JP2587899Y2 - 回転窓 - Google Patents

回転窓

Info

Publication number
JP2587899Y2
JP2587899Y2 JP1993005828U JP582893U JP2587899Y2 JP 2587899 Y2 JP2587899 Y2 JP 2587899Y2 JP 1993005828 U JP1993005828 U JP 1993005828U JP 582893 U JP582893 U JP 582893U JP 2587899 Y2 JP2587899 Y2 JP 2587899Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tight
corner
shoji
fins
fin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1993005828U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0663786U (ja
Inventor
協一 内山
Original Assignee
三協アルミニウム工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三協アルミニウム工業株式会社 filed Critical 三協アルミニウム工業株式会社
Priority to JP1993005828U priority Critical patent/JP2587899Y2/ja
Publication of JPH0663786U publication Critical patent/JPH0663786U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2587899Y2 publication Critical patent/JP2587899Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この考案は、建物の開口部に回転
可能に軸支され、回転によって開口部を開閉する回転窓
に関する。
【0002】
【従来の技術】図9のように、回転窓1は建物の開口部
2に固定されるサッシ枠3とこれに回転軸4で回動可能
に装着された障子5とで構成される。サッシ枠3、障子
5は通常、全体が方形であり、障子5の周面6の全体に
タイト材7が装着されている。障子5は一つのサッシ枠
3に一枚のこともあり2枚以上(複数枚)のこともあ
る。2枚以上の場合、障子5の隣接個所ではタイト材7
どうしが接触する。回転軸4は、図のように垂直な場合
(竪軸回転)、水平な場合(横軸回転)およびその他の
方向の場合がある。
【0003】複数の障子5を備えた回転窓の場合、障子
を閉じた状態で隣接する個所の特に上下部分はタイト材
が緩み易く一般に気水密状態の維持が他の個所に比べ困
難である。また、タイト材7が煙返しを備えているなど
のために、障子5,5を室内側、室外側のいずれか一方
向へしか開閉できないものもある。
【0004】さらに、いずれにしても、回転窓1を開閉
するとき、障子5の縦周面6に手を掛けることが多く、
タイト材7が手に触れる。しかし、タイト材7は本来が
回転窓1を閉じた時に、障子5とサッシ枠3間を気水密
に密閉するためのものであり、高度に気水密状態を維持
するものでは多数のヒレや凹凸を備えるなど複雑な断面
形状となっていて手触りが良いとは言えない。また、障
子5の縦周面は開閉時や窓が開いているときに目立つ存
在であるが、従来のものは、前記のように縦周面が複
雑、かつ、いかにも機能的な断面形状のために住宅用と
しては見栄えの悪い面がある。
【0005】
【考案が解決しようとする課題】この考案は、障子が隣
接する個所の気水密状態を良好に維持し、また、開閉時
の手触りや見栄えを改善した回転窓の提供を課題とす
る。
【0006】
【課題を解決するための手段】建物の開口部に装着され
る回転窓として、方形のサッシ枠と、これに嵌め込まれ
回転によって開口部を開閉できるように軸支される複数
の障子を備える。各障子の周面全体に断面形状で滑らか
な複数の山を有するタイト材が装着される。該タイト材
は横周面から縦周面のコーナー部にかけて複数の山のう
ちの一部の山の頂部からコーナー部ヒレが外方へ突出し
て形成される。 隣接する障子のタイト材は、障子を閉じ
た時、上下コーナー部において、双方の障子のコーナー
部ヒレが相互に相手方障子のタイト材におけるヒレを有
しない山の頂部に当接する。
【0007】他の構成として、タイト材が横断面におい
て滑らかな複数の山を有すると共に、障子の横周面部に
おいてはさらにヒレがそれぞれの山の頂部から突出して
タイト材の長手方向に連続して形成されることがある。
このうち、一部のヒレは前記のコーナー部ヒレに連続
し、他のヒレは横周面部までとされ、隣接した障子のタ
イト材は、障子を閉じた時、上下コーナー部において、
双方の障子の前記コーナー部ヒレが相互に相手方障子の
タイト材におけるヒレを有しない山の頂部に当接する構
成とされる。さらに、他の構成として、タイト材におけ
る滑らかな山が中空に形成されることがある。
【0008】
【作用】コーナー部ヒレは、障子のコーナー部における
気水密の維持を補強する。タイト材の滑らかな二つの山
を有する横断面形状は、障子を開閉する際の手触りを良
好にし、また、住宅用としての見栄えを改善する。
【0009】また、障子が隣接する個所の上下部で双方
のコーナー部ヒレを相互に相手方タイト材の外周面に当
接させる構成は、隣接部の気水密を良好に維持する。タ
イト材における滑らかな二つの山を中空とする構成は、
タイト材の弾力性を向上させる。
【0010】
【実施例】本考案による回転窓1は、図9に示した従来
のものと同様に、建物の開口部2に固定されるサッシ枠
3とこのサッシ枠3に縦軸4で回転可能に取り付けられ
た2枚(複数)の障子5で構成されている。障子5のそ
れぞれは室外側、室内側のいずれにも回転されることが
でき、各障子5の周面6にはタイト材7が周面6の全体
にわたって装着されている。回転窓1を閉じると、サッ
シ枠3で区画された建物の開口部2は二枚の障子3で遮
蔽され、かつ、サッシ枠3の内周面と障子5の周面に装
着したタイト材7が密着し、障子5とサッシ枠3間の間
隙が気水密に維持される。また、開口部2の中央で障子
どうしが隣接する個所も上下コーナー部8において
方の障子のタイト材のヒレ17が他方の障子のタイト材
のヒレの無い山15の頂部に当接し、タイト材7どうし
の突き合わせで気水密に維持される(図8)。
【0011】なお、サッシ枠3は左右の縦枠5a,5b
と上下の横枠5c,5dを方形に組み付けて構成され、
左右の障子5はいずれも左右の竪框3a,3bと上下の
横框3c,3dを方形に組み付けた框組にガラスを嵌め
込んで構成されている。
【0012】タイト材7は素材がEPDM(エチレンプ
ロピレンゴム)で、障子5の周面6の全体に連続して装
着されている。ただし、この実施例においてはコーナー
部を図2,3に示すコーナー部分8で形成し、竪框5
(a,b)に対応する縦周面部を縦直線部分9で、ま
た、横框5(c,d)に対応する横周面部を横直線部分
10でそれぞれに構成し、これらの端部を相互に接着す
ることにより連続させる。さらに、この実施例において
左右の縦直線部分9は共に同じ構成であり、また、上下
の横直線部分10も共に同じ構成である。
【0013】図1(ニ)は、障子5における一つのコー
ナー個所(左下部)を示しており、タイト材7に関し
て、コーナー部分8、縦直線部分9および横直線部分1
0が左竪框5bと下横框5dの連結個所に連続して装着
されている。
【0014】タイト材7の縦直線部分9は、図4に示す
横断面構造の押し出し成形品で、横断面において、基部
11とその一面側に形成された接触部12で構成されて
いる。基部11は両側の取り付け部13が断面楔形に形
成され、接触部12は中間に谷14を備えた中空の滑ら
かな二つの山15に形成されている。符号16は凹溝で
竪框5b(5a)における連結個所のビス頭を逃げるた
めのものである。
【0015】タイト材7の横直線部分10は、図5に示
す断面構造の押し出し成形品で、横断面において、やは
り、基部11とその一面側に形成された接触部12で構
成されている。基部11は両側の取り付け部13が断面
楔形に形成され、この実施例において接触部12は両側
に別れた二つの山15,15に形成され、それぞれの頂
部からヒレ17が突出して形成されている。このヒレ1
7は横直線部分10の長手方向に連続して形成される。
二つの山15,15の間は比較的幅の広いタイト材空間
18とされ、基部11のタイト材空間18の部分では中
央部が空間18側に丸く張り出し雨水を中央部に誘導す
る下がり19となっている。この部分の基部11には軸
4を挿通するための軸孔や水抜き孔20がプレスなどに
よって基部11の肉厚方向に貫通して形成される。ま
た、基部11の取り付け面側にはやはり凹溝16が形成
されている。
【0016】タイト材7のコーナー部8は、図2,図3
のように縦部分21と横部分22が直角に接続されて一
体に形成された前記EPDMのモールド成形品である。
縦部分21の端部(上端)の横断面形状は前記縦直線部
分9の横断面形状にほぼ等しく、基部11の中央部が欠
如しているだけであり、横部分22の端部(右端)の断
面形状は同様に前記横直線部分10の横断面形状にほぼ
等しく基部11の中央部が欠如しているだけである。そ
して、コーナー部8はその横断面が縦部分21におい
て、上端から横部分22との接合部に向かって、縦直線
部分9の横断面形状(図4)が横直線部分10のヒレ1
7を備えた横断面形状(図5)へ徐々に移行する形態と
される。
【0017】すなわち、縦部分20では、上部の滑らか
な二つの山15と谷16が、下部で分離した二つの山1
5とその間の比較的広い幅のタイト材空間18へと徐々
に変化されている。この時に、横直線部分10の横断面
形状におけるヒレ17に相当するコーナー部ヒレ17′
が一方の山15についてだけ徐々に形成される(図
2)。他方の山のヒレ17は横直線部分止まりとされ
る。
【0018】したがって、コーナー部8に横直線部10
が接続された時は、横直線部10における一方のヒレ1
7がコーナー部8の山15の頂部に同様に形成され徐々
に突出量が小さくなるコーナー部ヒレ17´に連続し、
前記一方のヒレ17が障子5の下周面部からコーナー部
8を上方へ回り込み、縦框5bの周面に至ってから徐々
に消滅する形態となる。なお、このコーナー部ヒレ17
´は図1(ニ)に示す様に、外周線が直線部分9の外周
線より外側にはみ出すように多少張り出して形成され
る。
【0019】タイト材7は、この実施例において、縦直
線部9、横直線部10およびコーナー部分8共に、障子
5の外周を構成する左右の竪框5(a,b)、上下の横
框5(c,d)の周面に形成されたタイト材取り付け溝
23に、基部両側の取り付け部13を嵌合することによ
って障子5の周面の全体に装着される(図1 ロ、
ハ)。前記取り付け部13は断面が楔形なので、框の取
り付け溝23に嵌め易く、また、ガタがない様に確実
に、かつ、気密に装着することができる。なお、装着
後、コーナー部分8と縦直線部分9および横直線部分1
0との端部突き合わせ個所は接着材で接着される。
【0020】このように、各障子5の周面に取り付けら
れたタイト材7は、全体として滑らかな二つの山15,
15を持つ断面形状を基本とし、縦周面部と横周面部を
接続する部分であるコーナー個所では、コーナー部ヒレ
17´によって一方の山15のヒレ17が横周面部から
縦周面部のコーナー部まで連続して形成された形態とな
っている。
【0021】したがって、障子5を閉じた時は、基本と
する二つの山15の頂部がサッシ枠3の内周に接して障
子5とサッシ枠3間の間隙が気水密に維持される。障子
5のコーナー部とサッシ枠3の内周コーナー個所との間
隙は障子5のタイト材7から張り出して来るコーナー部
ヒレ17′により確実に封鎖される。また、左右の障子
5,5が隣接する個所では、上下部のコーナー個所にお
いて、一方のタイト材7のコーナー部ヒレ17′が他方
のタイト材7のヒレを有しない山15の頂部に相互に当
接しあっており、この部分においても二重に、かつ、確
実に気水密が維持されている(図8)。
【0022】この際、二つの山15間の谷14は空間と
して残り、この部分にサッシ枠3側に設けた水抜き孔な
どを介して外気圧を導入すると、等気圧原理により気水
密状態をより良好に維持することができる。特に、雨水
が滞留しやすい上下の横框5(c,d)の個所では、タ
イト材7がさらに二条のヒレ17と比較的幅の広いタイ
ト材空間18を備えるので、前記の構成以上に気水密状
態を確実に維持することができる。そして、タイト材空
間18に雨水などが侵入したとしても、等気圧原理によ
ってこれをスムーズに室外側に導くことができる。
【0023】なお、タイト材7は全体に滑らかな二つの
山を有する断面を基本として形成されているところから
等気圧は、障子5とサッシ枠3との間、およびタイト材
7どうしが当接した障子5,5の隣接個所において前記
したコーナー部ヒレ17′がタイト材7の外周面に相互
に当接することにより区画された中央の空間にも及ぶ。
【0024】そして、障子5の左右縦周面部において
は、タイト材7がわずかなコーナー部を除いて滑らかな
山15,15を有するだけなので、障子5を開閉する際
の手触りに不快感はなく、また、見栄えも良好である。
さらに、左右の障子5,5の隣接個所におけるタイト材
7に煙返しなどはないので、障子5,5は室内側、室外
側のいずれにも開閉することができる。
【0025】また、タイト材7の二つの山15,15は
中空構造としているので弾力性が高く、障子5が閉じら
れた際の密着性が良い。さらに、上下の横框5(c,
d)部分のタイト材7は、障子5を開閉する際に最も抵
抗を受ける個所であるが、前記した山15の中空構造と
共にタイト材7にヒレ17を設けることで気水密性能を
減殺することなく回転時の抵抗を小さくすることができ
る。
【0026】以上は、一実施例であって本考案は図示し
た具体的な構成に限定されない。タイト材7の断面形状
における滑らかな山の数は二つに限らず、一般に複数で
あって良い。タイト材7の素材は、弾力性、耐久性を備
え、成形の容易なものであれば良く、前記EPDM以外
のこともある。
【0027】タイト材7の基部11は比較的硬く、接触
部12は弾力性を備えて柔軟に形成することが好まし
い。したがって、接触部12の山形部分を中空にするこ
とは好ましいが、これに限定されることはない。前記E
PDMの場合、基部11と接触部12とで発泡率を変化
させることにより、基部11は硬く、接触部12は柔軟
性に富む良好なタイト材7を得ることができる。
【0028】タイト材7は、コーナー部分8と縦直線部
分9、横直線部分10を予め接着しておいてから、素材
が持つ可撓性を利用して障子5の周面に装着しても良
い。この場合は接着に加硫接着を採用することができ
る。さらに、タイト材7は方形をした全体を一体にモー
ルド成形で得ることもできる。この場合は、タイト材7
の縦直線部分9、横直線部分10においてもその横断面
形状は基部11の中央部が欠如したものとなる。
【0029】タイト材7は、コーナー部分8、縦直線部
分9あるいは横直線部分10で成形時の素材を異なるも
のにすることもある。さらに、障子5は実施例のように
框組したものに限らず、フラッシュ構造などの場合もあ
る。
【0030】
【考案の効果】複数枚の障子を備えた回転窓において、
閉じた障子が隣接する個所の気水密が向上する。回転窓
を開閉する際に、手掛かり個所に不快感がなく、また、
開閉される障子の見栄えが改善される。障子とサッシ枠
との回転抵抗が小さく回転窓を軽く開閉できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】(イ)は側面図、(ロ)は(ニ)におけるA部
断面図、(ハ)は(ニ)におけるB部断面図、(ニ)は
正面図。
【図2】コーナー部分の斜視図。
【図3】他の側から見たコーナー部分の斜視図。
【図4】図1(ニ)のA個所におけるタイト材の横断面
図。
【図5】図1(ニ)のB個所におけるタイト材の横断面
図。
【図6】図1(ニ)のC個所におけるタイト材の横断面
図。
【図7】図1(ニ)のD個所におけるタイト材の横断面
図。
【図8】障子が隣接した部分のコーナー個所の横断面
図。
【図9】回転窓の全体を示す斜視図。
【符号の説明】
1 回転窓 2 開口部 3 サッシ枠 4 軸 5 障子 6 周面 7 タイト材 8 コーナー部分 9 縦直線部分 10 横直線部分 11 基部 12 接触部 13 取り付け部 14 谷 15 山 16 凹溝 17 ヒレ 18 タイト材空間 19 下がり 20 水抜き孔 21 縦部分 22 横部分 23 タイト材取り付け溝

Claims (3)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物の開口部に装着される方形のサッシ
    枠と、これに嵌め込まれ回転によって開口部を開閉でき
    るように軸支される複数の障子を備え、各障子の周面全
    体にタイト材が装着されており、該タイト材は、断面形
    状において滑らかな複数の山を有し、横周面から縦周面
    のコーナー部にかけて前記複数の山のうち一部の山にそ
    頂部から外方へ突出したコーナー部ヒレを有し、隣接
    した障子のタイト材は、障子を閉じた時、上下コーナー
    部において、双方の障子のコーナー部ヒレが相互に相手
    方障子のタイト材におけるヒレの無い山の頂部に当接す
    ることを特徴とした回転窓。
  2. 【請求項2】 タイト材が、断面形状において滑らかな
    複数の山を有すると共に、障子の横周面部においてはさ
    らにそれぞれの山の頂部から外方へ突出しかつタイト材
    の長手方向に連続して形成され、このうち、一方のヒレ
    はコーナー部ヒレに連続し、他方のヒレは横周面部の端
    で消失する構造とされており、隣接した障子のタイト材
    は、障子を閉じた時、上下コーナー部において、双方の
    障子のコーナー部ヒレが相互に相手方障子のタイト材に
    おけるヒレの無い山の頂部に当接することを特徴とした
    請求項1に記載の回転窓。
  3. 【請求項3】 タイト材における滑らかな山が中空に形
    成されていることを特徴とした請求項1または請求項2
    に記載の回転窓。
JP1993005828U 1993-02-22 1993-02-22 回転窓 Active JP2587899Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993005828U JP2587899Y2 (ja) 1993-02-22 1993-02-22 回転窓

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993005828U JP2587899Y2 (ja) 1993-02-22 1993-02-22 回転窓

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0663786U JPH0663786U (ja) 1994-09-09
JP2587899Y2 true JP2587899Y2 (ja) 1998-12-24

Family

ID=11621917

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1993005828U Active JP2587899Y2 (ja) 1993-02-22 1993-02-22 回転窓

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2587899Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0663786U (ja) 1994-09-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4768316A (en) Casement windows
CA1196763A (en) Ventilating skylight
JPH0694759B2 (ja) ドアや窓等のフレーム組立物及びそのスキン部材
JP3446112B2 (ja) 両開きドアの召し合せ部構造
JP2587899Y2 (ja) 回転窓
JP4338197B2 (ja) サッシ框
JP3069310B2 (ja) 断熱形材
JP2844320B2 (ja) 引違い窓の窓枠
JP2006028840A (ja) 開口部装置
TWM609959U (zh) 門窗之防水氣密結構
JP2832802B2 (ja) 窓 枠
JPH0711839A (ja) 高さの異なるサッシの連窓
JP3138858B2 (ja) 合成樹脂製引違い窓
JP3640332B2 (ja) パネルユニットの雨仕舞い装置
JP3546178B2 (ja) 引違い窓
JPH09195640A (ja) 換気框を備えたサッシまたは戸
CN212614330U (zh) 一种新型保温门窗型材
JP3915105B2 (ja) ドア
JP3270376B2 (ja) 断熱サッシ用換気体
JP2594964Y2 (ja) パネル定着用の外側部材
CN2412076Y (zh) 平开式门窗
CN101864883B (zh) 节能型铝塑推拉窗
CN2646338Y (zh) 密封推拉窗
JP2562941Y2 (ja) 回転窓の止水構造
JP2934627B1 (ja) 嵌殺し式複層ガラス