JP2021050249A - ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤 - Google Patents

ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤 Download PDF

Info

Publication number
JP2021050249A
JP2021050249A JP2021001949A JP2021001949A JP2021050249A JP 2021050249 A JP2021050249 A JP 2021050249A JP 2021001949 A JP2021001949 A JP 2021001949A JP 2021001949 A JP2021001949 A JP 2021001949A JP 2021050249 A JP2021050249 A JP 2021050249A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
oil
healing
crt
composition
extract
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2021001949A
Other languages
English (en)
Inventor
ツェイラ ソファー
SOFER Tzeira
ツェイラ ソファー
タマラ マイヤー
Tamara Meyer
タマラ マイヤー
Original Assignee
ポメガ インク
Pomega Inc
ポメガ インク
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US201462073905P priority Critical
Priority to US62/073,905 priority
Application filed by ポメガ インク, Pomega Inc, ポメガ インク filed Critical ポメガ インク
Publication of JP2021050249A publication Critical patent/JP2021050249A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/185Acids; Anhydrides, halides or salts thereof, e.g. sulfur acids, imidic, hydrazonic, hydroximic acids
    • A61K31/19Carboxylic acids, e.g. valproic acid
    • A61K31/20Carboxylic acids, e.g. valproic acid having a carboxyl group bound to a chain of seven or more carbon atoms, e.g. stearic, palmitic, arachidic acids
    • A61K31/202Carboxylic acids, e.g. valproic acid having a carboxyl group bound to a chain of seven or more carbon atoms, e.g. stearic, palmitic, arachidic acids having three or more double bonds, e.g. linolenic
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K33/00Medicinal preparations containing inorganic active ingredients
    • A61K33/04Sulfur, selenium or tellurium; Compounds thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K33/00Medicinal preparations containing inorganic active ingredients
    • A61K33/24Heavy metals; Compounds thereof
    • A61K33/30Zinc; Compounds thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K33/00Medicinal preparations containing inorganic active ingredients
    • A61K33/24Heavy metals; Compounds thereof
    • A61K33/38Silver; Compounds thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K35/00Medicinal preparations containing materials or reaction products thereof with undetermined constitution
    • A61K35/56Materials from animals other than mammals
    • A61K35/63Arthropods
    • A61K35/64Insects, e.g. bees, wasps or fleas
    • A61K35/644Beeswax; Propolis; Royal jelly; Honey
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/11Pteridophyta or Filicophyta (ferns)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/23Apiaceae or Umbelliferae (Carrot family), e.g. dill, chervil, coriander or cumin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/28Asteraceae or Compositae (Aster or Sunflower family), e.g. chamomile, feverfew, yarrow or echinacea
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/63Oleaceae (Olive family), e.g. jasmine, lilac or ash tree
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/73Rosaceae (Rose family), e.g. strawberry, chokeberry, blackberry, pear or firethorn
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/73Rosaceae (Rose family), e.g. strawberry, chokeberry, blackberry, pear or firethorn
    • A61K36/736Prunus, e.g. plum, cherry, peach, apricot or almond
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/73Rosaceae (Rose family), e.g. strawberry, chokeberry, blackberry, pear or firethorn
    • A61K36/738Rosa (rose)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/75Rutaceae (Rue family)
    • A61K36/752Citrus, e.g. lime, orange or lemon
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/76Salicaceae (Willow family), e.g. poplar
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/185Magnoliopsida (dicotyledons)
    • A61K36/87Vitaceae or Ampelidaceae (Vine or Grape family), e.g. wine grapes, muscadine or peppervine
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/886Aloeaceae (Aloe family), e.g. aloe vera
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K36/00Medicinal preparations of undetermined constitution containing material from algae, lichens, fungi or plants, or derivatives thereof, e.g. traditional herbal medicines
    • A61K36/18Magnoliophyta (angiosperms)
    • A61K36/88Liliopsida (monocotyledons)
    • A61K36/899Poaceae or Gramineae (Grass family), e.g. bamboo, corn or sugar cane
    • A61K36/8998Hordeum (barley)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K47/00Medicinal preparations characterised by the non-active ingredients used, e.g. carriers or inert additives; Targeting or modifying agents chemically bound to the active ingredient
    • A61K47/44Oils, fats or waxes according to two or more groups of A61K47/02-A61K47/42; Natural or modified natural oils, fats or waxes, e.g. castor oil, polyethoxylated castor oil, montan wax, lignite, shellac, rosin, beeswax or lanolin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/0012Galenical forms characterised by the site of application
    • A61K9/0014Skin, i.e. galenical aspects of topical compositions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/06Ointments; Bases therefor; Other semi-solid forms, e.g. creams, sticks, gels
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P17/00Drugs for dermatological disorders
    • A61P17/02Drugs for dermatological disorders for treating wounds, ulcers, burns, scars, keloids, or the like
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61PSPECIFIC THERAPEUTIC ACTIVITY OF CHEMICAL COMPOUNDS OR MEDICINAL PREPARATIONS
    • A61P43/00Drugs for specific purposes, not provided for in groups A61P1/00-A61P41/00
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2300/00Mixtures or combinations of active ingredients, wherein at least one active ingredient is fully defined in groups A61K31/00 - A61K41/00

Abstract

【課題】安全で、ある特定の皮膚障害および状態の治療に有効である組成物、製剤、治療レジメン、治療方法、およびキットが提供される。【解決手段】本発明は、一般に、ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する治癒用製剤に関する。一部の例では、製剤は、citrus medica vulgaris etrog油または抽出物、および他の成分も含有してよい。治癒用製剤は、すべて天然のものであり、いかなる人工保存剤も含まず、安全で、ある特定の皮膚障害および状態の治療に有効である。【選択図】なし

Description

本発明は、一般に、ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する治癒用製剤に関する。一部の例では、製剤は、citrus medica vulgaris etrog油または抽出物、および他の成分も含有してよい。治癒用製剤は、すべて天然のものであり、いかなる人工保存剤も含まず、安全で、ある特定の皮膚障害および状態の治療に有効である。
エデンの園に繁茂していたといわれるザクロの木は、多くの文化において民間薬として広く使用されている。古代ギリシャ神話では、ザクロは、「死者の果実」として知られ、古代ヘブライ人の伝統では、大祭司の祭服がザクロで飾られた。バビロニア人は、その種子を再生の薬とみなし、ペルシャ人は、戦場で無敵にしてくれるものと考え、古代中国人にとっては、これが長寿と不死の象徴とされた。
ザクロ果実およびその部位は、その抗ウイルスおよび抗真菌効果について研究されてきた。たとえば、米国特許第5,840,308号は、第一鉄塩と、特にザクロ果皮を含む植物の抽出物との混合物を含む抗ウイルス性および抗真菌性組成物を記載している。米国特許第5,411,733号は、生薬形態、特に、ザクロの根樹皮および果皮を含有する抗ウイルス剤を記載している。技術の状態についてより十分に説明するために、米国特許第5,840,308号および第5,411,733号を、特に全体として本願に引用して援用する。
ザクロ種子油は、ザクロ果実の乾燥種子から、いくつかの既知の方法のいずれか1つによって、抽出することができる。ザクロ種子油は、共役不飽和脂肪酸であるオメガ5脂肪酸の植物供給源である。脂肪酸は、生命の中心的な構成単位であり、細胞膜の健康維持、栄養素の使用の改善、ならびに細胞代謝の構築および制御を助ける。脂肪酸は、血圧、血液凝固、炎症、体温、および他の身体機能の制御に役立つ原料ともなる。脂肪酸は、脂肪が消費されることで、その最も多くの量が得られる。したがって、多くの人々が、その食事において脂肪をより少なく消費するように勧められているとはいえ、脂肪は、それでも健康な身体の重要な構成要素であり、脂肪酸の合成は、すべての生物に不可欠である。
脂肪酸は、飽和または不飽和のどちらの場合もある。飽和脂肪酸は、二重結合を含んでいない。飽和脂肪酸は、直鎖をなし、結果として、ぎっしりと詰めることができ、生きている生物にとっては、化学エネルギを非常に高密度に貯蔵することが可能になる。不飽和脂肪酸は、1つ以上の二重結合(すなわち、「−CH=CH−」)が鎖の一部になっていることを除き、同様の形態である。この点で、オメガ3、5、6、および9脂肪酸は、不飽和である。
ザクロ油の主要物質は、プニカ酸(PA)である。プニカ酸(トリコサン酸としても知られる)は、C18炭素鎖中にcis−9、trans−11、cis−13二重結合を含んでいる共役リノレン酸異性体である。これに関連して、米国特許出願第11/039419号は、免疫応答を高め、代謝障害を予防するためのプニカ酸の使用について論じている。
プニカ酸(PA)は、4つの作用機序を有する。第1に、プニカ酸は、ブドウ種子抽出物のおよそ10倍の強さの強力な抗酸化剤である。第2に、PAは、共役リノレン酸(CLA)である。CLAは、抗炎症性、血管における抗プラーク性、および抗腫瘍性を有するため、相当な関心を集めている。大部分のCLAは、動物供給源由来である。PAは、植物供給源由来の使用可能なCLAである唯一の薬用油である。CLAは、グルコース輸送チャネルの産生を調節する細胞の核上にある受容体に結合する。したがって、CLAは、細胞表面でのグルコース輸送の制御において重要である。第3に、PAは、9cis、11trans、および13cisの位置に3つの二重結合を有する。これらの二重結合によって、脂肪酸鎖は、アラキドン酸と似たような要領で曲げられている。アラキドン酸は、疾患を生じる炎症性プロスタグランジンの前駆体である強力な炎症誘発性脂肪酸である。PAは、非ステロイド性抗炎症薬(たとえば、アスピリン)が引き起こす有害作用のような有害作用なしに、アラキドン酸の産生を阻害し、疾患の原因となるプロスタグランジンおよびロイコトリエンの産生を下向き調節する。第4に、PAは、電磁場に著しい影響を及ぼす。場のエネルギ科学は、医学および技術の比較的新しい分野である。ザクロ油は、特に、男性における前立腺がん、および女性における乳がんのための抗腫瘍薬として世界中で調査されている。ザクロ油はまた、多発性硬化症や全身性エリテマトーデスなどのいくつかの免疫複合体障害における抗炎症薬として、また心血管疾患における、心臓発作をもたらす動脈プラークの予防についても評価がなされている。
ザクロ種子油は、プニカ酸に加えて、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、およびリノール酸も含有する。
生体は、必要とする脂肪酸を、2種を除きすべて産生することができる。生体によって産生できない2種の脂肪酸は、リノール酸およびアルファリノレン酸であり、植物油および魚油に広く分布する。これらの脂肪酸は、身体において他の基質から生成することができず、その代わりとして食物として供給されなければならないため、必須脂肪酸と呼ばれる。必須脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸であり、それぞれ、オメガ3、5、および6脂肪酸系の親化合物である。上記のとおり、ザクロの種子油は、不飽和脂肪酸(プニカ酸)であり、ザクロ果実油の60%〜86%を占める。プニカ酸は、酸素フリーラジカルによる酸化、炎症、および破壊機能に対する極めて強い耐性能を有することがわかっている。そのため、プニカ酸には、医学、ならびに健康保護、食品、および化粧品産業において広い用途が見込まれるといえる。
ザクロ種子油は、ヒトの皮膚に吸収され、そこから身体の細胞に吸収される。したがって、ザクロ種子油は、単独型の製品として、または他の成分と組み合わせた場合、ある特定の皮膚傷害の治療に使用することができる。こうした独特な性質を踏まえると、ザクロ種子油は、ナノテクノロジの要素である。
パーソナルケア製品は、機能的で、美的満足感が得られ、安全でなければならない。このような製品は、皮膚に直接使用される製剤にするとき、分離せず、分解しておらず、細菌またはカビを含んでいないことが好ましい。化粧品および洗面用品の完全性を守り、消費者の安全を確実にするために、市販品として入手可能な化粧品は、一般に、パラベンなどの人工化合物を伴う保存剤系を含む。
パラベンは、危険であると考えられている。したがって、パーソナルケア産業の多くの企業が、パラベンを含む伝統的な保存剤系への依存度を減らすことに関心をもっている。より安全な、より天然由来の製品(すなわち、パラベンなどの危険な成分を最小限に抑える、または排除する製品)の開発が望まれる傾向を踏まえ、主にまたは専ら天然成分で作られた製剤を保存することのできる新たな保存剤系を開発する努力がなされている。このような系および成分は、保存が難しいことがよく知られている。この点で、理想的な保存剤は、(i)広範な微生物を皆無にする、(ii)低濃度で有効となる、(iii)水および/または油に不溶性となる、(iv)所望の温度およびPH条件下で安定である、(v)無色かつ無臭である、(vi)他の成分と反応して着色または臭気を生成しない、(vii)他の成分と適合し、その有効性を変化させない、(viii)化粧品の寿命について有効保存寿命を保持する、および(ix)使用に安全となる能力があることが期待される。
パラベンは、強力な酸化防止特性、および異なる性質の抗菌または抗生物特性を有する植物性または他の天然成分で代用することができる。本発明は、完全に天然の保存剤環境を作り出すための、ザクロ種子、ローズヒップ、およびInula Viscosa低木、また一部の例ではエトログ果実(citrus medicus vulgaris etrog)由来の適用量の油および含油樹脂を含む成分の混合物について記載する。以前の研究で、ザクロ種子油が使用されているが、結果は期待外れであった。これは、ザクロ種子油が不安定であり、容易に酸化し、酸化すると不活性になるためであると考えられる。本発明の発明者らは、ザクロ種子油が多量のプニカ酸(80%)を含有するだけでなく、他の天然成分を使用してザクロ種子油を酸化されていない状態に保つ組成物を提供した。本明細書で提供する組成物は、直射日光を避け、標準室温(78°F未満)においたとき、少なくとも24か月間安定であることがわかった。
エトログは、非常に酸っぱい味をもつ、中型から大型の大きさの、でこぼこした黄色の皮を有する柑橘類である。エトログの皮は、抽出物の供給源として使用することができ、エトログの種子および皮を油の生産に使用することもできる。果実それ自体は、ユダヤ教の仮庵の祭で役割を果たす。
Inula Viscosaは、地中海沿岸周辺に自生する丈夫な多年生低木である。Inula Viscosaは、その抗酸化特性および抗炎症特性で知られ、特に、関節炎、創傷、潰瘍、呼吸路感染症、足白癬、出血、血圧、糖尿病、および歯肉障害の治療剤として数世紀にわたり使用されていることが知られている。この植物の葉を煮出して飲み薬を作ることもでき、または抽出して含油樹脂を作ることもできる。
米国特許第5,840,308号明細書 米国特許第5,411,733号明細書
組成物、製剤、治療レジメン、治療方法、およびキットが提供される。
プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)と、rosa canina果実油と、inula viscosa含油樹脂(またはその抽出物)とを含み、前記punica granatum油は、酸化されていない、皮膚状態の治癒または治療において有用な治癒用組成物が提供される。CLAを含有するこれら3種すべての成分の使用が相乗的に作用すると、punica granatum油の吸収の増加および酸化の低減によって、より良好な効能が得られると考えられる。
治癒用組成物は、citrus medica vulgaris etrog油(またはその抽出物)をさらに含んでもよい。組成物は、80%プニカ酸が3〜6%であり、rosa canina油が2〜5%であり、inula viscosa含油樹脂が0.05〜1.5%であり、citrus medica vulgaris etrog油が0.1〜2%である固体に製剤することができる。この組成物は、皮膚の清浄化に使用される治癒用固形品として有用である。治癒用固形品は、2〜4%のホホバ油中calendula officinalis、1〜3%のolea europea(オリーブ油)、2〜5%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、1.5〜3.5%のaloe barbadensisゲル、0.75〜4%の硫黄、0.5〜3%のコロイド銀、0.5〜2%のachillea millefolium(一般的なノコギリソウ)、0.5〜2%のequisetum arvense(トクサ)、1〜3%のカミツレ花抽出物、および0.5〜1.75%の亜鉛をさらに含んでもよい。治癒用固形品は、0.05〜1.5%のカンナビス油をさらに含んでもよい。
本発明の治癒用組成物は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が5〜9%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が4〜8%であり、inula viscosa含油樹脂抽出物が0.04〜0.2%であり、カレンデュラ浸出ホホバ油50〜67%をさらに含む、香膏/密封包帯に製剤することもできる。本組成物は、15〜25%の白ろう(蜜ろう)および植物性ラノリン(オメガ3)をその基剤としてさらに含んでもよい。本組成物は、2〜4%のカンナビス油をさらに含んでもよい。
治癒用組成物は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が2〜5%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が2〜4%であり、inula viscosa含油樹脂が0.03〜0.2%であり、3.0〜6.0%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、3.0〜6.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜1.6%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜6.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、2.0〜4.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、2.0〜5.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.3%のヒマワリ種子油、およびcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油8.5〜14.5%をさらに含んでもよい、治癒用クリームに製剤することもできる。
治癒用組成物は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が4〜8%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が4〜8%であり、inula viscosa含油樹脂が0.03〜0.3%であり、1.0〜3.0%のsalix alba樹皮抽出物(セイヨウシロヤナギ樹皮)、1.5〜3.0%のカミツレ花抽出物、1.0〜2.0%のhumulus lupulus球果抽出物(一般的なホップ)、1.0〜2.0%の水中コロイド銀、1〜5%のcitrus medica vulgaris etrog果実抽出物、および1.5〜3.5%のhordeum vulgare抽出物(一般的なオオムギ)をさらに含む治癒用クリームに製剤することもできる。治癒用クリーム組成物は、2.5〜5.0%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、2.0〜5.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜3.0%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜7.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、1.0〜3.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、3.0〜6.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.4%のヒマワリ種子油、およびcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油5.0〜10%をさらに含んでもよい。
本発明の組成物は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が45〜65%であり、カレンデュラ浸出ホホバ油が15〜25%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が20〜35%である集中修復治療剤(Concentrated Repair Treeatment)(「CRT」)に製剤することもできる。CRTは、0.01〜2%のinula viscosa含油樹脂油もしくは抽出物および/または0.01〜2%のcitrus medica vulgaris etrog油もしくは抽出物、1〜8%のolea europea(オリーブ油)および/または0.5〜1.5%のトコフェロール(ビタミンE油)をさらに含んでもよい。
本発明の組成物を使用する治療レジメンおよび治療方法を提供する。たとえば、表皮を破壊もしくは損傷する傷害または治療を受けたことのある患者の治療、放射線皮膚炎、異所性皮膚炎、乾癬、湿疹、酒さ、にきび、疣贅、または疱疹、(口腔における)口内びらん、皮膚乾燥症の治療、ならびに整形手術後および充填剤注射後の患者の治療のための治療レジメンが提供される。
本発明の組成物を含むキットも提供する。
本発明は、一般に、種々の皮膚状態を治療し、非常に乾燥した皮膚または慢性の乾燥皮膚として現れる皮膚の炎症、損傷した皮膚、および創傷に対処するための、ザクロ種子油と、ローズヒップ油と、inula viscosa含油樹脂(もしくはその抽出物)および/またはcitrus medica vulgaris etrog油(もしくはその抽出物)とを含有する組成物ならびに治療レジメンに関する。本発明はまた、治療方法、および製剤を含む製品を収容するキットも提供する。本組成物は、すべて天然のものであり、いかなる人工保存剤も含まず、安全で、ある特定の皮膚障害および状態の治療に有効である。
[治癒用組成物]
本発明の治癒用組成物は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)と、rosa canina果実油/rosa rubiginosa(ローズマスカットまたはローズヒップ)と、inula viscosa含油樹脂(またはその抽出物)とを含む。本発明の組成物は、他の成分も含有してよい。一部の例では、本組成物は、citrus medica vulgaris etrog油またはその抽出物を含んでもよい。Citrus medica vulgaris etrog油または抽出物は、限定はしないが、(ミカン科のcitrus medica l.var.vulgarisであるシトロンの皮から得られる揮発性油である)citrus medica vulgaris果皮油、(ミカン科のcitrus medica l.var.vulgarisであるシトロンの果実の抽出物である)citrus medica vulgaris果実抽出物、または(ミカン科のcitrus medica sarcodactylusのカルスを培養で成長させたものの抽出物である)citrus medica sarcodactylusカルス抽出物からのものであってよい。
本発明の治癒用組成物は、アンプル剤として提供されるため「アンプル剤」とも呼ばれる集中修復治療剤(「CRT」)と併せて使用することができる。本発明のCRTについて、以下でより詳細に述べる。本発明のCRT/アンプル剤は、一般に、皮膚のバリア(表皮)が損傷または減少している状態では使用されない。本発明のCRT/アンプル剤は、(たとえば、酒さ、ひっかき傷、瘢痕(これらの例では、皮膚への損傷が病変を伴う乾癬または湿疹ほど深くない)における)皮膚が損傷してはいるが、まだ無傷であるとき、非常に有益である。本発明のCRT/アンプル剤は、1日に1回だけ使用することが好ましい。CRT/アンプル剤は、本明細書に記載する維持管理レジメンにおける本発明の実施形態でも使用される。
酸化によってプニカ酸の活性は損なわれるので、punica granatum油は、酸化されていない。punica granatum油(ザクロ種子油)、rosa canina油、inula viscosa含油樹脂、およびcitrus medica vulgaris etrogは、すべてCLAを含有する。LCAは、主として反芻動物から得られる食肉および乳製品において見出される、少なくとも28異性体のリノール酸の仲間である共役リノール酸(CLA)である。CLAは、cisまたはtrans脂肪のいずれの場合もあり、CLAの二重結合は、共役であり、その間を単結合によって隔てられている。しかし、CLAは、植物産物にも見出される。これまで、植物供給源からCLAを単離することは不可能であった。
本組成物は、種々の皮膚状態および表皮損傷のための治療レジメンおよび治療方法において有用である異なる製品に製剤することができる。
[「治癒用固形品」]
本発明の治癒用組成物は、限定はしないが、湿疹、異所性皮膚炎、乾癬、放射線皮膚炎などの炎症を伴うことも多い種々の皮膚状態のための、皮膚の清浄化に有用である製剤として提供することができる。組成物は、固体に製剤し、石けんの固形品またはケーキのように成形することができる。この製剤を、本明細書では「治癒用固形品(healing bar)」と呼ぶ。本発明の治癒用固形品は、3〜6%(本明細書における百分率は、総組成物に対するパーセントを意味する)のプニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)、2〜5%のrosa canina油、0.05〜1.5%のinula viscosa含油樹脂、および0.1〜2%のcitrus medica vulgaris etrog油を含む。治癒用固形品組成物は、上で示した「活性成分」に加えて、2〜4%のホホバ油中calendula officinalis、1〜3%のolea europea(オリーブ油)、2〜5%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、1.5〜3.5%のaloe barbadensisゲル、0.75〜4%の硫黄、0.5〜3%のコロイド銀、0.5〜2%のachillea millefolium(一般的なノコギリソウ)、0.5〜2%のequisetum arvense(トクサ)、1〜3%のカミツレ花抽出物、および0.5〜1.75%の亜鉛も含んでよい。治癒用固形品の基剤は、ヤシ油およびパーム油であることが好ましい。治癒用固形品は、上述の成分から本質的になるもの、または上述の成分からなるものでよい。
ある特定の実施形態では、本発明の治癒用固形品は上述のとおりであるが、0.05〜1.5%のカンナビス油をさらに含んでもよい。カンナビス油は、大麻植物(cannabis sativaまたはcannabis indica)から抽出されるTHCやCBDなどのカンナビノイドで構成される濃厚で粘り気のある樹脂質の物質である。このような治癒用固形品は、にきび、疱疹、疣贅、および切り傷の治療レジメンにおいて有用である。
[香膏または「密封包帯」]
本発明の治癒用組成物は、本明細書に記載の治療レジメンおよび治療方法において香膏または「密封包帯(Occlusive Dressing)」として有用である組成物として提供することができる。香膏または「密封包帯」は、カレンデュラ浸出ホホバ油を50〜67%、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)を5〜9%、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)を4〜8%、およびinula viscosa含油樹脂抽出物を0.04〜0.2%含む。密封包帯組成物は、15〜25%の白ろう(蜜ろう)および植物性ラノリン(オメガ3)をその基剤として含んでもよい。密封包帯は、上述の成分から本質的になるもの、または上述の成分からなるものでよい。
ある特定の実施形態では、密封包帯は、2〜4%のカンナビス油をさらに含んでもよい。このような密封包帯は、にきび、疱疹、疣贅、および口内びらんのための治療レジメンにおいて有用である。
[治癒用クリーム1]
本発明の治癒用組成物は、治癒用クリームとして有用である製剤として提供することができる。治癒用クリーム1製剤は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)を2〜5%、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)を2〜4%、およびinula viscoa含油樹脂を0.03〜2%含んでよい。治癒用クリーム製剤1は、3.0〜6.0%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、3.0〜6.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜1.6 %のaloe barbadensis葉汁、3.0〜6.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、2.0〜4.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、2.0〜5.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.3%のヒマワリ種子油、およびcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油8.5〜14.5%をさらに含んでもよい。治癒用クリーム製剤1は、上述の成分から本質的になるものでよく、必要に応じて、水中油型乳化剤および乳化安定剤、天然保存剤、増粘剤(viscosity enhancer)、および水を含んでよい。
[治癒用クリーム2]
本発明の治癒用組成物は、治癒用クリームとして有用である製剤として提供することができる。治癒用クリーム2製剤は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)を4〜8%、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)を4〜8%、およびinula viscoa含油樹脂を0.03〜0.3%含んでよい。治癒用クリーム2製剤は、1.0〜3.0%のsalix alba樹皮抽出物(セイヨウシロヤナギ樹皮)、1.5〜3.0%のカミツレ花抽出物、1.0〜2.0%のhumulus lupulus球果抽出物(一般的なホップ)、1.0〜2.0%の水中コロイド銀、1〜5%のcitrus medica vulgaris etrog果実抽出物、および1.5〜3.5%のhordeum vulgare抽出物(一般的なオオムギ)をさらに含んでもよい。治癒用クリーム製剤2は、2.5〜5.0のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、2.0〜5.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜3.0%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜7.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、1.0〜3.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、3.0〜6.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.4%のヒマワリ種子油、およびcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油5.0〜10%をさらに含んでもよい。治癒用クリーム製剤2は、上述の成分から本質的になるものでよく、必要に応じて、水中油型乳化剤および乳化安定剤、天然保存剤、増粘剤、および水を含んでよい。
[集中修復治療剤(「CRT」)/アンプル剤]
集中修復治療剤(「CRT」)として使用するための組成物を提供する。CRT/アンプル剤は、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)を45〜65%、カレンデュラ浸出ホホバ油を15〜25%、およびrosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)を20〜35%含んでよい。CRT/アンプル剤は、上述の成分から本質的になるもの、または上述の成分からなるものでよい。ある特定の実施形態では、CRT/アンプル剤は、0.01〜2%のinula viscosa含油樹脂油もしくは抽出物、および/または0.01〜2%のcitrus medica vulgaris etrog油もしくは抽出物も含んでよい。CRT/アンプル剤は、上述の成分から本質的になるもの、または上述の成分からなるものでよい。本発明のCRT/アンプル剤は、1〜8%のolea europea(オリーブ油)および/または0.5〜1.5%のトコフェロール(ビタミンE油)をさらに含んでもよい。一部の実施形態では、扁桃油が10〜15%存在してもよい。ある特定の実施形態では、CRTは、バーベナ油、紫檀油、レモン油、および/またはグレープフルーツ油などの追加の植物性精油を含有しない。
ある特定の例では、非常に乾燥した皮膚または脱水した皮膚の治療として、CRT/アンプル剤は、バーベナ油、紫檀油、レモン油、および/またはグレープフルーツ油などの植物(精)油も含んでよいが、治療レジメンでは、こうした植物油を含まないことが好ましい。こうした油が存在する場合、CRT/アンプル剤は、皮膚が無傷であり、表皮が壊れていないときに、維持管理レジメンにおいて使用される。
本明細書において、上述のとおりの組成物および製剤を使用する治療レジメンを提供する。本発明の治癒用固形品、密封包帯、治癒用クリーム1または2、およびCRT/アンプル剤の使用の種々の異なる組合せは、以下に記載するとおりの種々の状態の治療において有用であるが、そうした状態の治療に限定されない。
[損なわれた皮膚バリア(損傷した表皮)のための治療レジメン]
限定はしないが、COレーザーリサーフェシング治療、光線療法、および2度または3度熱傷を含む、表皮を破壊もしくは損傷する傷害または治療を受けたことのある患者を治療するための治療レジメンが提供される。通例COレーザーを用いて行われるレーザーリサーフェシング治療では、2度または3度熱傷を伴って、表皮が効果的に除去される。光線療法または光線力学療法「PDT」は、現在は基底細胞癌(BCC)の治療で使用されている。この療法は、細胞の急速な増殖が存在する他の状態にも使用されている。その一部として、日射性口唇炎、ウイルス性疣贅、皮膚T細胞リンパ腫、カポジ肉腫、乳房外ページェット病、乾癬、皮膚血管奇形が挙げられ、脱毛においても使用される。光線力学療法(PDT)は、一度にいくつもの病変に使用することのできる非侵襲的な酸素依存的光毒性反応を伴う。光増感剤は、静脈内投与される場合もあり、または目標病変に局所的に適用される場合もある。光増感剤を目標組織に選択的に局在化させ、可視光で照らすと、光損傷に続いて細胞死が起こる。
損傷を受けまたは破壊された表皮のための治療レジメンは、本明細書に記載のとおりの密封包帯、CRT/アンプル剤、および治癒用クリームの使用を含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる。密封包帯は、処置または傷害後1〜3日目に使用する。約1〜2mmの密封包帯を、処置または傷害の範囲全体を覆って適用する。これを1日3〜4回行う。
処置後3〜10日目に、本明細書に記載のとおりのCRT/アンプル剤を1日3〜4回適用する。CRT/アンプル剤は、患者によって、軽くたたきながら範囲に適用され、次いで静かにむらなく広げられる。CRT/アンプル剤治療後3日目に、患者によって、上述のとおりの密封包帯が適用される。CRT/アンプル剤ステップ後4〜10日目に、患者によって、治癒用クリーム1または治癒用クリーム2が適用される。治癒用クリーム1または2は、処置または傷害の範囲全体を覆ってむらなく適用し、これを1日3〜4回行う。所望であれば(たとえば、疼痛および/または炎症を緩和するために)、密封包帯または治癒用クリームをより頻繁に適用してもよい。
レジメンは、4〜8週間継続してよく、その後、治療レジメンに続いて、毎週/毎日の維持管理プログラムを使用することができる。維持管理プログラムは、好ましくは本発明の治癒用固形品を用いての清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
他の同様のレジメンでは、密封包帯を他の治癒用製剤なしで約8日間(毎日3〜4回)使用する。密封包帯のより多くの適用が所望されるのであれば、使用してもよい。7または8日目の後、密封包帯の使用の継続に加えて、本発明の治癒用クリーム(たとえば、治癒用クリーム製剤1または2)を、(たとえば疼痛および炎症を軽減させるために)必要に応じて1日3〜4回またはより高頻度で約7日間使用する。14日目には、密封包帯および治癒用クリームに加えて、密封包帯の後に、CRT/アンプル剤を適用する。
維持管理プログラムは、上述の治療レジメンに続いて、好ましくは少なくとも1日1回使用することができる。維持管理プログラムは、好ましくは本発明の治癒用固形品を用いた清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
本発明はまた、2度または3度の熱傷を含む、皮膚バリアが損なわれている(表皮が損傷している)患者を治療する方法であって、上述のとおりの治療レジメンを前記患者に施すことを含む方法を提供する。治療するとは、状態が改善される、すなわち、疼痛の軽減、紅斑の軽減、および炎症の軽減が存在しうることを意味する。軽減は、Aquaphor(登録商標)の使用などの一般的に使用される治療に比べて、より急速に起こってもよく、「より強固」または「より良好」であってもよい。他の既知のおよび一般的に使用される治療に比べて、皮膚のきめの改善および皮膚治癒の改善が見られる場合もある。
[放射線皮膚炎のための治療レジメン]
放射線皮膚炎を治療するための治療レジメンは、本明細書に記載のとおりの治癒用固形品、CRT/アンプル剤、密封包帯、および治癒用クリームの使用を含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる。レジメンの第1のステップは、本発明の治癒用固形品で、範囲を清浄化することである。朝晩に、患者は、皮膚を温水で湿らせ、治癒用固形品を患部一面に円を描くように静かに広げる。治癒用固形品の薄いクリーム状の層「泡立ち(lather)」を1〜2分間皮膚上に残しておき、次いでぬるま湯で十分にすすぐ。
レジメンの朝の第2のステップは、本発明のCRT/アンプル剤を適用し、それを皮膚に吸収させることである。CRT/アンプル剤の代わりに密封包帯を適用することが望ましい場合もあるが、便宜上、患者は、朝にCRT/アンプル剤を使用し、晩に密封包帯を使用することをより好む場合がある。晩の第2のステップは、本発明の密封包帯を患部に適用し、その薄い層を軽くなじませることである。最も重篤な放射線誘発皮膚炎の範囲一面に製品の「光沢(shine)」が認められるだけの量の密封包帯製品を適用すべきである。密封包帯の適用は、必要に応じて(たとえば疼痛軽減のために)1日を通して行ってもよい。
皮膚が修復の過程に入り、治癒の徴候を示したなら、密封包帯に代えてCRT/アンプル剤を使用することができ、1日1回使用してよい。
朝晩両方の第2のステップの後、本発明の治癒用クリームを用いてレジメンを続ける。治癒用クリーム1または2を、ステップ2で治療した範囲全体を覆う薄い層状に適用する。治療される範囲の表面にクリームがまだ認められるだけの量(通常はボトルからの1〜2回のポンプ操作)を適用すべきである。乾燥、疼痛、および/もしくは炎症を緩和するために、必要に応じて1日約3〜4回またはより頻繁に、クリームをしばらく吸収させ、次いで残ったクリームを最初の範囲一面に静かにのばし、次いで散らしていく。レジメンは、患部が治癒するまで継続するが、通常は、最後の放射線治療後3〜4週間以内である。照射の過程の間に治療を開始し、放射線治療が終了した後も、範囲が治癒するまで継続し、照射終了後4〜6か月間レジメンを続けることが望ましい場合もある。
治癒が実現された後は、維持管理プログラムを続けることが望ましい。維持管理プログラムは、好ましくは本発明の治癒用固形品を用いての清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
本発明はまた、放射線皮膚炎の治療方法を提供する。放射線皮膚炎の治療方法は、上述の治療レジメンを、それを必要とする患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる。
[異所性皮膚炎、乾癬、湿疹のための治療レジメン]
異所性皮膚炎、乾癬、湿疹を有する患者を治療するために、本明細書に記載のとおりの治癒用固形品、密封包帯、および治癒用クリームの使用を含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療レジメンが提供される。レジメンの第1のステップは、本発明の治癒用固形品で、範囲を清浄化することである。朝晩に、患者は、皮膚を温水で湿らせ、治癒用固形品を患部一面に円を描くように静かに広げる。治癒用固形品の薄いクリーム状の層「泡立ち」を1〜2分間皮膚上に残しておき、次いでぬるま湯で十分にすすぐ。
第2のステップは、本発明の密封包帯を、異所性皮膚炎、乾癬、または湿疹の中心部から出発し、患部の周縁部へと散らしながら、患部に適用し、その薄い層を軽くなじませることである。最も重篤な突発的発症の範囲一面に製品の「光沢」が認められるだけの量の密封包帯製品を適用すべきである。これを1日3〜4回、または必要に応じて行うべきである。
レジメンでは、第2のステップの後、以下で言及する治癒用クリーム1または2の適用前に、CRT/アンプル剤の適用が場合により設けられる。この場合には、CRT/アンプル剤は、治癒用クリーム1または2の適用に進む前に適用し、皮膚に吸収させる。この選択は、乾癬の治療において特に有用である。CRTは、1日1回しか適用しないが、治癒用クリームは、必要に応じて1日3〜4回またはより頻繁に適用すべきである。
治癒用クリーム1または2を、ステップ2で治療した範囲全体を覆う薄い層状に適用する。治療される範囲の表面にクリームがまだ認められるだけの量を適用すべきである。クリームをしばらく吸収させ、次いで残ったクリームを最初の範囲一面に静かにのばし、次いで散らしていく。これを1日3〜4回、または必要に応じて行うべきである。
レジメンは、患部が治癒し、炎症が和らぎ、コントロールされる状態になるまで継続する。慢性および重症の状態については、レジメンが約2か月続くのが普通である。治癒レジメンの後は、維持管理プログラムを開始すべきである。維持管理プログラムは、好ましくは本発明の治癒用固形品を用いての清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
異所性皮膚炎、乾癬、または湿疹を有する患者の治療方法であって、上述のとおりの治療レジメンを、それを必要とする患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療方法が提供される。
[小児湿疹のための治療レジメン]
小児湿疹のための治療レジメンは、上述の異所性皮膚炎、乾癬、湿疹の治療と類似しているが、治癒用クリーム2の代わりに治癒用クリーム1を使用することが好ましい。レジメンは、必要に応じて進歩させるが、わずか2〜4週間で結果が認められた。その後、維持管理プログラムを開始すべきである。維持管理プログラムは、好ましくは、本発明の治癒用固形品を用いての清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
小児患者において小児湿疹を治療する方法であって、上述のとおりの小児湿疹治療レジメンを、それを必要とする前記患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる方法が提供される。
[酒さのための治療レジメン]
酒さを有する患者を治療するために、本明細書に記載のとおりの治癒用固形品、密封包帯、CRT/アンプル剤、および治癒用クリームの使用を含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療レジメンが提供される。レジメンの第1のステップは、本発明の治癒用固形品で、範囲を清浄化することである。朝晩に、患者は、皮膚を温水で湿らせ、治癒用固形品を患部一面に円を描くように静かに広げる。治癒用固形品の薄いクリーム状の層「泡立ち」を1〜2分間皮膚上に残しておき、次いでぬるま湯で十分にすすぐ。
朝には、本発明の密封包帯を、酒さの中心部から出発し、患部の周縁部へと散らしながら、患部に適用し、その薄い層を軽くなじませることが好ましい。最も重篤な突発的発症の範囲一面に製品の「光沢」が認められるだけの量の密封包帯を適用すべきである。これを1日1回、または必要に応じてより頻繁に行うことができる。患者が朝に密封包帯を適用できない場合、患者は、この手順を晩に行い、その代わりとして朝に本発明のCRT/アンプル剤を使用してもよい。CRT/アンプル剤は、治癒用クリーム1または2の適用に進む前に適用し、皮膚に吸収させる。
朝晩の治療の後、ならびに1日を通して、本発明の治癒用クリームを適用する。治癒用クリーム1または2を、ステップ2で治療した範囲全体を覆う薄い層状に適用する。治療される範囲の表面にクリームがまだ認められるだけの量を適用すべきである。クリームをしばらく吸収させ、次いで残ったクリームを最初の範囲一面に静かにのばし、次いで散らしていく。治癒用クリームは、必要に応じて1日3〜4回またはより頻繁に適用して、状態を緩和することができる。患者が焼けるような痛みまたは刺痛を覚える場合、治癒用クリームを最初に適用し、CRT/アンプル剤を適用することができる。
酒さがなくなった後、患者は、維持管理プログラムを経るべきである。維持管理プログラムは、論述した治療レジメンと類似しているが、密封包帯を使用せず、その代わりとして本発明のCRT/アンプル剤を適用する。患者は、治癒用固形品および治癒用クリームの使用を少なくとも1日1回または2回継続すべきである。
酒さを有する患者の治療方法であって、上述のとおりの酒さ治療レジメンを、それを必要とする前記患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療方法が提供される。
[にきび、疣贅、および疱疹のための治療レジメン]
にきび、疣贅、および疱疹を有する患者を治療するために、本明細書に記載のとおりの治癒用固形品、密封包帯、および治癒用クリームの使用を含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療レジメンが提供される。レジメンの第1のステップは、本発明の治癒用固形品で、範囲を清浄化することである。朝晩に、患者は、皮膚を温水で湿らせ、治癒用固形品を患部一面に円を描くように静かに広げる。治癒用固形品の薄いクリーム状の層「泡立ち」を1〜2分間皮膚上に残しておき、次いでぬるま湯で十分にすすぐ。治癒用固形品は、好ましくは、カンナビス油を0.05〜1.5%含有してもよい。
第2のステップは、(本明細書に記載のとおりの)0.5〜4%のカンナビス油を含有する本発明の密封包帯を患部に適用し、その薄い層を軽くなじませることである。懸念される範囲一面に製品の「光沢」が認められるだけの量の密封包帯製品を適用すべきである。
治癒用クリーム1または2を、ステップ2で治療した範囲全体を覆う薄い層状に適用する。治療される範囲の表面にクリームがまだ認められるだけの量を適用すべきである。クリームをしばらく吸収させ、次いで残ったクリームを最初の範囲一面に静かにのばし、次いで散らしていく。レジメンは、患部が治癒する(にきびが減るもしくはなくなり、水泡が治癒し、または疣贅が消滅する)まで継続する。
にきびまたは疣贅のさらなる突発的発生を予防するための維持管理レジメンが好ましい。維持管理プログラムは、好ましくは本発明の治癒用固形品を用いての清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
にきび、疱疹、または疣贅を有する患者の治療方法であって、上述のとおりの、にきび、疣贅、または疱疹治療レジメンを、それを必要とする前記患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療方法が提供される。
[(口腔における)口内びらんのための治療レジメン]
口内びらんを治療するためのレジメンでは、本明細書に記載のとおりの0.5〜4%のカンナビス油を含む密封包帯を、口内びらんに1日3〜4回適用する。成分が天然由来で安全であるため、口腔において密封包帯を適用することは安全である。これを1日3〜4回または必要に応じて行って、口内びらんによって引き起こされる疼痛およびまたは炎症を軽減させる。少量の密封包帯を綿棒で口内びらんに適用し、1日3〜4回繰り返す。
口腔に口内びらんを有する患者の治療方法であって、上述のとおりの口内びらん治療レジメンを、それを必要とする前記患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療方法が提供される。
[皮膚乾燥症のための治療レジメン]
皮膚乾燥症は、異常に乾燥した皮膚に対する医学用語である。皮膚乾燥症は、寒い冬場、空気が非常に乾燥するとき(低湿度)の方が悪化する。年配者が若年者よりこの状態を発症しやすい。皮膚乾燥症は、非常に辛い状態であり、皮膚乾燥症の症状としては、特に腕および脚における皮膚の乾燥、痒み、鱗状化、特に入浴後につっぱる感じのある皮膚、白く粉を吹いたような皮膚、ヒリヒリした赤またはピンク色の皮膚、ならびに皮膚の細かいひび割れが挙げられる。
皮膚乾燥症を有する患者を治療するために、本明細書に記載のとおりの治癒用クリームの使用を含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療レジメンが提供される。場合により、患者は、本明細書に記載のとおりの治癒用固形品を洗浄に使用してもよい。治癒用クリームは、症状を緩和し、不快感および疼痛を軽減するのに必要な頻度で適用する。
皮膚がひび割れ、開放創が生じるほど乾燥してきたとき、密封包帯を使用することが望ましい場合もあり、密封包帯は、必要に応じて1日1〜2回またはより頻繁に適用する。
皮膚乾燥症を有する患者の治療方法であって、上述のとおりの皮膚乾燥症治療レジメンを、それを必要とする前記患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる治療方法が提供される。
[整形手術後および充填剤注射後の患者のための治療レジメン]
整形手術後および充填剤注射後の患者を治療するための治療レジメンが提供される。レジメンの第1のステップは、本発明の治癒用固形品で、範囲を清浄化することである。朝晩に、患者は、皮膚を温水で湿らせ、治癒用固形品を患部一面に円を描くように静かに広げる。治癒用固形品の薄いクリーム状の層「泡立ち」を1〜2分間皮膚上に残しておき、次いでぬるま湯で十分にすすぐ。
レジメンの第2のステップは、CRT/アンプル剤を適用するものである。この場合では、CRT/アンプル剤を適用し(1日1回)、皮膚に吸収させた後、治癒用クリーム1または2の適用に進む。治癒用クリームは、1日3〜4回、または必要に応じて適用する。
治癒用クリーム1または2を、ステップ2で治療した範囲全体を覆う薄い層状に適用する。治療される範囲の表面にクリームがまだ認められるだけの量を適用すべきである。クリームをしばらく吸収させ、次いで残ったクリームを最初の範囲一面に静かにのばし、次いで散らしていく。これを1日3〜4回、または必要に応じて行うべきである。
レジメンは、患部が治癒し、炎症が和らぎ、コントロールされる状態になるまで継続する。レジメンによって、回復が増進/加速され、瘢痕の出現または形成が低減される。
維持管理プログラムは、治療レジメンの後に使用することができ、好ましくは本発明の治癒用固形品を用いての清浄化と、1日1回のCRT/アンプル剤の適用と、治癒用クリームの適用とを含む。清浄化および治癒用クリームは、1日2回使用することが好ましい。
成形手術または充填剤注射を受けたことのある患者を治療する方法も提供される。本方法は、上述のとおりの治療レジメンを、それを必要とする患者に施すことを含む、またはそれから本質的になる、またはそれからなる。
[患者を治療する医薬を製造するために組成物を使用する治療方法]
本発明は、種々の状態を治療するための、本明細書で上述した種々の組成物およびレジメンの使用を提供する。治療方法は、記載のレジメンを、それを必要とする患者に施すものである。本明細書に記載のレジメンは、状態の治癒を促進することができ、安全であり、子供に使用することができ、アレルギ反応または望ましくない副作用を引き起こさない。治療するとは、状態が改善される、すなわち、疼痛の軽減、紅斑の軽減、および炎症の軽減が存在しうることを意味する。軽減は、Aquaphor(登録商標)の使用などの一般的に使用される治療に比べて、より急速に起こってもよく、「より強固」または「より良好」であってもよい。他の既知のおよび一般的に使用される治療に比べて、皮膚のきめの改善および皮膚治癒の改善が見られる場合もある。
本発明の組成物および種々の製剤によって、本明細書に記載の状態を有する患者において、疼痛および不快感の軽減、ならびに痒みの軽減および実質的な皮膚鎮静効果が認められた。
[キット]
本発明は、本明細書に記載の異なる本発明の組成物を収容するキットも提供する。たとえば、治癒用固形品と、密封包帯と、治癒用クリームと、(たとえば、個々の製品の使用について、ならびに湿疹または異所性皮膚炎を治療するための治療レジメンについて指示する)使用説明書とを含むキットが提供される。
治癒用固形品と、CRT/アンプル剤と、密封包帯と、治癒用クリームと、(たとえば、個々の製品の使用について、ならびに放射線皮膚炎または乾癬を治療するための治療レジメンについて指示する)使用説明書とを含むキットも提供される。
密封包帯と、CRT/アンプル剤と、治癒用クリームと、(たとえば、個々の製品の使用について、ならびに熱傷、または限定はしないが、COレーザーリサーフェシングやPDT治療などからの表皮に対する損傷もしくは破壊を伴う状態を治療するための治療レジメンについて指示する)使用説明書とを含むキットも提供される。
<実施例1:酒さ>
酒さを数年間患っている患者が、本発明のCRT/アンプル剤および治癒用クリームを毎日2回利用し、2か月未満の内に改善および発赤の完全な軽減を認めた。
<実施例2:COレーザーリサーフェシング患者>
初回訪問時(−14〜0日目)に、組み入れ/除外基準を満たす対象が試験に参加する。試験治療を受ける前に、対象の治療範囲の写真を撮影する。すべての写真(Canfield 3D Vectraシステムを使用)は、義務付けられたものであり、研究および/または商業的用途に使用することができる。9点のFitzpatrick−Goldmanしわ分類および弾力線維症度スケール1を使用する治療前写真の治験責任医師による評価も行う。局所麻酔クリームを顔面に30分間適用する。必要に応じて静脈鎮静および局所神経遮断を行う。次いで、対象は、顔面に分割COレーザーリサーフェシングを受ける(0日目)。初回のスクリーニング訪問と治療が同日に行われてもよい。妊娠の可能性のある女性には、治療前に尿妊娠検査を行ってもらう。治療後直ちに、顔面に無作為化した手術後ゲル(本発明のレジメンまたはプラセボ)を適用する。無作為化は、非盲検下のコーディネータによって、無作為に生成された表を用い、コインをはじいて、3対1で行う。対象に、処置後、ゲル適用前、および追跡訪問毎に、疼痛、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成について、また経験していれば持続時間について尋ねる。
3回目の訪問時(1日目)に、治験責任医師は、顔面の紅斑、浮腫、滲出、痂皮形成、および治癒パーセンテージを評価し、対象に、顔面の不快感、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成の自己評価について尋ねる。患者は、自分の顔をCetaphilクレンザーで清浄化し、対象の治療範囲の写真が撮影され、次いで盲検下のコーディネータによって、適切な試験ゲルがあてがわれ、レーザーリサーフェシング後の皮膚の手入れ指示が再確認される。
4回目の訪問時(3日目)に、治験責任医師は、顔面の紅斑、浮腫、滲出、痂皮形成、および治癒パーセンテージを評価し、対象に、顔面の不快感、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成の自己評価について尋ねる。患者は、自分の顔をCetaphilクレンザーで清浄化し、対象の治療範囲の写真が撮影され、次いで盲検下のコーディネータによって、適切な試験ゲルがあてがわれ、レーザーリサーフェシング後の皮膚の手入れ指示が再確認される。
5回目の訪問時(7日目)に、治験責任医師は、顔面の紅斑、浮腫、滲出、痂皮形成、および治癒パーセンテージを評価し、対象に、顔面の不快感、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成の自己評価について尋ねる。患者は、自分の顔をCetaphilクレンザーで清浄化し、対象の治療範囲の写真が撮影され、次いで盲検下のコーディネータによって、適切な試験ゲルがあてがわれ、レーザーリサーフェシング後の皮膚の手入れ指示が再確認される。
6回目の訪問時(10日目)に、治験責任医師は、顔面の紅斑、浮腫、滲出、痂皮形成、および治癒パーセンテージを評価し、対象に、顔面の不快感、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成の自己評価について尋ねる。治験責任医師は、9点のFitzpatrick−Goldmanしわ分類および弾力線維症度スケールを使用して写真を評価する。対象の治療範囲の写真が撮影され、コーディネータが、レーザーリサーフェシング後の皮膚の手入れ指示も再確認して、指示が確実に守られるようにする。
7回目の訪問時(14日目)に、治験責任医師は、顔面の紅斑、浮腫、滲出、痂皮形成、および治癒パーセンテージを評価し、対象に、顔面の不快感、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成の自己評価について尋ねる。治験責任医師は、9点のFitzpatrick−Goldmanしわ分類および弾力線維症度スケールを使用して写真を評価する。対象の治療範囲の写真が撮影され、コーディネータが、レーザーリサーフェシング後の皮膚の手入れ指示も再確認して、指示が確実に守られるようにする。
8回目の訪問時(30日目)に、治験責任医師は、顔面の紅斑、浮腫、滲出、痂皮形成、および治癒パーセンテージを評価し、対象に、顔面の不快感、痒み、ひきつれ、滲み出し、および痂皮形成の自己評価について尋ねる。治験責任医師は、9点のFitzpatrick−Goldmanしわ分類および弾力線維症度スケールを使用して写真を評価する。対象の治療範囲の写真が撮影され、コーディネータが、レーザーリサーフェシング後の皮膚の手入れ指示も再確認して、指示が確実に守られるようにする。
試験の経過中、対象が、試験治療のせいで我慢できない刺激を覚える場合、治験責任医師の判断で治療ゲルを一時的に変更してもよい。治療ゲルのいかなる変更も、対象の記録に残さなければならない。
個々の徴候および症状が消散する時間を含めて、すべての治験責任医師の評価および対象採点の強度および持続時間を評価することにより、有効性を評価する。治癒時間に関する対象満足度および肌質採点を分類別に分析する。不快感の報告および報告されたいずれかの有害な医学的事象を評価することにより、安全性を評価する。
患者は、プラセボゲル(Aquaphor(登録商標))(活性成分−ワセリン14%)または次のとおりの治療レジメンのいずれかを受けた。本明細書に記載のとおりの密封包帯は、処置または傷害後1〜3日目に使用した。約1〜2mmの密封包帯を、処置または傷害の範囲全体を覆って適用した。これが1日3〜4回行われた。
処置後3〜10日目には、本明細書に記載のとおりのCRT/アンプル剤が1日3〜4回適用された。患者が、CRT/アンプル剤を軽くたたきながら範囲に適用し、次いでCRT/アンプル剤を静かにむらなく広げた。CRT/アンプル剤治療後3日目には、患者によって、上述のとおりのCRT/アンプル剤が適用された。CRT/アンプル剤ステップ後4〜10日目には、患者によって、治癒用クリーム1が適用された。治癒用クリーム1は、処置の範囲全体を覆ってむらなく適用され、これが1日3〜4回行われた。
患者は、プラセボ患者に優る治癒の改善を経験した。患者は、いかなる有害作用も経験せず、アレルギ反応もなかった。疼痛の軽減、紅斑の軽減、および炎症の軽減が認められた。本発明のレジメンを使用する患者には、皮膚のきめの改善および皮膚治癒の改善があった。患者は、レジメンで使用された製品を、心地よく、容易に、快適に使用したことを報告した。
<実施例3:湿疹および小児湿疹>
湿疹のある患者または湿疹のある小児患者を試験に登録する。こうした患者が受ける試験レジメンは、本明細書で上述したとおりである。小児患者においてわずか2〜4週間で湿疹の消失が認められた。
<実施例4:異所性皮膚炎>
異所性皮膚炎のある患者を試験に登録する。こうした患者が受ける試験レジメンは、本明細書で上述したとおりである。試験は、約6〜8週間実施する。皮膚細胞の治癒および症状の軽減が2〜5週間の間に認められると予想される。
<実施例5:乾癬>
乾癬のある患者をこの試験に登録する。こうした患者が受ける試験レジメンは、本明細書で上述したとおりである。わずか3〜4週間で発赤の停止を認めることができる。
<実施例6:放射線皮膚炎>
放射線皮膚炎を患う患者をこの試験に登録する。こうした患者が受ける試験レジメンは、本明細書で上述したとおりである。放射線治療後1〜2週間で改善が認められると予想される。発赤および発疹の軽減が認められると予想される。
<実施例7:にきび、疱疹、および/または疣贅>
にきびまたは疣贅を患う患者を試験に登録する。こうした患者が受ける試験レジメンは、本明細書で上述したとおりである。1週間〜10日でにきびの改善および疱疹の治癒が認められると予想される。疣贅は、約3週間〜3か月で消失すると予想される。
<実施例8:口腔における口内びらん>
口内びらんを患う患者を試験に登録する。こうした患者が受ける試験レジメンは、本明細書で上述したとおりである。口内びらんは、3〜5日で消失した。
密封包帯と、CRT/アンプル剤と、治癒用クリームと、(たとえば、個々の製品の使用について、ならびに熱傷、または限定はしないが、COレーザーリサーフェシングやPDT治療などからの表皮に対する損傷もしくは破壊を伴う状態を治療するための治療レジメンについて指示する)使用説明書とを含むキットも提供される。
[本発明の実施形態]
(1)プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)と、rosa canina果実油と、inula viscosa含油樹脂(またはその抽出物)とを含み、前記punica granatum油は、酸化されていない、皮膚状態の治癒または治療において有用な治癒用組成物。
(2)(1)に記載の治癒用組成物であって、citrus medica vulgaris etrog油(またはその抽出物)をさらに含む、治癒用組成物。
(3)(2)に記載の組成物であって、80%プニカ酸が3〜6%であり、rosa canina油が2〜5%であり、inula viscosa含油樹脂が0.05〜1.5%であり、citrus medica vulgaris etrog油が0.1〜2%である固体に製剤されている、組成物。
(4)(2)に記載の組成物であって、2〜4%のホホバ油中calendula officinalis、1〜3%のolea europea(オリーブ油)、2〜5%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、1.5〜3.5%のaloe barbadensisゲル、0.75〜4%の硫黄、0.5〜3%のコロイド銀、0.5〜2%のachillea millefolium(一般的なノコギリソウ)、0.5〜2%のequisetum arvense(トクサ)、1〜3%のカミツレ花抽出物、および0.5〜1.75%の亜鉛をさらに含む、組成物。
(5)(4)に記載の組成物であって、0.05〜1.5%のカンナビス油をさらに含む、組成物。
(6)(1)に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が5〜9%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が4〜8%であり、inula viscosa含油樹脂抽出物が0.04〜0.2%であり、50〜67%のカレンデュラ浸出ホホバ油をさらに含む香膏/密封包帯に製剤されている、組成物。
(7)(6)に記載の組成物であって、15〜25%の白ろう(蜜ろう)および植物性ラノリン(オメガ3)をその基剤としてさらに含む、組成物。
(8)(6)に記載の組成物であって、2〜4%のカンナビス油をさらに含む、組成物。
(9)(1)に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が2〜5%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が2〜4%であり、inula viscosa含油樹脂が0.03〜0.2%であり、
3.0〜6.0%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、3.0〜6.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜1.6%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜6.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、2.0〜4.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、2.0〜5.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.3%のヒマワリ種子油、および8.5〜14.5%のcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油をさらに含む治癒用クリームに製剤されている、組成物。
(10)(1)に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が4〜8%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が4〜8%であり、inula viscosa含油樹脂が0.03〜0.3であり、1.0〜3.0%のsalix alba樹皮抽出物(セイヨウシロヤナギ樹皮)、1.5〜3.0%のカミツレ花抽出物、1.0〜2.0%のhumulus lupulus球果抽出物(一般的なホップ)、1.0〜2.0%の水中コロイド銀、1〜5%のcitrus medica vulgaris etrog果実抽出物、および1.5〜3.5%のhordeum vulgare抽出物(一般的なオオムギ)をさらに含む治癒用クリームに製剤されている、組成物。
(11)(10)に記載の組成物であって、2.5〜5.0のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、2.0〜5.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜3.0%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜7.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、1.0〜3.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、3.0〜6.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.4%のヒマワリ種子油、および5.0〜10%のcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油をさらに含む、組成物。
(12)(1)に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が45〜65%であり、カレンデュラ浸出ホホバ油が15〜25%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が20〜35%である集中修復治療剤(「CRT」)に製剤されている、組成物。
(13)(12)に記載の組成物であって、前記CRTが、0.01〜2%のinula viscosa含油樹脂油もしくは抽出物、および/または0.01〜2%のcitrus medica vulgaris etrog油もしくは抽出物をさらに含む、組成物。
(14)(13)に記載の組成物であって、1〜8%のolea europea(オリーブ油)および/または0.5〜1.5%のトコフェロール(ビタミンE油)をさらに含む、組成物。
(15)表皮を破壊もしくは損傷する傷害または治療を受けたことのある患者を治療するための治療レジメンであって、(6)または(7)に記載の密封包帯、(12)から(14)のいずれか1つに記載のCRT/アンプル剤、および(9)から(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームの使用を含み、
a)処置または傷害後1〜3日目に、厚さ約1〜2mmの前記密封包帯を、1日3〜4回、前記傷害の範囲全体を覆って適用するステップと、
b)処置後3〜10日目に、CRT/アンプル剤を、1日1回、前記傷害の範囲全体を覆って適用するステップと、
c)CRT/アンプル剤治療後3日目に、前記密封包帯を適用し、前記密封包帯は、1日3〜4回適用されるステップと、
d)CRT/アンプル剤ステップ後4〜10日目に、治癒用クリームを、1日3〜4回、前記傷害の範囲全体を覆ってむらなく適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(16)表皮を破壊もしくは損傷する傷害または治療を受けたことのある患者を治療するための治療レジメンであって、(6)または(7)のいずれか1つに記載の密封包帯、(12)、(13)、または(14)のいずれか1つに記載のCRT/アンプル剤、および(9)、(10)、または(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームの使用を含み、
a)前記傷害または治療後の最初の7〜8日間、前記密封包帯を毎日3〜4回適用するステップと、
b)前記7または8日の後に、前記密封包帯を引き続き使用することに加えて、治癒用クリームを毎日3〜4回、約7日間適用するステップと、
c)ほぼ14日目に、密封包帯および治癒用クリームに加えて、前記密封包帯の適用後に前記CRT/アンプル剤を1日1回適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(17)放射線皮膚炎を治療するための治療レジメンであって、(3)または(4)に記載の治癒用固形品、(12)、(13)、または(14)のいずれか1つに記載のCRT/アンプル剤、(6)または(7)のいずれか1つに記載の密封包帯、および(9)、(10)、または(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームの使用を含み、
a)前記治癒用固形品で範囲を清浄化し、前記治癒用固形品の「泡立ち」を1〜2分間皮膚上に残しておき、十分にすすぐステップと、
b)朝に、前記CRT/アンプル剤または前記密封包帯を患部に適用し、それを皮膚に吸収させるステップと、
c)晩に、前記密封包帯を前記患部に適用するステップと、
d)朝と晩の第2のステップの後に、前記治癒用クリームを、1日約3〜4回、治療した範囲全体を覆って適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(18)異所性皮膚炎、乾癬、湿疹を有する患者を治療するための治療レジメンであって、(3)または(4)に記載の治癒用固形品、(6)または(7)に記載の密封包帯、および(9)、(10)、または(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームを使用し、
a)朝晩に皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぐステップと、
b)前記密封包帯の薄い層を、1日3〜4回患部に適用するステップと、
c)場合により、第2のステップの後に、前記CRT/アンプル剤を1日1回適用するステップと、
d)前記治癒用クリームを、1日3〜4回、治療した範囲全体を覆って適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(19)酒さを有する患者を治療するための治療レジメンであって、(3)または(4)に記載の治癒用固形品、(6)または(7)のいずれか1つに記載の密封包帯、(12)、(13)、または(14)に記載のCRT/アンプル剤、および(9)、(10)、または(11)に記載の治癒用クリームの使用を含み、
a)朝晩に皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぐステップと、
b)朝に、前記密封包帯の薄い層またはCRT/アンプル剤を患部に適用するステップと、
c)晩に、朝に前記CRT/アンプル剤を適用した場合、前記密封包帯の薄い層を、または朝に前記密封包帯を適用した場合、前記CRT/アンプル剤を前記患部に適用するステップと、
d)朝と晩のステップの後に、前記治癒用クリームを、前記患部全体を覆って適用し、1日を通して3〜4回適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(20)にきび、疣贅、または疱疹を有する患者を治療するための治療レジメンであって、(3)、(4)、または(5)のいずれか1つに記載の治癒用固形品、(6)から(8)のいずれか1つに記載の密封包帯、および(9)から(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームの使用を含み、
a)朝晩に皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぎ、前記治癒用固形品は、カンナビス油0.05〜1.5%を含有するステップと、
b)カンナビス油0.5〜4%を含有する前記密封包帯の層を、1日3〜4回患部に適用するステップと、
c)前記治癒用クリームを、1日3〜4回、前記患部全体を覆って適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(21)(口腔における)口内びらんを治癒させるための治療レジメンであって、(6)から(7)のいずれか1つに記載の密封包帯の使用を含み、
a)密封包帯を、1日3〜4回、前記口内びらんに適用するステップ
を含む、治療レジメン。
(22)皮膚乾燥症の患者を治療するための治療レジメンであって、(6)または(7)のいずれか1つに記載の密封包帯、(9)から(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリーム、および(3)から(4)のいずれか1つに記載の治癒用固形品の使用を含み、
a)前記治癒用クリームを皮膚に適用するステップと、場合により、
b)前記皮膚にひび割れ、開放創が生じているとき、前記密封包帯を適用するステップと、場合により、
c)前記皮膚を朝晩に前記治癒用固形品で洗浄するステップと、
を含む、治療レジメン。
(23)整形手術後および充填剤注射後の患者のための治療レジメンであって、(3)または(4)に記載の治癒用固形品、(12)、(13)、または(14)に記載のCRT/アンプル剤、および(9)、(10)、または(11)に記載の治癒用クリームの使用を含み、
a)朝晩に前記治癒用固形品で皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぐステップと、
b)前記CRT/アンプル剤を、1日1回患部に適用するステップと、
c)前記治癒用クリームを、1日3〜4回、前記患部を覆う薄い層状に適用するステップと、
を含む、治療レジメン。
(24)(1)から(14)の組成物のいずれか1つと、使用説明書とを含む、キット。
(25)(24)に記載のキットであって、(3)から(5)のいずれか1つに記載の治癒用固形品と、(6)から(8)のいずれか1つに記載の密封包帯と、(9)から(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームとを含む、キット。
(26)(24)に記載のキットであって(3)から(5)のいずれか1つに記載の治癒用固形品と、(12)、(13)、または(14)に記載のCRTと、(6)から(8)のいずれか1つに記載の密封包帯と、(9)から(11)のいずれか1つに記載の治癒用クリームとを含む、キット。
(27)(24)に記載のキットであって、密封包帯と、CRTと、治癒用クリームとを含む、キット。

Claims (27)

  1. プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)と、rosa canina果実油と、inula viscosa含油樹脂(またはその抽出物)とを含み、前記punica granatum油は、酸化されていないことを特徴とする、皮膚状態の治癒または治療において有用な治癒用組成物。
  2. 請求項1に記載の治癒用組成物であって、citrus medica vulgaris etrog油(またはその抽出物)をさらに含むことを特徴とする治癒用組成物。
  3. 請求項2に記載の組成物であって、80%プニカ酸が3〜6%であり、rosa canina油が2〜5%であり、inula viscosa含油樹脂が0.05〜1.5%であり、citrus medica vulgaris etrog油が0.1〜2%である固体に製剤されていることを特徴とする組成物。
  4. 請求項2に記載の組成物であって、2〜4%のホホバ油中calendula officinalis、1〜3%のolea europea(オリーブ油)、2〜5%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、1.5〜3.5%のaloe barbadensisゲル、0.75〜4%の硫黄、0.5〜3%のコロイド銀、0.5〜2%のachillea millefolium(一般的なノコギリソウ)、0.5〜2%のequisetum arvense(トクサ)、1〜3%のカミツレ花抽出物、および0.5〜1.75%の亜鉛をさらに含むことを特徴とする組成物。
  5. 請求項4に記載の組成物であって、0.05〜1.5%のカンナビス油をさらに含むことを特徴とする組成物。
  6. 請求項1に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が5〜9%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が4〜8%であり、inula viscosa含油樹脂抽出物が0.04〜0.2%であり、50〜67%のカレンデュラ浸出ホホバ油をさらに含む香膏/密封包帯に製剤されていることを特徴とする組成物。
  7. 請求項6に記載の組成物であって、15〜25%の白ろう(蜜ろう)および植物性ラノリン(オメガ3)をその基剤としてさらに含むことを特徴とする組成物。
  8. 請求項6に記載の組成物であって、2〜4%のカンナビス油をさらに含むことを特徴とする組成物。
  9. 請求項1に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が2〜5%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が2〜4%であり、inula viscosa含油樹脂が0.03〜0.2%であり、
    3.0〜6.0%のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、3.0〜6.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜1.6%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜6.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、2.0〜4.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、2.0〜5.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.3%のヒマワリ種子油、および8.5〜14.5%のcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油をさらに含む治癒用クリームに製剤されていることを特徴とする組成物。
  10. 請求項1に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が4〜8%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が4〜8%であり、inula viscosa含油樹脂が0.03〜0.3であり、1.0〜3.0%のsalix alba樹皮抽出物(セイヨウシロヤナギ樹皮)、1.5〜3.0%のカミツレ花抽出物、1.0〜2.0%のhumulus lupulus球果抽出物(一般的なホップ)、1.0〜2.0%の水中コロイド銀、1〜5%のcitrus medica vulgaris etrog果実抽出物、および1.5〜3.5%のhordeum vulgare抽出物(一般的なオオムギ)をさらに含む治癒用クリームに製剤されていることを特徴とする組成物。
  11. 請求項10に記載の組成物であって、2.5〜5.0のbutyrspermum parkiiバター(シアバター)、2.0〜5.0%の白ろう(蜜ろう)、1.0〜3.0%のaloe barbadensis葉汁、3.0〜7.0%のprunus amygdalus dulcis油(甘扁桃油)、1.0〜3.0%のvitis vinifera種子油(ブドウ種子油)、3.0〜6.0%のdaucus carota sativa根抽出物(オリーブ油中ノラニンジン抽出物)、0.1〜0.4%のヒマワリ種子油、および5.0〜10%のcalendula officinalis花抽出物(マリーゴールド)浸出ホホバ油をさらに含むことを特徴とする組成物。
  12. 請求項1に記載の組成物であって、プニカ酸約80%のpunica granatum油(ザクロ種子油)が45〜65%であり、カレンデュラ浸出ホホバ油が15〜25%であり、rosa canina油(ローズマスカット)(ローズヒップ)が20〜35%である集中修復治療剤(「CRT」)に製剤されていることを特徴とする組成物。
  13. 請求項12に記載の組成物であって、前記CRTが、0.01〜2%のinula viscosa含油樹脂油もしくは抽出物、および/または0.01〜2%のcitrus medica vulgaris etrog油もしくは抽出物をさらに含むことを特徴とする組成物。
  14. 請求項13に記載の組成物であって、1〜8%のolea europea(オリーブ油)および/または0.5〜1.5%のトコフェロール(ビタミンE油)をさらに含むことを特徴とする組成物。
  15. 表皮を破壊もしくは損傷する傷害または治療を受けたことのある患者を治療するための治療レジメンであって、請求項6または7に記載の密封包帯、請求項12から14のいずれか1項に記載のCRT/アンプル剤、および請求項9から11のいずれか1項に記載の治癒用クリームの使用を含み、
    a)処置または傷害後1〜3日目に、厚さ約1〜2mmの前記密封包帯を、1日3〜4回、前記傷害の範囲全体を覆って適用するステップと、
    b)処置後3〜10日目に、CRT/アンプル剤を、1日1回、前記傷害の範囲全体を覆って適用するステップと、
    c)CRT/アンプル剤治療後3日目に、前記密封包帯を適用し、前記密封包帯は、1日3〜4回適用されるステップと、
    d)CRT/アンプル剤ステップ後4〜10日目に、治癒用クリームを、1日3〜4回、前記傷害の範囲全体を覆ってむらなく適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  16. 表皮を破壊もしくは損傷する傷害または治療を受けたことのある患者を治療するための治療レジメンであって、請求項6または7のいずれか1項に記載の密封包帯、請求項12、13、または14のいずれか1項に記載のCRT/アンプル剤、および請求項9、10、または11のいずれか1項に記載の治癒用クリームの使用を含み、
    a)前記傷害または治療後の最初の7〜8日間、前記密封包帯を毎日3〜4回適用するステップと、
    b)前記7または8日の後に、前記密封包帯を引き続き使用することに加えて、治癒用クリームを毎日3〜4回、約7日間適用するステップと、
    c)ほぼ14日目に、密封包帯および治癒用クリームに加えて、前記密封包帯の適用後に前記CRT/アンプル剤を1日1回適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  17. 放射線皮膚炎を治療するための治療レジメンであって、請求項3または4に記載の治癒用固形品、請求項12、13、または14のいずれか1項に記載のCRT/アンプル剤、請求項6または7のいずれか1項に記載の密封包帯、および請求項9、10、または11のいずれか1項に記載の治癒用クリームの使用を含み、
    a)前記治癒用固形品で範囲を清浄化し、前記治癒用固形品の「泡立ち」を1〜2分間皮膚上に残しておき、十分にすすぐステップと、
    b)朝に、前記CRT/アンプル剤または前記密封包帯を患部に適用し、それを皮膚に吸収させるステップと、
    c)晩に、前記密封包帯を前記患部に適用するステップと、
    d)朝と晩の第2のステップの後に、前記治癒用クリームを、1日約3〜4回、治療した範囲全体を覆って適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  18. 異所性皮膚炎、乾癬、湿疹を有する患者を治療するための治療レジメンであって、請求項3または4に記載の治癒用固形品、請求項6または7に記載の密封包帯、および請求項9、10、または11のいずれか1項に記載の治癒用クリームを使用し、
    a)朝晩に皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぐステップと、
    b)前記密封包帯の薄い層を、1日3〜4回患部に適用するステップと、
    c)場合により、第2のステップの後に、前記CRT/アンプル剤を1日1回適用するステップと、
    d)前記治癒用クリームを、1日3〜4回、治療した範囲全体を覆って適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  19. 酒さを有する患者を治療するための治療レジメンであって、請求項3または4に記載の治癒用固形品、請求項6または7のいずれか1項に記載の密封包帯、請求項12、13、または14に記載のCRT/アンプル剤、および請求項9、10、または11に記載の治癒用クリームの使用を含み、
    a)朝晩に皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぐステップと、
    b)朝に、前記密封包帯の薄い層またはCRT/アンプル剤を患部に適用するステップと、
    c)晩に、朝に前記CRT/アンプル剤を適用した場合、前記密封包帯の薄い層を、または朝に前記密封包帯を適用した場合、前記CRT/アンプル剤を前記患部に適用するステップと、
    d)朝と晩のステップの後に、前記治癒用クリームを、前記患部全体を覆って適用し、1日を通して3〜4回適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  20. にきび、疣贅、または疱疹を有する患者を治療するための治療レジメンであって、請求項3、4、または5のいずれか1項に記載の治癒用固形品、請求項6から8のいずれか1項に記載の密封包帯、および請求項9から11のいずれか1項に記載の治癒用クリームの使用を含み、
    a)朝晩に皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぎ、前記治癒用固形品は、カンナビス油0.05〜1.5%を含有するステップと、
    b)カンナビス油0.5〜4%を含有する前記密封包帯の層を、1日3〜4回患部に適用するステップと、
    c)前記治癒用クリームを、1日3〜4回、前記患部全体を覆って適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  21. (口腔における)口内びらんを治癒させるための治療レジメンであって、請求項6から7のいずれか1項に記載の密封包帯の使用を含み、
    a)密封包帯を、1日3〜4回、前記口内びらんに適用するステップ
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  22. 皮膚乾燥症の患者を治療するための治療レジメンであって、請求項6または7のいずれか1項に記載の密封包帯、請求項9から11のいずれか1項に記載の治癒用クリーム、および請求項3から4のいずれか1項に記載の治癒用固形品の使用を含み、
    a)前記治癒用クリームを皮膚に適用するステップと、場合により、
    b)前記皮膚にひび割れ、開放創が生じているとき、前記密封包帯を適用するステップと、場合により、
    c)前記皮膚を朝晩に前記治癒用固形品で洗浄するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  23. 整形手術後および充填剤注射後の患者のための治療レジメンであって、請求項3または4に記載の治癒用固形品、請求項12、13、または14に記載のCRT/アンプル剤、および請求項9、10、または11に記載の治癒用クリームの使用を含み、
    a)朝晩に前記治癒用固形品で皮膚を清浄化し、前記治癒用固形品の層「泡立ち」を約1〜2分間皮膚上に残しておき、次いで十分にすすぐステップと、
    b)前記CRT/アンプル剤を、1日1回患部に適用するステップと、
    c)前記治癒用クリームを、1日3〜4回、前記患部を覆う薄い層状に適用するステップと、
    を含むことを特徴とする治療レジメン。
  24. 請求項1から14の組成物のいずれか1つと、使用説明書とを含むことを特徴とするキット。
  25. 請求項24に記載のキットであって、請求項3から5のいずれか1項に記載の治癒用固形品と、請求項6から8のいずれか1項に記載の密封包帯と、請求項9から11のいずれか1項に記載の治癒用クリームとを含むことを特徴とするキット。
  26. 請求項24に記載のキットであって、請求項3から5のいずれか1項に記載の治癒用固形品と、請求項12、13、または14に記載のCRTと、請求項6から8のいずれか1項に記載の密封包帯と、請求項9から11のいずれか1項に記載の治癒用クリームとを含むことを特徴とするキット。
  27. 請求項24に記載のキットであって、密封包帯と、CRTと、治癒用クリームとを含むことを特徴とするキット。
JP2021001949A 2014-10-31 2021-01-08 ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤 Pending JP2021050249A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201462073905P true 2014-10-31 2014-10-31
US62/073,905 2014-10-31

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017542823A Division JP2017533960A (ja) 2014-10-31 2015-11-02 ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2021050249A true JP2021050249A (ja) 2021-04-01

Family

ID=55858459

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017542823A Pending JP2017533960A (ja) 2014-10-31 2015-11-02 ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤
JP2021001949A Pending JP2021050249A (ja) 2014-10-31 2021-01-08 ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017542823A Pending JP2017533960A (ja) 2014-10-31 2015-11-02 ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤

Country Status (7)

Country Link
US (1) US11058735B2 (ja)
EP (1) EP3212288A4 (ja)
JP (2) JP2017533960A (ja)
CA (1) CA2966325A1 (ja)
IL (2) IL251772A (ja)
MX (1) MX2017005108A (ja)
WO (1) WO2016070194A1 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2561818B (en) * 2017-03-30 2020-01-15 Phyto Sophos Ltd Plant extract compositions
GB2576642B (en) * 2017-03-30 2020-07-22 Phyto Sophos Ltd Plant extract compositions
GB2576269B (en) * 2017-03-30 2020-07-15 Phyto Sophos Ltd Plant extract compositions
GB2576641B (en) * 2017-03-30 2020-07-15 Phyto Sophos Ltd Plant extract compositions
GB2576646B (en) * 2017-03-30 2020-07-15 Phyto Sophos Ltd Colloidal silver combined with plant extracts for use in treating wounds and other skin conditions
IT201700064400A1 (it) * 2017-06-12 2018-12-12 Elena Catalina Bistreanu Composizione a base di argento colloidale e suo uso topico per il trattamento della psoriasi
TR201722083A2 (tr) * 2017-12-27 2019-07-22 Montero Gida Sanayi Ve Ticaret Anonim Sirketi Göğüs ucu ve areolaya i̇li̇şki̇n rahatsizliklarin tedavi̇si̇ne yöneli̇k bi̇leşi̇m
US20200171083A1 (en) * 2018-11-29 2020-06-04 American Silver, Llc Compositions of silver and cannabinoids

Family Cites Families (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IL80329A (en) * 1986-10-15 1992-03-29 Moraz Medicinal Herbs Ltd Anti-viral preparations comprising plant extracts
DE19630092A1 (de) 1996-07-26 1998-01-29 Sachsenring Automobiltechnik G Verfahren zum Erfassen und/oder zur Zahlung eines Entgelts für Abgas-Schadstoffe und Kraftfahrzeug mit einem nach diesem Verfahren arbeitenden Abgas-Schadstoff-Set
US6342208B1 (en) * 1996-08-02 2002-01-29 Plum Kerni Produktion A/S Oil-in-water emulsion containing C10-C24 fatty acid derivatives for treating skin of mammals
US5698206A (en) * 1996-12-05 1997-12-16 Swedish Herbal Systems, Inc. Topical composition for the treatment of spider veins
US6113940A (en) * 1997-03-03 2000-09-05 Brooke; Lawrence L. Cannabinoid patch and method for cannabis transdermal delivery
WO1998050005A1 (en) 1997-05-09 1998-11-12 Medlogic Global Corporation Compositions for cosmetic applications
JP2002173405A (ja) 2000-12-04 2002-06-21 Hidehiro Tagusari コロイド銀による殺菌方法及びこれを用いた殺菌処理材
WO2003000074A1 (fr) 2001-06-21 2003-01-03 Kyowa Hakko Kogyo Co., Ltd. Procede permettant de produire un extrait vegetal contenant une poudre vegetale
US7357950B2 (en) * 2003-03-21 2008-04-15 Elizabeth Anne Mazzio Topical treatment for dyshidrosis (pompholyx) and dry skin disorders
US20050158258A1 (en) * 2004-01-21 2005-07-21 Mary Kay Inc. Methods and compositions for the treatment of skin changes associated with aging and environmental damage
WO2005097187A2 (en) 2004-04-01 2005-10-20 The General Hospital Corporation Methods of preventing uvb-induced skin damage
WO2005117925A1 (en) 2004-06-01 2005-12-15 Avisco Ltd. Novel inula viscosa extracts and their use for treatment of arthritis
JP2006104098A (ja) 2004-10-04 2006-04-20 Ichimaru Pharcos Co Ltd ヒアルロニダーゼ活性阻害剤
WO2007004229A2 (en) 2005-07-06 2007-01-11 Rimonest Ltd. Methods of using pomegranate fractions for skin repair
US20080166313A1 (en) 2005-11-01 2008-07-10 Juice Beauty Compositions for juice-based skin cleansers
DE202006019183U1 (de) 2006-12-15 2007-04-19 Franz, Tanja Sanddorn-Hautpflegeöl
EP2337544A2 (en) * 2007-04-30 2011-06-29 Living Proof, Inc. Use of matrix metalloproteinase inhibitors in skin care
IL185775A (en) * 2007-09-06 2013-08-29 Mordechai Klein Products derived from grenade and used for the treatment of wounds and skin lesions
US8263140B1 (en) 2008-04-16 2012-09-11 Pom Wonderful, Llc Pomegranate based skin protectant and topical application
US8911801B2 (en) 2008-10-06 2014-12-16 Woodcliff Skincare Solutions, Inc. Natural preservative alternatives and compositions containing same
CA2743002A1 (en) 2008-11-12 2010-05-20 June Jacobs Laboratories, Llc Antioxidant compositions for the cleansing and conditioning of skin
GB0902040D0 (en) * 2009-02-06 2009-03-11 Seeds Lp Composition for treatment of skin
US8084409B2 (en) * 2009-04-21 2011-12-27 Bella Bella, Inc. Microdermabrasion soap bar compositions and methods of preparing same
AU2010302350B2 (en) 2009-10-02 2015-06-18 Foamix Pharmaceuticals Ltd. Surfactant-free water-free foamable compositions, breakable foams and gels and their uses
BR112012013345A2 (pt) * 2009-12-04 2016-03-01 Colgate Palmolive Co composições orais contendo uma combinação de extratos naturais e métodos relacionados
WO2012090194A2 (en) 2010-12-29 2012-07-05 Abrham Galya Compositions and methods for treating a skin disorder
CN103764115A (zh) 2011-08-11 2014-04-30 施泰福研究澳大利亚有限公司 抗氧化局部用组合物
US8545904B1 (en) * 2012-06-05 2013-10-01 Liquid Innovators, LLC Topical composition containing Carapa (andiroba) oil for psoriasis and other related dermatological disorders

Also Published As

Publication number Publication date
IL251772D0 (en) 2017-06-29
US20170333504A1 (en) 2017-11-23
JP2017533960A (ja) 2017-11-16
CA2966325A1 (en) 2016-05-06
US11058735B2 (en) 2021-07-13
WO2016070194A1 (en) 2016-05-06
MX2017005108A (es) 2018-03-06
IL276734D0 (en) 2020-09-30
IL251772A (en) 2020-09-30
EP3212288A1 (en) 2017-09-06
EP3212288A4 (en) 2018-06-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2021050249A (ja) ザクロ種子油、rosa canina果実油、およびinula viscosa含油樹脂または抽出物を含有する製剤
WO2006004582A1 (en) Compositions and methods for the treatment of radiation burns and other traumatic skin conditions
EP0621787A1 (en) Skin therapeutic mixture containing cold-processed aloe vera extract, with yellow sap and aloin removed
CN102836351B (zh) 一种止痒消肿护肤精华膏及其制备方法
CN105213284A (zh) 一种祛痘保湿霜及其制备方法
JP2011102245A (ja) モミの木の抽出物
WO2004071500A1 (en) Cosmetic rejuvenating and healing product, method of its manufacture and uses thereof
EP3439676B1 (en) Fish oil topical composition
CN109310724A (zh) 一种用于皮肤和/或头发护理和/或治疗的组合物
JP2021521281A (ja) 創傷および皮膚障害を治療するためのタラ肝油で構成される局所用組成物
RU2416425C1 (ru) Масло противопролежневое
KR20200139970A (ko) 탈모방지 및 발모촉진용 샴푸 및 그 제조방법
CN102743506A (zh) 一种山茶油痤疮露及其制备方法
DE202006012266U1 (de) Natürliches Heil- und Pflegeöl
CN105213279A (zh) 一种消除萎缩纹的身体乳及其制备方法
US20210338756A1 (en) Healing creams and formulations containing pomegranate seed oil, rosa canina fruit oil, inula viscosa oleoresin or extract and optionally citrus medica vulgaris etrog oil or extract
RU2405535C1 (ru) Крем-гель для стоп
RU2736214C1 (ru) Мазь для лечения ран
KR102220534B1 (ko) 수딩 크림 및 이의 제조 방법
KR20210071199A (ko) 코르크참나무 추출물을 포함하는 여드름 피부 개선용 화장료 조성물
WO2009020398A2 (en) Skin care product
RU2736218C1 (ru) Мазь для лечения ожогов
CN105342953A (zh) 一种长效抑菌保湿唇蜜及其制备方法
RU2629332C1 (ru) Средство для ванн
RU2706333C1 (ru) Мазь для лечения ран

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210204

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20210204

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20211214