JP2021027511A - 電気音響変換装置 - Google Patents

電気音響変換装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2021027511A
JP2021027511A JP2019145434A JP2019145434A JP2021027511A JP 2021027511 A JP2021027511 A JP 2021027511A JP 2019145434 A JP2019145434 A JP 2019145434A JP 2019145434 A JP2019145434 A JP 2019145434A JP 2021027511 A JP2021027511 A JP 2021027511A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sounding
piezoelectric
main
mount
housing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2019145434A
Other languages
English (en)
Inventor
茂雄 石井
Shigeo Ishii
茂雄 石井
幸弘 松井
Yukihiro Matsui
幸弘 松井
浜田 浩
Hiroshi Hamada
浩 浜田
富田 隆
Takashi Tomita
隆 富田
Original Assignee
太陽誘電株式会社
Taiyo Yuden Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 太陽誘電株式会社, Taiyo Yuden Co Ltd filed Critical 太陽誘電株式会社
Priority to JP2019145434A priority Critical patent/JP2021027511A/ja
Publication of JP2021027511A publication Critical patent/JP2021027511A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】高周波数帯域の音圧の向上を実現することが可能な電気音響変換装置を提供すること。【解決手段】本発明に係る電気音響変換装置は、筐体と、電磁式発音体と、圧電式発音体と、マウント部材と、接着層とを具備する。筐体は、導音口を有する。電磁式発音体は、筐体に収容されている。圧電式発音体は、筐体において、電磁式発音体よりも導音口側に収容され、圧電素子と、圧電素子によって振動する振動板とを備える圧電式発音体であって、振動板は、導音口側の第1の主面と、第1の主面の反対側の第2の主面を有する。マウント部材は、ヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属からなり、電磁式発音体と圧電式発音体を筐体にマウントする。接着層は、圧電式発音体とマウント部材の間に配置され、第2の主面と前記マウント部材を接着する。【選択図】図1

Description

本発明は、本発明は、電磁式発音体及び圧電式発音体を備える電気音響変換装置に関する。
圧電素子によって振動板を振動させる圧電式発音体は、簡易な電気音響変換手段として広く利用されており、例えば、イヤホンあるいはヘッドホンのような音響機器、さらには携帯情報端末のスピーカなどとして多用されている。圧電発音体は、典型的には、振動板の片面あるいは両面に圧電素子を貼り合わせた構成を有する(例えば特許文献1参照)。
近年では、圧電式発音体を電磁式発音体(ダイナミック型スピーカ)と組み合わせた電気音響変換装置も開発されている。例えば、特許文献2には、ダイナミック型ドライバと圧電型ドライバとを備え、これら2つのドライバを並列駆動させることで帯域幅の広い再生を可能としたヘッドホンが記載されている。
特開2013−150305号公報 実開昭62−68400号公報
近年、例えばイヤホンやヘッドホン等の音響機器においては、音質の更なる向上が求められている。特に、電磁式発音体と圧電式発音体を組み合わせた電気音響変換装置では、電磁式発音体が主に低周波数帯域を発音し、圧電式発音体が主に高周波数帯域を発音するため、圧電式発音体の音圧を向上させることにより、高周波数帯域の音圧の向上が実現可能である。
以上のような事情に鑑み、本発明の目的は、高周波数帯域の音圧の向上を実現することが可能な電気音響変換装置を提供することにある。
上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る電気音響変換装置は、筐体と、電磁式発音体と、圧電式発音体と、マウント部材と、接着層とを具備する。
上記筐体は、導音口を有する。
上記電磁式発音体は、前記筐体に収容されている。
上記圧電式発音体は、前記筐体において、前記電磁式発音体よりも前記導音口側に収容され、圧電素子と、前記圧電素子によって振動する振動板とを備える圧電式発音体であって、前記振動板は、前記導音口側の第1の主面と、前記第1の主面の反対側の第2の主面を有する。
上記マウント部材は、ヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属からなり、前記電磁式発音体と前記圧電式発音体を前記筐体にマウントする。
上記接着層は、前記圧電式発音体と前記マウント部材の間に配置され、前記第2の主面と前記マウント部材を接着する。
この構成によれば、マウント部材がヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属からなるため、圧電式発音体が備える振動板の共振のエネルギーが良好に伝達され、高周波数帯域の音圧の向上を実現することが可能である。
上記目的を達成するため、本発明の一形態に係る電気音響変換装置は、筐体と、電磁式発音体と、圧電式発音体と、マウント部材と、接着層とを具備する。
上記筐体は、導音口を有する。
上記電磁式発音体は、前記筐体に収容されている。
上記圧電式発音体は、前記筐体において、前記電磁式発音体よりも前記導音口側に収容され、圧電素子と、前記圧電素子によって振動する振動板とを備える圧電式発音体であって、前記振動板は、前記導音口側の第1の主面と、前記第1の主面の反対側の第2の主面を有する。
上記マウント部材は、ヤング率が1GPa以上4GPa以下の樹脂からなり、前記電磁式発音体と前記圧電式発音体を前記筐体にマウントする。
上記接着層は、前記圧電式発音体と前記マウント部材の間に配置され、前記第2の主面と前記マウント部材を接着する。
この構成によれば、マウント部材がヤング率が1GPa以上4GPa以下の樹脂からなるため、圧電式発音体が備える振動板の共振のエネルギーが良好に伝達され、高周波数帯域の音圧の向上を実現することが可能である。
前記マウント部材は、前記第2の主面に対向する接合面と前記接合面から前記第2の主面に向かって突出する複数の突起とを有し、
前記接着層は、前記第2の主面と前記接合面の間において第1の厚みを有し、前記第2の主面と前記突起の間において前記第1の厚みより小さい第2の厚みを有してもよい。
前記接着層は、シリコンからなるものであってもよい。
前記複数の突起は3つの突起であってもよい。
以上のように本発明によれば、高周波数帯域の音質の向上を実現することが可能な電気音響変換装置を提供することが可能である。
本発明の実施形態に係るイヤホンの断面図である。 上記イヤホンの拡大断面図である。 上記イヤホンの各構成を分解した状態の断面図である。 上記イヤホンが備える圧電式発音体の圧電素子を示す断面図である。 上記圧電式発音体の振動板を示す平面図である。 上記振動板の断面図である。 上記イヤホンが備えるマウント部材と上記圧電式発音体を示す断面図である。 各種材料のヤング率を示す表である。 上記イヤホンの拡大断面図である。 上記イヤホンが備える突起を有するマウント部材の平面図である。 上記マウント部材の断面図である。 上記イヤホンが備えるマウント部材と上記圧電式発音体を示す断面図である。 上記イヤホンが備えるマウント部材と上記圧電式発音体の拡大断面図である。 実施例に係るイヤホンの音圧レベルを示すグラフである。 実施例に係るイヤホンの音圧レベルを示すグラフである。 実施例に係るイヤホンの音圧レベルを示す表である。
本発明の実施形態に係る電気音響変換装置としてのイヤホン100について説明する。
[イヤホンの全体構成]
図1は、イヤホン100の構成を示す断面図である。図2は図1の一部を拡大した断面図であり、図3は、イヤホン100の一部の構成を分解して示す断面図である。なお、以下の各図においてX方向、Y方向及びZ方向を相互に直交する3方向とする。
イヤホン100は、イヤホン本体10と、イヤピース20とを有する。イヤピース20は、イヤホン本体10の導音路41に取り付けられ、ユーザの耳に装着可能に構成されている。
イヤホン本体10は、発音ユニット30と、発音ユニット30を収容する筐体40とを有する。発音ユニット30は、電磁式発音体31と、圧電式発音体32とを有する。
[筐体]
筐体40は、発音ユニット30を収容する内部空間を有し、Z方向に分離可能な2分割構造で構成される。
図1に示すように、筐体40は、第1筐体部401と第2筐体部402との結合体で構成される。第1筐体部401は、発音ユニット30を内部に収容する収容空間を形成する。また、第1筐体部401は、発音ユニット30により生成される音波を外部へ導く導音路41を備える。
導音路41は、その基端部(イヤピース20が装着される先端部とは反対の端部)に導音口41aを有する。発音ユニット30により生成された音波は、導音口41aを介して導音路41を進行し、イヤピース20を通過して放出される。
第2筐体部402には、管状のリード部42が設けられている。リード部42には、電磁式発音体31及び圧電式発音体32に音声信号を伝達するための図示しない配線が挿通される。
[電磁式発音体]
電磁式発音体31は、低音域を再生するウーハ(Woofer)として機能するダイナミック型スピーカユニットで構成される。本実施形態では、例えば7kHz以下の音波を主として生成するダイナミックスピーカで構成され、図2及び図3に示すように、ボイスコイルモータ(電磁コイル)等の振動体を含む機構部311と、機構部311を振動可能に支持する台座部312とを有する。
機構部311は振動板、永久磁石及びボイスコイル等から構成されている。ボイスコイルに電流(音声信号)を印加すると、ボイスコイルに電磁力が作用し、ボイスコイルは信号波形に合わせて振動する。この振動はボイスコイルに連結された振動板に伝達され、音波が発生する。
台座部312には、発音ユニット30の電気回路を構成する回路基板33が固定されている。回路基板33は、リード部42を介して導入された配線と電気的に接続され、図示しない配線を介して電磁式発音体31及び圧電式発音体32へそれぞれ音声信号を出力する。
[圧電式発音体]
圧電式発音体32は、高音域を再生するツイータ(Tweeter)として機能するスピーカユニットを構成する。本実施形態では、例えば7kHz以上の音波を主として生成するようにその発振周波数が設定される。図3に示すように圧電式発音体32は、振動板321と、圧電素子322とを有する。
振動板321は、略円形の平面形状を有する板状部材である。「略円形」とは、円形だけでなく、実質的に円形のものも意味する。振動板321は金属(例えば42アロイ)からなるものが好適である。振動板321の外径や厚みは特に限定されず、筐体40の大きさ、再生音波の周波数帯域などに応じて適宜設定されるが、例えば、直径約8〜12mm、厚み約50〜175μmとすることができる。
振動板321は、必要に応じ、その外周から内周側に向けてくぼむ凹状やスリット状などに形成された切欠き部を有していてもよい。なお、振動板321の平面形状は、概形が円形であれば、上記切欠き部が形成されることなどにより厳密には円形でない場合にも、実質的に円形として扱うものとする。また、振動板321には、電磁式発音体31が生成した音波が通過する孔が設けられてもよい。
振動板321は、導音口41a側の第1主面321aと、第1主面321aとは反対側の第2主面321bとを有する。振動板321は、第2主面321bがマウント部材51に接着されることにより、マウント部材51に対して固定される。この詳細については後述する。
圧電素子322は、第1主面321a上に設けられ、振動板321を振動させる。図4は、圧電素子322の内部構造を示す概略断面図である。圧電素子322は、素体328と、X−Y方向において対向する第1外部電極326a及び第2外部電極326bとを有する。また、圧電素子322は、相互に対向するZ方向に垂直な第1主面322a及び第2主面322bを有する。圧電素子322の第2主面322bは、振動板321の第1主面321aに対向する実装面として構成される。
素体328は、セラミックシート323と、内部電極層324a,324bとがZ方向に積層された構造を有する。つまり、内部電極層324a,324bは、セラミックシート323を挟んで交互に積層されている。セラミックシート323は、例えば、チタン酸ジルコン酸鉛(PZT)、アルカリ金属含有ニオブ酸化物等の圧電材料によって形成されている。内部電極層324a,324bは各種金属材料などの導電性材料によって形成されている。
素体328の第1内部電極層324aは、第1外部電極326aに接続されるとともに、セラミックシート323のマージン部によって第2外部電極326bから絶縁されている。また、素体328の第2内部電極層324bは、第2外部電極326bに接続されるとともに、セラミックシート323のマージン部によって第1外部電極326aから絶縁されている。
図4において、第1内部電極層324aの最上層は、素体328の表面(図4において上面)を部分的に被覆する第1引出電極層325aを構成し、第2内部電極層324bの最下層は、素体328の裏面(図4において下面)を部分的に被覆する第2引出電極層325bを構成する。
第1引出電極層325aは、回路基板33(図1)と電気的に接続される一方の極の端子部327aを有し、第2引出電極層325bは、適宜の接合材を介して振動板321の第1主面321aに電気的かつ機械的に接続される。接合材には、導電性接着剤、はんだ等の導電性接合材を用いることができ、他方の極の端子部を振動板321に設けることができる。
第1外部電極326a及び第2外部電極326bは、素体328のX方向の両端面の略中央部に各種金属材料などの導電性材料によって形成されている。第1外部電極326aは、第1内部電極層324a及び第1引出電極層325aと電気的に接続され、第2外部電極326bは、第2内部電極層324b及び第2引出電極層325bと電気的に接続される。
このような構成により、第1外部電極326aと第2外部電極326bの間に交流電圧が印加されると、各内部電極層324a,324b間にある各セラミックシート323が所定周波数で伸縮する。これにより、圧電素子322は振動板321に付与する振動を発生させることができる。
[支持構造]
イヤホン本体10は、電磁式発音体31及び圧電式発音体32に加え、図3に示すようにマウント部材51及び固定部材52を備える。
マウント部材51は、電磁式発音体31及び圧電式発音体32を筐体40にマウントする部材である。マウント部材51については後述する。
固定部材52は、電磁式発音体31の台座部312と第1筐体部401の間に配置され、電磁式発音体31を筐体40に固定する。固定部材52は環状の部材であり、金属等の材料からなる。
[マウント部材の構成1]
マウント部材51は上述のように電磁式発音体31及び圧電式発音体32を筐体40にマウントする部材である。図5はマウント部材51の平面図であり、図6はマウント部材51の断面図である。これらの図に示すように、マウント部材51は、当接部51aと支持部51bを備える。
当接部51aは、円環状の部分であり、図2に示すように機構部311と振動板321によって挟持される。当接部51aのうち、第2主面321bに対向する面を接合面51cとする。支持部51bは接合面51cの周縁からZ方向に突出し、第1筐体部401に接合される。支持部51bは例えば、第1筐体部401に設けられた溝に嵌合することによって第1筐体部401に接合される。
図5に示すように、当接部51aの内径D1は例えば6.6mm、支持部51bの内径D2は例えば8.2mm、マウント部材51の外径D3は例えば9.0mmとすることができる。
また、図6に示すように、マウント部材51の厚みT1は例えば0.8mm、支持部51bの高さT2は例えば0.5mmとすることができる。また、当接部51aの厚みT3は例えば0.3mmとすることができる。なお、各部のサイズはここに示すものに限定されない。
図7は、マウント部材51及び圧電式発音体32を示す断面図である。同図に示すように、接合面51cと第2主面321bは、接着層53によって接着されている。接着層53は、例えば厚み50μmの両面テープとすることができる。
マウント部材51は、ヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属からなるものとすることができる。図8は、各材料のヤング率を示すグラフである。なお、同図において「LDPE」は、「Low Density Polyethylene(低密度ポリエチレン)」を示し、「HDPE」は、「High Density Polyethylene(高密度ポリエチレン)」を示す。
また、「PS」は「polystyrene(ポリスチレン)」を示し、「PP」は「polypropylene(ポリプロピレン)」を示す。「ABS」は「Acrylonitrile(アクリロニトリル)、Butadiene(ブタジエン)、Styrene(スチレン)共重合樹脂」を示し、「PVC」は「polyvinyl chloride(ポリ塩化ビニル)」を示す。「PC」は「polycarbonate(ポリカーボネート)」を示す。
また、「POM」は「polyoxymethylene(ポリオキシメチレン)」を示し、「PPS」は「polyphenylenesulfide(ポリフェニレンサルファイド)」を示す。「PEEK」は「polyetheretherketone(ポリエーテルエーテルケトン)」を示し、「PA」は「polyamide(ポリアミド)」を示す。
図8に示すように、ヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属としては、アルミニウム(ヤング率70GPa)、真鍮(ヤング率100GPa)、スレンレス(ヤング率200GPa)、鋼材(ヤング率200GPa)が挙げられる。
マウント部材51がヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属からなる場合、振動板321の共振のエネルギーが良好に伝達され、高周波数帯域(10k〜22.5kHz)の音圧を向上させることが可能である(実施例参照)。一方、マウント部材51がヤング率が70GPa未満又は200GPaを超える金属からなる場合、共振のエネルギーが良好に伝達されず、高周波数帯域の音圧が小さくなる。
さらに、マウント部材51は、ヤング率が1GPa以上4GPa以下の金属からなるものとすることができる。ヤング率が1GPa以上4GPa以下の樹脂としては、PS(ヤング率1〜2.5GPa)、PP(ヤング率1〜2.5GPa)、ABS(ヤング率1〜2.5GPa)、PVC(ヤング率1〜2.5GPa)、PC(ヤング率1〜2.5GPa)、POM(ヤング率2.5〜4GPa)、PPS(ヤング率2.5〜4GPa)、PEEK(ヤング率2.5〜4GPa)、PA(ヤング率2.5〜4GPa)等が挙げられる。
ヤング率が1GPa以上4GPa以下の樹脂からなる場合も、振動板321の共振のエネルギーが良好に伝達され、高周波数帯域において音圧を向上させることが可能である(実施例参照)。一方、マウント部材51がヤング率が1GPa未満又は4GPaを超える樹脂からなる場合、共振のエネルギーが良好に伝達されず、高周波数帯域の音圧が小さくなる。
なお、マウント部材51の厚みT1は0.8mmと薄くすることで、電磁式発音体31の音場をユーザの耳方向で促し、低周波数帯域の音圧を向上させることが可能である。
以上のように、イヤホン100は、マウント部材51がヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属又はヤング率が1GPa以上4GPa以下の樹脂からなるものとすることにより、高周波数帯域(10k〜22.5kHz)の音圧を向上させることが可能である。
[マウント部材の構成2]
マウント部材は、上記構成の他にも次のような構成を有するものとすることが可能である。図9は、マウント部材151を備えるイヤホン100の断面図である。
図10はマウント部材151の平面図であり、図11はマウント部材151の断面図である。図11は図10におけるA−A線での断面図である。マウント部材151は、マウント部材51と同様に電磁式発音体31及び圧電式発音体32を筐体40にマウントする部材である。図10及び図11に示すように、マウント部材151は、当接部151aと支持部151bを備える。
当接部151aは、円環状の部分であり、機構部311と振動板321によって挟持される(図2参照)当接部151aのうち、第2主面321b(図3参照)に対向する面を接合面151cとする。当接部151aには、第2主面321bに向かって接合面151cから突出する突起154を有する。
突起154は、図10に示すように、マウント部材151の中心Pに対して120°間隔で3つが配置されている。また、突起154は3つに限られず、4つ以上が設けられてもよい。ただし、突起154は、中心Pを介して反対側に他の突起154が位置しない配置が好適である。
支持部151bは接合面151cの周縁からZ方向に突出し、第1筐体部401に接合される。支持部151bは例えば、第1筐体部401に設けられた溝に嵌合することによって第1筐体部401に接合される。
図10に示すように、当接部151aの内径D4は例えば6.6mm、支持部151bの内径D5は例えば8.2mm、マウント部材151の外径D6は例えば9.0mmとすることができる。
また、図11に示すように、マウント部材151の厚みT4は例えば0.8mm、支持部151bの高さT5は例えば0.5mmとすることができる。また当接部151aの厚みT6は例えば0.2mm、突起154の高さT7は例えば0.1mmとすることができる。突起154の幅W(図10参照)は例えば1mmとすることができる。なお、各部のサイズはここに示すものに限定されない。
図12は、マウント部材151及び圧電式発音体32を示す断面図である。同図に示すように、当接部151aと第2主面321bは接着層153によって接着されている。接着層153は、シリコン等の柔軟性を有する材料からなる。
図13は、図12の拡大図である。同図に示すように、接合面151cと第2主面321bの厚みを厚みT8とする。また、突起154と第2主面321bの厚みを厚みT9とする。突起154が設けられているため、厚みT9は厚みT8より小さい厚みとなる。
これにより、第2主面321bと突起154の間の接着層153の柔軟性は、第2主面321bと接合面151cの間の接着層153の柔軟性より小さくなり、振動板321は突起154によって点支持に近い状態となるため、圧電式発音体32の音圧(特に12kHz近傍)を向上させることが可能となる(実施例参照)。
以上のように、イヤホン100は、突起154を備えるマウント部材151を用いることにより、高周波数帯域(特に12kHz近傍)の音圧を向上させることが可能である。
上記実施形態に係る構成を有するマウント部材を備えるイヤホンを作製し、音圧レベル(SPL:sound pressure level)を測定した。
図14は、測定結果を示すグラフであり、ステンレス(SUS)からなるマウント部材(厚み:0.8mm、突起なし)及びPPSからなるマウント部材(厚み:0.8mm、突起なし)についての測定結果である。同図に示すように、SUSからなるマウント部材の場合、PPSからなるマウント部材に比較してマウント部材のQ値が向上し、10kHz以上の高域において音圧が向上した(図中、破線楕円内)。
また、図15は、測定結果を示すグラフであり、SUSからなるマウント部材(厚み:0.8mm、突起なし)、PPSからなるマウント部材(厚み:0.8mm、突起なし)、PPSからなるマウント部材(厚み:1.0mm、突起なし)、SUSからなるマウント部材(厚みT:0.8mm、突起あり)についての測定結果である。同図に示すように、突起を有するマウント部材の場合、12kHz近傍(図中、破線楕円内)の音圧が向上し、音圧波形がブロード化された。
図16は、測定結果を示す表であり、PPSからなるマウント部材(厚みT:0.8mm、突起なし、)、SUSからなるマウント部材(厚み:0.8mm、突起なし)及びSUSからなるマウント部材(厚み:0.8mm、突起あり)について、周波数帯域毎の音圧レベルを示す表である。
同図に示すようにSUSからなるマウント部材(突起なし)は10k−22.5kHz帯域の音圧レベルが大きく、SUSからなるマウント部材(突起有り)は12kHzの音圧レベルが大きくなるという結果が得られた。
以上から、本発明に係るイヤホンは、上述した構成を有するマウント部材を備えることにより、高周波数帯域で音圧を向上させることが可能であるといえる。
100…イヤホン
10…イヤホン本体
20…イヤピース
30…発音ユニット
31…電磁式発音体
32…圧電式発音体
321…振動板
321a…第1主面
321b…第2主面
322…圧電素子
40…筐体
41…導音路
41a…導音口
51、151…マウント部材
51a、151a…当接部
51b、151b…支持部
51c、151c…接合面
53、153…接着層
154…突起

Claims (5)

  1. 導音口を有する筐体と、
    前記筐体に収容された電磁式発音体と、
    前記筐体において、前記電磁式発音体よりも前記導音口側に収容され、圧電素子と、前記圧電素子によって振動する振動板とを備える圧電式発音体であって、前記振動板は、前記導音口側の第1の主面と、前記第1の主面の反対側の第2の主面を有する圧電式発音体と、
    ヤング率が70GPa以上200GPa以下の金属からなり、前記電磁式発音体と前記圧電式発音体を前記筐体にマウントするマウント部材と、
    前記圧電式発音体と前記マウント部材の間に配置され、前記第2の主面と前記マウント部材を接着する接着層と
    を具備する電気音響変換装置。
  2. 導音口を有する筐体と、
    前記筐体に収容された電磁式発音体と、
    前記筐体において、前記電磁式発音体よりも前記導音口側に収容され、圧電素子と、前記圧電素子によって振動する振動板とを備える圧電式発音体であって、前記振動板は、前記導音口側の第1の主面と、前記第1の主面の反対側の第2の主面を有する圧電式発音体と、
    ヤング率が1GPa以上4GPa以下の樹脂からなり、前記電磁式発音体と前記圧電式発音体を前記筐体にマウントするマウント部材と、
    前記圧電式発音体と前記マウント部材の間に配置され、前記第2の主面と前記マウント部材を接着する接着層と
    を具備する電気音響変換装置。
  3. 請求項1又は2に記載の電気音響変換装置であって、
    前記マウント部材は、前記第2の主面に対向する接合面と前記接合面から前記第2の主面に向かって突出する複数の突起とを有し、
    前記接着層は、前記第2の主面と前記接合面の間において第1の厚みを有し、前記第2の主面と前記突起の間において前記第1の厚みより小さい第2の厚みを有する
    電気音響変換装置。
  4. 請求項3に記載の電気音響変換装置であって、
    前記接着層は、シリコンからなる
    電気音響変換装置。
  5. 請求項3に記載の電気音響変換装置であって、
    前記複数の突起は3つの突起である
    電気音響変換装置。
JP2019145434A 2019-08-07 2019-08-07 電気音響変換装置 Pending JP2021027511A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019145434A JP2021027511A (ja) 2019-08-07 2019-08-07 電気音響変換装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019145434A JP2021027511A (ja) 2019-08-07 2019-08-07 電気音響変換装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2021027511A true JP2021027511A (ja) 2021-02-22

Family

ID=74664858

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019145434A Pending JP2021027511A (ja) 2019-08-07 2019-08-07 電気音響変換装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2021027511A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101781901B1 (ko) 전기 음향 변환 장치
JP5759641B1 (ja) 電気音響変換装置及び電子機器
JP5711860B1 (ja) 圧電式発音体及び電気音響変換装置
TWI601430B (zh) 聲音輸出裝置
CN109309894B (zh) 电声转换装置
JP2021027511A (ja) 電気音響変換装置
JP2021034994A (ja) 電気音響変換装置
JP2021027506A (ja) 電気音響変換装置
JP2020088566A (ja) 電気音響変換装置
JP2020123904A (ja) 電気音響変換装置
JP6875908B2 (ja) 電気音響変換装置
JP2016086399A (ja) 電気音響変換装置
CN107623888B (zh) 电声转换装置
CN108513240B (zh) 电声转换装置
JP2018142775A (ja) 電気音響変換装置
KR102021181B1 (ko) 전기 음향 변환 장치