JP2569202B2 - 自動車フロント部の冷却風取入構造 - Google Patents

自動車フロント部の冷却風取入構造

Info

Publication number
JP2569202B2
JP2569202B2 JP2118536A JP11853690A JP2569202B2 JP 2569202 B2 JP2569202 B2 JP 2569202B2 JP 2118536 A JP2118536 A JP 2118536A JP 11853690 A JP11853690 A JP 11853690A JP 2569202 B2 JP2569202 B2 JP 2569202B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air intake
bumper
cooling air
outside air
heat exchanger
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2118536A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0415124A (en
Inventor
譲治 鈴木
Original Assignee
日産自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日産自動車株式会社 filed Critical 日産自動車株式会社
Priority to JP2118536A priority Critical patent/JP2569202B2/ja
Publication of JPH0415124A publication Critical patent/JPH0415124A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2569202B2 publication Critical patent/JP2569202B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [発明の目的] (産業上の利用分野) この発明はラジエータ等の熱交換器の冷却を図る自動
車フロント部の冷却風取入構造に関するものである。
(従来の技術) 一般に、ラジェータ等の熱交換器を外部から取入れた
外気によって冷却されるもので、冷却風は、例えば、実
開昭55−2701号公報記載の如く熱交換器前方のフロント
グリルおよびフロントグリル下側のエプロン部分に設け
た冷却風取入口から取入れられる構造となっている。
(発明が解決しようとする課題) 前記した如く熱交換器はフロントグリルおよびその下
側の冷却風取入口から取入れられる冷却風によって冷却
されるが、エンジンルーム前方の圧力分布を考察すると
フロントグリル前が静圧最大となるため、冷却風はこの
フロントグリル部分から多く取り入れられる。
しかしながら、近年はデザインの多様化からフロント
グリルを防止する場合があり、このような場合、冷却風
は静圧最大となる点より下方のエプロン部分の取入口の
みから取入れるため、冷却風の取入れ効率が悪くなる面
があった。
このために、従来と同様の冷却効率を確保するには冷
却風取入口の開口面積を拡大しり、ラジェータの大型化
を図る必要があり、特にラジェータの大型化は、コスト
アップの取付けスペースの拡大につながると共に重量増
加等の問題を招来する。
そこで、この発明はフロントグリルを廃止したフロン
ト部における効率のよい冷却風の取入れができるように
した自動車フロント部の冷却風取入構造を提供すること
を目的としている。
[発明の構成] (課題を解決するための手段) 前記目的を達成するために、この発明は、自動車の前
端部がフロントバンパーによって覆われたグリルレス型
の自動車において、前記フロントバンパーに、エンジン
ルーム内に配置された熱交換器へ冷却風を導入する外気
取入口を設ける一方、前記エンジンルームの下部に、フ
ロントバンパーの下端縁に続くアンダーカバーを設け、
そのアンダーカバーの前端部に、前記フロントバンパー
に設けられた外気取入口の下方に負圧域を作る突出部を
設ける。
(作用) かかる冷却風取入構造によれば、走行時において走行
風はフロントバンパーの上方と下方に沿う流れに振り分
けられ後方へ流れる。この時、フロントバンパーの下方
に沿って流れる走行風はアンダーカバー前端部から下方
へ延長された突出部に当ることで渦流が発生し、フロン
トバンパーの下端部に負圧域が作られる。このために、
負圧域へ向けて多くの走行風が誘導される結果、フロン
トバンパーの上方にあった静圧最大となる点はフロント
バンパーの領域まで下がり、外気取入口から効率よく冷
却風が取入れられる。したがって、ラジェータの大型化
を図る必要がなくなる。
(実施例) 以下、第1図と第2図の図面を参照しながらこの発明
の一実施例を詳細に説明する。第1図、第2図は、自動
車の前端部がフロントバンパーによって覆われたグリル
レス型の自動車を示している。即ち、図中1はエンジン
ルームを示しており、上方には、フード3が、前方に
は、フロントバンパー5がそれぞれ設けられている。フ
ード3は、アウタパネル3aとインナパネル3bとから成
り、先端部はフロントバンパー5の上端縁まで延長され
後方(第1図右側)のヒンジ(図示していない)を介し
て開閉可能となっている。
フロントバンパー5は、下端側がエプロンを兼ねた一
体形状となっていてほぼ中央部位には車幅方向に長い外
気取入口7が設けられると共に左右の支持スティ(図示
していない)によってフロントサイドメンバー(図示し
ていない)に固定支持されている。
フロントバンパー5の後方にはラジェータ等の熱交換
器9が配置されている。熱交換器9の上端部はラジェー
タコアサポートアッパーパネル11に、下端部はラジェー
タコアサポートロアパネル13にそれぞれ支持され、ラジ
ェータコアサポートロアパネル13は閉断面図矩形状の形
状となっている。
一方、エンジンルーム1の下部には、エンジンルーム
1の下部全面を覆うアンダーカバー15が設けられてい
る。
アンダーカバー15は、前記フロントバンパー5の下端
縁5aに続く高さに配置されると共に車巾方向に沿って突
出部17が形成されている。
突出部17は、アンダーカバー15を断面上向きのチャン
ネル状に一体成形、即ち、エンボスさせることで形成さ
れると共に前記フロントバンパー5の下端より下方に延
長突出している。突出部17の車巾方向の寸法は前記熱交
換器9の巾より大きく設定されると共に内側空間は、ヘ
ッドランプ,コンデンサー等の補器類に信号を送るため
のワイヤハーネス配索用のスペース19となっている。
なお、第1図において21は熱交換器の後方に設けられ
たラジェータファンシュラウド、23は冷却ファンをそれ
ぞれ示している。
このように構成された自動車フロント部の冷却風取入
構造によれば、走行時において、走行風は、フロントバ
ンパー5の上方と下方に沿う流れに振り分けられ、後向
へ向けてそれぞれ流れるようになる。この時、下方へ流
れた走行風はアンダーカバー15の前端部の突出部17に当
り、フロントバンパー5の下端部分でこの突出部17のよ
り後部に渦流が発生して負圧域a・bが作られる。この
ために、負圧域a・bへ向けて走行風が強制的に誘導さ
れる結果、静圧最大となる点がフロントバンパー5の外
気取入口7の領域まで下がり該外気取入口7から効率よ
く冷却風の取入れが行なえるようになる。
したがって、外気取入口7の開口面積を拡大したり、
熱交換器9を大型化しなくても従来と同様の冷却率が得
られる。また、エンボスによる突出部17は補強リブとし
て機能するためアンダーカバー15の強度剛性のアップが
図れると共にワイヤハーネス配索用のスペース19に、ハ
ーネスpを配索することで、第1図に示す如く従来,ラ
ジェータコアサポートアッパーパネル11内に配索してい
たハーネスのスペース空間が省略できるため、該アッパ
ーパネル11が低くなり鎖線が示す如く低フード化が可能
となる。
なお、負圧域を作る突出部17は、必ずしもエンボスタ
イプにする必要はなく、第3図に示す如くアンダーカバ
ー15の前端をフロントバンパー5の下端より下方へ延長
突出するようアングル状の屈曲成形してもよいものであ
る。
[発明の効果] 以上、説明したように、この発明の自動車用フロント
部の冷却風取入構造によれば、突出部によってフロント
バンパーの下部後方に走行風を誘導する負圧域を作るこ
とがきるため、静圧最大となる点を外気取入口領域まで
下げることが可能となり、効率のよい冷却風の取入れが
できる。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの発明の冷却風取入構造の概要を示した第2
図のI−I線断面図、第2図は冷却風取入構造を実施し
た自動車の側面図,第3図は突出部の変形例を示した第
1図と同様の切断面である。 1……エンジンルーム 5……フロントバンパー 7……外気取入口 9……熱交換器 15……アンダーカバー 17……突出部

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】自動車の前端部がフロントバンパーによっ
    て覆われたグリルレス型の自動車において、前記フロン
    トバンパーに、エンジンルーム内に配置された熱交換器
    へ冷却風を導入する外気取入口を設ける一方、前記エン
    ジンルームの下部に、フロントバンパーの下端縁に続く
    アンダーカバーを設け、そのアンダーカバーの前端部
    に、前記フロントバンパーに設けられた外気取入口の下
    方に負圧域を作る突出部を設けたことを特徴とする自動
    車フロント部の冷却風取入構造。
JP2118536A 1990-05-10 1990-05-10 自動車フロント部の冷却風取入構造 Expired - Lifetime JP2569202B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2118536A JP2569202B2 (ja) 1990-05-10 1990-05-10 自動車フロント部の冷却風取入構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2118536A JP2569202B2 (ja) 1990-05-10 1990-05-10 自動車フロント部の冷却風取入構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0415124A JPH0415124A (en) 1992-01-20
JP2569202B2 true JP2569202B2 (ja) 1997-01-08

Family

ID=14739025

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2118536A Expired - Lifetime JP2569202B2 (ja) 1990-05-10 1990-05-10 自動車フロント部の冷却風取入構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2569202B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6070933A (en) * 1996-04-26 2000-06-06 Nissan Motor Co., Ltd. Automotive front lower structure
KR20030033169A (ko) * 2001-10-18 2003-05-01 기아자동차주식회사 자동차용 에어댐 장착구조
US8998293B2 (en) * 2010-06-22 2015-04-07 Ford Global Technologies, Llc Airflow control device for an automotive vehicle
JP6191354B2 (ja) * 2013-09-18 2017-09-06 スズキ株式会社 車体下部のカバー構造
JP6505160B2 (ja) * 2017-06-01 2019-04-24 本田技研工業株式会社 車両用熱交換装置

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5899125U (ja) * 1981-12-27 1983-07-06
JPS59150682U (ja) * 1983-03-30 1984-10-08

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0415124A (en) 1992-01-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4429429B2 (ja) 自動2輪車のカウリング装置
US7021411B2 (en) Front end structure of vehicle with labyrinth structure forming means for cooling air to a radiator
JP2008247122A (ja) 車体前部構造
JP4935240B2 (ja) 車体前部構造
JP2008049815A (ja) 車体前部構造
JP2010058639A (ja) 車両前部構造
JP2569202B2 (ja) 自動車フロント部の冷却風取入構造
JP2005067516A (ja) 車両の前端構造
JP2569200B2 (ja) 自動車フロント部の冷却風取入構造
JP2811903B2 (ja) 自動車フロント部の冷却風取入構造
JP2516549Y2 (ja) 車両用フロントバンパ
JP3978815B2 (ja) 車両の外気導入構造
JP3168796B2 (ja) 空気抵抗低減車両前部構造
JP2856085B2 (ja) 自動車の外気導入装置
JPH1067340A (ja) 自動車のエンジンフードを利用する冷却構造
JP3082660B2 (ja) クーラーコンデンサの熱風排出構造
JP2008049734A (ja) 車体前部構造
JP3355939B2 (ja) 車両用エンジンのアンダーカバー
JP4258056B2 (ja) 自動車の前部車体構造
JP2001039339A (ja) インタークーラ冷却用ダクト構造
JP5338230B2 (ja) 車体前部の走行風導入構造
JP2020196368A (ja) フロントエンド構造
JPH10305786A (ja) 車両の空気抵抗低減装置
JP2004025983A (ja) 床下エンジンの冷却構造
JP2020196367A (ja) フロントエンド構造