JP2655774B2 - 柱脚構造 - Google Patents

柱脚構造

Info

Publication number
JP2655774B2
JP2655774B2 JP3358876A JP35887691A JP2655774B2 JP 2655774 B2 JP2655774 B2 JP 2655774B2 JP 3358876 A JP3358876 A JP 3358876A JP 35887691 A JP35887691 A JP 35887691A JP 2655774 B2 JP2655774 B2 JP 2655774B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base plate
split
piece
column
base
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP3358876A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH05346038A (ja
Inventor
豊朗 鈴木
隆司 森田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
DAIWA HAUSU KOGYO KK
Original Assignee
DAIWA HAUSU KOGYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by DAIWA HAUSU KOGYO KK filed Critical DAIWA HAUSU KOGYO KK
Priority to JP3358876A priority Critical patent/JP2655774B2/ja
Publication of JPH05346038A publication Critical patent/JPH05346038A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2655774B2 publication Critical patent/JP2655774B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、H形鋼等の鉄骨柱の
無溶接柱脚構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、図6に示すようにH形鋼からなる
鉄骨柱61では、下端にベースプレート62を溶接し、
ベースプレート62を基礎63にアンカーボルト64で
固定する柱脚構造が一般に採用されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、ベースプレー
ト62の柱61への接合を溶接で行うため、仮組み、溶
接、ひずみ取り、検査等の多くの工程が必要となって、
生産性が悪く、しかも品質管理が難しいという問題点が
ある。また、ベースプレート62が溶接されるため、ベ
ースプレート付きの柱61として、各建物の各使用箇所
ごとに対応した柱を準備しなくてはならず、そのため標
準化が図り難くて、建物毎に個別設計を要するという問
題点がある。
【0004】この発明の目的は、溶接が不要で、生産性
の向上および品質管理の容易が図れ、さらに標準化が行
い易い柱脚構造を提供することである。
【0005】
【課題を解決するための手段】この発明の柱脚構造は、
溶接の代わりにスプリットティーを用いてボルト接合し
たものである。すなわち、H形鋼からなる柱の一対の対
面するフランジの下端に、一対のスプリットティーの立
片部を各々高力ボルトで摩擦ボルト接合し、両スプリッ
トティーの底片部の下面にわたって重なるベースプレー
トを設ける。両スプリットティーは前記柱のフランジ幅
よりも両側に延びる長さであって、前記ベースプレート
は、前記柱に接合された状態の一対のスプリットティー
の底片部が縦横幅とも略一致するように重なる平面寸法
のものとする。このベースプレートを、四隅を除き、前
記両スプリットティーの底片部に前記フランジの両側位
置で各々高力ボルトにより摩擦ボルト接合する。このベ
ースプレートを基礎上に載置して、前記両スプリットテ
ィーの底片部を、前記ベースプレートの四隅で、これら
底片部とベースプレートとを貫通するアンカーボルトに
締付け固定する
【0006】また、前記柱のウェブ部にボルト止めされ
て両端が前記両側のスプリットティーの底片部上に重な
るアングル材を設け、このアングル材を前記スプリット
ティーの底片部と共に前記ベースプレートにボルト接合
する
【0007】
【作用】この構成によると、スプリットティーを高力ボ
ルトで摩擦ボルト接合し、このスプリットティーをベー
スプレートと共に基礎にアンカーボルトで固定する構造
としたため、溶接を必要とせずに、堅固な柱脚構造とす
ることができる。
【0008】また、アングル材により柱のウェブ部とベ
ースプレートとをボルト止めしたため、アングル材によ
る補強効果が得られて、より一層堅固な構造になる。
【0009】
【実施例】この発明の基礎となる柱脚構造の提案例を図
1ないし図3に基づいて説明する。柱1はH形鋼からな
り、対面する両フランジ1a,1aの下端外面に、一対
のスプリットティー2,2の立片部2aを高力ボルト3
とナット4とで摩擦ボルト接合する。両スプリットティ
ー2,2の底片部2bの下面にはベースプレート5を重
ね、これら底片部2bとベースプレート5とを、高力ボ
ルト6とナット7とで摩擦ボルト接合する。なお、前記
各ボルト3,6は、各部材1,2,5に設けた孔に挿通
してナット締めする。スプリットティー2は、H形鋼よ
り切り出してT形に形成したものである。
【0010】このように組立てられた柱1のベースプレ
ート5を、基礎8の天端面に載置し、基礎8に予め埋め
込まれアンカーボルト9をベースプレート5およびスプ
リットティー2の底片部2bの孔に貫通させて、これら
底片部2bとベースプレート5とをナット10で締付け
固定する。アンカーボルト9は、高力ボルトまたは通常
のボルトが使用される。スプリットティー2とベースプ
レート5とを接合したボルト6のベースプレート5から
下方に突出した頭部は、基礎8の天端ならしモルタル8
aに埋め込む。
【0011】この構成によると、スプリットティー2を
柱1に高力ボルト3で摩擦ボルト接合し、このスプリッ
トティー2をベースプレート5と共に基礎8にアンカー
ボルト9で固定する構造としたため、溶接を必要とせず
に、堅固な柱脚構造とすることができる。しかも、この
実施例では、ベースプレート5とスプリットティー7を
高力ボルト6で締め合わせているため、ベースプレート
5の下面に高力ボルト6の頭部があり、これが基礎8内
に埋め込まれて、柱1の剪断力に対しても有効に作用す
る。このように溶接の代わりにボルト接合としたため、
溶接に伴う仮組みや、ひずみ取り、検査等の各工程が不
要となって生産性が向上し、また品質管理が容易にな
る。専門技能者である溶接工の不足にも対処できる。さ
らに、溶接を行わないため、スプリットティー2やベー
スプレート5等の部品を柱サイズに応じて標準化するこ
とにより、各種の建物のシステム化を図り、柱脚の個別
設計を不要にすることができる。
【0012】図4および図5は、この発明の一実施例
示す。この実施例は、図1の構成に加えて、一対のアン
グル材11を柱1のウェブ部1bの下端両面に配置した
ものである。両面のアングル材11の立片部は、これら
アングル材11とウェブ部1bとに渡って貫通させた高
力ボルト12とナット13とで摩擦ボルト接合する。ま
た、各アングル材11の横片部は、スプリットティー2
の底片部2bの上面に重ね、この底片部2bおよびベー
スプレート5に渡って貫通させた高力ボルト14とナッ
ト15とで摩擦ボルト接合する。
【0013】このように構成した場合、ベースプレート
5はスプリットティー2で柱1のフランジ1aに接合さ
れると共に、アングル材11によって柱1のウェブ部1
bにも接合されるため、アングル材11によって補強効
果が得られ、より一層堅固な柱脚構造となる。
【0014】なお、アングル材11は、両側のスプリッ
トティー2,2の間に収まる幅に形成し、直接にベース
プレート5に高力ボルトで接合しても良い。また、前記
各実施例では、4本のアンカーボルト9でスプリットテ
ィー2およびベースプレート5の固定を行ったが、アン
カーボルト9の使用本数は、柱1の寸法等に応じて適宜
設計できる。さらに、スプリットティー2とベースプレ
ート5とを接合する各部のボルト6を、基礎8のアンカ
ーボルトに置き換えても良い。柱1は、H形鋼に限ら
ず、角形鋼管や溝形鋼等、対面するフランジ部分を有す
る形鋼であれば、この発明を適用することができる。
【0015】
【発明の効果】この発明の柱脚構造は、スプリットティ
ーを柱に高力ボルトで摩擦ボルト接合し、このスプリッ
トティーをベースプレートと共に基礎にアンカーボルト
で固定する構造としたため、溶接を必要とせずに、堅固
な柱脚構造とすることができる。このように溶接の代わ
りにボルト接合としたため、溶接に伴う仮組みや、ひず
み取り、検査等の各工程が不要となって生産性が向上
し、また品質管理が容易になる。さらに、溶接を行わな
いため、スプリットティーやベースプレート等の部品を
標準化することにより、各種の建物における柱脚を個別
設計する必要が無くなる。
【0016】また、アングル材により柱のウェブ部とベ
ースプレートとをボルト止めしたため、アングル材によ
る補強効果が得られて、より一層堅固な構造になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の基礎となる柱脚構造の提案例の正面
図である。
【図2】その平面図である。
【図3】同じくその側面図である。
【図4】この発明の一実施例の正面図である。
【図5】その平面図である。
【図6】(A)〜(C)は、各々従来例の正面図、側面
図、および平面図である。
【符号の説明】
1…柱、1a…フランジ、1b…ウェブ部、2…スプリ
ットティー、2a…立片部、2b…底片部、3…高力ボ
ルト、5…ベースプレート、6…高力ボルト、8…基
礎、9…アンカーボルト、11…アングル材、12…高
力ボルト

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 H形鋼からなる柱の一対の対面するフラ
    ンジの下端外面に、一対のスプリットティーの立片部を
    各々高力ボルトで摩擦ボルト接合し、両スプリットティ
    ーの底片部の下面にわたって重なるベースプレートを設
    け、前記両スプリットティーは前記柱のフランジ幅より
    も両側に延びる長さであって、前記ベースプレートは、
    前記柱に接合された状態の一対のスプリットティーの底
    片部が縦横幅とも略一致するように重なる平面寸法のも
    のとし、このベースプレートを、四隅を除き、前記両ス
    プリットティーの底片部に前記フランジの両側位置で各
    々高力ボルトにより摩擦ボルト接合し、前記ベースプレ
    ートを基礎上に載置して、前記両スプリットティーの底
    片部を、前記ベースプレートの四隅で、これら底片部と
    ベースプレートとを貫通するアンカーボルトに締付け固
    し、前記柱のウェブ部にボルト止めされて両端が前記
    両側のスプリットティーの底片部上に重なるアングル材
    を設け、このアングル材を前記スプリットティーの底片
    部と共に前記ベースプレートにボルト接合した柱脚構
    造。
JP3358876A 1991-12-28 1991-12-28 柱脚構造 Expired - Fee Related JP2655774B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3358876A JP2655774B2 (ja) 1991-12-28 1991-12-28 柱脚構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3358876A JP2655774B2 (ja) 1991-12-28 1991-12-28 柱脚構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05346038A JPH05346038A (ja) 1993-12-27
JP2655774B2 true JP2655774B2 (ja) 1997-09-24

Family

ID=18461563

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3358876A Expired - Fee Related JP2655774B2 (ja) 1991-12-28 1991-12-28 柱脚構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2655774B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9212486B2 (en) 2014-03-17 2015-12-15 Hitachi Metals Techno, Ltd. Column structure and base member
US9255408B2 (en) 2014-03-17 2016-02-09 Hitachi Metals Techno, Ltd. Column structure and base member
US9399868B2 (en) 2014-03-17 2016-07-26 Senqcia Corporation Column structure and base member
US9422717B2 (en) 2014-03-17 2016-08-23 Senqcia Corporation Column structure and base member

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2758809B2 (ja) * 1993-07-06 1998-05-28 日立金属株式会社 鉄骨鉄筋コンクリート造柱脚
JP3611876B2 (ja) * 1994-03-31 2005-01-19 大和ハウス工業株式会社 柱脚基礎・基礎梁構造
JPH08184061A (ja) * 1994-12-27 1996-07-16 Nippon Steel Metal Prod Co Ltd 鉄骨柱の柱脚金物
JP2002322737A (ja) * 2001-04-25 2002-11-08 Shimizu Corp 高靱性柱脚構法
JP4733997B2 (ja) * 2005-02-22 2011-07-27 日立機材株式会社 制震柱脚構造及びこれを用いた制震構造物
WO2015140893A1 (ja) * 2014-03-17 2015-09-24 日立機材株式会社 柱構造
US10612264B2 (en) 2016-03-15 2020-04-07 Piling And Concreting Australia (Pca) Pty Ltd Steel cap for an electricity transmission tower

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55132202U (ja) * 1979-03-15 1980-09-19
JPS57129804U (ja) * 1981-02-06 1982-08-13
JPS595734A (en) * 1982-06-30 1984-01-12 Matsushita Electric Works Ltd Input circuit with protecting circuit

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9212486B2 (en) 2014-03-17 2015-12-15 Hitachi Metals Techno, Ltd. Column structure and base member
US9255408B2 (en) 2014-03-17 2016-02-09 Hitachi Metals Techno, Ltd. Column structure and base member
US9399868B2 (en) 2014-03-17 2016-07-26 Senqcia Corporation Column structure and base member
US9422717B2 (en) 2014-03-17 2016-08-23 Senqcia Corporation Column structure and base member

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05346038A (ja) 1993-12-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2645365B2 (ja) 柱梁接合部
JP2655774B2 (ja) 柱脚構造
JP3849554B2 (ja) 柱梁接合部構造
KR20040020444A (ko) 철골건축물의 기둥과 h형강 보의 접합구조 및 그 접합방법
JP2815817B2 (ja) エンドプレート形式鉄骨構造体の接合構造およびその接合方法
JPH08144383A (ja) 建築・土木構造用継手およびその構築法
JPH07103608B2 (ja) 柱脚構造
JP3409137B2 (ja) 木造軸組における耐力壁構造
JP2927402B2 (ja) コンクリート建造物の柱・梁接合部構造
JP4639012B2 (ja) 箱形断面柱とh形断面梁の高力ボルト接合構造およびその施工方法
JPH08284250A (ja) 木部材の柱と鉄骨梁の接合部
JPH10325140A (ja) コンクリート杭とその接合方法および混合構造体
JPH07173873A (ja) 基礎ボルトの固定構造
JP2004100338A (ja) 円形鋼管柱とh形断面梁の高力ボルト接合構造と接合金物
JPH09291593A (ja) 柱梁接合金物およびこれを用いた柱梁接合構造
JP3028045B2 (ja) 柱・梁接合部構造
JP2837138B2 (ja) 柱コーナー部デッキ受け部材
JP3169087B2 (ja) 鉄骨梁の横座屈防止構造
JPH07116755B2 (ja) 閉鎖形断面の鉄骨柱と梁との接合部構造
JP3301641B2 (ja) 角形鋼管柱の柱脚構造
JPH10299088A (ja) プレキャストコンクリート柱の仕口部材
JP3033830U (ja) 木造構造物用スパイク金物
JP3134124B2 (ja) 柱・梁の接合装置
JP2626853B2 (ja) 柱梁接合構造
JPH06306943A (ja) 角形鋼管柱の無溶接ピン柱脚構造

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080530

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090530

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090530

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100530

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100530

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110530

Year of fee payment: 14

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees