JP2539119B2 - 改良地盤部の構造 - Google Patents

改良地盤部の構造

Info

Publication number
JP2539119B2
JP2539119B2 JP3224093A JP22409391A JP2539119B2 JP 2539119 B2 JP2539119 B2 JP 2539119B2 JP 3224093 A JP3224093 A JP 3224093A JP 22409391 A JP22409391 A JP 22409391A JP 2539119 B2 JP2539119 B2 JP 2539119B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
improved ground
ground
improved
shape
dome shape
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP3224093A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0559717A (ja
Inventor
敏行 吉松
信光 近藤
治夫 山田
達也 甲本
Original Assignee
鹿島建設株式会社
麻生セメント株式会社
株式会社プランドゥシィ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 鹿島建設株式会社, 麻生セメント株式会社, 株式会社プランドゥシィ filed Critical 鹿島建設株式会社
Priority to JP3224093A priority Critical patent/JP2539119B2/ja
Publication of JPH0559717A publication Critical patent/JPH0559717A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2539119B2 publication Critical patent/JP2539119B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、構造物を支持する構
造物直下の改良地盤部の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、軟弱地盤はせん断破壊や側方流
動および圧密による地盤沈下などの被害を起こすおそれ
がある。このため、軟弱地盤の上に建つ建物は支持杭工
法などによって支持層に支持されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来、この種の軟弱地
盤部の構造は、前記のように構成されているため、支持
層がきわめて深い場合、あるいは構造物の規模が比較的
小さい小規模な構造物の場合には、支持杭工法を採用す
ると、杭工事のために工期の長期化を免れないだけでな
く、杭工事費の占める割合が大きくなって建設費が大幅
に嵩むなどの課題があった。
【0004】この発明は、以上の課題を解決するために
なされたもので、短期施工および経済施工を可能にした
改良地盤部の構造を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】この発明に係る請求項第
1項記載の改良地盤部の構造は、構造物直下の軟弱地盤
中に、ソイルセメントを使用した深層混合攪拌処理工法
による列柱式の改良地盤部を造成し、この改良地盤部の
下端部を真下に開口するドーム状に造成することにより
構成されている。
【0006】この発明に係る請求項第2項記載の改良地
盤部の構造は、前項において、改良地盤部を平面的に格
子状に区画し、この格子状に区画されたそれぞれの下端
部を真下に開口するドーム状に造成することにより構成
されている。
【0007】
【作用】この発明に係る軟弱地盤部の構造は、前記のよ
うに造成されていることにより、荷重の伝達・分散が図
れるともに非改良部を閉塞することにより改良部との一
体化が計れる。また、杭基礎よりもはるかに経済施工が
可能となる。
【0008】さらに、ドーム形状の角度a°(勾配)
を、土質の性状、つまり、内部摩擦角を考慮し、最も合
理的な角度にすることによってより効果的な改良形状を
実現できる(図2参照)。
【0009】
【実施例】図1および図2は、この発明に係る改良地盤
部の構造の一実施例を示し、構造物の基礎底版1の直下
の軟弱地盤中にソイルセメントを使用した深層混合攪拌
処理工法による柱列式の改良地盤部2が造成されてい
る。
【0010】改良地盤部2の下端部は構造物の荷重Wを
軟弱地盤中に広く分散できるように真下に開口するドー
ム状に造成されている。また、改良地盤部2の下端面は
階段状又は凹曲面状(図省略)に造成されている。
【0011】さらに、構造物の建築面積が広いために基
礎底版1が広い場合には、改良地盤部2は平面的に見て
複数部分に格子状に区画され、そのそれぞれの下端部が
真下に開口するドーム状に造成され、かつ、そのそれぞ
れの下端面が階段状又は凹曲面状(図省略)に造成され
ている。
【0012】改良地盤部2がこのように造成されている
ことにより、構造物の荷重Wを軟弱地盤中に広く分散さ
せることができるとともに、斜め下方向に伝達させるこ
とができ、しかも、改良されない中央の地盤の拘束力が
高められ、一体化した複合基礎地盤とすることができ
る。
【0013】
【発明の効果】この発明に係る改良地盤部の構造は、以
上説明したように構成されているので、以下に記載され
るような効果を奏する。
【0014】(1) 改良地盤部の下端部が、真下に開口す
るドーム状に造成されているので、改良地盤部の下端面
全体が完全に閉鎖されたリング状をなして非改良地盤を
拘束する効果がきわめて大きい。また、構造物の建築面
積が広い場合でも、改良地盤部が平面的に見て複数部分
に格子状に区画され、そのそれぞれの下端部が真下に開
口するドーム状に造成されているので、同様の効果を有
する。
【0015】(2) 改良地盤部のアーチ効果により、上部
構造物からの荷重の伝達・分散が図れるとともに非改良
部を拘束することにより改良部との一体化が計れ、構造
物を確実に支持することができる。
【0016】(3) 改良地盤部のドーム形状はソイルセメ
ント柱体の長さを変えることにより容易に形成でき、ま
た、ドーム形状の勾配も地質に応じて容易に変更でき
る。すなわち、改良地盤部の中央部に造成される数本の
ソイルセメント柱体を一番短く形成し、このソイルセメ
ント柱体の周囲に造成される多数のソイルセメント柱体
を改良地盤部の周辺方向に徐々に長く形成することによ
り容易に形成できる。
【0017】(4) 短期施工により工期の短縮化、工事費
の低減化も図れる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明に係る改良地盤部の構造を示す平面図
である。
【図2】この発明に係る改良地盤部の構造を示す縦断面
図である。
【符号の説明】
1…構造物の基礎底版、2…改良地盤部。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 近藤 信光 東京都世田谷区代沢2丁目18番11号 (72)発明者 山田 治夫 東京都墨田区八広1−32−7 石渡ビル 402号 (72)発明者 甲本 達也 佐賀県佐賀市本庄町1 (56)参考文献 特開 昭60−37324(JP,A) 特開 昭61−109820(JP,A)

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 構造物直下の軟弱地盤中に、ソイルセメ
    ントを使用した深層混合攪拌処理工法による列柱式の改
    良地盤部を造成し、かつ、この改良地盤部の下端部を真
    下に開口するドーム状に造成してなることを特徴とする
    改良地盤部の構造。
  2. 【請求項2】 改良地盤部を平面的に格子状に区画し、
    この格子状に区画されたそれぞれの下端部を真下に開口
    するドーム状に造成してなることを特徴とする請求項第
    1項記載の改良地盤部の構造。
JP3224093A 1991-09-04 1991-09-04 改良地盤部の構造 Expired - Fee Related JP2539119B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3224093A JP2539119B2 (ja) 1991-09-04 1991-09-04 改良地盤部の構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3224093A JP2539119B2 (ja) 1991-09-04 1991-09-04 改良地盤部の構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0559717A JPH0559717A (ja) 1993-03-09
JP2539119B2 true JP2539119B2 (ja) 1996-10-02

Family

ID=16808439

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3224093A Expired - Fee Related JP2539119B2 (ja) 1991-09-04 1991-09-04 改良地盤部の構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2539119B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3373488B2 (ja) * 2000-08-18 2003-02-04 株式会社テノックス 道路構築体
JP4876761B2 (ja) * 2006-08-03 2012-02-15 鹿島建設株式会社 アーチ形改良地盤の構造およびその構築方法
JP5075094B2 (ja) * 2008-10-30 2012-11-14 公益財団法人鉄道総合技術研究所 構造物における基礎構造の施工方法および基礎構造
JP5075092B2 (ja) * 2008-10-30 2012-11-14 公益財団法人鉄道総合技術研究所 構造物における基礎構造の施工方法および基礎構造
JP5075093B2 (ja) * 2008-10-30 2012-11-14 公益財団法人鉄道総合技術研究所 構造物における基礎構造の施工方法および基礎構造

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0368965B2 (ja) * 1983-08-08 1991-10-30 Hidesuke Ito
JPS60199112A (en) * 1984-03-21 1985-10-08 Toa Harbor Works Co Ltd Ground improvement work by deep layer mixing treatment of cement
JPS61109820A (en) * 1984-11-05 1986-05-28 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Soft ground improver
JP2819025B2 (ja) * 1988-10-14 1998-10-30 清水建設株式会社 軟弱地盤改良工法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0559717A (ja) 1993-03-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5934027A (en) Earthquake resistant building structure employing sandbags
US6719492B1 (en) Top arch overfilled system
JP2539119B2 (ja) 改良地盤部の構造
JP3608568B1 (ja) 地盤改良体及びべた基礎からなる建築物の基礎の構造並びに地盤改良べた基礎工法
JP2645899B2 (ja) 固化工法を用いた高水平耐力基礎工法
JP2000136541A (ja) 液状化防止工法
JP4176235B2 (ja) 液状化防止対策工法
JP2829313B2 (ja) 耐圧盤式グリットポスト基礎の形成方法
JPH0786225B2 (ja) 建物基礎地盤の改良法
JP4713277B2 (ja) 杭基礎補強構造
JP4129663B2 (ja) 地盤改良体を用いた建物
US2607211A (en) Septic tank
JP2014051852A (ja) 地盤改良構造
JP2003155752A (ja) 杭基礎補強構造
JP2623517B2 (ja) 建物の耐震支持構造
JP2001173089A (ja) 構造物の支持構造
JP4036425B2 (ja) 鉄骨造建物などの直接基礎構造
JPH09296456A (ja) 補強金網を用いた鉄骨柱脚
JP3673990B2 (ja) 液状化し易い軟弱地盤上に構築される構造物の杭基礎
JPH05140955A (ja) 地盤の流動化防止工法
US1076743A (en) Subaqueous foundation and structure.
JP3023598U (ja) 沈床工
JP2001081862A (ja) 建 物
RU2050429C1 (ru) Гидротехническое сооружение
JP2586288B2 (ja) 地盤改良体

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960604

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees