JP2592488Y2 - 建 具 - Google Patents

建 具

Info

Publication number
JP2592488Y2
JP2592488Y2 JP1993036497U JP3649793U JP2592488Y2 JP 2592488 Y2 JP2592488 Y2 JP 2592488Y2 JP 1993036497 U JP1993036497 U JP 1993036497U JP 3649793 U JP3649793 U JP 3649793U JP 2592488 Y2 JP2592488 Y2 JP 2592488Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
peripheral
opening
fitting
fixed frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1993036497U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0710367U (ja
Inventor
達朗 岸田
Original Assignee
積水ハウス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 積水ハウス株式会社 filed Critical 積水ハウス株式会社
Priority to JP1993036497U priority Critical patent/JP2592488Y2/ja
Publication of JPH0710367U publication Critical patent/JPH0710367U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2592488Y2 publication Critical patent/JP2592488Y2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、壁面に設けられた開口
部を開閉する建具に関する。
【0002】
【従来の技術】建物の壁面に形成される窓等の開口部を
開閉する建具は、窓ガラスを支持する可動枠と、開口部
の周縁部を取り囲む固定枠とによって構成されており、
可動枠が固定枠内の開口部を開閉するように回動あるい
はスライド可能に配置されている。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】固定枠内に配置される
可動枠は、通常、固定枠よりも幅広く形成されており、
可動枠の内周面が固定枠の内周面よりも開口部内に位置
した状態になっている。このために、固定枠内周面と可
動枠の室内側側面との間に段差が形成された状態になっ
ており、室内からはその段差が目視されることにより、
非常に見苦しいという問題がある。
【0004】本考案は、このような問題を解決するもの
であり、その目的は、室内からの美観に優れた建具を提
供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本考案の建具は、壁面の
開口部内に配置されており、壁面の室内側に設けられた
額縁の内周面に沿って一体的に設けられた側縁部と、こ
の側縁部の室外側にて額縁内に嵌合状態になった内周面
と、この内周面の室内側にて額縁の内周面よりも大きな
枠状に構成された嵌合面とを有する固定枠と、内周縁部
にガラスの周縁部が支持された状態で、該固定枠の嵌合
面内にて縦軸回動して、この嵌合面内の開口部を開閉す
るように配置されており、嵌合面内の開口部を閉塞した
際に、その内周面が、固定枠の嵌合面と同一平面内に位
置されるように構成された可動枠と、を具備することを
特徴とする。
【0006】
【作用】本考案の建具では、固定枠の内周面と可動枠の
内周面とが同一平面内に位置しているために、可動枠の
内周面に支持されるガラスがあたかも固定枠に支持され
ているように目視され、美観に優れている。
【0007】
【実施例】以下、本考案の実施例を図面に基づいて説明
する。図1は、本考案の建具の横断面図である。本実施
例では、この建具は、建物の壁面に形成される開口部と
しての窓を開閉するために使用されており、開口部内に
配置された固定枠20と、一対の窓ガラス30を支持し
てこの固定枠20内にて縦軸回動する可動枠10とを有
している。
【0008】固定枠20は、建物の内壁41に設けられ
た開口部を取り囲む木製の額縁42の内周面に沿った室
内側縁部21を有しており、この室内側縁部21が額縁
42の内周面にシール材43によってシールされてい
る。室内側縁部21内には、網戸50が縦軸回動するよ
うに配置されている。室内側縁部21は、額縁42の室
内外方向のほぼ中央部から室外側へと延出しており、額
縁42内において、額縁42内側に直角に突出する連結
面22に連続している。そして、その連結面22の先端
には、室外側に延出する内周面23が連続している。
【0009】この内周面23における鉛直方向に延びる
部分の一方には、ロック用のカムラッチハンドル23a
が設けられている。
【0010】固定枠20の内周面23の室外側の先端
は、額縁42よりも室外側に位置しており、その先端部
に額縁42の室外側側面に沿うように延びる突き合わせ
面24が連続している。この突き合わせ面24には、後
述する可動枠10の室内側側面11が突き合わされる。
突き合わせ面24は、額縁42の外側面のほぼ中央にま
で延出しており、その先端には室外側に延出する嵌合面
25が連続している。この嵌合面25内には可動枠10
が嵌合されている。
【0011】嵌合面25の室外側の先端部は、開口部の
外方へと延出した段落ち面26が連続しており、その段
落ち面26に室外側に延出する口縁部27が連続してい
る。そして、この口縁部27に開口部の外方へと延出す
る室外側面28が連続している。
【0012】室外側面28には、開口部外側の側縁から
室内側へと延出する外周面29が連続している。この外
周面29は、室外側面28と額縁42とのほぼ中間部に
まで延出しており、その中程に開口部外方へ突出する凸
部29aが設けられ、さらに、この凸部29aから室内
側部分に内方に窪んだ凹部29bが設けられている。外
周面29は、コーキング材45を介して外壁44に連続
している。
【0013】このような固定枠20は、一体成形された
アルミサッシによって構成されている。
【0014】固定枠20内に配置される可動枠10は、
縦軸回動して固定枠20内の開口部を開閉するようにな
っている。この可動枠20は、断面長方形状をしたアル
ミサッシが使用されており、固定枠20内の開口部を閉
塞した状態では、可動枠10の内周面12が固定枠20
の内周面23とは同一平面内に位置している。このよう
な状態では、可動枠10の室内側側面11は、固定枠2
0の突き合わせ面24に対向した状態になっている。
【0015】可動枠10の内部には、補強用の隔壁13
が設けられている。また、可動枠10の内周面12には
開口部が全周にわたって設けられており、その開口部内
に一対の窓ガラス30の側縁部が、スペーサー31によ
って適当な間隔をあけた状態で配置されて、ガラスビー
ト32によって支持されている。可動枠10の室外側面
14には、開口部の外方へと延出する化粧部14aが設
けられている。
【0016】このような構成の建具では、可動枠10が
縦軸回動することにより、固定枠20内の開口部が開閉
されて、額縁42内の開口部が開閉されることになる。
可動枠10が固定枠20内の開口部を閉塞した状態で
は、可動枠10の内周面12が、固定枠20の内周面2
3とは同一平面内に位置している。このために、室内か
らは、固定枠20内には可動枠10が認められずに窓ガ
ラス30だけが目視され、従って、窓ガラス30があた
かも固定枠20に支持されているように認められること
になり、美観に優れている。
【0017】
【考案の効果】本考案の建具は、このように、固定枠と
可動枠との内周面が同一平面内に位置しているために、
美観に優れたものになっている。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の建具の一例を示す横断面図である。
【符号の説明】 10 可動枠 11 室内側側面 12 内周面 20 固定枠 21 室内側縁部 23 内周面 24 突き合わせ面 25 嵌合面 30 窓ガラス

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 壁面の開口部内に配置されており、壁面
    の室内側に設けられた額縁の内周面に沿って一体的に設
    けられた側縁部と、この側縁部の室外側にて額縁内に嵌
    合状態になった内周面と、この内周面の室内側にて額縁
    の内周面よりも大きな枠状に構成された嵌合面とを有す
    る固定枠と、 内周縁部にガラスの周縁部が支持された状態で、該固定
    枠の嵌合面内にて縦軸回動して、この嵌合面内の開口部
    を開閉するように配置されており、嵌合面内の開口部を
    閉塞した際に、その内周面が、固定枠の嵌合面と同一平
    面内に位置されるように構成された可動枠と、 を具備することを特徴とする建具。
JP1993036497U 1993-07-02 1993-07-02 建 具 Expired - Fee Related JP2592488Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993036497U JP2592488Y2 (ja) 1993-07-02 1993-07-02 建 具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993036497U JP2592488Y2 (ja) 1993-07-02 1993-07-02 建 具

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0710367U JPH0710367U (ja) 1995-02-14
JP2592488Y2 true JP2592488Y2 (ja) 1999-03-24

Family

ID=12471468

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1993036497U Expired - Fee Related JP2592488Y2 (ja) 1993-07-02 1993-07-02 建 具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2592488Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0710367U (ja) 1995-02-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2592488Y2 (ja) 建 具
KR101905934B1 (ko) 목재 외관을 갖는 창호
GB2024903A (en) Pivoted door assembly for a shower cabinet
KR102086253B1 (ko) 여닫창이 구비된 시스템 창호
JPH0711839A (ja) 高さの異なるサッシの連窓
CA2296157A1 (en) Patio door with integral glazing frame
JP3138856B2 (ja) 開きドアの気密構造
KR102086254B1 (ko) 시스템 창호용 여닫이창
JP2520697Y2 (ja) サッシ用枠材
JP2844320B2 (ja) 引違い窓の窓枠
JP2020158973A (ja) 両開きドア
JPH11200731A (ja) 窓における気密材の取付装置
CN214631867U (en) Shower screen structure
JPH09273362A (ja) 開閉装置
JP2562425Y2 (ja) 折 戸
JP2551723Y2 (ja) ドアの取付け構造
JPH0635101Y2 (ja) 回転窓
GB2292411A (en) Window bar joint cover
JPH11159252A (ja) サッシ枠及びドア
JPH10331526A (ja) 引違い窓
JP2570275Y2 (ja) 家具における透明板付き扉装置
KR200246016Y1 (ko) 절곡부를 가진 경첩
JP2591581Y2 (ja) 枠付き扉
GB2253431A (en) Pivoting window seal
JPH094206A (ja) 窓枠付き収納ユニット

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees