JP2569200B2 - 自動車フロント部の冷却風取入構造 - Google Patents

自動車フロント部の冷却風取入構造

Info

Publication number
JP2569200B2
JP2569200B2 JP2103164A JP10316490A JP2569200B2 JP 2569200 B2 JP2569200 B2 JP 2569200B2 JP 2103164 A JP2103164 A JP 2103164A JP 10316490 A JP10316490 A JP 10316490A JP 2569200 B2 JP2569200 B2 JP 2569200B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air intake
cooling air
bumper
heat exchanger
engine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2103164A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH045125A (en
Inventor
譲治 鈴木
Original Assignee
日産自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日産自動車株式会社 filed Critical 日産自動車株式会社
Priority to JP2103164A priority Critical patent/JP2569200B2/ja
Publication of JPH045125A publication Critical patent/JPH045125A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2569200B2 publication Critical patent/JP2569200B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 [発明の目的] (産業上の利用分野) この発明はラジエータ等の熱交換器の冷却を図る自動
車フロント部の冷却風取入構造に関するものである。
(従来の技術) 一般に、ラジエータ等の熱交換器は外部から取入れた
空気によって冷却されるもので、冷却風は、例えば、実
開昭55−2701号公報記載の如く熱交換器前方のフロント
グリルから取入れられる構造となっている。
(発明が解決しようとする課題) 前記した如く熱交換器はフロントグリルから取入れら
れる冷却風によって冷却され、この冷却風の取入口は、
フロントバンパーの上方で、静圧最大となる点に位置す
るため、冷却風の取入れは大変効率の良いものとなって
いる。
しかしながら、近年はデザインの多様化から自動車の
顔となるフロントグリルを廃止する傾向にあり、冷却風
の取入口を、エプロン部分に設けるようにしている。
エプロン部分はフロントバンパーの下部にあるため、
静圧最大となる点より下方に位置し冷却風の取入れ効率
が悪くなる面があった。このために、従来と同様の冷却
効率を確保するためにはラジェータの大型化を図る必要
がある。
ラジェータの大型化は、コストアップや取付けスペー
スの拡大につながると共に重量増加等の問題を招来す
る。
そこで、この発明はフロントグリルを廃止したフロン
ト部において、効率のよい冷却風の取入れができると共
にエンジンマウントメンバー等の剛性アップの面でも優
れた自動車フロント部の冷却風取入構造を提供すること
を目的としている。
[発明の構成] (課題を解決するための手段) 前記目的を達成するために、この発明は、エンジンマ
ウントメンバーに搭載されたエンジンの前方で、ラジェ
ータコアサポートパネルに熱交換器が支持されたエンジ
ンルームの前方に、前方へ向けて開口した外気取入口を
有するフロントバンパーを設けた自動車フロント部の冷
却風取入構造において、前記エンジンマウントメンバー
は、少なくとも前記熱交換器の巾よりも大きな巾寸法で
上端側を、前記ラジェータコアサポートパネルのロア部
まで延ばして結合し、フロントバンパーの下端と連設さ
せると共に、下端側を外気取入口の下方へ延ばし負圧域
を作る整流部を備えている。
(作用) かかる冷却風取入構造によれば、走行時において走行
風はフロントバンパーの上方と下方に沿う流れに振り分
けられ後方へ流れる。この時、フロントバンパーの下方
に沿って流れる走行風は整流部に当ることが渦流が発生
し、負圧域が作られる。このために、負圧域へ向けて多
くの走行風が誘導される結果、フロントバンパーの上方
にあった静圧最大となる点はフロントバンパーの領域ま
で下がり、外気取入口から効率よく冷却風が取入れられ
る。したがって、ラジェータの大型化を図る必要がなく
なると共に、エンジンマウントメンバー及びラジェータ
コアサポートパネルは一体に結合されているため両者の
剛性アップが図れる。
(実施例) 以下、第1図と第2図の図面を参照しながらこの発明
の一実施例を詳細に説明する。
図中1はエンジンルーム,3はエンジンルーム1の上方
に設けられたフードをそれぞれ示している。フード3
は、アウタパネル3aとインナパネル3bとから成り、先端
部はフロントバンパー5の上端縁まで延長され後方(第
1図右側)のヒンジ(図示していない)を介して開閉可
能となっている。
フロントバンパー5は、下端側がエプロンを兼ねた一
体形状となっていてほほ中央部位には車巾方向に長い外
気取入口7が設けられると共に左右の支持スティ(図示
していない)によってフロントサイドメンバー9に固定
支持されている。
フロントバンパー5の後方で、エンジンルーム1内に
は、ラジェータ等の熱交換器11が、さらに、熱交換器11
の方向にエンジン13がそれぞれ配置されている。熱交換
器11の上端部はラジェータコアサポートパネル16のアッ
パ部15に、下端部はラジェータコアサポートパネル16の
ロア部17にそれぞれ支持されている。
エンジン13は、左右のフロントサイドメンバー9に両
端支持されたエンジンマウントメンバー19にマウントブ
ラケット21を介して搭載されている。
エンジンマウントメンバー19は、ロッド状に形成され
ると共に別部材によって整流部23が設けられている。
整流部23は、板状に形成されエンジンマウントメンバ
ー19に固着されると共に前記フロントバンパー5の下端
より車巾方向に沿って下方へ垂設されている。整流板23
の車巾方向の寸法は、前記熱交換器11の巾より大きく設
定されている。また、整流部23の上端側は前方へ延長さ
れ、前記ラジェータコアサポートパネル16のコア部17に
結合されている。これにより、ラジェータコアサポート
パネル16のロア部17とエンジンルーム1の底部に設けら
れたアンダーカバー27との間を閉塞し、エンジンルーム
1内へ逃げる流れを阻止するようになっている。
なお、整流部23はエンジンマウントメンバー19に対し
て別部材で形成する必要はなく、例えば、第3図に示す
如くエンジンマウントメンバー19をアウター19aとイン
ナー19bとで閉断面ボックス状に形成し、インナー19b側
の一端を前方へ延長して、前記ラジェータコアサポート
パネルのロア部17に結合する一方、他端をフロントバン
パー5の下端5より下方へ垂設し、その垂設部を整流部
23とする一体型のタイプであってもよい。
なお、第1図において25は熱交換器11の後方に設けら
れた冷却ファンをそれぞれ示している。
このように構成された自動車フロント部の冷却風取入
構造によれば、走行時において、走行風は、フロントバ
ンパー5の上方と下方に沿う流れに振り分けられ、後向
へ向けてそれぞれ流れるようになる。この時、下方へ流
れた走行風は整流部23に当り渦流が発生してい負圧域a
・bが作られれると共にエンジンルーム1内へ逃げる流
れ矢印イがなくなる。このために、負圧域a・bへ向け
て走行風が強制的に誘導される結果、静圧最大となる点
がフロントバンパー5の領域まで下がり外気取入口7か
ら効率よく冷却風の取入れが行なえるようになる。
したがって、熱交換器11を大型化しなくても従来と同
様の冷却効率が得られると共に、ラジェータコアサポー
トパネル16のロア部17とエンジンマウントメンバー19の
結合によって両者の剛性がアップするようになる。
[発明の効果] 以上、説明したように、この発明の自動車フロント部
の冷却風取入構造によれば、整流部によって走行風がエ
ンジンルーム内へ逃げるのを阻止することができると共
に走行風をフロントバンパーの下方へ誘導する負圧域を
作ることができるため、静圧最大となる点を外気取入口
領域まで下げることが可能となり、効率のよい冷却風の
取入れができる。
また、エンジンマウントメンバーは、熱交換器の巾よ
りも大きな巾寸法で上端側を、ラジェータコアサポート
パネルのロア部に結合されているため両者の剛性アップ
が図れるようになる。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの発明の冷却風取入構造の概要を示した第2
図のI−I線断面図、第2図は冷却風取入構造を実施し
た自動車の側面図,第3図は整流部の変形例を示した第
1図と同様の切断面図である。 1……エンジンルーム 5……フロントバンパー 7……外気取入口 11……熱交換器 13……エンジン 16……ラジェータコアサポートパネル 17……ロア部 19……エンジンマウントメンバー 23……整流部

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】エンジンマウントメンバーに搭載されたエ
    ンジンの前方で、ラジェータコアサポートパネルに熱交
    換器が支持されたエンジンルームの前方に、前方へ向け
    て開口した外気取入口を有するフロントバンパーを設け
    た自動車フロント部の冷却風取入構造において、前記エ
    ンジンマウントメンバーは、少なくとも前記熱交換器の
    巾よりも大きな巾寸法で上端側を、前記ラジェータコア
    サポートパネルのロア部まで延ばして結合し、フロント
    バンパーの下端と連設させると共に、下端側を外気取入
    口の下方へ延ばし負圧域を作る整流部を備えたことを特
    徴とする自動車フロント部の冷却風取入構造。
JP2103164A 1990-04-20 1990-04-20 自動車フロント部の冷却風取入構造 Expired - Lifetime JP2569200B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2103164A JP2569200B2 (ja) 1990-04-20 1990-04-20 自動車フロント部の冷却風取入構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2103164A JP2569200B2 (ja) 1990-04-20 1990-04-20 自動車フロント部の冷却風取入構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH045125A JPH045125A (en) 1992-01-09
JP2569200B2 true JP2569200B2 (ja) 1997-01-08

Family

ID=14346871

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2103164A Expired - Lifetime JP2569200B2 (ja) 1990-04-20 1990-04-20 自動車フロント部の冷却風取入構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2569200B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107949496A (zh) * 2015-09-04 2018-04-20 捷豹路虎有限公司 改变车辆的空气动力学性能

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05231865A (ja) * 1992-02-20 1993-09-07 Kajima Corp 沈下挙動の計測装置
DE60313112T2 (de) 2002-12-24 2007-12-20 Kanzaki Kokyukoki Mfg. Co., Ltd., Amagasaki Fahrgestellstruktur eines Fahrzeuges

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59150682U (ja) * 1983-03-30 1984-10-08

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107949496A (zh) * 2015-09-04 2018-04-20 捷豹路虎有限公司 改变车辆的空气动力学性能
US10577034B2 (en) 2015-09-04 2020-03-03 Jaguar Land Rover Limited Modifying aerodynamic performance of a vehicle

Also Published As

Publication number Publication date
JPH045125A (en) 1992-01-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006298175A (ja) 車両用冷却装置
JPH085330B2 (ja) 自動車の前部空間にある冷却空気案内装置
JP2010058639A (ja) 車両前部構造
JP2005067516A (ja) 車両の前端構造
JP2569200B2 (ja) 自動車フロント部の冷却風取入構造
JPH11139171A (ja) フォークリフトトラックのラジエータ冷却装置
JP2569202B2 (ja) 自動車フロント部の冷却風取入構造
JP2009208745A (ja) 吸気ダクトの配置構造
JPH074133U (ja) 自動車の吸気取入構造
US4726326A (en) Drag reducing cooling system for a vehicle
JP2516549Y2 (ja) 車両用フロントバンパ
JP2811903B2 (ja) 自動車フロント部の冷却風取入構造
JP6504140B2 (ja) 車両用冷却装置
JP3978815B2 (ja) 車両の外気導入構造
JP3355939B2 (ja) 車両用エンジンのアンダーカバー
JP3168796B2 (ja) 空気抵抗低減車両前部構造
JP2827422B2 (ja) 車両の冷却風導入装置
AU738064B2 (en) Cooling device for the combustion engine of a motor vehicle
JP4435626B2 (ja) 車両の吸気取入構造
JP3082660B2 (ja) クーラーコンデンサの熱風排出構造
JP2021066216A (ja) 導風機構及び、導風機構を備える車両の前部構造
JPH064030Y2 (ja) インタークーラーの冷却用外気導入ダクト構造
GB2343740A (en) Vehicle radiator/condenser arrangement
JP4161820B2 (ja) 車両の熱交換器冷却構造
JP2021070329A (ja) 車両前部構造