JP2827204B2 - 良品容器選別方法 - Google Patents

良品容器選別方法

Info

Publication number
JP2827204B2
JP2827204B2 JP62122766A JP12276687A JP2827204B2 JP 2827204 B2 JP2827204 B2 JP 2827204B2 JP 62122766 A JP62122766 A JP 62122766A JP 12276687 A JP12276687 A JP 12276687A JP 2827204 B2 JP2827204 B2 JP 2827204B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
container
pad
space
defective
pressure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP62122766A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63286736A (en
Inventor
広士 植草
宗雄 小野田
Original Assignee
株式会社吉野工業所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社吉野工業所 filed Critical 株式会社吉野工業所
Priority to JP62122766A priority Critical patent/JP2827204B2/ja
Publication of JPS63286736A publication Critical patent/JPS63286736A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2827204B2 publication Critical patent/JP2827204B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、リークの有無を含む良品容器の選別方法に
関するものである。 〔従来の技術〕 従来、キャップが密に組付けられた容器のリークを検
査する方法としては、容器を逆立させて内容液が漏れる
か否かによって判断する原始的なものから、キャップの
頂壁に穴をあけ、セプタムと呼ばれるゴム製部品をその
穴に密嵌入し、そのセプタムに圧力計に連通された注射
針を射し込んで容器内の圧力を測定するといった科学的
なものまで様々存在する。 又、容器に変形等が発生しているか否かといった良品
容器選別方法は、目視によるものが一般的である。 〔発明が解決しようとする問題点〕 従来のリーク検査方法において、前者の方法は大きな
リークは発見出来るものの、小さなリークを発見するこ
とは難しい。又、後者の方法においては、キャップに穴
をあけなければならないため、全ての容器を検査するこ
とが出来ないと共に、キャップにあけた穴からリークが
発生することもあって、正確な検査を行うことが困難で
あった。 また、従来の良品容器選別方法にあっては、大きな変
形等は見つけることが出来るが、そうでない小さな変形
等を見つけ出すことは困難であった。 本発明は、こうした問題に鑑み考えられたもので、容
易に、全ての容器を、正確に検査出来る、良品容器の選
別方法を提供することを目的とする。 〔問題点を解決するための手段〕 良品容器1を選別するために、一定量の内容液が高温
充填され、あるいはレトルト処理がされた後の、キャッ
プ2が密に組付けられた容器1において、内容液が冷却
した際におけるその内容液の液面を、あらかじめ同一状
況下において良品を使用して行った際の液面との高低の
比較で良品を選んだ後、パッド3をキャップ2を覆う形
態でこの選ばれた容器1に組付け、キャップ2および容
器1との間で、密閉された空間であるパッド内空間4を
形成する。そして、そのパッド内空間4に一定圧力を加
圧あるいは減圧して、そのパッド内空間4の測定圧力変
化形態6を得、その測定圧力変化形態6を、あらかじめ
同一パッド3および同一圧力でリークのない容器1から
得たパッド内空間4の基準圧力変化形態5と対比させ
る。そして、それらの圧力変化形態の差によってリーク
の有無を判断して、良品容器の選別を達成する。 〔作用〕 本発明における良品容器選別方法においては、内容液
液面の高低を比較するわけであるが、これによって、ま
ず容器1の変形等を発見することが出来る。例えば、容
器1が変形して容器1内の容積が増加していれば、液面
は良品容器1の液面より低くなるし、逆に容積が減少し
ていれば液面は高くなる。又、同様に、容器1に引けが
発生していれば、容器1の容積が増加するため液面が良
品容器1の液面より低くなる。従って、こうした液面の
高低を検査することによって、容器1に変形等が発生し
ているか否かを検出することができる。 それと同時に、この方法によってリークの検査も行う
ことが出来る。高温充填あついはレトルト処理がなされ
た容器1内は、冷却と共に減圧するが、この減圧により
容器1は内方に変形し、容器1内の容積が減少する。こ
のため、内容液の液面が上昇することになる。この場
合、リークのある容器1とリークのない容器1とを比較
すると、リークのある容器1は大気と連通しているため
減圧は小さく、容積変化は少ない。従って、液面は良品
容器1の液面と比較して低くなる。こうして液面の高低
を比較することによって、容器1に変形やリーク等の何
らかの欠陥が発生しているか否かを発見することが出来
る。 この検査によって良品とされた容器1に対してリーク
検査を行うが、このリーク検査は、パッド内空間4を加
圧する場合と、減圧する場合の両方がある。 まず、加圧した場合の作用を説明する。パッド内空間
4を加圧すると、リークが発生している不良容器1のパ
ッド内空間4の圧力上昇は、リークが発生していない良
品容器1のパッド内空間4の圧力上昇より遅いものとな
る。リークが発生している容器1においては、パッド内
空間4と容器1内空間であるヘッドスペース7との間に
空気の流通があるということであり、従って、加圧され
る空間は、パッド内空間4とヘッドスペース7とを併せ
たものである。 逆に、リークが発生していない容器1においては、パ
ッド内空間4とヘッドスペース7との間に空気の流通が
ないということであり、従って、加圧される空間はパッ
ド内空間4のみである。 その結果、加圧される空間の大きなリークのある容器
1における圧力上昇が、加圧される空間の小さいリーク
のない容器1の圧力上昇よりも遅くなる。 次に、パッド内空間4の圧力を減圧した場合の作用を
説明する。この場合、リークの発生している不良品容器
1にあっては、パッド内空間4とヘッドスペース7に空
気の流通があるため、リークのない良品−減圧される空
間がパッド内空間4のみ−と比べて、前記した原理に従
い、減圧され難いものとなる。 このパッド内空間4を減圧した場合の圧力変化形態の
差を、第4図に示す。二つの曲線の内、上側がリークの
ない良品におけるパッド内空間4の基準圧力変化形態5
を示すもので、下側がリークのある不良品における測定
圧力変化形態6を示すものである。これによると、良品
容器の圧力減少が、不良品容器のそれより早く達成され
ていることが分かる(例えば、時間t1における真空度は
基準圧力変化形態5の方が、測定圧力変化形態6より高
い)。 〔実施例〕 第1図は、本発明の内、リークを検査する方法の一実
施例を示す図である。パッド3はキャップ2を完全に覆
い、容器1の肩部に密にかつ強固に組付いており、パッ
ド内空間4を密閉している。 第2図は、パッド内空間4を加圧する方法を実施する
ための一構成図である。コンプレッサー9によって送ら
れたエアーはレギュレーター10、アキュームレーター1
1、切替弁12を介して配管13を通ってパッド3に到達す
る。圧力計8はパッド3と切替弁12との間に設けられて
いる。 第3図は、パッド内空間4を減圧する場合の一構成図
を示すもので、この場合、上記した加圧する場合と異な
り、真空発生器14やエアーフィルター15等が設けられて
いる。 第5図は、本発明の内、液面の高低によって良品容器
1を選別する方法の一実施例を示すものである。ここで
は、液面の高さをラインセンサー(レーザー変位計)16
で計測し、それをあらかじめ測定しておいた良品の液面
の高さと比較し、その差によって容器1に変形やリーク
があるか否かの判断を行うものである。 この検査によって変形等がないとされとものが、さら
に圧力変化形態によるリーク検査を経て、最終的な良品
として選別を受けるものである。 〔発明の効果〕 このように、本発明にあっては、圧力変化形態の差に
よってリークの有無を判断するので、従来のようにキャ
ップに穴をあける必要がないため、大きなリークはもと
より小さなリークをも容易に発見することが出来ると共
に、全ての容器を検査することも可能であり、かつキャ
ップにあけた穴からリークが発生するといったこともな
いので、正確な検査を行うことが出来る。 又、液面の高低による容器の変形やリーク、そして圧
力変化形態によるリークの有無の二つの検査を行うの
で、小さな変形やリークを発見出来、確実に良品を選別
出来る優れた効果を発揮する。
【図面の簡単な説明】 第1図は、本発明の内、リーク検査の方法の一実施例を
示す斜視図、第2図はパッド内空間を加圧するリーク検
査の方法の一実施例を示す構成図、第3図はパッド内空
間を減圧するリーク検査の方法の一実施例を示す構成
図、第4図はパッド内空間を減圧する方法によって得ら
れた基準圧力変化形態と測定圧力変化形態との差を示す
図、第5図は本発明の内、液面に高低差による良品選別
方法の一実施例を示す説明図である。 符号の説明 1;容器 2;キャップ 3;パッド 4;パッド内空間 5;基準圧力変化形態 6;測定圧力変化形態 7;ヘッドスペース 8;圧力計 9;コンプレッサー 10;レギュレーター 11;アキュームレーター 12;切替弁 13;配管 14;真空発生器 15;エアーフィルター 16;ラインセンサー
フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭51−24286(JP,A) 特開 昭58−73836(JP,A) 特開 昭59−224536(JP,A) 特開 昭59−9535(JP,A) 特開 昭59−206737(JP,A) 特開 昭54−151887(JP,A)

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 1.良品容器(1)を選別する方法であって、一定量の
    内容液が高温充填され、あるいはレトルト処理がされた
    後のキャップ(2)が密に組付けられた容器(1)にお
    いて、前記内容液が冷却した際における該内容液の液面
    を、あらかじめ同一状況下において良品を使用して行っ
    た際の液面との高低の比較で良品を選んだ後、パッド
    (3)を前記キャップ(2)を覆って容器(1)に組付
    けて、前記キャップ(2)および容器(1)との間で密
    閉された空間であるパッド内空間(4)を形成し、該パ
    ッド内空間(4)に一定圧力を加圧あるいは減圧して得
    た該パッド内空間(4)の測定圧力変化形態(6)を、
    あらかじめ同一パッド(3)および同一圧力でリークの
    ない容器(1)から得たパッド内空間(4)の基準圧力
    変化形態(5)と対比させてリークの有無を判断して成
    る良品容器選別方法。
JP62122766A 1987-05-20 1987-05-20 良品容器選別方法 Expired - Fee Related JP2827204B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62122766A JP2827204B2 (ja) 1987-05-20 1987-05-20 良品容器選別方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62122766A JP2827204B2 (ja) 1987-05-20 1987-05-20 良品容器選別方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63286736A JPS63286736A (en) 1988-11-24
JP2827204B2 true JP2827204B2 (ja) 1998-11-25

Family

ID=14844085

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62122766A Expired - Fee Related JP2827204B2 (ja) 1987-05-20 1987-05-20 良品容器選別方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2827204B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014109508A (ja) * 2012-12-03 2014-06-12 Dmg Mori Seiki Co Ltd 工作機械窓部の気密状態検出方法及び気密状態検出装置

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03172724A (en) * 1989-12-01 1991-07-26 Daikyo Inc Method for inspecting leakage in liquid tank
DE4307378A1 (de) * 1993-03-09 1994-09-15 Dynamit Nobel Ag Leckgaskontrolle eines Gas- oder Flüssiggasbehälters
KR100633873B1 (ko) * 1997-05-26 2006-10-13 마틴 레흐만 누설 검사 방법 및 장치
DE102006020077A1 (de) * 2006-04-29 2007-11-08 Bayerische Motoren Werke Ag Vorrichtung zum Prüfen von Umformteilen auf Risse
JP5851854B2 (ja) * 2012-01-18 2016-02-03 紀伊産業株式会社 キャップの検査方法および検査用治具

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5124286A (ja) * 1974-08-22 1976-02-27 Green Cross Corp Ekimorekenshutsusochi
JPS5873836A (en) * 1981-10-28 1983-05-04 Toppan Printing Co Ltd Inspection of pin hole for container
JPH0159533B2 (ja) * 1983-06-03 1989-12-18 Honshu Paper Co Ltd

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014109508A (ja) * 2012-12-03 2014-06-12 Dmg Mori Seiki Co Ltd 工作機械窓部の気密状態検出方法及び気密状態検出装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63286736A (en) 1988-11-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3001820B2 (ja) 容器の漏れ試験方法及び装置
US3572096A (en) Method and apparatus for inspecting sealed packages for leaks
US5600996A (en) Method and apparatus for testing the tightness of housings
JP2827204B2 (ja) 良品容器選別方法
US7216530B2 (en) Fluid containment element leak detection apparatus and method
JP2583880B2 (ja) パックの気密性検査方法及び装置
CN104111150A (zh) 一种容器检测口的密封性检测装置和检测方法
US6522980B1 (en) Method and algorithm for predicting leak rates
CN108534963A (zh) 一种防水性检测方法与系统
JP4061779B2 (ja) 漏れ量計測装置、および漏れ検査装置
US4663962A (en) Method and a device for detecting leakage of a tube section
US6526809B2 (en) Method for identifying leaks in a sealed package having a liquid therein
JP2000088694A (ja) 密封容器の密封性検査装置
JPH1137883A (ja) リーク量の計測方法
JP4249675B2 (ja) 低温容器内の配管のガス漏れ箇所検査システム
CN108529545A (zh) 变送器抽真空充液系统及方法
JP2905827B2 (ja) リーク検査方法
Decker A reliable and tracer gas independent leak detector for food packages
CN207081527U (zh) 一种排气阀阀芯快速检测仪
CN214893897U (zh) 一种压力传感器泄漏测试装置
JP3024456B2 (ja) 中空容器の気密性検査方法
JP6522143B2 (ja) 容器の密閉性検査をするための構造および方法
Vars How Leak Testing Works
JP2601098B2 (ja) 洩れ検査方法及びその装置
RU2206879C1 (ru) Способ испытания изделий на герметичность

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees