuit, it is possible to reduce the size of at low cost. 特に、LEDは狭帯域、 In particular, LED is narrow-band,
例えば、ある波長の±27nmの波長ぐらいを持ったものがあるので、そういったものを使えば、より狭帯域の再生ができる。 For example, because there are things that have about wavelength of ± 27nm of a certain wavelength, With such things, it is more narrow band of playback.

【0327】次に、ステルス型ドットコードのペン型情報再生装置につき説明する。 [0327] Next, will be described pen type information reproducing apparatus of the stealth type dot code.

【0328】図51の(A)はステルス型のドットコードとしての赤外発光塗料ドットコード514が印刷されたタイトル付ドットデータシール516を示している。 [0328] (A) of FIG. 51 shows an infrared emission paint dot code 514 Title dotted data seal 516 is printed as a dot code for stealth.
このドットデータシール516は、例えば、印刷機あるいはプリンタに於いて、普通のカラーなり白黒の印刷の印字で例えばタイトルを印字し、その下のところに今度は不可視の塗料を使ってドットコードを印刷したものである。 The dot data seal 516 is, for example, in the printing machine or a printer, and print an ordinary color will print, for example, the title of the printing of black-and-white, printing the dot code is now in place under the using the invisible paint one in which the. もちろん、このドットデータシール516は、ドットコード514が不可視つまり透明印刷となるので、 Of course, the dot data seal 516, since the dot code 514 is invisible that is transparent printing,
同図の(B)に示すように、可視情報のタイトルの上に、ドットコード514を透明のインクを使って重ねて印刷するようにしても良いものである。 As shown in the same figure (B), on the title of the visible information, but may be overprinted with dot code 514 with the transparent ink. この印刷については、例えば、インクジェットプリンタ等であればシアン、マゼンタ、イエロー及びブラックの4つのインクにさらに第5のインクとして赤外発光塗料のインクを付け、それを重ねてプリントするということにより実現できる。 This printing is, for example, realized by the fact that inked infrared emitting paint as further fifth ink to the four ink long if cyan, magenta, yellow and black ink jet printer or the like, and overprinted it it can. なお、図51の(A)は、ステルス型のドットコードの余白にタイトルを印刷した例であるが、むろん、 Incidentally, (A) in FIG. 51 is an example in which print the title in the margin of the dot code stealth, of course,
該タイトル付ドットデータシールには、可視光のドットコードを印刷し、その余白にタイトルを印刷しても良い。 The the dot data seal with the title, and print the dot code of visible light, may be printed a title to the margin.

【0329】このようなステルス型のドットコードとしての赤外発光塗料ドットコード514を再生するペン型情報再生装置としては、例えば、同図の(C)に示すように、ドットコード514が赤外発光塗料で印刷されているので、光源198として赤外発光素子518を用い、撮像部204の前に赤外帯域バンドパス光学フィルタ520を配した構成となる。 [0329] The pen type information reproducing apparatus for reproducing the infrared emission paint dot code 514 as a dot code in such a stealth type, for example, as shown in FIG. (C), the dot code 514 infrared because it is printed with luminescent coating, the infrared light emitting element 518 used as a light source 198, a configuration in which arranging an infrared bandpass optical filter 520 in front of the imaging section 204.

【0330】即ち、赤外発光素子518より赤外領域の光を赤外発光塗料ドットコード514に照射すると、赤外領域、つまりある狭波帯域の波長で光が反射してくる。 [0330] That is, the light in the infrared region from the infrared light emitting element 518 is irradiated to the infrared-emitting paint dot code 514, infrared region, is that is light in a wavelength of a narrow wave band come to reflection. その反射の強度を撮像部204で検出するため、赤外帯域バンドパス光学フィルタ520を通して可視光情報と切り分けて、反射光を導くようにしている。 To detect the intensity of the reflected by the imaging unit 204, and cut the visible light information through infrared bandpass optical filter 520, and to direct the reflected light.

【0331】なお、 赤外発光塗料ドットコード514を印刷するために用いられる塗料の発光帯域も数種類用意できるので、例えば、バンドパス光学フィルタ520の特性を少しずつ変えながら撮像することで、この透明印刷もまた多重化が可能となっている。 [0331] Incidentally, it is possible emission band also several prepared paint used to print the infrared emission paint dot code 514, for example, by imaging while changing the characteristic of the band-pass optical filter 520 slightly, the transparent printing are also making it possible to multiplexing.

【0332】次に、ペン型情報再生装置内に再生系の全機能を構成するのではなく、電子手帳,PDA,ワープロ、パソコン、コピー機、プリンタ、電子投影機、等の各種機器に、各種オプション機能を追加するために一般にROMカードが使用される。 [0332] Then, instead of constituting the full functionality of the reproducing system in a pen type information reproducing apparatus, an electronic notebook, PDA, a word processor, a personal computer, a copier, a printer, an electronic projector, the various devices and the like, various in general, ROM card is used to add optional features. ROMカードのコネクタに接続できるカード型アダプタに、一部その機能を分散した場合の例を説明する。 A card type adapter which can be connected to the connector of the ROM card, an example in the case of distributing parts that function.

【0333】図52は、ペン型情報再生装置内には画像処理部460までを設け、画像処理部460の出力を出力コネクタ522を介してカード型アダプタ524に供給するようにした場合の例を示している。 [0333] Figure 52 is in the pen type information reproducing apparatus provided to the image processing unit 460, an example of which is adapted to supply to the card type adapter 524 via an output connector 522 to the output of the image processing unit 460 shows. この場合のカード型アダプタ524は、データ処理部462、データ出力部464、D/Aを含む信号処理部526、オーディオ接続端子528を有し、再生したオーディオ情報を音声出力装置268から音として出力することが可能とされると共に、I/F530を介して、電子手帳等の外部機器532に再生した画像等のマルチメディア情報を供給することができるようになっている。 Card type adapter 524 in this case, the data processing unit 462, signal processing unit 526 comprising a data output section 464, D / A, has an audio connection terminal 528, outputs audio information reproduced as a sound from the sound output device 268 together we are capable of, via the I / F530, thereby making it possible to provide multimedia information such as an image reproduced on the external device 532 such as an electronic organizer.

【0334】即ち、電子手帳等のようにスピーカー等の音声出力機構を設けない外部機器532の不図示ROM [0334] That is, not shown ROM of the external device 532 without the audio output mechanism such as a speaker, as such as an electronic notebook
カード接続端子に接続して、このような音声出力ができないものに対してドットコード化された画像等のマルチメディア情報を入力すると同時に、音声についてはカード型アダプタ524のオーディオ接続端子528にイヤホン等の音声出力装置268を接続して、ドットコード化された音声を聞こうというものである。 Connected to card connection terminals, such as you type multimedia information such as a dot coded image to the audio that output can not be, an earphone or the like to the audio connection terminal 528 of the card type adapter 524 for voice connect the audio output device 268, is that hear the voice that is a dot coded.

【0335】また、外部機器532としては、近年広く各家庭に入り込んでいるテレビゲーム機を想定することも可能である。 [0335] In addition, as the external device 532, it is also possible to envisage the TV game machine in recent years widely penetrated in each household. 図53の(A)及び(B)はそのようなテレビゲーム機に対するカード型(この場合は、カセット型となるが)アダプタ524の構成を示すもので、 Of FIG. 53 (A) and (B) card for such video game machine (in this case, although a cassette type) shows the configuration of the adapter 524,
(A)の場合はペン型情報再生装置内にデータ処理部4 For (A) the data processing unit 4 in the pen type information reproducing apparatus
62までを構成した場合であり、(B)は検出部184 A case where the to 62, (B) the detection unit 184
だけを構成した場合である。 It is a case where the only. ROM534はテレビゲーム機本体に内蔵の不図示CPUにより実行される制御プログラムを記憶しており、カセット挿入時、本体側へロードされる。 ROM534 is stores a control program executed by the internal, not shown CPU to the video game machine body, during cassette insertion, is loaded into the main body. RAM536はデータ処理部462での処理結果を記憶するために用いられる。 RAM536 is used to store the processing result in the data processing unit 462. メモリ制御部53 Memory control unit 53
8は、テレビゲーム機本体内CPUからの命令にしたがってROM534及びRAM536を制御する。 8 controls the ROM534 and RAM536 accordance with instructions from the video game machine main body CPU.

【0336】通常、テレビゲーム機には、高性能のCP [0336] Typically, the video game machine, high-performance CP
Uが搭載されており、従って、ペン型情報再生装置内で全ての処理を行うよりは、そのゲーム機本体CPUに一部行わせることで高速な処理が可能となる。 U is mounted, therefore, than do all the processing in the pen type information reproducing apparatus is a high-speed processing is possible by causing a portion on the game machine main body CPU. また、ゲーム機の操作部を各種制御入力部として利用することができるので、タッチセンサ等の読取開始指示スイッチ等をペン型情報再生装置に設ける必要がなくなり、小型化が図れる。 Further, it is possible to use the operating unit of the game machine as various control input, there is no need to provide a reading start instruction switch such as a touch sensor on the pen type information reproducing apparatus, downsizing can be achieved. この場合、ゲーム機の本体のCPUが受け持つ処理の制御プログラム、或は、ペン型情報再生装置のコントロールや操作用ユーザインターフェース機能を本体のCPU及びゲーム機の操作部が受け持つための制御プログラムが、ROM534に記憶されている。 In this case, the game machine control program of the CPU takes charge process of the body, or, a control program for charge of control and operation for the user interface function of the pen type information reproducing apparatus is operating unit of the CPU and the game machine main body, It is stored in ROM534. さらには、ゲーム機には、スピーカやオーディオ出力端子、モニタ出力端子等が構成されているため、それらをペン型情報再生装置及びカード型アダプタから省くこともできるため、コストダウンが可能となる。 Furthermore, the game machine, since the speaker or audio output terminal, a monitor output terminal or the like is formed, since it is also possible to omit them from the pen type information reproducing apparatus and the card type adapter, the cost can be reduced.

【0337】次に、カード型アダプタ524を使う時の操作スイッチについて説明する。 [0337] Next, a description will be given of an operation switch when using the card type adapter 524.

【0338】外部機器532としての電子手帳というのは通常、ROMカードやICカードと称されるカードを装着するためのスリットを有し、そのスリットにカード型アダプタを挿入装着すると、そのカード型アダプタ表面に記された文字や記号が電子手帳本体の透明タッチパネル560下に透けて見え、カード型アダプタに記されているところをタッチすると、それに合わせた機能が働き、例えばディスプレイ562上に表示がされるといった操作ができるようになっているものもある。 [0338] Usually because electronic notebook as the external device 532 has a slit for attaching the called card and a ROM card or an IC card, when inserted into mounting the card type adapter to the slit, the card type adapter visible characters and symbols marked on the surface shows through the lower transparent touch panel 560 of the electronic notebook body, touching a place located on the card type adapter, function works which accordingly, is displayed for example on the display 562 some of which Rutoitta operation is to be able to. そこで、 there,
このような電子手帳用のカード型アダプタ524の場合には、図54の(A)に示すように、ペン型情報再生装置564のコントロール系のスイッチ、例えば光源19 In such a case of an electronic notebook for the card type adapter 524, as shown in (A) of FIG. 54, the control system switches the pen type information reproducing apparatus 564, for example, a light source 19
8のオン,オフ等というような操作スイッチを設けることなく、単に表面所定位置に、それらのスイッチを表す文字や記号を記しておく。 8 on, without providing the operation switch such as off etc., simply on the surface position, previously noted the letters and symbols that represent those switches.

【0339】また、パソコンやワープロ等の外部機器5 [0339] In addition, an external device 5, such as a personal computer and a word processor
32では、キーボードが内蔵されているので、ペン型情報再生装置をそのような機器に繋ぐ時には、カード型アダプタ524にコントロール系のスイッチを設けなくとも、そちらの方から制御できる。 In 32, the keyboard is built, when connecting the pen type information reproducing apparatus in such devices is not necessarily provided control system switches in the card type adapter 524, it can be controlled from the side of there.

【0340】しかし、プリンタのように、それ自体を動作させるためのコントロールスイッチは専用のものがあっても、それ以外のコントロール系のスイッチが全くない外部機器532では、カード型アダプタ524にコントロール系のスイッチを設けることが必要になる。 [0340] However, as in the printer, it also has control switch for itself operate if there is one dedicated, in the external device 532 has no other control system switches, control system card type adapter 524 it is necessary to provide the switch. 例えば、図54の(B)に示すように、通常のカード長よりも長くし、機器532に装着された際に機器外部にはみ出る部分に必要なスイッチ566を設ける。 For example, as shown in (B) of FIG. 54, longer than normal cards length, a switch 566 required portion protruding to the device outside when mounted on the device 532. この場合のスイッチ566としては、例えば、タクトスイッチやタッチパネル等が利用できる。 The switch 566 in this case, for example, tact switches, a touch panel, or the like can be used.

【0341】次に、ドットコードを印刷する装置を説明する。 [0341] Next, a description will be given of an apparatus for printing the dot code.

【0342】まず、図55に示すように、パソコンやワープロ等568で編集したデータをマルチメディア情報記録機570でドットコード化し、そのドットコードをリールシール上に印刷するリールシール印刷機572について説明する。 [0342] First, as shown in FIG. 55, the data edited by a personal computer or word processor 568 in the multimedia information recording unit 570 and dot codes, the reel seal printing machine 572 for printing the dot code on a reel seal described to.

【0343】図56は、このリールシール印刷機の内部構成を示す図である。 [0343] Figure 56 is a diagram showing the internal structure of the reel seal printing machine.

【0344】マルチメディア情報記録機570からのドットコードは一旦、 ドットパターンメモリ574に蓄えられた後、LEDドライバ576により、そのドットのパターンに基づいてLEDアレイ578,580が発光される。 [0344] dot code from the multimedia information recording unit 570 after once stored in the dot pattern memory 574, the LED driver 576, LED array 578,580 is emitted on the basis of the pattern of the dots. これらLEDアレイ578,580からの光は各画素毎に密着して設けられたロッドレンズ582により感光紙リール584から延びる感光紙上に導かれる。 Light from these LED arrays 578,580 is directed to the photosensitive paper extending from photosensitive paper reel 584 by the rod lens 582 provided in close contact with each pixel.
また、発光のタイミングは、センサ586で検出される感光紙の速度や位置に応じてCPU588が管理する。 The timing of light emission, CPU588 managed in accordance with the photosensitive paper speed and position detected by the sensor 586.
同様に、感光紙の送り速度は、出力段のローラ590を駆動する回転モータ592のドライバ594を制御することにより行われる。 Similarly, the feed speed of the photosensitive sheet is performed by controlling the driver 594 of the rotary motor 592 for driving the roller 590 of the output stage.

【0345】一方、印刷されたドットコードを保護するために、表面コートシール596を出力段で付け加えて、感光紙と表面コートシールを貼り合わせた形で同時に出力する。 [0345] On the other hand, in order to protect the printed dot code, it adds a surface coat seal 596 at the output stage, simultaneously outputs in a form bonded to photosensitive paper and the surface coat seal. ここで、感光紙としては印画紙やフィルム等が利用できるが、この場合、その裏面に粘着性を有して提供される。 Here, although available to photographic paper or film such as a photosensitive paper, this case is provided having an adhesive on its rear surface.

【0346】また、感光紙を普通のフィルム等とした場合には、図56にあるようにLEDアレイ578は赤のLEDアレイ、LED580は黄色のLEDアレイであるというように、二種類のドットコードの多重を行なうようにしても良い。 [0346] Further, when the photosensitive paper and ordinary film or the like is, LED array 578 is the red LED array as in FIG. 56, and so LED580 is yellow LED array, two kinds of the dot code it may be carried out of multiple. 多重については、2種類のLEDを位置的にずらして2色のドットコードにしても良いし、 For multiple, two types of LED are shifted positionally may be in two color dot code,
また、2種類のLEDを同じ位置で発光して別の色を作り、さらなる多重を行うようにしても良い。 Also, create another color by emitting two types of LED at the same position, it may be performed further multiplexing.

【0347】このようなリールシール印刷機572では、感光紙を使うことによって、高解像度でありながらなおかつ低コストであるという特徴を有する。 [0347] In this reel seal printing machine 572, by using the photosensitive paper has the characteristic of being yet low-cost yet high resolution. また、露光部分の方の構成が、レーザ等でスキャンするといったような形の高価な処理等を必要とせず、小型のLEDアレイを使って行なうものとしているので、非常に装置が安価になる。 The configuration towards exposed portions, without the need for expensive processing of the form, such as scanning with a laser or the like, since it is assumed to perform with a small LED array, very device is inexpensive. さらには、レーザ等であるとミラーの角度とか細かい位置決めの精度が必要になるのに対し、この印刷機572では光路を密着型にしているため、そういった細かい位置決めの精度が不要であり、製作上での問題も回避できる。 Furthermore, while the accuracy of the mirror angle Toka fine positioning as a laser or the like is required, since the optical path in the printing machine 572 in close contact type, the accuracy of such fine positioning is not necessary, the manufacturing problems with can be avoided. なお、同図では、図面の作成の都合上、LEDアレイ578,580及びロッドレンズ58 In the drawing, for convenience of drawing creation, LED arrays 578,580 and the rod lens 58
2の配列方向を感光紙の走行方向として示したが、実際には紙面と垂直方向つまり感光紙の幅方向に配列されるものである。 2 in the arrangement direction shown as the travel direction of the photosensitive paper, but in practice are those arranged in the width direction of the direction perpendicular to the plane, that the photosensitive paper. もちろん、このまま幅方向にも配列した二次元アレイとして、一度に多数のドットコードを形成するようにしても良い。 Of course, a two-dimensional array in which to the left width direction, may be formed a large number of dot codes at once.

【0348】また、上記のようなリールシール印刷機5 [0348] In addition, as described above reel seal printing machine 5
72では、ローラ590からドットコードの印刷された感光紙が図55のような形で出力されるが、この場合、 In 72, the printed photosensitive paper a dot code from the roller 590 is outputted in the form as shown in FIG. 55, in this case,
次のデータとの境い目には白のブランク部分を入れ、ユーザがどの部分でカッター等の切断処理を行えば良いか見てわかるようにしておくことが好ましい。 The boundary between the next data blanks white portion, it is preferable that the user keep the As can be seen or may be performed a process of disconnecting the cutter in which part. さらには、 Moreover,
リールシールを貼るべきシートのサイズ、つまりA4であるとかB4であるとかによって、貼れるコード長というものが変わってくるので、それに合わせて印字できるドットコードの長さを可変するような構成にしても良い。 The size of the sheet to put a reel seal, i.e. depending on whether that the Toka is A4 B4, so varies the thing called pasted code length, be configured so as to vary the length of a dot code which can be printed accordingly good. そのような時には、例えばマニュアル設定されるシートサイズに合わせて、ドットパターンメモリ574上のドットパターンを読み出すタイミングを制御して、長さを適応的に変えていくようにする等の制御法を採用する。 In such a case, for example, in accordance with the sheet size to be manually set, by controlling the timing of reading the dot pattern on the dot pattern memory 574, employing a control method such as to ensure that will transform length adaptively to.

【0349】図57は、ワープロの内部にマルチメディアのドットコードを記録する機能を設けたものの構成を示している。 [0349] Figure 57 shows the configuration of those provided with a function for recording a dot code of multimedia within the word processor.

【0350】本構成に於いて、文章上で編集したものに関してドットコードを生成するマルチメディア情報記録処理部598以外の構成は、一般的なワープロの構成である。 [0350] In the present configuration, the configuration other than the multimedia information recording processing section 598 for generating a dot code with respect to those edited on sentences, a common word processor configuration. 即ち、CPU600からくるバス602に、プログラムやキャラクタジェネレータ等の各種ROM60 In other words, the CPU600 coming from bus 602, a program and a character generator of various ROM60
4、ワークエリアとしてのRAM606、カレンダ60 4, as a work area RAM606, calendar 60
8、バスコントロール610、ビデオRAM612に展開したデータをCRT614に表示するCRTコントロール616、キーボード618とのI/Oコントロール620、FDD622を制御するディスクコントロール624、プリンタ626を制御するプリンタコントロール628、及び各種I/F630等がぶらさがっている。 8, the bus control 610, CRT control 616 for displaying data developed on the video RAM612 to CRT614, disk control 624 for controlling the I / O control 620, FDD622 of a keyboard 618, a printer control 628 for controlling the printer 626, and various I / F630, etc. are hanging.

【0351】マルチメディア情報記録処理部598は、 [0351] multimedia information recording processing unit 598,
バス602に対して専用にアクセスできるようなもので、基本的には、図55に於けるマルチメディア情報記録機570と同内容のものである。 It is like access to dedicated to bus 602, basically, those with at multimedia information recording apparatus 570 in FIG. 55 of the same contents. 即ち、両方向I/O In other words, the bi-directional I / O
632を介してバス602により供給されたデータを分離回路634により文字とグラフや絵とを分離し、それぞれ圧縮回路636,638で適当な圧縮をかけて、合成回路640で合成する。 632 separates the text and graphs and pictures by separating circuit 634 and the data supplied by the bus 602 via, over an appropriate compression in each compression circuit 636 and 638, are combined by the combining circuit 640. 一方、文字,絵,グラフのレイアウト情報は、直接、合成回路640に入力する。 Meanwhile, character, picture, layout information of the graph is directly input to the combining circuit 640. この合成データに対して、エラー訂正符号付加回路642 For this combined data, an error correction code addition circuit 642
にてエラー訂正符号を付加し、メモリ644上でインターリーブ等の処理を行なって、アドレス付加回路646 Adds an error correction code at, performs a process of interleaving, etc. on the memory 644, the address addition circuit 646
によりブロックアドレス等を付加してから、変調回路6 After adding the block address or the like by the modulation circuit 6
48で変調をかける。 It modulates at 48. その後、マーカ付加回路650によりマーカを付加し、それに対して編集合成回路652 Then, by adding the marker by the marker addition circuit 650, the edited and synthesized circuit 652 thereto
にてドットコードのタイトル等を合成し、それに対してドットパターン形状変換回路654でドットパターンの大きさを変更し、両方向I/O632を介してそれをバス602に戻す。 It synthesizes a title of the dot code in it against change the size of the dot pattern in the dot pattern shape conversion circuit 654 and returns it via a bidirectional I / O632 to the bus 602.

【0352】そして、このバス602に戻されたデータに従って、プリンタコントロール628はプリンタ62 [0352] Then, according to the data returned to the bus 602, printer control 628 Printer 62
6を制御して、図中に参照番号656で示すようなプリントアウトを得る。 6 and controls to give a printout as shown by reference numeral 656 in FIG.

【0353】基本的なプリントアウト656は、図示するように、ワープロ上で記入した(打ち込んだ)文章6 [0353] The basic print-out 656, as shown in the figure, filled out on a word processor (typed's) sentence 6
58と、それに対して絵660やグラフ662を付け加え、それら文章658,絵660,グラフ662の内容を、所定位置、例えば下方にドットコード664で印字したものとなっている。 And 58, adding a picture 660 and a graph 662 whereas those sentences 658, the picture 660, the contents of the graph 662, and is obtained by printing a predetermined position, for example under a dot code 664.

【0354】このようなプリントアウト656とする事により、このプリントアウト656を直接或はFAXにより受け取ったユーザは、ドットコード664を前述したようなペン型情報再生装置により読み取ることにより、それに対応する文書658,絵660,グラフ66 [0354] By such a printout 656, the user receives this printout 656 by direct or FAX by reading by the pen type information reproducing apparatus as described above the dot code 664, the corresponding document 658, picture 660, graph 66
2をそのユーザのワープロに取り込むことができ、それらを任意に編集することができるようになるというメリットがある。 2 can be incorporated into the user's word processor, there is an advantage that they will be able to edit any.

【0355】なお、マルチメディア情報記録処理部59 [0355] In addition, the multimedia information recording processing unit 59
8は、CPU600によるソフトウェア的な処理で実現しても良い。 8, may be realized by software processing by the CPU600.

【0356】また、マルチメディア情報記録処理部59 [0356] In addition, multimedia information recording processing unit 59
8は、このようにワープロに実装する代わりに、プリンタ626に内蔵する形を取っても良い。 8, instead of implementing word processing like this, may take the form of built-in printer 626. 即ち、プリンタ626で、フォントやグラフの情報等が入ってきたときに、それに対してこのような記録変調を加えて印字するという処理にしても良い。 That is, in the printer 626, when the information such as font and graph came against it may be processing for printing by the addition of such a recording modulation. その場合、プリンタ626に内蔵しなくとも、カード型アダプタの形で供給するようにしても良い。 In that case, without built into the printer 626, it may be supplied in the form of a card type adapter.

【0357】なお、上記マルチメディア情報記録処理部598内のドットパターン形状変換回路654は、プリンタ626の解像度に合わせて変換するという以外に、 [0357] In addition to the called dot pattern shape conversion circuit 654 in the multimedia information recording processing section 598 converts in accordance with the resolution of the printer 626,
プリントした内容をFAX送信する場合には、FAXにもやはり解像度或は精細度がGIIやGIII のように決まっているので、そちらの方の解像度に適応できるような形に変換する、即ち大きさを変えていくという処理も行うようにしても良い。 When FAX send the printed content, because again the resolution or definition in FAX is determined as GII or GIII, is converted into a form that can be adapted to there towards resolution, i.e. the size may be also performs a process that will change the. 図58は、マルチメディア情報記録処理部の機能を光学複写機666に内蔵させ、原稿をコピーをするとその内容が用紙に複写されると共にその内容に対応するドットコードがその用紙の所定位置に印字されるようにした場合の構成を示す図である。 Figure 58 is a print function of multimedia information recording processing section is incorporated in an optical copying machine 666, when the copy document dot code, the contents corresponding to the content while being copied to a sheet position of the sheet is a diagram showing the configuration when to be.

【0358】即ち、通常の複写機と同様に、原稿台66 [0358] In other words, in the same way as normal copying machine, the document table 66
8,照明670,ミラー672,レンズ674,感光ドラム676等を有し、原稿上の像を用紙上に複写する。 8, lighting 670, mirror 672, lens 674 has a photosensitive drum 676 or the like, to copy an image on a document on the paper.

【0359】これに加えて、本実施の形態の光学複写機666は、光路中のレンズ674の前にハーフプリズム678を挿入して光を分岐させ、光学部品680を介してラインセンサ等の撮像素子682に導く。 [0359] In addition, the optical copying machine 666 of the present embodiment, by inserting the half prism 678 in front of the lens 674 in the optical path is branched light, imaging such as a line sensor via an optical part 680 leading to the element 682. 撮像素子6 Image sensor 6
82からの信号はアンプ684で増幅して種々のアナログ的な処理を行なった後、A/D変換器686でディジタル変換してメモリ688に記録する。 Signal from the 82 after performing various analog processing is amplified by the amplifier 684, and digital conversion by the A / D converter 686 are recorded in the memory 688. そして、このメモリ688に記録したデータに対して、像域判定及びデータ文字認識回路690にて像域判定なりデータ文字認識等を行なっていく。 Then, the data recorded in the memory 688, will perform the image area determination result data character recognition, etc. in image area determination and data character recognition circuit 690. ここで、像域判定については、本出願人による特願平5−163635号に記載された手法が利用できる。 Here, the determination image area, a technique described in Japanese Patent Application No. 5-163635 by the present applicant can be used.

【0360】そして、像域判定やデータの文字認識等が行なわれたデータは、圧縮回路692にて圧縮される。 [0360] Then, data character recognition, etc. of the image area determination and data has been performed, are compressed by the compression circuit 692.
この場合、それぞれ文字、絵、グラフ等の種別に応じて圧縮の方式が異なるので、それぞれに対応した圧縮を行ない、その後、データ合成回路694でレイアウト情報を含めてそれらのデータ合成を行なう。 In this case, each character, a picture, since the method of compression varies according to the type of such a graph, performs compression corresponding to each, and then, performs these data combined by the data combining circuit 694 including layout information. そして、合成されたデータに対して、エラー訂正符号付加回路696にてエラー訂正の符号を付加した後、メモリ698に蓄積して再度インターリーブ等の処理を行ない、アドレス付加回路700にてアドレスを付加して、変調回路702 Then, it added to the combined data, after adding the sign of the error correction in the error correction code addition circuit 696 performs processing such as re-interleaved and stored in the memory 698, the address in the address addition circuit 700 and, modulation circuit 702
で変調を行う。 In performing the modulation. その後、マーカ付加回路704によりマーカを付加して、ドットパターン形状変換回路706でドットパターン形状を変換する。 Then, by adding the marker by the marker addition circuit 704, converts the dot pattern shape by a dot pattern shape conversion circuit 706. そして、そのドットパターンに従って、発光素子ドライバ708により発光素子710を発光させると共に、ミラーシャッタ712を立ち上げて発光素子710からの光をレンズ674,感光ドラム676へと導く。 Then, in accordance with the dot pattern, it causes the light emitting element 710 by the light emitting element driver 708, a lens 674 the light from the light emitting element 710 raises the mirror shutter 712, leading to the photosensitive drum 676.

【0361】また、前述したように、FAX等に出す場合には、FAX解像度選択部714でFAXの解像度を選択し、それに合わせてドットパターン形状変換回路7 [0361] Further, as described above, when issuing the FAX or the like, selects the FAX resolutions FAX resolution selecting unit 714, a dot pattern shape conversion circuit 7 accordingly
06にてドットコードのパターンの形状を変える。 06 changing the shape of the pattern of the dot code at.

【0362】さらに、像域判定及びデータ文字認識回路690では、文字に関しては、文字を二値画像として扱ってMRやMH等の一般的な二値化の画像圧縮の処理を行なうものでも良いし、または文字認識をして、アスキーコード等の普通のワープロに使われているコードに変換した後に、ジブレンペル等の圧縮方式で圧縮をかけても良い。 [0362] Further, the image area determination and data character recognition circuit 690, with respect to the character, to a character or performs the processing of the image compression common binarization such MR or MH handled as a binary image , or by the character recognition, after converting the code used in the normal word processor, such as an ASCII code, it may be subjected to compression in a compression scheme such as Jiburenperu. このように文字認識をしてアスキーコード変換をし、また更にそれに圧縮をかけると、圧縮率はかなり上がりそれだけ多量のデータが少ないドットコードで記録できるようになる。 Thus the ASCII code conversion with the character recognition and further applying compression to it, the compression ratio considerably increases correspondingly so can record a large amount of data is small dot code.

【0363】なお、ドットコードの印字は、信号処理系の処理速度の関係から、一度原稿画像を感光ドラム67 [0363] Incidentally, the printing of the dot code, from the relationship between the processing speed of the signal processing system, once the photosensitive original image drum 67
6に書き込み感光させてしまった後に、ミラーシャッタ712を立てて発光素子710によりもう一度ドラムのほうに書き直して印字するというようにして行われる。 After had by writing sensitive to 6, it is carried out as that printed rewrite towards again drum by the light emitting element 710 make a mirror shutter 712.
あるいは、プリスキャンという形で1回目の原稿スキャンでドットコードを発生し、2回目の原稿スキャンで原稿像とドットコードを感光ドラム676に書込むようにしても良い。 Alternatively, generating a dot code by the first document scan in the form of pre-scanning, it may be written to the original image and the dot code on the photosensitive drum 676 in the second document scan. 将来的に、信号処理系の処理速度が向上すれば、このように複数回に分けた処理は必要無くなるかもしれない。 In future, if improved processing speed of the signal processing system, might this process a plurality of times so is not necessary. しかし、原稿が原稿台668に横置きされたり、上下逆さまに置かれた場合には、参照番号656 However, if the document is or is horizontally placed on the platen 668, it was upside down placed, the reference number 656
のように印字された用紙縦方向下部にドットコードを印字したような複写結果を得るためには、やはり複数回に分けた処理が必要となる。 To obtain a copy result as printing the dot code printed on the paper machine direction bottom as, it is necessary to process also has a plurality of times.

【0364】図59は、ディジタルの複写機716に応用した場合の構成を示している。 [0364] Figure 59 shows the configuration of application of the digital copying machine 716. 同図に於いて、図58 In the figure, FIG. 58
と同様の機能を有するものは、図58と同じ番号を付してある。 Those having the same functions as are denoted by the same numbers as in FIG. 58. また、入力部分に於いて、光学ミラーを移動するごとく記されているが、ラインセンサを移動させて原稿を読み取るように構成しても良い。 Further, in the input portion, have been described as moving the optical mirror, it may be configured to read an original by moving the line sensor.

【0365】即ち、本ディジタル複写機716では、前述のようにしてドットパターン形状変換回路706で形状の変えられたドットコードと、メモリ688に取り込まれた原稿画像のデータとを編集合成回路718で合成し、プリンタ720で印字出力する。 [0365] That is, in the digital copying machine 716, a dot code that is changed in shape by a dot pattern shape conversion circuit 706 in the manner described above, the data of the captured document image in the memory 688 in the editing synthesis circuit 718 synthesized and printed out by the printer 720. こういったディジタル複写機であれば、前述したような複数回に分けた処理を行わずとも、メモリ688を有するため、1回のスキャンで用紙のどの位置にでもドットコードを印字することができる。 If these digital copier, without performing processing a plurality of times as described above, since it has a memory 688, it is possible to print the dot code to any position of the sheet in one scan .

【0366】次に、図中の破線の流れについて説明する。 [0366] Next, a description will be given dashed flow in FIG. これは、上記のように原稿画像を読み取ってそれをドットコードに落とすというのとは反対に、文章や絵と一緒にドットコードの印刷された原稿からドットコードだけを読み取って、ドットコードから再生された文章や絵とドットコードと合わせた形の書類を印字出力するといった内容の流れである。 This, as opposed to that dropping it by reading an original image as described above in the dot code, reads from printed original dot code along with text and pictures only dot code, reproduced from the dot code is the flow of content, such as has been sentence and to document the print output of the form to suit the picture and the dot code.

【0367】即ち、同様に撮像素子682により原稿からドットコードを読み込み、A/D変換してそれをメモリ688に記録する。 [0367] That is, similarly reads a dot code from the original by the image pickup device 682, and records it to A / D conversion in the memory 688. また、A/D変換器686の出力をドットコード再生機722の方にも入力する。 Further, the output of the A / D converter 686 is also input towards the dot code reproducing unit 722. このドットコード再生機722は、例えば図15の走査変換部186以降の回路構成を含むもので、ドットコードから文章や絵、グラフを再生することができる。 The dot code reproducing unit 722, for example, those containing a circuit configuration of a subsequent scan conversion unit 186 of FIG. 15, it is possible to reproduce text or a picture, a graph from a dot code. メモリ68 Memory 68
8に蓄積されたドットコードの画像は、そのドットコードの状態のままドットパターン形状変換回路706に与えられ、大きさを変えられた後、編集合成回路718に入力される。 Accumulated dot code image to 8 is provided to leave a dot pattern shape conversion circuit 706 in the state of the dot code, after being changed size, are input to the editing synthesis circuit 718. 編集合成回路718は、ドットコード再生機722で再生された文章、絵、グラフ等に、このドットパターン形状変換回路706からのドットコードを付け加えて、プリンタ720に入力し、印字出力する。 Edit combining circuit 718, the text reproduced by the dot code reproducing unit 722, a picture, a chart or the like, it adds the dot code from the dot pattern shape conversion circuit 706, and input to the printer 720 and printed out.

【0368】このようにすると、原稿をスキャンする時間がこのドットコード部分を読む時間だけで済むので、 [0368] In this manner, the time to scan the document because it is only necessary time to read the dot code part,
時間的な短縮が可能である。 It is possible to time-shortening. さらには、文章、絵、グラフ等を拡大や縮小した時に、それとは無関係に、ドットコードの大きさは変わらなく印字できるようにすることができるという効果がある。 Furthermore, text, pictures, etc. when enlargement or reduction graphs, regardless of it, there is an effect that it is possible to allow the printing does not change the size of the dot code.

【0369】次に、図60に示してあるのは、ペン型情報再生装置を文字や絵のデータの入力部としても利用するようにした場合の例である。 [0369] Next, the is shown in FIG. 60 is an example in which as also utilizing the pen type information reproducing apparatus as an input section of character and picture data.

【0370】即ち、ペン型情報再生装置の画像処理部4 [0370] That is, the image processing unit 4 of the pen type information reproducing apparatus
60からの信号をマルチメディア情報記録装置724に入力する。 Inputs the signal from 60 to the multimedia information recording apparatus 724. マルチメディア情報記録装置724では、入力された、つまり撮像されたデータをセレクタ726を介してフレームメモリ728A又は728Bに入力する。 In the multimedia information recording apparatus 724, it is input, i.e. inputting the imaging data in the frame memory 728A or 728B via a selector 726. この場合、セレクタ726は、まず1画面をフレームメモリ728Aに取り込ませ、その後、次の1画面をフレームメモリ728Bに取り込ませるというように選択する。 In this case, the selector 726 is first allowed to ingest the one screen into the frame memory 728A, then, chosen so that the incorporation of the next one screen into the frame memory 728B. そして、フレームメモリ728A,728Bに取り込まれた画像データはそれぞれ歪み補正回路730 Then, each of the frame memory 728A, the image data taken into 728B distortion correction circuit 730
A,730Bにて周辺の収差等のレンズ歪みを取られた後、ずれ量検出器732に入力される。 A, after being taken lens distortion aberration or the like of the peripheral at 730B, it is input to the shift amount detector 732. このずれ量検出器732は、フレームメモリ728Aに取り込まれた画像とフレームメモリ728Bに取り込まれた画像とを後段で合成する際に両画像で重複する部分が絵として重なるように、両画像の相関を取ってどの方向にどれだけずれているかを演算するものである。 The shift amount detector 732, as a portion overlapping both images when combining the images captured in captured image and a frame memory 728B in the frame memory 728A later overlap as picture, the correlation between the two images the is intended for calculating whether the shifted much in any direction taken. このずれ量検出器7 The shift amount detector 7
32としては、例えば本出願人による特願平5−639 The 32, for example, Japanese Patent Application by the present applicant 5-639
78号や特願平5−42402号等に記載のものを利用できる。 It can be used those described in No. 78 and Japanese Patent Application No. 5-42402 and the like. そして、この検出したずれ量に従って、一方の画像、 例えばフレームメモリ728Bに取り込まれた画像を補間演算回路734にて補間し、エンハンサ(En Then, in accordance with the detected shift amount to interpolate one image, for example, an image captured in the frame memory 728B in interpolation calculation circuit 734, the enhancer (En
hancer)736でエンハンサをかけた後、画像合成回路738で他方のフレームメモリ728 に取り込まれた画像と画像合成し、その結果を画像合成メモリ7 After applying the enhancer in hancer) 736, the other frame memory 728 captured image and the image synthesis to A in the image synthesizing circuit 738, the image synthesis memory 7 the results
40に記憶する。 And stored in 40.

【0371】そして、次の1画面をフレームメモリ72 [0371] The frame memory 72 the next one screen
8Aに取り込み、上記と同様の処理を行い、今度はフレームメモリ728Aに取り込まれた画像を補間する。 Uptake in 8A, performs the same processing as described above, this time interpolates the image captured in the frame memory 728A.

【0372】以後、これを交互に繰り返すことで、大画面化が図れる。 [0372] Thereafter, by repeating this alternately, thereby a large screen size.

【0373】即ち、ペン型情報再生装置は、もともとドットコードという細かいコードのものを読み取るためのものであり、従って撮像エリアが非常に小さい。 [0373] That is, the pen type information reproducing apparatus is for reading the original ones fine code of the dot code, hence is very small imaging area. このように撮像エリアの小さいものを文字や絵の画像を取り込むためのスキャナとして使用するためには、複数回に分けて画像を取り込み、それらを貼り合わせることが必要となる。 Thus in order to use a small imaging area as a scanner for capturing images of characters or picture, capture images a plurality of times, it is necessary to bond them. そこで、本実施の形態では、複数のフレームメモリを設け、ずれ量を検出してずれを補正して画像を貼り合わせるようにしている。 Therefore, in this embodiment, a plurality of frame memories provided, so that bonding the image to correct the deviation by detecting a shift amount.

【0374】こうして合成画像メモリ740に記録されたデータは、像域判定回路742で像域判定等が行われ、文字であれば文字認識回路744で文字認識を行なった後、また画像であればそのまま、前述したようなマルチメディア情報記録処理部598に入力される。 [0374] Thus data recorded on the synthetic image memory 740, image area determination and the like are performed by the image area determination circuit 742, after performing character recognition by the character recognition circuit 744 if a character, also if the image as it is input to the multimedia information recording processing section 598 as described above. そして、マルチメディア情報記録処理部598で圧縮等の処理を行なってドットコードに変換され、前述したようなリールシール印刷機572に導かれる。 Then, it is converted into a dot code by performing processing such as compression in the multimedia information recording processing section 598, it is guided to the reel seal printing machine 572 as described above. あるいは、マルチメディア情報記録処理部598に入力する代わりに、 Alternatively, instead of entering into the multimedia information recording processing section 598,
I/F746を介してパソコンやワープロ等の外部機器532に入力することもできる。 It can be input to an external device 532 such as a personal computer or word processor through a I / F746.

【0375】なお、ペン型情報再生装置の方には、出力端子としては、イヤホン端子と画像を出力するような二つの端子が設けてあっても良いし、または一つのコネクタをマニュアルで音を出力する系と画像を出力する系とに切替え使用するような構成にすることもできる。 [0375] Incidentally, the direction of the pen type information reproducing apparatus, as the output terminal, a sound to two terminals may be each other provided, or a single connector manually so as to output an earphone terminal and image it is also possible to adopt a configuration as to use switched between system for outputting system and the image to be output.

【0376】図61は、図60の変形例である。 [0376] Figure 61 shows a modification of FIG. 60. 図60 Figure 60
はドットコードを読む時の撮像部204のエリアとスキャナとして使用する時の撮像エリアとが同じ場合について述べているが、本実施の形態の場合には、スキャナとして使用する場合には広角にし、ドットコードを読み込むときにはマクロ的な撮像をするように、結像光学系2 Although the imaging area when used as area a scanner of the image pickup unit 204 when reading the dot codes have dealt with the case the same, in the case of this embodiment, the angle in the case of use as a scanner, to the macro-imaging when reading a dot code, the imaging optical system 2
00を変化させるようにしたものである。 00 is obtained so as to change the.

【0377】即ち、結像光学系200は、普通のカメラに使われているズームや2焦点のレンズ群により構成され、レンズ鏡筒748をスライドさせて広角とマクロの切り換えを行うようになっている。 [0377] That is, the imaging optical system 200 is constituted by a lens group of the zoom or bifocal being used for ordinary cameras, so as to slide the lens barrel 748 to switch the wide-angle and macro there. そして、レンズ鏡筒748を縮めた時に接点が閉じてオンするようなスキャナスイッチ750を設け、スキャナスイッチ750がオンしている時にはスキャナとして使うものとしてデータ処理部462及びデータ出力部464の動作を停止させ、オフしている時だとマクロ的な動作をさせるためにそれらを動作させるというような処理をコントロール部212に行わせる。 Then, the scanner switch 750 such that on closing the contact when short for the lens barrel 748 is provided, the operation of the data processing unit 462 and the data output section 464 as the one used as a scanner when the scanner switch 750 is on It stopped, causing the control unit 212 processing as that operate them in order to the macroscopic behavior that it when turned off.

【0378】結像光学系200を広角側にした場合、撮像エリアが大きくなり、その時の焦点深度が±120μ [0378] If the imaging optical system 200 and the wide-angle side, the imaging area increases, the focal depth at that time ± 120Myu
で、撮像倍率が0.08と仮定すると、被写界深度は± In, the imaging magnification is assumed to 0.08, the depth of field is ±
19mmになる。 It becomes 19mm. 縦方向の手振れがあったとしても、これだけの深度があれば問題とはならない。 Even the longitudinal direction of the camera shake, not a problem if there is this much depth.

【0379】また、広角とマクロとを変更するためにレンズ鏡筒748をスライドさせる形以外にも、レンズそのものを差し換える、つまり広角系のレンズをとってマクロ用のレンズを装着するというような形式でも、同様に実施可能である。 [0379] In addition to the form of sliding the lens barrel 748 in order to change the angle and macro Sashikaeru the lens itself, i.e., such as that for mounting the lens for macro taking wide-angle lens in the form, it can be implemented as well.

【0380】図62は、カード型アダプタ524内に、 [0380] Figure 62 is in the card type adapter 524,
図52に示したようなペン型情報再生装置でドットコードを読み込んだ時にパソコンやワープロ等の外部機器5 An external device such as a personal computer or a word processor when reading a dot code with a pen type information reproducing apparatus shown in FIG. 52 5
32にそのドットコードに対応する情報を出力するためのデータ処理部と、図60に示したようなペン型情報再生装置を文章や絵の画像のスキャナとして用いた時の画像の貼り合わせやドットコードの発生等のためのデータ処理部との両方のデータ処理部を組み込んだ例を示している。 32 into a data processing unit for outputting information corresponding to the dot code, bonding or dot of an image when using a pen type information reproducing apparatus shown in FIG. 60 as a scanner for sentences and a picture of the image It shows an example incorporating both data processing unit of a data processing unit for the generation of code. 即ち、スキャナ用のデータ処理部とドットコード読み取り用のデータ処理部の2つを内蔵しているカード型アダプタ524を示す。 That is, the card type adapter 524 incorporates two of the data processing unit of the data processing unit and the dot code reading for the scanner.

【0381】同図に於いて、セレクタ752及び754 [0381] In the figure, the selectors 752 and 754
は、スキャナ用のデータ処理部とドットコード読み取り用のデータ処理部との切り換えを行うものであり、その切り換え選択はマニュアル的な操作でも良いし、図61 , Which performs switching of a data processing unit for data processing unit and the dot code reading for the scanner, may be at that selectively switched manual manipulations, Figure 61
で示したようなスキャナスイッチ750のオン/オフに連動させても良いし、あるいは外部機器532側から直接駆動するようにしても良い。 The scanner may be in conjunction with the switch 750 on / off, or may be driven directly from the external device 532 side as shown in.

【0382】また、画像合成処理回路756は、図60 [0382] Further, the image synthesis processing circuit 756, FIG. 60
に示したようなセレクタ726、フレームメモリ728 The selector 726 shown in the frame memory 728
A,728B、歪み補正回路730A,730B、ずれ量検出器732、補間演算回路734、エンハンサ73 A, 728B, the distortion correction circuit 730A, 730B, displacement amount detector 732, interpolation calculation circuit 734, the enhancer 73
6、画像合成回路738の機能を果たす回路であり、出力処理回路758は出力すべきデータを外部機器532 6, the image synthesizing a circuit fulfilling the functions of circuit 738, the output processing circuit 758 external device 532 the data to be output
のフォーマットにあわせるためのものである。 It is intended to conform to the format.

【0383】次に、読み取ったドットコードの情報を電子投影機のほうに出力するという実施の形態を説明する。 [0383] Next, the information of the dot code read describing the embodiments of outputting towards the electronic projector. 即ち、図63の(A)及び(B)に示すように、ペン型情報再生装置760でドットコードをスキャンし、 That is, as shown in (A) and (B) in FIG. 63, scan the dot code with a pen type information reproducing apparatus 760,
出力処理部762で元の情報に戻して、プロジェクタ7 Back to the original information in the output processing unit 762, a projector 7
64のRGB入力端子あるいは電子OHP766のビデオ入力端子に入力して、スクリーン768に投影するものである。 Enter the 64 video input terminal of the RGB input terminals or electronic OHP766 of is designed to project on the screen 768.

【0384】この場合、ペン型情報再生装置760は、 [0384] In this case, the pen type information reproducing apparatus 760,
図15或は図20の(D)に示した再生系の構成に於ける検出部184からデータエラー訂正部194までの構成を内蔵しており、出力処理部762は、データ分離部196以降の構成及び他の処理回路を内蔵している。 15 or incorporates a structure to data error correction section 194 from at detector 184 to the configuration of the reproducing system shown in (D) in FIG. 20, the output processing unit 762, the data separating unit 196 of the subsequent construction and incorporates other processing circuitry.

【0385】出力処理部762の実際の構成は、図64 [0385] The actual configuration of the output processing section 762, FIG. 64
のようになる。 become that way. 即ち、ペン型情報再生装置760からのマルチメディア情報を、分離部196で、画像,グラフ,文字,音声,ヘッダ情報に分離し、画像,グラフ, That is, the multimedia information from the pen type information reproducing apparatus 760, the separation unit 196 separates the image, graph, text, voice, in the header information, images, graphs,
文字は伸長処理部238,242,248で伸張した後、画像とグラフに対してはデータ補間回路240,2 After characters were decompressed by the decompression processing unit 238,242,248, data interpolation circuit for the image and graph 240,2
44で補間処理を施し、文字に対してはPDL処理部2 Subjected to interpolation processing at 44, for the character PDL processing section 2
46でPDL処理を行う。 Performing the PDL processing at 46. そして、補間又はPDL処理された画像,グラフ,文字を合成回路250で合成し、 Then, to synthesize interpolation or PDL processed images, graphs, text in combining circuit 250,
メモリ770に記憶する。 It is stored in the memory 770. このメモリ770に記憶されているデータというのは既にスクリーン768に投影できるデータであり、よってそれをD/A変換部252でD/A変換して、プロジェクタ764や電子OHP76 This because the data stored in the memory 770 is data already be projected on the screen 768, thus it was D / A converted by the D / A converter 252, the projector 764 and electronic OHP76
6に出力する。 And outputs it to the 6. この場合、メモリ770は、アドレス制御部772により制御される。 In this case, the memory 770 is controlled by the address control unit 772. 一方、音声の方は、伸長処理部256でそのまま伸張し、データ補間回路258 On the other hand, it's voice, as it is decompressed by the decompression processing unit 256, the data interpolation circuit 258
で補間した後、D/A変換部266でD/A変換し、セレクタ774を介してプロジェクタ764や電子OHP In after interpolation, D / A conversion by the D / A conversion unit 266, the projector 764 and the electronic OHP via the selector 774
766に内蔵された、或は外部のスピーカ776に出力される。 Built in 766, or is output to an external speaker 776.

【0386】さらに、音声合成コード化されたデータは、音声合成部260で音声に変換され、D/A変換部266に入力される。 [0386] Furthermore, is speech synthesized coded data is converted into speech by the speech synthesis unit 260, is input to the D / A converter 266.

【0387】また、例えば、プレゼンテーションの最中に必要に応じて文章をそのまま読ませるような場合には、表示用の文字コードから文章認識部271で文章として認識後、音声合成部260で音声に変換後、最終的に、スピーカ776から音声が出力されることになる。 [0387] Also, for example, in the case that it is to read a sentence as required during the presentation and recognizes as a sentence in the sentence recognition unit 271 from the character code for display, to the speech by the speech synthesis unit 260 after conversion, finally, the audio may be output from the speaker 776.

【0388】この場合、朗読用の音声合成コードを別に記録しておく必要が無いので、その分、より多くの情報をドットコードに入れておくことができる。 [0388] In this case, since there is no need to separately record the voice synthesis code for reading, by that amount, it is possible that you put more information into a dot code.

【0389】また、この場合、どのような電子投影機系をもってきても接続可能なように、投影機の選択手段7 [0389] In this case, Bring any electronic projector system as is connectable projectors selection means 7
78を設け、例えば、プロジェクタ764がハイビジョン対応のものであるとか、NTSCのみの対応であるというようなことを選択できるようにしている。 78 is provided, for example, the projector 764 is to select something like that HD Toka corresponding is of a compatible NTSC only. つまり、 That is,
出力系としての電子投影機系により、メモリ770上に文字をどのような大きさに割り振るか等の処理が変わる。 The electronic projector system as an output system, processing or the like allocated to any size characters is changed on the memory 770. そこで、投影機選択手段778による選択に応じて、上記データ補間回路240,244やPDL処理部246での処理を変更したり、あるいはアドレス制御部772やD/A変換部252に供給されるクロック信号CKを基準クロック選択部780で変更するようにしている。 Therefore, in accordance with a selection made by a projector selecting means 778 is supplied to the data interpolation circuit 240, 244 process to change the on and the PDL processing section 246 or the address control section 772 and the D / A converter 252, the clock and so as to change the reference clock selection section 780 the signal CK.

【0390】また、プロジェクタ764や電子OHP7 [0390] In addition, the projector 764 or e-OHP7
66等の電子投影機の使用状況に於いては、例えば、同図のように文章、絵、グラフ等を含む原稿の内、文章だけを投影したい、絵だけを投影したい、またはグラフだけを投影したい、といった選択的な投影を行いたい場合がある。 In usage of the electronic projector 66 or the like, for example, the sentence as shown in the figure, a picture, of the document that contains the chart, etc., would like to project the sentence just want to project only a picture, or only projection graphs you want to, such as there is if you want to selective projection. そのようなときには、出力コントロール部78 In such a case, the output control unit 78
2によりユーザが選択できるように、あるいは、ドットコードの方に、文章別に投影せよであるとか、絵だけを投影せよであるとか、グラフだけを投影せよであるとかの情報をヘッダ情報として書き込んでおき、出力コントロール部782でそのヘッダ情報に応じて出力すべき部分を選択できるようにしている。 As the second user can select, or towards the dot code, Toka is case projecting by sentence, Toka is case projecting only a picture, writing the information of Toka is case projecting only the chart as header information Place, and can select the portion to be output in accordance with the header information in the output control section 782. そして、この出力コントロール部782での選択に従って、出力エディタ部7 Then, according to the selection in the output control section 782, the output editor section 7
84は、どの部分を投影するかという切り分け作業を行い、アドレス制御部772にメモリ770のその部分をアクセスさせて投影用のデータを出力させる。 84 performs the isolation work of either projection which part, by accessing the portion of the memory 770 to the address control section 772 to output the data for projection. また、上記出力エディタ部784は、このようなエリア分割の処理以外に、電子ズームの処理、つまり最初は原稿全部を投影し、その後、文章の一部や絵だけを拡大していくというような処理、及びその時に文章の一部や絵の部分だけ焦点を合わせて拡大していくという形の編集処理を行えるようにすることもできる。 Further, the output editor section 784, in addition to the processing of such area division processing of the electronic zoom, i.e. initially projects the whole document, then, as that expanding only a portion or picture sentences treatment, and may if it allows for the editing processing in the form of expanding focus only a portion of some or pictures of text thereon. そのような処理を行う場合には、この出力処理部762に入力部と表示部とを設け、グラフィカルユーザーインタフェース等のような処理をして、実際に拡大部分を指定できるように構成するのが好ましい。 When performing such a process, and a display unit input unit to the output processing unit 762 is provided, and the processing such as graphical user interfaces, is to configured to allow the specified actually enlarged portion preferable.

【0391】また、音声は、ドットコードとして入力されてD/A変換部266から出力されるものだけでなく、外部マイク786からの音声とをセレクタ774により選択できるようにしている。 [0391] The audio is not limited to be output is input as a dot code from the D / A converter 266, so that the audio from the external microphone 786 can be selected by the selector 774.

【0392】なお、ペン型情報再生装置760には検出部184だけを構成し、走査変換部186から以降を出力処理部762の方に盛り込んでも良いし、逆に、分離部196までもペン型情報再生装置760の方に持たせて、分離されているデータがなんらかの形で出力処理部762に送られてくるという構成しても良い。 [0392] Incidentally, constitute only the detection section 184 in the pen type information reproducing apparatus 760, may incorporate towards the output processing unit 762 or higher from the scan conversion unit 186, conversely, it is a pen-type to the separating portion 196 made to have towards the information reproducing apparatus 760, data that is separated it may be configured that sent to the output processing unit 762 in some way. 実際には、手で持つことを考えると、ペン型情報再生装置76 In fact, considering that held in the hand, the pen type information reproducing apparatus 76
0は、できるだけ小さくするのが好ましいので、検出部184だけを設け、後の処理は出力処理部762の方で行なうとするのが好ましい。 0, because it is preferable as small as possible, that the only detector 184 is provided, subsequent processing is performed in the way of the output processing unit 762 preferably.

【0393】図65の(A)は、上記電子投影機の代わりに、複写機788、光磁気ディスク装置(MO)79 [0393] (A) in FIG. 65, instead of the electronic projector, a copying machine 788, a magneto-optical disk device (MO) 79
0、プリンタ792に出力する場合を示すもので、出力処理部は、パソコン等794にハードウェア的或はソフトウェア的に内蔵され、出力処理部の出力は、オンライン又はフロッピ796等によるオフラインで、複写機7 0, shows a case of outputting to the printer 792, the output processing unit is built into the personal computer or the like 794 in hardware or software, the output of the output processing unit is off-line by line or floppy 796 or the like, copying machine 7
88、MO790、プリンタ792に供給されるという状況を示している。 88, MO790, shows a situation is supplied to the printer 792. また、同図の(B)は、出力処理部をプリンタ792や電子手帳798に装着されるカード型アダプタ800として構成した場合を示している。 Further, in FIG. (B) shows a case where the output processing unit as a card type adapter 800 to be mounted in the printer 792 or an electronic notebook 798.

【0394】この場合の出力処理部762の実際の構成は、図66に示すようになる。 [0394] The actual configuration of the output processing section 762 in this case is as shown in FIG. 66.

【0395】先ほどの投影機の実施の形態と同じように、マルチメディア情報が入力され、分離部196で画像,グラフ,文字が分離され、それぞれが伸長処理部2 [0395] As with the embodiment of the previous projector, multimedia information is input, the image separation section 196, graph, characters are separated, each expansion unit 2
38,242,248で伸張されて、画像及びグラフに関してはデータ補間回路240,244で補間、文字に関してはPDL処理部246でPDL処理を行なって、 Is stretched at 38,242,248, with respect to the image and graph interpolated by the data interpolation circuit 240, 244, with respect to the character performs a PDL processing in the PDL processing section 246,
合成回路250で合成されて、メモリ770に記憶される。 Are combined by the combining circuit 250, it is stored in the memory 770. メモリ770はアドレス制御部772により制御され、読出されたデータは補間部802及びD/A変換部252を介して実際に出力されるデータを確認するため編集モニタ804に出力される。 Memory 770 is controlled by the address control unit 772, the read data is output to the editing monitor 804 to confirm the data to be actually output through the interpolation section 802 and the D / A converter 252. なお、この編集モニタ804は、無くても良い。 In addition, the editing monitor 804, it may be omitted.

【0396】また、メモリ770から読出されたデータは、合成部806にも入力される。 [0396] Also, data is read from the memory 770 is also input to the combining unit 806. この合成部806 The synthesis unit 806
は、ペン型情報再生装置760からのマルチメディア情報をコード化部808で再度ドットコードにして、それを出力適応補間部810で、出力すべきプリンタ792 Is then re-dot code in the code section 808 the multimedia information from the pen type information reproducing apparatus 760, an output adaptive interpolation section 810 it, the printer 792 to be output
等の解像度に合わせた出力補間を行なって、それとメモリ770からのデータとを合成する。 By performing output interpolation to match the resolution of equal therewith combines the data from the memory 770. つまり、文章や絵にドットコードを付け加えて、I/F812を介してプリンタ792や複写機788に出力する。 That is, adds a dot code to sentences and a picture, and outputs it to the printer 792 and the copier 788 via the I / F812.

【0397】出力選択手段814は、プリンタ792で出力する場合に、そのプリンタ792を当該出力部76 [0397] The output selection means 814, is output in the printer 792, the output unit 76 of the printer 792
2に繋いだときにその機種が分かれば、自動的に解像度の方の設定に入り、またフロッピ796等でオフラインで送る場合であると機種が分からないので、そのようなときにはマニュアルで切り換えるものとする。 If you know the model when it was connected to 2, automatically enters the configuration towards the resolution, and since that the case be sent in off-line in the floppy 796 or the like is the model do not know, and those to switch manually when such to.

【0398】このような構成では、文章等はそのままコピーやプリントされ、ドットコードはその出力の媒体の解像度に合わせて出力することが可能となる。 [0398] In this arrangement, sentences, etc. is copied or printed, the dot code can be output in accordance with the resolution of the medium of its output.

【0399】また、電子手帳798に接続する場合には、ドットコードは入力しないために、ドットコードを記録する系が不要となる。 [0399] Further, when connecting to the electronic organizer 798 to the dot code is not entered, the system for recording a dot code is not required. 構成は、図52とほぼ同じである。 Configuration is almost the same as FIG. 52. 図67は、現在、ワープロのデータフォーマットが機種毎に異なるということに対処するため、それぞれの機種毎のフォーマットに直すようなフォーマット変換部816を設けた実施の形態である。 Figure 67 is currently, the data format of the word processor to cope with the fact that different for each model, which is the embodiment in which a format conversion unit 816 as fix the format of each respective model. フォーマット変換部816は、機種選択手段818としてのワープロセレクトスイッチを持ち、ドットコードをペン型情報再生装置760で読み込み、選択に基づいてデータを変換して、ワープロ820に入力する。 Format conversion unit 816 has a word processor select switch as model selection unit 818 reads a dot code with a pen type information reproducing apparatus 760, converts the data based on the selection, and inputs to the word processor 820.

【0400】フォーマット変換部816は、実際には、 [0400] The format conversion unit 816, in fact,
図68に示すように構成される。 Configured as shown in FIG. 68. 即ち、データ補間回路240,244,258、PDL処理部246、及び音声合成部260での処理後、それぞれのデータを対応するフォーマット変換回路822,824,826,82 That is, the data interpolation circuit 240,244,258, after treatment with the PDL processing unit 246 and the speech synthesis unit 260, the corresponding format converter respective data 822,824,826,82
8で上記機種選択手段818での選択に応じてフォーマット変換するように構成されている。 It is configured to format conversion in accordance with the selection in the model selection unit 818 at 8.

【0401】図69は、ドットコードの記録されたシート(以降、マルチメディアペーパと称す)をFAX送受信する場合のシステム図である。 [0401] Figure 69 is a system diagram of a case where recording sheets (hereinafter, referred to as multimedia paper) of the dot code FAX transmitting and receiving. これは、FAX用マルチメディア情報記録機830で作られたドットコードをプリンタ792でプリントアウトして、送信側FAX8 This dot code made by FAX multimedia information recording unit 830 and printed out by the printer 792, the transmission side FAX8
32より受信側FAX834へ電話回線836を通して送信する。 32 from the receiving side FAX834 transmission over a telephone line 836. 受信側FAX834ではこれを受けとって、 In the reception side FAX834 you have received this,
紙の情報に戻してからペン型情報再生装置838を使ってドットコードを再生する。 After returning the information of the paper with a pen type information reproducing apparatus 838 for reproducing a dot code.

【0402】FAX用マルチメディア情報記録機830 [0402] Multi-for FAX media information recording unit 830
は、図70に示すように、マルチメディア情報記録機8 As shown in FIG. 70, the multimedia information recording unit 8
40、ドットパターン形状変換回路842、FAX選択手段844、合成編集回路846から構成される。 40, and a dot pattern shape conversion circuit 842, FAX selecting means 844, synthesis editing circuit 846. マルチメディア情報記録機840は、図13の記録系の構成に於けるマーカ付加部162までの構成を含み、合成編集回路846は合成及び編集処理部164に相当する。 Multimedia information recording apparatus 840 includes a configuration of up to at the marker addition unit 162 to the configuration of the recording system of FIG. 13, the synthetic edit circuit 846 corresponds to synthesizing and editing processor 164.
そして、ドットパターン形状変換回路842及びFAX Then, the dot pattern shape conversion circuit 842 and the FAX
選択手段844は、図58,図59中のドットパターン形状変換回路706及びFAX解像度選択部714に相当する。 Selection means 844, FIG. 58, corresponding to the dot pattern shape conversion circuit 706 and the FAX resolution selection section 714 in FIG. 59.

【0403】この場合、電話回線836で送信側FAX [0403] In this case, the transmission side FAX over a telephone line 836
832から受信側FAX834に回線を繋いだ時、受信側FAX834から送信側FAX832に着信の状況というものを返してくるので、このデータを手動であるいは直接、FAX選択手段844に与え、FAXの解像度 832 when connecting the line to the receiving side FAX834 from so coming return something that status of the incoming to the transmission side FAX832 from the receiving side FAX834, manually or directly to the data, given the FAX selection unit 844, FAX resolution
即ち分解能をセレクトして、ドットパターン形状変換回路842にてドットコードのパターンのサイズ、あるいは、1行に書ける量に応じて形状そのものを変えて、合成編集回路846にて紙面情報と合成し、プリンタ79 That is, a selection of resolution, size of the pattern of the dot code by the dot pattern shape conversion circuit 842 or by changing the shape itself according to the amount of write on one line, combined with the paper information in Synthesis editing circuit 846, printer 79
2でプリントアウトすることにより、FAX送信するマルチメディアペーパを印刷する。 By printing out at 2, to print a multimedia paper to be FAX transmission.

【0404】図71は、そのような処理を全て自動化して、初めからFAX送受信手段までも記録機の方に持たせたFAX内蔵マルチメディア情報記録機848を示すものである。 [0404] Figure 71 is such processing all automate shows a FAX built multimedia information recording apparatus 848 also imparted towards the recording machine to FAX transmitting and receiving means from the beginning.

【0405】この場合は、直接相手方FAXの分解能情報を電話回線836で繋いだ時点で確認し、その情報を使って、ドットパータンの形状を最適化して、紙面情報と合成して送信を行なう。 [0405] In this case, make sure at the time that connects the resolution information of direct counterparty FAX on the telephone line 836, using that information, to optimize the shape of dots per Tan, carry out the synthesis and transmitted to the plane information.

【0406】図72の(A)は、同図の(B)及び(C)に示すようなドットコードを印刷したカード(以下、マルチメディアペーパ(MMP)カードと称する) [0406] (A) in FIG. 72, printed cards dot code shown in the same figure (B) and (C) (hereinafter, referred to as multimedia paper (MMP) cards)
を記録再生するオーバライト型MMPカード記録再生装置の構成を示す図である。 The is a diagram showing a configuration of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus for recording and reproducing.

【0407】この記録再生装置850は、不図示カード挿入スリットに挿入されたMMPカード852をカード搬送用ローラ部854によりドットコード検出部856 [0407] The recording and reproducing apparatus 850, the dot code detection section 856 of the MMP card 852 inserted into the unillustrated card insertion slot by the card conveyance roller section 854
に搬送し、MMPカード852の裏面に既に書き込まれているドットコードを読み取り、データコード再生部8 Transported to read the dot code already written on the back of the MMP card 852, data code reproducing section 8
58にて元のマルチメディア情報に変換して、不図示I 58 is converted to the original multimedia information at, not shown I
/Fやデータ分離部へ出力する。 Output to / F and the data separating unit. つまり、ドットコード検出部856は図15又は図20の(D)に示したような構成に於ける検出部184に相当し、またデータコード再生部858は同じく走査変換部186からデータエラー訂正部194までの回路構成を有している。 That is, the dot code detection section 856 FIG. 15 or corresponding to at detector 184 to the configuration shown in (D) in FIG. 20, and the data code reproducing section 858 also data error correction section from the scan conversion unit 186 It has a circuit configuration of up to 194. ただし、ドットコード検出部856は、カードの両面に対して撮像部を設けてあり、この内のカードの裏面に対するものが検出部184の撮像部204として利用される。 However, the dot code detection section 856, is provided with an imaging unit with respect to both sides of the card, one for the back of the card of this is used as an imaging unit 204 of the detector 184.
またここで、MMPカード852は、図72の(B)に示すようにカード裏面にドットコードの記録領域852 In this case, MMP card 852, recording area 852 of the dot code on the card back surface as shown in (B) of FIG. 72
Aがあり、表面には同図の(C)に示すようにタイトルや名前、絵等の画像が記録されるものとする。 There is A, the surface shall title or name, an image such as a picture is recorded, as shown in the figure (C).

【0408】また、この記録再生装置850は、外部のパソコンや記憶装置等からI/F860を介して、カードに既に書かれている情報以外の情報が供給され、ドットコードとしてカード裏面に書かれるべき情報はデータ合成編集部862に供給されてデータコード再生部86 [0408] Further, the recording and reproducing apparatus 850 through the I / F860 from an external PC or storage device, the information other than the already written information is supplied to the card, is written on the card back surface as a dot code to information is supplied to the data synthesis editing unit 862 data code reproducing section 86
2で再生された情報と合成され、例えば、従来データにはない新規情報がI/F860から入力された場合には、例えばアドレスがその次のアドレスになって新たに追加されていく、あるいは一部変更の場合は、その一部変更する部分だけ差し替えという形で、データの合成編集が行われる。 Is combined with regenerated information 2, for example, when a new information over traditional data is input from the I / F860 is gradually newly added example address becomes the next address, or single for part changes, in the form of replacement only the portion to change a part of the synthesis editing data. こうして合成編集された情報は、コードパターン生成部864に入力され、ドットコードに変換される。 Information thus synthesized edited is input to the code pattern generation section 864, and is converted into a dot code. このコードパターン生成部864は、図13に示したような構成を有し、生成したドットコードとI/ The code pattern generation section 864 has a configuration as shown in FIG. 13, the generated dot code and I /
F860からのコード以外に印刷するデータとの合成及び編集も行って、印刷部866に印刷すべきデータを渡す。 Synthesis and even if editing of data to be printed in addition to the code from F860, and passes data to be printed to the printing unit 866. この印刷部866には、上記ドットコード検出部8 The printing section 866, the dot code detection section 8
56からMMPカード852表面の絵柄データも供給され、給紙カートリッジ868から給紙される何も印刷さていないカードの表裏両面に印刷を行って、新しいMM 56 picture data of the MMP card 852 surface is supplied from performing printing on both sides of the card that nothing is printed which is fed from the sheet feed cartridge 868, the new MM
Pカードをカード搬送用ローラ部870により不図示カード排出スロットに搬送して排出する。 The P card by the card transport roller unit 870 conveys and the unillustrated card discharge slot. なお、印刷部8 In addition, the printing unit 8
66での両面印刷については、カードの一方の面に対する印刷終了後そのカードを反転させて他面の印刷を行う形式でも良いし、同時に両面に対して印刷する形式のものでも良い。 For duplex printing at 66 may be in a form that performs the other surface of the printed by inverting the card after printing for one side of the card, may be of the type to be printed against the two sides at the same time.

【0409】また一方、古いカードは、ドットコード検出部856を通過した後、その後段の塗り潰し用塗布ローラ872により、例えば黒塗り潰し用のインクを塗布されて、コード記録領域852Aを真っ黒く塗ってしまうという形で排出される。 [0409] On the other hand, the old card passes through the dot code detection section 856, by filling a coating roller 872 of a subsequent stage, for example, is applied to the ink for black fill, thus painted Makkuroku the code recording area 852A and it is discharged in the form of. ユーザは、その結果、塗り潰された元のカードを返却されることができるので、古いカードが悪用されるという恐れが無くなる。 The user, as a result, it is possible to be returned to the original card filled, it fears that the old card is misused eliminated.

【0410】このように、本実施の形態のオーバライト型MMPカード記録再生装置850によれば、もう既にある程度記録されているカードをこの記録再生装置85 [0410] Thus, according to the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus 850 of this embodiment, already the recording and reproducing apparatus cards are somewhat recorded 85
0に入れてやると、その情報を読んで、そして新たに追加する情報と組合せて、新しいカードを発行するというものであり、ユーザから見た場合には、あたかも古いカードに対して、さらにデータが追加されてカードが出てきたような形に見える。 When 0 to put'll, read the information, and in combination with the information to be newly added, is intended to issue a new card, when viewed from the user, against as if the old card, further data There appears to be a way that added to the card came out. そして、やはり古いカードというのが残るので、その古いカードをユーザに返却する。 And, also because of that old card is left, to return the old card to the user.
従って、カードの交換という形で、あたかもオーバーライトしたような形にする。 Therefore, in the form of exchange of cards, in the form as it described as if overwriting.

【0411】図73は、オーバライト型MMPカード記録再生装置の別の構成を示す図である。 [0411] Figure 73 is a diagram showing another configuration of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus. この記録再生装置874は、基本的には図72の(A)の記録再生装置850と同じであるが、古いカードをユーザに返却する必要のない用途の場合の装置である。 The recording and reproducing apparatus 874 is basically the same as the recording and reproducing apparatus 850 (A) of FIG. 72, a device in the case of not requiring the application to return the old card to the user. 従って、この記録再生装置874は、古いカードを裁断するシュレッダ8 Therefore, shredder 8 the recording and reproducing apparatus 874, cutting the old card
76をドットコード検出部856の後段に配している。 Are arranged downstream of the dot code detection section 856 to 76.

【0412】図74の(A)は、オーバライト型MMP [0412] (A) of FIG. 74, the overwrite type MMP
カード記録再生装置のさらに別の構成を示す図である。 Is a diagram illustrating still another configuration of the card recording and reproducing apparatus.
この記録再生装置878の場合は、MMPカードの構成が、上記MMPカード852とは異なっている。 In this case of the recording and reproducing apparatus 878 in the configuration of the MMP card is different from that of the MMP card 852. 即ち、 In other words,
先ほどのMMPカード852は特にカードのベース自体に直に印刷したものであったが、本実施の形態のMMP But were those earlier MMP card 852 has been particularly directly printed on the base itself of the card, in this embodiment MMP
カード880は、同図の(B)に示すように、厚紙やプラスチック等のカードベース882にドットコードが記録された非常に薄いコードパターン記録薄紙(フィルム)884を貼り付けた状態で構成されるものである。 Card 880, as shown in the figure (B), is composed in a state of paste very thin code pattern recording thin paper a dot code is recorded on the card base 882, such as cardboard or plastic (film) 884 is shall.
つまりカードの裏面に、同図の(C)に示すよう印刷された薄いフィルム状のシートが貼られたものとなる。 That is, the back of the card, becomes a thin film-like sheet that has been printed, as shown in the figure (C) is adhered.

【0413】このようなMMPカード880を使う記録再生装置878では、ドットコード検出部856で読んだデータは先ほどと同じようにパソコン等からくるデータと合成され、コードパターンになって印刷部866に入ってくる。 [0413] In the recording and reproducing apparatus 878 using such MMP card 880, the data read in the dot code detection unit 856 is combined with the data coming from the same way as a personal computer or the like as before, to the printing unit 866 is in the code pattern incoming. この時に、印刷部866では、カードの裏側に印刷するのではなくて、給紙カートリッジ886からのコードパターン記録用紙888に印刷し、それを新たにカードベース882に貼り付ける。 At this time, the printing unit 866, rather than to print on the back side of the card, printed on the code pattern recording sheet 888 from the paper feed cartridge 886, newly pasted to the card base 882 it. この場合、コードパターン記録用紙888は、同図の(D)に示すように、コードパターン記録薄紙884の実際に印刷する印刷面890側ではない方が、例えば接着剤等の粘着剤がついた粘着面892になっており、その上に粘着面89 In this case, the code pattern recording sheet 888, as shown in the Graph 1 (D), causing the person is not a printing surface 890 side to be actually printed code pattern recording thin 884, for example, adhesives such as an adhesive is attached has become the adhesive surface 892, adhesive surface 89 thereon
2の保護紙894が付いた構成になっている。 2 of the protective sheet 894 is made to the attached configuration. そして、 And,
印刷後、 粘着面保護紙894は粘着面保護紙剥離バー8 After printing, the adhesive surface protective sheet 894 is adhesive surface protective sheet peeling bar 8
96によって剥され、 使用済み粘着面保護紙巻取りリール898に巻き取られる。 Stripped by 96, it is wound on the used adhesive surface protective paper take-up reel 898. 粘着面保護紙894の剥離されたコードパターン記録薄紙884は粘着面892が露出され、 カード搬送及びコードパターン記録薄紙圧接用ローラ部900でカードベース882に圧接されて貼り込まれ、記録済みカードとして出ていく。 Peeling code pattern recording thin sheet 884 of the adhesive surface protective sheet 894 is exposed adhesive surface 892, pasted it is pressed against the card base 882 by the card transport and the code pattern recording thin pressure roller unit 900, as recorded card to go out.

【0414】この場合、コードパター記録薄紙884 [0414] In this case, the code pattern recording thin sheet 884
は、非常に薄いフィルム状のものであるので、カードベース882に対して重ね貼りしていくものでも良いが、 Since it is of a very thin film-like, may be those that continue to stick piled to the card base 882 but,
薄いとはいっても何枚も重ねていくと厚みが出てくるので、ドットコード検出部856から圧接用ローラ部90 Since the thin and if we also piled many pieces to say comes out the thickness, the pressure roller 90 from the dot code detection unit 856
0までのカードの搬送経路途中に、旧コードパターン記録薄紙剥離部902を設けて、古いコードパターン記録薄紙を剥がすようにしている。 During the card transfer path to 0, it provided the old code pattern recording thin peeling section 902, so that peeling off the old code pattern recording thin. この剥がされた古いコードパターン記録薄紙は、そのまま排出しても良いし、シュレッダーをかけても構わない。 This peeled old code pattern recording thin paper was may be discharged as it is, it may be multiplied by the shredder.

【0415】なお、同図(A)中の付加情報付加部90 [0415] Incidentally, the additional information addition section 90 in FIG. (A)
4は、例えば、元のカードに対していつこの記録再生装置878で記録したのかという時間関係を示す情報、あるいはこの記録再生装置878をサービスセンタにつながれた端末として利用した時にどの端末であるかというような情報を付加するためのものである。 Or 4 is, for example, which terminal when using the information indicating the time relationship always tell when recorded in the recording and reproducing apparatus 878 to the original card, or the recording and reproducing apparatus 878 as a terminal which is connected to the service center it is for adding information such as. それによって、どの記録再生装置878を使ったかとか、どれだけのブランクを置いて記録されたかというようなことがわかる。 Thereby, which recorded Toka or using the playback device 878, how much of the blank it can be seen that such that if they were recorded at the.

【0416】図75は、オーバライト型MMPカード記録再生装置のさらに別の構成を示す図である。 [0416] Figure 75 is a diagram showing still another arrangement of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus. この記録再生装置906は、基本的には図72の(A)の記録再生装置850と同じであり、黒く塗り潰す代わりに逆に白く塗り潰して、そこをもう一度新たな印刷面にするというものである。 The recording and reproducing apparatus 906 is basically the same as the recording and reproducing apparatus 850 (A) of FIG. 72, fills white reversed instead of black out, but that there again new print surface is there. そのため、ドットコード検出部856 Therefore, the dot code detection unit 856
後段に、白色塗り潰し用インクカートリッジ908と白色塗り潰し用インク塗布ローラ910を配した構成にしてある。 Downstream, it is in the configuration which arranged white fill ink cartridge 908 and the white fill ink application roller 910.

【0417】これにより、MMPカード裏面が一旦白くなるので、そこに新たに印刷部866で印刷してやることになる。 [0417] Thus, the MMP card back is once white, so that'll be newly printed by the printing unit 866 in there. なお、新たにカードを発行する場合もあるので、給紙カートリッジ868を配しているが、これはなくても良い。 Since there is a case of issuing a new card, but by arranging the paper feed cartridge 868, which may not.

【0418】次に、追記型のMMPカード記録再生装置を説明する。 [0418] Next, a description will be given of the write-once type MMP card recording and reproducing apparatus. 追記型とは、古い情報はそのまま残し、新たな情報だけを、まだ未記録領域がある限り、そこに追加していくものである。 The write-once type and the old information is left as it is, the only new information, as long as there is still an unrecorded area, but continue to add to it. この場合、カードのデータ再生が目的のとき以外、つまり記録時には、前述のオーバライト型の装置のようにドットコードの全ての再生処理を行う必要はない。 In this case, except when the data reproduction of the card of interest, i.e. at the time of recording, it is not necessary to perform all reproduction processing of a dot code as in the above overwrite type apparatus.

【0419】図76の(A)は追記型のMMPカード記録再生装置912の構成を示す図である。 [0419] (A) in FIG. 76 is a diagram showing the structure of a write-once type MMP card recording and reproducing apparatus 912. 記録時には、 At the time of recording,
データコード再生部858は、二次元ブロックのマーカ情報とアドレス情報だけの再生を行い、コードパターン生成部864で追記部分のブロックアドレスを生成し、 Data code reproducing section 858 performs the reproduction of only the marker information and address information of two-dimensional blocks, and generates a block address of the write-once portion by the code pattern generation section 864,
追記ドットコードパターンを作成する。 To create a recordable dot code pattern. また、記録済み領域検出部914は、カードの記録済み領域を検出する。 Further, the recorded area detection section 914 detects a recording area in the card. そして、印刷部866は、記録済み領域検出部91 Then, the printing unit 866, the recorded area detection section 91
4からの情報に基づいて、カードの未記録領域(追記可能領域)にコードパターン生成部864からのパターンを印刷する。 Based on information from the 4, printing a pattern from the code pattern generation unit 864 in the unrecorded area of ​​the card (recordable area).

【0420】記録済み領域検出部914は、同図の(B)に示すように、記録領域検出部916、マーカ検出部918、最後部マーカ座標算出部920、及び追記開始座標出力部922から構成されている。 [0420] recorded area detection section 914, as shown in FIG. (B), composed of the recording area detection unit 916, the marker detecting unit 918, the end portion marker coordinate calculation section 920, and additional recording start coordinates output unit 922 It is. 即ち、マーカとブロックのサイズは分かっているので、自動的にコード記録領域のどこまで書かれているのかというのは、 That is, since the size of the marker and the block is known, automatically because how far is written in the code recording area,
記録領域検出部916及びマーカ検出部918で検出できる。 It can be detected by the recording area detection unit 916 and the marker detection section 918. よって、最後部マーカ座標算出部920で追記の開始の座標を算出して、追記開始座標出力部922から出力する。 Therefore, to calculate the starting coordinates of the write-once in the last portion marker coordinate calculation section 920, and outputs the write once start coordinate output section 922.

【0421】また、記録済み領域検出部914は、図7 [0421] Further, the recorded area detection section 914, FIG. 7
7の(A)に示すように構成しても良い。 It may be constructed as shown in 7 of (A). ただしこの場合は、同図の(B)に示すように、どこまで記録したかを示す記録済みマーク 924をカード余白部分に記録しておくことが必要がある。 In this case, however, as shown in FIG. (B), it is necessary to record the recorded mark 924 indicating how far recorded on the card margin.

【0422】記録済み領域検出部914では、記録済み [0422] In the recorded area detection unit 914, recorded
マーク検出部926によりこの記録済みマークを検出して、最後部記録済みマーク座標算出部928でどこまで書かれているかというのを算出して、追記の開始座標を追記開始座標出力部922より出力する。 Detects this recorded mark by the mark detection unit 926, calculates the because how far is written in the last portion recorded mark coordinate calculating unit 928, outputs from the write once start coordinate output section 922 start coordinates recordable . つまり、細かいドットコードのマーカまでを見にいかなくても、もっと大きな記録済みマーク 924を検出することで検出し易くしている。 In other words, even if not to see until the marker of the fine dot code, are easily detected by detecting a larger recorded mark 924.

【0423】なお、この記録済みマーク 924はさらに、印刷部866 に於ける位置合わせ用にも利用できる。 [0423] Incidentally, the recorded marks 924 further can be utilized for alignment in position to the printing unit 866. 即ち、先の例であれば、印刷部866 に於ける位置合わせもやはりまたドットコードを読みにいかなければならなかったが、記録済みマーク 924を用いた場合にはそのマーク 924だけで処理ができる。 That is, if the previous example, but had go again also to read the dot code also in alignment to the printing unit 866, the mark 924 only process in the case of using a recorded mark 924 it can. つまり、記録済みマーク 924の検出により、記録済み領域と追記部部分の間に、例えば1mm程度離して記録しても良いし、同図の(B)に示す向きに於いて上下方向に1mm That, 1 mm by detecting the recorded marks 924, during the additional recording portion between a recorded area, for example may be recorded apart about 1 mm, in the vertical direction at the direction shown in the figure (B)
程度ずれて記録してもかまわないので、非常に簡単に追記することができる。 Since it is also possible to record shift degree, it is possible to write once very briefly. ただし、追記内容によっては、記録済みブロックのブロックアドレスを読むようにすると、その最終ブロックアドレスの次のブロックアドレスを付加することで、追記する部分のブロックアドレスに1つのコードとしての連続性を持たせることができる。 However, the write-once contents, if you read the block address of the recorded block, by adding the next block address of the last block address, have continuity as one code to the block address portion postscript it can be.

【0424】図78の(A)は、上記のようなオーバライト型或は追記型のMMPカードを使った一つの応用例として、名刺カード読み取りシステムを示している。 [0424] in FIG. 78 (A) is, as one application example of using overwrite type or write-once MMP card as described above, shows a business card card reader system. このシステムは、ドットコードでマルチメディア情報が記載されたMMP名刺カード930をMMP名刺カードリーダ932で読み取り、パソコン等93 のCRT93 The system reads the MMP name card card 930 multimedia information is described by a dot code in MMP name card card reader 932, such as a personal computer 93 4 CRT93
に画像を表示し、スピーカ938から音声を発生させるものである。 Image is displayed on the 6, those which generate sound from the speaker 938. MMP名刺カードリーダ932は、特に構成上、これまで説明した情報再生装置と変わりないもので、ただ名刺カードを読み取るので、ペン型に構成するよりは据え置き型に構成したものである。 MMP name card card reader 932, in particular the configuration, which does not change with the information reproducing apparatus described so far, since only read the business cards card, from constituting a pen is obtained by constituting the stationary. もちろん、 of course,
先に説明したようにペン型情報再生装置とカード型アダプタの形式で提供し、電子手帳等にて表示や再生するようにしても良い。 As previously described and provided in the form of a pen type information reproducing apparatus and the card type adapter, it may be displayed or reproduced by an electronic notebook or the like.

【0425】MMP名刺カード930は、先に説明したオーバライト型或は追記型のMMPカードのように、同図の(C)に示すような表面に会社名や所属、氏名、住所、電話番号を記したカードの裏面にドットコードを印刷しても良いし、裏面も英文を記載した名刺の場合には、同図の(B)に示すように、先に説明したような赤外発光性のインクや蛍光インクを使ってドットコードをステルス印刷940しても良い。 [0425] MMP business card card 930, as of overwrite type or write-once type MMP card of the previously described, company name and belong to the surface, such as shown in the figure (C), name, address, phone number it may be printed dot code on the back of the card that describes the, in the case of a business card backside also described in English, as shown in the same figure (B), infrared luminescent as previously described of ink, fluorescent ink may be stealth printing 940 the dot code using.

【0426】次に、半導体ウエハエッチング式で形成したMMPカードを説明する。 [0426] Next, the MMP card formed by the semiconductor wafer etching type. これは、半導体ウエハ上に、半導体のエッチング技術を利用して、非常に微細なドットパターンを記録したものである。 This is on a semiconductor wafer, by using a semiconductor etching technique, is obtained by recording a very fine dot pattern. 鏡面仕上げのウエハ面と、エッチングされたパターン部分とでは光の反射率が異なり、そのコントラストで、ドットコードが読める。 And the wafer surface of the mirror-finished, different reflectance of light at the etched pattern portion, with its contrast, read the dot code. ここで、よりコントラストを高め、S/Nを向上させるためには、エッチングされたドットコードパターンにアルミニュームその他、反射率や色の大きく異なる部材を埋め込んでも良い。 Here, enhanced more contrast, in order to improve the S / N is aluminum Other dot code pattern is etched, may be embedded largely different members of reflectance and color.

【0427】図79の(A)及び(B)、及び図80の(A)乃至(C)はその構成を示す図で、ドットコードパターンの記録されたウエハ部942が、カード本体9 [0427] in FIG. 79 (A) and (B), in and FIG. 80 (A) to (C) is a diagram showing the configuration, the wafer portion 942 which is recorded in the dot code pattern, a card body 9
44のベース946に埋め込まれる。 It is embedded in the base 946 of 44. この場合、ドットコードパターンは、数μmか、サブμmレベルのドットサイズで記録されるので、非常に高密度な記録ができる。 In this case, the dot code pattern, several μm or so is recorded with a dot size of the sub μm level, it is very dense record. これにより、例えば、ギガバイト単位のROMカードができる。 Thus, for example, it can ROM card gigabytes.

【0428】さらに、ROM−ICと異なり、電気的に正常動作する必要が無いため、パターンの一部が不良でも、再生機内のエラー訂正処理で訂正可能であるため、 [0428] Further, unlike the ROM-IC, it is not necessary to electrically operated normally, since also part of the pattern defect can be corrected in the error correction processing of the playback machine,
ROM−ICに比べるとはるかに歩留まりが向上し、さらに工程もICに比べてはるかに少ないため、非常に安価に供給できるメリットがある。 Much better yield than the ROM-IC, since further step is also much less compared to the IC, there is a merit of a very low cost supply.

【0429】しかし、非常に細かいピッチであるため、 [0429] However, since it is a very fine pitch,
ちょっとしたゴミや指紋等の汚れに対して注意を要する。 It requires attention to dirt, such as a little dust and fingerprints. それを保護するために、例えば図79の(A)及び(B)に示すように、カード944のウエハ 942面の方にスライド式の複数枚の保護カバー948を付けたり、図80の(A)乃至(C)に示すような1枚の保護シャッタ950を取り付けている。 To protect it, for example, as shown in (A) and (B) in FIG. 79, or with a plurality of protective cover 948 for sliding towards the wafer 942 surface of the card 944, in FIG. 80 ( attach the one protective shutter 950 as shown in a) to (C).

【0430】この場合、保護カバー948は、例えば4 [0430] In this case, the protective cover 948 is, for example, 4
枚構成でなり、必要な箇所だけを開いたり、襖開きにしたりと、開き方には何種類かの選択も可能であるし、カード挿入時に片側に全部開くようにしても良い。 Made of a single configuration, where only the open or necessary, and or to the opening sliding doors, to the how to open it is also possible to several kinds of selection, it is also possible to open all to one side when the card is inserted.

【0431】一方、保護シャッタ950の場合には、カード挿入時に全部開き、カードを抜くと同時に閉まる構成となっている。 [0431] On the other hand, in the case of a protection shutter 950, open all when the card is inserted, which is at the same time it closed configuration and pull out the card. これは、例えば、図80の(B)及び(C)に示すように、カードベース946にウエハ部9 This, for example, as shown in FIG. 80 (B) and (C), the wafer portion in the card base 946 9
42が落とし込まれ、そこのカードベース946に溝9 42 is dropped, the groove 9 in the bottom of the card base 946
52がそれぞれ両脇に切ってあって、そこを挟むような形で保護シャッタ950が入っている。 52 suddenly finds cut on both sides, respectively, are protected shutter 950 is entered in such a way to sandwich there. 保護シャッタ9 Protection shutter 9
50の側面の爪部954先端にはストッパ956が設けられ、受けるカードベース946側は、保護シャッタ9 The pawl portion 954 tip 50 side of the stopper 956 is provided, the card base 946 side which receives the protective shutter 9
50が所定位置を越えて開かないように、ストッパ95 As 50 does not open beyond a predetermined position, the stopper 95
6が所定位置にきたときにそこで止めるために溝952 It grooves 952 for 6 stops there when come to the predetermined position
の深さが浅くなっている。 The depth of the has become shallow.

【0432】このような半導体ウエハエッチング式で形成したMMPカードからドットコードを再生する時には、前述したようなペン型情報再生装置でも構わないが、ただしその時には結像光学系を顕微鏡レベルのものにする必要がある。 [0432] When reproducing the dot code from the MMP card formed by the semiconductor wafer etching type, but may be a pen type information reproducing apparatus as described above, except in those imaging optical system of the microscope level at the time There is a need to. あるいは、ラインセンサ的な形で、 Alternatively, the line sensor fashion,
機械的に動かすというな構成にしても良い。 It may be Do not configure say that mechanically move.

【0433】図81の(A)は、ドットコードデコード機能付きディスク装置958、即ち、音楽等のオーディオ情報を光磁気ディスクに記録再生する公知のディスク装置の中に、新たにドットコードの再生機能及びレコード機能を付けたものである。 [0433] (A) in FIG. 81, the dot code decoding function disk device 958, i.e., in a known disk apparatus for recording and reproducing audio information such as music on the magneto-optical disk, reproducing functions of the newly dot code and is that with the record function. これは、例えば同図の(B)に示すようなシート960上のドットコードを、 This is for example the dot code on a sheet 960 as shown in the same figure (B),
操作部962で走査することによりコードを再生して、 Reproduces the code by scanning the operating unit 962,
パソコンや電子手帳等の情報機器964やイヤホン96 Information devices such as a personal computer or an electronic notebook 964 and the earphone 96
6に出力するものである。 And outputs it to the 6.

【0434】ディスク装置958は、図82に示すように、公知の構成として、スピンドルモータ968、光ピックアップ970、送りモータ972、ヘッド駆動回路974、アドレスデコーダ976、RFアンプ978、 [0434] disk apparatus 958, as shown in FIG. 82, as known arrangement, a spindle motor 968, an optical pickup 970, feed motor 972, the head drive circuit 974, an address decoder 976, RF amplifier 978,
サーボ制御回路980、EFM(Eight to Fourteen Mo The servo control circuit 980, EFM (Eight to Fourteen Mo
dulation),ACIRC(Advanced Cross Interleave dulation), ACIRC (Advanced Cross Interleave
Read Solomon Code )回路982、耐震用メモリコントローラ984、メモリ986、表示部988、キー操作パネル990、システムコントローラ992、圧縮伸長処理部994、A/Dコンバータ996、オーディオ入力端子998、D/Aコンバータ1000、オーディオ出力端子1002を有している。 A Read Solomon Code) circuit 982, shock-proof memory controller 984, memory 986, display unit 988, a key operation panel 990, the system controller 992, decompression processing unit 994, A / D converter 996, an audio input terminal 998, D / A converter 1000, and has an audio output terminal 1002.

【0435】ここで、EFM,ACIRC回路982 [0435] In this case, EFM, ACIRC circuit 982
は、ディスクの書き込み及び読み出し時のエンコード及びデコードを行う部分である。 Is a part for performing encoding and decoding at the time of writing of disk and read. 耐震用メモリコントローラ984は、振動による音飛びを防ぐために、メモリ9 Shock-proof memory controller 984, in order to prevent the skipping caused by vibration, memory 9
86を使用してデータを補間するためのものである。 86 is used to interpolate data using. 圧縮伸張処理部994は、時間軸から周波数軸に変換して符号化を行うトランスフォーム符号化方式の一種であるATRAC(Adaptive Transform Acoustic Coding)というオーディオ高能率符号化方式を用いて圧縮伸長処理を行う。 Decompression processing unit 994, a compression and expansion process using ATRAC (Adaptive Transform Acoustic Coding) audio high efficiency coding method that is a kind of transform coding method for performing coding to convert from the time axis to the frequency axis do.

【0436】本ドットコードデコード機能付きディスク装置958は、このような従来のディスク装置に、操作部962からの画像信号を受けて例えば図41の(B) [0436] This dot code decoding function disk device 958, such a conventional disk apparatus, receives an image signal from the operation unit 962 for example in FIG. 41 (B)
に於ける画像処理部460のような処理を行う画像処理部1004と、情報機器964との接続端子1006並びにそのI/F1008を設け、また、上記圧縮伸張処理部994がASIC−DSP等で構成されていることから、そこに上記ドットコードの再生用の復調やエラー訂正といったデータ処理部462の機能やその他の情報機器1008に対するデータの圧縮伸張用の処理等も入れている。 An image processing unit 1004 performs a process such as in the image processing unit 460, a connection terminal 1006 and the I / F 1008 of the information device 964 is provided, also, constituting the decompression processing unit 994 in ASIC-DSP and the like because it is, but also put there processing or the like for compression and decompression of data on the function and other information devices 1008 of the data processing unit 462 such as demodulation and error correction for reproduction of the dot code.

【0437】なお、操作部962は、例えば図41の(B)に於ける結像光学系200,撮像部204,プリアンプ206に相当する光学系1010,撮像素子10 [0437] The operation unit 962, for example in the imaging optical system 200 in (B) of FIG. 41, the imaging unit 204, an optical system 1010, which corresponds to the preamplifier 206, the imaging device 10
12,アンプ1014等を含む。 12, including amplifiers 1014 and the like.

【0438】そして、ドットコードを再生する情報再生装置に於いては、音楽等の高容量な情報の再生は通常、 [0438] Then, at the information reproducing apparatus for reproducing the dot code, playback of high-capacity information such as music is usually,
大容量のメモリを必要とするが、ディスク1016への記録再生部を持つことで、大容量のメモリを不要とすることができる。 Require large memory, but by having a recording and reproducing unit to the disk 1016, it can be eliminated a large-capacity memory. また、音の再生部分、ここでは、音の圧縮伸張処理部994やD/Aコンバータ1000等を共通に使用することができ、また、音声圧縮伸張部994 The reproduction portion of the sound, here it is possible to use compression decompression processing unit 994 and the D / A converter 1000, etc. of the sound in common, also, audio compression and decompression unit 994
をコード再生処理のデータ処理部分と共通化して、AS Made common with the data processing portion of the code reproduction processing, AS
IC−DSPによって設計することで、ローコスト化並びに小型化が図れる。 By designing the IC-DSP, attained is low cost and miniaturization.

【0439】このような構成のドットコードデコード機能付きディスク装置958は、通常のディスク装置としての音の録音,再生等、また選曲等の機能が使用でき、 [0439] dot code decoding function disk device 958 having such a configuration, recording of sound as a regular disk apparatus, reproduction, etc., also can be used functions music selection, etc.,
また、ドットコードの再生装置としても使用できる。 It is also used as a reproducing apparatus of a dot code. この切り換えは、キー操作パネル990の操作によりシステムコントローラ992で制御する。 This switching is controlled by the system controller 992 by operating the key operation panel 990.

【0440】ドットコードの再生装置として使用する場合には、例えば、次のような使用法が想定される。 [0440] When used as a reproducing apparatus of the dot code, for example, the following usage is assumed. 即ち、図81の(B)に示すように、A4のシート960 That is, as shown in (B) of FIG. 81, the sheet 960 of A4
に、楽曲名や歌手名でなる選曲用インデックスが文字で記載され、その楽曲に相当するドットコードが記録されている。 The music selection for an index composed by music name or singer name is described in a character, a dot code corresponding to the song is recorded. この場合、楽曲は、例えば3分、4分というオーダの情報であるので、かなり長くなってしまう。 In this case, the music, for example 3 minutes, because the information of the order of 4 minutes, becomes considerably long. そこで、ドットコードは複数段、同図では4段に分割して記録される。 Therefore, the dot code plurality of stages are divided and recorded in four stages in FIG. 即ち、各1つの楽曲を複数段のドットコードに分割して、各段のドットコード内に、前にも説明したようにブロックアドレスが例えばXアドレスが1,Yアドレスが1のブロックをヘッダブロックとして、その音楽内の分割された位置を示すアドレスを付してシート上に記録する。 In other words, each piece of music is divided into dot codes of a plurality of stages, the dot code of each stage, block address, for example, X-address As mentioned previously is 1, Y address header block 1 of block as is recorded on the sheet are denoted by the address indicating the division position within that music. 再生時には、その複数段のドットコードをすべてスキャンしてディスク1016に記録する。 During reproduction, it recorded on the disk 1016 by scanning all the dot codes of a plurality of stages.

【0441】その時、そのスキャンする順番をランダムに行なっても、その楽曲は上記楽曲内の位置を示すアドレスによってディスク1016の記録する位置を考慮して書き込むことができ、即ち正確な順番に記録される。 [0441] At that time, be performed order of the scan randomly, the music it can be written by considering the recording position of the disk 1016 by an address indicating the location within the song, that is, recorded in the exact order that.
例えば、図のように1つの楽曲が4段のドットコードに分割されている時、最初に2段目のドットコードを操作部962で走査しても、それが何番目のつまり2番目のドットコードであるかということがアドレスよりわかるので、ドットコードより再生されるオーディオ情報をディスク1016に録音した場合に再生時に正しい順序で再生されるように1番目のドットコードの録音部分を開けて録音することができる。 For example, when a piece of music as shown in FIG. Is divided into dot codes of four stages, be scanned first dot code of the second stage by the operation unit 962, it is what number clogging second dot since it understood from the address that is either code, record audio information to be reproduced from the dot code to open the recording portion of the first dot code to be played in the correct order at the time of reproduction when recording to the disk 1016 can do.

【0442】また、例えば、楽曲Aと楽曲Cを録音し、 [0442] Also, for example, to record a song A and song C,
次に楽曲Dを録音するというような、ユーザがオリジナルなディスクを作ることが、別のオーディオ再生機、例えば、テープデッキやCD再生機等がなくてもできる。 Next, as referred to record the music D, the user can make an original disk, another audio player, for example, without a tape deck or CD player or the like.
例えば、シート960上に記録された複数の楽曲のドットコードをユーザがその選曲用インデックスを見て、再生時に再生した順番でドットコードをスキャンすることで、例えば、楽曲A,C,D,…の順番に録音でき、それを通常再生すれば、その順番で再生される。 For example, a dot code of a plurality of music pieces recorded on the sheet 960 as viewed user the music selection for index, by scanning the dot code in the order reproduced during reproduction, for example, song A, C, D, ... of it can be recorded in order, if usually play it, is played in that order. 即ち、プログラミングができる。 That is, it is programming.

【0443】なお、上記情報機器964としては、画像出力装置を使用することができる。 [0443] Incidentally, as the information device 964, it is possible to use an image output device. 例えば、FMDを使用し、圧縮伸張処理部994で、例えば特願平4−81 For example, using the FMD, in compression and decompression processing unit 994, for example, Japanese Patent Application No. 4-81
673号に記載されたようなJPEG,MPEG,それに三次元画像用伸張処理を行い、I/F1008でビデオ信号に変換することで、読み取ったドットコードに対応する三次元画像を表示することができる。 JPEG as described in JP 673, MPEG, performs decompression processing for three-dimensional image, by converting into a video signal by I / F 1008, can be displayed three-dimensional image corresponding to the dot code read . このように、本実施の形態も、オーディオ情報に限らない。 Thus, the present embodiment is also not limited to audio information.

【0444】また、同様にして、DAT等の他のディジタル記録再生装置にも適用可能なことはもちろんである。 [0444] Also, Similarly, also applicable to other digital recording and reproducing apparatus of the DAT or the like, of course.

【0445】次に、ドットコード記録機能を銀塩カメラに組み込む例を説明する。 [0445] Next, an example will be described in which incorporate the dot code recording function to a silver halide camera.

【0446】図83の(A)及び(B)は、マルチメディア情報ドットコード記録対応カメラの裏蓋1018の構成を示す図である。 [0446] Figure 83 (A) and (B) is a diagram showing the structure of a multimedia information dot code recording corresponding camera back cover 1018. これは、従来データバックという形で年月日等のデート情報をLEDアレイ1020を使って記録するというものに、さらに、ドットコードを記録する二次元のLEDアレイ1022をその横に配設した構成になっている。 Configuration which, in one of the date information Date etc. in the form of a conventional data back for recording using the LED array 1020, further which is disposed a two-dimensional LED array 1022 for recording a dot code beside It has become. データバックの後ろ側には回路内蔵部1024を有し、ここに例えばLEDアレイ102 Has a circuit incorporated unit 1024 behind the data back, here for example, an LED array 102
0の点灯コントロール等の回路が入っており、そこにさらに、マルチメディア情報ドットコードを記録する回路系を組み込み、データをドットコードとしてLEDアレイ1022により不図示銀塩フィルム上に写し込む。 0 has entered the circuit lighting control, etc., there further incorporate circuitry for recording multimedia information dot code, the LED array 1022 data as a dot code imprinted on unshown silver halide film. 例えば、回路内蔵部1024には、タイピン型のマイクロホン1026が繋がっており、マイクロホン1026から音声をひろって、その情報をドットコード記録用二次元LEDアレイ1022でドットコードという形でフィルムに露光する。 For example, the circuit built unit 1024, and connected the microphone 1026 tiepin type, by picking up sound from a microphone 1026, and exposed to film the information in the form of dot code by the dot code recording a two-dimensional LED array 1022.

【0447】データバック1018には、上記LEDアレイ1020,1022に加え、カメラ本体のCPU等を使ってコントロールするので、本体カメラボディ側との電気接点1028が用意されている。 [0447] the data back 1018, in addition to the LED array 1020 and 1022, since the control with a CPU and the like of the camera body, the electrical contacts 1028 of the main body camera body side is prepared. また、ヒンジ部1030の爪の部分1032がスライドするようになっており、爪部スライドレバー部1034を使ってカメラ本体から取り外しが可能になっている。 The portion 1032 of the pawl of the hinge portion 1030 is adapted to slide, and is removable from the camera body by using a pawl portion slide lever portion 1034. 即ち、カメラ本来の裏蓋と交換して、このデータバック1018を取り付けることが可能となっている。 That is, by replacing the camera original back cover, it is possible to attach the data back 1018.

【0448】この実施の形態は、二次元のLEDアレイ1022でドットコードを一気に記録するものの例である。 [0448] This embodiment is an example of what once recording dot code in two-dimensional LED array 1022. これに対して、図84の(A)は、ドットコード記録用LEDユニット1036を移動して二次元的にドットコードを記録するものである。 In contrast, (A) in FIG. 84 is for recording the two-dimensionally dot code by moving a dot code recording LED unit 1036. このLEDユニット1 The LED unit 1
036は、同図の(B)に示すように、ライン状のLE 036, as shown in the same figure (B), linear LE
Dアレイ1038とそれからの光を収束するつまり縮小するためのレンズ1040とからなる。 A lens 1040 Metropolitan for clogging reduced converges the light therefrom and D array 1038. そして、LED Then, LED
アレイ1038のコントロール用の信号が入るための電気信号電極1042がその両側に延びており、この信号電極1042はLEDユニット1036の移動に伴って、同図の(C)に示すようなデータバック1018側の信号電極板1044の上をスライドする形で常に接触して、そこからデータ信号が入ってくるように構成されている。 Electrical signal electrodes 1042 for signal for control of the array 1038 enters extend on both sides, the signal electrode 1042 along with the movement of the LED unit 1036, the data back as shown in the figure (C) 1018 always contact in the form of sliding over the side of the signal electrode plate 1044, and a there as incoming data signals. なお、データバック1018のフィルム押え板1046には、透明ガラスやアクリル等からなるスキャン用窓1048が設けられ、ここからLEDユニット1 Incidentally, the film pressing plate 1046 of the data back 1018, the scan window 1048 is provided consisting of a transparent glass or acrylic, etc., LED unit 1 from here
036のみが不図示フィルムに対向するように構成されている。 Only 036 is configured so as to face the not shown film.

【0449】二次元LEDアレイを使用する場合はそれを物理的に移動させなくても、電気的にそれぞれの必要な部分を点滅させれば良いが、このような一次元LED [0449] without physically moving it when using a two-dimensional LED array, it is electrically each of the required parts may be caused to blink, such one-dimensional LED
アレイ1038を使用する場合には、LEDユニット1 When using arrays 1038, LED unit 1
036を動かさなければならない。 036 must move. その移動機構としては、例えば同図の(D)に示すようなものが考えられる。 As the movement mechanism, such as those shown in the same figure (D) can be considered. 即ち、これは、良く知られたチューナーの針の移動機構と基本的には同様の構成であり、モータ1050でプーリ1052を回転させると、それに伴って、プーリ1052に巻回したワイヤ線1054に両端が固定されたLEDユニット1036が左右に移動する。 In other words, this is the well-known needle moving mechanism basically the tuner have the same configuration, rotating the pulley 1052 in the motor 1050, with it, the wire lines 1054 wound pulley 1052 wound LED unit 1036 having both ends fixed is moved to the left and right. ワイヤ線1054は、伸び縮みのないものであり、よってLED Wire line 1054 is intended without elasticity, thus LED
ユニット1036を精度良く動かすことができる。 It can be moved unit 1036 precisely. また、正確に平行移動するように、プーリ1052及びワイヤ線1054は、LEDユニット1036に関して両側に構成されている。 Further, to accurately translate the pulleys 1052 and the wire lines 1054 are configured on opposite sides with respect to the LED unit 1036.

【0450】また、LEDユニット1036の移動機構としては、同図の(E)に示すように超音波モータ10 [0450] As the moving mechanism of the LED unit 1036, an ultrasonic motor 10 as shown in the drawing (E)
56を使用することもできる。 It is also possible to use 56. この超音波モータ105 The ultrasonic motor 105
6は、超音波の波動を伝達する振動板1058に、うまく位相をずらしながら、右方向、左方向へあたかも波が移動するような形で振動を与えていき、その波に乗った形で移動体1060が右に移動したり左に移動したりするという構成のものであり、この移動体1060の移動にともなって、それに接続されたLEDユニット103 6, moved to the vibration plate 1058 which transmits the wave of ultrasound, while shifting the work phase, the right direction, will give a vibration in such a way as if it were a wave to the left direction to move, in the form of riding the wave body 1060 is of configuration that move to the left or to move to the right, along with the movement of the moving body 1060, LED unit 103 connected thereto
6も右に移動したり、左に移動する。 6 also move to the right, move to the left.

【0451】図85は、図83の(A)及び図84の(A)に示したデータバック1018の回路構成を示す図で、特に、破線で囲まれた部分がデータバック101 [0451] Figure 85 is a diagram showing a circuit configuration of the data back 1018 shown in (A) of (A) and FIG. 84 in FIG. 83, in particular, a portion surrounded by a broken line data back 101
8の構成である。 8 is a configuration of.

【0452】カメラ本体に設けられたCPU(例えば1 [0452] CPU provided on the camera body (for example 1
チップマイコン)1062は、カメラ全体の制御を行う。 Chip microcomputer) 1062 controls the whole camera. 露光制御部1064は、測光部1066からの測光データをもとに露光制御を行うもので、シヤッタ制御部1068及び絞り制御部1070によりシャッタ速度あるいは絞り、またはその両方を、目的に応じて、あるいはモードに応じて制御して、適宜最適な露光になるように制御する。 The exposure control unit 1064 is for performing original exposure control photometry data from the photometry unit 1066, a shutter speed or aperture by Shiyatta control unit 1068 and the aperture control unit 1070, or both, depending on the purpose, or controlled according to the mode, controlled to be most suitable exposure.

【0453】また、CPU1062は、レンズ側あるいは本体側に持っているレンズ情報を使って、レンズ制御量を演算し、レンズ制御部1074に必要なレンズ制御を行わせる。 [0453] In addition, CPU 1062 uses the lens information it has on the lens side or body side, and calculates a lens control amount to perform the lens control necessary for the lens control unit 1074. これは、フォーカス制御やズーム制御を含む。 This includes a focus control and zoom control. また、CPU1062は、フォーカスロックボタン1076及びレリーズボタン1078(通常は、機械的には1つのボタンで兼用されていて、独立に出てくるという形になっている)の操作に応じてシャッタ動作を制御する。 Further, CPU1062 a focus lock button 1076 and a release button 1078 (usually mechanically is being shared by one button, is in the form of coming out independently) the shutter operation according to the operation Control. さらにCPU1062は、モータ制御部108 Further CPU1062, the motor control unit 108
0により、フィルムを巻き上げるためのモータ1082 The 0, the motor 1082 for winding up the film
を制御する。 To control.

【0454】また、CPU1062は、カメラボディ側との電気接点1028を介して、データバック1018 [0454] In addition, CPU 1062 via the electrical contact 1028 for the camera body side, the data back 1018
内のマルチメディア情報記録/再生部1084、マルチメディア情報用LEDコントローラ1086、及びデート用LEDコントローラ1088とデータのやり取りができるようになっている。 Multimedia information recording / reproducing section 1084 of the inner, multi-media information for LED controller 1086, and LED controller 1088 and data exchanges for dating have become possible. デート用LEDコントローラ1088は、デート用LEDアレイ1020を発光制御して、撮影日付や時間をフィルム上に写し込むためのもので、データバック1018には、それ用の時間パターンを発生するためのデート用クロックジェネレータ10 Dating for LED controller 1088, and the light emission control dating for LED array 1020, intended to imprint the photographing date and time on the film, the data back 1018, dating to generate it for the time pattern use clock generator 10
90が内蔵されている。 90 have been built.

【0455】マルチメディア情報記録/再生部1084 [0455] multimedia information recording / reproducing section 1084
は、記録系に関しては、例えば図13の構成に於ける音声入力からコード合成編集の直前、要するにドットコードを構成するパターンを生成する部分までの構成を有し、再生系については、例えば図15の走査変換部18 Is, with respect to the recording system, for example, immediately before configuration code synthetic edit in the voice input to the FIG. 13, in short has a configuration to part for generating a pattern constituting a dot code, for reproduction system, for example, FIG. 15 the scan conversion unit 18
6からD/A変換部266までの構成を有している。 It has a configuration to the D / A converter 266 from 6. そして、マルチメディア情報用LEDコントローラ108 The multimedia information for LED controller 108
6は、このマルチメディア情報記録/再生部1084から出力されるドットコードパターンに従って、LDEアレイ1022又は1038の発光をコントロールする。 6, according to the dot code pattern output from the multimedia information recording / reproducing unit 1084, to control the emission of LDE array 1022 or 1038.
この場合、図83の(A)の例では、二次元LEDアレイ1022であるので、この構成だけでドットコードパターンが露光される。 In this case, in the example of (A) in FIG. 83, since a two-dimensional LED array 1022, the dot code pattern is exposed in this configuration only. これに対し、図84の(A)の例では、さらに一次元LEDアレイ1038を移動させることが必要であるので、LEDアレイ移動用モータコントローラ1092によりモータ1050を駆動して、L In contrast, in the example of (A) in FIG. 84, since the further it is necessary to move the one-dimensional LED array 1038, and drives the motor 1050 by the LED array moving motor controller 1092, L
EDユニット1036を移動させる。 To move the ED unit 1036. マルチメディア情報用LEDコントローラ1086は、このモータ105 Multimedia information for LED controller 1086, the motor 105
0による移動とタイミングを合わせながら、随時その位置で必要な記録するべきコード情報をLEDアレイ10 Keying movement and timing by 0, LED array 10 the code information to be recorded necessary at that position at any time
38に与えて、発光させる。 It is given to 38 to emit light.

【0456】なお、カメラ本体側には、各種モード設定用キー1094が設けられている。 [0456] In addition, the camera body side, various mode setting key 1094 is provided. これは、いくつかのボタンで構成されていたり、あるいはモード切り換え用のボタンと、設定用のボタンというような形で分れているような場合もある。 This is or consists of several buttons or mode and a button for switching, if the button such as divided in such form that also for setting. また、これは、データバック側に設けても良く、その場合には、キー操作信号は、電気接点を介してCPU1062に供給される。 This also may be provided on the data back side, in which case the key operation signal is supplied to the CPU1062 through the electrical contacts.

【0457】以上のような構成に於いて、ドットコードは、例えば以下のようにしてフィルムに露光される。 [0457] In the above configuration, the dot code is exposed to the film, for example, as follows. 即ち、撮影を始めるという一つの指標になるフォーカスロック1076ボタンの操作信号がアクティブになったとき、CPU1062は、マルチメディア情報記録/再生部1084に、マイク1026から音声を取り込み、マルチメディア情報記録/再生部1084内部の不図示記憶部で順次、ある一定時間分だけ記憶させる。 That is, when the operation signal of the focus lock 1076 button to become one of the indicators that start recording is active, CPU 1062 is a multimedia information recording / reproducing section 1084 captures audio from the microphone 1026, the multimedia information recording / reproducing section 1084 sequentially within the unillustrated storage unit, and stores only certain time period. 例えば、 For example,
この一定時間を5秒とか10秒という形で決めておき、 Leave decided this certain period of time in the form of a 5 seconds Toka 10 seconds,
不図示メモリの最大容量をそれに合わせておいて、一般的なボイスレコーダと同様に、順次、巡回的に記憶するものとする。 The maximum capacity of the memory (not shown) keep accordingly, similarly to the general voice recorder shall sequentially cyclically stored. そして、レリーズボタン1078が押された時、CPU1062は、それに合わせて、マルチメディア情報記録/再生部1084に、例えば、その前数秒(例えば5秒)、あるいはその前後(例えば後1秒,前3秒)の音をドットコードに変換させる。 When the release button 1078 is pressed, CPU 1062 is accordingly, the multimedia information recording / reproducing section 1084, for example, the last few seconds (e.g. 5 seconds), or before and after (e.g., one second later, before 3 the sound of a second) is converted to the dot code. この設定は、 This setting,
例えば、モード設定用キー1094によりユーザ設定可能になっている。 For example, it has become the user can be set by the mode setting key 1094. そして、マルチメディア情報記録/再生部1084で記憶されている音声を実際にコード化し、それをLEDアレイ1022又は1038によりフィルム上に焼き付けていく。 Then, actually encode speech stored in the multimedia information recording / reproducing unit 1084, go baked onto the film thereby an LED array 1022 or 1038. その動作が終わった後、C After the operation is finished, C
PU1062は、フィルムの巻き上げ動作を行う。 PU1062 performs the winding operation of the film. もちろん、LEDアレイ移動用モータコントローラ1092 Of course, LED array moving motor controller 1092
と、フィルム巻き上げモータ制御部1080とをうまく同期させて、フィルムを巻き上げながら同時に、移動の速度、タイミングを合わせて、記録していくことも可能である。 When the film wound up by well synchronized with the motor control unit 1080, simultaneously with winding up of the film, the speed of movement, timed, it is also possible to continue recording. その場合、高速連写というような対応も可能になる。 In that case, correspondence also enables such that high-speed continuous shooting. また、LEDユニット1036は固定しておき、 Moreover, LED unit 1036 previously fixed,
フィルム巻き上げ時に記録するという動作も可能である。 Behavior that recorded at the time of film winding is also possible. この時は、モータが1つ減る利点がある。 In this case, the motor has one fewer advantages.

【0458】また、このように音声をフィルムにドットコード情報として記録する以外に、当然、CPU106 [0458] Further, in addition to recording a dot code information thus voice to the film, of course, CPU 106
2から与えられる各種カメラ側の情報、例えば、今使われているレンズがどういう種類のレンズなのか、あるいはシャッタ速度がどの位で、絞りはどういう絞りになっているかという情報を記録することもできる。 Various camera information given from 2, for example, whether now used is to have a lens that What does the type of lens, or by how much the shutter speed, aperture may be recorded information as to have become what aperture . つまり、 That is,
例えば、出来上がった写真に対して、どういう条件で写真を撮ったのかということが、後から分かるようになる。 For example, with respect to the finished photograph, it is the fact that whether the photographs were taken under what conditions, so that can be seen from the later. 通常は、このような情報はユーザーが頭の中に記憶しておくものであるが、本実施の形態のようにすれば、 Normally, this information is what the user stored in the head, if as in this embodiment,
後で出来上がったフィルム、またはそれを印画した印画紙上のドットコードを、マルチメディア情報ドットコードの再生装置で再生することにより、その情報を選択的に表示することが可能になり、撮影当時のカメラの条件等がわかるようになる。 Later finished film or dot code printing paper that was printed it by playing the playback apparatus for multimedia information dot code, it is possible to selectively display the information, the photographing time camera conditions or the like is to know of. 従って、例えば、次回も同じ条件で撮りたいというような時にも、簡単に、同じ設定ができるようになる。 Thus, for example, even when such as that want to take the next time under the same conditions, briefly, so that it is the same set. 特に、ルーチン的に絵を撮っていく場合、例えば、特定の風景の変化を、月をおって撮っていくとか、そういう場合には、非常に役立つ。 In particular, if you are routinely go take a picture, for example, a change of a particular landscape, Toka will take weaving month, and in this case is, very helpful.

【0459】図83の(C)は、上記のようにしてドットコードが焼き付けられたフィルムを印画した例を示している。 [0459] in FIG. 83 (C) shows an example of printing a film burned the dot code as described above. これは例えば、フィルム上に書かれているドットコード1096とデートコード1098をそのまま絵として、他の絵の部分1100と一緒に印画した例である。 This example, a dot code 1096 and date code 1098 written on a film as a picture it is an example of printing with portions 1100 of the other picture. この場合は、このドットコード1096の箇所を前述したマルチメディア情報ドットコードの再生装置、例えばペン型情報再生装置でスキャンすることにより、音情報、あるいは種々のカメラ情報を再生することができる。 In this case, by scanning with reproducing device, for example a pen type information reproducing apparatus for multimedia information dot code described above the location of the dot code 1096, it is possible to reproduce the sound information or various camera information. また、DPE側で、例えばこのドットコードだけは抜いて裏側に印画するようにすれば、表側は写真だけになり、従来の写真と同じものが得られるようにすることもできる。 Further, at the DPE side, for example when to print on the back side only disconnect the dot code, the front side will only photographs, it is also possible that the same as the conventional photographic obtain. さらに、カメラの情報の一つとして、DPE Further, as one of the camera information, DPE
に於けるトリミング情報、例えばズーミングとかパノラマの切り換えの情報をフィルムに記録しておくようにすれば、DPEは、フィルム上でドットコードをスキャンして、その情報を読み取って、パノラマならパノラマという形で、あるいはズーミングして印画するというようなことが可能になる。 In trimming information, for example, when the switching information of the zooming Toka panorama as is recorded on the film, DPE scans a dot code on a film, read the information, the form of the Panoramic if Panoramic in, or it is possible that that printing and zooming.

【0460】なお、フィルムにドットコードを焼き付ける場合、実際の風景との二重露光になるので、その時に外光が強い場合にはドットコードがうまく写らないという恐れもある。 [0460] In addition, if you burn a dot code on the film, since the double exposure of the actual landscape, there is also a fear that dot code is not reflected well when the outside light is strong at that time. 従って、例えば従来のパノラマ対応カメラでは、パノラマに切り換えると上下に遮光板が入り、 Thus, for example, in a conventional panoramic corresponding camera, the light shielding plate enters vertically and switched to panorama,
その部分は風景が写らないような形に構成されているものがあるが、それと同様の機能をいれても良い。 That portion there are those that are constructed in the form that scenery is not reflected therewith may put a similar function. 即ち、 In other words,
遮光板を自動的に挿入、あるいは初めからドットコード対応の場合は、その遮光板をフィルムの直前、レンズの後に嵌め込んでおくようにしても良い。 When automatically inserting a light shielding plate, or from the beginning of the dot code corresponding may be the light shielding plate immediately before the film, so Prefer fitted after the lens. さらに、フィルムの余白部(露光されない部分)にコードを記録するようにしても良い。 Furthermore, the margin of the film may be recorded the code (portions not exposed).

【0461】なお、図85に於いて、ペン型情報再生装置1102をデータバック1018に繋いで図83の(C)のドットコード1096を再生することにより、 [0461] Incidentally, in FIG. 85, by reproducing a dot code 1096 of (C) in FIG. 83 by connecting the pen type information reproducing apparatus 1102 to the data back 1018,
カメラ情報、即ち絞りやシャッター情報、レンズ情報等を、例えばカメラバックの裏側あるいはカメラ本体に初めから持っているLCDモード表示部1104やファインダ内LED表示部1106に表示させても良い。 Camera information, i.e., aperture and shutter information, lens information and the like, may be displayed on the LCD mode display section 1104 and the viewfinder LED display section 1106 to have from the beginning on the back or the camera body of a camera back. また、ドットコード1096をスキャンすることにより、 Further, by scanning the dot code 1096,
それと同じ条件にモード設定されるようにしても良い。 At the same it may be be the mode set to the same conditions.
即ち、フィルムなり写真なりを持っていって、ドットコード1096をスキャンすると、そのモードに自動的にカメラ側の各条件が設定され、同じシャッタ速度で、同じ絞り、同じレンズの倍率になる。 That is, the film Nari Bring the Nari photograph, when scanning a dot code 1096, automatically the condition of the camera side is set to the mode, at the same shutter speed, the same aperture, the magnification of the same lens.

【0462】 [0462]

【発明の効果】以上詳述したように、本発明によれば、 As described above in detail, according to the present invention,
オーディオ情報、映像情報、及びディジタルコードデータ等を含めたマルチメディア情報を、安価且つ大容量記録でき、且つ繰り返し再生できるドットコードを提供することができる。 Audio information, video information, and multimedia information including digital code data, etc., inexpensive and can record large amounts, and repeating it is possible to provide a dot code that can be played.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の第1 の実施の形態におけるドットコード化されたオーディオ情報の記録装置のブロック構成図である。 1 is a block diagram of a recording apparatus of a dot coded audio information in the first embodiment of the present invention.

【図2】(A)はドットコードの記録フォーマットを示す図であり、(B)は第1 の実施の形態における再生装置の使用状況を示す図である。 Figure 2 (A) is a diagram showing a recording format of a dot code, (B) is a diagram that shows the usage of the playback apparatus of the first embodiment.

【図3】第1 の実施の形態における再生装置のブロック構成図である。 3 is a block diagram of a reproducing apparatus in the first embodiment.

【図4】(A)及び(B)はそれぞれ手動走査の説明図であり、(C)及び(D)はそれぞれ走査変換の説明図である。 [4] (A) and (B) are explanatory views of each manual scanning, (C) and (D) is an explanatory view of scan conversion, respectively.

【図5】(A)は走査変換に伴うデータ補間を説明するための図であり、(B)及び(C)はそれぞれ記録媒体の例を示す図である。 Figure 5 (A) is a diagram for explaining the data interpolation accompanying scan conversion is a diagram showing an example of (B) and (C) respectively recording medium.

【図6】データ列調整の説明図である。 FIG. 6 is an explanatory diagram of a data string adjusting.

【図7】第2 の実施の形態における再生装置の構成を示す図である。 7 is a diagram showing a structure of a reproducing apparatus in the second embodiment.

【図8】第3 の実施の形態における再生装置の構成を示す図である。 8 is a diagram showing a structure of a reproducing apparatus in the third embodiment.

【図9】(A)及び(B)はそれぞれ携帯型ボイスレコーダの外観斜視図である。 9 (A) and (B) is an external perspective view of a portable voice recorder, respectively.

【図10】携帯型ボイスレコーダの回路構成図である。 FIG. 10 is a circuit diagram of a portable voice recorder.

【図11】(A)及び(B)は記録媒体への印字例を示す図であり、(C)及び(D)は携帯型ボイスレコーダの別の例の外観斜視図である。 11 (A) and (B) is a diagram showing a print example of a recording medium, (C) and (D) is another example external perspective view of the portable voice recorder.

【図12】図10のボイスレコーダに於けるドットコード印字処理のフローチャートである。 12 is a flowchart of the in dot code printing processing in the voice recorder in FIG. 10.

【図13】マルチメディア情報記録装置のブロック構成図である。 13 is a block diagram of a multimedia information recording apparatus.

【図14】ドットコードの概念図である。 FIG. 14 is a conceptual diagram of the dot code.

【図15】マルチメディア情報再生装置のブロック構成図である。 FIG. 15 is a block diagram of a multimedia information reproducing apparatus.

【図16】図15のマルチメディア情報再生装置に於ける光源発光タイミングチャートである。 16 is a in the light source emission timing chart in the multimedia information reproducing apparatus of FIG. 15.

【図17】マルチメディア情報再生装置の他の構成例を示す図である。 17 is a diagram showing another configuration example of the multimedia information reproducing apparatus.

【図18】(A)は図15のマルチメディア情報再生装置に於けるデータ列調整部を説明するための図3の再生装置にも適用するドットコードを示す図、(B)は(A)のドットコードのライン状マーカを示す図、 [18] (A) is a diagram showing a dot code to be applied to the reproducing apparatus of FIG. 3 for explaining in data string adjusting section in the multimedia information reproducing apparatus of FIG. 15, (B) is (A) shows a line-shaped marker of the dot code,
(C)は走査方法を説明するための図、(D)は撮像素子のスキャンピッチを説明するための図である。 (C) is a diagram for explaining a scanning method, (D) are views for explaining a scan pitch of the image sensor.

【図19】データ列調整部の実際の構成を示す図である。 19 is a diagram showing the actual structure of the data string adjusting section.

【図20】(A)乃至(C)は配列方向検出用ドットを有するマーカを示す図であり、(D)はマルチメディア情報再生装置の更に別の構成例を示す図である。 [20] (A) to (C) are diagrams showing a marker having an array direction detection dot is a diagram showing still another example of the configuration of (D) is the multimedia information reproducing apparatus.

【図21】(A)はブロックアドレスの説明図、(B) [21] (A) is a block diagram of an address, (B)
はブロックの構成を示す図、(C)はマーカのパターン例を示す図であり、(D)は結像系の倍率を説明するための図である。 Is a diagram showing a structure of the block, (C) is a diagram showing a pattern example of a marker is a diagram for explaining the (D) is the magnification of the imaging system.

【図22】マルチメディア情報再生装置に於けるマーカ検出部のブロック構成図である。 FIG. 22 is a block diagram of a in the marker detection section in the multimedia information reproducing apparatus.

【図23】図22中のマーカ判定部の処理フローチャートである。 23 is a flowchart of the marker determination section in FIG. 22.

【図24】図22中のマーカエリア検出部の処理フローチャートである。 24 is a flowchart of the marker area detection section in FIG. 22.

【図25】(A)はマーカエリアを示す図、(B)は検出されたマーカエリアを記憶するテーブルの記憶フォーマットを示す図であり、(C)及び(D)は、同図の(A)に於ける各画素を累積した値を示す図である。 [25] (A) is a diagram showing a marker area, (B) is a diagram showing a storage format of the table for storing the marker area detected, (C) and (D) is, in FIG. (A ) is a diagram showing an accumulated value of each pixel in the.

【図26】(A)は図22中の概中心検出部の処理フローチャートであり、(B)は(A)中の重心計算サブルーチンのフローチャートである。 [Figure 26 (A) is a flowchart of the approximate center detection section in FIG. 22, (B) is a flow chart of the center of gravity calculation subroutine in (A).

【図27】概中心検出部のブロック構成図である。 FIG. 27 is a block diagram of the approximate center detection section.

【図28】(A)はドットコードのデータブロックの実際の構成を示す図、(B)は他の構成を示す図であり、 [28] (A) is a diagram showing the actual configuration of the data blocks of the dot code, (B) is a diagram showing another configuration,
(C)はデータ反転ドットの他の配置を説明するための図である。 (C) is a diagram for explaining another arrangement of the data inversion dot.

【図29】(A)はドットコードのデータブロックの実際の構成の別の例を示す図、(B)は隣接マーカ選定を説明するための図である。 [29] (A) is a diagram showing another example of the actual configuration of the data blocks of the dot code, which is a diagram for explaining the (B) adjacent marker selection.

【図30】マルチメディア情報再生装置に於けるデータ配列方向検出部のブロック構成図である。 FIG. 30 is a block diagram of a in the data array direction detection section in the multimedia information reproducing apparatus.

【図31】データ配列方向検出部の動作フローチャートである。 Figure 31 is an operational flowchart of the data array direction detection section.

【図32】(A)は図31中の隣接マーカ選定サブルーチンのフローチャートであり、(B)及び(C)はそれぞれ隣接マーカ選定を説明するための図である。 [Figure 32 (A) is a flowchart of an adjacent marker selection subroutine in FIG. 31 is a diagram for explaining adjacent marker selection, respectively (B) and (C).

【図33】(A)は方向検出の説明図であり、(B)は(A)中のmとnの関係を説明するための図である。 [33] (A) is an explanatory view of the direction detection, (B) are diagrams for explaining the relationship between m and n in (A).

【図34】方向検出の別の方法の説明図である。 FIG. 34 is an explanatory view of another method of direction detection.

【図35】(A)及び(B)はそれぞれマルチメディア情報再生装置に於けるブロックアドレス検出,誤りの判定,正確な中心検出部のブロック構成図及び説明図である。 [35] (A) and (B) in the block address detection in the multimedia information reproducing apparatus each decision error, a block diagram and illustration of accurate center detection section.

【図36】ブロックアドレス検出,誤りの判定,正確な中心検出部の動作フローチャートである。 Figure 36 is a block address detection, determination of error is an operation flowchart of the accurate center detection section.

【図37】(A)はマルチメディア情報再生装置に於けるマーカとアドレスの補間部の動作を説明するための図であり、(B)はマルチメディア情報再生装置に於けるアドレス制御部のブロック構成図である。 [Figure 37 (A) is a diagram for explaining the operation of the interpolation section of the multimedia information in the marker and the address to the playback device, (B) is in the address control unit of the block in the multimedia information reproducing apparatus it is a block diagram.

【図38】(A)はマーカ判定部の他の処理方法を説明するための図、(B)はマーカ判定式を説明するための図、(C)はマーカ整列検出を説明するための図である。 [38] (A) is a diagram for explaining another processing method of the marker determination section, (B) diagram for explaining a marker determination formula, (C) is a diagram for explaining a marker alignment detection it is.

【図39】光源一体型イメージセンサの構成を示す図である。 39 is a diagram showing a configuration of a light source integrated image sensor.

【図40】XYアドレス式撮像部を用いた1チップIC [Figure 40] 1-chip IC using an XY address type image pickup unit
のブロック構成図である。 It is a block diagram of.

【図41】(A)はXYアドレス式撮像部の画素の回路構成図であり、(B)はドットコード取り込み制御用のスイッチを持ったペン型情報再生装置の構成を示す図である。 [Figure 41 (A) is a circuit diagram of a pixel of an XY address type image pickup unit, (B) is a diagram showing the configuration of a pen type information reproducing apparatus having a switch for controlling dot code uptake.

【図42】XYアドレス式撮像部を利用した三次元IC [Figure 42] three-dimensional IC using the XY address type image pickup unit
のブロック構成図である。 It is a block diagram of.

【図43】ドットコード取り込み制御用のスイッチを持ったペン型情報再生装置の別の構成を示す図である。 43 is a diagram showing another configuration of the pen type information reproducing apparatus having a switch for dot code reading control.

【図44】(A)は正反射除去対応のペン型情報再生装置の構成を示す図、(B)は第1及び第2の偏光フィルタの構成を説明するための図、(C)は第2の偏光フィルタの別の構成例を示す図であり、(D)は電気光学素子シャツタの構成を示す図である。 [Figure 44] (A) is a diagram showing the configuration of the specular reflection removal correspondence of the pen type information reproducing apparatus, (B) is a diagram for explaining the configuration of the first and second polarizing filters, (C) the first is a diagram showing another configuration example of the second polarization filter, (D) is a diagram showing the configuration of an electro-optical element shutter.

【図45】正反射除去対応のペン型情報再生装置の別の構成を示す図である。 45 is a diagram showing another configuration of the specular reflection removal correspondence of the pen type information reproducing apparatus.

【図46】(A)は光源に透明樹脂光導波材を用いたペン型情報再生装置の構成を示す図、(B)は光導波材と再生装置筐体との接続部分の拡大図であり、(C)及び(D)はそれぞれ光導波材先端部の構成を示す図である。 [46] (A) is a diagram showing the configuration of a pen type information reproducing apparatus using a transparent resin optical waveguide member to the light source, (B) is an enlarged view of a connecting portion between the optical waveguide member and the playback device housing is a diagram showing the (C) and (D) of the optical Namizai tip respectively configured.

【図47】光源一体型のイメージセンサを用いたペン型情報再生装置の構成を示す図である。 47 is a diagram showing a configuration of a light source integral pen type information reproducing apparatus using the image sensor.

【図48】(A)はカラー多重対応のペン型情報再生装置の構成を示す図、(B)はカラー多重コードを説明するための図、(C)はカラー多重コードの使用例を説明するための図であり、(D)はインデックスコードを示す図である。 [Figure 48] (A) is a diagram showing the configuration of a color multiplex compatible pen type information reproducing apparatus, (B) is a diagram for explaining a color multiplex code, an example use of (C) a color multiplex code are diagrams for, (D) is a diagram showing an index code.

【図49】(A)はカラー多重対応ペン型情報再生装置の動作フローチャートであり、(B)はカラー撮像素子を使用した場合の画像メモリ部の構成を示す図である。 [Figure 49 (A) is an operation flowchart of a color multiplex corresponding pen type information reproducing apparatus is a diagram illustrating a configuration of an image memory unit when using the (B) is a color image sensor.

【図50】(A)はカラー多重対応のペン型情報再生装置の別の構成を示す図であり、(B)は光源の構成を示す図である。 [Figure 50 (A) is a diagram showing another configuration of a color multiplex compatible pen type information reproducing apparatus is a diagram showing the (B) is a light source arrangement.

【図51】(A)はステルス型のドットコードの記されたドットデータシールを示す図、(B)はステルス型ドットコード対応のペン型情報再生装置の構成を示す図であり、(C)はステルス型のドットコードが別な態様に記されたドットデータシールを示す図である。 [Figure 51] (A) is a diagram showing a marked dot data seal dot code stealth, (B) is a diagram showing a configuration of a stealth type dot code corresponding pen type information reproducing apparatus, (C) is a diagram showing a dot data seal marked in another aspect the dot code stealth.

【図52】オーディオ出力端子を備えたカード型アダプタの構成を示す図である。 52 is a view showing a structure of a card type adapter having an audio output terminal.

【図53】(A)及び(B)はテレビゲーム機用のカード型アダプタの構成を示す図である。 [Figure 53] (A) and (B) is a diagram showing a structure of a card type adapter for a video game machine.

【図54】(A)は電子手帳用のカード型アダプタの使用例を示す図であり、(B)は入力手段を持たない装置用のカード型アダプタの外観及び使用例を示す図である。 [Figure 54 (A) is a diagram showing an example of the use of a card type adapter for an electronic notebook, a diagram showing the appearance and use examples of (B) is a card type adapter for apparatus having no input means.

【図55】リールシールへドットコードを印刷するためのリールシール印刷機の使用法を説明するための図である。 FIG. 55 is a diagram for explaining the use of the reel seal printing machine for printing a dot code to reel seal.

【図56】リールシール印刷機の内部構成を示す図である。 FIG. 56 is a diagram showing an internal configuration of the reel seal printing machine.

【図57】ワープロの内部の中にマルチメディアのドットコードを記録する機能を設けた場合の構成を示す図である。 FIG. 57 is a diagram showing a configuration of a case of providing a function of recording a dot code of the multimedia in the interior of the word processor.

【図58】図57中のマルチメディア情報記録処理部の機能を光学複写機に内蔵させた場合の構成を示す図である。 FIG. 58 is a diagram showing a configuration of a case where the function of the multimedia information recording processing section in FIG. 57 is incorporated into an optical copier.

【図59】図57中のマルチメディア情報記録処理部の機能をディジタル複写機に内蔵させた場合の構成を示す図である。 FIG. 59 is a diagram showing a configuration of a case where the function of the multimedia information recording processing section in FIG. 57 is incorporated into a digital copier.

【図60】ペン型情報再生装置を文字や絵のデータの入力部としても利用するようにした場合の構成を示す図である。 FIG. 60 is a diagram showing a configuration of a case where as also utilizing the pen type information reproducing apparatus as an input section of character and picture data.

【図61】ペン型情報再生装置を文字や絵のデータの入力部としても利用するようにした場合の別の構成を示す図である。 FIG. 61 is a diagram showing another configuration when so also utilize pen type information reproducing apparatus as an input section of character and picture data.

【図62】スキャナ及びデータ読取対応型のカード型アダプタの構成を示す図である。 FIG. 62 is a diagram showing a configuration of a scanner and data reading-enabled card type adapter.

【図63】(A)及び(B)はそれぞれペン型情報再生装置でドットコードをスキャンして投影機でスクリーンに投影するシステムを示す図である。 [Figure 63] (A) and (B) is a diagram showing a system for projecting on a screen with each pen type information reproducing apparatus by scanning the dot code in the projector.

【図64】図63の(A)及び(B)中の出力処理部の具体的構成を示す図である。 FIG. 64 is a diagram showing a specific configuration of the output processing unit in FIG. 63 (A) and (B).

【図65】(A)は投影機の代わりに複写機、光磁気ディスク装置、プリンタに出力する場合を示す図であり、 [Figure 65 (A) is a diagram illustrating a case of outputting the copier in place of the projector, a magneto-optical disk device, a printer,
(B)は出力処理部をカード型アダプタとして構成した場合を示す図である。 (B) is a diagram showing a case where the output processing unit as a card type adapter.

【図66】出力処理部の具体的構成を示す図である。 FIG. 66 is a diagram showing a specific configuration of the output processing section.

【図67】ワープロの機種毎のフォーマットに直すフォーマット変換部を設けた例の構成を示す図である。 FIG. 67 is a diagram showing a configuration example in which a format conversion unit to fix the format of each type of word processor.

【図68】フォーマット変換部の実際の構成を示す図である。 FIG. 68 is a diagram showing the actual configuration of the format converter.

【図69】ドットコードの記録されたシートをFAX送受信する場合のシステム図である。 FIG. 69 is a system diagram in the case of FAX transmitting and receiving the recorded sheet dot code.

【図70】FAX用マルチメディア情報記録機の構成を示す図である。 Figure 70 is a diagram showing a configuration of a multimedia information recording apparatus for FAX.

【図71】FAX内蔵マルチメディア情報記録機の構成を示す図である。 Figure 71 is a diagram showing a configuration of a FAX built multimedia information recording apparatus.

【図72】(A)はオーバライト型MMPカード記録再生装置の構成を示す図であり、(B)及び(C)はMM [Figure 72 (A) is a diagram showing the configuration of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus, (B) and (C) is MM
Pカードの裏面及び表面を示す図である。 Is a diagram illustrating the rear surface and the surface of the P card.

【図73】オーバライト型MMPカード記録再生装置の他の構成を示す図である。 Figure 73 is a diagram showing another configuration of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus.

【図74】(A)はオーバライト型MMPカード記録再生装置のさらに別の構成を示す図、(B)及び(C)はMMPカードの裏面及び断面を示す図であり、(D)はコードパターン記録用紙の構成を示す図である。 [Figure 74] (A) further shows another configuration of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus, (B) and (C) is a diagram showing a back surface and a cross section of MMP card, (D) the code it is a diagram showing a configuration of a pattern recording paper.

【図75】オーバライト型MMPカード記録再生装置の他の構成を示す図である。 Figure 75 is a diagram showing another configuration of the overwrite type MMP card recording and reproducing apparatus.

【図76】(A)は追記型MMPカード記録再生装置の構成を示す図であり、(B)は(A)中の記録済み領域検出部のブロック構成図である。 [Figure 76 (A) is a diagram showing the structure of a write-once type MMP card recording and reproducing apparatus, (B) is a block diagram of a recorded area detection section in (A).

【図77】(A)は記録済み領域検出部の他の構成を示す図であり、(B)は記録済みマーカの記されたMMP [Figure 77 (A) is a diagram showing another configuration of the recorded area detection section, (B) is marked with a recorded marker MMP
カードを示す図である。 It is a diagram showing a card.

【図78】(A)はMMP名刺カードシステムを示す図であり、(B)及び(C)はMMP名刺カードの裏面及び表面を示す図である。 [Figure 78 (A) is a diagram showing an MMP name card card system, (B) and (C) are diagrams showing the rear surface and the surface of the MMP name card card.

【図79】(A)及び(B)は半導体ウエハエッチング式で形成したMMPカードの平面図であり、(A)は保護カバーを閉じた状態、(B)は開けた状態を示している。 [Figure 79] (A) and (B) is a plan view of the MMP card formed by the semiconductor wafer etching type, showing a state (A) is closed the protective cover, (B) is the bored.

【図80】(A)は半導体ウエハエッチング式で形成した別の構成のMMPカードの平面図、(B)は側面図であり、(C)は爪部の構成を説明するための図である。 [Figure 80] (A) is a plan view of the MMP card of another configuration formed by the semiconductor wafer etching formula, (B) is a side view, is a diagram for explaining the configuration of (C) is claw portion .

【図81】(A)はドットコードデコード機能付きディスク装置を示す図であり、(B)はドットコードとインデックスの記録例を示す図である。 [Figure 81 (A) is a diagram showing a dot code decoding function disk device, is a diagram illustrating a recording example (B) in the dot code and an index.

【図82】ドットコードデコード機能付きディスク装置のブロック構成図である。 Figure 82 is a block diagram of a dot code decoding function disk device.

【図83】(A)はマルチメディア情報ドットコード記録対応カメラの裏蓋の構成を示す図、(B)はその側面図であり、(C)はマルチメディア情報ドットコードの記録された印画紙の例を示す図である。 [Figure 83] (A) is a diagram showing a structure of a back cover of a multimedia information dot code recording compatible camera, (B) is a side view thereof, (C) is the multimedia information dot code recorded photographic paper is a diagram illustrating an example.

【図84】(A)はマルチメディア情報ドットコード記録対応カメラの裏蓋の他の構成を示す図、(B)はLE [Figure 84] (A) is a diagram showing another configuration of the back cover of the multimedia information dot code recording compatible camera, (B) is LE
Dユニットの構成を示す図、(C)はデータバック側信号電極を示す図であり、(D)及び(E)はそれぞれL Diagram showing a configuration of a D unit, (C) is a diagram showing a data back-side signal electrode, (D) and (E) each L
EDユニットの移動機構を示す図である。 It is a diagram showing a moving mechanism of the ED unit.

【図85】マルチメディア情報ドットコード記録対応カメラのブロック構成図である。 Figure 85 is a block diagram of a multimedia information dot code recording corresponding camera.

【符号の説明】 36,170 ドットコード 36A,36B 手動走査用マーク 38,172,304 ブロック 38A,174,274,310 マーカ 38B 誤り訂正用符号 38C オーディオデータ 38D xアドレスデータ 38E yアドレスデータ 38F 誤り判定符号 176,272A,306 ブロックアドレス 178 アドレスのエラー検出,エラー訂正データ 180,314 データエリア 272B ブロックアドレスのエラー訂正データ 276A ラインアドレス 276B エラー検出データ 278,316 ドット 294A,296A,298A 配列方向検出用のドッ [EXPLANATION OF SYMBOLS] 36,170 dot code 36A, 36B manual scanning marks 38,172,304 block 38A, 174,274,310 marker 38B error correction code 38C audio data 38D x address data 38E y address data 38F error determination code 176,272A, 306 block addresses 178 address error detection, error correction data 180,314 data area 272B block address error correction data 276A line address 276B error detection data 278,316 dots 294A, 296A, for 298A array direction detection dot
306A 上位アドレスコード 306B 下位アドレスコード 308 ダミーマーカ 310A 円形黒マーカ 310B マーカの白部分 312 エラー検出コード 312A 上位アドレスCRCコード 312B 下位アドレスCRCコード 364 データ余白部 DOO 306A upper address code 306B lower address code 308 Damimaka 310A circular black marker 310B white parts 312 error detection code of the marker 312A upper address CRC code 312B lower address CRC code 364 data blank portion

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI H04N 5/91 H04N 5/91 Z (72)発明者 森 健 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目43番2号 オ リンパス光学工業株式会社内 (72)発明者 若松 誠一 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目43番2号 オ リンパス光学工業株式会社内 (72)発明者 赤嶺 義一 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目43番2号 オ リンパス光学工業株式会社内 (72)発明者 森田 和彦 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目43番2号 オ リンパス光学工業株式会社内 (58)調査した分野(Int.Cl. 6 ,DB名) G06K 19/06 G11B 7/00 G11B 20/12 102 H04N 1/00 102 H04N 5/76 H04N 5/91 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 6 identification symbol FI H04N 5/91 H04N 5/91 Z (72 ) inventor Takeshi Mori, Shibuya-ku, Tokyo Hatagaya 2-chome No. 43 No. 2 Olympus optical Co. stock within the company (72) inventor Seiichi Wakamatsu Shibuya-ku, Tokyo Hatagaya 2-chome No. 43 No. 2 Olympus optical industry Co., Ltd. in the (72) inventor Yoshikazu Akamine, Shibuya-ku, Tokyo Hatagaya 2-chome No. 43 No. 2 Olympus optical Co. stock company in (72) inventor Kazuhiko Morita Shibuya-ku, Tokyo Hatagaya 2-chome No. 43 No. 2 Olympus optical industry Co., Ltd. in the (58) investigated the field (Int.Cl. 6, DB name) G06K 19/06 G11B 7 / 00 G11B 20/12 102 H04N 1/00 ​​102 H04N 5/76 H04N 5/91

Claims (27)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 光学的に読み取り可能なドットコードであって、ブロックを複数個隣接可能に配置してなり、前記ブロックのそれぞれを、 データの内容に応じて配列された複数のドットでなるデータドットパターンと、 当該ブロックを認識するためのマーカと、 当該ブロックのアドレスを示すためのブロックアドレスパターンと、を所定の位置関係にしたがって配置するとともに、 前記ドットコードを光学的に読み取る読取手段の撮像視野内に、前記ブロックが複数個配置されるように構成したものであることを特徴とするドットコード。 1. A optically readable dot code, will place the block multiple adjacent capable, each of the blocks, comprising a plurality of dots arranged in accordance with the contents of the data Data and dot pattern, the marker for recognizing the block, with the block address pattern for indicating an address of the block, the arranged according to a predetermined positional relationship, the imaging of the reading means for reading the dot code optically dot code, characterized in that in the field of view, in which the block is configured such that a plurality placed.
  2. 【請求項2】 前記ドットコードは、前記ブロックを互 Wherein said dot code, each other said block
    いに異なる2方向にそれぞれ隣接して配置したドットコ Dottoko disposed adjacent different in two directions to have
    ードであることを特徴とする請求項1に記載のドットコ Dottoko of claim 1, characterized in that the over-de
    ード。 Over de.
  3. 【請求項3】 前記各ブロック内のデータドットパター 3. A data dot pattern in said each block
    ンは、複数のドットが所定のフォーマットに従って2次 Down the secondary plurality of dots according to a predetermined format
    元に配列されたドットパターンであることを特徴とする Characterized in that it is a dot pattern arranged in the original
    請求項2に記載のドットコード。 Dot code according to claim 2.
  4. 【請求項4】 前記ドットコードにおける複数の各ブロックは、それぞれが等しい大きさであることを特徴とする請求項3に記載のドットコード。 Wherein each of the plurality of blocks in the dot code, dot code according to claim 3, characterized in that each is equal size.
  5. 【請求項5】 前記ドットコードの大きさは、前記撮像 The size as claimed in claim 5, wherein the dot code, the imaging
    視野よりも大きくなるように設定されたものであること And it shall have been set to be larger than the field of view
    を特徴とする請求項4に記載のドットコード。 Dot code according to claim 4, characterized in.
  6. 【請求項6】 前記ドットコードにおける複数の各ブロ 6. Each of the plurality of blow in the dot code
    ックは、それぞれが等しい大きさであり、且つ、前記読 Click are each equal size, and the reading
    取手段における撮像面上での該ブロックの大きさが前記 Wherein the size of the block on the imaging surface at a preparative means
    読取手段の撮像エリアよりも小さくなるように設定され It is set to be smaller than the imaging area of the reading means
    たものであることを特徴とする請求項3に記載のドット Dot according to claim 3, characterized in that the
    コード。 code.
  7. 【請求項7】 前記ドットコードの大きさは、前記撮像 7. A size of the dot code, the imaging
    面上での当該ドットコードの大きさが前記撮像エリアよ Said imaging area size of the dot code on the surface
    りも大きくなるように設定されたものであることを特徴 Characterized in that which is set to be larger Ri
    とする請求項6に記載のドットコード。 Dot code according to claim 6,.
  8. 【請求項8】 前記各ブロックは四角形に構成され、前 Wherein said each block is configured in a square, before
    記マーカは、該マーカの中心の位置が各ブロックの各頂 Serial markers, the position of the center of the marker is the top of each block
    点の位置になるように配置されると共に、前記データド Together they are arranged to be the position of the point, the Detado
    ットパターンは該四隅のマーカによって囲まれる各領域 Ttopatan each region surrounded by the four corners of the marker
    内に配置されたものであることを特徴とする請求項4又 4. Further, characterized in that those disposed within
    は6に記載のドットコード。 Dot code described in 6.
  9. 【請求項9】 前記複数個のブロックのうち上下及び/ 9. Of the plurality of blocks vertically and /
    又は左右に隣接する各ブロックは、その隣接ブロック間 Or each block adjacent to the left and right, between the adjacent blocks
    での共通の頂点位置において前記マーカを共有してなる Formed by sharing the marker at the common vertex position in
    ことを特徴とする請求項8に記載のドットコード。 Dot code according to claim 8, characterized in that.
  10. 【請求項10】 前記複数個のブロックのうち上下及び 10. Among the plurality of blocks vertically and
    /又は左右に隣接する各ブロックは、その隣接ブロック / Or each block adjacent to the left and right, the adjacent blocks
    間での共通の頂点位置において前記マーカを共有し、且 Share the marker at the common vertex position between,且
    つ、その隣接ブロック間で共有される一の辺に相当する One corresponds to an edge that is shared between the adjacent blocks
    位置の一対のマーカ間の領域に前記ブロックのアドレス Address of the block in the region between a pair of markers located
    を示すブロックアドレスパターンを配置してなることを That was formed by placing the block address pattern indicating
    特徴とする請求項8に記載のドットコード。 Dot code according to claim 8, characterized.
  11. 【請求項11】 前記マーカと前記ブロックアドレスパ Wherein said and said marker block address Pas
    ターンとの間に所定の距離を設けたことを特徴とする請 請characterized in that a predetermined distance between the turns
    求項10に記載のドットコード。 Dot code described in Motomeko 10.
  12. 【請求項12】 前記ブロックアドレスパターンと前記 12. The method of claim 11, wherein said block address pattern
    データドットパターンとの間に所定の距離を設けたこと Providing the predetermined distance between the data dot pattern
    を特徴とする請求項10に記載のドットコード。 Dot code according to claim 10, wherein.
  13. 【請求項13】 前記マーカと前記データドットパター Wherein said and said marker data dot pattern
    ンとの間に所定の距離を設けたことを特徴とする請求項 Claims, characterized in that a predetermined distance between the emission
    10に記載のドットコード。 Dot code described in 10.
  14. 【請求項14】 前記複数個のブロックのうち上下及び 14. Among the plurality of blocks vertically and
    /又は左右に隣接する各ブロックは、その隣接ブロック / Or each block adjacent to the left and right, the adjacent blocks
    間での共通の頂点位置において前記マーカを共有し、且 Share the marker at the common vertex position between,且
    つ、その隣接ブロック間で共有される一の辺に相当する One corresponds to an edge that is shared between the adjacent blocks
    位置の一対のマーカ間の領域にパターンマッチング用の For pattern matching in the region between a pair of markers located
    ドットパターンを配置してなることを特徴とする請求項 Claims, characterized in that formed by arranging a dot pattern
    8に記載のドットコード。 Dot code described in 8.
  15. 【請求項15】 前記マーカと前記パターンマッチング 15. The marker and the pattern matching
    用のドットパターンとの間に所定の距離を設けたことを In that a predetermined distance between the dot patterns of use
    特徴とする請求項14に記載のドットコード。 Dot code according to claim 14, wherein.
  16. 【請求項16】 前記パターンマッチング用のドットパ 16. Dottopa for the pattern matching
    ターンと前記データドットパターンとの間に所定の距離 Predetermined distance between the turns and the data dot pattern
    を設けたことを特徴とする請求項14に記載 のドットコ Dottoko of claim 14, characterized in that the provided
    ード。 Over de.
  17. 【請求項17】 前記各ブロック内のデータドットパタ 17. Data dots pattern in said each block
    ーンは、複数のドットが所定のフォーマットに従って2 Over down the 2 plurality of dots according to a predetermined format
    次元に配列されたドットパターンであることを特徴とす It is characterized in that it is a dot pattern arranged in dimension
    る請求項1に記載のドットコード。 Dot code according to claim 1 that.
  18. 【請求項18】 前記各ブロックは四角形に構成され、 18. The method of claim 17, wherein each block is constructed in a square,
    前記マーカは、該マーカの中心の位置が各ブロックの各 The marker is the position of the center of the marker of each block
    頂点の位置になるように配置されると共に、前記データ Together they are arranged to be the position of the vertex, the data
    ドットパターン及び前記ブロックアドレスパターンは該 Dot pattern and the block address pattern is said
    四隅のマーカによって囲まれる各領域内に配置されたも Also disposed within each region surrounded by the four corners of the marker
    のであることを特徴とする請求項17に記載のドットコ Dottoko of claim 17, characterized in that the at is
    ード。 Over de.
  19. 【請求項19】 前記ブロックアドレスパターンは、前 19. The block address pattern, before
    記四角形の一の辺に相当する位置の一対のマーカ間の領 Ryo between a pair of markers located at a position corresponding to one side of the serial quadrangle
    域に配置されたものであることを特徴とする請求項18 Claim, characterized in that those arranged in band 18
    に記載のドットコード。 Dot code described.
  20. 【請求項20】 前記マーカは、前記データドットパタ 20. The marker, the data dot pattern
    ーンには有り得ないドットパターンからなることを特徴 Characterized in that it consists of a dot pattern that impossible to over emissions
    とする請求項1に記載のドットコード。 Dot code according to claim 1,.
  21. 【請求項21】 前記マーカと前記ブロックアドレスパ 21. wherein said marker block address Pas
    ターンとの間に所定の距離を設けたことを特徴とする請 請characterized in that a predetermined distance between the turns
    求項1に記載のドットコード。 Dot code described in Motomeko 1.
  22. 【請求項22】 前記ブロックアドレスパターンと前記 22. wherein said block address pattern
    データドットパターンとの間に所定の距離を設けたこと Providing the predetermined distance between the data dot pattern
    を特徴とする請求項1に記載のドットコード。 Dot code according to claim 1, wherein the.
  23. 【請求項23】 前記マーカと前記データドットパター 23.] said and the marker data dot pattern
    ンとの間に所定の距離を設けたことを特徴とする請求項 Claims, characterized in that a predetermined distance between the emission
    1に記載のドットコード。 Dot code described in 1.
  24. 【請求項24】 前記マーカは、前記データドットパタ 24. The marker, the data dot pattern
    ーンの配列方向に対応した方向性を持つように構成され Is configured to have a directionality corresponding to the arrangement direction of the over emissions
    たものであることを特徴とする請求項1に記載のドット Dot of claim 1, characterized in that the
    コード。 code.
  25. 【請求項25】 前記マーカは、前記データドットパタ 25. The marker, the data dot pattern
    ーンの配列方向に対応した方向性を示すための補助マー Auxiliary mer for indicating the direction corresponding to the direction of arrangement of over emissions
    クを含むことを特徴とする請求項24に記載のドットコ Dottoko of claim 24, which comprises a click
    ード。 Over de.
  26. 【請求項26】 前記マーカは、前記データドットパタ 26. The marker, the data dot pattern
    ーンの配列方向とは関係を持たない形状に構成されたも Also the arrangement direction of over emissions configured in a shape that does not have a relationship
    のであることを特徴とする請求項1に記載の ドットコー Dottoko of claim 1, wherein the the at is
    ド。 De.
  27. 【請求項27】 前記ブロックアドレスパターンは、少 27. The block address pattern is small
    なくともブロックアドレスデータ及び、該ブロックアド Without even block address data and the block address
    レスデータのエラー訂正符号データ及び/又はエラー検 Error correction code data and / or error detection of less data
    出符号データを含むことを特徴とする請求項1に記載の According to claim 1, characterized in that it comprises an output code data
    ドットコード。 Dot code.
JP5260464A 1992-09-28 1993-09-27 Dot code Expired - Lifetime JP2833975B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4-258262 1992-09-28
JP25826292 1992-09-28
JP5260464A JP2833975B2 (en) 1992-09-28 1993-09-27 Dot code

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5260464A JP2833975B2 (en) 1992-09-28 1993-09-27 Dot code

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06231466A JPH06231466A (en) 1994-08-19
JP2833975B2 true JP2833975B2 (en) 1998-12-09

Family

ID=26543600

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5260464A Expired - Lifetime JP2833975B2 (en) 1992-09-28 1993-09-27 Dot code

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2833975B2 (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7058232B1 (en) 1999-11-19 2006-06-06 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, method and memory medium therefor
US7604180B2 (en) 2005-12-26 2009-10-20 Fuji Xerox Co., Ltd. Code pattern, printed matter, image generating apparatus, image processing apparatus, image generating method, and information identifying method
US7611067B2 (en) 2006-02-24 2009-11-03 Fuji Xerox Co., Ltd. Printed material with identification function, image generating apparatus, image processing apparatus, image generating method, image processing method, and program product therefor
US7668336B2 (en) 2005-02-25 2010-02-23 Ricoh Company, Ltd. Extracting embedded information from a document
US8009860B2 (en) 2005-11-22 2011-08-30 Ricoh Company, Ltd. Image processing apparatus, method, program and recording medium for extracting embedded information
US8456486B2 (en) 2009-05-11 2013-06-04 Fuji Xerox Co., Ltd. Image processing apparatus and image processing program
US8773398B2 (en) 2007-05-28 2014-07-08 Fuji Xerox Co., Ltd. Data input system

Families Citing this family (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3518897B2 (en) * 1994-09-05 2004-04-12 オリンパス株式会社 Information reproducing apparatus and information recording medium
JPH0887577A (en) * 1994-09-19 1996-04-02 Olympus Optical Co Ltd Information recording medium and information reproducing device
JP3448120B2 (en) 1994-12-27 2003-09-16 シャープ株式会社 Digital information recording medium
US6208468B1 (en) 1996-06-11 2001-03-27 Olympus Optical Co., Ltd. Image-forming optical system and apparatus using the same
JPH117487A (en) * 1997-06-18 1999-01-12 Olympus Optical Co Ltd Code reader device
MY143922A (en) 1999-05-24 2011-07-29 Tani Electronics Corp Method of recording a computer object using color enabled by a recording device and communication device
US6965439B1 (en) 1999-05-25 2005-11-15 Silverbrook Research Pty Ltd Interactive printer
US7173722B1 (en) 1999-05-25 2007-02-06 Silverbrook Research Pty Ltd Method and system for printing a photograph
KR100745298B1 (en) * 1999-05-28 2007-08-07 아노토 아베 Calendar
AUPQ363299A0 (en) * 1999-10-25 1999-11-18 Silverbrook Research Pty Ltd Paper based information inter face
US7577901B1 (en) 2000-03-15 2009-08-18 Ricoh Co., Ltd. Multimedia document annotation
JP2002062805A (en) * 2000-06-06 2002-02-28 Olympus Optical Co Ltd Printed matter printed with railway route diagram, information providing method and system, information resource, and ticket issuing method
JP4555456B2 (en) 2000-11-28 2010-09-29 谷電機工業株式会社 Data encoding device and data decoding device
JP4763905B2 (en) 2001-03-06 2011-08-31 オリンパス株式会社 Coded image reading apparatus
JP4803906B2 (en) * 2001-06-07 2011-10-26 株式会社キーエンス The method of generating the setting bar code optical information reading apparatus, setting method of changing the optical information reading apparatus, setting the bar code generator and the recording medium
US7916124B1 (en) 2001-06-20 2011-03-29 Leapfrog Enterprises, Inc. Interactive apparatus using print media
JP2003067718A (en) * 2001-08-29 2003-03-07 Olympus Optical Co Ltd Information recording medium capable of determining forgery, forgery determination device, forgery determination method, and program
JP2003162685A (en) * 2001-11-28 2003-06-06 Olympus Optical Co Ltd Code reader
JP4007801B2 (en) 2001-11-30 2007-11-14 オリンパス株式会社 Code reading device and the card type recording medium
JPWO2004090794A1 (en) 2003-04-07 2006-07-06 ボーダフォン株式会社 Information processing method
JP3635374B1 (en) * 2003-11-14 2005-04-06 有限会社Sires Digital information carrier
US7611060B2 (en) 2005-03-11 2009-11-03 Hand Held Products, Inc. System and method to automatically focus an image reader
US7568628B2 (en) 2005-03-11 2009-08-04 Hand Held Products, Inc. Bar code reading device with global electronic shutter control
JP2008533591A (en) * 2005-03-11 2008-08-21 ハンド ヘルド プロダクツ インコーポレーティッド Bar code reading apparatus having a global electronic shutter control
US7770799B2 (en) 2005-06-03 2010-08-10 Hand Held Products, Inc. Optical reader having reduced specular reflection read failures
US7780089B2 (en) 2005-06-03 2010-08-24 Hand Held Products, Inc. Digital picture taking optical reader having hybrid monochrome and color image sensor array
JP4532349B2 (en) 2005-06-07 2010-08-25 株式会社リコー Image processing method and image processing apparatus and an image processing program and a recording medium
WO2007010650A1 (en) * 2005-07-22 2007-01-25 Content Idea Of Asia Co., Ltd. Hierarchized two-dimensional code, creation method thereof, and read method thereof
US7922099B1 (en) 2005-07-29 2011-04-12 Leapfrog Enterprises, Inc. System and method for associating content with an image bearing surface
JP4810918B2 (en) * 2005-08-01 2011-11-09 富士ゼロックス株式会社 Code pattern image generation apparatus and method, the code pattern image reading apparatus and method, and the code pattern image medium
JP4862360B2 (en) * 2005-11-04 2012-01-25 株式会社デンソーウェーブ Two-dimensional code and two-dimensional code reader
JP2007245526A (en) * 2006-03-16 2007-09-27 Dainippon Printing Co Ltd Paper exclusive for electronic pen
JP4819723B2 (en) 2006-03-16 2011-11-24 株式会社リコー Information extraction device, the information extraction method, an information extraction program, and a recording medium
US8261967B1 (en) 2006-07-19 2012-09-11 Leapfrog Enterprises, Inc. Techniques for interactively coupling electronic content with printed media
JP4812591B2 (en) 2006-10-24 2011-11-09 株式会社リコー The information processing apparatus, information processing method, program, and recording medium
JP2008113258A (en) 2006-10-30 2008-05-15 Fuji Xerox Co Ltd Image generating device, image processing apparatus, and program
JP2009140506A (en) * 2008-12-18 2009-06-25 Fujifilm Corp Message recording and playback device
WO2011087030A1 (en) * 2010-01-18 2011-07-21 独立行政法人産業技術総合研究所 Two-dimensional code, code generating system, program, and printed matter

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7058232B1 (en) 1999-11-19 2006-06-06 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, method and memory medium therefor
EP2866191A1 (en) 1999-11-19 2015-04-29 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, method and computer program for extracting additional information added images by error diffusion watermarking
US7668336B2 (en) 2005-02-25 2010-02-23 Ricoh Company, Ltd. Extracting embedded information from a document
US8009860B2 (en) 2005-11-22 2011-08-30 Ricoh Company, Ltd. Image processing apparatus, method, program and recording medium for extracting embedded information
US7604180B2 (en) 2005-12-26 2009-10-20 Fuji Xerox Co., Ltd. Code pattern, printed matter, image generating apparatus, image processing apparatus, image generating method, and information identifying method
US7611067B2 (en) 2006-02-24 2009-11-03 Fuji Xerox Co., Ltd. Printed material with identification function, image generating apparatus, image processing apparatus, image generating method, image processing method, and program product therefor
US8773398B2 (en) 2007-05-28 2014-07-08 Fuji Xerox Co., Ltd. Data input system
US8456486B2 (en) 2009-05-11 2013-06-04 Fuji Xerox Co., Ltd. Image processing apparatus and image processing program

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06231466A (en) 1994-08-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6295139B1 (en) Image data processing apparatus for processing and transferring data from memory cards to external devices
EP1021794B1 (en) A camera with internal printing system
CN1163794C (en) Image processor and recording medium bearing voice code image
US6188432B1 (en) Information processing method and apparatus for displaying and zooming an object image and a line drawing
CN1825889B (en) Digital camera having image feature analyzing function
EP1383107B1 (en) Ring tone code structure and ring tone code reading apparatus for cellular phones
US6563542B1 (en) Electronic camera
KR920010507B1 (en) Electronic still camera and image recording method thereof
US6160633A (en) Code printing apparatus for printing an optically readable code image at set positions on a print medium
Nakamura Image sensors and signal processing for digital still cameras
JP3397366B2 (en) Imaging device
US4689696A (en) Hybrid image recording and reproduction system
RU2295780C2 (en) System for creating data on moving images, method of data creation on moving images, program for data creation on moving objects and carrier for data recording
EP0136045A2 (en) A method and system for producing and reproducing images
EP0942584B1 (en) Image processing apparatus and its processing method, storage medium, and image file format
EP0735420B1 (en) Apparatus for printing, storing and retrieving an image record
US20050199730A1 (en) Camera for encoding audio signals
US20110228026A1 (en) Digital camera system for simultaneous printing and magnetic recording
US6094279A (en) System and process for non-perceptibly integrating sound data into a printed image
CN1218271C (en) Method and apparatus for fault tolerant data storage on photographs
US6229964B1 (en) Image with sound playback apparatus
US7149000B1 (en) Apparatus for recording two-dimensional code and human-readable data on print medium
CA2230123A1 (en) Printing apparatus and printing system
US6102505A (en) Recording audio and electronic images
JP3219403B2 (en) Image storage device

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19980825

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071002

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081002

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091002

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101002

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101002

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111002

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111002

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121002

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131002

Year of fee payment: 15

EXPY Cancellation because of completion of term