JP2021025403A - レールの自動清掃システム - Google Patents

レールの自動清掃システム Download PDF

Info

Publication number
JP2021025403A
JP2021025403A JP2019204159A JP2019204159A JP2021025403A JP 2021025403 A JP2021025403 A JP 2021025403A JP 2019204159 A JP2019204159 A JP 2019204159A JP 2019204159 A JP2019204159 A JP 2019204159A JP 2021025403 A JP2021025403 A JP 2021025403A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaning
power
space
shaft
pulley
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2019204159A
Other languages
English (en)
Inventor
高美善
Original Assignee
童浩
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201910707676.7 priority Critical
Priority to CN201910707676.7A priority patent/CN110374046A/zh
Application filed by 童浩 filed Critical 童浩
Publication of JP2021025403A publication Critical patent/JP2021025403A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01HSTREET CLEANING; CLEANING OF PERMANENT WAYS; CLEANING BEACHES; DISPERSING OR PREVENTING FOG IN GENERAL CLEANING STREET OR RAILWAY FURNITURE OR TUNNEL WALLS
    • E01H8/00Removing undesirable matter from the permanent way of railways; Removing undesirable matter from tramway rails
    • E01H8/10Removing undesirable matter from rails, flange grooves, or the like railway parts, e.g. removing ice from contact rails, removing mud from flange grooves
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E01CONSTRUCTION OF ROADS, RAILWAYS, OR BRIDGES
    • E01HSTREET CLEANING; CLEANING OF PERMANENT WAYS; CLEANING BEACHES; DISPERSING OR PREVENTING FOG IN GENERAL CLEANING STREET OR RAILWAY FURNITURE OR TUNNEL WALLS
    • E01H8/00Removing undesirable matter from the permanent way of railways; Removing undesirable matter from tramway rails
    • E01H8/10Removing undesirable matter from rails, flange grooves, or the like railway parts, e.g. removing ice from contact rails, removing mud from flange grooves
    • E01H8/105Pneumatically or hydraulically loosening, removing or dislodging undesirable matter, e.g. removing by blowing, flushing, suction; Application of melting liquids; Loosening or removing by means of heat, e.g. cleaning by plasma torches, drying by burners

Abstract

【課題】本発明はレールの自動清掃システムを開示した。【解決手段】基板を含み、前記基板にはレールが固定的に設置され、前記基板には清掃箱が設置され、前記清掃箱の下端には回転できるタイミング軸が左右対称的に設置され、前記タイミング軸の下端には旋転フレームが固定的に設置され、前記旋転フレームには回転できる旋転軸が設置され、前記旋転軸には滑車が固定的に設置され、本願発明は構成が簡単で、メンテナンスと使用が便利であり、本願発明のレールの自動清掃システムはレールを自動で快速に清掃し、またレールにあるゴミなどの障害物を清掃して回収でき、清掃流れは高効率で速く、清掃過程に清掃員の介入を要らず、清掃員の仕事量を大いに下げ、清掃効率を高め、安全リスクを消除する。【選択図】図1

Description

本願発明はレール清掃分野に関わり、具体的にはレールの自動清掃システムである。
鉄道による輸送は現代において重要な輸送方式の一つであり、中でレールは不可欠な作用を果たしており、しかし、レールにゴミなどの障害物があると電車などの進行に影響し、鉄道線路全体も影響を受け、従って、レールをタイムリーに清掃することは非常に重要であり、しかし、伝統的な清掃作業は主に作業員によって行われ、この方式は時間と労働力を費やし、効率も低く、従って、作業効率を高め、清掃員の負担を軽減するために、自動で快速にレールを清掃でき、またレールにあるゴミなどの障害物を清掃して処理できる装置を開発する必要がある。
中国特許出願公開第109594519号明細書
技術上の問題:レールに対する清掃は一般的に清掃員によって行われ、この方式は時間と労働力を費やし、効率も低い。
上記の問題を解決するために、本願発明はレールの自動清掃システムを設計した。本願発明のレールの自動清掃システムは、基板を含み、前記基板にはレールが固定的に設置され、前記基板には清掃箱が設置され、前記清掃箱の下端には回転できるタイミング軸が左右対称的に設置され、前記タイミング軸の下端には旋転フレームが固定的に設置され、前記旋転フレームには回転できる旋転軸が設置され、前記旋転軸には滑車が固定的に設置され、力を入れて前記清掃箱を押し動かすことにより、前記旋転軸は回転し始め、そして前記清掃箱を駆動して前記基板でスライドさせ、前記清掃箱の中には動力空間が設置され、前記動力空間の中には動力機構が設置され、前記動力機構を作動させることにより、本願発明を前記レールでスライドさせることができ、前記動力空間の左右両側壁には清掃空間が固定的に設置され、前記清掃空間の中には清掃機構が設置され、前記清掃機構と前記動力機構とは動力を伝達できるように連結され、前記動力機構は前記清掃機構を駆動でき、前記清掃機構は前記レールを清掃でき、前記清掃空間において前記動力空間から離れた側壁の中にはゴミ吸い込み空間が設置され、前記ゴミ吸い込み空間の左端にはゴミ貯蔵空間が連通するように設置され、前記ゴミ吸い込み空間の中にはゴミ吸い込み機構が設置され、前記ゴミ吸い込み機構と前記動力機構とは回転できるように連結され、前記動力機構は前記ゴミ吸い込み機構を駆動でき、前記動力機構の駆動により前記ゴミ吸い込み機構は前記レールにあるゴミを前記ゴミ貯蔵空間の中に吸い込むことができ、前記清掃箱の中には高圧ポンプ空間が左右対称的に設置され、前記高圧ポンプ空間の中には水噴射機構が設置され、前記水噴射機構は前記レールを洗浄できる。
前記動力機構は前記動力空間の中に固定的に設置される主モーターを含み、前記主モーターには主動力軸が動力を伝達できるように連結され、前記主動力軸には第一動力傘歯車が左右対称的に設置され、前記第一動力傘歯車の下端には第二動力傘歯車が噛み合うように連結され、前記第二動力傘歯車の軸心には第二動力軸が固定的に設置され、前記第二動力軸は前記動力空間の下壁の中に回転できるように設置され、前記第二動力軸の下端には第三動力傘歯車が固定的に設置され、前記動力空間の下壁の中には伝動空間が左右対称的に設置され、前記第三動力傘歯車は前記伝動空間の中に設置され、前記伝動空間の中には回転できる伝動軸が設置され、前記伝動軸において本願発明の対称中心から離れた一端には第一傘歯車が固定的に設置され、前記第三動力傘歯車は前記第一傘歯車と噛み合い、前記伝動軸には駆動輪が固定的に設置され、前記主モーターを作動させ、前記主モーターは前記主動力軸を駆動して回転させ、前記主動力軸は前記第一動力傘歯車及び前記第二動力傘歯車により前記第二動力軸を駆動して回転させ、前記第二動力軸は前記第三動力傘歯車と前記第一傘歯車により前記伝動軸を駆動して回転させ、前記伝動軸はさらに前記駆動輪を駆動して回転させ、さらに本願発明をレールでスライドさせ、前記動力軸には第一プーリが対称的に設置され、前記第一プーリは前記清掃空間の中に位置し、前記第一プーリと前記清掃機構とは回転できるように連結され、前記第二動力軸は回転する時、前記第一プーリにより前記清掃機構を駆動でき、前記第二動力軸の左右両端には第二プーリが対称的に設置され、前記第二プーリと前記ゴミ吸い込み機構とは回転できるように連結され、前記第二動力軸は回転する時、前記第二プーリにより前記ゴミ吸い込み機構を駆動できる。
前記清掃機構は前記清掃空間の中に回転できるように設置される第一伝動軸を含み、前記第一伝動軸において本願発明の対称中心から離れた一端には第三プーリが固定的に設置され、前記第三プーリには第一ベルトが連結され、前記第一ベルトの上端と前記第一プーリとは連結され、前記第一伝動軸において本願発明の対称中心に近接する一端には第一伝動傘歯車が固定的に設置され、前記第一伝動傘歯車の下端には第二伝動傘歯車が噛み合うように連結され、前記第二伝動傘歯車の軸心には清掃ロッドが固定的に設置され、前記清掃ロッドは前記清掃空間の下壁の中に回転できるように設置され、前記清掃ロッドの下端には箒が固定的に設置され、前記第一プーリは前記第一ベルトと前記第三プーリにより前記第一伝動軸を駆動して回転させ、前記第一伝動軸は前記第一伝動傘歯車と前記第二伝動傘歯車により前記清掃ロッドを駆動して回転させ、前記清掃ロッドはさらに前記箒を駆動して回転させ、前記箒はさらにレールを清掃できる。
前記ゴミ吸い込み機構は前記ゴミ吸い込み空間の中に回転できるように設置されるファン軸を含み、前記ファン軸には第四プーリが固定的に設置され、前記第四プーリには第二ベルトが連結され、前記第二ベルトの上端と前記第二プーリとは連結され、前記第四プーリにおいて本願発明の対称中心に近接する一端にはファンが固定的に設置され、前記ファンにおいて本願発明の対称中心に近接する一端には防塵ネットが固定的に設置され、前記第二プーリは前記第二ベルト及び前記第四プーリとにより前記ファン軸を駆動して回転させ、前記ファン軸はさらに前記ファンを駆動して回転させ、前記ファンは吸引力を生み出してレールにあるゴミを前記ゴミ貯蔵空間の中に吸い込む。
有益なように、前記ゴミ貯蔵空間の下壁には回転可能なカバー板が設置され、前記カバー板は前記第一定位軸により前記ゴミ貯蔵空間の下壁にヒンジで連結され、前記カバー板を下方に開けられ、前記ゴミ貯蔵空間の中のゴミの回収に便利を与え、前記ゴミ貯蔵空間の下壁には引っ掛けブロックが設置され、前記引っ掛けブロックには引っ掛けブロックばねが固定的に設置され、前記引っ掛けブロックばねの上端は前記ゴミ貯蔵空間の下壁に固定的に連結され、前記引っ掛けブロックは前記第二定位軸により前記ゴミ貯蔵空間の下壁にヒンジで連結され、前記引っ掛けブロックで前記カバー板をロックでき、そして清掃過程に、ゴミが前記ゴミ貯蔵空間の中から前記レールに落ちることを防止できる。
前記水噴射機構は前記高圧ポンプ空間の中に固定的に設置される高圧ポンプを含み、前記高圧ポンプの上端には進水管が連通するように設置され、前記進水管の右端には貯水空間が連通するように設置され、前記貯水空間は洗浄用水を貯蔵でき、前記高圧ポンプの下端には高圧管が連通するように設置され、前記高圧管の下端には水噴射バルブが連通するように設置され、前記水噴射バルブの中には水噴射バルブばねが固定的に設置され、前記水噴射バルブばねの上端にはスライド可能な水噴射バルブスライドブロックが連結され、前記高圧ポンプを始動し、前記高圧ポンプは洗浄用水を前記貯水空間の中から前記水噴射バルブの中に送られ、高圧の洗浄用水は前記水噴射バルブスライドブロックを押し動かして下方にスライドさせられ、そして前記水噴射バルブから噴出され、レールを洗浄でき、前記高圧管において本願発明のレール中心から離れた一端には回流管が連通するように設置され、前記回流管の中には回流バルブが固定的に設置され、前記回流バルブの中には回流バルブばねが固定的に設置され、前記回流バルブばねにおいて本願発明の中心に近接する一端にはスライド可能な回流バルブスライドブロックが連結され、前記高圧管の中の圧力が強すぎた時、高圧の洗浄用水は前記回流バルブスライドブロックを押し動かして本願発明の中心から離れた側にスライドさせられ、そして洗浄用水は前記回流バルブ及び前記回流管を介して前記貯水空間の中に流れ戻し、パイプを保護する作用を果たす。
本願発明の有益な効果は:本願発明は構成が簡単で、メンテナンスと使用が便利であり、本願発明のレールの自動清掃システムはレールを自動で快速に清掃し、またレールにあるゴミなどの障害物を清掃して回収でき、清掃流れは高効率で速く、清掃過程に清掃員の介入を要らず、清掃員の仕事量を大いに下げ、清掃効率を高め、安全リスクを消除する。
本願発明の実施例または既存の技術の中の技術方案をより詳しく説明できるため、以下は実施例または既存の技術を説明することに必要な図面に対して簡単な紹介を行い、明らかなように、以下の図面はただ本願発明の一部の実施例であり、当業者にとって、創造的な労働を払わなくても、これらの図面に基づいて他の図面を獲得することができる。下記に図1〜4を参考して本願発明について詳しく説明し、説明に便利を与えるために、後文に出る方向を以下のように規定する:図1は本願発明の正面図であり、後文に述べる上下左右前後の方向は図1の自身投影関係の上下左右前後の方向と一致である。
図1は本願発明のレールの自動清掃システムの全体構成概略図 図2は図1において「A」構成の拡大概略図 図3は図1において「B」構成の拡大概略図 図4は図1において「C」構成の拡大概略図
本願発明はレールの自動清掃システムに関し、主にレール清掃分野に応用され、下記に本願発明図面を合わせて本願発明を詳しく説明する。
本願発明のレールの自動清掃システムは、基板21を含み、前記基板21にはレール25が固定的に設置され、前記基板21には清掃箱39が設置され、前記清掃箱39の下端には回転できるタイミング軸47が左右対称的に設置され、前記タイミング軸47の下端には旋転フレーム48が固定的に設置され、前記旋転フレーム48には回転できる旋転軸51が設置され、前記旋転軸51には滑車49が固定的に設置され、力を入れて前記清掃箱39を押し動かすことにより、前記旋転軸51は回転し始め、そして前記清掃箱39を駆動して前記基板21でスライドさせ、前記清掃箱39の中には動力空間100が設置され、前記動力空間100の中には動力機構101が設置され、前記動力機構101を作動させることにより、本願発明を前記レール25でスライドさせることができ、前記動力空間100の左右両側壁には清掃空間200が固定的に設置され、前記清掃空間200の中には清掃機構201が設置され、前記清掃機構201と前記動力機構101とは動力を伝達できるように連結され、前記動力機構101は前記清掃機構201を駆動でき、前記清掃機構201は前記レール25を清掃でき、前記清掃空間200において前記動力空間100から離れた側壁の中にはゴミ吸い込み空間300が設置され、前記ゴミ吸い込み空間300の左端にはゴミ貯蔵空間400が連通するように設置され、前記ゴミ吸い込み空間300の中にはゴミ吸い込み機構301が設置され、前記ゴミ吸い込み機構301と前記動力機構101とは回転できるように連結され、前記動力機構101は前記ゴミ吸い込み機構301を駆動でき、前記動力機構101の駆動により前記ゴミ吸い込み機構301は前記レール25にあるゴミを前記ゴミ貯蔵空間400の中に吸い込むことができ、前記清掃箱39の中には高圧ポンプ空間500が左右対称的に設置され、前記高圧ポンプ空間500の中には水噴射機構501が設置され、前記水噴射機構501は前記レール25を洗浄できる。
実施例により、下記に前記動力機構101について詳しく説明する。前記動力機構101は前記動力空間100の中に固定的に設置される主モーター11を含み、前記主モーター11には主動力軸12が動力を伝達できるように連結され、前記主動力軸12には第一動力傘歯車13が左右対称的に設置され、前記第一動力傘歯車13の下端には第二動力傘歯車14が噛み合うように連結され、前記第二動力傘歯車14の軸心には第二動力軸15が固定的に設置され、前記第二動力軸15は前記動力空間100の下壁の中に回転できるように設置され、前記第二動力軸15の下端には第三動力傘歯車54が固定的に設置され、前記動力空間100の下壁の中には伝動空間600が左右対称的に設置され、前記第三動力傘歯車54は前記伝動空間600の中に設置され、前記伝動空間600の中には回転できる伝動軸56が設置され、前記伝動軸56において本願発明の対称中心から離れた一端には第一傘歯車55が固定的に設置され、前記第三動力傘歯車54は前記第一傘歯車55と噛み合い、前記伝動軸56には駆動輪33が固定的に設置され、前記主モーター11を作動させ、前記主モーター11は前記主動力軸12を駆動して回転させ、前記主動力軸12は前記第一動力傘歯車13及び前記第二動力傘歯車14により前記第二動力軸15を駆動して回転させ、前記第二動力軸15は前記第三動力傘歯車54と前記第一傘歯車55により前記伝動軸56を駆動して回転させ、前記伝動軸56はさらに前記駆動輪33を駆動して回転させ、さらに本願発明をレールでスライドさせ、前記動力軸15には第一プーリ16が対称的に設置され、前記第一プーリ16は前記清掃空間200の中に位置し、前記第一プーリ16と前記清掃機構201とは回転できるように連結され、前記第二動力軸15は回転する時、前記第一プーリ16により前記清掃機構201を駆動でき、前記第二動力軸15の左右両端には第二プーリ18が対称的に設置され、前記第二プーリ18と前記ゴミ吸い込み機構301とは回転できるように連結され、前記第二動力軸15は回転する時、前記第二プーリ18により前記ゴミ吸い込み機構301を駆動できる。
実施例により、下記に前記製造機構201について詳しく説明する。前記清掃機構201は前記清掃空間200の中に回転できるように設置される第一伝動軸31を含み、前記第一伝動軸31において本願発明の対称中心から離れた一端には第三プーリ32が固定的に設置され、前記第三プーリ32には第一ベルト17が連結され、前記第一ベルト17の上端と前記第一プーリ16とは連結され、前記第一伝動軸31において本願発明の対称中心に近接する一端には第一伝動傘歯車29が固定的に設置され、前記第一伝動傘歯車29の下端には第二伝動傘歯車28が噛み合うように連結され、前記第二伝動傘歯車28の軸心には清掃ロッド27が固定的に設置され、前記清掃ロッド27は前記清掃空間200の下壁の中に回転できるように設置され、前記清掃ロッド27の下端には箒26が固定的に設置され、前記第一プーリ16は前記第一ベルト17と前記第三プーリ32により前記第一伝動軸31を駆動して回転させ、前記第一伝動軸31は前記第一伝動傘歯車29と前記第二伝動傘歯車28により前記清掃ロッド27を駆動して回転させ、前記清掃ロッド27はさらに前記箒26を駆動して回転させ、前記箒26はさらにレールを清掃できる。
実施例により、下記に前記ゴミ吸い込み機構301について詳しく説明する。前記ゴミ吸い込み機構301は前記ゴミ吸い込み空間300の中に回転できるように設置されるファン軸44を含み、前記ファン軸44には第四プーリ43が固定的に設置され、前記第四プーリ43には第二ベルト19が連結され、前記第二ベルト19の上端と前記第二プーリ18とは連結され、前記第四プーリにおいて本願発明の対称中心に近接する一端にはファン42が固定的に設置され、前記ファン42において本願発明の対称中心に近接する一端には防塵ネット41が固定的に設置され、前記第二プーリ18は前記第二ベルト19及び前記第四プーリ43とにより前記ファン軸44を駆動して回転させ、前記ファン軸44はさらに前記ファン42を駆動して回転させ、前記ファン42は吸引力を生み出してレールにあるゴミを前記ゴミ貯蔵空間400の中に吸い込む。
有益なように、前記ゴミ貯蔵空間400の下壁には回転可能なカバー板22が設置され、前記カバー板22は前記第一定位軸23により前記ゴミ貯蔵空間400の下壁にヒンジで連結され、前記カバー板22を下方に開けられ、前記ゴミ貯蔵空間400の中のゴミの回収に便利を与え、前記ゴミ貯蔵空間400の下壁には引っ掛けブロック53が設置され、前記引っ掛けブロック53には引っ掛けブロックばね65が固定的に設置され、前記引っ掛けブロックばね65の上端は前記ゴミ貯蔵空間400の下壁に固定的に連結され、前記引っ掛けブロック53は前記第二定位軸52により前記ゴミ貯蔵空間400の下壁にヒンジで連結され、前記引っ掛けブロック53で前記カバー板22をロックでき、そして清掃過程に、ゴミが前記ゴミ貯蔵空間400の中から前記レール25に落ちることを防止できる。
実施例により、前記水噴射機構501について詳しく説明する。前記水噴射機構501は前記高圧ポンプ空間500の中に固定的に設置される高圧ポンプ37を含み、前記高圧ポンプ37の上端には進水管36が連通するように設置され、前記進水管36の右端には貯水空間35が連通するように設置され、前記貯水空間35は洗浄用水を貯蔵でき、前記高圧ポンプ37の下端には高圧管38が連通するように設置され、前記高圧管38の下端には水噴射バルブ57が連通するように設置され、前記水噴射バルブ57の中には水噴射バルブばね58が固定的に設置され、前記水噴射バルブばね58の上端にはスライド可能な水噴射バルブスライドブロック59が連結され、前記高圧ポンプ37を始動し、前記高圧ポンプ37は洗浄用水を前記貯水空間35の中から前記水噴射バルブ57の中に送られ、高圧の洗浄用水は前記水噴射バルブスライドブロック59を押し動かして下方にスライドさせられ、そして前記水噴射バルブ57から噴出され、レールを洗浄でき、前記高圧管38において本願発明のレール中心から離れた一端には回流管34が連通するように設置され、前記回流管34の中には回流バルブ61が固定的に設置され、前記回流バルブ61の中には回流バルブばね63が固定的に設置され、前記回流バルブばね63において本願発明の中心に近接する一端にはスライド可能な回流バルブスライドブロック62が連結され、前記高圧管38の中の圧力が強すぎた時、高圧の洗浄用水は前記回流バルブスライドブロック62を押し動かして本願発明の中心から離れた側にスライドさせられ、そして洗浄用水は前記回流バルブ61及び前記回流管34を介して前記貯水空間35の中に流れ戻し、パイプを保護する作用を果たす。
下記に、図1〜4を参照して本願発明のレールの自動清掃システムの使用手順について詳しく説明する。レール25を清掃する時、力を入れて清掃箱39を推し動かすことにより、旋転軸51が回転し始め、そして清掃箱39を駆動して基板21でスライドさせ、清掃箱39は指定された位置にスライドした後、本願発明をレール25の上方に持ち上げ、この時に引っ掛けブロック53でカバー板22をロックし、清掃過程に、カバー板22が突然に開けられてゴミがゴミ貯蔵空間400の中からレール25に落ちることを防止でき、この時に主モーター11を作動させ、主モーター11は主動力軸12を駆動して回転させ、主動力軸12は第一動力傘歯車13及び第二動力傘歯車14により第二動力軸15を駆動して回転させ、第二動力軸15は第三動力傘歯車54と第一傘歯車55により伝動軸56を駆動して回転させ、伝動軸56はさらに駆動輪33を駆動して回転させ、そして本願発明はレールで自動的にスライドでき、同時に主動力軸12は第一プーリ16を駆動して回転させ、第一プーリ16は第一ベルト17と第三プーリ32により第一伝動軸31を駆動して回転させ、第一伝動軸31は第一伝動傘歯車29と第二伝動傘歯車28により清掃ロッド27を駆動して回転させ、清掃ロッド27はさらに箒26を駆動して回転させ、箒26はそしてレールを清掃でき、同時に主動力軸12は第二プーリ18を駆動して回転させ、第二プーリ18は第二ベルト19及び第四プーリ43によりファン軸44を駆動して回転させ、ファン軸44はさらにファン42を駆動して回転させ、ファン42は吸引力を生み出してレールにあるゴミをゴミ貯蔵空間400の中に吸い込み、同時に、高圧ポンプ37を始動し、高圧ポンプ37は洗浄用水を貯水空間35の中から水噴射バルブ57の中に送られ、高圧の洗浄用水は水噴射バルブスライドブロック59を押し動かして下方にスライドさせられ、さらに水噴射バルブ57から噴出され、レールを洗浄でき、清掃し終わった後に、手動で引っ掛けブロック53を回転させ、そして下方にカバー板22を開け、ゴミ貯蔵空間400の中のゴミの回収処理を便利に与える。
本願発明の有益な効果は:本願発明は構成が簡単で、メンテナンスと使用が便利であり、本願発明のレールの自動清掃システムはレールを自動で快速に清掃し、またレールにあるゴミなどの障害物を清掃して回収でき、清掃流れは高効率で速く、清掃過程に清掃員の介入を要らず、清掃員の仕事量を大いに下げ、清掃効率を高め、安全リスクを消除する。
上記は、ただ発明の具体的な実施方式であり、発明の保護範囲はこれに限定されるものではなく、創造的な労働を通さなく想到できる全ての変化又は入れ替わりは、本願発明の保護範囲の中に含む。したがって、発明の保護範囲は特許の請求の範囲に限定される保護範囲を基準とするべきである。

Claims (6)

  1. 基板を含み、前記基板にはレールが固定的に設置され、前記基板には清掃箱が設置され、前記清掃箱の下端には回転できるタイミング軸が左右対称的に設置され、前記タイミング軸の下端には旋転フレームが固定的に設置され、前記旋転フレームには回転できる旋転軸が設置され、前記旋転軸には滑車が固定的に設置され、
    前記清掃箱の中には動力空間が設置され、前記動力空間の中には動力機構が設置され、前記動力機構を作動させることにより、本願発明を前記レールでスライドさせることができ、前記動力空間の左右両側壁には清掃空間が固定的に設置され、前記清掃空間の中には清掃機構が設置され、前記清掃機構と前記動力機構とは動力を伝達できるように連結され、
    前記清掃空間において前記動力空間から離れた側壁の中にはゴミ吸い込み空間が設置され、前記ゴミ吸い込み空間の左端にはゴミ貯蔵空間が連通するように設置され、前記ゴミ吸い込み空間の中にはゴミ吸い込み機構が設置され、前記ゴミ吸い込み機構と前記動力機構とは回転できるように連結され、
    前記清掃箱の中には高圧ポンプ空間が左右対称的に設置され、前記高圧ポンプ空間の中には水噴射機構が設置され、前記水噴射機構は前記レールを洗浄できることを特徴とするレールの自動清掃システム。
  2. 前記動力機構は前記動力空間の中に固定的に設置される主モーターを含み、前記主モーターには主動力軸が動力を伝達できるように連結され、前記主動力軸には第一動力傘歯車が左右対称的に設置され、前記第一動力傘歯車の下端には第二動力傘歯車が噛み合うように連結され、前記第二動力傘歯車の軸心には第二動力軸が固定的に設置され、前記第二動力軸は前記動力空間の下壁の中に回転できるように設置され、前記第二動力軸の下端には第三動力傘歯車が固定的に設置され、前記動力空間の下壁の中には伝動空間が左右対称的に設置され、前記第三動力傘歯車は前記伝動空間の中に設置され、前記伝動空間の中には回転できる伝動軸が設置され、前記伝動軸において本願発明の対称中心から離れた一端には第一傘歯車が固定的に設置され、前記第三動力傘歯車は前記第一傘歯車と噛み合い、前記伝動軸には駆動輪が固定的に設置され、
    前記動力軸には第一プーリが対称的に設置され、前記第一プーリは前記清掃空間の中に位置し、前記第一プーリと前記清掃機構とは回転できるように連結され、
    前記第二動力軸の左右両端には第二プーリが対称的に設置され、前記第二プーリと前記ゴミ吸い込み機構とは回転できるように連結されていることを特徴とする請求項1に記載のレールの自動清掃システム。
  3. 前記清掃機構は前記清掃空間の中に回転できるように設置される第一伝動軸を含み、前記第一伝動軸において本願発明の対称中心から離れた一端には第三プーリが固定的に設置され、前記第三プーリには第一ベルトが連結され、前記第一ベルトの上端と前記第一プーリとは連結され、前記第一伝動軸において本願発明の対称中心に近接する一端には第一伝動傘歯車が固定的に設置され、前記第一伝動傘歯車の下端には第二伝動傘歯車が噛み合うように連結され、前記第二伝動傘歯車の軸心には清掃ロッドが固定的に設置され、前記清掃ロッドは前記清掃空間の下壁の中に回転できるように設置され、前記清掃ロッドの下端には箒が固定的に設置されていることを特徴とする請求項1に記載のレールの自動清掃システム。
  4. 前記ゴミ吸い込み機構は前記ゴミ吸い込み空間の中に回転できるように設置されるファン軸を含み、前記ファン軸には第四プーリが固定的に設置され、前記第四プーリには第二ベルトが連結され、前記第二ベルトの上端と前記第二プーリとは連結され、前記第四プーリにおいて本願発明の対称中心に近接する一端にはファンが固定的に設置され、前記ファンにおいて本願発明の対称中心に近接する一端には防塵ネットが固定的に設置されていることを特徴とする請求項1に記載のレールの自動清掃システム。
  5. 前記ゴミ貯蔵空間の下壁には回転可能なカバー板が設置され、前記カバー板は前記第一定位軸により前記ゴミ貯蔵空間の下壁にヒンジで連結され、前記カバー板を下方に開けられ、前記ゴミ貯蔵空間の中のゴミの回収に便利を与え、前記ゴミ貯蔵空間の下壁には引っ掛けブロックが設置され、前記引っ掛けブロックには引っ掛けブロックばねが固定的に設置され、前記引っ掛けブロックばねの上端は前記ゴミ貯蔵空間の下壁に固定的に連結され、前記引っ掛けブロックは前記第二定位軸により前記ゴミ貯蔵空間の下壁にヒンジで連結され、前記引っ掛けブロックで前記カバー板をロックできることを特徴とする請求項4に記載のレールの自動清掃システム。
  6. 前記水噴射機構は前記高圧ポンプ空間の中に固定的に設置される高圧ポンプを含み、前記高圧ポンプの上端には進水管が連通するように設置され、前記進水管の右端には貯水空間が連通するように設置され、前記貯水空間は洗浄用水を貯蔵でき、前記高圧ポンプの下端には高圧管が連通するように設置され、前記高圧管の下端には水噴射バルブが連通するように設置され、前記水噴射バルブの中には水噴射バルブばねが固定的に設置され、前記水噴射バルブばねの上端にはスライド可能な水噴射バルブスライドブロックが連結され、
    前記高圧管において本願発明のレール中心から離れた一端には回流管が連通するように設置され、前記回流管の中には回流バルブが固定的に設置され、前記回流バルブの中には回流バルブばねが固定的に設置され、前記回流バルブばねにおいて本願発明の中心に近接する一端にはスライド可能な回流バルブスライドブロックが連結されていることを特徴とする請求項1に記載のレールの自動清掃システム。
JP2019204159A 2019-08-01 2019-11-11 レールの自動清掃システム Pending JP2021025403A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201910707676.7 2019-08-01
CN201910707676.7A CN110374046A (zh) 2019-08-01 2019-08-01 一种用于铁轨的自动清洁系统

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2021025403A true JP2021025403A (ja) 2021-02-22

Family

ID=68257620

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019204159A Pending JP2021025403A (ja) 2019-08-01 2019-11-11 レールの自動清掃システム

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2021025403A (ja)
CN (1) CN110374046A (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110777725B (zh) * 2019-11-19 2020-07-24 建湖金洋科技有限公司 一种清扫铁轨装置
CN110924249B (zh) * 2019-12-28 2020-09-04 张丽华 一种铁轨清理除锈装置

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN2083964U (zh) * 1990-07-10 1991-09-04 陈树勋 一种使喷雾器定压自动喷雾的装置
CH692855A5 (de) * 1996-07-22 2002-11-29 Pete Hirsch Vorrichtung zur Reinigung eines Gleiskörpers.
CN2833496Y (zh) * 2005-05-27 2006-11-01 潘耀祥 柱塞式水枪
CN2920423Y (zh) * 2006-06-03 2007-07-11 梁小恩 微雾喷头
CN203442247U (zh) * 2013-08-26 2014-02-19 首安工业消防有限公司 一种定压开启装置
CN204132101U (zh) * 2014-09-19 2015-02-04 淮安市恩赐山庄垂钓有限公司 一种用于浇灌草莓的喷水装置
CN104855362A (zh) * 2015-06-03 2015-08-26 市下控股有限公司 喷雾器喷枪的压力调节装置
CN205260066U (zh) * 2015-12-17 2016-05-25 陇东学院 一种可调高压细水雾型煤尘抑制剂喷洒装置
CN108442304B (zh) * 2018-04-03 2020-12-11 连云港长和游乐设备有限公司 一种轨道清理装置
CN108316227A (zh) * 2018-04-17 2018-07-24 东莞唯度电子科技服务有限公司 一种高效地铁轨道清洁车

Also Published As

Publication number Publication date
CN110374046A (zh) 2019-10-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN206498099U (zh) 一种带有自动除尘功能的配电柜
CN105818001A (zh) 一体式打磨抛光除尘器
CN201756686U (zh) 一种清洁扫地车
CN206882361U (zh) 一种内科用检验试管清洗装置
CN209018628U (zh) 一种实验室用拖地机器人
CN208451229U (zh) 一种用于建筑施工的墙面打磨装置
CN107953177A (zh) 一种木板抛光设备
CN107348914B (zh) 一种地毯除尘清灰装置
CN110184979B (zh) 一种桥梁伸缩缝快速清理装置
CN204722982U (zh) 新型仓库清洁推车
CN107470776A (zh) 一种激光切割机用高效除尘装置
CN208869985U (zh) 一种建筑用抑尘环保清灰机
CN207828856U (zh) 道路桥梁清洗装置
CN108660995A (zh) 一种道路清洗系统
CN206632004U (zh) 一种计算机键盘清洁装置
CN207155009U (zh) 一种激光切割机用高效除尘装置
CN206836844U (zh) 一种加湿除尘式室内清洁机器人
CN206428638U (zh) 一种驾驶式多功能扫洗地机
CN203936047U (zh) 粉尘清扫机
CN209368755U (zh) 一种自动化道路垃圾清洗设备
CN101342538A (zh) 具有自动导向功能的程控往复式吸尘、清障装置
CN206844008U (zh) 一种市政道路垃圾清扫装置
CN206009290U (zh) 一种导风板清洁枪
CN104084858B (zh) 集尘式腻子打磨装置
AU2019202067B1 (en) A crystal jewelry cleaning apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20191209

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210104

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210106