JP2692784B2 - オブジェクトを視覚的にリンクするシステムおよび方法 - Google Patents

オブジェクトを視覚的にリンクするシステムおよび方法

Info

Publication number
JP2692784B2
JP2692784B2 JP31730794A JP31730794A JP2692784B2 JP 2692784 B2 JP2692784 B2 JP 2692784B2 JP 31730794 A JP31730794 A JP 31730794A JP 31730794 A JP31730794 A JP 31730794A JP 2692784 B2 JP2692784 B2 JP 2692784B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
object
link
means
displaying
property
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP31730794A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07248911A (ja )
Inventor
リチャード・エドモンド・ベリー
Original Assignee
インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F8/00Arrangements for software engineering
    • G06F8/30Creation or generation of source code
    • G06F8/34Graphical or visual programming

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、視覚的プログラミング
において反復を可能にするユーザ・インターフェース技
法に関し、より詳細には、それだけに限定されるもので
はないが反復リンク・オブジェクトに関する。

【0002】

【従来の技術】既存の視覚的プログラムのユーザ・イン
ターフェースを使うと、ユーザは簡単な事象アクション
・シーケンスを視覚的に作成することができる。たとえ
ば、いくつかの視覚的プログラム・プロダクトを使う
と、ユーザは、プッシュボタンまたはデータ・ファイル
などのソース・オブジェクトを、データベースまたはエ
ントリ・フィールドなどのターゲット・オブジェクトに
視覚的に「リンク」できる。このリンクは、クリック、
押す、解除する、ダブル・クリックなどのソース・オブ
ジェクトの特定の「事象」、またはソース・オブジェク
トの特定の状態を認識する。その事象が発生すると、リ
ンクはターゲット・オブジェクトにメッセージを送る。
次に、ターゲット・オブジェクトは、受け取ったメッセ
ージに従って特定のデータ処理(たとえば、削除、挿
入、クリア、付加など)を実行する。したがって、リン
クの内容は事象−メッセージ対と呼ばれる。事象−メッ
セージ対は、ソース・オブジェクト、ソース事象、ター
ゲット・オブジェクトおよびターゲット・アクションを
識別する。例えば、ユーザは、視覚的ビルダ画面を使っ
てプッシュボタン・アイコンを入力フィールド・アイコ
ンにリンクさせることができ、それにより、ユーザがマ
ウスのポインタでプッシュボタン・アイコンをクリック
すると、そのエントリ・フィールドがクリアされる。

【0003】リンクはオブジェクトとして実施すること
ができる。リンク・オブジェクトは、共通のオブジェク
ト挙動をユーザに提供し、したがって他のオブジェクト
と同様に操作できる。たとえば、リンク・オブジェクト
を、リンク・テンプレート・アイコンから作成し、クリ
ップボードにコピーしてどこか他の場所に貼り付け、ク
ズ入れにドラッグして削除し、オープンしてその特性を
表示することができる。その結果、リンク・オブジェク
トは、ユーザ、特に未熟なユーザに、アプリケーション
・プログラムを開発するための視覚的プログラミング環
境を提供する。

【0004】通常、リンク・オブジェクト図形は、3つ
の構成要素を有する。構成要素のうちの2つはリンク・
ハンドルであり、もう1つの構成要素はリンク結合子で
ある。ユーザは、ポインタおよびマウスなどのポインテ
ィング装置の助けによって、各ハンドルをディスプレイ
装置を横切って移動(たとえば、ドラッグ)させ、各ハ
ンドルを別のオブジェクトの上に置く(たとえば、ドロ
ップする)。リンク結合子は、ユーザが直接操作してい
る間は連続的にポインタの後に従い、リンクが確立され
たときに2つのリンク・ハンドルの間に現れる。必要な
らば、リンク・オブジェクトをオープンしてその特性を
表示することによって、結果として生じるリンク・オブ
ジェクトの事象−メッセージ対を修正することもでき
る。

【0005】しかしながら、従来のリンク・オブジェク
トは、ユーザがさらに複雑なアプリケーションを構築し
たいとき、著しい制限と不利益を受ける。例えば、ユー
ザはしばしば、50個の名前の配列のような多数のエレ
メントのソース・オブジェクトを、データベースなどの
ターゲット・オブジェクトに挿入したいことがあるかも
しれない。したがって、リンク・オブジェクトは、配列
の各エレメントごとに挿入アクションを繰り返すこと
(すなわち、反復)ができなくてはならない。さらに、
ユーザは、名前の配列をいくつかのデータベースに挿入
したいこともあるかもしれない。

【0006】

【発明が解決しようとする課題】これらのアプリケーシ
ョンを現在のツールを使って作成するには、ユーザは、
BASIC、Smalltalk、C++などの適切なプ
ログラミング言語を利用して、これらのアプリケーショ
ンの反復をプログラムしなければならない。しかし残念
ながら、ユーザはしばしばこれらのプログラミング言語
に熟練しておらず、したがって、反復を使用するアプリ
ケーションを構築できない。したがって、反復を必要と
するアプリケーションが多いため、反復の視覚的表現が
強く求められている。そのような表現は、プログラマで
ない人が、プログラミング言語を習得する必要なしに反
復のアプリケーションを作成できるようにするものとな
るだろう。

【0007】

【課題を解決するための手段】本発明による方法、プロ
グラム・プロダクトおよびシステムを用いると、ユーザ
が、反復リンク・オブジェクトを使って反復アプリケー
ションを視覚的にプログラムできるようになる。本発明
のグラフィカル・ユーザ・インターフェースは、反復リ
ンク・オブジェクトのアイコン表現を作成する。この反
復リンク・オブジェクトによって、ユーザが、多数のエ
レメントを有するソース・オブジェクトをターゲット・
オブジェクトに取外し可能にリンクできるようになる。
トリガ事象が発生すると、反復リンク・オブジェクト
は、ソース・オブジェクトの個々の各エレメントの全体
にわたってアクションを反復し、ターゲット・オブジェ
クトに向けてその目標を定める。その結果、ユーザは、
名前の配列などの多数のエレメントを有するソース・オ
ブジェクトを、ターゲット・オブジェクトに視覚的にリ
ンクできる。したがって、反復リンク・オブジェクトに
よって、ユーザは、プログラミング言語を使用する必要
なしに、反復が必要なアプリケーションを視覚的にプロ
グラムできるようになる。さらに、複数の反復リンク・
オブジェクトを使用することによって、リンクされたオ
ブジェクトを他のリンクされたオブジェクトに連鎖リン
クすることができる。

【0008】

【実施例】本発明は、図1に示したハードウェア構成の
ような、適切な代表的ハードウェア構成において実施す
ることが好ましい。ワークステーション100は、従来
型マイクロプロセッサなど任意の適切な中央演算処理装
置10と、システム・バス12を介して相互接続された
多数の他の装置とを含む。例えば、ワークステーション
100は、ランダム・アクセス・メモリ(RAM)1
4、読取り専用メモリ(ROM)16、システム・バス
12をディスプレイ装置38に接続するためのディスプ
レイ・アダプタ36、および周辺装置(たとえば、ディ
スク・ドライブおよびテープ・ドライブ20)をシステ
ム・バス12に接続するための入出力アダプタ18を含
む。さらにワークステーション100は、キーボード2
4、マウス26、スピーカ28、マイクロホン32、ま
たはタッチスクリーン装置(図示せず)などの他のユー
ザ・インターフェース装置をシステム・バス12に接続
するためのユーザ・インターフェース・アダプタ22を
含む。通信アダプタ34は、ワークステーション100
をデータ処理ネットワークに接続する。

【0009】本発明は、機械可読媒体内に常駐し、ワー
クステーション100の動作を指示するコンピュータ・
プログラムを含む。RAM14、ROM16、磁気ディ
スケット、磁気テープ、光ディスク(後の3つはディス
ク・ドライブおよびテープ・ドライブ20内にある)な
ど任意の適切な機械可読媒体が、コンピュータ・プログ
ラムを保持できる。プログラムは、反復リンク・オブジ
ェクトを視覚的に構築し、それをディスプレイ装置38
上に表示する(本明細書に記載する)ようにワークステ
ーション100を制御する。

【0010】本発明は、ワード・プロセッサ、スプレッ
ドシート、WINDOWS(商標)、UNIX(商標)
オペレーティング・システム、AIX(商標)オペレー
ティング・システム、OS/2(商標)オペレーティン
グ・システム、Microsoft(商標)のVisu
alBasic、またはDigitalk(商標)のP
ARTS Visual Builderなど、適切な
任意の視覚的プログラミング・プロダクトに組み込むこ
とができる。例えば、本発明を適切なワード・プロセッ
サに組み込むことによって、ユーザは、文書の選択した
部分に対してワード処理機能を繰り返し提供するマクロ
またはスクリプトを視覚的に作成できる。

【0011】図2を参照すると、視覚ビルダ200によ
り本発明が実施される。ビルダ200は、DOSシステ
ム、またはMicrosoftのWindows(商
標)、Motif(商標)、またはOS/2(商標)に
おけるウィンドウなどの任意の適切なウィンドウで見ら
れる全画面表示でもよい。図1に示した代表的なハード
ウェアでは、ユーザはディスプレイ装置38上でビルダ
200を見る。ビルダ200の左領域には、多数のビル
ディング・アイコンが表示できる。ただし、この例で
は、ビルダ200は、データベース・アイコン201、
プッシュボタン・アイコン202、配列アイコン203
および反復リンク・アイコン204を表示する。図2に
示したアイコンは、単に代表として示したものであり、
他のアイコン形状、サイズまたはオブジェクトも使用で
きる。ユーザは、ポインタをあるアイコンの上に位置決
めし、ポインティング装置(たとえば、マウス)を押し
て視覚ビルダ200内でそのアイコンを個別にドラッグ
し、ポインティング装置を放して視覚ビルダ200内で
そのアイコンをドロップすることによって、そのアイコ
ンを視覚ビルダ200内にコピーすることができる。各
アイコンは独立して存在しているので、この動作の順序
は関係ない。この例では、ユーザは、ビルダ200内の
アイコン201、202、203、204のインスタン
スをドラッグしドロップした。

【0012】アイコン210はデータベース(ここでは
DB1 210)を表し、アイコン220はプッシュボ
タン(ここではPB1 220)を表し、アイコン23
0は3つのエレメントを有する配列(ここではAR1
230)を表し、アイコン240は6つのエレメントを
有する配列(ここではAR2 240)を表し、アイコ
ン250は反復リンク(ここではリンク1 250)を
表し、アイコン260はもう1つの反復リンク(ここで
はリンク2 260)を表す。当業者なら、リンク1
250およびリンク2 260が多くの形で表示できる
ことを容易に理解するであろう。好ましい実施例では、
リンク1 250は、ソース・ハンドル252、ターゲ
ット・ハンドル254およびトリガ・ハンドル256を
含み、リンク2 260は、ソース・ハンドル262、
ターゲット・ハンドル264およびトリガ・ハンドル2
66を含む。

【0013】図3を参照すると、最初の例では、ユーザ
が、PB1 220をクリックする事象でAR1 23
0の各エレメントがDB1 210に挿入されるよう
に、AR1 230(すなわち、ソース・オブジェク
ト)をDB1 210(すなわちターゲット・オブジェ
クト)にリンクさせたいと望む。またユーザは、リンク
を最後のエレメントの挿入で完結させたいと望む。

【0014】この第1の例を実施するために、ユーザは
いくつかの代替案の中から1つを選ぶことができる。第
1の代替案は、いくつかの段階を有する。まず、ユーザ
は適切なアイコンをビルダ200(図2を参照)内にド
ラッグしドロップした後、ポインタをリンク1 250
のソース・ハンドル252の上に位置決めし、ポインテ
ィング装置を押してそのアイコンをAR1 230の上
にドラッグする。ポインティング装置を放すと、ソース
・ハンドル252がAR1 230に接続される。次
に、ユーザは、ポインタをターゲット・ハンドル254
の上に位置決めし、ポインティング装置を押してそのア
イコンをDB1 210の上にドラッグする。ポインテ
ィング装置を放すと、ターゲット・ハンドル254がD
B1 210に接続され、それによってAR1 230
をDB1 210にリンクする。最後に、ユーザは、ポ
インタをトリガ・ハンドル256の上に位置決めし、ポ
インティング装置を押して、そのアイコンをPB1 2
20の上にドラッグする。ポインティング装置を放す
と、トリガ・ハンドル256がPB1 220に接続さ
れる。あるいは、ユーザは、リンク1 250の特性を
表示し次に変更することによって、AR1 230をD
B1 210にリンクすることもできる(本明細書に記
載する)。さらにユーザは、ツール・パレット(図示せ
ず)から「リンク描画ツール」をクリックし、次いでA
R1 230からDB1 210へのリンクを「描く」
ことによって、AR1 230をDB1 210にリン
クすることもできる。

【0015】この時点で、ユーザが、リンク1 250
の特性を表示したいのであれば、ユーザはポインタをリ
ンク1 250の上に位置決めし、ポインティング装置
をダブル・クリックする。その結果、リンク1 250
の様々な特性を含むウィンドウが現れる。ただし、当業
者なら、本発明の範囲および趣旨を逸脱しない他の技法
を使ってリンク1 250の特性を表示できることが容
易に理解できよう。

【0016】図4を参照すると、ウィンドウ400は、
リンク1 250の様々な特性を表示する。ソース特性
410は、ソース・オブジェクトがAR1であることを
示し、ターゲット特性420は、ターゲット・オブジェ
クトがDB1であることを示す。さらに、トリガ特性4
90は、トリガ・オブジェクトがPB1であることを示
し、事象特性430は、アクションが「クリック」であ
ることを示し、アクション特性440は、事象が「挿
入」であることを示し、反復特性450は、反復数が"
1"であることを示し、「行先」特性460は、ソース
のあらゆるエレメントがDB1に挿入されることを示
し、終了特性470は、AR1の最終エレメントがDB
1に挿入されたときにリンクが終了することを示し、連
鎖特性480は、連鎖リンクがないことを示す。

【0017】他のオブジェクトに接続されていようがそ
うでなかろうが、リンク1 250は自動的に、特性4
50、460、470、480の値を省略時設定に設定
する。この省略時設定は、ユーザが手動で変更できる
(本明細書に記載する)。しかし、リンク1 250
が、ソース、ターゲットまたはトリガ・オブジェクトに
接続されている場合は、リンク1 250は自動的に、
適切なソース特性410、ターゲット特性420、トリ
ガ特性490、事象特性430、またはアクション特性
440に関する設定を、特性ウィンドウ400内に記憶
する。なお、事象特性430の省略時設定(たとえば、
クリック)は、選択されたトリガ・オブジェクトのタイ
プによって決まる。たとえば、トリガ・オブジェクトが
スライド・バーであれば、省略時設定は「変更」とな
る。同様に、アクション特性440の設定(たとえば、
挿入)は、選択されたターゲット・オブジェクトのタイ
プによって決まる。

【0018】一方、リンク1 250が別のオブジェク
トに接続されていない場合は、ソース特性410、ター
ゲット特性420、トリガ特性490、事象特性43
0、およびアクション特性440は空である。ユーザ
は、ポインタを適切な特性の「矢印」部分412、42
2、432、442、452、462、472、482
に位置決めし、ポインティング装置をクリックすること
によって、これらの特性ごとに設定を個別に入力でき
る。その結果、様々な設定を有するドロップ・ダウン・
リストが現れる。なお、リンク1 250が他のオブジ
ェクトに接続されている場合でも、これと同じ手順を使
って、ユーザは手動で接続を変更することができる。

【0019】たとえば、ソース特性410の設定を変え
るために、ユーザはポインタを矢印412の上に位置決
めしてポインティング装置をクリックする。その結果、
いくつかの設定を有するドロップ・ダウン・リスト(図
示せず)が現れる。これらの設定は、ビルダ200内で
ドロップまたは作成されたオブジェクト識別子(たとえ
ば、オブジェクト名)である。図2と図4を参照する
と、ソース特性410のドロップ・ダウン・リストは、
AR2、AR1、PB1、DB1およびリンク2を含
む。設定を選択するために、ユーザはポインタを所望の
設定に位置決めしてポインティング装置をクリックす
る。次に、その設定は、特性ウィンドウ400のソース
特性410に記憶される。その結果、そのリンクのソー
ス・ハンドルが、選択したソース・オブジェクトに自動
的に移動しドロップ(すなわち、接続)する。

【0020】これと同じ手順を使って、ユーザはウィン
ドウ400のすべての特性の設定を変更し入力すること
ができる。図5を参照すると、別の例において、ユーザ
は反復数を変更したいと望んでいるものとする。そうす
るために、ユーザはポインタを反復特性450の矢印4
52の上に位置決めし、ポインティング装置をクリック
する。その結果生じるドロップ・ダウン・リスト500
は、いくつかの設定を表示する。設定を選択するため、
ユーザはポインタを所望の設定に位置決めし、ポインテ
ィング装置をクリックする。ドロップ・ダウン・リスト
500に表示されていない設定を入力するには、ユーザ
は「式」を選択する。その結果、ウィンドウ(図示せ
ず)が現れる。次にユーザは、たとえばキーボードを介
して、所望の設定(たとえば、配列サイズ×6)を実行
する式を入力する。そうすると、選択または入力された
反復数が、特性ウィンドウ400の反復特性450に記
憶される。同様に、「行先」特性460および終了特性
470に関して、ドロップ・ダウン・リストにおける
「式」設定を選択することもできる。

【0021】さらに別の実施例において、ユーザが、ア
クション特性440の省略値設定を変更したいと望んで
いるものとする。そうするために、ユーザは、ポインタ
をアクション特性440の矢印442の上に位置決め
し、ポインティング装置をクリックしてその対応するド
ロップ・ダウン・リスト(図示せず)を活動化する。活
動化すると、書込み、挿入、オープン、追加、削除など
の様々な設定が現れる。設定を入力するため、ユーザは
ポインタを所望の設定の上に位置決めし、ポインティン
グ装置をクリックする。そうすると、その設定が、特性
ウィンドウ400のアクション特性440に記憶され
る。

【0022】ユーザは、上記と同じ手順を使って、「行
先」特性460および終了特性470に関する省略時設
定を変更することもできる。「行先」特性460のドロ
ップ・ダウン・リスト(図示せず)は、「最初の10エ
レメント」などの様々な設定を表示する。それを選択し
た場合、AR1 230の最初の10エレメントがDB
1 210に挿入されることになる。同様に、終了特性
470のドロップ・ダウン・リスト(図示せず)は、
「最初の5エレメント後に終了」などの様々な設定を表
示する。それが選択された場合、AR1 230の5エ
レメントがDB1210に挿入された後に反復が停止す
ることになる。さらに、前述のように、ユーザは、それ
ぞれのドロップ・ダウン・リストにおいて「式」設定を
選択することによって、ユーザ自体の設定を選択するこ
とができる。

【0023】さらに、ユーザは、より複雑なアプリケー
ションを構築したいと望んでいるものとする。例えば、
図6を参照すると、ユーザは、AR1 230およびA
R2240のすべてのエレメントをDB1 210に挿
入したいと望むとする。それを行うため、ユーザは、A
R1 230およびDB1 210の間の第1のリンク
(すなわち、リンク1 250)並びに、AR2 24
0およびDB1 210の間の第2のリンク(すなわ
ち、リンク2 260)の2つのリンクを確立する。ユ
ーザはすでに第1のリンクを作成したので、次に第2の
リンクを作成しなければならない。ユーザは、2つの方
法のうちの一方を使うことによって第2のリンクを作成
することができる。第1の方法では、ユーザは、AR2
240上のソース・ハンドル262およびDB1 2
10上のターゲット・ハンドル264をドラッグしドロ
ップすることができる。第2の方法では、ユーザは、リ
ンク1 250をコピーしてそれをビルダ200内の新
しい場所にドラッグ/ドロップし、それによってリンク
2 260を構成することができる。次に、ユーザは、
ポインタをリンク2 260上に位置決めし、ポインテ
ィング装置をダブルクリックして、ウィンドウ400と
同様のウィンドウ(図示せず)にその特性を表示する。
ユーザは、ソース特性(たとえば、AR2 240)お
よびターゲット特性(たとえば、DB1 210)のそ
れぞれに関して、適切な設定を入力する。その結果、オ
ブジェクト・ハンドル262は自動的にAR2 240
に接続され、ターゲット・ハンドル264は自動的にD
B1 210に接続される。したがって、リンク2 2
60は、AR1 230のすべてのエレメントがDB1
210に挿入された後で、AR2 240をDB1 2
10に挿入する。つまり、リンク1 250は、リンク
2 260のトリガとして使用される「完了した」事象
を生成する。

【0024】詳細な論理は以下の通りである。図7と図
8に、コードの形をとる詳細論理を記述する。図7は、
本発明の反復リンク・オブジェクト用の事象処理ルーチ
ン701を示す。事象処理ルーチン内の703で、ユー
ザによって引き起こされる事象が、マウス事象であるか
それとも他のタイプの事象であるか判定する。次に70
5で、ユーザによるドラッグ・ドロップ・アクションの
結果としてマウス事象が生じたと判定する。707で、
ユーザが実際に何をドロップしたか判定する。709
で、リンクのソース・ハンドルをユーザがドロップした
かどうか判定する。ドロップした場合は、711で、ソ
ース・ハンドルがドロップされたオブジェクトの名前を
決定する。さらに、その名前がリンクのソース・オブジ
ェクト特性内にセーブされる。答えがヌルの場合は、ソ
ース・ハンドルがどのオブジェクト上にもドロップされ
ず、それが未接続のままであると判定する。

【0025】713で、ユーザがリンクのターゲット・
ハンドルをオブジェクト上にドロップしたかどうか判定
する。ドロップした場合は、715で、ターゲット・ハ
ンドルがドロップされたオブジェクトの名前を決定す
る。その名前がリンクのターゲット・オブジェクト特性
内にセーブされる。答えがヌルの場合は、ターゲット・
ハンドルがどのオブジェクト上にもドロップされず、未
接続のままであると判定する。

【0026】717で、ユーザがトリガ・ハンドルをオ
ブジェクト上にドロップしたかどうか判定する。ドロッ
プした場合は、719で、トリガ・ハンドルがドロップ
されたオブジェクトの名前を決定する。その名前が、リ
ンクのトリガ・オブジェクト特性内にセーブされる。答
えがヌルの場合、そのトリガ・ハンドルがオブジェクト
上にドロップされず、未接続のままであると判定する。
そのリンクは他にドロップすべき構成要素をもたず、判
断プロセスは721で終了する。

【0027】723で、ユーザがソース・ハンドルまた
はターゲット・ハンドルをオブジェクト上にドロップし
たかどうか判定する。ドロップした場合は、725で、
そのリンクに関して省略時の特性値が確立される。72
7で、特性ウィンドウが表示され、ユーザがリンクの特
性を入力し修正できるようになる。730で、マウス事
象以外の事象が処理される。

【0028】732で、リンクの特性ウィンドウを変化
または変更するための事象処理が始まる。734で、ユ
ーザがどの特性を選択したか判定する。736で、ユー
ザがソース・オブジェクト特性を選択したかどうか判定
する。選択した場合は、738で、ユーザによってソー
ス・リストから選択された設定がリンクのソース・オブ
ジェクト特性内にセーブされる。ソース・ハンドルがオ
ブジェクト上にドロップされた場合、そのオブジェクト
名がソース・オブジェクト特性に関して事前設定された
省略値であったことになる(725で設定)。

【0029】740で、ユーザが事象特性を選択したか
どうか判定する。選択した場合は、742で、ユーザに
よって事象リストから選択された設定がリンクの事象特
性内にセーブされる。同様に、744で、ユーザがエレ
メント特性を選択した場合は、746で、エレメント・
リストから選択された設定がリンクのエレメント特性内
にセーブされる。

【0030】748で、ユーザがターゲット・オブジェ
クト特性を選択したかどうか判定する。選択した場合
は、750で、ユーザによってターゲット・リストから
選択された設定が、リンクのターゲット・オブジェクト
特性内にセーブされる。ユーザがターゲット・ハンドル
をオブジェクト上にドロップした場合、そのオブジェク
ト名がターゲット・オブジェクト特性に関して事前設定
した省略値であったことになる(725で設定)。

【0031】752で、ユーザがアクション特性を選択
したかどうか判定する。選択した場合は、754で、ユ
ーザによってアクション・リストから選択された設定
が、リンクのアクション特性内にセーブされる。同様
に、756で、ユーザが反復カウント特性を選択した場
合は、ユーザによって反復カウント・リストから選択さ
れた設定が、リンクの反復特性内にセーブされる。

【0032】760で、ユーザが終了特性を選択した場
合は、762で、ユーザによって終了リストから選択さ
れた設定がリンクの終了特性内にセーブされる。764
で、特性ウィンドウ内に試験すべき選択可能な設定がそ
れ以上ない場合は、770で、他のタイプのウィンドウ
事象の処理に進む。

【0033】図8を参照すると、801で、トリガ・オ
ブジェクト(たとえば、この場合はプッシュボタン)に
関する事象処理が始まる。803で、事象のタイプを検
査する。805で、事象が「クリックされた」事象であ
るかどうか判定する。そうである場合は、807で、プ
ッシュ・ボタンのクリックによってトリガされたすべて
のリンクのリストを決定する。そのリストから、809
で、この事象によってトリガされた各リンクの名前を決
定する。811で、これらの各リンクに、「トリガ」メ
ッセージが送られる。813、815、817、819
および821で、押された事象、放された事象など、プ
ッシュボタンに関する他のタイプの事象が処理される。

【0034】830に、反復リンクのための事象処理を
示す。832で、事象のタイプを検査する。834で、
事象が「トリガ」(たとえば、トリガ・ハンドルに接続
されたプッシュボタンから)かどうか判定する。そうで
ある場合は、836で、リンクによって定義された反復
が始まる。その反復は、リンク作成中に確立された特性
によって制御される。たとえば、836で、終了基準が
持続期間を制御する。838で、ソース・オブジェクト
のエレメントごとに、そのアクションが繰り返される。
終了基準が達成されるまで反復が続き、達成されると、
840で、制御が失われる。842で、連鎖テーブル内
にリストされこのリンクに関連する任意の他のリンクに
トリガ・メッセージが送られる。844で、他のタイプ
の事象の処理に進む。846で、リンクの事象処理が終
了する。

【0035】本発明を好ましい実施例に関して説明した
が、本発明の趣旨および範囲内で多くの修正を加えるこ
とができ、また様々なハードウェアおよびソフトウェア
環境で本発明を実施できることが当業者には理解されよ
う。

【0036】まとめとして、本発明の構成に関して以下
の事項を開示する。

【0037】(1)リンク・オブジェクトと、前記リン
ク・オブジェクトを、少なくとも2つのエレメントを有
する第1のシステム・オブジェクトおよび第2のシステ
ム・オブジェクトとに取外し可能に接続する手段と、ユ
ーザ入力装置からアクション要求を受け取る手段と、前
記第1のシステム・オブジェクトの前記各エレメント上
で前記アクション要求を実行し、前記第2のシステム・
オブジェクトに前記アクションの目標を定める手段とを
備えることを特徴とする反復を視覚的にプログラミング
するシステム。 (2)前記リンク・オブジェクトを取外し可能に接続す
る前記手段が、前記ディスプレイ上で、前記リンク・オ
ブジェクトの少なくとも1つの特性を表示する手段と、
前記リンク・オブジェクトを前記第1のシステム・オブ
ジェクトおよび前記第2のシステム・オブジェクトとに
接続しまたは接続を断つために、前記特性を変更する手
段とを備えることを特徴とする、上記(1)に記載のシ
ステム。 (3)少なくとも1つの特性を表示する前記手段が、前
記少なくとも1つの特性が表示されるウィンドウを備え
ることを特徴とする、上記(2)に記載のシステム。 (4)前記特性を変更する前記手段が、前記ウィンドウ
内に位置する前記特性に関連する少なくとも1つの設定
のリストと、前記設定を選択する手段とを備えることを
特徴とする、上記(2)に記載のシステム。 (5)前記アクション要求を実行する前記手段が、前記
ディスプレイ上に、リンク・オブジェクトの少なくとも
1つの反復特性を表示する手段と、前記少なくとも1つ
の反復特性を変更する手段とを備えることを特徴とす
る、上記(1)に記載のシステム。 (6)少なくとも1つの反復特性を表示する前記手段
が、ウィンドウを備えることを特徴とする、上記(5)
に記載のシステム。 (7)前記ディスプレイ上にリンク・オブジェクトを表
示する段階と、前記リンク・オブジェクトを、第1のオ
ブジェクトおよび、少なくとも2つのエレメントを有す
る第2のオブジェクトとに、取外し可能に接続する段階
と、前記第2のオブジェクトの前記エレメント全体にわ
たってアクションを反復し、前記第1のオブジェクトに
向けて前記アクションの目標を定める段階とを含むこと
を特徴とするディスプレイ上で反復を視覚的にプログラ
ミングする方法。 (8)前記リンク・オブジェクトを取外し可能に接続す
る前記段階が、前記ディスプレイ上に、前記リンク・オ
ブジェクトの少なくとも1つの特性を表示する段階と、
前記リンク・オブジェクトを前記第1のオブジェクトお
よび前記第2のオブジェクトとに取外し可能に接続する
ために、前記特性を変更する段階とを含むことを特徴と
する、上記(7)に記載の方法。 (9)少なくとも1つの特性を表示する前記段階が、少
なくとも1つの特性が表示されたウィンドウを表示する
段階を含むことを特徴とする、上記(8)に記載の方
法。 (10)前記特性を変更する前記段階が、前記ウィンド
ウ内に位置する前記特性に関連する少なくとも1つの設
定のリストを表示する段階と、前記設定を選択する段階
とを含むことを特徴とする、上記(8)に記載の方法。 (11)アクションを反復する前記段階が、前記ディス
プレイ上に、前記リンク・オブジェクトの少なくとも1
つの反復特性を表示する段階と、前記少なくとも1つの
反復特性を変更する段階とを含むことを特徴とする、上
記(7)に記載の方法。 (12)少なくとも1つの反復特性を表示する前記段階
が、ウィンドウを表示する段階を含むことを特徴とす
る、上記(11)に記載の方法。

【0038】

【発明の効果】プログラマでない人が、プログラミング
言語を習得する必要なしに反復リンク・オブジェクトを
使って視覚的に反復アプリケーションを作成できるよう
になる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明で使用する従来技術のコンピュータ・シ
ステムのブロック図である。

【図2】本発明を実施するための、アイコンが配置され
たディスプレイの説明図である。

【図3】本発明による、互いにリンクされたアイコンを
有するディスプレイの説明図である。

【図4】本発明による、反復リンク・オブジェクトに関
連する特性ウィンドウの説明図である。

【図5】特定の特性に関連するドロップ・ダウン・リス
トを有する特性ウィンドウの説明図である。

【図6】本発明による、別のアイコンに連鎖リンクされ
た2つのアイコンを有するディスプレイの説明図であ
る。

【図7】本発明による、リンク・オブジェクトおよび特
性ウィンドウに関連する事象処理の論理流れを示すコー
ドのリストである。

【図8】本発明による、トリガ・オブジェクトおよび反
復に関連する事象処理の論理流れを示すコードのリスト
である。

【符号の説明】 10 中央演算処理装置 12 システム・バス 14 ランダム・アクセス・メモリ 16 読取り専用メモリ 18 入出力アダプタ 20 ディスク・ドライブおよびテープ・ドライブ 22 ユーザ・インターフェース・アダプタ 24 キーボード 26 マウス 28 スピーカ 32 マイクロホン 34 通信アダプタ 36 ディスプレイ・アダプタ 38 ディスプレイ装置 100 ワークステション 200 視覚ビルダ 201 データベース・アイコン 202 プッシュボタン・アイコン 203 配列アイコン 204 反復リンク・アイコン 250 リンク1 252 ソース・ハンドル 254 ターゲット・ハンドル 256 トリガ・ハンドル 260 リンク2 262 ソース・ハンドル 264 ターゲット・ハンドル 266 トリガ・ハンドル 400 ウィンドウ 500 ドロップ・ダウン・リスト

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平5−216641(JP,A) 特開 平5−507376(JP,A) 特開 平2−1025(JP,A) 特開 昭64−82127(JP,A) 米国特許5428712(US,A) 米国特許5325533(US,A) 米国特許5303379(US,A) 米国特許5287511(US,A) 米国特許5195172(US,A) 米国特許4982344(US,A)

Claims (10)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】オブジェクト指向環境においてディスプレ
    イ画面上に表示されたオブジェクトをポインティング装
    置により視覚的にリンクするシステムであって、 リンク可能な複数のオブジェクトと、ソース・ハンド
    ル、ターゲット・ハンドルおよびトリガ・ハンドルを有
    するリンク・オブジェクトとをディスプレイ画面の一部
    領域に表示する手段と、 前記複数のオブジェクトの内少なくとも第1、第2およ
    び第3のオブジェクト、並びに前記リンク・オブジェク
    トを前記一部領域からポインティング装置によりドラッ
    グして画面の別の領域にドロップすることによって前記
    第1および第2のオブジェクト並びに前記リンク・オブ
    ジェクトを前記別の領域にコピーする手段と、 前記ポインティング装置により前記別の領域において、
    前記リンク・オブジェクトのソース・ハンドルを少なく
    とも2つのエレメントを有する第1のオブジェクトに、
    および前記ターゲット・ハンドルを第2のオブジェクト
    に、また前記トリガ・ハンドルを第3のオブジェクトに
    接続する手段と、 前記第3のオブジェクトからアクション要求を受け取る
    手段と、 前記第1のオブジェクトの各エレメントに対して前記ア
    クション要求を実行し、アクションの結果を前記第2の
    オブジェクトに与える手段とを備えることを特徴とする
    オブジェクトを視覚的にリンクするシステム。
  2. 【請求項2】前記リンク・オブジェクトを接続する前記
    手段が、 前記ディスプレイ上で、前記リンク・オブジェクトの少
    なくとも1つの特性を表示する手段と、 前記リンク・オブジェクトの前記特性を変更する手段と
    を備えることを特徴とする、請求項1に記載のシステ
    ム。
  3. 【請求項3】少なくとも1つの特性を表示する前記手段
    が、前記少なくとも1つの特性が表示されるウィンドウ
    を備えることを特徴とする、請求項2に記載のシステ
    ム。
  4. 【請求項4】前記特性を変更する前記手段が、 前記特性に関連する少なくとも1つの設定のリストを前
    記ウインドウに表示する手段と、 前記設定を選択する手段とを備えることを特徴とする、
    請求項2に記載のシステム。
  5. 【請求項5】前記少なくとも1つの特性を表示する前記
    手段が、リンク・オブジェクトの少なくとも1つの反復
    特性を前記ディスプレイ上に表示する手段を有し、 前記特性を変更する手段が少なくとも1つの反復特性を
    変更する手段を有する、 ことを特徴とする、請求項2に記載のシステム。
  6. 【請求項6】オブジェクト指向環境においてディスプレ
    イ画面上に表示されたオブジェクトをポインティング装
    置により視覚的にリンクする方法であって、 リンク可能な複数のオブジェクトと、ソース・ハンド
    ル、ターゲット・ハンドルおよびトリガ・ハンドルを有
    するリンク・オブジェクトとをディスプレイ画面の一部
    領域に表示する段階と、 前記複数のオブジェクトの内少なくとも第1、第2およ
    び第3のオブジェクト、並びに前記リンク・オブジェク
    トを前記一部領域からポインティング装置によりドラッ
    グして画面の別の領域にドロップすることによって前記
    第1および第2のオブジェクト並びに前記リンク・オブ
    ジェクトを前記別の領域にコピーする段階と、 前記ポインティング装置により前記別の領域において、
    前記リンク・オブジェクトのソース・ハンドルを少なく
    とも2つのエレメントを有する第1のオブジェクトに、
    および前記ターゲット・ハンドルを第2のオブジェクト
    に、また前記トリガ・ハンドルを第3のオブジェクトに
    接続する段階と、 前記第3のオブジェクトからアクション要求を受け取る
    段階と、 前記第1のオブジェクトの各エレメントに対して前記ア
    クション要求を実行し、アクションの結果を前記第2の
    オブジェクトに与える段階とを備えることを特徴とする
    オブジェクトを視覚的にリンクする方法。
  7. 【請求項7】前記リンク・オブジェクトを接続する前記
    段階が、 前記ディスプレイ上で、前記リンク・オブジェクトの少
    なくとも1つの特性を表示する段階と、 前記リンク・オブジェクトの前記特性を変更する段階と
    を含むことを特徴とする、請求項6に記載の方法。
  8. 【請求項8】少なくとも1つの特性を表示する前記段階
    が、前記少なくとも1つの特性をウィンドウに表示する
    段階を含むことを特徴とする、請求項7に記載の方法。
  9. 【請求項9】前記特性を変更する前記段階が、 前記特性に関連する少なくとも1つの設定のリストを前
    記ウインドウに表示する段階と、 前記設定を選択する段階とを含むことを特徴とする、請
    求項8に記載の方法。
  10. 【請求項10】前記少なくとも1つの特性を表示する前
    記段階が、リンク・オブジェクトの少なくとも1つの反
    復特性を前記ディスプレイ上に表示する段階を含み、 前記特性を変更する段階が少なくとも1つの反復特性を
    変更する段階を含む、ことを特徴とする、請求項7に記
    載の方法。
JP31730794A 1994-02-28 1994-12-20 オブジェクトを視覚的にリンクするシステムおよび方法 Expired - Fee Related JP2692784B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US203142 1994-02-28
US08203142 US5546519A (en) 1994-02-28 1994-02-28 System and method for visually programming iteration

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07248911A true JPH07248911A (ja) 1995-09-26
JP2692784B2 true JP2692784B2 (ja) 1997-12-17

Family

ID=22752690

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31730794A Expired - Fee Related JP2692784B2 (ja) 1994-02-28 1994-12-20 オブジェクトを視覚的にリンクするシステムおよび方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US5546519A (ja)
EP (1) EP0670545B1 (ja)
JP (1) JP2692784B2 (ja)
DE (2) DE69516567T2 (ja)

Families Citing this family (59)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5416895A (en) * 1992-04-08 1995-05-16 Borland International, Inc. System and methods for improved spreadsheet interface with user-familiar objects
US5754808A (en) * 1993-09-29 1998-05-19 Hitachi Software Engineering Co., Ltd Method for implementing a program for an object-oriented programming system using graphics
JP2692782B2 (ja) 1993-12-13 1997-12-17 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレイション オブジェクトをリンクする方法
US6496872B1 (en) * 1994-05-16 2002-12-17 Apple Computer, Inc. Computer system for automatically instantiating tasks designated by a user
JPH07311677A (ja) * 1994-05-18 1995-11-28 Nec Corp 操作処理装置
US5801687A (en) * 1994-09-30 1998-09-01 Apple Computer, Inc. Authoring tool comprising nested state machines for use in a computer system
US5682510A (en) 1995-03-30 1997-10-28 Microsoft Corporation Method and system for adding application defined properties and application defined property sheet pages
US6678880B1 (en) * 1995-05-08 2004-01-13 Apple Computer, Inc. System for iteratively designing an object heterarchy in an object-oriented computing environment
US6272672B1 (en) * 1995-09-06 2001-08-07 Melvin E. Conway Dataflow processing with events
US6816914B1 (en) * 1995-12-29 2004-11-09 Agilent Technologies, Inc. Callable graphical programming language
US5982371A (en) 1996-01-29 1999-11-09 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for executing and displaying output of an environment in a host environment
US5857211A (en) * 1996-01-29 1999-01-05 Apple Computer, Inc. System for automatically detecting cyclical and recursive links between document components
US5890170A (en) * 1996-02-28 1999-03-30 Silicon Graphics, Inc. Method and apparatus for publishing documents in a hypertextural network environment
US5715413A (en) * 1996-06-25 1998-02-03 International Business Machines Corporation Dragging and dropping with an instantiation object
US5949998A (en) * 1996-07-03 1999-09-07 Sun Microsystems, Inc. Filtering an object interface definition to determine services needed and provided
US5911145A (en) * 1996-07-29 1999-06-08 Rae Technology, Inc. Hierarchical structure editor for web sites
US6263486B1 (en) * 1996-11-22 2001-07-17 International Business Machines Corp. Method and system for dynamic connections with intelligent default events and actions in an application development environment
US5905498A (en) * 1996-12-24 1999-05-18 Correlate Technologies Ltd System and method for managing semantic network display
US6034694A (en) 1997-06-30 2000-03-07 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for pixel composition
US6323864B1 (en) 1997-06-30 2001-11-27 Sun Microsystems, Inc. Using and accessing information from fonts in multiple formats
US6271864B1 (en) 1997-06-30 2001-08-07 Sun Microsystems, Inc. Representing a path as an object with transformation capability
US6320592B1 (en) 1997-06-30 2001-11-20 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for separating image data from a color system in image processing
US6412021B1 (en) 1998-02-26 2002-06-25 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for performing user notification
US6859213B1 (en) 1998-03-23 2005-02-22 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for selecting attachments
US6594708B1 (en) 1998-03-26 2003-07-15 Sun Microsystems, Inc. Apparatus and method for object-oriented memory system
US6055526A (en) * 1998-04-02 2000-04-25 Sun Microsystems, Inc. Data indexing technique
US6675054B1 (en) 1998-04-20 2004-01-06 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus of supporting an audio protocol in a network environment
US6438141B1 (en) 1998-04-20 2002-08-20 Sun Microsystems, Inc. Method and management of communications over media of finite bandwidth
US6230296B1 (en) 1998-04-20 2001-05-08 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for providing error correction
US6223289B1 (en) 1998-04-20 2001-04-24 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for session management and user authentication
US6434694B1 (en) 1998-06-29 2002-08-13 Sun Microsystems, Inc. Security for platform-independent device drivers
US6618767B1 (en) 1998-11-17 2003-09-09 Sun Microsystems, Inc. Mechanism by which devices on unforeseen platform variants may be supported without re-release of core platform kernel software
US6385769B1 (en) 1999-02-03 2002-05-07 International Business Machines Corporation Text based object oriented program code with a visual program builder and parser support for predetermined and not predetermined formats
WO2000049491A1 (en) * 1999-02-19 2000-08-24 Toptier, Israel, Ltd. Hyperlink link browser with multilink select capability
US6442633B1 (en) 1999-03-23 2002-08-27 Sun Microsystems, Inc. Reduced transistors data switch port wherein each of a plurality of transmission gates is coupled to both first and second control signals for selectively enabling
US6381712B1 (en) 1999-06-30 2002-04-30 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for providing an error messaging system
WO2001014959A3 (en) * 1999-08-16 2002-11-07 Force Corp Z System of reusable software parts and methods of use
US20080109785A1 (en) * 2004-01-16 2008-05-08 Bailey Bendrix L Graphical Program Having Graphical and/or Textual Specification of Event Handler Procedures for Program Objects
US6782528B1 (en) * 2000-06-16 2004-08-24 International Business Machines Corporation Method and system for visual programming using a relational diagram
US6751787B1 (en) * 2000-10-13 2004-06-15 Intervoice Limited Partnership Graphical programming language for representations of concurrent operations
US6724409B1 (en) * 2000-11-16 2004-04-20 Hewlett-Packard Development Company L.P. Tree-based graphical user interface for creating and editing machine control sequences
US7367017B2 (en) 2001-01-31 2008-04-29 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Method and apparatus for analyzing machine control sequences
US7293112B2 (en) * 2002-11-12 2007-11-06 National Instruments Corporation Graphical program node for displaying acquired images
US20040148370A1 (en) * 2003-01-23 2004-07-29 Electronic Data Systems Corporation System and method for composing, configuring, deploying, and managing services using a graphical user interface
CA2511560A1 (en) * 2003-01-23 2004-08-05 Electronic Data Systems Corporation Plug and play architecture for composing configuring deploying and managing services
US7607099B2 (en) 2003-11-03 2009-10-20 Intentional Software Corporation Method and system for reversible design tree transformations
US8793602B2 (en) * 2004-01-15 2014-07-29 The Mathworks, Inc. System and method for scheduling the execution of model components using model events
US8448069B2 (en) * 2004-04-23 2013-05-21 International Business Machines Corporation Object set property viewer
US20050268291A1 (en) * 2004-05-27 2005-12-01 International Business Machines Corporation Specifying user interface interactions for controls in a data driven system
CN101203862B (zh) * 2005-06-28 2011-03-23 埃克森美孚上游研究公司 用于油井管理编程的高级图形编程语言和工具
US20080016253A1 (en) * 2006-07-11 2008-01-17 Boctor Design, Llc Graphical user interface for navigating and manipulating objects exposed by a host
US7949949B2 (en) * 2006-11-20 2011-05-24 Intentional Software Corporation Domain transformation languages
WO2008131106A1 (en) * 2007-04-17 2008-10-30 Earl Industries Llc Digital system for organizing diverse information
KR101382504B1 (ko) * 2007-05-21 2014-04-07 삼성전자주식회사 매크로 생성 장치 및 방법
US8091043B2 (en) * 2007-09-11 2012-01-03 Sap Ag Modeling environment graphical user interface
US8397207B2 (en) * 2007-11-26 2013-03-12 Microsoft Corporation Logical structure design surface
US20110161917A1 (en) * 2009-12-29 2011-06-30 Microgen Plc Processing collections of data items
US8547403B1 (en) * 2010-08-11 2013-10-01 Apple Inc. Smart Graphics objects
US9870206B2 (en) 2015-11-10 2018-01-16 National Instruments Corporation Replication structure in a graphical programming language

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4982344A (en) 1988-05-18 1991-01-01 Xerox Corporation Accelerating link creation
US5195172A (en) 1990-07-02 1993-03-16 Quantum Development Corporation System and method for representing and solving numeric and symbolic problems
US5287511A (en) 1988-07-11 1994-02-15 Star Semiconductor Corporation Architectures and methods for dividing processing tasks into tasks for a programmable real time signal processor and tasks for a decision making microprocessor interfacing therewith
US5303379A (en) 1987-08-21 1994-04-12 Wang Laboratories, Inc. Link mechanism for linking data between objects and for performing operations on the linked data in an object based system
US5325533A (en) 1993-06-28 1994-06-28 Taligent, Inc. Engineering system for modeling computer programs

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6482127A (en) * 1987-09-24 1989-03-28 Nippon Telegraph & Telephone Man-machine interface control system for software development back-up system
JPH021025A (en) * 1988-06-09 1990-01-05 Fuji Xerox Co Ltd System for generating exclusive selector of user interface
US5168441A (en) * 1990-05-30 1992-12-01 Allen-Bradley Company, Inc. Methods for set up and programming of machine and process controllers
JPH05216641A (ja) * 1992-02-06 1993-08-27 Toshiba Corp グラフィカル・ユーザ・インタフェース制御プログラム生成装置

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5303379A (en) 1987-08-21 1994-04-12 Wang Laboratories, Inc. Link mechanism for linking data between objects and for performing operations on the linked data in an object based system
US4982344A (en) 1988-05-18 1991-01-01 Xerox Corporation Accelerating link creation
US5287511A (en) 1988-07-11 1994-02-15 Star Semiconductor Corporation Architectures and methods for dividing processing tasks into tasks for a programmable real time signal processor and tasks for a decision making microprocessor interfacing therewith
US5195172A (en) 1990-07-02 1993-03-16 Quantum Development Corporation System and method for representing and solving numeric and symbolic problems
US5428712A (en) 1990-07-02 1995-06-27 Quantum Development Corporation System and method for representing and solving numeric and symbolic problems
US5325533A (en) 1993-06-28 1994-06-28 Taligent, Inc. Engineering system for modeling computer programs

Also Published As

Publication number Publication date Type
US5546519A (en) 1996-08-13 grant
EP0670545A1 (en) 1995-09-06 application
DE69516567T2 (de) 2001-01-04 grant
JPH07248911A (ja) 1995-09-26 application
DE69516567D1 (de) 2000-06-08 grant
EP0670545B1 (en) 2000-05-03 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5809248A (en) Method and apparatus for front end navigator and network architecture for performing functions on distributed files in a computer network
US5999178A (en) Selection, type matching and manipulation of resource objects by a computer program
US6163317A (en) Method and apparatus for dynamically grouping objects
US6944622B1 (en) User interface for automated project management
US5212792A (en) Method and apparatus for controlling execution of tools in a computer-aided software engineering system
US5659747A (en) Multiple level undo/redo mechanism
US4791556A (en) Method for operating a computer which searches for operational symbols and executes functions corresponding to the operational symbols in response to user inputted signal
US6367073B2 (en) Centralized, automated installation of software products
Greenberg Using unix: Collected traces of 168 users
US5714971A (en) Split bar and input/output window control icons for interactive user interface
US6339838B1 (en) Control of commercial processes
US5742778A (en) Method and apparatus to sense and multicast window events to a plurality of existing applications for concurrent execution
US7136865B1 (en) Method and apparatus to build and manage a logical structure using templates
US5664129A (en) Visual programming method
US5313574A (en) Method for starting processing of an iconic programming system
US5623591A (en) System and methods for building spreadsheet applications
US6411311B1 (en) User interface for transferring items between displayed windows
US5721900A (en) Method and apparatus for graphically displaying query relationships
US6157934A (en) Method and apparatus for using distributed spreadsheets in a client/server architecture for workflow automation
US6138130A (en) System and method for processing data in an electronic spreadsheet in accordance with a data type
US5615346A (en) Method and system for a piano bar browser of information sets
US7343587B2 (en) System for creating, managing and executing computer testing and task management applications
US20020147725A1 (en) Method and apparatus for database table definition
US6002395A (en) System and method for building, testing and integrating a graphical touch user interface
US5428735A (en) Method and apparatus for maintaining a record of set-creating data processing activities and associated data sets

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees