JP2708891B2 - Electronics - Google Patents

Electronics

Info

Publication number
JP2708891B2
JP2708891B2 JP17498389A JP17498389A JP2708891B2 JP 2708891 B2 JP2708891 B2 JP 2708891B2 JP 17498389 A JP17498389 A JP 17498389A JP 17498389 A JP17498389 A JP 17498389A JP 2708891 B2 JP2708891 B2 JP 2708891B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
data
key
mode
step
electronic
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP17498389A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0340058A (en )
Inventor
香 村田
栄睦 松田
Original Assignee
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、記憶している情報を送信する機能を有している、電子メモ、電子手帳等の電子機器に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION (FIELD OF THE INVENTION) The present invention has a function of transmitting the stored information, electronic memo, an electronic apparatus such as an electronic organizer.

(従来の技術) 電子メモ、電子手帳等の電子機器は、電話帳機能、スケジュール機能等を備えており、それらのデータは電子機器内のメモリに記憶されている。 (Prior Art) electronic memo, electronic devices such as an electronic organizer, a telephone directory function, has a scheduling function, and the like, these data are stored in the memory in the electronic device. そのような電子機器の中には、記憶しているデータを他の電子機器に送信できる通信機能を有しているものがある。 Among such electronic devices, there is one having a communication function capable of transmitting the data stored in the other electronic devices.

従来の電子機器に於いては、データの送信は次の2種の態様のどちらかによって行われている。 Is In the conventional electronic apparatus, the transmission of data is performed by either of the following two aspects. その第一の態様は、受信側の電子機器では通信開始前に記憶しているデータを消去して、送信側の電子機器から送信されてきたデータをメモリ内に格納するものである。 The first aspect, in the electronic device on the receiving side to erase the data stored before starting communication, and stores the data transmitted from the electronic device on the transmitting side in memory. また、第二の態様は、受信側の電子機器では通信開始前に記憶しているデータに追加して、送信側の電子機器から送信されてきたデータをメモリ内に格納するものである。 The second aspect, in addition to data stored before the start of communication with the electronic device on the receiving side is adapted to store data transmitted from the electronic device on the transmitting side in memory.

(発明が解決しようとする課題) 従来の電子機器に於いては、この2種の態様のどちらを行うかは電子機器の種類毎に定まっている。 In the (invention will to challenge Solved) conventional electronic device, either have definite for each type of electronic device performing either of these two aspects. 従って、 Therefore,
第一の態様の電子機器間の通信では、受信側の電子機器が保管しているデータを保存したままでデータを送信しようとしても、そのような通信はできない。 Communication between the electronic device of the first aspect, even trying to send data while the electronic device on the receiving side has stored the data that is stored can not such communications. 逆に、第二の態様の電子機器間の通信では、送信するデータの量が大きかったり、受信側の電子機器のメモリの空領域が小さ過ぎる場合には、データを送信することができないことがある。 Conversely, the communication between the electronic device of the second embodiment, large or the amount of data to be transmitted, when the air space of the memory of the electronic device on the receiving side is too small, it may not be able to send data is there. このように、従来の電子機器が行うデータ送信は使い勝手の悪いものであった。 Thus, data transmission conventional electronic device perform was as poor usability.

本発明はこのような現状に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、前述の2種の態様のデータ送信のどちらでも任意に行うことのできる電子機器を提供することにある。 The present invention has been made in view of such circumstances, and an object is to provide an electronic apparatus capable of performing any either data transmission of the two previous embodiments.

(課題を解決するための手段) 本発明の電子機器は、データを記憶する記憶手段、及び該記憶手段に記憶されているデータを他の電子機器に送信する通信機能を有する電子機器であって、受信側の電子機器が記憶しているデータに追加してデータを送信する追加モードと、受信側の電子機器が記憶しているデータを削除してデータを送信する更新モードとの選択を行う送信モード選択手段を備えており、そのことにより上記目的が達成される。 Electronic device of the present invention (Means for Solving the Problems) is an electronic apparatus having a communication function to transmit storage means for storing data, and the data stored in the storage means to another electronic device performs an additional mode of the electronic device on the receiving side to send data in addition to data stored, the selection of the update mode in which the electronic apparatus of the receiving side transmits the data to delete the data stored includes a transmission mode selecting means, the object is achieved.

(作用) 上記構成によれば、オペレータ(使用者)が送信モード選択手段を操作して、追加モードを選択すると、受信側の電子機器が記憶しているデータに追加してデータを送信する追加モードによるデータ送信が行われる。 (Operation) According to the above configuration, additional operator (user) operates the transmission mode selection means, for transmitting Selecting add mode, the data is added to the data by the electronic device on the receiving side are stored data transmission by is performed mode. 一方、オペレータが送信モード選択手段を操作して、更新モードを選択すると、受信側の電子機器が記憶しているデータを削除してデータを送信する更新モードによるデータ送信が行われる。 On the other hand, the operator operates the transmission mode selection unit, selecting the update mode, data transmission is performed by the update mode the electronic device on the receiving side transmits the data to delete the data stored.

このため、本発明によれば、ハード的には送信モード選択手段を設けるだけで、従来行えなかった追加モードによるデータ送信及び更新モードによるデータ送信の両方を選択的に実行することができる。 Therefore, according to the present invention, only the hardware provided transmission mode selection means, it is possible to perform both data transmission by additional modes could not be performed prior by data transmission and update mode selectively.

(実施例) 本発明を実施例について以下に説明する。 It will be described below an example (Example) The present invention.

第1図に本発明の実施例の構成を示す。 Showing the configuration of an embodiment of the present invention in Figure 1. この実施例は、多くの機能を有することのできる電子メモであるが、説明を簡潔にするために、以下ではスケジュール機能、電話帳機能及び電卓機能の3機能のみを有するものとして説明する。 This embodiment is an electronic memo, which may have many functions, for the sake of brevity, in the following be described as having only three functions of the schedule function, phone book function, and calculator functions.

第1図に示す本実施例の各部分を説明する。 Each portion of the embodiment shown in Figure 1 will be described. CPU1は、 CPU1 is,
プログラムROM2に格納されているプログラムを実行することにより、電子機器全体の制御を行う。 By executing the program stored in the program ROM 2, and controls the entire electronic device. ワークRAM3 Work RAM3
は、CPU1が処理を行なう場合に作業用のエリアとして使用されるRAMである。 Is a RAM used as an area for work when the CPU1 performs processing. CGROM4は表示用の文字パターンを記憶するROMである。 CGROM4 is a ROM for storing a character pattern for display.

表示部5はLCDによって構成され、文字や図形等のシンボルを表示する部分であり、本実施例では12桁×2段の表示文字数を有している。 Display unit 5 is constituted by a LCD, a section for displaying symbols such as characters and figures, in the present embodiment has a display characters of 12 digits × 2 stages. 表示部5の上段は1文字が5×7ドットで構成されたドット部5aであり、下段は7 Upper display unit 5 is a dot portion 5a constituted one character at 5 × 7 dots, and the lower 7
セグメント構成のセグメント部5bである(第8図等参照)。 A segment portion 5b of the segment configuration (see etc. FIG. 8). LCDドライバ6は、表示用RAM7中の文字パターンを、表示部5を駆動するための電気信号に変換して表示部5に与える部分である。 LCD driver 6, a portion that gives the character patterns in the display RAM 7, display unit 5 into an electric signal for driving the display unit 5. 表示用RAM7の各1bitが表示部5の1画素にそれぞれ対応しており、CPU1によって表示用RAM7に表示パターンが設定されると、該表示パターンはLCDドライバ6によってLCDの駆動信号に変換されて表示部5に送られ、表示部5のLCDの表示状態が更新される。 Each 1bit of display RAM7 is respectively correspond to one pixel of the display unit 5, when the display pattern in the display RAM7 by CPU1 is set, the display pattern is converted into an LCD drive signal by the LCD driver 6 is sent to the display unit 5, LCD display state of the display unit 5 is updated.

通信部8は他の機器とデータの送受信を行なう部分であり、他の電子機器との間で通信を行うために、信号出力用の端子Soと信号入力用の端子Siとを有している。 The communication unit 8 is a portion for transmitting and receiving other equipment and data, for communication with another electronic device, and a terminal Si of terminals So and the signal input of the signal output .

キー部9には多数のキーが設けられており、キー入力の有無を検出し、その結果及び操作されたキーの種類を The key unit 9 includes a number of keys arranged to detect the presence or absence of the key input, the type of the result and operated key
CPU1に伝える部分である。 It is a part to tell the CPU1. このキー部9のキーの種類については後述する。 About the kind of key for this key section 9 will be described later. データRAM10は主にユーザの登録したデータを記憶する部分であり、ユーザーのデータを記憶するユーザーデータ記憶部10c、ユーザーが入力したデータやユーザーデータ記憶部10cから呼び出されたデータを一時的に記憶する入出力バッファ10a、及びユーザーデータ記憶部10cに記憶されたデータの管理を行なうデータ管理エリア10bを有している。 Data RAM10 is a portion for mainly storing registered data of the user, temporarily storing the data called from the user data storage unit 10c, the user enters data and user data storage unit 10c for storing user data and a output buffer 10a and the data management area 10b for performing user data storage unit 10c in the stored management data to.

第2図にデータRAM10の詳細を示す。 Showing details of data RAM10 in Figure 2. 本実施例では、 In this embodiment,
ユーザーは2種類のデータ、即ち電話帳データ(以下ではTELデータと称することもある)及びスケジュールデータ(以下ではSCHDデータと称することもある)を登録することができる。 Users can register two kinds of data, i.e., the phone book (also referred to as TEL data in the following) data and schedule data (hereinafter also referred to as SCHD data in). TELデータは、名前部、会社名部、 TEL data, the name part, company name part,
番号部の3個のパートから構成されている。 It is composed of three parts of the number portion. SCHDデータは、用件部、年部、月部、日部、時部、及び分部の6個のパートより構成されている。 SCHD data, business unit, year part, month part, day part, is composed of six parts of the time section, and Wakebe. 該年部から分部迄の領域は、第2図では符号105で示している。 Region from 該年 unit until Wakebe, in the FIG. 2 are indicated by reference numeral 105. 入出力バッファ1 Input and output buffer 1
0aはこれらの各パートの内容を一時的に記憶するものであり、名前部101、会社名部102、番号部103、用件部10 0a is temporarily stores the contents of each of these parts, the name section 101, the company name 102, number 103, business unit 10
4、及び年/月/日/時/分部105の各領域を有している。 4, and has each of the regions of the year / month / day / hour / Wakebe 105. データ管理エリア10bの使用バイト数/残りバイト数部106には、ユーザーデータ記憶部10c中のユーザーが既に使用したエリアのバイト数(即ち、後述するTELデータ部109のバイト数とSCHDデータ部110のバイト数との合計)、及び後述の空きエリア110のバイト数を格納されている。 The number of bytes used in the data management area 10b / The remaining number of bytes parts 106, the user data storage unit 10c the number of bytes of area that the user has already used in (i.e., the number of bytes of TEL data unit 109 to be described later and SCHD data portion 110 the total number of bytes and the), and stored the number of bytes of free area 110 will be described later. TELデータ件数/SCHDデータ件数部107は、TEL TEL number of data / SCHD number of data unit 107, TEL
データ又はSCHDデータとして登録されているデータの件数を記憶する。 Storing the number of data registered as the data or SCHD data. 符号108は、メモリを管理するのに必要なその他のデータのための領域を示す。 Reference numeral 108 denotes an area for other data required to manage the memory. ユーザーデータ記憶部10cは、TELデータとして登録されたデータを記憶するTELデータ部109、及びSCHDデータとして登録されたデータを記憶するSCHDデータ部110を有している。 User data storage unit 10c includes a SCHD data portion 110 for storing the TEL data unit 109 stores the registered as TEL data data, and SCHD is registered as data data. また、空きエリア111は未使用の記憶領域である。 Also, free area 111 is a storage area unused. TELデータ及びSCHDデータは不定長のデータであるため、1データ当たりの占有バイト数は決まっていない。 Since the TEL data and SCHD data is data of indefinite length, occupied bytes per data not determined. 従って、TE Therefore, TE
Lデータ部109及びSCHDデータ部110は共に動的に割り当てられており、データの新規登録及び削除に伴って伸び縮みする。 L data unit 109 and the SCHD data unit 110 is dynamically allocated together to expand and contract with the new registration and deletion of data. それらのデータ部では、データとデータとの間に空きがあることはなく、データは必ず前詰めで記憶されている。 In those data portion, not that there is an empty space in between data and data, the data is stored without fail in the previous filling. 更に登録データの順番については、TELデータは名前部のアイウエオ(50音)順に、SCHDデータは年月日時分の若い順に記憶されている。 Furthermore, for the order of the registration data, TEL data name of alphabetical (syllabary) sequentially, SCHD data is stored in the ascending order of YearMonthDayHHMM.

キー部9に設けられているキーの幾つかを第3図に示す。 Some of the keys provided on the key unit 9 shown in Figure 3. これらのキーの働きを簡単に説明する。 Functions of these keys will be described briefly. 機能キー31 Function key 31
は、他のキーに第2の機能を付与する所謂「2nd FUNCTI Is a so-called "2nd FUNCTI for applying a second function to the other key
ON」キーとして機能し、必要に応じて各キーの操作の前に押されるキーである。 Functions as ON "key is a key to be pressed before the operation of each key as needed. MODEキー32は、本実施例の主たる機能である電話帳機能、スケジュール機能及び電卓機能をそれぞれ実行するためのTELモード、SCHDモード及びCALモードの3種のモードの中から目的のモードを選択するためのキーである。 MODE key 32, the phone book function is a main function of this embodiment, to select the TEL mode, desired mode among the three modes of SCHD mode and CAL mode for executing each of the scheduling function and Calculator it is a key for. ON/Cキー33は、電源が切れている時は通常の電源キーとして、電源が既に入っている時には表示の状態を初期状態に戻すためのキーとして機能する。 ON / C key 33, when the power is off as a normal power key, when the power is already in functions as a key for returning the state of the display to the initial state. OFFキー34は装置の電源を切るためのキーである。 OFF key 34 is a key for turning off the power of the device. 登録キー35は、ユーザーが入力したデータをユーザーデータ記憶部10cに登録するためのキーである。 Registration key 35 is a key for registering the user enters data into the user data storage unit 10c. 呼出キー36は、ユーザーデータ記憶部10cに登録されているデータを呼び出して、表示部5に表示させるためのキーである。 Calling key 36 calls the data registered in the user data storage unit 10c, which is a key for displaying on the display unit 5. 通信キー37は他のセットと通信をする時用いるキーである。 Communication key 37 is a key used when communicating with other sets. メモリチェックキー38は、メモリの使用状況を表示させたいときに使用するキーである。 Memory check key 38 is a key to be used when you want to display the usage of memory. 削除キー Delete key
39は、入力文字や入力データ等を消去するときに用いるキーである。 39 is a key used when clearing the input character or input data, and the like.

文字入力用キー40は、数字(0〜9)、カタカナ、英字(A〜Z)及び記号(+、−等)を入力するためのキー群であり、文字等の入力時に用いられる。 Character input keys 40, numeric (0-9), katakana, alphabetic characters (A through Z) and symbols (+, -, etc.) is a key group for entering, used at the time of input of characters or the like. 名前/会社名キー42は、TELモードに於いて会社名で呼び出しを行なう場合に用いる。 Name / Company key 42 is used when performing a call with the company name at the TEL mode. 即ち、本実施例はTELモードでは名前が前方一致するデータを呼び出す機能と会社名が前方一致するデータを呼び出す機能とを持っているが、名前/会社名キー42はその後者の機能を働かせるときに用いるキーである。 In other words, when the present embodiment is function and company name to call the data whose name matches the front in the TEL mode has the ability to call the data that matches the front, name / company name key 42 to work the latter functions it is a key to be used for. RESETキー41は、システム全体を強制的にある状態(仮にリセット状態と呼ぶ)にするためのキーである。 RESET key 41 is a key for the state of the overall system forces (tentatively referred to as a reset state). このキー41は他のキーとは異なってCPU1のハードウェアに直結しており、CPU1が如何なる状態であってもインタラプトによりCPU1を動かすことができる。 The key 41 is directly connected to CPU1 hardware different from the other keys, it is possible to CPU1 moves the CPU1 by interrupt be any state. 換言すれば、他のキーはCPU1が入力を要求したとき以外は In other words, the other keys except when CPU1 has prompted
CPU1に信号を与えることができない。 CPU1 can not be given the signal to.

本実施例に於ける処理の概略のフローチャートを第4 The flowchart of outline of in the process of the present embodiment 4
図に示す。 It is shown in the figure. 先ず、本システムではユーザーが何もしないときは、ステップS1にてAPO(Auto Power Off)カウントを行ないながらユーザーのキー入力を持つ。 First, when the user does nothing in this system has a user key input while performing APO (Auto Power Off) counted in step S1. もし、所定時間以上、キーの入力がなければ節電のため電源は自動的に遮断される。 If more than a predetermined time, the power supply to save power if there is no input of the key is blocked automatically. APOカウントは、そのための時間カウントである。 APO count is the time count for that. 何れかのキーが押されると、キー部9よりキー入力有の信号と押されたキーの種類を示すコードとが送られてくる。 When any key is pressed, a code indicating the type of key pressed a signal of a key entry has been from the key unit 9 is sent. フローは、キー分け(ステップS2) Flow key classification (Step S2)
に進み、押されたキーの種類に従って、どの処理を行なうかを選択する。 Advances to, according to the type of pressed key to select what action. そして、押されたキーの処理をステップS3にて行なう。 Then, the processing of the pressed key in step S3. このステップS3での各種キー処理ルーチンでは、CPU1によりプログラムROM2の内容に従ってワークRAM3、通信部8、データRAM10等を用いて処理が行なわれ、その後表示ルーチンに進む(ステップS4)。 In various key processing routine in step S3, the workpiece RAM3 according to the contents of the program ROM2 by CPU 1, the communication unit 8, the processing using data RAM10 like is performed, and then proceeds to the display routine (step S4).

表示ルーチンでは、各種キー処理ルーチンから指示された桁の表示を行なうため、表示したい文字の文字パターンをCGROM4より取り出し、表示用RAM7の表示させたい桁の位置に文字パターンをセットする。 The display routine, for displaying the indicated column from a variety of key processing routine, the character pattern to be displayed is taken out from CGROM4, it sets the character pattern at the position of the digit to be displayed in the display RAM 7. 表示用RAM7にセットされた文字パターンは、LCDドライバ6によりLCDを駆動するための電気信号に変換され、表示部5にて表示が行われる。 Character pattern which is set in the display RAM7 is converted into an electric signal for driving the LCD by the LCD driver 6, display is performed on the display unit 5.

ステップS4に於ける表示処理が終了すると、フローは再びステップS1のキー待ちに戻り、次のキー入力を待つことになる。 If in the display processing in step S4 is completed, the flow returns again to the key waiting step S1, and waits for the next key input. 電源が切れているときにON/Cキー33が押された場合には、フローは強制的にステップS5よりスタートさせられる様になっている。 When the ON / C key 33 is pressed when the power is off, the flow is forced to like is to start from the step S5. ここで、主機能としてTE Here, TE as the main function
Lモードが選択され、ステップS6のCキーの処理に進む(第5図)。 L mode is selected, the process proceeds to the key of C the process of step S6 (FIG. 5).

第6図にCキー処理のフローを示す。 It shows the flow of the C key processing in Figure 6. ここでは現在選択されているモードに対してその初期状態を設定し、その後選択されているモードに応じた表示ルーチンを選択し、そこへ制御を移す。 This sets the initial state with respect to the currently selected mode, select the display routine depending on which mode is then selected, and passes control to it. 各モードの初期状態を第9図に示す。 The initial state of each mode is shown in Figure 9.

RESETキー41が押されると、フローがどの状態を処理中であってもステップS7(第4図)に制御が移される。 When RESET key 41 is pressed, the control to step S7 even during processing which state flow (Figure 4) is transferred.
ここで第7図に示すように現在のすべての状態を放棄しリセット状態を設定する。 Here, as shown in FIG. 7 disclaims all current state of setting the reset state. そして、ステップS4中のRESE And, RESE in step S4
T表示ルーチンへ移る。 It moves to the T display routine. 第8図にリセット表示を示す。 It shows the reset display in FIG. 8.
第8図の状態は、データRAM10のデータ管理エリア10b及びユーザデータ記憶部10cに格納されているユーザーデータを全て消去して初期化するか否かをユーザーに選択させる状態である。 State of Figure 8 is a state to select whether to initialize erase all user data stored in the data management area 10b and the user data storage unit 10c of the data RAM10 users. ここで、「YES」を表わす所定のキー(本実施例では登録キー35)を押すと、ユーザーデータは全て消去される。 Here, pressing a predetermined key representing "YES" (registration key 35 in this embodiment), the user data is erased. その所定のキー以外のキーを押すと、消去及び初期化処理は行われず、Cキーの処理(ステップS6)へ移る様にされている。 Pressing a key other than the predetermined key, erasing and initialization processing is not performed, are the like moves to the processing C key (step S6).

次に各キーの処理について説明する。 Next, a description will be given of a process of each key.

第10図にOFFキー34の処理を示す。 It shows the processing in the OFF key 34 in FIG. 10. OFFキー34が押された場合は表示部5の表示を消去し、システムの電源を切る。 If OFF key 34 is pressed to erase the display of the display unit 5, power down the system. これでこの電子メモは動作を停止する。 Now this electronic memo to stop the operation. 但し、データRAM10は別電源によって作動するので、データRAM10に登録されているユーザーのデータが失われることはない。 However, the data RAM10 so actuated by a separate power supply, no data of users registered in the data RAM10 is lost. また、システムの電源を切った後CPU1内のプログラムカウンターをPOWER-ON処理のアドレスにセットしておく。 Also, previously set program counter in CPU1 after the system has been powered down the address of the POWER-ON process. このことにより、次にON/Cキー33が押されたときにはPOWER-ON処理から処理がスタートさせられる。 Thus, the process from POWER-ON process when the ON / C key 33 is pressed is allowed to start.

第11図に機能キー31の処理を示す。 It shows the process of the function keys 31 in FIG. 11. 機能キー31が押されると、第13図に示すように、表示部5の左側に配設されている機能シンボル13の表示/不表示が切り換えられる。 When the function key 31 is pressed, as shown in FIG. 13, it is switched display / non display of function symbols 13 disposed on the left side of the display unit 5.

第12図に文字入力用キー40の処理を、第14図に文字入力用キー40による文字入力の例を示す。 The processing of the character input keys 40 in FIG. 12 shows an example of the character input by the character input key 40 in FIG. 14. 本実施例では、 In this embodiment,
約100種のカタカナ・英字・数字・記号が入力可能であり、そのために17個のキーが文字入力用キー40として設けられている。 About 100 species of katakana, alphabetic characters, numbers, and symbols are possible input, the 17 pieces of the key to is provided as a character input key 40. 文字入力用キー40の何れかが押されると(ステップS21)、押されたキーに対応する内部コードを発生する。 When one of the character input keys 40 is pressed (step S21), and generates an internal code corresponding to the pressed key. そしてワークRAM3内にある現在のカーソル位置(即ち文字が入力される位置を示す)を示すポインタを取り出し、入出力バッファ10a内のそのポインタの示す位置に上記内部コードを書き込む。 Then take out a pointer to the current cursor position (ie the position where characters are entered) in the work within the RAM 3, and writes the internal code in the position indicated by the pointer in the input buffer 10a. ここで用いたカーソル位置を示すポインタはモードの初期状態を設定したときに初期化され、文字を入力する毎にインクリメントされる。 Pointer indicating the cursor position used here is initialized when setting the initial state of the mode, is incremented each time the input characters. その後、ステップS22にて、表示ルーチン(ステップS4)と同様に入出力バッファ10aの文字コードをCGROM4を用いて文字パターンに展開し、表示用RA Thereafter, at step S22, expand the character code of similarly output buffer 10a and the display routine (step S4) into a character pattern using CGROM4, display RA
M7に書き込むルーチンへ移る。 It moves to the routine to be written to the M7. 第14図はTELモードの初期状態から文字を入力する例を示しており、図中右側の Figure 14 shows an example of inputting the characters from the initial state of the TEL mode, in the right side of the figure
IB Nは入出力バッファ10a内の名前部に入力されている文字列を示す。 IB N denotes the character string entered in the name of the output buffer 10a. 第14図(a)は初期表示であり、この時IB FIG. 14 (a) is the initial display, this time IB
Nには何も入っていない、即ちNULLである。 Does not contain anything to N, that is, NULL. ここで文字入力用キー40により「ア」の文字を入力すると、IB Nに「ア」が入れられ、表示も第14図(b)のようになる。 Now by the character input key 40 to enter the letters "A", "A" is placed in IB N, displayed so in FIG. 14 (b).
ここで、「ア」の表示の右側のアンダーバー「_」はカーソル位置(即ち次に文字が入力される位置)を示す。 Here, underscore "_" the right side of the display of the "A" indicates a position (ie, then position the character is entered) the cursor.
更に「カ」を入力した場合には、IB Nに「カ」が追加され、表示は第14図(c)に示すようになる。 Further when inputs "Ka" is added "Ka" into IB N, display is as shown in Figure No. 14 (c).

MODEキー32が押された場合の処理を第15図に示す。 The processing when the MODE key 32 is depressed is shown in Figure 15. MO MO
DEキー32が押されると、先ず機能シンボル13(第13図) When DE key 32 is depressed, first function symbol 13 (Figure 13)
が点灯しているかどうかが調べられる(ステップS3 There is checked whether it is lit (step S3
1)。 1). 機能シンボル13が点灯していない場合には、現在の機能モードの種類に応じて次に設定される機能モードの種類が異なる(ステップS32)。 If the function symbol 13 is not lit, the type of functional modes are then set according to the type of the current functional mode are different (step S32). 即ち、現在の機能モードがTELモードであれば、SCHDモードが設定され(ステップS33)、現在の機能モードがSCHDモードであれば、CALモードが設定され(ステップS34)、現在の機能モードがCALモードであれば、TELモードが設定される(ステップS35)。 That is, if the current function mode is TEL mode, SCHD mode is set (step S33), if the current function mode is SCHD mode, CAL mode is set (step S34), the current functional mode CAL if mode, TEL mode is set (step S35). 従って、MODEキー32が押される毎にモードは、第9図の矢印aで示すように、TELモード→S Therefore, the mode for each MODE key 32 is pressed, as shown by the arrow a in FIG. 9, TEL mode → S
CHDモード→CALモード→TELモードの順序(この順序を順方向と称す)で循環的に順次切り換えられる。 Cyclically be switched sequentially in the order of CHD mode → CAL mode → TEL mode (referred to this order as the forward direction).

機能シンボル13が点灯している(表示されている)場合にはステップS36に進み、現在の機能モードがTELモードであれば、CALモードが設定され(ステップS37)、現在の機能モードがSCHDモードであれば、TELモードが設定され(ステップS38)、現在の機能モードがCALモードであれば、SCHDモードが設定される(ステップS39)。 Proceeds to function symbol 13 (is displayed) is lit step S36 when, the current functional mode if TEL mode, CAL mode is set (step S37), the current functional mode SCHD mode if, TEL mode is set (step S38), the current functional mode if CAL mode, SCHD mode is set (step S39).
従って、MODEキー32が押される毎にモードは、第9図の矢印bで示すように、TELモード→CALモード→SCHDモード→TELモードの順序(この順序を逆方向と称す)で循環的に順次切り換えられる。 Thus, each mode MODE key 32 is pressed, as indicated by arrow b in FIG. 9, cyclically in order of TEL mode → CAL mode → SCHD mode → TEL mode (referred to this order as the reverse) sequentially switched.

このように、機能キー31を押さずにMODEキー32を操作すると、モードは順方向aに順次切り換わる。 Thus, by operating the MODE key 32 without pressing the function key 31, mode switched sequentially cut in the forward direction a. 一方、機能キー31を押してMODEキー32を操作すると、モードは逆方向bに順次切り換わる。 On the other hand, when operating the MODE key 32 by pressing the function key 31, mode switched sequentially cut in the opposite direction b. 従って、TELモードからCALモードに切り換える場合には、SCHDモードを経由することなくCALモードに切り換えることができる。 Therefore, when switching from the TEL mode to CAL mode can be switched to CAL mode without passing through the SCHD mode. この場合、M In this case, M
ODEキー32は1回押すだけでよい。 ODE key 32 need only press once.

登録キー35の処理を第16図に示す。 The process of registration key 35 shown in FIG. 16. また、TELモードに於いて登録キー35を用いてデータを登録する手順の一例を第17図に示す。 Further, an example of a procedure for registering data using the registration key 35 at the TEL mode in FIG. 17. 第17図に於いて、図の左側は登録キー35の操作或は文字入力用キー40の操作によって入力された文字列又は数字列を示し、図の右側はその操作又は入力が行われた場合の表示部5の表示内容を示している。 In Figure 17, the left side of the diagram shows the character string or numeric string entered by operating the operation or character input keys 40 of the registration key 35, the right figure when the operation or input is performed It shows the display contents of the display unit 5.

先ず、第17図(a)の初期状態に於いて文字入力用キー40を用いて名前「コバヤシ」を入力すると、「コバヤシ」が表示部5のドット部5aに表示される(同図(b))。 First, by entering a name "Kobayashi" using the character input keys 40 at the initial state of FIG. 17 (a), "Kobayashi" is displayed in the dot portion 5a of the display unit 5 (FIG. (B )). 登録キー35を押すと、フローはステップS41 When you press the registration key 35, the flow step S41
に進む。 Proceed to. 現在入力しているのは名前部であるため、更にステップS43に進み、番号部の入力状態に設定される。 Because of the currently input is the name portion, the flow proceeds further to step S43, is set to the input state of the number portion.
その後、「バンゴウ?」を表示するルーチンに移行し、 Thereafter, the flow proceeds to the routine to display the "number?",
ドット部5aに「バンゴウ?」が表示される(第17図(c))。 The dot portion 5a "Number?" Is displayed (FIG. 17 (c)). 電話番号「03-123-4567」を文字入力用キー4 Telephone number "03-123-4567" a character input key 4
0を用いて入力する。 To enter using a 0. 入力された電話番号は表示部5のセグメント部5bに表示される(第17図(d))。 Input telephone number is displayed on the segment portion 5b of the display unit 5 (FIG. 17 (d)).

ここで再度登録キー35を押すと、フローはS41→S42→ When you press the registration key 35 Here again, the flow S41 → S42 →
S44→S45と進み、会社名部の入力状態に設定され、「カイシャメイ?」表示ルーチンに移行する。 S44 → S45 and the process proceeds, is set to the input state of the company name part, to shift to "Kaishamei?" Display routine. 第17図(e) FIG. 17 (e)
に示すように、「(カイシャメイ?)」が表示部5のドット部に表示される。 As shown in, "(Kaishamei?)" Is displayed on the dot part of the display unit 5. ここで括弧を用いているのは、会社名部の入力状態と名前部の入力状態とを混同しないようにするためである。 Here're using the brackets is not to be confused with the input state of the input state and the name of the company name part. 会社名として「シャープ」を入力した状態を第17図(f)に示す。 A state in which enter a "sharp" as the company name shown in Figure No. 17 (f).

この状態で登録キー35を押すと、フローはS41→S42→ When you press the registration key 35 in this state, the flow S41 → S42 →
S44→S47と進む。 S44 → S47 to proceed. 入力されたデータである「コバヤシ」、「シャープ」及び「03-123-4567」は第12図の文字入力用キー処理ルーチンによって、入出力バッファ10 An input data "Kobayashi" by "sharp" and "03-123-4567" is key processing routine for character input of Figure 12, output buffer 10
aの名前部101、会社名部102及び番号部103にそれぞれ一時的に記憶されているが、ステップS47に於いて、それらのデータはTELデータとしてユーザーデータ記憶部10c a name portion 101 of each company name portion 102 and a number portion 103 has been temporarily stored, in the step S47, the user data storage section 10c as their data TEL data
中のTELデータ部109に転送される。 It is transferred to the TEL data portion 109 in. この際、TELデータ部109中のTELデータは、名前部がアイウエオ順(即ち、 In this case, TEL data in the TEL data unit 109, the name part alphabetical order (that is,
ア→ン→A→Z→0→9→記号の順)になるように並び換えられて記憶される。 A → down → A → Z → 0 → 9 → symbol sequence) to become so rearranged are to be stored. 更に、データ管理エリア10b中の使用バイト数/残りバイト数及びTELデータ件数が更新された後、Cキーの処理が行われ、初期化される。 Furthermore, after the number of bytes used in the data management area 10b / remaining number of bytes and TEL data count is updated, the process of the C key is performed is initialized. 入出力バッファ10aはクリアされる。 Input and output buffer 10a is cleared.

第18図にSCHDデータの登録手順を示す。 It shows a registration procedure SCHD data in FIG. 18. この図に於いても、第17図と同様に、図の左側は登録キー35の操作或は文字入力用キー40の操作によって入力された文字列又は数字列を示し、図の右側はその操作又は入力が行われた場合の表示部5の表示内容を示している。 Also in this figure, as with Figure 17, the left side of the diagram shows the character string or numeric string entered by operating the operation or character input keys 40 of the registration key 35, the right side of FIG its operation or input indicates the display contents of the display portion 5 when done. 第18図(a)に示す初期状態から、年、月、日、時、分、用件の順に入力される。 From the initial state shown in FIG. 18 (a), year, month, day, hour, minute, it is input in the order of business. これらのデータは全て入出力バッファ10a内に格納され、文字等が入力される毎にカーソルが自動的に進められる。 These data are all stored in the input buffer 10a, a cursor for each character or the like is entered automatically advanced. 第18図(b)は年として「198 FIG. 18 (b) "198 as the year
9」を入力した状態を、同図(c)は「10」月「12」日を入力した状態を、同図(d)は「12」時「35」分を入力した状態を示している。 A state in which enter a 9 ", the figure (c) shows a state in which inputs" 10 "month" 12 "date, FIG (d) shows a state in which inputs" 35 "minutes when" 12 " . 年はドット部5aに「年」と共に表示される。 Year is displayed on the dot portion 5a along with the "year". 月、日、時、分はセグメント部5aに表示される。 Month, day, hour, minute is displayed in the segment portion 5a. 第18図(d)に示すように、分の1の位の数が入力されると、年〜分のデータは入出力バッファ10aの領域105に一時的に保管される。 As shown in FIG. 18 (d), the number of the first digit of a minute is entered, data for the year-content is temporarily stored in the region 105 of the output buffer 10a. ドット部5aの年の表示が消され、代わりに「ヨウケン?」が表示される。 Display of the dot portion 5a year is erased, "Requirements?" Is displayed instead. 用件データとして「パーティー」を入力すると、ドット部5a If you enter a "party" as business data, dot portion 5a
に文字列「パーティー」が表示される(第18図(d))。 The character string "party" is displayed in (FIG. 18 (d)). この用件データは用件部104に保管される。 The business data is stored in the business unit 104.

ここで、登録キー35を押すと、第16図のステップS41 Here, pressing the registration key 35, the FIG. 16 step S41
及びS46の処理が行われる。 And the processing of S46 is performed. ステップS46では、年〜分のデータ中に規定外のデータ(例えば、「13」月、「40」 In step S46, data of the provisions outside in the data of the year-minute (for example, "13" the month, "40"
日、「25」時、「90」分)があるかどうかのチェックが行われる。 Day, when "25", it is checked whether there is a "90" minutes) it is carried out. もし規定外のデータが有れば、「日時マチガイ!」表示ルーチンに進み、ドット部5aに「日時マチガイ!」が表示される(第19図)。 If there is a defined outside the data, the process proceeds to "date mistake!" Display routine, "Date mistake!" Is displayed on the dot unit 5a (Figure 19). 年〜分のデータに問題が無ければ、ステップS47に進み、前述のTELデータの場合と同様の記憶処理が行われる。 If there is no problem in data year-content, the process proceeds to step S47, the same storage process in the previously described TEL data. SCHDデータは、SCHDデータ部110内で、年月日時分の若い順に記憶されている。 SCHD data within SCHD data unit 110, are stored in ascending order of YearMonthDayHHMM.

次に通信キーの処理について説明する。 Next, a description will be given of a process of communication key. 2台の電子メモ間で通信を行う場合には、第20図に示すように、一方の電子メモAの信号出力用Soと他方の電子メモBの信号入力用端子Siとを、電子メモAの信号入力用Siと電子メモBの信号出力用Soとをそれぞれ接続する。 When performing communication between two electronic memo, as shown in FIG. 20, the terminal Si signal input of one of the electronic memo A So. signal output of the other electronic memo B, electronic memo A connecting the signal input Si and electronic memo B and a signal output So respectively. 本実施例では、先に通信キーが押された電子メモ(以下の例では電子メモB)が受信側になり、その後に通信キーが押された電子メモ(以下の例では電子メモA)が送信側となるようにされている。 In this embodiment, prior to become the receiving side (electronic memo B in the example below) communication key is pressed electronic memo, after which the electronic memo communication key is pressed (hereinafter the electronic memo A in the example) It is such that the transmission side.

第21A図及び第21B図を用いて通信キーを押した場合の処理の流れを説明する。 The processing flow when pressing the communication key using the first 21A view and a 21B views illustrating. 尚、第21A図及び第21B図中の破線は両電子メモ間の送信のフローを示している。 The broken line of the 21A diagrams and in the 21B diagram shows the flow of transmission between two electronic notes. 電子メモBの通信キー37が押されると処理はステップS51に移り、電子メモBの信号出力端子Soから応答要求の信号が送出され、電子メモAが受信状態にあるかどうか(即ち、先に通信キー37が押されたかどうか)が調べられる。 Processing a communication key 37 of the electronic notes B is pressed moves to step S51, the outgoing signal of the response request from the signal output terminal So of the electronic notes B, whether electronic memo A is in the reception state (i.e., before whether or not the communication key 37 is pressed) is examined. この時、電子メモAでは通信キー37は未だ押されていないので第4図のステップS1の状態にあり、キー入力を待ちながらAPOカウントを行っている。 At this time, since the electronic memo In A fax key 37 has not yet been pressed in a state of FIG. 4 in step S1, is performed APO count while waiting for key input. 従って、その信号入力端子Siに応答要求の信号が入ってきても無視し、応答信号は送出されない。 Therefore, ignore any incoming signal of the response request to the signal input terminal Si, the response signal is not sent. そのため、電子メモBではステップS70に進み、表示部5に「ジュンシモード」 Therefore, the process proceeds to electronic memo step S70 in B, "Jun Shi mode" on the display unit 5
が表示され(第23B図(a))、ステップS71にてCキー入力又は信号入力端子Siへの信号入力を持つ。 There appears (section 23B diagram (a)), having a signal input to the C key input or a signal input terminal Si at step S71. この待機状態ではCキー以外の操作は受け付けず、Cキー33が押された場合には通信状態は解除され、第6図に示したC Operation other than the C key is not accepted in the standby state, if the C key 33 is pressed communication state is canceled, C shown in FIG. 6
キー処理が行われる。 Key processing is performed.

一方、電子メモAでは、この待機状態に於いて電子メモAの通信キー37が押されると、同様にステップ1に於いて信号出力端子Soから応答要求の信号が送出される。 On the other hand, in the electronic notes A, the communication key 37 of the electronic notes A is pushed In this standby state, the signal of the same acknowledgment request from the signal output terminal So in step 1 is delivered.
この信号が電子メモBの信号入力端子Siに入力されるので、電子メモBは電子メモAからの応答要求に対して応答を返送して(ステップS73)、ステップS74に進む。 This signal is input to the signal input terminal Si electronic notes B, electronic memo B are returns a response to the response request from the electronic memo A (step S73), the process proceeds to step S74. 電子メモBからの応答を受信した電子メモAはステップS5 Electronic receiving a response from the electronic memo B Note A is Step S5
3へ進み、その表示部5は、追加モードで送信するのか、更新モードで送信するのかの選択画面になる(第23 Advances to 3, the display unit 5, either to transmit additional mode, to one of the selection screen transmitted in update mode (23
A図(a))。 A diagram (a)).

追加モードとは、送信側(電子メモA)から送ったデータが、受信側(電子メモB)に元からあるデータに対して追加されるモードである。 And append mode, data sent from the transmission side (electronic memo A) is a mode that is added to the data in the original to the receiving side (electronic memo B). 従って、この追加モードでの通信が行われた場合には、受信側に元からあったデータは消滅することなくそのまま存在している。 Therefore, when the communication in this additional mode is performed, and it exists without being extinguished is a data from the source to the receiver. これに対して、更新モードとは、受信側では、通信開始前から記憶されているデータはクリアされた後、送信側からデータを受け取るモードである。 In contrast, the update mode, the receiving side, the data stored before the start of communication after being cleared, a mode to receive data from the transmitting side. 従って、送信側のデータを受信側で完全に複写することが可能である。 Therefore, it is possible to completely replicate the data on the transmission side on the reception side. 追加モード又は更新モードの何れを使用するかは、文字入力用キー群40中の[1]キー又は[2]キーを押すことによって選択される(ステップ4)。 Whether to use any additional mode or update mode, [1] in the character input key group 40 is selected by pressing a key or [2] key (step 4). ステップS54に於いてC C In the step S54
キー33が押されると前述のCキー処理が行われる。 C key processing described above the key 33 is pressed is performed.

ステップS54に於いて電子メモAの[1]キーが押されて追加モードが選択された場合(a)と、[2]キーが押されて更新モードが選択された場合(b)とを説明する。 Step [1] of the electronic memo A at to S54 if the additional key is pressed and the mode is selected and (a), illustrating a [2] When a key is pressed and update mode is selected (b) to.

(a)追加モードが選択された場合 ステップS54に於いて[1]キーが押されると、コマンドコードとして追加コードを電子メモB側に送信し(ステップS56)、表示部5に「ソウシン中」を表示し(ステップS58、第23A図(b))、先頭データフラグiA (A) When In case step S54 additional mode is selected [1] key is pressed, it transmits additional code as a command code to the electronic memo B side (step S56), "Sending" is displayed on the display unit 5 display (step S58, the first 23A diagram (b)), the head data flag iA
に0を設定する。 To set to 0. 先頭データフラグiAは、データを1個でも送信したかどうかを表すフラグであり、最初のデータを未だ送っていない状態では0であり、1個でもデータを送ると1となる。 Top data flag iA is a flag that indicates whether or not to send even one of the data, in a state that does not yet sent the first data is 0, and 1 and send the data even one.

追加コードを受信(ステップS74)した電子メモB Electronic memo B that has received the additional code (step S74)
は、ステップS76のRAM10の内容のクリアを行うことなくステップS77に進んで、表示部5に「ジュシン中」を表示する(第23B図(b))。 Proceeds to step S77 without performing clearing the contents of RAM10 in step S76, displays a "receiving" on the display unit 5 (section 23B Figure (b)). その後、電子メモAに対して送信要求コードを送出する(ステップS78)。 Then it sends the transmission request code to the electronic memo A (step S78).

電子メモAは送信要求コードを受信すると(ステップ When electronic memo A receives the transmission request code (step
S60)、先頭データフラグiAを判定する(ステップS6 S60), determines the start data flag iA (step S6
1)。 1). 先頭データフラグiAが0であれば、送信すべきデータの先頭でのアドレスを、データのアドレスを示すポインタDAに与える(ステップS62)。 If the top data flag iA is zero, the address at the beginning of the data to be transmitted, giving the pointer DA indicating the address of the data (step S62). 先頭データフラグi Top data flag i
Aが1であれば、先に送ったデータの次のデータのアドレスをポインタDAに与える(ステップS63)。 If A is 1, giving the address of the next data of the data sent to the previously pointer DA (step S63).

次に、電子メモAはポインタDAの示すアドレスにデータが存在しているかどうかを調べる(ステップS64)。 Next, electronic memo A examines whether the data at the address indicated by the pointer DA is present (step S64).
データが存在していれば、ポインタDAが示しているデータをユーザデータ記憶部10cから入出力バッファ10aにロードし(ステップS65)、「データ有」のコードを信号出力端子Soから電子メモBに送出する(ステップS6 If data has been present, to load the data pointer DA indicates the user data storage unit 10c to output buffer 10a (step S65), the code of "data present" from the signal output terminal So to the electronic memo B and it sends (step S6
6)。 6). 「データ有」のコードを受信した電子メモBはステップS81に進み、データ本体の受信を待つ。 Electronic memo B, which has received the code of "data-stored", the flow proceeds to step S81, waits for the reception of the data body. そして、 And,
電子メモAはデータ本体を電子メモBに送信する(ステップS68)。 Electronic memo A sends the data body in the electronic note B (step S68). データ本体を受信(ステップS81)した電子メモBは、それを入出力バッファ10aに一時蓄えた後、 Electronic memo B to the data body received (step S81), after temporarily stored it to the input and output buffers 10a,
入出力バッファ10a内のデータをユーザデータ記憶部10c The user data storage unit 10c to the data in the input buffer 10a
に格納する(ステップS82)。 And stores it in the (step S82). その後、ステップS78に戻って次のデータ送信を電子メモAに要求する。 Thereafter, the process returns to step S78 to request the next data transmission to the electronic memo A.

データ本体を送信した電子メモAは先頭データフラグ Electronic memo A is the top data flag that sent the data body
iAを1に設定し(ステップS69)、その後ステップS60に戻り電子メモBからの送信要求コードを持つ。 Set iA to 1 (step S69), then returns to the step S60 with the transmission request code from the electronic notes B. 電子メモBからの送信要求コードを受信すると、上述と同様のデータ送信を行う。 Upon receiving the transmission request code from the electronic notes B, it performs the same data transmission as described above. 全てのデータを送信し終わっている場合には、ステップS64に於いて「データ無し」と判定され、ステップS67に進む。 If you are finished sending all the data, in the step S64 is determined to be "no data", the flow proceeds to step S67. ステップS67では、電子メモA In step S67, the electronic memo A
は「データ無し」コードを電子メモBに送信して、Cキー処理へと進む。 Sends the code "no data" to the electronic memo B, advance to the C key processing. 「データ無し」コードを受信(ステップS79)した電子メモBは、ステップS80よりCキー処理へと進む。 Electronic memo B to the "no data" code has been received (step S79), the process proceeds to C key processing from step S80. このようにして、両電子メモA、Bでは、通信処理が終わり、表示部5は初期画面に戻る。 In this way, both electronic memo A, in B, the communication process is terminated, the display unit 5 returns to the initial screen.

(b)更新モードが選択された場合 ステップS54に於いて[2]キーが押された場合は、 (B) If the update mode is selected in step S54 [2] When a key is pressed,
以下の処理以外は上述の(a)の場合と同様の処理が行われる。 Except following processing same processing as in the case of the above (a) is carried out. コマンドコードとして更新コードが電子メモB Update code as a command code is an electronic note B
側に送信される(ステップS57)。 It is transmitted to the side (step S57). 更新コードを受信(ステップS74)した電子メモBは、ステップS74からステップS76に進んでRAM10の内容をクリアし、その後にステップS77に進んで、表示部5に「ジュシン中」を表示する(第23B図(b))。 Electronic memo B received (step S74) the update code, clears the contents of RAM10 proceeds from step S74 to step S76, then the process proceeds to step S77, the displays "receiving" on the display unit 5 (first 23B view (b)).

上述の通信に於いて、何等かの原因(例えば、通信機の切断、電子メモBのメモリの容量不足)によってコードやデータの送受信が途切れた場合には、エラーが発生する。 In the communication we described above, for some reason (for example, disconnection of the communication device, insufficient capacity of the memory of the electronic memo B) when transmitting and receiving the code or data is interrupted by the error. このようなエラーが発生すると、第22図に示すエラー処理が行われる。 When such an error occurs, the error processing is performed as shown in Figure 22. 第21B図のステップS60、S66及びS Step S60 of the 21B Figure, S66 and S
68でエラーが発生すると(これらのエラーを特に「データ送信時エラー」と称する)、第22図ステップS102から処理が始まる。 68 (referred to in particular as "data transmission time error" error thereof) when an error occurs, the process starts at 22 FIG step S102. その他の箇所でエラーが発生した場合には(これらのエラーを「通常エラー」と称する)、ステップS101から処理が行われる。 If an error occurs in other locations (these errors is referred to as a "normal error"), the process is performed from step S101.

第22図のステップS101ではエラー発生状態フラグERD Figure 22 in step S101 the error status flag ERD
を0に設定し、ステップS102ではエラー発生状態フラグ It was set to 0, step S102 in error status flag
ERDを1に設定する。 Setting the ERD to 1. エラー発生状態フラグERDは、上述の2種類のエラーの内のどちらのエラーであるかを示すフラグである。 Error status flag ERD is a flag indicating whether the errors of the two types of errors discussed above. 処理はステップS103に進み、エラーが発生していることを表示部5に示す(第23C図(a))。 The process proceeds to step S103, shown in the display unit 5 that an error has occurred (the 23C diagram (a)).
その後、エラー状態を解除するためにCキー33が押されるのを待つ(ステップS104)。 Then, wait for the C key 33 is pressed in order to release the error condition (step S104). Cキー33が押されると、 When the C key 33 is pressed,
ステップS105に進みエラー発生状態フラグERDの状態を調べる。 The process proceeds to step S105 checks the status of the error occurrence state flag ERD.

エラー発生状態フラグERDが0(通常エラー)である場合には、フローは第6図のCキー状態へ進み、表示部5は第23図(c)のような初期画面となる。 If the error occurrence state flag ERD is 0 (Normal error), the flow advances to C key state of FIG. 6, the display unit 5 becomes the initial screen shown in Figure No. 23 (c). エラー発生状態フラグERDが1(データ送信時エラー)である場合には、ステップS107に進み、送信中のデータ(そのアドレスはポインタDAが示している)の内容を入出力バッファ10aにロードし、入出力バッファ10aの内容を表示するルーチンに移行する。 If the error occurrence state flag ERD is 1 (data transmission time error), the process proceeds to step S107, and loads the output buffer 10a the content of the data being transmitted (the address is shown a pointer DA), to migrate to the routine to display the contents of the input and output buffer 10a. 第23C図(b)にこの場合の表示例を示す。 To a 23C diagram (b) shows a display example of this case.

(発明の効果) 以上の本発明によれば、受信側の電子機器が記憶しているデータに追加してデータを送信する追加モードによるデータ送信及び受信側の電子機器が記憶しているデータを削除してデータを送信する更新モードによるデータ送信の両方を選択的に実行することができるので、オペレータの用途に応じたデータ通信を行うことが可能になる。 According to the above invention (Effect of the Invention), the data the electronic device of the data transmission and receiving with additional mode electronic device on the receiving side to send data in addition to data stored is stored since both remove and data transmission by update mode for transmitting data may be performed selectively, it becomes possible to perform data communication in accordance with the operator application. このため、本発明によれば、データ通信の使い勝手を向上できる電子機器を実現できる。 Therefore, according to the present invention can be realized an electronic device capable of improving the usability of the data communication.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

第1図は本発明の一実施例である電子メモの構成を示すブロック図、第2図はその実施例のデータRAMの構成を示す模式図、第3図は各種のキーを示す図、第4図はその実施例のキー処理のフローチャート、第5図はPOWER- Figure 1 is a block diagram showing an electronic memo structure according to an embodiment of the present invention, schematic diagram showing a structure of a data RAM of FIG. 2 that embodiment, Figure 3 shows the various key figures, the 4 Figure is a flow chart of the key processing in the embodiment, Fig. 5 POWER-
ON処理のフローを示す図、第6図はCキー処理のフローチャート、第7図はリセット処理のフローチャート、第8図はリセット表示を示す図、第9図はモード切換の態様を示す説明図、第10図は機能キー処理のフローを示す図、第11図はOFFキー処理のフローチャート、第12図は文字入力用キー処理のフローチャート、第13図は機能シンボルを示す図、第14図はTELモードに於ける文字入力例を示す図、第15図はMODEキー処理のフローチャート、 Shows a flow of ON process, FIG. 6 is a flow chart of the C key processing, FIG. 7 is a flowchart of reset processing, FIG. 8 is a diagram showing a reset indicator, Figure 9 is an explanatory view showing an aspect of the mode switching, Figure 10 Figure showing a flow of a function key processing, Figure 11 is a flow chart of the OFF key processing, the flow chart of FIG. 12 keys for character input process, Figure 13 shows a functional symbol drawing, Fig. 14 TEL shows the in character input example mode, FIG. 15 is a flowchart of the mODE key processing,
第16図は登録キー処理のフローチャート、第17図はTEL Flow chart of FIG. 16 registration key processing, Figure 17 is TEL
データの登録手順の説明図、第18図はSCHDデータの登録手順の説明図、第19図はデータの誤り表示の一例を示す図、第20図は通信を行う際の接続の仕方を説明する図、 Illustration of the registration procedure of the data, FIG. 18 is a schematic view for illustrating a procedure for registering SCHD data, FIG. 19 is a diagram showing an example of an error display of the data, FIG. 20 illustrates the manner of connection when communicating Figure,
第21A図及び第21B図は通信時のフローチャート、第22図は通信時のエラーが発生した場合のフローチャート、第 The 21A view and a 21B diagram flow chart for communication, FIG. 22 is a flowchart when an error at the time of communication has occurred, the
23A図は通信時の送信側の表示例を示す図、第23B図は通信時の受信側の表示例を示す図、23C図は通信エラーが発生した場合の表示例を示す図である。 23A diagram shows a display example of a transmission side at the time of communication, the 23B figure shows a display example of the receiving side at the time of communication, 23C figure illustrates a display example when a communication error occurs. A……電子メモ(送信側)、B……電子メモ(受信側)、So……信号出力用端子、Si……信号入力用端子。 A ...... electronic memo (transmission side), B ...... electronic memo (receiving side), So ...... signal output terminal, Si ...... signal input terminal.

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】データを記憶する記憶手段、及び該記憶手段に記憶されているデータを他の電子機器に送信する通信機能を有する電子機器であって、 受信側の電子機器が記憶しているデータに追加してデータを送信する追加モードと、受信側の電子機器が記憶しているデータを削除してデータを送信する更新モードとの選択を行う送信モード選択手段を備えている電子機器。 1. A storage means for storing data, and an electronic device having a communication function to transmit the data stored in the storage means to another electronic device, the electronic device on the receiving side are stored Add mode and an electronic device an electronic device on the receiving side and a transmission mode selecting means for selecting the update mode for transmitting data by deleting the stored data to send data in addition to data.
JP17498389A 1989-07-06 1989-07-06 Electronics Expired - Lifetime JP2708891B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17498389A JP2708891B2 (en) 1989-07-06 1989-07-06 Electronics

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17498389A JP2708891B2 (en) 1989-07-06 1989-07-06 Electronics
US08080052 US5377326A (en) 1989-07-06 1993-06-22 Electronic apparatus with remote data supplementation/update selection and error display

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0340058A true JPH0340058A (en) 1991-02-20
JP2708891B2 true JP2708891B2 (en) 1998-02-04

Family

ID=15988170

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17498389A Expired - Lifetime JP2708891B2 (en) 1989-07-06 1989-07-06 Electronics

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2708891B2 (en)

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59205660A (en) * 1983-05-06 1984-11-21 Seiko Instr & Electronics Ltd Information processing system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH0340058A (en) 1991-02-20 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5726669A (en) Multi-window communication system
US6178338B1 (en) Communication terminal apparatus and method for selecting options using a dial shuttle
US6222921B1 (en) Method and apparatus for displaying an electronic phonebook
US4754326A (en) Method and apparatus for assisting user of information retrieval systems
US6223059B1 (en) Communication terminal having a predictive editor application
US6525676B2 (en) Character input device and method
US4698618A (en) Keyboard with arrays of function keys
US4604710A (en) System for converting data processing information to text processing format and vice versa
US6411822B1 (en) Communication terminal
US5768362A (en) Multiple field entry telephone directory for a cellular telephone
US6608637B1 (en) Multitasking graphical user interface
US5592546A (en) Memory dialing control system having improved telephone number retrieval function by using history information
US6750850B2 (en) Viewer system for a wireless device
US6539243B1 (en) Portable radio terminal
US6560638B1 (en) Method of composing electronic mail in which mail expressions corresponding to a category attribute of an electronic mail ID of the destination are inserted into the outgoing electronic mail
US4709387A (en) Multifunctional telephone
US6084954A (en) System and method for correlating incoming and outgoing telephone calls using predictive logic
US5587724A (en) Portable terminal device
US5774537A (en) Method and apparatus for displaying multiple languages in key phone system
US5381461A (en) Interactive display for use in a telephone terminal
US6381474B1 (en) Method of handling phone operations and a phone using the method
US6185295B1 (en) Phone number database for a phone
WO1997044946A1 (en) Portable data terminal
US6195569B1 (en) Phone displaying alternative functionality menu
US5384579A (en) Information display apparatus and method of scrolling displayed data

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071017

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081017

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081017

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091017

Year of fee payment: 12

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091017

Year of fee payment: 12