JP2020532193A - データの伝送方法および装置 - Google Patents

データの伝送方法および装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2020532193A
JP2020532193A JP2020509426A JP2020509426A JP2020532193A JP 2020532193 A JP2020532193 A JP 2020532193A JP 2020509426 A JP2020509426 A JP 2020509426A JP 2020509426 A JP2020509426 A JP 2020509426A JP 2020532193 A JP2020532193 A JP 2020532193A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transmission
pdcp
rlc entity
data
data transmission
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2020509426A
Other languages
English (en)
Inventor
江小威
Original Assignee
ペキン シャオミ モバイル ソフトウェア カンパニー, リミテッドBeijing Xiaomi Mobile Software Co.,Ltd.
ペキン シャオミ モバイル ソフトウェア カンパニー, リミテッドBeijing Xiaomi Mobile Software Co.,Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ペキン シャオミ モバイル ソフトウェア カンパニー, リミテッドBeijing Xiaomi Mobile Software Co.,Ltd., ペキン シャオミ モバイル ソフトウェア カンパニー, リミテッドBeijing Xiaomi Mobile Software Co.,Ltd. filed Critical ペキン シャオミ モバイル ソフトウェア カンパニー, リミテッドBeijing Xiaomi Mobile Software Co.,Ltd.
Priority to PCT/CN2017/098352 priority Critical patent/WO2019036862A1/zh
Publication of JP2020532193A publication Critical patent/JP2020532193A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W80/00Wireless network protocols or protocol adaptations to wireless operation
    • H04W80/04Network layer protocols, e.g. mobile IP [Internet Protocol]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/0001Systems modifying transmission characteristics according to link quality, e.g. power backoff
    • H04L1/0006Systems modifying transmission characteristics according to link quality, e.g. power backoff by adapting the transmission format
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L5/00Arrangements affording multiple use of the transmission path
    • H04L5/003Arrangements for allocating sub-channels of the transmission path
    • H04L5/0053Allocation of signaling, i.e. of overhead other than pilot signals
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W28/00Network traffic or resource management
    • H04W28/02Traffic management, e.g. flow control or congestion control
    • H04W28/06Optimizing the usage of the radio link, e.g. header compression, information sizing, discarding information
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/10Connection setup
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/10Connection setup
    • H04W76/12Setup of transport tunnels
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/10Connection setup
    • H04W76/15Setup of multiple wireless link connections
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/20Manipulation of established connections
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W76/00Connection management
    • H04W76/20Manipulation of established connections
    • H04W76/27Transitions between radio resource control [RRC] states
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W80/00Wireless network protocols or protocol adaptations to wireless operation
    • H04W80/02Data link layer protocols

Abstract

本開示はデータの伝送方法および装置を提供し、方法は端末に使用され、方法は、基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信することであって、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティとを示すために用いられることと、前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定することと、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定することと、前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することと、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含み、前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うこととを含む。【選択図】図1

Description

本開示は、通信分野に関し、特に、データの伝送方法および装置に関する。
関連技術では、ロングタームエボリューション(LTE:Long Term Evolution)システムにおける無線ベアラ(RB:Radio Bearer)は、無線論理リソースの集合体である。前記RBは、ユーザ機器(UE:User Equipment)と基地局の間のベアラを指す。前記RBは、ベアラの異なる内容によって、シグナリングベアラ(SRB:Signaling Radio Bearer)とデータベアラ(DRB:Data RadioBearer)に分ける。データパケットまたはシグナリングパケットの信頼性を解決するために、5Gシステムでは、既にユーザプレーンのデータパケット集約プロトコル(PDCH:packet data convergence protocol)層でパケット複製方案が許可されている。
しかし、先行技術は、前記ユーザプレーンのPDCH層のパケット複製方案をまだ実現することができない。
関連技術における問題を克服するために、本開示の実施例は、データの伝送方法および装置を提供する。
本開示の実施例の第1の態様によれば、端末に適用されるデータの伝送方法を提供し、前記方法は、
基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信することであって、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティとを示すために用いられることと、
前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定することと、
前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定することと、
前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することであって、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含むことと、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うこととを含む。
ある実施例において、前記少なくとも2つの伝送エンティティは、プライマリ無線リンク制御(RLC)エンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定することは、
前記RBが新規のシグナリングベアラ(SRB)またはデータベアラ(DRB)である場合、第1のRLCエンティティと第2のRLCエンティティを構築し、第1のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、第2のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定することと、
前記RBが既存のSRBまたはDRBである場合、1つの既存のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、他方の既存のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定することとを含む。
ある実施例において、前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することは、
前記現在状態をシステムデフォルト初期状態として設定することであって、前記システムデフォルト初期状態が活性状態または非活性状態を含むこと、または
前記第1の指示メッセージが第2の情報をさらに含む場合、前記第2の情報に基づいて、前記現在状態を前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態として設定することであって、前記第2の情報が、前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態を示すために用いられ、前記初期状態が活性状態または非活性状態であること、または
前記基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信する場合、前記活性指示にしたがって、前記現在状態を活性状態として設定することのうちの少なくとも1つの設定方法を含む。
ある実施例において、前記現在状態が非活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うことは、
前記RBが新規のSRBまたはDRBであれば、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、
前記RBが既存のSRBまたはDRBであれば、
RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対して、前記セカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
確認モード(AMモード)では、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
非確認モード(UMモード)では、RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
UMモードでは、RLC層は、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータ、およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む。
ある実施例において、前記RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことは、
既存のセカンダリRLCエンティティを再構築することをさらに含む。
ある実施例において、前記現在状態が活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うことは、
RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
AMモードでは、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティを既に移送したが送信成功していないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信すること、または
UMモードでは、RLC層に移送されるデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
UMモードでは、RLC層は、送信されていないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティに既に移送されたが送信されていないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信することのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む。
ある実施例において、前記現在状態が活性状態であり、前記方法は、
前記基地局によって送信された第2の指示メッセージを受信することであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられることと、
セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこととをさらに含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記基地局によって送信された第3の指示メッセージを受信することであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられることと、
セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこととを含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記基地局によって送信された第4の指示メッセージを受信することであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられることと、
前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこととを含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記基地局によって送信された第5の指示メッセージを受信することであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられることと、
PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始することとをさらに含み、
RLC層に既に移送されたデータに対して、
プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であれば、セカンダリRLCエンティティを再構築すること、または
前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であれば、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む。
本開示の実施例の第2の態様によれば、基地局に適用されるデータの伝送方法を提供し、前記方法は、
無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成することと、
前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成することと、
第1の情報を第1の指示メッセージに追加することであって、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられることと、
前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにすることとを含む。
ある実施例において、前記方法は、
PDCPパケット複製機能の初期状態を構成することであって、前記初期状態は活性状態または非活性状態であることと、
前記初期状態を示すための第2の情報を前記第1の指示メッセージに追加することとをさらに含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記端末に第2の指示メッセージを送信することであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられることをさらに含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記端末に第3の指示メッセージを送信することであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられることをさらに含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記端末に第4の指示メッセージを送信することであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられることをさらに含む。
ある実施例において、前記方法は、
前記端末に第5の指示メッセージを送信することであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられることをさらに含む。
本開示の実施例の第3の態様によれば、端末に使用されるデータの伝送装置を提供し、前記装置は、
基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信するように構成される第1の受信モジュールであって、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すために用いられる第1の受信モジュールと、
前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定するように構成される第1の設定モジュールと、
前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定するように構成される第2の設定モジュールと、
前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定するように構成される第3の設定モジュールであって、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含む第3の設定モジュールと、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うように構成される第1の伝送モジュールとを含む。
ある実施例において、前記少なくとも2つの伝送エンティティは、プライマリ無線リンク制御(RLC)エンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、前記第2の設定モジュールは、
前記RBが新規のシグナリングベアラ(SRB)またはデータベアラ(DRB)である場合、第1のRLCエンティティと第2のRLCエンティティを構築し、第1のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、第2のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定するように構成される第1の設定サブモジュールと、
前記RBが既存のSRBまたはDRBである場合、1つの既存のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、他方の既存のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定するように構成される第2の設定サブモジュールとを含む。
ある実施例において、前記第3の設定モジュールは、
前記現在状態をシステムデフォルト初期状態として設定することであって、前記システムデフォルト初期状態が活性状態または非活性状態を含むこと、または
前記第1の指示メッセージが第2の情報をさらに含む場合、前記第2の情報に基づいて、前記現在状態を前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態として設定することであって、前記第2の情報が、前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態を示すために用いられ、前記初期状態が活性状態または非活性状態であること、または
前記基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信する場合、前記活性指示にしたがって、前記現在状態を活性状態として設定することのうちの少なくとも1つの設定方法を実行するように構成される第3の設定サブモジュールを含む。
ある実施例において、前記現在状態が非活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
前記第1の伝送モジュールは、
前記RBが新規のSRBまたはDRBであれば、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第1の伝送サブモジュールと、
前記RBが既存のSRBまたはDRBであれば、
RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対して、前記セカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
確認モード(AMモード)では、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
非確認モード(UMモード)では、RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
UMモードでは、RLC層は、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータ、およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含むように構成される第2の伝送サブモジュールとを含む。
ある実施例において、前記第2の伝送サブモジュールは、さらに、
RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う場合、既存のセカンダリRLCエンティティを再構築するように構成される第3の伝送サブモジュールをさらに含む。
ある実施例において、前記現在状態が活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
前記第1の伝送モジュールは、
RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
AMモードでは、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティを既に移送したが送信成功していないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信すること、または
UMモードでは、RLC層に移送されるデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
UMモードでは、RLC層は、送信されていないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティに既に移送されたが送信されていないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信することのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式で実行するように構成される第4の伝送サブモジュールを含む。
ある実施例において、前記現在状態が活性状態であり、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第2の指示メッセージを受信するように構成される第第2の受信モジュールであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられる第2の受信モジュールと、
セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第2の伝送モジュールとを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第3の指示メッセージを受信するように構成される第3の受信モジュールであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる第3の受信モジュールと、
セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第3の伝送モジュールとを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第4の指示メッセージを受信するように構成される第4の受信モジュールであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる第4の受信モジュールと、
前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第4の伝送モジュールとを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第5の指示メッセージを受信するように構成される第5の受信モジュールであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる第5の受信モジュールと、
PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始するように構成される開始モジュールと、
RLC層に既に移送されたデータに対して、
プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であれば、セカンダリRLCエンティティを再構築すること、または
前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であれば、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式で実行するように構成される第5の伝送モジュールとを含む。
本開示の実施例の第4の態様によれば、基地局に使用されるデータの伝送装置を提供し、前記装置は、
無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成するように構成される第1の構成モジュールと、
前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成するように構成される第2の構成モジュールと、
第1の情報を第1の指示メッセージに追加するように構成される第1の追加モジュールであって、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられる第1の追加モジュールと、
前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにするように構成される第1の送信モジュールとを含む。
ある実施例において、前記装置は、
PDCPパケット複製機能の初期状態を構成するように構成される第3の構成モジュールであって、前記初期状態は活性状態または非活性状態である第3の構成モジュールと、
前記初期状態を示すための第2の情報を前記第1の指示メッセージに追加するように構成される第2の追加モジュールとを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記端末に第2の指示メッセージを送信するように構成される第2の送信モジュールであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられる第2の送信モジュールを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記端末に第3の指示メッセージを送信することであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる第3の送信モジュールを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記端末に第4の指示メッセージを送信するように構成される第4の送信モジュールであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる第4の送信モジュールを含む。
ある実施例において、前記装置は、さらに、
前記端末に第5の指示メッセージを送信するように構成される第5の送信モジュールであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる第5の送信モジュールを含む。
本開示の実施例の第5の態様によれば、コンピュータプログラムが記憶される非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、前記コンピュータプログラムは、前記第1の態様のデータの伝送方法を実行するためである。
本開示の実施例の第6の態様によれば、コンピュータプログラムが記憶される非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、前記コンピュータプログラムは、前記第2の態様のデータの伝送方法を実行するためである。
本開示の実施例の第7の態様によれば、端末に使用されるデータの伝送装置を提供し、前記装置は、
プロセッサと、
プロセッサによって実行可能な命令を格納するように構成されるメモリとを含み、
前記プロセッサは、
基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信し、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティとを示すために用いられ、
前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、
前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定し、
前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含み、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うように構成される。
本開示の実施例の第8の態様によれば、基地局に使用されるデータの伝送装置を提供し、前記装置は、
プロセッサと、
プロセッサによって実行可能な命令を格納するように構成されるメモリと含み、
前記プロセッサは、
無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成し、
前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、
第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられ、
前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにするように構成される。
本開示の実施例によって提供される技術的解決策は、以下の有益な効果を含み得る。
本開示の実施例において、基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信することであって、第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、第1の情報は、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すために用いられることにより、端末は、第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定し、活性状態および非活性状態を含む、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行い、それにより、PDCPパケット複製機能に対するデータの伝送を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、端末はさらに基地局がRBに構成したプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティにしたがって、前記RBに対して、端末が対応するプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを設定し、それにより、PDCPパケット複製機能を実現するのに必要な2つの伝送エンティティを満足し、この2つの伝送エンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットを伝送することができて、データの伝送の速度を改善させるだけでなく、データの伝送の信頼性も向上させるため、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットが同じ伝送エンティティで伝送することによる送信成功率が非常に低い問題を避けることができる。
本開示の実施例において、端末は、さらに基地局の構成にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができて、基地局の構成がない場合、システムデフォルト初期状態にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、こうして、後続に、前記現在状態にしたがって、対応するデータ伝送を行うことを確保することができて、データの伝送の多様性を豊かにする。
本開示の実施例において、端末は、さらにPDCPパケット複製機能が活性化されていない場合、このときのデータの伝送が、RBは新規のSRBまたはDRBであるか、それとも既存のSRBまたはDRBであるかを区分する必要があって、特に既存のSRBまたはDRBに対して、RLC層に移送されていないデータに対するか、それともセカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対するかを区分する必要があって、それにより、未送信および送信されたことがあるデータに対して異なる処理を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、端末は、さらにRLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う場合、既存のセカンダリRLCエンティティをさらに再構築し、即ち、既存のセカンダリRLCエンティティのデータを削除することで、こうして後続の伝送データのために準備することができ、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、端末は、さらにPDCPパケット複製機能が活性化された後、この場合のデータの伝送は、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティの2つの伝送エンティティを必要とし、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、またはAMモードまたはUMモードでのそれぞれ異なる伝送方式を使用することで、それにより、未送信および送信されたことがあるデータを様々な伝送方式で伝送することができることを実現し、データの伝送の信頼性を確保する同時に、データの伝送の効率も向上させる。
本開示の実施例において、端末は、さらに基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する失活指示を受信した後、セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の失活時にもデータの成功的な伝送を実現することができるため、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、端末は、さらに基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する失活指示を受信した後、セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の失活時にもデータの成功的な伝送を実現することができるため、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、端末は、さらに基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを受信した後、前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の構成解除および基地局がリリース指定RLCエンティティの場合、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータの成功的な伝送を確保することができて、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、端末は、さらに基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を受信した後、PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始することができ、RLC層に既に移送されたデータに対して複数の方法を利用して伝送することができることにより、異なる機能の切り替えの場合にもデータの成功的な伝送を確保することができ、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、基地局は、RBに対してPDCPパケット複製機能を構成することにより、PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すための第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、端末第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定すること、および第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定することのために、第1の指示メッセージを端末に送信することにより、端末が第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定することができるようにし、活性状態および非活性状態を含み、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行い、それにより、PDCPパケット複製機能に対するデータの伝送を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、基地局は、さらにPDCPパケット複製機能の活性状態または非活性状態である初期状態を構成することにより、端末が基地局の構成にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、さらに、前記現在状態にしたがって対応するデータ伝送を行い、こうして、基地局は、PDCPパケット複製機能を活性化するかどうかを柔軟に把握することができて、それにより、PDCPパケット複製機能の初期状態に対する基地局の制御を実現し、間接的にデータの伝送に対する端末の統合制御を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、基地局は、さらに端末にPDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すための第2の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する失活を実現することができて、データの伝送の制御性を向上させ、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、基地局は、さらに端末にPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すための第3の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する構成解除を実現することができて、データの伝送の制御性を向上させ、データの伝送の信頼性を向上させる。
本開示の実施例において、基地局は、さらに端末にPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すための第4の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する構成解除を実現し、RLCエンティティに対する制御も実現することができて、データの伝送の制御性をさらに向上させ、データの伝送の信頼性をさらに向上させる。
本開示の実施例において、基地局は、さらに端末に基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を示すための第5の指示メッセージを送信することにより、PDCPパケット複製機能とベアラ分割機能間の切り替えを実現し、同じRBに対する少なくとも2つの共用の伝送エンティティを利用して1つまたは複数の伝送機能を実現することを実現することができて、無線ベアラの伝送機能を豊かにし、データの伝送の実用性を向上させる。
上記の一般的な説明および以下の詳細な説明は単に例示および説明であり、本開示を限定するものではないことを理解されたい。
一例示的な実施例により示すデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すPDCPパケット複製とキャリアの組み合わせの模式図である。 一例示的な実施例により示すデータの伝送方法のシーングラフである。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送方法のフローチャートである。 一例示的な実施例により示すデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すもう一つのデータの伝送装置のブロック図である。 一例示的な実施例により示すデータの伝送装置の構造模式図である。 一例示的な実施例により示すデータの伝送装置の構造模式図である。
ここでの図面は、本明細書に組み込まれてその一部を構成し、本開示と一致する実施例を示し、明細書とともに本発明の原理を説明するために使用される。
ここで、例示的な実施例を詳細に説明し、その例は添付の図面に示す。明記されない限り、以下の説明が図面に関する場合、異なる図面の同じ数字は同じまたは類似な要素を表す。以下の例示的な実施例で説明される実施形態は、本発明と一致するすべての実施形態を表すものではない。むしろ、それらは、添付された特許請求の範囲に詳述されるように、本発明の特定の態様と一致する装置および方法の例である。
本開示で使用される用語は、ただ特定の実施例を説明することを目的とし、本開示を限定することを意図するものではない。本開示および添付の特許請求の範囲で使用されるように、単数形「1つの」、「前記」および「当該」は、文脈から明確に他の意味が示されない限り、複数形も含むことを意図している。本明細書で使用される「および/または」という用語は、関連する列挙された項目の1つまたは複数の任意のまたはすべての可能な組み合わせを含んで指すことも理解されたい。
本開示では第1、第2、第3などの用語を使用して様々な情報を説明することができるが、これらの情報はこれらの用語に限定されないことを理解されたい。これらの用語は、同じタイプの情報をお互いに区別するためにのみ使用される。例えば、本開示の範囲から逸脱することなく、指示情報は第2の情報とも呼ばれ、同様に、第2の情報は指示情報とも呼ばれ得る。文脈に応じて、本明細書で使用される「…ば」という語は、「…と」または「…場合」または「確定に応じて」と解釈することができる。
図1は、一例示的な実施例により示すデータの伝送方法のフローチャートであり、前記データの伝送の指示方法は、端末に使用され得る。図1に示されたように、前記データの伝送方法は、次のステップ110〜150を含む。
ステップ110において、基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信し、第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、第1の情報は、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すためである。
本開示の実施例において、RBは、SRBまたはDRBであり得る。そして、前記RBは、新規のSRBまたはDRBであってもよく、既存のSRBまたはDRBであってもよい。
基地局がRBにPDCPパケット複製機能および伝送エンティティを構成した後、第1の指示メッセージを介して端末に指示し、端末は、第1の指示メッセージを受信した後、第1の指示メッセージセット中の第1の情報にしたがって、基地局がRBに構成したのはどの伝送機能とどの伝送エンティティであるかを知ることができる。
PDCPパケット複製機能は、PDCP層のデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、2つの異なる無線リンク制御(RLC:Radio Link Control)エンティティを介して送信することを指し得る。図2に示されたように、PDCPパケット複製は、キャリアと組み合わせて、即ち、ベアラ分割を通じて1つのPDCP層を異なる論理チャネルにマッピングしてから、さらに異なる物理キャリアにマッピングする。
伝送エンティティは、PDCPパケット複製機能を実現するのに必要なRLCエンティティを指し得る。例えば、PDCPパケット複製機能を実現することには、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティが必要とし、この場合、RBにプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティのこの2つのRLCエンティティを構成することができる。
ステップ120において、第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定する。
本開示の実施例において、端末は、基地局の構成にしたがって、前記RBにPDCPパケット複製機能を設定することができる。
ステップ130において、第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定する。
本開示の実施例において、端末は、基地局の構成にしたがって、RBに対応する伝送エンティティを設定することができる。例えば、基地局によって構成されたのが2つの伝送エンティティであれば、端末も2つの伝送エンティティを設定することができる。
ステップ140において、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含む。
本開示の実施例において、端末は、基地局の構成にしたがって、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、基地局が構成されていない場合、システムデフォルト初期状態にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができる。
ステップ150において、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行う。
本開示の実施例において、PDCPパケット複製機能が活性状態である場合と非活性状態である場合、その対応するデータの伝送方式は異なる。
具現的なシナリオにおいて、図3に示されたように、基地局と端末を含む。基地局は、RBに対してPDCPパケット複製機能を構成し、前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すための第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、第1の指示メッセージを端末に送信し、端末は前記第1の指示メッセージを受信して、基地局の構成にしたがってRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、および基地局の構成にしたがってRBに対応する伝送エンティティを設定し、さらにPDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、前記現在状態と設定された伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行う。
前記実施例からわかるように、第1の指示メッセージは、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すための第1の情報を含む、基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信することにより、第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定し、活性状態および非活性状態を含む、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行い、それにより、PDCPパケット複製機能に対するデータの伝送を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記ステップ110では、基地局がRBに構成した少なくとも2つの伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、このとき、端末も、プライマリ無線リンク制御(RLC)エンティティおよびセカンダリRLCを含むエンティティを前記RBに設定する必要があり、その設定プロセスは、(1−1)と(1−2)を含むことができる。
(1−1):RBが新規のSRBまたはDRBである場合、第1のRLCエンティティと第2のRLCエンティティを構築し、第1のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、第2のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定する。
(1−2):RBが既存のSRBまたはDRBである場合、1つの既存のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、他方の既存のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定する。
前記実施例からわかるように、基地局がRBに構成したプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティにしたがって、端末が対応するプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを前記RBに設定することもでき、それにより、PDCPパケット複製機能を実現するのに必要な2つの伝送エンティティを満足し、この2つの伝送エンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットを伝送することができて、データの伝送の速度を改善させるだけでなく、データの伝送の信頼性も向上させるため、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットが同じ伝送エンティティで伝送することによる送信成功率が非常に低い問題を避けることができる。
ある実施例において、前記ステップ140では、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することは、次の設定方法、即ち、(2−1)または(2−2)または(2−3)のうちの少なくとも1つの設定方法を含むことができる。
(2−1):PDCPパケット複製機能の現在状態をシステムデフォルト初期状態として設定し、前記システムデフォルト初期状態は、活性状態または非活性状態を含む。
本開示の実施例において、システムデフォルト初期状態が活性状態である場合、PDCPパケット複製機能の現在状態を活性状態として設定し、同様に、システムデフォルト初期状態が非活性状態である場合、PDCPパケット複製機能の現在状態を非活性状態として設定する。
(2−2):第1の指示メッセージが第2の情報をさらに含み、第2の情報は、基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態を示すために用いられ、前記初期状態は、活性状態または非活性状態である場合、前記第2の情報に基づいて、PDCPパケット複製機能の現在状態を基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態として設定する。
本開示の実施例において、基地局によって構成された初期状態が活性状態である場合、PDCPパケット複製機能の現在状態を活性状態として設定し、同様に、基地局によって構成された初期状態が非活性状態である場合、PDCPパケット複製機能の現在状態を非活性状態として設定する。
(2−3)基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信する場合、前記活性指示にしたがって、PDCPパケット複製機能の現在状態を活性状態として設定する。
本開示の実施例において、基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信した後、PDCPパケット複製機能の現在状態は、以前のPDCPパケット複製機能がどの状態にあったかに関係なく、活性状態として設定する必要がある。
前記(2−1)、(2−2)および(2−3)の3つの設定方法の優先度の中で、(2−3)の優先度が最も高く、PDCPパケット複製機能の現在状態を非活性状態として設定した場合でも、基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示をまだ受信した場合、このとき、PDCPパケット複製機能の現在状態を非活性状態から活性状態に切り替える必要がある。(2−1)の優先度が最も低く、即ち、システムデフォルト初期状態は、基地局のいずれの構成も受信されていない場合にのみ使用される。
前記実施例からわかるように、基地局の構成にしたがって、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、基地局の構成がない場合、システムデフォルト初期状態にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、こうして、後続に、前記現在状態にしたがって、対応するデータ伝送を行うことを確保することができて、データの伝送の多様性を豊かにする。
ある実施例において、前記ステップ150では、PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であり、RBに対応する伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含む。このとき、データの伝送時に、RBが新規のSRBまたはDRBであるか、既存のSRBまたはDRBであるかを区分する必要があり、区分された後のRBにしたがって対応するデータ伝送を行う。
最初に、RBが新規のSRBまたはDRBである。
このような方式では、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができる。
本開示の実施例において、PDCPは、パケットデータユニット(PDU:Packet Data Unit)をプライマリRLCエンティティを介して送信することができ、即ち、PDCPを介して送信可能なデータ量をプライマリRLCエンティティに対応する論理チャネルに指示することにより実現することができる。
次に、RBが既存のSRBまたはDRBである。
このような方式では、(3−1)または(3−2)または(3−3)または(3−4)のうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含むことができる。
(3−1):RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対して、前記セカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行う。
本開示の実施例において、PDCPは、プライマリRLCエンティティを介して後続のPDU(まだRLC層に移送されていないPDU)を送信し、既にセカンダリRLCエンティティに送信されたPDUは、前記セカンダリRLCエンティティによって送信される。
(3−2):確認モード(AMモード:Acknowledge Mode)で、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う。
本開示の実施例において、AMモードの場合、PDCPは、PLC層に移送されていないPDUおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信が成功されないPDUを、プライマリRLCエンティティを介して送信し、セカンダリRLCエンティティが新規のものではない場合、再構築することができる。
(3−3):非確認モード(UM:Unacknowledged Mode)で、RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う。
(3−4):UMモードでは、RLC層は、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータ、およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う。
本開示の実施例において、UMモードの場合、前記(3−3)および(3−4)の2つの方式を有する。PDCPは、プライマリRLCエンティティを介してまだRLC層に移送されていないPDUを送信し、または、RLC層がどのPDUがまだ次の層に移送されていないかを先にPDCPに指示し、その後、PDCP層は、プライマリRLCエンティティを介して、RLC層に移送されていないPDUおよびセカンダリRLCエンティティに移送されたがまだ送信していないPDUを送信し、セカンダリRLCエンティティが、新規のものではない場合、再構築することができる。
前記実施例からわかるように、PDCPパケット複製機能がまだ活性化されていない場合、このときのデータの伝送は、RBが新規のSRBまたはDRBであるか、それとも既存のSRBまたはDRBであるかを区分する必要があり、特に既存のSRBまたはDRBに対して、RLC層に移送されていないデータに対するか、それともセカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対するかを区分する必要があって、それにより、未送信および送信されたことがあるデータに対して異なる処理を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記(3−2)および(3−4)では、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、既存のセカンダリRLCエンティティをさらに再構築する。
前記実施例からわかるように、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う場合、既存のセカンダリRLCエンティティをさらに再構築し、即ち、既存のセカンダリRLCエンティティのデータを削除し、こうして後続の伝送データのために準備することができ、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記ステップ150では、PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であり、RBに対応する伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含む。このとき、データの伝送時に、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティのこの2つの伝送エンティティを使用して対応するデータ伝送を行い、即ち、(4−1)または(4−2)または(4−3)または(4−4)のうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む。
(4−1):RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信する。
本開示の実施例において、UEは、RLC層に移送されていないPDUを1つ複製して、2つのRLCエンティティを介してそれぞれ送信し、RLCエンティティに既に移送されたデータは、前記RLCエンティティによって引き続き送信する。
(4−2):AMモードでは、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティを既に移送したが送信成功していないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信する。
本開示の実施例において、AMモードの場合、UEは、まだRLC層に移送されていないPDUを1つ複製して、2つのRLCエンティティを介してそれぞれ送信し、RLCエンティティに既に移送されたがまだ送信に成功していないPDUに対しては、PDCP層が1つ複製して他方のRLCエンティティを介して送信する。
(4−3):UMモードでは、RLC層に移送されるデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信する。
(4−4):UMモードでは、RLC層は、送信されていないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティに既に移送されたが送信されていないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信する。
本開示の実施例において、UMモードの場合、前記(4−3)および(4−4)の2つの方式があり、UMモードの場合、PDCPは、RLC層にまだ移送されていないPDUのみを1つ複製して、2つのRLCエンティティを介してそれぞれ送信し、または、RLC層がどのPDUがまだ次の層に移送されていないかを先にPDCPに指示し、その後、PDCP層は、RLC層に移送されていないPDUを1つ複製して、2つのRLCエンティティを介してそれぞれ送信する。RLC層に既に移送されたがまだ送信していないPDUに対しては、PDCP層が1つ複製して、他方のRLCエンティティを介して送信する。およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信しないPDUは、プライマリRLCエンティティを介して送信する。
前記実施例からわかるように、PDCPパケット複製機能が活性化された後、この場合のデータの伝送は、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティの2つの伝送エンティティを必要とし、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、またはAMモードまたはUMモードでのそれぞれ異なる伝送方式を使用することで、それにより、未送信および送信されたことがあるデータを様々な伝送方式で伝送することができることを実現し、データの伝送の信頼性を確保する同時に、データの伝送の効率も向上させる。
ある実施例において、PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であり、図4に示されたように、前記データの伝送方法は、図1に示される方法を基にし、次のステップ410〜420をさらに含む。
ステップ410において、基地局によって送信された第2の指示メッセージを受信し、第2の指示メッセージはPDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すためである。
ステップ420において、セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う。
前記実施例からわかるように、基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する失活指示を受信した後、セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の失活時にもデータの成功的な伝送を実現することができるため、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図5に示されたように、前記データの伝送方法は図1に示される方法を基にし、次のステップ510〜520をさらに含む。
ステップ510において、基地局によって送信された第3の指示メッセージを受信し、第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる。
ステップ520において、セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う。
本開示の実施例において、第3の指示メッセージには、基地局によって構成されたリリース指定RLCエンティティがないため、このとき、セカンダリRLCエンティティのリリースをデフォルトすることができる。
前記実施例からわかるように、基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する失活指示を受信した後、セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の失活時にもデータの成功的な伝送を実現することができるため、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図6に示されたように、前記データの伝送方法は図1に示される方法を基にし、次のステップ610〜620ヲさらに含む。
ステップ610において、前記基地局によって送信された第4の指示メッセージを受信し、第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる。
本開示の実施例において、リリース指定RLCエンティティは、基地局がRBに構成した少なくとも2つの伝送エンティティのうちの1つである。例えば、リリース指定RLCエンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティのうちの1つである。
ステップ620において、前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行う。
本開示の実施例において、リリース指定RLCエンティティがプライマリRLCエンティティである場合、セカンダリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、リリース指定RLCエンティティがセカンダリRLCエンティティである場合、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができる。
前記実施例からわかるように、基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを受信した後、前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の構成解除および基地局がリリース指定RLCエンティティの場合、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータの成功的な伝送を確保することができて、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図7に示されたように、前記データの伝送方法は図1に示される方法を基にし、次のステップ710〜720をさらに含む。
ステップ710において、基地局によって送信された第5の指示メッセージを受信し、第5の指示メッセージは、基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる。
ステップ720において、PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始する。
このような方法は、RLC層に既に移送されたデータに対して、(5−1)または(5−2)または(5−3)のうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含むことができる。
(5−1):プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行う。
(5−2):PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態である場合、セカンダリRLCエンティティを再構築することができる。
(5−3):PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態である場合、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うことができる。
前記実施例からわかるように、基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を受信した後、PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始することができ、RLC層に既に移送されたデータに対して複数の方法を利用して伝送することができることにより、異なる機能の切り替えの場合にもデータの成功的な伝送を確保することができ、データの伝送の信頼性を向上させる。
図8は、一例示的な実施例により示すデータの伝送方法のフローチャートであり、前記データの伝送の指示方法は、基地局に使用されることができる。図8に示されたように、前記データの伝送方法は、次のステップ810〜840を含むことができる。
ステップ810において、RBに対してPDCPパケット複製機能を構成する。
本開示の実施例において、同じRBによって実現可能な伝送機能はすべて基地局によって構成され、端末は、基地局の構成にしたがって対応的な設定を行う。
ステップ820において、PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成する。
本開示の実施例において、伝送エンティティは、PDCPパケット複製機能を実現するのに必要とするRLCエンティティを指すことができる。例えば、PDCPパケット複製機能を実現するのにプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを必要とする場合、このとき、RBにプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティの2つのRLCエンティティを構成することができる。
ステップ830において、第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、第1の情報は、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すためである。
本開示の実施例において、基地局がRBにPDCPパケット複製機能、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを構成した場合、このとき、第1の指示メッセージを介して基地局の構成情報を端末に送信することができる。
ステップ840において、第1の指示メッセージを端末に送信し、端末が第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、および第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定するようにする。
前記実施例からわかるように、RBに対してPDCPパケット複製機能を構成することにより、PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、第1の情報は、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すためであり、第1の指示メッセージを端末に送信することにより、端末が第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、および第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定し、端末が第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定することができるようにし、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含み、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行い、それにより、PDCPパケット複製機能に対するデータの伝送を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図9に示されたように、前記データの伝送方法は、図8に示される方法を基にし、次のステップ910〜920をさらに含む。
ステップ910において、PDCPパケット複製機能の初期状態を構成し、前記初期状態は、活性状態または非活性状態である。
本開示の実施例において、基地局は、PDCPパケット複製機能の初期状態を構成し、その目的は、端末が基地局によって構成された初期状態にしたがって、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定するようにすることである。
ステップ920において、PDCPパケット複製機能の初期状態を示すための第2の情報を第1の指示メッセージに追加する。
前記実施例からわかるように、活性状態または非活性状態である、PDCPパケット複製機能の初期状態を構成することにより、端末が基地局の構成にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、さらに、前記現在状態にしたがって対応するデータ伝送を行い、こうして、基地局は、PDCPパケット複製機能を活性化するかどうかを柔軟に把握することができて、それにより、PDCPパケット複製機能の初期状態に対する基地局の制御を実現し、間接的にデータの伝送に対する端末の統合制御を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記ステップ840の後に、PDCPパケット複製機能を構成したRB、且つ前記PDCPパケット複製機能が活性状態である場合、基地局は、端末に失活を指示することができる。
このような方式では、基地局は、前記端末に第2の指示メッセージを送信することができ、第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すためである。
前記実施例からわかるように、端末にPDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すための第2の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する失活を実現し、データの伝送の制御性を向上させ、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記ステップ840の後に、PDCPパケット複製機能を構成したRBに対して、基地局は端末に構成解除をさらに指示することができる。
前記このような方式では、基地局は、端末に第3の指示メッセージを送信することができ、第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すためである。
前記実施例からわかるように、端末にPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すための第3の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する構成解除を実現することができて、データの伝送の制御性を向上させ、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記ステップ840の後に、PDCPパケット複製機能を構成したRBに対して、基地局は、端末に構成解除、およびリリース指定RLCエンティティを指示することができる。
このような方式では、基地局は、前記端末に第4の指示メッセージを送信することができ、第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除の指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる。
本開示の実施例において、リリース指定RLCエンティティは、基地局がRBに構成した少なくとも2つの伝送エンティティのうちの1つである。例えば、リリース指定RLCエンティティがプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティのうちの1つである。
前記実施例からわかるように、端末にPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すための第4の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する構成解除を実現し、RLCエンティティに対する制御も実現することができて、データの伝送の制御性をさらに向上させ、データの伝送の信頼性をさらに向上させる。
ある実施例において、前記ステップ840の後に、PDCPパケット複製機能を構成したRBに対して、基地局は、端末配置ベアラ分割機能をさらに指示することができる。
このような方式で、基地局は、端末に第5の指示メッセージを送信することができ、第5の指示メッセージは、基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を示すためである。
前記実施例からわかるように、端末に基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を示すための第5の指示メッセージを送信することにより、PDCPパケット複製機能とベアラ分割機能間の切り替えを実現し、同じRBに対する少なくとも2つの共用の伝送エンティティを利用して1つまたは複数の伝送機能を実現することを実現することができて、無線ベアラの伝送機能を豊かにし、データの伝送の実用性を向上させる。
前述データの伝送方法の実施例に対応して、本開示はさらにデータの伝送装置の実施例を提供する。
図10は、一例示的な実施例により示すデータの伝送装置のブロック図であり、前記データの伝送装置は、端末に使用されることができ、図1に示されるデータの伝送方法を実行するためであり、図10に示されたように、前記データの伝送装置は、
基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信するように構成される第1の受信モジュール101であって、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すために用いられる第1の受信モジュール101と、
前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定するように構成される第1の設定モジュール102と、
前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定するように構成される第2の設定モジュール103と、
前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定するように構成される第3の設定モジュール104であって、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含む第3の設定モジュール104と、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うように構成される第1の伝送モジュール105とを含む含むことができる。
前記実施例からわかるように、第1の指示メッセージは、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すための第1の情報を含む、基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信することにより、第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定し、活性状態および非活性状態を含む、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行い、それにより、PDCPパケット複製機能に対するデータの伝送を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図11に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、基地局によって構成された少なくとも2つの伝送エンティティは、プライマリ無線リンク制御(RLC)エンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、前記第2の設定モジュール103は、
前記RBが新規のシグナリングベアラ(SRB)またはデータベアラ(DRB)である場合、第1のRLCエンティティと第2のRLCエンティティを構築し、第1のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、第2のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定するように構成される第1の設定サブモジュール111と、
前記RBが既存のSRBまたはDRBである場合、1つの既存のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、他方の既存のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定するように構成される第2の設定サブモジュール112とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局がRBに構成したプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティにしたがって、端末が対応するプライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを前記RBに設定することもでき、それにより、PDCPパケット複製機能を実現するのに必要な2つの伝送エンティティを満足し、この2つの伝送エンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットを伝送することができて、データの伝送の速度を改善させるだけでなく、データの伝送の信頼性も向上させるため、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットが同じ伝送エンティティで伝送することによる送信成功率が非常に低い問題を避けることができる。
ある実施例において、図12に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、前記第3の設定モジュール104は、
前記現在状態をシステムデフォルト初期状態として設定することであって、前記システムデフォルト初期状態が活性状態または非活性状態を含むこと、または
前記第1の指示メッセージが第2の情報をさらに含む場合、前記第2の情報に基づいて、前記現在状態を前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態として設定することであって、前記第2の情報が、前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態を示すために用いられ、前記初期状態が活性状態または非活性状態であること、または
前記基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信する場合、前記活性指示にしたがって、前記現在状態を活性状態として設定することのうちの少なくとも1つの設定方法を実行するように構成される第3の設定サブモジュール121を含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局の構成にしたがって、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、基地局の構成がない場合、システムデフォルト初期状態にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、こうして、後続に、前記現在状態にしたがって、対応するデータ伝送を行うことを確保することができて、データの伝送の多様性を豊かにする。
ある実施例において、図13に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であり、RBに対応する伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、前記第1の伝送モジュール105は、
前記RBが新規のSRBまたはDRBであれば、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第1の伝送サブモジュール131と、
前記RBが既存のSRBまたはDRBであれば、
RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対して、前記セカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
確認モード(AMモード)では、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
非確認モード(UMモード)では、RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
UMモードでは、RLC層は、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータ、およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含むように構成される第2の伝送サブモジュール132とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、PDCPパケット複製機能まだ活性化されていない場合、このとき、データの伝送RBが新規のSRBまたはDRBであるか、それとも既存のSRBまたはDRBであるかを区分する必要があり、特に既存のSRBまたはDRBに対して、RLC層に移送されていないデータに対するか、それともセカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対するかを区分する必要があって、それにより、未送信および送信されたことがあるデータに対して異なる処理を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、前記第2の伝送サブモジュール132は、さらに、
RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う場合、既存のセカンダリRLCエンティティを再構築するように構成される第3の伝送サブモジュールを含む。
前記実施例からわかるように、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う場合、既存のセカンダリRLCエンティティをさらに再構築し、即ち、既存のセカンダリRLCエンティティのデータを削除することで、こうして後続の伝送データのために準備することができ、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図14に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であり、RBに対応する伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、前記第1の伝送モジュール105は、
RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
AMモードでは、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティを既に移送したが送信成功していないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信すること、または
UMモードでは、RLC層に移送されるデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
UMモードでは、RLC層は、送信されていないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティに既に移送されたが送信されていないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信することのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式で実行するように構成される第4の伝送サブモジュール141を含むことができる。
前記実施例からわかるように、PDCPパケット複製機能が活性化された後、この場合のデータの伝送は、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティの2つの伝送エンティティを必要とし、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、またはAMモードまたはUMモードでのそれぞれ異なる伝送方式を使用することで、それにより、未送信および送信されたことがあるデータを様々な伝送方式で伝送することができることを実現し、データの伝送の信頼性を確保する同時に、データの伝送の効率も向上させる。
ある実施例において、図15に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であり、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第2の指示メッセージを受信するように構成される第2の受信モジュール151であって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられる第2の受信モジュール151と、
セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第2の伝送モジュール152とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する失活指示を受信した後、セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の失活時にもデータの成功的な伝送を実現することができるため、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図16に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第3の指示メッセージを受信するように構成される第3の受信モジュール161であって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる第3の受信モジュール161と、
セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第3の伝送モジュール162とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を受信した後、セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができ、それにより、PDCPパケット複製機能の構成解除の時に、データの成功的な伝送を行うことを確保することができてデータの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図17に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第4の指示メッセージを受信する第4の受信モジュール171であって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる第4の受信モジュール171と、
前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第4の伝送モジュール172とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局によって送信されたPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを受信した後、前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことができて、それにより、PDCPパケット複製機能の構成解除および基地局がリリース指定RLCエンティティの場合、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータの成功的な伝送を確保することができて、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図18に示されたように、そして図10に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記基地局によって送信された第5の指示メッセージを受信する第5の受信モジュール181であって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる第5の受信モジュール181と、
PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始するように構成される開始モジュール182と、
RLC層に既に移送されたデータに対して
プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であれば、セカンダリRLCエンティティを再構築すること、または
前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であれば、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式で実行するように構成される第5の伝送モジュール183とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を受信した後、PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始することができ、RLC層に既に移送されたデータに対して複数の方法を利用して伝送することができることにより、異なる機能の切り替えの場合にもデータの成功的な伝送を確保することができ、データの伝送の信頼性を向上させる。
図19は、一例示的な実施例により示すデータの伝送装置のブロック図であり、前記データの伝送装置は、基地局に使用されることができ、図8に示されるデータの伝送方法を実行するためであり、図19に示されたように、前記データの伝送装置は、
無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成するように構成される第1の構成モジュール191と、
前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成するように構成される第2の構成モジュール192と、
第1の情報を第1の指示メッセージに追加するように構成される第1の追加モジュール193であって、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられる第1の追加モジュール193と、
前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにするように構成される第1の送信モジュール194とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、RBに対してPDCPパケット複製機能を構成し、PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、第1の情報は、基地局がRBに対して構成するPDCPパケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すためであり、第1の指示メッセージを端末に送信することにより、端末が第1の指示メッセージに基づいてRBに対応する伝送機能をPDCPパケット複製機能として設定し、および第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定し、端末が第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいてRBに対応する伝送エンティティを設定することができるようにし、活性状態および非活性状態を含む、PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、PDCPパケット複製機能の現在状態および設定されたRBに対応する伝送エンティティに基づいて対応するデータ伝送を行い、それにより、PDCPパケット複製機能に対するデータの伝送を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図20に示されたように、図19に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
PDCPパケット複製機能の初期状態を構成するように構成される第3の構成モジュール201であって、前記初期状態は活性状態または非活性状態である第3の構成モジュール201と、
前記初期状態を示すための第2の情報を前記第1の指示メッセージに追加するように構成される第2の追加モジュール202とを含むことができる。
前記実施例からわかるように、PDCPパケット複製機能の初期状態を構成することにより、ここで、前記初期状態は活性状態または非活性状態であり、端末が基地局の構成にしたがってPDCPパケット複製機能の現在状態を設定することができ、さらに、前記現在状態にしたがって対応するデータ伝送を行い、こうして、基地局は、PDCPパケット複製機能を活性化するかどうかを柔軟に把握することができて、それにより、PDCPパケット複製機能の初期状態に対する基地局の制御を実現し、間接的にデータの伝送に対する端末の統合制御を実現し、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図19に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記端末に第2の指示メッセージを送信するように構成される第2の送信モジュールであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられる第2の送信モジュールを含むことができる。
前記実施例からわかるように、端末にPDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すための第2の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する失活を実現し、データの伝送の制御性を向上させ、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図19に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記端末に第3の指示メッセージを送信する第3の送信モジュールであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる第3の送信モジュールを含むことができる。
前記実施例からわかるように、端末にPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すための第3の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する構成解除を実現することができて、データの伝送の制御性を向上させ、データの伝送の信頼性を向上させる。
ある実施例において、図19に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記端末に第4の指示メッセージを送信する第4の送信モジュールであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる第4の送信モジュールを含むことができる。
前記実施例からわかるように、端末にPDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すための第4の指示メッセージを送信することにより、基地局のPDCPパケット複製機能に対する構成解除を実現し、RLCエンティティに対する制御も実現することができて、データの伝送の制御性をさらに向上させ、データの伝送の信頼性をさらに向上させる。
ある実施例において、図19に示される装置を基にし、前記装置は、さらに、
前記端末に第5の指示メッセージを送信するように構成される第5の送信モジュールであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる第5の送信モジュールを含むことができる。
前記実施例からわかるように、基地局がRBに対して構成するベアラ分割機能を示すための第5の指示メッセージを端末に送信することにより、PDCPパケット複製機能とベアラ分割機能間の切り替えを実現し、同じRBに対する少なくとも2つの共用の伝送エンティティを利用して1つまたは複数の伝送機能を実現することを実現することができて、無線ベアラの伝送機能を豊かにし、データの伝送の実用性を向上させる。
装置の実施例において、基本的に方法の実施例に対応するため、関連する部分は、方法の実施例の部分の説明を参照すればよい。上記の装置の実施例はただ例示的であり、その中で、前記個別の部品として説明されるユニットは物理的に分離される場合とされない場合があり、ユニットとして表示される部品は物理ユニットである場合とそうでない場合があり、即ち、1つの場所に配置される場合と、複数のネットワークユニットに分散される場合がある。実際の必要に応じて、その中の一部またはすべてのモジュールを選択して本開示の方案の目的を達成することができる。当業者は、創造的な労働なしに理解および実施することができる。
対応的に、本開示は、さらに非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、前記記憶媒体にコンピュータプログラムが記憶され、前記コンピュータプログラムは、前記図1ないし図7のいずれか1つに記載のデータの伝送方法を実行するためである。
対応的に、本開示は、さらに非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、前記記憶媒体にコンピュータプログラムが記憶され、前記コンピュータプログラムは、前記図8ないし図9のいずれか1つに記載のデータの伝送方法を実現するためである。
対応的に、本開示は、さらに端末に使用されるデータの伝送装置を提供し、前記装置は、
プロセッサと、
プロセッサによって実行可能な命令を格納するように構成されるメモリとを含み、
ここで、前記プロセッサは、
基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信し、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティとを示すために用いられ、
前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、
前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定し、
前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含み、
前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うように構成される。
図21は、一例示的な実施例により示すデータの伝送装置の構造模式図である。図21に示されたように、一例示的な実施例により示すデータの伝送装置2100であり、前記装置2100は、コンピュータ、携帯電話、デジタル放送端末、メッセージングデバイス、ゲームコンソール、タブレットデバイス、医療機器、フィットネス機器、携帯情報端末等であってもよい。
図21を参照すれば、装置2100は、処理コンポーネント2101、メモリ2102、電力コンポーネント2103、マルチメディアコンポーネント2104、オーディオコンポーネント2105、入力/出力(I/O)のインターフェース2106、センサコンポーネント2107、および通信コンポーネント2108のうちの1つまたは複数のコンポーネントを含むことができる。
処理コンポーネント2101は、一般的に、ディスプレイ、電話、データ通信、カメラ操作および記録操作に関連する操作のような装置2100の全般的な操作を制御する。処理コンポーネント2101は、前記の方法のステップのすべてまたは一部を完了するために、1つまたは複数のプロセッサ2109によって命令を実行する。加えて、処理コンポーネント2101は、処理コンポーネント2101と他のコンポーネントとの間の相互作用を容易にするために、1つまたは複数のモジュールを含むことができる。例えば、処理コンポーネント2101は、マルチメディアコンポーネント2104と処理コンポーネント2101との間の相互作用を容易にするために、マルチメディアモジュールを含むことができる。
メモリ2102は、装置2100での動作をサポートするために、様々なタイプのデータを格納するように構成される。これらのデータの例には、装置2100で動作する任意のアプリケーションまたは方法の命令、連絡先データ、電話帳データ、メッセージ、写真、ビデオ等が含まれる。メモリ2102は、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)、電気的に消去可能なプログラム可能な読み取り専用メモリ(EEPROM)、消去可能なプログラム可能な読み取り専用メモリ(EPROM)、プログラム可能な読み取り専用メモリ(PROM)、読み取り専用メモリ(ROM)、磁気メモリ、フラッシュメモリ、磁気ディスクまたは光ディスクなど、あらゆるタイプの揮発性または不揮発性ストレージデバイスまたはそれらの組み合わせで実装することができる。
電力コンポーネント2103は、装置2100の様々なコンポーネントに電力を提供する。電力コンポーネント2103は、電源管理システム、1つまたは複数の電源、および装置2100の電力の生成、管理および分配に関する他のコンポーネントを含むことができる。
マルチメディアコンポーネント2104は、前記装置2100とユーザとの間の、出力インターフェースを提供するスクリーンを含む。いくつかの実施例において、スクリーンは、液晶ディスプレイ(LCD)およびタッチパネル(TP)を含み得る。スクリーンがタッチパネルを含む場合、スクリーンは、ユーザからの入力信号を受信するためのタッチスクリーンとして実現されることができる。タッチパネルは、タッチ、スワイプおよびタッチパネルでのジェスチャーを検知するための1つまたは複数のタッチセンサが含まれる。前記タッチセンサは、タッチまたはスワイプの操作の境界を感知するだけでなく、前記タッチまたはスワイプ動作に関連する持続時間および圧力も検出する。いくつかの実施例において、マルチメディアコンポーネント2104は、フロントカメラおよび/またはリアカメラを含む。装置2100が、撮影モードまたはビデオモードなどの動作モードにあるとき、フロントカメラおよび/またはリアカメラは、外部マルチメディアデータを受信することができる。各フロントカメラおよびリアカメラはそれぞれ、固定光学レンズシステムであるかまたは焦点距離と光学ズーム機能を持つことができる。
オーディオコンポーネント2105は、オーディオ信号を出力および/または入力するように構成される。例えば、オーディオコンポーネント2105は、1つのマイクロフォン(MIC)を含み、装置2100が通話モード、録音モードおよび音声認識モードなどの動作モードにあるとき、マイクロフォンは、外部オーディオ信号を受信するように構成される。受信されたオーディオ信号は、メモリ2102にさらに格納されてもよいし、または通信コンポーネント2108を介して送信されてもよい。いくつかの実施例において、オーディオコンポーネント2105は、オーディオ信号を出力するためのスピーカをさらに含む。
I/Oインターフェース2106は、処理コンポーネント2101と周辺インターフェースモジュールとの間にインターフェースを提供し、前記周辺インターフェースモジュールは、キーボード、クリックホイール、ボタンなどであってもよい。これらのボタンは、ホームボタン、ボリュームボタン、スタートボタン、ロックボタンを含むが、これらに限定されない。
センサコンポーネント2107は、装置2100に各態様の状態の評価を提供するための1つまたは複数のセンサを含む。例えば、センサコンポーネント2107は、装置2100のオン/オフ状態と、装置2100のディスプレイやキーパッドなどのコンポーネントの相対的な位置づけとを検出することができ、センサコンポーネント2107は、装置2100または装置2100のコンポーネントの位置の変化、ユーザとの装置2100の接触の有無、装置2100の向きまたは加速/減速、および装置2100の温度の変化も検出することができる。センサコンポーネント2107は、物理的接触なしに近くの物体の存在を検出するように構成された近接センサを含むことができる。センサコンポーネント2107は、撮像用途で使用するためのCMOSまたはCCD画像センサなどの光センサも含むことができる。いくつかの実施例において、前記センサコンポーネント2107は、加速度センサ、ジャイロスコープセンサ、磁気センサ、圧力センサまたは温度センサをさらに含むことができる。
通信コンポーネント2108は、装置2100と他の機器との間の有線または無線通信を容易にするように構成される。装置2100は、WiFi、2Gまたは3G、またはそれらの組み合わせなどの通信規格に基づく無線ネットワークにアクセスすることができる。ある例示的な実施例において、通信コンポーネント2108は、放送チャンネルを介して外部放送管理システムからの放送信号または放送関連情報を受信する。ある例示的な実施例において、前記通信コンポーネント2108は、短距離通信を促進するための近距離通信(NFC)モジュールをさらに含む。例えば、NFCモジュールは、無線周波数識別(RFID)技術、赤外データ協会(IrDA)技術、ウルトラワイドバンド(UWB)技術、Bluetooth(登録商標)(BT)技術および他の技術に基づいて実現することができる。
例示的な実施例において、装置2100は、前記方法を実行するために、1つまたは複数の特定用途向け集積回路(ASIC)、デジタル信号プロセッサ(DSP)、デジタル信号処理デバイス(DSPD)、プログラマブルロジックデバイス(PLD)、分野プログラマブルゲートアレイ(FPGA)、コントローラ、マイクロコントローラ、マイクロプロセッサまたは他の電子部品によって実現されることができる。
例示的な実施例において、命令を含むメモリ2102などの、命令を含む非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供することができ、前記命令は、装置2100のプロセッサ2109によって実行されて前記方法を完了することができる。例えば、前記非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体は、ROM、ランダムアクセスメモリ(RAM)、CD−ROM、磁気テープ、フロッピーディスク和光学データ記憶装置等であってもよい。
ここで、前記プロセッサによって前記記憶媒体中の命令が実行される場合、装置2100に前記のいずれか1つに記載のデータの伝送方法を実行させることができるようにする。
対応的に、本開示は、さらに基地局に使用されるデータの伝送装置を提供し、前記装置は、
プロセッサと、
プロセッサによって実行可能な命令を格納するように構成されるメモリとを含み、
ここで、前記プロセッサは、
無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成し、
前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、
第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられ、
前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにするように構成される。
図22に示されたように、図22は、一例示的な実施例により示すデータの伝送装置の構造模式図である。装置2200は、基地局として提供されることができる。図22を参照すれば、装置2200は、処理コンポーネント2222、無線送信/受信コンポーネント2224、アンテナコンポーネント2226、および無線インターフェースに特有の信号処理部分を含み、処理コンポーネント2222は、1つまたは複数のプロセッサをさらに含むことができる。
処理コンポーネント2222内の1つのプロセッサ前記任意に記載のデータの伝送方法を実行するように構成されることができる。
当業者は、明細書を考慮して、本明細書に開示された開示を実施した後、本開示の他の実施方案を容易に想到し得るであろう。本出願は、本開示のあらゆる変形、応用または適応性変化を網羅することを意図し、これらの変形、応用または適応性変化は、本開示の普通の原理に準拠し本開示によって開示されていない本技術分野における公知知識または従来の技術的手段を含む。明細書と実施例は、例示としてのみ考慮され、本開示の真の範囲および思想は添付の特許請求の範囲によって示される。
本開示は、上記で説明され、図面に示された正確な構造に限定されるものではなく、その範囲から逸脱することなく様々な修正および変更を行うことができることを理解されたい。本開示の範囲は、添付の特許請求の範囲によってのみ制限される。

Claims (36)

  1. データの伝送方法であって、端末に適用され、前記方法は、
    基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信することであって、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティとを示すために用いられることと、
    前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定することと、
    前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定することと、
    前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することであって、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含むことと、
    前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うこととを含む、データの伝送方法。
  2. 前記少なくとも2つの伝送エンティティは、プライマリ無線リンク制御(RLC)エンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
    前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定することは、
    前記RBが新規のシグナリングベアラ(SRB)またはデータベアラ(DRB)である場合、第1のRLCエンティティと第2のRLCエンティティを構築し、第1のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、第2のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定することと、
    前記RBが既存のSRBまたはDRBである場合、1つの既存のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、他方の既存のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定することとを含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  3. 前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定することは、
    前記現在状態をシステムデフォルト初期状態として設定することであって、前記システムデフォルト初期状態が活性状態または非活性状態を含むこと、または
    前記第1の指示メッセージが第2の情報をさらに含む場合、前記第2の情報に基づいて、前記現在状態を前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態として設定することであって、前記第2の情報が、前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態を示すために用いられ、前記初期状態が活性状態または非活性状態であること、または
    前記基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信する場合、前記活性指示にしたがって、前記現在状態を活性状態として設定することのうちの少なくとも1つの設定方法を含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  4. 前記現在状態が非活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
    前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うことは、
    前記RBが新規のSRBまたはDRBであれば、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、
    前記RBが既存のSRBまたはDRBであれば、
    RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対して、前記セカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
    確認モード(AMモード)では、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
    非確認モード(UMモード)では、RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
    UMモードでは、RLC層は、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータ、およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  5. 前記RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことは、
    既存のセカンダリRLCエンティティを再構築することをさらに含む、
    請求項4に記載のデータの伝送方法。
  6. 前記現在状態が活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
    前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うことは、
    RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
    AMモードでは、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティを既に移送したが送信成功していないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信すること、または
    UMモードでは、RLC層に移送されるデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
    UMモードでは、RLC層は、送信されていないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティに既に移送されたが送信されていないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信することのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  7. 前記現在状態が活性状態であり、前記方法は、
    前記基地局によって送信された第2の指示メッセージを受信することであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられることと、
    セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこととをさらに含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  8. 前記方法は、
    前記基地局によって送信された第3の指示メッセージを受信することであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられることと、
    セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこととを含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  9. 前記方法は、
    前記基地局によって送信された第4の指示メッセージを受信することであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられることと、
    前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこととをさらに含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  10. 前記方法は、
    前記基地局によって送信された第5の指示メッセージを受信することであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられることと、
    PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始することとをさらに含み、
    RLC層に既に移送されたデータに対して、
    プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
    前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であれば、セカンダリRLCエンティティを再構築すること、または
    前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であれば、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含む、
    請求項1に記載のデータの伝送方法。
  11. データの伝送方法であって、基地局に適用され、前記方法は、
    無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成することと、
    前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成することと、
    第1の情報を第1の指示メッセージに追加することであって、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられることと、
    前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにすることとを含む、前記データの伝送方法。
  12. 前記方法は、
    PDCPパケット複製機能の初期状態を構成することであって、前記初期状態は活性状態または非活性状態であることと、
    前記初期状態を示すための第2の情報を前記第1の指示メッセージに追加することとをさらに含む、
    請求項11に記載のデータの伝送方法。
  13. 前記方法は、
    前記端末に第2の指示メッセージを送信することであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられることをさらに含む、
    請求項11に記載のデータの伝送方法。
  14. 前記方法は、
    前記端末に第3の指示メッセージを送信することであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられることをさらに含む、
    請求項11に記載のデータの伝送方法。
  15. 前記方法は、
    前記端末に第4の指示メッセージを送信することであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられることをさらに含む、
    請求項11に記載のデータの伝送方法。
  16. 前記方法は、
    前記端末に第5の指示メッセージを送信することであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられることをさらに含む、
    請求項11に記載のデータの伝送方法。
  17. データの伝送装置であって、端末に適用され、
    基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信するように構成される第1の受信モジュールであって、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティを示すために用いられる第1の受信モジュールと、
    前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定するように構成される第1の設定モジュールと、
    前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定するように構成される第2の設定モジュールと、
    前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定するように構成される第3の設定モジュールであって、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含む第3の設定モジュールと、
    前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うように構成される第1の伝送モジュールとを含む、前記データの伝送装置。
  18. 前記少なくとも2つの伝送エンティティは、プライマリ無線リンク制御(RLC)エンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、前記第2の設定モジュールは、
    前記RBが新規のシグナリングベアラ(SRB)またはデータベアラ(DRB)である場合、第1のRLCエンティティと第2のRLCエンティティを構築し、第1のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、第2のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定するように構成される第1の設定サブモジュールと、
    前記RBが既存のSRBまたはDRBである場合、1つの既存のRLCエンティティをプライマリRLCエンティティとして設定し、他方の既存のRLCエンティティをセカンダリRLCエンティティとして設定するように構成される第2の設定サブモジュールとを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置
  19. 前記第3の設定モジュールは、
    前記現在状態をシステムデフォルト初期状態として設定することであって、前記システムデフォルト初期状態が活性状態または非活性状態を含むこと、または
    前記第1の指示メッセージが第2の情報をさらに含む場合、前記第2の情報に基づいて、前記現在状態を前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態として設定することであって、前記第2の情報が、前記基地局によって構成されたPDCPパケット複製機能の初期状態を示すために用いられ、前記初期状態が活性状態または非活性状態であること、または
    前記基地局によって送信された、PDCPパケット複製機能に対する活性指示を受信する場合、前記活性指示にしたがって、前記現在状態を活性状態として設定することのうちの少なくとも1つの設定方法を実行するように構成される第3の設定サブモジュールを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  20. 前記現在状態が非活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
    前記第1の伝送モジュールは、
    前記RBが新規のSRBまたはDRBであれば、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第1の伝送サブモジュールと、
    前記RBが既存のSRBまたはDRBであれば、
    RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行い、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたデータに対して、前記セカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
    確認モード(AMモード)では、RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
    非確認モード(UMモード)では、RLC層に移送されていないデータに対して、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うこと、または
    UMモードでは、RLC層は、セカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータ、およびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたがまだ送信していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式を含むように構成される第2の伝送サブモジュールとを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  21. 前記第2の伝送サブモジュールは、さらに、
    RLC層に移送されていないデータおよびセカンダリRLCエンティティに既に移送されたが送信成功していないデータに対して、両方ともプライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行う場合、既存のセカンダリRLCエンティティを再構築するように構成される第3の伝送サブモジュールを含む、
    請求項20に記載のデータの伝送装置。
  22. 前記現在状態が活性状態であり、前記伝送エンティティは、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを含み、
    前記第1の伝送モジュールは、
    RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
    AMモードでは、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティを既に移送したが送信成功していないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信すること、または
    UMモードでは、RLC層に移送されるデータを複製して、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信すること、または
    UMモードでは、RLC層は、送信されていないデータをPDCP層に報告し、前記PDCP層は、RLC層に移送されていないデータに対しては複製を行い、PDCPパケットおよびPDCP複製パケットを得、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを介してPDCPパケットおよびPDCP複製パケットをそれぞれ送信し、1つのRLCエンティティに既に移送されたが送信されていないデータに対しては複製を行い、別のPDCP複製パケットを得、他方のRLCエンティティを介して前記別のPDCP複製パケットを送信することのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式で実行するように構成される第4の伝送サブモジュールを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  23. 前記現在状態が活性状態であり、前記装置は、さらに、
    前記基地局によって送信された第2の指示メッセージを受信するように構成される第2の受信モジュールであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられる第2の受信モジュールと、
    セカンダリRLCエンティティを再構築し、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第2の伝送モジュールとを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  24. 前記装置は、さらに、
    前記基地局によって送信された第3の指示メッセージを受信するように構成される第3の受信モジュールであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる第3の受信モジュールと、
    セカンダリRLCエンティティをリリースし、プライマリRLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第3の伝送モジュールとを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  25. 前記装置は、さらに、
    前記基地局によって送信された第4の指示メッセージを受信するように構成される第4の受信モジュールであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる第4の受信モジュールと、
    前記リリース指定RLCエンティティをリリースし、リリース未指定RLCエンティティを利用してデータ伝送を行うように構成される第4の伝送モジュールとを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  26. 前記装置は、さらに、
    前記基地局によって送信された第5の指示メッセージを受信するように構成される第5の受信モジュールであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる第5の受信モジュールと、
    PDCPパケット複製機能を停止し、ベアラ分割機能を開始するように構成される開始モジュールと、
    RLC層に既に移送されたデータに対して、
    プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うこと、または
    前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が活性状態であれば、セカンダリRLCエンティティを再構築すること、または
    前記PDCPパケット複製機能を停止する前に、前記PDCPパケット複製機能の現在状態が非活性状態であれば、プライマリRLCエンティティおよびセカンダリRLCエンティティを引き続き利用してデータ伝送を行うことのうちの少なくとも1つのデータの伝送方式で実行するように構成される第5の伝送モジュールとを含む、
    請求項17に記載のデータの伝送装置。
  27. 基地局に使用されるデータの伝送装置であって、
    無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成するように構成される第1の構成モジュールと、
    前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成するように構成される第2の構成モジュールと、
    第1の情報を第1の指示メッセージに追加するように構成される第1の追加モジュールであって、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられる第1の追加モジュールと、
    前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにするように構成される第1の送信モジュールとを含む、前記データの伝送装置。
  28. 前記装置は、さらに、
    PDCPパケット複製機能の初期状態を構成するように構成される第3の構成モジュールであって、前記初期状態は活性状態または非活性状態である第3の構成モジュールと、
    前記初期状態を示すための第2の情報を前記第1の指示メッセージに追加するように構成される第2の追加モジュールとを含む、
    請求項27に記載のデータの伝送装置。
  29. 前記装置は、さらに、
    前記端末に第2の指示メッセージを送信するように構成される第2の送信モジュールであって、前記第2の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する失活指示を示すために用いられる第2の送信モジュールを含む、
    請求項27に記載のデータの伝送装置。
  30. 前記装置は、さらに、
    前記端末に第3の指示メッセージを送信するように構成される第3の送信モジュールであって、前記第3の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示を示すために用いられる第3の送信モジュールを含む、
    請求項27に記載のデータの伝送装置
  31. 前記装置は、さらに、
    前記端末に第4の指示メッセージを送信するように構成される第4の送信モジュールであって、前記第4の指示メッセージは、PDCPパケット複製機能に対する構成解除指示およびリリース指定RLCエンティティを示すために用いられる第4の送信モジュールを含む、
    請求項27に記載のデータの伝送装置
  32. 前記装置は、さらに、
    前記端末に第5の指示メッセージを送信するように構成される第5の送信モジュールであって、前記第5の指示メッセージは、前記基地局が前記RBに対して構成するベアラ分割機能を示すために用いられる第5の送信モジュールを含む、
    請求項27に記載のデータの伝送装置
  33. コンピュータプログラムが記憶される非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、
    前記コンピュータプログラムは、前記請求項1ないし10のいずれか1つに記載のデータの伝送方法を実行するためである、前記非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。
  34. コンピュータプログラムが記憶される非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、
    前記請求項11ないし16のいずれか一項に記載のデータの伝送方法を実行するためである、前記非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。
  35. 端末に使用されるデータの伝送装置であって、
    プロセッサと、
    プロセッサによって実行可能な命令を格納するように構成されるメモリとを含み、
    前記プロセッサは、
    基地局によって送信された第1の指示メッセージを受信し、前記第1の指示メッセージは、第1の情報を含み、前記第1の情報は、前記基地局が無線ベアラ(RB)に対して構成するデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能と少なくとも2つの伝送エンティティとを示すために用いられ、
    前記第1の指示メッセージに基づいて、前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、
    前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて、前記RBに対応する伝送エンティティを設定し、
    前記PDCPパケット複製機能の現在状態を設定し、前記現在状態は、活性状態および非活性状態を含み、
    前記現在状態と前記伝送エンティティに基づいて、対応するデータ伝送を行うように構成される、前記データの伝送装置。
  36. 基地局に使用されるデータの伝送装置であって、
    プロセッサと、
    プロセッサによって実行可能な命令を格納するように構成されるメモリとを含み、
    前記プロセッサは、
    無線ベアラ(RB)に対してデータパケット集約プロトコル(PDCP)パケット複製機能を構成し、
    前記PDCPパケット複製機能を実現するための少なくとも2つの伝送エンティティを構成し、
    第1の情報を第1の指示メッセージに追加し、前記第1の情報は、前記PDCPパケット複製機能および前記伝送エンティティを示すために用いられ、
    前記第1の指示メッセージを端末に送信し、前記端末が、前記第1の指示メッセージに基づいて前記RBに対応する伝送機能を前記PDCPパケット複製機能として設定し、前記第1の指示メッセージ内の少なくとも2つの伝送エンティティに基づいて前記RBに対応する伝送エンティティを設定するようにするように構成される、前記データの伝送装置。
JP2020509426A 2017-08-21 2017-08-21 データの伝送方法および装置 Pending JP2020532193A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/CN2017/098352 WO2019036862A1 (zh) 2017-08-21 2017-08-21 数据传输方法及装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2020532193A true JP2020532193A (ja) 2020-11-05

Family

ID=63095032

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020509426A Pending JP2020532193A (ja) 2017-08-21 2017-08-21 データの伝送方法および装置

Country Status (9)

Country Link
US (1) US20200187297A1 (ja)
EP (1) EP3668253A4 (ja)
JP (1) JP2020532193A (ja)
KR (1) KR20200038512A (ja)
CN (1) CN108401484A (ja)
BR (1) BR112020003446A2 (ja)
RU (1) RU2746271C1 (ja)
SG (1) SG11202001289VA (ja)
WO (1) WO2019036862A1 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110972335A (zh) * 2018-09-29 2020-04-07 华为技术有限公司 一种模式切换方法、数据流分流方法及装置
CN111107581B (zh) * 2018-10-26 2020-10-02 展讯通信(上海)有限公司 Pdcp复制功能的确定、指示方法及装置、基站、终端
WO2020087294A1 (zh) * 2018-10-30 2020-05-07 Oppo广东移动通信有限公司 基于复制数据的传输方法和设备
WO2020087267A1 (zh) * 2018-10-30 2020-05-07 Oppo广东移动通信有限公司 一种数据处理方法、终端设备及存储介质
WO2020118991A1 (zh) * 2018-12-11 2020-06-18 Oppo广东移动通信有限公司 无线通信方法、终端设备和网络设备
WO2020118519A1 (zh) * 2018-12-11 2020-06-18 Oppo广东移动通信有限公司 无线通信方法、终端设备和网络设备
CN111404633A (zh) * 2019-01-03 2020-07-10 华为技术有限公司 一种选择传输模式的方法及设备
CN111699649A (zh) * 2019-01-14 2020-09-22 Oppo广东移动通信有限公司 一种数据流处理方法、设备及存储介质
WO2020147051A1 (zh) * 2019-01-16 2020-07-23 Oppo广东移动通信有限公司 一种传输数据的方法和终端设备
CN111278061A (zh) * 2019-01-18 2020-06-12 维沃移动通信有限公司 数据处理方法、信息配置方法、终端及网络设备
CN111436066A (zh) * 2019-02-14 2020-07-21 维沃移动通信有限公司 数据包承载路径确定、信息发送方法和设备
WO2020199181A1 (en) * 2019-04-04 2020-10-08 Qualcomm Incorporated Control message for dynamic radio link control (rlc) entity selection
WO2021016778A1 (zh) * 2019-07-26 2021-02-04 Oppo广东移动通信有限公司 一种传输资源选择方法、网络设备、用户设备

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8830950B2 (en) * 2007-06-18 2014-09-09 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for PDCP reordering at handoff
EP3061309B1 (en) * 2013-10-21 2020-04-08 LG Electronics Inc. Method and ue for transmitting uplink data in a dual connectivity and a device therefor
EP3095289B1 (en) * 2014-01-17 2020-04-15 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and system for handling of special scell selection in dual connectivity
JP5852193B1 (ja) * 2014-08-06 2016-02-03 株式会社Nttドコモ ユーザ装置
US10142799B2 (en) * 2014-08-19 2018-11-27 Qualcomm Incorporated Multicasting traffic using multi-connectivity

Also Published As

Publication number Publication date
KR20200038512A (ko) 2020-04-13
EP3668253A4 (en) 2020-07-22
BR112020003446A2 (pt) 2021-02-02
EP3668253A1 (en) 2020-06-17
SG11202001289VA (en) 2020-03-30
CN108401484A (zh) 2018-08-14
RU2746271C1 (ru) 2021-04-12
WO2019036862A1 (zh) 2019-02-28
US20200187297A1 (en) 2020-06-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2018145454A1 (zh) 状态转换方法、状态保持方法、装置及用户设备
JP2020524936A (ja) 複製送信の構成、複製送信方法および装置
CN108513737B (zh) 信息传输方法和信息传输装置
US20180324562A1 (en) Method of operating function and resource of electronic device
US8989389B2 (en) Method and apparatus for device-to-device key management
WO2018176231A1 (zh) 数据传输方法及装置、数据接收方法及装置、电子设备
US20180007583A1 (en) Methods And Devices For Establishing Radio Resource Control (RRC) Connection
DE102012107790A1 (de) Leichte gemeinsame Nutzung von drahtlosen Audiosignalen
JP6426079B2 (ja) Bluetoothネットワークでデータ通信を中継するための方法および装置
JP2017517997A (ja) 着信通知方法及び装置、プログラム及び記録媒体
WO2017092371A1 (zh) 低功耗蓝牙设备的连接参数更新方法及装置
CN105027623A (zh) 用于在双sim装置中避免呼叫失败的方法和装置
RU2737026C1 (ru) Способ передачи и обработки данных и устройство связи
JP2017523941A (ja) セルフバランスカーの管理方法、装置、プログラム及び記録媒体
KR20120133878A (ko) 무선 통신 시스템에서 단말의 멀티미디어 메시지 제어 방법 및 이를 위한 장치
EP3606148A1 (en) Method and device for reporting buffer state
CN108370304A (zh) 关闭、开启数据包汇聚协议包复制功能的方法及装置
US20150256988A1 (en) Method, terminal, server, and system for audio signal transmission
WO2020142940A1 (zh) 资源分配方法及装置
CN107534812B (zh) 蓝牙扬声器的环网
US10237901B2 (en) Method and apparatus for connecting with controlled smart device, and storage medium
CN105898792B (zh) 在节点b中使用的方法、节点b以及装置
WO2015149524A1 (zh) 处理呼叫占线的方法、装置和系统
US20190364588A1 (en) Data Transmission Method, Related Device, and System
CN108401526A (zh) 信息配置方法及装置、时频位置的确定方法及装置和基站

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200218

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20210225

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210315