JP2515836Y2 - 屋根谷納め構造 - Google Patents

屋根谷納め構造

Info

Publication number
JP2515836Y2
JP2515836Y2 JP8995591U JP8995591U JP2515836Y2 JP 2515836 Y2 JP2515836 Y2 JP 2515836Y2 JP 8995591 U JP8995591 U JP 8995591U JP 8995591 U JP8995591 U JP 8995591U JP 2515836 Y2 JP2515836 Y2 JP 2515836Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
small
trough
edge
roof panel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP8995591U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0532535U (ja
Inventor
弘 志田
努 杉山
龍博 永野
仁純 池田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kubota Corp
Original Assignee
Kubota Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kubota Corp filed Critical Kubota Corp
Priority to JP8995591U priority Critical patent/JP2515836Y2/ja
Publication of JPH0532535U publication Critical patent/JPH0532535U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2515836Y2 publication Critical patent/JP2515836Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は二つの屋根の勾配の方向
が交差する谷部の屋根パネルの切断部の断面(通常「小
口」という。)を、あらかじめ用意してある部材により
簡単で防水性の良い、かつきれいに仕上げるための谷納
め構造に関する。
【0002】
【従来の技術】金属または合成樹脂からなる屋根パネル
の葺屋根において、二つの屋根パネルの勾配の方向が交
差して谷部を形成するときは、まず必要に応じてアスフ
ァルトルーフィング等を敷設した野地板上に谷樋を施工
し、屋根パネルの谷納め小口部分を勾配に合わせて切断
し、現場で板金加工で下に折り曲げて小口を塞いで納め
る方式が用いられてきた。
【0003】このため屋根施工できる職人であって、板
金加工もできる職人が現場で小口の板金加工をしながら
屋根を施工していくことが必要であった。
【0004】しかし、この方法は施工に熟練者の手間が
かかり、また仕上がりも熟練度によって異なり、決して
きれいに仕上がる保証もなかった。更に谷樋に穴をあけ
たりすると雨もりの原因となるなど、屋根パネル方式に
おいても谷納め構造は解決すべき課題が残されていた。
【0005】
【考案が解決しようとする課題】本考案は、谷納めを屋
根上の現場における板金加工をせずに工場で作製した部
材の取付により谷納め構造を効率よく実施し、熟練者の
工数の削減と、小口の仕上りをきれいにした谷納め構造
の開発を目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本考案は、屋根パネルの
勾配方向が交差する葺屋根の谷部の野地板上に該勾配方
向に直交する方向にイナヅマ部を形成した谷樋を配設し
た屋根谷納め構造において、 (1)該谷樋に面した屋根パネルの切断小口を包囲し、
少なくともその上縁は屋根パネルの上面、及びその下縁
は前記切断小口の下縁に達する板体からなる小口蓋と、 (2)一面は前記切断小口と前記小口蓋の間にあって前
記小口蓋と一体に結合され、他面は屋根パネル下面の水
勾配上流に延びて前記谷樋の縁部を越えた位置に達して
係止部となる断面L字状の板体からなる小口蓋取付具
と、 (3)該小口蓋取付具の係止部は屋根野地板に固定され
てなることを特徴とする屋根谷納め構造。を開発するこ
とにより上記の目的を達成した。
【0007】以下、図面を参照して本考案を詳細に説明
する。二つの屋根の勾配の方向が交差する谷部の屋根は
双方の屋根パネルを谷部で傾斜に合わせ斜めに切断して
施工することが必要となる。
【0008】この場合の切断面蓋(本明細書ではこれを
小口という。)の仕上げが必要となるが、本考案では小
口蓋取付具と小口蓋をあらかじめ作製しておき、現場で
は単にスクリューネジ、ブラインドリベット等の他、接
着剤(金属間、樹脂間、金属−樹脂間)等により固定す
るだけですむ屋根の谷納め構造である。
【0009】本発明の対象となる屋根パネルとしては、
アルミニウム、鉄、銅等の汎用金属及びそれらの合金、
(必要に応じて表面処理、塗装)あるいは合成樹脂、硬
質ゴム等周知の表面材からなる屋根パネルが対象とな
る。これらの屋根パネルは平坦状のものもあるが、水勾
配方向に意匠的な各種の条溝、あるいは起伏模様を施し
たものも使用され、特にこれらの板屋根のほとんどは断
熱、防露、防音等を目的としてポリスチレン系、ポリウ
レタン系、ポリエチレン、グラスウール、ロックウール
等の多孔、多気泡等の断熱材を裏打ちしており、このよ
うにしてなる屋根パネルの施工時の切断面、通常「小
口」の処理は問題が多い。
【0010】従来はこの場合屋根表面材は所定の長さよ
り長く、屋根パネル裏打ち材は所定の長さに切断し、長
い屋根表面材を下面に折り曲げる板金加工をしていた。
【0011】以下、図面を引用して本考案を説明する。
本考案はこれを小口蓋取付具1を屋根材の下面において
係止部8において屋根野地板に固定し、更に屋根パネル
の小口に小口蓋2を小口蓋取付具1の取付部5に小口蓋
取付部7でスクリューネジ、ブラインドリベット、セル
フタップビス等の他接着剤(金属間、樹脂間、金属樹脂
間)により一体に取りつけることにより小口納めをす
る。
【0012】本考案によるときは屋根パネルは屋根に固
定された小口蓋取付具1とこれに一体に固定されている
小口蓋2によりはさまれて谷部側で更に固定が強化され
ているので暴風や落雪の滑落に対する抵抗力は更に強化
されている。
【0013】小口蓋取付具の形状としては、断面が小口
蓋2との結合する部分は屋根パネル及び小口蓋と強固に
一体化できる高さが必要である。一方、屋根パネル下面
を水勾配上部に伸びて野地板上の係止部8に達する面は
図4、図5ないし図6に示すごとく、平面であっても折
り曲げ部を有していても、またゆるい曲面をしていても
良い。
【0014】 また小口蓋2はその下側において折り曲
げられ、図1または図2にされるように谷樋9のイナ
ズマ部10に差し込む形にすれば谷側からの谷樋4の
6や小口蓋取付部の係止部8までの水の侵入が防止で
き、仕上がりもきれいになるので好ましい態様である。
この場合、イナズマ部10と小口蓋2の折り曲げ部は完
全に密着せずにわずかの水抜きのための隙間をつくるこ
とが必要である。
【0015】必須ではないが屋根表面材3’と小口蓋2
の間に帯状のパッキング12を設けることによりごみの
侵入防止、さらには屋根表面材が凹凸のある場合の雨水
の侵入防止にも役立つ。小口蓋取付具1はある程度強度
があることが好ましいので、例えばアルミニウム材のと
きは1.0〜3.0mm程度の厚板、ステンレススチー
ルであれば0.8〜2.0mmが好適である。
【0016】小口蓋取付具1はこれらの板材を折り曲げ
て加工(合成樹脂等にあっては射出成形等)等により製
作したものでよいが、万一の侵入水の水抜きのため図7
または図8に示すように水抜きの穴13や切り欠き14
を設けても良い。この形状は機能に影響がない限り自由
である。なお、小口蓋取付具1は屋根パネル1枚ごとに
設けても良いが、多段に葺き上げられた屋根パネルの小
口に長尺に取りつけることもできる。
【0017】次に図9に小口蓋取付後の斜視図の一例を
示す。小口蓋2の水上部にある折り返しは、図3の11
で示すように水上部の小口蓋と水下部の小口蓋の結合に
用いられ、固定及び水仕舞いを良くしている。
【0018】
【作用】小口蓋取付具と小口蓋を用いることにより現場
における板金加工を完全になくし、さらに屋根材の小口
側が屋根下地への固定が更に強化される。
【0019】
【考案の効果】本考案は小口蓋取付具と小口蓋を開発す
ることにより、 現場における屋根材の小口の板金加工をなくした。 このため熟練者の省力が達成でき、施工時間の短縮
化が達成できた。 谷納めの小口の仕上がりがいつでもきれいに仕上が
ることが確保できた。 屋根材の谷部側の小口において固定が強化できた。
の効果が得られた。
【図面の簡単な説明】
【図1】谷納め構造の断面図である。
【図2】他の谷納め構造の断面図である。
【図3】図1のX−X’における断面図である。
【図4】小口蓋取付具の断面図である。
【図5】他の小口蓋取付具の断面図である。
【図6】他の小口蓋取付具の断面図である。
【図7】取付部に穴をあけた小口蓋取付具の斜視図であ
る。
【図8】取付部に切り欠きを設けた小口蓋取付具の斜視
図である。
【図9】小口蓋の斜視図である。
【符号の説明】
1 小口蓋取付具 2 小口蓋 3 屋根パネル裏打材 3’ 屋根パネル屋根表面材 4 谷樋、屋根下部水受部 6 谷樋部 7 小口蓋取付部 8 小口蓋取付具の係止部 9 谷樋 10 谷樋イナズマ部 11 小口蓋水上折り返し部 12 帯状パッキング 13 水抜き用穴 14 切り欠き
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)考案者 杉山 努 東京都中央区日本橋室町4丁目3番18号 スカイアルミニウム株式会社内 (72)考案者 永野 龍博 大阪市浪速区敷津東1丁目2番47号株式 会社クボタ内 (72)考案者 池田 仁純 茨城県水海道市花島町1455−16山本金属 株式会社内

Claims (5)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 屋根パネルの勾配方向が交差する葺屋根
    の谷部の野地板上に該勾配方向に直交する方向にイナヅ
    マ部を形成した谷樋を配設した屋根谷納め構造におい
    て、 (1)該谷樋に面した屋根パネルの切断小口を包囲し、
    少なくともその上縁は屋根パネルの上面、及びその下縁
    は前記切断小口の下縁に達する板体からなる小口蓋と、 (2)一面は前記切断小口と前記小口蓋の間にあって前
    記小口蓋と一体に結合され、他面は屋根パネル下面の水
    勾配上流に延びて前記谷樋の縁部を越えた位置に達して
    係止部となる断面L字状の板体からなる小口蓋取付具
    と、 (3)該小口蓋取付具の係止部は屋根野地板に固定され
    てなることを特徴とする屋根谷納め構造。
  2. 【請求項2】 小口蓋の屋根パネル上面に達した上縁
    が、屋根パネル上面に敷設した帯状防水パッキンを越え
    て屋根パネル上面側に折り曲げられてなることを特徴と
    する請求項1記載の屋根谷納め構造。
  3. 【請求項3】 小口蓋の下縁が屋根パネル下面に延設さ
    れてなることを特徴とする請求項1記載の屋根谷納め構
    造。
  4. 【請求項4】 小口蓋の下縁が、谷樋のイナヅマ部に挿
    入係止されてなることを特徴とする請求項1記載の屋根
    谷納め構造。
  5. 【請求項5】 前記切断小口と前記小口蓋の間にある小
    口蓋取付具の一面が水抜き用穴または切り欠き穴を有す
    る請求項1記載の屋根谷納め構造。
JP8995591U 1991-10-07 1991-10-07 屋根谷納め構造 Expired - Lifetime JP2515836Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8995591U JP2515836Y2 (ja) 1991-10-07 1991-10-07 屋根谷納め構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8995591U JP2515836Y2 (ja) 1991-10-07 1991-10-07 屋根谷納め構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0532535U JPH0532535U (ja) 1993-04-27
JP2515836Y2 true JP2515836Y2 (ja) 1996-10-30

Family

ID=13985119

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8995591U Expired - Lifetime JP2515836Y2 (ja) 1991-10-07 1991-10-07 屋根谷納め構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2515836Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5965244B2 (ja) * 2012-08-16 2016-08-03 ミサワホーム株式会社 改装用屋根材

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0532535U (ja) 1993-04-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4446658A (en) Folding rain gutter construction
JP2515836Y2 (ja) 屋根谷納め構造
JP3600889B2 (ja) 断熱屋根材
JP2793273B2 (ja) コーナ水切り部の構造
JP2640434B2 (ja) 屋根の外設材の取付構造及び取付方法
JP4010506B2 (ja) 継手構造及び継手方法
JP2901350B2 (ja) 折版屋根カバー材の施工方法
JPH0635020Y2 (ja) 水切材
JP3602622B2 (ja) 折版屋根構造
JP3618445B2 (ja) マンサード屋根の腰折れ部の水切装置
JP3065405B2 (ja) 谷納め構造
JP3382562B2 (ja) 横葺き外装材の継手部材及び継手構造
JP3042582B2 (ja) 屋根上の設置物用台座及びその防水金物
JP3301987B2 (ja) 屋根板の板端化粧材、それを用いる屋根の谷構造
JP3277938B2 (ja) 屋根パネルユニット
JPH0746662Y2 (ja) 折板屋根の棟部水漏れ防止構造
JP2509230Y2 (ja) 屋根パネルの谷部ジョイント構造
JPH0996061A (ja) 樋装置
JP2699211B2 (ja) 屋根用雪止め具
JP3171668B2 (ja) 成形金属屋根材
JP2533512Y2 (ja) 半切妻屋根の妻側端部の雨仕舞い構造
JPH0635018Y2 (ja) 水切材
JP2500054B2 (ja) 屋根材の接続構造
JP2899241B2 (ja) 斜め葺き外装材、斜め葺き外装構造及び斜め葺き外装の施工方法
TW593856B (en) End cap

Legal Events

Date Code Title Description
S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R323117

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R323531

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

EXPY Cancellation because of completion of term