JP2521801Y2 - 雑音吸収具 - Google Patents

雑音吸収具

Info

Publication number
JP2521801Y2
JP2521801Y2 JP1828489U JP1828489U JP2521801Y2 JP 2521801 Y2 JP2521801 Y2 JP 2521801Y2 JP 1828489 U JP1828489 U JP 1828489U JP 1828489 U JP1828489 U JP 1828489U JP 2521801 Y2 JP2521801 Y2 JP 2521801Y2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1828489U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02110398U (ja )
Inventor
明夫 藤岡
Original Assignee
北川工業 株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B15/00Suppression or limitation of noise or interference
    • H04B15/02Reducing interference from electric apparatus by means located at or near the interfering apparatus
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01FMAGNETS; INDUCTANCES; TRANSFORMERS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR MAGNETIC PROPERTIES
    • H01F17/00Fixed inductances of the signal type
    • H01F17/04Fixed inductances of the signal type with magnetic core
    • H01F17/06Fixed inductances of the signal type with magnetic core with core substantially closed in itself, e.g. toroid
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01FMAGNETS; INDUCTANCES; TRANSFORMERS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR MAGNETIC PROPERTIES
    • H01F27/00Details of transformers or inductances, in general
    • H01F27/02Casings
    • H01F27/027Casings specially adapted for combination of signal type inductors or transformers with electronic circuits, e.g. mounting on printed circuit boards
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01FMAGNETS; INDUCTANCES; TRANSFORMERS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR MAGNETIC PROPERTIES
    • H01F27/00Details of transformers or inductances, in general
    • H01F27/33Arrangements for noise damping
    • HELECTRICITY
    • H03BASIC ELECTRONIC CIRCUITRY
    • H03HIMPEDANCE NETWORKS, e.g. RESONANT CIRCUITS; RESONATORS
    • H03H1/00Constructional details of impedance networks whose electrical mode of operation is not specified or applicable to more than one type of network
    • H03H1/0007Constructional details of impedance networks whose electrical mode of operation is not specified or applicable to more than one type of network of radio frequency interference filters
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B15/00Suppression or limitation of noise or interference
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01FMAGNETS; INDUCTANCES; TRANSFORMERS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR MAGNETIC PROPERTIES
    • H01F17/00Fixed inductances of the signal type
    • H01F17/04Fixed inductances of the signal type with magnetic core
    • H01F17/06Fixed inductances of the signal type with magnetic core with core substantially closed in itself, e.g. toroid
    • H01F2017/065Core mounted around conductor to absorb noise, e.g. EMI filter

Description

【考案の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本考案は、電子機器の電線に外嵌され、電線がアンテ
ナとなって拾う雑音電流、或は外部で発生し電線を介し
て電子機器に流れ込む雑音電流等を吸収する雑音吸収具
に関する。

[従来の技術] 従来、電線に流れる雑音を吸収する機器として、電線
の周囲に磁性体であるフェライトを外嵌させ、このフェ
ライトにより電線に流れる雑音電流を吸収する雑音吸収
具が知られている。

この雑音吸収具として、例えば筒状のフェライトを軸
方向に半分に分割したものを、各々プラスチック製のケ
ースに嵌め込み、電線をその両側からケースごとフェラ
イトで挟んで、雑音吸収具自体を電線の途中に取り付け
るものが提案されている(実開昭63-39997号公報参
照)。

[考案が解決しようとする課題] ところが、上記の様な雑音吸収具は、そのケースの両
側端に設けられた開口部によって電線を強く挟持するこ
とにより、自身を電線に固定するものなので、電線が外
力を受けて曲げられる様な場合には、その電線は開口部
の外側で急角度で折れ曲がってしまい、使用しているう
ちに破損したりショートすることがあった。

また、電線が曲げられると内部のフェライトが持ち上
がって、雑音吸収の性能が低下することがあった。更
に、電線等が強く引っ張られた場合には、雑音吸収具自
体が破損することがあった。その上、従来の雑音吸収具
では、電線の径が異なると、雑音吸収具をうまく電線に
固定できないという問題もあった。

本考案は、使用しているうちに電線や雑音吸収具自身
の破損等が生ずることなく、また、径の異なる電線にも
好適に対応でき、更に、確実に電線に取り付けられて雑
音吸収の機能を発揮できる雑音吸収具を提供することを
目的とする。

[課題を解決するための手段] 上記目的を達成するためになされた本考案の雑音吸収
具は、 電線の挿通路を包囲する磁性体と、該磁性体を収納す
る保持ケースとからなり、上記電線に上記磁性体及び上
記保持ケースを外嵌することにより、電子機器の電線に
流れる雑音電流を吸収する雑音吸収具において、 上記保持ケースの軸方向の両端から上記挿通路側に伸
びて挿通路の周囲に到る側壁部と、 該側壁部と磁性体との間にて上記保持ケースから上記
挿通路に向かって立設されて、上記電線を互いの先端側
の挟持部にて挟んで保持する略板状の複数の変位可能な
電線保持部材と、 上記側壁部と電線保持部材との間に設けられた空間部
と、 を備えるとともに、 上記側壁部及び電線保持部材が保持ケースと一体に成
形され、 更に、上記電線保持部材の側壁部の先端部によって形
成される開口部の径が、上記電線保持部材の先端側の挟
持部によって形成される挟持孔の径より大であることを
特徴とする雑音吸収具を要旨とする。

ここで、上記変位可能な電線保持部材としては、例え
ば電線保持部材の先端側が電線の伸びる方向(軸方向)
に傾くものや、電線の径方向に傾くものが挙げられる。

例えば電線保持部材が弾性のある部材で形成されてい
る場合には、電線保持部材の先端側の電線に接触する部
分は、電線の外周に沿って変位可能となるので、電線の
径が異なっていてもその電線をしっかりと挟持できる。
また、電線保持部材が弾性を備えていると、フェライト
等の磁性体の着脱が容易となるので好適である。尚、上
記弾性のある部材としては、例えばプラスチック等が採
用できる。

更に、電線保持部材に、保持ケースの軸方向内側に向
かって磁性体を保持する突起を対向して形成すると、磁
性体のケース部への装着が容易であるので好適である。

[作用] 雑音吸収具の磁性体を収納する保持ケースを閉じて電
線を挟むことにより、保持ケースから立設された電線保
持部材はしっかりと電線を挟持する。それとともに、電
線保持部材の側壁部の先端部によって形成される開口部
の径を、電線保持部材の先端側の挟持部によって形成さ
れる挟持孔の径より大きくしてあるので、挿通路に配置
された電線が(電線と垂直方向に)外力を受けた場合に
は、電線は側壁部と電線保持部材との2箇所で2段に曲
がることによって、曲がる角度が緩和されるので、急角
度で曲がることを防止できる。これによって、急角度の
折れ曲りによる電線の破損やフェライトの持ち上がりを
防止する。

また、電線保持部材と側壁部との間には空間部が設け
られ、且つ電線保持部材は変位可能であるので、電線等
が引っ張られることによって電線保持部材の先端側が傾
いた(傾動した)場合、まず、電線保持部材が空間部だ
け傾動してクッションの働きをし、それ以上の傾動は側
壁部で規制して、電線保持部材の破損を防止する。

[実施例] 以下に本考案の実施例を図面と共に説明する。第1図
は本実施例の雑音吸収具1を示し、第2図ないし第7図
はその保持ケース2を示している。

第1図に示す様に、雑音吸収具1の保持ケース2は、
ヒンジ3を介して接続されたケース部5,6を備え、各ケ
ース部5,6にはフェライト7を備えている。

このケース部5,6は各々略舟形に形成され、その中に
上記フェライト7が嵌め込まれている。ケース部5,6の
底部には収納されたフェライト7を上方に付勢するため
に、一対の付勢爪8が弾性変形可能に内側に突出して設
けられている。

更に、ケース部5,6の軸方向の両端の壁面(側壁部)
9には、電線への装着時に電線を取り囲む様に、半円状
の開口部11が設けられている。また、その両開口部11よ
り内側には、壁面9と所定間隔(空間部)を保って、ケ
ース部5,6の内面から一対の電線保持部材12が立設され
ている。この電線保持部材12は、上記軸方向に弾性変形
可能で、その先端に設けられた略半円状の挟持部13には
3箇所に凸部14(第3図)が設けられている。このうち
中央の凸部14には、上記フェライト7を固定する固定突
起15が、ケース部5,6の内方向に互いに対向して突出し
ている。

また、ケース部6の外壁16の上端部には、一対の係止
フック17が突設され、一方、反対側のケース部5には、
雑音吸収具1が閉じられたときに係止フック17と係止さ
れる係止爪18が設けられている。更に係止フック17が設
けられた外壁16と反対側の外壁19には、雑音吸収具1が
閉じられた時に、両ケース5,6の係合を一層確実なもの
とするために押え板20が立設されている。尚、保持ケー
ス2は合成樹脂により一体成形され、各爪やフック等に
は適度な弾性が与えられており、更に上記ヒンジ3には
応力を分散するためのレンズ状凸部21が形成されてい
る。

上記フェライト7は、中央に貫通孔のある八角形の筒
をその軸方向に裁断した形状をしており、その両端部に
は固定突起15と嵌合する固定凹部22が形成されている。
このフェライト7は、ケース部5,6の一対の電線保持部
材12の間に、矢印A方向に押し込まれることにより、固
定突起15と固定凹部22とが嵌め合って固定される。

そして、この雑音吸収具1は、第8図及び第9図に示
す様に、電子機器の電線10の外周部に外嵌されて、フェ
ライト7及びケース部5,6の間に電線10を通した状態で
電線10に装着される。

この様にケース部5,6が閉じられて装着されるときに
は、上記挟持部13の凸部14は円形に配置されることにな
り、それによって電線10が通される挟持孔23(第8図)
が形成され、この左右の挟持孔23をつなぐように電線10
が配置される(図示しない)挿通路が形成される。また
半円状の開口部11が合わさって挟持孔23より径の大きな
円孔が形成される。従って、電線10は、電線保持部材12
の挟持部13に設けられた凸部14によって、両側からしっ
かりと挟まれてクランプされた状態となり、それととも
に、電線10は保持ケース2の開口部11で緩やかに保持さ
れる。

また、このとき、係止爪18はケース部6の係止フック
17に係止され、その閉鎖状態は確実に保持される。更に
閉鎖時には、ケース部5,6の底部の付勢爪8が両方のフ
ェライト7を合わせる方向に付勢することになるので、
フェライト7は相互に当接してその雑音吸収の能力が向
上し、またガタつくことなく安定した状態に保持され
る。

上述した構成によって、本実施例の雑音吸収具1は、
下記の効果を奏する。

フェライト7を収納した雑音吸収具1の適数個を電線
10に外嵌固定して、電線10の周囲を磁性体であるフェラ
イト7により包囲することにより、外部から電線10を通
して流れこむ雑音電流や、電線10がアンテナとなって拾
う雑音電流は、フェライト7に吸収されて低減する。

そして、雑音吸収具1を電線10に取り付けた場合に
は、弾性を有する電線保持部材12によって電線10をしっ
かりと挟持するので、雑音吸収具1自体を確実に電線10
に固定できる。

それとともに、開口部11では電線10を緩やかに保持す
るので、外力によって電線10が曲げられても、電線10は
電線保持部材12が形成する挟持孔23と開口部11との間で
わずかに曲がり、更に開口部11から外側に伸びる位置で
も曲がることにより、従来の様に、ケース部5,6の開口
部11で電線10が急激に曲がることを防止できる。従っ
て、電線10に雑音吸収具1を取り付けて長期間使用して
も、電線10の破損が生じにくい。

尚、電線が大きく曲げられると、一般に保持ケース2
内のフェライト7が持ち上げられて、雑音吸収の性能が
低下するが、本実施例では、壁面9及び電線保持部材12
の2枚の部材によって、一定以上の電線の曲がりが防止
できるので、雑音吸収の性能が低下することがない。

また、本実施例では、使用する電線10の径が挟持孔23
の径より大きい場合には、電線保持部材12の先端側が軸
方向に傾くことによって、その挟持部13が電線10の外周
に沿って移動し、自身の弾性によって電線10を強く挟持
する。この様に本実施例では、種々の径の電線10に対し
ても、雑音吸収具1を確実に取り付けることができると
いう利点がある。

更に、電線10が軸方向に引っ張られた場合にも、電線
保持部材12に弾性があるので、その力を吸収して、雑音
吸収具1の破損や固定が緩むことを防止でき、しかも壁
面9が電線保持部材12の一定以上の傾動を防止して、電
線保持部材12の破損を防ぐことができる。

また、雑音吸収具1の製造時には、フェライト7をた
だ押し込むだけでケース部5,6に装着できるので組立が
簡単であり、また分解するときには、弾性のある電線保
持部材12を両側に広げるだけで、容易にフェライト7を
取り出すことができる。また、フェライト7は衝撃に弱
く欠け易いという特性があるが、本実施例ではケース部
5,6内に収納されているので破損しにくい。

その上、雑音吸収具1の取り付け位置を変えたり、取
り外す場合は、ケース部6の係止フック17を手前に引け
ば、簡単に係止爪18との係止が外れ、ケース部5,6を開
くことができ、容易に付け替えや取り外しを行うことが
できる。

また、ヒンジ3には、レンズ状凸部21が設けられてい
るので開閉時の応力を分散でき、それによって何度も開
閉しても破損しにくく耐久性に富むという特長がある。

次に、他の実施例について説明する。

本実施例の雑音吸収具30は、第10図に示す様に、開閉
自在な保持ケース31を備え、その保持ケース31は軸方向
に切断された半円筒状の一対のケース部32,33から形成
されている。ケース部32,33の両端の壁面には各々開口
部34が形成され、各開口部34の内側には電線保持部材35
が立設されている。この電線保持部材35の先端には、電
線10の外形に合わせて半円形にカーブする挟持部36が設
けられ、挟持部36には各々2箇所に凸部37が形成されて
いる。そして、上記ケース部32,33内の一対の電線保持
部材35の間に、円筒状のフェライト38が配置されて格納
される。尚、フェライト38としては、円筒状以外にも一
対の半円筒状のフェライト38を用いても良い。

また、両ケース部32,33の接続部分には、両ケース部3
2,33を開閉自在に軸支する係止フック41及び係止爪42が
設けられている。

本実施例の雑音吸収具30は、上記実施例とほぼ同様な
効果を奏するとともに、両ケース部32,33を開閉自在に
支える部分が、軸支される構造なので、何度も開閉して
も疲労して破損することがない。

尚、本考案は、上記実施例以外にも本考案の要旨を逸
脱しない範囲において、種々なる態様で実施できること
はもちろんである。

例えば、第11図に示す様に、電線保持部材50の挟持部
51,52が保持ケースの軸方向と垂直に、即ち図の左右方
向に移動可能なように、電線保持部材50にスリット53を
形成して、略U字形,V字形又はY字形等の形状に立設し
てもよい。

また、磁性体のフェライト7,38としては、ハードフェ
ライト、ソフトフェライトのいずれも使用でき、フェラ
イト7,38そのもの以外にも、フェライト7,38などの磁性
体の粉末をプラスチックや合成ゴムと混ぜて成形したプ
ラスチックの磁石やゴム磁石等も同様に使用できる。更
に、フェライト7,38以外にも、パーマロイ,サーマロイ
等の各種の磁性体を使用できる。

また磁性体がケース部5,6,32,33内に収納されている
ため、ケース部5,6,32,33が絶縁体の役割をするので、
磁性体として、けい素鋼等の導電体も使用できる。

また、上記実施例の雑音吸収具1,30は、例えば第12図
に示す様に、保持ケース60の開口部61にて、電線62の端
部に設けられたプラグ63の鍔64を挟むことによって、雑
音吸収具自体を、プラグ63に固定することもできる。

[考案の効果] 本考案の雑音吸収具は、上述した構成によって、本願
は下記の効果を奏する。

本考案の雑音吸収具では、電線保持部材の側壁部の先
端部によって形成される開口部の径を、電線保持部材の
先端側の挟持部によって形成される挟持孔の径より大き
くしてある。従って、挿通路に配置された電線が(電線
と垂直方向に)外力を受けた場合には、電線は側壁部と
電線保持部材との2箇所で2段に曲がることによって、
曲がる角度が緩和されるので、急角度で曲がることによ
る電線の損傷を防止することができる。

また、電線が曲げられた場合、その曲がる程度が側壁
部と電線保持部材とで規制されることになるので、保持
ケース内で電線が大きく湾曲することがなく、よって、
フェライトが持ち上げられることがない。このフェライ
トが大きく持ち上げられると、雑音吸収の性能が低下す
るが、本考案では、電線の曲げによるフェライトの持ち
上げを防止できるので、雑音吸収具の性能が低下するこ
とがない。

更に、本考案では、実際に電線に接触して電線を保持
する電線保持部材は、保持ケースの外側に露出している
のではなく、外壁である側壁部より内側に設けられてい
る構造なので、電線保持部材の先端等が使用中に何かに
引っかかって、保持ケースが開いてしまう恐れがない。

また、電線等が軸方向に大きな力で引っ張られた場合
には、電線保持部材も大きな力で引っ張られるので、変
位可能な電線保持部材は引っ張り方向に曲げられるが、
本考案では、電線保持部材の外側に側壁部があるので、
この側壁部がストッパとして働いて、電線保持部材の一
定以上の変位(例えば傾きによる変形)を防止すること
ができる。それにより、電線保持部材の破損を防止でき
る。

その上、側壁部と電線保持部材の間には空間部が設け
てあるので、例えば電線保持部材が傾いた場合でも、一
定範囲内の傾きであれば、それを許容することができ
る。つまり、電線保持部材は変位可能であるので、電線
に対してその軸方向に大きな力がかかった場合でも、電
線保持部材の傾きによって一種のクッションの機能を果
たすことができ、よって、保持ケースの破損や脱落を防
止することができる。

また、本考案では、この空間部を利用して、雑音吸収
具の電線の軸方向への移動を防止することもできる。例
えば、電線に(例えばプラグ等の)他の部材等が組み合
わされて突起状の係止部が形成されている場合には、こ
の係止部を空間部に嵌め込めば、雑音吸収具が軸方向に
押されても、係止部が側壁部や電線保持部材に引っかか
ってしまうので、雑音吸収具の電線に沿った移動を防止
することができる。

【図面の簡単な説明】

第1図は雑音吸収具を示す斜視図、第2図はその保持ケ
ースの平面図、第3図は同左側面図、第4図は同正面
図、第5図は同底面図、第6図は同背面図、第7図は第
2図のVII-VII断面図、第8図は雑音吸収具を取り付け
た状態を示す断面図、第9図はその斜視図、第10図は他
の実施例の雑音吸収具を示す斜視図、第11図は他の電線
保持部材を示す正面図であり、第12図は、雑音吸収具の
装着例を示す説明図である。 1,30……雑音吸収具 2,31,60……保持ケース 5,6,32,33……ケース部 7,38……フェライト 10,62……電線 11,34,61……開口部 12,35,50……電線保持部材 13,36,51,52……挟持部

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】電線の挿通路を包囲する磁性体と、該磁性
    体を収納する保持ケースとからなり、上記電線に上記磁
    性体及び上記保持ケースを外嵌することにより、電子機
    器の電線に流れる雑音電流を吸収する雑音吸収具におい
    て、 上記保持ケースの軸方向の両端から上記挿通路側に伸び
    て挿通路の周囲に到る側壁部と、 該側壁部と磁性体との間にて上記保持ケースから上記挿
    通路に向かって立設されて、上記電線を互いの先端側の
    挟持部にて挟んで保持する略板状の複数の変位可能な電
    線保持部材と、 上記側壁部と電線保持部材との間に設けられた空間部
    と、 を備えるとともに、 上記側壁部及び電線保持部材が保持ケースと一体に成形
    され、 更に、上記電線保持部材の側壁部の先端部によって形成
    される開口部の径が、上記電線保持部材の先端側の挟持
    部によって形成される挟持孔の径より大であることを特
    徴とする雑音吸収具。
JP1828489U 1989-02-17 1989-02-17 雑音吸収具 Expired - Lifetime JP2521801Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1828489U JP2521801Y2 (ja) 1989-02-17 1989-02-17 雑音吸収具

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1828489U JP2521801Y2 (ja) 1989-02-17 1989-02-17 雑音吸収具
US07475165 US4972167A (en) 1989-02-17 1990-02-05 Electric noise absorber
DE19904004211 DE4004211C2 (de) 1989-02-17 1990-02-12 Elektrischer Rauschabsorber
DE19909001611 DE9001611U1 (ja) 1989-02-17 1990-02-12
GB9003077A GB2230148B (en) 1989-02-17 1990-02-12 Electric noise absorber

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02110398U true JPH02110398U (ja) 1990-09-04
JP2521801Y2 true JP2521801Y2 (ja) 1997-01-08

Family

ID=11967332

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1828489U Expired - Lifetime JP2521801Y2 (ja) 1989-02-17 1989-02-17 雑音吸収具

Country Status (4)

Country Link
US (1) US4972167A (ja)
JP (1) JP2521801Y2 (ja)
DE (2) DE9001611U1 (ja)
GB (1) GB2230148B (ja)

Families Citing this family (58)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE4016809C2 (de) * 1989-05-29 2002-04-18 Kitagawa Ind Co Ltd Elektrischer Rauschabsorber
US5003278A (en) * 1990-03-01 1991-03-26 Ferrishield, Inc. Ferrite suppressor case with retaining fingers
US5119059A (en) * 1990-09-04 1992-06-02 International Business Machines Corporation Combined differential and common mode choke for a power supply
GB2251733B (en) * 1990-11-16 1994-11-30 Mitsubishi Electric Corp Multi-element bead inductor
JP2853835B2 (ja) * 1990-11-24 1999-02-03 北川工業株式会社 雑音吸収具
US5095296A (en) * 1990-12-31 1992-03-10 Fair-Rite Products Corporation Spilt ferrite bead case for flat cable
GB2282707B (en) * 1991-01-24 1995-08-09 Mitsubishi Electric Corp A signal discriminator
JPH04363007A (en) * 1991-01-24 1992-12-15 Mitsubishi Electric Corp Signal discriminator
US5264814A (en) * 1991-06-13 1993-11-23 Kitagawa Industries Co., Ltd. Electrical noise absorber
JPH0529152A (ja) * 1991-07-20 1993-02-05 Sony Corp シールド部品
US5307008A (en) * 1991-11-04 1994-04-26 National Research Council Of Canada Current ratio device and toroidal core assembly therefor
DE4302650C2 (de) * 1992-02-03 2001-07-19 Kitagawa Ind Co Ltd Elektrischer Rauschabsorber
US5334955A (en) * 1993-03-01 1994-08-02 Strnad Edward F Cable signal interference suppressor
JP3654304B2 (ja) * 1993-07-08 2005-06-02 Necトーキン株式会社 ノイズ吸収装置
US5703557A (en) * 1993-07-08 1997-12-30 Tokin Corporation Noise absorbing device
WO1995023449A1 (en) * 1994-02-28 1995-08-31 Raychem Corporation Rodent-proof aerial splice closure
US5502374A (en) * 1994-09-02 1996-03-26 Veris Industries, Inc. Current sensors
US5536978A (en) * 1994-11-01 1996-07-16 Electric Power Research Institute, Inc. Net current control device
US5530634A (en) * 1995-03-31 1996-06-25 Hughey & Phillips, Inc. Electromagnetic interference suppressor and methods
DE19536155A1 (de) * 1995-09-29 1997-04-03 Wuerth Elektronik Gmbh & Co Kg Einrichtung zum Absorbieren des elektrischen Rauschens
US5684274A (en) * 1995-12-04 1997-11-04 Kmd Technologies, Inc. Enclosure for cable splice assembly
US5764125A (en) * 1997-01-22 1998-06-09 Ferrishield, Inc. Suppressor case with rocking ferrite
US5900796A (en) * 1997-02-26 1999-05-04 Fair-Rite Products Corporation Electric noise suppressor
US5889448A (en) * 1997-06-05 1999-03-30 Illinois Superconductor Corporation Resonator mounting mechanism
US5990756A (en) * 1997-08-06 1999-11-23 Belden Communications Company Ferrite bead for cable installations having one piece encasement
DE19739629B4 (de) * 1997-09-10 2004-02-05 Scs Schneider Gmbh Anordnung zur magnetischen Ionisierung eines kohlenwasserstoffhaltigen Treibstoffs, sowie deren Verwendung
DE19811048A1 (de) * 1998-03-13 1999-09-23 Wuerth Elektronik Gmbh & Co Kg Einrichtung zum Absorbieren des elektrischen Rauschens
GB2333646B (en) 1998-05-29 2000-01-12 Electronic Tech Transformer bobbin
JP2938446B1 (ja) 1998-09-10 1999-08-23 北川工業株式会社 雑音電流吸収具
US6512425B2 (en) * 1998-09-10 2003-01-28 Kitagawa Industries Co., Ltd. Electric noise absorber
DE19842323A1 (de) * 1998-09-16 2000-03-23 Wuerth Elektronik Gmbh & Co Kg Einrichtung zum Absorbieren des elektrischen Rauschens
US6335672B1 (en) * 1998-12-23 2002-01-01 L.L. Culmat Lp Holder for ferrite noise suppressor
US6469594B1 (en) 1999-01-05 2002-10-22 Audio Prism, Inc. Attenuation of electromagnetic noise including a permanent magnet
DE19912917A1 (de) * 1999-03-22 2000-09-28 Wuerth Elektronik Gmbh & Co Kg Elektrischer Rauschabsorber und Verfahren zu seiner Montage an einem Kabel
US6515230B1 (en) * 1999-03-24 2003-02-04 Tdk Corporation Noise absorber and case for noise absorber
US6359228B1 (en) * 2000-01-31 2002-03-19 Corning Cable Systems Llc Splice closure
US6633000B2 (en) * 2001-02-23 2003-10-14 Hon Hai Precision Ind. Co., Ltd. Noise filter with an improved insulating case
JP4160592B2 (ja) 2005-11-29 2008-10-01 Tdk株式会社 ノイズ吸収装置
JP4529951B2 (ja) * 2006-06-19 2010-08-25 Tdk株式会社 ノイズ吸収装置
US7510991B2 (en) * 2006-06-23 2009-03-31 Y&L Technology Inc. Noise suppressor for electronic signals
CN101101806A (zh) * 2006-07-07 2008-01-09 富士康(昆山)电脑接插件有限公司;鸿海精密工业股份有限公司 线缆
US7893685B2 (en) 2006-08-28 2011-02-22 Acterna Llc RF meter with input noise suppression
CA2609611A1 (en) 2007-09-10 2009-03-10 Veris Industries, Llc Split core status indicator
CA2609629A1 (en) 2007-09-10 2009-03-10 Veris Industries, Llc Current switch with automatic calibration
CA2609619A1 (en) 2007-09-10 2009-03-10 Veris Industries, Llc Status indicator
JP2011509039A (ja) * 2008-01-04 2011-03-17 パク レーウンPARK,Rae−Woong 防犯防災システム
US8212548B2 (en) 2008-06-02 2012-07-03 Veris Industries, Llc Branch meter with configurable sensor strip arrangement
US8421639B2 (en) 2008-11-21 2013-04-16 Veris Industries, Llc Branch current monitor with an alarm
US8421443B2 (en) 2008-11-21 2013-04-16 Veris Industries, Llc Branch current monitor with calibration
US9335352B2 (en) 2009-03-13 2016-05-10 Veris Industries, Llc Branch circuit monitor power measurement
WO2010141860A1 (en) * 2009-06-04 2010-12-09 Purdue Research Foundation Magnetic field system and method for mitigating passive intermodulation distortion
CN201789149U (zh) * 2010-08-10 2011-04-06 泰科电子(上海)有限公司 用于密封连接件的密封装置
DE102010042743A1 (de) * 2010-10-21 2012-04-26 Würth Elektronik eiSos Gmbh & Co. KG Einrichtung zum Absorbieren des Rauschens
US9146264B2 (en) 2011-02-25 2015-09-29 Veris Industries, Llc Current meter with on board memory
US9329996B2 (en) 2011-04-27 2016-05-03 Veris Industries, Llc Branch circuit monitor with paging register
US9250308B2 (en) 2011-06-03 2016-02-02 Veris Industries, Llc Simplified energy meter configuration
US9410552B2 (en) 2011-10-05 2016-08-09 Veris Industries, Llc Current switch with automatic calibration
JP2016082380A (ja) * 2014-10-16 2016-05-16 株式会社オートネットワーク技術研究所 ノイズフィルタ及びフィルタケース

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3183302A (en) * 1962-01-08 1965-05-11 Jasper Blackburn Corp Cover for an electrical connector
US3484541A (en) * 1968-09-27 1969-12-16 Anderson Electric Corp Electrical connector cover
CA1288310C (en) * 1986-05-08 1991-09-03 Keith E. Olson Encapsulated halogen bleaches and methods of preparation and use
JPH0234875Y2 (ja) * 1986-08-29 1990-09-19
JPH0537514Y2 (ja) * 1987-05-29 1993-09-22
JPH0614449Y2 (ja) * 1987-07-13 1994-04-13 北川工業株式会社 雑音電流吸収具

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH02110398U (ja) 1990-09-04 application
DE4004211C2 (de) 1995-04-20 grant
GB9003077D0 (en) 1990-04-11 grant
DE9001611U1 (ja) 1990-04-19 grant
GB2230148A (en) 1990-10-10 application
GB2230148B (en) 1993-08-25 grant
DE4004211A1 (de) 1990-08-23 application
US4972167A (en) 1990-11-20 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6830225B2 (en) Device for fixing wire harness
US4789348A (en) Modular connector with unitary dust cover
US4957450A (en) Electrical cord plug and socket retainer
US6153329A (en) Battery terminal cover
US5660513A (en) Stud clip having different insertion/withdrawal forces
EP0257179A1 (en) Electric noise absorber
US6523229B2 (en) Cord keeper strap
US5570652A (en) Rodent guard
US5382767A (en) Push-button switches
US4801833A (en) Motor end cap
US5601262A (en) Cable locator
US4127315A (en) Cable clamp and hood constructions for use with ribbon connectors
US3828302A (en) Electrical connector and mounting means
US7559788B2 (en) Connector retainers and methods of securing a connector in a receptacle
US6216862B1 (en) Compact disk storage case
US6311935B1 (en) Cable clamp
US3912355A (en) Plug and socket connections
US4369947A (en) Wire harness fixing assembly
US6431910B1 (en) Contact device used in heat-dissipating device for hot swap
US4825185A (en) Electric noise absorber
US4389082A (en) Strain relief clamp
US6495755B2 (en) Self-locking wiring grommet
GB2205199A (en) Noise absorber for absorbing electrically generated noise
US5683054A (en) Wire winding wheel
US5851129A (en) Battery terminal

Legal Events

Date Code Title Description
EXPY Cancellation because of completion of term