JP2545557B2 - 巻取紙の端末処理方法およびその装置 - Google Patents

巻取紙の端末処理方法およびその装置

Info

Publication number
JP2545557B2
JP2545557B2 JP62287789A JP28778987A JP2545557B2 JP 2545557 B2 JP2545557 B2 JP 2545557B2 JP 62287789 A JP62287789 A JP 62287789A JP 28778987 A JP28778987 A JP 28778987A JP 2545557 B2 JP2545557 B2 JP 2545557B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
web
paper roll
tab
hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP62287789A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01127548A (en
Inventor
明 福田
逸郎 増田
Original Assignee
ハマダ印刷機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ハマダ印刷機械株式会社 filed Critical ハマダ印刷機械株式会社
Priority to JP62287789A priority Critical patent/JP2545557B2/ja
Publication of JPH01127548A publication Critical patent/JPH01127548A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2545557B2 publication Critical patent/JP2545557B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H19/00Changing the web roll
    • B65H19/10Changing the web roll in unwinding mechanisms or in connection with unwinding operations
    • B65H19/18Attaching, e.g. pasting, the replacement web to the expiring web
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H19/00Changing the web roll
    • B65H19/10Changing the web roll in unwinding mechanisms or in connection with unwinding operations
    • B65H19/102Preparing the leading end of the replacement web before splicing operation; Adhesive arrangements on leading end of replacement web; Tabs and adhesive tapes for splicing
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H19/00Changing the web roll
    • B65H19/10Changing the web roll in unwinding mechanisms or in connection with unwinding operations
    • B65H19/105Opening of web rolls; Removing damaged outer layers; Detecting the leading end of a closed web roll
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2301/00Handling processes for sheets or webs
    • B65H2301/40Type of handling process
    • B65H2301/46Splicing
    • B65H2301/4606Preparing leading edge for splicing
    • B65H2301/46075Preparing leading edge for splicing by adhesive tab
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2301/00Handling processes for sheets or webs
    • B65H2301/40Type of handling process
    • B65H2301/46Splicing
    • B65H2301/463Splicing splicing means, i.e. means by which a web end is bound to another web end
    • B65H2301/4631Adhesive tape
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2701/00Handled material; Storage means
    • B65H2701/10Handled articles or webs
    • B65H2701/17Nature of material
    • B65H2701/176Cardboard
    • B65H2701/1762Corrugated

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は、輪転機等のペーパ加工機の給紙部にセッ
トされた巻取紙を、そのセット状態において紙継ぎのた
めの端末処理を行なう端末処理方法およびその装置に関
するものである。
〔従来の技術とその問題点〕
一般に輪転機の給紙部にセットされる巻取紙は、紙の
巻終わり端にタブを貼付けて紙が巻戻されるのを防止し
ている。このような巻取紙をそのままの状態で輪転機の
給紙部に装着すると自動的に紙継ぎすることができない
ため、通常、タブを頂点として巻取紙の先端部を逆三角
形に切断し、その切断縁に沿って接着剤層を設けるよう
にしている。
上記のような前処理作業を自動的に行なう装置は、例
えば特開昭61−12561号公報において周知である。とこ
ろで、この前処理装置は、紙庫から輪転機の給紙部へ巻
取紙を搬送する経路に設置する構成のものであるため比
較的大きな設置スペースを必要とすること、装置が高価
であるため輪転機台数が少ない新聞社では採算上、導入
が困難であること、前処理作業の巻取紙を輪転機の給紙
部に搬送する経路において巻取紙に傷がつく危険がある
などの多くの問題がある。
〔発明の目的〕
そこで、この発明は上記の問題点を解決し、輪転等の
ペーパ加工機の給紙部に紙庫から取出した巻取紙をその
巻取紙の状態でセットすることにより紙継ぎのための端
末処理を機械の稼動状態のまま自動的に行なうことがで
きるようにした端末処理方法およびその装置を提供する
ことを目的としている。
〔発明の構成〕
上記の目的を達成するために、第1の発明は、ペーパ
加工機の給紙部にセットされた複数の巻取紙のうち、紙
継ぎ準備位置に位置する巻取紙の表層から数枚の損紙を
軸方向に切断する工程、巻取紙の回転により上記損紙を
繰り出す工程、その損紙の繰り出しと共に送り出される
巻取紙の先端部にテンションを付与した状態において、
上記先端部の幅方向中央部に抜孔を形成する工程、その
抜孔の上辺部にタブの上辺部を貼付ける工程、上記巻取
紙の両側方に配置した一対のナイフを巻取紙の幅方向中
央に移動させると同時に巻取紙を巻取り方向に回転し
て、巻取紙の先端部を上記抜孔に向けて斜めに切断する
工程、その切断辺に沿って巻取紙先端の表面に接着剤を
塗布する工程、上記巻取紙の先端の完全な巻取りによ
り、その巻取紙に接触された押えローラによって前記タ
ブの下辺部を巻取紙の表面に接着させる工程とから構成
したものである。
また、第2の発明は、ペーパ加工機の給紙部にセット
された複数の巻取紙のうち、紙継ぎ準備位置に位置する
巻取紙のまわりに配置され、その巻取紙との接触によっ
て巻取紙を回転させる回転駆動装置と、上記巻取紙の外
周側部に対して移動可能に設けられた支持枠と、この支
持枠の巻取紙に対する前側上部に回転自在に支持され、
支持枠が巻取紙に向けて移動したときその巻取紙と接触
する押えローラと、その押えローラの下方に配置された
カッターを巻取紙の一端側から軸方向に移動させて巻取
紙の外周の数巻の損紙を幅方向に切断する損紙カッタ装
置と、巻取紙の回転によって下方に送り出される損紙を
吸着してさらに下方に搬送するサクションコンベヤ装置
と、このサクションコンベヤ装置から下方に送り出され
る損紙を挾持可能なニップローラと、損紙と共に前記サ
クションコンベヤ装置とニップローラ間に送り出された
巻取紙の端末部中央に抜孔を形成する抜孔形成装置と、
その抜孔形成装置の作動により形成された抜孔の上辺部
にタブの上部を貼付けるタブ貼付装置と、巻取紙端末部
の巻取り時にその端末部の両側に配置された一対のナイ
フを巻取紙の軸方向に移動させて端末部を抜孔に向けて
斜めに切断するナイフ装置と、そのナイフと共に移動し
て端末部の切断線に沿って接着剤層を形成する塗布装置
とから構成したのである。
〔実施例〕
以下、この発明の実施例を添付図面に基づいて説明す
る。
第1図に示うように、輪転機の給紙部1は、回転軸2
を備え、その回転軸2の両端部に巻取紙ホルダ3が固着
されている。
なお、実施例の場合は、一つの巻取紙ホルダ3のみを
示し、他方のホルダ3を省略している。この巻取紙ホル
ダ3には三本のアーム4が120°の間隔をおいて設けら
れ、各アーム4の先端部に、巻取紙Lを回転可能に支持
する軸受5が取付けられている。この軸受5に支持され
る巻取紙Lは図示省略したブレーキ装置によって制動さ
れる。上記回転軸2は駆動装置6によって間歇回転さ
れ、その停止状態における各アーム4の先端の停止位置
が巻取紙Lの装着位置A、紙継ぎ準備位置B、および給
紙位置Cとされ、装着位置Aのアーム4間に装着された
巻取紙Lは回転軸2の回転によって、紙継ぎ準備位置B
および給紙位置Cに順に移送される。
紙継ぎ準備位置Bに位置する巻取紙Lのまわりには、
巻取紙Lを回転させる回転駆動装置が配置されている。
実施例の場合は、巻取紙Lの端面に対して駆動ローラ7
を接触・離反可能に設け、その駆動ローラ7を巻取紙L
に接触して巻取紙Lを接触回転させるようにしている。
また、紙継ぎ準備位置に位置する巻取紙Lの一側上方
には、その巻取紙Lに向けて長い一対のレール8が架設
され、このレール8の下面にラック9が取付けられてい
る。
上記レール8に沿って移動自在に設けられる支持枠10
は、第2図および第3図に示すように、一対のサイドフ
レーム11を備え、そのサイドフレーム11の上側前後に取
付けた車輪12が、前記レール8で支持されている。ま
た、サイドフレーム11の上部間には駆動軸13が渡され、
その駆動軸13の両端部に前記ラック9と噛合する一対の
ピニオン14が取付けられている。
駆動軸13は、第1図に示すように、支持枠10に支持さ
れたモータ15によって駆動される。このため、モータ15
の駆動によって支持枠10をレール8に沿って移動させる
ことができる。
第2図は、上記支持枠10の詳細を示す。一対のサイド
フレーム11の上部間には第1レール16が渡され、その第
1レール16に沿って移動可能に支持された第1移動台17
は、第1レール16に平行に配置した第1ねじ軸18とねじ
係合し、この第1ねじ軸18を図示省略したモータによっ
て回転させることにより、第1移動台17がレール16に沿
って移動する。
第1移動台17の巻取紙Lと対向する前側部には、一対
の支持片19が取付けられ、その支持片19間に渡したピン
20に一対のアーム21の一端を固定し、そのアーム21の先
端部でメジャーリングホイール22が回転可能に支持され
ている。また、ピン20の一端部には、第3図に示すよう
に、レバー23が取付けられ、そのレバー23の揺動駆動用
のシリンダ24が第1移動台17で支持されている。このた
め、シリンダ24の作動によってピン20を中心にメジャー
リングホイール22が揺動し、巻取紙側に向けて揺動させ
たとき、上記ホイール22は、支持枠10の前方に一部が突
出する。このメジャーリングホイール22は、巻取紙Lと
の接触により回転し、その回転量から巻取紙Lの繰り出
し長さを計算する。
メジャーリングホイール22の下方には押えローラ25が
配置され、その押えローラ25の両端部を支持するアーム
26の上端部にピン27が固定され、このピン27がサイドフ
レーム11で支持されている。また、ピン27のサイドフレ
ーム11を貫通して外側方に臨む端部には、レバー28が取
付けられ、そのレバー28の揺動用シリンダ29がサイドフ
レーム11に支持されている。
したがって、シリンダ29の作動により、ピン27を中心
に押えローラ25が揺動し、巻取紙Lに向けての揺動時
に、サイドフレーム11の前縁から一部が前方に突出す
る。この押えローラ25は、支持枠10を巻取紙Lに向けて
移動させたとき、巻取紙Lに対する当接により押し込ま
れて後方に揺動し、その揺動時に、図示省略した支持枠
移動停止用スイッチを作動させるようになっている。
前記第1レール16の下方には、第2図に示すように、
第2レール30が平行に渡され、その第2レール30に沿っ
て移動自在に支持された第2移動台31は、第2レール30
に平行に配置した第2ねじ軸32とねじ係合している。こ
のため、図示省略したモータの駆動により第2ねじ軸32
を回転させることにより、第2移動台31が第2レール30
に沿って移動する。
この第2移動台31には、巻取紙Lの表層から数巻の紙
(以下、損紙という)を巻取紙軸方向に切断する損紙カ
ッタ装置33が支持されている。
損紙カッタ装置33は、第4図および第5図に示すよう
に、第2移動台31の下面に取付けた一対の平行アーム34
の先端部にカッタ支持枠35を取付け、第2移動台31の下
面には一対の平行アーム34のうち、一方のアーム34を揺
動させるシリンダ36を取付け、そのシリンダ36の作動に
よって、カッタ支持枠35を巻取紙Lの外径面に対して移
動させるようにしている。また、カッタ支持枠35には、
ヘッドプーリ37、案内プーリ38およびテールプーリ39を
回転可能に取付け、その各プーリ37、38、39間にエンド
レスのベルト40をかけ渡し、ヘッドプーリ37と案内プー
リ38間に形成された直線走行部41をカッタ支持枠35の巻
取紙Lに対する対向面より前方に配置してある。
さらに、上記直線走行部41の背後に、先端を薄肉厚と
したフォーク42を、その全面が直線走行部41より前方に
位置する配置してフォーク後端に設けた突片43をカッタ
支持枠35で支持し、そのフォーク42の背面とカッタ支持
枠35の前面間にペーパ侵入部44を形成してある。
また、フォーク42の背面に嵌合溝45を設け、その嵌合
溝45に一部を嵌合した円形のカッター46を前記テールプ
ーリ39のプーリ軸に非回転に取付けてある。
上記の構成により、巻取紙Lに外径面に前記押えロー
ラ25が当接する状態において、シリンダ36の作動により
カッタ支持枠35を前進してベルト40の直線走行部41を巻
取紙Lの端部外径面に当接すると、フォーク42の先端が
巻取紙Lの端面外周部に対向する。そこで、第2ねじ軸
32を回動して第2移動台31を第2レール30に沿って移動
させることにより、フォーク42は巻取紙Lの端面に突き
刺ると共に、巻取紙Lと直線走行部41との接触によりベ
ルト40が移動してカッター46が回転し、前記フォーク42
で抄い取られた数巻の損紙が、カッター46で幅方向に切
断される。
上記カッタ装置33の下方には、第2図に示すように、
巻取紙Lの回転により、その巻取紙Lの外周から送り出
される損紙をさらに下方に排出するサクションコンベヤ
装置47が配置されている。
サクションコンベヤ装置47は、第2図および第6図に
示すように、一対のサイドフレーム11間に渡したサクシ
ョンボックス48と、そのボックス48の前側下部に配置さ
れ、モータによって回動されるベルトローラ49とを備
え、そのベルトローラ49とサクションボックス48のまわ
りに孔あきのベルト50を複列にかけ渡してある。また、
サクションボックス48の巻取紙Lに対する背面には、各
ベルト50と対向する部分に吸引孔51を設けてある。
上記の構成により、サクションボックス48の内部に吸
引力を付与することにより、吸引孔51を介して、ベルト
50の孔に吸引力を付与することができる。このため、巻
取紙Lの回転によってサクションボックス48の背面側に
損紙を送り出すことにより、その損紙に吸引力が付与さ
れ、ベルト50の移動によって、損紙をさらに下方に送り
出すことができる。
なお、巻取紙Lから繰り出される損紙がサクションボ
ックス48の背面側に向けて移動するように、ベルトロー
ラ49の前側下部にエア噴射パイプ52を配置し、そのパイ
プ52から前記押えローラ25と巻取紙Lの接触部間に向け
てエアを噴射するようにしている。
前記サクションコンベヤ装置47の下方には、サクショ
ンボックス48の背面から下方に送り出される損紙を挟持
してさらに下方に送り出す一対のニップローラ53、54が
設けられている。
一対のニップローラ53、54のうち、一方のニップロー
ラ53は定位置に配置されて図示省略したモータで駆動さ
れ、他方のニップローラ54は、ニップローラ53に対して
移動可能に支持され、シリンダ等によって移動される。
上記ニップローラ53、54の下方には、そのニップロー
ラ53、54から送り出される損紙の巻取装置55が配置され
ている。
第7図および第8図は上記巻取装置55を示す。支持枠
10の各サイドフレーム11の下部にピン56を介して後部が
揺動可能に支持された一対のアーム57間にステー58が渡
されている。このアーム57の先端にはワイヤ59が接続さ
れ、そのワイヤ59の巻取りドラム60にモータ61を接続
し、上記巻取りドラム60の回転によりアーム57を揺動さ
せるようにしてある。
上記ステー58には、レール62が取付けられ、そのレー
ル62に沿って移動可能に支持された一対のチャック支持
板63、63うち、一方のチャック支持板63はねじ軸64とね
じ係合し、他方のチャック支持板63はねじ軸65とねじ係
合している。一対のねじ軸64、65は同軸上に配置され、
アーム57に支持されたモータ66、67により単独に駆動さ
れる。チャック支持板63のそれぞれには、エアチャック
68が回動可能に支持されている。
エアチャック68は開閉可能な一対の開閉片69を備え、
その開閉片69の内面に取付けたL字形挟持片70は、他方
の開閉片69と対向している。
このため、一対の開閉片69を開放すると、挟持片70は
逆に閉鎖する。したがって、一対の挟持片70間に損紙の
側縁部を位置させて開閉片69を開放することにより、一
対の挟持片70で損紙を挟持することができる。
エアチャック68にはギヤ71が固定され、そのギヤ71と
チェック支持板63の先端部に支持された回転可能な駆動
ギヤ72との間にタイミングベルト73が渡されている。
駆動ギヤ72は、一対のアーム57の先端部間に渡したス
プライン軸74の外側に嵌合されて軸方向に移動可能に、
かつ非回転に支持されている。
スプライン軸74にはモータ75が接続され、そのモータ
75を駆動してスプライン軸74を回転させることにより、
エアチャック68が回転する。
したがって、一対の挟持片70が損紙の両側部を挟持す
る状態において、スプライン軸74の回転によりエアチャ
ック68を回転させることにより、一対の挟持片70で損紙
をロール状に巻取ることができる。
前記ニップローラ53、54の背後には、第2図に示すよ
うに、第3レール76が配置され、その第3レール76の両
端部は、一対のサイドフレーム11で支持されている。
この第3レール76に沿って移動自在に支持された第3
移動台77は、第3レール76に平行に配置した第3ねじ軸
78とねじ係合し、その第3ねじ軸78を図示省略したモー
タの駆動によって回動させることにより、第3レール76
に沿って第3移動台77が移動する。
第3移動台77の上面には、第9図に示すように、シリ
ンダ79と、そのシリンダ79の作動により移動されるカッ
タ支持台80とが支持されている。カッタ支持台80は前記
サクションボックス48の背面からニップローラ53、54に
至る損紙に対して移動自在に支持され、そのカッタ支持
台80上に円形のカッター81が支持されている。
上記カッター81は、損紙と共に引き出される巻取紙L
の先端部の幅方向中央部に所定長さの切断線を形成する
ためのものであり、上記切断線の形成に際して、カッタ
支持台80を前方に移動させた状態で第3移動台77をレー
ル76に沿って移動させる。
前記第2レール30と第3レール76間の後方には、レー
ル支持板82が配置され、そのレール支持板82の両端部
は、一対のサイドフレーム11で支持されている。
レール支持板82の上面には、一対のサイドフレーム11
間に渡る一対の第4レール83が支持され、その第4レー
ル83に沿って一対の第4移動台84が移動自在に支持され
ている(第10図参照)。
第4移動台84のそれぞれを貫通する一対の第4ねじ軸
85、85はサイドフレーム11によって回動可能に支持さ
れ、図示省略したモータによって個々に回動される。こ
の各第4ねじ軸85は、一対の第4移動台84の一方にねじ
係合しており、その第4ねじ軸85の回転により第4移動
台84が第4レール83に沿って移動される。
第4移動台84の巻取紙Lに対向する一側部には、ブラ
ケット86が取付けられ、そのブラケット86にVカット用
のナイフ87が斜めに取付けられている。このナイフ87
は、前記サクションボックス48の背面下方に配置され、
そのナイフ87をサクションボックス48から下方に延びる
巻取紙Lの端末部両側方に配置した状態から第4移動台
84をレール83の中央部に向けて移動し、同時に巻取紙L
の端末部を巻取ることにより、その端末をVカットする
ことができる。
上記Vカット用ナイフ87の上方には、Vカットされた
端末部の斜辺に沿って粘着剤を塗布する塗布装置88が配
置されている。
ここで、塗布装置88は、第4移動台84の側部にノズル
89を取付け、そのノズル89から接着剤を吹付けるように
しているが、巻取紙Lの端末部に対して塗布ヘッドを移
動可能に設け、その塗布ヘッドを端末部に接触させ、そ
の接触によって端末部に接着剤を塗布するようにしても
よい。
なお、接着剤は、予め決められたパターンに沿って塗
布するようにする。
前記レール支持板82の下面には、第2図および第11図
に示すように、サイドフレーム11間に亘る一対の第5レ
ール90が取付けられ、その第5レール90に沿ってアーム
支持台91が移動自在に設けられている。このアーム支持
台91は、サイドフレーム11間に亘る第5ねじ軸92とねじ
係合し、その第5ねじ軸92を図示省略したモータで回転
させることにより、アーム支持台91が移動する。
上記アーム支持台91にはスプライン軸93が挿通されて
いる。このスプライン軸93の両端部はサイドフレーム11
で支持され、図示省略したモータの駆動により回動され
る。このスプライン軸93の外側に嵌合したベベルギヤ94
は、スプライン軸93に対して非回転に、かつ軸方向に移
動可能に支持され、アーム支持台91によって回転可能に
支持されている。
このため、スプライン軸93を回転すると、ベベルギヤ
94が回転し、その回転は、そのギヤ94に噛合するベベル
ギヤ95を介してアーム支持軸96に伝達される。
アーム支持軸96は、アーム支持台91に取付けた軸受に
よって回動可能に支持されている。
アーム支持軸96の下端にはアーム97が固定され、その
アーム97の先端に設けた支持板98にタブ吸着用シリンダ
99と、抜孔形成用シリンダ100とが支持されている。
タブ吸着用シリンダ99とピストンロッド101にはエア
吸引孔を有するタブ吸着板102が取付けられている。ま
た、抜孔形成用シリンダ100のピストンロッドにコの字
形の刃板103が取付けられている。これらのシリンダ9
9、100は、前記スプライン軸93の回転によって、90°向
きが変更され、その一方の向きにおいて、タブ吸着板10
2およびコの字形刃板103がサイドフレーム11の一方に対
向し、他方の向きにおいて、前記サクションボックス48
から垂れ下がる巻取紙Lの端末部と対向する。
タブ吸着板102および刃板103が対向するサイドフレー
ム11には、第12図に示すように、タブ吸着板102が通過
可能な窓104が形成され、その窓104の外側にタブ繰り出
し装置105が配置されている。
タブ繰り出し装置105は、ロール状のタブテープTを
支持する支持軸106と、モータ107により回動されてタブ
テープTを巻取る巻取軸108とを備え、上記支持軸106か
ら巻取軸108に至るテープ移送路に、複数の案内ローラ1
09とタブテープTを急角度に折曲げる折曲げガイド110
とを配置し、この折曲げガイド110をシリンダ111によっ
てテープの移動方向に移動させるようにしている。
ここで、タブテープTは、支持体aの片面に離型処理
を施し、その離型処理面に粘着剤層を裏面に有するタブ
bを等間隔に貼付してある。このため、巻取軸108でタ
ブテープTを巻取ることにより、折曲げガイドaはタブ
テープbの移動方向に対して反対側に移動し、そのガイ
ド110の移動により、支持体aからタブbが剥離され
る。
したがって、折曲げガイド110の手前に位置するタブ
bにタブ吸着板102と当接してタブbを吸着し、それよ
り巻取軸108でタブテープTを巻取ることにより、支持
体aから剥離されたタブbをタブ吸着板102で吸着保持
することができる。
実施例で示す端末処理装置は上記の構造から成り、次
にその作用を説明する。
いま、紙継ぎ準備装置Bに位置する巻取紙Lに向けて
支持枠10を移動させると、押えローラ25が巻取紙Lに当
接し、さらに支持枠10が移動することにより、押えロー
ラ25がピン27を中心に後方に揺動する。その揺動によ
り、停止用スイッチが作動し、支持枠10は停止する。こ
のため、押えローラ25およびメジャーリングホイール22
は巻取紙Lの外径面に当接する状態に保持される。
支持枠10の停止後、第2移動台31に支持されたシリン
ダ36の作動により、カッタ支持枠35が巻取紙Lの外径面
に向けて移動し、その巻取紙Lにベルト40の直線走行部
41が当接して停止すると、第2ねじ軸32が回転し、カッ
タ支持枠35を巻取紙Lの一端面から他端面に向けて移動
させる。
このため、巻取紙Lの外周の数巻の損紙は、カッター
46により第13図に示すように、幅方向に切断される。
(C)は切断線を示す。
損紙切断後、駆動ローラ7との接触により、巻取紙L
は第2図の矢印方向に回転され、同時に、エア噴射パイ
プ52からエアが噴射される。
このため、巻取紙Lの外周の損紙dは、第14図に示す
ように繰り出されてサクションコンベヤ装置47の背部に
送り出され、同時にメジャーリングホイール22の回転に
よって送り出し長さが計測される。
上記損紙dは、サクションボックス48の背面からニッ
プローラ53、54間に送り込まれ、巻取装置55の一対のエ
アチャック68間より下方に送り込まれる。その損紙d
が、エアチャック68の下方に所定長さ送り出されると、
駆動ローラ7が停止する。
巻取紙Lの回転停止後、巻取装置55のねじ軸64、65の
回転により、一対のエアチャック68が損紙dの両側部に
向けて移動する。そのエアチャック68の一対の挾持片70
間に損紙dの両側部が臨むと、ねじ軸64、65は停止し、
同時にエアチャック68が作動して一対の挾持片70が損紙
dを挾持する。この挾持後、駆動ローラ7の回転によ
り、巻取紙Lが前記と同様に損紙dを繰出す方向に回転
し、同時に、巻取装置55のアーム57がピン56を中心に下
方向に揺動する。
アーム57の下降に伴ない、エアチャック68が回転して
第15図に示すように損紙dを巻取り一定量巻取るとエア
チャック68および駆動ローラ7が停止する。
上記のような動作時、第3ねじ軸78の回転により、第
3移動台77が損紙dの幅方向中央部まで送られて停止し
ている。また、タブ吸着板102は、タブ繰り出し装置105
から繰り出されたタブbを吸着し、その吸着状態におい
て、第5ねじ軸92の回転により、損紙dの幅方向中央部
と対向する位置まで移動されている。
前記駆動ローラ7の停止と同時に、第3移動台77上の
シリンダ79の作動により、カッタ支持台80が前進し、カ
ッター81が損紙dと共に引き出された巻取紙Lの端末部
eを切り込み、第3ねじ軸78の回転により水平に移動し
て端末部eを第16図に示すように、所定長さ切り込む。
fは切込み線を示す。その切り込み後、カッタ支持台80
は後退し、第3ねじ軸78の逆転により、待機位置に保持
される。
また、アーム支持軸96に支持されたアーム97は、スプ
ライン軸93の90°の回転によって90°向きが変更され、
コの字形の刃板103が巻取紙Lの端末部eに対向する
と、抜孔形成用のシリンダ100が作動して刃板103を前進
させる。その刃板103の前進によって、巻取紙Lの端末
部eに第17図に示すように抜孔gが形成され、その形成
後に刃板103は後退する。
また、タブ吸着用シリンダ99が作動してタブ吸着板10
2を前進させる。その前進により、タブ吸着板102に吸着
支持たれたタブbの上辺部が、第18図に示すように、上
記抜孔gの上辺部に接着される。
上記のようなタブTの貼付け後、タブ吸着板102は後
退し、その停止後、スプライン軸93の90°の逆転によっ
て、タブbを吸着する位置に戻される。
また、タブbの貼付後、サクションコンベヤ装置47が
作動してベルト50を移動させると共に、ニップローラ5
3、54および駆動ローラ7が回転し、巻取紙Lの端末部
eを、Vカット開始点まで下方に送り込む。
Vカット開始信号により、サクションボックス48が吸
引を開始し、サクションコンベヤ装置47のベルト50が上
記の逆方向に移動すると共に、駆動ローラ7が逆転して
端末部eを巻取る方向に移動させる。同時に、一対の第
4移動台84が第4ねじ軸85の回転により互に接近する方
向に移動する。このため、Vカット用ナイフ87およびノ
ズル89は横方向に移動し、Vカット用ナイフ87によって
端末部eは側縁から抜孔gに向けて斜めに切断され、ま
た、ノズル89から噴射されるる接着剤が切断線に沿って
予め定められたパターン通りに塗布される(第19図参
照)。hは接着剤層を示す。
端末部eの切断、接着剤の塗布後、巻取紙Lの端末部
eはそのまま巻戻される。このため、端末部eに接着さ
れたタブbは、押えローラ25の押圧により巻取紙Lの表
面に貼付けられる。(第20図参照)。
一方、巻取装置55のエアチャック68が再び回転して残
りの損紙dを巻取る。損紙dの巻取り完了後、エアチャ
ック68の開閉片69は閉鎖し、挾持片70の開放後、エアチ
ャック68は外方向に移動する。このため、ローラ状に巻
取られた損紙dは下方に排出される。
上記の動作完了後、各部材は原点位置に復帰する。
一般に、新聞輪転機の給紙部は、巻取紙の繰り出し方
向に所要の間隔をおいて配置されている。そこで、第2
図に示す端末処理装置の各部品を、一対の第4ねじ軸8
5、85間の2等分位置を通る中心線を対象線として左右
対称に設け、この端末処理装置を隣接する給紙部間に移
動自在に配置することにより、一台の端末処理装置によ
って、隣接する給紙部の紙継ぎ準備位置の巻取紙を端末
処理を施すことができる。
実施例の場合は、この発明に係る端末処理装置を新聞
輪転機の給紙部に配置した例を示したが、ペーパ加工機
は、新聞輪転機に限定されず、例えば、コルゲートマシ
ンであってもよい。
〔効果〕
以上のように、この発明によれば、上記のような構成
としたので、ペーパ加工機の給紙部において紙継ぎのた
めの前処理作業を機械の稼動状態のまま自動的に前処理
することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は、この発明の方法を実施する端末処理装置の一
実施例を示す正面図、第2図は同上の拡大縦断正面図、
第3図は第2図の上部を示す側面図、第4図は同上の損
紙カッタ装置を示す斜視図、第5図は同上のカッタ支持
枠の平面図、第6図は同上のサクションコンベヤ装置の
一部分を示す斜視図、第7図は同上の巻取装置の縦断正
面図、第8図は第7図の平面図、第9図は同上の第3移
動台の部分を示す斜視図、第10図は同上の第4移動台の
部分を示す斜視図、第11図は同上のアーム支持台の部分
を示す斜視図、第12図は同上のタブの繰り出し装置を示
す斜視図、第13図乃至第20図は巻取紙端末部の処理順序
を段階的に示す斜視図である。 7……駆動ローラ、10……支持枠、25……押えローラ、
33……損紙カッタ装置、47……サクションコンベヤ装
置、46……カッター、48……サクションボックス、49…
…ベルトローラ、50……ベルト、51……吸引孔、53、54
……ニップローラ、81……カッター、87……ナイフ、10
2……タブ吸着板、103……刃板。

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】ペーパ加工機の給紙部にセットされた複数
    の巻取紙のうち、紙継ぎ準備位置に位置する巻取紙の表
    層から数巻の損紙を軸方向に切断する工程、巻取紙の回
    転により上記損紙を繰り出す工程、その損紙の繰り出し
    と共に送り出される巻取紙の端末部にテンションを付与
    した状態において、上記端末部の幅方向中央部に抜孔を
    形成する工程、その抜孔の上辺部にタブの上辺部を貼付
    ける工程、上記巻取紙の両側方に配置した一対のナイフ
    を巻取紙の幅方向中央に移動させると同時に巻取紙を巻
    取り方向に回転して、巻取紙の先端部を上記抜孔に向け
    て斜めに切断する工程、その切断辺に沿って巻取紙端末
    の表面に接着剤を塗布する工程、上記巻取紙の端末部の
    完全な巻取りにより、その巻取紙に接触させた押えロー
    ラによって前記タブの下辺部を巻取紙の表面に接着させ
    る工程とから成る巻取紙の端末処理方法。
  2. 【請求項2】ペーパ加工機の給紙部にセットされた複数
    の巻取紙のうち、紙継ぎ準備位置に位置する巻取紙のま
    わりに配置され、その巻取紙との接触によって巻取紙を
    回転させる回転駆動装置と、上記巻取紙の外周側部に対
    して移動可能に設けられた支持枠と、この支持枠の巻取
    紙に対する前側上部に回転自在に支持され、支持枠が巻
    取紙に向けて移動したときその巻取紙と接触する押えロ
    ーラと、その押えローラの下方に配置されたカッターを
    巻取紙の一端側から軸方向に移動させて巻取紙の外周の
    数巻の損紙を幅方向に切断する損紙カッタ装置と、巻取
    紙の回転によって下方に送り出される損紙を吸着してさ
    らに下方に搬送するサクションコンベヤ装置と、このサ
    クションコンベヤ装置から下方に送り出される損紙を挾
    持可能なニップローラと、損紙と共に前記サクションコ
    ンベヤ装置とニップローラ間に送り出された巻取紙の端
    末部中央に抜孔を形成する抜孔形成装置と、その抜孔形
    成装置の作動により形成された抜孔の上辺部にタブの上
    部を貼付けるタブ貼付装置と、巻取紙端末部の巻取り時
    にその端末部の両側に配置された一対のナイフを巻取紙
    の軸方向に移動させて端末部を抜孔に向けて斜めに切断
    するナイフ装置と、そのナイフと共に移動して端末部の
    切断線に沿って接着剤層を形成する塗布装置とから成る
    巻取紙の端末処理装置。
JP62287789A 1987-11-12 1987-11-12 巻取紙の端末処理方法およびその装置 Expired - Fee Related JP2545557B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62287789A JP2545557B2 (ja) 1987-11-12 1987-11-12 巻取紙の端末処理方法およびその装置

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62287789A JP2545557B2 (ja) 1987-11-12 1987-11-12 巻取紙の端末処理方法およびその装置
GB8804622A GB2212142B (en) 1987-11-12 1988-02-26 Method and apparatus for treating end portion of roll paper
US07/163,335 US4802632A (en) 1987-11-12 1988-03-02 Method and apparatus for treating end portion of roll paper
DE3811138A DE3811138C2 (ja) 1987-11-12 1988-03-31
FR888809398A FR2623176B1 (fr) 1987-11-12 1988-07-11 Appareillage et procede pour traiter la partie d'extremite d'une feuille de papier en rouleau disposee en un emplacement de raccordement

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01127548A JPH01127548A (en) 1989-05-19
JP2545557B2 true JP2545557B2 (ja) 1996-10-23

Family

ID=17721766

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62287789A Expired - Fee Related JP2545557B2 (ja) 1987-11-12 1987-11-12 巻取紙の端末処理方法およびその装置

Country Status (5)

Country Link
US (1) US4802632A (ja)
JP (1) JP2545557B2 (ja)
DE (1) DE3811138C2 (ja)
FR (1) FR2623176B1 (ja)
GB (1) GB2212142B (ja)

Families Citing this family (34)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2554371B2 (ja) * 1989-02-13 1996-11-13 ハマダ印刷機械株式会社 紙通し準備装置
JPH089438B2 (ja) * 1989-04-26 1996-01-31 日本たばこ産業株式会社 卷回ロールから繰り出される帯状材の始端繰り出し裁断装置
DE3918552C2 (de) * 1989-06-02 1996-07-11 Kaneda Kikai Seisakusho Toyona Maschine zum Vorbereiten von Papierrollen für den Spleißvorgang
DE4021443A1 (de) * 1990-07-05 1992-01-09 Voith Gmbh J M Einrichtung zur befestigung eines klebestreifens am bahnende und am tambour, den die warenbahn bildet
DE4118690C2 (ja) * 1991-06-07 1993-05-19 Man Roland Druckmaschinen Ag, 6050 Offenbach, De
JPH0532361A (ja) * 1991-07-29 1993-02-09 Hamada Insatsu Kikai Kk 巻取紙の端末処理方法およびその装置
DE4139586C2 (de) * 1991-11-30 1995-04-27 Roland Man Druckmasch Verfahren und Vorrichtung zum Bilden und Erfassen eines Bahnanfanges einer Ersatz-Wickelrolle
US5323981A (en) * 1991-12-13 1994-06-28 Sequa Corporation Splicer tape system
DE4141242C2 (ja) * 1991-12-14 1993-09-23 Man Roland Druckmaschinen Ag, 63069 Offenbach, De
DE4212095C1 (ja) * 1992-04-10 1993-08-19 Man Roland Druckmaschinen Ag, 6050 Offenbach, De
DE4219518A1 (de) * 1992-06-13 1993-02-25 Koenig & Bauer Ag Verfahren und vorrichtung zum zufuehren von rollenfoermigem material zu einer klebevorbereitungsstation
SE469834B (sv) * 1992-08-07 1993-09-27 Wamag Idab Ab Sätt och anordning för preparering av tryckpappersrullar
DE4327332A1 (de) * 1992-08-17 1994-02-24 Koenig & Bauer Ag Verfahren und Vorrichtung zum Zuführen von Papierrollen zu einer Arbeitsstation
NL9400137A (nl) * 1994-01-28 1995-09-01 Stork Contiweb Werkwijze voor het voorbereiden van het begin van een materiaalbaan van een voorraadrol in een rollenwisselaar, rollenwisselaar en baanopname-inrichting.
DE59504277D1 (de) * 1994-07-20 1998-12-24 Koenig & Bauer Albert Ag Verfahren und vorrichtung zum vorbereiten eines anfanges einer vorratspapierbahnrolle für einen fliegenden rollenwechsel
SE516016C2 (sv) * 1995-07-12 2001-11-05 Lorentzen & Wettre Ab Apparat för att skära ut en provremsa
DE19540689C2 (de) * 1995-11-02 1997-11-06 Koenig & Bauer Albert Ag Schneideeinrichtung
EP0819639B1 (en) * 1996-07-17 2004-06-30 Fuji Photo Film Co., Ltd. Web splicing preparation method and apparatus
US5845867A (en) * 1997-10-10 1998-12-08 The Black Clawson Company Continuous winder
US6016989A (en) * 1998-08-24 2000-01-25 Beloit Technologies, Inc. Paper web autosplicer
DE19918220C2 (de) * 1999-04-22 2002-10-24 Tesa Ag Verfahren zur Splice-Vorbereitung
US6808581B2 (en) * 2001-06-15 2004-10-26 3M Innovative Properties Company Method and apparatus for automatically applying a flying splicing tape to a roll of sheet material
US6814123B2 (en) * 2001-12-21 2004-11-09 3M Innovative Properties Company Method and apparatus for applying a splicing tape to a roll of sheet material
DE10338795A1 (de) * 2003-08-23 2005-03-17 Voith Paper Patent Gmbh Vorrichtung zum Entfernen von Lagen eines Wickels auf einer Wickeltrommel
US20050058752A1 (en) * 2003-09-17 2005-03-17 Deason Howard Thomas Multi-ply products comprising a consumer accessible tab
DE10343421A1 (de) * 2003-09-19 2005-04-14 Voith Paper Patent Gmbh Vorrichtung und Verfahren zum Entfernen von Ausschuss einer Materialbahn von einem Wickeltambour
US7811648B2 (en) * 2004-03-15 2010-10-12 Georgia-Pacific Consumer Products Lp Reduced ply separation tail seal
DE102004040743B3 (de) * 2004-08-22 2005-09-08 Schneider, Gabriele Vorrichtung und Verfahren zum Entfernen einer Schutzverpackung
EP1882658B1 (de) * 2006-07-27 2012-03-21 Koenig & Bauer Aktiengesellschaft Verfahren zur Vorbereitung einer mit einer ersten Materialbahn zu verbindenden zweiten Materialbahn
IT1392511B1 (it) * 2008-12-23 2012-03-09 Pe Labellers Spa Macchina etichettatrice mediante etichette stampate su nastro
US8783601B1 (en) 2011-06-28 2014-07-22 Gzim Shala Wet wipe roll dispensing system
JP5909372B2 (ja) * 2012-01-19 2016-04-26 富士通コンポーネント株式会社 プリンタ装置及びプリンタ装置の制御方法
CN110466247B (zh) * 2019-09-02 2021-01-15 北京黎马敦太平洋包装有限公司 一种镭射转移机
CN112173806A (zh) * 2020-09-30 2021-01-05 西安航天华阳机电装备有限公司 一种水处理膜湿膜同步接卷装置

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US29365A (en) * 1860-07-31 Hoeseshoe-machine
US3780960A (en) * 1971-10-06 1973-12-25 Rengo Co Ltd Web splicing apparatus
CA987645A (en) * 1973-03-07 1976-04-20 Masateru Tokuno Method and apparatus for splicing paper rolls
US3841944A (en) * 1973-06-26 1974-10-15 Harris Intertype Corp Web splicing apparatus
DE2337663C2 (de) * 1973-07-25 1986-12-11 M.A.N.- Roland Druckmaschinen AG, 6050 Offenbach Vorrichtung zum Vorbereiten von Wickelrollen aus Bahnmaterial für das Abwickeln für den Druck
US4170506A (en) * 1976-03-22 1979-10-09 Marquip, Inc. Method of web splicing
LU80589A1 (de) * 1978-11-28 1980-06-05 Hauni Werke Koerber & Co Kg Bobinenwechselvorrichtung
JPS6246458B2 (ja) * 1983-06-20 1987-10-02 Dainippon Printing Co Ltd
IT1178613B (it) * 1983-11-24 1987-09-09 Hauni Werke Koerber & Co Kg Dispositivo cambia bobine
JPH0643225B2 (ja) * 1984-06-26 1994-06-08 株式会社金田機械製作所 巻取紙の紙継ぎ前処理装置
US4683022A (en) * 1985-04-26 1987-07-28 Kabushiki Kaisha Kaneda Kikai Seisakusho Automatic device for preparing paper rolls for web pasting
JPS6288758A (en) * 1985-10-11 1987-04-23 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Automatic outfitting device for web
DE3601296C2 (ja) * 1986-01-17 1989-04-06 Valmet-Strecker Gmbh, 6102 Pfungstadt, De
US4685392A (en) * 1986-06-24 1987-08-11 Kabushiki Kaisha Kaneda Kikai Seisakusho Automatic device for preparing paper rolls for web pasting
JP3226624B2 (ja) * 1992-09-24 2001-11-05 日本オプネクスト株式会社 レーザダイオード駆動回路及び光伝送装置

Also Published As

Publication number Publication date
DE3811138C2 (ja) 1992-02-06
GB8804622D0 (en) 1988-03-30
GB2212142B (en) 1992-02-12
GB2212142A (en) 1989-07-19
JPH01127548A (en) 1989-05-19
DE3811138A1 (de) 1989-06-01
US4802632A (en) 1989-02-07
FR2623176B1 (fr) 1991-11-22
FR2623176A1 (fr) 1989-05-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2545557B2 (ja) 巻取紙の端末処理方法およびその装置
US4481053A (en) Method and apparatus for splicing web
JPH0768001B2 (ja) ワインダーにおいてセット交換を行う方法
US5795432A (en) Coiling machine with adhesive strip applicator
CA1227963A (en) Pads and their formation
GB1569886A (en) Splicing webs of sheet material
US20070227673A1 (en) Apparatus for preparing roll of paper
US3520748A (en) Methods and arrangements for transversely cutting travelling webs of paper or foil or films of plastics and other flexible materials
US5428941A (en) Apparatus for winding a printed product and a protective wrapping into a roll
JP3666325B2 (ja) ワイヤーハーネス用巻回シートの供給方法及びその供給装置
JP2555444B2 (ja) 巻取紙の端末処理装置
US20070227672A1 (en) Apparatus for preparing roll of paper
JPH0532361A (ja) 巻取紙の端末処理方法およびその装置
JP2647536B2 (ja) 粘着テープ貼付装置
JP3767488B2 (ja) シート巻取装置
JP2545553B2 (ja) 連続運転式ウエブロール製造装置
JP2749404B2 (ja) 長尺シートの自動巻つけ装置
JP2923118B2 (ja) 巻取紙の仕立方法
JP4096770B2 (ja) シート分割巻取装置
JP3611064B2 (ja) 可撓性帯状材の接合装置
JPH07232845A (ja) 巻取紙の自動紙継ぎ用処理方法及び自動紙継ぎ用処理装置
JPH0748616Y2 (ja) 粘着テープ貼着器
JP2766715B2 (ja) 自動巻取紙仕立て装置の巻取紙仕立てユニット装置
JPH0640617A (ja) ウエブ巻取装置
JPH0640615A (ja) ウエブスプライス装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees