JP2831038B2 - 写真スライド・スリーブ装置 - Google Patents

写真スライド・スリーブ装置

Info

Publication number
JP2831038B2
JP2831038B2 JP1180682A JP18068289A JP2831038B2 JP 2831038 B2 JP2831038 B2 JP 2831038B2 JP 1180682 A JP1180682 A JP 1180682A JP 18068289 A JP18068289 A JP 18068289A JP 2831038 B2 JP2831038 B2 JP 2831038B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slide
sleeve
photographic
pocket
arm
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1180682A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0262540A (en
Inventor
ジェランス ウィルバー
エー.トラック ジェームズ
Original Assignee
パコン,インコ.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP88111352 priority Critical
Priority to US07/296,478 priority patent/US4977725A/en
Priority to US296,478 priority
Priority to US88111352.6 priority
Application filed by パコン,インコ. filed Critical パコン,インコ.
Publication of JPH0262540A publication Critical patent/JPH0262540A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2831038B2 publication Critical patent/JP2831038B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03DAPPARATUS FOR PROCESSING EXPOSED PHOTOGRAPHIC MATERIALS; ACCESSORIES THEREFOR
    • G03D15/00Apparatus for treating processed material
    • G03D15/10Mounting, e.g. of processed material in a frame

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、写真スライドをスリーブ材のポケットに自
動的にかつ連続的に挿入するための装置に関するもので
ある。
(従来の技術) 現像されたフィルム、およびそれらから作成された写
真スライドは写真屋によって種々の方法で包装されてい
る。ネガまたはその他のフィルム・ストリップは、しば
しばプラスチック・スリーブに挿入される。材料のロー
ルから切断されたスリーブ材のポケットにフィルム・ス
トリップを自動的に挿入するスリーバが、エンゲルスタ
イン(Englestein)の米国特許第2,937,483号に概略的
に示されている。
この種のスリーバは、「あなたのラボのためのスリー
バ、スリービングおよびその他の写真製品」(Sleevers
Sleeving and Other Photo Products For Your Lab!)
と題された、ワシントン州、エベルト(Evertt)のクラ
ウン・フォト・システムズ(Crown Photo Systems)に
よるパンフレットにも示されている。
個々のフィルム像は通常、写真スライドを形成するた
めのスライド・マウント内に装着される。透明フィルム
をスライド・マウント内に自動的に装着するためスライ
ド装着装置は周知であり、以下の参考特許や資料に概略
的に開示されている。
米国特許第4,543,771号ジェンセン(Jensen)等 同第4,237,678号トンプソン(Thompson) 同第3,802,121号ムント(Mundt)等 同第3,788,031号フロージャンシック(Florjancic) 「スライド処理装置およびクイックポイント・プラス
チック・スライド・マウント」(Slide Handling Syste
ms and Quickpoint Plastic Slide Mounts)と題された
ペンシルバニア州、アレンタウン(Allentown)のレル
シュ社(Loersch Corp.)のパンフレット。
写真スライドは一般に、出荷および運搬のため小さな
箱に包装されてきた。この包装は手で行なわれる。箱詰
め作業は費用がかかり、さらに、箱は輸送するには幾分
重い。フィルムは、スライドを箱から取り出さないと見
ることができないので、結局、指紋による汚れをその上
につけたままになることがよくある。
写真スライドを透明なスリーブ材に包装することが一
層効率的かつ便利であることが分った。写真スライドを
スリーブ材に自動的かつ連続的に挿入するスリーブ装置
がトラック(Truc)等の米国特許第4,748,799号に示さ
れている。
種々の物品を容器に挿入するための、その他の方法お
よび装置が以下の米国特許に開示されている。
第3,381,447号アッシュ(Ash)等 第3,579,948号ラーナー(Lerner) 第3,975,888号ジョーンズ(Jones) 改良された写真スライド・スリーブ装置が引き続き必
要とされている。商業的な可能性を持つためには、これ
らの装置は、写真スライドを迅速かつ確実にスリーブ材
に挿入することができなければならない。
(発明の概要) 本発明は、1列当りに予定数のポケットを備え、かつ
予定の列間距離だけ互いに離隔された複数の列を有する
スリーブ材の、細長いウェブのポケットに、写真スライ
ドを挿入するための自己整列スリーバである。このスリ
ーバは、写真スライドを迅速かつ確実にスリーブ材に挿
入する。
スリーバの一実施例は、ポケット列に直角な方向に運
動可能にスリーブ材のウェブを支持するためのシャシー
・ベース手段と、スリーブ処理されるべき写真スライド
を受け取るためのホッパ手段を備える。写真スライドは
スライド支持体により1列に支持される。スライド・シ
ャトル手段は、写真スライドをホッパ手段から取り出し
て、スライドをスライド支持体の第1の位置に移す。
スライド・シャトル手段に機械的に結合されたスライ
ド位置決め手段は、スライドを第1の位置から第2の位
置および、スライドが挿入されるべきスライド・スリー
ブ材の列におけるポケットの位置に対応する後続位置に
移す。第1のポケット開口手段は、スライドが挿入され
るべき列のポケットを開けるため、ポケットに隣接した
部分のスライド・スリーブ材を弧状に屈曲する。
スライド・カウント手段は、スライド支持手段に移動
される写真スライドを数える。スライド・カウント手段
に結合されたスライド押出手段は、予定数のスライドが
スライド支持手段に配置されたときに作動される。スラ
イド押出手段は、第1の押出行程部分で、写真スライド
をスライド支持手段上のそれらの位置から、スリーブ材
の列の対応ポケットに押し込み、第2の押出行程部分
で、スリーブ済の写真スライド列およびスリーブ材を、
列間距離だけ、ポケット開口手段を越えて押し出す。
スリーブ材の次の隣接ポケット列が、それにより、ポ
ケット開口手段およびスライド支持手段と整列される。
スリーブ・クランプ手段は、シャシー・ベース手段に対
してスライド・スリーブ材をクランプする。スライド押
出手段に機械的に結合されたスリーブ・クランプ作動手
段は、第1の押出行程部分で、押出手段がスライドをポ
ケットに押し込んでいる間は、スリーブ・クランプ手段
にスリーブ材をクランプさせ、第2の押出行程部分で、
スリーブ済の写真スライド列およびスライド・スリーブ
材を押出手段が押している間は、スリーブ・クランプ手
段にスリーブ材を解放させる。
スリーバの他の実施例は、第2のポケット開口手段を
も有する。第2のポケット開口手段は、ポケット係合タ
ブ縁を有する第1および第2のフィンガ、フィンガ・マ
ウント、およびフィンガをフィンガ・マウントに旋回可
能に装着するための手段を備える。偏倚手段は第1およ
び第2のフィンガを偏倚し、それらの上のポケット係合
タブ縁を合わせ、ポケットに向かって突出する先端を形
成させる。
カム係合面はこれらのフィンガから延在する。モータ
およびリンケージを備える駆動手段は、第1の行程部分
で、フィンガ・マウントをポケット内に駆動し、第1の
行程部分の後の第2の行程部分で、フィンガに対してカ
ムを駆動して、フィンガを開かせる。フィンガのスロッ
トは、フィンガが開いているとき、写真スライドがポケ
ット内に案内される際に写真スライドの縁部を支持す
る。
他の実施例においては、スライド・カウント手段が、
スライド支持手段に対して旋回可能に装着され、かつ写
真スライド位置に対応する下縁にノッチを有するアクチ
ュエータ・バー手段を備える。センサーは、スライド支
持手段の各位置における写真スライドの存在を物理的に
検出する。
センサーのレバー・アームは、スライドがその位置に
存在しないときは、アクチュエータ・バーの下縁に係合
し、スライドが検出されたときは、アクチュエータ・バ
ーの対応するノッチに係合する。結合手段は、写真スラ
イドがスライド支持手段の各位置に移動され、アクチュ
エータ・バーの落下を可能にするようレバー・アームが
ノッチと整列されたとき、スライド押出手段を作動させ
る。
さらにもう1つの実施例では、スライド位置決め手段
は、支持手段に対して装着された案内部材を備える。可
動部材がスライド・シャトル部材に結合され、スライド
・シャトル手段による伸長位置と後退位置との間の往復
運動のため、案内部材に運動可能に装着されている。位
置決めバーは可動部材に滑動可能に装着され、スライド
係合面およびスライド離脱縁を備えた第1のリップを有
する。
第1のリップの係合面は、スライド・シャトル手段に
よって第1の位置に移動される写真スライドに係合し、
可動部材がその伸長位置に動かされるとき、係合された
スライドを第2の位置に移動する。離脱縁は位置決めバ
ーを可動部材上で滑動させ、可動部材がその後退位置に
駆動される間に、第1の位置の写真スライドから位置決
めバーを離脱させる。位置決めバー上の第2のリップも
スライド係合面およびスライド離脱縁を有する。
第2のリップのスライド係合面は、第1のリップによ
って第2の位置に移動される写真スライドに係合し、可
動部材がその伸長位置に動く間に、スライドを第2の位
置から第3の位置に移動する。離脱縁は位置決めバーを
可動部材上で滑動させ、可動部材が再びその後退位置に
動かされる間に、第2の位置のスライドから位置決めバ
ーを離脱させる。偏倚手段は、第1のリップが第1の位
置のスライドと係合していない場合は、第2のリップが
第2の位置のスライドに係合するのを妨げるように位置
決めバーを偏倚する。
他の実施例では、支持手段が、写真スライドの前縁お
よび後縁にそれぞれ係合するための、前方および後方ス
ライド縁支持部材を備える。スライドはそれにより、挿
入レベルの上方のステージング・レベルにあるスライド
位置に支持される。後方スライド縁支持部材は、開放お
よび閉成位置の間で揺動できるように、ピボット手段に
よってシャシー・ベースに旋回可能に装着されているゲ
ートを含む。
ゲートの上縁は、ゲートがその閉成位置にあるとき、
ステージング・レベルにある写真スライドの後縁を支持
する。ゲートはその開放位置に偏倚される。スライド位
置決め手段に結合されたアクチュエータ手段は、スライ
ドが位置決めされるとき、ゲートをその閉成位置に押し
やり、スライドがそれらのスライド位置に置かれた後
で、ゲートを解放することにより、スライドを挿入レベ
ルに落下させる。
さらに他の実施例は、抗力をスライド・スリーブ材に
加えるためのドラッグ・ブレーキを備えている。スリー
ブ材のウェブの終端が、材料終端センサーによって検出
される。スライド・シャトル手段内の分離解放機構は、
シャトルが動かなくなった(jammed)とき、シャトルの
運動を吸収する。
(実施例) 図面と関連して本発明を詳細に説明する。
スライド・スリーバ10の概要 本発明による写真スライド・スリーバ10を第1図およ
び第2図に概略的に示す。スリーバ10はスライド・シャ
トル組立体12、スライド押出装置組立体14、スライド挿
入組立体16、ドラッグ・ブレーキ18およびスリーブ・ク
ランプ20を備え、これらは互いに協働して写真スライド
22をスライド・スリーブ材26の個々のポケット24に挿入
する。
図示の実施例では、スライド・スリーバ10は、順番に
並べられ、ホッパ28内で互いに積み重ねられた標準の35
mm写真スライド22を収容するように構成されている。ス
リーブ材26はロール状の細長いウェブとして設けること
ができる。ウェブはポケット24の隣接する列を有し、各
ポケットはポケット開口スロット30を有する。
スリーブ材26は、「スライド・スリーブ材およびそれ
から成るスライド保管ファイルを製造するための方法」
の名称で、1988年2月19日に出願され、本発明と同じ譲
受人に譲渡された関連出願第07/158,243号に記載された
方法に従って製造することができる。
シャトル組立体12、押出装置組立体14、挿入組立体1
6、ドラッグ・ブレーキ18およびスリーブ・クランプ20
は全てシャシー・ベース32に装着される。スリーブ材26
のロールはスリーバ10の後部でスピンドル25に装填され
る。スリーブ材26の自由端は、スリーバ10の前部から現
われ、トレイ34上に静止する前に、ドラッグ・ブレーキ
18および押出装置14の下を通り、さらに挿入組立体16お
よびスリーブ・クランプ20を介して送られる。
スライド・シャトル組立体12はホッパ28の底部から写
真スライドを一度に1枚づつ連続的に移動させ、スライ
ドをスライド挿入組立体16のステージング領域に位置さ
せる。挿入組立体16は、ホッパ28から受け取られたスラ
イドの枚数を数え、ステージング領域の互いに隣接する
位置に移す。スリーブ材26の1列におけるポケット24の
数に対応する枚数のスライド(図示の実施例では3枚)
が、一旦ステージング領域に置かれると、それらは挿入
組立体16の挿入領域に落される。
ポケット24はスライド挿入組立体16により開けられ
る。スライド押出装置組立体14が作動されると、それ
は、スライド22をスリーブ材26の1列の開放されたポケ
ット24内に押し込む。写真スライド22がポケット24内に
押し込まれる間に、スリーブ・クランプ20は解放され、
装填されたポケット24の列はトレイ34上に押し出され
る。
スリーブ材26はそれにより、巻き出され、次の隣接列
の空のポケット24が、次に続く写真スライド22の組を受
け取るように位置づけられる。この手順は、スライド22
またはスリーブ材26が使い尽くされるまで連続的に反復
される。ドラッグ・ブレーキ18はスリーブ材26上で一定
の圧力を保持し、スリーブ材が、スライド押出し組立体
14により押される位置を越えて滑らないようにする。
シャトル組立体12 スライド・シャトル組立体12を第3図ないし第5図に
詳細に示す。シャトル組立体12は、フロント部材36およ
びリア部材38により形成されたシャトル・アーム34を備
え、これらの部材は分離解放機構40により互いに結合さ
れている。シャトル・アーム34のフロント部材36はピボ
ット組立体42によりシャシー・ベース32に回転可能に取
り付けられている。ピボット組立体42の軸はシャシー・
ベース32から垂直に延びて、シャトル・アーム34がシャ
シー・ベースにほぼ平行な平面で回転することを可能に
している。
シャトル・アーム34のリア部材38は、ピボット・ピン
44によりフロント部材36に接続されている。リア部材38
はその左端に、フロント部材36の最後部の左側縁部に当
接する突縁部46を有する。アームのリア部材38は、それ
によりフロント部材36に対して、ピボット・ピン44の回
りを反時計方向に回転することはできるが、その突縁部
46がフロント部材36の縁部に当接する点を越えて、時計
方向に回転することは妨げられる。
分離解放機構40は、アーム・リア部材38の突縁部46に
抗して、アーム・フロント部材36の左縁部を弾性的に保
持する。図示のように、分離解放機構40は、アーム・リ
ア部材38の突縁部46から側方に延びるスプリング装着ボ
ルト48、ボルト48から下方に延びるリンク49、アーム・
フロント部材36から下方に延びるピン52、およびスプリ
ング50を備える。スプリング50はその一端をリンク49に
接続され、その他端をピン52に接続されている。スプリ
ング50はそれにより、アーム・フロント部材36の左縁部
を弾性的に偏倚してアーム・リア部材38の突縁部46と係
合させる。
シャトル・アーム・フロント部材36の前端(すなわ
ち、リア部材38から見てピボット組立体42の反対端)は
スライド・ピック54と、それに装着された接続リンク56
を有する。スライド・ピック54は、スリーバ10の右方に
向けられ、シャトル・アーム34の運動平面にほぼ直角な
スライド係合面60を有する。
スライド・ピック54はまた、係合面60の上端から下方
に傾斜するスライド離脱面58を有する。ねじ62等の固定
具を使ってスライド・ピック54がシャトル・アーム34の
フロント部材36に固定される。接続リンク56はシャトル
・アーム・フロント部材36の右縁部から突出し、ピボッ
ト・ピン61によってフロント部材に装着される。
シャトル・アーム34は、シャトル駆動組立体69によっ
て往復駆動される。駆動組立体69は駆動モータ70、クラ
ンク・アーム74およびクランク・ピン76を備える。モー
タ70はシャシー部材71(第2図)に装着され、その駆動
軸72は下方に延びている。クランク・アーム74は駆動軸
72に装着され、駆動軸72から直角方向に延びている。ク
ランク・ピン76はクランク・アーム74に取りつけられ、
シャトル・アーム・リア部材38の細長い長手方向のスロ
ット68内に向って下方に延びている。
シャトル駆動組立体69は、スリーバ10が写真スライド
22を収容する間、連続的に作動する。モータ70によるク
ランク・アーム74の回転は、クランク・ピン76がアーム
・リア部材38のスロット68内を滑動するとき、クランク
・ピン76を円形経路に沿って運動させる。シャトル・ア
ーム34はそれにより、スライド・ピック54がその最も左
側の位置にある後退位置と、スライド・ピックがその最
も右側の位置にある伸長(突出)位置との間で、ピボッ
ト組立体42の回りを往復駆動される。
シャトル・アーム34の往復運動は線78によって示され
ている。その伸長行程中(すなわち、その後退位置から
その伸長位置へ移動するとき)、スライド・ピック54の
スライド係合面60はホッパ28内の最下段にあるスライド
22の左縁部に係合する。この運動は、写真スライド22を
スライド挿入組立体16内に押し出す。
アーム34の後退行程中(すなわち、その伸長位置から
その後退位置へ移動するとき)、スライド・ピック54の
離脱面58はホッパ28内でそのとき最下段にあるスライド
22の下を通過する。スライド・シャトル組立体12は、ス
ライド・ピック54がスライド22の縁部と整列するように
構成されている。その結果、アーム34がその後退行程を
駆動されている間に、スライド・ピック54の離脱面58が
スライド22内に保持された写真像に物理的に接触するこ
とはない。
1枚または複数枚の写真スライド22がホッパ28または
スライド挿入組立体16内で詰まった場合、またはスライ
ド・ピック54およびシャトル・アームのフロント部材36
の運動が妨げられた場合は、アーム・リア部材38の運動
は分離解放機構40に伝えられ、この機構によって吸収さ
れる。解放機構40のこの作用を第4図の破線で示す。
スライド挿入組立体16の概要 スライド挿入組立体16を第6図および第7図に概略的
に示す。図示のように、スライド挿入組立体16は、スラ
イド割出し副組立体88およびスライド・スリーブ・ポケ
ット開口副組立体90を備える。スライド割出し副組立体
88はスライド位置決め機構140およびスライド・カウン
ト機構142によって形成される。ポケット開口副組立体9
0は静止部500および可動部502を含む。
写真スライド22が上述の方法でスライド・シャトル組
立体12によりステージング領域94に移動される間に、ス
ライド割出し副組立体88はスライド22をステージング領
域の所定の場所に位置決めし、位置決めされたスライド
の枚数を数える。
3枚の写真スライド22がステージング領域94に正しく
置かれたとき、割出し副組立体88は、スライド押出し組
立体14により、後でスライド・スリーブ26のポケットに
挿入するため、それらを挿入領域134に落下させる。ポ
ケット開口副組立体90は、充填されるべきスリーブ材の
列にあるポケット24を開き、それらのポケット24がスラ
イド22を受け入れることができるようにする。
多分第6図に最もよく示すように、スライド・スリー
ブ材26のウェブは、スリーバの前方端から現われる前
に、ドラッグ・ブレーキ18および割出し副組立体88の下
でスリーバ10を介して送られ、さらに、ポケット開口副
組立体90およびスリーブ・クランプ20を介して送られ
る。
スライド22がピック54によりホッパ28から押し出され
ると、スライド22は割出し副組立体88に入り、第6図で
破線により示すステージング平面96の回りにあるステー
ジング領域94を介して先ず移動される。スライド22は案
内バー98およびゲート100によりステージング領域94で
支持される。案内バー98はスリーバの右側におけるシャ
シー側壁554とホッパ28の間に、スリーバ10を横切るよ
うに延在する。
ポケット開口副組立体90に関連して以下に説明するよ
うに、案内バー98はシャシー側壁554に旋回可能に取付
けられ、ホッパ28の右壁29に取り外し可能に固定されて
いる。案内バー98は、上方を向いた押縁104を形成す
る、後方に延びた下方リップ102を有する。押縁104はス
テージング平面96のステージング領域94の前方縁に沿っ
て延在する。
ゲート100は、シャシー部材106で横方向を向いたスロ
ット105内に旋回可能に取りつけられている。スロット1
05は、ゲート100の正逆揺動運動を可能にするため、ゲ
ート100の幅よりも大きい幅を有する。図示の実施例で
は、108のようなねじがゲート100を貫く細長い孔に挿入
されて、ゲートをシャシー部材106に固定する。
第8図に示すように、ゲート100はその下端に沿って
3つの開口101を有し、これらの部分を介してスライド
押出し装置組立体14が延出することができる。ゲート10
0の上側縁部110は、ステージング平面96内のステージン
グ領域94の後縁を横切って延在する。写真スライド22
は、ゲート100および案内バー98によって、ステージン
グ94のステージング平面96で支持されている。押縁104
はスライド22の前縁部の下部表面を支持し、一方、後縁
部はゲート100の縁部110により支持されている。
ゲート100は、その前進または閉成位置にあるよう
に、第6図には示してある。図示のように、ゲート100
の上側縁部110は、ゲートがその閉成位置にあるとき、
写真スライド22の後縁部の下側に位置づけられる。ゲー
ト100は、ゲート解放機構114により、ゲート解放スプリ
ング112の偏倚力に抗してその閉成位置に保持される。
スプリング112は、固定具116によりゲート100に取りつ
けられた第1の端部と、シャシー部材106から延びるね
じ108に固定された第2の端部(図示せず)を有する。
ゲート解放機構114はレバー・アーム118およびピン12
0により形成されている。アーム118は、側方に延びるピ
ボット・ピン122により、シャシー・ベース32に対して
旋回可能に装着されている。ピン120はレバー・アーム1
18の下端に取りつけられ、ゲート100に向かって前方に
延びている。レバー・アーム118の上方前部は、リップ1
26で終端する、上方に傾斜した縁部124を有する。縁部1
24およびリップ126は、アクチュエータ・バー194のゲー
ト解放レバー128の後端と協働する。
第6図に示すその上昇位置で、アクチュエータ・バー
194のレバー128はリップ126に係合する。アーム118はそ
れにより、ピン120がスプリング112の力に抗してゲート
100をその閉成位置に押しやる程度に、ピボット・ピン1
22の回りで、反時計方向に強制的に回転させられる。バ
ー194が下げられたときは、そのレバー128はアーム118
のリップ126から離脱させられる。
スプリング112はこのとき、ゲート100をその後方また
は開放位置(図示せず)の方に引張るか、または揺動さ
せ、ピン120およびアーム118を時計方向に回動させる。
このとき、ゲート100および案内バー98により支持され
ていた写真スライド22は、挿入領域134に向って落下す
る。写真スライド22はベルクロ(Velcro)ストリップ13
6によりシャシー部材106の上方の挿入領域134に支持さ
れる。
スライド位置決め機構140 スライド位置決め機構140は多分、第6図ないし第9
図に関連して最もよく説明されているが、シャトル組立
体12によりホッパ28から移動された写真スライド22を受
け取り、これらの写真スライドを、3つの利用可能なス
ライド位置P1,P2およびP3のいずれか1つに置く。スラ
イド位置P1〜P3はステージング領域94と挿入領域134の
間に延在している。スライド位置P1はホッパ28に隣接し
た位置であり、その最左端は案内部材144により画定さ
れ、その最右端は案内部材146により画定されている。
位置P2は、位置P1のホッパ28とは反対の側にあり、そ
の最左端は案内部材146により画定され、その最右端は
案内部材148により画定されている。位置P3はホッパ28
から位置P2の反対側にあり、その最左端は案内部材148
により画定され、その最右端は案内部材150により画定
されている。案内部材144、146、148および150は円錐形
であり、かつ上方を向いていることにより、ステージン
グ領域から落下させられた後の写真スライド22を挿入領
域134内で適切に位置決めすることを容易にする。
案内部材144,146および148は全てシャシー部材106に
取付けられる。案内部材150はシャシー側壁158に形成さ
れている。
スライド位置決め機構140は案内レール152、可動部材
154および位置決めバー156を備える。案内レール152
は、ホッパー28とシャシー側壁158の間で横方向に固定
して装着され、それ自体を貫いて延在する細長いスロッ
ト160を備えている。可動部材154は、スロット160に嵌
合するローラ(図示せず)により案内レール152に移動
可能に装架される。
可動部材154は概略的に、案内レール152の裏側にある
後部162、案内レール152の前側にある前部164、および
後部162と前部164を結合する上部166により形成されて
いる。可動部材154の後部162は、シャトル組立体の前方
端に対向する接続リンク端部にピボット168により旋回
可能に結合されている。したがって、可動部材154は、
シャトル組立体12がその伸長位置および後退位置の間で
駆動されるとき、ホッパ28とシャシー側壁158の間を前
後に往復駆動される。
位置決めバー156は、ピン167Lおよび167Rにより可動
部材154の前方側で可動支持されている。ピン167Lおよ
び167Rは可動部材154の前部164から外方に突出してい
る。第8図に示すように、位置決めバー156は、ピン167
Lおよび167Rが挿入される2つの短形開口170と、リップ
172および174とを備えている。開口170は、位置決めバ
ー156が可動部材154に対して水平および垂直方向に動く
ことを可能にする大きさに作られている。
リップ172はバー156の下方最左端にあり、右方を向い
ているスライド係合面176と、面167の下方端から左上方
に傾斜する離脱縁部178を有している。リップ174はスラ
イド係合面180および離脱縁部182を有する。面180は右
方を向き、縁部182は面180の下方端から左上方に傾斜し
ている。
位置決めバー156は、シャトル・アーム34がその後退
位置にあるときに、シャトル組立体12によってステージ
ング領域94の位置P1内に移動されたスライド22の最も左
側の縁部に、リップ172が隣接するように構成されてい
る。板ばね169は可動部材の上部166の1部分の下側に装
着されているが、ピン167Lの左側の位置で位置決めバー
156の上縁部に係合する。バー156は、それによってピン
167Lがピボット点として機能し、リップ172が下方に押
され、一方リップ174は上方に押されるように偏倚され
る。
スライド割出し機構88のスライド位置決め機構140の
動作は、第9A図ないし第9C図に関連して説明することが
できる。ホッパ28内に少なくとも3枚の写真スライド22
があり、挿入組立体16が、前のスライドをスリーブ材26
のポケット24に挿入し終えたものとすると、シャトル組
立体12のアーム34がその後退位置からその伸長位置に駆
動されるとき、位置決め動作が開始される。この動作の
間、スライド・ピック54の係合面60は最も下の写真スラ
イド22の最も左側の縁部に係合し、そのスライドをステ
ージング領域94の位置P1に押し込む。この状態を第9A図
に示す。
前に述べたように、スライド22はステージング領域
で、ゲート100の最も上の縁部110と案内バー98の押縁10
4とによって支持されている。シャトル・アーム34の運
動の範囲は、クランク・アーム74に沿ってクランク・ピ
ン76を動かすことによって調節することができる。シャ
トル組立体12はそれにより、写真スライド22を位置P1に
正しく置くよう調節されることが可能である。
同様に前述したように、可動部材154は接続リンク56
によりシャトル・アーム34に結合されている。可動部材
154はそれにより、シャトル・アーム34がその伸長位置
に駆動されるとき、案内レール152に沿って右方に駆動
される。シャトル組立体12がその運動を継続し、アーム
34が再びその後退位置に回転されるにつれ、リップ172
の離脱縁178は、そのとき位置P1にある写真スライド22
の上面を越えて通過することにより、スプリング169の
偏倚力に抗して可動部材154に対してバー156を持ち上げ
る。
同時に、スライド・ピック54の離脱面58は、そのとき
ホッパ28内にある最も下の写真スライド22の下側を通過
する。アーム34がその後退位置に戻ったときは、リップ
172の係合面176が位置P1内の写真スライド22の最も左側
の縁部に係合し、かつスライド・ピック54の係合面60が
ホッパ28内のスライド22の最も左側の縁部に係合する一
方、スプリング169がバー156を下方に押し下げる。
シャトル・アーム34の次の伸長に際し、スライド・ピ
ック54は再びホッパ28内の最も下のスライド22を位置P1
に移動する。位置P1にあった写真スライド22は同時に位
置決めバー156のリップ172により位置P2に滑動させられ
る。この状態は第9B図に示してあり、写真スライド22は
位置P1およびP2に示される。
アーム34の運動が継続し、アーム34が再びその後退位
置に引込められると、スライド・ピック54は、上述のよ
うに、そのときホッパ28内にある最も下の写真スライド
22の下側を通過し、一方、位置決めバー156のリップ172
は、ちょうど位置P1に移されたばかりの写真スライド22
を横切り、この写真スライド22に係合する。
同時に、位置決めバー・リップ174の離脱縁182は、位
置P2に移されたばかりの写真スライド22を横切る。シャ
トル・アーム34がその後退位置に駆動されたとき、リッ
プ174の係合面180は位置P2内の写真スライド22の最も左
側の縁部に係合する。
シャトル・アーム34が再びその伸長位置に駆動された
とき、スライド・ピック54はホッパ28からの別のスライ
ド22を位置P1に押し込み、一方、位置決めバー156のリ
ップ172は、そのとき位置P1にあるスライドを位置P2に
押し出す。この作用と同時に、バー156のリップ124は、
位置P2にあった写真スライド22を位置P3に押し出す。こ
の状態を第9C図に示す。写真スライド22は、シャトル・
アーム34および可動部材154がそれらの後退位置に戻る
間、それぞれの位置P1〜P3に留まる。
前の3枚の写真スライドがスリーブ材26のポケット24
に挿入された後、ホッパ28に1枚の写真スライド22しか
残っていない場合は、スライド位置決め機構140はその
写真スライドを位置P2に置く。シャトル・アーム34の最
初の運動サイクル中に、ホッパ28からの唯一の写真スラ
イド22が上述の方法で位置P1に移動される。第2および
後続の運動サイクル中は、位置P1に移されるべきスライ
ドがホッパ28に残っていなくても、写真スライド22は上
述の方法で位置P2に移動される。
したがってスプリング169は、可動組立体154がその最
も左の位置に駆動される間、位置決めバー156を反時計
方向に旋回させ、位置決めバーの最左端を下方に押し下
げる。スプリング169がピン167Lの左側の点で位置決め
バー156を下方に押し下げるので、バー156の右側は、第
9A図に示すように、持ち上げられる。シャトル・アーム
34および可動組立体154の後続の運動サイクル中に、バ
ー156のリップ174は位置P2にある写真スライド22に係合
するよりも、むしろ写真スライド22の上面を通過する。
したがって、写真スライド22は、ホッパ28に他のスライ
ドがもはやないとき、中央位置P2に残る。
前の3枚のスライドがスライド・スリーブ材26に挿入
されたのに続き、2枚の写真スライド22がホッパ28に残
っている場合は、スライド位置決め機構140はこれらの
2枚のスライドを位置P2およびP3に置く。このように動
作する理由は上の説明から明らかである。
スライド・カウント機構142 スライド・カウント機構142は、第6図、第7図およ
び第10図ないし第12図に関連して説明することができ
る。
第7図から理解できるように、スライド・カウント機
構142にはスライド位置決め機構140にすぐ隣接し、かつ
機構140の前に置かれている。カウント機構142はアクチ
ュエータ・バー194、検出フィンガF1,F2,F3、フィンガ
・スプリング190およびアクチュエータ・バー・スプリ
ング192を含む。
アクチュエータ・バー194は、案内レール152に平行な
ほぼ横方向に延在する細長い主部材200、一対の装着脚2
02、ゲート解放レバー128および押出装置組立体作動レ
バー129を備える。装着脚202は主部材200の両端からほ
ぼ前方に延びている。右脚202はピボット組立体206によ
ってシャシー側壁158に旋回可能に装着され、一方、左
脚202はピボット組立体210によってシャシー部材208に
旋回可能に装着される。ゲート解放レバー128および押
出装置組立体作動レバー129は、主部材200の右側から後
方に延びている。
多分第10図に最もよく示すように、アクチュエータ・
バー194の主部材200も、その下縁にノッチN1,N2およびN
3を有し、これらのノッチはそれぞれスライド位置P1,P2
およびP3の上に置かれる。フィンガ・ストップ222,224
および226は主部材200の下縁から下方に突出し、それぞ
れノッチN1〜N3の右縁に隣接している。スプリング192
は、アクチュエータ・バー194を通常下方位置に偏倚す
る。
図示のように、スプリング192の一端はアクチュエー
タ・バー194の主部材200に固定され、一方、他端はシャ
シー部材212に固定されている。スライド位置決め機構1
40の可動部材154と協働するカム・ローラ214および216
は、アクチュエータ・バー部材200の後部に回転可能に
装着されている。図示のように、ローラ214はノッチN1
の右側に装着され、ローラ216はノッチN2の右側に装着
されている。
シャシー部材212は、アクチュエータ・バー194の部材
200の下の挿入組立体16を横切って延在する細長いバー
である。部材212の右端はシャシー側壁158に装着され、
一方、左端はシャシー部材208に装着されている。検出
フィンガF1〜F3は、ピボット・ピン218により、シャシ
ー部材212を貫いて延在する垂直方向のスロットに旋回
可能に吊り下げられている。フィンガF1〜F3はそれぞれ
感知アームSおよびレバー・アームLを備えている。
長いピン220は、各フィンガF1〜F3のレバー・アーム
Lの外側端の近くに装着され、シャシー部材212の上縁
を越えて延在している。ピン221は、シャシー部材212の
前部からピン220の下方で、その右側に延びている。ス
プリング190はそれぞれのピン220および221の間で引張
られ、これらのピンに装着されている。スプリング190
は、それによって検出フィンガF1〜F3を時計方向に偏倚
するので、それらのレバー・アームLの端部は、アクチ
ュエータ・バー194がその上昇位置にあるとき、それぞ
れのストッパ222,224および226と係合させられる。
フィンガF1およびF2のセンサー・アームSの下縁は、
第1の傾斜面230および第2の傾斜面232を有する。フィ
ンガF1およびF2のセンサー・アームSの外端は、傾斜面
232から延在するスライド係合面234を有する。フィンガ
F3のセンサー・アームSの下端は傾斜面236を有する。
フィンガF1およびF2の面230および232、およびフィンガ
F3の面236は、スライド・シャトル組立体12および位置
決め機構140によって、写真スライド22がステージング
領域94を横切って動かされるとき、スライド22によって
係合されるようになっている。
面230,232および236が写真スライド22によって係合さ
れるとき、それぞれのフィンガF1〜F3は、スプリング19
0の偏倚力に抗して回転させられ、それらのレバー・ア
ームLはストップ222,224および226との係合から外され
て、ノッチN1〜N3と整列する。
ステージング領域94に移動された写真スライド22の数
をカウント機構142が数える方法は、多分第12A図ないし
第12C図を参照して最もよく説明される。第12A図ないし
第12C図に示すカウント機構142の作用は、第9A図ないし
第9C図に示すスライド位置決め機構140の作用に対応す
る。
スライド22が位置P1に移動された後、それはフィンガ
F1の傾斜面230に係合する。フィンガF1はそれにより、
そのレバー・アームLがアクチュエータ194のスロット
(ノッチ)N1に隣接して垂直に向けられる範囲で、反時
計方向に回転される。この状態を第12A図に示す。
第12A図の位置P1に示されるスライド22が、スライド
位置決め機構140により位置P2に動かされると、フィン
ガF1の傾斜面232と係合し、フィンガのセンサー・アー
ムSがスライドを横切ることを可能にする。スライド22
が継続して位置P2に移動されると、フィンガF2の傾斜面
230に係合する。
フィンガF2はそれにより、そのレバー・アームLがア
クチュエータ・バー194のノッチN2と垂直に整列するよ
うに、スプリング190の偏倚力に抗して回転される。同
時にホッパ28から位置P1に移動される写真スライド22は
前述と同様な方法でフィンガF1を回転させる。2枚のス
ライド22がステージング領域94に移動された後の、フィ
ンガF1〜F3の位置を第12B図に示す。
ホッパ28からの3番目の写真スライド22が、次に、ス
テージング領域の位置P1に移動される。同時にスライド
位置決め機構140は、位置P2の写真スライド22を位置P3
に移動する。スライド22が位置P2から位置P3に移動され
る間、それは傾斜面232に係合し、フィンガF2がスライ
ドの上を通過するようにする。
位置P3にあるとき、スライド22はフィンガF3の傾斜面
236に係合し、そのレバー・アームLがノッチN3に隣接
して置かれるようにフィンガF3を回転させる。フィンガ
F1およびF2のレバー・アームLも、位置P1およびP2に移
動される写真スライド22により、それぞれノッチN1およ
びN2に隣接して置かれる。3枚の写真スライド22がステ
ージング領域94に移動された後の、フィンガF1〜F3の位
置を第12C図に示す。
フィンガF1〜F3が全て写真スライド22によって係合さ
れたときは、それらのレバー・アームLがそれぞれのノ
ッチN1〜N3に隣接して位置されるように、フィンガF1〜
F3が回転される。レバー・アームLはもはや、アクチュ
エータ・バー194の主部材200を支持していないので、ア
クチュエータ・バーはスプリング192によって押し下げ
られる。
第6図に戻ると、アクチュエータ194がその下降位置
まで降下させられるとき、ゲート解放レバー128はリッ
プ126から下方に、かつアーム118の縁部124に沿って回
動することが理解される。アーム118はそれにより、前
述のように時計方向に回転させられ、ゲート110を開
く。次に、ステージング領域94の位置P1〜P3にあるスラ
イド22は、挿入領域134内の対応位置に降下する。案内
部材144,146,148および150は、写真スライド22が落下さ
れた後で挿入領域134の適切な位置P1〜P3に確実に置か
れるのを助ける。ベルクロ・ストリップ136はスライド2
2を挿入領域134のシャシー部材106の上方で支持する。
第7図および第8図を再び参照すると、可動部材154
の上部166は、傾斜リセット面240、水平リセット面242
および押出装置組立体遅延面244を含むように示してあ
る。面240,242および244は互いに隣接し、可動部材154
がシャトル組立体12によって駆動されるとき、カム・ロ
ーラ214および216と係合するように、アクチュエータ・
バー194の主部材200に対して位置づけられる。傾斜リセ
ット面240は、可動部材上部の最も左側の縁部から上方
に傾斜し、かつ水平リセット面242と交差する。押出し
装置組立体遅延面244は、面242よりも低い、水平に向い
た面である。
第9C図および第12C図から理解できるように、スライ
ド位置決め機構140が、写真スライド22をステージング
領域94の位置P2およびP3に移動し、シャトル組立体12が
写真スライド22の1枚を位置P1に移動するや否や、フィ
ンガF1〜F3のレバー・アームLの上端がアクチュエータ
・バー194のノッチN1〜N3に隣接して置かれ、これによ
り、アクチュエータ・バー194が落下して3枚の写真ス
ライドを解放することが可能になる。押出装置組立体遅
延面244の左側縁部(すなわち、隣接面242)は、このと
き、カム・ローラ216の直下にある。
アクチュエータ・バー194の主部材200は、カム・ロー
ラ216が面244と接触するまで、落下することのみが許容
される。遅延面244は、アクチュエータ・バー194が降下
するとき、ゲート解放レバー128をアーム118のリップ12
6から離脱させるのに十分な高さに置かれている。しか
し、遅延面244は、ローラ216が面244上の載っている限
り、押出装置組立体作動レバー129がマイクロスイッチ
・レバー252に係合しない範囲に、アクチュエータ・バ
ー194の下方運動を制限する。
スライド押出装置組立体14 スライド押出装置組体体14は第14図ないし第16図に関
連して説明することができる。
図示のように、押出装置組立体14は押出バー290、駆
動アーム292、案内ロッド294、案内レール295、および
押出バー駆動機構296を備える。押出バー290は、そこか
ら前方向に延在する3本の押出装置フィンガ300,302お
よび304を有する板部材298によって形成されている。押
出装置フィンガ300,302および304の前方端は、前方に延
在する薄いブレード308の上に突出するスライド係合タ
ブ306を備える。リセット・ピン299は板部材298に固定
され、かつ板部材298の右側から突出している。
駆動機構296は、駆動アーム292によって押出バー290
に結合されている。アーム292の前方端は、ねじ310によ
って押出バー290の板部材298に固定されている。案内カ
ム・ブロック312は駆動アーム292の前方端に装着され、
一方、案内ブロック314はアームの後方端に装着されて
いる。ブロック312および314は共に、案内ロッド294が
嵌合される開口を有する。
第14図に示すように、案内レール295と協働する案内
部材316が板298の右側に装着されている。案内ロッド29
4はシャシー・ベース32に対して固定的に装着されてい
る。案内レール295は側壁158に装着されている。したが
って押出バー290は、駆動機構296によって駆動されると
き、案内ロッド294および案内レール295により、直線経
路に沿って案内される。
駆動機構296はシャシー部材71に装着され、モータ32
0、スロット付きベル・クランク322、クランク・アーム
324および接続アーム326を備える。モータ320は、その
駆動軸327が下方に延在した状態でシャシー部材71に装
着されている。モータ320はまた、駆動軸326の速度を押
出装置組立体14の1サイクル当り1回転に低下させる、
関連の減速歯車機構321を備える。
クランク・アーム324はモータ駆動軸326に接続され、
ベル・クランク322のスロット330に嵌合するローラ・ピ
ン328を有する。ベル・クランク322の第1の端部は、ピ
ボット組立体332により、シャシー部材71に旋回可能に
接続されている。接続ロッド326は、ピボット組立体334
により、その第1の端部をベル・クランク322の第2の
端部に旋回可能に接続されている。接続ロッド326の第
2の端部は、ピボット組立体336により、案内ブロック3
14に旋回可能に接続されている。
クランク・アーム324、ベル・クランク322および接続
アーム326は、モータ駆動軸327の回転運動を押出バー29
0の周期的直線往復運動に変換する。スライド押出装置
組立体14が作動されたときは、クランク・アーム324は3
60度回転される。この回転サイクルの最初の部分(約23
0度)では、押出ブロック290は後退位置から伸長位置に
向かって前進方向に駆動される。
この回転サイクルの残りの部分では、押出バー290
は、その伸長位置から後退位置に向かって後退方向に駆
動される。駆動機構296の構成のため、さらに、クラン
ク・アーム324が一定の速度で回転されるので、押出バ
ー290は非線形速度で駆動され、伸長されるよりも速く
後退させられる。
押出バー290の往復直線運動は、共に第2図で見るこ
とができる前方マイクロスイッチ254および後方マイク
ロスイッチ256により制御される。第7図に示すよう
に、前方マイクロスイッチ254は、アクチュエータ・バ
ー194の押出装置組立体作動レバー129に隣接してブラケ
ット257に装着されている。ブラケット257はシャシー・
ベース32に対して固定されている。多分第7図および第
13図に最もよく示すように、マイクロスイッチ254は、
旋回アクチュエータ・レバー252の下に位置する作動ピ
ン258を有する。作動レバー252は押出装置組立体作動レ
バー129の下側に延びている。
引張レバー262、保持ラグ264およびスプリング266に
よって形成されたラッチ260が、スイッチ254と結合され
ている。引張レバー262は、ピボット組立体268により、
マイクロスイッチ254に旋回可能に装着されている。ス
プリング266は、マイクロスイッチ254に接続された第1
の端部と、レバー262の下端に固定されているピン270に
装着された第2の端部を有する。ラグ264はレバー252の
前方端の下側に装着され、左方に延在している。保持ラ
グ264は、レバー262の上方前部の縁部272によって係合
されている。前方マイクロスイッチ254は常開スイッチ
である。
第14図に示すように、後方マイクロスイッチ256はシ
ャシー部材71に隣接してブラケット274に装着されてい
る。マイクロスイッチ256は、作動レバー276を備えた常
閉スイッチである。後部マイクロスイッチ・トリップ・
バー277は、止めねじ278により、駆動アーム292に調節
可能に装着されている。トリップ・バー277は、押出バ
ー290が前後に駆動されるとき、マイクロスイッチ・レ
バー276の一端にあるローラに係合するようになされた
縁部279を有する。
マイクロスイッチ254および256は、モータ320を駆動
するための並列電気回路をなして接続されている。押出
バー290がその完全後退位置にあるときは、トリップ・
バー277が作動レバー276と係合され、後部マイクロスイ
ッチ256をその作動位置またはOFF位置にする。ゲート10
0が解放され、写真スライド22がその挿入領域134に落下
した後、スライド位置決め機構140の可動部材154は、シ
ャトル・アーム34が後退させられるに従い左方に移動し
続ける。
以上に記載したように、この運動部分の間、カム・ロ
ーラ216が押出装置組立体遅延面244上に載っており、ア
クチュエータ・バー194の主部材200は、ノッチN1〜N3に
よって許容される範囲一杯まで落下することを妨げられ
る。したがって、アクチュエータ・バー194の押出装置
組立体作動レバー129は、前方マイクロスイッチ254の作
動レバー252とは接触しない。したがって前方マイクロ
スイッチ254は作動されず、そのOFF位置にあり、モータ
320を不作動にする。
シャトル・アーム34の後退行程中に、可動部材154が
左方に駆動され続けると、ローラ216は遅延面244の最も
右側の縁部に当接する。部材154がさらに左方に動く
と、ローラ216は遅延面244から離れてその下に降下し、
フィンガF1〜F3のレバー・アームLの端部がそれぞれノ
ッチN1〜N3に係合する範囲一杯にまで、アクチュエータ
・バー194が落下することを可能にする。
アクチュエータ・バー194がこのようにさらに下方に
移動すると、押出装置組立体作動レバー129がマイクロ
スイッチ作動レバー252に係合し、前方マイクロスイッ
チ254をそのON位置に切り換える。レバー252は、保持ラ
グ264と係合されたレバー262の縁部272により、下向き
に保持される。
前方マイクロスイッチ254がこのようにONに切り換え
られると、駆動モータ320が回転を開始し、押出バー290
をその後退位置から前進方向に駆動する。駆動アーム29
2が前進方向運動行程の短かい部分を移動した後、トリ
ップ・バー277は後方マイクロスイッチ256のレバー276
から離脱させられる。そのとき、後方マイクロスイッチ
256はON位置に切り換えられる。モータ320は、前方マイ
クロスイッチ254および後方マイクロスイッチ256が共に
ON位置に切り換えられた状態で回転し続ける。
スライド押出装置組立体14の作動に続いて、可動部材
154が連続して運動すると、傾斜リセット面240がカム・
ローラ214に係合し、アクチュエータ・バー194を上昇さ
せる。ノッチN1〜N3の下縁部がフィンガF1〜F3のレバー
・アームLを越えるほど十分高くバー194が持ち上げら
れたとき、スプリング190は、レバー・アームがストッ
プ222,224および226にそれぞれ係合するまで、フィンガ
を回転させる。それにより、アクチュエータ・バー194
はその上昇位置で支持され、カウント機構142はリセッ
トされる。
押出バー290の運動が継続し、その伸長位置に近づく
とき、リセット・ピン299は引張レバー262の下縁部に係
合し、マイクロスイッチ254の作動レバー252を解放す
る。これにより、マイクロスイッチ254はその常開位置
すなわちOFF位置に戻される。しかし、後方マイクロス
イッチ256が依然としてONに切り換えられているので、
モータ320は、その往復直線運動の範囲に渡って押出バ
ー290を駆動する。
押出バー290がその伸長位置に到達した後、駆動機構2
96は、押出バーをその後退位置に向かって逆方向に駆動
する。押出バーがその後退位置に近づくと、トリップ・
バー277の縁部279が後方マイクロスイッチ作動レバー27
6に係合し、後方マイクロスイッチ256をOFFして切り換
える。駆動アーム292上でのトリップ・バー277の位置
は、マイクロスイッチ256がOFFに切り換えられるとき、
押出バー290がその完全後退位置にあるように、止めね
じ278によって調節される。
ドラッグ・ブレーキ18 ドラッグ・ブレーキ18は第1図、第2図および第17
図、第18図と関連して説明することができる。
ドラッグ・ブレーキ18はベース370、主部材372、解放
アーム374及び解放レバー376を備える。主アーム372は
ベース370から前方に延び、二股の端部378を有する。摩
擦要素380は、一実施例においてはプラスチック・チュ
ーブの部分であり、端部378の二股部分の下面に装着さ
れている。解放アーム374もベース370から前方に延び、
主アーム372にほぼ平行である。解放レバー376は解放ア
ーム374の前方端に旋回可能に装着され、解放アームか
らほぼ直角方向に突出している。
ドラッグ・ブレーキ18は、ピボット組立体382によ
り、挿入組立体16の後のシャシー側壁に旋回可能に装着
されている。偏倚スプリング384は、シャシー側壁158の
内部に固着されたピン386と、ドラッグ・ブレーキ・ベ
ース370に固着されたピン388の間に引っ張られている。
スプリング384および、主アーム372に作用する重力は、
摩擦要素380が、スリーバ10を通過するスライド・スリ
ーブ材26に抗力を加えるようにする。
この抗力は、スリーブ材26がスライド挿入組立体16に
送られるとき、スリーブ材26を緊張状態に保つ。第1図
に示すように、解放レバー376は、シャシー側壁158内の
開口を貫いて延在する。この開口は、水平に延在する部
分390と、垂直に延在する部分392とによって形成されて
いる。摩擦要素380は、押し下げられてスリーブ材26と
接触させられることにより、垂直に延在するスロット部
分392内にレバー・アーム376が位置づけられたとき、そ
れらの機能を実現することが可能である。
ドラッグ・ブレーキ18は、レバー・アーム376を持ち
上げることによって上昇させることができ、水平に延在
する部分390内に向かってレバー・アームを逆方向に旋
回させることにより、直立位置に保持することができ
る。ドラッグ・ブレーキ18は通常、スライド・スリーバ
10でのスリーブ材26の挿入を容易にするためこのように
持ち上げられる。
スリーブ・クランプ20 スリーブ・クランプ20は第19図ないし第22図と関連し
て説明することができる。
スリーブ・クランプ20は、挿入組立体16の前方、左側
に位置づけられ、クランク機構400および作動機構402に
より形成されている。クランプ機構400は下部クランプ
・バー404、上部クランプ・バー406、ピボット・マウン
ト408、解放レバー410、およびスプリング412を備え
る。下部クランプ・バー404はシャシー・ベース32に固
定され、その上端の全長に沿って延在する摩擦要素414
(プラスチック・チューブ等)を有する。
マウント408は、ピボット・ピン416によってシャシー
・ベース32に旋回可能に装着されている。上部クランプ
・バー406は、止めねじ418によってマウント408に運動
可能に取りつけられている。摩擦部材420は、上部クラ
ンプ・バー406の下縁全体に、かつそれに沿って装着さ
れている。マウント408および上部クランプ・バー406が
それらの最前部位置に回転されたときは、摩擦要素414
および420は、第20図に示すように、互いに接触する。
クランプ・バー406とマウント408との間の小量の運動ま
たは浮動は、摩擦要素414および420に沿った均一なクラ
ンプ力を容易にする。
解放レバー410は、ピボット・マウント408の後部に旋
回可能に装着されている。マウント408はスプリング412
により開放位置に向かって偏倚される(すなわち、摩擦
要素420が逆回転され、摩擦要素404との物理的接触から
外される)。図示のように、スプリング412は、機構408
に結合された第1の端部と、装置ブラケット422を介し
てシャシー・ベース32に対して装着された第2の端部を
有する。
スリーブ・クランプ作動機構402は、案内カム・ブロ
ック312、案内ロッド294、レバー・アーム434およびカ
ム・ローラ436を備える。レバー・アーム434は、互いに
傾斜された前部440および後部442により形成されてい
る。レバー・アーム434の中央部は、ピボット組立体444
により、シャシー・ベース32の縁部に装着されている。
カム・ローラ436は、ピボット組立体438により、レバー
・アーム後部442の後端に、回転可能に装着されてい
る。レバー・アーム前部440の前端は解放レバー410の底
縁に係合する。
案内ロッド294は、450等のブラケットにより、レバー
・アーム434に隣接してシャシー・ベース32に装着され
ている。案内カム・ブロック312には、案内ロッド294お
よび押出バー290の板部材298に装着されている。ブロッ
ク312はしたがって、スライド押出装置組立体14によ
り、直線経路にそって往復駆動される。
案内カム・ブロック312は、ブロックの部分の下側に
あり、かつカム・ローラ436に係合するよう位置づけら
れた傾斜カム面452、および底縁面454を有する。カム面
452は、ブロック312の上部後面から前方に、下向きに傾
斜する。カム面454は、面452との交差部分から、ブロッ
ク312の前端まで延在している水平面である。
第14図に示すように、案内カム・ブロック312は押出
バー290の板部材298に装着されている。フィンガ300,30
2および304のタブ306にする案内カム・ブロック312の相
対位置は、ねじ310をゆるめ、ねじを再び締める前に案
内カム・ブロックに対して押出バー290を動かすことに
より調節することができる。
これにより、スリーブ・クランプ20の開閉は、その運
動経路に沿って押出バー290の位置と整列させることが
できる。案内カム・ブロック312の底縁面454がカム・ロ
ーラ463と接触しているときは、レバー・アーム434の後
部442は下方に押し下げられ、一方、前部440は上方に押
し上げられる。
レバー・アーム434の端部446は、それによってスリー
ブ・クランプ20のレバー410に係合し、上部クランプ・
バー406を回転させて下部クランプ・バー404と係合させ
る。案内カム・ブロック312が、押出バー290で前方に動
かされると、カム・ローラ436は傾斜面452に接触する。
それにより、アーム434は時計方向に回転し(第20図の
左側から見て)、その端部446を下降させる。
次に、上部クランプ・バー406がスプリング412の力で
逆回転されると、スリーブ・クランプ20が開放される。
スリーブ・クランプ20はまた、解放レバー410を回転さ
せ、その下面をアーム434の端部446から離脱させること
により、手動で開放することができる。新しい一巻きの
スライド・スリーブ材26の端部は、クランプ20がこのよ
うに手動で開放されたとき、クランプ20を介して送るこ
とができる。
ポケット開口副組立体90 スライド・ポケット開口副組立体90は、第1図、第2
図、第6図ないし第7図および第23図ないし第28図と関
連して説明することができる。
ポケット開口副組立体90は、駆動されない部分すなわ
ち静止部分500、および駆動される部分すなわち可動部
分502によって形成されている。静止部分500は、止めね
じ504のような複数の細長いラグ部材と、スリーブ・ク
ランプ20のピボット・マウント408から上部後方に延在
するスプリング506等のような細長い弾性偏倚手段を備
える。したがって、ねじ504およびスプリング506は、ク
ランプ20が開閉されるのにつれて、上部クランプ・バー
406に沿って移動する。
図示の実施例は3本のねじ504を含み、その内の1本
は各スライド位置P1〜P3の中心に合わせられる。スプリ
ング506は、スライド挿入位置P1およびP2の間、位置P2
およびP3の間、位置P3の右側、および位置P1の左側に位
置づけられている。図示の実施例では、ねじ504および
スプリング506は、スリーブ・クランプ20が閉じられた
とき、ほぼ30度の角度でマウント408から突出する。ス
プリング506は、ねじ504よりも大きな距離だけ、マウン
ト408から突出している。
多分第6図に最もよく示すように、スライド・スリー
ブ材26はシャシー・ベース32の真上で、かつスライド挿
入組立体16の下をスリーブ10に沿って送られる。スライ
ド挿入組立体16の下を移動する位置で、スリーブ材26は
シャシー部材106および挿入領域134の下を通る。シャシ
ー・ベース32は、ポケット開口副組立体90の可動部分50
2の真下の位置に、突状リップ510を有する。
スライド・スリーブ材26は、リップ510によって上に
向けられ、ポケット開口副組立体90の静止部分500の上
を通過する。静止部分500は、挿入領域134よりもわずか
に高い高さで、シャシー・ベース32の上方にスリーブ材
26を支持する。止めねじ504およびスプリング506は、ス
ライド・スリーブ材26がスリーブ・クランプ20を通過す
る前に、下側が開いている凹形の弧状にスライド・スリ
ーブ材26を曲げるように配置される。
第6図に示すように、静止部分500によって引き起こ
された曲げは、可動部材502のすぐ前、かつポケット開
口副組立体90の静止部分500の上方の位置で、ポケット2
4の開口スロット30を開かせる。
突状リップ510およびシャシー部材106の隣接部分の組
合せは、ねじ504およびスプリング506の端部の高さより
も低い、シャシー・ベース32の上方の第1の高さに、ポ
ケット開口スロット30に隣接するスリーブ材26の部分を
支持する。スリーブ・クランプ20はまた、ねじ504およ
びスプリング506の端部よりも低い高さに、スロット30
からポケット24とは反対側のスリーブ材26の部分を支持
する。ポケット24およびスプリング506およびねじ504の
端部の、このような相対的位置づけは、スリーブ材26の
弧状化を容易にする。
ポケット開口副組立体90の可動部分502は、フレーム5
12、ポケット開放フィンガ514および作動機構516を備え
る。作動機構516はカム520、カム従動節(フォロワー)
522、ベル・クランク524、押棒526、スプリング528、ス
ペーサ・ストップ530、アーム556、カム支持バー560お
よび562、およびフィンガ開放カム578を備える。
第23図に示すように、カム520は押出装置組立体14の
駆動アーム292に装着され、3つのスロット部分532,534
および536を有する。スロット部分532はカム520の前端
から後方に延在している。スロット部分534はスロット5
32の後端から後方に、かつ左方に延在している。スロッ
ト部分536はスロット部分534の後端から後方に延在して
いる。
ベル・クランク524は、ピボット組立体540により、ブ
ラケット274の下面に旋回可能に装着され、カム・アー
ム542およびクランク・アーム544を有する。カム従動節
522は、ベル・クランク・カム・アーム542の底面に回転
可能に装着され、カム520のスロット部分532,534および
536内に支持されている。棒526は、ブッシング545,546
および547によってシャシー側壁158に滑動可能に装着さ
れている。
ベル・クランク・アーム544の一端は、そこから延び
る棒548を有する。クランプ550は押し棒526に固定して
装着され、棒548に係合する。カム従動節522は、カム52
0が押出装置組立体14の駆動アーム292で前後に往復駆動
されるとき、スロット部分532,534および536に追従す
る。その結果、ベル・クランク524は前後に揺動し、駆
動アーム292の直線運動を押棒526の往復直線運動に転換
する。
フレーム512は、側部材554およびフィンガ装着バー55
8を備える。側部材554はそれぞれ前脚564および後脚565
を有し、これらの脚は、シャシー側壁158に隣接して、
押棒526に滑動可能に装着されている。
脚564および565はブッシング547の両側にある。スペ
ーサ530はフレーム側565とブッシング547の間で押棒526
に滑動可能に装着されている。フレーム脚564がブッシ
ング547と接触し、スペーサ530が脚565と接触している
ときは、ブッシング547とスペーサ530との間に距離Dの
ギャップ531がある。スプリング528は押棒526を取り巻
き、フレーム脚565とブッシング546の間で圧縮される。
フィンガー装着バー558はフレーム部材554に固定して
装着され、フレーム部材から3つのスライド位置P1〜P3
の全てを横切ってほぼ直角方向に延在している。アーム
556はクランプ550の反対側の押棒526の一端に装着さ
れ、フレーム部材554の前方で上方に延びている。
カム支持バー560はアーム556に固着され、フィンガ装
着バー558にほぼ平行な方向に、スリーバ10の前部を横
切って延在している。カム支持バー562はバー560の上縁
に固定されており、さらにフィンガ装着バー558にほぼ
平行である。フレーム部材554とアーム556の間の間隔は
ねじ559によって調節することができる。
一対のポケット開放フィンガ514は、各スライド位置
に隣接するピボット・ピン566により、フィンガ装着バ
ー558に旋回可能に固定されている。各フィンガ514は、
ほぼ前方に延びているポケット係合タブ568を有し、タ
ブの下にスライド収容スロット570を有する。各スロッ
ト570の下縁は、水平に延在するリップ571によって画定
され、一方、上縁はタブ568により画定される。
各フィンガ514は、それぞれ対応するピボット・ピン5
66の前方の上面から上方に延びるローラ・ピン572を有
する。フィンガ514の各対のローラ・ピン572はスプリン
グ574によって互いに結合されている。スプリング574
は、各スライド位置P1〜P3においてフィンガ514の対を
互いに押しつけ、それらの対応するポケット係合タブ56
8をスライド位置の中心で合致させ、前方に突出した丸
い先端を形成させる。
フィンガ開放カム578は支持バー562の上面に装着さ
れ、各スライド位置P1〜P3におけるフィンガ514対のロ
ーラ・ピン572の間に延在している。ボルト580等の固定
具が支持バー562上にカム578を保持する。カム578は、
各スライド位置P1〜P3の中心部分から外方に、かつ後部
に向かって延在する、対向した一対の分散カム面582を
有する。
フィンガ514のローラ・ピン572はカム面582に隣接し
て配置され、かつカム面582の上に載っている。それら
の最も前方の部分では、各カム578の対向するカム面582
は、スプリング574が対応するフィンガ514を十分に近付
け、それらのタブ568で丸い縁部を形成できるような距
離だけ互いに離隔される。
各カム578上のカム面582は、相互にさらに離れるよう
に後方に延在している。各カム578の対向したカム面582
の後部は、対応するフィンガ514の対を開放位置に回転
して遠ざけるのに十分なだけ離隔されている。フィンガ
514が開放位置にあるときは、写真スライド22はスロッ
ト570を介してそれらの間を通過することができる。
フレーム514およびアーム556は、棒526に旋回可能に
装着されている。したがって、ポケット開口副組立体90
の可動部分502は、ときどき発生する可能性があるジャ
ムを解消するため、スライド割出副組立体88から遠去か
るように、上方に回動されることができる。フレーム51
2およびアーム556は押棒526と同心の軸の回りを回転す
る。
第27図に示すように、案内バー98もフレーム512と共
に上方に旋回でき、同時に、ピボット機構590によって
シャシー側壁158の前端に旋回可能に装着されている。
ピボット機構590は、シャシー側壁158の前端に装着され
たブラケット594から前方に延びるピボット・ピン592を
含む。案内バー98の右縁は細長いスロット595を有し、
このスロット595を介してピボット・ピン592が突出して
いる。
スロット595内に装着されたスプリング596は、ボール
597をピボット・ピン592と係合させ、案内バー98をピボ
ット・ピンに解放可能に取りつける。案内バー98のピボ
ット機構590とは反対側の端部は、そこから延在するラ
グ598を有する。ラグ598は右側のホッパ壁29のノッチ59
9内に解放可能に挿入されて、案内バー98をその動作位
置に保持する。案内バー98が上昇および下降させられる
とき、ラグ598は、ホッパ壁29内の垂直方向案内トラッ
ク601によりノッチ599に向って、または反対方向に案内
される。
案内バー98は、ポケット開口副組立体90の可動部分50
2と共に上向きに回転されるが、ポケット開口副組立体
の可動部分のそれから垂直に変位されたピボット軸の回
りを回転するので、案内バーはスライド・リンケージ65
0によって可動部分に結合される。スライド・リンケー
ジ650はスロット652およびピン654を備え、ピン654はフ
ィンガ装着バー558の裏側からスロット内に延在してい
る。したがって、案内バー98は、スロット652内で滑動
するピン654により、ポケット開口副組立体90の可動部
分502に沿って、上昇および下降されられる。
アーム292および押ブロック(押出バー)290はそれら
の完全伸長位置に達した後、上述の方法で後退させられ
る。スリーブ・クランプ20はそれにより閉じられ、フィ
ンガ300,302および304は完全に引っ込められる。棒526
はそれにより、カム従動節522がカム520内で動くにつれ
ベル・クランク524によって逆方向に駆動され、フィン
ガ514の対を閉じさせ、フレーム512にフィンガを引っ込
めさせる。
上記のような運動は、隣接する列のスリーブ・ポケッ
ト24をスライド挿入組立体16に隣接して位置づけること
になり、それらのポケット開口スロット30はフィンガ51
4に隣接して位置決めされ、ポケット開放機構500によっ
て開かれる。上記手順の全ては、それにより反復される
ように設定される。スリーブ・クランプ20の開閉とフレ
ーム512の動作の間の相対的タイミングは、アーム292上
でのカム・ブロック312およびカム520の位置決めにより
調節することができる。
スリーブ材端部遮断機構600 第29図に示すように、スライド・スリーブ・システム
10はまた、スリーブ材端部自動遮断機構600を備える。
機構600はセンサー・アーム602、マイクロスイッチ60
4、およびシャシー・ベース32内の開口606を含む。アー
ム602は、ピボット・ピン610によってシャシー部材608
から旋回可能に吊されている。アーム602の下端には、
開口606の真上で、ローラ612を回転可能に装着されてい
る。
ローラ612から見てピボット・ピン610の反対側のアー
ム602の一端は、マイクロスイッチ604に隣接して位置づ
けられている。マイクロスイッチ604は常閉スイッチで
あり、シャトル組立体駆動モータ70およびスライド押出
装置組立体モータ320に接続されている。スリーブ材26
がローラ612と開口606の間を通過する間、アーム602は
旋回する(第29図に示すように時計方向に)ことを妨げ
られ、マイクロスイッチ604は不作動のままである。
スリーブ材26のロールが消費され、終端部がローラ61
2を通過したときは、アーム602の重量がローラを開口60
6に落下させる。そのとき、マイクロスイッチ604がアー
ム602によって作動され、シャトル組立体駆動モータ70
およびスライド押出装置組立体モータ320を停止させ
る。
スライド・スリーバ10の動作 スライド・スリーバ10は、スライド・スリーブ材26の
ロールをスプール25上に位置づけることにより動作の準
備がなされる。ロールは、スリーブ材26がスリーバ10を
介して送られるとき、ポケット開口スロット30を上向き
にかつ後部に向けて置くように、方向づけられる。解放
レバー376はドラッグ・ブレーキ18を持ち上げるように
作動され、ポケット開口副組立体90の可動部材502はス
ライド挿入組立体16の残り部分から上向きに回転され、
解放レバー410はレバー・アーム434から離脱されてスリ
ーブ・クランプ20を開く。
スリーブ材26は次に、遮断機構600、ドラッグ・ブレ
ーキ18、スライド割出副組立体88、ポケット開口副組立
体90の可動部分502の下、およびポケット開口副組立体9
0の静止部分の上を通り、かつスリーブ・クランプ20を
通すことにより、シャシー・ベース32の上のスリーバ10
を介して供給される。
スリーブ材26が正しく整列され、位置決めされた後、
ドラッグ・ブレーキ18およびポケット開口副組立体90の
可動部分502が降下させられ、スリーブ・クランプ20が
閉じられる。次に写真スライド22が先入れ先出し方式で
ホッパ28内に置かれる。
写真スライド22のスリーブ材への収納は、スリーバ10
の裏面におけるスイッチ(図示せず)の作動に続いて開
始される。スライド・シャトル組立体12はそれにより作
動されて、ホッパ28からスライド挿入組立体16のステー
ジング領域94に1度に1枚づつ写真スライド22を滑り込
ませ始める。
3枚の写真スライド22が位置P1〜P3に移され、挿入領
域134に落とされた後、スライド挿入組立体16が作動さ
れる。スライド挿入組立体16の行程の最初の部分で、押
棒290が前方に駆動され、ポケット開口副組立体90の可
動部分502のカム従動節522がカム520のスロット部分532
内で動く。
したがって、ベル・クランク524は不作動のままであ
り、ポケット開口副組立体90の可動部分502のフレーム5
12は静止したままである。案内カム・ブロック312の底
縁面454は、この間にカム・ローラ436と係合し、スリー
ブ・クランプ20を閉じる。この時間フレームの間の、ス
リーバ10の種々の部分の状態を第24A図、第25A図および
第26A図に示す。
駆動アーム292がその前進運動を続けるにしたがっ
て、押棒フィンガ300,302および304は、ちょうどカム従
動節522がカム520のスロット部分534に係合されると
き、それぞれ位置P1,P2およびP3の写真スライド22に係
合する。駆動アーム292がさらに運動し続けると、ベル
・クランク524が時計方向に回転されて、押棒526を前に
動かす。
この運動の最初の部分で、押棒526は距離Dだけ前進
する。アーム556、およびそれに取りつけられた要素は
距離Dだけ駆動され、一方、スプリング528は、スペー
サ530がブッシング547に係合するまで、フレーム512、
およびそれに取りつけられた要素を前進させる。
したがって、ポケット開口副組立体90の可動部部502
は距離Dだけ前方に駆動される。この距離は、フィンガ
514のポケット係合タブ568によって形成された丸い突出
縁部を、位置P1〜P3にあるポケット24のスロット30内ま
で、前方に動かすのに十分である。スロット30は、ポケ
ット開口副組立体90の静止部分500によるスリーブ材26
の弧状化のために開かれる。これらの作用を第24B図、
第25B図および第26B図に示す。
カム従動節522がカム520のスロット部分534内にある
間、駆動アーム292がさらに前進運動をすると、ベル・
クランク524は押棒526をさらに前進させる。しかし、フ
レームの側部材554は、スペーサ530がブッシング547に
係合しているので、上述の初期運動に続いて、スプリン
グ528によって前方に押されることは不可能である。
したがって、押棒526の継続した前進運動は、アーム5
56およびフィンガ開放カム578を前方に進めるが、一
方、フィンガ514が装着されているフィンガ装着バー558
は静止したままである。
第24C図、第25C図および第26C図に示すように、カム5
78のカム面582は、スライド挿入位置P1〜P3における各
々の対応する対のフィンガ514をスプリング574の偏倚力
に抗して離隔させる。ポケット係合タブ568が次に、開
いたポケット開放スロット30内で回動して離れる。押棒
290のフィンガ300,302および304もこのとき、対応する
位置P1〜P3の写真スライド22に係合し、スロット570を
介して開いたポケット24内に写真スライドを押し込む。
スライド22がポケット24に押し込まれるとき、カム・
ローラ436は案内カム・ブロック312の傾斜面452により
係合される。スリーブ・クランプ作動機構402の前方ア
ーム部分440は、それによって下向きに回転され、スプ
リング412が上部クランプ・バー406を逆方向に旋回さ
せ、クランプ機構400を開放することを可能にする。こ
のとき、ポケット24に挿入される写真スライド22の力
が、ドラッグ・ブレーキ18によってスリーブ材に加えら
れる力よりも大きい範囲で、スリーブ材26は前方に押さ
れ、ロールから繰り出されることが可能である。
駆動アーム292の前進運動が続くと、写真スライド22
は完全にポケット24に押し込まれ、収容された写真スラ
イドの列がスリーブ・クランプ20の前縁部をちょうど越
えて押される。この段階のスライド・スリーブ10を第25
D図および第26D図に示す。スライド22がポケット204に
挿入されるとき、スリーブ材26がフィンガ300,302およ
び304の力により前方に動かされるので、スリーバ10は
連続的にスリーブ材を自己整列させ、次のポケット列に
写真スライドを装填するためスリーブ材を所定の位置に
置く。
駆動アーム292は、その完全伸長位置に到達し、収容
された写真スライドの列をスリーブ・クランプ20を越え
て押した後で、引っ込められる。したがって、スリーブ
・クランプ20は閉じられ、ポケット開口副組立体90の可
動部分502はその不作動位置に戻される。隣接するポケ
ット24の列は、それにより、ポケット開口スロット30
が、閉じられたフィンガ514の直前にある状態で、挿入
組立体16に隣接して位置づけられる。
スリーブ・クランプ20の開閉とポケット開口副組立体
可動部分502の運動との間の相対的タイミングは、駆動
アーム292上での案内カム・ブロック312およびカム520
の位置決めにより調節することができる。上記手順の全
ては、遮断機構600がスリーブ材26のロールの終りを感
知するか、全ての写真スライド22がホッパ28から移動さ
れるか、または、主スイッチが切られるまで繰り返され
る。
第26A図ないし第26E図に示す実施例は、スリーブ・ク
ランプ20の前方に、スリーバ10から突出するスリーブ済
写真スライド収容トレイ660を備える。スリーブ済写真
スライド22がスリーバ10から排出されるとき、それらは
トレイ660内に支持され、スライドの隣接列はスリーブ
材26の送り穴の所で互いに折り畳まれている。スリーブ
済写真スライド22は次に、スリーブ・クランプ20が閉じ
られたとき、送り穴のあたりでスリーブ材26から都合よ
く引き裂くことができる。
好ましい実施例に関連して本発明を説明したが、当業
者は、本発明の精神および範囲を逸脱することなく形式
および細部において変更をなすことができることを認識
するであろう。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明による写真スライド・スリーバの斜視図
である。 第2図は、第1図に示す写真スライド・スリーバの、カ
バーを取り除いた状態を示す上面図である。 第3図はスライド・シャトル組立体の詳細斜視図であ
る。 第4図は、分離解放機構の作用を説明するためのスライ
ド・シャトル組立体の後部の詳細上面図である。 第5図は、第4図の線5−5に沿った分離解放機構の断
面図である。 第6図は、第7図および第28図の線6−6に沿ったスラ
イド挿入組立体の断面図である。 第7図はスライド挿入組立体の詳細上面図である。 第8図は、第6図の線8−8に沿ったスライド位置決め
機構の詳細断面図である。 第9A図ないし第9C図は、スライド位置決め機構の動作を
説明するための、第8図と同様な図である。 第10図は、第6図の線10−10に沿ったスライド・カウン
ト機構の詳細断面図である。 第11図は、第6図の線11−11に沿ったスライド・カウン
ト機構の詳細断面図である。 第12A図ないし第12C図は、スライド・カウント機構の動
作を説明するための、第10図と同様の図である。 第13図は、第7図の線13−13に沿った、スライド押出装
置作動スイッチの部分詳細図である。 第14図はスライド押出装置組立体の詳細斜視図である。 第15図は、第14図の線15−15に沿った、押棒駆動機構の
断面図である。 第16図は、スライド押出装置組立体の1本のフィンガの
一端におけるタブの詳細斜視図である。 第17図はドラッグ・ブレーキの詳細斜視図である。 第18図は、第17図の線18−18に沿った断面図である。 第19図は、スリーブ/クランプ機構およびアクチュエー
タの詳細斜視図である。 第20図は、第19図の線20−20に沿った、スリーブ・クラ
ンプ機構およびアクチュエータの断面図である。 第21図は、第20図の線21−21に沿った、スリーブ・クラ
ンプ作動機構の詳細断面図である。 第22図は、第20図の線22−22に沿った、スリーブ・クラ
ンプ・アクチュエータ・ピボットの詳細断面図である。 第23図はスライド・スリーブ・ポケット開口副組立体の
作動機構の詳細斜視図である。 第24A図ないし第24C図は、写真スライドがスリーブ処理
されるときの、スライド・スリーブ・ポケット開口副組
立体のための作動機構およびスリーブ・クランプの動作
を説明するためのスリーバの側面図である。 第25A図ないし第25E図は、写真スライドがスリーブ材に
挿入されるときの、ポケット開口フィンガの動作を説明
するための上面図である。 第26A図ないし第26E図は、写真スライドがスリーブ材に
挿入される間の、ポケット開口フィンガおよびスリーブ
・クランプの動作を示す側面図である。 第27図は、ポケット開口副組立体の可動部分のためのピ
ボット組立体を示す詳細断面図である。 第28図はスライド挿入組立体の正面図である。 第29図は、スリーブ材遮断機構の端部を示す詳細断面図
である。 10……スライド・スリーバ、12……スライド・シャトル
組立体、14……スライド押出装置組立体、16……スライ
ド挿入組立体、18……ドラッグ・ブレーキ、20……スリ
ーブ・クランプ、22……写真スライド、24……ポケッ
ト、26……スライド・スリーブ材、28……ホッパ、30…
…ポケット開口スロット、32……シャシー・ベース、34
……シャトル・アーム、54……スライド・ピック、90…
…ポケット開口副組立体、94……ステージング領域、98
……案内バー、134……挿入領域、140……スライド位置
決め機構、142……スライド・カウント機構、194……ア
クチュエータ・バー、290……押出バー、296……駆動機
構、512……フレーム、516……作動機構、526……押
棒、660……スリーブ済写真スライド収容トレイ、
フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭63−218005(JP,A) 特開 昭52−33528(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) G03D 15/10 B65B 43/28

Claims (13)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】写真スライドをスライド・スリーブ材のポ
    ケットに挿入するためのスリーブ装置であって、 該写真スライドが挿入されるべきポケットのポケット開
    口スロットに隣接して該写真スライドの位置づけるため
    のスライド位置決め手段と、 該ポケット開口スロットを通して、該写真スライドを該
    スライド・スリーブ材のポケットに押し込むためのスラ
    イド押出手段と、 該写真スライドが挿入されるべき該ポケットの反対側の
    端に該スライド・スリーブ材を支持するための第1およ
    び第2の支持手段と、スライドが挿入されるべき該ポケ
    ットの近傍で該スリーブ材を弧状にするため、該第1お
    よび第2の支持手段の間で、かつ該スリーブ材の該ポケ
    ット開口スロットとは反対側で、該スリーブ材と係合す
    るように突出した突出部材手段とを有する第1のポケッ
    ト開口手段とを備えたスリーブ装置。
  2. 【請求項2】前記突出部材手段が1つまたは複数の細長
    い剛性ラグを備えた特許請求の範囲第1項のスリーブ装
    置。
  3. 【請求項3】前記突出部材手段が1つまたは複数の弾性
    部材を備えた特許請求の範囲第1項のスリーブ装置。
  4. 【請求項4】前記写真スライドが挿入されるべき位置
    で、前記ポケット開口スロットに隣接して運動可能に装
    着されたポケット係合タブ縁手段と、 前記ポケットをさらに開くため、前記第1のポケット開
    口手段によって開かれた該ポケット開口スロット内に該
    ポケット係合タブ縁手段を移動するための駆動手段と、 を有する第2のポケット開口手段をさらに備えた特許請
    求の範囲第1項のスリーブ装置。
  5. 【請求項5】前記ポケット係合タブ縁手段が、ポケット
    係合タブ縁を有する第1および第2のフィンガと、フィ
    ンガ・マウントと、該第1および第2のフィンガを該フ
    ィンガ・マウントに旋回可能に装着するための装着手段
    とを備え、 前記第2のポケット開口手段がさらに、該第1および第
    2のフィンガを偏向し、それらの上の該ポケット係合タ
    ブ縁を合わせて該ポケット開口スロットに向かって突出
    する先端を形成させ、前記駆動手段が該先端を該ポケッ
    ト開口スロット内に移動させるように該第1および第2
    のフィンガを駆動する偏向手段と、該フィンガを開い
    て、それらの上の該ポケット係合タブ縁を該ポケットの
    反対側に押しつけるためのフィンガ開放手段とを備える
    特許請求の範囲第4項のスリーブ装置。
  6. 【請求項6】列間距離だけ互いに離隔された複数のポケ
    ット列を有するスリーブ材の、細長いウェブのポケット
    に写真スライドを挿入するためのスリーブ装置であっ
    て、 該ポケット列に垂直な方向に運動可能に、スリーブ材の
    該ウェブを支持するためのシャシー・ベース手段と、 収容すべき写真スライドを受け取るためのホッパ手段
    と、 写真スライドを1列に支持するためのスライド支持手段
    と、 写真スライドを該ホッパ手段から取り出し、該スライド
    を該スライド支持手段に移動するためのスライド・シャ
    トル手段と、 該スライド支持手段によって支持された該写真スライド
    を、該スライドが挿入されるべきスライド・スリーブ材
    の該列内の該ポケットの位置に対応するスライド位置に
    位置づけるためのスライド位置決め手段と、 該写真スライドが挿入されるべきスライド・スリーブ材
    の該列のポケットを開くためのポケット開口手段と、 第1の押出行程部分で、該写真スライドを、該スライド
    支持手段内の位置からスリーブ材の該列の対応する開放
    ポケットに押し込み、第2の押出行程部分で、スリーブ
    材の次の隣接ポケット列を該ポケット開口手段および該
    スライド支持手段に整列させるように、スリーブ済の写
    真スライド列およびスリーブ材を、列間距離だけ該ポケ
    ット開口手段を越えて押出すためのスライド押出手段と
    を備えたスリーブ装置。
  7. 【請求項7】前記シャシー・ベース手段に対して、前記
    スライド・スリーブ材を解放可能にクランプするための
    スリーブ・クランプ手段と、 前記第1の押出行程部分で、前記押出手段が前記スライ
    ドを前記ポケットに押し込んでいる間、該スリーブ・ク
    ランプ手段に該スリーブ材をクランプさせ、前記第2の
    押出行程部分で該押出装置が前記スリーブ済の写真スラ
    イド列およびスライド・スリーブ材を前記ポケット開口
    手段および前記スライド支持手段から押し出している
    間、該スリーブ・クランプ手段に該スリーブ材を解放さ
    せるためのスリーブ・クランプ作動手段とをさらに備え
    た特許請求の範囲第6項のスリーブ装置。
  8. 【請求項8】前記スライド位置決め手段によって前記ス
    ライド支持手段の所定位置に移動された写真スライドを
    計数し、写真スライドが各位置に位置づけられたとき前
    記スライド押出手段を作動させるための、該スライド押
    出手段に結合されたスライド・カウント手段を備え、 該スライド・カウント手段は、 該スライド支持手段に対して旋回可能に装着され、写真
    スライド位置に対応する下縁にノッチを有するアクチュ
    エータ・バー手段と、 該スライド支持手段の各位置における写真スライドの存
    在を物理的に検出するセンサーであって、スライドがそ
    の位置に存在しないときには、該アクチュエータ・バー
    の下縁に係合し、スライドが検出されたときには、該ア
    クチュエータ・バーの対応するノッチに係合するレバー
    ・アームを有するセンサーと、 写真スライドが該スライド支持手段の各位置に移動さ
    れ、該アクチュエータ・バーが落下できるようにセンサ
    ーのレバー・アームが全てノッチと整列されたときに、
    該スライド押圧手段を作動するための結合手段とを備え
    た特許請求の範囲第6項のスリーブ装置。
  9. 【請求項9】前記スライド位置決め装置が、 前記スライド支持手段に対して装着された案内部材と、 前記スライド・シャトル手段に結合され、該スライド・
    シャトル手段により、伸長位置と後退位置の間で往復運
    動ができるように該案内部材に可動的に装着された可動
    部材と、 該可動部材に滑動可能に装着され、かつスライド係合面
    およびスライド離脱縁を備えた第1のリップを有する位
    置決めバーであって、該第1のリップの係合面は、該ス
    ライド・シャトル手段によって第1の位置に移動された
    写真スライドに係合し、かつ該可動部材がその伸長位置
    に動かされたとき、係合されたスライドを第2の位置に
    移動させ、該離脱縁は、該可動部材がその後退位置に駆
    動される間に、位置決めバーを該可動部材上で滑動さ
    せ、第1の位置にある該写真スライドから離脱させる位
    置決めバーとを備えた特許請求の範囲第6項のスリーブ
    装置。
  10. 【請求項10】スリーブ済の写真スライドが前記スライ
    ド押圧手段によって押されている間に、抗力を前記スラ
    イド・スリーブ材に加えるためのドラッグ・ブレーキ手
    段をさらに備えた特許請求の範囲第6項のスリーブ装
    置。
  11. 【請求項11】前記スライド・シャトル手段が、 第1のアーム部分と、 該第1のアーム部分の第1の端部におけるスライド・ピ
    ックと、 前記シャシー・ベースに対して該第1のアーム部分を旋
    回可能に装着するためのピボット手段と、 伸長位置と後退位置の間で、第1のアーム部分を往復駆
    動させるための駆動手段とを備え、 該スライド・ピックは、ホッパ手段内の写真スライドに
    係合し、該アームがその後退位置からその伸長位置に駆
    動されるとき、該写真スライドをスライド支持手段の第
    1の位置に移動させ、さらに、該スライド・ピックは、
    該第1のアーム部分がその伸長位置からその後退位置に
    駆動されるとき、該ホッパ手段内の写真スライドから離
    脱させられる特許請求の範囲第6項のスリーブ装置。
  12. 【請求項12】前記スライド支持手段が、 前記写真スライドの前縁および後縁にそれぞれ係合し、
    挿入レベルより上方のステージング・レベルにあるスラ
    イド位置に該写真スライドを支持するための前方および
    後方スライド縁支持部材と、 該写真スライドの縁部に係合する閉成位置およびスライ
    ドの縁部から離脱される開放位置の間で移動可能に、前
    記シャシー・ベース手段に対して、該前方および後方ス
    ライド縁支持部材の一方を旋回可能に装着するためのピ
    ボット手段と、 該スライドがそれらのスライド位置に置かれた後に、旋
    回可能に装着された支持部材をその開放位置に移動さ
    せ、該スライドをステージング・レベルから挿入レベル
    に落とさせるための、前記スライド位置決め手段および
    旋回可能に装着されたスライド縁支持部材に結合された
    解放手段とを備えた特許請求の範囲第6項のスリーブ装
    置。
  13. 【請求項13】複数のポケット列を有するスリーブ材の
    細長いウェブのポケットに写真スライドを挿入するため
    のスリーブ装置であって、 該ポケット列に直角な方向に運動可能にスリーブ材の該
    ウェブを支持するためのシャシー・ベース手段と、 装填される写真スライドを受け取るためのホッパ手段
    と、 シャシー・ベースの上方で、かつスライド挿入レベルの
    上方のスライド・ステージング・レベルに、写真スライ
    ド列を解放可能に支持するためのスライド支持手段と、 写真スライドを該ホッパ手段から取り出してこれを該ス
    ライド支持手段内で1列に位置決めするためのスライド
    移動手段と、 該スライド支持手段を解放して該写真スライドを挿入レ
    ベルに落下させるための解放手段と、 挿入レベルにある該写真スライドが挿入されようとして
    いる列のスライド・スリーブ材のポケットを開くための
    ポケット開口手段と、 該写真スライドを、スライド挿入レベルにあるそれらの
    位置から、スリーブ材の列の対応する開放されたポケッ
    トに押し込むためのスライド押圧手段とを備えたスリー
    ブ装置。
JP1180682A 1988-07-14 1989-07-14 写真スライド・スリーブ装置 Expired - Lifetime JP2831038B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP88111352 1988-07-14
US07/296,478 US4977725A (en) 1988-07-14 1989-01-12 Photograph slide sleeving system
US296,478 1989-01-12
US88111352.6 1989-01-12

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0262540A JPH0262540A (en) 1990-03-02
JP2831038B2 true JP2831038B2 (ja) 1998-12-02

Family

ID=26114253

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1180682A Expired - Lifetime JP2831038B2 (ja) 1988-07-14 1989-07-14 写真スライド・スリーブ装置

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP0350912B1 (ja)
JP (1) JP2831038B2 (ja)
CA (1) CA1312054C (ja)
DE (1) DE68927810T2 (ja)
ES (1) ES2098220T3 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE4103910C2 (ja) * 1990-09-24 1992-08-20 Geimuplast Peter Mundt Gmbh & Co Kg, 8105 Farchant, De
JP5034338B2 (ja) * 2005-06-28 2012-09-26 株式会社Sumco 容器包装装置

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4003187A (en) * 1975-09-08 1977-01-18 Kiejzik Paul A Microfilm jacket microfilm feeding device and process
DE3030545C2 (ja) * 1980-08-13 1989-02-09 Photo Studio 13 Hch. Schellenberg Ag, Zuerich, Ch
US4748799A (en) * 1987-02-20 1988-06-07 Pakon, Inc. Sleeving system

Also Published As

Publication number Publication date
DE68927810T2 (de) 1997-11-27
DE68927810D1 (de) 1997-04-10
ES2098220T3 (es) 1997-05-01
EP0350912B1 (en) 1997-03-05
CA1312054C (en) 1992-12-29
EP0350912A3 (en) 1991-01-16
EP0350912A2 (en) 1990-01-17
JPH0262540A (en) 1990-03-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3689064A (en) Paper feed arrangement
US4195321A (en) Apparatus for loading a plurality of floppy disks in a reading and/or writing unit
CA1260438A (en) Apparatus for attaching fasteners to web-like materials
JP2831038B2 (ja) 写真スライド・スリーブ装置
US3959654A (en) Dispenser for sheet like material
US4201919A (en) X-ray film loader
EP0000691B1 (en) X-ray film cassette loader
US4977725A (en) Photograph slide sleeving system
US4552352A (en) Top loading sheet feed apparatus for printer or the like
US4257531A (en) Delivery apparatus for automatic newspaper vending machine
US3797823A (en) Photographic apparatus
US4117314A (en) Card reader with means for unloading output hopper on the fly
US5459538A (en) Photo mounting equipment
GB2030123A (en) Dispensing mechanism for vending machines and the like
US4260896A (en) X-ray unit
US5195653A (en) Slide mounter with improved slide mount advance
US5207413A (en) Vacuum sheet film transport and method
EP0000690B1 (en) Radiophotographic unit
JP3802141B2 (ja) 包装機
US4408339A (en) Compact X-ray unit
US5357314A (en) Film accumulator and film accumulator/holder
JP3258099B2 (ja) 紙幣束収納投出装置
JP3109686B2 (ja) フイルム集積装置
JP3054332B2 (ja) 結束紙葉類受け渡し装置
US4239202A (en) Sheet dispenser