JP2662557B2 - レンズの研削加工方法 - Google Patents

レンズの研削加工方法

Info

Publication number
JP2662557B2
JP2662557B2 JP870496A JP870496A JP2662557B2 JP 2662557 B2 JP2662557 B2 JP 2662557B2 JP 870496 A JP870496 A JP 870496A JP 870496 A JP870496 A JP 870496A JP 2662557 B2 JP2662557 B2 JP 2662557B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lens
grindstone
grinding
holder
rotating
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP870496A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08290351A (ja
Inventor
清志 大城
Original Assignee
オリンパス光学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by オリンパス光学工業株式会社 filed Critical オリンパス光学工業株式会社
Priority to JP870496A priority Critical patent/JP2662557B2/ja
Publication of JPH08290351A publication Critical patent/JPH08290351A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2662557B2 publication Critical patent/JP2662557B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術の分野】本発明はレンズの球面研削
方法に係り、特に1つの砥石によりレンズ面及び他の面
の研削を行なうようにしたレンズの研削加工方法に関す
る。 【0002】 【従来の技術】図7は、従来のレンズの研削装置を示し
たもので、レンズ1は、レンズホルダ2に保持されてお
り、このレンズホルダ2は、その回転軸2aを中心とし
て回転自在とされている。 【0003】また、前記レンズ1の表面には、砥石3が
接触しており、この砥石3は、前記中心軸2aに対して
所定の角度を有する中心軸3aを中心として回転自在と
されている。さらに、前記砥石3の外周には、環状の砥
石4が一体に形成されている。 【0004】前記研削装置においては、レンズホルダ2
を回転させながら、砥石3を回転させて、レンズ1に押
し付けると、レンズ1に凹面1aが形成されるものであ
り、このとき、砥石4によりレンズ1の外周部に平面1
bが創成される。 【0005】また、図8に示すように、レンズ1に凸面
1aを形成する場合も同様に、レンズホルダ2を回転さ
せながら砥石3を回転させて研削するものである。この
とき、図9に示すように、凸レンズ1の外周部を削って
面取り1cの加工をする場合は、別に面取装置を設ける
必要がある。これらの技術は、実開昭49−28293
号公報に開示されている。 【0006】 【発明が解決しようとする課題】上述した研削装置にお
いて、凹面の研削加工をする場合は、2つの砥石3、4
を用いており、各砥石3、4の摩耗量が異なることか
ら、各砥石3、4の相対位置を常に調整する必要があ
る。さらに、砥石3とレンズホルダ2との角度を変えた
場合には、外周の砥石4の形状を変更しなければならな
かった。 【0007】また、凸面の加工をする場合は、別途面取
装置が必要となるため、高価でしかも製造工程が複雑と
なり、さらに、面取角度を変える場合には、前記面取装
置に角度調整機構を設ける必要があり、装置が複雑化し
てしまうという問題を有している。 【0008】本発明は上述した点に鑑みてなされたもの
で、特別な砥石を用いることなくレンズの球面加工とと
もに外周加工を行なうことができるレンズの研削加工方
法を提供することを目的とするものである。 【0009】 【課題を解決するための手段】上記目的達成のために請
求項1記載の発明に係るレンズの研削加工方法は、レン
ズを保持するレンズホルダを回転自在に設けるととも
に、回転駆動される砥石を前記レンズホルダに保持され
たレンズ表面に当接してレンズ面の創成をするレンズの
研削加工方法において、前記レンズホルダに保持されて
回転するレンズの回転中心と前記砥石の端部とを合わせ
るとともに、この砥石を前記レンズの回転軸線に対して
所定の傾き角に設定し、前記レンズホルダを回転させな
がら砥石を回転してレンズ面を創成する工程と、前記レ
ンズ面を創成するときの位置とは異なる位置に砥石を位
置させ、前記レンズホルダを回転させながらレンズの外
周と前記砥石とを当接してこのレンズの外周を研削加工
する工程とを有する。 【0010】また、請求項2記載の発明に係るレンズの
研削加工方法は、レンズを保持するレンズホルダを回転
自在に設けるとともに、回転駆動される砥石を前記レン
ズホルダに保持されたレンズ表面に当接してレンズ面の
創成をするレンズの研削加工方法において、前記レンズ
ホルダに保持されて回転するレンズの回転中心と前記砥
石の端部とを合わせるとともに、この砥石を前記レンズ
の回転軸線に対して所定の傾き角に設定し、前記レンズ
ホルダを回転させながら砥石を回転してレンズ面を創成
する工程と、レンズ面創成時における前記レンズホルダ
の回転軸と前記砥石の回転軸との傾き角を変え、前記レ
ンズホルダを回転させながらレンズの外周と前記砥石と
を当接してこのレンズの外周を研削加工する工程とを有
する。 【0011】請求項1記載の研削加工方法によれば、前
記レンズ面を創成するときの位置とは異なる位置に砥石
を位置させ、前記レンズの外周と砥石とを当接している
ので、1つの砥石でレンズの球面加工ととともに外周加
工が行えるようになる。 【0012】請求項2記載の研削加工方法によれば、レ
ンズ面創成時における前記レンズホルダの回転軸と前記
砥石の回転軸との所定の傾き角を、レンズの外周の研削
加工をするときに変えて異なる傾き角としたことによ
り、1つの砥石でレンズの球面加工ととともに外周加工
が行えるようになる。 【0013】上記においては、いずれの場合にも、1つ
の砥石でレンズ外周加工を行えるようにするため、レン
ズ表面(球面)を研削加工する砥石をその回転軸に直角
に移動させる制御モータ、及び、前記砥石及び前記直角
移動用の制御モータを載置するベースを、前記レンズ及
び砥石の球面創成研削加工時の当接位置近傍を中心とし
て回動させる回転制御用モータの各制御モータによる砥
石の移動範囲が、前記レンズ球面創成時の調整範囲より
も越えて大きくなるように構成され、そして、設定及び
制御がなされている。 【0014】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を、図
1乃至図6に示す球面研削装置を参照し、図7乃至図9
と同一部分には同一符号を付して説明する。 【0015】図1は本発明の研削加工方法の実施の形態
を説明するための球面研削装置を示したもので、レンズ
ホルダ2のレンズ1の保持部の反対側には、前記レンズ
ホルダ2をその回転軸2aに平行に移動させる制御モー
タ5が設けられ、砥石3には、この砥石3をその回転軸
3aに対して直角方向に移動させる他の制御モータ6が
設けられている。 【0016】また、前記砥石3と制御モータ6とは、ほ
ぼ扇形状のベース7上に載置され、このベース7は、レ
ンズ1と砥石3の先端との当接位置近傍の回転中心7a
を中心として制御モータ8により回転自在とされてい
る。 【0017】さらに、前記各制御モータ5、6、8は、
それぞれ制御装置9に接続され、この制御装置9による
制御により、砥石3のレンズ1に対する相対角度や移動
方向等を自由に設定できるようにしている。 【0018】本実施の形態においてレンズ1に凹面(凹
のレンズ面)を形成する場合は、図2に示すように、レ
ンズ1の回転中心、即ち、レンズホルダ2の回転軸2a
上に砥石3の端部を合わせるとともに、砥石3のレンズ
1に対する傾き角(砥石傾角又は設定角ともいう)を
定した後、レンズ1を保持しているレンズホルダ2を回
転させながら砥石3を回転させることにより凹面1aを
形成する。 【0019】そして、凹面1aの創成後、制御装置9に
より各制御モータ5、6、8を駆動して、図3に示すよ
うに、レンズホルダ2の回転軸2aと砥石3の回転軸3
aとを平行に位置させる。この状態で、制御モータ6を
駆動して砥石3をその回転軸3aに対して直角方向に往
復動させることにより、レンズ1の外周に平面1bを形
成する。 【0020】従って、本実施の形態においては、1つの
砥石3により、凹面1a及び平面1bの創成、即ち、凹
のレンズ面及びレンズ面とは異なる面の創成を行なうこ
とが可能となる。 【0021】また、レンズ1に凸面(凸のレンズ面)1
aを形成する場合は、図4に示すように、砥石3の端部
をレンズ1の回転中心、即ち、レンズホルダ2の回転軸
2a上に位置させるととも、砥石3のレンズ1に対する
傾き角(砥石傾角又は設定角)を設定した後、レンズ1
を保持しているレンズホルダ2を回転させながら砥石3
を回転させることにより、凸面1aが創成される。 【0022】この凸面1aの創成後、制御モータ5、
6、8を駆動して、図5に示す位置に砥石3を移動さ
せ、制御モータ6により砥石3を往復動させることによ
り、レンズ1の外周に平面1cが創成される。 【0023】また、このレンズ1外周の平面1cの形成
は、図6に示すように、砥石3を図示のように位置さ
せ、即ち、砥石3の回転軸3aの傾き角を凸面1aの創
成時とは変えて位置させ、その後、この変えた状態で砥
石3を回動しつつ砥石3を回転させることにより行なう
ようにしてもよい。 【0024】この場合、外周の平面1cは曲面となる
が、レンズ1の外周加工は、レンズ取扱時にバリが入る
こと等を防ぐ目的で行なわれるので、曲面であっても何
ら問題はない。 【0025】 【発明の効果】以上述べたように本発明に係るレンズの
研削加工方法は、レンズホルダ及び砥石を移動させ、レ
ンズと砥石との相対位置関係を自由に設定できるように
したので、レンズの球面創成及び外周加工を1つの砥石
で行なうことができ、しかも、種々の形状の外周加工を
簡単で、かつ、安価に行なうことができる等の効果を奏
する。
【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の研削加工方法の実施の形態を説明する
ため示す球面研削装置の平面図である。 【図2】本実施の形態における凹面創成時の説明図であ
る。 【図3】本実施の形態における外周平面創成時の説明図
である。 【図4】本実施の形態における凸面創成時の説明図であ
る。 【図5】本実施の形態における外周平面創成時の説明図
である。 【図6】本実施の形態における外周平面創成時の説明図
である。 【図7】従来のレンズの凹面創成時の説明図である。 【図8】従来のレンズの凸面創成時の説明図である。 【図9】従来の凸レンズの外周研削加工時の説明図であ
る。 【符号の説明】 1 レンズ 2 レンズホルダ 2a 回転軸 3 砥石 3a 回転軸 4 砥石 5 制御モータ 6 制御モータ 8 制御モータ 7 ベース 7a 回転中心 9 制御装置

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 1.レンズを保持するレンズホルダを回転自在に設ける
    とともに、回転駆動される砥石を前記レンズホルダに保
    持されたレンズ表面に当接してレンズ面の創成をするレ
    ンズの研削加工方法において、 前記レンズホルダに保持されて回転するレンズの回転中
    心と前記砥石の端部とを合わせるとともに、この砥石を
    前記レンズの回転軸線に対して所定の傾き角に設定し、
    前記レンズホルダを回転させながら砥石を回転してレン
    ズ面を創成する工程と、 前記レンズ面を創成するときの位置とは異なる位置に砥
    石を位置させ、前記レンズホルダを回転させながらレン
    ズの外周と前記砥石とを当接してこのレンズの外周を研
    削加工する工程と、 を有することを特徴とするレンズの研削加工方法。 2.レンズを保持するレンズホルダを回転自在に設ける
    とともに、回転駆動される砥石を前記レンズホルダに保
    持されたレンズ表面に当接してレンズ面の創成をするレ
    ンズの研削加工方法において、 前記レンズホルダに保持されて回転するレンズの回転中
    心と前記砥石の端部とを合わせるとともに、この砥石を
    前記レンズの回転軸線に対して所定の傾き角に設定し、
    前記レンズホルダを回転させながら砥石を回転してレン
    ズ面を創成する工程と、 レンズ面創成時における前記レンズホルダの回転軸と前
    記砥石の回転軸との傾き角を変え、前記レンズホルダを
    回転させながらレンズの外周と前記砥石とを当接してこ
    のレンズの外周を研削加工する工程と、 を有することを特徴とするレンズの研削加工方法。
JP870496A 1996-01-22 1996-01-22 レンズの研削加工方法 Expired - Fee Related JP2662557B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP870496A JP2662557B2 (ja) 1996-01-22 1996-01-22 レンズの研削加工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP870496A JP2662557B2 (ja) 1996-01-22 1996-01-22 レンズの研削加工方法

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP60296308A Division JPH0735009B2 (ja) 1985-12-25 1985-12-25 レンズの球面研削装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08290351A JPH08290351A (ja) 1996-11-05
JP2662557B2 true JP2662557B2 (ja) 1997-10-15

Family

ID=11700333

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP870496A Expired - Fee Related JP2662557B2 (ja) 1996-01-22 1996-01-22 レンズの研削加工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2662557B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4572463B2 (ja) * 2000-10-25 2010-11-04 ソニー株式会社 光学素子の製造方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08290351A (ja) 1996-11-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2613504B2 (ja) ウエーハのノッチ部面取り方法および装置
JP2004237406A (ja) 微細溝加工方法
JP2662557B2 (ja) レンズの研削加工方法
JP2945021B2 (ja) レンズ加工方法
KR100490684B1 (ko) 박판의 주변 연마 장치
JP3990205B2 (ja) 研磨装置
JP2849904B2 (ja) ワークの面取加工装置、外周加工装置及び面取・外周加工装置
JP4208364B2 (ja) 球面創成装置および球面創成方法
JP4609286B2 (ja) 円形孔の面取り方法および装置
JPH0735009B2 (ja) レンズの球面研削装置
JP3027397B2 (ja) 研磨装置
JP2652090B2 (ja) ウエーハのノッチ部面取り装置
JP2901875B2 (ja) 超砥粒研削ホイールのツルーイング方法
JP3040905B2 (ja) 2連型砥石車、ガラス板の端縁部研削・研磨方法およびガラス板の端縁部研削・研磨装置
JPH085002B2 (ja) 球面ホーニング加工方法
JP6006144B2 (ja) レンズ加工装置、レンズ加工方法、及びレンズ加工用工具
JP3452619B2 (ja) 球面創成研削方法
JP2002283194A (ja) センタレス研削方法とその研削盤
JP3466976B2 (ja) 摺動部材のクラウニング加工方法とこれに用いる装置
JP2655218B2 (ja) 弓形焼結磁石の面取り方法
JP2574278B2 (ja) ト−リツク面加工装置
JP2907856B2 (ja) 研削砥石のドレッシング方法
JPH0632887B2 (ja) 面取り加工方法
JPH0890411A (ja) 砥石修正装置
JPH10277909A (ja) 研磨工具

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19970114

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees