JP2020060184A - 可変の圧力ポート位置と複合的冷却機能とを備えたポンプ統合のための構造構想 - Google Patents

可変の圧力ポート位置と複合的冷却機能とを備えたポンプ統合のための構造構想 Download PDF

Info

Publication number
JP2020060184A
JP2020060184A JP2019185724A JP2019185724A JP2020060184A JP 2020060184 A JP2020060184 A JP 2020060184A JP 2019185724 A JP2019185724 A JP 2019185724A JP 2019185724 A JP2019185724 A JP 2019185724A JP 2020060184 A JP2020060184 A JP 2020060184A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pump
drive
drive housing
housing
pressure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2019185724A
Other languages
English (en)
Other versions
JP6890642B2 (ja
Inventor
ヘニガー ユルゲン
Henniger Juergen
ヘニガー ユルゲン
ライフ アンドレアス
Reif Andreas
ライフ アンドレアス
ケスリン マティアス
Koeslin Matthias
ケスリン マティアス
Original Assignee
シー・ピー・ティー ツヴァイ ゲー・エム・ベー・ハーCPT Zwei GmbH
Cpt Zwei Gmbh
シー・ピー・ティー ツヴァイ ゲー・エム・ベー・ハー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DE102018217499.7A priority Critical patent/DE102018217499A1/de
Priority to DE102018217499.7 priority
Application filed by シー・ピー・ティー ツヴァイ ゲー・エム・ベー・ハーCPT Zwei GmbH, Cpt Zwei Gmbh, シー・ピー・ティー ツヴァイ ゲー・エム・ベー・ハー filed Critical シー・ピー・ティー ツヴァイ ゲー・エム・ベー・ハーCPT Zwei GmbH
Publication of JP2020060184A publication Critical patent/JP2020060184A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6890642B2 publication Critical patent/JP6890642B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C2/00Rotary-piston machines or pumps
    • F04C2/08Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing
    • F04C2/10Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing of internal-axis type with the outer member having more teeth or tooth-equivalents, e.g. rollers, than the inner member
    • F04C2/102Rotary-piston machines or pumps of intermeshing-engagement type, i.e. with engagement of co-operating members similar to that of toothed gearing of internal-axis type with the outer member having more teeth or tooth-equivalents, e.g. rollers, than the inner member the two members rotating simultaneously around their respective axes
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F01MACHINES OR ENGINES IN GENERAL; ENGINE PLANTS IN GENERAL; STEAM ENGINES
    • F01CROTARY-PISTON OR OSCILLATING-PISTON MACHINES OR ENGINES
    • F01C21/00Component parts, details or accessories not provided for in groups F01C1/00 - F01C20/00
    • F01C21/10Outer members for co-operation with rotary pistons; Casings
    • F01C21/104Stators; Members defining the outer boundaries of the working chamber
    • F01C21/108Stators; Members defining the outer boundaries of the working chamber with an axial surface, e.g. side plates
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C15/00Component parts, details or accessories of machines, pumps or pumping installations, not provided for in groups F04C2/00 - F04C14/00
    • F04C15/0003Sealing arrangements in rotary-piston machines or pumps
    • F04C15/0034Sealing arrangements in rotary-piston machines or pumps for other than the working fluid, i.e. the sealing arrangements are not between working chambers of the machine
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C15/00Component parts, details or accessories of machines, pumps or pumping installations, not provided for in groups F04C2/00 - F04C14/00
    • F04C15/06Arrangements for admission or discharge of the working fluid, e.g. constructional features of the inlet or outlet
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F04POSITIVE - DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; PUMPS FOR LIQUIDS OR ELASTIC FLUIDS
    • F04CROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT MACHINES FOR LIQUIDS; ROTARY-PISTON, OR OSCILLATING-PISTON, POSITIVE-DISPLACEMENT PUMPS
    • F04C2240/00Components
    • F04C2240/40Electric motor

Abstract

【課題】ポンプ装置の構築のための改善された構想を提供する。【解決手段】車両用ポンプ装置100は、ポンプ101と、駆動部ハウジング108内に存在しかつ駆動軸102を介してポンプ101に接続された駆動部103と、駆動部103とは反対側のポンプ101の第1の側の吸引開口部104と、駆動部103に面するポンプ101の第2の側の圧力ポート110とを備え、圧力ポート110は、駆動部ハウジング108を貫通して案内され、駆動部ハウジング108の外側の環状の圧力チャネル106に開口する。【選択図】図1

Description

本発明は、可変の圧力ポート位置と複合的冷却機能とを備えたポンプ装置に関する。
ポンプ(例えばギアポンプまたはジェロータポンプなど)には、典型的には、吸引ポートと圧力ポートの2つのポートが存在する。これらの2つのポートは、大抵はポンプの軸線方向の第1の側に存在する。なぜなら、ポンプの第1の側とは反対側の第2の側にはモーターが接続されているからである。吸引ポートと圧力ポートは、それらが互いに直ぐ近くに位置しているため、大抵は配管系によって接続されている。所要の配管は、ポンプ装置の付加的な構造高さを必要とし、この配管は、ポンプ媒体の通流の偏向とそれに係る圧力損失につながる。大きな空洞からの直接の吐出は妨げられる。同様に、ポートの柔軟な位置決めは不可能である。さらに、圧力損失はモーター側で補償する必要があるため、これは、エネルギー効率の高い運転の妨げとなる。媒体ポートはどちらもモーターとは反対側に配置されているため、吐出された媒体を、モーター冷却のために使用することは、付加的な手間(さらなる偏向)をかけてのみ可能になる。
それゆえ、本発明の課題は、ポンプ装置の構築のための改善された構想を提供することにある。
上記課題は、独立請求項の対象によって解決される。好適な実施形態は、従属請求項、以下の説明、ならびに図面の対象である。
本発明の第1の態様によれば、車両用ポンプ装置は、ポンプと、駆動部ハウジング内に存在しかつ駆動軸を介してポンプに接続された駆動部と、駆動部とは反対側のポンプの第1の側の吸引開口部と、駆動部に面するポンプの第2の側の圧力ポートとを備え、ここで、圧力ポートは、駆動部ハウジングを貫通して案内され、駆動部ハウジングの外側の環状の圧力チャネルに開口する。
本発明によるポンプ装置では、水中ポンプの場合と同様に、吸引開口部を備えたポンプを、ポンピングすべき媒体で充たされた吸引空洞内に直接浸漬することができる。これは、通流が促進される圧力損失の少ないポンピングを、通流の偏向の排除によって可能にする。同様に、吸引開口部の側の接続部や管路などの付加的要素の排除は、ポンプ装置の構造高さを低くすることにつながる。したがって、低い充填レベルを有する平坦な容器からの吸引が可能である。ポンプ媒体は、ポンプの第1の側からポンプを貫通して、ポンプの第1の側とは反対側の第2の側に吐出される。ポンプの第2の側には、駆動軸を介してポンプを駆動する駆動部(例えばモーター、駆動軸など)も存在する。この駆動部は、駆動部ハウジングを備えており、この駆動部ハウジングは、駆動部ハウジングの径方向外側に環状のチャネルを有している。ポンプ媒体は、駆動部ハウジング内の1つ以上の孔部、例えば上昇管を通って環状のチャネル内にポンピングされる。この駆動部ハウジングを通るポンプ媒体の通流によって、ならびに駆動部ハウジングと、駆動部ハウジングの全周面または一部周面に沿ったチャネル内のポンプ媒体との接触によって、駆動部からの廃熱の放出が促進される。その際、この駆動部は、(自身の)廃熱を、駆動部ハウジングを介してポンプ媒体に放出することができる。このポンプ媒体は冷却されてもよい。
本発明の一実施形態では、ポンプ装置は、駆動部ハウジングが取り付けられた駆動部収容部をさらに備える。
駆動部収容部は、この実施形態では、例えば、ポンプと駆動部ハウジングを備えた駆動部とを取り囲む。駆動部ハウジングは、駆動部収容部内に固定されてもよい。また、駆動部収容部、または駆動部収容部とポンプとの間の介在空間は、ポンプ媒体で充たされてもよく、これによって吸引開口部は、ポンプ媒体に浸漬することができる。
本発明の一実施形態では、駆動部収容部は、圧力チャネルを外方に向けてポンプ媒体密に密閉するように構成されている。
ここでは、駆動収容部は、この実施形態では、例えば、駆動部ハウジングに正確に適合しかつ駆動部ハウジングを全周面に沿って取り囲むように成形されてもよい。この場合、ポンプと駆動部と駆動部ハウジングとを含むポンプ装置の一部は、ポンプが存在している側を先頭に、軸線方向で駆動軸に沿って駆動部収容部内に押し込むことができる。その後、チャネルとは反対側の駆動部ハウジングに位置する駆動部収容部によって、チャネルは、外方に向けて密閉され、これによってポンプ媒体は流出できなくなる。
本発明の一実施形態では、ポンプ装置は、少なくとも1つ、特に少なくとも2つのラジアルシールリングをさらに備え、この場合、このラジアルシールリングは、駆動部ハウジングと駆動部収容部との間の介在空間を密封するように構成されている。
これらのラジアルシールリングは、この実施形態では、駆動部ハウジングと駆動部収容部との間にラジアルシールリングを嵌め込み、場合によって生じた残りの間隙を密閉することにより、駆動部収容部による駆動部ハウジング内のチャネルの密封を支援している。この目的のために、シールリングは、駆動部ハウジングかまたは駆動部収容部の周面におけるそれぞれポンプ媒体で充たされたチャネルに対して平行に延びる切欠きまたは溝内に存在することができる。これらの切欠きは、チャネルの両側に存在することができ、さらにラジアルシールリングがこれらの切欠き内に完全に埋没するのではなく、それぞれ径方向に駆動部収容部をわずかに超えるように構成されている。これにより、これらのシールリングは、駆動部ハウジングと駆動部収容部との間に圧入され、場合によって生じ得る間隙を密封することができる。
本発明の一実施形態では、駆動部収容部に、1つ以上の圧力ポートが、圧力チャネルの周に沿って配置されている。
これらの圧力ポートは、この実施形態では、例えば、駆動部収容部を貫通して駆動部ハウジングまたは駆動部収容部を循環するポンプ媒体で充たされた圧力チャネルに案内される孔部を含む。この孔部を通って、ポンプによって加圧されたポンプ媒体は、ポンプ装置を離れ、場合によって孔部に挿入される配管系またはホースを通って吐出される。駆動部ハウジングまたは駆動部収容部の周囲を循環する圧力チャネルに基づき、ポンプ装置の周面に沿った任意の位置への圧力ポートの取り付けが可能になる。これは、その環境内、例えば自動車内でのポンプ装置の配置構成に関する好適な柔軟性を達成する。さらに、ポンプ装置の周面に沿った複数の圧力ポートの取り付けが可能になり、これは、例えば、ポンプ装置へのポンプ媒体の複数の循環路の取り付けを可能にする。
本発明の一実施形態では、ポンプ装置は、ポンプ媒体の体積流量が駆動部の廃熱を放出するように構成されている。
この実施形態でのポンプ媒体による駆動部ハウジングの内部や周りにおけるフラッシングに基づき、駆動部ハウジングからポンプ媒体への良好な熱伝達が可能であり、このことも駆動部の良好な冷却につながる。
本発明の一実施形態では、圧力チャネルは、駆動部ハウジングの外側における環状の溝として構成されている。
駆動部ハウジングにおける環状の溝としてのこの実施形態における圧力チャネルの構成は、駆動部ハウジングとは反対側の駆動部収容部による外方に向けての圧力チャネルの密封を可能にする。さらに、この環状の溝は、駆動部収容部における1つ以上の圧力ポートの取り付けを容易にする。これらの圧力ポートは、好適には圧力チャネル内のポンプ媒体との接続部を有している。
本発明の一実施形態では、圧力チャネルは、駆動部ハウジングの外側の環状の溝または凹部に対して代替的に、駆動部収容部の内側の環状の溝として構成してもよいことを理解されたい。この場合、圧力チャネルは、開口する上昇管の高さにおける、駆動部ハウジングの外側の環状の凹部と、駆動部収容部の内側の環状の凹部とから一緒に形成されてもよい。
あるいは、ラジアルシール用の溝は、代替的に駆動部収容部に設けられてもよいことを理解されたい。
本発明の一実施形態では、ポンプ装置は自動車用のオイルポンプとして構成されている。
この場合、この実施形態では、ポンプ装置によってポンピングされるポンプ媒体は、例えば、冷却油などのオイルかまたは自動車における他の冷却剤でもある。自動車は、例えば、ポンプ媒体が様々な部品の冷却や熱放出のために用いられる電気自動車であってもよい。これらの部品は、例えば、車両を駆動するモーターか、または例えば電気自動車の駆動用の電気エネルギーを提供するように構成されているアキュムレータであってもよい。電気部品の冷却は、好適には非導電性のオイルの使用によって可能になる。
本発明のさらなる態様は、上述した実施形態のうちの1つによるポンプ装置を備えて構成されている車両、特に電動車両を含む。
したがって、本発明によるポンプ装置は、自動車、特に電気的に駆動される自動車に使用することも可能である。電動車両には、とりわけ電気自動車、電気的に駆動されるバスまたは電気的に駆動される貨物自動車が含まれてもよい。ここで説明されるポンプ装置は、例えば電気的駆動部のコンポーネントを冷却し、ならびに潤滑剤として用いられ得るオイルのポンピングのために使用されてもよい。
以下では、本発明のさらなる実施例を、以下の図面を参照して説明する。
本発明によるポンプ装置の第1の実施例を長手軸線に沿った断面図で示した図 駆動部収容部がより良好な描写のために示されていない、本発明によるポンプ装置の第1の実施例を示した図
図1は、本発明によるポンプ装置100の第1の実施例を長手軸線に沿った断面図で示している。この場合、ポンプ101は、駆動軸102を介して駆動部103に接続されている。駆動部103は、駆動部ハウジング108内に存在している。駆動軸102は、駆動部103の回転をポンプ101に伝達する。この場合、このポンプは、例えばギアポンプ、ベーンポンプまたはジェロータポンプである。ポンプ101の、駆動部103とは反対側の下面には、ポンプの吸引開口部104が存在している。この吸引開口部104は、ポンピングすべき媒体で充たされた吸引空洞111内に延在している。ポンプ媒体は、吸引開口部104に吸引され、ポンプ101を貫通して、ポンプ101の反対側の駆動部ハウジング108を通る上昇管105に吐出される。この上昇管105は、圧力チャネル106に開口しており、この圧力チャネル106は、駆動部ハウジング108の外側に存在しかつ駆動部ハウジング108の全周面にわたって延在している。これにより、一方では、ポンプ媒体と駆動部ハウジング108との大面積の接触が可能となり、これは、駆動部103の廃熱のポンプ媒体への伝達を向上させる。他方では、環状の圧力チャネル106が、駆動部ハウジング108の周面の任意の箇所に、1つ以上の圧力ポート110を位置決めすることのできる好適な手段を提供する。これは、例えば、柔軟な取り付けと、複数のポンプ循環路からポンプ装置100への接続とを可能にする。ポンプ101と駆動部ハウジング108内の駆動部103とを含む前述した構造は、駆動部収容部109に取り付けられている。この駆動部収容部109は、同時に、吸引空洞111を形成することができ、この吸引空洞111は、駆動部収容部109と駆動部ハウジング108との間の中空室に存在している。圧力ポート110は、ここでは駆動部収容部109の孔部として構成されており、圧力ポート110は、例えば駆動部収容部109の外側の管路接続部品と、駆動部収容部109の内側の圧力チャネル106との接続を形成する。駆動部ハウジング108の外側の関連する凹部内に、圧力チャネルの両側で圧力チャネルに対して平行に存在する例えばラジアルシールリングとして構成された2つのシール107を用いることにより、駆動部収容部109への駆動部ハウジング108の取り付けの際に、圧力チャネル106が外方に向けて密封される。これにより、上昇管105を通って圧力チャネル106にポンピングされるポンプ媒体は、圧力チャネル106からは、もはや圧力ポート110のみを通ってしか抜け出ることができない。
図面には示されていないが、圧力チャネル106は、駆動部収容部109の内側の環状の凹部によって形成されてもよいし、あるいは、開口する上昇管105の高さにおける、駆動部ハウジング108の外側の環状の凹部と、駆動部収容部109の内側の環状の凹部とから形成されてもよい。
図面には示されていないが、シールリング107を収容するための1つ以上の溝が、駆動部収容部109の内側に形成されていてもよい。
図2は、本発明によるポンプ装置100の第1の実施例を斜視図で示しており、この場合、駆動部収容部は、より良好な描写のために示されていない。ここでは、下面にポンプ101が配置されている駆動部ハウジング108を見ることができる。ポンプ101の下面には吸引開口部104が存在している。駆動部ハウジング108の側方では、全周面に沿って圧力チャネル106が延びており、圧力チャネル106に上昇管105が開口している。この圧力チャネル106の他に、複数のラジアルシール107が存在している。ここでは、1つのシール107が圧力チャネル106の上方に配置され、1つのシール107は圧力チャネル106の下方に配置されている。

Claims (10)

  1. 車両用ポンプ装置(100)であって、
    ポンプ(101)と、
    駆動部ハウジング(108)内に存在しかつ駆動軸(102)を介してポンプに接続された駆動部(103)と、
    前記駆動部とは反対側の前記ポンプの第1の側の吸引開口部(104)と、
    前記駆動部に面する前記ポンプの第2の側の圧力ポート(110)と、を備え、
    前記圧力ポートは、前記駆動部ハウジングを貫通して案内され、該駆動部ハウジングの外側の環状の圧力チャネル(106)に開口する、車両用ポンプ装置(100)。
  2. 前記駆動部ハウジング(108)が取り付けられた駆動部収容部(109)をさらに備える、請求項1記載のポンプ装置(100)。
  3. 前記駆動部収容部(109)は、前記圧力チャネル(106)を外方に向けてポンプ媒体密に密閉するように構成されている、請求項2記載のポンプ装置(100)。
  4. 前記ポンプ装置は、さらに少なくとも1つ、特に少なくとも2つのラジアルシールリング(107)を備え、前記ラジアルシールリングは、前記駆動部ハウジング(108)と前記駆動部収容部(109)との間の介在空間を密封するように構成されている、請求項3記載のポンプ装置(100)。
  5. 前記駆動部収容部(109)に、1つ以上の圧力ポート(110)が、前記圧力チャネル(106)の周に沿って配置されている、請求項2から4までのいずれか1項記載のポンプ装置(100)。
  6. 前記ポンプ装置は、ポンプ媒体の体積流量が前記駆動部(103)の廃熱を放出するように構成されている、請求項1から5までのいずれか1項記載のポンプ装置(100)。
  7. 前記圧力チャネル(106)は、前記駆動部ハウジング(108)の外側の環状の溝として構成されている、請求項1から6までのいずれか1項記載のポンプ装置(100)。
  8. 前記圧力チャネル(106)は、前記駆動部収容部(109)の内側の環状の溝として構成されている、請求項2から7までのいずれか1項記載のポンプ装置(100)。
  9. 前記ポンプ装置は、自動車用のオイルポンプとして構成されている、請求項1から8までのいずれか1項記載のポンプ装置(100)。
  10. 請求項1から9までのいずれか1項記載のポンプ装置(100)を備える、車両、特に電動車両。
JP2019185724A 2018-10-12 2019-10-09 可変の圧力ポート位置と複合的冷却機能とを備えたポンプ統合のための構造構想 Active JP6890642B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE102018217499.7A DE102018217499A1 (de) 2018-10-12 2018-10-12 Aufbaukonzept für Pumpenintegration mit variabler Druckanschlussposition und kombinierter Kühlfunktion
DE102018217499.7 2018-10-12

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2020060184A true JP2020060184A (ja) 2020-04-16
JP6890642B2 JP6890642B2 (ja) 2021-06-18

Family

ID=69954334

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019185724A Active JP6890642B2 (ja) 2018-10-12 2019-10-09 可変の圧力ポート位置と複合的冷却機能とを備えたポンプ統合のための構造構想

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6890642B2 (ja)
DE (1) DE102018217499A1 (ja)

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6350294B2 (ja) * 2015-01-15 2018-07-04 株式会社デンソー 燃料ポンプ
US20210277894A1 (en) * 2016-09-30 2021-09-09 Nidec Tosok Corporation Pump device

Also Published As

Publication number Publication date
JP6890642B2 (ja) 2021-06-18
DE102018217499A1 (de) 2020-04-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6873677B2 (ja) 電動モータで駆動される液体ポンプ
US9197115B2 (en) Electric machine cooling
EP1302704B1 (en) Submerged electric fluid pump
JP6428434B2 (ja) 圧縮機
US20130043747A1 (en) Electric Machine Cooling
JP6400288B2 (ja) 電動ポンプ
US8096782B2 (en) Multistage sealed coolant pump
CN101255868A (zh) 电机内嵌叶片泵
US8376720B2 (en) Outer ring driven gerotor pump
CN112534141A (zh) 尤其是用于车辆中的液体回路的泵
JP2020513722A (ja) 開放冷却アセンブリに組み合わされた封入冷却アセンブリが設けられた電気機械
JP2009293399A (ja) 電動ポンプ
JP2020060184A (ja) 可変の圧力ポート位置と複合的冷却機能とを備えたポンプ統合のための構造構想
CN102628464A (zh) 一体化电机叶片泵液压动力单元
JP2011032980A (ja) トランスミッション用電動ポンプユニット
US10030777B2 (en) Dynamic fluid seal
US10808697B2 (en) Pump assembly having integrated controller and motor with internal active cooling
JPWO2017104844A1 (ja) ポンプ装置
JP6029834B2 (ja) ハイブリッドシステム用動力伝達装置
JP2009052530A (ja) 高圧ウレタン発泡用の定量高圧ポンプ
CN109973384B (zh) 油泵组件和具有其的电动油泵总成及车辆
CN109969258B (zh) 电动油泵总成和具有其的车辆
CN109973376B (zh) 电动油泵总成和具有其的车辆
CN109969259B (zh) 电动油泵总成和具有其的车辆
JP2018189017A (ja) 外接ギヤポンプ

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20191009

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20200917

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20201019

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210118

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210217

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210315

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20210426

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20210525

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6890642

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150