JP2673064B2 - 包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす方法及び装置 - Google Patents

包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす方法及び装置

Info

Publication number
JP2673064B2
JP2673064B2 JP3247117A JP24711791A JP2673064B2 JP 2673064 B2 JP2673064 B2 JP 2673064B2 JP 3247117 A JP3247117 A JP 3247117A JP 24711791 A JP24711791 A JP 24711791A JP 2673064 B2 JP2673064 B2 JP 2673064B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
receiving
article
unloading
cradle
drive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP3247117A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04251032A (en
Inventor
バルター・クリーグ
アンドレアス・ボールフオルト
Original Assignee
デイギトロン・アー・ゲー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CH205190 priority Critical
Priority to CH02051/90-1 priority
Application filed by デイギトロン・アー・ゲー filed Critical デイギトロン・アー・ゲー
Publication of JPH04251032A publication Critical patent/JPH04251032A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2673064B2 publication Critical patent/JP2673064B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G60/00Simultaneously or alternatively stacking and de-stacking of articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G1/00Storing articles, individually or in orderly arrangement, in warehouses or magazines
    • B65G1/02Storage devices
    • B65G1/04Storage devices mechanical
    • B65G1/0407Storage devices mechanical using stacker cranes
    • B65G1/0435Storage devices mechanical using stacker cranes with pulling or pushing means on either stacking crane or stacking area
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G59/00De-stacking of articles
    • B65G59/02De-stacking from the top of the stack
    • B65G59/023De-stacking from the top of the stack by means insertable between the stacked articles or layers

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、包装品の形態の物品を
水平方向に移動し得る受け取り台によって基台から受け
取り、また基台上に降ろす方法及び装置に係わり、その
際受け取り台は少なくともその上面に駆動式の物品搬送
装置を具備し、かつ少なくともその移動方向端部にロー
ラ状もしくは案内ローラ状の受け取り機構を具備してい
る。
【0002】
【従来の技術】上記のような装置はいわゆるデパレタイ
ザとして公知であり、これについては例えばドイツ特許
公開公報第DE−OS 26 31 942号が参照さ
れる。この装置は、例えばケース、荷箱等のような包装
品の形態の物品を倉庫から搬出するのに有用である。こ
の装置ではローラが包みの側面に、該包みが摩擦接触に
よって持ち上げられるように接触し、その後包みは搬送
装置によって捕捉され、かつ運び去られる。この装置の
場合特に、受け取られるべき物品やその包装の損傷が回
避され、しかも所定の受け取りプロセスの確実な実施が
保証されなければならないという問題が生じる。
【0003】従って、上記公開公報に開示された装置で
は、受け取りローラは水平面内で往復台に弾性的に支持
されており、それによって往復台が包みの方へ移動する
際、漸次増大する摩擦持ち上げ力が包みに働く。即ち、
受け取りローラが漸次増大する摩擦の下で比較的長時間
包みに当接しつつ回転した後の不定時点に、対応する不
定の往復台位置において包みが捕捉されると、今やプレ
ストレスを掛けられた状態のローラは包みの下側へ飛び
込む。
【0004】このプロセスは、特に包みが脆弱である場
合容易に包みの損傷を招き、少なくとも包みの上に摩擦
痕を残す。前方へと跳ねるローラは、重量比次第では包
みにバランスを失わせ、包みをその基台上で変位させて
損傷する恐れが有る。更に、受け取り時点が不確定であ
り、このことはプロセスの自動化を困難にする。
【0005】上記のような装置は他にも提案されてお
り、それによれば装置は受け取りのため、包みの下縁の
高さに正確に位置決めされなければならず(例えばUS
Defence publication T 99
8,009参照)、このことは自動化を殆ど不可能にす
る。上記高さへの位置決めがあまり正確でない場合も物
品の損傷が起こり、そのうえ損傷された物品は装置によ
る受け取りが不可能となる恐れも有る。
【0006】最後に、きわめて特定の飲料荷箱をはい崩
しする装置として、摩擦接触下に機能するスロープの形
態の受け取り装置がドイツ特許公告公報第DE−AS
2137 827号から公知であり、この装置は持ち上
げ装置と共働して荷箱を、常に前方へ走行し得るコンベ
ヤの走行路内にもたらす。この受け取り装置はきわめて
特定の荷箱用であり、しかも受け取り時に荷箱をその基
台に対して変位させる傾向を有する。
【0007】そのうえ、上述の装置はいずれも、受け取
った物品を所定の場所に再び降ろすことはできない。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】従って本発明は、包装
品の形態の物品を受け取り、また所定の場所に降ろす方
法及び装置であって、包装品の形態の物品を損傷するこ
となく所定の時点に所定の場所で受け取り、また対応し
て降ろすことを可能にする方法及び装置の提供を目的と
する。
【0009】本発明による装置は特に、自動化された収
集ユニットに好ましく適用されるべきであり、上記収集
ユニットでは様々な包みが倉庫から顧客パレット上に収
集される。
【0010】
【課題を解決するための手段】上記した課題は、包装品
の形態の物品を水平方向に移動し得る受け取り台によっ
て基台から受け取り、また基台上に降ろす方法であっ
て、受け取り台は少なくともその上面に駆動式の物品搬
送装置を具備し、かつ少なくともその移動方向端部にロ
ーラ状もしくは案内ローラ状の受け取り機構を具備して
おり、第1の段階(段階A)では受け取り台を第1の駆
動装置によって、受け取られるべき物品の鉛直端面に当
たるまで移動させ、第2の段階(段階B)では少なくと
も前記当接の時点から第2の駆動装置によって受け取り
機構を、該受け取り機構が包装品の形態の物品の端面に
作用することにより物品が受け取り台上面に向かって持
ち上げられるように駆動し、その後第3の段階(段階
C)では、物品が実質的に受け取り台に載り、受け取り
台によって受け取られるまで受け取り台と搬送装置とを
同じ速度で反対方向へと駆動し、第2の段階(B)にお
ける受け取り機構の移動速度を第1および第3の段階
(A、C)より小さくすることを特徴とする、本発明に
よる包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす方法に
より解決される。
【0011】また、上記した課題は、前述の方法を実施
するための装置であって、水平方向に移動し得る受け取
り台を含み、受け取り台はその上面に駆動式の物品搬送
装置を具備しており、この装置によって物品は受け取り
台両端間で受け取り台移動方向へもその反対方向へも変
位し得、受け取り台はまた、受け取られるべき物品の鉛
直端面に作用して物品を受け取り台の高さに持ち上げ
る、やはり駆動式であるローラ状もしくは案内ローラ状
の受け取り機構を対応する端部に具備しており、その際
受け取り台を移動させる第1の駆動装置と、受け取り機
構や搬送装置用である少なくとも1つの第2の駆動装置
とが設置されており、これらの駆動装置は駆動制御装置
と接続されており、駆動制御装置は各駆動装置を受け取
り台や物品の位置及び降ろし場所の位置に従って、第1
の駆動装置の速度が受け取られるべき物品への前記作用
の前後に作用中より大きくなるように制御することを特
徴とする、本発明による包装品の形態の物品を受け取
り、また降ろす装置によっても解決される。
【0012】
【実施例】本発明による装置及び本発明による方法の例
を、添付図面に基づき以下に詳述する。
【0013】最初に、図1〜図4に基づいて本発明によ
る受け取りプロセスの機能原理を説明するが、その際本
発明による装置の構成の細部には言及しない。構成の細
部についてはその他の図に基づいて説明する。
【0014】まず図1に、硬い包み6を受け取るプロセ
スの5つの段階を示す。これらの段階にはその順序に従
って記号A〜Eをそれぞれ付してある。図1に示した受
け取り台1はその上面に物品搬送装置2を具備し、また
その前面には受け取り機構3を具備している。受け取り
台1は水平方向に移動し得、この移動のために第1の駆
動装置が設置されている。この例では、1つ以上の回転
ベルトから成る構造を有する搬送装置2、及び対応する
案内ローラ4によって構成された受け取り機構3はいず
れも第2の駆動装置によって駆動される(例えば図5参
照)。
【0015】第1の段階Aにおいて、受け取り台1は受
け取られるべき包み6に通常の移動速度で接近する。受
け取り台1が包み6に近付くと、受け取り台1の移動速
度は低下する。包み6が基準の場所で受け取られない場
合、受け取り台1に設置された接近センサS1によって
包み6の位置が確認され、それに対応して第1の駆動装
置を制御することにより移動速度が落とされる。従っ
て、段階Bにおいて受け取り台1は包み6の端面に小さ
い移動速度で接触する。同時に、第2の駆動装置によっ
て受け取り機構3が比較的大きい速度で駆動される。受
け取り機構3が包み6の端面に当接すると包み6は、自
身の基台に対して受け取り台1により甚だしく変位させ
られる前に摩擦によって急速に持ち上げられる。包み6
の前面が段階Cで受け取り台1の高さに達したら、受け
取り台1の移動速度は再び上昇し、同時に搬送装置2が
同じ速度で反対方向へと駆動され、その結果包み6はそ
の基台に対して変位することなく受け取り台1に載る。
包み6が受け取り台1に基台から持ち上がるまで載った
ら、即ち硬い包みであれば原則としてその半分を越えて
受け取り台1に載ったら(段階D)、受け取り台1の移
動方向が反転され、包み6は搬送装置2によって完全に
受け取り台1上へと変位する(段階E)。上記反転の地
点もセンサで確定され得、そのために用いられるセンサ
2は、包み6が受け取り台1に載り、それによって基
台から持ち上がるやいなや応答する。他方、包み6が受
け取り台1に載る段階Cを包み端部まで延長し、それに
よって規格内の包みの場合はセンサS2を不要とするこ
とも可能であり、このことは包みが柔軟である場合に有
利である。時間短縮型運転のため、包み6を受け取り台
1に、該包み6の重量が主として受け取り台1に掛かる
ところまでしか載せず、そこまで載ったら早々に段階E
を開始することもできる。
【0016】図2〜図4に、例えば紙連のような柔軟な
包みを受け取る場合の対応プロセスを示す。図示した収
集構成は2つの受け取り場所10及び11を有し、これ
らの場所10、11には1種類単独でパレットに積み付
けられた、例えば紙連のような受け取られるべき包み
6、6′が供給される。受け取り場所10と11との間
に降ろし場所12が設定されており、この場所12で受
け取り台1は、受け取り場所10、11で選択的に受け
取った包み6、6′を顧客パレット15上に降ろす。受
け取り台1は水平面内で3つの場所10、11及び12
間を移動し、その際包みのはいは持ち上げ機構によって
その時々の高さまで持ち上げられる。図2及び図3に2
つの作業状態が示してあり、これらの作業状態において
受け取り台1は、図中左手に設定された受け取り場所1
0で包み6を受け取ると同時に、先に図中右手の受け取
り場所11で受け取った包み6′を顧客パレット15上
に降ろす。さしあたって受け取りプロセスのみを検討す
ることにする。そのために、受け取り台1の前進速度V
T及び搬送装置2や受け取り機構3の反対方向移動速度
−VBを受け取り台前縁の位置との関連で示した図4の
速度−距離グラフを参照する。先に述べたように、受け
取り台1の速度VTは受け取られるべき包み6に近付い
た時低下する(段階B)。同時に、受け取り機構3のロ
ーラ4の回転速度(=VB)が第1の最大値まで高めら
れ、それによって包み6の前面は摩擦により急速に受け
取り台1のレベルまで持ち上げられ、その際受け取り台
1の前進がゆっくりであるため、この持ち上げに必要な
短い時間の間包み6は実際上基台に対して変位しない。
従って、受け取り台1がゆっくり到着し、しかも受け取
り機構3が比較的高速で回転することは、包み6の前面
が非常に短い時間で持ち上げられ、それによって包み6
の変位が回避されることを保証する。続いて包み6が受
け取り台1に載る際にも、受け取り台1とその搬送装置
2とが反対の符号を有する同じ大きさの速度VT=−VB
で駆動されることにより、包み6はその基台に対して相
対変位しない(段階C)。
【0017】従って、ここに説明した受け取りプロセス
は、例えば包装紙に包まれた柔軟な紙連のような損傷さ
れやすい包みに特に適する。特に、包装紙が受け取りの
際に破損することや、全紙が圧縮や折り曲げなどによっ
て損傷されることが回避される。包み6、6′が、図2
及び図3に示したようにその前縁が所定公差の範囲内に
位置するようにして受け取り場所に供給される場合、受
け取りプロセスは受け取り台1にセンサを設置しなくと
も距離に従って制御することができる。
【0018】図3からは降ろしプロセスも推測でき、こ
のプロセスは次の包みに関する受け取りプロセスと組み
合わせても、また単独でも実施され得る。受け取り台1
は、降ろしプロセスのためには降ろし場所12を越えて
移動する。受け取り台1が降ろし場所12に到着したら
搬送装置2が同じ速度で反対方向へと始動され(VT
−VB)、それによって包みは降ろし場所に正確に、か
つ基台に対して相対変位せずに降ろされる。図示の例で
は、先に受け取った包み6′を顧客パレット15上に降
ろすことは新しい包み6を受け取ることと同時に行なわ
れる。このことは有意義かつ可能であり、なぜなら受け
取り台1の移動速度VTも搬送装置2の駆動速度VBも受
け取りプロセスと降ろしプロセスとで同じ符号及び大き
さを有するからである。このように、顧客パレット15
上への収集は効率的に行なうことができる。
【0019】図5及び図6に、上述のプロセスを実施す
るための装置の一具体例を示す。2つの受け取り場所1
0及び11並びに降ろし場所12の上に伸長するブリッ
ジ19上で受け取り台1は、作業平面を規定する水平レ
ール18上を移動する。受け取り場所10、11及び降
ろし場所12には持ち上げ機構が設置されており、この
機構によってその時々の最上位の包みが作業高さにまで
持ち上げられ得る。このような持ち上げは、光バーを用
いて公知のように実現することが可能である。受け取り
場所10及び11には、収集されるべき包みが1種類単
独で積み付けられたパレットが交互に供給され、上記包
みは降ろし場所12で顧客パレット15上に先に述べた
ように降ろされる。受け取り台1は制御式のサーボモー
タM1によって駆動され、このモータM1は動輪17を
介して、レール18沿いに伸長する有歯ベルト16と共
働する。第2のサーボモータM2は搬送装置2や、該装
置2の無端ベルトによって構成される受け取り機構3用
の駆動装置として設置されている。そのため、サーボモ
ータM2は一面でベルト案内ローラ20を駆動する。ベ
ルト2は摩擦係数の大きい被膜を有し、この被膜には例
えば商標Linatexのポリウレタン材が適当であ
る。案内ローラ20を経て走行するベルト2はローラ2
0のところで受け取り機構3として機能し、その際摩擦
力によって包みの端面に作用する。しかし、同時にベル
ト2は受け取り台1の上面では、包みを受け取り台1に
対して変位させる搬送装置2として機能する。
【0020】モータM1及びM2の制御は、包みの位置
が確定している場合はモータM1と組み合わせられた距
離測定記録計を介して行なわれ、距離測定記録計の信号
はその時々の作業状態のための制御値として評価され
る。包みの位置が確定していない場合は、制御は先に述
べたように距離センサを用いて行なわれる。
【0021】上述の受け取り台1は同時に複数の機能を
果たし、即ちまずはいから包みを受け取る“グリッパ”
として機能し、次に包みを受け取り場所から降ろし場所
まで移動する運搬台として機能し、最後に降ろし場所で
包みの“移転機”として機能し、これらの機能はいずれ
も包みを損傷せずに発揮される。
【0022】図7〜図10からは、受け取り台1の構造
が様々な点で変更されて、受け取られるべき包みの様式
に適合し得ることが知見される。
【0023】ここまでの説明は、受け取り及び降ろしプ
ロセスで受け取り台1の高さは、受け取り台1の下面が
その時々の基台から離隔するように調節されることを暗
黙の前提としていた(図1〜図3参照)。この前提は、
基台やその時々に下方に位置する包みの損傷を回避する
うえで必要であり、なぜなら受け取り台1下側でのベル
ト20の運動が受け取り台移動速度と相俟って大きい摩
擦を基台に対し生じさせかねないからである。
【0024】図7及び図8に示した受け取り台1は、該
台1下側で僅かに内側及び下方にずれて位置する支持ベ
ルト21を具備しており、このベルト21はベルト20
と同じ駆動装置によってベルト20と反対の方向へと駆
動される。受け取りまたは降ろしプロセスで受け取り台
1下面の基台への接触が(故意に、または偶然に)実現
されると、支持ベルト21は基台上で相対変位せずに運
動し、基台の損傷を回避する。このことは、受け取り台
1や包み6の高さの調節を比較的大きい寸法公差で行な
うことを保証する。
【0025】図9及び図10には、受け取り機構3と搬
送装置2とが分離されている受け取り台1の前方部分を
示す。搬送装置2はこの例でも、受け取り台1端面にお
いて走行方向が反転するベルト20から成る。ベルト2
0同士の間に、とげ付きのローラ22が配置されてい
る。ローラ22のようなとげ付きローラは、比較的大き
い自重を有する木箱等のような硬い包みに用いる受け取
り機構として特に適当である。ローラ22は受け取り台
移動方向にばね力を付与され得る。その場合、受け取り
プロセスは次のようになる。受け取り台移動速度が低下
した際、ローラ22はなお静止したままで受け取られる
べき箱の端面に当接する。その際とげが包みに押し込ま
れ、その後ローラ22は包み受け取りのために始動され
る。この時ローラ22はばね力下に有り、それによって
受け取りプロセスにおけるローラ22と包みの端面との
係合の持続が保証され得る。この点以外は、受け取りプ
ロセスは先に述べたのと同様に進行する。持ち上げ高さ
を減少するために、受け取り台1の前方部分は更に傾斜
部23を有し得、それによってとげ付きローラ22の直
径は受け取り台1の高さより小さく決定され得る。この
ことは、比較的大きい直径を有する補助ローラ24を設
置することによって実現され、とげ付きローラ22後方
に配置されるこのローラ24には走行するベルト20が
掛かる。
【0026】特に上述のような構成では受け取り機構2
2専用の駆動装置が設置され得、受け取り機構22は固
有の受け取りプロセス(図1または図4の段階B)の間
だけ駆動されることは自明である。
【0027】ここまでに説明した本発明の方法及び装置
の適用は固定された収集ユニットに係わり、このユニッ
トには1種類単独での積み付けが行なわれた包みパレッ
トがその都度倉庫から供給され、このパレットに積み付
けられた包みがその都度顧客パレット上に移される。こ
のような収集ユニットは特に、いわゆる“fast−m
over”製品に適する。このことは、少ない種類の物
品に対して非常に多数の発注が有る場合と理解される。
【0028】図11〜図14に基づいて、本発明の方法
及び装置が適用される別の収集ユニットを説明する。こ
のユニットにおいて収集は、対応する運搬距離を短縮す
るべく直接多段ラック式倉庫内で行なわれる。その際包
みは、図12から知見されるようにラック用昇降機RF
Zに配置された収集ユニット30によって直接ラックか
ら取り出される。収集ユニット30は、案内ワイヤで操
縦される無人運搬車、いわゆるFTS上に対応する方法
で構成することも可能である。
【0029】収集ユニット30は既に述べたような受け
取り台1を具備し、この受け取り台1は入れ子式のレー
ル31(図11)を介してユニット30外へと移動され
得、それによってユニット30の両側に位置する多段ラ
ック式倉庫の棚32、33内に進入し得る。受け取り台
1はまた、収集ユニット30内で持ち上げ機構37によ
って、その高さが調節可能であるように吊下されてい
る。
【0030】従って、棚32、33は先に述べた受け取
り場所を構成し、包み(この例でも柔軟な紙連とする)
の受け取りは既に述べたように行なわれる。この例で降
ろし場所は、収集ユニット内に位置する物品支持体34
によって構成され、受け取り台1はこの支持体34上に
物品を降ろす。物品支持体34上に物品を降ろす作業は
その都度、先に図3に関して説明したのと同様に新しい
包みを棚から受け取る作業と同時に行なわれ得る。物品
支持体34は持ち上げ機構35に載置されており、この
機構35は物品支持体34を側方の容器36内へと変位
させ得、容器36は収集完了後、収集ユニットから取り
外される。
【0031】この収集ユニットは次のように機能する。
ラック用昇降機RFZは顧客の注文に従って様々な棚に
順次到着し、受け取り台1によってその都度所望の数の
包みを取り出し、取り出された包みは物品支持体34上
に上述のように降ろされる。包み取り出しのために、受
け取り台1はセンサ及び持ち上げ機構37によって最上
位の包みの高さに調節され、物品支持体34は対応する
高さ位置にもたらされ、それによって図2及び図3に示
したような共通の作業平面が生じる。次に、包みを受け
取り、かつ降ろすことが先に述べた方法に従って行なわ
れる。所与の物品支持体34上への収集が終了すると、
この支持体34は両側方に位置する容器36の一方の中
へと変位する。その後、上記2つの容器36の一方から
別の物品支持体34が取り出されて降ろし場所まで変位
したら、収集作業が再開される。容器36が収集の完了
した物品支持体34で対応して満たされると、ラック用
昇降機RFZは図13及び図14に概略的に示した取り
外し場所へと移動する。この場所で、一杯の容器36は
空の容器36と取り替えられ、それによって収集作業が
直ちに続行され得る。
【0032】他方、一杯の容器36の物品支持体34
は、図13及び図14に示したように容器36から取り
出して顧客パレット15上に降ろされる。顧客パレット
15はローラコンベヤ38に載置されており、このコン
ベヤ38は物品支持体34が保持されている間移転機3
9と同期的に駆動され得る。このようにして、物品支持
体34上に収集された包みは全部一緒に支持体34から
顧客パレット15上に移転され、その際顧客パレット1
5が包みに対して変位することはない(図14)。
【0033】包み、特に紙連を収集する上述の方法は、
多数の異なる品目を指定する顧客注文に応じるのに特に
適当であり、倉庫内での運搬距離が可能なかぎり短く維
持され得る。
【0034】本発明の方法及び装置に対応する収集ユニ
ットは、ラック用昇降機または無人運搬システムに不動
または可動に配置され得る。受け取られるべき包みが収
集されにくい、即ち特に重かったり、特に基台上で滑り
やすかったりする場合は、上述の受け取り台を補助装置
と組み合わせることが可能である。図15に概略的に示
した補助装置は、その基台に強固に貼り付いている、特
に重い包み用である。受け取り台1と共に補助の傾け装
置40が包みの上方の前縁に作用し、この装置40は傾
斜点Oに関してトルクを包みに付与し、それによって受
け取り機構の作用を援助する。図16には、包みが滑り
やすい場合に適用され得る保持装置41を示す。この装
置41によって、その時々に包みの列の最後に位置する
包みが後方から捕捉され、受け取り台1の作用に対して
保持される。それによって、受け取り機構と受け取られ
るべき包みとの間に十分な摩擦が生じることが保証さ
れ、このことは包みの前面が持ち上げられることを可能
にする。好ましくは、保持装置41は包みの列の最後に
位置する包みの傾斜点Oの領域に作用する。
【0035】
【効果】幾つかの例に基づいてここに説明した本発明の
方法及び装置は、従来公知のものに比較して様々な長所
を有する。受け取り台は包みの端面へと近付けられ得、
その際鉛直平面内でも水平平面内でも正確な位置決めは
必要ない。従って、受け取りプロセスにおける移動公差
は、機能の妨害や受け取られるべき物品の損傷を伴うこ
となく比較的大きいものに留まり得る。受け取り機構が
包みの端面に作用する間の受け取り台の前進がゆっくり
であるため包み同士の相対変位、あるいはまた基台と包
みとの相対変位が回避され、従って、包みの圧縮その他
の、力の作用による損傷をもたらすような大きい力が包
みに作用することはない。更に、受け取り機構が比較的
長時間包みの端面上でスリップしながら回転し、その結
果包みが機械的または熱的作用を受けて損傷することも
回避される。受け取られた包みは受け取り台に載ったま
ま運搬され、かつ所定の場所で再び受け取り台から降ろ
されるので、包みを倉庫と顧客パレットとの間で何度も
積み降ろしする必要は無い。
【図面の簡単な説明】
【図1】硬い包みを受け取るプロセスの5つの段階の概
略的説明図である。
【図2】柔軟な包みのために2つの受け取り場所と、こ
れらの受け取り場所間に位置する1つの降ろし場所とが
設定された場合の作業の説明図である。
【図3】図2に示した場合の第2の作業段階の説明図で
ある。
【図4】図2及び図3に示した場合における速度−距離
グラフである。
【図5】図2及び図3に示した場合に具体的に実現され
る構成の上面図である。
【図6】図5に示した構成の側面図である。
【図7】別の構成の受け取り台が第1の作業段階に有る
ところを示す説明図である。
【図8】図7の受け取り台が第2の作業段階に有るとこ
ろを示す説明図である。
【図9】第3の構成の受け取り台の一部を示す説明図で
ある。
【図10】図9に示した受け取り台の側面図である。
【図11】ラック式倉庫内に敷設された収集ユニットの
受け取りケージをその内部に装着された受け取り台と共
に示す斜視図である。
【図12】ラック用昇降機内に設置された図11の受け
取りケージが機能する様子を示す説明図である。
【図13】物品収集済みの物品支持体が受け取りケージ
から取り出されるところを示す説明図である。
【図14】収集された物品が物品支持体から規格パレッ
ト上に移されるところを示す説明図である。
【図15】比較的重い包みの受け取りに用いられる第1
の補助装置の説明図である。
【図16】滑りやすい包みの受け取りに用いられる第2
の補助装置の説明図である。
【符号の説明】
1 受け取り台 2 搬送装置 3 受け取り機構

Claims (15)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 包装品の形態の物品を水平方向に移動し
    得る受け取り台(1)によって基台から受け取り、また
    基台上に降ろす方法であって、受け取り台は少なくとも
    その上面に駆動式の物品搬送装置(2)を具備し、かつ
    少なくともその移動方向端部にローラ状もしくは案内ロ
    ーラ状の受け取り機構(3)を具備しており、第1の段
    階(段階A)では受け取り台(1)を第1の駆動装置
    (M)によって、受け取られるべき物品の鉛直端面に当
    たるまで移動させ、第2の段階(段階B)では少なくと
    も前記当接の時点から第2の駆動装置(M2)によって
    受け取り機構(3)を、該受け取り機構が包装品の形態
    の物品の端面に作用することにより物品が受け取り台上
    面に向かって持ち上げられるように駆動し、その後第3
    の段階(段階C)では、物品が実質的に受け取り台に載
    り、受け取り台によって受け取られるまで受け取り台
    (1)と搬送装置(2)とを同じ速度で反対方向へと駆
    動し、第2の段階(B)における受け取り機構の移動速
    度(VT)を第1および第3の段階(A、C)より小さ
    くすることを特徴とする、包装品の形態の物品を受け取
    り、また降ろす方法。
  2. 【請求項2】 受け取られるべき物品かまたは受け取り
    台の高さを持ち上げ機構で調節し、この調節は物品の受
    け取りの度に、受け取り台(1)がその受け取り機構
    (3)と共に物品端面の下縁より上方に位置し、かつ受
    け取り機構は基台から離隔するように行なうことを特徴
    とする請求項1に記載の方法。
  3. 【請求項3】 受け取り台の受け取り機構(3)と搬送
    装置(2)とを同じ第2の駆動装置(M2)で駆動し、
    その際第2の駆動装置(M2)を、受け取り時に第1の
    速度最大値を実現するべく受け取り機構が物品端面に当
    接する直前かまたは当接時点に始動し、続いて物品が受
    け取り台に載るまで第1の駆動装置と同期的に作動させ
    ることを特徴とする請求項1または2に記載の方法。
  4. 【請求項4】 物品を所定の場所で降ろすために受け取
    り台(1)を、搬送装置(2)を停止した状態で降ろし
    場所まで移動させ、降ろし場所に到着したら搬送装置
    (2)を始動して、物品が降ろし場所に好ましく静止
    し、受け取り台(1)は物品下側から遠ざかるように受
    け取り台移動速度と実質的に同じ速度で反対方向へと駆
    動することを特徴とする請求項1から3のいずれか一項
    に記載の方法。
  5. 【請求項5】 受け取り台を少なくとも1つの受け取り
    場所(10)と降ろし場所(12)との間で移動させ、
    その際受け取り場所と降ろし場所とは受け取りプロセス
    がその都度降ろしプロセスと結合されるように隣り有っ
    て配置されていることを特徴とする請求項4に記載の方
    法。
  6. 【請求項6】 請求項1から5のいずれか一項に記載の
    方法を実施するための装置であって、水平方向に移動し
    得る受け取り台(1)を含み、受け取り台はその上面に
    駆動式の物品搬送装置(2)を具備しており、この装置
    によって物品は受け取り台両端間で受け取り台移動方向
    へもその反対方向へも変位し得、受け取り台はまた、受
    け取られるべき物品の鉛直端面に作用して物品を受け取
    り台の高さに持ち上げる、やはり駆動式であるローラ状
    もしくは案内ローラ状の受け取り機構(3、4)を対応
    する端部に具備しており、その際受け取り台を移動させ
    る第1の駆動装置(M1)と、受け取り機構や搬送装置
    用である少なくとも1つの第2の駆動装置(M2)とが
    設置されており、これらの駆動装置は駆動制御装置と接
    続されており、駆動制御装置は各駆動装置を受け取り台
    や物品の位置及び降ろし場所の位置に従って、第1の駆
    動装置の速度が受け取られるべき物品への前記作用の前
    後に作用中より大きくなるように制御することを特徴と
    する、包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす装
    置。
  7. 【請求項7】 受け取り台(1)が少なくとも1つの受
    け取り場所と少なくとも1つの降ろし場所との間に設置
    されたレール(18;31)上で変位し得る往復台とし
    て構成されていることを特徴とする請求項6に記載の装
    置。
  8. 【請求項8】 受け取り台及び/または受け取り場所の
    物品基台及び/または降ろし場所の物品基台がその高さ
    を持ち上げ機構(35;37)で調節され得ることを特
    徴とする請求項6または7に記載の装置。
  9. 【請求項9】 受け取り台もしくは往復台(1)が実質
    的に、外側に位置する2つの受け取り場所(10、1
    1)とこれらの間に位置する1つの降ろし場所(12)
    との間を移動し得ることを特徴とする請求項6から8の
    いずれか一項に記載の装置。
  10. 【請求項10】 受け取り台(1)の搬送装置(2)が
    受け取り台を巡って走行するコンベヤベルトから成り、
    対応する受け取り台端部にコンベヤベルトのための案内
    ローラ(4)が設置されており、その際案内されるベル
    ト及び/または分離したローラ部(22)は受け取り機
    構を構成することを特徴とする請求項6から9のいずれ
    か一項に記載の装置。
  11. 【請求項11】 受け取り機構として設置されたコンベ
    ヤベルトの外側に摩擦係数の大きい弾性被膜が設けられ
    ていることを特徴とする請求項10に記載の装置。
  12. 【請求項12】 第2の駆動装置(M2)が少なくとも
    一面で案内ローラ(4)を駆動し、かつこのローラを介
    してコンベヤベルト(2)を駆動することを特徴とする
    請求項10に記載の装置。
  13. 【請求項13】 受け取り台が固定されたレール設備
    (18、19)上に配置されており、レール設備は外側
    に位置する2つの受け取り場所(10、11)及びこれ
    らの受け取り場所間に位置する降ろし場所(12)の上
    に伸長しており、受け取り場所には物品引き渡し装置が
    設置され、降ろし場所には物品引き取り装置が設置され
    ていることを特徴とする請求項6から12のいずれか一
    項に記載の装置。
  14. 【請求項14】 受け取り台(1)が収集ユニット(3
    0)内に配置されており、収集ユニットはレールと結合
    された車両かまたは自走型の車両によって壁面ラック間
    の倉庫通路内を運搬され得、その際受け取り場所はラッ
    クの棚によって構成されており、受け取り台(1)は収
    集ユニット(30)内の降ろし場所を越えて更にそこか
    ら棚の中へと移動し、それによって棚の物品を受け取
    り、かつ降ろし場所で降ろし得ることを特徴とする請求
    項6から12のいずれか一項に記載の装置。
  15. 【請求項15】 収集ユニットが該ユニットから取り外
    し可能な少なくとも1つの、複数個の物品を受容する容
    器(36)を具備しており、この容器は該容器内に插入
    され得る複数の物品支持体(34)を有し、各物品支持
    体は移動機構によって降ろし場所へともたらされ、かつ
    容器(36)内へと戻され得、その際受け取り台(1)
    によって支持体上に物品が降ろされ得、その後支持体は
    物品と共に容器(36)内に插入され得ることを特徴と
    する請求項14に記載の装置。
JP3247117A 1990-06-20 1991-06-20 包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす方法及び装置 Expired - Fee Related JP2673064B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CH205190 1990-06-20
CH02051/90-1 1990-06-20

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04251032A JPH04251032A (en) 1992-09-07
JP2673064B2 true JP2673064B2 (ja) 1997-11-05

Family

ID=4224780

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3247117A Expired - Fee Related JP2673064B2 (ja) 1990-06-20 1991-06-20 包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす方法及び装置

Country Status (6)

Country Link
US (1) US5238350A (ja)
EP (1) EP0462518B1 (ja)
JP (1) JP2673064B2 (ja)
AT (1) AT128435T (ja)
DE (1) DE59106570D1 (ja)
FI (1) FI99106C (ja)

Families Citing this family (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DK0612302T3 (da) * 1991-11-21 1997-05-05 United Parcel Service Inc Apparat til håndtering af en genstand og fremgangsmåde til optagelse eller lastning af en genstand
US5538391A (en) * 1991-11-21 1996-07-23 United Parcel Service Of America, Inc. Method and apparatus for mechanized loading and unloading
JPH06115702A (ja) * 1992-10-02 1994-04-26 Murata Mach Ltd 荷処理装置
TW226358B (ja) * 1992-10-02 1994-07-11 Murata Machinery Ltd
JPH06115703A (ja) * 1992-10-02 1994-04-26 Murata Mach Ltd 荷処理装置
ES2102095T3 (es) * 1993-06-01 1997-07-16 Digitron Ag Procedimiento y dispositivo para la recogida de mercancias.
US5352085A (en) * 1993-08-18 1994-10-04 Fuji Photo Film, Inc. Sheet transfer method and system thereof
JP3246642B2 (ja) * 1994-05-16 2002-01-15 特種製紙株式会社 段積みしたシート状包装体の自動ピッキング方法及び装置
DE59501313D1 (de) * 1994-06-06 1998-02-26 Digitron Ag Vorrichtung und Verfahren zur Aufnahme von Artikeln
US5540321A (en) * 1994-08-19 1996-07-30 Foster; Wilbur Apparatus and method for moving objects
AU718712B2 (en) * 1996-06-25 2000-04-20 Itw Australia Pty Ltd Article transfer apparatus
AUPO063796A0 (en) 1996-06-25 1996-07-18 Becfab Equipment Pty Ltd Transfer apparatus
SE513167C2 (sv) * 1998-12-03 2000-07-17 Bjoern Johansson Förfarande för lagerhantering av staplingsbara lagerobjekt
FR2834702B1 (fr) * 2002-01-11 2004-04-23 Plus Dev B Procede et installation automatisee de stockage et de distribution d'objets ou articles divers
AU2003208164A1 (en) * 2002-02-25 2003-09-09 Tgw Transportgerate Gmbh And Co.Kg. Storage retrieval system comprising a load receiving element
US20070092359A1 (en) * 2002-10-11 2007-04-26 Brooks Automation, Inc. Access to one or more levels of material storage shelves by an overhead hoist transport vehicle from a single track position
EP1415940A3 (de) * 2002-10-31 2004-07-07 Dirk Meierhenrich Vorrichtung für das Aufnehmen von Ladegut
ES2255824B1 (es) * 2004-07-29 2007-08-16 It Infotec Robotics, S.L. Dispositivo despaletizador.
NL1028344C2 (nl) * 2005-02-18 2006-08-21 Csi Ind B V Depalletiseerinrichting.
DE102005045215A1 (de) * 2005-09-21 2007-04-05 Hermann Müller Verfahren zum Betrieb und Einleggreifer zum Einlegen von flächigem Gut in Verarbeitungsmaschinen
WO2007044231A2 (en) * 2005-10-07 2007-04-19 Conmedisys, Inc. Patient lift and transfer device
US8214943B2 (en) 2005-10-07 2012-07-10 Conmedisys, Inc. Steering system for patient transfer device
US7603729B2 (en) 2005-10-07 2009-10-20 Conmedisys, Inc. Patient lift and transfer device
US9107788B2 (en) 2005-10-07 2015-08-18 MediGlider Corp. Cam mechanism to raise steering wheel of patient transfer device
US7686560B2 (en) * 2005-12-08 2010-03-30 Conestoga Cold Storage Rack, conveyor and shuttle automated pick system
CA2532116C (en) * 2005-12-08 2014-05-13 Conestoga Cold Storage Rack, conveyor and shuttle automated pick system
DE102006022155A1 (de) 2006-05-12 2007-12-06 Kuka Roboter Gmbh Verfahren und Vorrichtung zum Entpalletieren von gestapelten Gebinden
DE202007000874U1 (de) * 2007-01-20 2008-02-14 Beer, Christian Insbesondere schienengebundener Transportroboter mit Förderer
AT505566B1 (de) 2007-07-20 2009-07-15 Tgw Mechanics Gmbh Depalletierentnahmeförderer
DE102008035330A1 (de) * 2008-07-29 2010-02-04 Krones Ag Vorrichtung zum Kommissionieren und/oder Umschichten mehrerer palettierter Gebinde
DE102009018163B4 (de) * 2009-04-22 2011-03-24 Gawronski Gmbh Industrievertretungen Separate Vorrichtung für einen Förderer zum Transportieren von Gegenständen
DE102009058785B4 (de) * 2009-12-18 2015-06-25 Fraunhofer-Gesellschaft zur Förderung der angewandten Forschung e.V. Vorrichtung zum Greifen von Objekten und Verfahren zum Greifen von Objekten
DE102013011860A1 (de) * 2013-07-16 2015-01-22 Servus Intralogistics Gmbh Transportroboter mit Einzugsvorrichtung für Transportgüter
CN106347988B (zh) * 2016-11-30 2019-04-30 山东恒联新材料股份有限公司 一种用于浆板自动投料的装置
CN108147042B (zh) * 2017-12-30 2019-01-11 盐城优德利自动化工程有限公司 一种高度可调节的计数输送机
JP2020171983A (ja) * 2019-04-09 2020-10-22 川崎重工業株式会社 ロボットハンド、ロボット及びロボットシステム
JP2020171982A (ja) * 2019-04-09 2020-10-22 川崎重工業株式会社 ロボットハンド、ロボット及びロボットシステム

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3070241A (en) * 1959-08-24 1962-12-25 Alvey Conveyor Mfg Company Machine for unstacking palletized loads
US3206042A (en) * 1963-04-17 1965-09-14 Peterson Eric Ronald Multiple sheet handling device
DE1229914B (de) * 1963-11-08 1966-12-01 Halvor Graasvoll Vorrichtung zum Entladen einer mit in Lagemustern gestapelten Artikeln beladenen Palette
US3664534A (en) * 1970-09-02 1972-05-23 Clark Equipment Co Lateral shuttle device for material storage system
JPS537714B2 (ja) * 1973-07-19 1978-03-20
GB1559973A (en) * 1975-07-15 1980-01-30 Unilever Ltd Depalletizer
JPS566324Y2 (ja) * 1976-06-04 1981-02-12
JPS53140782A (en) * 1977-05-12 1978-12-08 Daifuku Co Ltd Warehouse facility
JPS5742426A (en) * 1980-08-22 1982-03-10 Nippon Steel Chem Co Ltd Package unloading and its apparatus
US4453874A (en) * 1982-12-22 1984-06-12 Internationale Octrooi Maatschappij "Octropa" Bv Article-handling apparatus
JPH0319125B2 (ja) * 1984-09-26 1991-03-14 Hitachi Ltd
JPH059321B2 (ja) * 1987-04-07 1993-02-04 Shimizu Construction Co Ltd
DE3733461A1 (de) * 1987-09-30 1989-04-20 Kht Kommissionier & Handhabung Verfahren und vorrichtung zum entnehmen von buechern oder dergleichen aus einem regal

Also Published As

Publication number Publication date
AT128435T (de) 1995-10-15
EP0462518A1 (de) 1991-12-27
JPH04251032A (en) 1992-09-07
FI99106B (fi) 1997-06-30
FI912913A0 (fi) 1991-06-17
FI99106C (fi) 1997-10-10
US5238350A (en) 1993-08-24
EP0462518B1 (de) 1995-09-27
DE59106570D1 (de) 1995-11-02
FI912913A (fi) 1991-12-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2673064B2 (ja) 包装品の形態の物品を受け取り、また降ろす方法及び装置
KR102335189B1 (ko) 오더 피킹 시스템
KR101259966B1 (ko) 물품 수납 설비
US6474924B2 (en) Skid handling system for flow through storage
JP3246642B2 (ja) 段積みしたシート状包装体の自動ピッキング方法及び装置
US20100278625A1 (en) Consignment system and method of loading a freight carrier
WO2011161979A1 (ja) 自動倉庫及び自動倉庫への入庫方法
EP2429931B1 (en) Packing apparatus
US5921740A (en) Device for automatically loading a container
JPH05246541A (ja) 個別物品を取り上げる方法及び装置
CN111762492A (zh) 堆垛机及立体式仓储系统
JP2692414B2 (ja) トレーへの荷積み卸し設備
US6129497A (en) Stacker/retriever with overhead rack entry vehicle for palletless storage
JP3183119B2 (ja) 層単位移載装置
JPH08175621A (ja) 自動保管検索装置における搬出入機構
JP3128358B2 (ja) 段積みしたシート状包装体の自動ピッキング方法及び装置
JP2660600B2 (ja) ケース移載装置
CN214059263U (zh) 一种袋装货物拆垛装车系统
JP3444838B2 (ja) 荷処理装置
JP2002120993A (ja) 自動倉庫及びその荷物移載方法
JPH10212002A (ja) 冷凍倉庫用面切り出し移載装置
JP3953429B2 (ja) 易損品入容器載積装置
JP2985621B2 (ja) 入出庫用搬送装置
JP4815068B2 (ja) 搬送機構及びこれを備えた自動倉庫
JPH0881011A (ja) スタッカークレーン及びピッキング設備

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees