JP2562941Y2 - 回転窓の止水構造 - Google Patents

回転窓の止水構造

Info

Publication number
JP2562941Y2
JP2562941Y2 JP348092U JP348092U JP2562941Y2 JP 2562941 Y2 JP2562941 Y2 JP 2562941Y2 JP 348092 U JP348092 U JP 348092U JP 348092 U JP348092 U JP 348092U JP 2562941 Y2 JP2562941 Y2 JP 2562941Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
window
outdoor
tongue
tight
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP348092U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0562697U (ja
Inventor
孝雄 寺尾
祐司 内藤
徹 小林
Original Assignee
新日軽株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 新日軽株式会社 filed Critical 新日軽株式会社
Priority to JP348092U priority Critical patent/JP2562941Y2/ja
Publication of JPH0562697U publication Critical patent/JPH0562697U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2562941Y2 publication Critical patent/JP2562941Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【産業上の利用分野】本考案は、障子を回転軸回りに開
閉させるようにした回転窓において、特に窓の開閉性が
良好で、壁材、枠材等を伝わり流下する水の処理に優れ
た回転窓の止水構造に関する。
【従来の技術】回転窓として、縦軸回転窓や横軸回転窓
が一般に良く知られている。これらの回転窓は、相対す
る障子框とその框に対応する窓枠とを支持軸で連結し、
支持軸回りで回転させるようにしたものである。通常、
この種の回転窓における雨仕舞は、一足または二足のタ
イト材を組み合わせて障子框に取付け、足の先端を窓枠
に接触させて雨仕舞を図っている。従来、回転窓の四周
縁の雨仕舞を図った止水構造(タイト材)としては、た
とえば実開昭63−106892号公報、実開平1−8
2297号公報においては開示されるものなどがある。
【考案が解決しようとする課題】回転窓の雨仕舞に一足
または二足のタイト材を用いると、障子を閉めるとき、
タイト材の足が窓枠を擦り、回転軸を境にして一方が屋
外側を向き、他方が室内側を向く。屋外に向いた方は、
雨仕舞にあまり影響を及ぼすことがないが、図5のよう
に室内側を向いた方は、外からの外力に弱く、風雨が強
いとタイト材10が鎖線のようにめくれ上がり雨水が侵
入する。また、壁面、窓枠を伝わってきた雨水が前記タ
イト材6を伝わって室内側に引き込まれ易い状態となっ
ており、かつ毛細管現象によって室内に侵入する場合が
ある。また、前記公報等に示されるような従来公知の接
触型タイト材は、障子または窓枠との接触抵抗が大きい
ため、窓の開閉に際し、ある程度の力を要し、開閉がス
ムーズに行われない。そこで、本考案の主たる課題は、
タイト材を伝わり流下する水の処理構造に優れるととも
に、さらには窓の開閉性が良好な回転窓を提供するもの
である。
【課題を解決するための手段】前記課題は、障子の相対
する框と、その框に対応する窓枠とを回転軸で連結した
回転窓において、少なくとも上框と上窓枠との隙間部分
に配設されるタイト材は、上部側に上窓枠に係合するた
めの係合部を有するとともに、下方側に延出する室内外
方向に二重の舌片を有し、これら舌片の内、室外側舌片
は下方に位置する上框の前面より室外側位置において室
外側に向かう伏角方向に延出し、また室内側舌片は前記
下方に位置する上框の前面の上方近傍において該上框と
の間に僅かの隙間を残しながら延出していることで解決
できる。障子の開閉性を良好にするために、好ましくは
前記タイト材の室外側舌片を、室外側に向かう伏角方向
に、実質的に障子開閉時に上框の上縁が接触しない範囲
で延出させる。
【作用】本考案に係るタイト材は、形成された二枚の舌
片の内、室外側舌片は室外側に向かう伏角方向に、かつ
好ましくは障子開閉時に舌片の下端が上框上縁と接触し
ない範囲で延出させる。この室外側舌片は主に水切りの
役目を果たす。したがって、降雨または壁面を伝ってき
た水は、この舌片の先端より確実に落下するため、該隙
間部分から水が侵入することがない。また、障子上框は
窓の開閉時に前記室外側舌片に接触しないため、障子の
開閉に伴う接触抵抗がなくなりスムーズな開閉が確保さ
れる。一方、室内側舌片については、障子閉鎖時に直下
の上框に接していないので、毛細管現象による水の侵入
がなくなるとともに、障子の開閉を阻害することがな
い。また、前記室外側舌片が庇の役目を果たすため、室
内側舌片に隙間があっても容易に水は侵入しないが、強
風時などに吹き上げに伴う雨水の侵入があった場合で
も、前記隙間によって上框と上窓枠とを含む障子枠と窓
枠との間に等圧空間が形成されているため、枠内に落下
し、最終的に枠外に排出される。
【実施例】以下、本考案を実施例に基づき詳説する。実
施例は、図3に示す開き窓1に対して適用した例であ
る。前記開き窓1は、窓枠2内に障子3を建込み、その
障子3を丁番5で回転自在に支持したもので、一般に次
のように構成される。先ず、窓枠2について説明する
と、図3および図4に示されるように、上枠2A、下枠
2B、左右縦枠2C、2Dにより構成され、これらの枠
が四角形状に組み立てられている。一方、障子3は、上
記枠2A〜2Dと対応関係をもつ上框3A、下框3B、
左右縦框3C、3Dにより前記窓枠2と相似形に組み立
てられ、その組み立てられた障子框内にガラスGが嵌め
込まれている。ガラスGは、四周縁部で後付ビード4、
4…によって固定されている。障子3は、縦框3Cに配
設された丁番5によって回動自在に連結されている。な
お、11は、障子3の下り止めである。次に、本実施例
の開き窓1における雨仕舞構造について詳述すると、窓
枠2見込み部の室内側寄り開口縁の全周に渡って、室外
側に開口するポケット2a〜2dが形成され、このポケ
ット2a〜2dを嵌着溝として圧着型のタイト材7、7
…が取付けられており、障子3の閉止時に各框3A〜3
Dの室内側面に当接することにより雨水等が室内に侵入
するのを防止している。さらに、窓枠2の見込み部の室
外側部において、左右縦框3C、3Dと左右窓枠2C、
2Dとの隙間部分は、図4に示されるように、左右縦框
3C、3D側に形成されたビスポケット3c、3dに嵌
着するフィン状タイト材8、8が取付けられ、該部分で
の雨水の侵入が防止されている。また、上框3Aと上窓
枠2Aとの隙間については、本考案に係るタイト材6が
設けられている。以下、このタイト材6について図1の
拡大図に基づき詳述する。前記タイト材6は、基体6b
の上側に上窓枠2Aのビスポケット2aに対し嵌着する
ための係合片6aを有している。この係合片6aは、先
端に拡大部を有するが、挿入抵抗の緩和のために半月状
に切り欠かれている。一方、基体6bの下部側に室内外
側方向に二重の舌片6c、6dを有している。これら舌
片6c、6dの内、室外側舌片6cは下方に位置する上
框3Aの前面より室外側位置において、室外側に向かう
伏角方向に延出しており、壁面および上窓枠2Aを伝わ
り流下する雨水等が該舌片6c部で確実に水切りされ落
下する。また、強風時に吹き込む雨水を後述詳細の室内
側舌片6dとの共同作用によって最小限に留めるととも
に、障子3の開閉抵抗を実質的に無くすために、前記室
外側舌片6cの先端位置は上框3Aの上縁高さ位置と同
じとし、障子3の開閉時に上框3Aの上縁が前記室外側
舌片6cに接触しないようにしている。また舌片6cの
先端側半分は基端側より薄肉とし、仮に障子3が接触す
る場合の接触抵抗を減少させている。一方、室内側舌片
6dは,下方に位置する上框3A前面の上方近傍におい
て、該上框3Aとの間に僅かの隙間を残しながら垂下し
ており、上框3Aと上窓枠2Aとの間の空間Pを外気と
等圧の空間としているため、該空間Pに入り込んだ雨水
は、上框3Aに落下し、最終的に縦框3C、3Dを経て
下枠2Bから室外側に排出される。前記隙間δは、0.
2〜2mm、好ましくは0.5〜1.5mm程度とされる。
このように、本考案においては、前記室外側舌片6cお
よび室内側舌片6dがともに、障子3と実質的に接触す
ることなく構成される。なお、基材6bの後端側上面の
突起6eは、タイト材6の取付けのガタを防止するため
に設けられたものである。次に、本考案の他の例を図2
に示す。前記図1の具体例は、室外側舌片6c、室内側
舌片6dの片長が比較的長い場合について詳述したが、
舌片長の大小は何ら本考案の効果を変えるものでなく、
図示の如く、極短長の舌片9c、9dであっても、同様
の効果を奏する。なお、タイト材9aは係合片であり、
9eは障子の開閉に伴ってタイト材9aが障子2に接し
た場合のガタを抑えるための突起である。なお、前記タ
イト材6、9の材質としては、合成ゴム、または塩化ビ
ニル樹脂、ポリエチレン樹脂等のプラスチックを好適に
用いることができる。
【考案の効果】以上詳説のとおり、本考案によれば、タ
イト材を伝わり室内に侵入しようとする水を効率よく水
切りするため、止水性に優れた構造となるとともに、窓
の開閉性も良好となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案に係るタイト材の拡大断面図である。
【図2】本考案に係るタイト材の変形例を示す図であ
る。
【図3】本考案に係る開き窓の縦断面図である。
【図4】本考案に係る開き窓の横断面図である。
【図5】従来の接触型タイト材の要部拡大図である。
【符号の説明】
1…開き窓、2…窓枠、3…障子、5…丁番、6…タイ
ト材、6a…係合片、6b…基体、6c…室外側舌片、
6d…室内側舌片、7・8・9…タイト材、G…ガラ
ス、P…等圧空間
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 実開 昭52−125329(JP,U) 実開 昭52−105950(JP,U) 実開 昭55−33314(JP,U)

Claims (2)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】障子の相対する框と、その框に対応する窓
    枠とを回転軸で連結した回転窓において、少なくとも上
    框と上窓枠との隙間部分に配設されるタイト材は、上部
    側に上窓枠に係合するための係合部を有するとともに、
    下方側に延出する室内外方向に二重の舌片を有し、これ
    ら舌片の内、室外側舌片は下方に位置する上框の前面よ
    り室外側位置において室外側に向かう伏角方向に延出
    し、また室内側舌片は前記下方に位置する上框の前面の
    上方近傍において該上框との間に僅かの隙間を残しなが
    ら延出していることを特徴とする回転窓の止水構造。
  2. 【請求項2】前記タイト材の室外側舌片は、室外側に向
    かう伏角方向に、実質的に障子開閉時に上框の上縁が接
    触しない範囲で延出させた請求項1記載の回転窓の止水
    構造。
JP348092U 1992-02-03 1992-02-03 回転窓の止水構造 Active JP2562941Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP348092U JP2562941Y2 (ja) 1992-02-03 1992-02-03 回転窓の止水構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP348092U JP2562941Y2 (ja) 1992-02-03 1992-02-03 回転窓の止水構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0562697U JPH0562697U (ja) 1993-08-20
JP2562941Y2 true JP2562941Y2 (ja) 1998-02-16

Family

ID=11558507

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP348092U Active JP2562941Y2 (ja) 1992-02-03 1992-02-03 回転窓の止水構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2562941Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6282797B2 (ja) * 2012-09-14 2018-02-21 株式会社Lixil

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0562697U (ja) 1993-08-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4384810B2 (ja) 主枠およびサッシ被覆部材を備えた開放可能な窓
AU616988B2 (en) Self-draining panel threshold combination
AU2004291596B2 (en) Drainage system in a roofwindow and roofwindow
JP3257973B2 (ja) 複合窓の排水構造
JP2562941Y2 (ja) 回転窓の止水構造
JP2005097928A (ja) 建具
KR100596455B1 (ko) 건축용 창호 구조
KR200169807Y1 (ko) 창문용 빗물막이 구조
DK156903B (da) Vindues- og doerarrangement ved en i et skraatag indbygget altan
US4330021A (en) Convenient draft-free safety window
JP2844320B2 (ja) 引違い窓の窓枠
KR20050091639A (ko) 건축구조물 창문틀 구조
CN208073252U (zh) 一种窄框平开窗的平开装置
CN210178202U (zh) 一种推拉窗
CN2733235Y (zh) 一种通风棒式通风装置
JP2951658B1 (ja) 引違い戸用サッシ枠への後付け形雨戸ユニット
JP2775598B2 (ja) 浴室の中折れ扉の止水構造
JP2553580Y2 (ja) バルコニー
JP3096439B2 (ja) 複合サッシの排水構造
KR20180029574A (ko) 평레일 창호
JP3094715U (ja) 全開放型引き違い戸
JP3213800B2 (ja) ド ア
JP3015317B2 (ja)
CN2292886Y (zh) 一种多功能组合窗
JPH0635101Y2 (ja) 回転窓