JP2831369B2 - Information recording and reproducing method and system - Google Patents

Information recording and reproducing method and system

Info

Publication number
JP2831369B2
JP2831369B2 JP1035631A JP3563189A JP2831369B2 JP 2831369 B2 JP2831369 B2 JP 2831369B2 JP 1035631 A JP1035631 A JP 1035631A JP 3563189 A JP3563189 A JP 3563189A JP 2831369 B2 JP2831369 B2 JP 2831369B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
data
block
information recording
address
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1035631A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH02214924A (en
Inventor
保 伊藤
規 斉藤
崇 竹内
稔之 織田
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP1035631A priority Critical patent/JP2831369B2/en
Publication of JPH02214924A publication Critical patent/JPH02214924A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2831369B2 publication Critical patent/JP2831369B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、情報記録再生方式およびシステムに係り、 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION [FIELD OF THE INVENTION The present invention relates to information recording and reproducing method and system,
特に情報記録媒体の利用効率を向上させ、かつ、情報記録媒体に対するリード・ライトアクセスの回数を削減し得る情報記録再生方式およびシステムに関する。 Especially to improve the efficiency of the information recording medium, and an information recording and reproducing method and system capable of reducing the number of read-write access to the information recording medium.

[従来の技術] 従来、追記型光ディスクメモリ等の情報記録媒体を大容量ファイルメモリとして利用した方式として、例えば、特開昭61−22488号公報に記載のものや、特開昭56 [Prior Art] Conventionally, as a method utilizing an information recording medium such as a write-once optical disk memory as a large-capacity file memory, for example, those and described in JP-A-61-22488, JP 56
−156936号公報に記載のものが挙げられる。 Include those described in -156,936 JP.

前者の方式は、追記型光ディスクメモリ上にデータファイル記録とファイルディレクトリ(データファイルの管理情報)記録を行なったもので、ファイル単位でのリード・ライトを行なうものである。 The former method, (management information of the data file) the data file recording and file directory write-once optical disc memory which was subjected to recording, and performs a read-write in file units. また、後者の方式は、追記型光ディスクメモリを新規データ記録領域、更新データ記録領域、更新データリスト記録領域の各領域に分割管理し、ブロック単位でファイルのリード・ライトを行なうものである。 Further, the latter method, a new data recording area once optical disk memory, the update data recording area is divided management in each area of ​​the update data list recording area, and performs a read-write file in blocks.

[発明が解決しようとする課題] 上記特開昭61−22488号公報に記載の従来技術においては、ファイルディレクトリ記録の内容のうち、データファイルのアドレス情報を示すものとしては、データファイルの開始アドレスとデータファイルのサイズしかなく、ファイルの新規登録・更新はシーケンシャルなファイル単位で行なわれなければならないという問題があった。 In [0007] the prior art described in JP-A Sho 61-22488, among the contents of the file directory record, as an indication of the address information of the data file, the start address of the data file and there is only the size of the data file, the new registration and update of the file there is a problem that must be performed in a sequential file-by-file basis.

また、上記特開昭56−156936号公報に記載の従来技術においては、追記型光ディスク上の同一ブロックに更新データを書込むかわりに、更新データ記録領域にデータを書込み、その更新情報を更新データリスト記録領域に書込むという方式によりブロック単位のファイルアクセスを実現しているが、この方式では外部制御システム本体内に不揮発性メモリを設け、適当な時期を見て更新データリスト記録を行なっているため、光ディスクメディアの交換や電源切断などを常にシステムが監視していなければならないという問題が生じた。 Further, in the conventional technique described in JP-A Sho 56-156936, instead of writing the updated data in the same block in the write-once optical disc, the write data in the update data storage area, the update information updating data While realizing the file access block by method called writing in the list recording area, the non-volatile memory is provided, it is performed to update data list recorded watches appropriate time to an external control system body in this manner Therefore, the problem that always system, such as exchange and power-off of the optical disc media must be monitored has occurred.

[課題を解決するための手段] 上記した問題を解決するために、本発明では情報記録媒体をデータファイル記録領域とファイルディレクトリ記録領域に分割管理し、情報記録媒体上にランダムなブロックとして散在するデータファイルのアドレス情報を含むファイル管理情報を、ファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに記録する。 In order to solve the above problems [Means for Solving the Problems], the information recording medium in the present invention divides the management data file recording area and a file directory record area, interspersed as a random block on the information recording medium the file management information including address information of the data file is recorded at the head unrecorded block of the file directory record area. また、このファイルディレクトリ記録領域に記録されたファイルディレクトリデータを用いて、ランダムアクセスが可能な仮想ブロックデバイスをシステム本体メモリに構築する。 Further, by using the file directory data recorded in the file directory record area to construct a virtual block device capable of random access to the system main body memory. ここで言う仮想ランダムブロックデバイスは、ファイル検索を行なうために必要十分な大きさのファイルエントリを集約したファイルエントリテーブルと、リード・ライトされるファイルの有するブロックが仮想デバイス上のどの位置に散在しているのかを示すブロックリンクテーブルと、仮想デバイス上の各ブロックが実際に記録再生を行なう情報記録媒体のどのアドレスのブロックに相当しているのかを示すデータファイルアドレステーブルとの、3つのテーブルから構成されたものである。 Virtual random block device referred to here, and the file entry table that aggregates the file entry of the necessary large enough to perform the file search, the blocks having the file to be read-write scattered at any position on the virtual device and a block link table to indicate that the whether the, the data file address table that indicate corresponds to a block of which address information recording medium in which each block on the virtual device actually performs recording and reproduction, three tables it is those that are configured.

ファイルの記録はすべて仮想デバイスを通して行なう。 All recording files performed through virtual device. データファイルは情報記録媒体のデータファイル記録領域の先頭未記録ブロックに順次書き出され、情報記録媒体上に散在するデータファイルのファイル管理情報はすべて仮想デバイス上で処理され、ファイルがクローズされた時点で該当ファイルの有するすべての管理情報(仮想デバイスの3つのテーブルデータのうち該当ファイルに関係したもの)を集約して、情報記録媒体のファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに記録する。 Time data files are sequentially written to the beginning unrecorded block in the data file recording area of ​​the information recording medium, file management information of the data file to be scattered on the information recording medium are all processed on the virtual device file is closed in to aggregate all of the management information included in the corresponding file (those related to the corresponding file of the three table data of the virtual device), is recorded at the head unrecorded block of the file directory record area of ​​the information recording medium. 従って、ファイルディレクトリデータは情報記録媒体上のファイルアドレス情報のみならず、情報記録媒体と仮想デバイスとの間のブロックアドレスの対応データをも有するものである。 Thus, the file directory data not only file address information on the information recording medium, but also with the corresponding data of the block address between the information recording medium with the virtual device.

ファイルの読み出しはすべて仮想デバイスを通して行なう。 All files are read is performed through the virtual device. ファイルの検索およびファイルの有する任意のブロック情報記録媒体上のアドレス取得はすべて仮想デバイス上で処理され、目的のブロックのデータを読み出すことができる。 Search and address acquisition on any block information recording medium having a file in the file are all processed on the virtual device, data can be read out of the block of interest.

[作 用] ファイルの記録はすべて仮想デバイスを通して行なわれる。 Record of [work for] file is carried out through all the virtual device. 仮想デバイスは前述のように3つのテーブル Virtual device of the three as described above table
ブロックリンクテーブル、ファイルエントリテーブル、データファイルアドレステーブルから成り、それぞれは次の様に作用する。 Block link table, file entry table, consists of a data file address table, each of which acts in the following manner.

仮想デバイスのブロックリンクテーブルは仮想デバイス上におけるファイルが有する各ブロックの結合状態を表わすだけでなく、これにより仮想デバイスの有するブロックの使用/未使用状況を把握することができる。 Block link table of the virtual device not only represents the bonding state of each block with the file on the virtual device, which makes it possible to grasp the use / unused state of the block with the virtual device.
また、ブロックリンクテーブルの大きさは仮想デバイスの有する総ブロック数によって決定される。 The size of the block link table is determined by the total number of blocks included in the virtual device.

仮想デバイスのファイルエントリテーブルには、情報記録媒体に記録されたすべてのファイルの検索情報が集約してあり、ファイル名の検索の他に、ファイル削除、ファイル更新中などの状態を示すファイルエントリデータも設定できる。 The file entry table of the virtual device, Yes to aggregate search information for all files recorded on the information recording medium, in addition to the search of the file name, the file entry data indicating the state such as file deletion, file updating It can also be set. このファイルエントリテーブルに対して、ファイル記録の終了を意味するファイルクローズエントリデータを書き込んだ時点で、該当ファイルに関する3つのデーブル(ブロックリンクテーブル、ファイルエントリテーブル、ファイルデータアドレステーブル)のデータを集約し、情報記録媒体のファイルディレクトリ記録領域に記録する。 To the file entry table, At the time of writing file close entry data indicating the end of the file record, and aggregate data for three related to the corresponding file Deburu (block link table, a file entry table, file data address table) , it is recorded in the file directory record area of ​​the information recording medium. また、ファイルエントリテーブルの大きさは仮想デバイスの有するファイルエントリの総数によって決定される。 The size of the file entry table is determined by the total number of the file entry with the virtual device.

仮想デバイスのファイルアドレステーブルは、仮想デバイスのブロックアドレスと、情報記録媒体のブロックアドレスの対応を記録するテーブルであり、そのアドレス対応データを更新することによって、実際には情報記録媒体のデータファイル記録領域の未記録ブロックに追記されたデータであっても、見かけ上同じブロックで更新されたように見ることができる。 File address table of the virtual device, and the block address of the virtual device is a table for recording the correspondence of the block address of the information recording medium, by updating the address correspondence data, actually data file recorded in the information recording medium it can be seen as even data appended to an unrecorded block in the area, updated in apparently the same block. また、ファイルアドレステーブルの大きさは仮想デバイスの有する総ブロック数によって決定される。 Also, the size of the file address table is determined by the total number of blocks included in the virtual device.

以上3つのテーブルのイニシャライズは、システム本体の電源投入時または情報記録媒体の挿入時に行なわれ、ファイルの記録などで更新されたテーブルのデータはファイルクローズを基準に該当ファイル関係部分のみが情報記録媒体に書き込まれるため、すべてのファイル書き込みが終了した時点からは電源の切断、情報記録媒体の交換は任意に行なうことができる。 Or initialization of the three tables is performed upon insertion of the power-on or the information recording medium of the system body, only the relevant files related part data for updated table recorded in such a file based on the file close the information recording medium because written, all power off from the time the file writing has been completed, the exchange of the information recording medium can be carried out arbitrarily. また、最終的にすべてのファイルがクローズされるのならば、同時に複数のファイルをオープンして任意のファイルの任意のブロックに対するリード・ライトが可能である。 Also, if the final all the files are closed, it is possible to read and write to any block of any file open several files at the same time.

[実施例] 以下、主として追記型光ディスクメモリに本発明を適用した実施例について図面により詳細に説明する。 [Example] Hereinafter, will be described in detail with reference to the accompanying drawings for Example applying the present invention primarily write-once optical disk memory.

第2図は、本発明が適用される追記型光ディスクシステムのシステムブロックを示したブロック図である。 Figure 2 is a block diagram illustrating a system block of the write-once optical disk system to which the present invention is applied.

追記型光ディスクシステム20を構成する追記型光ディスクメモリ21には、リード・ライト制御部23の制御のもとに、光ディスクドライブ22によりデータファイルおよびそのデータファイルのファイルディレクトリの記録再生が行なわれる。 The write-once optical disk memory 21 constituting the recordable optical disc system 20, under the control of the read write control unit 23, the recording and reproducing of the data file and the file directory of the data file is performed by the optical disk drive 22. インタフェイス制御部24は、リード・ Interface control unit 24, lead
ライト制御部23を制御して、追記型光ディスクメモリ21 And controls the light control section 23, write-once optical disc memory 21
と外部制御システム25との間におけるデータ転送を行なう。 Performing data transfer between the external control system 25 and.

第1図(a)は、本発明の一実施例における追記型光ディスクメモリ(情報記録媒体)での記録状態および仮想デバイスの構造を模式的に示した説明図である。 Figure 1 (a) is an explanatory view schematically showing the structure of a recording state and virtual device in the write-once type optical disc memory (information recording medium) according to an embodiment of the present invention. 第1 First
図(b)は各ファイルとそれに含まれるデータとの関係を示している。 Figure (b) shows the relationship between the files and the data it contains.

第1図(a)に示す様に、光ディスクメモリにおける記録可能領域の先頭(本実施例では内周側)よりファイルディレクトリ記録領域、データファイル記録領域が構成されている。 As shown in FIG. 1 (a), the first file directory record area than (the inner circumferential side in this embodiment) of the recordable area of ​​the optical disk memory, a data file recording area is configured. 各領域は固定長領域であり、各領域に対する記録は常に先頭未記録ブロックに対して行なわれる。 Each region is a fixed-length area, recording for each area is always made to the top unrecorded block.

これに対して、仮想ランダムブロックデバイスは、外部制御システム25内のシステム本体メモリ上に設けられたものであり、ファイルディレクトリ記録領域に記録されたファイルディレクトリから構築される。 In contrast, the virtual random block device is one provided on the system body memory of the external control system 25 is constructed from a file directory recorded in the file directory record area. この仮想デバイスは、ブロックリンクテーブル、ファイルエントリテーブル、データファイルアドレステーブルの3つのテーブルから成る。 The virtual device block link table, a file entry table consists of three tables of data file address table. (本実施例では3つのテーブルを上記の順に配置しているが、他の順に配置をしても構わない。)このうち先頭から2つのテーブル(ブロックリンクテーブル、ファイルエントリテーブル)は仮想デバイスにおけるファイルディレクトリ記録部分であり、ファイルエントリテーブルにはファイル名、データファイル開始ブロックアドレスを含むファイルディレクトリエントリデータが、また、ブロックリンクテーブルには仮想デバイス上でランダムに散在するブロックから成るデータファイルのファイルチェインデータが、それぞれ記録されている。 (Although three tables in this embodiment are arranged in the above order, it may also be the place to another order.) Two tables (block link table, file entry table) from these top in the virtual device a file directory recorded portion, the file name in the file entry table, file directory entry data including data file start block address, also in the block link table is a data file consisting of blocks scattered randomly on the virtual device file chain data is recorded, respectively. また、最後に置かれたデータファイルアドレステーブルは仮想デバイスにおけるデータファイル記録部分であり、仮想デバイスのブロックアドレスと光ディスクメディアのブロックアドレスとの対応が記録されている。 Also, the last placed data file address table is a data file recording portion in the virtual device, correspondence is recorded in the block address and block address of the optical disc medium of a virtual device.

以上3つのテーブルを構築するのに用いる光ディスクメモリのファイルディレクトリデータは、ファイル検索用のファイルディレクトリエントリデータ(仮想デバイスのファイルエントリテーブルに記録されたものと同一で、ファイル名、データファイル開始ブロックアドレスなどを含むもの)や、光ディスクメモリならびに仮想デバイス上に散在して記録されたファイルのファイルブロックチェインデータを含むファイル管理情報から成る。 Above file directory data of the optical disk memory using three tables to construct the file directory entry data for the file search (the same as that recorded in the file entry table of the virtual device, the file name, data file start block address those containing etc.), consists of the file management information including a file block chain data of the optical disk memory and file recorded scattered on the virtual device.
このファイルディレクトリデータはファイルのクローズ時に、光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書き込まれる。 The file directory data when the file is closed, are written at the beginning unrecorded block of optical disk memory file directory record area.

従って、ファイルがクローズされるまでは、光ディスクメモリに対してはデータファイルの追記を行なうだけで、ファイル管理情報はすべて仮想デバイス上で処理されるため、同時に複数のファイルをオープンしてランダムにデータファイルの記録を行なったとしても、実際に光ディスクメモリにアクセスするのは、データファイルライトと、ファイルクローズ時のファイルディレクトリライトに限られ、アクセス時間が短縮される。 Therefore, until the file is closed, with respect to the optical disk memory is only performed additionally recording data files, because all file management information is processed on a virtual device, data randomly open several files at the same time even performed recording of the file, actually to access the optical disc memory, a data file write, only the file directory write when a file is closed, the access time is shortened. また、複数のファイルオープンに伴なって必要となるシステム本体メモリの大きさは、仮想デバイスのサイズによって固定的に決定され、ファイル数には無関係なので、システム本体メモリを有効に利用することができる。 The size of the system body memory required is accompanied multiple file open is fixedly determined by the size of the virtual device, so regardless of the number of files, it is possible to effectively utilize the system body memory .

第3図は、本発明の一実施例に係る第1図における記録状態を、追記型光ディスク上に適用した説明図である。 Figure 3 is a recording state in FIG. 1 according to an embodiment of the present invention, is an explanatory view of application on a write-once optical disc.

第3図において、追記型光ディスクメモリ31は、内周側記録不可領域32、外周側記録不可領域33、およびそれらの領域に挾まれた記録可能領域に分割され、更に記録可能領域は記録可能領域の最内周から最外周に向かって、ファイルディレクトリ記録領域38とデータファイル記録領域39の2つの領域に分割されている。 In FIG. 3, a write-once optical disk memory 31 is divided inner circumference side unrecordable region 32, the outer peripheral side unrecordable region 33, and the recordable area sandwiched in those areas, further recordable area is recordable area toward the outermost from the innermost of which it is divided into two areas of the file directory record area 38 and a data file recording area 39. どちらの領域も先頭(本実施例では内周側)からデータの記録が行なわれ、前者は記録済のファイルディレクトリ群34と、 Both regions recorded data is performed from the (inner circumferential side in this embodiment) is also the top, the former with a recorded file directory group 34,
ファイルディレクトリ未記録領域35を、また後者は記録済のデータファイル群36と、データファイル未記録領域 The file directory unrecorded area 35, and the latter the recorded data files 36, data files unrecorded area
37をそれぞれ有している。 It has 37, respectively. 本実施例では、ファイルディレクトリ記録領域38とデータファイル記録領域39の2領域を固定長で確保してあり、書き込み中にどちらか一方又は両方の領域に残り未記録領域がなくなって書き込みが行なえなくなった場合は、ディスクフルエラーのエラー処理を実行し、ライト動作を中断する。 In this embodiment, Yes to secure two regions of the file directory record area 38 and a data file recording area 39 at a fixed length, it can not be carried out writing the remaining unrecorded area runs out in either one or both regions while writing If the performs error processing, the disk full error, interrupts the write operation. 以下、ディスクフルエラーについては考慮せずに実施例を説明する。 Hereinafter, the disk full error is explaining the embodiments without consideration.

以下、実際に動作させる場合の追記型光ディスクシステムのシーケンスを、第4図〜第7図に示すフローチャートを用いて説明する。 Hereinafter, a sequence of write-once optical disk system when actually operating, will be described with reference to a flowchart shown in FIG. 4 to 7 FIG.

第4図は電源投入時(起動時)または光ディスクメディア交換時のシーケンス、すなわちイニシャライズルーチンのシーケンスを示すフローチャートである。 FIG. 4 is a flowchart showing power-on (start-up) or an optical disc medium exchange at the time of the sequence, i.e. a sequence of initialization routines. 以下第4図を各ステップ毎に説明する。 Hereinafter will be described a fourth figure each step.

ステップ401:仮想ランダムブロックデバイスの初期化をする。 Step 401: the initialization of the virtual random block device. すなわち、ブロックリンクテーブルおよびデータファイルアドレステーブルのデータを全て空白ブロックを意味するSPACEで埋め、ファイルエントリテーブルのデータを全てエントリなしを意味するno entryで埋める。 That is, filled with SPACE to mean all blank block data of the block link table and the data file address table, filled with no entry to mean without all the data in the file entry table entry.

ステップ402:光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域の先頭未読出ブロックから、順次ディレクトリデータを読み出し、システムバッファに格納する。 Step 402: from the first unread block of optical disk memory file directory record area, sequentially reads out the directory data is stored in the system buffer.

ステップ403:システムバッファにディレクトリデータが格納されていれば、そのデータを用いて仮想デバイスの構築をするためにステップ404へ移行し、格納されていなければすべてのファイル管理情報が仮想デバイスに反映されたので、ステップ406へ移行し終了する。 Step 403: If the directory data in the system buffer if stored, the data moves to step 404 in order to build the virtual device with all the file management information not stored is reflected in the virtual device since, the process proceeds to the end to step 406.

ステップ404:システムバッファに格納されたファイルディレクトリデータのうち、ファイル検索に用いるデータ(ファイル名、ファイル作成日時、ファイナルサイズ、 Step 404: among the file directory data stored in the system buffer, data (file name to be used for file search, file creation date and time, the final size,
ファイル開始ブロックアドレスなど)をファイルエントリテーブルの先頭空きエントリ領域(no entryのデータが入っている領域)に格納する。 To store the file start block address, etc.) at the beginning of free entry area of ​​the file entry table (an area that contains no entry of data).

ステップ405:上部ファイルディレクトリデータのうち、 Step 405: of the upper file directory data,
データファイルが有するブロックが光ディスクメモリや仮想デバイス上のどのブロックに散在しているのかを示すファイルチェインデータを取り出し、仮想デバイス上でのブロックチェインデータをブロックリンクテーブルに格納し、仮想デバイスのブロックと光ディスクメモリのブロックの対応データをデータファイルアドレステーブルに格納する。 Block data file has retrieves the file chain data that indicate are scattered in any block on the optical disk memory and virtual devices, and stores the block chain data in a virtual device in the block link table, a virtual device block storing corresponding data of the optical disk memory block in the data file address table.

ステップ406:終了する。 Step 406: to end.

第5図および第6図は、データファイルをライトする場合のシーケンスを示すフローチャートである。 Figure 5 and 6 is a flowchart showing a sequence for writing a data file. 以下、 Less than,
第5図および第6図を各ステップ毎に説明する。 A fifth view and Figure 6 will be described for each step.

ステップ501:仮想デバイスのファイルエントリテーブル中に、ライトファイル名と同一のファイル名が既にエントリされているかどうか検索する。 Step 501: during the virtual device file entry table, searches whether a write file name and the same file name is already an entry.

ステップ502:同一ファイル名のエントリがある場合はファイルの更新を意味するので、旧ファイルを見かけ上削除する(仮想デバイス上でエントリを削除する)ためにステップ503へ移行する。 Step 502: If there is an entry for the same file name which means updating the file, (deletes the entries on a virtual device) the old file to be deleted apparently proceeds to step 503 in order. 同一名がない場合は、データファイル書込みをするため505へ移行する。 If you do not have the same name, the process proceeds to 505 to the data file write.

ステップ503:該当するファイルエントリデータから旧ファイルのファイル開始ブロックアドレス取得し、対応するブロックリンクテーブルからデータを順次読み出し、 Step 503: File starting block address acquisition of the old file from the corresponding file entry data, sequentially reads data from the corresponding block link table,
ファイル終了を示すEOF(エンド・オブ・ファイル)データが読み出されるまでテーブル内容をSPACE(スペース)データで埋めて行く。 Table contents until EOF (end-of-file) data is read out indicating the end-of-file go filled with SPACE (space) data. これによって、旧ファイルが占めていた仮想デバイス上の全てのブロックが再使用可能となる。 Thus, all the blocks on the virtual device old file occupied becomes reusable.

ステップ504:該当するファイルエントリデータの代わりにno eytryデータを格納する。 Step 504: instead of the corresponding file entry data storing no Eytry data. これにより、旧ファイルの占めていたファイルエントリ領域は再使用可能となる。 As a result, the file entry area that had been occupied in the old file is a possible re-use.

ステップ505:ブロクリンクテーブルのデータを順次読み出し、SPACEデータが得られたならばそのブロックは書込み可能であることを示すので、そのブロックを仮想デバイスにおけるデータファイルの書込みブロックに設定する。 Step 505: Buroku sequentially reads data of the link table, if SPACE data is obtained that block it indicates that it is writable, and sets the block to the write block of data files in the virtual device.

ステップ506:光ディスクメモリのデータファイル記録領域の先頭未記録ブロックにデータファイルを書込む。 Step 506: write data files to the beginning unrecorded block in the data file recording area of ​​the optical disk memory.

ステップ507:ステップ505で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するデータファイルアドレステーブルのブロックに、実際に光ディスクメモリに書込んだブロックのアドレスをデータとして格納する。 Step 507: the block of data file address table corresponding to the write block in the virtual device set in step 505, actually stores the address of the written block in the optical disk memory as a data.

ステップ508:また未書込みデータファイルがあるならステップ509へ移行し、ないのならステップ510へ移行する。 Step 508: The process proceeds to step 509 if there is unwritten data file, the process proceeds to the Save step 510 no.

ステップ509:ステップ505で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するブロックリンクテーブルのブロックに、次のSPACEデータを持つブロック番号をデータとして格納し、ステップ505へ移行する。 Step 509: the block of the block link table corresponding to the write block in the virtual device set in step 505, stores the block number with the following SPACE data as data, the process proceeds to step 505.

ステップ510:すべてのデータファイルの書込みが終了したので、ステップ505で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するブロックリンクテーブルのブロックに、ファイル終了を示すEOFデータを格納する。 Step 510: the writing of all the data files is completed, the block of the block link table corresponding to the write block in the virtual device set in step 505, stores the EOF data indicating the end of file.

ステップ511:ファイルエントリテーブルのデータを順次読み出し、no entryデータが得られたならばそのエントリ領域は使用可能なので、ライトしたファイルのファイル名、ファイル開始ブロックアドレスなどのファイルディレクトリデータを格納する。 Step 511: sequentially reading the data of a file entry table, so that entry region available if no entry data is obtained, and stores the file name of the write file, the file directory data such as file start block address.

ステップ512:ブロックリンクテーブルと、データファイルアドレステーブルから、ライトしたファイルの有するブロックのデータを取得し、[仮想デバイスのブロック,光ディスクメモリのブロック]の連鎖からなるファイルチェインデータを作成する。 Step 512: the block link table, from the data file address table, obtains the data block with the write file, create a file chain data consisting of a chain of the Block of the virtual device, an optical disk memory block.

ステップ513:ステップ511で格納したファイルディレクトリデータと、ステップ512で作成したファイルチェインデータとを、光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書込む。 Step 513: the file directory data stored in step 511, and a file chain data created in step 512, writes the beginning unrecorded block of optical disk memory file directory record area.

ステップ514:終了する。 Step 514: to end.

第7図は、データファイルをリードする場合のシーケンスを示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing a sequence for reading the data file. 以下、第7図を各ステップ毎に説明する。 Hereinafter, a description will be given of a seventh Fig each step.

ステップ701:仮想デバイスのファイルエントリテーブルをリードし、リードファイル名と同一のファイル名があるかどうか検索する。 Step 701: read the file entry table of the virtual device, to find whether there is a lead file name and the same file name.

ステップ702:同一ファイル名があればステップ703へ移行し、なければステップ707へ移行する。 Step 702: If there is the same file name, the process proceeds to step 703, the process proceeds to step 707 if no.

ステップ703:該当ファイルのファイルディレクトリデータから取得できるファイル開始ブロックをリードするブロックとして設定する。 Step 703: Set the file start block that can be acquired from the file directory data of the file as a block to be read.

ステップ704:データファイルアドレステーブルの対応ブロックのデータから、光ディスクメモリのブロックアドレスを取得し、データファイルをリードする。 Step 704: the data of the corresponding block of the data file address table, obtains the block address of the optical disk memory, it reads the data file.

ステップ705:ブロックリンクテーブルの対応ブロックデータから、チェインされた次のブロックの番号を取得し、それを次のリードブロックとする。 Step 705: the corresponding block data of the block link table to obtain the number of the chain has been next block to it the next read block.

ステップ706:まだ読み出していないデータファイルがあればステップ704へ移行し、なければステップ708へ移行する。 Step 706: the routine proceeds to step 704 if there is a data file that has not yet read, the process proceeds to step 708 otherwise.

ステップ707:該当するファイルがなかったので該当ファイルなしというエラー処理を行なう。 Step 707: perform error processing of None file because there was no appropriate file.

ステップ708:終了する。 Step 708: to end.

なお、第4図〜第7図に示した各ルーチンはそれぞれ一例であり、好ましくは、ファイルディレクトリ記録領域のデータから固定サイズの仮想デバイスを構成し、 Each routine shown in FIG. 4-Fig. 7 is an example, respectively, preferably, it constitutes a virtual device of a fixed size from the data of the file directory record area,
データファイルは上位システムのデータ書込み命令ごとにデータファイル記録領域に書込み、仮想デバイス上で更新されたファイルの管理情報をファイルクローズ時にファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書込むという3点を満足すれば、いかなる手法を用いてもよい。 Data files are written to the data file recording area for each data write instruction host system, satisfy the 3-point that writes the management information of files updated by the virtual device when the file closed top unrecorded block of the file directory record area if, may use any method.

第8図(a)は、本発明の第2の実施例における追記型光ディスクメモリでの記録状態を模式的に示したものであり、同図(b)はファイルとデータとの関係を示したものである。 Figure 8 (a) shows a recording state in the write-once optical disc memory according to the second embodiment of the present invention are those shown schematically, FIG. (B) shows the relationship between files and data it is intended.

第8図(a)では、ファイルがデータファイルを持つファイルであるのか、一つまたは複数のファイルのファイルエントリデータを持つファイルであるのか、を基準にそれぞれデータファイルとディレクトリを区別するFI Figure 8 (a), the the file that is a file having a data file, one or more file entries or data is of a file with a file, each distinguished data files and directories based on the FI
LE,DIRというファイル属性を設定し、これをファイルディレクトリデータに与えることによってディレクトリの階層構造を構成している。 LE, and sets the file attribute called DIR, constitute a hierarchical structure of directories by giving it to the file directory data. この階層構造の最上層をルートディレクトリと呼び、それより下の層をサブディレクトリと呼ぶことにする。 Called top layer of the hierarchical structure and the root directory, and from the layer below it is called a sub-directory.

サブディレクトリの中にファイルを記録するためには、あらかじめサブディレクトリを作成しておかねばならない。 In order to record the file in a subdirectory, it must be kept to create the pre-sub-directory. サブディレクトリはそのファイル属性としてDI Subdirectory DI as its file attributes
Rデータを持っているという点を除けは通常のデータファイルと同じシーケンスでリード・ライトが行なえる。 Except that it has the R data can be done read and write in the same sequence as normal data files.
ただし、そのデータファイルはファイルエントリテーブルと同形式の仕様で書かれたファイルディレクトリエントリデータでなければならない。 However, the data file must be a file directory entry data that has been written in the specification of the file entry table and the same format. また、サブディレクトリを新規作成する場合のデータファイルはすべてno ent In addition, all the data files of the case to create a new sub-directory is no ent
ryデータで埋めておく必要がある。 There is a need to be filled with ry data.

これに対しルートディレクトリはファイルエントリテーブルの事を指し、イニシャライズの時に自動的に作成される。 In contrast to this root directory refers to that of the file entry table, which is automatically created at the time of initialization.

ルートディレクトリに直接含まれるファイルはイニシャライズ時にファイルエントリテーブルを構成するのに必要である。 File that is included directly in the root directory is required to configure the file entry table at the time of initialization. 一方、サブディレクトリに含まれるファイルはファイルエントリテーブルの構成には無関係なので、光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域に記録されるファイルディレクトリデータには、ルートディレクトリのファイルかサブディレクトリのファイルかを区別するROOT,SUBというファイル属性を与える。 On the other hand, the files contained in the subdirectory irrelevant to the structure of the file entry table, the file directory data recorded in the file directory record area of ​​the optical disk memory distinguishes the file of the file or subdirectory of the root directory ROOT , give the file attribute called SUB. また、データファイルアドレステーブルにも、書込まれるデータファイルが通常のデータファイルなのか、ディレクトリエントリデータなのかが区別できるようにDIR,FI In addition, also data file address table, or data file to be written that a normal data file, so as to be able to distinguish whether the directory entry data of the DIR, FI
LEの属性を与える。 Give the attributes of the LE.

以下、階層ディレクトリを用いた場合の追記型光ディスクシステムのシーケンスを第9図〜第15図のフローチャートを用いて説明する。 Hereinafter will be described with reference to the flowchart a sequence of write-once optical disc system of FIG. 9-FIG. 15 in the case of using the hierarchical directory.

第9図は電源投入時または光ディスクメモリ交換時のシーケンスすなわちイニシャライズ時のシーケンスを示すフローチャートである。 Figure 9 is a flow chart showing a sequence i.e. sequence during initialization at the time or optical disk memory replacement power on. 以下、第9図を各ステップごとに説明する。 Hereinafter will be described a ninth FIG at each step.

ステップ901:仮想ランダムブロックデバイスを初期化する。 Step 901: Initialize virtual random block device. すなわちブロックリンクテーブルとデータファイルアドレステーブルのデータをすべてSPACEで埋め、ファイルエントリテーブルのデータをすべてno entryで埋める。 That it is filled with all the data of the block link table and the data file address table SPACE, all the data of the file entry table filled with no entry.

ステップ902:ファイルディレクトリ記録領域の未読み出しデータを順次読み出し、システム本体のバッファに格納する。 Step 902: sequentially reads the unread data in the file directory record area is stored in the buffer of the system body.

ステップ903:バッファの中にファイルディレクトリエントリデータがあればステップ904へ移行しなければステップ908へ移行する。 Step 903: If the routine proceeds to step 904, if in the buffer to a file directory entry data proceeds to step 908.

ステップ904:バッファの中のファイルディレクトリエントリデータのファイル属性にSUBがあればステップ906へ移行しなければステップ905へ移行する。 Step 904: If the routine proceeds to step 906 if there is SUB file attribute of the file directory entry data in the buffer goes to step 905.

ステップ905:ファイル属性はROOTであり、ファイルエントリテーブルを構築する必要があるので、ファイルディレクトリエントリデータの中からファイル名、ファイル開始ブロック、ファイル属性(FILEかDIRかという属性)を含むディレクトリエントリデータをファイルエントリテーブルの先頭空きエントリ領域に格納する。 Step 905: the file attribute is ROOT, since it is necessary to build the file entry table, file name in the file directory entry data, file start block, the directory entry data including file attributes (attribute or FILE or DIR) to store at the beginning of free entry area of ​​the file entry table.

ステップ906:ファイルディレクトリエントリデータのうち、ファイルチェインデータを取り出しブロックリンクテーブルを構築する。 Step 906: Of the file directory entry data, to build a block link table extract files chain data.

ステップ907:ファイルディレクトリエントリデータのうち、ファイルチェインデータを取り出しファイル属性(FILEまたはDIR)を付加してデータファイルブロックテーブルを構築し、ステップ902へ移行する。 Step 907: Of the file directory entry data, builds a data file block table by adding the file attributes (FILE or DIR) retrieves the file chain data, the process proceeds to step 902.

ステップ908:終了する。 Step 908: to end.

次に、ファイルのリード・ライトのシーケンスについて説明を行なうが、その時のファイル名の指定方法は次の形式をとるものとする。 Next, a description is given of a sequence of read and write files, how to specify the filename at that time is assumed to take the following form.

\SUB1\SUB2\…\SUBN\FILE1 \(バックスラッシュ)はディレクトリ名またはファイル名の区切を示すセパレータであり、SUB1,SUB2,…,S \SUB1\SUB2\ ... \SUBN\FILE1 \ (backslash) is a separator indicating the delimiter of a directory or file name, SUB1, SUB2, ..., S
UBNはそれぞれサブディレクトリ名を、FILE1はファイル名を示す。 UBN is a sub-directory name, respectively, FILE1 shows the file name. ここで、 \SUB1\SUB2\…\SUBN の部分をパス名部分と呼び、 \FILE1 の部分をファイル名部分と呼ぶことにする。 Here, \SUB1\SUB2\ ... is referred to as a part of the path name portion of \SUBN, it will be referred to as the file name part of the part of the \FILE1.

ファイルのリード・ライトにおいては該当ファイルの検索をするためにパス名部分をひとつひとつ検索して行くことになる。 It would be to go one by one find the path name part to the search of the file in read-write file.

第10図〜第12図はデータファイルをリードする場合のシーケンスを示すフローチャートである。 Figure 10-Figure 12 is a flowchart showing a sequence for reading the data file. この中で「単層ファイルリードサブルーチン」というルーチンがあるが、これは与えられた検索対象バッファから、与えられたリードファイル名のファイルを探し出しデータファイルを読み出すルーチンである。 But in this there is a routine called "single-layer file read subroutine", this is from the search buffer that has been given, is a routine to read the data file locate the given of the lead file name file. パス名部分をひとつひとつのサブディレクトリ名で分割して検索して行く時などにこのルーチンを利用している。 For example, when the path name portion go search is divided in every single sub-directory names are using this routine.

第10図〜第11図を各ステップ毎に説明する。 The Figure 10-Figure 11 will be described for each step.

ステップ1001:仮想デバイスのファイルエントリテーブルをファイル名検索対象バッファに設定する。 Step 1001: setting a file entry table of the virtual device file name searched buffer.

ステップ1002:リードファイル名にパス名部分があればステップ1003へ移行しなければパス名部分の解析が終了したことを意味するので、目的とするファイルのリードを行なうためステップ1008へ移行する。 Step 1002: it means that the analysis of if the path name portion be migrated to step 1003 if there is a path name portion to lead the file name has been completed, the process proceeds to step 1008 for performing the lead of the file of interest.

ステップ1003:パス名部分のうち、先頭パス名(バックスラッシュにディレクトリ名をつけたもの)を仮のリードファイル名に設定する。 Step 1003: out of the path name portion, set top path name (backslash those with a directory name) to the temporary lead file name.

ステップ1004:パス名部分から先頭パス名を削除する。 Step 1004: Remove the top path name from the path name portion.

ステップ1005:すでに設定された検索対象バッファと仮のリードファイル名を引数として単層ファイルリードサブルーチン(詳細は第12図の説明を参照)を実行し、エラーの有無、データファイルをバッファに取得する。 Step 1005: already performed a single-layer file read subroutine read file name of the set search target buffer and temporary as arguments (see description of Figure 12 for details), and acquires presence or absence of an error, the data file into a buffer .

ステップ1006:ステップ1005で実行したサブルーチンがエラーを返して来たならば該当するパス名がなかった事を意味するので、エラー処理をするためステップ1012へ移行する。 Step 1006: Since the subroutine that is executed in step 1005 means that there is no path name to be applicable if came returns an error, the process proceeds to step 1012 for error handling.

ステップ1007:ステップ1005のサブルーチンで得られたバッファの内容は、パス名の持つファイルディレクトリエントリデータ群であるので、これを新たにファイル名検索対象バッファに設定し、ステップ1002へ移行する。 Step 1007: The content of the resulting buffer in the subroutine of step 1005 are the file directory entry data group having the path name, this newly set in the file name search target buffer, the process proceeds to step 1002.

ステップ1008:パス名部分の解析がすべて終了したので、ファイル名部分をリードファイル名に設定する。 Step 1008: Since the analysis of the path name portion has been completed, set the file name part to lead the file name.

ステップ1009:すでに設定された検索対象バッファとリードファイル名を引数として単層ファイルリードルーチンを実行する。 Step 1009: already run the monolayer file read routine search target buffer and a read file name set as an argument.

ステップ1010:ステップ1009のサブルーチン実行でエラーがあればステップ1012へ移行し、なければステップ10 Step 1010: If there is an error in the subroutine execution of step 1009, the process proceeds to step 1012, if no step 10
11へ移行する。 To migrate to 11.

ステップ1011:ステップ1009のサブルーチンで得られたバッファの内容が目的とするファイルのデータファイルであるので、これを読み出したデータファイルとする。 Step 1011: The contents of the buffer obtained in the subroutine of step 1009 since the data file in the file of interest, and the read data file it.

ステップ1012:指定ファイル名のうち、パス名部分またはファイル名部分の解析中に該当する名称が存在しなかったので、まとめて該当ファイルなしのエラー処理を行なう。 Step 1012: of the specified file name, because the name that corresponds to in the analysis of the path name portion or file name part did not exist, collectively perform error processing of Not applicable File.

ステップ1013:終了する。 Step 1013: the end.

第12図は、第10図〜第11図で使用する単層ディレクトリのファイルをリードするサブルーチンシーケンスである。 Figure 12 is a subroutine sequence leading file of the single-layer directory used in FIG. 10 to 11 FIG.

第12図を各ステップ毎に説明する。 Describing FIG. 12 for each step.

ステップ1201:検索対象バッファの中からリードファイル名を検索する。 Step 1201: Search for lead file name from the search target buffer.

ステップ1202:該当するファイル名があればステップ120 Step 1202: If there is a corresponding file name step 120
3へ、なければステップ1207へ移行する。 To 3, the process proceeds to step 1207 if not.

ステップ1203:該当するファイルのファイルディレクトリデータから得られたファイル開始ブロックを、リードするブロックに設定する。 Step 1203: the appropriate file start block obtained from the file directory data of the file, set the block to lead.

ステップ1204:データファイルアドレステーブルの対応ブロックのデータから、光ディスクメモリのブロックアドレスを取得し、データファイルをリードする。 Step 1204: the data of the corresponding block of the data file address table, obtains the block address of the optical disk memory, it reads the data file.

ステップ1205:ブロックリンクテーブルの対応ブロックデータから、チェインされた次のブロックの番号を取得し、それを次のリードブロックに設定する。 Step 1205: From the corresponding block data of the block link table to obtain the number of the chain has been next block and sets it to the next read block.

ステップ1206:まだ読み出していないデータファイルがあればステップ1204へ移行し、なければステップ1208へ移行する。 Step 1206: the process proceeds to step 1204 if there is a data file that has not yet read, the process proceeds to step 1208 if not.

ステップ1207:該当するファイルがなかったので該当ファイルなしというエラー処理を行なう。 Step 1207: performing an error processing that None file because there was no appropriate file.

ステップ1208:終了する。 Step 1208: the end.

次にファイルライトのシーケンスについて説明をするが、ルートディレクトリにおけるファイルライトは第5 Next will be described the sequence of file write, but the file writing in the root directory 5
図、第6図に示したものと同じなのでここでは省略する。 FIG, since it is the same as that shown in FIG. 6 is omitted here. よって、サブディレクトリにおけるファイルライトのシーケンスのみを第13図〜第15図で、各ステップ毎に説明する。 Accordingly, only the sequence of file write in subdirectories FIG. 13-FIG. 15 will be described for each step.

ステップ1301:ライトファイル名のうち、パス名部分を仮のリードファイル名に設定する。 Step 1301: Of Light file name, to set the path name part to temporary lead file name.

ステップ1302:ステップ1301で設定した仮のリードファイル名を用いて、第10図〜第12図で示したファイルリードルーチンをサブルーチンコールする。 Step 1302: by using the read file name of the temporary set in step 1301, a subroutine call a file read routine shown in FIG. 10-FIG. 12.

ステップ1303:該当ファイルなしのエラーが返って来たら、パス名部分が存在しないことを意味するので、ステップ1307へ移行する。 Step 1303: If you come back an error Not applicable file, it means that the path name portion does not exist, the process proceeds to step 1307. エラーがなければステップ1304へ移行する。 If there are no errors the process proceeds to step 1304.

ステップ1304:リードしたパス名部分のデータファイルをファイル検索対象バッファに設定する。 Step 1304: Set the data file of the path name part that took the lead in the file search target buffer.

ステップ1305:検索対象バッファにおいて、ライトファイルのファイル名部分の検索を行なう。 Step 1305: In the search target buffer, performs a search of the file name portion of the light file.

ステップ1306:同一ファイル名があればステップ1308へ移行し、なければステップ1310へ移行する。 Step 1306: If there is the same file name, the process proceeds to step 1308, the process proceeds to step 1310 if not.

ステップ1307:該当パス名なしのエラー処理を行なう。 Step 1307: performing an error processing Not applicable path name.

ステップ1308:該当するファイル名の対応するブロックリンクテーブルのブロックデータをすべてSPACEで埋める。 Step 1308: all of the block data of the corresponding block link table of the appropriate file name filled with SPACE.

ステップ1309:検索対象バッファから、該当ファイルのエントリを消去し、no entryデータにする。 Step 1309: from the search buffer, erase the entry of the file, to no entry data.

ステップ1310:ブロックリンクテーブルの中で、SPACEデータを持つ先頭ブロックを探し、それを書込みブロックに設定する。 Step 1310: In the block link table, looking for the top block with the SPACE data, set it to the writing block.

ステップ1311:データファイル記録領域の先頭未記録ブロックにデータファイルを書込む。 Step 1311: writing the data file to the beginning unrecorded block in the data file recording area.

ステップ1312:データファイルアドレステーブルの対応するブロックに、ステップ1311で書込んだ光ディスクメモリのブロックアドレスを格納する。 Step 1312: the corresponding block of the data file address table, and stores the block address of the optical disk memory that has been written in step 1311.

ステップ1313:まだ未書込みデータファイルがあるのならステップ1314へ移行し、ないのならステップ1315へ移行する。 Step 1313: yet migrated to step 1314 if there is unwritten data file, the process proceeds to the step if the 1315 does not.

ステップ1314:ブロックリンクテーブルの対応するブロックに、次のSPACEデータを持つブロック番号をデータとして格納し、ステップ1310へ移行する。 Step 1314: the corresponding block of the block link table, and stores the block number with the following SPACE data as data, the process proceeds to step 1310.

ステップ1315:ブロックリンクテーブルの対応するブロックにEOFを格納する。 Step 1315: Store the EOF in the corresponding block of the block link table.

ステップ1316:検索対象バッファの先頭no entry領域にライトしたファイルのディレクトリエントリデータを格納し、それをデータファイル記録領域の先頭未記録ブロックに書込む。 Step 1316: Search stores directory entry data of the file beginning no by writing the entry region of the target buffer, writes it to the beginning unrecorded block in the data file recording area.

ステップ1317:検索対象バッファのデータを読み出して来たブロックに対応するデータファイルアドレステーブルのデータを、ステップ1316で書込んだ光ディスクメモリのブロックアドレスに設定する。 Step 1317: the data of the data file address table corresponding to the block came to read the data of the search target buffer, set to the block address of the optical disk memory that has been written in step 1316.

ステップ1318:ブロックリンクテーブルとデータファイルアドレステーブルから、ライトしたデータファイルのファイルチェインデータを作成する。 Step 1318: from the block link table and the data file address table, to create a file chain data in the write data files.

ステップ1319:ステップ1316で書込んだファイルディレクトリエントリデータとステップ1318で作成したファイルチェインデータに、SUBという属性(サブディレクトリで作られたファイルという意味)を付加して、ファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書込む。 Step 1319: The file chain data that was created in the file directory entry data and step 1318 is written in step 1316, by adding an attribute (meaning that the file that was created in the sub-directory) that the SUB, the beginning not of the file directory record area written into the recording block.

ステップ1320:検索対象バッファのデータを読み出したブロックを有するファイル(パス名部分の最後尾のパス名で表わされるファイル)のファイルディレクトリエントリとファイルチェインデータを作成する。 Step 1320: Create a file directory entry and file chain data of a file has a block read data of the search target buffer (pathname portion of the end of the path name file represented by).

ステップ1321:ステップ1320で作成したデータにDIRという属性(サブディレクトリファイルを示す)を付加して、ファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書込む。 Step 1321: the data generated in step 1320 by adding an attribute called DIR (shows the subdirectory files), writes the beginning unrecorded block of the file directory record area.

ステップ1322:終了する。 Step 1322: the end.

この実施例によれば、ファイルを階層構造で管理することができるので、同一名のファイルであっても異なる階層で同時に管理することが可能になる。 According to this embodiment, it is possible to manage files in a hierarchical structure, it is possible to manage simultaneously be a file of the same name different hierarchies.

以上、階層ディレクトリ構造の識別に、ROOT/SUB,FIL Above, to identify the hierarchical directory structure, ROOT / SUB, FIL
E/DIRという属性を与え、前者はイニジャライズ時に、 Giving an attribute called E / DIR, the former at the time of Inijaraizu,
後者はファイルエントリデータとデータファイルアドレステーブルの作成時に、それぞれ用いたが、DIRという属性を持つブロックに直接データを書込んだ時を基準にファイルディレクトリ記録領域への記録を行なうことにしてもよい。 The latter when creating a file entry data and data file address table, is used, respectively, it may be to perform the recording of the reference when writing the data directly to the block with an attribute called DIR to file directory record area . このようにすれば、ファイル・仮想デバイス間のデータ交換と、仮想デバイス・光ディスクメモリ間のデータ交換の2つのシステムインタフェイスが完全に分離可能で、より効率の良いシステムが設計できる。 In this way, the data exchange between the file virtual devices, the virtual device optical disc two systems interface with data exchange between memory completely separable, can be designed more efficient system.

第16図は、本発明の第3の実施例における追記型光ディスクメモリでの記録状態を模式的に示した図である。 FIG. 16 is a diagram schematically showing the recording state in the write-once optical disc memory in the third embodiment of the present invention.

光ディスクメモリは大容量メモリであるため、その全容量に対して任意にアクセスするには非常に多くのブロックテーブルが必要となり、仮想デバイスがシステム本体メモリを占める割合が大きくなってしまう。 Since the optical disk memory is a mass memory, the arbitrarily large number of block table required to access the full capacity ratio of the virtual device occupies a system body memory increases. ここでは光ディスクメモリに対してリード・ライトが可能な最小サイズのブロックをセクタと呼び、複数のセクタの集めたものを改めてブロック(例えば1ブロック=32セクタなどとしたもの)と呼ぶことにする。 Here, it referred to as a sector blocks of minimum size capable of read-write with respect to an optical disk memory, is referred to as anew block a collection of a plurality of sectors (e.g., one block = 32 sectors such as the ones).

光ディスクメモリに対してはセクタ単位でリード・ライトが可能で、仮想デバイスがブロック単位でリード・ Can read and write on a sector basis with respect to an optical disk memory, read virtual device in blocks
ライトが可能ならば、大容量光ディスクメモリを効率よく管理することができる。 If light is possible, it is possible to manage a large-capacity optical disk memory efficiently.

第16図では、仮想ブロックの有するセクタアドレスデータ列(光ディスクメモリ上での対応セクタのアドレス並び)がシーケンシャル列であるかランダム列であるかを基準として、そのブロックに対して、それぞれSEQ,RA In the FIG. 16, based on whether the sector address data string having a virtual block (address list of the corresponding sectors on the optical disk memory) is a random sequence or a sequential sequence, for the block, respectively SEQ, RA
Nという属性を与え、データファイルアドレステーブルの各ブロックデータに格納している。 Giving an attribute of N, it is stored in each block data in the data file address table.

ファイルライトで使用中のブロックのセクタアドレスデータ列はブロックストラクチャテーブルというシステム本体内のバッファに格納され、ファイルのクローズ時にそのテーブル内の構造をデータファイルアドレステーブルに変換し、光ディスクメモリに記録する。 Sector address data string blocks in use in file write is stored in a buffer in the system body that block structure table, converts the structure in the table when the file is closed in the data file address table, is recorded on the optical disk memory. その変換とは、シーケンシャル列の場合はSEQの属性と先頭アドレスとをデータアドレステーブルデータとして格納し、 Of its conversion, in the case of sequential column stores the attribute and the start address of SEQ as a data address table data,
ランダム列の場合はデータファイル記録領域の先頭未記録セクタにテーブルの内容(ランダムセクタアドレスデータ列)を記録し、RANの属性とその光ディスクメモリに記録したアドレスとをデータアドレステーブルデータとして格納するという作業である。 That in the case of random sequence to record the contents of the table to the beginning unrecorded sector of the data file recording area (random sector addresses data sequence), and stores the address recorded on the optical disk memory attributes of RAN as a data address table data it is a work. シーケンシャルファイルついては先頭アドレスとともに、その使用セクタ数もデータファイルアドレステーブルに格納してもよい。 With sequential file with by the start address, it may be stored in the number of used sectors also data file address table.
この変換終了後は第1図に示すファイルチェインデータとしてSEQ,RANの属性データ付きで利用できる。 After the end of conversion is available SEQ, with a attribute data of the RAN as a file chain data shown in Figure 1.

以上の様にして、データファイルはセクタ単位で光ディスクメモリに記録しながら、仮想デバイスの大きさはブロック数によってのみ決定されるので、システム本体メモリにかかる負担が低減する。 In the above manner, while recording in the optical disk memory in a data file sectors, the size of the virtual devices because it is determined only by the number of blocks, the burden on the system body memory is reduced.

また、データファイルのリード時にはデータファイルアドレステーブルの該当ブロックデータからブロックストラクチャテーブルに逆変換すれば第1図におけるリードのシーケンスと同様にしてデータファイルが得られる。 Further, the read data file to the data file obtained in the same manner as the lead of the sequence in the first view if the inverse transform block structure table from the block data in the data file address table.

また、イニシャライズのシーケンスについてはファイルチェインデータにSEQ,RANの属性が付加されている点を除けば、全く第1図のシーケンスと同様に行なうことができる。 Further, the sequence of the initialization is except that SEQ file chain data, the attributes of RAN is added, can be performed in the same manner as completely Figure 1 sequence.

第17図〜第18図はデータファイルをライトする場合のシーケンスを示すフローチャートである。 Figure 17 - Figure 18 is a flow chart showing the sequence for writing the data file. 第17図〜第18 FIG. 17 to 18
図を各ステップ毎に説明する。 FIG explaining each step.

ステップ1701:仮想デバイスのファイルエントリテーブル中に、ライトファイル名と同一のファイル名が既にエントリされているかどうか検索する。 Step 1701: during the virtual device file entry table, searches whether a write file name and the same file name is already an entry.

ステップ1702:同一ファイル名のエントリがある場合はステップ1703へ移行しない場合はステップ1705へ移行する。 Step 1702: If there is an entry of the same file name if you do not want to migrate to step 1703 proceeds to step 1705.

ステップ1703:該当するファイルエントリデータから旧ファイルのファイル開始ブロックを取得し、対応するブロックリンクテーブルのデータをSPACEで埋める。 Step 1703: Get the file start block of the old file from the corresponding file entry data, fill data of the corresponding block link table in SPACE.

ステップ1704:該当する旧ファイルエントリを消去し、n Step 1704: to erase the corresponding old file entries, n
o entryを格納する。 To store the o entry.

ステップ1705:ブロックリンクテーブルの中で先頭のSPA Step 1705: the first in the block link table SPA
CEブロックを書込みブロックに設定する。 To set the CE block in the writing block.

ステップ1706:光ディスクメモリのデータファイル記録領域の先頭未記録セクタにデータファイルを書込む。 Step 1706: writing the data file to the top unrecorded sector of the data file recording area of ​​the optical disk memory.

ステップ1707:ステップ1705で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するブロックストラクチャテーブルの先頭SPACEセクタに、ステップ1706で実際に書込んだセクタアドレスをデータとして格納する。 Step 1707: the beginning SPACE sector of a block structure table corresponding to the write block in the virtual device set at step 1705, stores the sector address that actually written crowded at step 1706 as data.

ステップ1708:まだ未書込みデータファイルがあればステップ1709へ移行し、なければステップ1711へ移行する。 Step 1708: yet migrated to step 1709 if there is an unwritten data file, the process proceeds to step 1711 if not.

スッテプ1709:ステップ1705で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するブロックストラクチャテーブルにSPACEセクタがあればステップ1706へ移行し、なければステップ1710へ移行する。 Suttepu 1709: If there is SPACE sectors in the block structure table corresponding to the write block in the virtual device set at step 1705 and proceeds to step 1706, the process proceeds to step 1710 if not.

ステップ1710:ステップ1705で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するブロックリンクテーブルに、次のSPACEデータを持つブロック番号をデータとして格納し、ステップ1705へ移行する。 Step 1710: the block link table corresponding to the write block in the virtual device set at step 1705, stores the block number with the following SPACE data as data, the process proceeds to step 1705.

ステップ1711:ステップ1705で設定された仮想デバイスにおける書込みブロックに対応するブロックリンクテーブルにEOFを格納する。 Step 1711: Store the EOF in the block link table corresponding to the write block in the virtual device set in step 1705.

ステップ1712:該当ファイルのライトに関して作成されたブロックストラクチャテーブルを変換し、データファイルアドレステーブルに格納する。 Step 1712: Convert the block structure table created with respect to the write of the file, and stores the data file address table.

ステップ1713:ファイルエントリテーブルの先頭no entr Step 1713: the beginning of the file entry table no entr
y領域にファイルディレクトリエントリデータを格納する。 To store the file directory entry data on y area.

ステップ1714:ブロックリンクテーブルとデータファイルアドレステーブルから、該当ファイルのファイルチェインデータを作成する。 Step 1714: from the block link table and the data file address table, to create a file chain data of the corresponding file.

ステップ1715:ステップ1713で格納したファイルディレクトリエントリデータと、ステップ1714で作成したファイルチェインデータを光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書込む。 Step 1715: the file directory entry data stored in step 1713, writing the file chain data created in step 1714 to the beginning unrecorded block of the file directory record area of ​​the optical disk memory.

ステップ1716:終了する。 Step 1716: the end.

第19図は、データファイルをリードする場合のシーケンスを示すフローチャートである。 FIG. 19 is a flowchart showing a sequence for reading the data file. 第19図を各ステップ毎に説明する。 Describing Figure 19 for each step.

ステップ1901:仮想デバイスのファイルエントリテーブルにリードファイル名と同一のファイル名があるかどうか検索する。 Step 1901: Search whether the virtual device file entry table there is a lead file name and the same file name.

ステップ1902:同一ファイル名があればステップ1903へ移行しなければステップ1904へ移行する。 Step 1902: If you do not, the process proceeds to step 1903 if there is the same file name proceeds to step 1904.

ステップ1903:該当ファイルのファイルディレクトリデータから得られたファイル開始ブロックをリードするブロックに設定する。 Step 1903: Set the block to lead the file start block obtained from the file directory data of the corresponding file.

ステップ1904:該当するファイルがないので、該当ファイルなしというエラー処理を行なう。 Step 1904: Since the corresponding there is no file, performs error processing of Not applicable File.

ステップ1905:リードするブロックのデータファイルアドレステーブルをブロックストラクチャテーブルに逆変換する。 Step 1905: inverse transforming the data file address table of the lead blocks in the block structure table.

ステップ1906:順次リードセクタに対応する光ディスクメモリのデータファイルをリードする。 Step 1906: to lead the data file of an optical disk memory that corresponds to the sequential lead sector.

ステップ1907:まだリードしていないデータファイルがあるならステップ1908へ移行しないならステップ1910へ移行する。 Step 1907: still proceeds to step 1910 if not, the process proceeds to step 1908 if there is a data file that is not in the lead.

ステップ1908:リードブロックにまだ読み出していないセクタがあればステップ1906へ移行しなければステップ Step 1908: step if the process proceeds to step 1906 if there is a sector that has not yet read the lead block
1909へ移行する。 To migrate to 1909.

ステップ1909:ブロックリンクテーブルの対応ブロックデータから、チェインされた次のブロック番号を取得し、それを次のリードブロックに設定する。 Step 1909: From the corresponding block data of the block link table, acquires the chain has been next block number, sets it to the next read block.

ステップ1910:終了する。 Step 1910: the end.

イニシャライズについては第1図と同じなのでここでは省略する。 Since for initializing the same as FIG. 1 are omitted here.

以上、オープンされた複数のファイルに対してセクタ単位でリード・ライトが可能なので、複数項目のデータロギングなどに有効となる。 Or more, because it is possible to read and write on a sector-by-sector basis for an open and a plurality of files, it becomes effective, such as in data logging of multiple items.

第20図は、本発明の第4の実施例における追記型光ディスクメモリでの記録状態を模式的に示した図である。 FIG. 20 is a diagram schematically showing a recording state in the write-once optical disc memory according to the fourth embodiment of the present invention.

第20図において、ファイルが削除された場合は対応するブロックリンクテーブルとデータファイルアドレステーブルのデータをすべてSPACEで埋めたものをファイルチェインデータとし、ファイルエントリテーブルの該当ファイルを削除することを示すDELETEという属性をファイルディレクトリエントリに付加し、このファイルディレクトリエントリデータと、上記ファイルチェインデータをファイルディレクトリ記録領域に記録する。 DELETE indicating that in FIG. 20, if the file is deleted those filled with all the data of the corresponding block link table and data file address table SPACE and file chain data, deletes the corresponding file in the file entry table the attribute is added to the file directory entry, and the file directory entry data, and records the file chain data in the file directory record area. イニシャライズのシーケンスではDELETE属性を持つデータの場合はファイルエントリテーブルの該当ファイル名を消去してno entryを格納する。 If in the sequence of initialization of data with the DELETE attribute to store the no entry to clear the appropriate file name of the file entry table.

第21図は、データファイルをデリート(消去)する場合のシーケンスを示すフローチャートである。 FIG. 21 is a flowchart showing a sequence for delete (erase) the data file. 第21図を、各ステップ毎に説明する。 The FIG. 21 will be described for each step.

ステップ2101:仮想デバイスのファイルエントリテーブル中に、ライトファイル名と同一のファイル名が既にエントリされているかどうか検索する。 Step 2101: during the virtual device file entry table, searches whether a write file name and the same file name is already an entry.

ステップ2102:同一ファイル名のエントリがある場合はステップ2103へ移行しない場合はステップ2104へ移行する。 Step 2102: If there is an entry of the same file name if you do not want to migrate to step 2103 proceeds to step 2104.

ステップ2103:該当するファイルエントリデータから削除するファイルのファイル開始ブロックを取得し、対応するブロックリンクテーブルのデータをSPACEで埋める。 Step 2103: Get the file start block of the file to be deleted from the corresponding file entry data, fill data of the corresponding block link table in SPACE.

ステップ2104:該当するファイルが存在しないので、該当ファイルなしのエラー処理を行なう。 Step 2104: Since the corresponding file does not exist, an error process is performed without appropriate file.

ステップ2105:該当するファイルエントリデータを消去し、no entryを格納する。 Step 2105: to erase the corresponding file entry data, to store the no entry.

ステップ2106:ブロックリンクテーブルから、削除されたファイルに関係するブロックのデータ(すべてSPACE Step 2106: from the block link table, data of the block to be related to the deleted file (all SPACE
データとなっている)を取得し、ファイルチェインデータを作成する。 To get the to have) become the data, to create a file chain data.

ステップ2107:削除したファイルのファイル名、削除日時、ファイル削除開始ブロックなどを含むファイル検索情報に削除を示すDELETE属性を付加してファイルディレクトリエントリデータを作成する。 Step 2107: The file name of the deleted file, delete date and time, to create a file directory entry data by adding the DELETE attribute indicating the deletion to file search information, including file deletion start block.

ステップ2108:ステップ2106で作成したファイルチェインデータとステップ2107で作成したファイルディレクトリエントリデータを、光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域の先頭未記録ブロックに書込む。 Step 2108: the file directory entry data that you created in the file chain data and step 2107 that was created in step 2106, written at the beginning unrecorded block of the optical disk memory file directory record area.

ステップ2109:終了する。 Step 2109: the end.

以上の様にしてファイルが削除されると、仮想デバイスからは見かけ上ファイルが削除された様に見えるが、 When a file is deleted in the manner described above, but looks like that has been deleted is apparently on the file from the virtual device,
DELETE属性の付加されていないディレクトリエントリが光ディスクのファイルディレクトリ記録領域に記録されているので、完全に元のファイルを復旧させることは可能である。 Since the directory entry is not added in the DELETE attribute is recorded in the file directory record area of ​​the optical disk, it is possible to completely recover the original file.

第22図は、本発明の他の実施例における消去可能型光ディスクメモリでの記録状態を模式的に示した図である。 FIG. 22 is a diagram schematically showing a recording state in the erasable optical disc memory according to another embodiment of the present invention.

消去可能型光ディスクメモリにおいても追記型光ディスクメモリの実施例がそのまま適用できるのは自明であるが、消去可能型光ディスクメモリでは必要のなくなったデータファイルを消去して同じブロックに新しいデータファイルを書込むことができるので、仮想デバイスのデータファイルアドレステーブルと光ディスクメモリのデータファイル記録領域のブロックを1対1に対応させることができる。 While embodiments of the write-once optical disc memory even erasable optical disk memory is intact is obvious that applicable, write the new data file in the same block to erase the data file no longer required in the erasable optical disc memory it is possible, it can correspond to blocks of data file recording area of ​​the data file address table and the optical disk memory of the virtual device on a one-to-one.

この場合、ファイルライトでデータファイルの記録はデータファイル記録領域の対応ブロックアドレスに対して行なうようにすれば、追記型光ディスクメモリのファイルライトと同じシーケンスとなる。 In this case, the recording of the data file in the file write if to perform with respect to the corresponding block addresses of the data file recording area, the same sequence as the file write of write-once optical disk memory. リードのシーケンスとイニシャライズのシーケンスは追記型光ディスクメモリの実施例と同じである。 Sequence of lead sequence and initialization are the same as the embodiment of write-once optical disk memory.

これよって、消去可能型光ディスクメモリの場合でも、ファイル検索やファイル管理情報の書込みなどが仮想デバイス上で処理され、実際に光ディスクメモリにアクセスするのはデータファイルのリード・ライトと、ファイルクローズ時のディレクトリデータの書込みに限られ、高速なデータファイルの入出力が実現できる。 This by, even if the erasable type optical disk memory, such as writing file search and file management information is processed on a virtual device, actually the read and write data files to access the optical disc memory, when a file is closed limited to the writing of directory data, input and output of high-speed data file can be realized.

以上の実施例において、追記型光ディスクメモリを前提としたものを、消去可能型光ディスクメモリ、時期ディスクメディア、磁気テープメディアに適用することは可能であり、また消去可能型光ディスクメモリを前提としたものを、磁気ディスクメディア、磁気テープメディアに適用することも可能である。 In the above embodiments, those ones that assumes once optical disk memory, erasable type optical disk memory, timing disc medium, it is possible to apply the magnetic tape media, also on the premise of erasable type optical disc memory and it is also possible to apply a magnetic disk medium, a magnetic tape media.

[発明の効果] 以上説明した様に、本発明によれば、システム本体メモリに設けられたランダムアクセスが可能な仮想ブロックデバイスを通してすべてのファイルがアクセスされるので、同時に複数のファイルをオープンすることができ、ファイルの有する任意のブロックに対してリード・ As has been described [Effect of the Invention] According to the present invention, it since all file through the virtual block device random-accessible provided in the system body memory is accessed, to open multiple files simultaneously can be, lead to any of the blocks included in the file
ライトをすることができるようになる。 It is possible to write.

また、ファイルの管理情報がすべて仮想デバイス上で処理され、ファイルのクローズ時にそのファイルに関係した仮想デバイスのテーブルが光ディスクメモリに記録されるため、実際に光ディスクメモリにアクセスする回数を低減でき、ファイルのメモリ消費効率も記録・再生速度も向上させることができる。 The management information of the file is processed on all virtual devices, since the table of the virtual device related to the file when the file is closed is recorded in the optical disk memory, can be reduced actual number of accesses to the optical disk memory, file also recording and reproducing speed of the memory consumption efficiency can be improved. ファイルクローズを基準にファイルのすべての管理情報が光ディスクに反映され、逆に電源投入時またはディスク交換時には光ディスクから仮想デバイスが初期化できるので、システム本体は電源のオン/オフやディスク交換を常に統制下に置くような必要はなくなる。 All of the management information of the file based on the file close is reflected on the optical disk, since the virtual device from the optical disk at the time of or during the disc exchange power on the contrary can be initialized, the system body is always controlled power on / off or the disk replacement It is no longer necessary, such as put down.

また、光ディスクメモリのファイルディレクトリ記録領域の個々のファイルディレクトリデータは、光ディスクメモリ上のアドレス情報を含んでいるので、特に、追記型情報記録媒体では更新された旧ファイルを完全に復元して読み出すことが可能となる。 Also, individual files directory data of the optical disk memory file directory record area, because it contains address information on the optical disk memory, in particular, in the write-once type information recording medium to read to completely restore the old files updated it is possible.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

第1図、第3図、第8図、第16図、第20図、第22図は、 Figure 1, Figure 3, Figure 8, Figures 16, Figure 20, Figure 22 is
本発明の実施例における追記型光ディスクメモリの情報記録状態を示す説明図、第2図は本発明が適用される追記型光ディスクシステムのシステムブロック図、第4図〜第7図、第9図〜第15図、第17図〜第19図、第21図は、各実施例においてデータを記録再生するシーケンスを示すフローチャートである。 Explanatory view showing an information recording state of the write-once type optical disk memory in an embodiment of the present invention, Figure 2 is a system block diagram of a write-once optical disk system to which the present invention is applied, FIG. 4 to 7 diagram FIG. 9 ~ Figure 15, Figure 17-Figure 19, Figure 21 is a flowchart illustrating a sequence for recording and reproducing data in each example. 20……追記型光ディスクシステム、 21……追記型光ディスクメモリ、 22……光ディスクドライブ、 23……リード・ライト制御部、 24……インタフェイス制御部、 25……外部制御システム、 31……追記型光ディスクメモリ、 32……内周記録不可領域、 33……外周記録不可領域、 34……記録済ファイルディレクトリ、 35……ファイルディレクトリ領域(未記録)、 36……記録済データファイル、 37……データファイル領域(未記録)。 20 ...... write-once optical disk system, 21 ...... write-once optical disk memory, 22 ...... optical disk drive, 23 ...... read-write controller, 24 ...... interface controller, 25 ...... external control system, 31 ...... postscript type optical disk memory, 32 ...... inner unrecordable area, 33 ...... periphery unrecordable area, 34 ...... recorded file directory, 35 ...... file directory area (unrecorded), 36 ...... recorded data file, 37 ... ... data file area (unrecorded).

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 竹内 崇 神奈川県横浜市戸塚区吉田町292番地 株式会社日立製作所家電研究所内 (56)参考文献 特開 平1−116819(JP,A) 特開 昭62−26533(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 6 ,DB名) G06F 3/06 G06F 3/08 G06F 12/00 G11B 27/10 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Takashi Takeuchi, Kanagawa Prefecture, Totsuka-ku, Yokohama-shi Yoshida-cho, 292 address, Hitachi, Ltd. consumer electronics within the Institute (56) reference Patent flat 1-116819 (JP, a) JP Akira 62-26533 (JP, a) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 6, DB name) G06F 3/06 G06F 3/08 G06F 12/00 G11B 27/10

Claims (11)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】情報記録媒体と、ブロック単位でランダム・リードライトアクセスが可能な仮想ランダムブロックデバイスを格納するメモリとを備え、前記仮想ランダムブロックデバイスを介して前記情報記録媒体にファイルを記録し、その再生を行う情報記録再生方式であって、 前記仮想ランダムブロックデバイスは、ファイルエントリテーブルと、ブロックリンクテーブルと、データファイルアドレステーブルとを有するものであり、 前記情報記録媒体にデータファイルを記録したときに、 And 1. A data recording medium, and a memory for storing a virtual random block device capable random read-write accesses in blocks and recording a file on the information recording medium through the virtual random block device an information recording and reproducing method of performing the reproduction, the virtual random block device, recording a file entry table, and the block link table, which has a data file address table, the data files on the information recording medium when you,
    当該データファイルの前記仮想ランダムブロックデバイス上での開始ブロックアドレスと、当該データファイルが前記仮想ランダムブロックデバイス上のどのブロックに散在しているのかを示すデータとを、それぞれ前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルに登録するとともに、当該データファイルに割り当てられた前記仮想ランダムブロックデバイス上のアドレスと当該データファイルが記録された前記情報記録媒体のアドレスとの対応関係を、前記データファイルアドレステーブルに登録し、 前記情報記録媒体に記録したデータファイルの読み出しは、前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルを参照して、当該データファイルを構成するブロック各々を特定するとともに、特定したブロック各 A start block address on the virtual random block device of the data files, and data indicating whether the data file are scattered in any block on the virtual random block devices, each of said file entries table and block links and registers in a table, the correspondence between the address of the information recording medium in which the address and the data files on the virtual random block device assigned to the data file is recorded, is registered in the data file address table, reading of data file recorded on the information recording medium, by referring to the file entry table and the block link table, as well as identify the blocks each constituting the data file, the specified block each 々の前記仮想ランダムブロックデバイス上でのアドレスに対応する前記情報記録媒体のアドレスを、前記ファイルアドレステーブルから検索することで行う ことを特徴とする情報記録再生方式。 The address of the information recording medium in which the corresponding to the address on the virtual random block device s, information recording and reproducing method which is characterized in that by looking from the file address table.
  2. 【請求項2】請求項1記載の情報記録再生方式であって、 前記情報記録媒体は、データファイルを記録するデータファイル記録領域と、ファイルディレクトリを記録するファイルディレクトリ記録領域とを有するものであり、 前記データファイル記録領域へのデータファイルの記録後、当該データファイルについてのファイルエントリデータ、ファイルブロックチェインデータ、および、前記仮想ランダムブロックデバイス及び前記情報記録媒体間のアドレス対応情報を、前記ファイルディレクトリ記録領域に記録する ことを特徴とする情報記録再生方式。 2. An information recording and reproducing method according to claim 1, wherein said information recording medium are those having a data file recording area for recording data files and a file directory record area for recording file directory after recording the data file into the data file recording area, the file entry data for the data file, the file block chain data, and the address correspondence information between the virtual random block device and the information recording medium, wherein the file directory information recording and reproducing method, wherein a recording in the recording area.
  3. 【請求項3】請求項2記載の情報記録再生方式であって、 当該情報記録再生方式が適用されたシステムの電源投入時に、前記情報記録媒体のファイルディレクトリ記録領域の記録内容に基づいて、前記仮想ランダムブロックデバイスのファイルエントリテーブル、ブロックリンクテーブル、およびデータファイルアドレステーブルの内容を再現し格納する ことを特徴とする情報記録再生方式。 3. An information recording and reproducing method according to claim 2, when the system is powered on to the information recording and reproducing method is applied, based on the recorded contents of the file directory record area of ​​the information recording medium, wherein virtual random block device file entry table, block link table, and the data file to reproduce the contents of the address table storage information recording and reproducing method, characterized by.
  4. 【請求項4】請求項2記載の情報記録再生方式であって、 前記ファイルディレクトリ記録領域に記録する前記アドレス対応情報に、ファイルの階層ディレクトリ構造を示す属性を付加した ことを特徴とする情報記録再生方式。 4. An information recording and reproducing method according to claim 2, in the address correspondence information to be recorded in the file directory record area, the information recording, characterized in that by adding the attribute indicating a hierarchical directory structure of the file playback system.
  5. 【請求項5】請求項4記載の情報記録再生方式であって、 前記属性は、前記ファイルが通常のデータファイルであるか、あるいはファイルディレクトリをデータファイルとするディレクトリファイルであるかを識別するためのファイル属性である ことを特徴とする情報記録再生方式。 5. An information recording and reproducing method according to claim 4, wherein the attribute, since the file to identify whether the directory file or a regular data file, or a file directory and data file information recording and reproducing method, which is a file attributes.
  6. 【請求項6】請求項4または5記載の情報記録再生方式であって、 前記属性は、前記ファイルが階層ディレクトリのどの階層に位置するファイルであるかを識別するためのファイル属性である ことを特徴とする情報記録再生方式。 6. An information recording and reproducing method according to claim 4 or 5, wherein said attribute, the file is a file attribute to identify whether the file is located in any layer of the hierarchical directory information recording and reproducing method according to claim.
  7. 【請求項7】請求項2記載の情報記録再生方式であって、 前記仮想ランダムブロックデバイスにおけるブロックは、前記情報記録媒体に記録再生可能な最小単位であるセクタを複数個集めたものである ことを特徴とする情報記録再生方式。 7. An information recording and reproducing method according to claim 2 wherein, said virtual random block the block in the device is a collection plurality of said information recording is the minimum unit recording can be reproduced on the medium sector information recording and reproducing method according to claim.
  8. 【請求項8】請求項1記載の情報記録再生方式であって、 前記データファイルを削除するときに、前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルに各々登録された当該データファイルについての情報に削除したファイルであることを示す属性を付加したものと、当該削除により再利用可能となったブロックについての前記アドレス対応情報とを、前記ファイルディレクトリ記録領域に記録する ことを特徴とする情報記録再生方式。 8. An information recording and reproducing method according to claim 1, wherein, said when deleting a data file, delete the file entry table and information for each registered the data file in block link table file and those obtained by adding an attribute indicating that it is, the information recording and reproducing method and the address correspondence information for the block made possible reused by the deletion, characterized in that recorded in the file directory record area.
  9. 【請求項9】データファイルを任意のブロックに書換可能に記録するデータファイル記憶領域および当該データファイルのファイルディレクトリを記録するファイルディレクトリ記録領域を有する情報記録媒体と、ブロック単位でランダム・リードライトアクセスが可能な仮想ランダムブロックデバイスを格納するメモリとを備え、前記仮想ランダムブロックデバイスを介して前記情報記録媒体にファイルを記録し、その再生を行う情報記録再生方式であって、 前記仮想ランダムブロックデバイスは、ファイルエントリテーブルと、ブロックリンクテーブルと、データファイルアドレステーブルとを有するものであり、 前記情報記録媒体のデータファイル記録領域にデータファイルを記録したときに、当該データファイルの前記仮想ランダ 9. A data recording medium having a file directory record area for recording file directory of the data file storage area and the data file to rewritably recording data files to any block, random read-write accesses in blocks and a memory for storing a virtual random block device capable, through said virtual random block device records the file on the information recording medium, an information recording and reproducing method of performing the reproduction, the virtual random block device includes a file entry table, and the block link table, which has a data file address table, when recording the data file into the data file recording area of ​​the information recording medium, the virtual Landa of the data files ブロックデバイス上での開始ブロックアドレスと、当該データファイルが前記仮想ランダムブロックデバイス上のどのブロックに散在しているのかを示すデータとを、それぞれ前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルに登録するとともに、当該データファイルに割り当てられた前記仮想ランダムブロックデバイス上のアドレスと当該データファイルが記録された前記情報記録媒体のアドレスとの対応関係を、前記データファイルアドレステーブルに登録し、 さらに、当該データファイルのファイルディレクトリデータ、ファイルブロックチェインデータ、および前記仮想ランダムブロックデバイス及び前記情報記録媒体間のアドレス対応情報を含むファイル管理情報を、前記情報記録媒体のファイルディレクトリ記録 A start block address on a block device, and data indicating whether the data file are scattered in any block on the virtual random block devices, and registers to each of the file entry table and the block link table, the the correspondence between the address of the information recording medium in which the assigned to the data file virtualization random block on the device address and the data file is recorded, is registered in the data file address table, furthermore, the file of the data file directory data, file block chain data, and the file management information including address correspondence information between the virtual random block device and the information recording medium, the file directory of the information recording medium recording 域に記録し、 前記情報記録媒体に記録したデータファイルの読み出しは、前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルを参照して、当該データファイルの構成するブロック各々を特定するとともに、特定したブロック各々の前記仮想ランダムブロックデバイス上でのアドレスに対応する前記情報記録媒体のアドレスを、前記ファイルアドレステーブルから検索することで行う ことを特徴とする情報記録再生方式。 Recorded in frequency, reading of data file recorded on the information recording medium, by referring to the file entry table and the block link table, as well as identify the blocks each constituting of the data file, the specific block each the information the address of the recording medium, the file address information recording and reproducing method which is characterized in that by looking from the table corresponding to the address on the virtual random block device.
  10. 【請求項10】情報記録媒体と、プロック単位でランダム・リードライトアクセスが可能な仮想ランダムブロックデバイスを格納するメモリとを備え、前記仮想ランダムブロックデバイスを介して前記情報記録媒体にファイルを記録し、その再生を行う情報記録再生システムであって、 前記仮想ランダムブロックデバイスは、ファイルエントリテーブルと、ブロックリンクテーブルと、データファイルアドレステーブルとを有するものであり、 前記情報記録媒体にデータファイルを記録したときに、 10. A data recording medium, and a memory for storing a virtual random block device capable random read-write accesses in Proc units, and recording a file on the information recording medium through the virtual random block device an information recording and reproducing system that performs the reproduction, the virtual random block device, recording a file entry table, and the block link table, which has a data file address table, the data files on the information recording medium when you,
    当該データファイルの前記仮想ランダムブロックデバイス上での開始ブロックアドレスと、当該データファイルが前記仮想ランダムブロックデバイス上のどのブロックに散在しているのかを示すデータとを、それぞれ前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルに登録するとともに、当該データファイルに割り当てられた前記仮想ランダムブロックデバイス上のアドレスと当該データファイルが記録された前記情報記録媒体のアドレスとの対応関係を、前記データファイルアドレステーブルに登録する手段と、 前記ファイルエントリテーブルおよびブロックリンクテーブルを参照して、データファイルを構成するブロック各々を特定するとともに、特定したブロック各々の前記仮想ランダムブロックデバイス上でのアドレス A start block address on the virtual random block device of the data files, and data indicating whether the data file are scattered in any block on the virtual random block devices, each of said file entries table and block links and registers in a table, the correspondence between the address of the data assigned to the file on the virtual random block device address and the information recording medium in which the data file is recorded, means for registering the data file address table If, by referring to the file entry table and the block link table, as well as identify the blocks each constituting a data file, the address on the virtual random block devices in a particular block, respectively に対応する前記情報記録媒体のアドレスを前記ファイルアドレステーブルから検索することで、前記情報記録媒体に記録した当該データファイルの読み出しを行う手段と、 を備えていることを特徴とする情報記録再生システム。 The information the address of the recording medium by searching from the file address table, the information recording and reproducing system, characterized in that it comprises a means for reading the data file recorded on the information recording medium corresponding to .
  11. 【請求項11】請求項10記載の情報記録再生システムであって、 前記情報記録媒体は、データファイルを記録するデータファイル記録領域と、ファイルディレクトリを記録するファイルディレクトリ記録領域とを有するものであり、 前記データファイル記録領域に記録したデータファイルについてのファイルエントリデータ、ファイルブロックチェインデータ、および、前記仮想ランダムブロックデバイス及び前記情報記録媒体間のアドレス対応情報を、 11. An information recording and reproducing system according to claim 10, wherein said information recording medium are those having a data file recording area for recording data files and a file directory record area for recording file directory , the file entry data for the recorded data file in the data file recording area, file block chain data, and the address correspondence information between the virtual random block device and the information recording medium,
    前記ファイルディレクトリ記録領域に記録する手段を さらに備えることを特徴とする情報記録再生システム。 Information recording and reproducing system further comprising a means for recording the file directory record area.
JP1035631A 1989-02-15 1989-02-15 Information recording and reproducing method and system Expired - Fee Related JP2831369B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1035631A JP2831369B2 (en) 1989-02-15 1989-02-15 Information recording and reproducing method and system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1035631A JP2831369B2 (en) 1989-02-15 1989-02-15 Information recording and reproducing method and system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02214924A JPH02214924A (en) 1990-08-27
JP2831369B2 true JP2831369B2 (en) 1998-12-02

Family

ID=12447217

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1035631A Expired - Fee Related JP2831369B2 (en) 1989-02-15 1989-02-15 Information recording and reproducing method and system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2831369B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007179740A (en) * 2004-06-23 2007-07-12 Lg Electron Inc Method and apparatus for overwriting data on recording medium, and the recording medium
CN103038854A (en) * 2010-05-05 2013-04-10 Tel艾派恩有限公司 Gas cluster ion beam system with rapid gas switching apparatus

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3112709B2 (en) * 1991-08-08 2000-11-27 シャープ株式会社 Access device of the write-once type storage medium
JP3500635B2 (en) * 1993-12-10 2004-02-23 ソニー株式会社 Information reproducing apparatus
CZ296443B6 (en) * 1995-11-10 2006-03-15 Sony Corporation Information processing method and apparatus for making the same
US5978812A (en) * 1995-11-10 1999-11-02 Sony Corporation Information processor and method of information processing
DE10162046A1 (en) * 2001-12-17 2003-06-26 Thomson Brandt Gmbh Reproducing apparatus, e.g. DVD player, has buffer memory for reducing average access time for information carrier, with place holders that point to next place holder in endless chain
KR100667758B1 (en) 2004-07-30 2007-01-11 삼성전자주식회사 Information recording medium, recording/reproducing apparatus and recording/reproducing method
JP4480592B2 (en) * 2005-01-19 2010-06-16 シャープ株式会社 File system
JP2009064243A (en) * 2007-09-06 2009-03-26 Seiko Epson Corp Document management device, document management method, and document management program
JP5396760B2 (en) * 2008-07-11 2014-01-22 株式会社ニコン Recording control apparatus and imaging apparatus

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH077329B2 (en) * 1985-07-29 1995-01-30 株式会社日立製作所 Information rewriting control method and apparatus for an optical disk memory
JPH01116819A (en) * 1987-10-30 1989-05-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd Optical disk management system by hierarchical directory

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007179740A (en) * 2004-06-23 2007-07-12 Lg Electron Inc Method and apparatus for overwriting data on recording medium, and the recording medium
US7675829B2 (en) 2004-06-23 2010-03-09 Lg Electronics Inc. Method and apparatus for overwriting data on recording-medium and the recording medium
CN103038854A (en) * 2010-05-05 2013-04-10 Tel艾派恩有限公司 Gas cluster ion beam system with rapid gas switching apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JPH02214924A (en) 1990-08-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5530850A (en) Data storage library array with log-structured file system which allows simultaneous write and garbage collection
US5808821A (en) Method for eliminating file fragmentation and reducing average seek times in a magnetic disk media environment
US5608901A (en) Method and system for improving the contiguity of sectors of a file
JP4199993B2 (en) How to get a snapshot
US5535381A (en) Apparatus and method for copying and restoring disk files
US6192432B1 (en) Caching uncompressed data on a compressed drive
US7444465B2 (en) Tape emulating disk based storage system and method
US7225211B1 (en) Multi-class storage mechanism
US5579516A (en) Method for storing data files on a multiple volume media set
US6675276B2 (en) Method for providing extensible dos-fat system structures on one-time programmable media
US7752491B1 (en) Methods and structure for on-the-fly head depopulation in a dynamically mapped mass storage device
DE69631749T2 (en) Storage device and method for sharing data
KR100437199B1 (en) A method for accessing a computer system and stored data thereto
US6108759A (en) Manipulation of partitions holding advanced file systems
EP0314186B1 (en) An information management system for writable optical discs
CN1311358C (en) Efficient search for migration and purge candidates
US7685360B1 (en) Methods and structure for dynamic appended metadata in a dynamically mapped mass storage device
EP0333165A2 (en) System for managing recording areas on writable type optical disk
US6377958B1 (en) File system conversion
EP0479535A2 (en) File managing method
CA1228169A (en) Self-archiving data recording
JP3548529B2 (en) Computer partition operation in the image formation
US6397311B1 (en) System and method for defragmenting a file system
US7363540B2 (en) Transaction-safe FAT file system improvements
EP0284037A2 (en) Modular data storage directories for large-capacity data storage units

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees