JP2739850B2 - 移動体通信システム - Google Patents

移動体通信システム

Info

Publication number
JP2739850B2
JP2739850B2 JP7262929A JP26292995A JP2739850B2 JP 2739850 B2 JP2739850 B2 JP 2739850B2 JP 7262929 A JP7262929 A JP 7262929A JP 26292995 A JP26292995 A JP 26292995A JP 2739850 B2 JP2739850 B2 JP 2739850B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base station
radio
radio base
radio wave
received
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP7262929A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09107573A (ja
Inventor
昌治 田中
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Priority to JP7262929A priority Critical patent/JP2739850B2/ja
Publication of JPH09107573A publication Critical patent/JPH09107573A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2739850B2 publication Critical patent/JP2739850B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/04TPC
    • H04W52/38TPC being performed in particular situations
    • H04W52/40TPC being performed in particular situations during macro-diversity or soft handoff
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W36/00Hand-off or reselection arrangements
    • H04W36/0005Control or signalling for completing the hand-off
    • H04W36/0083Determination of parameters used for hand-off, e.g. generation or modification of neighbour cell lists
    • H04W36/0085Hand-off measurements

Description

【発明の詳細な説明】

【発明の属する技術分野】本発明は、移動体通信システ
ムに関するものであり、特に無線基地局と移動局間の通
信における無線電波の送信電力制御と、移動局が異なる
無線基地局との通信に移行する際のハンドオーバ制御を
無線基地局に負担をかけずに移動局が主導で行う移動体
通信システムに関するものである。

【0001】

【従来の技術】従来の移動体通信システムにおける無線
基地局と移動局間の通信で用いられる無線電波の送信電
力制御は、(財)電波システム開発センターによるRC
R標準27C(RCR STD−27C)に規定されて
いるように、移動局が無線基地局に向けて発射する上り
電波の強度を無線基地局にて受信電界強度(RSSI)
として測定し、その測定値にもとづいて無線基地局が自
局の送信電力を制御し、さらに移動局に対してはその移
動局が送信すべき電波の送信電力の大きさを指示するこ
とにより実施している。

【0002】また、移動局が現在通信中の無線基地局か
ら隣接する他の無線基地局に通信を移行するハンドオー
バ制御で移動局が主導で行うハンドオーバ制御において
は、移動局が現在通信中の無線基地局から受信する通話
チャネルの下り電波および周辺の無線基地局から受信す
る放送下り電波の受信電界強度(RSSI)とビット誤
り率等で定義される受信品質(QI)にもとづいてハン
ドオーバの必要性を判断している。また、無線基地局に
おいても移動局からの通話チャネルの上り電波のRSS
IとQIを測定し、その結果にもとづいて、ハンドオー
バすべきか否かを判断している。

【0003】図6は、このような従来の移動体通信シス
テムにおける送信電力制御とハンドオーバ制御の様子を
示すブロック図である。無線基地局2bと移動局1との
間で通信が行われており、移動局1は、下り電波12d
の受信電界強度と受信品質を測定することによりそれら
の劣化状況でハンドオーバを決定する。また、無線基地
局2bは、上り電波12uの受信電界強度と受信品質を
測定することによりそれらの劣化状況でハンドオーバを
決定する。さらに、無線基地局2bは、自局の送信電力
を制御するとともに移動局1が送信すべき電力を送信電
力値指示情報13により指示する。

【0004】移動局が主導で通話チャネル選択を行った
りハンドオーバを行う技術として、特開平4−2864
32号公報、特開平5−37452号公報に開示された
技術がある。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】前述した従来の技術に
おける移動局主導のハンドオーバ制御と無線基地局によ
る送信電力制御においては、ハンドオーバ制御と送信電
力制御が必ずしも同期して行われるわけではないので、
移動局が無線基地局から受信する通話チャネル電波の受
信電界強度等の劣化によりハンドオーバを決定したとし
ても、そのときに無線基地局が発射する電波の送信電力
が必ずしも最大値になっていないことがある。そのた
め、本来は無線基地局の送信電力を大きくする制御を行
えばハンドオーバする必要がないにもかかわらず、両制
御間での同期がとれていないために、実際にはハンドオ
ーバが行われてしまうと言う無駄な制御が発生する問題
があった。

【0006】また、この問題を解決するために、移動局
主導のハンドオーバ制御と無線基地局における送信電力
制御の同期をとるように制御するためには、移動局と無
線基地局の双方に複雑な制御を必要とし、結果として処
理能力の負荷が増大するという問題を抱えている。

【0007】さらに、移動局主導のハンドオーバ制御と
はいえ、ハンドオーバの必要性の判断に移動局からの上
り電波の劣化を監視して無線基地局が関与する従来の技
術においては、無線基地局において多数の移動局個々の
送信電力、最大出力、受信電界強度、受信品質等の状態
に合わせて実時間性を確保しつつ各移動局を制御する必
要があり、無線基地局での大きな処理能力を必要とする
問題があった。

【0008】

【課題を解決するための手段】本発明に係る移動体通信
システムは、移動局主導のハンドオーバ制御と送信電力
制御の同期、さらに、移動局主導のハンドオーバ制御自
体を無線基地局の負荷を軽減して実現するものであり、
移動通信システムの構築費用の大部分を占める無線基地
局の簡素化、小型化、高速化に貢献するものである。

【0009】このような本発明に係る移動体通信システ
ムは、無線通信エリアを構成する複数の無線基地局と、
もよりの無線基地局との間で通信を行う移動局より成る
移動体通信システムにおけるものである。

【0010】無線基地局は、次の手段を備えている。 (1)この無線基地局および移動局にそれぞれ許容され
ている出力電波の最大値、通信用電波の基準値および通
信用電波の空きチャネル数を含む放送情報を常時送信す
る放送手段、(2)移動局との通信中に、その移動局か
らの受信電波の電界強度と受信品質を測定する第1の測
定手段、(3)この第1の測定手段により測定した受信
電波の電界強度と受信品質、およびこの無線基地局が送
信している電波の出力電力値を移動局に送信通知する第
1の通知手段、(4)移動局がこの無線基地局に送信通
知する通知情報を受信する第1の受信手段、(5)この
無線基地局の送信している電波の出力電力値変更指示を
第1の受信手段で受信すると、この無線基地局の送信電
波の出力電力を変更制御する第1の送信出力制御手段。

【0011】また、移動局は、次の手段を備えている。 (1)無線基地局が構成する無線通信エリアに入ると、
その無線基地局の放送情報を受信し蓄積する受信蓄積手
段、(2)無線基地局との通信中に、その無線基地局か
ら受信した電波の電界強度と受信品質を測定する第2の
測定手段、(3)無線基地局がこの移動局に送信通知す
る通知情報を受信する第2の受信手段、(4)受信蓄積
手段で蓄積している放送情報と、第2の測定手段で測定
した受信電波の電界強度と受信品質および第2の受信手
段で受信した無線基地局が送信している電波の出力電力
値とにもとづいてハンドオーバ制御および無線基地局の
送信する電波の出力電力値変更を判断する第1の制御手
段、(5)受信蓄積手段で蓄積している放送情報と、第
2の受信手段で受信した無線基地局がこの移動局から受
信し測定した電波の電界強度と受信品質および無線基地
局が送信している電波の出力電力値とにもとづいてハン
ドオーバ制御およびこの移動局が送信する電波の出力電
力値変更を判断する第2の制御手段、(6)第1の制御
手段が判断した無線基地局の送信する電波の出力値変更
情報をその無線基地局に送信通知する第2の通知手段、
(7)第2の制御手段が判断したこの移動局の送信電波
の出力電力を変更制御する第2の送信出力制御手段。

【0012】以上の構成により、移動局は無線基地局か
らの下り電波および自分が送出した上り電波の無線基地
局での受信状態が一元的に把握できる。そのため、無線
基地局をわずらわせることなく移動局主導で送信電力の
制御、ハンドオーバの制御を行うことができる。

【0013】

【発明の実施の形態】次に本発明の移動体通信システム
の構成について図面を参照して説明する。

【0014】図1は、本発明に係る移動体通信システム
を説明するシステムブッロク図であり、移動局1が移動
体通信用交換局1に収容されている複数の無線基地局2
a、2b、2cのうちの無線基地局2bと通信している
状態を示す。無線基地局2bから移動局1に送信される
移動局通知信号14、および移動局1から無線基地局2
bに送信される基地局送信出力値指示15については後
述する。

【0015】図2は、本発明の移動体通信システムで用
いられる移動局1の本発明に係わる要部の構成を示すブ
ロック図である。

【0016】主制御部100は、以下に説明する移動局
各部を全般的に制御して本発明に係る移動体通信サービ
スを実現するものである。

【0017】本移動局の送信に係わる装置構成を説明す
る。

【0018】送信データ・音声処理部110は、図示し
ないマイク部より入力した本移動局のユーザの音声をデ
ィジタル変換し、この音声と必要に応じて主制御部10
0から出力される制御データとを多重化して変調部12
0に出力する。この制御データには、通信相手の無線基
地局に対して指示、通知する情報(基地局送信出力値指
示15)が含まれる。送信出力設定部111は、主制御
部100の指示を受けて、変調部120からアンテナ1
40に送出する電波の送信電力値を設定する。変調部1
20は、送信データ・音声処理部110から受信した信
号を所定の搬送信号で変調し、送信出力設定部111か
ら指示された送信電力でアンテナ140より無線基地局
に電波を発射する。

【0019】本移動局の受信に係わる装置構成を説明す
る。

【0020】復調部130は、アンテナ140から受信
した無線基地局から発射された無線信号を復調し、復調
された信号を受信データ・音声処理部112へ出力し、
さらに復調時の受信電界強度(下りRSSI)と復調時
のビット誤り、またはワード誤りの有無を品質データ
(QI)として下りRSSI・QI測定監視部113に
出力する。受信データ・音声処理部112は、復調信号
から音声と制御データを分離し、音声は図示しないスピ
ーカ部より出力し、制御データは主制御部100に出力
する。このとき制御データに含まれている、後述する、
移動局通知14による下り送信出力(電力)値、上りR
SSI値、上りQI値はそれぞれ分離して主制御部10
0に出力される。下りRSSI・QI測定監視部113
は、主制御部100の制御にもとづいて、受信電界強度
(下りRSSI)と受信品質(下りQI)を主制御部1
00に出力する。

【0021】このような構成の移動局において、主制御
部100は、受信した下りRSSI値および下りQI値
より図4、5に示す処理を行い、自移動局や通信相手の
無線基地局の送信出力制御、ハンドオーバ制御を行う。

【0022】図3は、本発明の移動体通信システムで用
いられる無線基地局2の本発明に係わる要部の構成を示
すブロック図である。

【0023】主制御部200は、以下に説明する無線基
地局各部や無線チャネル等の無線リソースを全般的に制
御して本発明に係る移動体通信サービスを実現するもの
である。

【0024】本無線基地局の送信に係わる装置構成を説
明する。

【0025】送信データ・音声処理部210は、図示し
ない交換局より交換局インタフェース部250を介して
入力した現在通信中の移動局の通話相手の音声と必要に
応じて主制御部200から出力される制御データとを多
重化して変調部220に出力する。この制御データに
は、通信相手の移動局に対して指示、通知する情報(移
動局通知14)が含まれる。送信出力設定部211は、
主制御部200の指示を受けて、変調部220からアン
テナ240に送出する電波の送信電力値を設定する。変
調部220は、送信データ・音声処理部210から受信
した信号を所定の搬送信号で変調し、送信出力設定部2
11から指示された送信電力でアンテナ240より移動
局に電波を発射する。

【0026】本無線基地局の受信に係わる装置構成を説
明する。

【0027】復調部230は、アンテナ240から受信
した移動局から発射された無線信号を復調し、復調され
た信号を受信データ・音声処理部212へ出力し、さら
に復調時の受信電界強度(上りRSSI)と復調時のビ
ット誤り、またはワード誤りの有無を品質データ(Q
I)として上りRSSI・QI測定監視部213に出力
する。受信データ・音声処理部212は、復調信号から
音声と制御データを分離し、音声は交換局インタフェー
ス部250を介して交換局に出力し、制御データは主制
御部200に出力する。このとき制御データに含まれて
いる、後述する、基地局送信出力値指示15による下り
送信出力(電力)値は主制御部200に出力される。上
りRSSI・QI測定監視部213は、主制御部200
の制御にもとづいて、受信電界強度(上りRSSI)と
受信品質(上りQI)を測定、監視して主制御部200
に出力する。

【0028】このような構成の無線基地局において、主
制御部200は、測定した上りRSSI値および上りQ
I値を制御データとして送信データ・音声処理部210
にて音声と多重し、下り電波に乗せて移動局に送出す
る。

【0029】次に、以上のように構成された本発明の移
動体通信システムの一般的な呼接続について図1を参照
して説明する。

【0030】移動局1は、その電源を投入すると、もよ
りの無線基地局2bからの放送チャネルに同調して、下
り電波12dに含まれる各種のシステムデータを受信す
る。

【0031】これらのシステムデータには下記のものが
含まれる。 (1)隣接無線基地局2a、2cの放送チャネルの周波
数 (2)無線基地局の許容最大出力(電力)値 (3)移動局の許容最大出力(電力)値 (4)下り電界強度におけるハンドオーバ起動基準値
(下りRSSI−H/Oレベル) (5)下り受信品質におけるハンドオーバ起動基準値
(下りQI−H/Oレベル) (6)下り用通信最適受信電界強度値と最適範囲上限値
・下限値 (7)下り用通信最低受信電界強度 (8)上り電界強度におけるハンドオーバ起動基準値
(上りRSSI−H/Oレベル) (9)上り受信品質におけるハンドオーバ起動基準値
(上りQI−H/Oレベル) (10)上り用通信最適受信電界強度値と最適範囲上限
値・下限値 (11)無線基地局内の空きチャネル数 移動局1は、これらのシステムデータを受信して待ち受
け状態に入り、ユーザの発呼または無線基地局からの呼
び出しを待つ。本移動局のユーザが発呼すると、移動局
1は、無線基地局2bに対してサービス要求を行い、通
話チャネルを割り当ててもらい通話状態に入る。本実施
の形態においては、この通話状態に入るときの送信電力
は移動局、無線基地局共に許容最大電力とする。なお、
移動体通信システムによっては、予め定められた任意の
出力値を用いたり、最初のアクセス時の受信電界強度か
ら算出した出力値を用いる場合もある。

【0032】次に、本発明の移動体通信システムの送信
電力制御およびハンドオーバ制御について説明する。

【0033】まず、無線基地局2bの動作を説明する。

【0034】通話中に入った無線基地局2bの主制御部
200は、移動局1が上り電波12uに乗せて送出して
くる基地局送信出力値指示15の内容を確認する。この
基地局送信出力値指示15は、図3の構成で説明したよ
うに、アンテナ240で受信した上り電波を変調部22
0を経由して送信データ・音声処理部210にて分離し
た制御データに含まれており、移動局1がその通信中の
無線基地局2bに対して無線基地局が送信する電波の送
信電力を指示するものである。

【0035】主制御部200は、この受信した基地局送
信出力値指示15の内容が現在無線基地局2bが送信し
ている電波の出力値と同一であればそのままとし、異な
っていれば無線基地局の許容最大出力値の範囲内である
か否かを判断し、範囲内の値を指示された場合のみ、送
信出力設定部211にその値を指示して送信電力値を変
更する。また、主制御部200は、この変更した結果の
送信電力値を移動局1にフィードバック通知するため
に、送信データ・音声処理部210に制御データとして
音声との多重化送信を指示して、移動局通知14を下り
電波に乗せて移動局に送出する。

【0036】上りRSSI・QI測定監視部213は、
主制御部200からの制御にもとづいて、予め定められ
た期間の移動局1からの上り電波の受信電界強度を平均
値化して上りRSSI値として、また、予め定められた
期間の移動局1からの上り電波のビット誤り率またはワ
ード誤り率を上りQI値として主制御部200に出力す
る。これらの無線基地局2bにて測定した移動局1から
の電波の状態も移動局通知14として制御データが送信
データ・音声処理部210で音声信号と多重化されて下
り電波に乗せて送出される。

【0037】次に、移動局1の動作を説明する。

【0038】下りRSSI・QI測定監視部113は、
主制御部100からの制御にもとづいて予め定められた
期間の無線基地局2bからの下り電波の受信電界強度を
平均値化して下りRSSI値として、また、予め定めら
れた期間の無線基地局2bからの下り電波のビット誤り
率またはワード誤り率を下りQI値として主制御部10
0に出力する。

【0039】以降の主制御部100が行う本発明に係わ
る動作を図4、5を参照して説明する。

【0040】図4は、移動局1が実施する無線基地局か
ら受信する下り電波チェックの動作を示すフローチャー
トであり、図5は、同じく移動局1が無線基地局から移
動局通知14により通知された情報にもとづいて行う上
り電波(移動局1が送信している電波)チェックの動作
を示すフローチャートである。

【0041】ここで、移動局1が有する情報を整理して
おくと、移動局1は下記の情報を有していることが前提
となる。 (1)無線基地局からの電波の下りRSSI(移動局で
測定) (2)無線基地局からの電波の下りQI(移動局で測
定) (3)無線基地局が送出している下り電波の送信出力
(移動局通知14で受信) (4)移動局が送信した電波の上りRSSI(無線基地
局が測定した結果を移動局通知14により受信) (5)移動局が送信した電波の上りQI(無線基地局が
測定した結果を移動局通知14により受信) その他に前述した無線基地局の放送チャネルで受信した
システムデータを有している。

【0042】まず、下り電波のチェックを行う図4の制
御の流れを説明する。

【0043】移動局1で測定した無線基地局から送信さ
れている電波の下りQIを予め蓄積している下りQI−
H/Oレベルと比較する(S100)。

【0044】下り電波の受信品質が劣化して、測定値の
下りQIが規定された下りQI−H/Oレベルより下が
っていると判断(S100:Y)した場合は、無線基地
局が送出している電力(移動局通知14で受信している
値)が許容最大出力(予め放送チャネルで受信して蓄積
している値)に達しているか否かを判定する(S10
1)。もし、ここで無線基地局が送信している電力が許
容最大電力でない場合(S101:N)は、受信品質向
上のために出力電力を上げることを基地局送信出力値指
示15により無線基地局に要求(S102)して、次に
上り電波のチェックに移行する(飛び越しA)。

【0045】無線基地局からの出力が許容最大出力に達
している場合(S101:Y)は、下りRSSIが予め
蓄積している下りRSSI−H/Oレベルと比較して受
信電界強度が劣化しているか否かを判定する(S10
3)。

【0046】下りRSSIの劣化が認められない場合
(S103:N)は、同一無線基地局が有する他のチャ
ネルに空きがあれば、そのチャネルに切り替えての通信
を試みる(S104:Y、S105)。この場合、選択
した空きチャネル番号を付して無線基地局に対してハン
ドオーバ要求を行う(飛び越しB)。また、空きチャネ
ルが見つからない場合(S104:N)は、そのまま上
り電波チェックに移行する(飛び越しA)。

【0047】一方、下りRSSIが予め蓄積している下
りRSSI−H/Oレベルより下がり、劣化が認められ
る場合(S103:Y)は、隣接する無線基地局2a、
2cの放送チャネルの周波数に同調させてその下りRS
SIを測定する。そして、その値が予め蓄積している下
り用通信最低RSSI値よりも大きいか否かをチェック
してハンドオーバ可能な隣接無線基地局の存在を確認す
る(S106)。ハンドーバ可能な隣接無線基地局の存
在が認められる場合(S106:Y)、その中で最良の
RSSI値を有する無線基地局を選択して(S107)
その無線基地局をハンドオーバ先に指定してハンドオー
バ要求を行う(飛び越しB)。もし、ハンドオーバ可能
な隣接無線基地局の存在が認められない場合(S10
6:N)は、そのまま上り電波のチェックに移行する
(飛び越しA)。

【0048】次に、S100で測定した下りQIが下り
QI−H/Oレベルと比較しても劣化が認められない場
合(S100:N)は、測定した下りRSSIが予め蓄
積している下りRSSI最適範囲上限値との比較でどの
ようになっているかを判定する(S108)。

【0049】測定した下りRSSIが最適範囲上限値を
越えている場合(S108:Y)は、無線基地局からの
送信電波の出力を押さえてもらう必要があるので、S1
09に示す計算により、無線基地局が送信すべき電波の
出力を現在の出力値から測定した下りRSSIと最適R
SSIとの差分を減じた値となるように、無線基地局に
対して基地局送信出力値指示15により要求し(S11
5)、次に上り電波のチェックに移行する(飛び越し
A)。

【0050】また、測定した下りRSSIが最適範囲上
限値を越えていない場合(S108:N)は、最適範囲
下限値と比較し(S110)、最適範囲下限値より大き
ければ(S110:N)上り電波のチェックに移行する
(飛び越しA)。

【0051】もし、最適範囲下限値よりも下回った測定
値である場合(S110:Y)は、無線基地局が送出し
ている電力(移動局通知14で受信している値)が許容
最大出力(予め放送チャネルで受信して蓄積している
値)に達しているか否かを判定する(S111)。ここ
で無線基地局が送信している電力が許容最大電力でない
場合(S111:N)は、S112に示す計算により、
無線基地局が送信すべき電波の出力を現在の出力値に最
適RSSIと測定した下りRSSIとの差分を加えた値
となるように、出力電力を上げる(ただし、許容最大送
信出力を上限とする)ことを基地局送信出力値指示15
により無線基地局に要求(S115)して、次に上り電
波のチェックに移行する(飛び越しA)。

【0052】一方、無線基地局が送出している電波が許
容最大出力によるものと判定した場合(S111:
Y)、送出電力のそれ以上の増大は見込めないので、S
113によりハンドオーバの必要性を判断する。もし、
測定した下りRSSIが下りRSSI−H/Oレベル以
上であれば(S113:N)ハンドオーバの必要はない
ので上り電波のチェックに移行する(飛び越しA)。測
定した下りRSSIが下りRSSI−H/Oレベル以下
であり(S113:Y)、ハンドオーバの必要性が認め
られるときはS114により、S106と同様にしてハ
ンドオーバ可能な隣接無線基地局の存在を確認する。

【0053】ハンドーバ可能な隣接無線基地局の存在が
認められる場合(S114:Y)、その中で最良のRS
SI値を有する無線基地局を選択して(S107)その
無線基地局をハンドオーバ先に指定してハンドオーバ要
求を行う(飛び越しB)。もし、ハンドオーバ可能な隣
接無線基地局の存在が認められない場合(S114:
N)は、そのまま上り電波のチェックに移行する(飛び
越しA)。

【0054】以上に説明した下り電波のチェックは、無
線基地局から受信する下り電波の移動局におけるRSS
IおよびQIの測定値に基づく無線基地局の送信電力制
御とハンドオーバ制御である。一方、同様にして移動局
が発射した上り電波の無線基地局における測定値が移動
局通知14により無線基地局から移動局に通知されるの
で、図5に示すような上り電波のチェックを行うことが
できる。

【0055】上り電波のチェックは下り電波のチェック
と同様で、「下り」を「上り」に、そして「無線基地
局」を「移動局」に読み換ればよいので説明は省略する
が、この上り電波チェックにおいては、無線基地局から
通知された上り電波のRSSIおよびQIから移動局の
送信出力制御およびハンドオーバ制御を行うものであ
る。

【0056】

【発明の効果】本発明の移動体通信システムは、無線基
地局が受信して測定した移動局からの上り電波の受信電
界強度および受信品質、さらに無線基地局が出力してい
る下り電波の送信電力値を移動局通知により無線基地局
から移動局に通知するので、移動局において無線基地局
から受信している下り電波の受信電界強度および受信品
質を測定することにより下り電波の状態および上り電波
の状態を一元的に管理して無線基地局および移動局の送
信電力の補正ならびにハンドオーバの制御を移動局の主
導で行うことができる。

【0057】そのため、無線基地局の負荷が軽減され、
その処理能力を向上することができるという顕著な効果
を奏する。

【図面の簡単な説明】

【図1】図1は、本発明に係る移動体通信システムを説
明するシステムブッロク図である。

【図2】図2は、本発明の移動体通信システムで用いら
れる移動局1の本発明に係わる要部の構成を示すブロッ
ク図である。

【図3】図3は、本発明の移動体通信システムで用いら
れる無線基地局2の本発明に係わる要部の構成を示すブ
ロック図である。

【図4】図4は、移動局1が実施する無線基地局から受
信する下り電波チェックの動作を示すフローチャートで
ある。

【図5】図5は、同じく移動局1が無線基地局から移動
局通知14により通知された情報にもとづいて行う上り
電波(移動局1が送信している電波)チェックの動作を
示すフローチャートである。

【図6】図6は、従来の移動体通信システムにおける送
信電力制御とハンドオーバ制御の様子を示すブロック図
である。

【符号の説明】

1 移動局 2a、2b、2c 無線基地局 3 交換局 12d 下り電波 12u 上り電波 14 移動局通知 15 基地局送信出力値指示 100、200 主制御部 110、210 送信データ・音声処理部 111、211 送信電力設定部 112、212 受信データ・音声処理部 113 下りRSSI,QI測定監視部 213 上りRSSI,QI測定監視部 120、220 変調部 130、230 復調部 140、240 アンテナ

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 無線通信エリアを構成する複数の無線基
    地局と、もよりの無線基地局との間で通信を行う移動局
    より成る移動体通信システムにおいて、 前記無線基地局は、 当該無線基地局および移動局にそれぞれ許容されている
    出力電波の最大値、通信用電波の基準値および通信用電
    波の空きチャネル数を含む放送情報を常時送信する放送
    手段と、 前記移動局との通信中に、当該移動局からの受信電波の
    電界強度と受信品質を測定する第1の測定手段と、 前記第1の測定手段により測定した受信電波の電界強度
    と受信品質、および当該無線基地局が送信している電波
    の出力電力値を前記移動局に送信通知する第1の通知手
    段と、 前記移動局が当該無線基地局に送信通知する通知情報を
    受信する第1の受信手段と、 当該無線基地局の送信している電波の出力電力値変更指
    示を前記第1の受信手段で受信すると、当該無線基地局
    の送信電波の出力電力を変更制御する第1の送信出力制
    御手段を備え、 前記移動局は、 前記無線基地局が構成する無線通信エリアに入ると、当
    該無線基地局の放送情報を受信し蓄積する受信蓄積手段
    と、 前記無線基地局との通信中に、当該無線基地局から受信
    した電波の電界強度と受信品質を測定する第2の測定手
    段と、 前記無線基地局が当該移動局に送信通知する通知情報を
    受信する第2の受信手段と、 前記受信蓄積手段で蓄積している前記放送情報と、前記
    第2の測定手段で測定した受信電波の電界強度と受信品
    質および前記第2の受信手段で受信した前記無線基地局
    が送信している電波の出力電力値とにもとづいてハンド
    オーバ制御および前記無線基地局の送信する電波の出力
    電力値変更を判断する第1の制御手段と、 前記受信蓄積手段で蓄積している前記放送情報と、前記
    第2の受信手段で受信した前記無線基地局が当該移動局
    から受信し測定した電波の電界強度と受信品質および前
    記無線基地局が送信している電波の出力電力値とにもと
    づいてハンドオーバ制御および当該移動局が送信する電
    波の出力電力値変更を判断する第2の制御手段と、 前記第1の制御手段が判断した前記無線基地局の送信す
    る電波の出力値変更情報を前記無線基地局に送信通知す
    る第2の通知手段と、 前記第2の制御手段が判断した当該移動局の送信電波の
    出力電力を変更制御する第2の送信出力制御手段を備え
    たことを特徴とする移動体通信システム。
  2. 【請求項2】 前記第1の制御手段は、前記第2の測定
    手段で測定した受信電波の電界強度と受信品質の値がハ
    ンドオーバ制御開始の範囲に劣化したとき、前記第2の
    受信手段で受信した前記無線基地局が送信している電波
    の出力電力値が前記放送情報の前記無線基地局に許容さ
    れている出力電波の最大値に達していない場合には、前
    記第2の通知手段により出力電力の増大を前記無線基地
    局に通知し、ハンドオーバ制御を行わないことを特徴と
    する請求項1に記載の移動体通信システム。
  3. 【請求項3】 前記第1の制御手段は、前記第2の測定
    手段で測定した受信電波の電界強度と受信品質の値がハ
    ンドオーバ制御開始の範囲に劣化したとき、前記第2の
    受信手段で受信した前記無線基地局が送信している電波
    の出力電力値が前記放送情報の前記無線基地局に許容さ
    れている出力電波の最大値に達している場合には、ハン
    ドオーバ先の隣接無線基地局を選択して前記第2の通知
    手段により前記無線基地局に通知し、ハンドオーバ制御
    を行うことを特徴とする請求項1に記載の移動体通信シ
    ステム。
  4. 【請求項4】 前記第1の制御手段は、前記第2の測定
    手段で測定した受信電波の受信品質の値はハンドオーバ
    制御開始の範囲に劣化したが、電界強度はハンドオーバ
    制御開始の範囲に劣化していないとき、前記第2の受信
    手段で受信した前記無線基地局が送信している電波の出
    力電力値が前記放送情報の前記無線基地局に許容されて
    いる出力電波の最大値に達している場合には、ハンドオ
    ーバ先に当該無線基地局の他の無線チャネルを選択して
    前記第2の通知手段により前記無線基地局に通知し、ハ
    ンドオーバ制御を行うことを特徴とする請求項1に記載
    の移動体通信システム。
  5. 【請求項5】 前記第2の制御手段は、前記第2の受信
    手段で受信した前記無線基地局における受信電波の電界
    強度と受信品質の値がハンドオーバ制御開始の範囲に劣
    化したとき、当該移動局が送信している電波の出力電力
    値が前記放送情報の当該移動局に許容されている出力電
    波の最大値に達していない場合には、前記第2の送信出
    力手段により当該移動局の出力電力の増大を行い、ハン
    ドオーバ制御を行わないことを特徴とする請求項1に記
    載の移動体通信システム。
  6. 【請求項6】 前記第2の制御手段は、前記第2の受信
    手段で受信した前記無線基地局における受信電波の電界
    強度と受信品質の値がハンドオーバ制御開始の範囲に劣
    化したとき、当該移動局が送信している電波の出力電力
    値が前記放送情報の当該移動局に許容されている出力電
    波の最大値に達している場合には、ハンドオーバ先の隣
    接無線基地局を選択して前記第2の通知手段により前記
    無線基地局に通知し、ハンドオーバ制御を行うことを特
    徴とする請求項1に記載の移動体通信システム。
  7. 【請求項7】 前記第2の制御手段は、前記第2の受信
    手段で受信した前記無線基地局における受信電波の受信
    品質の値はハンドオーバ制御開始の範囲に劣化したが、
    電界強度はハンドオーバ制御開始の範囲に劣化していな
    いとき、当該移動局が送信している電波の出力電力値が
    前記放送情報の当該移動局に許容されている出力電波の
    最大値に達している場合には、ハンドオーバ先に当該無
    線基地局の他の無線チャネルを選択して前記第2の通知
    手段により前記無線基地局に通知し、ハンドオーバ制御
    を行うことを特徴とする請求項1に記載の移動体通信シ
    ステム。
JP7262929A 1995-10-11 1995-10-11 移動体通信システム Expired - Lifetime JP2739850B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7262929A JP2739850B2 (ja) 1995-10-11 1995-10-11 移動体通信システム

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7262929A JP2739850B2 (ja) 1995-10-11 1995-10-11 移動体通信システム
US08/726,360 US5845212A (en) 1995-10-11 1996-10-04 Optimum power and handover control by cellular system mobile unit
EP96116242A EP0768804B1 (en) 1995-10-11 1996-10-10 Mobile communication system capable of effectively carrying out a hand-over control
DE69637407A DE69637407D1 (de) 1995-10-11 1996-10-10 Mobiles Kommunikationssystem, das in der Lage ist, ein Weiterreichen wirkungsvoll zu steuern
CN96112750A CN1071985C (zh) 1995-10-11 1996-10-11 能够进行转换控制的移动通信系统

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09107573A JPH09107573A (ja) 1997-04-22
JP2739850B2 true JP2739850B2 (ja) 1998-04-15

Family

ID=17382554

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7262929A Expired - Lifetime JP2739850B2 (ja) 1995-10-11 1995-10-11 移動体通信システム

Country Status (5)

Country Link
US (1) US5845212A (ja)
EP (1) EP0768804B1 (ja)
JP (1) JP2739850B2 (ja)
CN (1) CN1071985C (ja)
DE (1) DE69637407D1 (ja)

Families Citing this family (69)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
USRE44628E1 (en) 1995-03-07 2013-12-03 Intellectual Ventures I Llc System and method for expansion of a computer
FI961075A (fi) * 1996-03-07 1997-09-08 Nokia Telecommunications Oy Menetelmä radiojärjestelmän tilaajalaitteen tietoliikenneasetusten muuttamiseksi
US6493561B1 (en) * 1996-06-24 2002-12-10 Fujitsu Limited Mobile communication system enabling efficient use of small-zone base stations
SE507557C2 (sv) * 1996-07-05 1998-06-22 Ericsson Telefon Ab L M Förfarande och anordning för kvalitetsbestämning i ett mobilt radiokommunikationssystem
US7035661B1 (en) 1996-10-11 2006-04-25 Arraycomm, Llc. Power control with signal quality estimation for smart antenna communication systems
US6463295B1 (en) * 1996-10-11 2002-10-08 Arraycomm, Inc. Power control with signal quality estimation for smart antenna communication systems
US6275543B1 (en) 1996-10-11 2001-08-14 Arraycomm, Inc. Method for reference signal generation in the presence of frequency offsets in a communications station with spatial processing
KR100496528B1 (ko) * 1996-11-27 2005-09-30 가부시끼가이샤 히다치 세이사꾸쇼 이동통신시스템송신전력제어방법및장치
JP3112173B2 (ja) * 1996-12-27 2000-11-27 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Cdma移動通信システムの呼受付制御方法及び移動局装置
US5963870A (en) * 1997-03-26 1999-10-05 Nortel Networks Corporation Process for switching between IS-95 forward power control and fast forward power control
CN101420685B (zh) 1997-04-24 2011-08-24 株式会社Ntt都科摩 移动通信方法和移动通信系统
US6141555A (en) * 1997-06-09 2000-10-31 Nec Corporation Cellular communication system, and mobile and base stations used in the same
GB2328584B (en) 1997-08-22 2002-05-29 Nokia Mobile Phones Ltd Switching control method and apparatus for wireless telecommunications
US6035196A (en) * 1997-08-25 2000-03-07 The Whitaker Corporation Automatic cell transfer based on reverse channel characteristics
US7289473B1 (en) * 1997-11-03 2007-10-30 Qualcomm Incorporated Pilot reference transmission for a wireless communication system
US7184426B2 (en) 2002-12-12 2007-02-27 Qualcomm, Incorporated Method and apparatus for burst pilot for a time division multiplex system
US9118387B2 (en) 1997-11-03 2015-08-25 Qualcomm Incorporated Pilot reference transmission for a wireless communication system
US6148194A (en) * 1997-12-10 2000-11-14 Nortel Networks Corporation Method for determining cell boundary during base station deployment
US6078813A (en) * 1997-12-16 2000-06-20 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Handover quality control in a mobile communications system
CN1296675A (zh) * 1998-04-09 2001-05-23 艾利森电话股份有限公司 保护用于上行链路功率控制的功率控制命令的方法
JP3956479B2 (ja) * 1998-04-27 2007-08-08 ソニー株式会社 移動通信システム、移動局及び基地局
US6266527B1 (en) * 1998-04-28 2001-07-24 Ericsson Inc. System and method for measuring power and bit error rate on the up-link and down-link simultaneously
US6615024B1 (en) 1998-05-01 2003-09-02 Arraycomm, Inc. Method and apparatus for determining signatures for calibrating a communication station having an antenna array
US5991618A (en) * 1998-05-29 1999-11-23 Motorola, Inc. Method and system for estimating a communication mode quality in a wireless communications system
US6167282A (en) * 1998-06-18 2000-12-26 Motorola, Inc. Method and apparatus for updating site ranking factors in a wireless communication system
JP4131052B2 (ja) 1998-07-17 2008-08-13 ソニー株式会社 撮像装置
US7734852B1 (en) 1998-08-06 2010-06-08 Ahern Frank W Modular computer system
US6259918B1 (en) * 1999-02-26 2001-07-10 Telefonaktiebolaget Lm (Publ) Preservation of cell borders at hand-off within a smart antenna cellular system
JP4354041B2 (ja) * 1999-04-30 2009-10-28 富士通株式会社 無線端末装置
US6600914B2 (en) 1999-05-24 2003-07-29 Arraycomm, Inc. System and method for emergency call channel allocation
EP1063787A1 (en) * 1999-06-18 2000-12-27 Alcatel Alsthom Compagnie Generale D'electricite Operating a cellular telecommunication system
US7139592B2 (en) 1999-06-21 2006-11-21 Arraycomm Llc Null deepening for an adaptive antenna based communication station
US8064409B1 (en) 1999-08-25 2011-11-22 Qualcomm Incorporated Method and apparatus using a multi-carrier forward link in a wireless communication system
US6621804B1 (en) 1999-10-07 2003-09-16 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for predicting favored supplemental channel transmission slots using transmission power measurements of a fundamental channel
JP3365379B2 (ja) * 1999-12-13 2003-01-08 日本電気株式会社 基地局選択型送信電力制御方法及び基地局装置
DE19961516A1 (de) * 1999-12-20 2001-07-05 Siemens Ag Verfahren zur Steuerung einer Verbindungsweiterschaltung in einem Funk-Kommunikationssystem
JP2001231062A (ja) * 2000-02-17 2001-08-24 Nec Shizuoka Ltd 携帯電話システム及びそのハンドオーバ方法
US6678530B1 (en) * 2000-05-18 2004-01-13 Denso Corporation Dynamic power control of a channel signal
US6795409B1 (en) 2000-09-29 2004-09-21 Arraycomm, Inc. Cooperative polling in a wireless data communication system having smart antenna processing
US7068683B1 (en) 2000-10-25 2006-06-27 Qualcomm, Incorporated Method and apparatus for high rate packet data and low delay data transmissions
US6973098B1 (en) 2000-10-25 2005-12-06 Qualcomm, Incorporated Method and apparatus for determining a data rate in a high rate packet data wireless communications system
US6546254B2 (en) * 2001-02-06 2003-04-08 Ip Mobilenet, Inc. Method and apparatus for intelligent dynamic frequency reuse
US6915473B2 (en) 2001-05-14 2005-07-05 Interdigital Technology Corporation Method and system for implicit user equipment identification
EP1261147A1 (en) * 2001-05-21 2002-11-27 Motorola, Inc. A method and system for simultaneous bi-directional wireless communication between a user station and first and second base stations
KR100703295B1 (ko) * 2001-08-18 2007-04-03 삼성전자주식회사 이동통신시스템에서 안테나 어레이를 이용한 데이터 송/수신 장치 및 방법
JP3898018B2 (ja) * 2001-09-28 2007-03-28 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 送信電力制御方法及び移動局
US7472194B2 (en) * 2002-06-28 2008-12-30 Qualcomm Incorporated Data channel resource optimization for devices in a network
US6862452B2 (en) * 2002-08-21 2005-03-01 Qualcomm Inc. System and method for piggybacking data across an open data channel of a wireless device
KR101472197B1 (ko) * 2002-09-03 2014-12-11 인터디지탈 테크날러지 코포레이션 무선 단말기간의 핸드오프 제공 방법
US7869822B2 (en) 2003-02-24 2011-01-11 Autocell Laboratories, Inc. Wireless network apparatus and system field of the invention
US7653407B2 (en) 2003-02-24 2010-01-26 Autocell Laboratories, Inc. Program for adjusting channel interference between devices in a wireless network
US7200405B2 (en) * 2003-11-18 2007-04-03 Interdigital Technology Corporation Method and system for providing channel assignment information used to support uplink and downlink channels
KR101084128B1 (ko) * 2005-02-07 2011-11-17 엘지전자 주식회사 핸드오버 상태에 있는 단말에서 기지국의 스케쥴링 명령에따른 동작 방법
JP4595588B2 (ja) * 2005-03-02 2010-12-08 日本電気株式会社 移動通信システム及びその通信制御方法並びにそれに用いる移動通信端末及び基地局
US20070097962A1 (en) * 2005-11-03 2007-05-03 Lg Electronics Inc. Method and apparatus for determining the maximum transmit power of a mobile terminal
US8411616B2 (en) 2005-11-03 2013-04-02 Piccata Fund Limited Liability Company Pre-scan for wireless channel selection
DE102006008463A1 (de) * 2006-02-17 2007-08-23 Kaco Gmbh + Co. Kg Prüfvorrichtung zur Erfassung der Dampfemission an wenigstens einer Leckagestelle, vorzugsweise bei Gleitringdichtungen, insbesondere im automotiven Bereich
US20090010226A1 (en) * 2006-03-01 2009-01-08 Yasunori Nishimura Communication Terminal, Access Point Switching Method, and Access Point Switching Control Program
JP2008182313A (ja) * 2007-01-23 2008-08-07 Mitsubishi Electric Corp 移動体通信システムのハンドオーバ方法
WO2009016749A1 (ja) 2007-08-01 2009-02-05 Fujitsu Limited 無線回線使用状況監視方法及び装置
US8315320B2 (en) 2008-12-03 2012-11-20 Interdigital Patent Holdings, Inc. Uplink power headroom reporting for carrier aggregation
EP2394455A4 (en) * 2009-02-09 2014-07-30 Ericsson Telefon Ab L M Method and arrangement in a wireless communication system
WO2010091425A2 (en) 2009-02-09 2010-08-12 Interdigital Patent Holdings, Inc. Apparatus and method for uplink power control for a wireless transmitter/receiver unit utilizing multiple carriers
US20110021197A1 (en) * 2009-07-24 2011-01-27 Qualcomm Incorporated Apparatus and method for facilitating transfer to a secondary cell
US8811200B2 (en) 2009-09-22 2014-08-19 Qualcomm Incorporated Physical layer metrics to support adaptive station-dependent channel state information feedback rate in multi-user communication systems
KR101811114B1 (ko) 2009-10-01 2017-12-20 인터디지탈 패튼 홀딩스, 인크 전력 제어 방법 및 장치
US9451503B2 (en) * 2011-08-31 2016-09-20 Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd. Mobile terminal and method for controlling rate change
US10470149B2 (en) * 2016-07-27 2019-11-05 Lg Electronics Inc. Method and apparatus for performing MM attach and service request procedure for network slice based new radio access technology in wireless communication system
US20190158360A1 (en) * 2016-07-29 2019-05-23 Lg Electronics Inc. Method and apparatus for performing cell specific procedure or mobility procedure for network slice-based nr in wireless communication system

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4613990A (en) * 1984-06-25 1986-09-23 At&T Bell Laboratories Radiotelephone transmission power control
SE9003913D0 (sv) * 1990-12-07 1990-12-07 Ericsson Telefon Ab L M A method of locating a mobile station in a cellular mobile radio system
GB9028108D0 (en) * 1990-12-27 1991-02-13 British Telecomm Mobile radio handover initiation determination
EP0548939B1 (en) * 1991-12-26 2000-09-13 Nec Corporation Transmission power control system capable of keeping signal quality constant in mobile communication network
US5345598A (en) * 1992-04-10 1994-09-06 Ericsson-Ge Mobile Communications Holding, Inc. Duplex power control system in a communication network
KR960000147B1 (ko) * 1992-11-05 1996-01-03 정용문 셀룰라 무선전화시스템의 송신전력 제어방법
JP2911090B2 (ja) * 1993-09-29 1999-06-23 エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社 移動通信の基地局装置及び移動局装置
US5491717A (en) * 1993-10-18 1996-02-13 Motorola, Inc. Method for controlling transmission during handoff in a communication system
US5768684A (en) * 1994-03-04 1998-06-16 Motorola, Inc. Method and apparatus for bi-directional power control in a digital communication system
US5491837A (en) * 1994-03-07 1996-02-13 Ericsson Inc. Method and system for channel allocation using power control and mobile-assisted handover measurements
US5634195A (en) * 1995-03-27 1997-05-27 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson System and method for setting of output power parameters in a cellular mobile telecommunication system
US5697056A (en) * 1995-05-08 1997-12-09 Motorola, Inc. Communication system in which radio subscriber units mitigate interference

Also Published As

Publication number Publication date
CN1071985C (zh) 2001-09-26
JPH09107573A (ja) 1997-04-22
US5845212A (en) 1998-12-01
DE69637407D1 (de) 2008-03-06
EP0768804B1 (en) 2008-01-16
EP0768804A2 (en) 1997-04-16
EP0768804A3 (en) 1999-11-24
CN1152249A (zh) 1997-06-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100763427B1 (ko) 무선 네트워크에서 액세스 포인트를 선택하는 방법 및 장치
DE69932613T2 (de) Anordnung zum bereitstellen von zusammenarbeitsfähigkeit zwischen kommunikationssystemen
US8369800B2 (en) Methods and apparatus related to power control and/or interference management in a mixed wireless communications system
US5243598A (en) Microcell system in digital cellular
CA2603211C (en) Method and apparatus for selecting a multi-band access point to associate with a multi-band mobile station
KR100265527B1 (ko) 다수의 정보 클래스를 전달하기 위한 무선 망에서의 전력 제어방법
EP0702462B1 (en) Wireless communication system using distributed switched antennas
JP2979639B2 (ja) 改善されたgsm干渉帯域選択および省電力通話切り換え
JP3081681B2 (ja) セル式移動無線電話システムにおける通信およびハンドオフの方法
EP1063785B1 (en) Transmit power control for network devices in a wireless network
US5095531A (en) Mobile communication position registering method and system therefor
US6757550B1 (en) Mobile station and base station
US6871071B2 (en) Handover control method and system
US5627881A (en) Off-load-cellular system for off-loading cellular service from a main cellular system to increase cellular service capacity
DE69734943T2 (de) Aufbau von Makrodiversity mit Zufallszugriffsverbindungen in einem zellularen Funkkommunikationssystem
EP1406419B1 (en) Resource allocating method, base station, mobile station, and radio packet communication system therefor
US6775548B1 (en) Access channel for reduced access delay in a telecommunications system
KR970004858B1 (ko) 목적 채널을 검증하는 무선 전화 시스템
US5544222A (en) Cellular digtial packet data mobile data base station
US8406203B2 (en) Transmission rate switching based on rate switching time information
JP2959458B2 (ja) 送信電力制御方法
US20080182580A1 (en) Method of creating and utilizing diversity in a multiple carrier communciation system
ES2553461T3 (es) Procedimientos y aparatos de comunicación inalámbrica que soportan comunicación entre homólogos
CN1071080C (zh) 具备测定接收电场强度功能的数字无线通信装置
US5933777A (en) System and method for allocating channel elements in a code division multiple access radio telecommunications network

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19971224

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080123

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090123

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100123

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110123

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110123

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120123

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130123

Year of fee payment: 15

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130123

Year of fee payment: 15

EXPY Cancellation because of completion of term