JP2513266Y2 - 自動車の下部車体構造 - Google Patents

自動車の下部車体構造

Info

Publication number
JP2513266Y2
JP2513266Y2 JP10590189U JP10590189U JP2513266Y2 JP 2513266 Y2 JP2513266 Y2 JP 2513266Y2 JP 10590189 U JP10590189 U JP 10590189U JP 10590189 U JP10590189 U JP 10590189U JP 2513266 Y2 JP2513266 Y2 JP 2513266Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor panel
heat exchanger
vehicle
members
air
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP10590189U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0344086U (ja
Inventor
雄三 佐藤
和久 山本
博和 山崎
光延 淤見
Original Assignee
マツダ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by マツダ株式会社 filed Critical マツダ株式会社
Priority to JP10590189U priority Critical patent/JP2513266Y2/ja
Publication of JPH0344086U publication Critical patent/JPH0344086U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2513266Y2 publication Critical patent/JP2513266Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本考案は車体のフロア部にクーラーコンデンサ等の熱
交換器を配置する自動車の下部車体構造に関する。
(従来技術) 車体のフロント側にエンジンを搭載したフロントエン
ジン式の自動車において、デザイン上の要求から車体の
フロントノーズを縮めたいという場合に、クーラーコン
デンサ等の熱交換器がエンジンルーム内にあったので
は、フロントノーズの短縮化が十分に達成できない。そ
こで、このような自動車のフロントノーズを出来るだけ
短縮するためには、熱交換器をエンジンルーム外に配置
することが必要となり、実際に、フロアパネルの下側に
熱交換器を配置するようにしたものが従来から知られて
いる。しかしながら、一方では自動車の室内空間はでき
るだけ広げたいという要求があることから、フロアパネ
ルは低い位置に下げて配設しようとするのが普通であっ
て、このフロアパネルの下側に容量の大きい熱交換器を
配置することは一般に難しい。特に、フロアパネルの下
側に熱交換器を配置しながら、しかも、冷却空気の流れ
を確保し冷却性能を向上させることができて、かつ、十
分な支持剛性が得られ、また、異物等の衝突に対し熱交
換器を十分に保護できるようにすることは不可能に近か
った。
実開昭62-76024号公報には、エンジンが車体の中央ま
たは後部に搭載されたミッドシップまたはリヤエンジン
式の車両において、車体フロア部にラジエータを兼ねた
熱交換器を配置し、フロア下部の空気取り入れ口から取
り入れた走行風または車内冷房時の車内の空気をこの熱
交換器に導いて車体の後部上面または後端面に設けた空
気流出口から排出するよう構成したものが記載されてい
る。しかし、このような特殊な構成は、通常のフロント
エンジン式の自動車には適用することができない。
(考案の目的) 本考案は上記問題点に鑑みてなされたものであって、
フロアパネルの下側に配置した熱交換器の支持剛性およ
び保護性能を高めるとともに、冷却空気の流れを確保し
て冷却性能を向上させることのできる、フロントエンジ
ン式の自動車に適用可能な下部車体構造を得ることを目
的とする。
(考案の構成) 本考案に係る自動車の下部車体構造は、フロアパネル
の下面側に車幅方向に延びる複数のクロスメンバを前後
に間隔をおいて配置し、前記フロアパネル下面側で、隣
接する前記クロスメンバ間に熱交換器を配設するととも
に、前記フロアパネルに、前記熱交換器の前側に位置す
るクロスメンバを貫通し前記フロアパネル下面側の前後
クロスメンバ間に開口してエンジン下方からの冷却空気
を前記熱交換器に導くトンネル部を設け、前記熱交換器
の後側のクロスメンバに、前記熱交換器を通過した空気
を前記フロアパネル下面側で車外後方に導く空気抜き部
を設けたことを特徴とするものであって、これにより、
上記目的を達成した。
(作用) フロアパネルは、その下面側に配置された車幅方向に
延びる複数のクロスメンバによって補強される。そのた
め、フロアパネル自体は比較的フラットに構成し、上面
を低くして車室空間を広げることができるとともに、下
面側に隣接するクロスメンバ間に熱交換器を配設するた
めのスペースが形成される。
熱交換器は、フロアパネルの下面側において上記隣接
するクロスメンバ間に配設され、それにより、剛性の高
い支持が可能となるとともに、クロスメンバによって保
護され、異物等の衝突が防がれる。また、冷却空気は熱
交換器の前側のクロスメンバを貫通するトンネル部を通
って熱交換器に導かれ、熱交換器を通過した後、後側の
クロスメンバに設けられた空気抜き部からフロアパネル
下面側を車外後方に導かれ、それにより、熱交換器に対
するスムーズな冷却空気の流れが確保される。
(実施例) 以下、実施例を図面に基づいて説明する。
第1図は本考案の一実施例に係る自動車のフロアパネ
ル前部近傍の斜視図、第2図は第1図のA−A断面図、
第3図は同フロアパネルの要部斜視図、第4図は第3図
のB−B断面図である。
この実施例において、フロアパネル1は前部2に対し
中央部3が段上げされた形に形成され、前部2には、真
中を前後方向に延びるトンネル部2aが段上げされた上記
中央部3と同じ高さで形成されている。そして、フロア
パネル1の前端には、車室4とエンジンルーム5とを区
画するダッシュパネル6が設けられている。排気管7お
よび図示しないプロペラシャフトは、上記トンネル部2a
を通り、フロアパネル1の上記中央部3の下側を後方に
延設される。また、上記ダッシュパネル6の前面側に
は、エンジン8の上方および側方からの熱風を避けてエ
ンジン8下方からの冷風だけを上記トンネル部2a内に導
くよう導風板9が配設されている。図で白ヌキの矢印は
エンジン8下方からの冷風の流れを示し、斜線入りの矢
印はエンジン8上方および側方を通過した熱風の流れを
示す。
フロアパネル1の下面側には、その前部2から段上げ
された中央部3へ移行する部分に車幅部分に延びるクロ
スメンバ10が設けられている。このクロスメンバ10は、
断面くの字状であって、その両側縁部がフロアパネル1
の前部2と中央部3の下面に固定され、トンネル部2aの
両側においてフロアパネル1の下面との間に断面平行四
辺形の間隙を形成する。上記トンネル部2aは、このクロ
スメンバ10を貫通した形で前記中央部3の下面側に開口
する。また、フロアパネル1の中央部3下面側には、上
記クロスメンバ10から離れた後方位置にやはり車幅方向
に延びる別のクロスメンバ11が設けられている。この後
側のクロスメンバ11は、断面略U字状であって、両側縁
部がフロアパネル1の中央部3下面に固定されている。
そして、前後二つのクロスメンバ10,11の間には、各ク
ロスメンバ10,11に対しラバー12,13を介してブラケット
14,15が固定され、これらブラケット14,15によりクーラ
ーコンデンサ16が保持されている。クーラーコンデンサ
16は、下面側にファン17を収納したファンカウル18を備
える。
クーラーコンデンサ16は、二つのクロスメンバ10,11
の間にあって、車幅方向の片側に寄った位置に配設され
ている。そして、このクーラーコンデンサ16を保持する
ブラケット14,15は、前側のブラケット14が前側のクロ
スメンバ10の下端側に取り付けられ、一方、後側のブラ
ケット15は後側のクロスメンバ11の上端付け根部に取り
付けられ、それにより、クーラーコンデンサ16は、フロ
アパネル1の中央部3下面との間に前側ほど大きな間隙
を形成する形で、やや傾斜した配置となっている。
後側のクロスメンバ11の底部には、車幅方向の中央が
底上げされた形で凹部11aが形成されている。また、前
後クロスメンバ10,11の底部には、クーラーコンデンサ1
6を下方から覆うようにアンダーカバー19が取り付けら
れている。なお、第3図で20,21は、フロアパネル1の
左右に設けられたサイドシールを示す。
導風板9によって導かれトンネル部2aに入った走行風
(冷風)は、フロアパネル1の中央部3下面側において
クーラーコンデンサ16を上方から下方に通過する。そし
て、クーラーコンデンサ16を冷却した後の空気は後側ク
ロスメンバ11底部の上記凹部11aから後方に抜ける。
クーラーコンデンサ16は、前述のように前側に少し傾
斜しながらも略水平に配置され、フロアパネル1下面側
のクロスメンバ10,11間の閉断面内にコンパクトに収納
されている。このような構造によれば、クロスメンバ1
0,11によってフロアパネル1の剛性が高まり、フロアパ
ネル1自体を比較フラットに形成できることも加わっ
て、フロアパネル1の上面を下げて室内空間を広げるこ
とが可能である。また、冷却空気の流れが上記のように
して確保されるので、クーラーコンデンサ16の冷却性能
は良好であり、しかも、クロスメンバ10,11間に配設さ
れることでクーラーコンデンサ16の支持剛性は高く、ま
た、保護性能は良好である。また、アンダーカバー19を
設けることによって、クーラーコンデンサ16の保護性能
が更に向上し、また、その整流作用でフロア下の空気抵
抗が低減される。
なお、上記実施例ではフロアパネルの下側にクーラー
コンデンサを配置したものを説明したが、本考案は、そ
の他の熱交換器をフロア下に配置するものに対しても適
用することが勿論可能である。
(考案の効果) 本考案は以上のように構成されているので、フロアパ
ネルの下側に配置する熱交換器の支持剛性および保護性
能を高めることができ、しかも、フロアパネル下の狭い
スペースに熱交換器を配置しながら、冷却空気の流れを
確保し冷却性能を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の一実施例に係る自動車のフロアパネル
前部近傍の斜視図、第2図は第1図のA−A断面図、第
3図は同実施例におけるフロアパネルの要部斜視図、第
4図は第3図のB−B断面図である。 1:フロアパネル、10,11:クロスメンバ、11a:凹部(空気
抜き部)、16:クーラーコンデンサ。

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】フロアパネルの下面側に車幅方向に延びる
    複数のクロスメンバを前後に間隔をおいて配置し、前記
    フロアパネル下面側で、隣接する前記クロスメンバ間に
    熱交換器を配設するとともに、前記フロアパネルに、前
    記熱交換器の前側に位置するクロスメンバを貫通し前記
    フロアパネル下面側の前後クロスメンバ間に開口してエ
    ンジン下方からの冷却空気を前記熱交換器に導くトンネ
    ル部を設け、前記熱交換器の後側のクロスメンバに、前
    記熱交換器を通過した空気を前記フロアパネル下面側で
    車外後方に導く空気抜き部を設けたことを特徴とする自
    動車の下部車体構造。
JP10590189U 1989-09-08 1989-09-08 自動車の下部車体構造 Active JP2513266Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10590189U JP2513266Y2 (ja) 1989-09-08 1989-09-08 自動車の下部車体構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10590189U JP2513266Y2 (ja) 1989-09-08 1989-09-08 自動車の下部車体構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0344086U JPH0344086U (ja) 1991-04-24
JP2513266Y2 true JP2513266Y2 (ja) 1996-10-02

Family

ID=31654657

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10590189U Active JP2513266Y2 (ja) 1989-09-08 1989-09-08 自動車の下部車体構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2513266Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2895324B1 (fr) * 2005-12-23 2009-07-10 Plastic Omnium Cie COOLING CHANNEL AND COOLING SYSTEM FOR MOTOR VEHICLE
US20190126724A1 (en) * 2017-10-26 2019-05-02 Denso International America, Inc. Under Vehicle Mounted Cooling Assemblies Including Horizontally Mounted Condensers With Vertical Air Flow

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0344086U (ja) 1991-04-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1031451B1 (en) Battery cooling duct for a vehicle
JP2003326981A (ja) 車両のエンジン配設構造
JPH1199964A (ja) 車両フロントエンドモジュール構造
GB2117721A (en) Engine cooling arrangement for motor cars
JP2513266Y2 (ja) 自動車の下部車体構造
JPH10264857A (ja) 車両フロントエンドモジュール構造
JP2007331440A (ja) 車両前部構造
JPH06328952A (ja) 車両用エンジン冷却装置
US20060075746A1 (en) Cooling structure for engine exhaust system
AU738064B2 (en) Cooling device for the combustion engine of a motor vehicle
JP3082660B2 (ja) クーラーコンデンサの熱風排出構造
JP2509774Y2 (ja) 車両の下部車体構造
JPH10264856A (ja) 車両フロントエンドモジュール構造
JP4161820B2 (ja) 車両の熱交換器冷却構造
JP2004025983A (ja) 床下エンジンの冷却構造
JP3655780B2 (ja) 移動車輌のキャビンの空調装置
JP3663872B2 (ja) 内燃機関のラジエータ取付構造
JPH065230Y2 (ja) 車両の冷却風導入構造
JPH0840085A (ja) 車両の熱交換器用配管取り付け構造
JP2000025650A (ja) 車体前部構造
JP3427426B2 (ja) 自動車の前部構造
JP5751122B2 (ja) 車両前部構造
KR200184011Y1 (ko) 중장비의 엔진냉각장치용 덕트구조
JP2001138754A (ja) 車両の外気導入構造
JP4058992B2 (ja) 車両のエンジン配設構造