JP2779889B2 - 耐水化粧板の製造方法 - Google Patents

耐水化粧板の製造方法

Info

Publication number
JP2779889B2
JP2779889B2 JP5128319A JP12831993A JP2779889B2 JP 2779889 B2 JP2779889 B2 JP 2779889B2 JP 5128319 A JP5128319 A JP 5128319A JP 12831993 A JP12831993 A JP 12831993A JP 2779889 B2 JP2779889 B2 JP 2779889B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
casting
water
synthetic resin
core
resin layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5128319A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06315944A (ja
Inventor
賢信 藤井
治郎 西尾
Original Assignee
永大産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 永大産業株式会社 filed Critical 永大産業株式会社
Priority to JP5128319A priority Critical patent/JP2779889B2/ja
Publication of JPH06315944A publication Critical patent/JPH06315944A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2779889B2 publication Critical patent/JP2779889B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】この発明は、床板や壁板など建築
用板、とくに耐水性の要求される場所に用いる建築用板
としての耐水化粧板の製造方法に関する。

【0002】

【発明が解決しようとする課題】従来の木質系の床板や
壁板など建築用板は、その表面を耐水性付与のための塗
装をした場合でも耐水性に問題が残り、とりわけ水回り
に使用すると、上記床板や壁板に膨潤現象が生じたり、
狂いや腐れなどが生じ易くなる。また、建築用板として
心材にパーティクルボードや中質繊維板を用いると木口
処理にかなりの手間がかかるのが現状である。さらに、
床板として用いる場合、個々の床板接合のためのサネ加
工が必要となり、そのためにテノーナーなどで余分の加
工手間、加工時間が要り、サネ部の耐水処理もむずかし
く水が心材に入り易い。

【0003】本発明は、上記の如き従来の問題点を解消
するためになされたもので、水回りに使用しても耐水性
に問題がなく、木口面の耐水処理や木口面のサネ加工が
きわめて容易に、かつ効率良くできる耐水化粧板の製造
方法を提供することを目的とする。

【0004】

【課題を解決するための手段】注型用の上型と下型の間
にあるいは上型と下型及びパッキンの間に木質板材ある
いは発泡合成樹脂板材等からなる心材を入れ、真空成型
法で上記心材の全表面を注型用耐水性合成樹脂層で被覆
して耐水化粧板を製造する方法において、上記心材の上
型側表面に、後工程で成形される樹脂層厚と同じ厚みを
有するスペーサーを介在させて真空で引きながら注型
し、次いで上記注型の樹脂が硬化した後、上型を一旦開
けてスペーサーを取り除き、上型と心材の間に形成され
た空間に上記注型の樹脂と同様の樹脂を注型することを
特徴とする耐水化粧板の製造方法および注型用の上型と
下型及びパッキンの間に合板やハードボード等の木質板
材あるいは発泡合成樹脂板材等からなる心材を入れ、真
空射出成型法で上記心材の全表面を注型用耐水性合成樹
脂層で被覆して耐水化粧板を製造する方法において、上
記注型用の上型と下型及びパッキンによって、上記注型
用耐水性合成樹脂層に凹凸の嵌合手段が同時に成形され
ることを特徴とする請求項1記載の耐水化粧板の製造方
法に係る。

【0005】

【実施例】以下、本発明を図面に基づく実施例に沿って
説明する。図1は、本発明に係る耐水化粧板の中間省略
の一部破砕斜視図である。心材1は合板やパーティクル
ボード、あるいはハードボードなどの木質板、および発
泡合成樹脂板の如く通気性を有する平板状部材であれば
よい。上記心材1の全表面、すなわち上面、下面および
側面には、耐水性合成樹脂例えばポリウレタン、ポリエ
ステルあるいはエポキシ等耐水性合成樹脂の被覆層2が
形成されている。

【0006】なお、上記実施例に係る耐水性化粧板に
は、凹凸の嵌合手段3,4が設けられている。この嵌合
手段3,4の形状については、従来公知のものであって
本実加工や相欠き実加工等が挙られる。上記嵌合手段
3,4は、心材1を被覆する樹脂層と一体成形されたも
のである。また、上述した耐水化粧板の適宜表面、例え
ば上面全面に任意の凹凸模様が形成されていてもよい。

【0007】次に、本発明に係る耐水化粧板の製造方法
について説明する。 [第1工程] 図2(a)は、製造第1工程を示す縦断面図である。図
示の如く、上型Aと下型B、パッキンCによって囲まれ
た空間S(キャビティに相当)に、心材(ハードボー
ド)10とその上面全面に同じ面積をもつスペーサー2
0を積層して、それら積層物を上型Aの内壁面に真空吸
着させて仮止めする。このとき、開口30に吸引装置
(図示略)を接続して上型Aと、上記心材10およびス
ペーサー20とで構成されている積層物との間の空気を
吸引する。なお、スペーサー20もまた上記吸引可能な
程度で通気性の有するものであればよい。また、このス
ペーサー20の大きさについても上述の大きさに限定さ
れず、例えば心材10の上面よりも小さいもの、あるい
は複数のスペーサーを配列させて構成しているものでも
よい。

【0008】上述し如く、心材10とスペーサー20と
で構成されている積層物を上型Aの内壁面に仮止めした
状態で図2(a)のように樹脂注入口及び注出口を用い
て矢印の方向に耐水性合成樹脂(ポリウレタン系樹脂)
を注型する。すなわち、空間Sに上記耐水性合成樹脂
が入り、上記積層物と一体成形され硬化されることにな
る。

【0009】[第2工程] 次に図2(b)に示す如く、一旦上型Aを開けてスペー
サー20を取り除いて再び上型Aを被せて空間Sに、
第1工程で用いた樹脂注入口とは別の注入及び注出口を
用いて図示の矢印の方向に、第1工程の耐水性合成樹脂
(ポリウレタン系樹脂)を注型・硬化させて心材10と
一体成形する。このとき、必要でなくなった第1工程に
おける空気吸引口の開口30、及び樹脂注入及び注出口
は、図示の如く栓などで樹脂が外へ出ないようにする。

【0010】[第3工程] 次いで、上型A、下型BおよびパッキンCを脱型し、得
られた耐水化粧板は図2(c)の如きものとなる。な
お、この耐水化粧板の両側には、嵌合手段である凹凸の
本実加工が施こされてあるが、これは、図2(a),
(b)で図示した如く、第1工程及び第2工程において
上型A、下型BおよびパッキンCの組み合わせ方によっ
て成形された注型樹脂の形状からなるものである。

【0011】この実施例においては、下型Bの内壁面に
凹凸模様が刻設されているので、仕上がった耐水化粧板
の下面にも上記模様に対応する凹凸模様が形成されてい
る。

【0012】

【発明の効果】本発明に係る耐水化粧板の製造方法にお
いては、耐水化粧板の耐水シール性が従来方法に比べて
向上する。また、嵌合手段が樹脂で一体成形されている
ので、生産が効率的である。しかも、上記嵌合手段もそ
の形状・大きさが自由に設計できる。

【0013】さらに、注型樹脂層が薄くて注型時空気を
巻き込んだとしても、心材を真空引きしているため空気
が心材中へ引かれ、表面樹脂層に見苦しい気泡跡が生じ
ない。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係る耐水化粧板の一実施例を示す中間
部省略一部破砕斜視図である。

【図2】本発明に係る耐水化粧板の各々製造工程を示す
縦断面図である。

【符号の説明】

1,10 心材 2, 耐水性合成樹脂被覆層 3,4 嵌合手段 20 スペーサー A 上型 B 下型 C パッキン S,S 空間

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.6 識別記号 FI B32B 21/08 B32B 21/08 // B29K 105:04 105:20 B29L 9:00 (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) B29C 39/00 - 39/44 B32B 5/18 B32B 21/08 B29K 105:04 B29K 105:20 B29L 9:00 B29L 31:10

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 注型用の上型と下型の間に合板やハード
    ボード等の木質板材あるいは発泡合成樹脂板材等からな
    る心材を入れ、真空射出成型法で上記心材の全表面を注
    型用耐水性合成樹脂層で被覆して耐水化粧板を製造する
    方法において、上記心材の上型側表面に、後工程で成形
    される樹脂層厚と同じ厚みを有するスペーサーを介在さ
    せて真空吸引しながら注型し、次いで上記注型の樹脂が
    硬化した後、上型を一旦開けて上記スペーサー形成され
    た空間に上記注型の樹脂と同様の樹脂を注型し、心材の
    全表面を耐水性合成樹脂層で被覆することを特徴とする
    耐水化粧板の製造方法。
  2. 【請求項2】 注型用の上型と下型及びパッキンの間に
    合板やハードボード等の木質板材あるいは発泡合成樹脂
    板材等からなる心材を入れ、真空射出成型法で上記心材
    の全表面を注型用耐水性合成樹脂層で被覆して耐水化粧
    板を製造する方法において、上記注型用の上型と下型及
    びパッキンによって、上記注型用耐水性合成樹脂層に凹
    凸の嵌合手段が同時に成形されることを特徴とする請求
    項1記載の耐水化粧板の製造方法。
JP5128319A 1993-04-30 1993-04-30 耐水化粧板の製造方法 Expired - Fee Related JP2779889B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5128319A JP2779889B2 (ja) 1993-04-30 1993-04-30 耐水化粧板の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5128319A JP2779889B2 (ja) 1993-04-30 1993-04-30 耐水化粧板の製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06315944A JPH06315944A (ja) 1994-11-15
JP2779889B2 true JP2779889B2 (ja) 1998-07-23

Family

ID=14981836

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5128319A Expired - Fee Related JP2779889B2 (ja) 1993-04-30 1993-04-30 耐水化粧板の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2779889B2 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
BE1010487A6 (nl) 1996-06-11 1998-10-06 Unilin Beheer Bv Vloerbekleding bestaande uit harde vloerpanelen en werkwijze voor het vervaardigen van dergelijke vloerpanelen.
US7763345B2 (en) 1999-12-14 2010-07-27 Mannington Mills, Inc. Thermoplastic planks and methods for making the same
SE518184C2 (sv) 2000-03-31 2002-09-03 Perstorp Flooring Ab Golvbeläggningsmaterial innefattande skivformiga golvelement vilka sammanfogas med hjälp av sammankopplingsorgan
BE1013569A3 (nl) 2000-06-20 2002-04-02 Unilin Beheer Bv Vloerbekleding.
SE530653C2 (sv) 2006-01-12 2008-07-29 Vaelinge Innovation Ab Fuktsäker golvskiva samt golv med ett elastiskt ytskikt omfattande ett dekorativt spår
KR100859739B1 (ko) * 2007-12-28 2008-09-23 (주)모성 입체무늬를 형성한 곡면가구재 및 그 제조방법
US8365499B2 (en) 2009-09-04 2013-02-05 Valinge Innovation Ab Resilient floor
IT1397410B1 (it) * 2009-12-10 2013-01-10 Compositi & Co S R L Metodo per rivestire pannelli di legno o simili e stampo impiegato in tale metodo.
JP2017530028A (ja) 2014-07-16 2017-10-12 ベーリンゲ、イノベイション、アクチボラグVaelinge Innovation Ab 熱可塑性の耐摩耗性箔を製造する方法

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS573496B2 (ja) * 1975-05-29 1982-01-21

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06315944A (ja) 1994-11-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3481810A (en) Method of manufacturing composite flooring material
US3423267A (en) Method for manufacturing chipboard plates and the like
EP0688639B2 (en) Molded wood composites having non-blistering profile with uniform paintability and nesting
US7337543B2 (en) Articles of composite structure having appearance of wood
FI105082B (fi) Menetelmät kohokuviomuottien suunnittelemiseksi sekä puuainesyhdistelmätuotteiden valmistamiseksi
US3697633A (en) Structural core
US5338592A (en) Production method for composite molded article
CN1266360C (zh) 具有咬合边缘的制品
KR100858965B1 (ko) 역성형패널
CA2188433C (en) Compression molded door assembly
US4860512A (en) Compression molded door assembly
US6200687B1 (en) Molded wood composites having improved horizontal contact nesting profile
US5060291A (en) Foam composite and method of forming same
ES2247389T3 (es) Zocalo (rodapie) o moldura de coronamiento decorativos.
KR100995647B1 (ko) 심부품을 제조하는 방법 및 그 제조물
US4965030A (en) Method of forming a compression molded door assembly
CN1095911C (zh) 具有互锁边缘的表面铺装制品
US4656722A (en) Method of forming a decorative panel of molded plastic
US4364987A (en) Fire door construction
US8650834B2 (en) Method of forming a core component
US4879152A (en) Composite panel structure
KR19990022681A (ko) 복합 구조물의 제조방법
US6309492B1 (en) Polymer fill coating for laminate or composite wood products and method of making same
FI84851C (fi) Foerfarande foer framstaellning av ett tunt med faner eller papper belagt traeaktigt beklaednadselement och daer anvaend basskivdel.
CN1671931A (zh) 包括连接元件的多构件的装置

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19980317

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees