JP2759550B2 - ステップリング機構付きソータ - Google Patents

ステップリング機構付きソータ

Info

Publication number
JP2759550B2
JP2759550B2 JP2157892A JP15789290A JP2759550B2 JP 2759550 B2 JP2759550 B2 JP 2759550B2 JP 2157892 A JP2157892 A JP 2157892A JP 15789290 A JP15789290 A JP 15789290A JP 2759550 B2 JP2759550 B2 JP 2759550B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sheet
stapler
guide
distribution
opening
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2157892A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0447991A (en
Inventor
亘 鶴田
育三 横山
國夫 河西
Original Assignee
ニスカ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ニスカ株式会社 filed Critical ニスカ株式会社
Priority to JP2157892A priority Critical patent/JP2759550B2/ja
Publication of JPH0447991A publication Critical patent/JPH0447991A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2759550B2 publication Critical patent/JP2759550B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] この発明は、複数の分配ビンと、この複数の分配ビン
のそれぞれにシートを分配する分配手段と、分配ビンに
収容されたシートをステップリングして綴じるステップ
ラとを備えたステップリング機構付きソータに関する。
[従来の技術] 一般に、ソータは、複写機などの画像形成装置に接続
され、該画像形成装置から排出されたシートを分配手段
により複数の分配ビンごとに頁を揃えて収納して仕分け
するものである。
このソータでは、シート分配動作中にシートジャムが
生じることがある。そこで、このジャムシートを手で除
去するための開口部がソータのハウジングに設けられて
いる。
一方、ソータには、分配ビンに収納されたシートを綴
じるステップリング機構を設けたものがある。
そして、複数の分配ビンに沿ってステップラが移動し
ながら、分配ビン上のシートをステップリングするもの
が公知である。
ところで、ステップラの針の残存量がわずかになった
り(ニアエンド)、針が詰まったり(針ジャム)した場
合に、ステップラに針を補充したり、ジャム針を除去し
たりする必要がある。
従来は、ステップラのホームポジションの位置のフレ
ームに開口部を設け、その開口部から手を入れてステッ
プラの異常原因をなくす作業をしている。
[発明が解決しようとする課題] 上記従来例では、ジャムシート除去のための開口部
と、ステップラ異常原因除去のための開口部とを別々に
設けている。
したがって、オペレータはジャムシート除去のときと
ステップラ異常原因除去のときとで別の開口部で作業す
る必要があり、操作が複雑となる問題がある。
この発明の目的は、ジャムシート除去とステップラ異
常原因除去とを同一の開口部で行うことを可能としたス
テップリング機構付きソータを提供することにある。
[課題を解決するための手段] 上記目的を達成するため、この発明は、ジャムシート
を除去するための開口部と、ステップラの異常時にステ
ップラを前記開口部を介して操作可能な位置まで移動さ
せる制御手段とを備えてなる。
[作用] この発明では、開口部でジャムシートを除去するとと
もに、ステップラの異常時にはステップラを前記開口部
を介して操作可能な位置まで移動させて、この開口部で
ステップラ異常原因を除去することができる。[実施
例] 以下に、この発明の一実施例を図を参照して説明す
る。
第1図はこのソータの縦断面を示す概略図である。
第1図を参照して、ソータは図の右側を複写機などの
画像形成装置(図示略)に着脱するようになっている。
このソータのハウジング1内に、複数の分配ビン2が
縦に配列されている。分配ビン2のシート搬入端側には
ガイド部材3が移動可能に取り付けられている。
この分配ビン2の上方には、仕分けをしないノンソー
トモード時のシートを収納する専用ビン4が設けられて
いる。
画像形成装置から排出された複写シートなどのシート
をソータ内に案内するガイドローラ5と搬送路6とが設
けられている。入口にはシートの有無を検出するシート
センサ7が設けられ、ソートモード時、シートの搬入を
検出すると、ガイドローラ5、搬送ベルト11、吸引手段
12を駆動させるようになっている。
搬送路6の終端は専用ビン4に接続されている。一
方、搬送路6の中間には、シートを専用ビン4に送るか
分配ビン2に送るかを選択する切換え爪9が上下揺動自
在に設けられている。
シートは切換え爪9の搬送路6への進入によって搬送
方向が切り換えられ、後記の搬送手段と分配手段とを介
して各分配ビン2に送られるようになっている。
搬送手段は、シートを吸引しながら下方に搬送するも
のである。この搬送手段は、上下のプーリ10間に張設さ
れた吸引孔付きの搬送ベルト11と、この搬送ベルト11に
シートを付着させるファンなどの吸引手段12とから構成
されている。
分配手段13は、搬送手段からシートを分離して、該シ
ートを選択された分配ビンに排出するものである。この
分配手段13は、搬送ベルト11からシートを剥離すると共
に分配ビン2にシートを案内する剥離案内部材131a、13
1bと、この剥離案内部材131a、131bに設けられシートを
分配ビンに向けて強制搬送する排出ローラ14とから概略
を構成されている。さらに、分配手段13は、上下のプー
リ15間に張設された左右一対の昇降用のタイミングベル
ト16に固定されている。
第1図に第2図を併せ参照すると、分配手段13の下の
プーリ15は連結軸17で連結されている。この連結軸17に
設けられたプーリ18はベルト19、プーリ20、軸21、ハス
バギア22、ウォームギア231およびギア232を有するクラ
ッチ機構23を介してモータ24のピニオン25に連結されて
いる。クラッチ機構23は、モータ24のピニオン25とハス
バギア22との間の駆動連結を断続するものである。
分配手段13は、その両側のコロ27を介してガイドレー
ル28に沿って案内されるようになっている。このガイド
レール28は、後記ステップラユニット30の案内も兼用し
ている。
分配手段13およびステップラユニット30の昇降領域の
上下端の高さに一対の発光素子・受光素子からなる光電
式のシートセンサ29が設置され、このシートセンサ29は
分配手段13を介して分配ビン2に排出されるシートの通
過を検出するものである。このシートセンサ29は、後記
のように、分配ビン2に対して移動可能に設けられたガ
イド部材3をステップラ55のステップリング位置まで引
き込む時に、ガイド部材3上にシートがあるかないかを
検出することも可能である。
前記分配手段13の昇降領域を昇降するようにステップ
ラユニット30が設けられている。このステップラユニッ
ト30は、後記のステップラ55、シート押さえ手段26およ
びガイド部材引き寄せ手段57を備えている(第3図参
照)。
ステップラユニット30は、上下のプーリ31間に張設さ
れた左右一対の昇降用のタイミングベルト32に結合され
ている(第1図、第2図参照)。下のプーリ31は連結軸
33で連結されている。この連結軸33に設けられたプーリ
34はベルト35、プーリ36、軸37、ハスバギア38、ウォー
ムギア391およびギア392を有するクラッチ機構39を介し
て前記モータ24のピニオン25に連結されている。クラッ
チ機構39は、モータ24のピニオン25とハスバギア38との
連結を断続するものである。
ステップラユニット30は、その両側のコロ41を介して
前記ガイドレール28に沿って案内されるようになってい
る。
前記クラッチ機構23、39は、分配手段13とステップラ
ユニット30とを駆動させるか否かを選択するものであ
る。また、それぞれのウォームギア231、391と一体に設
けられたスリット円板43、44と光電式センサ45、46によ
り分配手段13とステップラユニット30との昇降量を検出
して、分配ビン2ごとに正確に上下送りをするようにし
ている。
第1図のように、最上・最下の分配ビン2の位置付近
が、それぞれ分配手段13とステップラユニット30とのホ
ームポジションである。
ソータの画像形成装置取付け側には、搬送路6、搬送
ベルト11、分配手段13などシートの分配ビン2までの搬
送経路におけるジャムシートを除去するために、分配手
段13の移動領域をハウジング1の外部に対して開放する
前記分配手段13および前記ステップラユニット30の移動
領域に隣接して設けられた開口部152を設けている。
この開口部152には、支軸151を支点としてこの開口部
152を開放/閉塞するカバー部材150が対応して設けられ
ている。開口部152はカバー部材150が第1図破線位置に
移動した際に開放され、この開口部152を通して分配手
段13の移動領域にオペレータの手が挿入可能となる。
また、ステップラユニット30は分配手段13と同一領域
を移動するように構成されており、上述のジャムシート
除去の場合と同様、カバー部材150の移動によって開口
部152を開放し、この開口部152を通してステップラユニ
ット30の移動領域にオペレータが手を挿入することが可
能となる。ステップラユニット30のステップル針のニア
エンドや針ジャムなどの異常原因を除去するため開口部
152を利用することができる。
なお、カバー部材150には、搬送路6、搬送ローラ
5、搬送ベルト11、吸引手段12が一体的に取り付けられ
ている。
そして、たとえばオペレータがソータあるいは画像形
成装置に設けられたスイッチ(図示略)を押すと、ステ
ップラユニット30を開口部152を通して操作可能な位置
まで移動させる制御手段が設けられている。
また、移動制御の方法として、上記ニアエンドや針ジ
ャムの検出手段(図示略)を設け、この検出手段の異常
検出信号を検知したことに基づいてステップラユニット
30を移動領域の所定位置まで移動制御するものであって
もよい。
分配ビン2上に排出されたシートを分配ビン2の略セ
ンタを基準に位置決めする位置決め手段が設けられてい
る。この位置決め手段は、第2図のようにプーリ47、ベ
ルト48を介して最上の分配ビン2の一側部側のプーリ49
と連結され、このプーリ49とベルト50を介してプーリ51
と連結され、ベルト50に左右一対の位置決め部材52が対
向して結合されている。そして、この最上の分配ビン2
の位置決め部材52に第1図のように連結軸53を介してそ
れぞれの分配ビン2に左右一対の位置決め部材52が連結
されている。すなわち、ベルト50を正逆転することによ
り、位置決め部材52が互いに離・接方向に移動され、シ
ートを左右から押して分配ビン2のセンタを基準に分配
ビンに分配されたシートを位置決めするようになってい
る。
第3図はステップラユニット30とガイド部材3の平面
図、第4図はステップラユニット30の一部を省略した背
面図である。
第3図と第4図を参照すると、ステップラユニット30
のベース54上にステップラ55とシートの押さえ手段56が
一体的にガイド部材3の幅方向に移動可能に設けられ、
ベース54の左右端部にはガイド部材3の引き寄せ手段57
が設けられている。
ステップラ55の側部には押さえ手段56が一体的に設け
られている。そして、ステップラ55には走行輪58が設け
られていると共にベルト59に連結さ、ベルト59は一対の
プーリ60間に張設され、一方のプーリ60はモータ61に連
結されている。
すなわち、モータ61の回転により、ベルト59を介して
ステップラ55と押さえ手段56とがガイド部材3の幅方向
に水平移動されるようになっている。
ベース54には角軸62が軸受63を介して支持され、この
角軸62が押さえ手段56と引き寄せ手段57とに貫通され、
この角軸62に設けられたプーリ64がベルト65、プーリ66
を介してモータ67に連結されている。そして、角軸62の
正逆転は、後記ピニオン・ラック機構を介して押さえ手
段56と引き寄せ手段57とをガイド部材3に対して進退さ
せるようになっている。
すなわち、モータ67の正逆転により、角軸62の正逆転
を介して押さえ手段56と引き寄せ手段57とがガイド部材
3に対して進退するようになっている。
第5図は引き寄せ手段57とガイド部材3の縦断面図、
第6図は押さえ手段56の縦断面図、第7図はステップラ
55の縦断面図である。
第3図、第4図および第5図とを参照して、引き寄せ
手段57を説明する。
前記角軸62にピニオン68が嵌合され、このピニオン68
にラック69が噛合され、このラック69に支持フレーム70
が一体的に設けられている。支持フレーム70に形成され
た長穴71にロック部材75のピン72が係合され、このロッ
ク部材75は支点軸74を中心に支持フレーム70に揺動自在
に固定されている。支持フレーム70とロック部材75との
間にはロック部材75を下方に付勢する付勢スプリング76
が介装されている。一方、ベース54にガイド軸77が固定
され、このガイド軸77に支持フレーム70、ロック部材75
が揺動自在に設けられている。すなわち、角軸62の正逆
転により、前記ピニオン68、ラック69、支持フレーム70
を介してロック部材75はガイド軸77に沿って前後移動す
るようになっている。ロック部材75と一体的に設けられ
たピン78と、支持フレーム70に設けられた長穴79は、ロ
ック部材75の前後方向への移動範囲を規制している。75
aは、ガイド部材3に係合するロックピンである。
第1図、第3図および第5図を参照して、ガイド部材
3を説明する。
ガイド部材3は、それぞれの分配ビン2のシート搬入
端側に分配ビン2に対して移動自在に設けられている。
ガイド部材3のシート搬入端には、シートの一端を整
合、規制する規制部80が立設され、ガイド部材3がステ
ップラ55のステップリング位置まで引き込まれるステッ
プリング時にステップラ55と押さえ手段56とが位置する
切欠部81a、81bが、幅方向中央部と一端部に形成されて
いる。
ガイド部材3と前記ステップラユニット30のベース54
にはそれぞれシートセンサ29のビームの通孔82、83が形
成され、ガイド部材3がステップラユニット30側に引き
寄せられると、両方の通孔82、83が重合して、ガイド部
材3上にシートがない時はシートセンサ29のビームを通
過させるが、ガイド部材3上にシートがある時はビーム
を遮断する。これによってガイド部材3上のシートの有
無を検出して、シートがあるときのみステップリングを
するようステップラ55の駆動制御を行う。
ガイド部材3の左右端にはガイド板84が設けられ、サ
イドフレーム85に設けられたコロ86によりスムーズに前
後移動できるようになっている。サイドフレーム85とガ
イド部材3との間には、引き出されたガイド部材3を復
帰させる復帰スプリング87が介装されている。
ガイド部材3の左右には、引き寄せ手段57のロック部
材75のロックピン75aを係合させるロック部88が設けら
れている。
第3図、第4図および第6図を参照して、押さえ手段
56を説明する。
前記角軸62にピニオン89が嵌合され、このピニオン89
にラック90が噛合され、このラック90に支持フレーム91
が一体的に設けられ、この支持フレーム91がガイド軸92
に沿って前後移動するようになっている。
支持フレーム91の上部にはソレノイド93が設けられ、
このソレノイド93のレバー93aに支点軸94を中心に前後
に揺動するリンク95が連結され、このリンク95が緩衝ス
プリング96を介して前記支点軸94を中心に上下に揺動す
るリンク97に連結されている。このリンク97の先端部は
ガイドピン98に連結され、このガイドピン98は長穴99に
沿って上下移動されると共にシートの押さえ部材100に
連結されている。リンク97と支持フレーム91との間には
押さえ部材100をシートから離間させる復帰スプリング1
01が介装されている。
すなわち、角軸62を正転させてピニオン89、ラック9
0、支持フレーム91を介して押さえ部材100を前進させ、
ソレノイド93がレバー93aを吸引してリンク95、緩衝ス
プリング96、リンク97、ガイドピン98を介して押さえ部
材100を下降させてシートを上から押さえるようになっ
ている。
第2図、第3図、第4図および第7図を参照して、ス
テップラ55を説明する。
ステップラ55は公知のものであり、モータ102と、こ
のモータ102により正逆転されるギア103と、このギア10
3により上下に揺動するブラケット104と、このブラケッ
ト104と共にシート束を挟んでステップリングするアン
ビル105と、針収納部106とから概略を構成されている。
以上のように構成されたソータは次のように作動す
る。
画像形成装置から排出されたシートのソータへの侵入
をシートセンサ7が検出すると、ガイドローラ5が駆動
され、シートを搬送路6を介して搬送する。
ソートモード時において、シートは搬送路6に進入し
た切換え爪9を介して下向きに送られる。このとき、搬
送手段の搬送ベルト11はシートを吸引しながら下方向に
搬送する。また、分配手段13用のクラッチ23を接続し、
かつステップラユニット用のクラッチ39を切離して、モ
ータ24を正転させて、ピニオン25、ギア232、ウォーム
ギア231、ハスバギア22、軸21、プーリ20、ベルト19、
プーリ18、連結軸17、プーリ15、タイミングベルト16を
介して分配手段13を選択された分配ビン2の対向位置に
移動させる。
したがって、搬送ベルト11により下降されたシート
は、分配ビン13の剥離案内部材131a、131bにより搬送ベ
ルト11から剥離され分配ビン2に案内される。分配ビン
2にシートが排出されたことをシートセンサ29が検出す
ると、分配手段13は隣接する分配ビン2の対向位置に移
動制御され、次に送られてくるシートを次の分配ビン2
に排出する。
複写機側で自動原稿送り装置を利用して10枚1組の原
稿を3部、かつソードモードでコピーするという条件が
設定されたとすると、複写機側では、まず第1枚目の原
稿に対して連続して3枚のコピーが作成され、このコピ
ーが順次ソータの搬送路6に送り込まれてくる。
分配手段13は、第1図に示すホームポジションで上記
3枚のコピーのうちの先頭のものを搬送ベルト11から剥
離して分配ビン2へシートを案内して排出する。
シートが分配ビン2に排出されたことをシートセンサ
29で確認すると、モータ24を所定量駆動して分配手段13
を隣接する下側の分配ビン2の対向位置に移動制御す
る。
そして、上記コピーの2枚目の分配ビン2に排出す
る。3枚目のコピーを所定の分配ビン(上から3番目の
分配ビン(図示せず))に排出し終えると、分配ビン13
はその位置に停止制御され、2枚目の原稿に対して作成
されソータ側に連続して搬送される3枚のコピーのうち
の先頭のものをまず分配ビンに排出し、その後モータ24
を反転させて分配手段13を隣接する上側の分配ビン2の
対向位置に移動制御する。上記コピーの2枚目、3枚目
についても順次分配手段13を上昇させ排出を実行する。
原稿の3枚目から10枚目についても上記と同様な制御
が繰り返されることになる。
分配ビン2上に排出されたシートは分配ビン2の傾斜
に沿って自重により滑落し、ガイド部材3の規制部80に
シートの一端部が整合される。また、位置決め手段のベ
ルト50を正逆転することにより、位置決め部材52が互い
に離・接方向に移動され、シートが左右から押されて分
配ビン2の略センタを基準に位置決めされる。
分配ビン2に対するシートの分配終了後、インデクサ
13を第1図に示すホームポジションに位置させる。
次に、インデクサ用のクラッチ23を切離し、かつステ
ップラユニット用のクラッチ39を接続して、モータ24を
正転させて、ピニオン25、ギア392、ウォームギア391、
ハスバギア38、軸37、プーリ36、ベルト35、プーリ34、
連結軸33、プーリ31、タイミングベルト32を介してステ
ップラユニット30を移動させ、選択された分配ビン2の
位置に停止する。
次に、モータ61を駆動して、プーリ60、ベルト59を介
してステップラ55と押さえ手段56とを一体的にガイド部
材3の幅方向に移動して、切欠部81a、81bいずれかに停
止する。ステップラ55の停止位置に応じて、シートの幅
方向中央または端部をステップリングすることができ
る。
次に、モータ67の正転により、プーリ66、ベルト65、
プーリ64を介して角軸62を正転させ、この角軸62の正転
により引き寄せ手段57のピニオン68、ラック69を介して
ロック部材75が前方に突出して、ロック部材75のロック
ピン75aがガイド部材3のロック部88の傾斜部を摺動、
上昇して係合する。
さらに、この角軸62の回転により、押さえ手段56のピ
ニオン89、ラック90を介して支持フレーム91と一体的に
押さえ部材100が前方に突出する。
次に、押さえ手段56のソレノイド93がそのレバー93a
を引き込むと、リンク95、緩衝スプリング96を介してリ
ンク97を下降させ、ガイドピン98の下降を介してシート
押さえ部材100がガイド部材3上のシートを上から押圧
する。
次に、モータ67を逆転して角軸62を逆転させると、引
き寄せ手段57のロック部材75が後方に移動され、ロック
部材75がガイド部材3をステップラユニット30側に引き
寄せる。この角軸62の逆転により、押さえ手段56の押さ
え部材100もシートを押圧した状態で後退する。
ガイド部材3がステップラユニット30側の引き込まれ
ると、ガイド部材3とステップラユニット30のベース54
との通孔82、83が重合して、光電式のシートセンサ29の
作動可能にする。そして、シートセンサ29がONの場合
(発光素子からの光を受光素子が受光する場合)は、ガ
イド部材3上にシートがないものと判断し、ステップリ
ングを実行しないで、ガイド部材3を復帰させ、次の分
配ビン2にステップラユニット30を移動させる。
一方、シートセンサ29がOFFの場合(発光素子からの
光を受光素子が受光しない場合)はシート有りと判断
し、ステップラ55がシートをステップリングする。
ステップリング終了後、押さえ手段56のソレノイド93
をOFF(非励磁状態)して復帰スプリング101の働きによ
り押さえ部材100をシートから離す。
次に、ステップラユニット30をわずかに上昇させる
と、ガイド部材3のロック部88と引き寄せ手段57のロッ
ク部材75との係合が解除され、ガイド部材3は復帰スプ
リング87により復帰する。
次に、ステップラユニット30を隣接する分配ビン2に
移動させ、上記動作を繰り返す。
なお、ステップラユニット30のホームポジションは第
1図に示すように分配ビン2の設置領域よりさらに下方
位置に設けられており、分配手段13による分配動作終了
後にステップリングを行う場合はガイドレール28に沿っ
て上昇制御されるが、最上段の分配ビン2位置まで移動
した後下降しながら各分配ビン2のステップリングを実
行しても、また逆にシートが収容されている分配ビン2
のうちの最下段2の分配ビン2から上昇しながらステッ
プリングを実行してもよい。
搬送路6、搬送ベルト11、分配手段13などシートの経
路においてシートジャムが生じると、カバー部材150を
開いて、開口部152からジャムシートを手で除去する。
また、たとえばオペレータがスイッチ(図示略)を押
すと、ステップラユニット30は開口部152を通して操作
可能な位置まで移動制御され(第1図に仮想線で表
示)、オペレータは開口部152を通してステップラユニ
ット30の移動領域に手を入れて針の補充やジャム針の除
去など異常原因除去を行う。
上記ソータによれば次の効果を奏する。
(1)開口部152を通してジャムシートを除去するとと
もに、ステップラユニット30の異常時にはステップラユ
ニット30を開口部152の近傍まで移動制御して、この開
口部152を通してステップラ異常原因を除去することが
できる。したがって、同一の開口部152にてジャムシー
トの除去およびステップラユニット30の異常原因の除去
が可能であり、装置の操作が容易になる。
(2)分配手段13の昇降領域と同一領域をステップラ55
が昇降するように配設されているので、ソータを小形化
できる。
(3)分配手段13の昇降領域と同一領域をステップラ55
が昇降するように配設されているので、ステップラ55の
配設によりソータがその幅方向に突出することがない。
(4)分配手段13・ステップラ55の共通する昇降領域の
上下に配置した1対の光電式のシートセンサ29により、
分配手段13をシートが通過したことの検出とステップラ
55側に引き寄せたガイド部材3上にシートがあるかない
かの検出の両方を行うことができる。
(5)分配ビン2に移動可能に設けられたガイド部材3
のみをシートと共にステップリング可能な位置に移動さ
せて、シートをステップリングするので、分配ビン2全
体をステップラ55側に移動させる場合に比較して、駆動
力を低減でき、駆動系を小形化できる。
(6)ガイド部材3を引き寄せるときとステップリング
するときに、ガイド部材3上のシートを押さえ部材100
により押圧しているので、シートをガイド部材3ととも
に確実に引き寄せることができるとともに、カールが生
じバラけているシート束が圧縮されてステップリングし
やすくできる。
(7)シートの一端のガイド部材3の規制部80に整合さ
せるとともにシートを押さえ手段56により上からガイド
部材3に押圧しながら、ガイド部材3をステップラ55側
に移動させているので、ステップリングされるシートが
移動時にバラつくことを最小限に抑えることができる。
(8)ステップラ55とともに、シートの押さえ手段56と
ガイド部材3の引き寄せ手段57とを同一のステップラユ
ニット30として一体的に昇降させているので、ステップ
ラ55とは別に押さえ手段56と引き寄せ手段57を分配ビン
ごとに設けた場合に比較して、ステップリング系の機構
を簡素化できる。
(9)引き寄せ手段57がガイド部材3の左右両側と係合
して引き寄せるので、ガイド部材3を安定して引き寄せ
ることができる。
(10)ステップラ55をガイド部材3の幅方向に沿って移
動させることにより、シートの幅方向複数箇所であるい
は任意の位置でステップリングできる。
(11)ステップラ55と一体的にシートの押さえ手段56を
ガイド部材3の幅方向に沿って移動させるため、シート
の幅方向に沿ってステップラ55を移動させた場合でもス
テップラ55の近傍でシート束を押さえ手段56により圧縮
して確実にステップリングできる。
(12)1個のモータ67で押さえ手段56と引き寄せ手段57
とを前進、後退でき、押さえ手段56と引き寄せ手段57と
の駆動機構を簡素化できる。
なお、この発明は上記実施例に限定されるものではな
く、様々な変形例が実施可能である。
上記実施例ではオペレータがスイッチを押すとステッ
プラを開口部近傍まで移動制御しているが、この他に
も、たとえばステップラ異常検知信号に基づいて自動的
にステップラを移動制御するようにしてもよく、また針
のニアエンドを検知した場合にシートが収容されている
すべての分配ビンのシートをステップリングした後にス
テップラを開口部を通して操作可能な位置まで移動制御
するようにしてもよい。
[発明の効果] 以上説明したこの発明では、開口部を通してジャムシ
ートを除去するとともに、ステップラの異常時にはステ
ップラユニットを前記開口部を通して操作可能な位置ま
で移動制御して、この開口部を通してステップラ異常原
因を除去することができる。すなわち、同一の開口部に
てジャムシートの除去およびステップラ異常原因の除去
が可能であり、装置の操作が容易になる。
【図面の簡単な説明】
第1図ないし第7図はこの発明の一実施例を示す図であ
る。 第1図は、ソータ全体の縦断面概略図である。 第2図は、分配ビン、ガイド部材およびステップラユニ
ットの概略平面図である。 第3図は、ガイド部材とステップラユニットの平面図で
ある。 第4図は、ステップラユニットの背面図である。 第5図は、引き寄せ手段とガイド部材との縦断面図であ
る。 第6図は、押さえ手段の縦断面図である。 第7図は、ステップラの縦断面図である。 2:分配ビン、11:搬送ベルト 12:吸引部、13:分配手段 16:タイミングベルト 30:ステップラユニット 32:タイミングベルト 55:ステップラ、56:押さえ手段 57:引き寄せ手段

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】複数の分配ビンと、 この複数の分配ビンの一端に沿って移動可能に設けら
    れ、該分配ビンのそれぞれにシートを分配する分配手段
    と、 前記複数の分配ビンの前記一端に沿って移動可能に設け
    られ、前記分配ビン上のシートをステップリングして綴
    じるステップラと 前記分配手段およびステップラを収納するハウジング
    と、 前記分配手段および前記ステップラの移動領域に隣接し
    て設けられた開口部と、 この開口部を開放/閉塞するカバー部材と、 前記ステップラを前記開口部を通して操作可能な位置ま
    で移動させる制御手段と を備えてなることを特徴とするステップリング機能付き
    ソータ。
JP2157892A 1990-06-16 1990-06-16 ステップリング機構付きソータ Expired - Fee Related JP2759550B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2157892A JP2759550B2 (ja) 1990-06-16 1990-06-16 ステップリング機構付きソータ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2157892A JP2759550B2 (ja) 1990-06-16 1990-06-16 ステップリング機構付きソータ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0447991A JPH0447991A (en) 1992-02-18
JP2759550B2 true JP2759550B2 (ja) 1998-05-28

Family

ID=15659699

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2157892A Expired - Fee Related JP2759550B2 (ja) 1990-06-16 1990-06-16 ステップリング機構付きソータ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2759550B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2750266B2 (ja) * 1993-10-19 1998-05-13 キヤノン株式会社 シート後処理装置及びこれを備える画像形成装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0447991A (en) 1992-02-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4456235A (en) Bottom-up stacker
JPH0669862B2 (ja) シート分類装置
JP2759550B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
US3936042A (en) Sheet feeding devices
JP2816413B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2736817B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
EP0259542B1 (en) Sorting apparatus
US5052669A (en) Automatic document feeder
JP2863784B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2759551B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2759549B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2863785B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
US5116042A (en) Document ejection apparatus with reduced document ejection speed
JP2849860B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2816412B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
US6273416B1 (en) Sheet feeding unit and method, and image reader
JP2873728B2 (ja) ステップリング機構付きソータ及びステップリング機構付きソータにおけるステップリング方法
US5222721A (en) Sorter with casing movable in a transverse direction to the direction of sheet delivery
JP2565364B2 (ja) シート分類装置
JP3325193B2 (ja) ソータ
JP2849433B2 (ja) 多段給紙装置
JP3450852B2 (ja) ステップリング機構付きソータ
JP2846376B2 (ja) 紙処理装置
US6227530B1 (en) Reset method and reset device in unusual operation of sheet processing device
EP0499021A2 (en) Sorter with a stapler device

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees