JP2781957B2 - 内部連結型の縦葺き屋根 - Google Patents

内部連結型の縦葺き屋根

Info

Publication number
JP2781957B2
JP2781957B2 JP28273494A JP28273494A JP2781957B2 JP 2781957 B2 JP2781957 B2 JP 2781957B2 JP 28273494 A JP28273494 A JP 28273494A JP 28273494 A JP28273494 A JP 28273494A JP 2781957 B2 JP2781957 B2 JP 2781957B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gutter
frame
joint
roof
roofing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP28273494A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08120840A (ja
Inventor
重治 河野
哲矢 樋口
Original Assignee
株式会社淀川製鋼所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社淀川製鋼所 filed Critical 株式会社淀川製鋼所
Priority to JP28273494A priority Critical patent/JP2781957B2/ja
Publication of JPH08120840A publication Critical patent/JPH08120840A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2781957B2 publication Critical patent/JP2781957B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】縦葺き型の屋根において、屋根材
の接合部も含めて、屋根の外面全体を平坦に葺き上げる
形態があり、そこでは隣接する屋根材どうしを屋根の内
面側で連結している。本発明は、こうした内部連結型の
縦葺き屋根に関し、その屋根材の連結構造を改良したも
のである。
【0002】
【従来の技術】この種の縦葺き屋根の従来技術に特公平
3−22504号公報がある。そこでは、図7に示すよ
うに、チャンネル材状の取付枠40と成形形材からなる
連結枠41とをアンカーボルト42およびナット43で
屋根下地44上に締結固定し、隣接する屋根材45の接
合部46をブラインドリベット47で連結枠41にそれ
ぞれ締結する。さらにキャップ48を連結枠41に圧嵌
装着して、連結部の外面を平坦に仕上げている。取付枠
40は樋を兼ねており、アンカーボルト42との締結部
からの雨水の浸入を避けるために、その内底壁に上突状
の締結座49を設けている。
【0003】同様の屋根構造が特開平6−136893
号公報にも公知である。そこでは、上記の屋根構造に比
べて連結構造が簡素化されている。図8に示すように、
樋体50とこれに外嵌する連結枠41とを屋根下地44
に配置し、連結枠41の上壁中央に上向きに開口する溝
51を設け、この溝51の開口縁に突設した一対の係合
片52に、隣接する屋根材45の接合部46をそれぞれ
引っ掛けて係合する。さらに、両接合部46の間にシー
ル体を兼ねる継手枠53を圧嵌係合して、接合部46が
係合片52から外れるのを防いでいる。継手枠53はプ
ラスチック成形品からなる継手本体54と、これに圧嵌
装着されるカバー体55とで、全体としてT字状に形成
してある。連結枠41はプラスチックあるいはアルミニ
ウムの成形形材を分断した非条材状の枠体からなる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記の従来例におい
て、前者の屋根構造では、連結枠41を屋根下地44に
アンカーボルト42およびナット43で締結し、さらに
屋根材45を連結枠41にブラインドリベット47で締
結するので、耐負圧強度に優れた屋根構造が得られる。
その反面、施工に手間が掛かることを避けられない。こ
の点、後者の屋根構造では、屋根材45を連結枠41に
係合した後、継手枠53を接合部46間の隙間に圧嵌装
着するだけで接合できるので、施工の手間を大幅に減少
できる。しかし、プラスチック成形品である継手本体5
4は、長期使用に伴うストレスを受けてクリープ変形を
生じやすく、耐負圧強度を長期にわたって保障すること
が困難である。
【0005】いずれの場合も、連結部構造を構成する部
材点数が多く、構造が複雑で各部材の製造に要するコス
トが高く付く。前者ではブラインドリベット47が連結
枠41を上下に貫通するため、後者では連結枠41が短
寸の枠体からなるため、連結部の内底に樋を兼ねる取付
枠40、あるいは樋体50を設けて、連結部に浸入する
雨水を流下しているが、これらの部材も連結部の構造が
複雑化する一因となっている。さらに、連結部に浸入し
た雨水を取付枠40あるいは樋体50のみで排水するの
で、長期使用時の発錆等によって取付枠40あるいは樋
体50を介して漏水することがあり、信頼性に不安が残
る。取付枠40や樋体50を交換することは不可能では
ないが、そのためには木毛板や断熱板なども除去する必
要があり、その作業に多くの手間を要する。後者の従来
例においては、樋体50を所定間隔おきに配置した連結
枠41で押え保持しているだけであるので、屋根に負圧
が作用するとき、樋体50が遊動するおそれがある。
【0006】本発明の目的は、屋根材を少ない手間で容
易に葺き上げることができ、しかも長期にわたって耐負
圧強度を保障できる、信頼性に優れた内部連結型の縦葺
き屋根を提供することにある。本発明の目的は、連結部
構造を簡素化して、より低コストで構成できる縦葺き屋
根を提供することにある。本発明の目的は、樋機能を複
数個所に備えていて、雨水の浸入を幾重にも阻止でき、
長期使用時の防水性に優れた縦葺き屋根を提供すること
にある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、図1に示すご
とく内層下地材2と、外層下地材4と、外層下地材4の
外面を覆う屋根材5とを有し、屋根材5の左右両端に設
けた接合部8が、内層下地材2を介して母屋又は梁に止
め付けた条材状の連結枠11にそれぞれ掛け止め係合さ
れ、隣接する接合部8の間に継手枠19が圧嵌係合して
ある内部連結型の縦葺き屋根を対象とする。
【0008】図3において連結枠11は、内層下地材2
で支持される底壁13aと、底壁13aの左右端から立
ち上がる一対の立壁13bとで形成した上向きに開口す
る樋部13と、樋部13の左右に設けられて内層下地材
2を介して下地材1にねじ16で締結固定される締結座
12とを有する。樋部13の両立壁13bの上部に係止
部14が左右対向状に突設されている。屋根材5の主面
壁6の左右端に、係止部14に弾性係合する接合部8
と、上面側が開口する樋部9とが連続して折り曲げ形成
されている。継手枠19は、隣接する屋根材5の接合部
8の外面を覆う上壁22と、上壁22の内面に突設した
左右一対の脚片20とを有する条材からなる。これら両
脚片20の下部に樋部24を設け、両樋部24の遊端開
口縁に接合部8の外面段部に弾性係合する掛止部25を
設ける。
【0009】上記の連結構造に加えて、連結枠11にお
ける樋部13の底壁13aのほぼ中央に、左右一対の段
部を備えた係止部15を立設し、隣接する樋部9の遊端
開口縁のそれぞれに、係止部15に接当係合する掛止部
10を折り曲げ形成する。
【0010】
【作用】屋根材5は、左右の接合部8の一方を連結枠1
1の係止部14に掛け止めた後、他方の接合部8を連結
枠11の別の係止部14に弾性係合して取り付ける。そ
のうえで、図2に示すごとく隣接する接合部8間に継手
枠19を上方から被せ付けて、各脚片20に設けた掛止
部25を接合部8に弾性係合する。このように、屋根材
5と継手枠19を順に弾性係合する屋根連結構造によれ
ば、屋根材5を別にすると、連結部材として連結枠11
と継手枠19を設けるだけで済む。屋根材5の接合部8
を連結枠11の係止部14に弾性係合し、さらに接合部
8の外面段部に継手枠19の掛止部25を弾性係合する
ので、屋根材5の連結枠11に対する取り付け強度、と
くに耐負圧強度を十分に確保できる。継手枠19と屋根
材5との間から浸入する雨水は、継手枠19に設けた樋
部24で流下できる。この樋部24から洩れあるいはあ
ふれた雨水は、接合部8に連続して形成した樋部9で流
下できる。さらに、樋部9から洩れあるいはあふれ出た
雨水は、連結枠11の樋部13で流下できる。つまり、
内外多重に配置した樋部24・9・13で雨水が屋根内
面側へ浸入するのを確実に阻止できる。
【0011】樋部13に係止部15を設け、これに屋根
材5の樋部9の遊端開口縁の掛止部10を弾性係合する
屋根連結構造によれば、屋根材5の連結枠11に対する
取り付け強度をさらに増強して、耐負圧強度を向上でき
る。
【0012】
【発明の効果】本発明によれば、連結枠11を内層下地
材2を介して母屋又は梁などの下地材1に締結した後、
各屋根材5の接合部8を連結枠11の各係止部14に圧
嵌係合し、次いで隣接する屋根材5の各接合部8に継手
枠19を圧嵌係合することで屋根を葺き上げることがで
きるので、従来例に比べて施工に要する手間を減少でき
る。連結枠11および継手枠19はそれぞれ条材からな
り、上記の弾性係合部のそれぞれが屋根材5の長手方向
の全長にわたって形成されるので、十分な耐負圧強度を
発揮でき、連結強度を長期にわたって維持し続けること
ができる。
【0013】連結枠11に樋部13を設け、単一部材か
らなる継手枠19で連結部の外面を平坦に覆うので、連
結部構造を簡素化でき、その分だけ製造に要するコスト
を減らして、より低コストの内部連結型の縦葺き屋根を
提供できる。連結枠11の樋部13とは別に屋根材5お
よび継手枠19のそれぞれに樋部9・24を設けて、雨
水の浸入経路を幾重にも遮断しているから、防水機能を
強化できるうえ、長期使用時の発錆等によって樋部24
に漏水を生じても、これを樋部9・13に流して、雨水
が屋根下地材の側へ漏れ出るのを確実に防止できる。
【0014】
【実施例】図1ないし図4は本発明に係る縦葺き屋根の
実施例を示す。図2において、符号1はC形鋼からなる
母屋などの下地材、2は下地材1の外面に固定した内層
下地材、3はアスファルトルーフィング、ルーフィング
フェルトあるいはゴムシートなどの防水シート、4は防
水シート3の外面に固定した外層下地材である。内層下
地材2は天井壁を兼ねて木毛板あるいは野地板で形成し
てあり、下地材1にビス等で締結固定する。外層下地材
4は木毛板や合板、あるいはスタイロフォームなどの硬
質断熱板からなり、内層下地材2の上面にアスファルト
ルーフィングを介して配置され、必要に応じてビス等で
締結固定される。この外層下地材4で縦葺きの屋根材5
の内面を接当支持する。
【0015】屋根材5は所定幅をもったコイル状の塗装
鋼板をロール成形して作る。その内面に発泡断熱層を裏
打ちすることもある。詳しくは、図3に示すように左右
に所定幅の寸法をもった平坦な主面壁6の左右端に段落
部7を浅く形成し、段落部7の外側端に連続してL字状
の接合部8を下方へ突設し、さらに接合部8の下端に連
続して樋部9を形成し、その遊端縁に掛止部10を形成
する。図4に示すように、主面壁6は連続山形に折り曲
げて、その曲げ強度を向上する。
【0016】樋部9は、図3に示すごとく接合部8の下
方に連続する傾斜壁9aと、平坦な底壁9bと、垂直状
の遊端壁9cとで逆台形状に形成してあり、その大半が
接合部8より外側方に突出していて、上面側が開口して
いる。傾斜壁9aは、接合部8を連結枠11に圧嵌装着
するとき、係止部14に先当たりして接合部8を拡開変
形させる誘導壁として作用する。樋部9の遊端壁9cの
上端には、後述する係止部15に弾性係合する掛止部1
0を断面く字状に折り曲げ形成し、さらにその上端から
接合部8の側へ向かって受壁28を水平に張り出す。
【0017】屋根材5を葺き上げるために、左右に離し
た外層下地材4・4間に露出する内層下地材2上に連結
枠11を配置する。連結枠11は屋根材5と同等の金属
板をロール成形して形成されており、樋部13の左右両
側に締結座12を設け、樋部13の開口縁のそれぞれに
係止部14を設けた長尺材からなる。
【0018】すなわち樋部13は、平坦な底壁13a
と、底壁13aの左右端から立ち上がる左右一対の立壁
13bとで、上向きに開口するコ字形断面に形成し、各
立壁13bの上端に下り傾斜する係止部14を左右対向
状に突設する。さらに、底壁13aの中央に一対の段部
を備えた矢尻形の係止部15を突出形成する。立壁13
bおよび係止部14は、係止部14の突端で折り返して
内外二重に形成する。立壁13bの外壁下端に連続して
締結座12を直角に折り曲げ形成する。締結座12をタ
ッピンビスあるいはセルフドリリングビスなどのねじ1
6で締結することにより、連結枠11は内層下地材2を
介して下地材1に固定される(図2参照)。17は締結
孔を封止するためのシーリング材であり、ゴムシートや
フェルトシートを平座金状に打ち抜いて形成する。
【0019】接合部8の係止部14に対する係合状態を
強化し、さらに隣接する屋根材5の隣接隙間を塞いで平
坦化するために継手枠19を設ける。継手枠19は図3
に示すごとく、隣接する屋根材5の接合部8の外面を覆
う上壁22と、上壁22の両側内面に折り返したシール
壁21と、シール壁21の中央下面に突設した左右一対
の脚片20とを一体に折り曲げ形成した長尺材からな
り、屋根材5と同等の素材で形成する。両脚片20の下
部に受壁28の上面と対向する横壁23と、逆台形状の
樋部24とを連続して形成し、樋部24の遊端開口縁を
掛止部25として利用する。この掛止部25は、接合部
8の外面の段部に弾性係合する。図1において段落部7
とシール壁21との間、および受壁28と横壁23との
間に設けた部材は、シールテープ26である。シールテ
ープ26はその片面を段落部7とシール壁21とのいず
れか一方、および受壁28と横壁23とのいずれか一方
に予め接着固定しておく。
【0020】施工時には、防水シート3が敷設された内
層下地材2の外面に連結枠11を軒棟方向に沿って配置
し、左右の締結座12をねじ16で所定間隔おきに内層
下地材2を通して母屋1に止め付ける。このとき、外層
下地材4は連結枠11より先に内層下地材2に締結固定
しておいてもよいし、連結枠11を締結した後に固定し
てもよい。
【0021】次に、屋根材5の一方の掛止部10を連結
枠11の係止部15の首下段部に差し込み、接合部8を
連結枠11の係止部14に引っ掛けて係合し、掛止部1
0および接合部8を係止部14・15の間に圧嵌係合す
る。同様に他方の接合部8および掛止部10を連結枠1
1の係止部14・15の間に押し込んでそれぞれ弾性係
合し、隣接する屋根材5を一本の連結枠11に装着す
る。この係合状態において、屋根材5の内面は外層下地
材4に密着支持される。同様にして屋根材5の一群を連
結枠11に圧嵌装着したのち、継手枠19を隣接する接
合部8間に上方から圧嵌装着し、その脚片20の掛止部
25を接合部8に弾性的に回り込み係合させ、隣接する
段落部7間の隙間を上壁22で覆い隠す。このように屋
根材5および継手枠19は、単に圧嵌装着するだけで容
易に葺き上げることができる。
【0022】上記のように継手枠19の装着によって、
屋根材5は接合部8と掛止部10の2個所で係合固定し
たうえに、接合部8の段部下面に掛止部25が係合す
る。しかも接合部8、掛止部10・25のそれぞれは、
弾性変形範囲内で変形していて、経年変化によって弾性
力が変化することはなく、十分な係合力を維持し続け
る。従って、屋根材5に大きな負圧が作用しても、接合
部8が係止部14から外れることはなく、長期にわたっ
て十分な耐負圧強度を発揮する。横壁23とこれに連続
する樋部24の縦樋壁とは、掛止部10が横移動するの
を阻止することにも役立っている。
【0023】強風を伴う降雨などの異常天候や、長期使
用に伴うシール体26の劣化等により、雨水が隣接する
屋根材5間の連結部内に浸入することがある。このよう
に、連結部の内側に入り込んだ雨水は軒先から排水する
以外に除去する方法がなく、そのために接合部8の内方
に樋部24・9・13を多重に設けている。多くの場
合、連結部内に浸入した雨水は樋部24のみで流出させ
ることできるが、樋部24の流下能力を越える雨水の浸
入があった場合には、それを接合部8に連続する樋部9
で受け止めることができる。さらに、この樋部9からあ
ふれた雨水は連結枠11の樋部13で受け止めて、軒先
へと流下排水できる。各樋部24・9に腐食を生じた場
合にも、同様にして排水できるので、屋根内面への漏水
を長期にわたって確実に防止できる。
【0024】図5に屋根材5の連結部構造の別実施例を
示す。図5(a)では、連結枠11の係止部14を中空
枠状に形成した。また、継手枠19の樋部24の遊端開
口縁を外向きに折り曲げて、これを掛止部25とした。
樋部24は部分円弧壁で形成した。接合部8に連続する
樋部9の底壁9bは、連結枠11の底壁13aの上面上
方に位置させた。図5(b)では接合部8の上部傾斜壁
に段部8aを突設し、接合部8に外接係合する掛止部2
5の上面上方を段部8aで覆うことにした。図5(a)
・(b)の他の構造は上記の実施例と同じであるので、
同等個所に同一符号を符してその説明を省略する。
【0025】図6に連結枠11の別実施例を示す。図6
(a)では連結枠11の全体をアルミニウム形材で形成
し、樋部13の立壁13bの上端寄りに係止部14を突
設した。係止部15は中空枠状に形成した。図6(b)
の連結枠11も図6(a)と同様にアルミニウム形材で
形成し、立壁13bの上端に係止部14を設けた。係止
部15は台形状に形成し、その下半部を中空枠状に形成
した。
【0026】上記の実施例における掛止部10および、
その係合相手である係止部15は必ずしも必要ではな
く、省略することができる。係止部15は矢尻形とする
必要はなく、掛止部10が弾性係合する左右一対の段部
を備えているだけでよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】屋根材の連結部を概略的に示す縦断正面図であ
る。
【図2】屋根材の連結部構造を示す縦断正面図である。
【図3】連結部材を分離した状態で示す縦断正面図であ
る。
【図4】図4(a)は屋根材の断面図、図4(b)はそ
の平面図である。
【図5】図5(a)・(b)はそれぞれ屋根材の連結部
構造の別実施例を示す縦断正面図である。
【図6】連結枠の別実施例を示す断面図である。
【図7】従来例の屋根材の連結部構造を示す縦断正面図
である。
【図8】従来例の更に別の屋根材の連結部構造を示す縦
断正面図である。
【符号の説明】
2 内層下地材 4 外層下地材 5 屋根材 7 段落部 8 接合部 9 樋部 10 掛止部 11 連結枠 12 締結座 13 樋部 13a 底壁 13b 立壁 14 係止部 15 係止部 19 継手枠 20 脚片 24 樋部 25 掛止部

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 内層下地材2と、外層下地材4と、外層
    下地材4の外面を覆う屋根材5とを有し、屋根材5の左
    右両端に設けた接合部8が、内層下地材2を介して母屋
    又は梁に止め付けた条材状の連結枠11にそれぞれ掛け
    止め係合され、隣接する接合部8の間に継手枠19が圧
    嵌係合してある内部連結型の縦葺き屋根であって、 連結枠11は、内層下地材2で支持される底壁13a
    と、底壁13aの左右端から立ち上がる一対の立壁13
    bとで形成した上向きに開口する樋部13と、樋部13
    の左右に設けられて内層下地材2を介して下地材1にね
    じ16で締結固定される締結座12とを有し、 樋部13の両立壁13bの上部に係止部14が左右対向
    状に突設されており、 屋根材5の主面壁6の左右端に、係止部14に弾性係合
    する接合部8と、上面側が開口する樋部9とが連続して
    折り曲げ形成されており、 継手枠19は隣接する屋根材5の接合部8の外面を覆う
    上壁22と、上壁22の内面に突設した左右一対の脚片
    20とを有する条材からなり、 両脚片20の下部に樋部24が設けられ、両樋部24の
    遊端開口縁に接合部8の外面段部に弾性係合する掛止部
    25が設けてある内部連結型の縦葺き屋根。
  2. 【請求項2】 連結枠11において、樋部13の底壁1
    3aのほぼ中央に、左右一対の段部を備えた係止部15
    が立設されており、隣接する樋部9の遊端開口縁のそれ
    ぞれに、係止部15に接当係合する掛止部10が折り曲
    げ形成してある請求項1記載の内部連結型の縦葺き屋
    根。
JP28273494A 1994-10-20 1994-10-20 内部連結型の縦葺き屋根 Expired - Fee Related JP2781957B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28273494A JP2781957B2 (ja) 1994-10-20 1994-10-20 内部連結型の縦葺き屋根

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28273494A JP2781957B2 (ja) 1994-10-20 1994-10-20 内部連結型の縦葺き屋根

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08120840A JPH08120840A (ja) 1996-05-14
JP2781957B2 true JP2781957B2 (ja) 1998-07-30

Family

ID=17656359

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28273494A Expired - Fee Related JP2781957B2 (ja) 1994-10-20 1994-10-20 内部連結型の縦葺き屋根

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2781957B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105926864A (zh) * 2016-06-17 2016-09-07 中铁第四勘察设计院集团有限公司 一种提高防水性能的屋面板系统

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105926864A (zh) * 2016-06-17 2016-09-07 中铁第四勘察设计院集团有限公司 一种提高防水性能的屋面板系统
CN105926864B (zh) * 2016-06-17 2019-04-19 中铁第四勘察设计院集团有限公司 一种提高防水性能的屋面板系统

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08120840A (ja) 1996-05-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0306880B1 (en) Modular roofing panel
US3999348A (en) Watertight roof construction
JPH0762375B2 (ja) 縦葺き屋根構造及びその施工法
JP2781957B2 (ja) 内部連結型の縦葺き屋根
JP2524310B2 (ja) 縦葺き屋根構造及びその施工法
JP2781955B2 (ja) 内部連結型の縦葺き屋根
JPH0762374B2 (ja) 縦葺き屋根板
JP2781956B2 (ja) 内部連結型の縦葺き屋根
KR200493741Y1 (ko) 지붕패널의 거멀접기 구조
JP2781958B2 (ja) 内部連結型の縦葺き屋根
KR102144573B1 (ko) 끼움 결합식 지붕플레이트 조립체
JP3619503B2 (ja) 金属屋根材の連結構造
KR101840230B1 (ko) 지붕판넬용 방수마감부재
JP2520845B2 (ja) 二重葺き屋根構造
JP2530558B2 (ja) 折版屋根
JP3568492B2 (ja) 横葺型の屋根構造
JP2528073B2 (ja) 縦葺き屋根構造
JP2534620B2 (ja) 縦葺き屋根構造
JP3044195B2 (ja) 軒先構造
JP2520843B2 (ja) 二重葺き屋根構造
JP2003027673A (ja) 板葺き屋根のルーフ材接続部構造
JP2736956B2 (ja) 縦葺き屋根構造
JP2678882B2 (ja) 横張用の壁材の端部の納まり構造
JPH0712509Y2 (ja) 連結屋根板
JPH0720256Y2 (ja) 横葺き屋根板の継手用カバー

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees