JP2557792B2 - Cushioning in shoes, ankle support, gives a fit of stability and custom co-reaction energy equipment - Google Patents

Cushioning in shoes, ankle support, gives a fit of stability and custom co-reaction energy equipment

Info

Publication number
JP2557792B2
JP2557792B2 JP20470493A JP20470493A JP2557792B2 JP 2557792 B2 JP2557792 B2 JP 2557792B2 JP 20470493 A JP20470493 A JP 20470493A JP 20470493 A JP20470493 A JP 20470493A JP 2557792 B2 JP2557792 B2 JP 2557792B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
portion
sole
arch
pad
heel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP20470493A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH06181802A (en )
Inventor
バーゲス イアン
エス スワーツ エリック
ジェイ エディントン クリストファー
イー クラーク ダグラス
ボーマン ティム
アレン バーニー
フォールコナー マーク
パラチョ ルイ
Original Assignee
コンバース インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

本願は、1991年9 月27日に出願され、現在審査中の特許出願通し番号07/767,075の一部継続出願である。 The present application, filed on September 27, 1991, which is a continuation-in-part application of patent application serial number 07 / 767,075 of the currently under review.

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、靴の甲皮部および靴底部に設けた、外力の刺激に反応する流体充填装置(以下、反応エネルギ装置と呼ぶ)に関する。 The present invention relates, provided on instep part and the sole part of the shoe, the fluid-filled unit to respond to stimulation of the external force (hereinafter, referred to as reactive energy device) related. この反応エネルギ装置は、靴にクッション作用、足首支え、安定性および特注並のフィット感を与える。 The reaction energy device, cushioning in shoes, support the ankle, giving a fit of stability and custom parallel. 特に、本発明は、靴の甲皮部および靴底に設けた解剖学的に成形した流体充填ブラダーまたはパッドからなる反応エネルギ装置に関する。 In particular, the present invention relates to a reaction energy device consisting of a fluid-filled bladder or pad and anatomically shaped provided on instep part and the sole of the shoe. ブラダーは、その中に含まれる流体の変位によって靴着用者の足、足首のまわりに係合し、相補的な特注並のフィット感付与形態をとり、それによって、クッション作用、足首支え、安定性および足への特注並のフィット感を与える。 Bladder, the shoe wearer's foot by the displacement of the fluid contained therein, engages around the ankle, take complementary custom moderate fit imparting form, thereby cushioning, support ankle stability and give a custom average of fit to the foot.

【0002】 [0002]

【従来技術】靴の着用者の足へ足首支えおよび安定性を与えると共に足のまわりにクッション作用、特注並のフィット感を与える靴を開発すべく、従来、種々の方法および装置が提案されてきた。 Cushioning around the foot along with the give ankle support and stability to the [prior art] shoes of the wearer's foot, in order to develop a shoe that gives the fit of the custom-made parallel, conventional, it has been proposed various methods and apparatus It was. これは、特に、運動靴の分野に当てはまる。 This is particularly true in the field of athletic shoes.

【0003】歩行時、ランニング時その他の活動時に着地衝撃を吸収し、靴着用者の足を或る程度保護する或る量のクッション作用を備えた靴底が多く設計されている。 [0003] when walking, to absorb the landing impact on other activities during the time of running, has been the sole many design with a cushion effect of a certain amount of protection to some extent the the shoe wearer's foot. これは多くの運動靴のかかとでたいてい明らかであるが、靴底のかかと部は、普通は、ランニング中に地面と衝突する最初の靴部分である。 This is a most apparent in the heel of many athletic shoes, the heel portion of the sole is usually is the first shoe portion collides with the ground during running. 靴底の土踏まず部にクッション作用も与えて、着地衝撃による力を減衰すると共に足の土踏まずに支えを与える。 Also it gives cushioning to the arch portion of the shoe sole, give support to the arch of the foot together to attenuate the force due to the landing impact. しかしながら、靴底のかかと、土踏まずにクッション作用を加えるだけでは、いくつかの点で足を保護するには不充分であることもわかっている。 However, the heel of the shoe sole, just add cushioning to the arch, has also been found that in some respects are insufficient to protect the foot.

【0004】ランニング時、着地毎に靴底に加わる初期衝撃は、しばしば、ランナーのかかとの外側縁に沿って生じる。 [0004] During running, the initial shock applied to the sole for each landing often occurs along the outer edge of the heel of the runner. 靴底かかと部のクッション作用が着地衝撃力の下で与えられる場合、衝撃力はランナーのかかとの側縁に集中し、かかと面全体にわたって分布することはない。 If cushioning of the shoe sole heel portion is provided under the landing impact force, the impact force concentrated on the side edges of the heel of the runner, not be distributed throughout the heel surface. ランナーのかかとの外縁にかかる着地衝撃は、脚に対する足の回転、すなわち、足の内側縁の下降(普通、 Landing impact on the outer edge of the runner's heel, the rotation of the foot relative to the leg, namely, the descent of the inner edge of the foot (usually
回内運動として知られる)を生じさせる傾向がある。 There is a tendency to cause known) as pronation.

【0005】歩行、ランニングその他の活動時には、また、靴底の側縁にかかる初期着地衝撃で足の回外運動すなわち、足の内側縁の上昇が生じる可能性もある。 [0005] walking, when running other activities, also outer leg times motion i.e. the initial landing impact on the side edges of the sole, there is a possibility that increase in the inner edge of the foot occurs. 足の過剰な回外運動は、足および足首の種々の傷害にも関係すると考えられている。 Excessive supination of the foot is believed to be related to various insults foot and ankle.

【0006】従来の靴の上記欠点を克服するのに必要なものは、動的に反応して靴底にクッション作用を与えると共に、足の側縁または内側縁以上のより大きな面積にわたって着地衝撃毎の力を分布させる反応エネルギ装置である。 [0006] What is needed to overcome the above drawbacks of the conventional shoes, dynamically reacted with provide cushioning to the sole, the each landing impact over a larger area than the side edge or the inner edge of the foot it is a reaction energy device for the force distribution. 上記の欠点を克服するのに必要なものは、また、靴内で足を安定させ、ランナーの足が着地衝撃毎に回内運動または回外運動で曲がる傾向を減らす靴底内装置である。 That required to overcome the above drawbacks, also, to stabilize the foot in the shoe, a shoe sole in the apparatus to reduce the tendency of the legs of runners bend pronation or supination every landing impact.

【0007】多くのタイプの靴において、足首に支えを与えるために、靴甲皮が靴着用者の足首まわりにしっかりと閉鎖されるまたは縛られる。 [0007] In many types of shoes, in order to give support to the ankle, shoe upper leather is tied or is firmly closed around the ankle of the shoe wearer. 靴着用者にこのような靴甲皮を快適にフィットさせる努力において、足首の領域で靴甲皮まわりにパッドを設けられた。 In an effort to comfortably fit such a shoe upper leather to the shoe wearer, provided with a pad around the shoe upper leather in the ankle area. しかしながら、多くの状況で、靴甲皮のパッドは足首の限られた運動範囲にわたってしか足首まわりに緊密な支持フィット感を与えることができない。 However, in many situations, the pad of Kutsukabutogawa can not give a tight support fit on the ankle around only over a limited range of motion of the ankle. パッドが靴甲皮の内側に固定されているため、足首の曲げ運動に充分に反応することができないのである。 Because the pad is secured to the inside of the shoe uppers, it is impossible to sufficiently respond to the ankle bending motion. パッドは、使用時に伸縮し、靴着用者の足首から離れたり、そのまわりにゆるく嵌合したりして足首の支持程度を減らしたり、無くしたりする傾向がある。 Pad, stretch during use, and away from the ankle of the shoe wearer, reduce the support about ankle or loosely fitted around them, they tend to or eliminated.

【0008】パッド付きの靴甲皮が常に足首と一緒に動けず、靴甲皮の足首まわりの連続的な支持・快適フィット感を与えることができないことを克服するために、流体充填パッドを持つ靴甲皮が開発された。 [0008] not move together shoe upper leather with a pad is always the ankle, in order to overcome that you can not give a continuous support and comfort fit around the ankle of the shoe upper leather, with a fluid-filled pad shoe upper leather has been developed. 流体充填パッドは、靴甲皮が足首まわりに取り付けられたときに足首の形状に一致する。 Fluid-filled pad conforms to the shape of the ankle when the shoe uppers is fitted around the ankle. 足首の運動時、パッド内の流体が変位し、甲皮の、足首がパッドに圧力を加えている領域のパッドから流体が押し出され、押し出された流体は、運動時に足首圧力が低下したパッド領域に流れる。 When ankle movement, the fluid is displaced in the pad, the carapace, ankle fluid is pushed out from the pad of the area by applying pressure to the pad, the fluid pushed out, the pad region ankle pressure drops during exercise flowing in. 足首圧力が低下した区画内の流体の流れは、圧力がこれらの領域で均衡するまでこれらの区画を膨張させ、それによって、足首との快適な支持接触を保つ。 Fluid flow within the compartment ankle pressure is lowered, the pressure inflates these compartments until equilibrium in these areas, thereby keeping the comfortable support contact with the ankle.

【0009】 [0009]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、流体充填パッドを包含する多くの従来の靴甲皮は、足首の或る種の運動中に足首の敏感な領域にパッドが圧力を加えるという欠点がある。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, many conventional shoe uppers comprising a fluid-filled pad is disadvantageous in that the sensitive areas of the ankle in some sort of motion of the ankle pad applies pressure . 足首の両側に連続的な支えを与えるように設計された従来技術の流体充填パッドは、普通、 Prior art fluid-filled pads that are designed to provide continuous support to both sides of the ankle is usually
足首まわりに完全に延び、パッドの片側から反対側へ流体が自由に流れるのを可能とする。 Extend completely around the ankle, fluid from one side of the pad to the opposite side to allow free flow. これら従来のパッドは、また、足首の或る種の運動中にアキレス腱の敏感な領域に流体圧力を加える。 These conventional pads, also adding fluid pressure sensitive region of the Achilles tendon in some sort of motion of the ankle. アキレス腱に加えられる流体圧力は、それに傷害を与える可能性がある。 Fluid pressure applied to the Achilles tendon, which may injure it.

【0010】靴着用者の足首に快適な支持フィット感を与えるのに必要なものは、足首が動くにつれて動的に反応して足首まわりに靴甲皮の連続的に変化する快適な支持フィット感を与える反応エネルギ装置を備えた靴甲皮である。 [0010] What is needed to provide a comfortable support fit to the ankle of the shoe wearer, comfortable support fit for the continuous change of the shoe upper leather around the ankle to dynamically react as the ankle moves it is a shoe upper leather with a reaction energy device that provides a. また、反応エネルギ装置がアキレス腱に傷害を与える可能性のある圧力をアキレス腱に与えないことが重要である。 Further, the pressure reaction energy device that may injure the Achilles tendon is important not given to the Achilles tendon.

【0011】本発明は上記した従来技術における課題を解決するためになされたもので、その目的とするところは靴甲皮および靴底内に設けてあり、靴甲皮が着用者の足首に支持用特注並のフィット感を与えると共に着用者のアキレス腱にかかる圧力を減らし、アキレス腱への傷害の可能性を減らすことができ、靴着用者の足のより大きな面積にわたって着地衝撃力を分布させることによって靴底にクッション作用および安定性を与える反応エネルギ装置を提供することにある。 [0011] The present invention has been made to solve the problems of the prior art described above, and an object thereof is provided with the shoe upper leather and the shoe insole, the support shoe upper leather is the ankle of the wearer reducing the pressure on the Achilles tendon of a wearer with give fit use custom parallel, it is possible to reduce the likelihood of injury to the Achilles tendon, by distributing the landing impact force over a greater area of ​​the shoe wearer's foot to provide a reaction energy device providing cushioning and stability to the sole.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段および作用】本発明の反応エネルギ装置は、概略的に言えば、靴甲皮部、靴底に設けた複数の流体充填パッドまたはブラダーからなる。 Means and operation for solving the problems] reaction energy device of the present invention, speaking schematically, consists Kutsukabutogawa portion, a plurality of fluid-filled pads or bladders provided to the sole. 複数の流体充填パッドのうちの第1対は、靴甲皮領域に設けてある。 The first pair of the plurality of fluid-filled pad, is provided on the shoe upper leather area. 複数の流体充填パッドのうちの別のものは、 The another of the plurality of fluid-filled pad,
靴着用者のかかとの下方の靴底領域に設けてある。 It is provided to the sole area of ​​the lower part of the heel of the shoe wearer. 複数の流体充填パッドのうちの別の対は、靴着用者土踏まずの上方、下方およびそれに隣接する靴底領域に設けてある。 Another pair of the plurality of fluid-filled pad, the upper of the shoe wearer arch, is provided on the sole region adjacent lower and thereto.

【0013】靴甲皮に設けた対の流体充填パッドまたはブラダーは、靴着用者のアキレス腱の両側に位置していてアキレス腱にかかる圧力を減らすかまたは回避する。 [0013] Fluid-filled pads or bladders pair provided in the shoe upper leather is or avoid reducing the pressure on the Achilles tendon be located on either side of the Achilles tendon of the shoe wearer.
パッドは、パッド間で靴着用者のアキレス腱の領域まわりに延在する複数の流体導通流路によって流体連絡している。 Pad is in fluid communication with a plurality of fluid-conducting channel that extends to the area around the Achilles tendon of the shoe wearer between the pads. これらの流路は、充分に小さい寸法となっており、アキレス腱の領域で隔たっており、アキレス腱に圧力がかかるのを避けている。 These flow paths, has a sufficiently small size, are spaced in the area of ​​the Achilles tendon, which avoids pressure is applied to the Achilles tendon.

【0014】靴底のかかと部に位置するパッドは、2つのチャンバからなる。 [0014] pads located in the heel portion of the shoe sole consists of two chambers. 一方のチャンバは靴底かかと部の中央に設けてあり、第2のチャンバは一方のチャンバのまわりにほぼ馬蹄形に延在している。 One chamber is provided with the center of the sole heel portion, the second chamber extends substantially horseshoe around the one chamber. 一実施例では、複数の流体導通流路は、馬蹄形かかとチャンバと中央かかとチャンバを流体連絡して2つのチャンバ間で前後に流れる。 In one embodiment, a plurality of fluid-conducting channel flows horseshoe heel chamber and central heel chamber back and forth between in fluid communication the two chambers. 馬蹄形チャンバは、一実施例では、中央チャンバのやや上方に延在している。 Horseshoe chamber may, in one embodiment, extend slightly above the central chamber. 2つのチャンバ間の流路を通して流体が流れることができるので、靴着用者のかかとのより大きい面積にわたって着地衝撃を分布させ、衝撃を減らすことができる。 Since fluid can flow through the flow path between the two chambers, is distributed to landing impact over a larger area of ​​the heel of the shoe wearer can be reduced impact. 本発明の別の実施例において、馬蹄形チャンバとかかとチャンバは、互いに流体連絡していない。 In another embodiment of the present invention, horseshoe-shaped chamber and the heel chamber is not in fluid communication with each other. 対のかかとチャンバの形態は、靴底のかかとにまたがることによって安定性および支えを改善し、また、靴底上の足のかかとに特注並のフィット感を与える。 Form of pairs of heel chamber improves the stability and sustained by span heel of the sole, also give fit custom parallel to the heel of the foot on the sole.

【0015】靴の土踏まず部にある対の流体充填パッドまたはブラダーのうちの一方のパッドは、靴底の土踏まず部に設けてあり、対のうちの第2のパッドは、靴甲皮の土踏まず部に設けてある。 [0015] One of the pad of the fluid-filled pad or bladder pairs in the arch portion of the shoe, is provided with the arch portion of the sole, a second pad of the pair, arch portion of the shoe upper leather It is provided to. 複数の流体導通流路は、靴底土踏まずパッドと甲皮土踏まずパッドの間に延在し、 A plurality of fluid-conducting channel extends between the sole arch pad and instep arch pad,
これら2つのパッド間で流体が前後に流れるのを可能とする。 These fluids between two pads to allow flow back and forth. 靴底の土踏まず部に設けた土踏まずパッドは馬蹄形かかとチャンバの延長部であり、靴底の土踏まず側部に沿ってかかとチャンバから延びている。 Arch pad provided on the arch portion of the sole is an extension of the horseshoe heel chamber extends from the heel chamber along the arch side of the shoe sole.

【0016】本発明の一実施例において、1つまたはそれ以上の流体導通流路が、靴甲皮にある対の流体充填パッドと靴底のかかと部にある馬蹄形流体チャンバとの間に延在する。 [0016] In one embodiment of the present invention, one or more fluid-conducting passage, extending between the horseshoe-shaped fluid chamber in the heel portion of the fluid-filled pads and soles pairs in shoe upper leather to. これら流体導通流路は、靴甲皮のパッドを靴のかかと部、土踏まず部に位置するパッドと流体連絡し、装置のすべてのパッド間での流体の流れを可能としている。 These fluid-conducting passages, heel portion of the shoe the pad Kutsukabutogawa is pad fluid communication is located in the arch portion, thereby enabling fluid flow between all the pads of the device. 各パッドに入っている流体と、この流体をパッド間で流路を通して流れさせることができるということにより、パッドは着用者の足首の形状および着用者かかと部、土踏まず部に解剖学的に一致することができる。 A fluid contained in each pad, by the fact that the fluid can be caused to flow through the flow path between the pad, the pad shape and wearer heel portion of the wearer's ankle, anatomically matching arch portion be able to.
足首および足に合致するパッド形状により、着用者の足首および足にクッション作用と共に特注フィットを与え、足首に支えを与えると共に足に安定性を与える。 The pad shape that matches the ankle and foot, giving custom fit with cushioning to the ankle and foot of the wearer, provide stability to the foot with give support to the ankle.

【0017】本発明の別の実施例では、流体導通流路は、靴甲皮内の流体充填パッドと靴かかと部の中央流体チャンバのみとの間に延在する。 In another embodiment of the invention, the fluid-conducting channel extends between only the central fluid chamber of the fluid-filled pad and shoe heel portion of the shoe upper leather. この実施例では、かかとリムチャンバおよび土踏まずブラダーは、足首ブラダーと流体連絡していない。 In this embodiment, the heel Rimuchanba and arch bladders do not contact ankle bladder fluid. またさらに別の実施例では、 In yet another embodiment,
靴甲皮内の流体充填パッドは靴底内の流体充填パッドと流体連絡していない。 Fluid-filled pad in the shoe upper leather does not contact fluid-filled pad and fluid in the shoe sole.

【0018】本発明のさらに別の実施例では、靴底のかかと部に位置する対のチャンバのうちの中央チャンバは、靴底の内側に収容されている。 [0018] In yet another embodiment of the present invention, the central chamber of the chambers of the pair located at the heel portion of the sole is housed inside the shoe sole. 馬蹄形かかとチャンバに対する中央チャンバの側方および長手方向での位置決めは本発明の第1実施例のそれとほぼ同じである。 Positioning in the lateral and longitudinal center chamber for horseshoe heel chamber is substantially the same as that of the first embodiment of the present invention. しかしながら、中央かかとチャンバは、靴底の頂面に位置する馬蹄形かかとチャンバ下方の垂直方向位置で靴底の材料内部に収容される。 However, the central heel chamber is accommodated within the material of the shoe sole in the vertical position of the horseshoe heel chamber downwardly positioned on the top surface of the sole. この実施例では、中央かかとチャンバは、残りのパッドから隔離されており、馬蹄形チャンバあるいは残りの流体充填パッドと流体連絡していない。 In this embodiment, central heel chamber is isolated from the rest of the pad, not to contact horseshoe shaped chamber or the remaining fluid-filled pads and the fluid. 種々の実施例において、中央かかとチャンバは、 In various embodiments, the central heel chamber,
解剖学的な形態またはトロイド形態のような種々の形態で与えられ得る。 It may be given in various forms, such as anatomical form or toroidal form.

【0019】本発明のさらなる目的および特徴は、図面を参照しての本発明の好ましい実施例に関する以下の詳しい説明から明らかとなろう。 [0019] Additional objects and features of the present invention will become apparent from the following detailed description of preferred embodiments of the present invention with reference to the drawings.

【0020】 [0020]

【実施例】本発明の反応エネルギ装置10の一実施例が図1〜5に示してある。 An embodiment of the reaction energy apparatus 10 of the embodiment of the present invention is shown in Figures 1-5. この実施例において、装置10 In this embodiment, device 10
は、右足用の運動靴12で用いられるものである。 It is intended to be used in athletic shoes 12 for the right foot. 左足用の靴で用いられる装置は、図示の右足用の靴とは鏡像の関係になる。 Device used in shoes left foot, a relation of mirror image to the shoes shown right foot. 装置を運動靴用として図示し、説明するが、本発明の装置は図示の運動靴以外の靴でも同様に使用でき、運動靴で用いるという説明は、ほんの例示であり、限定を意味するものではない。 Illustrates a device for the athletic shoe, is described, the apparatus of the present invention can also be used as well in shoes other than athletic shoes shown, described as used in athletic shoes is illustrative only, meant to be limiting in Absent.

【0021】装置10は、可撓性のある流体密のバリヤ材料、好ましくは、接着可能なプラスチックタイプのフィルムで構成される。 The apparatus 10, the barrier material of the flexible fluid-tight, preferably constructed of a film of bondable plastic types. ポリウレタンが好ましいが、本発明の装置を構成するのに特許請求の範囲から逸脱することなく他のタイプの可撓性のある流体密のバリヤ材料を使用できる。 Polyurethane is preferred, the barrier material of the fluid-tight with other types of flexible without departing from the scope of the appended claims to constitute the apparatus of the present invention can be used.

【0022】図3は靴12から取り出した本発明の反応エネルギ装置10の第1実施例を示す。 [0022] Figure 3 shows a first embodiment of a reaction energy apparatus 10 of the present invention taken out from the shoe 12. 図3でわかるように、装置10は、第1の内側足首流体封じ込めパッドまたはブラダー14と、第2の外側足首流体封じ込めパッドまたはブラダー16と、第3のかかとブラダー18 As seen in Figure 3, device 10 includes a first inner ankle fluid containment pad or bladder 14, a second outer ankle fluid containment pad or bladder 16, a third heel bladder 18
と、第4の土踏まずブラダー22と、第4の上方土踏まずブラダー24とからなる。 When, a fourth arch bladder 22, a fourth upper arch bladder 24. これら5つのブラダーの各々は、流体を封じ込める1つまたはそれ以上の内部チャンバを備えていてもよい。 Each of these five bladders may be provided with one or more internal chambers contain fluid. これから説明しようとしている本発明の実施例では、かかとブラダー18のみが2つの内部チャンバを備えている。 In an embodiment of the present invention that is intended to be explained, only the heel bladder 18 is provided with two internal chambers. 内側足首ブラダー14、 Inside ankle bladder 14,
外側足首ブラダー16、土踏まずブラダー22および上方土踏まずブラダー24は、すべて、単一の流体充填内部チャンバを備えたものである。 Outer ankle bladder 16, the arch bladder 22 and upper arch bladder 24 are all those with a single fluid-filled inner chamber. 5つの中空のブラダー14、16、18、22、24は、装置10の単一ユニットの構成部品として形成されており、装置は、可撓性のある流体密バリヤ材料の一対の重なり合っている層2 Five hollow bladder 14,16,18,22,24 is formed as a component part of a single unit of device 10, device has a pair of overlapping and a layer of flexible fluid-tight barrier material 2
6、28から作られる。 Made from 6, 28. 第3図で最も良くわかるように、重なり合った対の材料層26、28は、特殊な形態に形成された周囲境界32を有する。 As best seen in Figure 3, the material layer 26, 28 of the overlapping pair has a peripheral boundary 32 which is formed in a special form. これら周囲境界は、装置の5つのブラダーのそれぞれに、足の足首、かかと、土踏まずのそれぞれの領域に対応する解剖学的形状の輪郭を与える。 These peripheral boundaries, giving to each of the five bladders of the apparatus, the foot ankle, heel, the contour of the anatomical shape corresponding to the respective regions of the arch. 装置の頂部層26には所定の表面形態が成形してあり、底部層28はほぼ平坦である。 Predetermined surface forms the top layer 26 of the device Yes molded, bottom layer 28 is substantially flat. 頂部層26に成形した形状部は、5つのブラダーと、内外の足首ブラダー14、16の内部体積部をかかとブラダー18の内部体積部と連通させる一対の流体導通流路3 Molded shaped portion in the top layer 26, five and bladder, a pair of fluid-conducting channel 3 to the internal volume portion to pass the interior volume portion and the communicating of the heel bladder 18 of the inner and outer ankle bladder 14
4、36と、かかとブラダー18の内部体積部を土踏まずブラダー22、上方土踏まずブラダー24の内部体積部と連通させる流体導通流路38とを形成する。 And 4,36, arch bladder 22 inside volume portion of the heel bladder 18 to form a fluid-conducting channel 38 which communicates with the internal volume of the upper arch bladder 24.

【0023】足首、かかと、土踏まずおよび甲皮土踏まずの各ブラダーと流体導通流路の各々は、頂部材料層2 The ankle, heel, each of the bladders and a fluid-conducting passage of the arch and instep arch, the top material layer 2
6を図に示す相対関係で底部層28に取り付けたときに形成される。 6 is formed when attached to the bottom layer 28 with a relative relationship shown in FIG. 頂部材料層26に成形した形状部は、装置の5つのブラダーの各々の可撓性のある側壁として役立つ。 Molded shape portion at the top material layer 26 serves as a five each flexible side wall of the bladder device. これらの形状部は任意公知の方法によって頂部層に成形することができる。 These shaped portions may be molded into the top layer by any known method. 図示した5つのブラダーの特定の形状は、本装置を具体化している靴12に挿入した足にクッション作用を与えることができると共に、靴に挿入した足に支え、安定性および特注並のフィット感を与えることができる。 The particular shape of the five bladders shown, it is possible to the foot inserted in the shoe 12 embodying the present apparatus for providing cushioning, support the foot inserted in the shoe, stability and custom moderate fit it is possible to give. 図1〜5に示したブラダーの各々は解剖学的な形状を有するが、異なった形態であってもよい。 Each of the bladder shown in Figure 1-5 has an anatomical shape, it may be in different forms. たとえば、かかとブラダーが、後に説明するように、トロイド形状の中央チャンバを備えるように構成してあってもよい。 For example, as the heel bladder will be described later, it may be each other configured to include a central chamber of the toroid.

【0024】重なり合っている頂部、底部の材料層2 The top portion overlapping the bottom of the material layer 2
6、28は、周囲フランジ32に沿って相互にシールされる。 6, 28 is sealed to one another along a peripheral flange 32. この周囲フランジは、5つのブラダー14、1 The peripheral flange is, five of the bladder 14,1
6、18、22、24およびブラダー間に延在する流体導通流路34、36、38の境界を完全に囲み、それらを定める。 Completely surrounds the boundary of the fluid-conducting passages 34, 36, 38 extending between 6,18,22,24 and bladder define them. 装置の周囲フランジ32をシールすることによって、ブラダー14、16、18、22、24の内部体積部およびこれら2つの材料層の間の流路34、3 By sealing the peripheral flange 32 of the device, the internal volume of the bladder 14,16,18,22,24 and flow path between these two material layers 34,3
6、38を密閉する。 To seal the 6, 38. 頂部、底部の層は、フランジ32 Top, the layer of the bottom flange 32
の領域において、接着剤、無線周波(RF)溶接または他の同等の方法によって相互にシールされ得る。 In the area, the adhesive may be sealed to one another by radio frequency (RF) welding or other equivalent methods. 周囲フランジ32のところに形成されたシールは、流体密であり、各ブラダーに完全に密閉された内部体積部を形成する。 Seal formed at the peripheral flange 32 is fluid-tight, to form an interior volume portion that is completely sealed to the respective bladders. かかとブラダー18を除いてすべてのブラダーを1 1 all of the bladder with the exception of the heel bladder 18
つの内部チャンバを密閉するものとして説明したが、本発明の別の実施例では、ブラダーが2つまたはそれ以上の個別のチャンバを密閉してもよく、また、これらのチャンバが互いに流体連絡していてもしていなくてもよい。 One of it is described that seals the internal chamber, in another embodiment of the present invention, the bladder may be sealed two or more separate chambers, also, the chambers are in fluid communication with each other it may not be even.

【0025】対の材料層26、28の、装置の周囲境界32の内側の付加的な重なり領域も相互に取り付けられる。 The pairs of the material layers 26, 28, additional overlap area of ​​the inner circumference border 32 of the device is also attached to each other. 図3でわかるように、頂部、底部の層26、28 As seen in Figure 3, top, bottom layer 26, 28
は、内外の足首ブラダー14、16の内部体積部をかかとブラダー18の内部体積部と連通させる対の流体導通流路34、36の間の領域42で相互に取り付けられている。 Is attached to each other in the area 42 between the interior volume portion and communicating pairs in fluid-conducting passages 34, 36 of the heel bladder 18 inside volume of the inner and outer ankle bladder 14. 2つの層のシール領域42は、対の流体導通流路34、36を分離するばかりでなく、流体導通流路3 Seal region 42 of the two layers, not only to separate the fluid-conducting passages 34 and 36 of the pair, fluid-conducting channel 3
4、36の横断面積を較正するのにも役立つ。 The cross-sectional area of ​​4,36 also serves to calibrate. 2つの流路34、36の横断面積の較正により、これらの流路が内外の足首ブラダー14、16とかかとブラダー18の間の流体の流量を制御することができる。 The calibration of the cross-sectional area of ​​the two flow paths 34 and 36, it is possible to these flow paths to control the flow rate of fluid between the inner and outer ankle bladder 14,16 heel and the bladder 18. 本発明の別の実施例において、オリフィスのような流量制御弁が流路34、36の各々に設けてあり、足首ブラダー14、1 In another embodiment of the present invention, the flow control valve, such as orifice is provided with a respective passage 34, 36, ankle bladder 14,1
6とかかとブラダー18の間の流体の流量を制御するようになっている。 And controls the flow of fluid between 6 heel and the bladder 18. 流路34、36、38の各々は、頂部材料層の成形した形状部と、シールした周囲フランジ3 Each passage 34, 36, 38, and molded-shaped portion of the top material layer, peripheral flange 3 which is sealed
4の、流路の両側にある部分と、対の流路34、36の間のシール層領域42とによって形成される。 4, a portion on both sides of the channel, formed by the seal layer region 42 between the pair of channels 34,36. 本発明の装置10を靴内に組み込んだとき、流体導通流路34、 When incorporating the device 10 of the present invention in the shoe, the fluid conducting passage 34,
36は後に説明する保護チューブによって取り囲まれる。 36 is surrounded by a protective tube to be described later. このチューブは、基本的に、流路が靴の動きによって潰されるのを防ぐ。 This tube is essentially, the flow path is prevented from being crushed by the movement of the shoe.

【0026】各ブラダーには中位の粘度の流体44が満たしてある。 [0026] Each bladder are filled fluid 44 viscosity medium. ブラダーに満たす流体としては種々の流体を使用し得る。 The fluid filling the bladder may use various fluids. 流体は、種々の粘度を有する2種類またはそれ以上の種類の流体の組成物であってもよいし、あるいは、中空の球体に限らないが、流体内に浮遊する固体あるいは気泡を含むものであってもよい。 The fluid may be a composition of two or more types of fluids having different viscosities, or, but are not limited to hollow spheres, comprise a solid or gas bubbles suspended in the fluid it may be. 各ブラダーは、流体と組み合わせて発泡スポンジを含んでいてもよい。 Each bladder may comprise a foamed sponge in combination with fluid. スポンジは、ブラダーにパッド作用を加え、流体の若干量を押しのけるので、ブラダーの重量を低減できる。 Sponge, a pad acts in addition to the bladder, so displace some quantity of fluid, can reduce the weight of the bladder.

【0027】図3に示す内側足首ブラダー14と外側足首ブラダー16のために、対の材料層26、28は、くるぶしの下、後、上にブラダー14、16を広げるように特殊な形態に切断した周囲境界32を有する。 [0027] For the inner ankle bladder 14 and the outer ankle bladder 16 shown in FIG. 3, the material layer 26, 28 of the pair, under the ankle, back, cut into a special form so as to expand the bladder 14, 16 on having a peripheral boundary 32 was. ブラダー周縁32の形態は、靴12の甲皮に一致するようにも選ばれるが、これは二次的な要件である。 Forms of bladder perimeter 32 is also chosen to match the carapace of the shoe 12, which is a secondary requirements. 対の足首ブラダー14、16の周囲境界32の形態を決定する際の一次的要件は、足首に特注並のフィット感および支えを与えるに充分に足首の両側まわりにブラダーを延在させることである。 Primary requirements for determining the form of the surrounding border 32 of the pair of ankle bladder 14, 16 is to extend the bladder sufficiently around both sides of the ankle give fit and support custom parallel to the ankle . 周囲境界32を形成するに際して、1つまたはそれ以上のタブ46を装置10の周囲境界まわりに設けるとよい。 In forming a peripheral border 32 may be provided with one or more tabs 46 around the boundary around the device 10. タブ46は、靴の甲皮に装置を位置決めし、固着するのに使用できる。 Tab 46, to position the device to the carapace of shoes, can be used to sticking. あるいは、靴甲皮に装置を位置決め、固着する他の方法を用いてもよい。 Alternatively, positioning the device in the shoe uppers may use other methods of fixation. 内側足首ブラダー14と外側足首ブラダー16の間には、材料層26、28のいくつかの重なり部分48が位置し、これらを相互に接着し、シールする。 Between the inner ankle bladder 14 and the outer ankle bladder 16, and some of the overlapping portion 48 is positioned in the material layers 26 and 28, and adhering the mutually, to seal. 図3でわかるように、重なり部分48の各々は、互いに分離しており、また、2つの足首ブラダー14、16の間に延在する導管52によってシール済みの周囲境界32から分離している。 As seen in Figure 3, the overlapping portions 48 each are separated from each other, also separated from the seal already around the boundary 32 by a conduit 52 extending between the two ankle bladder 14. 導管52は、2つの重なり合っている材料層26、 Conduit 52, two overlapping and have material layer 26,
28の部分48を導管52の両側で接着し、シールするときに形成される。 28 parts 48 of the adhered on both sides of the conduit 52, formed when sealing. 流体ブラダー14、16の各々における中央点54、56も接着して重なり合っている材料層26、28を相互に固着する。 Central points 54, 56 in each of the fluid bladders 14 and 16 are also secured to each other layers of material 26 and 28 overlap to adhere. シールした中央点5 Seal the central point 5
4、56は、流体がブラダーの内部体積部に入ったときに足首ブラダー14、16が過剰に膨張するのを防ぐ。 4,56 prevents the ankle bladder 14, 16 is excessively expanded when the fluid enters the interior volume of the bladder.

【0028】内外の足首ブラダー14、16間のシール部分48の寸法は、これらシール部分と周囲境界32の間に形成された流体導管52の横断面積を較正するように決定される。 The dimensions of the seal portion 48 between the inner and outer ankle bladder 14, 16 is determined cross-sectional area of ​​the fluid conduit 52 which is formed between the sealing portion and the surrounding border 32 to calibrate. 内外の足首ブラダー14、16間に延在する導管52の較正した横断面積は、これらブラダーの内部体積部間を導管52を通して流れる流体の流量を制御し、着地衝撃力が加えられるブラダー内部領域に流体の一部を保持し、このブラダー領域において足首に対するクッション作用、支えを維持する。 Calibrated cross-section has a conduit 52 extending between the inner and outer ankle bladder 14 and 16, controls the flow rate of the fluid flowing between the internal volume of these bladders through conduit 52, to the bladder interior region landing impact force is applied holding a portion of the fluid, maintaining cushioning for the ankle, the support in this bladder area.

【0029】図3を参照してわかるように、圧力が左側の内側足首ブラダー14に加わったとき、このブラダー内の流体は、導管52を通して右側の外側足首ブラダー16に流れ込み、重なり合っている材料層26、28の定める平面からこの外側足首ブラダーを膨張させることになる。 [0029] As can be seen with reference to FIG. 3, when the pressure is applied to the inner ankle bladder 14 on the left side, the fluid in the bladder flows into the right side of the outer ankle bladder 16 through the conduit 52, the overlapping material layers 26 and 28 thus inflating the outer ankle bladder from the plane established by the. また、圧力が右側の外側足首ブラダー16に加わると、このブラダー内の流体が導管52を通して左側の内側足首ブラダー14に流れ、重なり合っている材料層26、28の定める平面からこの内側足首ブラダーを膨張させることになる。 Further, when the pressure is applied to the right side of the outer ankle bladder 16, the fluid in the bladder to flow through conduit 52 to the left of the inner ankle bladder 14, the inner ankle bladder from the plane established by the material layer 26 and 28 overlap the expansion It will be. 装置10に加えられた力は、内外の足首ブラダー14、16によって囲まれた足首領域に限られる。 It was added to the apparatus 10 the force is limited to the ankle region surrounded by the inner and outer ankle bladder 14. 装置10の内外の足首ブラダー14、16 Inside and outside of the device 10 of the ankle bladder 14, 16
間に延在するシール領域48は、導管52内の流体の圧力の増大により導管52が多少とも膨張するのを阻止する。 Sealing region 48 extending between the blocks the conduit 52 is expanded more or less due to the increased pressure of the fluid in the conduit 52. このようにして、流体は、内外の足首ブラダー1 In this way, the fluid inside and outside of the ankle bladder 1
4、16間で前後に流動してこれらのブラダーを膨張させ、足首の内外面に反応力を加えながらも、流体がブラダー間を流れるときにアキレス腱に多少とも圧力が加わるのを防ぐことができる。 It flows back and forth between 4,16 inflating these bladders, while the reaction force to the inner and outer surfaces of the ankle, the fluid can be prevented somewhat as applied pressure to the Achilles tendon when flowing between bladders .

【0030】内側足首ブラダー14および外側足首ブラダー16は、流体導通流路34、36を通してかかとブラダー18と流体連絡している。 The inner ankle bladder 14 and the outer ankle bladder 16 is in communication heel bladder 18 and the fluid through the fluid conducting passage 34, 36. 流体が足首ブラダー1 Fluid ankle bladder 1
4、16とかかとブラダー18との間を流れることのできる流量は、2つの流路34、36の較正した横断面積に依存する。 4, 16 flow rate that can flow between the heel and the bladder 18 is dependent on the calibrated cross-section has two flow paths 34, 36. 流路34、36の横断面積は、ブラダーの頂部層26に加えられる力によって内外の足首ブラダー14、16の内部体積部から流体が押し出される率を制限し、足首ブラダー14、16内に或る量の流体を保持して使用者の足首にクッション作用、支えを与えると共にこの足首まわりに特注並のフィット感を与える。 Cross-sectional area of ​​the passage 34, 36 limits the rate at which fluid is forced from the interior volume of the inner and outer ankle bladder 14, 16 by the force applied to the top layer 26 of the bladder, some in the ankle bladder 14 cushioning the ankle of the user holding the fluid amount, it gives a fit custom parallel around the ankle with give support.

【0031】同様にして、流路34、36の横断面積は、ブラダーの頂部層26に加えられる力によってかかとブラダー18の内部体積部から流体が押し出される率を制限し、かかとブラダー内に或る量の流体を保持して着地衝撃により足のかかと部に加えられる力にクッション作用を与える。 [0031] Similarly, the cross-sectional area of ​​the passage 34, 36 limits the rate at which fluid is forced from the interior volume of the heel bladder 18 by the force applied to the top layer 26 of the bladder, one in the heel bladder holding the quantity of fluid to give a cushioning effect to a force applied to the heel portion of the foot by landing impact. あるいは、オリフィスのような流量制御弁を各流路34、36に設けてこれらの流路を通る流体の流量を制御するようにしてもよい。 Alternatively, it is also possible to control the flow of fluid through these flow paths is provided a flow control valve such as an orifice in each channel 34, 36. 制御弁の位置は図3に破線で示してある。 Position of the control valve is shown in broken lines in FIG.

【0032】かかとブラダー18には、2つの個別のチャンバ、すなわち、中央チャンバ62とリムチャンバ6 [0032] The heel bladder 18, two separate chambers, i.e., the central chamber 62 and Rimuchanba 6
4とが形成してある。 4 and is is formed. 中央チャンバ62は、装置を構成している重なり合った材料層の頂部層26に形成した複数の溝66によってリムチャンバ64から隔離されている。 Central chamber 62 is isolated from Rimuchanba 64 by a plurality of grooves 66 formed in the top layer 26 of the overlapping material layers constituting the device. これらの溝66は、頂部材料層26にへこみまたはくぼみとして形成される。 These grooves 66 are formed as indentations or depressions in the top material layer 26. 溝66の各々は、かかとブラダー18まわりに延在する馬蹄形の列として端と端を突き合わせて配置した設定長さを有する。 Each groove 66 has a set length which is disposed against the end to end as a sequence of horseshoe that extends around the heel bladder 18. 溝66のくぼみは、かかとブラダーの内部体積部を満たす流体44を通して頂部材料層26の下方へ下向きに延び、各溝66の底は底部材料層28に固着される。 Depression of the groove 66 extends downwardly below the top material layer 26 through the fluid 44 to fill the interior volume of the heel bladder, the bottom of each groove 66 is secured to the bottom material layer 28. 溝の底は、接着剤、 Bottom of the groove, an adhesive,
高周波溶接その他同様の方法によって底部材料層にシールすることができる。 It can be sealed to the bottom material layer by a high frequency welding or similar methods.

【0033】これら複数の溝66は、かかとブラダー1 [0033] These plurality of grooves 66, the heel bladder 1
8の内部体積部内に対向した側部および対向した端部を有する壁セグメントを構成する。 Constituting a wall segment having opposed sides and opposed ends within the interior volume of 8. これら壁セグメントは、内部体積部を個別の領域またはチャンバに分割し、 These wall segments may divide the interior volume portion into separate regions or chambers,
頂部層26を底部層28から隔たった状態に固着し、装置10内の流体44がかかとブラダー内へ流れるときに頂部層が底部層から過剰に膨張するのを防ぐ。 Fixed in a state spaced a top layer 26 from the bottom layer 28, top layer when the fluid 44 within the device 10 flows into the heel bladder is prevented from excessively expanding from the bottom layer.

【0034】かかとブラダー内部に溝66によって形成された複数の壁セグメントは、また、かかとブラダーの内部を通る流体の自由な流れに抵抗を与える流れ絞り装置としても役立つ。 The heel plurality of wall segments formed by the bladder inside the groove 66, also serves as a flow restriction device provides resistance to the free flow of fluid through the interior of the heel bladder. 隣り合った溝66間の開口は、かかとブラダーの中央チャンバ62とリムチャンバ64の間の流体の流量を制御するように較正した横断面積を有する。 Opening between the grooves 66 adjacent to each other, has a calibrated cross-section has to control the flow of fluid between the central chamber 62 and Rimuchanba 64 of the heel bladder. かかとブラダー18の内部の隣り合った溝66の間のすぺえすの較正横断面積およびかかとブラダーを内外の足首ブラダー14、16と連通する流路34、36の較正横断面積は、かかとブラダーに加えられている力に応答して流体44がかかとブラダーの内部体積部から追い出される率を制御し、それによって、かかとブラダーが着地衝撃に抗して足のかかとにクッション作用を与えると共に、靴のかかと部内で足のかかとを支持し、安定させる能力を維持する。 Calibration cross-sectional area of ​​the space Ethno calibration cross-sectional area and the heel bladder and out of the ankle bladder 14, 16 and communicating with the channel 34, 36 between the interior of the neighboring grooves 66 in the heel bladder 18 is added to the heel bladder It is the fluid 44 to control the rate expelled from the interior volume of the heel bladder in response to the force and, thereby, the heel bladder provides cushioning to the heel of the foot against the landing impact, heel shoes supporting the heel of the foot in section, retain the ability to stabilize.

【0035】リムチャンバ64の馬蹄形またはU字形により、リムチャンバが着地衝撃に応答して足の裏に安定化力を与えることができる。 [0035] The horseshoe-shaped or U-shaped Rimuchanba 64, Rimuchanba can give a stabilizing force to the sole of the foot in response to landing impact. たとえば、着地衝撃力が足の土踏まず部に隣接してまたは足の内側に沿ってリムチャンバ64に加えられたとき、リムチャンバの内側部は圧縮され、かかとブラダー内の流体をリムチャンバまわりにその反対側へ強制的に移動させる。 For example, when the landing impact force is applied to the Rimuchanba 64 along the inside of the adjacent or foot arch portion of the foot, the inner portion of the Rimuchanba is compressed, the fluid within the heel bladder to the other side around Rimuchanba forced to move. かかとブラダーの隣り合った溝66の間隔が流体の自由な流れを絞るので、流体はより容易にリムチャンバ64まわりに衝撃力が加えられた側からその反対側に流れる。 The spacing of the grooves 66 adjacent the heel bladder squeeze the free flow of fluid, the fluid flows more easily from the side on which the impact force is applied around the Rimuchanba 64 on the opposite side. リムチャンバの反対側への流体の流れは、この側での流体圧力を増大させ、ブラダーのこの側をやや膨張させ、かかとブラダーに力が加わる側から足のかかと底部の反対側に反応力を加えることになる。 Fluid flow to the opposite side of the Rimuchanba increases the fluid pressure at this side, slightly inflating the side bladder applies a reaction force to the opposite side of the heel bottom of the foot from the side where the force is applied to the heel bladder It will be. これが、衝撃力の足のかかとのより大きな面積にわたる再分布を生じさせ、靴内で足のかかとを安定させる。 This causes a redistribution over a larger area of ​​the heel of the impact force foot, stabilize the heel of the foot in the shoe. 着地衝撃がかかとブラダーの反対側、すなわち、外側で生じた場合には、かかとブラダーのこの側に加えられた力はこの側でかかとブラダーを圧縮することになる。 The opposite side of the landing impact heel bladder, i.e., when produced outside the force applied to the side of the heel bladder will be to compress the heel bladder on this side. これは、順次に、かかとブラダーの圧縮側にある流体をリムチャンバのまわりにその反対側すなわち内側へ流し、流体の圧力が増大し、リムチャンバのこの側を膨張させることになる。 This, sequentially, the fluid in the compression side of the heel bladder flows to the opposite side, i.e. inside around the Rimuchanba, the pressure of the fluid is increased, so that inflating the side Rimuchanba. この膨張が足のかかとの内側へ反応力を加え、足のかかとを安定させ、衝撃力を足のかかとのより大きな面積にわたって再分布させる。 The expansion of the reaction force applied to the inside of the heel of the foot, to stabilize the heel of the foot, redistributing the impact force over a greater area of ​​the heel of the foot. 靴底の縁に生じた着地衝撃力を足のかかとのより大きな面積にわたって分布させることによって、かかとブラダーは中心のずれた着地衝撃に抗して足のかかとを安定させるのに役立つ。 By distributing the landing impact force generated at the edge of the sole over a greater area of ​​the heel of the foot, the heel bladder helps the heel of the foot against the landing impact with shifted center to stabilize.

【0036】本発明の別の実施例では、かかとブラダーの中央チャンバ62の内部体積部に弾性パッド68が設けられる。 [0036] In another embodiment of the invention, the elastic pad 68 provided on the interior volume of the central chamber 62 of the heel bladder. このかかとパッドは、弾性のある発泡スポンジ材料で作ると好ましい。 The heel pad is preferably made of a foamed sponge material which is elastic. しかしながら、パッドは、他の同様のタイプの弾性材料で作ってもよい。 However, the pad may be made of a resilient material other similar type. パッドの目的は、チャンバを満たす流体44によって与えられるクッション作用に加えて、かかとブラダーの中央チャンバ62にクッション作用を追加することにある。 The purpose of the pad, in addition to the cushioning provided by a fluid 44 to satisfy the chamber is to add cushioning to the central chamber 62 of the heel bladder. 中央チャンバ62におけるパッド68の存在は、また、流体44 The presence of the pad 68 in the central chamber 62, The fluid 44
を中央チャンバから排出させ、かかとブラダーの重量を減らすことにもなる。 Was discharged from the central chamber, also reduce the weight of the heel bladder.

【0037】土踏まずブラダーおよび上方土踏まずブラダー22、24は、流体導通流路38を通してかかとブラダー18と流体連絡している。 The arch bladder and upper arch bladder 22 is in communication heel bladder 18 and the fluid through the fluid conducting channel 38. 土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダー22、24とかかとブラダー18の間で流体44が流れる率は、流路38の較正横断面積に依存する。 Arch bladder, the rate at which fluid 44 flows between the upper arch bladders 22, 24 heel and the bladder 18 is dependent on the calibration cross-sectional area of ​​the flow path 38. この流路の横断面積は、ブラダー間を流体が流れるのを可能とするように寸法決めされる。 Cross-sectional area of ​​the channel is sized to allow the flow of fluid between the bladder. しかしながら、流路38の横断面積は、ブラダーの頂部層26に加えられる力によって流体がかかとブラダー内部体積部から追い出される率を制限し、かかとブラダー18内に或る量の流体を保持し、着地衝撃により足のかかと部に加えられる力にクッション作用を与える。 However, the cross-sectional area of ​​the passage 38, fluid will limit the rate expelled from the heel bladder interior volume portion by the force applied to the top layer 26 of the bladder, a quantity of fluid retained in the heel bladder 18, landing providing cushioning in the force applied to the heel portion of the foot by the impact.

【0038】先に述べたように、土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダー22、24は、足の土踏まず部の形状に一致する形状を与えられる。 [0038] As noted above, the arch bladder, upper arch bladders 22 and 24 are given a shape that matches the shape of the arch of the foot. 靴12に組み込んだとき、土踏まずブラダー22と上方土踏まずブラダー24 When incorporated in the shoe 12, the arch bladder 22 and the upper arch bladder 24
は、足の土踏まずの下側と内側に沿って面接触し、足の土踏まずを支持し、クッション作用を与えるのに加えて足のこの領域で靴の特注並のフィット感を与える。 It is in surface contact along the lower and inner foot arch, and support the arch of the foot, providing customized moderate fit of the shoe in this area of ​​the foot in addition to providing a cushioning.

【0039】複数の第2の溝72が土踏まずブラダー2 The plurality of second grooves 72 are arch bladder 2
2と上方土踏まずブラダー24の間に延在している。 It extends between 2 and upper arch bladder 24. これら第2の溝は、かかとブラダーの中央チャンバ62とリムチャンバ64の間に延在する第1の溝66とほぼ同じ要領で形成される。 These second grooves are formed substantially in the same manner as the first groove 66 extending between the central chamber 62 and Rimuchanba 64 of the heel bladder. 第2の溝72は、へこみまたはくぼみとして頂部材料層26に形成される。 The second groove 72 is formed in the top material layer 26 as indentations or depressions. これらの溝7 These grooves 7
2は、土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダーの内部体積部を満たす流体44を通して頂部層26の下方へ下向きに延び、第1の溝と同じ要領で底部材料層28に固着される。 2, arch bladder, extends downwardly below the top layer 26 through the fluid 44 to fill the interior volume of the upper arch bladder is secured to the bottom material layer 28 in the same manner as the first groove. 第2の溝72は、土踏まずブラダー22と上方土踏まずブラダー24の間で折り線を形成する。 The second groove 72 forms a fold line between the arch bladder 22 and upper arch bladder 24. この折り線は、土踏まずブラダー22に隣接した、その上方の位置で上方土踏まずブラダー24を折り曲げるのを可能とする。 This fold line is adjacent to the arch bladder 22, to allow the folding of the upper arch bladder 24 at the location of its upper. これにより、靴着用者の足の土踏まずに隣接して靴12の甲皮部に上方土踏まずブラダー24を装着するのが可能となると共に、着用者の足の土踏まずのすぐ下で靴底に土踏まずブラダー22を装着することが可能となる。 Thus, the arch bladder with becomes possible to mount the upper arch bladder 24 to the instep portion of the shoe 12 adjacent to the arch of the shoe wearer's foot, the shoe sole just below the arch of the wearer's foot 22 can be mounted.

【0040】かかとブラダー18の溝66と同様に、第2の溝72も、土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダーの内部体積部を分割する壁セグメントとして役立つ。 [0040] Similar to the groove 66 of the heel bladder 18, the second groove 72 also serves as a wall segment for dividing the arch bladder, the interior volume of the upper arch bladder.
これら第2溝72によって形成された壁セグメントは、 Wall segments formed by these second grooves 72,
土踏まずブラダー22と上方土踏まずブラダー24の間を流れる流体の流量を絞り、制御する。 Throttle the flow rate of the fluid flowing between the arch bladder 22 and upper arch bladder 24 is controlled. 溝72によって形成された隣り合った壁セグメント間の間隔または開口は、土踏まずブラダーと上方土踏まずブラダーの間の流体の流れを制御するように較正される。 Spacing or opening between the wall segments adjacent formed by the groove 72 is calibrated to control the flow of fluid between the arch bladder and upper arch bladder. 隣り合った溝7 Adjacent groove 7
2間の開口の較正は、土踏まずブラダーと上方土踏まずブラダーの間の流体の流れを制御するように行う。 Calibration of the opening between the two is performed so as to control the flow of fluid between the arch bladder and upper arch bladder. 隣り合った溝72間の開口の較正は、土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダーの一方に加えられる力に応答してこの一方のブラダーから他方のブラダーに流れる流体を絞る、または、その流量を制限する。 Calibration of the opening between each other a groove 72 next to the arch bladder, in response to force applied to one of the upper arch bladders squeeze fluid flowing from the one bladder to the other bladder, or to restrict its flow. これは、土踏まずブラダーまたは上方土踏まずブラダーの内部体積部内に或る量の流体を保持し、足の土踏まずが土踏まずブラダーまたは上方土踏まずブラダーに力を加えるであろうランニングその他の活動時に足の土踏まずを支えると共にそれにクッション作用を与える。 It holds a quantity of fluid into the interior volume of the arch bladder or the upper arch bladder support arch of the foot during would foot arch applies a force to the arch bladder or the upper arch bladder running other activities it to give a cushion effect along with. 土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダーの着地衝撃力を加えられた方のブラダーから他方のブラダーへの流体の流れは、この他方のブラダーをやや膨張させる。 Arch bladder, the fluid flow from the upper arch bladder towards the bladder landing impact force applied to the other bladder, slightly inflating the other bladder. 他方のブラダーの膨張は、足の土踏まず部に反応力を加える。 Expansion of the other bladders, add a reaction force to the arch of the foot. 他方のブラダーによって加えられた反応力は、着地衝撃力を足の土踏まずのより大きな面積にわたって分布させ、それによって、足への着地衝撃力を低減するのに役立つ。 The reaction force applied by the other bladder, the landing impact forces are distributed over a larger area of ​​the arch of the foot, thereby helps to reduce the landing impact force to the foot.

【0041】図1は、本発明の装置10を、右足用の運動靴12の甲皮82、下底84についての相対位置で示す。 [0041] Figure 1 is a device 10 of the present invention, the carapace 82 athletic shoes 12 for the right foot, showing a relative position for the lower base 84. 右足用運動靴12の足首内側すなわち左側のみが図1には示してある。 Only ankle inner or left of the right foot athletic shoe 12 is shown in FIG. しかしながら、内外の足首ブラダー14、16、かかとブラダー18、土踏まずブラダー、 However, inside and outside of the ankle bladder 14 and 16, the heel bladder 18, the arch bladder,
上方土踏まずブラダー22、24の相対位置は図1でわかる。 The relative positions of the upper arch bladders 22, 24 seen in FIG. 図2で最も良くわかるように、かかとブラダー1 As best seen in FIG. 2, the heel bladder 1
8と土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダー22、2 8 and arch bladders, the upper arch bladders 22, 24, 32
4は、靴内部で靴下底84の頂面に支持されており、上方土踏まずブラダー24の場合、靴甲皮82の内面の一部に対して支持されている。 4 is supported on the top surface of the sock bottom 84 inside the shoe, when the upper arch bladder 24 is supported against the part of the inner surface of Kutsukabutogawa 82. 図2に示す実施例では、かかとブラダー18と土踏まずブラダー22の頂面を覆って薄い層状のパッド86が設置してある。 In the embodiment shown in FIG. 2, a thin layer of the pad 86 over the top surface of the heel bladder 18 and the arch bladder 22 are installed. 靴甲皮の内部層88の一部が上方土踏まずブラダー24を覆って設けてある。 Part of the inner layer 88 of the shoe upper leather is provided to cover the upper arch bladder 24. 中敷き92がパッド層86と甲皮内部層88の下縁に重なっている。 Insole 92 overlaps the lower edge of the pad layer 86 and the instep inner layer 88. 装置の流体ブラダーを図2に示す要領で薄い材料層と重ね合わせることによって、装置の行う反応力分布効果が完全に靴着用者の足に与えられる。 The fluid bladder device by superposing a thin layer of material in a manner shown in FIG. 2, the reaction force distribution effect performed by the device is applied to the foot completely shoe wearer. 本装置は、図示した以外の方法で靴12の内側に収容してもよい。 The apparatus may be housed inside the shoe 12 in a manner other than that shown. たとえば、装置のかかとブラダーおよび土踏まずブラダーは、靴の下底84を形成するのに用いられた材料内に埋め込んでもよい。 For example, the heel bladder and arch bladders of the apparatus may be embedded within the material used to form the lower bottom 84 of the shoe.

【0042】足首ブラダー14、16をかかとブラダー18と連通する流路34、36のまわりには剛性の中空チューブ94が設けてある。 [0042] Around the flow passage 34, 36 in communication with the heel bladder 18 ankle bladder 14, 16 hollow tube 94 of rigid is provided. このチューブ94は、図1 This tube 94, as shown in FIG. 1
では、靴甲皮が靴底を結合する靴かかと部のところに示してある。 In, shoe upper leather is shown in the place of the shoe heel to combine the shoe sole. 図1でわかるように、チューブ94は、軽い湾曲を有し、流路が靴の甲皮部分から靴底に向かって曲がるときに流路34、36の可撓性材料が押し潰されるのを防ぐようになっている。 As seen in Figure 1, the tube 94 has a light bending, the flow path of the flexible material of the flow path 34, 36 are crushed when turning towards the sole from instep portion of the shoe It is adapted to prevent.

【0043】普通の運動靴では、靴の甲皮82が着用者の足首まわりに固着されたときに、靴甲皮の内面がくるぶしと係合する。 [0043] In a normal athletic shoes, when the carapace 82 of the shoe is fixed around the ankle of the wearer, the inner surface of the shoe upper leather is engaged with the ankle. くるぶしの骨の突出側部は、その上、 Projecting side of the anklebone is thereon,
後、下で甲皮の内面と足首の面との間にスペースを生じさせる。 After, causing the space between the inner surface and the ankle of the surface of the carapace under. 図1を参照してわかるように、装置10の内外の流体充填足首ブラダー14、16に与えられる形態は、くるぶしの上、後、下で靴甲皮の内面と足首表面との間のスペースを満たすように決める。 As it can be seen with reference to FIG. 1, the form given to the inside and outside of the fluid-filled ankle bladder 14, 16 of the device 10, on the ankle, after the space between the shoe upper leather inner and ankle surfaces under decide as to satisfy. 装置10に組み込んだ靴甲皮82が着用者の足首まわりに固着されたとき、足首ブラダー14、16内の流体は、ブラダーに、 When the shoe uppers 82 incorporating the device 10 is secured around the ankle of the wearer, the fluid in the ankle bladder 14, the bladder,
くるぶしの上、後、下の足首表面に一致した形態をとらせる。 On the ankle after, assume a form that matches the ankle surface below. こうして、本発明の装置10は、靴の着用者の足首に靴甲皮82の特注並のフィット感を与える。 In this way, the device 10 of the present invention provides a custom-made parallel of the fit of Kutsukabutogawa 82 to the ankle of the wearer of the shoes. 流体充填ブラダー14、16のくるぶしとの係合は足首の支えも与える。 Engagement of the ankle of the fluid-filled bladder 14, 16 also provide support for the ankle.

【0044】本発明の装置10を組み込んだ靴12が着用者の足および足首まわりに固着した場合、歩行、ランニングその他の活動時に足首が動くとき、足首は靴甲皮82内で動く。 [0044] When the shoes 12 incorporating the apparatus 10 of the present invention is fixed to the foot and ankle around the wearer, walking, when the ankle moves when running other activities, ankle moves in Kutsukabutogawa within 82. 靴甲皮82内での足首の動きは、対の足首ブラダー14、16に対して絶えず変わる圧力を加える。 Motion of the ankle in Kutsukabutogawa within 82 exerts a constantly changing pressure to a pair of ankle bladder 14. 足首が1つのブラダーを押圧してそのブラダーにかかる圧力を高めると、そのブラダー内の流体は導管52 When the ankle increases the pressure on the bladder to press the single bladder, the fluid within the bladder conduit 52
を通して他方のブラダーへ、そして、流路34、36を通してかかとブラダーおよび土踏まずブラダーに押される。 Through to the other of the bladder, and pushed the heel bladder and arch bladders through the channel 34, 36. しかしながら、流路34、36の較正横断面が対の足首ブラダー14、16とかかとブラダー、土踏まずブラダー22、24の間の流体の流量を絞るため、大部分の流体は対の土踏まずブラダー内に残る。 However, calibration cross section of the channel 34 and 36 versus ankle bladder 14,16 heel and bladder, to narrow the flow of fluid between the arch bladder 22, a large portion of the fluid remains in the pair of arch bladder . 流体が一方の土踏まずブラダーから他方の土踏まずブラダーへ流されると、圧力が加わったブラダーがその厚みを減らし、流体が流入する他方のブラダーはその厚みを増す。 When the fluid flows from one arch bladders to the other arch bladders, reduced bladder its thickness a pressure is applied, the other bladders fluid flows increases the thickness thereof. 普通の靴では、靴甲皮の片側に向かう足首の動きは、しばしば、靴甲皮の反対側を足首から分離させ、足首への支えを減らすか無くしてしまう。 In a normal shoe, the movement of the ankle toward the one side of the shoe upper leather is, often, to separate the opposite side of the shoe upper leather from the ankle, would eliminate or reduce the support to the ankle. 本発明では、着用者の足首が甲皮82の片側に向かって動き、甲皮のこの側に収容されている流体ブラダーへ圧力を加えると、そのブラダー内の流体は導管52を通って靴の反対側(足首が離れた側)にあるブラダーに流れる。 In the present invention, the ankle of the wearer moves toward one side of the carapace 82 and applying pressure to the fluid bladder is accommodated in the side of the carapace, in the bladder fluid shoe through conduit 52 It flows to the bladder, which is on the opposite side (ankle has left side). これにより、この反対側のブラダーが膨張し、足首が靴甲皮から離れるにつれて足首の反対側との支持接触を維持する。 Accordingly, the opposite side of the bladder is inflated, ankle to maintain support contact with the opposite side of the ankle with distance from the shoe upper leather. 内外の足首ブラダー14、16の中央にあるシール領域48が流体がブラダー間を通るときの導管52の膨張を阻止するため、着用者の傷害を受け易いアキレス腱に圧力が加わることはほとんどない。 Since the sealing region 48 in the center of the inner and outer ankle bladder 14, 16 to prevent the expansion of the conduit 52 when the fluid passes through the inter-bladder, it is hardly exerted pressure to easily Achilles injured of the wearer.

【0045】かかとブラダーおよび土踏まずブラダーの反応エネルギ分布機能は、足首ブラダーに関して上に説明したとほぼ同じ要領で行われる。 The reaction energy distribution function of the heel bladder and arch bladders are performed in substantially the same manner as described above with respect to the ankle bladder. 着地衝撃力が装置のかかとブラダー18に加えられたとき、かかとブラダー内の流体は流路38を通って土踏まずブラダー22、2 When landing impact force is applied to the heel bladder 18 of the apparatus, arch fluid in the heel bladder through the channels 38 bladder 22, 24, 32
4へ、そして、流路34、36を通して足首ブラダー1 To 4, and, ankle bladder 1 through the flow channel 34, 36
4、16へ流れる。 It flows to 4,16. 上述したように、土踏まずブラダーと連通する流路34、36の較正横断面積は、かかとブラダー18から土踏まずブラダーへの流体の流量を絞る。 As described above, the calibration cross-sectional area of ​​the passage 34, 36 in communication with the arch bladder, squeeze the flow rate of the fluid to the arch bladder heel bladder 18. かかとブラダーから土踏まずブラダーおよび甲皮土踏まずブラダーへ供給される流体は、土踏まずブラダーおよび甲皮土踏まずブラダーをそれらの静止形態からやや膨張させる。 Fluid supplied from the heel bladder to arch bladders and instep arch bladders to slightly expand the arch bladder and instep arch bladder from their rest configuration. 土踏まずブラダーおよび甲皮土踏まずブラダーの膨張は、足の土踏まず部のところで足の裏へ反応エネルギを加え、足のかかとに集中する着地衝撃力を足の土踏まず部およびかかと部にわたって分布させる。 Arch expansion of bladder and instep arch bladders added and the reaction energy to the sole of the foot at the arch of the foot, are distributed over the arch portion and heel portion of the foot landing impact force concentrated on the heel of the foot.

【0046】着地衝撃が装置の土踏まずブラダー22、 The landing impact of the device arch bladder 22,
24に加えられたとき、土踏まずブラダー内の流体は流路38を通してかかとブラダー18へ押し出される。 When added to 24, the fluid in the arch bladder extruded through the passage 38 to the heel bladder 18. 土踏まずブラダーからかかとブラダーへ供給された流体は、かかとブラダーをその静止形態からやや膨張させる。 Fluid supplied to the heel bladder from arch bladders to slightly inflate the heel bladder from its rest configuration. このかかとブラダーの膨張は、足のかかと部のところで足の裏へ反応力を加え、足のかかと部に集中した着地衝撃力を足のかかと部および土踏まずブラダーにわたって分布させる。 The expansion of the heel bladder, the reaction force to the soles of the feet was added at the heel portion of the foot, to distribute the landing impact force concentrated on the heel of the foot over the heel and arch bladders feet.

【0047】本発明の装置の別の実施例10′が図6〜 [0047] Another embodiment 10 'is 6 to the apparatus of the present invention
8に示してある。 It is shown in 8. 図6〜8でわかるように、この実施例装置10′は、先に述べた実施例とほぼ同じであるが、 As seen in FIGS. 6-8, this embodiment apparatus 10 'is substantially the same as the embodiment described above,
ただし、先の実施例のかかとブラダー18の中央チャンバ62が図6〜8に示す装置10′から除かれているという点で異なる。 However, it differs in that the central chamber 62 of the heel bladder 18 of the previous embodiment has been removed from the apparatus 10 'shown in Figures 6-8. 装置10′の残りの構成部品は、先の実施例と同じ参照符号にダッシュ記号を付けて示してある。 The remaining components of the apparatus 10 'is shown with a dash on the same reference numerals as the previous embodiment.

【0048】図6〜8に示す実施例において、かかと中央チャンバ62′はかかとリムチャンバ64′から分離している。 [0048] In the embodiment shown in Figures 6-8, the heel central chamber 62 'heel Rimuchanba 64' are separated from. かかと中央チャンバ62′、かかとリムチャンバ64′と他の流体充填ブラダーとの間には流体連絡はない。 Heel central chamber 62 ', the heel Rimuchanba 64' no fluid communication between the other fluid-filled bladders. 本発明の第1実施例と同様に、かかとリムチャンバ64′は靴下底84′の頂面に位置している。 Similar to the first embodiment of the present invention, the heel Rimuchanba 64 'socks bottom 84' is positioned on the top surface of the. しかしながら、かかと中央チャンバ62′は、第1実施例のかかと中央チャンバとほぼ同じ横方向、長手方向位置で下底84′内に埋め込まれているが、ただし、かかと中央チャンバ62′はかかとリムチャンバ64′の垂直方向下方に位置している。 However, the heel central chamber 62 'is substantially the same horizontal direction as the heel central chamber of the first embodiment, the lower base 84 in longitudinal positions' have been embedded in, provided that the heel central chamber 62' heel Rimuchanba 64 It is located vertically below the '. この実施例におけるかかと中央チャンバ62′とかかとリムチャンバ64′の相対位置は、図7で最も良くわかる。 The relative position of heel central chamber 62 'heel and Rimuchanba 64' in this embodiment, best seen in FIG. かかとリムチャンバ64′ Heel Rimuchanba 64 '
の下での下底84′内へのかかと中央チャンバ62′の位置は、かかとリムチャンバ64′が靴底上に着用者のかかとを位置決めする能力を高め、靴着用者のかかとへ横方向安定性を与える。 Position of the 'heel central chamber 62 into the' lower base 84 under enhances the ability of the heel Rimuchanba 64 'positions the heel of the wearer on the sole, lateral stability to the shoe wearer's heel give. 下底84′内に設けたかかと中央チャンバ62′は、第1実施例のかかと中央チャンバ62とほぼ同じクッション作用を与える。 'Heel central chamber 62 provided in the' lower base 84, gives substantially the same cushioning heel central chamber 62 of the first embodiment.

【0049】図9は本発明のかかとブラダー100、上下の土踏まずブラダー102、104の別の実施例を示している。 [0049] Figure 9 shows another embodiment of a heel bladder 100, the upper and lower arch bladders 102, 104 of the present invention. 図9に示すかかとブラダー100および土踏まずブラダー102、104は先の実施例のものとほぼ同じであるが、ただし、図9に示すものが対の足首ブラダー(図示せず)から分離しており、かかとブラダー1 Heel bladder 100 and the arch bladder 102 shown in FIG. 9 is substantially the same as that of the previous embodiment, however, is separated from the ankle bladder is paired as shown in FIG. 9 (not shown), heel bladder 1
00が第1実施例のかかとブラダーの馬蹄形流体チャンバ106からのみなるという点で異なる。 00 differs in that consists only of the heel bladder horseshoe fluid chamber 106 of the first embodiment. 第1実施例と同様に、かかとブラダーのリムチャンバ106の馬蹄形またはU字形により、リムチャンバが着地衝撃に応答して足の裏へ安定化反応力を与えることができる。 Like the first embodiment, the horseshoe-shaped or U-shaped heel bladder Rimuchanba 106, Rimuchanba it can provide a stable reaction force in response to the soles of the feet to the landing impact.

【0050】第1実施例に関して先に説明したように、 [0050] As described above with respect to the first embodiment,
図9の土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダー10 Arch bladder of FIG. 9, the upper arch bladder 10
2、104は、流体導通流路108を通してかかとブラダー100と流体連絡している。 2,104 are in communication heel bladder 100 and the fluid through the fluid-conducting channel 108. 流体導通流路108 Fluid-conducting channel 108
は、第1実施例の流体導通流路38と同じである。 Is the same as the fluid-conducting passages 38 of the first embodiment. 第1 First
実施例と同様に、土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダー102、104とかかとブラダー100との間を流体が流れる率は流路108の較正横断面積に依存する。 Similar to the embodiment, the arch bladder, the rate at which fluid flows between the upper arch bladder 102,104 heel and the bladder 100 is dependent on the calibration cross-sectional area of ​​the flow path 108.
また、第1実施例と同様に、土踏まずブラダー、上方土踏まずブラダー102、104は、足の土踏まず部の形態に一致する形態を与えられている。 Similarly to the first embodiment, the arch bladder, upper arch bladders 102, 104 are given a form that matches the form of the arch of the foot. 靴内に組み込んだとき、土踏まずブラダー102と上方土踏まずブラダー104は足の土踏まずの下側、内側に沿って面接触し、 When incorporated into the shoe, the arch bladder 102 and the upper arch bladder 104 below the arch of the foot, in surface contact along the inside,
足の土踏まずを支え、クッション作用を与えるのに加えて、この足領域における靴の特注並のフィット感を与える。 Supporting the arch of the foot, in addition to providing a cushion effect, give the fit of the custom-made parallel of shoes in the foot area.

【0051】複数の溝112が土踏まずブラダー102 The plurality of grooves 112 is the arch bladder 102
と上方土踏まずブラダー104の間に延在する。 And extending between the upper arch bladder 104. これらの溝は、かかとブラダーの中央チャンバ62とリムチャンバ64の間に延在する第1実施例の溝66ならびに土踏まずブラダー22と上方土踏まずブラダー24の間に延在する第1実施例の溝72とほぼ同じ要領で形成される。 These grooves, the grooves 72 of the first embodiment which extends between the groove 66 and the arch bladder 22 and upper arch bladder 24 of the first embodiment which extends between the central chamber 62 and Rimuchanba 64 of the heel bladder It is formed almost in the same way.

【0052】図9の実施例のかかとブラダー100は、 [0052] Examples of the heel bladder 100 of FIG. 9,
図6〜8に示し、上に説明したとほ同じ中央流体充填チャンバ114を使用する。 It is shown in Figures 6-8, using the same central fluid-filled chamber 114 Ho as explained above. 図6〜8に示す実施例と同様に、かかとブラダーのかかと中央チャンバ114は、馬蹄形チャンバ106から分離しており、この馬蹄形チャンバの下で靴底内に位置している。 Similar to the embodiment shown in Figures 6-8, the heel central chamber 114 of the heel bladder is separated from the horseshoe shaped chamber 106, located in the shoe insole under the horseshoe shaped chamber. かかと中央チャンバ114は、図9に破線で示してあり、それが解剖学的形状を含む種々の形態、たとえば、本発明の第1実施例の中央チャンバ62またはトロイド形状を持ち得ることを示している。 Heel central chamber 114, is shown in broken lines in FIG. 9, it various forms including anatomy, for example, show that may have a central chamber 62 or toroidal shape of the first embodiment of the present invention there.

【0053】図10は本発明の装置のまた別の実施例1 [0053] Figure 10 is yet another embodiment of the apparatus of the present invention Example 1
0″を示している。この図でわかるように、この装置1 Shows 0 ". As can be seen in this figure, the device 1
0″は、足首ブラダーとかかとブラダー、土踏まずブラダーの間を流体連絡するように第1実施例で用いられているような流体導通流路34、38がまったくないことを除いて、図1〜5に示す第1実施例とほぼ同じである。図10に示す装置10″の残りの構成部品は、図1 0 ", except that the fluid-conducting passages 34 and 38 no as used in the first embodiment so that fluid communication between the ankle bladder and heel bladder, arch bladder, Figures 1-5 is substantially the same as the first embodiment shown in. the remaining components of the apparatus 10 "shown in FIG. 10, FIG. 1
〜5に示す第1実施例のものと同じであり、第1実施例と同じ参照符号に二重ダッシュ記号を付けて示してある。 Is the same as that of the first embodiment shown in 5, the same reference numerals as the first embodiment is shown with a double prime symbol. 第1実施例と同様に、図10に示す実施例は、一対の足首ブラダー14″、16″と、かかとブラダー1 Like the first embodiment, the embodiment shown in FIG. 10, a pair of ankle bladder 14 ", 16" and the heel bladder 1
8″と、一対の土踏まずブラダー22″、24″とからなる。第1実施例と同様に、可撓性のある流体密材料の重なり合った頂部、底部の層が、図10の実施例の5つのブラダー14″、16″、18″、22″、24″を完全に取り囲み、境界を定めている周囲フランジ32″ 8 "and a pair of arch bladder 22" consisting a, 24 ". As with the first embodiment, overlapping the top of the fluid-tight material that is flexible, the layers of bottom, 5 of the embodiment of FIG. 10 One of the bladder 14 ", 16", 18 ", 22", 24 "completely surrounds a peripheral flange 32 that defines the boundaries"
に沿って相互にしいるされている。 Are they are to each other along the. 本装置の周囲フランジ32″のシールにより、ブラダー14″、16″、1 "The seal, bladder 14" peripheral flange 32 of the device, 16 ", 1
8″、22″、24″の内部体積部を第1実施例と同様に2つの材料層間で密閉する。しかしながら、図10でわかるように、周囲フランジ32″の一部は対の足首ブラダー14″、16″とかかとブラダー、土踏まずブラダー18″、22″、24″の間に延在し、これら2組のブラダーを互いに隔離している。これが、図10に示す実施例と図1〜5に示す第1実施例との唯一の差異である。図10に示す実施例は、足首ブラダー14″、1 8 ", 22", "sealed with two layers of material inside the volume of the as in the first embodiment. However, as can be seen in Figure 10, the peripheral flange 32" 24 ankle bladder 14 pairs some ", 16" heel and bladder, arch bladder 18 ", 22", extends between the 24 ", which separates the two sets of bladders from one another. This is example and Figures 1-5 illustrated in FIG. 10 the only difference from the first embodiment shown in. the embodiment shown in FIG. 10, the ankle bladder 14 ", 1
6″が第1実施例のようにかかとブラダー18″、土踏まずブラダー22″、24″と流体連絡していないという点を除いて、第1実施例とほぼ同じ要領で機能する。 6 "heel bladder 18 as in the first embodiment", the arch bladder 22 ", 24" except that it does not in fluid communication with functions substantially in the same manner as the first embodiment.

【0054】図11は、単体で、あるいは、図9に示すかかとブラダーおよび土踏まずブラダーと組み合わせて用いることのできるさらに別の実施例120を示す。 [0054] Figure 11 is a simple substance, or shows an alternative embodiment 120 further can be used in combination with the heel bladder and arch bladder shown in FIG. この装置120は、第1の内側足首流体封じ込めパッドまたはブラダー122と、第2の外側足首流体封じ込めパッドまたはブラダー124とからなり、これらのブラダーは第1実施例の足首ブラダー14、16とほぼ同じである。 The apparatus 120 includes a first inner ankle fluid containment pads or bladders 122, made from a second outer ankle fluid containment pads or bladders 124. These bladder substantially the same as ankle bladder 14, 16 of the first embodiment it is. 足首ブラダー122、124は、第1実施例のものと同じであるから、ここでは詳しく説明しない。 Ankle bladder 122, 124, since the same as those of the first embodiment, not described in detail here. 加えて、図11に示す装置120は、トロイド形態を有するかかとブラダー126を包含する。 In addition, apparatus 120 illustrated in FIG. 11 includes a heel bladder 126 having a toroidal form. このかかとブラダー126は、内側流体チャンバ128と外側流体チャンバ132とからなる。 The heel bladder 126 is composed of an inner fluid chamber 128 outside the fluid chamber 132.. 図11に示す装置の3つの中空ブラダー122、124、126は、装置120の単一ユニットの構成部分として形成してある。 Three hollow bladders 122, 124, 126 of the apparatus shown in FIG 11 is formed as an integral part of a single unit of the device 120. この装置は、第1 This device, first
実施例と同様に、可撓性のある流体密材料の一対の重なり合った層134、136から構成されている。 Similar to the embodiment, and a pair of overlapping layers 134 and 136 of the flexible fluid tight material. これら重なり合った対の材料層134、136は、対の足首ブラダー122、124に足の足首部に対応する解剖学的な輪郭を与え、また、かかとブラダー126にトロイド形態を与えるように特殊な形態に形成された周囲境界1 Material layer 134, 136 of these overlapping pairs, giving anatomical contour corresponding to the ankle of the foot to the ankle bladder 122, 124 pairs, also, special form to provide toroid form the heel bladder 126 ambient boundary formed 1
38を有する。 With a 38. 可撓性材料の頂部、底部の層134、1 Top of the flexible material, the bottom layer 134,
36は、これら3つのブラダー122、124、126 36, the three bladders 122, 124, 126
と、内外の足首ブラダー122、124の内部体積部をかかとブラダー126の内部体積部と連通させる流体導通流路142とを形成するように成形した所定の表面形状を有する。 If, having molded a predetermined surface shape to form a fluid-conducting channel 142 which communicates with the internal volume of the heel bladder 126 with the interior volume of the inner and outer ankle bladder 122. 重なり合っている頂部、底部の材料層13 Apex overlapping, bottom material layer 13
4、136は、周囲フランジ138に沿って相互にシールされ、3つのブラダー122、124、126とこれらブラダー間に延在する流体導通流路142を完全に取り囲み、境界を定める。 4,136 are sealed to each other along the peripheral flange 138, completely surrounds the three bladders 122, 124, 126 a fluid-conducting channel 142 that extends between the bladder bounding. 装置120のシールされた周囲フランジ138は、第1実施例に関して先に述べたとほぼ同じ要領で形成される。 Peripheral flange 138 seals apparatus 120 is formed substantially in the same manner as described above with respect to the first embodiment.

【0055】流体導通流路142の両側にあるシールされたフランジ138は、また、流路の横断面積を較正するのにも役立つ。 [0055] Flange 138 is sealed on either side of the fluid-conducting channel 142, also serve to calibrate the cross-sectional area of ​​the flow path. 流路の横断面積の較正は、内外の足首ブラダー122、124とかかとブラダー126の間の流体の流量を制御するのを可能にする。 Calibration of the cross-sectional area of ​​the flow path makes it possible to control the flow of fluid between the inner and outer ankle bladder 122 heel and the bladder 126. 第1実施例と同様に、オリフィスのような流量制御弁(図示せず)を流体導通流路142内に設け、足首ブラダー122、12 Like the first embodiment, provided the flow control valve such as an orifice (not shown) in a fluid-conducting channel 142, ankle bladder 122,12
4とかかとブラダー126の間の流体の流量を制御してもよい。 4 may control the flow of fluid between the heel and the bladder 126. 本発明の装置120を靴に組み込んだとき、流体導通流路142は第1実施例で用いているタイプの保護チューブで取り囲まれる。 When incorporating the device 120 of the present invention in shoes, fluid-conducting channel 142 is surrounded by a protective tube of the type used in the first embodiment. このチューブは、基本的に、靴の使用時の動きによって流路が潰されるのを防ぐ。 This tube is essentially to prevent the flow path is crushed by the movement during use of the shoe.

【0056】かかとブラダー126には、2つの個別の同心のチャンバ、すなわち、内側チャンバ128と外側チャンバ132が形成してあり、これらのチャンバはトロイド形態を有する。 [0056] The heel bladder 126, two separate concentric chambers, that is, Yes forms the inner chamber 128 and outer chamber 132, these chambers have a toroid form. 内側チャンバ128は、装置を構成する重なり合った材料層134、136に形成した複数の溝144によって外側チャンバ132から隔離されている。 Inner chamber 128 is isolated from the outer chamber 132 by a plurality of grooves 144 formed in the material layer 134, 136 overlap constituting the device. 先に説明した実施例と同様に、溝144は材料層のへこみとして形成されている。 Similar to the embodiment described above, the grooves 144 are formed as indentations in the material layer. 溝144の各々は、 Each of the grooves 144,
円弧形態を有し、同心の内側チャンバ128と外側チャンバ132の間に延在する円形態で端と端を突き合わせて配置された設定長さを有する。 It has an arc form having a setting length disposed against the end to end in a circle form extending between the concentric inner chamber 128 and outer chamber 132. 溝44のくぼみは、かかとブラダーの内部体積部を満たしている流体(図示せず)を通して材料層134、136の下方に延び、各溝144の底が互いに固着されている。 Recesses of the groove 44 extends below the material layer 134, 136 through the fluid that fills the interior volume of the heel bladder (not shown), the bottom of each groove 144 are fixed to each other. 溝の底は、接着剤、高周波溶接その他の同等の方法でシールし得る。 Bottom of the groove, the adhesive can be sealed with high frequency welding other equivalent methods.

【0057】これらの溝144は、かかとブラダー12 [0057] The grooves 144, the heel bladder 12
6の内部体積部内に対向した側部および対向した端部を有する壁セグメントを形成する。 Forming a wall segment having opposed sides and opposed ends within the interior volume of 6. かかとブラダー126 Heel bladder 126
の内部で溝144の各々によって形成された壁セグメントは、この内部体積部を個別の領域またはチャンバに分割し、頂部、底部の層134、136を互いに隔たった状態に維持し、装置120内の流体がかかとブラダーへ流入したときに頂部層134が底部層から過剰に膨張するのを防ぐようになっている。 Each wall segment formed by the inner grooves 144, the internal volume portion is divided into separate regions or chambers, the top, keeping the layers 134 and 136 of the bottom to the state spaced from each other, in the apparatus 120 fluid is top layer 134 when flowing into the heel bladder is adapted to prevent the excessive expansion of the bottom layer. この実施例で用いられる流体146は、第1実施例で用いられる流体とほぼ同じである。 Fluid 146 used in this embodiment is substantially the same as the fluid used in the first embodiment.

【0058】かかとブラダーの内部に溝144によって形成される複数の壁セグメントは、かかとブラダーの内部を通る流体の自由な流れに抵抗を与える流れ絞り装置としても役立つ。 [0058] a plurality of wall segments formed by the grooves 144 in the interior of the heel bladder also serves as a flow restriction device provides resistance to the free flow of fluid through the interior of the heel bladder. 隣り合った溝144の間の開口は、かかとブラダーの内側チャンバ128、外側チャンバ13 Opening between the adjacent grooves 144, the heel bladder of inner chamber 128, outer chamber 13
2の間の流体の流量を制御するように較正した横断面積を有する。 Having a calibrated cross-section has to control the flow of fluid between the two. かかとブラダー126の内部における隣り合った溝144間のスペースの較正横断面積とかかとブラダーを内外の足首ブラダー122、124と連通させる流路142の較正横断面積は、かかとブラダーに加えられる力に応答してかかとブラダーの内部体積部から流体を追い出す率を制御し、かかとブラダーが着地衝撃に抗して足のかかとにクッション作用を与え、また、靴のかかと部において足のかかとを支え、安定させる能力を保つようになっている。 Calibration cross-sectional area of ​​the calibration cross-sectional area and the heel bladder and out of the ankle bladder 122, 124 and communicated to channel 142 of the space between the grooves 144 adjacent the inside of the heel bladder 126, in response to forces exerted on the heel bladder controls the rate to expel fluid from the interior volume of the heel bladder Te, gives cushioning in the heel of the foot heel bladder against the landing impact, also support the heel of the foot in the heel portion of the shoe, the ability to stabilize It is adapted to keep the.

【0059】かかとブラダー126についての上記の説明から明らかなように、本装置は、先に述べた実施例のかかとブラダーと同じ要領で靴底で使用する流体充填クッションとして機能する。 [0059] As apparent from the above description of the heel bladder 126, the device functions as a fluid-filled cushion for use in a shoe sole in the same manner as the heel bladder embodiments described above. しかしながら、かかとブラダーの同心のトロイド形態は、歩行、ランニングその他の活動時の着地衝撃に応答して足の裏に安定化反応力を与える能力を高める。 However, concentric toroidal form of the heel bladder, walking, increasing the ability to provide a stable reaction force on the back of the foot in response to the landing impact during running other activities. 図12、13は、図11のかかとブラダー126を靴の下底のかかとに組み込んだ状態を示している。 12 and 13 shows a state that incorporates a heel bladder 126 in FIG. 11 in the heel of the midsole of the shoe. 衝撃力が靴底の内側すなわち図13で見て左側に加えられると、かかとブラダーの右側が圧縮され、 When an impact force is applied to the left as viewed in inner or 13 of the sole, heel bladder right is compressed,
流体146を同心のトロイド状チャンバ128、132 The fluid 146 concentric toroidal chambers 128, 132
の左側へ追い出す。 Drive out to the left. これは、チャンバの左側で流体圧力を増大させ、チャンバの左側をやや膨張させ、足の裏の左側に反応力を加え、衝撃力を足のかかとのより大きな面積にわたって再分布させることになる。 This increases the fluid pressure in the left chamber, to slightly expand the left side of the chamber, was added and the reaction force to the left of the soles of the feet, so that redistributing the impact force over a greater area of ​​the heel of the foot. 着地衝撃が足の外側に生じたときには、図13で見て靴底の左側に加えられた力がチャンバ128、132の左側を圧縮させることになる。 When the landing impact occurs on the outside of the foot, the force applied to the left side of the shoe sole, as viewed in FIG. 13 is thereby compressing the left side of the chamber 128, 132. これは、トロイド形状のチャンバの左側にある流体をその右側へ流し、この右側を膨張させることになる。 This flow of fluid to the left of the chamber toroid to the right, thereby inflating the right. 2つのトロイド形状のチャンバ128、13 Chamber of the two toroidal shape 128,13
2の右側でのこの膨張は、足の裏の右側に向かう方向へ反応力を加え、衝撃力を足のかかとのより大きな面積にわたって再分布させることになる。 The expansion at the second right, adding the reaction force in the direction toward the right side of the sole of the foot, so that redistributing the impact force over a greater area of ​​the heel of the foot. 靴底の縁に生じた着地衝撃力を足のかかとのより大きな面積にわたって分布させることによって、図11〜13に示す実施例のかかとブラダー126は、中心からずれた着地衝撃に抗して足を安定させ、支持し、それによって、潜在的な足への傷害を減らすのに役立つ。 By distributing the landing impact force generated at the edge of the sole over a greater area of ​​the heel of the foot, the heel bladder 126 of the embodiment shown in FIG. 11 to 13, the foot against the landing impact shifted from the center stabilize, support and, thereby, help to reduce injury to the potential foot.

【0060】図12、13は、また、本発明の流体ブラダーを靴底に組み込む別の方法を示している。 [0060] Figure 12 also illustrates another method of incorporating a fluid bladder of the present invention to the sole. 図12、 Figure 12,
13は図9、11に示す実施例を靴に組み込んだ状態で示しているが、先に述べた実施例のそれぞれを図9、1 13 shows an embodiment shown in FIG. 9 and 11 in a state incorporated in the shoe, but FIG respective embodiments previously described 9,1
1に示す実施例について説明したと同じ要領で靴に組み込めることは了解されたい。 Be incorporated into the shoe in the same manner as described for the embodiment shown in 1 should be understood. 図12、13に示す実施例において、靴底は、外底150、下底152、中底挿入体154および中敷き156からなる。 In the embodiment shown in FIGS. 12 and 13, the sole is an outsole 150, the midsole 152, consisting of the insole insert 154 and the insole 156. 図12、13には、靴の甲皮材料の内外層160、162も示してある。 12 and 13, the inner and outer layers of the carapace material of the shoe 160 and 162 are also shown. 下底152の頂面には、複数の空所164が形成してあり、これは図11の装置のかかとブラダー126の底と流体導通流路142を受け入れる形態を有する。 The top surface of the lower base 152, Yes plurality of cavities 164 are formed, which has the form of accepting bottom and fluid-conducting passages 142 of the heel bladder 126 of the apparatus of FIG. 11. 先の実施例と同様に、剛性の中空チューブ166が足首ブラダーをかかとブラダーと連通させる流路142のまわりに設けてある。 Similar to the previous embodiment, the hollow tube 166 of rigid is provided around the passage 142 which communicates with the heel bladder ankle bladder. チューブ166は、図12では、靴甲皮が靴底と結合するかかと部のところに示してある。 Tube 166, in Figure 12, is shown at the heel portion of the shoe uppers is bound to the sole. チューブは、流路が靴の甲皮部から靴底へ湾曲するときに流路142の可撓性材料が潰れるのを防ぐように軽く湾曲している。 Tube passage is lightly curved to prevent the flexible material of the flow path 142 from collapsing when bent from instep portion of the shoe to the sole. チューブ166および流路142は、下底152から靴甲皮の内外層160、162の間に位置する流体充填足首ブラダー122、124まで上向きに延びている。 Tube 166 and the channel 142 extends upwardly to the fluid-filled ankle bladder 122, 124 located between the lower base 152 of the inner and outer layers 160, 162 of the shoe upper leather. 足首ブラダーは、第1実施例に関して説明したと同じ要領で靴甲皮に固着してある。 Ankle bladder, are fixed to the shoe upper leather in the same manner as described with respect to the first embodiment.

【0061】中底挿入体154は空所を成形した底面を有する。 [0061] The insole insert 154 has a bottom surface formed by molding cavity. これらの空所は、かかとブラダー126および流体導通流路142の形態に一致する形態を与えられている。 These voids are given a form that matches the form of the heel bladder 126 and the fluid-conducting channel 142. 中底挿入体の空所168のこの形態により、下底152、かかとブラダー126および靴に組み込んだ際に下底上に位置する流路144上に挿入体を容易に位置させることができる。 This form of the cavity 168 of the insole insert, can be easily positioned an insert on the fluid channel 144 located on the lower base when incorporated in the lower bottom 152, the heel bladder 126 and shoes. 下底152および中底挿入体15 Lower bottom 152 and the insole insert 15
4の表面に空所を設けることによって、靴内へのブラダーの組み込みが容易になる。 By the fourth surface providing a cavity facilitates bladder built into the shoe.

【0062】かかとブラダー126および足首ブラダー122、124を靴底、甲皮にそれぞれ組み込んだ場合、図9に示す実施例のかかとブラダー100および土踏まずブラダー102、104が次に靴内に置かれる。 [0062] When incorporating respectively a heel bladder 126 and ankle bladder 122 sole, the instep, the heel bladder 100 and the arch bladder 102 of the embodiment shown in FIG. 9 is then placed in the shoe.
図12、13でわかるように、図9の実施例におけるかかとブラダー100および土踏まずブラダー102、1 As seen in Figure 12, the heel bladder 100 and arch in the embodiment of FIG. 9 bladder 102,
04は、中底挿入体154の頂面に置かれ、図11の実施例のかかとブラダー126が図9の実施例の馬蹄形チャンバ106とかかとブラダー100の間の中央開放領域の直下で靴底内に置かれる。 04, the insole is placed on the top surface of the insert 154, the shoe bottom just below the embodiment of the heel bladder 126 in FIG. 11 is a central open area between the horseshoe-shaped chamber 106 heel and the bladder 100 of the embodiment of FIG. 9 It is placed in. 図9の実施例の装置は、 The apparatus of the embodiment of Figure 9,
先に述べた実施例とまったく同じ要領で図12、13に示す靴底の頂面に設置してもよい。 In exactly the same manner as the embodiments described above may be installed on the top surface of the shoe sole shown in FIGS. 12 and 13. 図9の実施例の装置が中底挿入体154の頂面に置かれたならば、中底挿入体154がかかとブラダー100、土踏まずブラダー1 If apparatus of the embodiment of FIG. 9 is placed on the top surface of the insole insert 154, midsole insert 154 heel bladder 100, the arch bladder 1
02、104を覆って靴内に置かれ、靴内への流体ブラダーの組み込みが完了する。 02,104 are covered placed in shoe and fluid bladder incorporation into the shoe is completed.

【0063】本発明をいくつかの特殊な実施例について説明してきたが、特許請求の範囲から逸脱することなく種々の修正、変更をなし得ることは了解されたい。 [0063] While the invention has been described several specific embodiments, various modifications without departing from the scope of the appended claims, it should be understood that can make changes.

【0064】 [0064]

【発明の効果】上記説明から明らかなとおり、本発明によれば、1つまたはそれ以上の流体導通流路が、靴甲皮にある対の流体充填パッドと靴底のかかと部にある馬蹄形流体チャンバとの間に延在する。 As apparent from the above description, according to the present invention, according to the present invention, one or more fluid-conducting passage, horseshoe fluid in the heel portion of the fluid-filled pads and soles pairs in shoe upper leather extending between the chamber. これら流体導通流路は、靴甲皮のパッドを靴のかかと部、土踏まず部に位置するパッドと流体連絡し、装置のすべてのパッド間での流体の流れを可能としているので、各パッドに入っている流体と、この流体をパッド間で流路を通して流れさせることができるということにより、パッドは着用者の足首の形状および着用者かかと部、土踏まず部に解剖学的に一致することができる。 These fluid-conducting passages, heel portion of the shoe the pad Kutsukabutogawa is pad fluid communication is located in the arch portion, since the enabling fluid flow between all the pads of the device, entering to the pads and a fluid which, due to the fact that the fluid can be caused to flow through the flow path between the pads, the pads can be anatomically consistent shape and wearer heel portion of the wearer's ankle, the arch portion. 足首および足に合致するパッド形状により、着用者の足首および足にクッション作用と共に特注フィットを与え、足首に支えを与えると共に足に安定性を与える。 The pad shape that matches the ankle and foot, giving custom fit with cushioning to the ankle and foot of the wearer, provide stability to the foot with give support to the ankle.

【0065】また、馬蹄形のチャンバとかかとチャンバとが互いに流通連絡していない構造においては、対のかかとチャンバの形態となって、靴底のかかとにまたがることによって安定性および足首の支えを改善し、その上、靴底上の足のかかとに特注並みのフィット感を与える。 [0065] Further, in the structure and horseshoe chamber and heel chamber are not circulated contact with each other, it becomes a form of pairs of heel chamber, to improve the stability and ankle support by spanning the heel of the shoe sole , give the above, the fit of the custom-made par on the heel of the foot on the sole.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の反応エネルギ装置を組み込んだ運動靴の側面図であり、靴の甲皮部と靴底のところに装置の第1実施例の相対位置を仮想線で示す図である。 Figure 1 is a side view of the athletic shoe incorporating the reaction energy device of the present invention, showing in phantom the relative positions of the first embodiment of the apparatus at the instep portion and the sole of the shoe.

【図2】本発明の装置の、図1の2−2線に沿った部分正面断面図である。 [Figure 2] of the apparatus of the present invention, is a partial front cross-sectional view taken along line 2-2 in FIG.

【図3】本発明の反応エネルギ装置を靴から取り出して示す平面図である。 3 is a plan view showing a reaction energy device is removed from the shoe of the present invention.

【図4】本発明の装置の、図3の4−4線に沿った部分断面図である。 [4] the device of the present invention, is a partial sectional view taken along line 4-4 of FIG.

【図5】本発明の装置の、図3の5−5線に沿った断面図である。 [5] the device of the present invention, is a cross-sectional view taken along line 5-5 of FIG.

【図6】本発明の反応エネルギ装置の第2実施例を組み込んだ運動靴の部分立面図であり、靴の甲皮部および靴底での装置の相対位置を仮想線で示す図である。 Figure 6 is a partial elevational view of the athletic shoe incorporating the second embodiment of the reaction energy device of the present invention, is a diagram showing the relative position of the apparatus at the instep part and the sole of the shoe in phantom .

【図7】本発明の装置の図6の7−7線に沿った部分断面図である。 7 is a partial cross-sectional view taken along line 7-7 of Figure 6 of the apparatus of the present invention.

【図8】本発明の反応エネルギ装置の第2実施例を靴から取り出した状態で示す部分平面図である。 8 is a partial plan view showing a second embodiment of the reaction energy device in a state of taking out from the shoe of the present invention.

【図9】かかどパッドの馬蹄形チャンバが土踏まずパッドと共に靴甲皮の足首部の流体パッドおよびかかとパッドの中央チャンバから分離している本発明の別の実施例を示す図である。 [9] written etc. horseshoe shaped chamber of the pad is a diagram showing another embodiment of the present invention that is separate from the central chamber of the fluid pad and the heel pad of the ankle portion of the shoe upper leather with arch pad.

【図10】かかとパッドおよび足首パッドが靴甲皮の土踏まず部に位置した流体パッドから分離している本発明の別の実施例を示す図である。 [10] Heel pad and ankle pad is a diagram showing another embodiment of the present invention that is separate from the fluid pad positioned on arch portion of the shoe upper leather.

【図11】靴甲皮の足首部内の流体パッドがトロイド形態を有するかかとパッドの中央チャンバと流体連絡している本発明の別の実施例を示す図である。 11 is a diagram showing another embodiment of the present invention that the fluid pad in the ankle portion of the shoe upper leather are central chamber in fluid communication with the heel pad having a toroidal configuration.

【図12】靴下底および靴甲皮の足首部に設置された流体パッドに対するかかとパッドの馬蹄形チャンバおよび中央チャンバの相対位置を示す断面部分立面図である。 12 is a cross-sectional partial elevational view showing the relative positions of the horseshoe shaped chamber and the central chamber of the heel pad to the fluid pad installed in the ankle portion of the sock sole and shoe upper leather.

【図13】図12の13−13線に沿った断面部分立面図である。 13 is a cross-sectional partial elevation view taken along line 13-13 of FIG. 12.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10、120 反応エネルギ装置 12 運動靴 14 内側足首ブラダー 16 外側足首ブラダー 18、126 かかとブラダー 22、102、104 土踏まずブラダー 24、100 上方土踏まずブラダー 26、28 材料層 32 周囲境界 34、36、38、108、142 流体導通流路 44 粘性流体 46 タブ 48 重なり領域 52 導管 54、56 中央点 62 中央チャンバ 64 リムチャンバ 66、72、112、144 溝 68 弾性パッド 82 甲皮 84 下底 86 パッド層 88 甲皮内部層 94 チューブ 106 馬蹄形流体チャンバ 114 かかと中央チャンバ 122、124 足首ブラダー 126 かかとブラダー 128 内側チャンバ 132 外側チャンバ 134、136 重なり層 138 周囲境界 146 流体 150 外底 15 10,120 reaction energy device 12 athletic shoe 14 inner ankle bladder 16 outwardly ankle bladder 18,126 heel bladder 22,102,104 arch bladder 24,100 upper arch bladder 26 material layer 32 surrounding the boundary 34,36,38,108 , 142 internal fluid conducting channel 44 fluid 46 tabs 48 overlapping region 52 the conduit 54, 56 center point 62 the central chamber 64 Rimuchanba 66,72,112,144 groove 68 the elastic pad 82 carapace 84 below the bottom 86 pads layer 88 carapace layer 94 tube 106 horseshoe fluid chamber 114 the heel central chamber 122 ankle bladder 126 heel bladder 128 inside chamber 132 outside chamber 134, 136 overlap layer 138 around border 146 fluid 150 outsole 15 下底 154 中底挿入体 156 中敷き 160 内層 162 外層 164 空所 During the midsole 154 base insert 156 insole 160 inner 162 outer layer 164 voids

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 バーニー アレン アメリカ合衆国 マサチューセッツ 01778 ウェイランド ウッドランド ロード 15 (72)発明者 ルイ パラチョ アメリカ合衆国 マサチューセッツ 01980 ピーボディ アンソニー ロー ド 14 (72)発明者 エリック エス スワーツ アメリカ合衆国 マサチューセッツ 02148 マルデン ファースト フロア ウェブスター ストリート 218 (72)発明者 ダグラス イー クラーク アメリカ合衆国 マサチューセッツ 01913 アムズバリー グレン デヴィ ン 42 (72)発明者 イアン バーゲス アメリカ合衆国 カリフォルニア 92704 サンタアンナ サウス ベア ストリート ナンバー46エイチ 3301 (72)発明者 マーク フォールコナ ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Bernie Allen United States, MA 01778 Wayland Woodland Road 15 (72) inventor Louis Paracho United States, MA 01980 Peabody Anthony load 14 (72) inventor Eric S. Swartz United States, MA 02148 Malden First floor Webster Street 218 (72) inventor Douglas E. Clark United States, MA 01913 Amuzubari Glen Devi down 42 (72) inventor Ian Burgess United States California 92704 Santa Anna South Bear Street number 46 H. 3301 (72) inventor mark fall Kona アメリカ合衆国 カリフォルニア 92663 ニューポート パリス レーン ナンバー211 200 (72)発明者 ティム ボーマン アメリカ合衆国 カリフォルニア 92626 コスタメサ パイン クリーク ロード ディー429 2855 (56)参考文献 特開 平1−284205(JP,A) 特開 昭57−177703(JP,A) 特開 昭57−69803(JP,A) 特開 昭48−15643(JP,A) 実開 平5−51106(JP,U) United States California 92663 Newport Paris lane number 211 200 (72) inventor Tim Bowman United States California 92626 Costa Mesa Pine Creek Road Dee 429 2855 (56) Reference Patent flat 1-284205 (JP, A) JP Akira 57-177703 ( JP, A) JP Akira 57-69803 (JP, A) JP Akira 48-15643 (JP, A) JitsuHiraku flat 5-51106 (JP, U)

Claims (10)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 靴の横方向に対向する内縁と外縁により囲まれて長手方向に隔たったつま先部、土踏まず部およびかかと部を備えた靴底を有し、且つ靴底の土踏まず部およびかかと部においてそれぞれの内縁および外縁から垂直に延びて横方向に対向する内側および外側を有する足首部で靴底に接続された靴甲皮を有する靴の反応エネルギ装置であって、 靴甲皮の足首部に配置された少なくとも一個の流体充満パッドと、 靴底のかかと部に配置された少なくとも一個の流体充満パッドと、 靴甲皮の前記パッドと靴底の前記パッドとの間に伸びる少なくとも一個の中空導管と、 対向する第1、第2の端部を備え且つこれら第1、第2 1. A laterally surrounded by opposed inner and outer toe portion spaced longitudinally of the shoe has a sole equipped with arch portion and heel portion, and the sole of the arch portion and heel portion a reaction energy device shoe with a shoe upper leather which is connected to the sole at the ankle portion having inner and outer opposed laterally extending perpendicularly from each of the inner and outer edges at the ankle portion of the shoe upper leather at least one fluid filled pads arranged in at least one fluid filled pad disposed in the heel portion of the sole, at least one hollow extending between the pad of the pad and shoe soles Kutsukabutogawa a conduit, first and these first with a second end portion opposite, second
    の端部の間に傾斜形態を有する中空管状スリーブであり、該スリーブは靴底から靴甲皮へ延び、前記導管が靴底の前記パッドからほぼ長手方向にスリーブの第1端部を通って延び、且つ前記導管がスリーブの第2端部を通ってほぼ垂直に靴甲皮のパッドへ延びている前記スリーブと、 を包含することを特徴とする反応エネルギ装置。 A hollow tubular sleeve having an inclined form between the ends, the sleeve extends from the sole to the shoe upper leather, wherein the conduit through the first end of the sleeve generally longitudinally from the pad of the sole extending, and wherein the conduit reaction energy and wherein the to cover, and said sleeve extending into the substantially vertical to shoe upper leather pad through the second end of the sleeve.
  2. 【請求項2】 靴の横方向に対向する内縁と外縁により囲まれて長手方向に隔たったつま先部、土踏まず部およびかかと部を備えた靴底を有し、且つ靴底の土踏まず部およびかかと部においてそれぞれの内縁および外縁から垂直に伸びて横方向に対向する内側および外側を有する足首部で靴底に接続された靴甲皮を有する靴の反応エネルギ装置であって、 靴甲皮に配置された一対の分離状の流体充満パッドであり、その中の第1パッドが靴甲皮の内側のみに配置され且つ第2パッドが靴甲皮の外側のみに配置され、これら第1パッドと第2パッドが互いに横方向に隔置されている前記流体充満パッドと、 靴甲皮の内側と外側の間を横方向に越えてつなぎ且つ前記第1、第2のパッドを互いに流体連通状態に接続し且つ前記第1、第2のパッド 2. A laterally surrounded by opposed inner and outer toe portion spaced longitudinally of the shoe has a sole equipped with arch portion and heel portion, and the sole of the arch portion and heel portion a reaction energy device shoe with a shoe upper leather which is connected to the sole at the ankle portion having inner and outer opposed laterally extending perpendicularly from each of the inner and outer edges in, arranged shoe upper leather and a pair of separation like fluid filled pad, the first pad therein second pad and is arranged only on the inner side of the shoe uppers are placed only outside of the shoe uppers, they first pad and the second It said fluid filled pad pads are spaced laterally from each other, connecting and the first over between the inner and outer shoe upper leather in a lateral direction to connect the second pad in fluid communication with each other and said first, second pad 互いに横方向に隔てる複数本のほぼ平行で垂直に隔置された流体導通導管と、 靴底の前足部から長手方向に隔たった位置に配置された少なくとも一対の流体充満パッドと、 靴底に配置された一対のパッドの中の一方のパッドから伸び出て、靴底のかかと部および靴甲皮の足首部を通り、靴甲皮の一対のパッドに達し、かくして靴底の前記一方のパッドと靴甲皮の一対のパッドとの間を流体連通させるための少なくとも一本の流体導通導管と、 を包含することを特徴とする靴の反応エネルギ装置。 A fluid-conducting conduits substantially parallel vertical spaced a plurality of separating laterally to each other, and at least a pair of fluid filled pad is arranged at a position spaced longitudinally from the forefoot of the sole, arranged on the sole out extending from one pad within a pair of pads, through the ankle portion of the heel portion and shoe upper leather of the sole, reaching a pair of pads of the shoe uppers, thus said one pad of the sole the reaction energy device of the shoe, characterized in that it comprises a fluid conducting conduit of at least one for fluid communication between the pair of pads of shoe upper leather.
  3. 【請求項3】 靴の横方向に対向する内縁と外縁により囲まれて長手方向に隔たったつま先部、土踏まず部およびかかと部を備えた靴底を有し、且つ靴底の土踏まず部およびかかと部においてそれぞれの内縁および外縁から垂直に伸びて横方向に対向する内側および外側を有する足首部で靴底に接続された靴甲皮を有する靴の反応エネルギ装置であって、 靴甲皮の足首部に配置された少なくとも一個の流体充満パッドと、 靴底のかかと部のみに配置された解剖学的形状を有する少なくとも一個の流体充満かかとパッドであり、周囲境界の一部分が靴底のかかと部における靴底の内縁および外縁の部分と並置され且つかかと部において靴底を横切って延びている前記かかとパッドと、 前記かかとパッドから離れて靴底の土踏まず部のみに配置さ 3. A laterally surrounded by opposed inner and outer toe portion spaced longitudinally of the shoe has a sole equipped with arch portion and heel portion, and the sole of the arch portion and heel portion a reaction energy device shoe with a shoe upper leather which is connected to the sole at the ankle portion having inner and outer opposed laterally extending perpendicularly from each of the inner and outer edges at the ankle portion of the shoe upper leather at least one fluid filled pad disposed, at least one fluid filled heel pad having an anatomical shape, which are disposed only in the heel portion of the sole, the shoe portion of the circumference boundary of the heel portion of the sole It said heel pad extending across the sole in juxtaposed the inner and outer edges of the portions of the bottom and heel portion, is disposed only in the arch portion of the sole away from the heel pad れた解剖学的形状を有する少なくとも一個の流体充満土踏まずパッドであり、周囲境界の一部分が靴底の土踏まず部における靴底の内縁および外縁の一部分と並置され且つ前記周囲境界の一部分が靴底の内縁および外縁の中間の靴底の土踏まず部を越えて延び且つ靴底の外縁から離れている前記土踏まずパッドと、 靴甲皮の足首部に配置されたパッドから靴底のかかと部に配置されたかかとパッドへまっすぐに延びて前記両パッド間を流体連通させる少なくとも一本の流体導通導管と、かかとパッドから足首パッドに延びこれら両パッドの間を流体連通させる少なくとも一本の流体導通導管と、 を包含することを特徴とする靴の反応エネルギ装置。 At least one having an anatomy that is a fluid filled arch pad, a portion of the peripheral boundary portion of the sole of the inner and outer edges portion and juxtaposed and the surrounding border of the arch portion of the sole of the shoe sole It said arch pad away from the outer edge of and sole extends beyond the arch portion of the middle sole of inner and outer edges, arranged from pad disposed ankle portion of the shoe upper leather in the heel portion of the sole a fluid conducting conduit of at least one to straight fluid communication between the two pads extends into the heel pad, and a fluid conducting conduit of at least one fluid communication between these two pads extending to the ankle pad from the heel pad, the the reaction energy device of the shoe, characterized in that it comprises.
  4. 【請求項4】 前記土踏まずパッドが靴底の土踏まず部における靴底の内縁および外縁の部分の周囲に延在するほぼU字形状を有するリムチャンバーと、該リムチャンバーのU字形状内の靴底の土踏まず部に配置された中央チャンバーとを有することを特徴とする請求項3に記載の靴の反応エネルギ装置。 Wherein said rim chamber having a generally U-shaped arch pads extending around the inner and outer edges of the portions of the sole in the arch portion of the sole, the sole of the U-shape of the rim chamber shoes reaction energy device according to claim 3, characterized in that it comprises a arranged central chamber arch portion of.
  5. 【請求項5】 前記土踏まずパッドのU字形リムチャンバーが靴底の内縁に沿って並列に延び且つ土踏まず部に連続状に合併している土踏まずパッドとかかとパッドの間の流体導管に連続状に合併し、且つ別個の上方土踏まずパッドが靴底の土踏まず部の上方の靴甲皮に設けられ且つ靴甲皮の足首部から長手方向に隔置されていることを特徴とする請求項4に記載の靴の反応エネルギ装置。 5. A merger continuously form a fluid conduit between the arch arch pad and heel pad U-shaped rim chamber of the pad are merged into a continuous shape and arch portions extending in parallel along the inner edge of the sole and, and a separate upper arch pad according to claim 4, characterized in that it is spaced longitudinally from the ankle portion of and shoe upper leather provided shoe upper leather of the upper arch portion of the sole shoes of the reaction energy equipment.
  6. 【請求項6】 複数本の流路が上方土踏まずパッドと土踏まずパッドの間に延在し且つ上方土踏まずパッドと土踏まずパッドの間を流体連通させ、これら複数本の流路が上方土踏まずパッドと土踏まずパッドの間の流体の流れを制御するような形状を有することを特徴とする請求項5に記載の靴の反応エネルギ装置。 6. plurality of flow paths between the extending Mashimashi and upper arch pads and arch pad between the upper arch pads and arch pad in fluid communication, these plurality of flow paths upper arch pad and arch pad the reaction energy device of shoe according to claim 5, characterized in that shaped to control the flow of fluid between.
  7. 【請求項7】 靴の横方向に対向する内縁と外縁により囲まれて長手方向に隔たったつま先部、土踏まず部およびかかと部を備えた靴底を有し、且つ靴底の土踏まず部およびかかと部においてそれぞれの内縁および外縁から垂直に延びて横方向に対向する内側および外側を有する足首部で靴底に接続された靴甲皮を有する靴の反応エネルギ装置であって、 靴甲皮の足首部に配置された少なくとも一個の流体充満パッドと、 靴底のかかと部のみに配置された少なくとも一個の流体充填かかとチャンバーパッドと、 かかとチャンバーパッドから離れて靴底の土踏まず部のみに配置された解剖学的形状を有する少なくとも一個の流体充満土踏まずパッドであり、周囲境界の一部分が靴底の土踏まず部における靴底の内縁の部分と並列状態に在り且つ 7. laterally surrounded by opposed inner and outer toe portion spaced longitudinally of the shoe has a sole equipped with arch portion and heel portion, and the sole of the arch portion and heel portion a reaction energy device shoe with a shoe upper leather which is connected to the sole at the ankle portion having inner and outer opposed laterally extending perpendicularly from each of the inner and outer edges at the ankle portion of the shoe upper leather at least one fluid filled pads arranged in at least one fluid-filled heel chambers pads disposed only in the heel portion of the sole, anatomy disposed only on the arch portion of the sole away from the heel chamber pad shape at least one fluid filled arch pad with, and lies in juxtaposition with the inner edge portion of the sole portion of the circumference boundary in the arch portion of the sole 周囲境界の一部分が靴底の内縁および外縁の中間の靴底の土踏まず部を越えて延び且つ靴底の外縁から離れている前記土踏まずパッドと、 靴甲皮の足首部に配置されたパッドからかかとチャンバーをバイパスして靴底の土踏まず部に配置された土踏まずパッドに延び、靴甲皮のパッドと土踏まずパッドの間を流体連通させる少なくとも一本の流体導通導管であり、前記かかとチャンバーパッドが靴底のかかと部において隔絶され且つ土踏まずパッドと流体連通状態になっていない前記流体導通導管と、 を包含することを特徴とする靴の反応エネルギ装置。 Heel and the arch pad portion of the circumference boundary is away from the outer edge of and sole extends beyond the arch portion of the middle sole of inner and outer edges of the sole, the pads disposed on the ankle portion of the shoe upper leather extends arch pad disposed arch portion of the sole, bypassing the chamber, at least one fluid-conducting conduits in fluid communication between the pad and the arch pad Kutsukabutogawa, said heel chamber pad soles isolated by and reaction energy device of the shoe, characterized in that it comprises a said fluid conducting conduit not in arch pad fluid communication with the at heel portion of.
  8. 【請求項8】 靴の横方向に対向する内縁と外縁により囲まれて長手方向に隔たったつま先部、土踏まず部およびかかと部を備えた靴底を有し、且つ靴底の土踏まず部およびかかと部においてそれぞれの内縁および外縁から垂直に延びて横方向に対向する内側および外側を有する足首部で靴底に接続された靴甲皮を有する靴の反応エネルギ装置であって、 靴甲皮の足首部に配置された少なくとも一個の流体充満パッドと、 靴底のかかと部のみに配置された解剖学的形状を有する少なくとも一個の流体充満かかとパッドであり、周囲境界の一部分が靴底のかかと部における靴底の内縁および外縁の部分と並置された前記かかとパッドと、 前記かかとパッドから離れて靴底の土踏まず部のみに配置された解剖学的形状を有する少なくとも一個の流 8. laterally surrounded by opposed inner and outer toe portion spaced longitudinally of the shoe has a sole equipped with arch portion and heel portion, and the sole of the arch portion and heel portion a reaction energy device shoe with a shoe upper leather which is connected to the sole at the ankle portion having inner and outer opposed laterally extending perpendicularly from each of the inner and outer edges at the ankle portion of the shoe upper leather at least one fluid filled pad disposed, at least one fluid filled heel pad having an anatomical shape, which are disposed only in the heel portion of the sole, the shoe portion of the circumference boundary of the heel portion of the sole At least one of the flow with said heel pad is juxtaposed with inner and outer edges of the portion of the bottom, the anatomy disposed only on the arch portion of the sole away from the heel pad 体充満土踏まずパッドであり、周囲境界の一部分が靴底の土踏まず部における靴底の内縁および外縁の一部分と並置され且つ前記周囲境界の一部分が靴底の内縁および外縁の中間の靴底の土踏まず部を越えて延び且つ靴底の外縁から離れている前記土踏まずパッドと、 前記土踏まずパッドと靴底の土踏まずの上方の靴甲皮に配置され且つ靴甲皮の足首部から長手方向に隔置されて前記土踏まずパッドと流体連通している少なくとも一個の流体充満上方土踏まずパッドと、 を包含することを特徴とする靴の反応エネルギ装置。 A body filled arch pad, arch portion of the sole of the inner and a portion of the outer edge portion and juxtaposed and the surrounding border of the sole inner and outer edges of the intermediate sole portion of the circumference boundary in the arch portion of the sole and it said arch pad away from the outer edge of the sole extends beyond, said the arch pad and is disposed above the shoe upper leather arch of the sole and ankle of the shoe upper leather are spaced longitudinally the reaction energy device of the shoe, characterized in that it comprises the at least one fluid filled upper arch pad in fluid said arch pad in fluid communication.
  9. 【請求項9】 複数本の流路が上方土踏まずパッドと土踏まずパッドの間に延在し且つ上方土踏まずパッドと土踏まずパッドの間を流体連通させ、これら複数本の流路が上方土踏まずパッドと土踏まずパッドの間の流体の流れを制御するような形状を有することを特徴とする請求項8に記載の靴の反応エネルギ装置。 9. plurality of flow paths between the extending Mashimashi and upper arch pads and arch pad between the upper arch pads and arch pad in fluid communication, these plurality of flow paths upper arch pad and arch pad the reaction energy device of shoe according to claim 8, characterized in that shaped to control the flow of fluid between.
  10. 【請求項10】 靴の横方向に対向する内縁と外縁により囲まれて長手方向に隔たったつま先部、土踏まず部およびかかと部を備えた靴底を有し、且つ靴底の土踏まず部およびかかと部においてそれぞれの内縁および外縁から垂直に延びて横方向に対向する内側および外側を有する足首部で靴底に接続された靴甲皮を有する靴の反応エネルギ装置であって、 靴甲皮の足首部に配置された少なくとも一個の流体充満パッドと、 靴底のかかと部のみに配置された少なくとも一対の流体充満パッドであり、靴底のかかと部における靴底の内縁および外縁の部分の周りに並列に延びるほぼU字形のリムチャンバーパッドと、前記リムチャンバーのU字形の内部で靴底のかかと部に配置された中央チャンバーとを有し、前記リムチャンバーが靴底の頂部 10. laterally surrounded by opposed inner and outer toe portion spaced longitudinally of the shoe has a sole equipped with arch portion and heel portion, and the sole of the arch portion and heel portion a reaction energy device shoe with a shoe upper leather which is connected to the sole at the ankle portion having inner and outer opposed laterally extending perpendicularly from each of the inner and outer edges at the ankle portion of the shoe upper leather at least one fluid filled pad disposed, at least a pair of fluid filled pads disposed only in the heel portion of the sole, in parallel around the inner and outer edges of the portions of the sole at the heel portion of the sole almost the rim chamber pad U-shaped, the inside of the rim chamber U-shaped and a central chamber disposed in the heel portion of the sole, the top of the rim chamber sole extending 配置され且つ前記かかとチャンバーが靴底内に配置されている少なくとも一対の流体充満パッドと、 を包含することを特徴とする靴の反応エネルギ装置。 The reaction energy apparatus shoes disposed and the heel chamber is characterized in that it comprises at least a pair of fluid filled pad is disposed within the sole, the.
JP20470493A 1992-07-27 1993-07-27 Cushioning in shoes, ankle support, gives a fit of stability and custom co-reaction energy equipment Expired - Fee Related JP2557792B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US91995292 true 1992-07-27 1992-07-27
US07/919,952 1992-07-27

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06181802A true JPH06181802A (en) 1994-07-05
JP2557792B2 true JP2557792B2 (en) 1996-11-27

Family

ID=25442927

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20470493A Expired - Fee Related JP2557792B2 (en) 1992-07-27 1993-07-27 Cushioning in shoes, ankle support, gives a fit of stability and custom co-reaction energy equipment

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2557792B2 (en)
KR (1) KR970008896B1 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6453577B1 (en) 1996-02-09 2002-09-24 Reebok International Ltd. Support and cushioning system for an article of footwear
CA2162192C (en) 1994-11-28 2000-05-30 Marion Franklin Rudy Article of footwear having multiple fluid containing members
US6505420B1 (en) 1996-02-09 2003-01-14 Reebok International Ltd. Cushioning member for an article of footwear
US6026593A (en) * 1997-12-05 2000-02-22 New Balance Athletic Shoe, Inc. Shoe sole cushion
US6745499B2 (en) 2002-05-24 2004-06-08 Reebok International Ltd. Shoe sole having a resilient insert

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH06181802A (en) 1994-07-05 application
KR970008896B1 (en) 1997-05-30 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4115934A (en) Liquid shoe innersole
US5753061A (en) Multi-celled cushion and method of its manufacture
US5113599A (en) Athletic shoe having inflatable bladder
US5101580A (en) Personalized footbed, last, and ankle support
US4633597A (en) Elastic pressure and automatic-air-ventilation type of insole
US4217705A (en) Self-contained fluid pressure foot support device
US4017931A (en) Liquid filled insoles
US5253435A (en) Pressure-adjustable shoe bladder assembly
US7337560B2 (en) Shoe having an inflatable bladder
US4179826A (en) Foot cushioning device
US4802289A (en) Insole
US6237251B1 (en) Athletic shoe construction
US8490297B2 (en) Integrated, cumulative-force-mitigating apparatus, system, and method for substantially-inclined shoes
US6631568B2 (en) Insole for fitness and recreational walking
US5868690A (en) Inflatable boot and method for its manufacture
US6178662B1 (en) Dispersed-air footpad
US5685090A (en) Cushioning system for shoe sole and method for making the sole
US6354020B1 (en) Support and cushioning system for an article of footwear
US6412194B1 (en) Wax filled pads
US3968577A (en) Method and construction of footwear incorporating a customized, form fitted casting unit
US20060248749A1 (en) Devices with internal flexibility sipes, including siped chambers for footwear
USRE33648E (en) Variably adjustable shoe inserts
US5203793A (en) Conformable cushioning and stability device for articles of footwear
US4224746A (en) Shoe ventilating insole
US5894683A (en) Shock absorbing heel block for shoes

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960528

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080905

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090905

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100905

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100905

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110905

Year of fee payment: 15

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees