JP2724273B2 - 引違い窓 - Google Patents

引違い窓

Info

Publication number
JP2724273B2
JP2724273B2 JP4215595A JP21559592A JP2724273B2 JP 2724273 B2 JP2724273 B2 JP 2724273B2 JP 4215595 A JP4215595 A JP 4215595A JP 21559592 A JP21559592 A JP 21559592A JP 2724273 B2 JP2724273 B2 JP 2724273B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
sash
shoji
window
width
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP4215595A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0642267A (ja
Inventor
秀雄 森本
Original Assignee
ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社 filed Critical ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社
Priority to JP4215595A priority Critical patent/JP2724273B2/ja
Publication of JPH0642267A publication Critical patent/JPH0642267A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2724273B2 publication Critical patent/JP2724273B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、主にアルミニウム合金
で押出し成形された形材で形成した枠体内に外障子と内
障子とを引違いに建て込んである引違い窓に関する。
【0002】
【従来の技術】周知のように従来の押出し形材で形成し
た引違い窓は、枠体内にそのレールに沿って摺動する外
障子と内障子とを引違いに建て込んだもので、特に内障
子の召合せ框には枠体よりも室内側へ突出する中空部を
備えるもので、例えば実開昭58−97290号公報な
どの図面によっても開示してある。この突出した中空部
は強度を向上し、且つ障子の手掛けともなり、また取付
けたクレセントが室内側へ突出しないように設けられる
ものである。
【0003】以上のように内障子の召合せ框の室内側に
中空部を設けたものであるから、網戸は枠体の室外側に
取付けられる。
【0004】また障子の上端部に換気用の小窓を設けた
ものがあり、例えば実公平3−38400号公報、実開
昭58−97290号公報などによって開示してあり、
そのハンドルやロック部材が障子框より突出することか
ら、内障子にのみ換気小窓が設けられるものである・
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかし上述のように枠
体よりも室内側へ突出する中空部を備えるものであるか
ら、枠体内に納まるように、中空部の上下部を切欠し、
切欠した口にキャップを嵌め付けるため、切欠する加工
とキャップを取付ける操作が必要である。
【0006】また、中空部が室内側に突出しているた
め、網戸は枠体の室内側に取付けることができず、室外
側のみにしか取付けることができなくなる。
【0007】また、換気小窓も外障子に取付けると、そ
のハンドルやロック部材が内障子に当たり開閉を阻害す
るため、これも外障子に設けることができなかった。
【0008】本発明は以上の問題を独自の解決策によっ
て、網戸を枠体の室内室外の何れにも取付けることがで
き、また換気小窓をも内障子であっても外障子であって
も引違いに支障を来すことなく設けられる引違い窓を提
供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明による解決手段
は、枠体の見込み巾内に外障子と内障子を引違いに納め
てある窓において、外障子の召合せ框がガラス板を保持
する見込み巾を備えた基体部と、該基体部の室内側に見
込み巾をクレセントが取付けられる巾を有する補助部と
で形成してあることを特徴とする。
【0010】上記召合せ框を備える障子をもった引違い
窓において、枠体の室内側に網戸を建て込んであること
を特徴とする。
【0011】更に、上記召合せ框を備える障子をもった
引違い窓において、外障子に換気小窓を設けたことを特
徴とする。
【0012】また、上記召合せ框を備える障子をもった
引違い窓において、外障子の召合せ框にクレセントを設
けたことを特徴とする。
【0013】
【実施例】本発明を具体的に説明すると、図6は引違い
窓を室内側から見た正面図で、押出し形材で形成した枠
体1内に、同じく押出し形材で形成した外障子2と内障
子3とを引違いに納めたものであり、その窓に納めた外
障子2の召合せ框4を下記の構造をもって構成したもの
である。
【0014】外障子2の召合せ框4は図1に示している
ように、その基体部5は従来の框と同様に、ガラス板を
保持するのに十分な見込み寸法をもって形成されるが、
その基体部5の室内側となる面に連続して基体部5の見
込み寸法を更に大きく、即ちクレセント(ハンドル側を
指す)を取付けるのに充分な巾を有する補助部6を設け
たものである。またこの補助部6の室内側面に煙返し7
を突設している。上記補助部6はその押出し成形技術に
よって適宜の構造をもって形成されるものであり、例え
ば図2、図3のような形態などが考えられる。
【0015】上記召合せ框4を使用して外障子2を形成
するには、図4と図5に示している如く、その戸当り框
8はガラス板を支持し、且つ縦枠の戸当り片9を呑み込
むのに十分な見込み巾をもつように形成し、その室内側
面に手掛け部10を前記補助部6の見込み巾と同等の巾
をもって突設したものを用れば良く、また各上下の横框
11,12は従来と同様のものを使用する。
【0016】上記外障子2に対する内障子3は、図4と
図5に示している如く、その召合せ框13には従来の中
空部の突出していないもの、即ちガラス板を支持するの
に十分な見込み巾で形成したものであれば良く、またそ
の戸先框14は従来と同様のものを使用する。
【0017】ところでクレセント15(ハンドル側を指
す)は、従来、内障子に取付けるのが一般的であり、そ
の内障子を開いた際に、クレセントが枠体の縦枠に突き
当たらないようにストッパーによってその開放範囲を制
限するものであり、その結果内障子の戸先框が外障子の
召合せ框と重ならず食い違いとなることから、両縦框間
に空間があき、このことからも枠体の室内側に左右両側
で使用できる網戸を設けることができなかった。ところ
が本発明の外障子2であれば、その召合せ框に補助部6
を備えるものであるから、この補助部6にクレセント1
5を取付けることができ、内障子3の召合せ框14にク
レセントの受け金16を取付けることができるので、内
障子3の開放する範囲が広くなり、開放した内障子3の
戸先框14が外障子2の召合せ框4と重なるまで開かれ
るので、重なる部分にタイト材17を外障子2の召合せ
框4より突設することにより、従来のような空間を塞ぐ
ことができ、その結果枠体の室内側に網戸18を嵌め込
むことができるようになる。
【0018】また従来、換気小窓19はその構成上、内
障子にのみ取付けていたが、本発明の外障子2であれ
ば、外障子2に取付けても支障なく内障子3を開閉する
ことができるようになる。尚、図5中の20は換気框で
ある。
【0019】
【発明の効果】本発明による引違い障子によれば、その
外障子の召合せ框を、ガラス板を保持する最小限の巾に
形成した基体部の室内側にクレセントが取付けられる巾
を有する補助部を設けた形態に形成したもので、この補
助部にクレセントを設け、内障子の召合せ框に受け金を
取付けることができ、内障子を開放した際、前記受け金
の突出量はクレセントよりも少ないため、内障子を大き
く開くことができるようになる。
【0020】また、前記のように内障子を開いた際に、
その戸先框が外障子の召合せ框と重なるため、両召合せ
框間をタイト材によって封鎖することができ、その結
果、枠体の室内側に網戸を左右へ可動可能に取付けるこ
とができ、網戸を室内側に設けられることによって、強
風などによって網戸が落下することがなく、またその強
度を室外側に設けるものより低下しても十分にその機能
を得ることができるようになる。
【0021】更に、上記外障子の召合せ框を用いれば、
室外障子に換気小窓を設けても、内障子が支障なく開閉
することができ、家屋の窓内の状況に応じて換気小窓を
内障子にあるいは外障子に設けられるようになる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による引違い窓に設ける外障子の召合せ
框を示す端面図である。
【図2】同じく類例の外障子の召合せ框を示す端面図で
ある。
【図3】更に他の類例による外障子の召合せ框を示す端
面図である。
【図4】本発明による引違い窓の横断面図である。
【図5】同じく縦断面図である。
【図6】本発明による引違い窓を室内側より見た正面図
である。
【符号の説明】
1 枠体 2 外障子 3 内障子 4 外障子の召合せ框 5 基体部 6 補助部 8 戸当り框 11 外障子の上横框 12 外障子の下横框 13 内障子の召合せ框 15 クレセント(ハンドル側) 18 網戸 19 換気小窓

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 枠体(1)の見込み巾内に外障子(2)
    と内障子(3)を引き違いに納めてある窓において、外
    障子(2)の召合せ框(4)がガラス板を保持する見込
    み巾を備えた基体部(5)と、該基体部(5)の室内側
    に見込み巾をクレセントが取付けられる巾を有する補助
    部(6)とで形成していることを特徴とする引違い窓。
  2. 【請求項2】 枠体(1)の見込み巾内に外障子(2)
    と内障子(3)を引き違いに納めてある窓において、外
    障子(2)の召合せ框(4)がガラス板を保持する見込
    み巾を備えた基体部(5)と、該基体部(5)の室内側
    に見込み巾をクレセントが取付けられる巾を有する補助
    部(6)とで形成し、その枠体(1)の室内側に網戸
    (16)を建て込んでいることを特徴とする引違い窓。
  3. 【請求項3】 枠体(1)の見込み巾内に外障子(2)
    と内障子(3)を引き違いに納めてある窓において、外
    障子(2)の召合せ框(4)がガラス板を保持する見込
    み巾を備えた基体部(5)と、該基体部(5)の室内側
    に見込み巾をクレセントが取付けられる巾を有する補助
    部(6)とで形成し、その外障子(2)に換気小窓(1
    9)を設けていることを特徴とする引違い窓。
  4. 【請求項4】 枠体(1)の見込み巾内に外障子(2)
    と内障子(3)を引き違いに納めてある窓において、外
    障子(2)の召合せ框(4)がガラス板を保持する見込
    み巾を備えた基体部(5)と、該基体部(5)の室内側
    に見込み巾をクレセントが取付けられる巾を有する補助
    部(6)とで形成し、その外障子(2)の召合せ框
    (4)にクレセント(15)を設けていることを特徴と
    する引違い窓。
JP4215595A 1992-07-20 1992-07-20 引違い窓 Expired - Fee Related JP2724273B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4215595A JP2724273B2 (ja) 1992-07-20 1992-07-20 引違い窓

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4215595A JP2724273B2 (ja) 1992-07-20 1992-07-20 引違い窓

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0642267A JPH0642267A (ja) 1994-02-15
JP2724273B2 true JP2724273B2 (ja) 1998-03-09

Family

ID=16675036

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4215595A Expired - Fee Related JP2724273B2 (ja) 1992-07-20 1992-07-20 引違い窓

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2724273B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003020871A (ja) * 2001-07-05 2003-01-24 Misawa Homes Co Ltd 引 戸
JP2009299437A (ja) * 2008-06-17 2009-12-24 Shin Nikkei Co Ltd サッシ
JP6401539B2 (ja) * 2014-07-31 2018-10-10 株式会社Lixil 網戸付き引き違いサッシ
JP2016033307A (ja) * 2014-07-31 2016-03-10 株式会社Lixil 引き違いサッシ用網戸

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0130533Y2 (ja) * 1984-06-27 1989-09-19
JP3089894U (ja) * 2002-05-10 2002-11-15 正美 野馬 貯金箱

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0642267A (ja) 1994-02-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2724273B2 (ja) 引違い窓
JP2004257238A (ja) 幅広開口スライドクロージャ用の金属フレーム構造
JP4155564B2 (ja) 上げ下げ障子を有する断熱ドア
JP2844320B2 (ja) 引違い窓の窓枠
JP2020176519A (ja) サッシ
JP6895419B2 (ja) サッシ
JP6836578B2 (ja) サッシ
JP3232403B2 (ja) 合成樹脂製の框
JP2021101094A (ja) サッシ
KR200175792Y1 (ko) 미닫이창의 구조
JP6858212B2 (ja) 断熱サッシ
CN211081507U (zh) 高门槛单轨单扇提升推拉门
CN211172579U (zh) 一种单元式双层玻璃幕墙
JP2844319B2 (ja) 窓 枠
JP2002242562A (ja) 屋外用下枠フラットのレ−ル無しサッシの網戸装置(外側垂下片)
JP3239235B2 (ja) 引き違い窓用窓枠の上枠
JPH0616017Y2 (ja) 上げ下げ窓
JP4291942B2 (ja) 防犯障子付き引違い窓
JP3536278B2 (ja) 換気窓
JP3164446B2 (ja) サッシ枠
JP3360022B2 (ja) 両開き窓の召合せ構造
JP3203503B2 (ja) 吊り戸の障子下部気密・水密構造
JP2593384Y2 (ja) 引違いサッシの下枠構造
JP2000054740A (ja) 引違い窓
JPH07301056A (ja) 換気部を有するサッシ窓

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees