JP2807662B2 - 乾燥装置 - Google Patents

乾燥装置

Info

Publication number
JP2807662B2
JP2807662B2 JP8194813A JP19481396A JP2807662B2 JP 2807662 B2 JP2807662 B2 JP 2807662B2 JP 8194813 A JP8194813 A JP 8194813A JP 19481396 A JP19481396 A JP 19481396A JP 2807662 B2 JP2807662 B2 JP 2807662B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
drying
temperature
low
air
cooling
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP8194813A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH1038459A (ja
Inventor
次郎 佐藤
Original Assignee
アサヒ動熱株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by アサヒ動熱株式会社 filed Critical アサヒ動熱株式会社
Priority to JP8194813A priority Critical patent/JP2807662B2/ja
Publication of JPH1038459A publication Critical patent/JPH1038459A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2807662B2 publication Critical patent/JP2807662B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は木材、レンガ、野菜
等の各種食品、その他の乾燥対象物を効率良く乾燥する
のに有用な乾燥装置に関する。
【0002】
【従来の技術】例えば、木材の乾燥装置では、蒸気を熱
交換器に送り、循環する高温空気で高温乾燥処理して木
材に含まれる水分を気化させた後、循環する低温空気で
所要の含水率まで低温乾燥処理している。ところで、高
温乾燥処理中における高温空気の循環効率について注目
すると、高温空気の流れが円滑であれば高温乾燥効率は
良くなり、反対に流れが悪ければ高温乾燥効率も低下す
る。同様に、低温乾燥処理中における低温空気の循環効
率についても同じことである。この点、従来装置では、
箱形状の乾燥室内における循環空気の流れ方向の各端部
で循環空気が澱む現象が発生していて、循環効率が低い
ために高温および低温乾燥効率が阻害されている。
【0003】そして、高温空気による高温乾燥処理終了
後の低温乾燥効率について注目してみると、木材に亀裂
が発生しないように時間をかけて低温乾燥処理する必要
があるために、その低温乾燥時間は高温乾燥時間と同等
乃至長くかかっている。この低温乾燥処理時間が不足し
たり、温度低下が急激であったりした場合には、木材に
亀裂が発生するのを避けられず、低温乾燥効率のアップ
は望めないでいる。本発明者は、鋭意研究の結果、低温
乾燥処理中に乾燥室内の湿度が下がらないようにするこ
とによって、亀裂が木材に発生しないことを知見して本
発明を完成したものである。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】解決しようとする課題
は、高温乾燥処理中における高温空気の循環効率および
低温乾燥処理中における低温空気の循環効率がそれぞれ
高く、そして、低温乾燥処理中には循環空気の低温化を
促進して、低温空気で木材を亀裂が生じることなく時間
短縮して低温乾燥処理することが可能な乾燥装置を提供
することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は前記した課題を
解決するために、乾燥対象物を循環する高温空気で高温
乾燥処理し、この高温乾燥処理された乾燥対象物を循環
する低温空気で所要の含水率まで低温乾燥処理可能にし
てある乾燥装置において、箱形状の乾燥室内における循
環空気の流れ方向の下側端部および/または上側端部に
整流板を循環空気が端部で澱まないように案内可能な態
様に配設すると共に、この整流板で覆われた端部に冷却
要素を備え、且つ、前記整流板を熱伝導部材で形成した
ことを特徴とする。また本発明では、前記乾燥室内の湿
度センサーと前記冷却要素の制御要素が連絡していて、
この制御要素を通じて冷却要素の運転が管理されている
ことを特徴とする。また本発明では、前記整流板に通気
口が開いていることを特徴とする。
【0006】本発明における整流板は、平板状または曲
板状または波板状またはこれらに類する形状のものであ
り、波板状である場合には凹凸部が循環空気の流れ方向
に沿うようにすることで、循環空気をその流れ方向に方
向づけられると共に冷却面積が増大して冷却効率が良く
なる。また冷却要素は、低温水または低温空気が通るパ
イプであっても良いし、また、低温水または低温空気そ
のものであっても良く、後者で低温水の場合には整流板
で覆われた端部が冷却要素の運転要素との接続口を除い
て密閉される。
【0007】
【発明の実施の形態】図1乃至図3には本発明の乾燥装
置の実施の1形態として、木材用のものを例示してお
り、箱形状の乾燥室2を形成している躯体1は、外壁部
材と中間の耐熱性断熱材と内壁部材との三層構造にして
あり、内壁部材における室内側表面にはセラミック層1a
がコーティング処理されていて、このセラミック層1aが
熱せられることによってセラミックから発生する電磁波
で木材の水分乾燥が促されるようにしてある。
【0008】乾燥室2は、扉3から木材を出し入れ可能
にしてあり、室内上部にはファン4および熱交換器5が
配設されていて、ファン4が屋外のモータ6の駆動力を
受けて回転することによって、高温乾燥処理中には熱交
換器5で加熱された高温空気が、低温乾燥処理中には低
温空気が、室内をそれぞれ循環するようにしてある。こ
のファン4は定時間毎に正逆回転するように調時されて
いて、室内を循環する高温空気または低温空気の流れ方
向が定期的に反対方向に入れ替わり、木材をむらなく均
一に高温乾燥処理そして低温乾燥処理可能にしてある。
熱交換器5はボイラー7と接続していて、蒸気熱を放射
して高温空気に加熱する。また、乾燥室2の側面には排
気装置8が配設されており、高温乾燥時に室内温度が上
がることにともなう内圧上昇に対応して、室内を一定圧
力以下に自動的に調整可能にしてある。さらに、室の床
面には水抜き口9が開口されていて、木材から除去され
た水分が水抜き口9から排水されるようにしてある。こ
の水抜き口9は排気口を兼ねていて、排気装置8と同様
に、室内を一定圧力以下に調整して働くようにしてあ
る。
【0009】そして、乾燥室2における高温空気または
低温空気すなわち循環空気の流れ方向の下側左端部2a、
下側右端部2b、上側左端部2c、上側右端部2dには整流板
10が各端部で循環空気が澱まないように案内可能な態様
にそれぞれ配設されている。整流板10は熱伝導性に優れ
る公知の部材からなり、この整流板10は各端部に沿い循
環空気の流れ方向と直角方向に角隅から角隅まで配設し
てあり、各端部における各整流板10に導かれて循環空気
が室内を円滑に澱みなく循環するようにしてある。ま
た、整流板10における室内側の表面にはセラミック層9a
がコーティング処理されていて、この整流板10のセラミ
ック層9aによっても木材の水分乾燥が促されるようにし
てある。
【0010】整流板10で覆われて密閉されている下側左
右端部2a,2b および下側左右端部2c,2d における端部内
側空間11には冷却管12がそれぞれ配設されている。各冷
却管12は冷却装置13とそれぞれ接続しており、この冷却
装置13は高温空気による高温乾燥処理後の低温乾燥処理
時に自動運転して、各冷却管12に冷水が循環するように
していて、低温化した端部内側空間11を通じて整流板10
が冷却され、この整流板10に沿い案内されて循環する低
温空気がさらに低温化されるようにしてある。
【0011】また、乾燥室2内には温度センサー14およ
び湿度センサー15が備えられており、この温度センサー
14および湿度センサー15と連絡している集中制御器16
は、ボイラー7の運転をコントロールして、高温乾燥処
理中の間、室内温度が維持されるように運転管理してい
る。また、集中制御器16は、冷却装置13の運転をコント
ロールして、低温乾燥処理中の間、室内湿度が維持され
るように運転管理している。さらに集中制御器16は、フ
ァン4の駆動源であるモータ6、排気装置8を集中管理
していて、乾燥装置が自動運転して木材を乾燥し得るよ
うにしてある。
【0012】次に、乾燥状態を説明する。扉3を開けて
乾燥室2に木材を搬入し、扉3を閉めて乾燥運転を開始
する。高温乾燥処理に先立ち、乾燥室2内に生蒸気を噴
射管17から送り込み、室内温度を常温から90〜100 ℃ま
で加熱・昇温させると共に室内を各端部2a,2b,2c,2dの
整流板10に導かれて効率良く循環する生蒸気で木材を表
層から芯まで90〜100℃に加熱して前乾燥する。然る
後、高温乾燥処理に移行し、室内温度を100 〜200 ℃ま
で加熱・昇温させると共に室内を各整流板10に導かれて
効率良く循環する高温空気で木材をその内部水分を沸騰
させて、含水率が目標含水率に至る繊維飽和点まで高温
乾燥処理する。次に、低温乾燥処理に移り、室内を効率
良く循環していた高温空気は各端部2a,2b,2c,2d におけ
る各整流板10を通過する毎に冷却されて次第に低温化さ
れる。そして、この低温化された低温空気が室内を各整
流板10に導かれて効率良く循環して、木材を目標含水率
まで低温乾燥処理して、亀裂がない木材に効率良く乾燥
処理する。
【0013】図4には本発明の乾燥装置の実施の他の1
形態を例示しており、構成は前記した図1の態様のもの
と基本的に同一であるため、共通している構成の説明を
省略して、相違する構成について説明する。下側左右端
部2a,2b における整流板10下部に通気口18を開口して、
乾燥室2が端部内側空間11とダイレクトに連通するよう
に形成してあり、低温乾燥処理中に冷気が端部内側空間
11から乾燥室2に直接引き出されて、高温空気の低温化
が効率良く行われるようにしてある。
【0014】また、前記した態様では、熱交換器5の熱
源としてボイラー7から供給される蒸気を採用したが、
これに限定されず、電気ヒーター等の加熱空気を採用す
るようにしても良い。
【0015】
【発明の効果】
A.請求項1により、箱形状の乾燥室内における循環空
気の流れ方向の下側端部および/または上側端部に整流
板を循環空気が端部で澱まないように案内可能な態様に
配設してあるため、高温乾燥処理中における高温空気の
循環効率および低温乾燥処理中における低温空気の循環
効率がそれぞれ高く、高温乾燥効率および低温乾燥効率
ともに良い。そして、前記整流板で覆われた端部に冷却
要素を備えてあるため、低温乾燥処理中には循環空気の
低温化を促進して、低温空気で木材を亀裂が生じること
なく時間短縮して低温乾燥処理することができる。整流
板が熱伝導部材で形成されているため、低温空気の低温
化が促進される。 B.請求項2により、乾燥室内の湿度センサーと冷却要
素の制御要素が連絡していて、この制御要素を通じて冷
却要素の運転が管理されているため、低温乾燥処理中に
室内湿度を下げずに乾燥処理することができて、高温乾
燥処理と同等乃至長くかかる低温乾燥処理時間を短縮し
て効率良く低温乾燥できる。 C.請求項3により、整流板に通気口が開いているた
め、高温乾燥処理から低温乾燥処理に移行する際におけ
る高温空気の低温化を可及的速やかに効率良く行うこと
ができる。 D.請求項4により、循環空気をその流れ方向に方向づ
けられると共に冷却面積が増大して冷却効率が良い。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の乾燥装置の実施の1形態を例示して
いる側面図で一部切欠している。
【図2】 平面図で一部切欠している。
【図3】 要部の縦断面図。
【図4】 本発明の乾燥装置の実施の他の1形態を例示
している部分拡大縦断面図。
【符号の説明】
1 躯体 1a 躯体のセラミ
ック層 2 乾燥室 2a 乾燥室の下側
左端部 2b 乾燥室の下側右端部 2c 乾燥室の上側
左端部 2d 乾燥室の上側右端部 3 扉 4 ファン 5 熱交換器 6 モータ 7 ボイラー 8 排気装置 9 水抜き口 10 整流板 11 端部内側空間 12 冷却管(冷却要素) 13 冷却装置 14 温度センサー 15 湿度センサー 16 集中制御器(制御要素) 17 噴射管 18 通気口

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 乾燥対象物を循環する高温空気で高温乾
    燥処理し、この高温乾燥処理された乾燥対象物を循環す
    る低温空気で所要の含水率まで低温乾燥処理可能にして
    ある乾燥装置において、箱形状の乾燥室内における循環
    空気の流れ方向の下側端部および/または上側端部に整
    流板を循環空気が端部で澱まないように案内可能な態様
    に配設すると共に、この整流板で覆われた端部に冷却要
    素を備え、且つ、前記整流板を熱伝導部材で形成したこ
    とを特徴とする乾燥装置。
  2. 【請求項2】 前記乾燥室内の湿度センサーと前記冷却
    要素の制御要素が連絡していて、この制御要素を通じて
    冷却要素の運転が管理されていることを特徴とする請求
    項1記載の乾燥装置。
  3. 【請求項3】 前記整流板に通気口が開いていることを
    特徴とする請求項1または2記載の乾燥装置。
  4. 【請求項4】 前記整流板が波板状で、その凹凸部が循
    環空気の流れ方向に沿うようにしてあることを特徴とす
    る請求項1乃至3のいずれか1項記載の乾燥装置。
JP8194813A 1996-07-24 1996-07-24 乾燥装置 Expired - Lifetime JP2807662B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8194813A JP2807662B2 (ja) 1996-07-24 1996-07-24 乾燥装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8194813A JP2807662B2 (ja) 1996-07-24 1996-07-24 乾燥装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1038459A JPH1038459A (ja) 1998-02-13
JP2807662B2 true JP2807662B2 (ja) 1998-10-08

Family

ID=16330691

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8194813A Expired - Lifetime JP2807662B2 (ja) 1996-07-24 1996-07-24 乾燥装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2807662B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103277989A (zh) * 2013-05-31 2013-09-04 恒茂实业集团有限公司 一种低温冷风干燥装置
CN103900356B (zh) * 2014-03-13 2016-04-20 甘肃金佑康药业科技有限公司 一种冷凝型热风循环烘干装置
CN104953095B (zh) * 2014-03-26 2017-04-19 江苏三阳环保工程有限公司 一种高效高温固化干燥室
CN105241203A (zh) * 2015-09-29 2016-01-13 芜湖美威包装品有限公司 一种纸箱烘干室
CN105627964A (zh) * 2016-01-20 2016-06-01 四川大学 一种声场强化气流干燥与边界层测定集成实验系统

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0638024B2 (ja) * 1987-04-30 1994-05-18 株式会社新柴設備 木材の乾燥方法
JP3192509B2 (ja) * 1992-12-22 2001-07-30 株式会社永和 木材処理方法
JPH0798177A (ja) * 1993-09-29 1995-04-11 Kyushu Olympia Kogyo Kk 木材の乾燥装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH1038459A (ja) 1998-02-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4136731A (en) Heat transfer apparatus
JP3726802B2 (ja) 床埋込形空調ユニット
JP4051487B2 (ja) ヒートポンプ式シャワーブース
EP0555257B2 (en) Drying procedure
GB2448961A (en) Composite insulating panel with conduits for air circulation
CN102667348B (zh) 热泵机组、用于室内空气调节的装置和用于加热室内空气的方法
GB2439191A (en) Insulating panel with heat transfer means
BR9912928A (pt) Processo para controlar a temperatura em uma câmara de clima, e, dispositivo climático
CN106323042B (zh) 一种低温暖气片
US4367631A (en) Air conditioning apparatus and methods using underground duct
JP2005009737A (ja) 地中熱利用空調システム
EP3404337A1 (en) Radiant air conditioning system for heat-producing device
US20040033063A1 (en) Electric heater
CN107246732A (zh) 一种固体电蓄热设备
KR101471471B1 (ko) 목재 건조 및 고열처리 장치
CN206840398U (zh) 一种水泥养护箱
JP2004301470A (ja) 地中熱利用システム
CN101986075B (zh) 为工业除湿烘干提供干燥热风的方法
KR20120067755A (ko) 냉난방 기능을 가지는 매트리스
KR101649422B1 (ko) 유리온실 건조장치
KR20110125389A (ko) 냉온열히트펌프를 이용한 농수산물 건조시스템
RU2499211C1 (ru) Конденсационная сушилка для пиломатериалов с абсорбционным утилизатором
CN205928946U (zh) 木材快速烘干房
CN203964586U (zh) 顺逆流的循环热风烘干塔
EP0509844B1 (en) Apparatus for cooling electronic equipment