JP2663536B2 - Automatic adjustment device - Google Patents

Automatic adjustment device

Info

Publication number
JP2663536B2
JP2663536B2 JP63180842A JP18084288A JP2663536B2 JP 2663536 B2 JP2663536 B2 JP 2663536B2 JP 63180842 A JP63180842 A JP 63180842A JP 18084288 A JP18084288 A JP 18084288A JP 2663536 B2 JP2663536 B2 JP 2663536B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
chord
key
data
determined
root
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP63180842A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0229789A (en
Inventor
順久 山口
勉 長谷川
Original Assignee
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ヤマハ株式会社 filed Critical ヤマハ株式会社
Priority to JP63180842A priority Critical patent/JP2663536B2/en
Priority claimed from DE1989621262 external-priority patent/DE68921262T2/en
Publication of JPH0229789A publication Critical patent/JPH0229789A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2663536B2 publication Critical patent/JP2663536B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、和音演奏情報に基づき、演奏曲の調を自動
的に決定する自動調決定装置に関する。
Description: BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to an automatic key determination device that automatically determines the key of a musical piece based on chord performance information.
[従来技術] 近年、電子楽器等の自動化が進み、メロディ演奏、和
音演奏等を基にデュエット音、アルペジョ音、ベース音
等の付加音を自動的に形成し、該付加音を前記和音演奏
音、メロディ演奏音等の演奏音と共に自動的に発音させ
るようにして、豊かな演奏音楽が得られるような自動伴
奏装置が盛んに開発されるようになって来ている。かか
る場合、演奏和音のみに基づいて付加音を形成すること
も可能であるが、演奏曲に適した付加音を形成するため
には、演奏曲の調を把握することが望ましい。
[Prior Art] In recent years, automation of electronic musical instruments and the like has advanced, and additional sounds such as duet sounds, arpeggio sounds, and bass sounds are automatically formed based on melody performances, chord performances, and the like, and the additional sounds are generated as the chord performance sounds. Automatic accompaniment devices that are capable of producing rich performance music by automatically generating a performance sound such as a melody performance sound have been actively developed. In such a case, the additional sound can be formed based only on the performance chords. However, in order to form an additional sound suitable for the performance music, it is desirable to grasp the key of the performance music.
この要請に基づき、例えば特開昭57−136696号公報に
は、演奏に先立ち、長調スイッチ、短調スイッチ及び鍵
盤の組合せ操作によって調を指定、例えば長調スイッチ
と鍵盤のC音に対応した鍵を同時操作することによりC
長調を指定するようにしたものが示されている。
Based on this request, for example, in Japanese Patent Laid-Open No. 57-136696, prior to performance, a key is designated by a combination operation of a major switch, a minor switch and a keyboard. By operating C
It is shown that a major key is specified.
[発明が解決しようとする課題] しかるに、上記従来の調を指定する装置にあっては、
演奏者が自ら調の指定操作をしなければならないので、
演奏前に演奏者の手間がかかるという問題があると同時
に、演奏者が演奏曲の調を知らない場合には前記調の指
定ができないという問題もある。また、前記調指定は鍵
盤を利用する関係上、演奏中には行うことができず、演
奏途中における転調が不可能である。
[Problem to be Solved by the Invention] However, in the above-described conventional device for designating a key,
Since the performer has to perform the key designation operation himself,
At the same time, there is a problem that it takes time and effort for the player before the performance, and there is also a problem that if the player does not know the key of the music piece, the key cannot be designated. In addition, the key designation cannot be performed during a performance due to the use of a keyboard, and it is impossible to perform modulation during the performance.
本発明はかかる問題点に鑑み案出されたもので、その
目的は和音演奏に基づき調を自動的に決定するようにし
て上記問題を解決した自動調決定装置を提供することに
ある。
The present invention has been devised in view of such a problem, and an object of the present invention is to provide an automatic key determination device which solves the above problem by automatically determining a key based on a chord performance.
[課題を解決するための手段] 上記課題を解決して本発明の目的を達成するために、
第1の発明(上記請求項1に係る発明)の構成上の特徴
は、リズム種類を指定するリズム指定手段と、和音を指
定する和音指定手段と、前記和音指定手段により指定さ
れた和音を表す和音情報を記憶する和音情報記憶手段
と、前記和音情報記憶手段に記憶されている和音情報に
基づき、前記リズム指定手段による指定リズム種類に応
じた異なる所定条件に従って調を決定する調決定手段と
を備えたことにある。
[Means for Solving the Problems] In order to solve the above problems and achieve the object of the present invention,
The structural features of the first invention (the invention according to the first aspect) are a rhythm designating unit that designates a rhythm type, a chord designating unit that designates a chord, and a chord designated by the chord designating unit. A chord information storage unit that stores chord information; and a key determination unit that determines a key according to different predetermined conditions according to a rhythm type specified by the rhythm specification unit based on chord information stored in the chord information storage unit. Have prepared.
また、第2の発明(上記請求項2に係る発明)の構成
上の特徴は、前記第1の発明における和音指定手段と、
音名を表す音名情報を入力する音名情報入力手段と、前
記入力した音名情報に基づき和音を検出する和音検出手
段とで構成したことにある。
The second invention (the invention according to the second aspect) is characterized in that the chord designation means according to the first invention,
It is characterized by comprising a note name information input means for inputting note name information representing a note name, and a chord detecting means for detecting a chord based on the input note name information.
さらに、第3の発明(上記請求項3に係る発明)の構
成上の特徴は、第1又は第2の発明における調決定手段
を、各調に対して予め定めた特有な和音進行に応じて調
を決定する第1の条件と、各調に対して予め定めた特有
な和音の出現に応じて調を決定する第2の条件とを上記
指定リズム種類に応じて選択的に採用して調を決定する
手段で構成したことにある。
Further, the constitutional feature of the third invention (the invention according to the third aspect of the present invention) is that the key determination means in the first or second invention makes the key determining means according to a specific chord progression predetermined for each key. The first condition for determining the key and the second condition for determining the key according to the appearance of a specific chord predetermined for each key are selectively adopted according to the specified rhythm type. Is determined by means for determining
[発明の作用及び効果] 上記のように構成した第1の発明においては、和音指
定手段により和音が指定されると、該指定和音を表す情
報は和音情報記憶手段に記憶される。そして、調決定手
段が、前記和音情報記憶手段に記憶されている和音情報
に基づき、前記リズム指定手段による指定リズム種類に
応じた異なる所定条件に従って調を決定するので、選択
されたリズム種類に応じてそれぞれ異なる条件に従って
調が決定される。
[Operation and Effect of the Invention] In the first invention configured as described above, when a chord is designated by the chord designation means, information representing the designated chord is stored in the chord information storage means. Then, based on the chord information stored in the chord information storage means, the key determination means determines the key according to different predetermined conditions corresponding to the rhythm type specified by the rhythm specification means. The key is determined according to different conditions.
かかる場合、調決定手段は、例えば前記第3の発明の
ように構成されていて、あるリズムが選択されている場
合には、第1の条件の採用により各調に対して予め定め
た特有な和音進行の存在により調が決定され、また他の
リズムが選択されている場合には、第2の条件の採用に
より各調に対して予め定めた特有な和音の出現の有無に
より調が決定される。
In such a case, the key determining means is configured, for example, as in the third aspect of the invention, and when a certain rhythm is selected, the specific condition predetermined for each key by adopting the first condition. The key is determined by the existence of the chord progression, and when another rhythm is selected, the key is determined by the presence or absence of a predetermined specific chord for each key by employing the second condition. You.
一般的に、一つの楽曲においては、マーチ、ワルツ、
ブルース等のリズム種類に応じて、各調毎に特有の和音
進行をする傾向があったり、各調毎に特有の和音群があ
る程度短い区間内で必ず出現する傾向がある。例えば、
あるリズム種類においては、和音列の終止(カデンツ)
論理等に基づき各調毎の特有の和音進行が顕著に現れ、
より具体的に述べると、C長調であればGメジャからC
メジャへ又はDメジャからCメジャへ移行し、C短調
であればGマイナからCマイナへ移行する特徴を有す
る。一方、他のリズム種類においては、例えばブルース
等では、調を基音とするとI度セブンス(C調の場合に
はCセブンス)、IV度セブンス(C調の場合にはFセブ
ンス)及びV度セブンス(C調の場合にはGセブンス)
の和音がある程度短い区間内で必ず出現する傾向があ
り、またブルース等の曲風における短調にあっては、調
を基音とするI度マイナセブンス(C調の場合にはCマ
イナセブンス)、IV度マイナセブンス(C調の場合には
Fマイナセブンス)及びV度マイナセブンス(C調の場
合にはGマイナセブンス)の和音がある程度短い区間内
で必ず出現する傾向がある。
Generally, in one song, marches, waltz,
Depending on the type of rhythm such as blues, there is a tendency that a specific chord progresses for each key, or a group of specific chords for each key tends to appear in a relatively short section. For example,
For certain rhythm types, the end of the chord sequence (cadence)
The chord progression peculiar to each key appears remarkably based on the logic and the like,
More specifically, if it is C major, the G
Proceeds to C Measuring to or from D Measuring Measuring has the characteristics of transition from G minor if C minor to C minor. On the other hand, in other rhythm types, for example, in blues and the like, when the key is the fundamental tone, the seventh degree is C (seventh in the case of C), the IV degree is F (seventh in the case of C), and the V degree is seven. (In the case of C tone, G Seventh)
Chords tend to always appear in sections that are somewhat short, and for minor styles in musical styles such as blues, I-degree minor sevenths (C minor sevenths in the case of C-tones) and IV The chords of the degree minor seventh (F minor seventh in the case of C tone) and the V minor minor (G minor seventh in the case of C tone) tend to always appear within a relatively short section.
その結果、前述のようにリズム種類に応じて調の決定
条件を異ならせる第1及び第3の発明によれば、演奏者
が手間をかけなくても、演奏者が演奏曲の調を知らなく
ても、また演奏途中でも、前記傾向に基づく音楽論理に
沿った調が自動的に決定されるようになる。そして、該
決定調が調データとして設定されるので、かかる調デー
タを利用すれば、デュエット音、アルペジョ音、ベース
音等として、該演奏曲に最適な付加音を形成することが
できるようになる。
As a result, as described above, according to the first and third aspects of the present invention in which the key determination condition is changed according to the rhythm type, the player does not know the key of the music piece without the need for the player. However, even during the performance, the key according to the music logic based on the tendency is automatically determined. Then, since the determined key is set as key data, if such key data is used, it is possible to form an additional sound that is optimal for the musical piece as a duet sound, an arpeggio sound, a bass sound, or the like. .
また、第2の発明においては、音名情報入力手段が外
部からの音名情報を入力するとともに、和音検出手段が
前記入力音名情報に応じた和音を検出し、和音情報記憶
手段及び調決定手段が前記第1の発明と同様に作用して
調を決定する。
In the second invention, the note name information input means inputs note name information from the outside, and the chord detection means detects a chord corresponding to the input note name information. The means operates in the same manner as in the first invention to determine the key.
さらに、該第2の発明に従属した前記第3の発明にお
いても、前記第1の発明に従属した場合と同様に作用す
る。
Further, the third invention according to the second invention operates similarly to the case according to the first invention.
その結果、第2の発明及び該第2の発明に従属した第
3の発明によれば、他の楽器、鍵盤だけを備えた装置か
ら供給される音名情報に応じても調データの自動形成が
可能となるとともに、音楽的に適切な付加音の形成が可
能となる。
As a result, according to the second invention and the third invention subordinate to the second invention, the automatic formation of key data can be performed in accordance with note name information supplied from another musical instrument or a device having only a keyboard. And a musically appropriate additional sound can be formed.
[実施例] 以下、本発明の一実施例を図面を用いて説明すると、
第1図は本発明に係る電子楽器の全体をブロック図によ
り示している。
Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
FIG. 1 is a block diagram showing the entire electronic musical instrument according to the present invention.
この電子楽器は鍵盤10、調設定操作パネル部20、リズ
ム制御操作パネル部30及びその他操作パネル部40を備え
ている。鍵盤10は和音を指定するための複数の鍵からな
り、各鍵の押離鍵は鍵スイッチ回路10a内に各鍵にそれ
ぞれ対応して設けた複数の鍵スイッチの開閉成により検
出されるようになっている。また、鍵スイッチ回路10a
はチャタリング防止回路、待ち時間回路等を内蔵してお
り、鍵盤10におけるミスタッチが除外されるとともに多
少の時間ずれを含む複数押鍵が同時押鍵として検出され
て、該同時押鍵が一つの押鍵イベントとして検出される
ようになっている。調設定操作パネル部20には、鍵盤10
における和音演奏に応じて調を自動的に設定するオート
モードと鍵盤10による格別の押鍵操作により調を決定す
るマニアルモードとを選択切換えする調設定選択操作子
21と、前記マニアルモード時に長調を指定する長調操作
子22と、同マニアルモード時に短調を指定する短調操作
子23とが設けられている。この調設定操作パネル部20に
おける操作は調設定スイッチ回路20aにより検出される
ようになっており、同回路20aは前記各操作子21〜23に
それぞれ対応した調設定選択スイッチ21a、長調スイッ
チ22a及び短調スイッチ23aを内蔵している。リズム制御
操作パネル部30にはブルースを初めとしてマーチ、ワル
ツ等のリズム種類を選択するリズム選択操作子群31と、
リズムのスタート・ストップを指定するスタート/スト
ップ操作子32と、リズムのテンポ、音量等を指定する操
作子33,34とが設けられており、これらの操作子31〜34
の各操作はリズム制御スイッチ回路30a内に設けられた
スイッチ、ボリューム等により検出されるようになって
いる。その他操作パネル部40には伴奏音の音色、音量等
を選択制御する多数の操作子群41,42が設けられてお
り、これらの操作子群41,42の各操作はその他スイッチ
回路40a内に設けられたスイッチ、ボリューム等により
検出されるようになっている。
This electronic musical instrument includes a keyboard 10, a key setting operation panel 20, a rhythm control operation panel 30, and an other operation panel 40. The keyboard 10 is composed of a plurality of keys for designating chords, and the depressed and released keys of each key are detected by opening and closing a plurality of key switches provided corresponding to each key in the key switch circuit 10a. Has become. Also, the key switch circuit 10a
Has a built-in chattering prevention circuit, a waiting time circuit, etc., which eliminates erroneous touches on the keyboard 10, detects multiple key presses with a slight time lag as simultaneous key presses, and It is detected as a key event. The key setting operation panel section 20 has a keyboard 10
Tone setting selection operator that selectively switches between auto mode in which the key is automatically set according to the chord performance of the keyboard and manual mode in which the key is determined by a special key press operation on the keyboard 10.
21, a major operator 22 for designating a major key in the manual mode, and a minor operator 23 for designating a minor key in the manual mode. The operation in the key setting operation panel section 20 is detected by a key setting switch circuit 20a, and the circuit 20a includes a key setting selection switch 21a, a long key switch 22a and a key setting switch 22a corresponding to the operators 21 to 23, respectively. Built-in minor switch 23a. A rhythm control operation panel unit 30 includes a rhythm selection operator group 31 for selecting rhythm types such as blues, march, waltz, etc.,
A start / stop operator 32 for designating the start / stop of the rhythm, and operators 33 and 34 for designating the rhythm tempo, volume and the like are provided. These operators 31 to 34 are provided.
Are detected by a switch, a volume, and the like provided in the rhythm control switch circuit 30a. Other operation panel section 40 is provided with a large number of operation groups 41 and 42 for selectively controlling the tone color of the accompaniment sound, volume, and the like.Each operation of these operation group 41 and 42 is provided in the other switch circuit 40a. Detected by a switch, a volume, and the like provided.
これらの各種スイッチ回路10a〜40aはバス50に接続さ
れており、同バス50には、打楽器音信号発生回路61、伴
奏音信号発生回路62、テンポ発振器70及びマイクロコン
ピュータ80が接続されている。
These various switch circuits 10a to 40a are connected to a bus 50, and a percussion instrument sound signal generation circuit 61, an accompaniment sound signal generation circuit 62, a tempo oscillator 70, and a microcomputer 80 are connected to the bus 50.
打楽器音信号発生回路61はシンバル、バスドラ等の打
楽器に対応した楽器音信号を形成する複数の打楽器音信
号形成チャンネルを有し、マイクロコンピュータ80から
バス50を介して供給される打楽器音データPITD1〜PITDm
に応じた打楽器音信号を形成出力する。伴奏音信号発生
回路62はそれぞれピアノ、バイオリン等の楽器に対応し
た楽器音信号を形成する複数系列(n系列)の楽音信号
形成チャンネルを備えており、マイクロコンピュータ80
からバス50を介して供給される音色データ、音高デー
タ、キーオン信号KON及びキーオフ信号KOFに応じて、音
色データに応じた音色を有するとともに音高データに対
応した音高の楽音信号を形成出力する。これらの打楽器
音信号発生回路61及び伴奏音信号発生回路62はアンプ、
スピーカ等からなるサウンドシステム63に接続されてお
り、同システム63は両信号発生回路61,62からの楽音信
号に対応した楽音を発音する。
The percussion instrument sound signal generation circuit 61 has a plurality of percussion instrument sound signal forming channels for forming instrument sound signals corresponding to percussion instruments such as cymbals and bass drums, and percussion instrument sound data PITD 1 supplied from the microcomputer 80 via the bus 50. ~ PITD m
And outputs a percussion instrument sound signal corresponding to. The accompaniment sound signal generating circuit 62 includes a plurality of (n-sequence) tone signal forming channels for forming musical instrument sound signals corresponding to musical instruments such as a piano and a violin.
In accordance with the tone data, tone data, key-on signal KON and key-off signal KOF, which are supplied via the bus 50, a tone signal having a tone corresponding to the tone data and a pitch corresponding to the tone data is formed and output. I do. These percussion instrument sound signal generation circuit 61 and accompaniment sound signal generation circuit 62 are an amplifier,
It is connected to a sound system 63 composed of a speaker or the like, and the system 63 emits a musical tone corresponding to the musical tone signal from both signal generating circuits 61 and 62.
テンポ発振器70は所定の周波数を有するリズム割込み
信号RINTをマイクロコンピュータ80に出力するもので、
該信号RINTの周波数はテンポ操作子33の操作に応じてマ
イクロコンピュータ80からバス50を介して供給されるテ
ンポデータに応じて決定される。
The tempo oscillator 70 outputs a rhythm interrupt signal RINT having a predetermined frequency to the microcomputer 80,
The frequency of the signal RINT is determined according to tempo data supplied from the microcomputer 80 via the bus 50 in response to the operation of the tempo operator 33.
マイクロコンピュータ80はバス50に各々接続されたプ
ログラムメモリ81、CPU82及びワーキングメモリ83から
なる。プログラムメモリ81はROMで構成され、第5図乃
至第12図に示すフローチャートに対応したメインプログ
ラムとそのサブプログラム、及びリズム割込みプログラ
ムを記憶している。CPU82は電源スイッチ(図示しな
い)の閉成に伴い前記メインプログラムの実行を開始す
るとともに同プログラムを電源スイッチの開成まで繰返
し実行し、テンポ発振器70からのリズム割込み信号RINT
の到来時には前記メインプログラムの実行を中断してリ
ズム割込みプログラムを割込み実行する。ワーキングメ
モリ83はRAMで構成されるとともに、第2A図乃至第2I図
に示すように、前記プログラムの実行に必要な各種レジ
スタ及びテーブルを有する。これらのレジスタ及びテー
ブルは次の通りである。
The microcomputer 80 includes a program memory 81, a CPU 82, and a working memory 83 connected to the bus 50, respectively. The program memory 81 is constituted by a ROM, and stores a main program corresponding to the flowcharts shown in FIGS. 5 to 12, a subprogram thereof, and a rhythm interruption program. The CPU 82 starts the execution of the main program when the power switch (not shown) is closed, and repeatedly executes the program until the power switch is opened, and outputs a rhythm interrupt signal RINT from the tempo oscillator 70.
, The execution of the main program is interrupted and the rhythm interrupt program is interrupted and executed. The working memory 83 is composed of a RAM, and has various registers and tables necessary for executing the program, as shown in FIGS. 2A to 2I. These registers and tables are as follows.
押鍵バッファレジスタ83a(第2A図) 同時に押鍵される可能性のある鍵数分の記憶領域を有
し、和音を指定するために同時に押鍵された各鍵を表す
キーコードKCを全て記憶する。
Key press buffer register 83a (FIG. 2A) has a storage area for the number of keys that are likely to be pressed at the same time, and stores all key codes KC representing keys pressed simultaneously to specify a chord. I do.
押鍵キーフラグ用バッファレジスタ83b(第2B図) 各記憶領域毎に12音階に対応したビット数を有すると
ともに同時に押鍵される可能性のある鍵数分の記憶領域
を有し、同時に押鍵された鍵に対応した音名であって演
奏者が指定した可能性のある和音(押鍵から考えられる
和音)から明らかに不要な音名(ミスノート)を除去し
た音名のみ“1"となる押鍵フラグを、指定された可能性
のある和音毎に記憶する。
Key-pressed key flag buffer register 83b (FIG. 2B) Each memory area has a number of bits corresponding to the twelfth scale, and has a memory area for the number of keys that are likely to be simultaneously pressed. "1" is the only note name that is the note name corresponding to the key that has been removed, and from which the clearly unnecessary note names (misnotes) have been removed from the chords that may have been specified by the player A key depression flag is stored for each chord that may be specified.
和音検出バッファレジスタ83c(第2C図) 押鍵される可能性のある鍵数分の記憶領域を有し、各
記憶領域毎に前記押鍵から考えられる和音の根音ROOT、
同和音のタイプTYPE、同和音に対して押鍵されたテンシ
ョン音数TENSU、押鍵されたテンション音の中でテンシ
ョン音番号TNOが最低である最低テンション音番号LTNO
及び和音テンションレベルCTENLを記憶する。なお、テ
ンションとは緊張の意であり、テンション音とは和音の
基本的な構成音(例えばマイナ7和音の場合1゜,3
,5゜,7゜音)に付加される音(例えば9゜,11゜
音)のことである。そして、この場合、テンション音数
TENSUとは前記付加音の数であり、またテンション音番
号TNOとは各付加音の緊張度を表すものであって、同番
号TNOは大きくなるに従って和音の不協和度が大きくな
るように設定されている(第3A図及び第3B図参照)。さ
らに、和音テンションレベルCTENLとは和音自体の緊張
度を表すものであって、同レベルLTENLは存在感を感じ
る和音程大きな値になり、かつ安定して聞ける和音程小
さな値になるように設定されている(第3C図参照)。
Chord detection buffer register 83c (FIG. 2C) has storage areas for the number of keys that can be depressed, and for each storage area, the root of the chord considered from the key depression ROOT,
Same chord type TYPE, number of tension notes TENSU pressed for the same chord, lowest tension note number LTNO with lowest tension note number TNO among the pressed tension notes
And the chord tension level CTENL. Note that tension means tension, and tension sound is a basic constituent sound of a chord (for example, 1 ゜, 3 in the case of a minor 7 chord).
° ♭, 5 °, the sound added to 7 ° sound) (eg 9 °, is that the 11 ° sound). And in this case, the number of tension sounds
TENSU is the number of the additional sounds, and the tension sound number TNO represents the degree of tension of each additional sound, and the same number TNO is set so that the degree of dissonance of the chord increases as the number increases. (See FIGS. 3A and 3B). Further, the chord tension level CTENL indicates the degree of tension of the chord itself, and the same level LTENL is set so that the chord that feels presence is a large value and the chord that can be heard stably is a small value. (See Figure 3C).
ローテーションレジスタ83d(第2D図) 同時に押鍵された鍵に対応した音名のみ“1"となる押
鍵フラグを記憶した12音階に対応した12ビットのレジス
タであって、和音検出のために各ビットデータがローテ
ーションされる。
Rotation register 83d (Fig. 2D) This is a 12-bit register corresponding to the 12-note scale that stores a key-press flag in which only the note name corresponding to the key pressed at the same time is "1". Bit data is rotated.
根音カウンタ83e(第2D図) ローテーションレジスタ83dのローテーションに同期
してカウントアップし、和音検出時における値音ROOTの
キーコードKCを表す。
Root note counter 83e (FIG. 2D) Counts up in synchronization with the rotation of the rotation register 83d, and represents the key code KC of the value tone ROOT when a chord is detected.
押鍵キーフラグテーブル83f(第2E図) 押鍵キーフラグ用バッファレジスタ83b内に記憶され
ていた押鍵フラグであって、検出和音として採用した和
音に関するものを過去8個分記憶する。
Key-depressed key flag table 83f (FIG. 2E) The key-depressed flags stored in the key-depressed key flag buffer register 83b and relating to the chords used as detected chords for the past eight are stored.
和音テーブル83g(第2F図) 押鍵キーフラグテーブル83f内に記憶されている押鍵
フラグに対応して過去8個分の和音の値音ROOT、タイプ
TYPE及び和音テンションレベルCTENLを記憶する。
Chord table 83g (FIG. 2F) The past eight chord value tones ROOT and type corresponding to the key depression flags stored in the key depression key flag table 83f
TYPE and chord tension level CTENL are stored.
ブルーステーブル83h(第2G図) 12音階により構成される値音ROOT×6種類の和音
(I7,IV7,V7,Im7,IVm7,Vm7)に対応したマトリクス状の
記憶領域を有し、各記憶領域に“1"にて対応和音の存在
を表すフラグを記憶している。
Bruce table 83h (the 2G view) 12 scale by configured neon ROOT × 6 types of chords (I 7, IV 7, V 7, I m7, IV m7, V m7) matrix storage area corresponding to the In each storage area, a flag indicating the presence of the corresponding chord by "1" is stored.
調フラグテーブル83i(第2H図) 12音階により構成される根音ROOT×4種類の調(ブル
ースの長調、短調とブルー以外の長調、短調)に対応し
たマトリクス状の記憶領域を有し、各記憶領域に「0」
〜「3」に渡り変化する各調の判定回数を記憶する。
Tone flag table 83i (Fig. 2H) Root ROOT composed of 12 scales x matrix with storage areas corresponding to 4 types of keys (blues major, minor and non-blue major, minor) "0" in the storage area
The number of determinations of each key that changes over the range from “3” to “3” is stored.
その他レジスタ83j(第2I図)は前記プログラムの実
行に必要な下記変数データを一時的に記憶する。
The other register 83j (FIG. 2I) temporarily stores the following variable data required for executing the program.
演奏開始フラグPSTF 演奏の開始時を検出するために、“0"にて演奏開始前
(リズムスタート前)を表し、かつ“1"にて演奏開始後
を表す。
Performance start flag PSTF In order to detect the start of the performance, "0" indicates before the performance starts (before rhythm start) and "1" indicates after the performance starts.
演奏開始マイナフラグPSTMF 短調検出に利用するため、“1"にて演奏開始時の和音
がマイナ和音又はマイナセブンス和音であることを表
し、かつ“0"にて同和音がそれ以外であることを表す。
Performance start minor flag PSTMF To use for minor detection, "1" indicates that the chord at the start of the performance is a minor chord or minor seventh chord, and "0" indicates that the chord is not the same. .
バッファアドレスBAAD 押鍵キーフラグ用バッファアドレス83b及び和音検出
バッファレジスタ83cの各記憶領域を指定するためのア
ドレスデータである。
Buffer Address BAAD This is address data for designating each storage area of the key press key flag buffer address 83b and the chord detection buffer register 83c.
現テーブルアドレスCTAD 押鍵キーフラグテーブル83f及び和音テーブル83g内の
最新和音に関する記憶領域を示すもので、該アドレスCT
AD値は8個の記憶領域を所定の順序で繰返し指定する。
Current table address CTAD This indicates a storage area for the latest chord in the key press key flag table 83f and the chord table 83g.
The AD value repeatedly specifies eight storage areas in a predetermined order.
優先和音フラグPCDF 和音検出バッファレジスタ83c内に記憶されている複
数の和音から一つの和音を決定する際、所定の条件に従
って優先的に和音が決定されたか否かを表すフラグであ
り、“1"にて既に決定済みであることを表し“0"にて未
だ決定されていないことを表す。
Priority chord flag PCDF A flag indicating whether or not a chord has been preferentially determined according to a predetermined condition when one chord is determined from a plurality of chords stored in the chord detection buffer register 83c. Indicates that it has already been determined, and “0” indicates that it has not yet been determined.
プライマリカデンツ和音フラグPCCF 和音検出バッファレジスタ83c内に記憶されている複
数の和音から、プライマリ和音又はカデンツ和音がなる
べく交互に選択されるようにするためのフラグであり、
“1"にて以前カデンス和音が選択されたことを表し、
“0"にて以前プライマリ和音が選択されたことを表す。
Primary cadence chord flag PCCF A flag for allowing the primary chord or cadence chord to be selected as alternately as possible from a plurality of chords stored in the chord detection buffer register 83c,
“1” indicates that the cadence chord was previously selected,
“0” indicates that the primary chord was previously selected.
押鍵和音データDPCHD 鍵盤10により現在指定されている和音であって、通常
値音ROOT及びタイプTYPEからなる。
Key pressed chord data DPCHD This is a chord currently specified by the keyboard 10, and includes a normal tone ROOT and a type TYPE.
第1テンションレベル総和値SUMTENL1 調を決定するために、一つの調に対する和音テーブル
83g内の過去8個の和音テンションレベルCTENLの合計値
を表す。
1st tension level sum value SUMTENL1 Chord table for one key to determine key
Represents the total value of the past eight chord tension levels CTENL in 83g.
第2テンションレベル総和値SUMTENL2 調を決定するために、他の一つの調に対する和音テー
ブル83g内の過去8個の和音テンションレベルCTENLの合
計値を表す。
Second Tension Level Sum Value SUMTENL2 To determine the key, it represents the total value of the past eight chord tension levels CTENL in the chord table 83g for another key.
仮調データKMKD 調を最終的に確定する前において、所定の条件に従っ
て決定された仮の調を表すもので、最上位ビットMSBに
て長短を表し、かつ下位ビットにてキーコードKCにより
音楽的キー(C調、G調等)を表す。
Temporary key data KMKD Before finalizing the key, it indicates the temporary key determined according to predetermined conditions.The most significant bit MSB indicates the length and the lower bit indicates the musical key key KC. Represents a key (C tone, G tone, etc.).
調データMKD 最終的に確定した調を表すもので、最上位ビットMSB
にて長短を表し、かつ下位ビットにてキーコードKCによ
り音楽的キー(C調、G調等)を表す。
Key data MKD Represents the finally determined key, the most significant bit MSB
Represents the length, and the lower bits represent a musical key (C tone, G tone, etc.) by the key code KC.
調設定フラグMKSF 調が設定済みが否かを表すフラグであり、“0"にて調
設定前を表し、かつ“1"にて調設定後を表す。
Key setting flag MKSF This flag indicates whether the key has been set or not. “0” indicates that the key has not been set, and “1” indicates that the key has been set.
施法データSCALE 決定されたアイオニナン、ドリアン等の音楽的施法を
表す。
Application data SCALE Represents the determined musical application of Ioninan, Dorian, etc.
リズム種類データRHY ブルースを始めとしてマーチ、ワルツ等のリズム種類
を表す。
Rhythm type data RHY Represents rhythm types such as blues, march, waltz, etc.
リズムランフラグRUN オートリズム演奏の動作状態・停止状態を表すフラグ
であり、“1"にて動作状態を表し、かつ“0"にて停止状
態を表す。
Rhythm run flag RUN This flag indicates the operation state / stop state of the auto rhythm performance. “1” indicates the operation state, and “0” indicates the stop state.
テンポカウントデータTCNT オートリズムの進行状態を表すカウントデータであっ
て、1小節又は2小節に対応して「0」〜「31」に渡り
繰返し変化する。
Tempo count data TCNT This is count data indicating the progress of the auto rhythm, and repeatedly changes from "0" to "31" in correspondence with one or two measures.
さらに、バス50には、各種検出用テーブル91、リズム
パターンメモリ92及び伴奏パターンメモリ93が接続され
ている。各種検出用テーブル91はROMにより構成され、
和音構成音テーブル91a、和音テンションテーブル91b、
プライマリ/カデンツ和音テーブル91c、第1旋法テー
ブル91d及び第2旋法テーブル91eを備えている。
Further, the bus 50 is connected to various detection tables 91, a rhythm pattern memory 92, and an accompaniment pattern memory 93. The various detection tables 91 are configured by a ROM,
Chord component sound table 91a, chord tension table 91b,
It has a primary / cadence chord table 91c, a first whirl table 91d and a second whirl table 91e.
和音構成音テーブル91aは、第3A図に示すように、m7
th,m7th5),7th,Maj,SUS4等の当該電子楽器にて検
出される和音に対して、第3A図及び第3B図に示すような
基本的な和音構成音(例えば、m7thに対しては1゜,3゜
,5゜,7゜音)及びテンション音(例えば、m7thに対
しては9゜,11゜音)をそれぞれ記憶しているととも
に、該テンション音にするテンション音番号TNO(第3A
図の表中かっこ書き)を記憶している。なお、ここで、
本件実施例にて用いられる和音の表記法にていて若干説
明しておく。但し、括弧[ ]内は根音ROOTをC音とし
た場合についてである。
The chord component sound table 91a has m7
th , m7 th ( 5), 7 th , Maj, SUS4 and other chords detected by the electronic musical instrument are compared with basic chord constituent tones shown in FIGS. 3A and 3B (for example, 1 ゜, 3 ゜ for m7 th
♭, 5 °, 7 ° sound) and the tension sound (e.g., 9 ° for m7 th, with stores 11 ° sound), respectively, tensioning sound number TNO (the 3A to the tension sound
(Brackets in the table). Here,
The notation of chords used in the present embodiment will be described briefly. However, the contents in parentheses [] indicate the case where the root ROOT is the C sound.
メジャ・・・Maj[CMaj] マイナ・・・Min[CMin] セブンス・・・7th[C7th] マイナセブンス・・・m7th[Cm7th] マイナセブンスフラット5・・・m7th(5)[Cm7th
5)] サスペンディット4・・・SUS4[CSUS4] セブンスサスペンディット4・・・7th(SUS4)[C7th
(SUS4)] オーギュメント・・・Aug[CAUG] ディミニッシュ・・・Dim[CDIM] 和音テンショテーブル91bは、第3C図に示すように、
C調を基準にした前記各種和音に関する和音データ(同
図中の括弧内)を第1乃至第7グループに分類して記憶
するとともに、各和音毎に和音テンションレベルCTENL
を記憶している。但し、第3C図には、各和音を度数表示
にした和音名(例えば、IMaj,IIIm7th等)と各グループ
の和音群名(例えば、プライマリコード、リレーティッ
ドIIオブセカンダリドミナント等)が表記されている。
Major: Maj [C Maj ] Minor: Min [C Min ] 7th: 7th [C7th] Minor 7th : m7th [ Cm7th ] Minor: 7th flat 5: m7th ( 5) [ C m7th
( 5)] Suspendit 4 ··· SUS4 [C SUS4 ] Seventh suspendpend 4 ··· 7th (SUS4) [C 7th
(SUS4)] Augment ... Aug [C AUG ] Diminish ... Dim [C DIM ] The chord tension table 91b is, as shown in FIG. 3C,
Chord data (in parentheses in the figure) relating to the various chords based on the C key are classified and stored in first to seventh groups, and a chord tension level CTENL is set for each chord.
I remember. However, in FIG. 3C, a chord name (for example, I Maj , III m7th, etc.) in which each chord is represented in degrees and a chord group name (for example, primary chord, relayed II of secondary dominant, etc.) of each group are shown. Have been.
プライマリ/カデンツ和音テーブル91cは、第3D図に
示すように、度数表示のプライマリ和音群及びカデンツ
和音群を各群毎に記憶している。なお、この度数表示は
C調を基準にした和音名に対応し、例えばIm7thはCm7th
に対応する。
As shown in FIG. 3D, the primary / cadence chord table 91c stores a primary chord group and a cadence chord group of frequency display for each group. Note that this frequency display corresponds to a chord name based on the C key, for example, Im7th is Cm7th
Corresponding to
第1旋法テーブル91dは、第3E図に示すように、調決
定後にアイオニアン、ドリアン(第3G図参照)等の旋法
を決定するためのテーブルで、度数表示の和音名又は前
記和音グループ毎に各種旋法名を表すデータを記憶して
いる。第2旋法テーブル91eは、第3F図に示すように、
調決定前にアイオニアン、ドリアン等の旋法を決定する
ためのテーブル、Maj,Min等の和音タイプTYPE毎に各種
旋法名を表すデータを記憶している。
As shown in FIG. 3E, the first melody table 91d is a table for determining a melody such as an ionian or a durian (see FIG. 3G) after the key is determined. It stores data representing the name of the modality. The second turning table 91e, as shown in FIG. 3F,
Before the key is determined, a table for determining a melody such as Ionian and Dorian, and data representing various melody names for each chord type TYPE such as Maj and Min are stored.
リズムパターンメモリ92は、第4A図に示すように、リ
ズム種類毎に複数のパターンメモリに分割されており、
各パターンメモリはテンポカウントデータTCNT(0〜3
1)により指定される32個のアドレスを有し、各アドレ
スにはシンバル、バスドラ等の発音すべき打楽器を表す
打楽器音データPITDが発音すべき個数分記憶されてい
る。また、打楽器音の発音タイミングでないアドレスに
は、無処理を表すデータNOPが記憶されている。
The rhythm pattern memory 92 is divided into a plurality of pattern memories for each rhythm type, as shown in FIG. 4A.
Each pattern memory stores tempo count data TCNT (0-3
It has 32 addresses specified by 1), and each address stores percussion instrument sound data PITD representing the number of percussion instruments to be pronounced, such as cymbals and bass drums. Further, data NOP indicating no processing is stored at an address which is not the sounding timing of the percussion instrument sound.
伴奏パターンメモリ93は、第4B図に示すように、アル
ペジョ音、ベース音等の複数の伴奏音にそれぞれ対応し
た複数系列の伴奏パターンメモリ93−1,93−2・・・93
−nを備えている。各伴奏パターンメモリ93−1,93−2
・・・93−nは、リズム種類毎及び旋法毎に複数のパタ
ーンメモリにそれぞれ分割されており、各パターンメモ
リはテンポカウントデータTCNT(0〜31)により指定さ
れる32個のアドレスを有する。この各アドレスには、各
伴奏音の発音開始を表すキーオンデータKON、各伴奏音
のピッチを決定するための音程データPINT及び各伴奏音
の発音終了(キーオフ)を表すキーオフデータKOFが記
憶されている。かかる場合、音程データPINTは各旋法に
関する音階上の音のうち回避音を除いたものを各種旋法
の基音(根音ROOT)からの半音間隔差で表している。ま
た、各伴奏音の発音タイミングでないアドレスには、無
処理を表すデータNOPが記憶されている。
As shown in FIG. 4B, the accompaniment pattern memory 93 includes a plurality of series of accompaniment pattern memories 93-1, 93-2,... 93 corresponding to a plurality of accompaniment sounds such as arpeggio sounds and bass sounds.
-N. Each accompaniment pattern memory 93-1 and 93-2
.. 93-n are divided into a plurality of pattern memories for each rhythm type and each trajectory, and each pattern memory has 32 addresses specified by tempo count data TCNT (0 to 31). At each address, key-on data KON indicating the start of each accompaniment tone, pitch data PINT for determining the pitch of each accompaniment tone, and key-off data KOF indicating the end of each accompaniment tone (key-off) are stored. I have. In such a case, the pitch data PINT represents the notes on the scale related to each mode other than the avoidance sound as a semitone interval difference from the fundamental tone (root ROOT) of each mode. Data NOP indicating no processing is stored at an address that is not the sounding timing of each accompaniment sound.
次に、上記のように構成した電子楽器の動作を第5図
乃至第12図に従って説明するが、かかる動作を詳細に説
明する前に、この電子楽器における全体動作について概
略的に説明しておく。
Next, the operation of the electronic musical instrument configured as described above will be described with reference to FIGS. 5 to 12. Before describing the operation in detail, the overall operation of the electronic musical instrument will be schematically described. .
全体動作の概略説明 この電子楽器は、最終的には押鍵指定された和音、決
定された調及びリズム種類から旋法を決定し、該決定旋
法と押鍵和音とに応じてできる限り適切な伴奏音を決定
して、該伴奏音をリズムに応じて自動的に発音させるも
のである。
This electronic musical instrument ultimately determines the melody from the chord specified for key press, the determined key and rhythm type, and an accompaniment as appropriate as possible according to the determined melody and the key press chord. The sound is determined, and the accompaniment sound is automatically generated according to the rhythm.
そのため、押鍵和音はできる限り正確かつ迅速に決定
される必要があり、同和音は調の決定前後において異な
る方法で検出される。すなわち、調決定前には和音は調
に関する情報を利用しないで最も確からしいものに決定
され、調決定後には該決定調に準じで決定される。調は
演奏者により手動的に指定されるか、前記検出和音の流
れに応じて最も確からしいものに自動的に決定される。
そして、原則的には、この和音及び調に応じて旋法が決
定されると同時に、該旋法及びリズムに応じた伴奏パタ
ーンデータが出力され、該パターンデータ及び和音に応
じた伴奏音が得られる。また、調決定前には、前記検出
和音及びリズム種類に応じた伴奏パターンデータが出力
され、該パターンデータ及び和音に応じた伴奏音が得ら
れる。
Therefore, the key pressed chord needs to be determined as accurately and quickly as possible, and the chord is detected in different ways before and after the key is determined. That is, before the key is determined, the chord is determined to be the most likely without using information on the key, and after the key is determined, the chord is determined according to the determined key. The key is specified manually by the player or automatically determined to be the most likely according to the flow of the detected chord.
Then, in principle, the melody is determined according to the chord and key, and at the same time, accompaniment pattern data corresponding to the melody and rhythm are output, and an accompaniment tone corresponding to the pattern data and chord is obtained. Prior to key determination, accompaniment pattern data corresponding to the detected chord and rhythm type is output, and an accompaniment tone corresponding to the pattern data and chord is obtained.
以下、実施例の詳細動作を各プログラム及び各ルーチ
ン毎に詳細に説明する。
Hereinafter, the detailed operation of the embodiment will be described in detail for each program and each routine.
メインプログラム メインプログラムは第5図のフローチャートに示した
通りであり、その実行は電源スイッチ(図示しない)の
投入によりステップ100にて開始され、ステップ101にて
ワーキングメモリ83内の各種変数データが初期設定され
る。かかる初期設定後、CPU82はステップ102〜129から
なる循環処理を実行し続ける。
Main Program The main program is as shown in the flowchart of FIG. 5. The execution of the main program is started in step 100 by turning on a power switch (not shown). In step 101, various variable data in the working memory 83 are initialized. Is set. After the initial setting, the CPU 82 continues to execute the circulation process including steps 102 to 129.
ステップ102においては、鍵盤10における押鍵操作に
伴う押鍵イベントの有無が判定され、前記押鍵操作がな
ければ、同ステップ102にて「NO」と判定されてプログ
ラムはステップ118へ進められる。また、前記押鍵操作
が有れば、同ステップ102にて「YES」と判定され、ステ
ップ103にて押鍵バッファレジスタ83a内の全データがク
リアされ、かつステップ104にて同時に押されている鍵
に関する全てのキーコードKCが鍵スイッチ回路10aから
バス50を介して押鍵バッファレジスタ83a内に取り込ま
れる。
In step 102, it is determined whether or not there is a key pressing event associated with a key pressing operation on the keyboard 10. If there is no key pressing operation, “NO” is determined in step 102 and the program proceeds to step 118. If the key-pressing operation has been performed, “YES” is determined in step 102, all data in the key-depressing buffer register 83a is cleared in step 103, and the keys are simultaneously pressed in step 104. All the key codes KC relating to the keys are taken into the key press buffer register 83a from the key switch circuit 10a via the bus 50.
かかるステップ104の処理後、ステップ105にて調設定
選択スイッチ21aがオート側に有るか否かが判定され
る。今、調設定選択操作子21の操作に伴い調設定選択ス
イッチ21aがオート側に有れば、同ステップ105にて「YE
S」と判定され、ステップ106にて和音判定ルーチンが実
行される。この和音判定ルーチンの詳細については後述
するが、該ルーチンでは鍵盤10にて押鍵指定されている
和音が検出される。次に、ステップ107にて演奏開始フ
ラグPSTFが“0"で有るか否かが判定される。演奏開始フ
ラグPSTFが“0"であって演奏開始直後であれば、ステッ
プ107における「YES」との判定の基に、ステップ108に
て前記和音判定ルーチンの処理により決定されかつ押鍵
和音データDPCHDにより表された現和音の種類が判定さ
れ、現和音がMin和音又はm7th和音であれば「YES」との
判定の基にステップ109にて演奏開始マイナフラグPSTMF
が“1"に設定される。また、現和音がMin和音又はm7th
和音でなければ、前記判定における「NO」との判定の基
に演奏開始マイナフラグPSTMFは“0"に保たれままであ
る。これらのステップ108,109の処理後、ステップ110に
て演奏開始フラグPSTFが演奏開始時でないことを表す
“1"に設定され、プログラムはステップ111へ進められ
る。一方、ステップ107の判定時における演奏開始フラ
グPSTFが演奏開始後を表す“1"に設定されていれば、同
ステップ107における「NO」との判定の基にプログラム
は直接ステップ111へ進められる。ステップ111における
調判定ルーチンの詳細については後述するが、該ルーチ
ンにおいては検出和音に基づき調が自動的に決定され
る。なお、前記ステップ107〜110の処理は、短調検出の
ための条件の一つである「曲開始時の和音がMin和音又
はm7th和音である」の判定に利用される。
After the processing in step 104, it is determined in step 105 whether the key setting selection switch 21a is on the automatic side. Now, if the key setting selection switch 21a is on the auto side in accordance with the operation of the key setting selection operation element 21, in step 105, "YE
Is determined to be "S", and a chord determination routine is executed in step 106. Although the details of this chord judgment routine will be described later, in this routine, a chord designated to be pressed on the keyboard 10 is detected. Next, at step 107, it is determined whether or not the performance start flag PSTF is "0". If the performance start flag PSTF is “0” and immediately after the start of the performance, based on the determination of “YES” in step 107, the chord determination routine is determined in step 108 by the processing of the chord determination routine and the key depression chord data DPCHD. Is determined, and if the current chord is the Min chord or the m7th chord, the performance start minor flag PSTMF is determined in step 109 based on the determination of “YES”.
Is set to “1”. Also, the current chord is Min chord or m7th
If it is not a chord, the performance start minor flag PSTMF remains "0" based on the determination of "NO" in the above determination. After the processing of these steps 108 and 109, the performance start flag PSTF is set to "1" indicating that the performance is not started at step 110, and the program proceeds to step 111. On the other hand, if the performance start flag PSTF at the time of the determination in step 107 is set to “1” indicating that the performance has started, the program proceeds directly to step 111 based on the determination of “NO” in step 107. Although the details of the key determination routine in step 111 will be described later, in this routine, the key is automatically determined based on the detected chord. Note that the processing of steps 107 to 110 is used to determine that the chord at the start of the music is a Min chord or an m7th chord, which is one of the conditions for detecting a minor key.
一方、調設定選択操作子21の操作に伴い調設定選択ス
イッチ21aがマニアル側に有れば、前記ステップ105にて
「NO」と判定され、ステップ112,113にて長調スイッチ2
2a又は短調スイッチ23aがオン状態にあるか否かが判定
される。この長調スイッチ22a又は短調スイッチ23aのオ
ン状態の判定は鍵盤10における押鍵が調設定のためのも
のであるか又は和音指定のためのものであるかを判定す
るもので、長調操作子22の操作に伴う長調スイッチ22a
のオン状態時には、ステップ112における「YES」との判
定の基に、ステップ114にて調データMKDの最上位ビット
MSBが長調を表す“1"に設定されると同時に、同データM
KDの下位ビットが鍵盤10にて押鍵された鍵であって押鍵
バッファレジスタ83a内にある最高音鍵に関するキーコ
ードKCに設定される。また、短調操作子23の操作に伴う
短調スイッチ23aのオン状態時には、ステップ112におけ
る「NO」との判定及びステップ113における「YES」との
判定の基に、ステップ115にて調データMKDの最上位ビッ
トMSBが短調を表す“0"に設定されると同時に、同デー
タMKDの下位ビットが鍵盤10にて押鍵された鍵であって
押鍵バッファレジスタ83a内にある最高音鍵に関するキ
ーコードKCに設定される。かかるステップ114,115の処
理後、ステップ116にて調設定フラグMKSFが“1"に設定
され、プログラムはステップ118へ進められる。このよ
うに、調設定選択操作子21がマニアル側に設定されてい
れば、前記ステップ112〜116の処理により、調データMK
Dは鍵盤10における押鍵及び調設定操作パネル部20の長
調操作子22(又は短調操作子23)の操作に応じて設定さ
れる。
On the other hand, if the key setting selection switch 21a is on the manual side in accordance with the operation of the key setting selection operation element 21, the determination is "NO" in step 105, and the key switch 2 is determined in steps 112 and 113.
It is determined whether 2a or the minor switch 23a is on. The determination of the ON state of the major switch 22a or the minor switch 23a determines whether the key depression on the keyboard 10 is for key setting or for chord designation. Operation key switch 22a
In the ON state, the most significant bit of the key data MKD is determined in step 114 based on the determination of "YES" in step 112.
When the MSB is set to “1” indicating major,
The lower bit of KD is the key pressed on the keyboard 10 and is set to the key code KC for the highest tone key in the key press buffer register 83a. In addition, when the minor switch 23a is in the ON state in accordance with the operation of the minor operator 23, based on the determination of “NO” in Step 112 and the determination of “YES” in Step 113, the maximum of the key data MKD is determined in Step 115. The upper bit MSB is set to “0” representing a minor key, and at the same time, the lower bit of the same data MKD is the key pressed on the keyboard 10 and the key code for the highest key in the key pressing buffer register 83a. Set to KC. After the processing in steps 114 and 115, the key setting flag MKSF is set to "1" in step 116, and the program proceeds to step 118. As described above, if the key setting selection operation element 21 is set to the manual side, the processing of steps 112 to 116 causes the key data MK
D is set in accordance with the operation of the key operator 22 (or minor operator 23) of the key press and key setting operation panel unit 20 on the keyboard 10.
一方、長調スイッチ22a及び短調スイッチ23aがいずれ
もオン状態になければ、前記ステップ112,113の両者に
おける「NO」との判定の基に、ステップ117にて上記ス
テップ106と同様な和音判定ルーチンの処理が実行され
て、プログラムは上記ステップ111の調判定ルーチンへ
進められる。
On the other hand, if neither the major switch 22a nor the minor switch 23a is in the ON state, the process of the chord determination routine similar to the above-described step 106 is performed in step 117 based on the determination of “NO” in both of the steps 112 and 113. Upon execution, the program proceeds to the key determination routine of step 111 described above.
ステップ118においては、リズム選択スイッチのオン
イベントの有無が判定される。かかる場合、リズム選択
操作子群31内のいずれの操作子も操作されなければ、同
ステップ118にて「NO」すなわちリズム選択スイッチに
関するオンイベント無しと判定され、プログラムはステ
ップ124へ進められる。また、リズム選択操作子群31内
のいずれかの操作子が操作されれば、前記ステップ118
にて「YES」すなわちリズム選択スイッチに関するオン
イベント有りと判定され、プログラムはステップ119,12
0の判定処理に進められる。ステップ119においては、リ
ズム種類データRHYにより表された以前の選択リズム種
類がブルースであって今回新たに選択されたリズム種類
がブルース以外のものであるか否かが判定され、またス
テップ120においては、リズム種類データRHYにより表さ
れた以前の選択リズム種類がブルース以外のものであっ
て今回新たに選択されたリズム種類がブルースであるか
否かが判定される。今、選択リズム種類がブルースから
ブルース以外のものへ変更されたのであれば、ステップ
119における「YES」との判定の基に、ステップ121にて
押鍵キーフラグテーブル83f及び和音テーブル83g内の全
データがクリアされた後、ステップ123にてリズム種類
データRHYが該ブルース以外のものを表す新たなデータ
に設定される。また、選択リズム種類がブルース以外の
ものからブルースへ変更されたのであれば、ステップ11
9における「NO」との判定及びステップ120における「YE
S」との判定の基に、ステップ122にてブルーステーブル
83h内の全データがクリアされた後、ステップ123にてリ
ズム種類データRHYが該ブルースを表す新たなデータに
設定される。一方、前記両判定条件に合致しなければ、
両ステップ119,120における「NO」との判定の基に、プ
ログラムは直接ステップ123に進められ、同ステップ123
にてリズム種類データRHYが選択されたリズム種類を表
す新たなデータに設定される。
In step 118, it is determined whether there is an ON event of the rhythm selection switch. In this case, if none of the operators in the rhythm selection operator group 31 is operated, it is determined in step 118 that “NO”, that is, there is no ON event related to the rhythm selection switch, and the program proceeds to step 124. If any of the operators in the rhythm selection operator group 31 is operated, step 118 is executed.
Is "YES", that is, it is determined that there is an ON event relating to the rhythm selection switch, and the program proceeds to steps 119 and 12.
The process proceeds to the determination process of 0. In step 119, it is determined whether the previously selected rhythm type represented by the rhythm type data RHY is blues and the newly selected rhythm type is other than blues, and in step 120, It is determined whether the previously selected rhythm type represented by the rhythm type data RHY is other than blues and the newly selected rhythm type this time is blues. Now, if the selected rhythm type is changed from blues to something other than blues, step
Based on the determination of "YES" in 119, after all the data in the key depression key flag table 83f and the chord table 83g are cleared in step 121, the rhythm type data RHY is other than the blues in step 123. Is set to new data representing. If the selected rhythm type has been changed from non-blues to blues, step 11
The determination of “NO” in 9 and the “YE
Based on the determination of "S"
After all the data in 83h is cleared, in step 123 the rhythm type data RHY is set to new data representing the blues. On the other hand, if the two conditions are not met,
Based on the determination of “NO” in both steps 119 and 120, the program proceeds directly to step 123,
The rhythm type data RHY is set to new data representing the selected rhythm type.
ステップ124においては、スタート/ストップスイッ
チのオンイベントの有無が判定される。かかる場合、ス
タート/ストップ操作子32が操作されなければ、同ステ
ップ124にて「NO」すなわちスタート/ストップスイッ
チに関するオンイベント無しと判定され、プログラムは
ステップ128へ進められる。また、スタート/ストップ
操作子32が操作されれば、前記ステップ124にて「YES」
すなわちスタート/ストップスイッチに関するオンイベ
ント有りと判定され、ステップ125にてリズムランフラ
グRUNが反転(“0"から“1"へ又は“1"から“0"へ)さ
れるとともに、テンポカウントデータTCNTが「0」に初
期設定される。次に、ステップ126にて前記処理により
反転された新たなリズムランフラグRUNが“1"であるか
否かが判定される。かかる場合、リズムが以前停止して
いて今回新たに動作を開始するとすれば、リズムランフ
ラグRUNは“1"であり、ステップ126における「YES」と
の判定の基に、ステップ127にて演奏開始フラグPSTF及
び演奏開始マイナフラグPSTMFが共に“0"に初期設定さ
れる。また、リズムが以前動作していて今回停止すると
すれば、リズムランフラグRUNは“0"であり、ステップ1
26における「NO」との判定の基に、プログラムは直接ス
テップ128へ進められる。
In step 124, it is determined whether there is an ON event of the start / stop switch. In this case, if the start / stop operator 32 is not operated, it is determined in step 124 that “NO”, that is, there is no ON event related to the start / stop switch, and the program proceeds to step 128. If the start / stop operator 32 is operated, “YES” is determined in step 124.
That is, it is determined that there is an ON event related to the start / stop switch, and in step 125, the rhythm run flag RUN is inverted (from “0” to “1” or from “1” to “0”), and the tempo count data TCNT Is initialized to “0”. Next, in step 126, it is determined whether or not the new rhythm run flag RUN inverted by the above processing is "1". In such a case, assuming that the rhythm has been stopped before and a new operation starts this time, the rhythm run flag RUN is “1”, and the performance starts at step 127 based on the determination of “YES” at step 126. The flag PSTF and the performance start minor flag PSTMF are both initialized to "0". Also, if the rhythm is running before and is stopped this time, the rhythm run flag RUN is “0” and step 1
Based on the determination of "NO" at 26, the program proceeds directly to step 128.
ステップ128は旋法決定ルーチンを示しており、該ル
ーチンに関する詳細説明は後述するが、同ルーチンにお
いては和音、調等に応じて演奏中の旋法が決定され、該
決定旋法を表すデータが旋法データSCALEとして設定さ
れる。ステップ128の処理後、ステップ129において、リ
ズム制御操作パネル部30及びその他操作パネル部40内の
操作子33,34,41,42等その他の操作子に関する操作イベ
ント処理が実行され、オートリズムのテンポ、発生楽音
信号の音色、音量等が設定制御される。
Step 128 shows a routine for determining a melody, which will be described in detail later. In the routine, the melody being played is determined in accordance with chords, keys, etc., and the data representing the determined melody is the melody data SCALE. Is set as After the process of step 128, in step 129, operation event processing relating to other operators such as operators 33, 34, 41, and 42 in the rhythm control operation panel unit 30 and the other operation panel unit 40 is executed, and the tempo of the auto rhythm is executed. The tone color and volume of the generated tone signal are set and controlled.
次に、かかるメインプログラムにて実行される和音判
定ルーチン、調判定ルーチン及び旋法決定ルーチンにつ
いて詳しく説明する。
Next, a chord determination routine, a key determination routine, and a trajectory determination routine executed by the main program will be described in detail.
和音判定ルーチン 和音判定ルーチンの詳細は第6図のフローチャートに
示した通りであり、メインプログラムのステップ106,11
7にて読出されて、ステップ200からその実行が開始され
る。
Chord Judgment Routine The details of the chord judgment routine are as shown in the flowchart of FIG.
It is read out at 7 and its execution is started from step 200.
かかる開始後、ステップ201にて押鍵キーフラグ用バ
ッファレジスタ83b及び和音検出バッファレジスタ83c内
の全データがクリアされるとともに、バッファアドレス
BAAD及び根音カウントデータRCNTがリセットされる。こ
れにより、バッファアドレスBAADが押鍵キーフラグ用バ
ッファレジスタ83b及び和音検出バッファレジスタ83cの
先頭アドレスを示すようになると同時に、根音カウント
データRCNT(第2D図参照)は基準音としてのC音のキー
コードKCを示すようになる。次に、ステップ202にて押
鍵バッファレジスタ83a内に記憶されているキーコードK
Cに基づき、ローテーションレジスタ83d(第2D図参照)
内の押鍵音に対応した各ビット位置にのみ“1"が設定さ
れる。例えば、押鍵音がC音、E音、G音、B音であれ
ば、同レジスタ83dの1,3,5,7の位置にのみ“1"が設定さ
れ、残りの位置には“0"が設定される。かかるステップ
202の処理後、ステップ203にて和音検出用バッファデー
タ形成ルーチンの処理が実行される。
After the start, in step 201, all data in the key press key flag buffer register 83b and the chord detection buffer register 83c are cleared, and the buffer address is cleared.
BAAD and root count data RCNT are reset. As a result, the buffer address BAAD indicates the start address of the key depression key flag buffer register 83b and the chord detection buffer register 83c, and at the same time, the root count data RCNT (see FIG. 2D) is the key of the C sound as the reference sound. The code KC is shown. Next, at step 202, the key code K stored in the keypress buffer register 83a
Rotation register 83d based on C (see Figure 2D)
"1" is set only in each bit position corresponding to the key-depressed sound. For example, if the key press sounds are the C sound, the E sound, the G sound, and the B sound, “1” is set only in the positions 1, 3, 5, and 7 of the register 83d, and “0” is set in the remaining positions. "Is set. Such steps
After the processing of 202, the processing of a chord detection buffer data forming routine is executed in step 203.
この和音検出用バッファデータ形成ルーチンは第7図
に詳細に示されており、同ルーチンはステップ300にて
開始され、ステップ301にてローテーションレジスタ83d
内の各ビットデータは最上位ビットMSBが“1"になるま
で第2D図の右側から左側方向へ順次ローテートされると
同時に、該ローテート毎に根音カウントデータRCNTが
「1」ずつ増加される。なお、最初のみは最上位ビット
MSBが“1"であれば、前記ローテートがなされずにプロ
グラムがステップ302に進められ、次からは最上位ビッ
トMSBが“1"であっても、前記ローテートがなされた後
にプログラムがステップ302に進められる。かかるステ
ップ301の処理後、ステップ302にて根音カウントデータ
RCNTが「11」より大きいか否かが判定される。該判定に
おいては、ローテーション回数が少なく根音カウントデ
ータRCNTが「11」以下であれば、同ステップ302におけ
る「NO」との判定の基に、プログラムはステップ310〜3
15からなる和音サーチルーチンへ進められる。
This chord detection buffer data formation routine is shown in detail in FIG. 7, and the routine is started in step 300, and in step 301, the rotation register 83d
Are sequentially rotated from right to left in FIG. 2D until the most significant bit MSB becomes "1", and at the same time, the root count data RCNT is incremented by "1" for each rotation. . Only the first bit is the most significant bit
If the MSB is "1", the program proceeds to step 302 without performing the rotation, and from then on, even if the most significant bit MSB is "1", the program proceeds to step 302 after the rotation is performed. Can proceed. After the processing of step 301, the root count data is obtained in step 302.
It is determined whether RCNT is greater than “11”. In this determination, if the number of rotations is small and the root count data RCNT is “11” or less, the program proceeds to steps 310 to 3 based on the determination of “NO” in step 302.
Proceed to the chord search routine consisting of 15.
この和音サーチルーチンにおいては、ローテーション
レジスタ83dの最上位ビットMSBを1゜音として3゜音、
5゜音、7゜音等が存在するか否かにより、指定された
可能性のある複数の和音を検出する。以下に、本件実施
例にて検出可能な9種類の和音とその検出方法とを示
す。
In this chord search routine, the most significant bit MSB of the rotation register 83d is set to 1 ゜, 3 ゜,
A plurality of chords that may have been specified are detected based on whether or not a 5 ゜ sound, a 7 ゜ sound, and the like exist. In the following, nine types of chords that can be detected in the present embodiment and their detection methods will be described.
m7th和音 7゜音及び3゜音が存在し、かつ5゜音が存在し
ないことを条件に検出されるもので、ステップ310〜312
の判定処理により検出されて、プログラムはステップ32
1へ進められる。
There are m7th chord 7 ° tones and 3 ° sound, and in which is 5 ° tone is detected on condition that there is no, step 310-312
The program is detected by the
Proceed to 1.
m7th(5)和音 7゜音、3゜音及び5゜音が存在することを条件
に検出されるもので、ステップ310〜312の判定処理によ
り検出されて、プログラムはステップ322へ進められ
る。
m7th (b 5) chord 7 ° sound, 3 intended ° sounds and 5 ° sound is detected on condition that there, are detected by the determination process of step 310-312, the program advances to step 322 Can be
7th和音 7゜音及び3゜音が存在することを条件に検出される
もので、ステップ310,311の判定処理により検出され
て、プログラムはステップ323へ進められる。
The 7th chord is detected on the condition that the 7th and 3rd tones are present. The program is advanced to step 323 after being detected by the determination processing in steps 310 and 311.
7th(SUS4)和音 7゜音及び3゜音が存在することを条件に検出され
るもので、ステップ310,311の判定処理により検出され
て、プログラムはステップ324へ進められる。
7th (sus4) those chord 7 ° tones and 3 ° # sound is detected on condition that there, are detected by the determination process of step 310 and 311, the program proceeds to step 324.
Aug和音 7゜音が存在せず、かつ3゜音及び5゜音が存在す
ることを条件に検出されるもので、ステップ310,313の
判定処理により検出されて、プログラムはステップ325
へ進められる。
Aug chord is detected on the condition that the 7th note does not exist and the 3rd note and the 5th # sound exist. The program is detected by the determination processing of steps 310 and 313, and the program proceeds to step 325.
Proceed to
Dim和音 7゜音が存在せず、3゜音又は5゜音が存在せず、
かつ3゜音及び5゜音が存在することを条件に検出
されるもので、ステップ310,313,314の判定処理により
検出されて、プログラムはステップ326へ進められる。
Dim chord 7 ゜ tone does not exist, 3 ゜ note or 5 ゜# note does not exist,
The program is detected on the condition that the 3 ゜ sound and the 5 ゜ sound are present. The program is advanced to step 326 after being detected by the determination processing of steps 310, 313 and 314.
Min和音 7゜音が存在しないとともに前記の条件が成立せ
ず、かつ3゜音が存在することを条件に検出されるも
ので、ステップ310,313〜315の判定処理により検出され
て、プログラムはステップ327へ進められる。
The condition with Min chord 7 ° sound does not exist without satisfied, and in which 3 ° sound is detected on condition that there, are detected by the determination process of step 310,313~315, the program steps Proceed to 327.
Maj和音 7゜音が存在しないとともに前記の条件が成立せ
ず、かつ3゜音が存在することを条件に検出されるも
ので、ステップ310,313〜315の判定処理により検出され
て、プログラムはステップ328へ進められる。
The condition with Maj chord 7 ° sound does not exist without satisfied, and in which 3 ° sound is detected on condition that there, are detected by the determination process of step 310,313~315, the program steps Proceed to 328.
SUS4和音 7゜音が存在しないとともに前記の条件が成立せ
ず、かつ3゜音が存在することを条件に検出されるも
ので、ステップ310,313〜315の判定処理により検出され
て、プログラムはステップ329へ進められる。
The SUS4 chord is detected on the condition that the above-mentioned condition is not satisfied and the presence of the 3 ## sound while the 7 # sound does not exist, and is detected by the determination processing of steps 310, 313 to 315, and the program Proceed to 329.
かかる和音検出により、プログラムがステップ321〜3
29へ進められると、同ステップ321〜329にて、前記根音
カウントデータRCNT及びm7th,m7th(5),7th等のタ
イプデータTYPEが、和音の根音ROOT及びタイプTYPEとし
て、和音検出バッファレジスタ83c(第2C図参照)のバ
ッファアドレBAAD値により指定される番地にそれぞれ書
き込まれる。これらの各ステップ321〜329の処理後、ス
テップ331〜339にて、前記書き込まれたタイプTYPEに基
づき和音構成音テーブル91a(第3A図)が参照されると
ともに、ローテーションレジスタ83d内の押鍵キーフラ
グが同レジスタ83dと同様に構成された12ビットの別の
レジスタ(図示しない)にそのまま移され、該別のレジ
スタに移された押鍵キーフラグ(“1")の中から和音構
成音テーブル91aに記憶されている基本的構成音及びテ
ンション音以外のものがミスノートとして削除されると
ともに、根音ROOT分(前記ローテーション回数分)だけ
右方向へローテートされた後、該別のレジスタ内の押鍵
キーフラグデータが押鍵キーフラグ用バッファレジスタ
83b(第2B図参照)のバッファドレスBAAD値により指定
される番地にそれぞれ書き込まれる。これにより、ミス
ノートが除かれかつ押鍵時の状態に戻された押鍵キーフ
ラグが押鍵キーフラグ用バッファレジスタ83bの前記番
地に書き込まれることになる。次に、ステップ341〜349
にて、再び前記タイプTYPEに基づき和音構成音テーブル
91aが参照され、ローテーションレジスタ83d内の押鍵キ
ーフラグにより、テンション音数TENSU及び最小テンシ
ョン音番号LTNOが検出され、該テンション音数TENSU及
び最小テンション音番号LTNOが和音検出バッファレジス
タ83cのバッファアドレスBAAD値により指定される番地
にそれぞれ書き込まれる。なお、かかるステップ341〜3
49の処理においても、当然ながら前記ミスノートは考慮
されないが、次の和音検出処理のため、ミスノートに対
応した押鍵キーフラグ(“1")もローテーションレジス
タ83d内にそのまま残されている。
By such a chord detection, the program is executed at steps 321-2-3.
When the process proceeds to step 29, in steps 321 to 329, the root count data RCNT and the type data TYPE such as m7th, m7th ( 5), 7th are converted into the chord root ROOT and the type TYPE as a chord detection buffer. The data is written to the address specified by the buffer address BAAD value of the register 83c (see FIG. 2C). After the processing of these steps 321 to 329, in steps 331 to 339, the chord component sound table 91a (FIG. 3A) is referred based on the written type TYPE, and the key depression key flag in the rotation register 83d. Is directly transferred to another 12-bit register (not shown) configured in the same manner as the register 83d, and from the depressed key flag (“1”) transferred to the other register, the chord component sound table 91a is stored. After the stored notes other than the basic constituent sounds and the tension sounds are deleted as misnotes and rotated to the right by the root ROOT (the number of times of rotation), the key depression in the other register is performed. The key flag data is the keypress key flag buffer register.
It is written to the address specified by the buffer address BAAD value of 83b (see FIG. 2B). As a result, the key-depressed key flag from which the missed note has been removed and the key-depressed state has been returned is written to the above-mentioned address of the key-depressed key flag buffer register 83b. Next, steps 341-349
, Again, based on the type TYPE, chord composition sound table
Reference is made to 91a, the number of tension sounds TENSU and the minimum tension sound number LTNO are detected by the key depression key flag in the rotation register 83d, and the tension sound number TENSU and the minimum tension sound number LTNO are stored in the buffer address BAAD of the chord detection buffer register 83c. Each is written to the address specified by the value. Note that steps 341 to 3
In the process of 49, the missed note is not taken into account, but the key depression key flag ("1") corresponding to the missed note remains in the rotation register 83d for the next chord detection process.
かかるステップ341〜349の処理後、ステップ351にて
バッファアドレスBAADが「1」だけ増加され、プログラ
ムは前記ステップ301に戻される。そして、再び上記ス
テップ301,302,310〜315,321〜329,331〜339,341〜349
の処理が実行される。また、前記和音サーチルーチンに
て、最上位ビットMSBを根音とする和音が検出されない
場合、すなわちステップ311,315にて「無し」と判定さ
れた場合には、バッファアドレスBAADが歩進されること
なく、プログラムはステップ301に戻されて新たな和音
サーチのために、再び上記ステップ301,302,310〜315,3
21〜329,331〜339,341〜349の処理が実行される。その
結果、押鍵された各音をそれぞれ根音として可能性のあ
る和音が和音検出バッファレジスタ83cに順次書き込ま
れるとともに、ミスノートを除く音鍵キーフラグが前記
和音検出バッファレジスタ83cに対応して押鍵キーフラ
グバッファレジスタ83bに書き込まれるようになる。か
かる状態にて、前記ローテーション回数が多くなって根
音カウントデータRCNTが12以上になると、ステップ302
にて「YES」と判定されて、該和音検出用バッファデー
タ形成ルーチンの処理がステップ303にて終了され、プ
ログラムは第6図の和音判定ルーチンのステップ204へ
進められる。
After the processing of steps 341 to 349, the buffer address BAAD is increased by "1" in step 351 and the program returns to step 301. And, again, the above steps 301, 302, 310-315, 321-329, 331-339, 341-349
Is performed. Further, in the chord search routine, when a chord having the most significant bit MSB as a root is not detected, that is, when it is determined as “none” in steps 311 and 315, the buffer address BAAD is not advanced. , The program returns to step 301 to execute a new chord search again at steps 301, 302, 310 to 315, 3
The processing of 21 to 329,331 to 339,341 to 349 is executed. As a result, chords each of which is likely to be the root note of each depressed tone are sequentially written to the chord detection buffer register 83c, and the note key flags excluding misnotes are depressed in correspondence with the chord detection buffer register 83c. The data is written to the key key flag buffer register 83b. In this state, when the number of rotations increases and the root count data RCNT becomes 12 or more, step 302
Is determined to be "YES", the processing of the chord detection buffer data forming routine is terminated in step 303, and the program proceeds to step 204 of the chord determination routine in FIG.
ステップ204においては、調設定フラグMKSFが“1"で
あるか否かが判定される。この調設定フラグMKSFは、前
述のように、“0"にて調設定前を表すとともに“1"にて
調設定後も表すもので、調設定前であれば、同ステップ
204における「NO」との判定の基に、ステップ205にて第
1和音検出ルーチンの処理がなされる。また、調設定後
であれば、前記ステップ204における「YES」との判定の
基に、ステップ206にて第2和音検出ルーチンの処理が
なされる。かかるステップ205,206の処理後、ステップ2
07にて該和音判定ルーチンの実行が終了される。
In step 204, it is determined whether or not the key setting flag MKSF is "1". As described above, this key setting flag MKSF indicates “before key setting” with “0” and also indicates after key setting with “1”.
Based on the determination of “NO” in 204, the processing of the first chord detection routine is performed in step 205. After the key setting, the process of the second chord detection routine is performed in step 206 based on the determination of “YES” in step 204. After the processing of steps 205 and 206, step 2
At 07, the execution of the chord determination routine ends.
次に、第1和音検出ルーチンについて説明すると、同
ルーチンの実行は第8図のステップ400にて開始され、
ステップ401にて和音検出バッファレジスタ83c内におけ
る根音ROOT、タイプTYPE等の和音データの有無が判定さ
れる。かかる場合、前述の和音検出用バッファデータ形
成ルーチンの処理により、和音検出バッファレジスタ83
c内に和音データが有れば、前記ステップ401にて「YE
S」と判定され、ステップ402にて和音検出バッファレジ
スタ83c内の和音データのうちテンション音数TENSUが最
小のものがサーチされる。かかるサーチ後、ステップ40
3にてテンション音数TENSUが最小のものが複数個有るか
否かが判定される。そして、前記サーチされた和音デー
タが複数有れば、このステップ403における「YES」との
判定の基に、ステップ404にて前記テンション音数TENSU
が最小の和音データの中から最小テンション音番号LTNO
に対応した和音データがサーチされた後、ステップ405
にて該サーチされた和音データに関する根音ROOT及びタ
イプTYPEが押鍵和音データDPCHDとして設定記憶され
る。また、前記ステップ402にてサーチされた和音デー
タが一つで有れば、前記ステップ403における「NO」と
の判定の基に、プログラムはステップ405に直接進めら
れ、同ステップ405にてテンション音数TENSUが最小の和
音データに関する根音ROOT及びタイプTYPEが押鍵和音デ
ータDPCHDとして設定記憶される。これらのステップ402
〜405の処理により、調データMKDを利用しないで最も無
難な和音、すなわち最も緊張度の低い和音が決定される
ことになる。
Next, the first chord detection routine will be described. Execution of the routine is started in step 400 of FIG.
In step 401, it is determined whether chord data such as root ROOT and type TYPE exists in the chord detection buffer register 83c. In such a case, the chord detection buffer register 83
If there is chord data in c, “YE
In step 402, the chord data in the chord detection buffer register 83c with the smallest number of tension notes TENSU is searched. After such a search, step 40
At 3, it is determined whether or not there are a plurality of pieces having the minimum number of tension sounds TENSU. If there is a plurality of chord data searched, the number of tension sounds TENSU is determined in step 404 based on the determination of “YES” in step 403.
Is the lowest tension note number from the smallest chord data
After the chord data corresponding to is searched, step 405
The root ROOT and the type TYPE related to the searched chord data are set and stored as key pressed chord data DPCHD. If there is only one chord data searched in step 402, the program proceeds directly to step 405 based on the determination of “NO” in step 403, and the tension sound is detected in step 405. The root ROOT and the type TYPE related to the chord data having the smallest number TENSU are set and stored as the key pressed chord data DPCHD. These steps 402
By the processes of 405 to 405, the safest chord without using the key data MKD, that is, the chord with the lowest tension, is determined.
かかるステップ405の処理後、ステップ406にて前記決
定した和音を表す押鍵和音データDPCHDがAug和音又はDi
m和音を示しているか否かが判定され、前記和音データD
PCHDがAug和音又はDim和音を示していれば、ステップ40
6における「YES」との判定の基に、ステップ411にて該
第1和音検出ルーチンの実行が終了される。また、前記
和音データDPCHDがAug和音及びDim和音を示していなけ
れば、ステップ406における「NO」との判定の基に、ス
テップ407〜409の処理により調を判定するために利用さ
れる押鍵キーフラグテーブル83f及び和音テーブル83gに
対するデータの格納処理が実行される。すなわち、ステ
ップ407にて現テーブルアドレスCTADに「1」を加算す
る(モジュロ8)演算処理がなされ、ステップ408にて
同アドレスCTADにより指定される和音テーブル83gの番
地に押鍵和音データDPCHDの根音ROOT及びタイプTYPEが
書き込まれ、ステップ409にて同アドレスCTADにより指
定される押鍵キーフラグテーブル83fの番地に前記押鍵
和音データDPCHDに対応した押鍵キーフラグバッファレ
ジスタ83b内の押鍵キーフラグが記憶され、ステップ411
にて該第1和音検出ルーチンの実行が終了される。その
結果、和音が検出された場合には、Aug和音又はDim和音
を除く和音データが和音テーブル83gに書き込まれると
ともに、ミスノートを削除した押鍵キーフラグが押鍵キ
ーフラグテーブル83fに書き込まれる。かかる場合、Aug
和音及びDim和音を除く理由は、これらの和音は楽曲の
和音進行に変化をもたせるもので同和音を調判定に用い
ると、調判定が正確になされないためである。また、前
記ステップ407の加算演算は押鍵キーフラグテーブル83f
及び和音テーブル83gのアドレスを繰返し指定するもの
であると同時に、初期状態時に両テーブル83f,83gがア
ドレス指定される際には第1番目(0)の番地が指定さ
れるように、初期設定では該現テーブルアドレスCTADは
前記両テーブル83f,83gの最終アドレス値に設定され
る。
After the processing in step 405, the key depression chord data DPCHD representing the chord determined in step 406 is replaced with the Aug chord or Di chord.
It is determined whether or not the chord data indicates a chord, and the chord data D is determined.
If PCHD indicates an Aug chord or a Dim chord, step 40
Based on the determination of “YES” in 6, the execution of the first chord detection routine is ended in step 411. If the chord data DPCHD does not indicate an Aug chord or a Dim chord, a key press key used to determine the key by the processing of steps 407 to 409 based on the determination of “NO” in step 406. A process of storing data in the flag table 83f and the chord table 83g is executed. That is, at step 407, "1" is added to the current table address CTAD (modulo 8), and at step 408, the root of the key pressed chord data DPCHD is added to the address of the chord table 83g specified by the same address CTAD. The sound ROOT and the type TYPE are written, and at step 409 the key press key flag in the key press key flag buffer register 83b corresponding to the key press chord data DPCHD at the address of the key press key flag table 83f specified by the same address CTAD. Is stored, and step 411 is stored.
The execution of the first chord detection routine ends. As a result, when a chord is detected, chord data other than the Aug chord or the Dim chord is written into the chord table 83g, and the key-pressed key flag from which the misnote has been deleted is written into the key-pressed key flag table 83f. If so, use the Aug
The reason for excluding chords and Dim chords is that these chords change the chord progression of the music, and if the chords are used for key determination, key determination will not be made accurately. Further, the addition operation in the step 407 is performed by the key press key flag table 83f.
And the address of the chord table 83g are repeatedly specified. At the same time, when the first and second tables 83f and 83g are specified in the initial state, the first (0) address is specified. The current table address CTAD is set to the last address value of both tables 83f and 83g.
一方、ステップ401の判定において、「NO」すなわち
和音検出バッファレジスタ83c内に和音データが無いと
判定されると、ステップ410にて押鍵和音データDPCHDが
和音不成立を示すデータに設定され、ステップ411にて
該第1和音検出ルーチンの実行が終了される。これによ
り、和音不成立の場合にも、前記検出和音がAug和音又
はDim和音の場合と同様、前記アドレスCTADが更新され
ることはなく、同アドレスCTADは以前の状態に保たれ
る。
On the other hand, if it is determined in step 401 that “NO”, that is, that there is no chord data in the chord detection buffer register 83c, the key depression chord data DPCHD is set to data indicating that chord is not established in step 410, and The execution of the first chord detection routine ends. Thus, even when the chord is not established, the address CTAD is not updated and the previous address CTAD is maintained as in the case where the detected chord is the Aug chord or the Dim chord.
かかるステップ400〜411からなる第1和音検出ルーチ
ンの実行により、該第1和音検出ルーチンは調決定前に
おいて押鍵10における押鍵毎に行われるので、初期の状
態を除けば、押鍵キーフラグテーブル83f及び和音テー
ブル83gには調判定のために利用される過去8個の和音
データが格納されていることになる。
By executing the first chord detection routine including the steps 400 to 411, the first chord detection routine is performed for each key depression of the key depression 10 before the key is determined. Therefore, except for the initial state, the key depression key flag is set. The table 83f and the chord table 83g store the last eight chord data used for the key determination.
次に、調設定後、すなわちステップ204(第6図)に
て「YES」と判定された場合に実行される第2和音検出
ルーチンについて説明する。このルーチンの実行は第9A
図のステップ500にて開始され、ステップ501にて和音検
出バッファレジスタ83c内における根音ROOT、タイプTYP
E等の和音データの有無が判定される。かかる場合、前
述の和音検出用バッファデータ形成ルーチン(第7図)
の処理により、和音検出バッファレジスタ83c内に和音
データが記憶されていなければ、前記ステップ501にて
「NO」と判定され、上記第1和音検出ルーチン(第8
図)と同様に、ステップ502にて和音不成立データが押
鍵和音データDPCHDとして設定されて、ステップ503にて
当該第2和音検出ルーチンの実行が終了される。
Next, a description will be given of a second chord detection routine executed after the key is set, that is, when it is determined to be “YES” in step 204 (FIG. 6). Execution of this routine is 9A
The process starts in step 500 in the figure, and in step 501, the root ROOT and the type TYP in the chord detection buffer register 83c.
The presence or absence of chord data such as E is determined. In such a case, the aforementioned chord detection buffer data formation routine (FIG. 7)
If the chord data is not stored in the chord detection buffer register 83c by the above processing, it is determined as "NO" in the step 501, and the first chord detection routine (the eighth chord detection routine) is executed.
In the same manner as in FIG. 9, the chord failure data is set as the key depression chord data DPCHD in step 502, and the execution of the second chord detection routine is terminated in step 503.
また、前記ステップ501における判定時に和音検出バ
ッファレジスタ83c内に和音データが有れば、同ステッ
プ501にて「YES」と判定され、ステップ504にて優先和
音フラグPCDFが“0"に初期設定されるとともに、ステッ
プ505にて直前和音すなわち押鍵和音データDPCHDにより
表された和音に対して、下記優先条件1に合致する和音
が和音検出バッファレジスタ83c内に存在するか否かが
判定される。
If there is chord data in the chord detection buffer register 83c at the time of the determination in step 501, "YES" is determined in step 501, and the priority chord flag PCDF is initialized to "0" in step 504. At the same time, it is determined in step 505 whether or not a chord satisfying the following priority condition 1 exists in the chord detection buffer register 83c with respect to the chord represented by the immediately preceding chord, that is, the key depression chord data DPCHD.
優先条件1 和音タイプTYPEが7th又は7th(SUS4)からMajに変化
し、かつ和音根音ROOTが半音間隔にして1音分又は7音
分下降すること、すなわち和音の移行が終止型に合致す
ること。
Priority condition 1 The chord type TYPE changes from 7th or 7th (SUS4) to Maj, and the chord root ROOT drops by one or seven notes in semitone intervals, that is, the transition of the chord matches the final type. thing.
前記優先条件1に合致する和音が和音検出バッファレ
ジスタ83c内に存在すれば、ステップ505における「YE
S」との判定の基に、ステップ506にて前記優先条件1に
合致した和音検出バッファレジスタ83c内の和音データ
に関する根音ROOT及びタイプTYPEが押鍵和音データDPCH
Dとして設定記憶されるとともに、上記ステップ407〜40
9(第1和音検出ルーチン)と同様にして、ステップ507
にて現テーブルアドレスCTADに「1」を加算する(モジ
ュロ8)演算処理がなされ、ステップ508にて同アドレ
スCTADにより指定される和音テーブル83gの番地に押鍵
和音データDPCHDの根音ROOT、タイプTYPE及び和音テン
ションレベルCTENLが書き込まれ、ステップ509にて同ア
ドレスCTADにより指定される押鍵キーフラグテーブル83
fの番地に前記押鍵和音データDPCHDに対応した押鍵キー
フラグバッファレジスタ83b内の押鍵キーフラグが記憶
される。なお、かかるステップ508の処理においては、
調が既に設定されているので、押鍵和音データDPCHDの
根音ROOTから調データMKDを減算(モジュロ12)するこ
とにより、押鍵和音データDPCHDのタイプTYPEとともに
度数表示の和音データすなわちC調を基準にした和音デ
ータが導出され、該和音データに応じて和音テンション
テーブル91b(第3C図)を参照することにより同テーブ
ル91b内に記憶されている和音テンションレベルCTENLが
読み出されて、該レベルCTENLが和音テーブル83gに書き
込まれる。その結果、音楽上の終止論理に基づく和音が
優先的に決定されることになる。前記ステップ509の処
理後、ステップ510にて優先和音フラグPCDFが“1"に変
更されて、プログラムはステップ511へ進められる。
If a chord that matches the priority condition 1 exists in the chord detection buffer register 83c, the “YE
In step 506, the root ROOT and the type TYPE of the chord data in the chord detection buffer register 83c that match the priority condition 1 are keyed chord data DPCH.
D is set and stored, and the above steps 407 to 40
Step 507 in the same manner as 9 (first chord detection routine)
In step 508, a "1" is added to the current table address CTAD (modulo 8), and in step 508, the root ROOT and type of the depressed chord data DPCHD are stored in the address of the chord table 83g specified by the same address CTAD. The TYPE and the chord tension level CTENL are written, and in step 509 the key press key flag table 83 specified by the same address CTAD
The key depression key flag in the key depression key flag buffer register 83b corresponding to the key depression chord data DPCHD is stored at the address f. In addition, in the processing of step 508,
Since the key has already been set, the key data MKD is subtracted (modulo 12) from the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD, and the chord data in the frequency display, that is, the C key, together with the type TYPE of the key pressed chord data DPCHD is obtained. Chord data based on the chord is derived, and the chord tension level CTENL stored in the chord tension table 91b is read out by referring to the chord tension table 91b (FIG. 3C) according to the chord data. CTENL is written to the chord table 83g. As a result, the chord based on the music termination logic is determined preferentially. After the processing in step 509, the priority chord flag PCDF is changed to "1" in step 510, and the program proceeds to step 511.
一方、上記ステップ505の判定において、「NO」すな
わち前記優先条件1に合致する和音が和音検出バッファ
レジスタ83c内に無いと判定されると、プログラムはス
テップ505から直接ステップ511へ進められる。なお、こ
の場合、優先和音フラグPCDFは“0"に設定されたままで
ある。
On the other hand, if the determination in step 505 is "NO", that is, if it is determined that there is no chord meeting the priority condition 1 in the chord detection buffer register 83c, the program proceeds directly from step 505 to step 511. In this case, the priority chord flag PCDF remains set to “0”.
ステップ511においては、直前和音すなわち押鍵和音
データDPCHDにより表された和音に対して、下記優先条
件2又は優先条件3に合致する和音が和音検出バッファ
レジスタ83c内から抽出される。
In step 511, for the chord represented by the immediately preceding chord, that is, the chord data DPCHD, a chord meeting the following priority condition 2 or 3 is extracted from the chord detection buffer register 83c.
優先条件2 和音が和音テンションテーブル91b(第3C図)に示さ
れた第2和音グループから第3又は第4和音グループに
移行したこと。
Priority condition 2 The chord has shifted from the second chord group shown in the chord tension table 91b (FIG. 3C) to the third or fourth chord group.
優先条件3 和音が和音テンションテーブル91b(第3C図)に示さ
れた第5和音グループから第6又は第7和音グループに
移行したこと。
Priority condition 3 The chord has shifted from the fifth chord group shown in the chord tension table 91b (FIG. 3C) to the sixth or seventh chord group.
なお、該抽出においては、上述した場合と同様、押鍵
和音データDPCHD、和音検出バッファレジスタ83c内の和
音データ及び調データMKDに基づき、和音テンションテ
ーブル91bが参照されるとともに、該抽出データは一時
的に記憶される。
In the extraction, as in the case described above, the chord tension table 91b is referred to based on the chord data DPCHD, the chord data and the key data MKD in the chord detection buffer register 83c, and the extracted data is temporarily stored. Is memorized.
次に、ステップ512にて前記抽出データの有無が判定
される。かかれ場合、該抽出データが有れば、ステップ
512における「YES」との判定の基に、ステップ513〜520
の処理後、プログラムはステップ521(第9B図)へ進め
られる。また、前記押出データが無ければ、ステップ51
2における「NO」との判定の基に、プログラムは直接ス
テップ521へ進められる。
Next, at step 512, the presence or absence of the extracted data is determined. If the extracted data exists, step
Based on the determination of "YES" in 512, steps 513-520
After the processing of, the program proceeds to step 521 (FIG. 9B). If there is no extrusion data, step 51
Based on the determination of “NO” in 2, the program proceeds directly to step 521.
ステップ513においては、前記抽出和音データの中
に、該押出和音データと直前和音すなわち押鍵和音デー
タDPCHDにより示された和音とが下記優先条件4に合致
するものが有るか否かの判定がなされる。
In step 513, it is determined whether or not the extracted chord data includes any of the extruded chord data and the chord indicated by the immediately preceding chord, that is, the key depression chord data DPCHD, which satisfies the following priority condition 4. You.
優先条件4 直前和音から完全4度上の和音に移行したこと。Priority condition 4 The chord has shifted from the immediately preceding chord to a perfect fourth higher chord.
かかる場合、押鍵和音データDPCHDの根音ROOTから抽
出和音データの根音ROOTを減算(モジュロ12)して、該
減算結果が「5」であるか否かが判定される。今、抽出
和音データ中に、前記優先条件4に合致するものが有れ
ば、前記ステップ513にて「YES」と判定され、ステップ
514にて前記優先条件4に合致した和音データの根音ROO
T及びタイプTYPE押鍵和音データDPCHDとして設定され
る。また、抽出和音データ中に、前記優先条件4に合致
するものが無ければ、前記ステップ513にて「NO」と判
定され、ステップ515にて前記抽出和音データのいずれ
か一つが所定の条件(例えば最初に抽出されたもの)に
従って選択され、該選択された和音データの根音ROOT及
びタイプTYPEが押鍵和音データDPCHDとして設定され
る。
In such a case, the root ROOT of the extracted chord data is subtracted (modulo 12) from the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD, and it is determined whether or not the subtraction result is “5”. If there is any extracted chord data that satisfies the priority condition 4, "YES" is determined in the step 513.
At 514, the root ROO of the chord data that matches the priority condition 4
Set as T and type TYPE key pressed chord data DPCHD. If none of the extracted chord data matches the priority condition 4, "NO" is determined in step 513, and in step 515, any one of the extracted chord data is determined according to a predetermined condition (for example, First, the root note ROOT and the type TYPE of the selected chord data are set as the key pressed chord data DPCHD.
かかるステップ514,515の処理後、ステップ516にて優
先和音フラグPCDFが“1"であるか否かが判定される。か
かる判定において、「YES」と判定され、すなわち前記
ステップ510の処理により優先和音フラグPCDFが既に
“1"に設定されていれば、上記ステップ508,509と同様
にして、ステップ517にて現テーブルアドレスCTADによ
り指定される和音テーブル83gの番地に前記設定された
押鍵和音データDPCHDの根音ROOT、タイプTYPE及び和音
テンションレベルCTENLが書き込まれ、ステップ518にて
同アドレスCTADにより指定される押鍵キーフラグテーブ
ル83fの番地に前記押鍵和音データDPCHDに対応した押鍵
キーフラグバッファレジスタ83b内の押鍵キーフラグが
記憶される。なお、かかる場合には、現テーブルアドレ
スCTADは歩進されないので、上記ステップ508,509の処
理により和音テーブル83g及び押鍵キーフラグテーブル8
3fに書き込まれた各データが書き換えられることにな
る。また、前記ステップ516において、「NO」と判定さ
れ、すなわち前記ステップ506〜510の処理がなされてい
なければ、ステップ519にて優先和音フラグPCDFが“1"
に設定されるとともに、ステップ520にて上記ステップ5
07の処理と同様にして現テーブルアドレスCTADが歩進さ
れた後、前記ステップ517,518の処理がなされる。その
結果、かかる場合には、以前の各種データの記憶番地よ
り「1」だけ歩進された和音テーブル83g及び押鍵キー
フラグテーブル83fの番地に、押鍵和音データDPCHDに対
応した根音ROOT、タイプTYPE、和音テンションレベルCT
ENL及び押鍵キーフラグが書き込まれる。このようなス
テップ511〜518の処理により、音楽上の和音進行に対し
て適切な和音が優先的に決定されることになる。
After the processing in steps 514 and 515, it is determined in step 516 whether or not the priority chord flag PCDF is “1”. In this determination, if “YES” is determined, that is, if the priority chord flag PCDF has already been set to “1” by the processing in step 510, the current table address CTAD is set in step 517 in the same manner as in steps 508 and 509. The root note ROOT, the type TYPE, and the chord tension level CTENL of the set depressed chord data DPCHD are written to the address of the chord table 83g specified by, and the depressed key flag specified by the same address CTAD in Step 518. The key depression key flag in the key depression key flag buffer register 83b corresponding to the key depression chord data DPCHD is stored in the address of the table 83f. In this case, since the current table address CTAD is not incremented, the chord table 83g and the key press key flag table 8
Each data written in 3f will be rewritten. In step 516, the determination is "NO", that is, if the processing in steps 506 to 510 is not performed, the priority chord flag PCDF is set to "1" in step 519.
And at step 520 the above step 5
After the current table address CTAD is incremented in the same manner as in the process of 07, the processes of steps 517 and 518 are performed. As a result, in such a case, the root note ROOT corresponding to the key pressed chord data DPCHD is added to the address of the chord table 83g and the key pressed key flag table 83f, which are advanced by “1” from the storage addresses of the previous various data. Type TYPE, chord tension level CT
The ENL and the key press key flag are written. By the processing of steps 511 to 518, an appropriate chord is preferentially determined with respect to the progression of musical chords.
前記ステップ518の処理後、プログラムは第9B図のス
テップ521に進められ、同ステップ521にて決定調が短調
であるか否かが判定される。かかる場合、決定調が短調
であれば、前記521にて「YES」すなわち調データMKDが
短調を示していると判定されて、ステップ522〜534から
なる短調優先ルーチンが実行された後、プログラムはス
テップ535へ進められる。また、決定調が長調であれ
ば、前記ステップ521における「NO」との判定の基に、
プログラムは直接ステップ535へ進められる。
After the processing in step 518, the program proceeds to step 521 in FIG. 9B, where it is determined whether or not the final key is minor. In this case, if the definitive key is the minor key, the program proceeds to step 522 to determine whether or not the key data MKD indicates the minor key. Proceed to step 535. Further, if the definitive key is a major key, based on the determination of “NO” in step 521,
The program proceeds directly to step 535.
この短調優先ルーチンについて説明すると、前記ステ
ップ521の判定後、ステップ522にてプライマリカデンツ
和音フラグPCCFが“0"であるか否かが判定される。かか
る場合、以前カデンツ和音が選択された状態にあって同
フラグPCCFが“1"であれば、前記ステップ522にて「YE
S」と判定されて、ステップ523,524にてそれぞれ和音検
出バッファレジスタ83c内にプライマリ和音が有るか、
カデンツ和音が有るかが判定される。なお、かかる判定
は、和音検出バッファレジスタ83c内の各和音データの
根音ROOTから調データMKDを減算(モジュロ12)した度
数表示の和音データと、該各和音データのタイプTYPEと
に基づき、プライマリ/カデンツ和音テーブル91cを参
照することにより行われる。今、和音検出バッファレジ
スタ83c内にプライマリ和音が有れば、ステップ523にて
「YES」と判定され、ステップ525にてプライマリカデン
ツ和音フラグPCCFがプライマリ和音を表す“0"に設定変
更されて、ステップ526にて前記条件に合致した和音デ
ータの根音ROOT及びタイプTYPEが押鍵和音データDPCHD
として設定される。また、和音検出バッファレジスタ83
c内にプライマリ和音が泣くかつカデンツ和音が有れ
ば、ステップ523にて「NO」と判定されるとともにステ
ップ524にて「YES」と判定され、ステップ527にてプラ
イマリカデンツ和音フラグPCCFがカデンツ和音を表す
“1"に再度設定しなおされ、前記ステップ526の処理が
実行される。さらに、和音検出バッファレジスタ83c内
にプライマリ和音もカデンツ和音も無ければ、ステップ
523.524にそれぞれ「NO」と判定され、プログラムはス
テップ535へ進められる。
The minor priority routine will be described. After the determination in step 521, it is determined in step 522 whether or not the primary cadence chord flag PCCF is “0”. In such a case, if the cadence chord has been previously selected and the flag PCCF is “1”, “YE
S is determined, and in steps 523 and 524, whether there is a primary chord in the chord detection buffer register 83c,
It is determined whether there is a cadence chord. This determination is made based on the frequency-displayed chord data obtained by subtracting (modulo 12) the key data MKD from the root ROOT of each chord data in the chord detection buffer register 83c and the type TYPE of each chord data. This is performed by referring to the / cadence chord table 91c. If there is a primary chord in the chord detection buffer register 83c, "YES" is determined in step 523, and the primary cadence chord flag PCCF is changed to "0" representing the primary chord in step 525. In step 526, the root ROOT and the type TYPE of the chord data meeting the above conditions are the key pressed chord data DPCHD.
Is set as Also, the chord detection buffer register 83
If the primary chord is crying and there is a cadence chord in c, the determination is “NO” in step 523 and the determination is “YES” in step 524, and the primary cadence chord flag PCCF is set to cadence chord in step 527. Is set again to “1” indicating the above, and the process of step 526 is executed. Further, if there is no primary chord or cadence chord in the chord detection buffer register 83c, the step
A "NO" determination is made at 523.524, respectively, and the program proceeds to step 535.
一方、以前プライマリ和音が選択された状態にあって
同フラグPCCFが“0"であれば、前記ステップ522にて「N
O」と判定されて、ステップ528,529にてそれぞれ和音検
出バッファレジスタ83c内にカデンツ和音が有るか、プ
ライマリ和音が有るかが、前述の場合とは逆の順に判定
される。なお、かかる判定も、前述のステップ523,524
の方法と同様にして行われる。今、和音検出バッファレ
ジスタ83c内にカデンツ和音が有れば、ステップ528にて
「YES」と判定され、ステップ527にてプライマリカデン
ツ和音フラグPCCFがカデンツ和音を表す“1"に設定変更
されて、ステップ526にて前記条件に合致した和音デー
タの根音ROOT及びタイプTYPEが押鍵和音データDPCHDと
して設定される。また、和音検出バッファレジスタ83c
内にカデンツ和音が無くかつプライマリ和音が有れば、
ステップ528にて「NO」と判定されるとともにステップ5
29にて「YES」と判定され、ステップ525にてプライマリ
カデンツ和音フラグPCCFがプライマリ和音を表す“0"に
再度設定しなおされ、前記ステップ526の処理が実行さ
れる。さらに、和音検出バッファレジスタ83c内にプラ
イマリ和音もカデンツ和音も無ければ、ステップ528,52
9にてそれぞれ「NO」と判定され、プログラムはステッ
プ535へ進められる。
On the other hand, if the primary chord has been previously selected and the flag PCCF is “0”, then “N
In step 528 and step 529, it is determined whether there is a cadence chord or a primary chord in the chord detection buffer register 83c in the reverse order to that described above. Note that such determination is also made in steps 523 and 524 described above.
The method is performed in the same manner as described above. If there is a cadence chord in the chord detection buffer register 83c, "YES" is determined in step 528, and the primary cadence chord flag PCCF is changed to "1" representing the cadence chord in step 527. In step 526, the root ROOT and the type TYPE of the chord data meeting the above condition are set as the key pressed chord data DPCHD. Also, the chord detection buffer register 83c
If there is no cadence chord and there is a primary chord
In step 528, the determination is "NO" and step 5
It is determined to be "YES" in 29, the primary cadence chord flag PCCF is reset to "0" representing the primary chord in step 525, and the processing in step 526 is executed. Further, if there is no primary chord or cadence chord in the chord detection buffer register 83c, steps 528, 52
In step 9, the determination is “NO”, and the program proceeds to step 535.
前記ステップ526の処理後、上記第9A図のステップ516
〜518の処理と同様にして、ステップ530〜532の処理に
より、以前の処理で優先和音フラグPCDFが既に“1"に設
定されていれば、和音テーブル83g及び押鍵キーフラグ
テーブル83fに既に書き込まれている最新の押鍵和音デ
ータDPCHDに対応した根音ROOT、タイプTYPE、和音テン
ションレベルCTENL及び押鍵キーフラグがそれぞれ書き
換えられる。また、以前の処理で優先和音フラグPCDFが
未だ“1"に設定されていなければ、優先和音フラグPCDF
が新たに“1"に設定されるとともに、現テーブルアドレ
スCTADが歩進された後、以前の各データの記憶番地より
「1」だけ歩進された和音テーブル83g及び押鍵キーフ
ラグテーブル83fの各番地に、押鍵和音データDPCHDに対
応した根音ROOT、タイプTYPE及び押鍵キーフラグが新た
に書き込まれる。このようなステップ522〜534の処理に
より、プライマリ和音及びカデンツ和音がなるべく交互
に選択され、短調における音楽上の和音進行に対して適
切な和音が優先的に決定されることになる。
After the processing in step 526, step 516 in FIG. 9A is performed.
Similarly to the processing of steps 518 to 518, in the processing of steps 530 to 532, if the priority chord flag PCDF has already been set to "1" in the previous processing, it has already been written to the chord table 83g and the key depression key flag table 83f. The root ROOT, the type TYPE, the chord tension level CTENL, and the key depression key flag corresponding to the latest key depression chord data DPCHD are rewritten. If the priority chord flag PCDF has not yet been set to “1” in the previous processing, the priority chord flag PCDF
Is newly set to "1", and after the current table address CTAD is incremented, the chord table 83g and the key-press key flag table 83f which are incremented by "1" from the storage address of the previous data are incremented. At each address, a root note ROOT, a type TYPE, and a key pressed key flag corresponding to the key pressed chord data DPCHD are newly written. Through the processing of steps 522 to 534, the primary chord and the cadence chord are alternately selected as much as possible, and a chord appropriate to the progression of musical chords in minor is preferentially determined.
かかるステップ521,524,529,532の処理後、ステップ5
35にて優先和音フラグPCDFが“1"であるか否かが判定さ
れる。かかる場合、和音が既に優先選択されて同フラグ
PCDFが“1"であれば、同ステップ535にて「YES」と判定
され、プログラムが直接ステップ542へ進められて同ス
テップ542にて該第2和音検出ルーチンの実行が終了さ
れる。また、和音が未だ優先選択されていなくて優先和
音フラグPCDFが“0"であれば、前記ステップ535にて「N
O」と判定され、ステップ536にて和音検出バッファレジ
スタ83c内における各和音毎に和音テンションレベルCTE
NLが書き込まれる。かかる和音テンションレベルCTENL
の書き込みにあたっては、各和音データの根音ROOTから
調タMKDにより示された音高を減算(モジュロ12)し、
該減算結果により表された度数表示の和音データの根音
ROOT及び押鍵和音データDPCHDのタイプTYPEに基づき、
和音テンションテーブル91bを参照することにより、同
テーブル91bから和音テンションレベルCTENLを読出し
て、該レベルCTENLを和音検出バッファレジスタ83c内の
和音データに付け加えるようにする。ただし、Aug和音
及びDim和音に関しては、和音テンションテーブル91bに
も和音テンションレベルCTENLが記憶されておらず、該
両和音に関しては同レベルCTENLが和音検出バッファレ
ジスタ83c内に書き込まれない。
After the processing of steps 521,524,529,532, step 5
At 35, it is determined whether or not the priority chord flag PCDF is "1". In such a case, the chord is already selected with priority and the flag
If PCDF is "1", "YES" is determined in the step 535, the program proceeds directly to the step 542, and the execution of the second chord detection routine is ended in the step 542. If the priority of the chord has not yet been selected and the priority chord flag PCDF is “0”, “N”
O, and in step 536, the chord tension level CTE is set for each chord in the chord detection buffer register 83c.
NL is written. Such chord tension level CTENL
When writing the pitch, subtract the pitch indicated by the tuning MKD from the root ROOT of each chord data (modulo 12),
The root of the frequency-displayed chord data represented by the subtraction result
Based on ROOT and keypress chord data DPCHD type TYPE,
By referring to the chord tension table 91b, the chord tension level CTENL is read from the chord tension table 91b, and the level CTENL is added to the chord data in the chord detection buffer register 83c. However, the chord tension level CTENL is not stored in the chord tension table 91b for the Aug chord and the Dim chord, and the same level CTENL is not written in the chord detection buffer register 83c for the chords.
かかるステップ537の処理後、ステップ537にて下記和
音テンション移行条件に合致する和音データが和音検出
バッファレジスタ83cに存在するか否かが判定される。
After the processing in step 537, it is determined in step 537 whether chord data meeting the following chord tension transition condition exists in the chord detection buffer register 83c.
和音テンション移行条件 和音テンションレベルCTENLが上昇する場合には徐々
に変化し(例えば0以上+3未満)、かつ同レベルCTEN
Lが下降する場合には急激(例えば−3未満)に変化し
て、和音テンションレベルCTENLが鋸歯状波的に変化す
るようにすること。
Chord tension transition condition When the chord tension level CTENL rises, it gradually changes (for example, 0 or more and less than +3), and the same level CTEN
When L falls, it changes abruptly (for example, less than -3) so that the chord tension level CTENL changes like a sawtooth wave.
なお、この判定処理においては、前記ステップ536と
同様に、直前和音すなわち押鍵和音データDPCHDにより
表された和音の根音ROOT及びタイプTYPEと調データMKD
とに基づき、和音テンションテーブル91bを参照するこ
とにより、直前和音の和音テンションレベルCTENL*を
導出し、該導出レベルCTENL*と前記和音検出バッファ
レジスタ83c内に格納した各和音毎の和音テンションレ
ベルCTENLとをそれぞれ比較して、0<CTENL−CTENL*
<+3又はCTENL−CTENL*<−3に合致する和音テンシ
ョンレベルCTENLの和音を探し出す。
In this determination process, the root ROOT, the type TYPE, and the key data MKD of the chord represented by the immediately preceding chord, that is, the key depression chord data DPCHD, as in step 536 described above.
By referring to the chord tension table 91b, the chord tension level CTENL * of the immediately preceding chord is derived, and the derivation level CTENL * and the chord tension level CTENL for each chord stored in the chord detection buffer register 83c are derived. And 0 <CTENL−CTENL *
Search for a chord with a chord tension level CTENL that matches <+3 or CTENL−CTENL * <− 3.
かかる場合、前記和音テンション移行条件に合致した
和音が見つかれば、該見つかり次第、ステップ537にて
「YES」と判定され、前記ステップ526,534,531,532の処
理と同様なステップ538〜541の処理により、前記条件に
合致した和音データの根音ROOT及びタイプTYPEが押鍵和
音データDPCHDとして設定されるとともに、現テーブル
アドレスCTADが歩進されて、以前の各種データの記憶番
地より「1」だけ歩進された和音テーブル83g及び押鍵
キーフラグテーブル83fの番地に、押鍵和音データDPCHD
に対応した根音ROOT、タイプTYPE、和音テンションレベ
ルCTENL及び押鍵キーフラグが書き込まれる。そして、
ステップ541の処理後、ステップ542にて該第2和音検出
ルーチンの実行が終了される。このようなステップ536
〜541の処理により、和音の進行を表す和音テンション
レベルラインに沿った適切な和音が決定されることにな
る。
In such a case, if a chord that matches the chord tension transition condition is found, as soon as the chord is found, it is determined to be “YES” in Step 537, and the processing in Steps 538 to 541 similar to the processing in Steps 526, 534, 531 and 532 causes the condition to be satisfied. The root ROOT and the type TYPE of the matched chord data are set as the key pressed chord data DPCHD, and the current table address CTAD is incremented, and the chord incremented by "1" from the storage address of various previous data. In the addresses of the table 83g and the key press key flag table 83f, the key press chord data DPCHD
, The root ROOT, the type TYPE, the chord tension level CTENL, and the key depression key flag corresponding to. And
After the processing in step 541, the execution of the second chord detection routine is ended in step 542. Step 536 like this
By the processes of 541 to 541, an appropriate chord along the chord tension level line indicating the progress of the chord is determined.
一方、和音検出バッファレジスタ83c内に、前記和音
テンション移行条件に合致した和音データが存在しなけ
れば、ステップ537にて「NO」と判定され、プログラム
は第9C図のステップ543へ進められ、ステップ543〜551
の処理により和音が決定される。これらのステップ543
〜551の処理は、ステップ549にて和音テンションレベル
CTENLが和音テーブル83gに書き込まれる(上記第9B図の
ステップ531の処理と同様)以外は第8図の第1和音検
出ルーチンの処理と同じである。その結果、和音検出バ
ッファレジスタ83c内に記憶されている和音データの中
から、和音テンション音数TENSU及び最低テンション音
番号LTNOが小さい和音が指定和音として決定される。
On the other hand, in the chord detection buffer register 83c, if there is no chord data matching the chord tension transition condition, it is determined as `` NO '' in step 537, and the program proceeds to step 543 in FIG. 543-551
The chord is determined by the above processing. These steps 543
The processing of ~ 551 is the chord tension level in step 549.
Except that CTENL is written in the chord table 83g (similar to the process of step 531 in FIG. 9B), the process is the same as the process of the first chord detection routine in FIG. As a result, from the chord data stored in the chord detection buffer register 83c, the chord having the smaller number of chord tension TENSU and the lowest tension tone number LTNO is determined as the designated chord.
調判定ルーチン 次に、調判定ルーチンについて説明する。この調判定
ルーチンの実行は第10A図のステップ600から開始され、
ステップ601にて現在和音すなわち押鍵和音データDPCHD
が和音不成立、Aug和音又はDim和音を示していれば、ス
テップ601にて「YES」と判定されて、ステップ602にて
該調判定ルーチンの実行が終了される。これにより、か
かる場合には、調判定所が実質的になされない。
Key Determination Routine Next, the key determination routine will be described. The execution of this key determination routine is started from step 600 in FIG. 10A,
In step 601, the current chord, that is, the key depression chord data DPCHD
Indicates a chord failure, an Aug chord or a Dim chord, "YES" is determined in step 601 and the execution of the key determination routine is terminated in step 602. Thus, in such a case, the key determination station is not substantially performed.
また、現在の和音が和音不成立、Aug和音又はDim和音
を示していなければ、ステップ603にてリズム種類デー
タRHYに基づき選択リズムがブルースであるか否かが判
定される。この判定は、調決定において選択リズムがブ
ルースである場合とブルース以外のものである場合と
で、判定条件が大幅にことなるためである。
If the current chord does not indicate chord failure, Aug chord or Dim chord, it is determined in step 603 whether or not the selected rhythm is blues based on the rhythm type data RHY. This determination is because the determination condition greatly differs depending on whether the selected rhythm is blues or not in the key determination.
最初に、選択リズムがブルース以外の場合について説
明すると、前記ステップ603にて「NO」と判定され、プ
ログラムがステップ604,605の長調判定動機ルーチンへ
進められる。ステップ604においては、現在和音が直前
和音から根音ROOTに関し半音間隔にして1音分又は7音
分下降したか否かが判定される。この判定においては、
和音テーブル83g内の現テーブルアドレスCTADより一つ
前のアドレスに記憶されている和音データの根音ROOTと
押鍵和音データDPCHDの根音ROOTとが比較され、例えば
根音ROOTがG音からC音に変化したり、D音からC音
に変化した場合、前記ステップ604にて「YES」と判定さ
れて、プログラムはステップ605に進められる。このス
テップ605においては、直前和音から現在和音への関係
が、タイプTYPEに関し、Maj和音からMaj和音へ移行し、
7th和音からMaj和音へ移行し又は7th(SUS4)和音からM
aj和音へ移行したか否かが判定される。この判定におい
ても、和音テーブル83g内の現テーブルアドレスCTADよ
り一つ前のアドレスに記憶されている和音データのタイ
プTYPEと押鍵和音データDPCHDのタイプTYPEとが比較さ
れ、例えば和音がGMajからCMajへ移行し、又はG7thから
CMajへ移行した場合には、前記ステップ605にて「YES」
と判定されて、ステップ606にて仮調データKMKDの最上
位ビットMSBが長調を示す“1"に設定される。
First, the case where the selected rhythm is other than blues will be described. "NO" is determined in step 603, and the program proceeds to steps 604 and 605, the major key determination motive routine. In step 604, it is determined whether or not the current chord has fallen from the immediately preceding chord by one or seven notes in semitone intervals with respect to the root ROOT. In this determination,
The root ROOT of the chord data stored at the address immediately preceding the current table address CTAD in the chord table 83g is compared with the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD. or changes to the sound, when changes to the note C from D sound, it is determined as "YES" at the step 604, the program advances to step 605. In this step 605, the relationship from the immediately preceding chord to the current chord changes from the Maj chord to the Maj chord for the type TYPE,
Shift from 7th chord to Maj chord or 7th (SUS4) chord to M
It is determined whether the transition to the aj chord has occurred. In this determination, the type TYPE Type TYPE and depressed chord data DPCHD chord data stored in the previous address from the current table address CTAD in chord table 83g are compared, for example, chords from G Maj Move to C Maj or from G 7th
When shifting to C Maj , “YES” in step 605
In step 606, the most significant bit MSB of the temporary tone data KMKD is set to "1" indicating a major tone.
一方、根音ROOT及びタイプTYPEが前記ステップ604,60
5にて規定されている関係になければ、同ステップ604,6
04のいずれかにて、「NO」と判定されて、プログラムは
ステップ607〜609からなる短調判定動機ルーチンへ進め
られる。ステップ607においては、短調決定の一つの条
件である「演奏開始時の和音がMin和音又はm7th和音で
あったか」を示す演奏開始マイナフラグPSTMFが“1"で
あるか否かが判定される。かかる場合、演奏開始マイナ
フラグPSTMFが“0"であれば、短調決定条件に合致しな
いものとして、同ステップ607にて「NO」と判定され
て、ステップ611にて該調判定ルーチンは終了される。
また、該演奏開始マイナフラグPSTMFが“1"であれば、
前記ステップ607における「YES」との判定の基に、ステ
ップ608にて現在和音が直前和音から根音ROOTに関し半
音間隔にして7音分下降したか否かが判定される。この
判定においても、和音テーブル83g内の現テーブルアド
レスCTADより一つ前のアドレスに記憶されている和音デ
ータの根音ROOTと押鍵和音データDPCHDの根音ROOTとが
比較され、例えば根音ROOTがG音からC音に変化すれ
ば、前記ステップ608にて「YES」と判定されて、プログ
ラムはステップ609に進められる。このステップ609にお
いては、直前和音から現在和音への関係が、タイプTYPE
に関し、Maj和音からMin和音へ移行し又は7th和音からM
in和音へ移行したか否かが判定される。この判定におい
ても、和音テーブル83g内の現テーブルアドレスCTADよ
り一つ前のアドレスに記憶されている和音データのタイ
プTYPEと押鍵和音データDPCHDのタイプTYPEとが比較さ
れ、例えば和音がGMajからCMinへ移行し、又はG7thから
CMinへ移行した場合には、前記ステップ609にて「YES」
と判定されて、ステップ610にて仮調データKMKDの最上
位ビットMSBが短調を示す“0"に設定される。
On the other hand, the root ROOT and the type TYPE are the same as those in steps 604 and 60.
If the relationship is not specified in step 5, the same steps 604, 6
In any of the cases 04, "NO" is determined, and the program proceeds to a minor determination motive routine consisting of steps 607 to 609. In step 607, it is determined whether or not the performance start minor flag PSTMF indicating "one of the chords at the start of the performance was the Min chord or the m7th chord", which is one condition for determining the minor key, is "1". In this case, if the performance start minor flag PSTMF is “0”, it is determined that the minor key determination condition is not met, and “NO” is determined in step 607, and the key determination routine is ended in step 611.
If the performance start minor flag PSTMF is “1”,
Based on the determination of “YES” in the step 607, it is determined in a step 608 whether or not the current chord has dropped by seven semitones with respect to the root ROOT from the immediately preceding chord. Also in this determination, the root ROOT of the chord data stored at the address immediately before the current table address CTAD in the chord table 83g is compared with the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD. Is changed from the G sound to the C sound, "YES" is determined in step 608, and the program proceeds to step 609. In this step 609, the relationship from the immediately preceding chord to the current chord is determined by the type TYPE
Regarding, transition from Maj chord to Min chord or 7th chord to M
It is determined whether or not the transition to the in chord is made. In this determination, the type TYPE Type TYPE and depressed chord data DPCHD chord data stored in the previous address from the current table address CTAD in chord table 83g are compared, for example, chords from G Maj Move to C Min or from G 7th
In the case of shifting to C Min , “YES” in step 609
In step 610, the most significant bit MSB of the temporary tone data KMKD is set to "0" indicating a minor tone.
一方、根音ROOT及びタイプTYPE前記ステップ608,609
にて規定されている関係になければ、同ステップ608,60
9のいずれかにて、「NO」と判定されて、プログラムは
ステップ611へ進められ、同ステップ611にて該調判定ル
ーチンは終了される。
On the other hand, the root ROOT and the type TYPE above steps 608, 609
Steps 608 and 60
In any one of 9, the determination is "NO" and the program proceeds to step 611, where the key determination routine is ended.
かかるステップ604,605,607〜609の処理により、プロ
グラムがステップ606,610に進められた場合には、一応
押鍵和音データDPCHDの根音ROOTに対応した調又は同根
音ROOTから5度高い調(例えば、根音ROOTがC音である
ならばC調又はG調)の決定が予想され、該両調のいず
れかに決定するために、ステップ612〜619からなる判定
処理がさらに続行される。ステップ612においては、和
音テーブル83g内の各和音が押鍵和音データDPCHDの根音
ROOTを基準調として度数表示(和音テーブル83g内の和
音の根音ROOT−押鍵和音データDPCHDの根音ROOT)に変
換され、該変換和音に基づき和音テンションテーブルが
参照されて過去8個分の和音テンションレベルCTENLが
導出されるとともに、該8個分の和音テンションレベル
CTENLの総和が第1テンションレベル総和値SUMTENL1と
して算出される。次に、ステップ613にて、前記ステッ
プ612と同様にして、押鍵和音データDPCHDの根音ROOTか
ら5度高い調(ROOT+7)を基準調として、和音テーブ
ル83g内の過去8個分の和音テンションレベルCTENLの総
和が第2テンションレベル総和値SUMTENL2として算出さ
れる。
When the program proceeds to steps 606 and 610 by the processing of steps 604, 605 and 607 to 609, the key corresponding to the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD or a key five degrees higher than the root ROOT (for example, the root ROOT) If is the C tone, the determination of C or G tone is expected, and the determination process consisting of steps 612 to 619 is further continued in order to determine either tone. In step 612, each chord in the chord table 83g is a root note of the key depression chord data DPCHD.
Using ROOT as a reference key, the frequency is converted to a frequency display (root ROOT of chord in chord table 83g-root ROOT of key pressed chord data DPCHD). The chord tension level CTENL is derived, and the eight chord tension levels are obtained.
The sum of CTENL is calculated as the first tension level sum SUMTENL1. Next, at step 613, in the same manner as at step 612, the chord tension for the past eight chords in the chord table 83g is set, using a key (ROOT + 7) that is five times higher than the root ROOT of the key depression chord data DPCHD as a reference key. The sum of the levels CTENL is calculated as the second tension level sum SUMTENL2.
かかるステップ612,613の処理後、ステップ614にて前
記第1及び第2テンションレベル総和値SUMTENL1,SUMTE
NL2の大小関係が比較される。今、第1テンションレベ
ル総和値SUMTENL1が第2テンションレベル総和値SUMTEN
L2より小さければ、仮の調は押鍵和音データDPCHDの根
音ROOTにより表されたもの(例えば、根音ROOTをC音と
すればC調)であると判定され、ステップ615にて仮調
データKMKDの下位ビットに前記根音ROOTが記憶される。
また、逆に、第2テンションレベル総和値SUMTENL2が第
1テンションレベル総和値SUMTENL1より小さければ、仮
の調は押鍵和音データDPCHDの根音ROOTより5度高いも
のROOT+7(例えば、根音ROOTをC音とすればG調)で
あると判定され、ステップ616にて仮調データKMKDの下
位ビットに前記値ROOT+7が記憶される。
After the processing of steps 612 and 613, in step 614, the first and second tension level sum values SUMTENL1, SUMTE
The magnitude relationship of NL2 is compared. Now, the first tension level sum SUMTENL1 is equal to the second tension level sum SUMTEN
If it is smaller than L2, it is determined that the provisional key is the one represented by the root ROOT of the key depression chord data DPCHD (for example, the C key if the root ROOT is C), and in step 615, the provisional key is determined. The root ROOT is stored in the lower bits of the data KMKD.
Conversely, if the second tension level sum value SUMTENL2 is smaller than the first tension level sum value SUMTENL1, the provisional key is ROOT + 7 (for example, the root tone ROOT is higher than the root tone ROOT of the depressed chord data DPCHD by five degrees). At step 616, the value ROOT + 7 is stored in the lower bits of the provisional tone data KMKD.
さらに、前記両総和値SUMTENL1,SUMTENL2が等しけれ
ば、ステップ614における判定によりプログラムはステ
ップ617〜619へ進められる。かかるステップ617〜619の
処理においては、過去8個分の和音押鍵における押鍵名
の中に、根音ROOTに対しIV度音(例えば、根音ROOTをC
音とすればF音)があるか、また同根音ROOTに対しIV
度音(例えば、根音ROOTをC音とすればF音)がある
かが判定される。すなわち、ステップ617にて押鍵和音
データDPCHDの根音ROOTに「5」を加算した値ROOT+5
に基づき押鍵キーフラグテーブル83fが参照され、また
ステップ618,619にて押鍵和音データDPCHDの根音ROOTに
「6」を加算した値ROOT+6に基づき押鍵キーフラグテ
ーブル83fが参照される。今、前記IV度音が押鍵キーフ
ラグテーブル83f内に存在し、かつ前記IV度音が同テ
ーブル83f内に存在しなければ、ステップ617にて「YE
S」かつステップ618にて「NO」と判定され(仮の調は押
鍵和音データDPCHDの根音ROOTにより表されたものであ
ると判定され)、前記ステップ615の処理がなされる。
また、前記IV度音が押鍵キーフラグテーブル83f内に
存在し、かつ前記IV度音が同テーブル83f内に存在しな
ければ、ステップ617にて「NO」かつステップ619「YE
S」と判定され(仮の調は押鍵和音データDPCHDの根音RO
OT+7により表されたものであると判定され)、前記ス
テップ616の処理がなされる。さらに、前記IV音及びIV
度音の両者が押鍵キーフラグテーブル83f内に存在し
又は存在しなければ、ステップ617,618にてそれぞれ「Y
ES」又はステップ617,619にてそれぞれ「NO」と判定さ
れて、ステップ611にて該調判定ルーチンの処理が終了
される。
Further, if the two sums SUMTENL1 and SUMTENL2 are equal, the program proceeds to steps 617 to 619 by the determination in step 614. In the processing of steps 617 to 619, in the key depression names of the past eight chord depressions, the root ROOT is assigned an IV degree tone (for example, the root ROOT
If the sound is F), there is an IV # for the same root ROOT
It is determined whether there is a degree sound (for example, F # sound if the root ROOT is C sound). That is, at step 617, a value obtained by adding “5” to the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD, ROOT + 5
The key depression key flag table 83f is referred to based on the value ROOT + 6 obtained by adding "6" to the root ROOT of the key depression chord data DPCHD in steps 618 and 619. If the IV degree tone is present in the key depression key flag table 83f and the IV # degree tone is not present in the table 83f, the process proceeds to step 617 where "YE
"S" and "NO" in step 618 (it is determined that the provisional key is represented by the root ROOT of the key depression chord data DPCHD), and the processing of step 615 is performed.
On the other hand, if the IV # degree tone exists in the key depression key flag table 83f and the IV degree tone does not exist in the table 83f, "NO" in step 617 and "YE" in step 619.
(Temporary key is root note RO of chord data DPCHD
OT + 7 is determined) and the processing of step 616 is performed. Further, the IV sound and IV
If both of the # degrees are present in the key-depressed key flag table 83f or are not present, then "Y
ES ”or“ NO ”in steps 617 and 619, respectively, and in step 611, the processing of the key determination routine is terminated.
このように、選択リズムがブルース以外であれば、ス
テップ604〜619の処理により、仮の調が判定されるとと
もに、ステップ606,610,615,616の処理により仮調デー
タKMKDが設定され、プログラムは第10B図のステップ628
へ進められる。
As described above, if the selected rhythm is other than blues, the provisional key is determined by the processing of steps 604 to 619, and the provisional key data KMKD is set by the processing of steps 606, 610, 615, and 616, and the program proceeds to the step of FIG. 10B. 628
Proceed to
一方、選択リズムがブルースである場合には、前記ス
テップ603にて「YES」と判定され、プログラムは第10B
図のステップ620へ進められる。ステップ620において
は、ブルーステーブル83h(第2G図)内の全データがク
リアされ、ステップ621にて和音テーブル83g(第2F図)
内の過去8個の和音データのうち、タイプが7thの和音
が抽出されるとともに、該各抽出された和音の根音ROOT
毎に、ブルーステーブル83h内の各記憶位置(ROOT,
I7th)、(ROOT+7,IV7th)、(ROOT+5,V7th)の和音
フラグDFLGがそれぞれ“1"に設定される。これは、前記
根音ROOTを調とするI7th和音がROOT+7音を調とするIV
7th和音及びROOT+5音を調とするV7th和音とも考えら
れるからである。次に、ステップ622にて、和音テーブ
ル83g(第2F図)内の過去8個の和音データのうち、タ
イプがm7thの和音が抽出されるとともに、該各抽出され
た和音の根音ROOT毎に、ブルーステーブル83h内の各記
憶位置(ROOT,Im7th)、(ROOT+7,IVm7th)、(ROOT+
5,Vm7th)の和音フラグDFLGがそれぞれ“1"に設定され
る。これは、前記根音ROOTを調とするIm7th和音がROOT
+7音を調とするIVm7th和音及びROOT+5音を調とする
Vm7th和音とも考えられるからである。
On the other hand, if the selected rhythm is blues, “YES” is determined in step 603, and the program proceeds to step 10B.
Proceed to step 620 in the figure. In step 620, all data in the blues table 83h (FIG. 2G) is cleared, and in step 621 the chord table 83g (FIG. 2F)
Out of the last eight chord data, a chord of type 7th is extracted, and the root chord ROOT of each extracted chord is extracted.
Each storage location (ROOT,
The chord flags DFLG of (I 7th ), (ROOT + 7, IV 7th ), and (ROOT + 5, V 7th ) are each set to “1”. This is because the 7th chord that modulates the root ROOT is the ROOT + 7 tone.
V 7th chords to adjust the 7th chords and ROOT + 5 sound to be because it is conceivable. Next, in step 622, a chord of the type m7th is extracted from the past eight chord data in the chord table 83g (FIG. 2F), and for each root ROOT of each extracted chord, , Bruce table 83h each storage location (ROOT, I m7th ), (ROOT + 7, IV m7th ), (ROOT +
5, V m7th ) are set to “1”. This is because the Im7th chord that modulates the root ROOT
+7 tones IV m7th chord and ROOT +5 tones
This is because it is also considered a V m7th chord.
かかるステップ621,622の処理後、ステップ623にてブ
ルーステーブル83h内にI7th,IV7th,V7thの各和音に関す
る和音フラグDFLGが全て“1"である根音ROOTが存在する
か否かが判定されるとともに、ステップ624にてブルー
ステーブル83h内にIm7th,IVm7th,Vm7thの各和音に関す
る和音フラグDFLGが全て“1"である根音ROOTが存在する
か否かが判定される。これは下記ブルース条件1,2をブ
ルースにおける調の判定条件とするからである。
After the processing in steps 621 and 622, it is determined in step 623 whether or not there is a root ROOT in which the chord flags DFLG for all the chords I 7th , IV 7th and V 7th are “1” in the blues table 83h. Rutotomoni, I m7th at step 624 in the blues table 83h, IV m7th, whether the chord flag DFLG for each chord V M7th is neon ROOT are all "1" exists is determined. This is because the following blues conditions 1 and 2 are used as the conditions for judging the tone in blues.
ブルース条件1 過去8個の和音の中に、I7th,IV7th,V7thの全ての和
音が出現した時点で長調と判定する。
Blues condition 1 When all the chords I 7th , IV 7th , V 7th appear in the past eight chords, it is determined to be a major.
ブルース条件2 過去8個の和音の中に、Im7th,IVm7th,Vm7thの全ての
和音が出現した時点で短調と判定する。
Determining in the blues condition 2 past eight chords, I m7th, IV m7th, a minor when all chord V M7th appeared.
今、前記ブルース条件1が成立したとすると、ステッ
プ623にて「YES」と判定され、ステップ625にて仮調デ
ータKMKDの最上位ビットMSBが長調を表す“1"に設定さ
れるとともに、同データKMKDの下位ビットが該当する根
音ROOTに設定される。また、前記ブルース条件2が成立
したとすると、ステップ623にて「NO」及びステップ624
にて「YES」と判定され、ステップ626にて仮調データKM
KDの最上位ビットMSBが短調を表す“0"に設定されると
ともに、同データKMKDの下位ビットが該当する根音ROOT
に設定される。さらに、前記両ブルース条件1,2が成立
しなければ、両ステップ623,624にてそれぞれ「NO」と
判定され、ステップ627にて該調判定ルーチンの処理が
終了される。
Assuming that the blues condition 1 is satisfied, "YES" is determined in step 623, and in step 625, the most significant bit MSB of the temporary tone data KMKD is set to "1" representing a major tone. The lower bit of the data KMKD is set in the corresponding root ROOT. If the blues condition 2 is satisfied, “NO” in step 623 and
Is determined as “YES”, and in step 626, the provisional tone data KM
The most significant bit MSB of KD is set to “0” indicating minor, and the lower bit of the same data KMKD corresponds to the root note ROOT.
Is set to Further, if the blues conditions 1 and 2 are not satisfied, it is determined “NO” in both steps 623 and 624, and the process of the key determination routine is ended in step 627.
このように、選択リズムがブルースである場合には、
ステップ620〜624の処理により、仮の調が決定されると
ともに、ステップ625,626の処理により仮調データKMKD
が設定され、プログラムはステップ628へ進められる。
Thus, if the selection rhythm is blues,
The provisional key is determined by the processing of steps 620 to 624, and the provisional key data KMKD is determined by the processing of steps 625 and 626.
Is set, and the program proceeds to step 628.
ステップ628においては、調データMKDと仮調データKM
KDとの各最上位ビットMSBが比較され、以前の決定調と
前記設定された仮の調とが長短において同一か否かが判
定される。いま、前記長短が同一であれば、ステップ62
8にて「YES」と判定され、ステップ629にてリズム種類
データRHY(ブルースか否か)及び仮調データKMKDに基
づき、調フラグテーブル83i(第2H図)内のリズム種類
(ブルース及びそれ以外)、長短及び音名に対応した記
憶位置が指定されるとともに、該指定記憶位置の調フラ
グKFLGに「1」が加算される。ただし、調フラグKFLGは
0〜3に渡って変化するもので、調フラグKFLGが既に
「3」である場合には、前記加算は行われない。次に、
ステップ630にて、リズム種類データRHY、仮調データKM
KD及び調データMKDに基づき再び調フラグテーブル83iが
参照され、以前からの決定調(調データMKD)に関する
調フラグKFLG*と今回の検出調(仮調データKMKD)に関
する調フラグKFLGとが比較される。かかる場合、調フラ
グKFLG*が調フラグKFLGより大きければ、ステップ630
にて「NO」と判定され、ステップ634にて該調判定ルー
チンの実行が終了されるので、以前の決定調が変更され
ることはない。これは、少ない情報で調を変更してしま
うと、調の判定(転調の判定)に誤りを来すおそれがあ
るためである。
In step 628, the key data MKD and the provisional key data KM
Each most significant bit MSB of KD is compared to determine whether the previously determined key and the set temporary key are the same in terms of length. If the lengths are the same, step 62
In step 629, it is determined as "YES", and based on the rhythm type data RHY (whether or not it is blues) and the temporary key data KMKD, the rhythm type (blues and other types) in the key flag table 83i (Fig. ), The storage position corresponding to the length and the duration and the note name are designated, and “1” is added to the key flag KFLG of the designated storage position. However, the key flag KFLG changes from 0 to 3, and the addition is not performed when the key flag KFLG is already “3”. next,
At step 630, rhythm type data RHY and provisional tone data KM
The key flag table 83i is again referred to based on the KD and the key data MKD, and the key flag KFLG * related to the previously determined key (key data MKD) and the key flag KFLG related to the current detected key (temporary key data KMKD) are compared. You. In this case, if the key flag KFLG * is larger than the key flag KFLG, step 630
Is determined to be "NO" and the execution of the key determination routine is terminated in step 634, so that the previously determined key is not changed. This is because if the key is changed with a small amount of information, an error may occur in the determination of the key (judgment of the modulation).
一方、前記調フラグKFLGの加算演算の結果、調フラグ
KFLGが調フラグKFLG*以上になれば、ステップ630にて
「YES」と判定され、ステップ631にて調データMKDが仮
調データKMKDに示された値に設定される。これにより、
当該電子楽器における演奏調が初めて決定され、又は変
更される。前記ステップ631の処理後、ステップ632にて
調フラグテーブル83i内の全てのデータをクリアするこ
とにより同テーブル83iが初期状態に設定されるととも
に、リズム種類データRHY及び調データMKDに基づき調フ
ラグテーブル83i内のリズム種類、長短及び音名に対応
した記憶位置の調フラグKFLG(前記ステップ630の処理
により加算演算の施された調フラグKFLG)が「1」に設
定され、ステップ633にて調設定フラグMKSFが“1"に設
定された後、ステップ634にて該調判定ルーチンの実行
が終了される。
On the other hand, as a result of the addition operation of the key flag KFLG, the key flag
If KFLG is greater than or equal to the key flag KFLG *, "YES" is determined in step 630, and in step 631, the key data MKD is set to the value indicated in the temporary key data KMKD. This allows
The performance tone of the electronic musical instrument is determined or changed for the first time. After the processing of the step 631, the table 83i is set to an initial state by clearing all data in the key flag table 83i in a step 632, and the key flag table 83i is set based on the rhythm type data RHY and the key data MKD. The key flag KFLG at the storage position corresponding to the rhythm type, length and pitch and note name in 83i (the key flag KFLG subjected to the addition operation by the processing of the step 630) is set to "1", and the key is set in the step 633. After the flag MKSF is set to “1”, the execution of the key determination routine is terminated in step 634.
また、以前の決定調(調データMKD)と上記設定され
た仮の調(仮調データKMKD)とが長短において異なる場
合、上記ステップステップ628の判定処理において「N
O」と判定され、プログラムは直接ステップ631へ進めら
れ、ステップ631,632,633の処理がなされる。かかる場
合には、このように前記ステップ629,930の処理(調フ
ラグKFLGに関する判定処理)がなされないで、直ちに調
が変更される結果、長調から短調へ又は短調から長調へ
の転調は優先的に行われることになる。
When the previously determined key (key data MKD) and the set temporary key (temporary key data KMKD) are different in length, the determination processing in step 628 described above indicates that “N
It is determined as "O", and the program proceeds directly to step 631, where the processing of steps 631, 632, and 633 is performed. In such a case, the key is changed immediately without performing the processing of steps 629 and 930 (determination processing relating to the key flag KFLG) as a result, so that the modulation from major to minor or from minor to major is preferentially performed. Will be
旋法決定ルーチン 次に、旋法決定ルーチンについて、第11図のフローチ
ャートを用いて説明する。この旋法決定の方法は、 調が未だ決定されていない場合 調が既に決定されており、かつ選択リズムがブルース
でない場合 調が既に決定されており、かつ選択リズムがブルース
である場合 に応じて異なるので、以下3種類の場合について説明す
る。
Turning Method Routine Next, the turning method determination routine will be described with reference to the flowchart in FIG. The method of determining this rotation depends on whether the key has not yet been determined, the key has already been determined, and the selected rhythm is not blues, and the key has already been determined and the selected rhythm is blues. Therefore, three cases will be described below.
調が未だ決定されていない場合 かかる場合、調設定フラグMKSFは“0"に設定されたま
まであるので、ステップ700における該旋法決定ルーチ
ンの開始後、ステップ701にて「NO」すなわち調設定フ
ラグMKSFは“1"でないと判定され、ステップ702にて現
在の和音に対応した押鍵和音データDPCHDが和音不成立
を現しているか否かが判定される。未、該押鍵和音デー
タDPCHDが和音不成立を表していなければ、前記ステッ
プ702にて「NO」と判定され、ステップ703にて押鍵和音
データDPCHDに基づき第2旋法テーブル91e(第3F図)が
参照され、同テーブル91eから押鍵和音データDPCHDのタ
イプTYPEに応じた旋法名(例えば、Maj和音ならアイオ
ニアン、Min和音ならドリアン等)が読み出されて旋法
データSCALEとして設定される。そして、ステップ705に
て該旋法決定ルーチンの実行が終了される。
In the case where the key is not yet determined In this case, since the key setting flag MKSF remains set to “0”, after the start of the trajectory determination routine in step 700, “NO” in step 701, that is, the key setting flag MKSF Is not "1", and it is determined in step 702 whether or not the key pressed chord data DPCHD corresponding to the current chord indicates that the chord is not established. If the key depression chord data DPCHD does not indicate that a chord is not established, "NO" is determined in step 702, and in step 703, the second modality table 91e (FIG. 3F) based on the key depression chord data DPCHD. Is read from the table 91e, and a melody name (for example, Ionian for Maj chord, Durian for Min chord) corresponding to the type TYPE of the key press chord data DPCHD is read and set as melody data SCALE. Then, in step 705, the execution of the lane determination routine is terminated.
一方、該押鍵和音データDPCHDが和音不成立を表して
いれば、前記ステップ702にて「YES」と判定され、ステ
ップ704にて直前の検出和音(正し、Aug和音、Dim和音
を除く)すなわち和音テーブル83g内の現テーブルアド
レスCTADにより示された最新の和音データに基づき第2
旋法テーブル91eが参照され、前記ステップ703の場合と
同様にして旋法データSCALEが設定されて、ステップ705
にて該旋法決定ルーチンの実行が終了される。なお、演
奏開始直後であって、和音テーブル83g内になにも和音
データが存在しない場合には、和音テーブル83gから旋
法データの読み出しはなされず、旋法データSCALEも設
定されることはない。
On the other hand, if the chord data DPCHD indicates that a chord is not established, "YES" is determined in step 702, and in step 704, the immediately preceding detected chord (correct, excluding the Aug chord and the Dim chord), Based on the latest chord data indicated by the current table address CTAD in the chord table 83g, the second
The turning table 91e is referred to, the turning data SCALE is set in the same manner as in the case of the step 703, and the step 705 is performed.
The execution of the turning determination routine is terminated. If no chord data exists in the chord table 83g immediately after the start of the performance, the modality data is not read from the chord table 83g, and the modality data SCALE is not set.
このようなステップ702〜704の処理により、多少の正
確さは欠くが、音楽的に無難な旋法が決定される。
By such processing of steps 702 to 704, a musically safe trajectory is determined, although the accuracy is somewhat low.
調が既に決定されており、かつ選択リズムがブルース
でない場合 かかる場合、調設定フラグMKSFは既に“1"に設定され
ていると同時に、リズム種類データRHYはブルースを表
していないので、ステップ700における該旋法決定ルー
チンの開始後、ステップ701にて「YES」と判定され、か
つステップ706にて「NO」と判定された後、ステップ707
にて、上記ステップ702の場合と同様、押鍵和音データD
PCHDが和音不成立を表しているか否かが判定される。
今、該押鍵和音データDPCHDが和音不成立を表していな
ければ、前記ステップ707にて「NO」と判定され、ステ
ップ708にて押鍵和音データDPCHDを度数表示に変換した
和音データに基づき第1旋法テーブル91d(第3E図)が
参照され、同テーブル91dから旋法名が読み出されて旋
法データSCALEとして設定される。すなわち、押鍵和音
データDPCHDの根音ROOTから調データMKDの音名データが
減算され、該減算結果と押鍵和音データDPCHDのタイプT
YPEに応じて第1旋法テーブル91dが参照され、旋法名
(例えば、IMajならアイオニアン、IIm7thならドリアン
等)が読み出される。なお、前記度数表示の和音データ
が第2グループ以降(第3C図の和音テンションテーブル
91b参照)であれば、各グループ毎に旋法名(例えば、
第4グループの和音であればミクソリディアン等)が読
み出される。そして、ステップ705にて該旋法決定ルー
チンの実行が終了される。
In the case where the key has already been determined and the selected rhythm is not blues. In such a case, since the key setting flag MKSF has already been set to “1” and the rhythm type data RHY does not represent blues, the process proceeds to step 700. After the start of the trajectory determination routine, “YES” is determined in step 701, and “NO” is determined in step 706.
In the same manner as in step 702, the key depression chord data D
It is determined whether or not PCHD indicates that a chord is not established.
If the key pressed chord data DPCHD does not indicate that a chord is not established, "NO" is determined in step 707, and in step 708, the first key pressed chord data DPCHD is converted to a frequency display. Referring to the rotation table 91d (FIG. 3E), the rotation name is read from the table 91d and set as the rotation data SCALE. That is, the note name data of the key data MKD is subtracted from the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD, and the result of the subtraction is compared with the type T of the key pressed chord data DPCHD.
The first rotation table 91d is referred to according to YPE, and the name of the rotation (for example, Ionian for I Maj , Durian for II m7th ) is read. Note that the chord data of the frequency display is the second group or later (the chord tension table in FIG. 3C).
91b), the name of the method for each group (for example,
If it is a chord of the fourth group, mixolidian, etc.) is read. Then, in step 705, the execution of the lane determination routine is terminated.
一方、該押鍵和音データDPCHDが和音不成立を表して
いれば、前記ステップ707に「YES」と判定され、ステッ
プ709にて直前の検出和音(但し、Aug和音、Dim和音を
除く)すなわち和音テーブル83g内の現テーブルアドレ
スCTADにより示された最新の和音データを度数表示に変
換したものに基づき第1旋法テーブル91dが参照され、
前記ステップ708の場合と同様にして旋法データSCALEが
設定されて、ステップ709にて該旋法決定ルーチンの実
行が終了される。
On the other hand, if the key depression chord data DPCHD indicates that a chord is not established, "YES" is determined in step 707, and in step 709, the immediately preceding detected chord (excluding the Aug chord and the Dim chord), that is, the chord table The first modality table 91d is referred to based on the latest chord data indicated by the current table address CTAD in 83g converted to a frequency display,
The turning data SCALE is set in the same manner as in step 708, and the execution of the turning determination routine is terminated in step 709.
このようなステップ707〜709の処理により、音楽的に
適切な旋法が決定される。
Through such processing of steps 707 to 709, a musically appropriate melody is determined.
調が既に決定されており、かつ選択リズムがブルース
である場合 かかる場合、調設定フラグMKSFは既に“1"に設定され
ていると同時に、リズム種類データRHYはブルースを表
しているので、ステップ700における該旋法決定ルーチ
ンの開始後、ステップ701,706にてそれぞれ「YES」と判
定された後、ステップ710にて、上記ステップ702,707の
場合と同様、押鍵和音データDPCHDが和音不成立を表し
ているか否かが判定される。今、該押鍵和音データDPCH
Dが和音不成立を表していなければ、前記ステップ710に
て「NO」と判定され、ステップ711にて押鍵和音データD
PCHDを度数表示に変換した和音データがI7th,IV7th,V
7thの各和音のいずれかであるか否かが判定される。す
なわち、押鍵和音データDPCHDの根音ROOTから調データM
KDの音名データを減算した結果と押鍵和音データDPCHD
のタイプTYPEにより表された和音がI7th,IV7th,V7th
各和音のいずれかに該当するか否かが判定される。かか
る場合、前記度数表示和音がI7th,IV7th,V7thの各和音
のいずれかに該当すれば、同ステップ711にて「YES」と
判定され、ステップ712にて旋法データSCALEがブルース
旋法を表すデータに設定され、ステップ705にて該旋法
判定ルーチンの実行が終了される。
In the case where the key is already determined and the selected rhythm is blues In such a case, since the key setting flag MKSF is already set to “1” and the rhythm type data RHY represents blues, step 700 After the start of the trajectory determination routine in step 701, it is determined in step 701 and 706 that each is “YES”, and then in step 710, as in steps 702 and 707, whether or not the key pressed chord data DPCHD indicates that chords are not established. Is determined. Now, the key press chord data DPCH
If D does not indicate that the chord is not established, it is determined “NO” in step 710, and in step 711, the key depression chord data D
Chord data converted from PCHD to frequency display is I 7th , IV 7th , V
It is determined whether the chord is any of the 7th chords. That is, the key data M is obtained from the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD.
Result of subtracting KD note name data and key press chord data DPCHD
It is determined whether the chord represented by the type TYPE corresponds to any one of the I7th , IV7th , and V7th chords. In such a case, the power display chords I 7th, if any of the respective chord IV 7th, V 7th, the decision is "YES" at the same step 711, modal data SCALE at step 712 blues modal In step 705, the execution of the turning judgment routine is terminated.
また、上記ステップ711にて「NO」と判定されると、
プログラムはステップ713に進められ、同ステップ713に
て押鍵和音データDPCHDを度数表示に変換した和音デー
タがIm7th,IVm7th,Vm7thの各和音のいずれかであるか否
かが判定される。すなわち、押鍵和音データDPCHDの根
音ROOTから調データMKDの音名データを減算した結果と
押鍵和音データDPCHDのタイプTYPEにより表された和音
がIm7th,IVm7th,Vm7thの各和音のいずれかに該当するか
否かが判定される。かかる場合、前記度数表示和音がI
m7th,IVm7th,Vm7thの各和音のいずれかに該当すれば、
同ステップ713にて「YES」と判定され、ステップ714に
て旋法データSCALEがマイナブルース旋法を表すデータ
に設定され、ステップ705にて該旋法判定ルーチンの実
行が終了される。
Also, if “NO” is determined in step 711,
The program proceeds to step 713, where it is determined whether or not the chord data obtained by converting the key press chord data DPCHD into a frequency display is any of the chords of Im7th , IVm7th , and Vm7th. . That is, the result of subtracting the note name data of the key data MKD from the root ROOT of the key pressed chord data DPCHD and the chord represented by the type TYPE of the key pressed chord data DPCHD are the chords of Im7th , IV m7th , and Vm7th . It is determined whether any of the above is applicable. In such a case, the frequency display chord is I
If any of the chords of m7th , IV m7th and V m7th correspond,
In step 713, the determination is "YES". In step 714, the mode data SCALE is set to data representing the minables mode, and in step 705, the execution of the mode determination routine ends.
さらに、前記両ステップ711,713にてそれぞれ「N
O」、すなわち押鍵和音データDPCHDを度数表示に変換し
た和音データがI7th,IV7th,V7th,Im7th,IVm7th,Vm7th
各和音のいずれにも該当しないと判定されると、プログ
ラムはステップ707へ進められ、前記ステップ707〜709
からなる処理により旋法が決定される。
Further, in both steps 711 and 713, "N
O '', that is, when it is determined that the chord data obtained by converting the key press chord data DPCHD into frequency display does not correspond to any of the chords of I 7th , IV 7th , V 7th , Im7th , IV m7th , Vm7th , The program proceeds to step 707, wherein steps 707 to 709 are performed.
The rotation is determined by the processing of.
一方、該押鍵和音データDPCHDが和音不成立を表して
れば、前記ステップ710にて「YES」と判定され、ステッ
プ715にて直前の検出和音(但し、Aug和音、Dim和音を
除く)すなわち和音テーブル83g内の現テーブルアドレ
スCTADにより示された最新の和音データを度数表示に変
換したものがI7th,IV7th,V7thの各和音のいずれかに該
当すれか否かが判定されるとともに、ステップ716にて
前記変換された度数表示の和音がIm7th,IVm7th,Vm7th
各和音のいずれかに該当するか否かが判定される。かか
る場合にも、前記ステップ711,713の処理と同様にし
て、前記度数表示に変換された和音がI7th,IV7th,V7th,
Im7th,IVm7th,Vm7thの各和音のいずれかに該当すれば、
ステップ715,716における「YES」との判定の基に、ステ
ップ714,712の処理により、旋法データSCALEはマイナブ
ルース旋法、ブルース旋法を表すデータにそれぞれ設定
される。また、前記度数表示に変換された和音I7th,IV
7th,V7th,Im7th,IVm7th,Vm7thの各和音のいずれにも該
当しなければ、前記両ステップ715,716にてそれぞれ「N
O」と判定されて、プログラムはステップ707へ進めら
れ、前記ステップ707〜709からなる処理により旋法が決
定される。
On the other hand, if the key depression chord data DPCHD indicates that a chord is not established, "YES" is determined in step 710, and in step 715, the immediately preceding detected chord (excluding the Aug chord and the Dim chord), that is, the chord latest that the chord data is converted to degrees appears I 7th indicated by the current table address CTAD in the table 83 g, IV 7th, with whether them falls under any of the chord V 7th is determined, In step 716, it is determined whether or not the converted frequency-displayed chord corresponds to any one of the Im7th , IVm7th , and Vm7th chords. In this case as well, the chord converted to the frequency display is I 7th , IV 7th , V 7th ,
If any of the chords I m7th , IV m7th , V m7th
Based on the determination of "YES" in Steps 715 and 716, the processing of Steps 714 and 712 sets the modality data SCALE to data representing the Minables modality and the Bruce modality, respectively. Also, the chords I 7th and IV converted to the frequency display
If none of the chords of 7th , V7th , Im7th , IVm7th , and Vm7th correspond to any of the chords, then in both steps 715 and 716, `` N
If the determination is "O", the program proceeds to step 707, and the trajectory is determined by the processing including steps 707 to 709.
このようなステップ710〜716の処理により、ブルース
に関しては、より適切な旋法が決定されると同時に、該
処理によりブルース旋法、マイナブルース旋法が決定さ
れなくても、ステップ707〜709の上述した処理により適
切な旋法が決定される。
With the processing of steps 710 to 716, for blues, a more appropriate method is determined, and at the same time, even if the processing does not determine the blues method or the minables method, the above-described processing of steps 707 to 709 is performed. Determines the appropriate mode.
このように、鍵盤10における押鍵に応じて和音、調及
び旋法を決定する処理、その他の処理からなるメインプ
ログラム及びそのサブルーチンを実行中のCPU82へ、テ
ンポ発振器70からリズム割込み信号RINTが到来すると、
同CPU82は該割込み信号RINTの到来毎に第12図のフロー
チャートに対応したリズム割込みプログラムを実行して
打楽器音及び伴奏音の発生を制御するので、以下、かか
るリズム割込みプログラムについて説明する。
As described above, when the rhythm interrupt signal RINT from the tempo oscillator 70 arrives at the CPU 82 which is executing the main program including the processing for determining the chord, the key and the melody according to the key pressed on the keyboard 10 and other processing and its subroutines. ,
The CPU 82 controls the generation of percussion sounds and accompaniment sounds by executing a rhythm interruption program corresponding to the flowchart of FIG. 12 every time the interruption signal RINT arrives. Therefore, the rhythm interruption program will be described below.
リズム割込みプログラム このリズム割込みプログラムの実行は第12図のステッ
プ800にて開始され、ステップ801にてリズムランフラグ
RUNが“1"か否かが判定される。かかる場合、リズムラ
ンフラグRUNが上記ステップ125(第5図のメインプログ
ラム)の処理により“1"に設定されていれば、前記ステ
ップ801にて「YES」と判定され、プログラムはステップ
802以降へ進められて打楽器音及び伴奏音の発生が制御
され、また同フラグRUNが“0"であれば前記打楽器音及
び伴奏音の発生が制御されずにステップ817にて該リズ
ム割込みプログラムの実行が終了される。
Rhythm interrupt program The execution of this rhythm interrupt program is started at step 800 in FIG.
It is determined whether or not RUN is “1”. In such a case, if the rhythm run flag RUN has been set to “1” by the processing of step 125 (the main program in FIG. 5), “YES” is determined in step 801 and the program proceeds to step
Proceeding to 802 or later, the generation of percussion sounds and accompaniment sounds is controlled, and if the flag RUN is “0”, the generation of the percussion sounds and accompaniment sounds is not controlled, and in step 817 the rhythm interruption program is executed. Execution is terminated.
ステップ802においては、リズム種類データRHY及びテ
ンポカウントデータTCNTに応じてリズムパターンメモリ
92が参照され、リズム種類データRHYにより表された選
択リズムに対応し、かつテンポカウントデータTCNTによ
り表されたタイミングに関する全ての打楽器音データPI
TD1、打楽器音データPITD2等がリズムパターンメモリ92
から読み出されて、該打楽器音データPITD1、打楽器音
データPITD2等がバス50を介して打楽器音信号発生回路6
1へ供給される。その結果、打楽器音信号発生回路61は
前記供給打楽器音データPITD1、打楽器音データPITD2
により表された打楽器に関する楽音信号を形成してサウ
ンドシステム63へ供給するので、同システム63からは前
記打楽器音が発音される。なお、リズムパターンメモリ
92から読み出されたデータがNOPを示していれば、該デ
ータは打楽器音信号発生回路61へは出力されず、打楽器
音信号の発生も制御されない。
In step 802, a rhythm pattern memory is stored according to the rhythm type data RHY and the tempo count data TCNT.
92, all percussion sound data PI corresponding to the selected rhythm represented by the rhythm type data RHY and related to the timing represented by the tempo count data TCNT.
TD 1 and percussion sound data PITD 2 are stored in rhythm pattern memory 92
The percussion instrument sound data PITD 1 and the percussion instrument sound data PITD 2 are read out from the
Supplied to 1. As a result, the percussion instrument sound signal generation circuit 61 forms a tone signal relating to the percussion instrument represented by the supplied percussion instrument sound data PITD 1 , percussion instrument sound data PITD 2, etc., and supplies it to the sound system 63. Percussion sounds are pronounced. The rhythm pattern memory
If the data read from 92 indicates NOP, the data is not output to the percussion instrument sound signal generation circuit 61, and the generation of the percussion instrument sound signal is not controlled.
かかるステップ802の処理後、プログラムはステップ8
03へ進められ、同ステップ803にて変数iが「1」に設
定される。この変数iは伴奏音の系列数すなわち伴奏パ
ターンメモリ93−1〜93−nを指定するもので、1〜n
に渡って変化する。次に、ステップ804にてリズム種類
データRHY、旋法データSCALE及びテンポカウントデータ
TCNTに応じて第i系列の伴奏パターンメモリ93−iが参
照され、リズム種類データRHY及び旋法データSCALEによ
り表された選択リズム及び旋法に対応し、かつテンポカ
ウントデータTCNTにより表されたタイミングに関する伴
奏パターンデータが読み出される。そして、該読み出さ
れた伴奏パターンデータはステップ805,806にてその種
類が判別される。
After the processing of step 802, the program proceeds to step 8
In step 803, the variable i is set to “1”. This variable i specifies the number of accompaniment sound sequences, that is, the accompaniment pattern memories 93-1 to 93-n.
Varies over time. Next, in step 804, the rhythm type data RHY, the winding data SCALE, and the tempo count data
The accompaniment pattern memory 93-i of the i-th series is referred to according to the TCNT, and the accompaniment relating to the timing represented by the tempo count data TCNT corresponds to the selected rhythm and the melody represented by the rhythm type data RHY and the melody data SCALE. The pattern data is read. The type of the read accompaniment pattern data is determined in steps 805 and 806.
すなわち、前記読み出された伴奏パターンデータがキ
ーオンデータKON及び音程データPINTに関するものであ
れば、ステップ805にて「NO」と判定され、かつステッ
プ806にて「YES」と判定されて、プログラムはステップ
807へ進められる。ステップ807においては、押鍵和音デ
ータDPCHDが和音不成立を示しているか否かが判定され
る。かかる場合、押鍵和音データDPCHDが和音不成立を
表していなければ、前記ステップ807にて「NO」と判定
され、ステップ808にて該押鍵和音データDPCHDの根音RO
OTと前記読み出した音程データPINTとを加算した音高デ
ータROOT+PINT及びキーオンデータKONがバス50を介し
て伴奏音信号発生回路62の第i系列へ供給される。その
結果、伴奏音信号発生回路62内の第i系列目の楽音信号
形成チャンネルは前記供給音高データROOT+PINTに対応
した音高の楽音信号を形成してサウンドシステム43に供
給するので、同システム43からは押鍵和音データDPCHD
により表された和音に関するアルペジョ音、ベース音、
コード音等のn個の伴奏音のうち、第i系列目の伴奏音
に関する楽音が発生される。
That is, if the read accompaniment pattern data is related to the key-on data KON and the pitch data PINT, it is determined as “NO” in step 805 and is determined as “YES” in step 806. Steps
Proceed to 807. In step 807, it is determined whether or not the key pressed chord data DPCHD indicates that chords are not established. In this case, if the key pressed chord data DPCHD does not indicate that the chord is not established, “NO” is determined in step 807, and the root note RO of the key pressed chord data DPCHD is determined in step 808.
The pitch data ROOT + PINT obtained by adding the OT and the read pitch data PINT and the key-on data KON are supplied to the i-th stream of the accompaniment sound signal generation circuit 62 via the bus 50. As a result, the i-th sequence tone signal forming channel in the accompaniment tone signal generating circuit 62 forms a tone signal having a pitch corresponding to the supplied pitch data ROOT + PINT and supplies the tone signal to the sound system 43. From the key press chord data DPCHD
Arpeggio, bass,
Out of the n pieces of accompaniment sounds such as chord sounds, a musical tone related to the i-th sequence accompaniment sound is generated.
一方、前記ステップ807にて「NO」すなわち押画和音
データDPCHDが和音不成立を表していると判定される
と、ステップ809にて和音テーブル83g内の和音データの
有無が判定される。かかる場合、同テーブル83g内に和
音データが有れば、同ステップ809にて「YES」と判定さ
れ、ステップ810にて現テーブルアドレスCTADにより指
定される和音テーブル83g内の最新の和音データが読み
出されるとともに、該和音データが押鍵和音データDPCH
Dに換えて前記ステップ808の処理と同様にして伴奏音の
発生に利用される。すなわち、該和音データのの根音RO
OTと前記伴奏パターンメモリ93−iから読み出した音程
データPINTとを加算した音高データROOT+PINT及びキー
オンデータKONがバス50を介して伴奏音信号発生回路62
の第i系列へ供給される。これにより、現在の押鍵から
和音が検出されなくても、適切な伴奏音が得られる。ま
た、演奏開始直後であって和音テーブル83g内に和音デ
ータが無い場合には、前記ステップ809にて「NO」と判
定され、プログラムはステップ812へ進められる。な
お、この場合には、第i系列の伴奏音は発生されない。
On the other hand, if "NO" in step 807, that is, if it is determined that the pressed image chord data DPCHD indicates that chords are not established, then in step 809, the presence or absence of chord data in the chord table 83g is determined. In this case, if there is chord data in the same table 83g, "YES" is determined in step 809, and the latest chord data in the chord table 83g specified by the current table address CTAD is read out in step 810. And the chord data is depressed chord data DPCH
Instead of D, it is used to generate an accompaniment sound in the same manner as in the processing of step 808. That is, the root RO of the chord data
The pitch data ROOT + PINT obtained by adding the OT and the pitch data PINT read from the accompaniment pattern memory 93-i and the key-on data KON are output via the bus 50 to the accompaniment sound signal generation circuit 62.
To the i-th series. Accordingly, an appropriate accompaniment sound can be obtained even if no chord is detected from the current key depression. If the chord data is not in the chord table 83g immediately after the start of the performance, "NO" is determined in step 809, and the program proceeds to step 812. In this case, the i-th sequence accompaniment sound is not generated.
また、説明を前述のステップ805,806の処理に戻す
と、前記ステップ804の処理によって伴奏パターンメモ
リ93−iから読み出された伴奏パターンデータがキーオ
フデータKOFであれば、ステップ805,806にてそれぞれ
「NO」と判定され、ステップ811にてキーオフデータKOF
がバス50を介して伴奏音信号発生回路62の第i系列へ供
給される。その結果、伴奏音信号発生回路62内の第i系
列目の楽音信号形成チャンネルは、前記供給キーオフデ
ータKOFに基づき、第i系列目の伴奏音信号を減衰させ
た後、その発生を停止する。その結果、サウンドシステ
ム63からの第i系列目の伴奏音は徐々に消える。このス
テップ811の処理後、プログラムはステップ812へ進めら
れる。
When the description returns to the above-described processing of steps 805 and 806, if the accompaniment pattern data read from the accompaniment pattern memory 93-i by the processing of step 804 is the key-off data KOF, “NO” is determined in steps 805 and 806, respectively. Is determined, and in step 811 the key-off data KOF
Is supplied to the i-th stream of the accompaniment sound signal generation circuit 62 via the bus 50. As a result, the i-th musical tone signal forming channel in the accompaniment sound signal generating circuit 62 attenuates the i-th musical accompaniment sound signal based on the supplied key-off data KOF, and then stops its generation. As a result, the i-th sequence accompaniment sound from the sound system 63 gradually disappears. After the processing in step 811, the program proceeds to step 812.
さらに、前記ステップ804の処理によって伴奏パター
ンメモリ93−iから読み出された伴奏パターンデータが
NOPを示していれば、ステップ805にて「YES」と判定さ
れて、プログラムがステップ812へ直接進められる。か
かる場合には、伴奏音に関する処理はなされない。
Further, the accompaniment pattern data read from the accompaniment pattern memory 93-i by the processing of the step 804 is
If NOP is indicated, “YES” is determined in step 805, and the program proceeds directly to step 812. In such a case, the processing related to the accompaniment sound is not performed.
前述のような第i系列の処理後、ステップ812にて変
数iに「1」が加算され、該加算後の変数iがn以下で
ある間、ステップ813にて「NO」と判定されるととも
に、プログラムがステップ804に戻されて再びステップ8
04〜811からなる伴奏音発生制御ルーチンの処理がなさ
れる。これにより、第1〜n系列の全ての伴奏音の発生
が制御される。
After the processing of the i-th series as described above, “1” is added to the variable i in step 812, and while the variable i after the addition is equal to or smaller than n, “NO” is determined in step 813, and The program returns to step 804 and returns to step 8
Processing of an accompaniment sound generation control routine consisting of 04 to 811 is performed. Thereby, generation of all the accompaniment sounds of the first to n-th series is controlled.
かかるステップ804〜813からなる循環処理中、変数i
がnより大きくなると、ステップ813にて「YES」と判定
され、プログラムはステップ814〜817からなるテンポカ
ウントデータTCNTの更新処理ルーチンへ進められる。す
なわち、ステップ814にてテンポカウントデータTCNTに
「1」が加算されて同データTCNTが歩進され、ステップ
815にて該歩進されたテンポカウントデータTCNTが「3
2」に達したか否かが判定される。かかるテンポカウン
トデータTCNTが「32」未満であれば、ステップ815にて
「NO」と判定されて、ステップ817にて該リズム割込み
プログラムの実行が終了される。また、テンポカウント
データTCNTが「32」に達すると、ステップ815にて「YE
S」と判定され、ステップ816にて同データTCNTは「0」
に初期設定された後、ステップ817にて該リズム割込み
プログラムの実行が終了される。
During the circulation process consisting of steps 804 to 813, the variable i
Is larger than n, it is determined as "YES" in step 813, and the program proceeds to a tempo count data TCNT update processing routine including steps 814 to 817. That is, "1" is added to the tempo count data TCNT in step 814, and the data TCNT is incremented.
At 815, the incremented tempo count data TCNT indicates "3
2 "has been reached. If the tempo count data TCNT is less than “32”, “NO” is determined in step 815, and the execution of the rhythm interrupt program is terminated in step 817. When the tempo count data TCNT reaches “32”, “YE
Is determined to be "S", and the data TCNT is "0" in step 816.
After that, the execution of the rhythm interrupt program is terminated in step 817.
以上の動作説明からも理解できる通り、上記実施例に
よれば、鍵盤10における押鍵に応じて音楽的に適切な和
音、調及び旋法が自動的に検出され、該検出に基づく適
切な音高の伴奏音がリズムに応じて自動的に発生される
ので、音楽的に高度な自動伴奏音が得られるようにな
る。また、上記実施例においては、和音演奏情報に応じ
て調を自動的に決定する手段の他に、長調操作子22、短
調操作子23及び鍵盤10の操作に応じて手動的に調を決定
する手段を設けるようにしたので、演奏曲の開始時にお
ける調を知っていれば、曲の始めから調を指定できる。
そして、かかる場合には、前記自動的に調を決定する手
段は演奏中における転調を自動的に決定するように機能
する。
As can be understood from the above description of operation, according to the above embodiment, a musically appropriate chord, key and key are automatically detected in response to key depression on the keyboard 10, and an appropriate pitch based on the detection is detected. Is automatically generated according to the rhythm, so that a musically advanced automatic accompaniment sound can be obtained. In the above embodiment, in addition to the means for automatically determining the key according to the chord performance information, the key is manually determined according to the operation of the major operator 22, the minor operator 23 and the keyboard 10. Since the means is provided, if the user knows the key at the start of the music piece, the key can be designated from the beginning of the music piece.
In such a case, the means for automatically determining the key functions to automatically determine the modulation during the performance.
なお、上記実施例を次のように変形してもよい。 The above embodiment may be modified as follows.
(1)上記実施例においては、リズム種類がブルース以
外のときに調を判定する場合、第10A図のステップ604〜
610にて特定の和音進行を検出して2種の調を仮定し、
ステップ612〜614にて前記2種の調に対する過去8和音
のテンションレベルの総和値を比較することにより過去
8和音の調和度を検査して最終的に調を決定するととも
に、該検査によっても調が決定できない場合にはステッ
プ617〜619にて過去8和音に対応した全ての押鍵音の前
記2種の調に対する適合性を判定することにより最終的
に調を決定している。しかし、コストの低減のために多
少の音楽性の低下を許容すれば、ステップ612〜614,617
〜619の処理を省略してステップ604〜610のみの処理に
より根音ROOTに対応した調を決定するようにしてもよ
い。また、前記ステップ612〜614又はステップ617〜619
のいずれか一方の処理を省略してもよい。これらによっ
ても、簡単な曲なら充分対応できる。
(1) In the above embodiment, when the key is determined when the rhythm type is other than blues, steps 604 to 604 in FIG. 10A are performed.
At 610, a specific chord progression is detected and two kinds of keys are assumed.
At steps 612 to 614, the harmony of the past eight chords is checked by comparing the total value of the tension levels of the past eight chords with respect to the two keys, and finally the key is determined. If the key cannot be determined, the suitability of all the key depression sounds corresponding to the past eight chords to the above-mentioned two tones is determined in steps 617 to 619 to finally determine the key. However, if a slight decrease in musicality is allowed for cost reduction, steps 612 to 614,617 are performed.
619 may be omitted and the key corresponding to the root ROOT may be determined by the processing of only steps 604 to 610. Further, the steps 612 to 614 or steps 617 to 619
May be omitted. Even with these, simple songs can be handled sufficiently.
また、上記実施例においては、前述のようにステップ
604〜610にて2個の連続した和音進行により調を決定す
るようにしたが、3個又はそれ以上の連続した和音進行
により調を決定するようにしてもよい。かかる場合も、
和音テーブル83g(第2F図)内から新たに検出された和
音に対して過去に向かって3個又はそれ以上の連続した
和音データを読出して所定の和音進行条件と比較判定す
ればよい。
Also, in the above embodiment, the step
In 604 to 610, the key is determined based on the progression of two consecutive chords, but the key may be determined based on the progression of three or more continuous chords. In such cases,
For chords newly detected from the chord table 83g (FIG. 2F), three or more consecutive chord data may be read out in the past and compared with predetermined chord progression conditions.
(2)上記実施例においては、鍵盤10にて和音演奏する
場合には全ての和音構成音を押鍵するようにしたが、最
低押鍵音又は最高音鍵音で和音の根音を指定し、その他
の押鍵音で和音のタイプを指定するようにしてもよい。
かかる場合、第5図のステップ106,117にて前記最低押
鍵音(又は最高押鍵音)とその他の押鍵音(白鍵、黒
鍵、押鍵数等)により和音を検出するとよい。
(2) In the above embodiment, when a chord is played on the keyboard 10, all the chord components are depressed. However, the root of the chord is designated by the lowest depressed tone or the highest depressed tone. Alternatively, the type of chord may be designated by other key depression sounds.
In such a case, in steps 106 and 117 in FIG. 5, a chord may be detected based on the lowest key sound (or the highest key sound) and other key sounds (white keys, black keys, the number of keys pressed, etc.).
また、和音のタイプのみを鍵盤以外の操作子で指定
し、又は和音の根音及びタイプを共に鍵盤以外の操作子
で指定するようにしてもよい。この場合も前記ステップ
106,117にて前記操作子の操作に応じて和音を判定する
ようにすればよい。
Alternatively, only the type of the chord may be specified by an operator other than the keyboard, or both the root and the type of the chord may be specified by an operator other than the keyboard. Also in this case
At 106 and 117, the chord may be determined in accordance with the operation of the operation element.
(3)上記実施例においては、リズム種類毎及び各種旋
法毎にそれぞれ対応して複数系列の伴奏パターンメモリ
93−1,93−2・・・93−nを設けるとともに各メモリ93
−1,93−2・・・93−nには各種旋法の基音からの半音
間隔差に対応した音程データPINTを記憶したおくように
したが、前記音程データPINTの代わりに度数データ(第
3G図の「1」,「2」・・・)を伴奏パターンメモリ93
−1,93−2・・・93−nに記憶させるようにし、各種旋
法に関しては共通の伴奏パターンメモリを利用するよう
にしてリズム種類毎にのみ複数系列の伴奏パターンメモ
リ93−1,93−2・・・93−nを設けるようにしてもよ
い。かかる場合、度数データを上記実施例のような音程
データPINT(各種旋法の基音からの半音間隔差)に変換
する度数−音程テーブルを別途設けるとともに、第12図
のステップ804にてリズム種類データRHY及びテンポカウ
ントデータTCNTに応じて伴奏パターンデータを読み出
し、該読み出した伴奏パターンデータが前記度数データ
であれば、ステップ808,810にて該度数データを旋法デ
ータSCALEに応じて前記音程データPINTに変更した後
に、該変換音程データPINTと根音データROOTとの加算処
理を行うようにすればよい。例えば、伴奏パターンメモ
リ93−1,93−2・・・93−nから読み出された度数デー
タが「3」であった場合、旋法データSCALEがアイオニ
アン旋法を表していれば前記度数データ「3」は「4」
に変換され、また旋法データSCALEがドリアン旋法を表
していれば前記度数データ「3」は「3」に変換される
(第3G図参照)。これにより、伴奏パターンメモリ93を
小容量に構成できる。
(3) In the above embodiment, accompaniment pattern memories of a plurality of sequences are provided corresponding to each rhythm type and each melody.
93-1, 93-2 ... 93-n are provided and each memory 93
-1,93-2... 93-n store the pitch data PINT corresponding to the semitone interval difference from the fundamental tone of the various modalities, but instead of the pitch data PINT, frequency data (No.
The “1”, “2”,... In FIG.
-1,93-2... 93-n and a common accompaniment pattern memory is used for various types of melody, and a plurality of series of accompaniment pattern memories 93-1 and 93-only are used for each rhythm type. 2 ... 93-n may be provided. In such a case, a frequency-pitch table for converting the frequency data into pitch data PINT (semitone interval difference from the fundamental tone of various modes) as in the above embodiment is separately provided, and the rhythm type data RHY is set in step 804 in FIG. And reading the accompaniment pattern data according to the tempo count data TCNT, and if the read accompaniment pattern data is the frequency data, after changing the frequency data to the pitch data PINT according to the modal data SCALE in steps 808 and 810, The addition process of the converted pitch data PINT and the root data ROOT may be performed. For example, if the frequency data read from the accompaniment pattern memories 93-1, 93-2,... 93-n is "3", the frequency data "3" if the mode data SCALE indicates the ionian mode. Is "4"
The frequency data "3" is converted to "3" if the modal data SCALE represents the Dorian modality (see FIG. 3G). Thereby, the accompaniment pattern memory 93 can be configured with a small capacity.
(4)上記実施においては、リズム種類がブルース以外
の場合には特定の和音進行を検出することにより長調及
び短調毎に調を決定し、またリズム種類がブルースの場
合には所定の過去から現在までにおける特定和音の発生
の有無を検出することにより長調及び短調毎に調を決定
するように、すなわち2種の曲風のみに応じて長調及び
短調に関する調決定方法を変更するようにしたが、この
曲風毎の調決定方法をさらに細分化し、リズム選択操作
子群31により指定されたリズム種類に応じて、該リズム
種類毎に上記実施例とは異なる特定の和音進行又は特定
和音の発生の有無を検出することにより調を決定するよ
うにしてもよい。
(4) In the above embodiment, when the rhythm type is other than blues, the key is determined for each major and minor by detecting a specific chord progression, and when the rhythm type is blues, the key is determined from a predetermined past. To determine the key for each major and minor by detecting the presence or absence of a specific chord up to, that is, to change the key determination method for the major and minor in accordance with only two types of music, The key determination method for each music style is further subdivided, and according to the rhythm type specified by the rhythm selection operator group 31, a specific chord progression or generation of a specific chord different from the above-described embodiment is performed for each rhythm type. The key may be determined by detecting the presence or absence.
(5)上記実施例においては、本発明を鍵盤10を備えた
電子楽器に適用した例について説明したが、本発明は鍵
盤10を備えず、外部から各鍵の押鍵に対応した音名情報
を入力する入力インターフェースを備えた装置にも適用
できる。かかる場合、前記入力インターフェースは他の
電子楽器又は鍵盤のみを備えた装置からほぼ同時に供給
されるとともに和音を指定する複数の音名情報を次々に
入力するとともに、第5図のステップ102にて前記音名
情報が入力される入力インターフェース内における音名
情報の有無の判別が行れ、ステップ104にて前記入力イ
ンターフェースからの音名情報の取込みが制御されるよ
うにすればよい。これにより、他の楽器、鍵盤のみを備
えた装置から鍵情報(音名情報)を入力するのみで、最
適な伴奏音の形成が可能となる。
(5) In the above embodiment, an example in which the present invention is applied to an electronic musical instrument having the keyboard 10 has been described. However, the present invention does not include the keyboard 10 and externally stores note name information corresponding to key depression of each key. The present invention can also be applied to a device having an input interface for inputting a password. In such a case, the input interface is supplied almost simultaneously from another electronic musical instrument or a device having only a keyboard, and inputs a plurality of note name information specifying a chord one after another. It is only necessary to determine whether or not there is note name information in the input interface to which the note name information is input, and to control in step 104 to take in the note name information from the input interface. This makes it possible to form an optimal accompaniment sound only by inputting key information (note name information) from a device having only other musical instruments and a keyboard.
【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]
第1図は本発明の一実施例に係る電子楽器の全体ブロッ
ク図、第2A図乃至第2I図は第1図のワーキングメモリ内
の各種テーブル及びレジスタの詳細図、第3A図、第3C
図、第3D図、第3E図及び第3F図は第1図の各種検出用テ
ーブルの詳細図、第3B図は検出和音の一例を示す音符
図、第3G図は旋法の一例を示す音符図、第4A図は第1図
のリズムパターンメモリの詳細図、第4B図は第1図の伴
奏パターンメモリの詳細図、第5図乃至第12図は第1図
のマイクロコンピュータにて実行されるプログラムのフ
ローチャートである。 符号の説明 10……鍵盤、20……調設定操作パネル部、30……リズム
制御操作パネル部、61……打楽器音信号発生回路、62…
…伴奏音信号発生回路、70……テンポ発振器、80……マ
イクロコンピュータ、81……プログラムメモリ、82……
CPU、83……ワーキングメモリ、83a……押鍵バッファレ
ジスタ、83b……押鍵キーフラグ用バッファレジスタ、8
3c……和音検出バッファレジスタ、83d……ローテーシ
ョンレジスタ、83e……根音カウンタ、83f……押鍵キー
フラグテーブル、83g……和音テーブル、83h……ブルー
ステーブル、83i……調フラグテーブル、91……各種検
出用テーブル、91a……和音構成音テーブル、91b……和
音テンションテーブル、91……プライマリ/カデンツ和
音テーブル、91d……第1旋法テーブル、91e……第2旋
法テーブル、92……リズムパターンメモリ、93……伴奏
パターンメモリ。
FIG. 1 is an overall block diagram of an electronic musical instrument according to an embodiment of the present invention, FIGS. 2A to 2I are detailed views of various tables and registers in a working memory of FIG. 1, FIG. 3A, FIG.
FIGS. 3D, 3E and 3F are detailed diagrams of various detection tables in FIG. 1, FIG. 3B is a musical note diagram showing an example of a detected chord, and FIG. 4A is a detailed view of the rhythm pattern memory of FIG. 1, FIG. 4B is a detailed view of the accompaniment pattern memory of FIG. 1, and FIGS. 5 to 12 are executed by the microcomputer of FIG. It is a flowchart of a program. Explanation of reference numerals 10 ... keyboard, 20 ... key setting operation panel section, 30 ... rhythm control operation panel section, 61 ... percussion instrument sound signal generation circuit, 62 ...
... accompaniment sound signal generation circuit, 70 ... tempo oscillator, 80 ... microcomputer, 81 ... program memory, 82 ...
CPU, 83: working memory, 83a: key press buffer register, 83b: key press key flag buffer register, 8
3c: Chord detection buffer register, 83d: Rotation register, 83e: Root note counter, 83f: Key pressed key flag table, 83g: Chord table, 83h: Blues table, 83i: Tone flag table, 91 ... Various detection tables, 91a... Chord component sound table, 91b... Chord tension table, 91... Primary / cadence chord table, 91d... 1st mode table, 91e. Rhythm pattern memory 93 ... accompaniment pattern memory.

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】(57) [Claims]
  1. 【請求項1】リズム種類を指定するリズム指定手段と、 和音を指定する和音指定手段と、 前記和音指定手段により指定された和音を表す和音情報
    を記憶する和音情報記憶手段と、 前記和音情報記憶手段に記憶されている和音情報に基づ
    き、前記リズム指定手段による指定リズム種類に応じた
    異なる所定条件に従って調を決定する調決定手段と を備えたことを特徴とする自動調決定装置。
    A rhythm designating means for designating a rhythm type; a chord designating means for designating a chord; a chord information storing means for storing chord information representing a chord designated by the chord designating means; A key determining means for determining a key according to different predetermined conditions according to a rhythm type specified by the rhythm specifying means based on chord information stored in the means.
  2. 【請求項2】リズム種類を指定するリズム指定手段と、 音名を表す音名情報を入力する音名情報入力手段と、 前記入力した音名情報に基づき和音を検出する和音検出
    手段と、 前記和音検出手段により検出された和音を表す和音情報
    を記憶する和音情報記憶手段と、 前記和音情報記憶手段に記憶されている和音情報に基づ
    き、前記リズム指定手段による指定リズム種類に応じた
    異なる所定条件に従って調を決定する調決定手段と を備えたことを特徴とする自動調決定装置。
    2. A rhythm designating means for designating a rhythm type; a note name information inputting means for inputting note name information representing a note name; a chord detecting means for detecting a chord based on the inputted note name information; Chord information storage means for storing chord information representing chords detected by the chord detection means; and different predetermined conditions according to the rhythm type designated by the rhythm designation means based on the chord information stored in the chord information storage means. And a key determining means for determining a key according to the following formula.
  3. 【請求項3】上記調決定手段を、各調に対して予め定め
    た特有な和音進行に応じて調を決定する第1の条件と、
    各調に対して予め定めた特有な和音の出現に応じて調を
    決定する第2の条件とを上記指定リズム種類に応じて選
    択的に採用して調を決定する手段で構成した上記請求項
    1又は上記請求項2に記載の自動調決定装置。
    3. The method according to claim 1, wherein said key determining means comprises: a first condition for determining a key according to a specific chord progression predetermined for each key;
    The above-mentioned means comprising means for selectively adopting a second condition for determining a key according to the appearance of a predetermined specific chord for each key according to the specified rhythm type, and determining the key. The automatic tone determination device according to claim 1 or 2.
JP63180842A 1988-07-20 1988-07-20 Automatic adjustment device Expired - Fee Related JP2663536B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63180842A JP2663536B2 (en) 1988-07-20 1988-07-20 Automatic adjustment device

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63180842A JP2663536B2 (en) 1988-07-20 1988-07-20 Automatic adjustment device
DE1989621262 DE68921262T2 (en) 1988-07-20 1989-07-20 Electronic musical instrument with an automatic function for determining the key.
EP19890113374 EP0351862B1 (en) 1988-07-20 1989-07-20 Electronic musical instrument having an automatic tonality designating function
US07/383,312 US5056401A (en) 1988-07-20 1989-07-20 Electronic musical instrument having an automatic tonality designating function
HK142295A HK142295A (en) 1988-07-20 1995-09-07 Electronic musical instrument having an automatic tonality designating function

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0229789A JPH0229789A (en) 1990-01-31
JP2663536B2 true JP2663536B2 (en) 1997-10-15

Family

ID=16090309

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63180842A Expired - Fee Related JP2663536B2 (en) 1988-07-20 1988-07-20 Automatic adjustment device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2663536B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5179241A (en) * 1990-04-09 1993-01-12 Casio Computer Co., Ltd. Apparatus for determining tonality for chord progression
US5302777A (en) * 1991-06-29 1994-04-12 Casio Computer Co., Ltd. Music apparatus for determining tonality from chord progression for improved accompaniment

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0229789A (en) 1990-01-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0351862B1 (en) Electronic musical instrument having an automatic tonality designating function
JP2733998B2 (en) Automatic adjustment device
JP5293710B2 (en) Key judgment device and key judgment program
US5561256A (en) Automatic arrangement apparatus for converting pitches of musical information according to a tone progression and prohibition rules
US4429606A (en) Electronic musical instrument providing automatic ensemble performance
US8324493B2 (en) Electronic musical instrument and recording medium
JP2615880B2 (en) Chord detector
JPH06295179A (en) Musical performance information analyzing device and chord detecting device
JP4471697B2 (en) Electronic musical instruments
JP2727569B2 (en) Automatic adjustment device
JP2694278B2 (en) Chord detector
JP2663536B2 (en) Automatic adjustment device
JPH0717116Y2 (en) Electronic musical instrument
JP2705334B2 (en) Automatic accompaniment device
JP2718072B2 (en) Automatic adjustment device
JPH0990952A (en) Chord analyzing device
JP2718073B2 (en) Automatic accompaniment device
US6380475B1 (en) Chord detection technique for electronic musical instrument
JPH0769698B2 (en) Automatic accompaniment device
JP2629718B2 (en) Accompaniment turn pattern generator
US5177312A (en) Electronic musical instrument having automatic ornamental effect
JP3195111B2 (en) Automatic performance device
JP2513003B2 (en) Electronic musical instrument
JP2586744B2 (en) Automatic accompaniment device for electronic musical instruments
JP2541021B2 (en) Electronic musical instrument

Legal Events

Date Code Title Description
S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees